N06_Ety > 【エティー】『女神よ…こうなってもまだ信仰心が残っていることに驚きを感じています』
N06_Ety > 【エティー】『淫熱に苦しむ私の元に女王様があらわれ、共に湯殿に参りました』
N06_Ety > 【エティー】『屈服させられた子宮が伝えてくる魔女の心に流されるまま女王様に奉仕を捧げて』
N06_Ety > 【エティー】『排泄孔で肉の喜びを何度も貪り、我が身を魔女に変えてくれと何度もせがみました』
N06_Ety > 【エティー】『私は魔女というものを理解し、今も魔女と化すために魂を折られようとしています』
N06_Ety > 【エティー】『このような恥知らずな肉根まで与えられ……ああ……』
N06_Ety > 【エティー】「(女神よ、力を…我が心を満たすこの奇妙な高揚に抗うための力を……)」
N06_Ety > http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%A5%A8%A5%C6%A5%A3%A1%BC%A5%C6%A1%BC%A5%C9%A1%E1%A5%AA%A5%EB%A5%F3
GMnapa >  
GMnapa >  
GMnapa >     ヒロインクライシス 龍華戦記
GMnapa >         ~魔女の条件~
GMnapa >  エティーの持ちかけられた、二週間という所有期限。既に五日が経とうとしていた。
GMnapa > 二日目に生やされた魔女の肉槍、それは消えることなく、常にエティーの股倉でいきり立って。
GMnapa > 心の奥底から沸き立つ魔女の囁き、植え付けられた雄の滾り。
GMnapa > されど、エティー自身がいくら弄ぼうと、その雄は達することがなく。
GMnapa > あの強烈で、鮮烈な、射精の快楽と、陶酔を―――心から消えぬ強烈な絶頂に焦がれ、求め。
GMnapa > エティーの身体は、発情から逃れられないでいた。▽
N06_Ety > 【エティー】「はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁっ………!ん、あぁあぁ…………!!」切ない吐息とともに何度目かわからない中途半端な快楽だけを自分からためこんでいく
N06_Ety > ベッドは汗と涙と淫蜜でぐちゃぐちゃになっているが、股間の肉塊を激しくこする手は止められない、【エティー】「あああああ……な、なぜ、なぜ……!!」
N06_Ety > なぜ放置されているのか、女王は自分を忘れてしまったのではないか、自分はこのままここで一生……?ぐるぐるとおかしな考えばかりが渦巻き、手は止まらない
N06_Ety > 【エティー】「ああああーーーーっ!!!じょ、じょおうぅーーーっ!!もう諦めたのかっ!!き、騎士の信念の前に負けを認めたのかっ……!!ああ……!!す、捨てないで……!!イかせて下さ……、あ、あぁあぁ……!!」情緒は乱れたまま、天井に向けて、ベッドにうつぶせになって腰をひたすらに振り続けて
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【魔女】「……お盛んだねえ」ノックなどなしに、無遠慮に入ってくる魔女。
GMnapa > 今のエティーは慰み者である以上、いかなる時も魔女に全てを曝け出さなければならない。
GMnapa > そのため、武器やら何やらすべてを奪われ、魔女の魂を刻まれたエティーは、
GMnapa > 軽い軟禁状態ではあるが、それ以外の拘束はない。
GMnapa > といっても、逃げることも自ら命を絶つことも、エティー自身―――正確には、自分の奥深くに根付く魔女の魂が、拒むだろうが。
GMnapa > 【魔女】「これから面会。女王様が、あんたに会わせたい人が居るって」入ってきた魔女から伝えられた言葉は、意外なものだった。▽
N06_Ety > 【エティー】「んぁあぁあぁーーーーっ!!!!!」快楽ではなく、突然の声に驚いただけの嬌声は短くて、エティーさんに何も残してはくれません
N06_Ety > 【エティー】「ん、ああ……、(ま、魔女……そ、そうか私は魔女王に捉えられて……)」息も絶え絶えで見上げると、何とか身体を起こします
N06_Ety > 【エティー】「か、感謝する………、女王の前に出る前に身を清めたい、ふ、服は、あるのか…」捕虜に対する扱いに慣れたエティーさんは要求を述べますが、もっと別の要求があることは股間の一物がはっきりと知らせていて
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【魔女】「言ったでしょ、会わせたい人がいるって。女王様じゃなくて、直接その子に会うの」
GMnapa > 【魔女】「……騎士として恥ずかしくない服装は、ちゃんとしてもらうわ。さっさと身体洗って、会ってきなさい。案内したげるから」
GMnapa > 言いながら、彼女の前に小瓶を置いて。
GMnapa > 【魔女】「これ、女王様からあんたに」中には液体が詰まっている。
GMnapa > おそらく、また怪しげな何かなのだろうが、エティーに軽々と渡していいものなのだろうか……?▽
N06_Ety > 【エティー】「な、何もしていかんのか…?」何とか余裕をみせようとしていますが正反対のことを言ってしまっていることに本人気づけていません、目は瓶にくぎ付けで…
N06_Ety > 【エティー】「騎士として……、ああ、騎士……!」あそこまで乱れた自分をまだ騎士だと言う目の前の魔女に、そして魔女王に感謝さえ感じている……誰が見ても陥落は間近の女領主
N06_Ety > 【エティー】「はぁ、ん、あぁ……そ、うだ……な、身を……清めてくる………」顔色には喜色が灯り、ふらふらと瓶を持ったまま湯殿へ、女王に会う、ペニスにやっと何かされる、それだけが頭にいっぱいで魔女の最初の言葉の重みにはきづけず
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【魔女】「……まだ1週間も経っていないのにね」呟き、エティーの後を追う魔女。
GMnapa > 明らかに喜色を浮かべているエティーの表情に、おかしそうな笑みを浮かべて。
GMnapa >  
GMnapa > そして、エティーの期待は、意外な方向であっさりと打ち崩されることになる。
GMnapa >  
GMnapa >  
GMnapa > 魔女に先導され、騎士の鎧を着込んだエティーは城の奥へと進んでいった。
GMnapa > 武器は相変わらず全て取り上げられており、子宮のあたりに、鎧から浮き出るように淫紋が浮き出ているが、
GMnapa > 今のエティーなら騎士として恥ずかしくないだろう。
GMnapa > 地下牢へと続く階段の手前、小奇麗な部屋がひとつ。そこで魔女の足が止まる。
GMnapa > 【魔女】「この中で待ってなさい。もうすぐその子に会えるから」
GMnapa > 開いて、中へと誘う。椅子にテーブル、ベッドと、簡素ながら揃うものが揃った個室。窓こそないが、上等な部屋だ。
GMnapa > 一体誰が、エティーに会うことになるのだろうか。▽
N06_Ety > 【エティー】「も、紋が……」どうしても隠せない魔女の証、それを見れば女王にされたことがありありと思い出され、腰のペニスがさらにこわばりを増します
N06_Ety > 湯あみで少しだけ理性を取り戻したエティーさん、【エティー】「だ、誰と会わせる気だ………ああ、も、もう何をされようと驚かんぞ………」荒い息をあげつつも
N06_Ety > なんとか椅子にくずれおちる、ベッドに倒れ伏さないことだけでも大きく精神を披露させる【エティー】「(あ、あと何日だ……?た、耐えるのだ、王都には優秀な司祭も魔術師も居る、必ず身体は治る……!)」
N06_Ety > ▽
GMnapa > ……5分程しただろうか。
GMnapa > 唐突に扉が開き、魔女とともに中に入ってくる少女がひとり。
GMnapa > 【フェイ】「……お、オルン様!?」
GMnapa > 驚きに目を見開く少女。エティーの部下で、長い髪を後ろで束ねた生真面目な娘。
GMnapa > 剣の覚えもよく、エティーと共に出陣したところまで、しっかりと覚えている。
GMnapa > 拘束を外され、部屋に放り込まれたところ。
GMnapa > そして、エティーと違い鎧まで奪われ、薄い服に身を包んでいるところを見るに、彼女も捕まっていたのだろうか。
GMnapa > 扉は閉まり、鍵がかかる。こうなれば、もう外の魔女の介入なしに、扉を開けることはできない……。
GMnapa > 【魔女】「ごゆっくりー」そして、外の魔女も退散した。二人きりの空間に、なってしまう。▽
N06_Ety > 【エティー】「ああ、ああ……む、向こうへいっていろ……(待て、私は見張りを外へやって何をするつもりだ…?ぺ、ペニスが熱い……、違う、そもそもあの見張りはどこだ……?)」
N06_Ety > 【エティー】「ああ、あの見張り……わ、私が脱出したらどうするつもりだ……?ああ、だ、誰もいないではないか……だ、だれも……!!」見張りが客とやらを呼びに出た隙に股間に近づく手
N06_Ety > 【エティー】「………?」腰当をまくり上げ、そろそろと手を伸ばした格好で聞こえてくる懐かしい声「フェィっ……!?なぜここに!?(ああ、なぜ今っ……!!」
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「わ、私も魔女に連れられて……」困惑の中、魔女達の気配が遠のいていくのを確認し……。
GMnapa > 【フェイ】「……ご、ご無事でしたかオルン様!」思わず手を取って、歓喜に涙まで浮かべる。
GMnapa > 【フェイ】「オルン様が倒れた時はどうしていいものかと……! 無様にも魔女どもに捕えられてしまい、申し訳ありませんっ」
GMnapa > 喜びの次は、悔しさ。憧れの人に再会したことで、抑えていた気持ちがあふれてきたのか。
GMnapa >  
GMnapa > ―――しかし。
GMnapa > 魔女に与えられたであろうフェイの服は、布の面積が少なく、また服自体も薄い。
GMnapa > 騎士としては若干不自由があるかもしれないが、女としては素晴らしい身体。
GMnapa > きゅっと引き締まった、腰から尻肉のライン。たわわに実った双乳は、下着すら奪われたのか先端が浮き出そうで。
GMnapa > 女としての魅力が詰まった身体が、今、エティーの前にある。▽
N06_Ety > 【エティー】「(ううううっ……フェイの服……う、薄いっ……身体の線が見えてしまうではないか!!そ、それにこの香り……!!こ、これが部下の、フェイの香りなのか……!?!?)」
N06_Ety > がくがくとお脳をゆさぶられるような興奮と抱きしめ潰してしまいたい衝動、下着の下のペニスと魔女の証がどんどんとミアスマを濃くしてゆきます、忠実な部下の目の前で勃起してゆく服の下のペニス
N06_Ety > 【エティー】「ふ、触れるなっっっ……!!」おびえるように部下の手を振り払ってしまうけれど「わ、私は今魔女の、ああ、魔女の……術の……お、おおお……!!!」
N06_Ety > ひっしで壁に身をすりつけるように部下と離れるけれど時すでに遅く、女に触れてしまった身体は興奮の火を灯され、獣のような目で部下の女の身体から話すこともできず……
N06_Ety > 【エティー】「うううううううーーーーーーーーーーっ!!!!」肉食獣のように部下に襲い掛かる
N06_Ety > スン
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「きゃ……っ、お、オルン様っ!?」雌の匂いを漂わせた、生娘ひとり。
GMnapa > 元から剣では敵わなかったエティーに、力任せに襲われては、抵抗もできずに―――
GMnapa >  
GMnapa >  
GMnapa > というわけで戦闘に参りましょうか
N06_Ety > はい…!!
GMnapa > 開幕で何かありますか
GMnapa > ・・) こちらのIVは
GMnapa > 5です
N06_Ety > それはもうビーストハウル
N06_Ety > じゃぁこっち先かな…!ええと、モンスター相手とおなじかな?
GMnapa > OK
GMnapa > おっと
GMnapa > 配置ちょっとまって!
N06_Ety > はい!
*GMnapa Topic : [フェイ5][エティー]魔女の刻印
N06_Ety > 罠がいる……!!
GMnapa > ・・) 1話でエティーに刻まれた刻印が罠扱いです。
N06_Ety > えろい!(ゆびさし
GMnapa > (わっちちに指を向けなおす
N06_Ety > ぎゃぁー!!刻印にさからうつもりがぜんぜん湧いてこないので
N06_Ety > 1d6+7+5 部下さんから攻撃します!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+7+5 = [1]+7+5 = 13
GMnapa > データは同じなので、エティー>罠>フェイの順で行動します
N06_Ety > 1d6+7
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+7 = [5]+7 = 12
N06_Ety > デュアルレイドだ!
GMnapa > おっと
GMnapa > ちこっといたい!
N06_Ety > えっへん!
GMnapa > <純潔の証><つけられた種>で
N06_Ety > いきなり奥まで……!!エティーさんなんてヒドいんでしょう!
GMnapa > 描写は後で(
N06_Ety > <あの人は今><肉の魔槍><雄の喜び>です!
N06_Ety > はい!
GMnapa > さて
GMnapa > トラップの攻撃に移ろうかと
N06_Ety > ひゃぉお…!
GMnapa > 2d6+10 当たれば七毒ね!
kuda-dice > GMnapa -> 2D6+10 = [2,5]+10 = 17
N06_Ety > ガディングで7止めて10、胸6腰16他1です!
GMnapa > BSは?
GMnapa > ・・) あとアクト使いたくなったら言ってね!
N06_Ety > 16個もあるとまような…!
N06_Ety > とりあえずBSは託卵で!
N06_Ety > 七毒に卵なかった…
N06_Ety > 催淫もらいます!
N06_Ety > よし
N06_Ety > 6個しかないからアクトはまだとっとくます!
GMnapa > 託卵……だと……? 催淫OK
GMnapa > ではフェイの攻撃ー
N06_Ety > くるといいと思う!
GMnapa > アイシクルヒット+オーラブレイドで
N06_Ety > 冷静そうな子だ…!
GMnapa > 3d6+14
kuda-dice > GMnapa -> 3D6+14 = [1,4,1]+14 = 20
GMnapa > oh...
GMnapa > 20ダメージ!
N06_Ety > 7へらしてもいみないので他ゼロです!
GMnapa > OK
GMnapa > ではターン回って
GMnapa >  
GMnapa > 次の開幕何かあるますか!
N06_Ety > ビーストハウル!
GMnapa > おk
GMnapa > ではエティーくるといいとおもう!
N06_Ety > ……しまった催淫消さないと何もできぬ、祝福の聖水をつかって消すよ!
N06_Ety > 1d6+7+5 そしてデュアルレイド!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+7+5 = [5]+7+5 = 17
N06_Ety > 1d6+7 にはつめ!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+7 = [5]+7 = 12
GMnapa > うっかりさんめ!
GMnapa > 一発目にダーククライシスアビリティ<負けないの>で!
N06_Ety > はじめてみた…!
N06_Ety > (GMではつかったことあるけど
GMnapa > この効果で1発目のダメージを5点軽減する!
GMnapa > というわけでちょいちょいくらった
N06_Ety > おんなのこの凛々しい抵抗の視線……どきどきします!
GMnapa > <屈服した子宮><潮吹き>を使うよ!
N06_Ety > わかったぞ!魔女のしるしもそこにつけてもらったし…<フェチズム:子宮>を宣言します……
GMnapa > Σ子宮
N06_Ety > 子宮口きす!
GMnapa > ・・) 中まで犯してもいいのよ?
N06_Ety > 魔女のペニスなら届くよね!
N06_Ety > わーい!
GMnapa > というわけで
GMnapa > トラップの攻撃いくお!
N06_Ety > はい!
GMnapa > 2d6+10 当たったらもちろん七毒
kuda-dice > GMnapa -> 2D6+10 = [5,6]+10 = 21
GMnapa > Σほんき
N06_Ety > Σあぎょー!?
N06_Ety > 胸0腰16他0です!
GMnapa > 七毒どうぞ!
N06_Ety > あとは腰ゼロアクトとhpダメアクトだけだ…!
N06_Ety > なやむ……!せめてフェイさんだけはイかせたい!
GMnapa > わちちちち
N06_Ety > みるく!
GMnapa > おk
N06_Ety > 射乳アクトが使えないことのさみしさ!
GMnapa > では
N06_Ety > あとでエアアクトで宣言してやる!
GMnapa > フェイの攻撃!
N06_Ety > はい!
GMnapa > さっきとおなじ!
GMnapa > 3d6+14 えいえい
kuda-dice > GMnapa -> 3D6+14 = [4,4,6]+14 = 28
GMnapa > Σ
N06_Ety > よぉし!がんばるよ!Σがんばってもたらねー!?
N06_Ety > 胸0腰0他0です!
N06_Ety > いまこそ女王さまにつけてもらった<所有の証>を宣言するときだよ!
N06_Ety > ぐ、む、むむむ……!!だがここで宣言するとかつことはとても有りえない事象になってしまう……!
GMnapa > ・・) さあどうする
N06_Ety > さかのぼって<肉の魔槍>をとりさげる……!<童貞喪失>のためにとっておく!
N06_Ety > そして所有のしるしは宣言する!いいでしょうか…!
GMnapa > おk
GMnapa > ではターン回って
GMnapa > こちら開幕ないので、開幕から行動までどうぞ
N06_Ety > よし、開幕なし!
N06_Ety > 行動は、軽くなったばにしんぐくらいだ!
N06_Ety > 10d6+2d6
kuda-dice > N06_Ety -> 10D6+2D6 = [6,4,5,6,5,1,3,5,3,2]+[1,3] = 44
N06_Ety > えいえい……!!
N06_Ety > 防御点むし……!!どうだ……!!
GMnapa > 防御無視痛いΣ
N06_Ety > フェイさんへの愛……!!
N06_Ety > (それが部下をまじょへと落とすともしらず……!
GMnapa > けっこうくらったけどまだいきてる!
N06_Ety > もうひとおし……!!がんばるよ!
GMnapa > だが刻印
GMnapa > 2d6+10
kuda-dice > GMnapa -> 2D6+10 = [5,3]+10 = 18
N06_Ety > 7点軽減できて…
N06_Ety > hp16胸0腰0他0です!
GMnapa > そしてフェイの攻撃!
GMnapa > 3d6+14 さっきとおなじ
kuda-dice > GMnapa -> 3D6+14 = [5,2,1]+14 = 22
N06_Ety > なんか1レベルメイデンで戦ってるみたいだ
N06_Ety > 7点へらして……あと1点のこった!
N06_Ety > タフネスえらい!
GMnapa > なん……だと……?
N06_Ety > フェイさんへの愛……!
N06_Ety > (それg
GMnapa > アクトまでなければ開幕から行動どうぞ!
N06_Ety > <童貞喪失>を女王様に宣言しますよ!
N06_Ety > (アクトはGMに対して宣言しましょう
N06_Ety > そしてもうふせぎきれないよ!ビーストハウルから…!
N06_Ety > 1d6+7+5 そしてデュアルレイド!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+7+5 = [4]+7+5 = 16
N06_Ety > 1d6+7+4d6 にはつめにはポテぜんぶのせ!!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+7+4D6 = [2]+7+[4,3,6,6] = 28
N06_Ety > がんばった……!!
GMnapa > 両方に負けないの!
N06_Ety > ああ……!!
GMnapa > ひとけた!
N06_Ety > がくり……!
GMnapa > <理性の牢獄><隷属の喜び>!
GMnapa > でも危ないところだった
GMnapa > では刻印が疼くお!
GMnapa > 2d6+10
kuda-dice > GMnapa -> 2D6+10 = [1,4]+10 = 15
N06_Ety > 今みるくなので3点へらして
N06_Ety > -11点だよ!
GMnapa > 致命表をどうぞ
N06_Ety > 1d6+2 SP21なので復帰はなしだ…!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+2 = [5]+2 = 7
GMnapa > 強烈な衝撃を受けて全身を震わせ、倒れ伏し意識を失う。行動不能になる。
GMnapa > ・・) 全滅表をどうぞ
N06_Ety > 1d6+2 えいえい……!
kuda-dice > N06_Ety -> 1D6+2 = [5]+2 = 7
GMnapa > 別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。
GMnapa > 【SP】+2する。
GMnapa > 好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
GMnapa > 好きな能力で10の判定に失敗すると[淫乱症]になる。
GMnapa > …………
GMnapa > 確か淫乱症は解除してないよね(
N06_Ety > うん!HP半分!
GMnapa > ・・) 妊娠かトラウマの判定をどうぞ
N06_Ety > まような……身重のままのぷれいってそれほどヒットではないのですよな…トラウマにしてみようかな!
N06_Ety > 2d6+7 トラウマ判定!
kuda-dice > N06_Ety -> 2D6+7 = [4,4]+7 = 15
N06_Ety > とりあえず成功!
GMnapa > 大丈夫だ、問題ない
GMnapa > というわけで描写にしましょう
N06_Ety > はい!
GMnapa >  
GMnapa >  
N06_Ety > 【エティー】「んぁ、あああ………な、なぜお前が、なぜお前がここにぃ……んふ、んすぅうぅうっ……ふんぅうぅうぅ……っ!!!」
N06_Ety > フェイさんに強烈なタックルをきめて押し倒してしまうエティーさん、何か違うことをしているとわかっているのに部下の女性の香りを胸いっぱいに吸い込み
N06_Ety > そのお腰にズボンの下の剛直をすりつけます
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「きゃ!? ぁ、ん……オルン様、何を、そんな、待……っ!?」
GMnapa > 押し倒され、エティーに寄り付かれ、自身の雌の臭いを至近で堪能されて。
GMnapa > 行為のことを何一つ知らず、ただ目を白黒させるだけのフェイ―――だが、触れて気づく。
GMnapa > 引き締まった腰のラインに、エティーがズボン越しに、何か熱く巨大なものを擦りつけていることを。
GMnapa > 【フェイ】「オルン様……そ、それ、は……?」▽
N06_Ety > 【エティー】「ああ、こ、こんなものを着せられて、ま、魔女どもめ、すぐに、すぐに助けてやるぞ……」びりびりびりぃいっ!!歯止めを失った膂力で部下と自分の服を引き破りがっしと腰を捉える
N06_Ety > 【エティー】「ああ……なんだ、何か、何か……ち、違うんだ、ふぇいぃ……っ!!!に、逃げ……」おそろしい期待感で腰を打ち抜かれ、涎をぬぐうこともできません
N06_Ety > ごじぶんの衝動に怯えるように部下をだきしめてしまう、必死に耐えてもすりつける腰はとまらず【エティー】「んうぅうっ!!!ふぐっ!!んぅうううううーーーーっ!?!?!?は、……やく……!!」部下を離さないといけないのに胸にお顔を埋め込むようにすりつけて
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「や、やぁ!? お、オルン様、やめ、何か……!?」突如、憧れの人に激しく抱かれ。様子もおかしい。
GMnapa > 【フェイ】「……お、オルン様、まさか魔女に何かされて!?」そう思うしか、なかった。
GMnapa > エティーの経緯を知らないフェイは、エティーが魔女に何かの処置をされ、操られているのだろうと。
GMnapa > あながち間違っていないのだが。
GMnapa > 服が引き裂かれると、大きく実った双乳が、ぶるんと大きく揺れて顔を出す。白磁の肌、ツンと上を向いた先端……。
GMnapa > 抱きたい。貪りたい。犯したい。雄の欲望が膨れ上がるエティーの耳に、唐突にかたんと音が響く。
GMnapa > それは、自身が荒々しく着衣を脱いだ時に落ちた、魔女から渡された小瓶。
GMnapa > 今のエティーなら、その用途は分かるだろう。こうなると分かって引き合わせた以上、この中身は―――。▽
N06_Ety > 【エティー】「ハァ、ハァ、はぁあぁ……!?!?」わなわなと震える手で拾い上げ、小瓶を開けます、女王様が自分を犯した時にしていた通りにそれを部下の胸に…
N06_Ety > 【エティー】「ああ、わ、私は何を、何をぉ……」もう薬など放っておいてブチ込みたいと股間が悲鳴を上げているのに”女王は私を魔女にするためにこうしていた”という通りの行動をとる自分の身体
N06_Ety > むっにゅぅうぅう……!!とびきりの胸をもった部下の面積の大きい乳肌に思いっきりその薬を塗りこんでゆく、【エティー】「こ、これを塗っておくと痛くないんだ、わ、私も……ああ、ふぇいぃ……け、警戒を……おかしい、おかしいんだ……!!」
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「ぁ、ん……ぁ、あ、あ、あ、ああ!?」湧き上がる、困惑と……徐々に、艶がかった声。
GMnapa > 【フェイ】「や、やめ、オルン様、これ、おかし、ゃ、あ、ああ!?」
GMnapa > 塗り込んでいくたびに、揉みくちゃにされていくその柔肉が、指の間で揺れながら、微量ながら、少しずつさらに膨らみ始め。
GMnapa > いきり立った先端が、目に見えて大きく、摘まめるぐらいに膨らんで。
GMnapa > そして、エティーには分かる、少しずつ立ち込めてくる、フェイの奥底から、甘ったるい、あの乳の匂いが―――。▽
N06_Ety > 【エティー】「わ、わかるか……?胸先が尖ってくるだろう…?胸の奥が切なくなってくるだろう…?ま、魔女の相手に相応しい身体になるんだ…なっていくんだ……」
N06_Ety > 【エティー】「私と同じように……!魔女ペニスの為の身体になっていくんだ……!!」子宮の上に浮かびあがる呪印を部下の子宮の上に重ねる、魔女王に注がれた魔力をそのまま部下に流し込みながら
N06_Ety > 【エティー】「ああ………」惑乱する部下の表情にふるふると背を震わせながら射乳に追い込んでゆく、部下の下腹に下腹をすりつければそれは
N06_Ety > 部下の膣口に野太い魔女ペニスの亀頭をぬちゅぢゅとこすり付ける形になる、エティーさんから吹き上がるミアスマが濃さを増して部下の子宮にたたきつけられて
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「……っぁ、う、や、嫌、何、これ、本、当に、上って……っ!!」
GMnapa > 切なげで、それでも湧き上がる何かがあって。蕩けはじめた表情、こみあげてくる、胸の奥からの何か。
GMnapa > 【フェイ】「ぇ、あ……ああっ! う、そ……!?」エティーにきゅっと重ねられた身体。
GMnapa > 子宮の上の呪印が下腹部に当たると……まるで、それを映すかのように、エティー自身の魔力……瘴気がフェイに流れ。
GMnapa > 気づけば、エティーは自身の部下に呪印の支配を与えてしまった。
GMnapa > 【フェイ】「……っ! は、離せ魔女め! オルン様をどうした! オルン様はどこにいる!」
GMnapa > エティーに植え付けられた、魔女の長大な得物。全力で後ずさり、抵抗しようとするも……
GMnapa > 【フェイ】「ぅあ……!? なん、で……ぁ、あ……!?」
GMnapa > ずぐん……っ。大事な場所に、その肉槍が擦りつけられると、剛直から湧き上がる瘴気が、子宮で感じられ。
GMnapa > まるで突き抜けるように、疼きと衝動に苛まれ、身体から力が抜けてしまう。
GMnapa > 【フェイ】「やめ……それは、それだけは……助けて、オルン様、助けて……!」
GMnapa > 漸く、自分が何をされるかということを理解する。呪印のせいで、身体までもが思考を裏切り、エティーにすり寄ろうとする。
GMnapa > ここに居ないと思い込んだ、本来のエティーに助けを求める声を浮かべても……。▽
N06_Ety > 【エティー】「フェイ……?ああ、いけないぞ…?まずは、乳でイくのを覚えてからだ……、あああああ……!!!!そ、そして次にクリトリスを…!!」執拗に乳肌をこね回し、先端にキスと甘噛みを降らせる魔狼卿
N06_Ety > しかしすぐに限界が来てしまう、部下の膣がヒクつくのがおねだりのように思え、下腹で輝く呪印が魔女ペニスを誘って…
N06_Ety > 【エティー】「だ、だめ、だ……フェイ……わ、私、お前を、魔女に……ああ、ああああ……!!なのに、ペニスが早く早くって………!!ああっ!!!だ、駄目……だっ………!!!」づっぶぅうううううううっ………!!!
N06_Ety > 部下を守る気持ちが部下を魔女に落とす気持ちに、快楽をこらえる気持ちが挿入だけをこらえる気持ちにすり替えられてゆく、それすらも堪えきれずに剛直で一気に奥まで貫いて……【エティー】「ぉっ……!はぁおおぉーーーーーーっ!?!?!?」
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「―――ッ!? か、は……っ!!」……ぶちっ。
GMnapa > 一気に奥深くまで貫いた、その魔女の肉槍。
GMnapa > 今まで中途半端な自慰で慰めてきた雄の本能、魔女の衝動、快楽。それら全てが、一気にエティーの中で満たされ、弾けて―――。
GMnapa > 今感じる肉の感覚。まだ雌の快楽を知らない部下の、縮み切った膣中の感覚。
GMnapa > 雌を、今交わっている部下を喰らい、魔女へと変えていく快楽。その味が、二度と手放せない味が、エティーの心身に広がっていく。
GMnapa > 【フェイ】「ぅ……ぐす……オルン様……私……すみま、せ……魔女、ごときに……っ!」
GMnapa > 痛み、悔しさ、後悔。あらゆるものがないまぜになり、火照りきった身体も忘れて、涙すら浮かべるフェイ。▽
N06_Ety > 【エティー】「フェぃ……ああ、すご、い……あついぃ……!」ぶるぶると部下の膣肉の締め付けを味わい、ペニスから押し寄せてくる褒美のような快楽にぞくぞくと全身をふるわせる
N06_Ety > 【エティー】「……ぁあ…す、ま、ない、…ふぇいぃ……」必死に腰の暴れ出すのを堪えるようなめのまえの魔女のすがた、「私、お前が気持ちよくなれるようになる前に挿れてしまった……vv」しかしそれはあっという間に清純な騎士を裏切って
N06_Ety > 【エティー】「せめて、これで許してくれ……vv」だぱぁっ♪と残った媚薬を部下から引き出した自らのペニスの胴にぶちまけると……「これで、一緒にイける……ぞ……?」猛烈な出し入れを開始してしまう
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「ぁ……っ、やはり魔女! オルン様を返せ! オルン様の真似をするなぁ!!」
GMnapa > それは、堕ちていく前のエティーに縋るように。激しく声を荒立て、必死にエティーから抜け出そうとする。
GMnapa > が、それでも膂力で勝るエティーに腰を支配され、思うように動けず。
GMnapa > 【フェイ】「ん、く、ぅ……! ―――ぁっ」
GMnapa > 必死に声を押し殺し、離れるチャンスを待つ―――そう思っていた矢先。
GMnapa > 奥を強く叩かれた瞬間、きゅう、と未知の感覚が湧き上がった瞬間、心に反して無防備な声が湧き上がった。▽
N06_Ety > 【エティー】「(フェイは何を…?魔女…私のこと…?駄目だ……一旦腰を止めろ……何か…何か重大な……)ひぅうぅうっ……!!」声とともにふわっと抜けた部下の身体の力
N06_Ety > それが一瞬膣内の滑りをよくし、直後にきゅっと締め付けられてエティーさんの口からも嬌声が漏れる【エティー】「あ、あ、フェイぃ……っ!!締めては、だ、めぇ……tっ!!」
N06_Ety > がくがくっと腰が抜けたように震えるが、魔女ペニスの快楽がそれを許さない、一層激しく、まるで部下の矜持ごとエティーさん自身の誇りを引きずり出そうとするようにえぐいカリで部下の膣内をえぐり返し、掘り返す
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「ぁ、あ、あ、や、やめ、やめろ、魔女っ、あ、あうっ、何、なにこれぇぇ……っ!!」
GMnapa > 突き上げられ、抉られ、掘り返され。次第に緩んでいく表情、湧き上がる感覚、抜けていく力。
GMnapa > 特に、一番奥に深く突き込まれるたびに、電流にも似た痺れるような感覚が、身体中に走って。
GMnapa > じゅん、と身体の奥底から熱いものが湧き上がる感覚。自身の蜜が、エティーの肉槍を濡らし、迎え入れていくことにも気づけないで。
GMnapa > 【フェイ】「やだ、嫌、こわれ、わた、ひ、こわれ、こわれりゅうっ、オルン様、オルン様ぁぁぁ!!」
GMnapa > 嵐のような感覚は、エティーが動くたびに膨れ上がり。大きく膨らんだ先端は快楽の行き場を無くしふるふると震えて。
GMnapa > 引き締まった尻肉は、エティーにがっつりと捉えられ、逃げ場もなく悶えるばかりで。
GMnapa > ―――呪印を通して、エティーには何となく分かる。もうすぐ、絶頂を迎えてしまうのだと。▽
N06_Ety > 【エティー】「はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁああぁあっ!!ふぇいぃ……っ!」熱く部下の名前を呼び返しながら腰を打ち付け、呪印を埋め込んだ部下の子宮に何度も亀頭ノック
N06_Ety > エティーさんの瞳に爛々と赤い光が灯ります、それを僅かなりとも押しとどめるのは…【エティー】「はぁっ!はぁあぁ…!!(ふぇい、ふぇいぃ…もっと、気持ちよくしてあげる、もっと、もっと……!!)」
N06_Ety > ”部下を魔女にしたい”という心を上回る部下への愛情、しかしそれは今ここでは何の意味も持たず…部下の双乳をこね回し、自らの乳の先端と乳首キスさせて射乳を導こうとする魔女となんら変わらない行為に変わってゆく
N06_Ety > ふぇいさんの乳首をエティーさんの乳首が下から舐め上げ、乳胴を手のひらが圧搾し、子宮の上の呪印同士を絡ませ、そしてやがてエティーのペニスがその太すぎる胴をぎちぎちと震わせて射精を訴える
N06_Ety > 【エティー】「ああっ………フェイ……中、やっと……出、ちゃぁ……………」部下の必死な姿の上でエティーさんの必死な追い込みが激しく前後し、とどめの突き込みとともに一瞬ぐぐ…っ!と動きを止めて……
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「ぁ、あ、オルン様、オルン、しゃま、おるんひゃまああっ!!」
GMnapa > 湧き上がる感覚。どこかに吹き飛んでしまいそうな感覚。体中の異様な興奮、本能の雄への依存。
GMnapa > 膣中をいっぱいに占領され、呪印の刻まれた子宮へ何度も熱烈な口づけを交わされ。
GMnapa > 奥から湧き上がる熱い乳汁が、エティーの指先に弄ばれる柔肉の、奥から押し上げられ、先の方に集まって。
GMnapa > 激しく奥に、奥にと叩かれるその肉槍が、ひとたび強く突き込まれた瞬間―――
GMnapa >  
GMnapa > 【フェイ】「ぁ―――っひぃぃいいいいいぃぃいいぃいいいいいぃいいぃいぃぃぃ!!」
GMnapa > 絶頂。
GMnapa > 身体が激しくわななき、エティーの腕の中で跳ね回る。合わさった柔肉から、吹き上がった白く甘い乳汁が周囲に散って。
GMnapa > 結合部から、まるで小水のように大量の水が吹き出て、二人を濡らし。
GMnapa > 突き抜ける感覚が、フェイの心まで突き抜け―――蕩けきった顔をエティーに晒しながら、初めての絶頂へとたたき上げられた。▽
N06_Ety > 【エティー】「たっ……溜まりに溜まってた変態魔女ちんぽの魔女ザーメンでりゅぅう……っ!!部下のぉっ…!!ふぇいのおまんこの中魔女ザーメンでいっぱいにしちゃぅっ!!魔女イきしちゃぅうぅうっ!!!!」
N06_Ety > 【エティー】「イっ……イきましゅっ!!イっ……くぅうぅうぅうぅうーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!♪!♪!♪!♪!」生やされたペニスから自分のものではない精液が愛する部下の中へと叩きつけられる恐ろしい感覚
N06_Ety > それが尿道を走り抜けるたびにエティーの脳に快楽として一生逃れられない傷を深く深くつけてゆきます、【エティー】「ふぇぃのおマンコがわらひのチンポ汁のんでりゅぅ……っ♪わらひのおチンポ喜んで……うけいれてくれてりゅぅうぅ……♪」
N06_Ety > 背中を撃たれた四足獣のように部下の上で四肢をひきつらせ、背をのけ反らせて快楽を全身で表現します、部下の吹き出したありとあらゆる汁で胸を、下腹を、そして二人の結合点を濡らして…
N06_Ety > ぬぢゅぼぉ…?【エティー】「へぁあ…♪ふぇいぃ……わらひの、初めて、フェイのしきゅうに、捧げてひまった……♪フェイの初めて、わらひので破ってひまったぁ……♪」何度も二人の初体験を反芻しながらもう一度腰を引き、そのまま次の打ち込みを再開する
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「や、やあああっ! ひああっ、ぁひ、ひああああああっ!!」
GMnapa > 浴びせられる、エティーの熱い迸り。子宮が熱い、身体が熱い、心が熱い。
GMnapa > 変わっていく。心が。脳裏に刻まれ、生まれていく、黒い何か。身体中が、そのドス黒い何かに炙られ、溶けていくようで。
GMnapa > 見開いた瞳が、紅く、魔女の色に、染まっていく―――。
GMnapa > 【フェイ】「はじめて……わらひの、はじめて……オルンさま、に……ぅ、あ……あひいっ!?」
GMnapa > 絶頂と瘴気に漬け込まれた身体が、再びわななく。精を呑みこみ、吸収し、緩み始めた子宮が、再びの衝撃にびくんと跳ねる。
GMnapa > もはや逃げるという思考は、全て吹き飛んでしまった。
GMnapa > 魔女の闇に囚われたフェイは、抵抗できないまま、エティーに身体を貪られ続けるばかりで……。▽
N06_Ety > 【エティー】「ああ……稽古の間ずっとこんなに綺麗な肌を、こんなに女を誘う乳肌を隠していたんだな…、フェイ、ふぇいぃ……!!」どっちゅどっちゅという挿入は止まるどころか速度を増して
N06_Ety > 【エティー】「フェイ、フェイ、ふぇいぃ……!♪」がっしとお腰を捕えてペニスを突き込み、子宮の中まで亀頭を咥えこませ、血管のゴツゴツ浮き出るペニス胴で入り口をゴリゴリと削る
N06_Ety > お顔を乳の谷間にうずめて両手でその双乳を揉み上げ、ねぶり形を変えてその乳肌を自らの乳で磨き上げる、つるんと乳首同士をこすりあわせ、ペニスで探り当てた子宮に自らの子宮に宿った魔女王の印を押し付けて魔力を交換する
N06_Ety > 【エティー】「ああ……止まらない、すまない……ああ、好き、フェイ好き、好きぃ……!!!」自信も矜持も砕かれてゆく自分を受け入れてくれたと信じ込まされるほどの快楽に
N06_Ety > 魔狼卿は二度と忘れられない快楽と部下の子宮への依存をたっぷりと刻み付けられて……
N06_Ety > ▽
GMnapa > 【フェイ】「ぁ、あひ、ひぁ、オルン様、オルン様……ぁ……!」
GMnapa > ひとたび突き込まれるたびに、身体がわななく。子宮が疼く。
GMnapa > 子宮の入り口が先端でゴリゴリと突き込まれると、快楽を、エティーを受け入れるように、徐々に緩み始めて。
GMnapa > 乳汁に染まりきった双乳は、エティーに揉みしだかれ、顔を埋められ、彼女のと合わさる。
GMnapa > 身体中を貪られるような行為―――今まで邪魔にしか思っていなかった女の身体が、たまらなく嬉しい。
GMnapa > 鏡合わせのように映った二人の子宮の呪印が重なる―――魔女の浸食を受けたフェイの瞳が、見開かれて。
GMnapa > 【フェイ】「ああ……オルン様……オルン様だぁ……」呪印から魔力でつながった瞬間、はっきりと感じられる。彼女の存在を。
GMnapa > 今繋がっているのは、紛れもなく自身の憧れだった、魔狼卿だったのだと。
GMnapa > 【フェイ】「ああ、オルン様、すみません、わた、私っ、ぁ、ああ……!」
GMnapa > そうとは知らず、エティーを魔女と言ってしまった自分を恥じる。そして、エティーと認めた瞬間、心に広がるのは肉の喜び。
GMnapa > 【フェイ】「ふぁ、ああ、ああああっ! オルン様、これ、これいいですっ! もっと、もっと私を、ひああああっ!!」
GMnapa > ただの敬愛だったのだろうか? それすらも、砕かれていく。あるいは、魔女の全てが女性だからなのだろうか?
GMnapa > 心の奥底から湧き上がる歓喜。
GMnapa > 彼女にされるのが嬉しい。子宮を叩かれるのが嬉しい。双乳を貪られるのが嬉しい。彼女といるのが嬉しい。
GMnapa > 書き換わっていく心と身体。でも、元からそうだったのかもしれない。湧き上がるいとおしさに、自らエティーを求め、足が腰に絡みついて。《△
N06_Ety > どっちゅどっちゅと止まることのない挿入、ヒトストロークごとに後戻りできない快楽地獄へと足を踏み入れてしまう魔狼卿
N06_Ety > 【エティー】「(へぁあぁ……♪女王さまぁ……ごらんになってくださいぃ…♪わたひ、わたひ今だいすきな部下を魔女に、まじょにひてます…変えていますぅう……♪)」
N06_Ety > 【エティー】「(好きな娘と一緒に魔女に堕ちるのすごいぃ……♪おチンポがわたひのこと褒めてくれてりゅぅう……♪)」脳内が歓喜に満たされて
N06_Ety > 【エティー】「ふぇいぃ………♪胸も好きぃ……肩も好きぃ……腕も、首も、あごもひたいもまぶたも」部下に答えるように感極まった声でキスを降らせる魔狼卿
N06_Ety > ペニスから強制的に送り込まれてくる幸福感が自分と彼女の過去さえ全て書き換えてゆくようで……彼女との思いでが全て甘いものへとすり替わってゆく
N06_Ety > 【エティー】「ああ……わかる……フェイと私、今つながってる……全部でつながってるぅうぅ……♪」指と指、胸と胸、唇と唇、雄の性器と雌の性器、そして互いの魔印、すべてを重ね合わせて互いを貪る
N06_Ety > 【エティー】「あああっ………!?」びくぅうぅっ!!!そして感極まったフェイが己の足をからめてきたことにエティーさんの全身が歓喜の震えに満たされます
N06_Ety > 快楽で真っ白のなかで受けていたフェイの拒絶が完全に取り払われた瞬間、エティーさんの女の芯が愛し合うことの歓喜にしびれてしまう、互いの全てを絡み合わせるような交合は深く深く続いて…
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「はひいいいっ!! お、おるんしゃま、オルンひゃまあああっ!!」
napaGM > 肌で、心で、何より雄と雌で。ひとつに重なり、繋がっていくことが何より嬉しく、気持ちいい。とろとろに蕩かされた心身が、激しくエティーを求め、自身の奥へと導いていく。
napaGM > 【フェイ】「うああ、もっと、もっと奥、いっぱい、ぜんぶ、いっしょに……っ!!」
napaGM > うわごとのように囁きながら、エティーの動きに合わせ腰を押し付けるフェイ。一番奥を叩かれるごとに、気のせいか、肉槍が貫く奥の感触が、少しずつ、緩んでいるような……。▽
N06_Ety > 【エティー】「あ、ああ……フェイ、ふぇいぃ……っ!!!」恐ろしいほどの渇きを癒してくれる場所がゆるゆると扉を開けていきます、開き切るのが待てないとでも言うように腰を勧め、部下の身体を貪ってしまう。
N06_Ety > 魔女の魂が、魔女の肉棒が、そして愛情まで狂わされら騎士としての魂までが歓喜に包まれて……【エティー】「はぁっ!!はぁっ!!はぁっ!!はぁああっ!!!(こ、ここが、ここがお前の……ここがお前の、最愛の人のための場所……!!そうなのだな?そうなのだなフェイっ……!!!)」機関車のように腰を叩きつけ、二人の絶頂のためにペニスの抜き差しを続け、ありとあらゆる体液を振り乱して……
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「ふぁ、あひいいっ! お、おくぅ、ごつごつ、ごつごつってぇ、ぁ、ああ……!!」
napaGM > 何度も、何度も、突き上げられて。魔女の剛直が、エティーの身体が、少しずつ入り口を割り開いていき。
napaGM > 最奥への入り口が、それに応えて……貫くそれの先端が、入り口から顔を出し、めり込み始めていく。
napaGM > 【フェイ】「ん、ぅ、ああ、オルン様、わらひ、らめ、らめににゃりゅうううっ!!」
napaGM > エティーの零した汁を、貪欲に受け止めながら。開かれていく扉が、巨大な先端を少しずつ咥え、埋められ、今、今―――▽
N06_Ety > 【エティー】「あ、ああぁあぁあ……!!だ、だめだ……お、お前の夫のための場所だ、お前の夫のための場所なのだ…、私は、私はそれを魔女のペニスなどでぇえ……ひぁ♪、あああ…フェイ、フェイぃ……!!」恐ろしい危機感は変わらずに存在するのに、それをはるかに上回る快楽と悦び
N06_Ety > 【エティー】「へぁあぁ…♪ああ、フェイ、もっと締めて……もっと、もっと一緒になろう…!!ああ、フェイの奥で魔女ちんぽきもちいい……!!」ぎゅむぅうぅうっ……!!乳肌が完全に密着するほど部下を抱きしめ、奥の奥まで突き込んでしまう
N06_Ety > 【エティー】「ああっ…………!!!魔女せーえきっ!!!!魔女せーえきフェイの子宮にそそいじゃぅうぅっ!!!ふぇいぃいっ!!駄目だっ……!!ふぇいぃいっ!!駄目なんだっ!!愛してしまぅうっ!!魔女にしてしまぅうぅうっ!!女王さまっ!!じょおうさまあああああっ!!イっきますぅうぅうぅうぅうぅぅうーーーーーーっ!!!」
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「あぁ、わら、わらひ、エティーさま、なら、結ばれても、うあ、あはああっ、もっと、もっと、いっひょに、あひ、ひ、ぃ―――」
napaGM > 抱きしめられ、愛を囁かれ。脳裏に響く魔女の甘い声。逆らえない。子宮が、子宮までもが、エティーを、魔女を、受け入れ―――どちゅううっ!!
napaGM > 【フェイ】「っひいいいいいいっ!! なるううっ、まじょになるのおおっ!! エティーしゃまあああっ!!」
napaGM > 奥の奥まで、外から見ても分かるほど、子宮に受け入れた、魔女の器官。その瞬間から、震えが、痺れが、悦びが―――絶頂が、止まらなくなった。
napaGM > 【フェイ】「あひいいいっ!! いくっ、いくうううっ!! エティーさまの魔女ちんぽで子宮イかされちゃうのおおおっ!!」▽
N06_Ety > 【エティー】「あああっ!!ふぇぃいぃいーーっ!!んんんんっひぃいぃいぃいーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」先ほどの射精をはるかに上回る、他人を魔女に堕とす快楽、他人に魔女である自分を受け入れられる感覚、そして子宮の上に輝く魔印に魔女ペニスから魔女の魔力を注ぎ込む快楽
N06_Ety > 【エティー】「んはひぃいいいっ!?フェイのしきゅぅに魔力すわれへるぅうっ!?一緒にヘンになってくっ!!わらひのじゃない魔力、わらひのちんぽ通ってふぇいのなかにはいってきゅぅうううっ?!?!?!?子宮しゃせーでまたイきまひゅ、イっくぅうううううーーーーっ!!!!」
N06_Ety > 底なしの快楽穴に延々と射精をすいとられてゆくような果ての無い快楽がエティーさんを翻弄します、自分の中にある全く別の魂が与える素晴らしい快楽をエティーさんの底の底にざっくりときざみつけられる
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「んああああっ、オルン様、オルンさまの、しゃせーちんぽいいっ、オルンさま、オルンさまの、こどもできるのっ、こどもできるのおおおっ!!」
napaGM > 子宮の中に、灼熱が放たれ、身体に同化していく。そのたびに、エティーの腕の中で何度も痙攣し、びくびくと身体を震わせる。
napaGM > 想像を絶する量の射精を受けているにも関わらず、一向に腹もパンパンに膨れ上がる気配はない。代わりに、魔女の印が異常に紅の光を放ち。
napaGM > 【フェイ】「ぁうううっ、あはあああっ! わ、わらひのからだ、あたま、いっぱいに、なにか、すごいの、ぁ、あ、じょ、女王様ぁぁあああああああ!!」
napaGM > フェイの身体と心の中で、急速に膨れ上がっていくもう一つの存在。作り変えられていく快楽。自分でも気づかないうちに、新たなる主となる者の存在を、口走っていた。
napaGM > 瞳は赤く点滅し、舌を出して快楽に浸る表情は、完全に恍惚の笑顔に蕩けきっていた。
napaGM > 【フェイ】「へ、へんになって、いっしょ、に、オルンさま、オルン様のきっついザーメン子宮にびしゅびしゅってきもちいいのおおおっ!!」▽
N06_Ety > 【エティー】「(ああああっ!!もう、もうぅうぅ…!!ダメだ、フェイに名前呼ばれるだけでイくっ!!一緒だって思うだけでイくっ!!フェイがそばにいるって感じるだけでイくぅうううううううっ!!!)フェイっ!!ふぇいぃいいっ!!」ひたすらにフェイさんの身体に、膣の締まりに、ふやけた子宮口の甘いおねだりにのめりこんでゆく魔狼卿
N06_Ety > 【エティー】「ああっ!!一緒に、いっしょにぃっ!!出すからぁっ!!しきゅーにいっぱい出すからぁあああっ!!お前のしきゅーに、いっぱい出すからぁあああーーーーーーーーーーーーーっ!!もう、もうだめぇえーーーーっ!!!!」限界だと思った場所があっという間に突破されてしまう、いくらでも高まってゆく絶頂感に何もかんがえられなくなっていき…
N06_Ety > ▽
napaGM >  
napaGM >  
napaGM >  
napaGM > それから、どのくらい時間が経ったろうか。
napaGM > 【フェイ】「はひいいいっ! まら、まらいくっ、イってるのおおおっ!!」
napaGM > 子宮から膣中まで、まるでひとつの性器であるかのように。子宮の入り口がカリ首に嵌り、エティーを決して離そうとしない。
napaGM > 子宮の奥に突き刺さると、エティーの魔女ペニスをすべて飲み込み、二人の腰がぴったり嵌りきる。
napaGM > 【フェイ】「あひいいいっ、ひぁ、うああああ……っ!!」
napaGM > もはや完全に雌の表情になり、子宮に響く快楽と、エティーの存在と―――心の中に構築されていく魔女の心しか、頭に残っていない。
napaGM > 一体いつまで注がれ続けていたのだろう。さすがに子宮はエティーの注いだ精でいっぱいになり、突き上げられるたびにたぷたぷと揺れ、
napaGM > 入りきらない子種は潮や愛液と混ざり合い、二人の間に落ちる。▽
N06_Ety > 【エティー】「んあぁああっ!!な、なんで、とまらなっ、とまらなぃいぃっ!!またイきゅぅうぅっ!!」
N06_Ety > 嬌声の合間で互いの唇を貪り合い、抱き合う胸をこすり合わせて同性の乳肌を味わい尽くす……床をひたひたにする精液の中で止まらない絶頂に懊悩する二人の雌騎士
N06_Ety > 【エティー】「へぁ、あく、ひくぁあああ………………」部下の肉壺の奥底の孕み穴に亀頭の先端をぐっぽりと突き立てたまま何度メカもわからない射精絶頂に背を逸らしてぶるぶると浸りこむ
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「んちゅ、ちゅ……オルン様、もっと、もっとぉ……」
napaGM > 絶頂と雌の喜びの中で、大好きになってしまった甘ったるい声がエティーの頭を駆け巡る。
napaGM > そして、再び導こうとした瞬間―――。
napaGM > 【フェイ】「―――っ!? ひぁ、うぁ、ああ、ああ!?」
napaGM > どくん。異常なまでに力強い、脈動の音。同時に、湧き上がる黒い感情、理性が消えてしまうほどの衝動。
napaGM > 閉じきっているのに、周囲から何かが吹きかけられているような感覚。魔力……否、瘴気が、人をも変えてしまうほどの危険な瘴気が。
napaGM > 二人の間で渦巻き、膨れ上がり。魂で感じる魔女の視線、伸ばされる手。魔女が、引き入れようと呼んでいるのか。
napaGM > それなのに、とても抑えきれないほどの、もっとつながりたい衝動。もっとつながりたい、もっと一緒に居たい、魔女になりたぁい……っ!▽
N06_Ety > 【エティー】「あ、ああああっ………!!だ、駄目だっ!!わ、渡さないっ……フェイは魔女なんかに、ああ、駄目だ、だめなんだぁああっ!!」フェイさんの豊かな胸に頬をうずめ、よりしっかりと腰を捉えて言うべきセリフではありません
N06_Ety > まるでそうすれば魔女達から奪い取れるとでも信じているかのようにさらに深く深く腰を叩きつけ、奥底に亀頭のえぐいカリをひっかけて何度も子宮口を掻きむしる、【エティー】「ああああっ!!フェイ、もっと、ふぇいぃい……っ!!」
N06_Ety > 【エティー】「あああっ!!集まってくるっ!!みんな祝福してくれてるぅっ!!私達、魔女を切っちゃったのにっ!!悪い魔女なのにぃっ!!祝福される権利なんてないのにぃいいいっ!!」
N06_Ety > 【エティー】「フェイっ!!!嬉しいっ!!私お前を魔女にしてあげてる………っ!!!ああっ!受け取って、ふぇぃいいっ!!私の魔女ざーめんっっっ!!一番おくでっ!!子宮でっ!!魔女の印でえええええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!」
N06_Ety > ▽」
napaGM > 【フェイ】「……ぁ、あ、あ……!!」湧き上がる欲望。伸ばされた手。それを払いのけることは、快楽と瘴気に包まれた今のフェイには……できなかった。
napaGM > 【フェイ】「ぁ……ああ、―――さま……魔女を統べる夜の女王様……私は……フェイは、貴女に永久の忠誠を誓います……」
napaGM > 【フェイ】「夜の眷属となり……貴女に降りかかる災厄を払う剣となって、永劫の従者となります……」
napaGM > 紡ぐ言葉、その中で渦巻く瘴気が、徐々にフェイの身体に集い、空気を黒く染め上げて。
napaGM > 【フェイ】「ぁ、ああ……魔女に、魔女にしてえええっ! オルン様の魔女ちんぽでザーメンされて魔女になりましゅうううっ!!」
napaGM > 完全に、結ばれていく。人の身が、壊れていく。絶頂に向かう身体が止まらない。これでもかと言わんばかりに、エティーから最後の精をねだるかのように。
napaGM > 子宮も、膣中も、全てがきゅうきゅうと搾り上げ、エティーの手による最期の一撃を、望む。▽
N06_Ety > 【エティー】「ひぃっ!!ひぅいぃいぃいぃっ!!!(行くなぁっ!!行ってはダメだぁっ!!ああ、魔女め、魔女めぇっ!!フェイは、フェイはわたさなぁ……!!)」騎士として愛を誓った女性を自分に振り向かせようとさらにさらに腰を深く深く突き込んでゆく
N06_Ety > 【エティー】「ああああっ!!女王さまぁっ!!私の部下をっ!!フェイ・アナストリアを捧げます、お願い……わたくしの罪は甘んじてお受けいたします、どうか、どうかこの娘は……この娘は貴女の娘にお加え下さい。貴女の、貴女のお付けになったおチンポは私の罪とは無関係のおチンポです」
N06_Ety > 【エティー】「このおチンポからのザーメンは、私の罪とは無関係のぉっ……!!本当に、本当にきもちいいざーめんなんですぅううっ!!おねがいぃいいっ!!この娘をまじょにっ!!魔女にしてええええええーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!」
N06_Ety > 魔法の素養も大して無かった剣をふるうだけの騎士が、ミアスマを操るメイデンの力を必死にかき集めて周囲の瘴気を吸い上げ、その先に居るであろう二人の雌騎士の主人に対して叫びを送る
N06_Ety > エティーさんの尿道を、騎士の矜持を全てこそげ落しながら最も魔力に満ち、瘴気で溢れかえる射精が駆け上り、二人のすさまじい締め付けによって圧縮され、叩きつけるようにフェイさんの子宮に到達します、焼けつくような熱さが二人の脳を快楽で焼き尽くして
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「ぅあ、ふぁ、ああ、うあああああああああああっ!!」
napaGM > そして、訪れる絶頂。魔力と瘴気が身も心も焼き尽くす。吹き荒れる絶頂に、理性も何もかもが焼き切れていく。
napaGM > ただ残ったのは、愛する人に送られるすさまじい子種。それ以上に、身体も心も、魂さえも愛する人とつながっている感覚。
napaGM > ……絶頂に身を委ねる最中、魔女の主を感じる強烈なイメージ。絶頂の最中、人としての全てが、崩れていく。
napaGM > 【フェイ】「うああ、あ、あひ、んひいっ、ひああああああっ!!」
napaGM > ずりゅ、ぐちゅううっ!! 激しい音を立て、荒れ狂う身体。頭から突き出た二本の突起は、人の身ではあり得ない、角。
napaGM > 同時に腰あたりから突き出る、小さめの黒い翼。大きく後ろに突き出て、エティーの脚に勢いよく跳ねた黒い物体は、しなやかな矢じりのある尻尾。
napaGM > 【フェイ】「ぁ……は……」今ここに、人としてのフェイ=アナストリアは死に―――新たなる魔女が誕生した。▽
切断しました
入室しました
N06_Ety > 【エティー】「ああ………(フェイ……綺麗だ………」幼い頃に聞かせられた禁忌の象徴としての魔族そっくりの姿、エティーさんはまだその姿にエティーさん自身の願望が強く反映されていることを知りません
N06_Ety > うっとりと恋の鎖でつなげられてしまった元部下の頬に指先を這わせ、瘴気の波がゆっくりと引いてゆくのをペニスでつながったまま待ちます
N06_Ety > この数日間の中でようやく落ち着きを取り戻したぺにすの渇望が少しづつエティーさんの正気を取り戻してゆく中でも、生まれ変わった女騎士の美しさはエティーさんのこころを大きく捕えていて…
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「……エティー、さま」恍惚と快楽、瘴気が醒めていく。魔女として生まれ変わり、魂も堕ちた。なのに、彼女がここに居ることで感じるこの感情は、変わっていない。
napaGM > 頬に這わされた指先を絡め取り、そのまま、重なった身体をさらに引き寄せ……自分から、エティーの唇を、奪う。
napaGM > 湧き上がる感覚。エティーの腹に当たるのは、生まれていく自身の魔女の肉槍。本能も意識もエティーを求めてか、唐突にしなやかな尻尾が蠢き始める。
napaGM > 唇を合わせたまま、自在に動く尻尾がエティーの女の秘所にあてがわれ―――ずりゅううっ!!▽
N06_Ety > 【エティー】「んん……ふぁ、ああ……わ、私はなんというコトを、なんという…あああ……」ひくんっ!!ひくひくひくんんっ!!フェイさんの軽い接触だけでびくびくとエティーさんの身体が痙攣し、魔女膣と化したその場所で再びエティーさんの魔女ペニスが立ち上がり始めます
N06_Ety > 【エティー】「ああっ!や、やめてくれ、わ、私はお前が、お前がぁ……すまない、許してくれ、ああ、だ、駄目だ、お願い……ふぇいぃ……!!」きゅぅううううっ!!エティーさんの切ない気持ちが詰まったような締め付けがフェイさんの初めての器官を包みます
N06_Ety > 二人の淫紋が何度も明滅し、響きあいます、たまらずに下腹を擦り付けあえば、フェイの股間に生えた魔女器官が女王の魔力と受けた魔印によって包まれ、コキ上げられて
N06_Ety > ▽
N06_Ety > 【エティー】「その目で、見ないで………くれ…………っ」弱弱しく訴えます、部下の目に灯った赤い輝き、それは女王さまと同じ、エティーさんには逆らい難い魔力を秘めた誘惑の瞳で…
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「ん、ぅあ、うあああああっ!!」ず、りゅううっ!! 新たに生まれた魔女の器官が、明確な形を得て呪印を下から擦りあげる。
napaGM > 【フェイ】「オルン様……これ、オルン様の雌犬まんこに一番ぴったりな魔女ちんぽなんですよ……?」
napaGM > 魔女に成って、淫蕩に変化したのもあるのだろうか。深い紅の色が完全に定着した瞳で、エティーをじっと見つめる。
napaGM > 【フェイ】「……オルン様。他の魔女の方々は、我々二人に時間をくださってます。だから……」
napaGM > きゅ、と抱きしめる。エティーの身体を。そして、自身に埋められている、エティーの分身たる魔女の肉槍を。
napaGM > 【フェイ】「……もっと、愛して」▽
N06_Ety > 【エティー】「た、頼む、言うなっ!!やめるんだ……お、お願い………うぁっ!!!(びくぅうっ!!)」部下の瞳が近づいてくるほどに太く、フェイさんの中で固くそりかえってゆくエティーさんの肉棒
N06_Ety > 愛をささやく言葉が漏れた瞬間に萌えるような衝動がエティーさんを再び包みます、しかし先ほどまでのただ夢中だった交合ではない、理性を残されたままの魂をひび割れさせてゆくような交合
N06_Ety > 【エティー】「ああああっ!!だ、駄目だっ!!ああ、見るな魔女どもぉっ!!感じ取るなぁっ!!!ふああぁあっ!!!」恐ろしい後悔と己に対する絶望にたっぷりとひたされたまま
N06_Ety > 愛する部下と身体を重ねる幸せを胸いっぱいに吸い込み、ただひたすらに突き上げ、部下の尻尾ペニスをひたすらにむさぼってしまう【エティー】「あああっ!フェイ、駄目、だめぇええっ!!!ああ!!うぁああっ!!!」
N06_Ety > ▽
napaGM > 【フェイ】「オルン様、オルンさま、おるんしゃまぁ……!!」自身への突き込みが緩もうものなら、突き込んだ尻尾をより激しく突き立てて。
napaGM > 幸せに浸りながら、ひたすらエティーの全てを貪ろうと、雌の器官でエティーを懸命に締め上げて。
napaGM > 理性の戻りかけていたエティーとは完全に攻守が逆転し……互いに愛情を交わしつつも、エティーは変わり果てた部下に、魔女に犯され続けることになった。
napaGM >  
napaGM > 約束の時間まで、既に一週間を切っている。それにも気づかず、二人はただ、狂ってしまうほどに甘い感情と快楽を、貪っていた―――。
napaGM >  
napaGM >     ヒロインクライシス 龍華戦記
napaGM >         ~魔女の条件~
napaGM >  
napaGM > ・・) つづく!
N06_Ety > ひぃぃ!!
napaGM > ・・)ノ というわけで、ありがとうございましたー!
N06_Ety > えろい!(ゆびさし
napaGM > (わっちちにゆびをむけなおす
N06_Ety > ました、too!
N06_Ety > しぐま