N07_Hiroko >
【博子】「だからぁ、そいつらに犯されちゃったの、ヒロインの身体ってホントフケツだよねー」

N07_Hiroko >
【博子】「普通あんな太いの入らないし、魔族を欲情させる体の上に、それでちょっと喜んでたんだよ?」

N07_Hiroko >
【博子】「…全く女の子の身体にあんな、絶対に許せない…それに、一人もう捕まってる子が居るの…」

N07_Hiroko >
【博子】「へ?やる気ってボクがこんな仕事やる気出すわけないだろ?催眠?暗示?」

N07_Hiroko >
【博子】「催眠暗示にかかったヒロインは何人も見てきたけど…? それより神様から返事まだ?」

N07_Hiroko >
【博子】「まったく困るよ、こんなのヒロインの仕事じゃないってのに……  ん?」

N07_Hiroko >
【博子】「(おかしいな、なんでボク天使の羽汚されたことより人間の身体のこと心配してんだ?)」

N07_Hiroko >
http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%BF%B0%C8%C5%C4%A1%A1%C7%EE%BB%D2

N07_Hiroko >
…です!!

nineGM >
はい…!

nineGM >
でははじまります!





nineGM >
~くらくら!~

nineGM >
【”元”えんぜくん受難録・発動編】





nineGM >
前回の事件から数日の時間が立ちました。ヒロイン界隈ではいまだ謎の組織の噂は消えず、報奨金すら募って情報を募集しているのですが一向に情報は集まらないご様子。

nineGM >
さて、わずかながらその情報を握っているヒロイン、鞍田博子さんは何故かその情報を売ろうともせず……ソニアさんの案内でとある廃ビルの入り口に佇んでいます

nineGM >
夏とはいえ、夜の風はまだまだ寒くソニアさんはぶるりと震え上がって……いえ、寒さだけではなく、このビルにあるというヒロイン売春組織へと乗り込む所なのです。緊張もして然るべき……。

nineGM >
【ソニア】「ここの地下で、今晩組織の開催するイベント……みたいなものがされてるっていう話なんです……」何処で知ったものか。しかしソニアさんの情報で張り込んでいた所、既に何人ものいいスーツを着た男達がビル内に入り、そして誰も出てきません。


N07_Hiroko >
【博子】「(あ、あれ……?ボクなんでこんなにやる気満々でついてきてるのぉ…?)」ふと気づくと壁からそっと中を覗き込んでいる自分がものすごくおかしいことに気づくひろこさん、何しろこんな仕事、天使…?ひろ…?まぁ兎も角自分がやるものではない筈なのです

N07_Hiroko >
【博子】「そんなものがあるなら、きっと護衛だって用意しているわね、そう……あいつだって居る筈…!!」ぜんかいいいように自分を犯したトロるさんが来ている筈、いやなので逃げることにしまs……復讐のために拳に入ってしまう力をなんとかおさえます


nineGM >
【ソニア】「はい……! きっと恐らくは……もう大分人の入ってこなくなりましたし、きっともう始まってるんじゃないでしょうか……今ならこっそり入っても気づかれないはずですっ」

nineGM >
と、博子さん=えんぜくんの内心など知る由も無いのかなー?的なソニアさんの案内でビルの中へ。コンクリートむき出しでとてもなにかをできるようなビルには思えませんが、エレベーターには明かりが灯って電源は生きている様子。

nineGM >
【ソニア】「このエレベーターで……ボタンをこう……」↑↑↓↓……ともあれ複雑なコマンドを入力した後に、チーン!とエレベーターが一階へ到着するのでしたね。


N07_Hiroko >
【博子】「え、ええー!?なんで始まってから入ると気付かれないのさおかしいでしょそれ!?……ええ、いそぎましょう!!」はやるこころを抑えてエレベーターに駆け込みます、追手の居ないのと監視カメラが正常にうごいているのを確認して…

N07_Hiroko >
【博子】「ええ、でもソニア気を付けて、さっきから思考がなんだかおかしいの、もしかすると何か結界が張られているのかも……」おとなりのおんなのこからゆんゆんと飛んでくる電波を至近距離で受信しているのですからおかしいのが当然です

N07_Hiroko >
【博子】「ごめんね、本当は私が一人でくるべきなのに……」


nineGM >
【ソニア】「そ、そんな……いいえ、博子さんの力になれるのなら、私……っ」うるうると眼を感激の涙を浮かべ赤い頬で上目遣いに博子さんを見つめます。この女、落ちた―――! そんな感じです。

nineGM >
到着したエレベーターはいつぞやの部屋を思い出させる赤い絨毯引きのそれは悪趣味なレベルで豪華だったり。さてそこに二人で足を踏み入れようとしますが……その背中に向けて物陰から人影が奇襲をかけてきましたね!

nineGM >
【ソニア】「ひ、博子さん後ろ―――っ!!」咄嗟に気づいたソニアさんが声を張り上げます!銀に煌く刃が背中に向かって振り下ろされようとしているところで……。

nineGM >
と、ポーントラップ扱いで運動判定10と参りましょう!

nineGM >
失敗すれば2d6のダメージを!


N07_Hiroko >
【博子】「(あっれぇー?なんかヘンだと思ってたけど…いつも通りじゃんっ♪まったくボクの魅力はとめどないなー♪)ありがとうソニア、百人力を得た思いだよ」

N07_Hiroko >
きゅっとお目目をみつめていままさにキスするとこでしたね!!

N07_Hiroko >
2d6+5 えいえい

kuda-dice >
N07_Hiroko -> 2D6+5 = [3,5]+5 = 13

N07_Hiroko >
うんどうはおとくいよ!!

N07_Hiroko >
(逃げ足的ないみで

nineGM >
余裕をもっての回避ですね…!

nineGM >
では回避成功! 刃は空を切って、振るった相手はその勢いでつんのめったまま……「あわっ、あわわ――っ!?」どてん!転がってしまいました。

nineGM >
【???】「んぐっ、くぅ―――! やるわね、魔族の手先のくせし……あら?」どしんとパンツを丸見えにして後ろを振り向く襲撃者。ブロンドでスレンダーな割りにお胸は結構ある外国産な方なのです。制服はソニアさんと同じ学園の物のようですね。


N07_Hiroko >
【博子】「ふん、鋭さはともかく勢いはなかなかね、魔物の手先のくせにやるじゃな……ん?」そにあさを庇うみたいに立ってる自分にうーんうーんなんかおかしいなー!!などと思いながら

N07_Hiroko >
【博子】「ええと……なんで学生がこんなとこに居るのよ、ここは会員制の……ああ、コスプレ的な!」ぽむ!とナットクするひろこさんだ、「なんにせよ声を立てないで頂戴、騒ぐと痛い目に合うことになるわよお嬢さん」


nineGM >
【???】「違う! くっ、でも……見た感じ、どっちかっていうとお仲間な感じかしら……もう危害を加えるつもりはないわよ」と、むくりと立ち上がるブロンドさん。剣を腰に帯びた鞘に収めて、悪びれた様子も無く胸を張ります。

nineGM >
【プリシラ】「私はプリシラ=コールドゲート。最近噂の不埒な魔族?かわかんないけど、ヒロイン誘拐してるっていう組織の尻尾を掴んでここに張り込んでたのよ……」もっとも、エレベーターの乗り方がわからず立ち往生していたところ最後のチャンスとよく相手を見ずに奇襲を仕掛けたっていう迷惑な話のようです。

nineGM >
【ソニア】「……だ、大丈夫です博子さん、その……も、もう……~~~ッ///」と、一方お胸の中ではソニアさんは湯気を立てているのでした。


N07_Hiroko >
【博子】「え゛……ちょっといっしょにしないでよ、キミらヒロインがしっかりしてないからボクみたいなヒロインがこんな目にあうんだろぉ?……あれ?」?(?、? )?「あ、ああごめんなさい、私は蔵田博子、博子でいいわ、よろしくコールドゲートさん」

N07_Hiroko >
【博子】「ごめんソニア、つい…ね♪こっちはソニア、中に詳しいんだ、同道してもらっているわ」ひろこさんもお脳がかよわいので乗り方がわかんなかったんじゃしかたないなー!的な思いだ!「どうやら貴女はご同業のようね」しぜんにかっこよく(?)彼女の隣に立つよ!

N07_Hiroko >
おまえのじつりょくなら信頼できそうだぜ的な…!!


nineGM >
【プリシラ】「ヒロインヒロインって……うん? なんかよくわかんないけど……まぁ、私はプリシラで結構よ。私も博子って呼ばせてもらうわね」碧眼を細めて緊張が解けたのか少し笑みを浮かべて。なんかどっかでみたような顔立ちの気がしないでもないですが気のせいでしょう。と、ソニアさんに気づきそちらを向いて。

nineGM >
【プリシラ】「詳しい? ヒロイン……ではないようね。えっと貴女―――」と、そこで固まります、言葉に詰まって……【プリシラ】「……まぁ、詳しい人がいてもらえるのなら心強いわね。ふぅん。博子もさっきの身のこなし、期待してもよさそうね。ここは共同戦線といきましょうか……」おまえもな…!的な雰囲気を漂わせ、三人でエレベーターの中へ。ぐんぐん降りていきますね。

nineGM >
【ソニア】「そろそろ、会場近くのフロアのようです……お二人とも、気をつけてくださいね……!」さっと二人の後ろに隠れたソニアさん。チーンと音が鳴り、ゆっくりと扉が開いて……。

nineGM >
「あ、お客様今回の入場はもう終ry【プリシラ】「成敗ッ!」ゴズリッ!有無を言わさず出迎えたスタッフらしき人を鞘でぶったおします。ジリリリリ……と、途端にサイレンが鳴り始めるのですね!


N07_Hiroko >
Σぷりしーなんにもかんがえてねー!?

nineGM >
【プリシラ】「フフ……どうやら侵入がバレていたようね。なかなかやるじゃない……」転がったスタッフさんがダイイングメッセージよろしく何かボタンを押してるのがみえますね。


N07_Hiroko >
【博子】「ふふっ♪貴女派手ねプリシラ!気に入ったわ!!」ばばっとスタッフさんを飛び越えていっきにとびらをくぐるよ!

N07_Hiroko >
【博子】「(いやいやいやいやいやいや有りえないでしょそれ!?だいたいなんでボク率先して飛び込んでんのうわー!?うわー!?うーーーわーーー!?!?)」狭い通路をものすごいスピードで飛んで越えると素早く辺りに目をはしらせるよ!


nineGM >
さてドタドタと近づいてくる気配……というか来ました。いつぞやのマスクマンと同じマスクを被った屈強な男達が三人へと襲い掛かってくるのです!

nineGM >
スゥっと剣を抜くプリシラ。すると姿がドレスアーマーに煌びやかなティアラといった姫騎士さん風のヒロイン姿に変わるのですね。
*nineGM Topic : [マスクマンABCIV07][博子IV07/プリシラIV08][ソニアIV02]

nineGM >
【プリシラ】「この姿になった私は少々過激よ……さあ、博子の力も頼りにさせてもらうからねッ!」


N07_Hiroko >
せいれんな白に青い装飾線の走った戦闘用魔女ドレスに身を包み、光を放つ杖で武装した博子さんだ、【博子】「エンジェルパワー、メイクアーップ……!!さぁどきなさい!!お尻をヤケドするわよっ!!」

N07_Hiroko >
【博子】「ふふ、精々足をひっぱらないでね…!!」アイこんたくとでニヤリ!したりしている…!!


nineGM >
戦闘開始です!NPCルールのメイデンさんと一般人さんです!ソニアさんは攻撃しません!

nineGM >
まずは開幕からどうぞといっておく!

N07_Hiroko >
じゃぁせっかくだから飛ぶ…!!

nineGM >
ばびゅん!

nineGM >
では続いてプリシアさんの攻撃です!

N07_Hiroko >
HP23 AP08/06/04 [フライト]…!!

nineGM >
【プリシラ】「ふふっ 言ってくれるわね……! たァ――――!」見事な太刀筋といいたいですがわりと力任せに!

nineGM >
2D6+12

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+12 = [4,3]+12 = 19

nineGM >
マスクマンAへ攻撃!それでもメイデン、一撃の元に切り伏せるのですね!

N07_Hiroko >
つえー!!
*nineGM Topic : [マスクマンBCIV07][博子IV07/プリシラIV08][ソニアIV02]

nineGM >
では続いて博子さん…!

N07_Hiroko >
あれ、とんじゃったらスプリットできなくなった……

nineGM >
なんという!Σ

N07_Hiroko >
2d6+7+5 ぷりずみくみさー!!

kuda-dice >
N07_Hiroko -> 2D6+7+5 = [2,5]+7+5 = 19

N07_Hiroko >
えい!ますくまーさんに19てん!

nineGM >
では順番にBが消し飛びます!(どぉーん!
*nineGM Topic : [マスクマンCIV07][博子IV07/プリシラIV08][ソニアIV02]

nineGM >
えーと。1が博子さん2がプリシラ!

nineGM >
2d6

kuda-dice >
nineGM -> 2D6 = [2,1] = 3

nineGM >
(なにやってるんだ!

nineGM >
1d2

kuda-dice >
nineGM -> 1D2 = [1] = 1

N07_Hiroko >
【博子】「やれやれ無理やりねぇ、もっと優雅にできないのかしら、こう……!!ねっ!♪」びーむ!どかーん!

N07_Hiroko >
こっちにきた!(ゆびさし

nineGM >
「な、なんだこいつら……っ! お、おい、話が違うような気が……っ!」ひゃっはーおんなだー!ってつもりが気が付けば一瞬で一人ぼっち。指揮官を失ったマスクマンの行動は……《ダークネスヒット》

nineGM >
3d6+3

kuda-dice >
nineGM -> 3D6+3 = [6,2,1]+3 = 12

N07_Hiroko >
7点とめちゃうぞー!

nineGM >
博子さんに襲い掛かります。理由は自分でもわからない!

N07_Hiroko >
HP23 AP08/06→01/04 [フライト] お腰があとちょっと!

nineGM >
破ることさえできなかったのですね…!ではターンがまわりましてプリシラから!

nineGM >
【プリシラ】「まったく口が減らないわね……コスチュームちょっと破れそうよ?」お返しとばかりに軽口を叩き、残る一人にも!

nineGM >
2D6+12

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+12 = [3,4]+12 = 19

N07_Hiroko >
やっつけちゃえ!

nineGM >
ゾゥン!剣なのにホームランされたみたいなマスクマンさんはやられてしまった!

N07_Hiroko >
ふたりで3回こうげきして出目ぜんぶ7

N07_Hiroko >
Σ音がこわい

nineGM >
【ソニア】「や、やりましたね……ここから先は案内は任せてください……急ぎましょう……!」と、ソニアさんの指示でずんずん進みます!

N07_Hiroko >
【博子】「いいのいいの、どうせボクの身体じゃないしねっ♪……あれ今私ヘンなこと言った?」お疲れ様っ♪なんて一人しかうけもたずに楽をしたひろこさんは言うのだ

N07_Hiroko >
じゃぁきりっ!と表情をひきしめると先へといそぐよ……!!

nineGM >
【プリシラ】「博子はわりと変なことばかりいうから……さぁ、こんな雑魚ばかりの訳もないでしょ。気を引き締めるわよ!」

nineGM >
わりと迷路のように曲がりくねった通路を進んで……やがて、前には光が漏れる大きな両開きの扉。どうやらゴールは近いようです。

nineGM >
しかし、その前には番人のように二人の大きな男達の姿ですね! 三人の姿を見た彼らは頷きあい、ファイティングポーズを取ります……!
*nineGM Topic : [マスクファイターAB IV07][博子IV07/プリシラIV08][ソニアIV02]

nineGM >
今度は簡単にはいかんぞ……そういうような感じです!

nineGM >
フライトは継続されます!

N07_Hiroko >
いっぱいいる…!!

nineGM >
(SUMOUファイティングポーズっていいそうになったのをこらえた

N07_Hiroko >
おおきなとつげきりょくを得る恐るべき構えだ…!!

nineGM >
です!さて一応開幕があるかを聞きますがないですよね!?

N07_Hiroko >
あ、はい!

N07_Hiroko >
ないです!

nineGM >
しかしこちらにはあります!《アサルトフォーメーション》
*nineGM Topic : [マスクファイターAB IV17][博子IV07/プリシラIV08][ソニアIV02]

N07_Hiroko >
Σなんというこんびねーしょん

N07_Hiroko >
Σあたまいいぞこいつ

nineGM >
コンビネーションをあわさなければしょうりはない…!

N07_Hiroko >
ふたりのちのうを合わせてもかなわないとはな…!!

nineGM >
ファイター達の攻撃です!

nineGM >
3d6+2

kuda-dice >
nineGM -> 3D6+2 = [3,2,5]+2 = 12

nineGM >
3d6+10

kuda-dice >
nineGM -> 3D6+10 = [6,5,2]+10 = 23

nineGM >
《ダークネスヒット》と+《死点撃》

nineGM >
それぞれの対象は・・・

nineGM >
1d2

kuda-dice >
nineGM -> 1D2 = [1] = 1

N07_Hiroko >
ごくり…!

nineGM >
1d2

kuda-dice >
nineGM -> 1D2 = [1] = 1

nineGM >
両方…!

N07_Hiroko >
わーい!

nineGM >
ヒロコさんにどっちもどーん!

N07_Hiroko >
小さいほうだけぼうぎょして…

N07_Hiroko >
HP23 AP08→03/01→0/04 [フライト]

nineGM >
削れてきたな…!

N07_Hiroko >
まだ戦闘ありそうかな、アクトは…

nineGM >
先行でアクトを宣言しておいて後でまとめて描写もありです!

N07_Hiroko >
まずはちちじょくあたりからいく!

nineGM >
(つまり、まだある…

N07_Hiroko >
そしてほほう、じゃぁ順当につい見てもつかってしまおう

nineGM >
はいさ! 後からでいいカナ!

N07_Hiroko >
はい!

nineGM >
ビリリリィッ! 的確なコンビネーションでもって博子さんのささやかな乳房は露になってしまいましたね…。

N07_Hiroko >
なんてやつだ!ええと……く、くやしぃっこんなやつに…!!

nineGM >
【プリシラ】「ちょぉっ!? も、もう!博子なんかこう……か、隠しなさい!」と、顔真っ赤にさせたプリシラさんがやけくそ気味に!

nineGM >
2D6+12

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+12 = [6,5]+12 = 23

nineGM >
やけくそった!

nineGM >
Aへ攻撃を加えました!

N07_Hiroko >
【博子】「え、ええっ!?あ、急にいわないでよっ……!!」なんか指摘されると恥ずかしくなってかくしちゃう博子さんだ!!

nineGM >
かわいらしい!では博子さんどうぞ!

N07_Hiroko >
じゃぁ……

N07_Hiroko >
Σ基本的に1点MP足りないようにできてる

nineGM >
ある意味らしいですね!

N07_Hiroko >
2d6+7+5 し、しかたねぇぷりずみくみさーだ!!

kuda-dice >
N07_Hiroko -> 2D6+7+5 = [4,6]+7+5 = 22

N07_Hiroko >
Aさんにおいうち!

nineGM >
かなりきた…!

nineGM >
しかしまだ残る!のこったのこった!

N07_Hiroko >
りきしは小指だけで……!!

nineGM >
もとべさん…

nineGM >
さて、ターン回して再度《アサルトフォーメーション》!!

nineGM >
3d6+2

kuda-dice >
nineGM -> 3D6+2 = [6,2,2]+2 = 12

nineGM >
3d6+10

kuda-dice >
nineGM -> 3D6+10 = [6,5,5]+10 = 26

nineGM >
1d2

kuda-dice >
nineGM -> 1D2 = [2] = 2

nineGM >
1d2

kuda-dice >
nineGM -> 1D2 = [1] = 1

nineGM >
Oh

nineGM >
いや、逆にありなのか…?

N07_Hiroko >
しぐまものすごいでっかいのがこっちきた

N07_Hiroko >
おむねもゼロになった…!!

nineGM >
ダイスの神様ってのは…まぁそういうことです!

N07_Hiroko >
HP23 AP03→0/0/04 CP3 [フライト] <汚され象徴><つい見て><乳辱>

N07_Hiroko >
汚された象徴をせんげんだ…!!

nineGM >
さてこれでプリシラさんがAP削られたけどのこった!

nineGM >
はい…!

N07_Hiroko >
なんか全部AP0でニーソだけ残ってるって卑猥

nineGM >
そのはっそうはあったね!

nineGM >
【プリシラ】「んくぅぅ~~~っ! こ、この下賎の輩の分際で私に……ッ!」ギラリと危ない感じの瞳で……だけど、ここは冷静にBへ攻撃をするね!

nineGM >
2D6+12

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+12 = [2,4]+12 = 18

nineGM >
yatta!

N07_Hiroko >
むむ、Bさんの耐えさ…!!

nineGM >
っと、攻撃しました! まぁそこそこ!

nineGM >
ここで主役の博子さんのでばん!

N07_Hiroko >
2d6+7+5 こんかいはMPつかわなかったから範囲こうげきだよ…!!

kuda-dice >
N07_Hiroko -> 2D6+7+5 = [3,6]+7+5 = 21

N07_Hiroko >
えいえい…!!

nineGM >
いえす…! 激しい一撃にAさんは吹き飛んでBさんは瀕死の重態だ!

N07_Hiroko >
【博子】「(///)ううううう……っ!!(な、なんだよぉっ…!!他人の身体だから見られたってぜんぜん、ぜんぜん平気なんだってば…!!なんでボク胸も股間も隠しながらたたかってんだよぉ……っ!!)」

N07_Hiroko >
なみだめでまだがんばってるBさんをにらむ…!!(

nineGM >
ここでターンが周る…! 《アサルトフォーメーション》は使えない…!

N07_Hiroko >
Aさんのはたらきが…!

nineGM >
崩壊したチームワーク!二度と戻れないおーふれーんず!

nineGM >
そしてプリシラさんの一撃です!

nineGM >
2D6+12

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+12 = [2,6]+12 = 20

N07_Hiroko >
ごつん!

nineGM >
【プリシラ】「くぅッ、チェストぉ―――!」っと一撃にぐらりと倒れる二人のマスクマン。気絶しても尚お互いを気遣うよう、その手は握られていたといいます…。

N07_Hiroko >
なみだなくしてはかたれぬ…!

nineGM >
【プリシラ】「ま……ッたく。思わぬ邪魔が入ったわね……ぅ、えー……と……」と、博子さんの姿に視線が定まらない様子ですね。少し悩んだ末に、マントを脱いで博子さんに被せます。

N07_Hiroko >
【博子】「ず、ずるいぞっ…プリシラも見せなよ……!!」ぷくーっ!!と腰とお胸を手で隠しながら怒り顔だ!!でもマントをはおらされれば真っ赤になってマントにつつまれてしまうね

nineGM >
【プリシラ】「あ、あれよ……その、格好に気を取られて戦闘に気が入らないとこまるからであって……別に貴女の裸が気になるとかではないんだからね!」っていう。

nineGM >
【プリシラ】「な、なにがずるいのよっ! んぐぅッ、も、もう……とにかく、ここからが本番なんだから――――」


N07_Hiroko >
【博子】「お、乙女のハダがただで見れたのよ、私が見ようとしたら昔はおこられたのに……それなりのお礼くらい欲しいものだわ」きゅーってマントを握りしめてそのあたたかさをたんのうしてしまう博子さんだ、

N07_Hiroko >
【博子】「う、うん……ええ、そうね…!!」ぐぐっとあごをあげて、おむねをそらせて正面をみすえるよ!!ごごご……っ!!て扉をあけてゆく…!!


nineGM >
ゆっくりと開かれると、眩い光が二人の視界を奪いますね! そして耳をつんざくのは大歓声と、マイクから聞こえる大音量の声です!




nineGM >
『さあここで最終戦の舞台へ今夜の主役! もう皆さんご存知、プリシアと初参加の新人、鞍田博子君の登場だァー! 現在ポイントでは3対2でプリシア優勢! ですがご存知の通り最終戦はポイントなんと5倍のビッグチャレンジ! まだまだどんでん返しはありえます――――!!』

nineGM >
眩しさに眼がなれて。その会場がはっきりと見えてきますね。六角形に囲われたコロッセオ風の舞台に観客が

nineGM >
ぎっしりと詰まって二人を迎え入れます。突如、ドン!と扉が開き……ガチャリという音はきっと鍵がかけられてしまった音に違いありません。

nineGM >
ふと顔を上げれば大型の液晶モニターには二人の顔と、数字が書かれています。他のモニターからは……博子さんが服を破られるシーンがリピートで流されていたりしますね!

nineGM >
【プリシラ】「あっ、あ……っ!? な、何、コレ……んぐッ、うぅぅぅ……ッ!?」と、苦しげに膝を折るプリシラさん。やがて対面の扉がひらかれでっぷりとした中年が現れます……どうやら先ほどからの声の主のようですね。

nineGM >
『さあ、プリシラが三期連続勝者へと輝くのか、それともニューヒロインの登場か……皆さんも私も待ちきれぬ様ですね……グフフッ さあ、では開始といきましょう!!』


N07_Hiroko >
【博子】「え、えええええーーーーーーっ!?!?!?ちょ、ちょっとキミ達コレどういうコトさっ!!この身体のハダカみるのにボクがどれだけ苦労してきたと思ってるの!?勝手に見て悪いとおもわないのかぁーーーっ!!」えんぜさんだった頃に何度魔法をブチ込まれたことでしょう

N07_Hiroko >
【博子】「Σプリシラっ!!しっかり……!!あ、貴方達が何かしているのねっ……!!いいでしょう!!みんなこてんぱんにしてこの子だって無事に連れ帰るんだからっ……!!!」


nineGM >
【プリシラ】「んッ、あ―――……ッ 博子離れ……ッ」ブゥン!!突如立ち上がったプリシラさん。でしたが、苦しげに喘いでいたと思うと博子さんに向けて剣戟を飛ばすのです……!
*nineGM Topic : [プリシラIV09][博子IV07]

nineGM >
突如として戦闘が再開されます!

nineGM >
奇襲ではありませんが結果プリシラさん先行攻撃!ちなみにフライトは続いててオッケーってことで!

N07_Hiroko >
はい…!

nineGM >
2d6+2 通常攻撃

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+2 = [5,3]+2 = 10

N07_Hiroko >
【博子】「Σうわっとと……!!プリシラっ…!?まさか操られて……っ!?」

N07_Hiroko >
HP23 AP0/0/04→01 CP3 [フライト] <汚され象徴><つい見て><乳辱>

N07_Hiroko >
ぼうぎょして…その他ちょっとのこり!アクトはまだつかえないかな…

nineGM >
閃く刃は折角かけてもらったマントを切り裂いて、その貴重さと苦労を語っていたえんぜくん=博子さんの素肌を今度は直にさらさせてしまいます!

nineGM >
『おぉ―――! 勝手に見させていただきます!』

nineGM >
『スレンダーですがなかなかどうして! 素晴らしい四肢を見せ付けていただきましたね。天使の輪や翼などもうその手の方には堪らない!むしろ既に私が溜まりません!』

nineGM >
と、モニターにはリプレイで晒される瞬間がリピート。下卑た笑いを観衆が洩らして!

nineGM >
ここで目の前のおっさんに攻撃してもいい、いいはずなんですが……構える前に、プリシラが邪魔をするように切りかかってきます!まずはこちらをどうにかしなければ……。

nineGM >
というとこで博子さんターン!

N07_Hiroko >
2d6+7+5 もうはんいこうげきのひつようはないぜ……!!

kuda-dice >
N07_Hiroko -> 2D6+7+5 = [3,5]+7+5 = 20

N07_Hiroko >
えいえいつっついて…20点!!

N07_Hiroko >
【博子】「天使…?操られ…催眠……っ!?おーーーもーーーいーーーだしたぁああーーーーっ!?!?ボクヒロインじゃないのになんでこんなとこにいるのさぁーーーっ!?!?」あたまを抱えればそこにはしっかり輪っかの感触

nineGM >
もらいます!びししーっ!

N07_Hiroko >
【博子】「プリシラっ!!なにやってんのボクのことたすけるのキミのやくめだろぉっ!?!?おおおおお前たちも天使にこんなことしていいとおもってんのかーーーっ!!!」ボクかえる…っ!!必死ににげまわりながらもなぜか身体はプリシラさんにハンゲキしてしまう…!!

N07_Hiroko >
【博子】「Σボクもなにやってんのぉーーーっ!?!?」

nineGM >
【プリシラ】「ひグぅぅッ!? あっ、あっ、はぁ――――ッ♪」ドーンと一撃を貰ったプリシラさんは吹き飛ばされた……かに見えましたが。鎧が爆ぜ、その下から穴の空いたスケベパンティが丸見え、乳房には先端にハートのニプレスがついているのを露出させられたミニスカ姫騎士装備へと姿を変えているのです!

nineGM >
【プリシラ】「んあっ、はっ、あは……ッ♪ なんでっ、気持ちっ、い……ッ♪」と、とろんとした視線を博子さんに送ります。ギュっと柄を握り締めて……。どういった催眠なのか、攻撃するのもされるのも気持ちいいようにされちゃってトリップしてるのですね!

nineGM >
【プリシラ】「イイッ、よぉ……これぇッ♪ ひ、博子にも、たっぷり感じさせて、上げなくっちゃぁ……っ!♪」

nineGM >
『おぉーっとぉ! はやくもマゾ姫モードへと突入だ! 数々の仲間であったヒロインを地に着けた被虐と背徳の姫騎士は今日もまた背中を預けあったはずの友を手にかけてしまうのか―――!?』

N07_Hiroko >
Σぷりしーさんずっとコレやってたーーー!?!?

nineGM >
『ハイ! 微弱ながら博子さんにも同様の処置がしてあります! 馴染んではいないので今は催眠の自覚もあるようですね……!』

nineGM >
(という第四の壁の破壊

nineGM >
では、そんな感じでターンが回ります……!

N07_Hiroko >
Σなんかえろい催眠かけられてるーーーえろキャットふぁいとーーーー!?!?

nineGM >
(ぐふふ!

N07_Hiroko >
【博子】「だ、ダメだよっ!!ぷ、プリシラはもっとカッコよかったはずだろっ……!!や、やだよ……!!そんなかっこでヘンな声ださないでよぉ……っ!!」ヒロインさんはまぞくを倒すための道具…!!そのはずなのに彼女をそんな姿にした悪い奴への怒りがこみあげてしまいます

N07_Hiroko >
【博子】「Σふ、ふざけんなっ!!ボクまでヒロインみたいにえっちな声出してアヘるとでもおもってんのかよっ!!ボクはヒロインじゃないって何度いったら……!!」

nineGM >
【プリシラ】「博、子ぉ……っ? んぐっ、あ、そ、そう……こ、こんなの私じゃぁ……ぁっ、でも、でもぉ……ッ!」ブゥン! 豊満な乳房を揺らして再度斬りかかる……!

N07_Hiroko >
ぼうぎょするよ……!!

nineGM >
『おやおや随分と口の悪い……というかなんか手元のデータとは違いますね? 猫かぶりだったんでしょうか博子さん』多分以前の博子さんのことですね!

nineGM >
2d6+2+8 《オーラブレイド》

kuda-dice >
nineGM -> 2D6+2+8 = [3,2]+2+8 = 15

N07_Hiroko >
HP23 AP0/0/01→0 CP3 [フライト] <汚され象徴><つい見て><乳辱>

N07_Hiroko >
APぜんぶなくなた……!!

N07_Hiroko >
ついに次ラウンドからアクトだ…!!

nineGM >
【プリシラ】「んア゛ッ、はぁ~~~~ッッ♪」ビリッ!ついにマントも欠片も残さず剥ぎ取り、ニーソックスに裸体、しかも天使一式というそれはマニアックで神聖な格好へなってしまうのでした…!

nineGM >
一方で、プリシラさんはふるふると、一撃の余韻に身震いまでしてしまっているようで……。

N07_Hiroko >
【博子】「きゃぅんひっ………!?!?」ばしーんっ!!て最後の防御魔法を発動してニーソがはじけてしまうね……!そのとたんにあやしい快楽がこかんからぞわわり……!!と首筋までのぼってくるよ…!!

N07_Hiroko >
2d6+7+5 あやつられるようにはんげきをしてしまうぜ……!!

kuda-dice >
N07_Hiroko -> 2D6+7+5 = [3,1]+7+5 = 16

nineGM >
いえす…!ちなみに先の攻撃はシールドフォームによって阻まれていました!

N07_Hiroko >
な、なんだってー!

N07_Hiroko >
【博子】「んうぅうううーーーーーっ!!」ばしーんっ!!せいじょうな魔力による光線がプリシラさんを打つよ!!聖なる力をふるっているというのに、なぜか股間がもえるようにあつくなるね……!!

nineGM >
【プリシラ】「んきゃうぅぅぅ~~~ッッ!?♪ ひぅっ、ひぃぃ―――っ♪」一撃に後ろずさりますが内股で天井を向いて、ひくひくと全身を満たす悦楽に失神すらしてしまいそうになっています……!

nineGM >
異常な程の淫熱に離れがたく思いながらも身体を起こし対峙する二人のヒロイン。その肌は赤みがかり、発情の表情で……だというのに武器を握る手はお互いに強くなって……見れば淫靡にされたコスチュームの影響か、全身、武器からすらも濃厚な淫気を纏った瘴気が溢れ、それは触れただけでどうにかなってしまいそうな淫毒の刃といえるかもしれません。

nineGM >
【プリシラ】「イ、イク、わよぉ……っ♪」ゾクゾクと腰が震えるほどに今から自分が行うこと、行われることを期待しているようで……。美しい銀色に輝いていた刃はその感情を表すような瘴気に溢れ……。震える身体とは裏腹に鋭い踏み込みで博子さんに斬り込んでいくのでした! そこにはもう躊躇や迷いなどなく、本気で共に戦った博子さんを倒しに来ているようなのですね!


N07_Hiroko >
【博子】「んぁあぁ……ボク、ボク天使なのに、てんしなのに瘴気こんなにぃい♪ああ、もうボクヒロインだよぉ……ヒロインにされちゃったよぉお♪」ふらふらとプリシラさんと向かい会う位置に立ったひろこさん、剣を構えるぷりしらさんに杖を構え、まりょくの翼を大きくひろげて構えます、ぎゅっぎゅと締めつける鎖の拘束感だけでもイってしまいそうなほどで……

N07_Hiroko >
【博子】「う、うん……ボク、プリシラのことやっつけちゃうね……!!」深く構えればおしりからぷぴゅっ♪とオジさんのせーえきが漏れ、観客のひとびとにぱくぱくとあさましく口をあけしめする股間が見せつけられてしまいます。どばっと瘴気の絡みついた翼が開き、プリシラさんを迎え撃つように魔法のビームを杖から何本も発射して


nineGM >
【プリシラ】「ひろっ……っんぁ、はあ゛っ、あぁぁ―――♪」溢れるミアスマの奔流……しかし避けようともせず、もろにビームを腹部に、乳房にと受けもんどりうちかけます。大きく丸出しの乳房が揺れ、表情は苦悶は覗きはしますが、興奮の方がさらに大きいようで……。甘い視線を送ります。

nineGM >
【プリシラ】「やるゥ……んくぅうぅぅぅ……っ♪ でも、これでぇ……っ」と、剣の切っ先を向けると……ジャラリッ! 空間から沸いて出る魔力の鎖が今度はワッカや翼のみならず、全身を雁字搦めに拘束するのですね。ささやかな乳房の間に潜りギリリと強調させるように……また、股関節辺りにも股を軽く開かせるように太腿にからみ、その身体を無理矢理に開かせてしまいます。

nineGM >
『強烈な一撃だが、それでも止まらない! …おぉっと、ここでプリシラの必勝パターン! バインドからの必殺の一撃が決まるか―――!?』

nineGM >
【プリシラ】「はぁっ、はぁ……っ!♪」しかしかなり消耗しているのか、そんな博子さんに攻撃はしてはこず、ふらりと前に倒れ込むように博子さんの身体によしかかりますね……。

nineGM >
【プリシラ】「まっ……ててね……もうちょっと、頑張るっ、からぁ……っ」肩で息をして、濡れた視線を送ります。その剣に必死に魔力を送っているようですが、消耗が激しくなかなか先ほどのようにはいかず。博子さんを攻撃する為の行為ではありますが健気な様にも見えてしまいますね。


N07_Hiroko >
【博子】「んきゅぅうぅっ♪しんじらんないぃっ…ボクおしりのオジさんのせーえきと一緒にたたかってりゅぅうぅ♪オジさんのせーえきに応援されちゃってりゅぅうぅ♪」勝てちゃいそう…!!ばしっばしっとプリシラさんの身体を撃つごじぶんのビームに訳が分からないほど興奮してゆきます、おしりのせいえきから立ち上るミアスマがひろこさんの魔力を底上げしていましたが……?

N07_Hiroko >
【博子】「かはひぃーーーーっ!?!?♪」ぎゅーーーっ!!締め付けられる全身、ものすごい淫熱が動けない胎内をかけめぐります「はひ♪はひぃい♪ココだよぉ♪ぷりひりゃぁ♪ボクここぉお……♪すぐに、すぐに攻撃しないと、このくらい、ボクすぐはねのけちゃうんだからぁ……!!」もぎゅーっ!!と魔力が博子さんのお身体の前に集まり……どぎゃーー!!すごい光がぷりしらさんをおそいます


nineGM >
【プリシラ】「お゛ぐぅぅぅぅ~~~~―――っっ♪♪」収束する光の力場はほぼ0距離からプリシラさんをさらに一撃…! さらにヒットしたのはハートに切り抜きされたパンティ……股間にもろに食らい、ドビュルッ!! 露出した牝穴からザーメンが吐き出され、その場で膝を突きます…!

nineGM >
『これはなんとも容赦はない! しかしその表情は……なんとも蕩けた情け無い牝のモノです! ご覧下さい、これがヒロインの正体なのです!』なんか勝手に会場と盛り上がる。

nineGM >
【プリシラ】「ひろ゛っ、お゛ぉっ……っ♪ やってくれるじゃ、ないぃ……っ♪ あはっ、あぁぁぁ……っ♪」そのまま……ジョロロロロロぉ~~~~……♪ へぇへぇと舌を垂らし涎と涙で溢れた無様な貌です…。緩んだ尿道から失禁さえもしてしまい、剣を地面に刺しなんとか倒れるのを凌いでいるといった所。……ですが、その柄は見事に博子さんの股の下に向けられて……。


N07_Hiroko >
【博子】「あっ♪あはっ♪これでボクの勝ちらよぉ…♪あひぁあ……らって、らってまりょくだひゅの気持ひいいんらよぉ……♪と、とめられないにょぉお……♪」完全にデキあがっちゃってるひろこさん、「あんにゃこと言われてるのにひぃ……♪とどめさしちゃうね……♪ぷりひりゃにぃ、あさましいヒロインアクメしながらとろめ……とろめぇ……ひぁ!?」なんとか魔力をひっかき集め、集中させてゆきます

N07_Hiroko >
でもこうげき魔法にねりあげようとしたのに、最後の集中のとこでおしりがぷりしらさんの剣の柄に触れてしまいます、ビンカンになりまくった肛門への刺激はたまらない誘惑になってしまい…「ぷ、ぷりひりゃに、とどめ、とどめしちゃうのぉ……も、もうちょっと、もうちょっとなのほぉ…♪」言いながらもおしりはずるずると落ちていき、ぷりしらさんの剣の柄を飲み込んでいき、ぷりしーさんの両手に瘴気どっぷりの魔力を重ねてしまいます…!

N07_Hiroko >
【博子】「はひいぃ……あ、あ、待って、まってぷりひりゃぁ…!ちがうよ、コレちがうよぉ……!!」みるみる取られちゃう魔力、拘束のままの身体は動きませぬゆえ逃げることもできず、あけっぴろげ姿勢のままとどめ攻撃をおねだりするみたいに腰を突き出してしまいます「ひはぁあ……♪ぷりひりゃぁあ……しゅきいぃい……いっひょょにいぃ……」


nineGM >
【プリシラ】「まけちゃぁっ、あっ、ひろこにぃぃ……っ♪ あぅ、あ゛っ、あああぁぁぁ……っ♪」もはやギャラリーも含め、勝敗は決したかに見えましたが……。セピアの窄みに埋まる騎士剣の柄から流れるミアスマに力を取り戻したプリシラさんが、二人の力を合わせるように……! 大きな力に二人とも肌が逆立つほどで……それはどちらにも制御できない程なのです。

nineGM >
【プリシラ】「やっ、あっあっ……っ♪ すごっ、膨らむぅぅ……っ♪ 目の前で、ずぷずぷ博子のお尻が広がって、飲み込んで……はぁぁぁ゛♪」突き出し広げられたお尻に、こちらからも突き入れて……ずぶりと、目の前で卑猥に花開くケツ肉に眼を奪われてしまっています。やがて溢れる力は抑えきれるようなものでもなくなって……。

nineGM >
【プリシラ】「ひっ、ひぁ……博子ぉぉ……っ♪ い、一緒に、いっしょっ、あ゛ほぉぉぉぉ―――っ♪」ヒュゥン――――ドンッ!! 剣を中心に光と共に爆発するミアスマの衝撃が二人の身体を貫いて、地面に膝を突いた体勢のまま、プリシラは絶頂感にぐるりと白眼を剥いて情け無いアクメ貌を晒してしまっているのでしたね。


N07_Hiroko >
【博子】「ひはぁあぁあ♪コレむりぃ、ぜったいむりだよぉお♪抜かなきゃぁ、ぬかなきゃぜったいしんじゃうよぉお…♪」おしりからかんじる恐ろしいほどの瘴気ぱわー…!!なのに肛門を凝視するぷりしーさんの視線がぞっくぞっくときもちよくて全くお身体に力がはいりません「ぷりひりゃ、ぷりひりゃぁあぁ…!♪!  お゛っ…!? 」

N07_Hiroko >
ぷりしらさんの魔力の解放と同時にひろ子さんも魔力を解放します、おしりですさまじいちからがさくれつする感触……、しょくどうを一瞬でとおりぬけた光を追うようにミアスマが勝手に与えてくる快楽が身体の中を走り抜けて…… その光の後には ぴんっ!! と身体を反り返らせ、しょろしょろと小便をもらすひろ子さんのすがた

N07_Hiroko >
ぷりしーさんの魔法の拘束も解けて、おしりの剣一本でささえられていたヒロインさんの身体が、そのままどしーんとあおむけに倒れてもかえるみたいにぴくぴくけいれんする博子さんが意識をとりもどすことはありませんでしたね……


nineGM >
『おぉ―――……っ!? これはダブルKO……なのか? ジャッジは―――』予想外の自体ながら二人の敗辱のヒロインっぷりに会場は大盛り上がりなのでした…。

nineGM >
さて、そんな中閉ざされた扉から歩み寄るジャッジ……らしき制服の少女。「ふんふん……思った以上に相性がよろしいのかもしれませんね。……この会場の盛り上がりから見ても……今夜の試合は両方を勝利とし、次の防衛戦ではコンビを組んで頂くということで……」そんな風に纏められるのでした。




nineGM >
―――次に気が付いた時にはカルテルヒロイン専用病錬のベッドの上、よくわからない内に失神しており幸いな事にヒロインカルテルに救助された博子さんとプリシラさん。何やら組織を追いつめていたようなそんな曖昧な感じですが。

nineGM >
【プリシラ】「でも確かな手ごたえはこの手にしっかりと残っている……確実にヤツらの戦力を削り追い詰めたハズ……そう思っていただいて構いませんわ!」なんか自信満々で記憶が無いのにそんな事を事情をお聞きに来たカルテルの方に語っております。現在は二人とも同室の病院内ですが、まぁ検査入院って感じで大事はないんです!


N07_Hiroko >
【博子】「ええ……私も同意見です先生。確かな手ごたえが(おしりに)残っています。思うに敵の支配人をDOGEZAさせるところまで追いつめた……けれどやつらは最後の最後に精神混乱魔法を撃ってとんずらした、己の恥となる私達の記憶を消したかったのでしょう」

N07_Hiroko >
適当なコトをべらべらしゃべるコトにかけては負けないえんぜさん…ひろ子さんです「(ええええ!?いやいや無いって!?先生気づいてぇえ!?何かヘン!何かヘンなんだよぉおぉ!?)」頭の中ではなんか必死にくりかえしていますが……


nineGM >
【プリシラ】「搦め手を使う汚いヤツラだわ……実際、最後の博子合体技が無ければ危いところだったかもしれない……(ブルゥ)え? 風邪なんてひいてません。顔が赤い? おかしい話ですね……フフ」身体は深く覚えているのかもしれませんが、そもそも記憶が無いのになんでっていう部分は無きにしもあらず……しかし無駄に自信満々な二人に、よくわからんがとにかく良しってなってしまうのでした。どっちかっていうと匙投げ。

nineGM >
【せんせい】「そ、それじゃあ話の方はこのくらいで……」ふと手元のカルテに書き取った話を読み直しますが何がなにやら。

nineGM >
【せんせい】「―――博子さんはカルテル所属では無い……ようですが、この件に関しては以後宜しければプリシラさんと共同調査の方もお願いしたいと上からの通達もありました……では、そのような感じで」

nineGM >
そういって退室すると部屋はまた二人だけになって。

nineGM >
【プリシラ】「……フフ、そういうことらしいわね。モチロン、博子次第だけど……良かったら、また共に戦いましょう」戦友と書いてトモと読むって雰囲気を作り出しつつ。


N07_Hiroko >
【博子】「あらプリシラ、貴女次第でしょ?私は別に一人だってあんな連中に負けないわよ。貴女さえよければ一緒にやりましょ」くすり!相棒今回のたたかいはつうかいだったな…!的なふんいきを返しつつ…!!

N07_Hiroko >
でもなんか赤くなっておしりもじもじさせつつ……!!!!


nineGM >
【プリシラ】「まったく……クチが減らないわね……。でも、だからこそ……ね!」何がだからなのかは置いて置いて……なんか下腹部が同じくキュンキュンしますが、きっと武者震いだと思い込みつつ…!

nineGM >
そんな訳で博子さんとプリシラさんは今後も謎の組織と戦って行く事になるのかもしれませんが、続きはまた別のお話に…。




nineGM >
~くらくら!~

nineGM >
【”元”えんぜくん受難録・発動編】




nineGM >
これにて閉幕となります!ありがとうござました…!

nineGM >
そしてリザルトにうつりまーす!

N07_Hiroko >
何かよくわからないけれど何かが発動編したのだけはたしかですね…!!

N07_Hiroko >
ありがとうごじました!うつりましょう!

nineGM >
シナリオ失敗20点+モンスター、トラップ経験点16点+総獲得CP

nineGM >
ミアスマ8+SP1/2

nineGM >
魔族刻印は……プリシラさんとしておきましょう! 人脈もおなじく!

N07_Hiroko >
しまった…!つかわなかったアクトがどれなのかわからないだと…!?

N07_Hiroko >
ぷりしらさん戴きました…!!

nineGM >
まぁその辺はじっくりと…!

nineGM >
多少間はあきましたからいたしかたございません…!

N07_Hiroko >
よしさるべーじしてきた…!

nineGM >
今後は野良ヒロインとしてがんばりつつ、今回のようなこともあるかもしれないってそんなオチ…!

N07_Hiroko >
CPは12点+刻印1点 SPが10点+刻印1点

N07_Hiroko >
つかったアクトは8個ぜんぶです!

N07_Hiroko >
ひぁあ野良とかいわれるとえろい!

N07_Hiroko >
あ、そうだ全滅表でSP+1だ

N07_Hiroko >
ではにねねさ、ありがとうございました……!!

nineGM >
こちらこそでしたー!

nineGM >
くびわつきののらです(げっへへ

N07_Hiroko >
えろめー!えろめぇえー!!(ぽかぽかする

nineGM >
あひんあひんっ(よろこぶ

N07_Hiroko >
まったくにねねさはえろだな

nineGM >
わちさんにはまける(いいえがお