(kuna_GM) HCギャラクシー 蠱宙の壺
(kuna_GM) 第5話 ~巨大な影は獲物と眠る~
(kuna_GM)  
(kuna_GM)  
(kuna_GM) 時間がある時に、覚悟ができたメンバーが。
(kuna_GM) そういう取り決めができたのは何時だったか。ナノマシンの貯蔵量は十分にあるが、それでもなお少女たちは果敢に惑星の探索へと赴く日々を連ねていて。
(kuna_GM) そして今日もまた、2人の少女が噴水広場へとやってきていた…
(kuna_GM) ▽
(K12_Serena) 【セレナ】「―――。」確認する。ソナーと、探索フィールド。既存の探索場所と反応を照らし合わせて考えると、可能性としてある場所は―――。覚悟を決めて、装備を確認して、ここまで来たが。
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・お姉様 その・・・私も頑張ります」ゆっくりと噴水広場までやってきたミリィ達・・・先に進むのは怖くとも・・・信頼できる姉変わりの存在が・・・彼女を奮い立たせる。
(K12_Serena) 【セレナ】「……ミリィ。―――本当に、いいの?」現れた彼女の姿に、一瞬不安そうな表情を出すも、彼女の意図を汲み―――此処に来たのだから―――真っ直ぐな表情で。「多分―――私は、勝てない戦いに行くと思う。それでも?」
(kuna_GM) ふぉん、と音もたてずに人気を感じて浮かび上がる電光掲示板の各メンバーの性経験および、現在の状況。既に処女のメンバーはシズクただ一人になってしまっているその表示の中でも、絶頂回数TOP3に入るのはここにいるセレナ。性的な事に対して弱くなりつつある彼女だが…
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・はい お姉様・・・私は・・・お姉様と一緒なら・・・どこまでもついていきたいです・・・一緒なら・・・どんなことをされても・・・」セレナに対し・・・正面から見据え 信頼の眼差しを向けそして・・・「それに・・・勝てないわけではないです・・・よね?」
(kuna_GM) 兎も角、目の前のエリアマップをみると、妖しく輝くG-2のエリアがいかにも、パーツが存在しているようで。そこをおせ、とばかりに輝いているのが見えた。
(K12_Serena) 【セレナ】「―――そう、ね」彼女の想いを無駄にするわけにはいかない。絶望的な可能性でも。何より。「……私の、いえ、私達のやるべきことは、『パーツの存在しうるこの場所の敵勢力を可能な限り削り取ること』。最低でも、絶対に皆の為に、著しく弱らせるぐらいはする。いいわね?」そう、この行為は無駄ではない。次に続く人間が、無事にパーツを勝ち取ってくれるなら。そういう役目は自分が負うべきだと、立候補したのだ。
(K12_Serena) ―――手をかざす。転送エリアを決定する前に、ミリィの確固たる意志の、最終確認がしたかったのだ。
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・(お姉様・・・私が守ります この身に変えても・・・)」これをいうと怒られる気がして・・・言わなかったが なんとしてもセレナだけは・・・守りたいと思ったミリィ その意思が・・・どこまで続くだろうか?
(K12_Serena) 【セレナ】「……行くわよ」あとはミリィの意思で、いつでも転送の構えである。
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・はい お姉様 行きます・・・!」深呼吸の後・・・進みだす
(K12_Serena) 【セレナ】「―――転送!」そして、確定。
(kuna_GM) そして、再び2人の身体が光につつまれ――
(kuna_GM)  
(kuna_GM)  
(kuna_GM) 『パーツ:集積演算回路』のエリアへ転送します――
(kuna_GM)  
(kuna_GM)  
(kuna_GM) ◆エリアG-2 『汚染』エリア
(kuna_GM) WORNING! このエリアでは場合により『パラサイト』に寄生される危険性があります
(kuna_GM)  
(kuna_GM)  
(kuna_GM) 転送の光の中、見えたのは転送先に『集積演算回路』が存在している、という事実。
(kuna_GM) ここでエリア先のエネミーを駆逐することができれば、君たちは晴れて2個目のパーツを手に入れる事ができるのだ。  ――が。
(kuna_GM) 転送先表示は、この星でも最悪である『汚染』エリア。その意味するものは…
(kuna_GM) ▽
(kuna_GM) 2人が転送完了して、まず感じたのは軽い浮遊感。どうやら、やや空中に転送されてしまったらしく…そのまま、重力にひかれ落下する。
(kuna_GM) ただしその高さはほんの50cm。怪我をすることは、決してないだろう。なぜなら――落下した2人の身体にあたったのは柔らかい肉の感覚と、ぬるい粘液の膜だったのだから。
(k05_mirili) 【ミリィ】「ぇ・・・!? きゃぁっ!? ・ ・ ・ うぅ・・・ねちょねちょします・・・ここ・・・は?」少し空中に転送され・・・少し悲鳴を上げつつ 地面へと落下する・・・その衝撃はぬめぬめとした柔らかい肉で緩和され・・・ミリィの服装が少し透けていった気がした・・・
(K12_Serena) 【セレナ】「―――っ!?」真っ直ぐその肉の感触に落下する。ぽよん、とか、むにゅん、やらの優しい音ではない。ぬちゃ、ぐちゅ……といった淫猥な音。それだけで、ぞく、と身体が震えてしまうようで。
(K12_Serena) 【セレナ】「……探すわよ。他の皆が通れるような道を作るのを最優先に」と前に出て、本来戦闘に向かないミリィの壁となるように。
(kuna_GM) ぐちゃり、ぬちゃりという音。そしてわずかに輝く周囲の肉壁。――そう、肉壁だ。
(kuna_GM) 周囲を見回せば、360度全て触手による肉の牢獄が完成しており、時折天井である触手から白い粘液がどろぉり、と音を立てるかのように落下してくる。
(kuna_GM) 広さはおよそ、半径5mの球形フィールド。足元に再転送用の転送ポインタは存在しない。…場合によっては、瞬間的に『詰んだ』と判断しても間違いないようなその状況。
(kuna_GM) やがてその肉の半球は内側に『獲物』が出た事に気付いたようで、律動しながらまるで胃腑のように収縮を始める…
(K12_Serena) 【セレナ】「……完全な球形……これ全てが生きた触手で、ポインタも機材も外にあるなら―――ここを突破しなければ、絶対に辿りつけないし、三日間は弄られる、ってところかしら?」推測しつつ、とうに銃は抜いている。
(k05_mirili) 【ミリィ】「は はい・・・ セレナお姉様・・・ うぅ・・は 早く見つけましょう」この感触・・・なぜかミリィには嫌な感触として受け入れなかった・・・
(K12_Serena) 【セレナ】「それと」ミリィに向き直って、まだ弄ばれないうちに、せめて―――軽く唇を奪うように近づいて。「忘れないで。絶対に、私のことを。私も、ミリィのことを忘れない……絶対に帰るのよ。帰れば、可能性は途切れない」
(k05_mirili) 【ミリィ】「そうみたい・・・ですね それ・・・に少しずつ・・・こちらに向かって来ているような・・・そんな気がします」
(kuna_GM) よろしい、では早速戦闘に入る…!
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・っ!? お お姉様!?」この状況で・・・唇を軽く触れられ驚きつつ・・・「・・・はい 絶対に・・・お姉様と一緒に・・・帰ります・・・」この先の絶望を・・・感じ取りつつ彼女は向かう
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP72/任意】[セレナ・ミリィ][白濁の獣(IV8)*3]"""
(kuna_GM) 同時に、周囲の肉蔦が盛り上がり精液の衣をまとった犬のような姿となって君たち2人にむけて口を開く。
(kuna_GM) どうやら、完全に獲物と認識したようで――!
(kuna_GM)  
(kuna_GM) 開幕どうぞ!
(k05_mirili) んー ホーリーバインド!
(k05_mirili) 2D6+【運動】または2D6+【魔力】の判定を行う。対象となったキャラはそれを目標値として2D6+【知力】の判定を行い、失敗するとこのターンの間[拘束](与えるダメージ-4)になる。前のターンに[拘束]になった対象に使用する場合、判定の必要なく効果が発揮される。
* white_aries  join #HCギャラクシー表
* byakuya mode +o white_aries
* torimaru_ mode +o white_aries
(k05_mirili) こっちは魔力で判定するぞー!
(k05_mirili) えーと白濁の獣・・・Aでいいのかね それで
(kuna_GM) Aでいいのかな?
(kuna_GM) かむひあ
(k05_mirili) 2d6+9 魔力!
"(kuna_GM) k05_mirili -> 2D6+9 = [6,4]+9 = 19"
(kuna_GM) 2d6+2 だめだわ
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6+2 = [5,1]+2 = 8"
(kuna_GM) あうと!
(K12_Serena) OK
(K12_Serena) では
(k05_mirili) んじゃー拘束ね ダメー4
(K12_Serena) 獣B、ウィークポイントを受けてもらう!
(kuna_GM) OK こいこい
(K12_Serena) 2d6+7 こっちが勝てば防御-7を受けてもらう
"(kuna_GM) K12_Serena -> 2D6+7 = [4,3]+7 = 14"
(K12_Serena) 14!
(kuna_GM) 2d+4
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D+4 = [6,3]+4 = 13"
(K12_Serena) うへ
(kuna_GM) がんばったんだけどな・・・!
(K12_Serena) 出目で負けるとこだった、危うく
(kuna_GM) こっちは開幕をもたない…
(K12_Serena) これで以後の防御力は-7!
(k05_mirili) んじゃ Bから倒すスタイルか
(K12_Serena) せやね
(k05_mirili) んじゃセレナさん任せるー
(kuna_GM) ではそっちから、セレナさんどうぞ!
(K12_Serena) このタイミングで
(K12_Serena) 香木のかけら相当を使います
"* white_aries  quit : """"Leaving..."""""
(K12_Serena) MPいちたりない……
(kuna_GM) OK どうぞどうぞ
(K12_Serena) まず、補助行動! レーザーライフルの効果発動! Bにアタック!
(kuna_GM) こいや!
(K12_Serena) 4d6 最初のダイスが1なら+10 6が2つ以上なら6の個数×3を加算
"(kuna_GM) K12_Serena -> 4D6 = [2,6,6,4] = 18"
(K12_Serena) クリティカルヒット発動!
(K12_Serena) 6が2つ出てるので合計24! レーザーライフルの先制攻撃だべ!
(K12_Serena) Bは防御点-7されてるのでそこそこ通るはず
(kuna_GM) ごふぅ、それなりにいたい
(kuna_GM) 続いておいで!
(K12_Serena) 主行動!
(K12_Serena) ここでマルチプルスナップを発動!
(kuna_GM) ほう、かむひあ!
(K12_Serena) 1回攻撃回数を増やしての射撃口g系
(K12_Serena) 攻撃
(K12_Serena) 勿論全部Bに!
(K12_Serena) 4d6 最初のダイスが1なら+10 6が2つ以上なら6の個数×3を加算
"(kuna_GM) K12_Serena -> 4D6 = [5,1,2,1] = 9"
(K12_Serena) 4d6 最初のダイスが1なら+10 6が2つ以上なら6の個数×3を加算
"(kuna_GM) K12_Serena -> 4D6 = [4,6,1,5] = 16"
(kuna_GM) 25点か・・・
(K12_Serena) ぐぬぬ
(kuna_GM) ではこちらのターンだな!
(K12_Serena) OK
(kuna_GM) 3d6+10 シーン攻撃・七毒つき・飛行してると無効
"(kuna_GM) kuna_GM -> 3D6+10 = [2,6,3]+10 = 21"
(K12_Serena) 【セレナ】「……ッ!」撃つ、撃つ、撃つ。狙い澄ました弱点に撃つ。最初の直撃で予想以上に身が逸れたのか後続は浅かったが。
(kuna_GM) 肉獄の檻の中は、濃厚な精臭で充満しており意識の集中を阻害するどころか、発情を促してしまう…!
(kuna_GM) 3d2 1ミリィ2セレナ
"(kuna_GM) kuna_GM -> 3D2 = [2,1,1] = 4"
(K12_Serena) Σ
(kuna_GM) Aミリィ Bセレナ Cセレナ
(kuna_GM) 2d6+9 クラッシュ強撃。受動魔法の効果は6まで――ですが、そもそもパーツ効果で受動不可です。どうぞ。
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6+9 = [1,3]+9 = 13"
(kuna_GM) 2d6+9 クラッシュ強撃。B
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6+9 = [4,6]+9 = 19"
(kuna_GM) 2d6+9 クラッシュ強撃。C
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6+9 = [5,4]+9 = 18"
(K12_Serena) ……
(K12_Serena) 殺意たけええええええΣ
(k05_mirili) あっ 壊れたあああああ
(kuna_GM) ランク4(ガチ)つったろ…!
(k05_mirili) 胸破損ー・・・
(K12_Serena) それにしてもこのダイスの殺意よ(
(kuna_GM) アクトはどうするかな?
(K12_Serena) 何一つ受け切れないので全部破損して、七毒か……んー
(k05_mirili) ミルク貰います
(K12_Serena) ミルクでも貰おうか(蟹感
(k05_mirili) 射乳、汚された象徴、飲精奴隷
(K12_Serena) <魔性の果実><射乳><飲精奴隷>
(kuna_GM) ではではでは。
(kuna_GM) 強烈なまでの、肉獄の檻の内側の匂い。最近、精液というものの香りに対する抵抗力を失ってきている2人にとっては発情を堪えるのに精いっぱい、というほど濃密なそれで。
(kuna_GM) そんな集中を阻害する環境にあって、触手がより集まってできた肉の獣は、俊敏な動きをそのままにミリィと、セレナの身体に体当たりする。
(kuna_GM) そもそもそれは見た目は獣であるが、獣ではないのだ。セレナが反応し、レーザーライフルで眉間を、胸を、背を打ち抜くが――触手集合体にとっては『一部が死んだ』だけで本体は十分に活動でき、そして空中でアギトのように開き、2人の少女に絡み付いて厚さ5cmほどの精液が層になっている肉床へ押したおす。
(kuna_GM) 激しい勢いで獣であった触手が身震いし、それだけで2人の少女は一気に衣類をすべて破かれてしまい、その精液と触手の海に無防備な裸体を晒されてしまい。そして悲鳴をあげようと、罵倒しようと開いた口に触手がずるりっ!!と潜り込み、その口奥に濃密な触手精液を吐きだしてしまう。
(kuna_GM) 同時に、触手はツタのように絡み合い、2人の少女の乳房を揉み、しごき、その先端から強制的に母乳を噴射させて。キツい精の香りの中に、2人の母乳の甘い香りがほんのわずか、漂って――
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・ぁ この匂い・・・だめ・・・今・・・我慢しなきゃいけないのに・・・」くらくらと精液の匂いで・・・膝が折れそうになり・・・その場に伏せてしまいそうなそんな強烈な匂いに懸命に耐えるミリィ・・・
(K12_Serena) 【セレナ】「がぅ―――っ」ここが巨大な触手の中である以上、足掻いたところで敵の苛烈な攻撃への対処は不可能。あっという間に破かれ、悲鳴を上げた口に潜り込まれ―――。「―――っ、ん、ふぅぅ―――!?」潜り込まれた触手に、濃密な精を出されて。それだけで、身体が大きく震え―――誰から見ても絶頂が分かるだろう、それほどに―――。
(K12_Serena) 【セレナ】「……!? ぁ、ちょ、ひゃううう!?」既にミルクタンクとなっていた乳肉を弄ばれ、あっけなく母乳を漏らす。まるで自分たちの交合を思い出させるその光景、しかし今は流されてはいけないのに……。激しく噴き出すそれが、二人の身体を汚して。
(k05_mirili) 【ミリィ】「は・・・速い・・・!? そ そんなっ・・・う・・・ぐ・・・ひゃぅ・・・っ」強烈な体当たりにこの状態で耐えられるはずもなく・・・押し倒され胸部の服を引きちぎられ・・・見た目よりも大きな乳房がぷるんと目の前のけものに差し出されてしまい・・・悶えてしまう そして口に濃厚な精液を出され・・・その精液を無意識のうちに飲み込み・・・そして身体が悦んでしまう。
(kuna_GM) すまん、Aはバインド効果で9点でした…!
(k05_mirili) 【ミリィ】「けほっこほ・・・ひっひぃやぁぁぁぁ・・・おっぱいから・・・ミルクでちゃってるぅ・・・」
(k05_mirili) おぉ・・・
(kuna_GM) ではでは、ミリィのターンです。どうぞ
(k05_mirili) 自らの乳房から・・・セレナと同様にミルクが吹き出し目の前の獣たちにそれを与えてしまう・・・そのことに羞恥心が芽生え・・・快楽に身体が思うように動かせなくなり始める・・・
(k05_mirili) では・・・
(K12_Serena) 【セレナ】「ひ、ひぃいいっ♪ み、みりぃ、たえ、るのよ、んぉおおおおっ♪」必死に声をかける。心が折れれば、可能性も閉ざされる。圧倒的な快楽に消えそうな心をつなぎとめるのは……。
(k05_mirili) スプレッドで範囲化したイビルフォース! そして直前でファイナルストライクだー!
(kuna_GM) あ、ちょっとだけまってください
(k05_mirili) にゅ?
(kuna_GM) 調教刻印を使います。
(K12_Serena) ファッ!?
(k05_mirili) にゃぬー!?
(kuna_GM) セレナには精液奴隷、ミリィには精液奴隷です。
(kuna_GM) CP1点ずつどうぞ。
(K12_Serena) ……
(k05_mirili) 一体何が起こるんです・・・?
(K12_Serena) 何をしようというんだ……
(kuna_GM) 突破に失敗した場合、セレナはHP2d6ダメージ、ミリィは次の判定-8です。
(k05_mirili) おっふ・・・
(K12_Serena) Σぬおおおおお
(K12_Serena) ……
(k05_mirili) そのまま貰います
(kuna_GM) ほう・・・
(k05_mirili) そして・・・ポテンシャル2 使っていいです?
(k05_mirili) 後出しですが
(kuna_GM) かまいませんとも
(k05_mirili) おkk
(K12_Serena) んー
(kuna_GM) セレナさんはどうするかな?
(k05_mirili) ー8なら・・・単純に2抵抗するよりはいいかなって!
(K12_Serena) こっちはCP2使って。
(K12_Serena) 突破に挑戦します。
(K12_Serena) 2d6 
"(kuna_GM) K12_Serena -> 2D6 = [3,3] = 6"
(kuna_GM) ではセレナさん
(K12_Serena) ……
(kuna_GM) 2d6 HPダメージどうぞ
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6 = [3,1] = 4"
(K12_Serena) 4喰らった
(K12_Serena) ごめん、無駄にした
(k05_mirili) 【ミリィ】「はぁ はひぎぃぃっ お お姉様ぁぁぁ~~っっ!」快楽付にされた肉体を懸命に動かそうと・・・セレナに応答し・・・目の前の敵を見据える・・・
(kuna_GM) アクトはあるかな?
(K12_Serena) あ、この場面でも使えるか
(K12_Serena) <締めつける名器><潮吹き>でお願いします。
(kuna_GM) よろしい。ではでは
(kuna_GM) 2人に覆いかぶさった触手は、そのまま君たちの身体をまさぐり、犯す。なんとかミリィはそれに対抗できたようだが、しかし術式は乱れに乱れてしまい。
(kuna_GM) 一方のセレナは、先ほどの銃撃で触手が警戒したのか、両手を拘束しながら――一気に、膣孔に指3本ほどの太さの触手が2本、ねじ込まれる。
(kuna_GM) そしてそれは乱暴に、牝の事を気にしない種付けセックスを行うようにセレナの穴を犯して、内側にあるGスポットをこそぎ、子宮口を叩き、そして外側から触手が子宮と膣肉を圧迫して強制的に穴を締めさせ、より強烈に触手のレイプを感じるように仕立て上げていき。
(k05_mirili) 【ミリィ】「じゃ 邪魔しないでぇ・・・ お お姉様ぁ・・・」触手から懸命に逃れ・・・必死に詠唱を続けるミリィ・・・けれど セレナに対し触手が絡みつき・・・膣に入れられるのを見て・・・その光景にめまいがしてくるのであった・・・自らもそうされたいという願望も含め。
(K12_Serena) 【セレナ】「っ、ミリ―――ぃ、ぎいいいっ♪」言葉を紡げたのはそこまで。警戒されて集中的に狙われたのか、発情した身体に早々に触手を穿たれ、大きく身体を捩らせながら甘く泣き叫び。「ぁ、あんっ、ぉ、お、おぉぉおおおお♪」弱点を知り尽くしたかのように集中的に子宮口を穿ち、その上今まで開発されていなかった敏感な場所を、外側から触手に狙われては―――瞬く間に絶頂、絶頂、絶頂。そして。
(K12_Serena) 【セレナ】「ぁは、あ、っはあああああああっ♪」ぷしゅ、ぷしゃああああああっ♪ それは今までのお漏らしとは違う。漏れるのではなく、圧迫されていたものが噴き出るような。透き通った、まるでクジラの潮のように勢いよく噴き出るそれは。明らかに、触手の母胎となった経験のある―――そこまで触手快楽に浸らされた彼女の、身体の屈服する姿だったもしこの場にカウンターがあれば、この場だけで加速度的に絶頂の回数が上がっていくのだろう……。
(K12_Serena) 【セレナ】「ぉ、おうっ、ふゃああっ♪ ぁ、あ、ひゃううっ♪」その行為を触手に癖づけられながら、ゆっくりと、かつて仔を受け入れた子宮の入り口が、開かれはじめていく。それは、無自覚に触手の母体として身体が喜んでいたという証か……。
(kuna_GM) 改めてミリィさんどうぞ!
(k05_mirili) 【ミリィ】「お お姉様・・・ やめて・・・ それ以上・・・私に聞かせないで・・・!」セレナを弄ばれるところに望みとは別に・・・怒りが芽生え・・・詠唱が完了した・・・
(k05_mirili) 2d6+9+2+2+1+5d6+2d6-8 ファイナルストライク+ポテ2ー8
"(kuna_GM) k05_mirili -> 2D6+9+2+2+1+5D6+2D6-8 = [1,1]+9+2+2+1+[3,1,2,5,2]+[2,5]-8 = 28"
(k05_mirili) 低いよー!?
(K12_Serena) oh...
(k05_mirili) 全体にもってけー 畜生!
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP72/任意】[セレナ・ミリィ][白濁の獣(IV8)*2]"""
(kuna_GM) 流石に死んだなぁ
(K12_Serena) あら
(K12_Serena) 思ったよりHPが低いか
(k05_mirili) ルーククラスか・・・?
(kuna_GM) 防御-7扱いだしね!では次のターンです。開幕あるかな?
(k05_mirili) 開幕・・・バインド!
(k05_mirili) ・・)あれ罠は?
(K12_Serena) Aには無条件成功でしたよね
(K12_Serena) 罠は
(kuna_GM) 罠は最初にやってる<IV9
(k05_mirili) ああ・・・
(kuna_GM) A継続でいいんだよね?(ぎちぎち
(K12_Serena) うん、来てるね
(K12_Serena) こっちはうーん
(k05_mirili) うむす
(k05_mirili) そして
(k05_mirili) シーン攻撃分のダメもらってなかった・・・
(k05_mirili) えと・・・腰破損するか・・・
(kuna_GM) ふお 処理しといてね!
(K12_Serena) 今回はなしでいくか
(k05_mirili) 後付けでぱんつはいてないで!
(K12_Serena) ・・) 敵はないから開幕はこれで終了かしら
(kuna_GM) Σふぁ、はい<ぱんつはいてない
(kuna_GM) いぇすよ。セレナさんどうぞっ
(K12_Serena) MPいちたりないが無念すぎる……
(k05_mirili) 【ミリィ】「(うぅ・・・見られちゃってるぅ・・・ あそこ・・・いっぱい・・・とろとろっとしてるのに・・・)」下着ごと制服が破かれ・・・既に濡れそぼっているミリィの秘所が晒され次の陵辱対象が自分であると・・・わかってしまう
(K12_Serena) うーん
(K12_Serena) ここは後の負担を削ぐためにも使ってしまうか。
(K12_Serena) 補助行動で、1シナリオ1回のシーン攻撃効果の使用を宣言して補助レーザーライフル。
(K12_Serena) ここにファイナルストライクをのっけます。
(K12_Serena) 9d6 これを全体に
"(kuna_GM) K12_Serena -> 9D6 = [6,4,2,5,5,4,2,2,1] = 31"
(K12_Serena) ぐぬぬ……全体31ダメージ
(kuna_GM) ふむぅ…まぁそこそこ
(K12_Serena) 主行動でマルチプルスナップ
(K12_Serena) 1回目をCに、ファイナルストライクのっけます
(kuna_GM) おう、こいこい!
(K12_Serena) 9d6 >C
"(kuna_GM) K12_Serena -> 9D6 = [2,5,3,6,6,6,4,6,1] = 39"
(K12_Serena) これさっき出ろよ。
(K12_Serena) 6が4つで12ダメージ上乗せして
(K12_Serena) Cに51ダメージ!
(kuna_GM) OH それはしぬ
(K12_Serena) クリティカルヒットをくらえー!
(kuna_GM) 2回目くるかな
(K12_Serena) マルチプルスナップは2回目を別の対象に撃つことができる
(K12_Serena) Aに対して普通に撃つ!
(K12_Serena) 4d6 >A
"(kuna_GM) K12_Serena -> 4D6 = [6,3,3,3] = 15"
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP72/任意】[セレナ・ミリィ][白濁の獣(IV8)]"""
(K12_Serena) まあ平均よりは上だった
(kuna_GM) うむ…いやぁきついきついね
(kuna_GM) 1d2
(kuna_GM) kuna_GM -> 1D2 = [2] = 2
(K12_Serena) 【セレナ】「―――ミリィいいいいっ!」ミリィの放った魔法で出来た一瞬の隙―――快楽に酔わされながらも何とか気力を振り絞り、レーザーの乱舞で一匹を沈め、もう一匹にも追撃をかける!
(kuna_GM) 獣はセレナさんの所にいきます。うん
(kuna_GM) 3d10+14 まずは肉獄の檻のシーン攻撃、七毒つき
"(kuna_GM) kuna_GM -> 3D10+14 = [2,9,2]+14 = 27"
(K12_Serena) あ、シーン攻撃1戦闘1回でした。まあもうこの戦いでは使えないけど。
(kuna_GM) 2d6+9 続いて白濁の獣が暴れるセレナさんを大人しくさせます
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6+9 = [1,6]+9 = 16"
(K12_Serena) ……
(K12_Serena) うわああああああああああ
(kuna_GM) なお、肉獄は堕落もっているので、HP0になったら致命傷表+1でお願いします
(K12_Serena) ひどいすぎる……
(K12_Serena) これ、1発目で倒れたら2発目はミリィちゃんに行ったりするのかしら。
(kuna_GM) そうですね
(K12_Serena) ……
(K12_Serena) 一発目の前に輝石相当を使います。
(k05_mirili) うわあああw
(K12_Serena) 3d6
"(kuna_GM) K12_Serena -> 3D6 = [1,4,3] = 8"
(K12_Serena) ごめん、先に言っておく。通常手段じゃ絶対に耐えられない。
(K12_Serena) 一発目、HPに受けます。
(K12_Serena) 残り2、七毒は[ふたなり]で<つけられた種><童貞喪失><ふたなり射精>
(K12_Serena) 二発目は受けてHP0になります。<強制絶頂>で。
(K12_Serena) 使った時点でHP0ですけどね
(kuna_GM) ふむ、ではさきに致命傷表ふってもらいましょうか
(K12_Serena) えーと、白濁の獣も堕落持ち?
(K12_Serena) 開始時はギリギリSP29なので侵蝕度は2と
(kuna_GM) そっちはもたない
(K12_Serena) OK
(K12_Serena) 獣で死んだので+2で振ります。
(K12_Serena) 1d6+2
(kuna_GM) K12_Serena -> 1D6+2 = [4]+2 = 6
(k05_mirili) ウィッシュもってくればよかったか・・・
(K12_Serena) ……ですが。
(kuna_GM) 力尽きた全身が瘴気に嬲られ、性感帯を開発される。
(kuna_GM) 【SP】+2され、行動不能になる。
(K12_Serena) エンジェルキッス、対象「誰かが」ですので、今ここで自分に対して使えますよね?
(kuna_GM) 使えるらしいので、了解!
(K12_Serena) CP7をコストにHPを完全回復、致命傷表の効果を無効にする!
(K12_Serena) あ
(K12_Serena) ごめん
(K12_Serena) アクト9個目になってたのでつけ種キャンセルでOK?
(kuna_GM) む、りょーかい
(K12_Serena) <童貞喪失><ふたなり射精><強制絶頂>が一連での使用アクトですね
* nick K12_Serena → K10_Serena
(kuna_GM) ちょっと1d6ふってください。偶数の目がでたら強制絶頂判定どうぞ。
(K10_Serena) あい
(K10_Serena) 1d6
(kuna_GM) K10_Serena -> 1D6 = [5] = 5
(kuna_GM) よし、スルー
(K10_Serena) せふせふ
(kuna_GM) ミリィはどうなるかな?
(K10_Serena) ミリィにも27全体と七毒飛ぶんだよなあ……
(kuna_GM) まぁミリィはAP残ってるから
(k05_mirili) 胸に受けるよ! 尿意貰って・・・
(k05_mirili) ゆるい尿道使っておきますー あでもいらなかったか・・・まいいか
(kuna_GM) よろしい。ではでは…
(kuna_GM) 触手床に崩れ落ち、触手に犯されているセレナの股間に何か違和感があります。それは、体の内側が熱くなっていく感覚。何事か、理解するより早く触手はエレナの身体をM字開脚に固定し、ミリィの眼前でその股間をくぱぁ…とひらき。ミリィに再生された『処女膜』を見せつけてしまいます。
(kuna_GM) そしてその上で、触手床から1本、人間ペニスの形をかろうじてしている、触手の毒々しい粘液まみれの巨根が浮かび出て、セレナの乳房をべちゃり、と汚します。それだけで、セレナの乳房に強烈な疼きが走り、その触手が濃厚な媚薬で包まれていることを知らしめて。
(kuna_GM) そして、その濃厚媚薬触手が、ぬるりと――ずぐん、と。再生されたセレナの処女膜を、貫いて一番奥まで犯してしまいます。そのまま、膣内全体に兇悪な触手媚薬をしみこませ、膣内をクリトリス並の性感帯にしたて。何をされてもイってしまう淫乱穴にしたてた上で、疑似処女喪失アクメセックスをセレナにひたすら味あわせていきます。
(K10_Serena) 【セレナ】「あふううう……っ♪」犯されながら倒れ込み、身体を固定され……目の前にはミリィ。「な、なにをす……っ!?」浮かび出たその、人間の雄とは比較にならない巨根が自らの前に出ると、じゅん、と身体の奥底から疼きが走って。
(K10_Serena) 【セレナ】「……っ、ゃ、や、や……っ」目の前にある媚薬漬けのペニス。突き出されて、こんなものに犯されたら、という恐怖。雌の本能があるからこそ感じた恐怖も―――一撃で削り殺され。「――ひゃあああああっ♪ あっあっあっああああっ♪」
(kuna_GM) 絶頂を繰り返すセレナの膣奥に、その魔巨根が精液を1度中出しし、ペニスが抜け出ていきます。――それだけであれば、まだいつもの触手によるレイプで済んだでしょう。ですが――なんと、そのセレナを犯していた触手ペニスはその根本をぷつりと千切れさせ、極細の触手を何本もセレナの大きく育ったクリトリスへと伸ばし。そして…ぶつり、と痛みなくその触手がクリトリスに接続してしまうと、そのままペニスが引き上げられてセレナの股間に触手ペニスが植え付けられてしまいました。
(k05_mirili) 【ミリィ】「あ・・・え・・・?あ あれ・・・は? や やめて・・・お お姉様ーーー!!!」きょとんとミリィの目の前に 差し出されるセレナ・・・その膣には再生された処女膜が存在していることに驚愕しつつ・・・ ミリィはただセレナが犯されるのを見ているだけで・・・歯噛みし・・・彼女らしからぬ悲痛な叫び声を上げ・・・
(kuna_GM) その眼前の出来事による衝撃は、ミリィの股間に痛烈に響き。いつの間にか溜まっていた尿意を溢れさせてしまいながら…目の前のセレナの触手ふたなりペニスに対する欲情を覚えさせて。触手はそれに理解を示したかのように、ミリィのふたなりクリちんぽの下にある、牝穴をセレナの股間にはやされた触手ペニスにあてがい、そしてそのままずぶり、と結合させてしまい。
(kuna_GM) それだけで、セレナの『ペニス』には射精に足る十分すぎる快感が脳を焼きます。耐え切れない、射精欲求と衝動のままにセレナのペニスから開放感を伴って精液が湧き上がって――
(K10_Serena) 【セレナ】「ぁ、あふうっ♪ き、きへるっ、いま、ぐちゅって、処女、あひいいいいいいっ♪」それを理解する前に、何度も何度も、何十回、いや、もしかしたら早くに百回は達成してしまうかもしれないアクメカウント。―――ふとそれが止んで、目の前には破瓜の血が残ったその触手。あろうことかそれが―――「な、なにっ、ひ!?」ぷつり。「ゃ、や、やっ、こ、こんな、いくらなんで、も、おっひいいいいいいっ♪」クリトリスを埋め込んで突き立ったその肉。そこから、一本一本、神経が身体の中に入って、クリトリスと、根元の肉と溶け合う。何度も収縮を重ねながら、段々と見た目からして馴染んでいき、最後にクリトリスだったものの先端に、その雄肉の触手から鋭いものが通って―――「ぃぎいいいいいいっ♪」それは侵蝕を続け、その場所から快楽をもたらしながら肉を破り、子宮についている器官まで到達。熱と共に、卵巣のそばにもうひとつ、あり得ない瘴気と媚薬と―――もうひとつの機能を追加させていき。
(k05_mirili) 【ミリィ】「お お姉さまにも・・・私と一緒のが・・・んんっ! お おしっこでちゃぅ・・・ んんっあぁぁぁっ~~!」セレナに自分と同じふたなりペニスが付けられたことに・・・自らの膣・・・そして奥にある子宮が求め・・・溜まっていた尿意がぷしゃああああっとそれを待ち構えるように吹き出し・・・それだけで一度絶頂してしまう・・・
(k05_mirili) 【ミリィ】「お お姉様・・・のが・・・わ 私の中に・・・ んひいぃぃぃぃぃっ♪ また・・・でちゃうぅぅぅよぉぉっ!」ずっぽりとミリィの膣に入れられたふたなりペニスが挿入され・・・ミリィは歓喜して再びの絶頂をして・・・クリペニスから連続の射精を行っていく。
(K10_Serena) 【セレナ】「―――っ、ぃ、ひ、ひあっ、あ、あ、あ―――♪」ミリィの前でひときわ大きく震え……結合したそれを容赦なく、奥底に突き込まれる。瞬間、加熱する子宮。どく、どく、と下腹から先端に湧き上がってくる感覚。「ひ、ぃ、やら、これ、つなが、ぁ、あ、でる、なに、か、でひゃ―――」そして、爆発。「―――ひっ、ぃいいいいいいいい―――っ♪ ぃああああっ、~~~~~~っ♪」ぷちゅ、ぶりゅううっ、びゅくっ、びゅぐううううっ♪ 出来上がった尿道……否、精液を運ぶためだけの通り道を通り、殺到する精液の濁流。ミリィの中に吐き出されるそれは、人間の射精量をゆうに超え、瞬く間に子宮を焼き尽くし、ぽっこりと膨らせて。人外の射精快楽に悶え狂いながら―――脳が、焼けていく。新たな欲望が、脳髄に刻まれていく。完全に触手と一体化し、媚薬を生産し噴き出す凶悪な人外の雄を手に入れたた瞬間、『女』としてのセレナ・シュレイドは死に絶え、新たな『彼女』が産声を上げた。
(kuna_GM) もはや触手たちはミリィとセレナのアナルを犯し、乳房を絞って母乳を吹きださせるのみの攻めに移行し。どうやらお互い同士で肉槍の快感に溺れさせていこうとしているようで――
(kuna_GM)  
(kuna_GM) ではミリィどうぞ!
(k05_mirili) 【ミリィ】「んひぃぃぃ おひぃぃあぁぁぁっー♪ お姉様! お姉様ぁ~!」がくがくと身体が震え何度も何度も絶頂して・・・セレナの肉棒を受け入れ続ける・・・
(k05_mirili) うぃお!
(K10_Serena) 【セレナ】「ぁ、おおおおおおぅ♪ んぉ、ひやあああああああっ♪」最早何をする気力もなく、そのまま子宮まで押し開かんとするように精液の濁流がミリィを襲い。先ほど覚えた潮も、小水も媚薬ゼリー排泄も。液体という液体を撒き散らし、下りられない絶頂の中で触手と相方の肉体に溺れる……。
(k05_mirili) サイキック補助で・・・けものにイビルフォース!
(k05_mirili) ファイナルストライク・・・どうすっかな・・・
(k05_mirili) 使わずに行くか・・・!
(k05_mirili) 2d6+9+2+2+1+9 サイキックイビルフォース
"(kuna_GM) k05_mirili -> 2D6+9+2+2+1+9 = [3,4]+9+2+2+1+9 = 30"
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP72/任意】[セレナ・ミリィ][]"""
(kuna_GM) 流石に倒れたな
(K10_Serena) 後はトラップ解除で増援かしら……?
(k05_mirili) よしよし・・・
(kuna_GM) では次のターンです。開幕ありますか?
(k05_mirili) バインド意味ないからな・・・w
(K10_Serena) ふ
(K10_Serena) ウィークポイント!
(K10_Serena) 対象は肉獄の檻!
(kuna_GM) こい!
(K10_Serena) トラップに使う場合、1D6だけTPを減少させる!
(K10_Serena) 1d6
(kuna_GM) K10_Serena -> 1D6 = [2] = 2
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP70/任意】[セレナ・ミリィ][]"""
(K10_Serena) ぐぬぬぬぬぬ
(kuna_GM) ではセレナさんからです、どうぞ
(K10_Serena) この罠任意能力で解除できるのか
(K10_Serena) これ以上使えそうな能力ないし
(K10_Serena) 知力突破判定、CP4オールインで。
(K10_Serena) 6d6+7
"(kuna_GM) K10_Serena -> 6D6+7 = [2,5,2,3,1,1]+7 = 21"
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP49/任意】[セレナ・ミリィ][]"""
(K10_Serena) ここで腐るなよおおおおおお
(kuna_GM) では檻の反撃
(kuna_GM) 3d6+18 七毒・シーン攻撃・堕落あり
"(kuna_GM) kuna_GM -> 3D6+18 = [2,4,3]+18 = 27"
(K10_Serena) あっぶね
(k05_mirili) ・・・よし! 耐えた
(K10_Serena) 残りライフ2!
(K10_Serena) ……
(k05_mirili) 同じく!
(K10_Serena) ん?
(K10_Serena) くなな
(kuna_GM) ん?
(K10_Serena) これ3D6?
(kuna_GM) そだね
(K10_Serena) 前のターン3D10振ってなかった?
(kuna_GM) …まじだ!
(kuna_GM) この攻撃のダメージを-6しといてください(補填)
(k05_mirili) ふたなり射精 締めつける名器 つけられた種!
(k05_mirili) これで全部だ!
(K10_Serena) ぐぬぬぬぬ、さっき気づけばよかったわ(
(kuna_GM) すまん!(土下座)
(K10_Serena) 残りHP8、アクト全部使った
(k05_mirili) つけられた種判定行きまー
(kuna_GM) はいっ
(k05_mirili) 落ち始めているので魔力ではなく知力で降ってみるー
(k05_mirili) 2d6+4 つけたね
"(kuna_GM) k05_mirili -> 2D6+4 = [5,5]+4 = 14"
(k05_mirili) やるじゃない
(kuna_GM) やったね
(kuna_GM) 先に戦闘をすませましょう…ミリィさん突破どうぞ!
(k05_mirili) うーむ
(k05_mirili) CP4使って・・・魔力で突破しようかな エンジェルキッスを残してみる
(kuna_GM) こい!
(k05_mirili) 6d6+9 魔力
"(kuna_GM) k05_mirili -> 6D6+9 = [6,1,3,2,5,2]+9 = 28"
(k05_mirili) ぬああああ・・・
(K10_Serena) 大丈夫、残り21だ
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP21/任意】[セレナ・ミリィ][]"""
(kuna_GM) では開幕とそのままセレナさん突破どうぞ!
(K10_Serena) 開幕ウィークポイント!
(K10_Serena) 1d6 くらえ檻
(kuna_GM) K10_Serena -> 1D6 = [1] = 1
(K10_Serena) ばっかやろおおおおお
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP20/任意】[セレナ・ミリィ][]"""
(K10_Serena) 2d6+7 突破知力
"(kuna_GM) K10_Serena -> 2D6+7 = [3,5]+7 = 15"
(K10_Serena) あと5……
(K10_Serena) くそう、ここを突破するので精一杯だこれ
"* kuna_GM topic : ""【肉獄の檻/TP5/任意】[セレナ・ミリィ][]"""
(kuna_GM) では反撃ですな…くくく
(kuna_GM) 3d6+22 こんどはちゃんとd6!シーン・七毒・堕落つき!
"(kuna_GM) kuna_GM -> 3D6+22 = [2,2,4]+22 = 30"
(k05_mirili) にょわー! 倒れるよ!
(K10_Serena) あと2低かったら……
(K10_Serena) うん、抵抗できない、倒れる
(kuna_GM) では致命傷表どうぞ
(K10_Serena) 堕落持ちだよね
(kuna_GM) です
(K10_Serena) 1d6+3
(kuna_GM) K10_Serena -> 1D6+3 = [3]+3 = 6
(kuna_GM) 力尽きた全身が瘴気に嬲られ、性感帯を開発される。
(kuna_GM) 【SP】+2され、行動不能になる。
(K10_Serena) ごめんやられた
(K10_Serena) あとはミリィちゃんだ
(K10_Serena) 4か9が出れば復活できるが……
(k05_mirili) 1d6+4
(kuna_GM) k05_mirili -> 1D6+4 = [3]+4 = 7
(k05_mirili) うわあああああああ
(kuna_GM) 強烈な衝撃を受けて全身を震わせ、倒れ伏し意識を失う。行動不能になる。
(K10_Serena) ぐぬぬぬぬぬ
(K10_Serena) ……どうする?
(k05_mirili) セレナにエンジェルキッス
(K10_Serena) oh...
(K10_Serena) ……ごめん、受け取った。
(kuna_GM) ほう…
(kuna_GM) ではターン開幕と突破どうぞ
(K10_Serena) エンジェルキッスで全回復して生き残る……
(K10_Serena) 開幕ウィークポイント!
(kuna_GM) っていうか、突破で十分突破できるな
(K10_Serena) 1d6
(kuna_GM) K10_Serena -> 1D6 = [5] = 5
"* kuna_GM topic : ""[セレナ・ミリィ][]"""
(K10_Serena) 突破!
(kuna_GM) よろしい、では先にミリィちゃんのアクトを昇華しよう
(k05_mirili) 俺たちの勝利だああああ(前哨戦です)
(kuna_GM) ミリィの膣孔を、只管覚えたての猿のように腰が震えて突き上げるセレナ。ミリィの穴の感覚は非常に具合がよく、犯すことの快感を触手ペニスからしっかりと脳に刻み込まれ、覚え込んでしまい。
(kuna_GM) そうして只管、彼女を犯す事にハマりかけていたところで触手の動きにより強制的に結合を解除させられてしまう。
(kuna_GM) お互いに、再び高まりつつ会った所での急な中断にどこか不満のような苛立ちを覚え――だが、触手はそれを見越していたかのように、セレナを四つん這いにさせると今度はミリィの身体をつかって、セレナの膣孔をバックからレイプさせてしまう。
(kuna_GM) 先ほど自分を犯していた相手を犯す快感は、ミリィのクリペニスにも非常に強烈な快感を励起させて射精欲求を即座に満たし。精を吐きだす最中――見れば、セレナの目元に触手がぐるりと巻きついていくのが見えた。
(K10_Serena) 【セレナ】「ぉ、んぉぉ、ぉ、ぁ、あーっ……♪」刻み付けられてしまった。心に、身体に、雄の快楽を。神経にまで侵蝕した、触手の雄肉から来る信号は、そのまま女だったはずの彼女に新たな本能を書き換えていった……ところで、急激に離され、今度は四つん這いにされる。「はへ……?」
(kuna_GM) 一方のセレナは、唐突に膣孔をミリィに犯される快感の中で、視界を奪われ。真っ暗になった視界に――一人の女性の顔が浮かぶ。それは、船の仲間であるメルティの姿。彼女は今、セレナに尻を向けて…自分の膣孔をくぱぁ、と割り広げて見せていて。
(kuna_GM) 【メルティ?】「っ、ぁ、『セレナ』さんも―――お使いして頂けるのですね―――……♪」 蕩けるようなメルティのセクサロイドじみた言葉。セレナの股間に滾るペニスを待ち構えているかのような様子は、今の射精欲求に脳を支配されたセレナは抗う事などできるものではない。
(k05_mirili) 【ミリィ】「んあぁ あひぃぃっ おへぇぇぇ♪ あ・・・ぇ・・・? な なんでぇ・・・?」強引に犯される快楽に夢中になっている最中に・・・強引に解かれ少し不満げになるが・・・ セレナが四つん這いになったのを見て・・・自らのクリペニスが膨れ上がる状態のまま・・・触手に促されるように強引に膣内部を犯していき・・・何度も味わったその締め付けに耐えることなく・・・射精し腹を満たしていこうとするミリィ・・・
(K10_Serena) 【セレナ】「ぁ、あおおおおおっ♪ み、ミリィが、ミリィ、あおおおおお―――っ♪」快楽に酔わされ、女から変質した身体で味わう雌の快楽。目がくらむようなそれに浸っていると、唐突に視界が、聴覚が消され。「―――める、てぃ、さ……?」ミリィには感じられない、自分だけ見ているとも気づかず。
(k05_mirili) 【ミリィ】「セレナお姉様のぉおぉぉぉっ!!! 中気持ちよすぎれしゅぅぅぅっ あはぁぁっ♪」ぐちゅぐちゅぼちゅと強引にそして乱暴に犯していくその快楽を・・・止めることができずセレナに対し犯すという願望も芽生え始めた・・・・
(K10_Serena) 【セレナ】「―――メルティさん、なん、れ、ぇ―――ぇ、ひゃ、ぅあ、あ、あ……!? ―――ぁ、あ、ああああああ……♪」突然目の前に現れた彼女。蕩けるような声と、脚を開いて自分を受け入れようとするメルティの身体。最早虚構と判断する脳もなく、雄肉からもはや痛いくらいに脳に叩きつけられる雄の本能の欲求、『犯せ』、という新たに生まれた本能に、虚構のメルティの膣中に自らのそれを擦りつけ―――恐る恐る、埋めるように―――。
(kuna_GM) セレナが『犯す』孔の感覚は、メルティの膣肉を99%再現した触手オナホ。余りに甘美なその穴は、目の前の『メルティ』が悦ぶ姿も相まってセレナに種付けの本能を解放させ。それに中出しした精液は、今のセレナには見えないが目の前にあるタンクに補充されていく。…おそらく2Lは入りそうなそのタンク。普通の人間のペニスであれば不可能であろうが…セレナの魔力と知性と理性を引き替えに無数に精液を生み出す触手ペニスであれば、あるいは。
(kuna_GM) そして次は―― 【リク?】『やめ・・おれは・・おとこ・・ひぐぅぅっんっふぁ、ひゃぁ♪』 いつの間にか、犯している対象がメルティからリクに変わっている。ミリィともメルティとも違う、締まりの強く熱い肉壺を犯す快感もまた、代えがたい快楽。セレナが腰を突きだすたびに、目の前の『リク』は喘ぎ、震え、悦び尾を振り。
(K10_Serena) 【セレナ】「―――っ、ぅあ、ふぁっ♪ あ、あ、あああああっ♪」なにせ、後ろからミリィに犯され、開いた子宮口が、既に決壊しかけ、子宮の奥にミリィを誘うように吸い付いてきているのだ。堪えようがない。「―――っ、ひゃ、ひゃわっ、ひいいいいっ♪ み、ミリィのきながらっ、メルティさんにいれるの、きも、ひいいい―――っ♪」根を張ったその雄肉は、セレナに寄生しきり、快楽を得るたびに強烈な疼きを与える。脳の機能が吸い取られ、視界がくらむような快楽。びゅく、びゅぐ、と最早止まらない絶頂―――すなわち、止まらない射精でタンクを瞬く間に埋めていく最中、再び視界が―――。「……り、く……?」
(kuna_GM) セレナの攻めは――セレナへの攻めは、終わらない。 【リウ?】「ひゃ、や、め、りう、へんなの、な、なんか、へんなの、が……」 リクが振っていた尾の色もいつの間にか切り替わり、今度は最も小さな少女を正常位で犯していた。太すぎるペニスであるが、小さな彼女の秘所は懸命にセレナのペニスを銜えこみ、セレナの腰の動きに必死に耐えながら心地よい快感を与えてくる。
(K10_Serena) 【セレナ】「ぁ……っく、ひゃ、あうっ、こ、これぇへ、メルティさんと、ちが、ぁ、でも、れもおおおおおっ♪」2人目に現れたリク。きつく締め付けられるその熱い肉。ミリィに突かれると同時に自身も腰を振り立て、それを覚えていく。連動するように脳に刻み付けられる鮮烈な感覚、そして本能という「種」―――彼女に刻み終えたと判断した瞬間、またしても映像が変わる。。
(K10_Serena) 【セレナ】「――り、う!? だ、だめ、それは、それだけはああああっ♪」あまりに残酷な現実。庇護すべき対象が目の前にいるのにかかわらず、それを自身で汚す。それも、自らの凶悪すぎる雄をちゃんと受け止めてくれて。これで三人目。止まらない中出しの感覚を覚えさせられながら、三つ目の「種」が脳内に送り込まれる―――。
(kuna_GM) 【アテネ?】「え、そんなっ!? ふぁ、あ、きゃふうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううっ!?」 リウに種付けを行い、彼女がどこか蕩けるような笑みを見せ――それでもまだ滾る性衝動に、幼い秘所を突き上げれば再び声が変わる。今度は皆の先導役もしている、アイドルの彼女。それが、セレナのペニスで本気アクメを晒した顔をみせながら、びくびくと全身を痙攣させて悦んでいる姿をさらしていて。それだけで、セレナは彼女をもっと『悦ばせてあげたい』という衝動に駆られてしまい。
(kuna_GM) そんな、仲間を再現した触手オナホにより搾り取られたセレナのふたなり精液。それはミリィの真後ろから伸びる巨大な肉槍に繋がっており――セレナを犯す、ミリィの膣孔にずぐんっっ!!と突きあがると、そのまま今までセレナが吐きだした精液を全て子宮に注ぎ込まんと中出ししていって。
(k05_mirili) 【ミリィ】「お姉様・・・お姉様・・・セレナお姉様ぁ!!!」ガツガツガツッと遠慮のないピストン運動をしながら・・・セレナの名を呼び・・・限度を超えるくらいの射精を続けどぱどぱと漏れ出す精液が床にびちゃびちゃと流れ落ちていく・・・
(K10_Serena) 【セレナ】「―――ひぐううっ!?」思わず悲鳴が出る程強烈な。脳内を焼き尽くすようなその疼きは、アテネを見た瞬間に訪れた。彼女の蕩けきった雌の顔、それを見て、凄まじい陶酔と、本能から生まれた新たな―――感情。「ひゃ、ふあっ、アテネさ、アテネさんっ♪ ど、どう、気持ちいいっ!? 感じる、で、しょっ♪」それは、雌を犯して悦ぶ、雄の本能が満たされた時のカタルシス。アテネに対しても、本能の「種」を植え付けられながら、理性を吸い取られ、代替品を植え付けられる彼女の心に、違う何かが芽を出しはじめる……。
(k05_mirili) 【ミリィ】「おごおおおおぉぉぉっ!? わ 私のながにぃぃぃっ!!!? アクメくりゅのっぉほおおおおおっっっ~~!」驚愕と・・・快楽とともに溜め込まれた精液の入った触手に大量の中出しをされ・・・アクメ顔を晒し・・・ぐったりとしてしまい・・・これ以上の抵抗ができなくなってしまう・・・
(kuna_GM) そしてセレナには仲間の顔と、声と、表情と、膣孔の具合を触手による疑似オナホで味あわせながら、触手ごしにミリィの中に精液を掃出し。ミリィはセレナの膣奥へと射精する無限快感地獄へと進んで。
(K10_Serena) 【セレナ】「あああっ、うあ、うわあああっ♪ うあ、ひゃ、ふあああああああっ♪」刻み付けられる、仲間を犯す快楽。仲間を犯して気持ちよくなる器官。仲間を犯せば気持ちよくなる。仲間の身体はこんなにも気持ちいい。それにほら、仲間を犯すということは、仲間も気持ちよくなって、気持ちよくなるということは、こんなにも嬉しくて―――。洗脳にも似たそれは、直接の刷り込みがないからこそ、生々しく、抗いがたく。ミリィに犯されながら、仲間を犯すという疑似的な体験を、幾度となく刻み付けられ―――確かに、彼女は蕩けた笑みを浮かべていた。
(kuna_GM) そんな、甘美な時間がいくらか過ぎた所で、セレナの目元を覆う触手がするり、とほどける。それと同時に、周囲を取り囲んでいた触手の籠がはらりとほどけ――
(kuna_GM) みれば、背後のミリィは度重なる中出しアクメと射精絶頂で気絶しており。触手檻のさらに外に広がる触手洞窟には、セレナの数倍のサイズを持つ巨大な触手と、それを守るように立つ触手の騎士がそびえたっていた。
"* kuna_GM topic : ""[低ランクマザー(IV8)][魔触の騎士(IV4)][セレナ【纏わりつく媚肉/TP30/体・魔】・ミリィ【纏わりつく媚肉/TP30/体・魔】][]"""
(kuna_GM) さらによく見れば、巨大な触手の塊の上に、輝くオーブのようなものがあり。それがバリアに包まれた『集積演算回路』である、とセレナに理解することはできるだろうか。
(K10_Serena) 【セレナ】「は、はぁぁぁ……♪」触手の籠がほどけ、余韻でびゅくびゅくと断続的に精液を吐き出しながら……。「ふぁ、ぁ、う……フィオぉ……らてぃ、しゃあ……♪」同じく刻み付けられた二人の―――片方は尻穴だが―――快楽と、それを犯す衝動に暫し悶えながら……。「―――ぁ……♪」やっと見つけた、触手の塊の上に鎮座するそれは、確かに彼女が求めた物。「……―――ッッ!」それは戦士の性か。相方の反応がないという絶望的な状況の中、僅かに覚醒する最後の意思。
(kuna_GM) さてでは、開幕どうぞ
(kuna_GM) あ、ちなみに
(K10_Serena) はいな。
(kuna_GM) 逃走、可能です。後ろをみれば、檻だった場所の外に転送用ポインタであるプレートが見えます。
(K10_Serena) 逃走したらどうなりますか。
(kuna_GM) ここで逃走することで、『引き分け』状態となります。全滅表なども行いません。ですが、このエリアのエネミーランクも減ることはありません。
(K10_Serena) ……
(kuna_GM) なお、エネミーランクを減らすにはボスないしその取り巻きに致命的なダメージを発生させる必要があります。
(K10_Serena) なるほど。
(K10_Serena) ……
(K10_Serena) ボスって低ランクマザーですよね。
(kuna_GM) とは言いましたが
(kuna_GM) ボスはそうですが、別に魔触の騎士でもいいです
(K10_Serena) なるほど。
(kuna_GM) とは言いましたが、半分は超える事ができたのでここで『引き分け』としても、このエリアのエネミーランクが1おちる事にします。
(K10_Serena) ふむ
(K10_Serena) つまり、このまま続けてダメージを与えられなかったらエネミーランクは落ちないけど、ダメージをある程度与えるか引き分けならランクが落ちる?
(kuna_GM) いえ、既にエネミーランク-1は確定、という事にしていいです。ここで更に敵の誰か(トラップ除く)に致命的損害を与える事に成功すれば、更にランク-1してかまいません。
(K10_Serena) 了解。
(kuna_GM) さぁ、どうします?今なら1回、逃走判定を行ってもかまいません。
(k05_mirili) あそうか
(k05_mirili) 開幕に宣言だからそのあと戦闘は可能なのか
(K10_Serena) (作戦タイム)
(K10_Serena) 作戦完了
(K10_Serena) 逃げるんだよォォ―――ッ
(K10_Serena) ミリィちゃんも連れて帰れるよね!
(kuna_GM) もちろんです
(K10_Serena) 逃走判定! 代表者、勝負だ!
(kuna_GM) マザーが相手になろう(ごごご
(K10_Serena) 2d6+6 いけえええええええ
"(kuna_GM) K10_Serena -> 2D6+6 = [4,2]+6 = 12"
(K10_Serena) くっそ、微妙に期待値外した
(kuna_GM) 2d6+5
"(kuna_GM) kuna_GM -> 2D6+5 = [4,3]+5 = 12"
(K10_Serena) いってくれえええええ
(kuna_GM) おっと
(K10_Serena) ……
(K10_Serena) 同値?
(k05_mirili) 同値・・・!?
(kuna_GM) 同値はPC優先なので
(K10_Serena) よっしゃあああああああ
(kuna_GM) 勝利ですね。逃走可能です。
(k05_mirili) 逃げ切ったあああああ
(K10_Serena) 【セレナ】「―――ミリィ!」一瞬の選択。僅かに食われず残った理性が、仲間を守る方向に働いた。急ぎミリィにまとわりつく触手を撃ち抜いてでも振り払い、彼女を抱き上げて転送プレートに駆けこむ……!!
(kuna_GM) 転送用ポインタに搭載されている、緊急回避用のプログラムがその時点で発動する。光につつまれ、消えていくセレナとミリィの姿。
(kuna_GM) 残されたマザーたちは、再び触手の塊になって――
(kuna_GM)  
(kuna_GM)  
(kuna_GM) ではセレナとミリィはパラサイト1つずつ獲得させます。欲しいパラサイトを選択してください。
(K10_Serena) ホーンテッドパラサイトでお願いします。
(k05_mirili) ウェアラブルパラサイト! 責め具じゃー!(勝率ダウン)
(kuna_GM) では、船内になんとか帰ってきた2人。しかし、その体には触手が付着しています。
(kuna_GM) そしてその触手たちは、ミリィの皮膚に。セレナの股間にじわりと同化していくことでしょう。――恐らく、外科手術ですら切除不可なほどに、致命的なまで合致してしまい。
(kuna_GM) そしてセレナの股間に残された触手ペニスは、今もセレナの脳髄に性欲を注ぎ込みます。――仲間たちを犯した記憶。疑似的な仲間オナホで、既に7人の膣内の感じる場所は触手から学習しているために、余計にペニスが疼いてしまい。
(K10_Serena) 【セレナ】「―――っ!」気づけば、船内。急ぎミリィの心配を―――自らが既に侵蝕しているならば、ミリィに憑りつかれている触手は消えそうにない。そして―――ずぐんっ!「ひぅ……ぃ、ぎ、ひあ……っ♪」植え付けられた触手の雄肉。それは既に身体に根を張り、神経を掌握し、脳に語りかける。犯せ、と。雄肉に本能という意思でもあるのだろうか、自分が自分でなくなりそうな。「……ミリィ、ミリィ!」せめて意識のあるうちに。理性のあるうちに、ミリィの肩を揺さぶり、意識を呼び起こそうとする。
(k05_mirili) 【ミリィ】「・・・! あいぃひぃぃぃっ~~!」がくがくと震える体を揺さぶられると・・・それだけで絶頂してしまうミリィの肉体・・・絶頂の嬌声を上げつつ覚醒して・・・「お おねえざま・・・か 身体がびくびくって・・・とまりませ・・・んぎぃぃっ!」すでに体内に装着された責め具がとめどなく彼女を責めつづけ・・・何度も絶頂を止めずびちゃびちゃと愛液を床に溢れさせていく・・・
(K10_Serena) 【セレナ】「ミリ―――」びぎっ! ばち、ぱち……っ!「ぃ、ぎ、あ―――っ!!」侵蝕していく触手の雄が、周囲に―――触手たちと同じ強烈な濃度の―――媚毒を撒き散らし。それは、今まで触手の群れの中に居たからこそ無視できたもの。脳に直接送られる信号、彼女を犯せ、貪れ、と。僅かに残っていたセレナ・シュレイドの意思が、ミリィが何とか堕ちていないと確信した瞬間、張りつめていた意図が切れた瞬間、濁流に飲まれ、堕ちた。「……み、りぃ……♪」その体内の責め具を、ゆっくりとミリィの第二の性器、尻穴に装填し直し、自身はミリィの未だ雄を欲しがるそこを大きく開かせて……。
(k05_mirili) 【ミリィ】「んぎぃぃっ! お お姉様ぁ! 何か・・・私の身体変ですぅ・・・」もはや自分の性器が以前と変わり果て・・・そして膣内部での違和感で恐怖心も抱えつつも・・・その快楽で愛液がとめどなく溢れてくる状態で・・・ゆっくりと責め具を外され尻穴に装着され それだけの動きで・・・ぷしゃあああっと愛液を噴射し膣内部を覗かれてしまえば・・・セレナにあるはずのない処女膜が存在するのを見せつけ・・・入れてほしそうに 穴が蠢き続ける・・・
(K10_Serena) 【セレナ】「―――ミリィ。ぁ♪ あなた……『また』、処女、ん♪ なの、ね……♪ いや、ら、っ♪ しぃ……♪」時々、興奮と、触手から来る指令に、びく、びく、と震えて。信じがたいことに、電光掲示板には―――セレナ・シュレイド。ミリィ・コーリング。陵辱の果ての一部にたどり着いた二人の表示は―――『膣:処女』。 「……大丈夫、今ミリィの、んっ♪ すごく欲しいの……あげ、る……っはあああああ♪」そのまま、ミリィを抱え上げ、その再生した蜜穴を―――貫く。ミリィの視界に見える電光掲示板、その場所からミリィの表示が『膣:非処女』に切り替わり、セレナの絶頂回数が500を超え、記念演出が―――。それら全てを押し流す、圧倒的な逞しい触手の雄、中に受け入れる超濃度の媚毒、そして突き入れた瞬間から始まる、とめどない射精の嵐……。
(k05_mirili) 【ミリィ】「しょ・・・じょ・・・? それは・・・だって私・・・あの時・・・? んぎ・・・お お姉様・・・? んぃひいぃぃぃぃっ おひぃえあぁぁぁぁ~~~!」処女・・・という言葉にあの輪姦の時に純潔は奪われたはず・・・と考えたミリィ けれど・・・セレナも同様に処女膜があったということを思いだし・・・そしてセレナに抱えられ・・・少し何をされるのか一瞬わからなかったが・・・一気に膣に挿入されると一瞬の処女膜の抵抗があっただけで・・・あっさりと貫通し・・・ビクビクビクッと処女散らしアクメを晒してしまう
(k05_mirili) 【ミリィ】「お姉様ぁ~~! 中・・・痛いの・・・気持ちいいのおぉぉぉっ♪」処女を散らされ・・・その証の血が流れ落ちるにもかかわらず・・・快楽漬けにされたミリィはセレナの射精により連続絶頂射精を繰り返し・・・何度も何度も・・・両方の穴から淫らな液体をぼどぼどぼどっと落としていく・・・
(K10_Serena) 【セレナ】「ひっ、んひっ、ひぃあああああ―――……っ♪ ど、う? 処女、奪われて、すご、気持ちいい、でしょ? わらひ、も、ああっ♪ ひゅごく、きも、ひ―――っ♪」肉欲と、触手の本能に呑みこまれた姿。数々の仲間の味を覚えさせられ、本能につつかれた姿。欲望に暴走する彼女の姿は今までとはかけ離れた―――「―――んっ♪ 本当、無事で、よかったんだから……っ♪」―――軽い口づけを甘く交わし、本心からの笑みを……蕩けてこそいるが、零した彼女。変貌こそしたが、本質は明らかに彼女であることを教えるようで。しかし、容赦ない子宮へ向かっての突きこみが、彼女たちの心を本能へと押し流していって。既に周囲の床は、見るも無残な淫液で、埋め尽くされようとしていた―――。
(k05_mirili) 【ミリィ】「んぎいひいぃぃぃぃっ お姉様ぁ! 気持ちいいでしゅうぅぅぅっ わたひの・・・中でぇえええっ いっぱい いっぱいひいぃぃ中にらしてくらしゃいひいぃぃぃっ」ぎゅっとセレナを抱きしめつつ・・・その肉棒に身が悦び・・・きゅんきゅんと子宮がセレナの精を受け入れようと・・・開きっぱなしになり妊娠の体制に入ろうとしていた・・・
(kuna_GM) それは、仲間が駆けつけるまでに行われた噴水広場という無数のカメラが存在するエリアでの睦事。
(kuna_GM) はたして、その映像がどのように扱われるかは――
(kuna_GM)  
(kuna_GM)  
(kuna_GM) 第5話 ~巨大な影は獲物と眠る~
(kuna_GM) 完