13:01 (CC_Sion)  
13:01 (CC_Sion) 洗脳学園CC~影崎学園のバス事情~
13:01 (CC_Sion)  
13:01 (CC_Sion)  
13:01 (CC_Sion) 影崎学園の主要交通インフラはバスである、そのバスだが少し変わったところがあり窓が大きく、透明度の高い特殊ガラスを使っていること。
13:01 (CC_Sion) 特に出入り口となるステップ部分は外からも内からも丸見えと言っても良い程である。
13:01 (CC_Sion) しかもバスの側面、背面には大型のディスプレイが設置されており、肉便器が乗っていればそこに現在の状況を表示する事が出来るのだ。
13:01 (CC_Sion) そんなバスに水仙寮のメンバーであるアイリ=ファーレンハイトと森之宮紫苑は乗車していた。
13:01 (CC_Sion) 【紫苑】「アイリちゃんありがとうございます、本当は私一人でも夕飯の材料位は買えるのですけど……皆さんがどうしても誰かと一緒に行くべきだと仰って。」
13:01 (CC_Sion) アイリの隣に立つ紫苑は右手は吊革に、左手には買い物袋を持ったまま微笑み、アイリに話しかける。
13:01 (CC_Sion) バスはギュウギュウでは無いものの席は全て埋まっており、立っている人もけっこう居るのだ。
13:01 (CC_Sion) 現に先ほどからアイリの腰や肩に人の体が当たっていたりする。
13:01 (CC_Sion) ▽
13:09 (CC_Airi) 【アイリ】「いえ、気にしないでください。私も本を購入する予定がありましたので。」 へそ出しルックに改造された制服を纏い、ストッキングを下着代わりに見つけているアイリ。今日も学校で色々と卑猥な目にあわされてしまったのだが、学校においている着替えで帰宅時は見た目こそ平穏な姿をしており。
13:10 (CC_Airi) 【アイリ】「しかし…ん、やはり人がおおいです」 あまり人ごみが好きではない性格。――もっとも、顔が低い位置にあるので必死にシオンの左手に右手を伸ばし、その袖にしがみ付いていることで存在がやっと確認できるレベル。…小さいっていうことは不便なのだ。いろんな意味で。人が少なければここまで困る事はないのだが…
13:10 (CC_Airi) ▽
13:14 (CC_Sion) 【紫苑】「はい、ありがとうございます。」
13:14 (CC_Sion) 紫苑はアイリを見つめ微笑むとアイリの右手をしっかりと握りお臍丸出しの美少女とバスに揺られるのですが……
13:14 (CC_Sion) 【紫苑】「ん……本当に人、多いですね……アイリちゃん大丈夫ですひゃっ!?」
13:14 (CC_Sion) アイリの心配をするシオンの声が急に上擦る、それと同時にアイリの身体、ふとももや首筋に男の手が撫で回る感触が襲い掛かった。
13:14 (CC_Sion) 間違いない、痴漢だ……アイリと同様に紫苑もその肢体をまさぐられ、自由に弄ばれている。くすぐったいような快感と共にアイリの頭に浮かび上がる“常識”。
13:14 (CC_Sion) そう『痴漢される事は女性として誇らしい事、魅力的な女性である証明』なのだ、アイリと紫苑は痴漢するに相応しい魅力的な女性だと認められたのだ。
13:14 (CC_Sion) 現に紫苑の顔はむず痒さからかくすぐったさからか、頬を紅潮させているもののにっこりと微笑んでいる……もっとも、少し瞳がトロンとしているようだが。
13:14 (CC_Sion) そう『痴漢される事は女性として誇らしい事、魅力的な女性である証明』であるのだが、『痴漢にイかされる事は恥ずべき事、もしイかされたなら痴漢に犯してもらい反省しなければならない』程に“恥ずかしい事”なのだ。
13:14 (CC_Sion) せっかく痴漢してくれているのに絶頂するわけにはいかない……絶頂してしまえば自分が“痴漢でイってしまう変態”だと証明してしまうから……
13:14 (CC_Sion) アイリが紫苑をチラ見し、改めて“常識”を確認している間にも痴漢は遠慮無しにアイリの身体を弄ぶ。左手で61cmの小ぶりなヒップを撫で、尻肉の間に大きな指を挟み、秘肉とアヌスの間を引っ掻くように擦りあげる。
13:14 (CC_Sion) また右手は68cmのバスト、その頂点のニプルを中心に首筋、ふとももと足のつけね、大陰唇……と男の指が無遠慮に、まさぐるようにマッサージしてくる……
13:14 (CC_Sion) ▽
13:21 (CC_Airi) 【アイリ】「…料理の本も、買ってきましたから。後で、一緒に勉強しましょう」
13:21 (CC_Airi) 今日買った本は、数学の学術書数冊に料理の入門書1冊。あとは仔犬や子猫の写真集2冊というラインナップ。
13:21 (CC_Airi) そのうち料理の本は主に自分――よりも隣に立つ、料理好きな困った同寮者用、でもあり。
13:21 (CC_Airi) 自分も料理はできないので、という言い訳をしながら一緒に勉強しましょう、と言外に告げてその本を購入してきたわけだが…
13:21 (CC_Airi) 【アイリ】「ん?シオン、どうしました…んぅっ」
13:21 (CC_Airi) 右手が伸びる先、シオンの身体が媚振動する。何事かと思うより早く、自分の身体に伸びてきた数本の手。
13:21 (CC_Airi) 『あぁ、痴漢ですか。よかったです、私みたいな身体でも、反応していただけるんですね。』
13:21 (CC_Airi) などと、改変された『常識』に従い、どこか誇らしげな顔をしながら隣の紅潮するシオンと視線を交わし。
13:21 (CC_Airi) あえて痴漢されやすいように狭い車内で足を軽く開いて股の間への手の侵入を助け、ストッキング越しに下着をはいていないその場所をくすぐられて鼻にかかった声を漏らす。
13:21 (CC_Airi) 薄い乳房やブラをつけていないためブラウスの生地を持ち上げるニプルなども痴漢の手にはいい感触をあたえようが、それ以上に子宮から伸びて今では太腿まである鎖が、もしかすると一番興味を引くかもしれない。
13:21 (CC_Airi) ▽
13:25 (CC_Sion) 【紫苑】「っ、あ、後ちょっとで寮前のバス亭ですから……アイリちゃん、頑張りましょう……ねっ♪」
13:25 (CC_Sion) お互い痴漢に会っている事に気付いた紫苑は突き出たIカップのバストを揉まれながらアイリに微笑む。
13:25 (CC_Sion) やはり『痴漢されるという事は女性にとって嬉しいことなのだろう』嬉しそうに淫猥に微笑んでいる。
13:25 (CC_Sion) 【権田原】「ファーレンハイト、まさかお前痴漢に会って感じているわけではないよなぁ?」
13:25 (CC_Sion) アイリの背後で痴漢してくる男……そう影崎学園の体育教師の一人、権田原(ごんだわら)はバス内にしっかりと聞こえる声量でアイリに問いかける。
13:25 (CC_Sion) その間もアイリの脇を、ブラウスを突き上げるニプルを、その周りの乳輪を、ストッキングに包まれたふとももを、ヒップを……グイグイと無遠慮に男らしいゴツゴツした指で揉み込んでくる。
13:25 (CC_Sion) それはアイリの身体、快楽のツボを探すようなマッサージであり、か細いアイリの身体に発情の熱を送り込む……そしてその権田原の指が……
13:25 (CC_Sion) チャリ……
13:25 (CC_Sion) 子宮に繋がったアイリの鎖に触れると、指に引っ掛ける形でクイクイと引かれたのだ。
13:25 (CC_Sion) ▽
13:33 (CC_Airi) 【アイリ】「そう…です、ねっっ。シオンも、頑張って…んぃっ♪」
13:33 (CC_Airi) 何をがんばるというのか、深く考えきれないままに身体をまさぐられ。
13:33 (CC_Airi) 刺激に震えながら右手の先にあるシオンの身体を感じながら決してイかないように、と子宮に湧き上がる刺激を堪えていく。
13:33 (CC_Airi) バスの中で絶頂するような、恥ずかしい生徒なんじゃない。ちゃんと処女も失った正しい高校生なんですから、と言う考えをしっかりと持ちながらも――
13:33 (CC_Airi) 【アイリ】「ゴンダ、ワラせんせー…?っひぁ、はい、痴漢され、って、光栄です…んっ♪が、っっ、感じて、いるわけではぁんっ♪ない、っですっっ…」
13:33 (CC_Airi) 偶々、一緒のバスだったのだろうか。背後にたつ体育教師の言葉に蕩けた顔で否定の返事を返し。
13:33 (CC_Airi) 彼のごつごつした指が体を這いずるたびに、喉は震えて甘える声が出てしまう。
13:33 (CC_Airi) ――そしてその指がストッキングの内側にある鎖に触れて、ちゃり、と音を立てた瞬間に体は過敏に震えてしまい。
13:33 (CC_Airi) 【アイリ】「んぃっっ…♪♪」
13:33 (CC_Airi) 子宮および子宮口を毎日のオナニーとアルバイト、クラスメイトの悪戯でアクメスイッチに改造されてしまっている手前、その刺激にはどうしても肉悦の声があがってしまう。
13:34 (CC_Airi) ▽
13:38 (CC_Sion) 【権田原】「まったく、ファーレンハイトは痴漢されるために居るような女だな。まんこからこんなに鎖を垂らして。」
13:38 (CC_Sion) 権田原の言葉と同時にアイリの耳にビリィィィィィッ!! とパンストの破れる音が聞こえるだろう。
13:38 (CC_Sion) 後ろの体育教師は先ほど少し引っ掛けただけで可愛らしく鳴いたアイリの反応を見て、鎖をアイリを責めるポイントと判断したのだ。
13:38 (CC_Sion) チャラリとパンストの押さえから解き放たれた鎖を、子宮に直接繋がる鎖をクイクイと刺激されるアイリ。体型通りの窮屈で良く締まる膣肉で、プリプリの膣襞で、最高の名器である肉壺で己の子宮から垂れる鎖を締め付けてしまうだろう。
13:38 (CC_Sion) それは鎖で襞を引っ張られ、巻き込まれる鎖愛撫。甘い刺激を膣肉からアイリの141cmの身体に響き渡らせ快感で震わせるだろう。
13:38 (CC_Sion) 【権田原】「まぁ、痴漢される事はいいことだ。俺もお前の誘うような淫猥な姿を見たからこそ、お前を痴漢しているのだからな……しかし……これでイくなんて事はないよな?」
13:38 (CC_Sion) そう言いながらアイリを筋骨隆々の左腕で抱きしめるようにしてバスの揺れから守ると同時に可愛らしく勃起したニプルを腕で押し付け、ヌチュヌチュと本格的に鎖愛撫を始めるのだった。
13:38 (CC_Sion) ▽
13:45 (CC_Airi) 【アイリ】「っひっっ♪っぁ、そ、そうですか?ありがとうございます…っぅんっ♪」
13:45 (CC_Airi) 『痴漢されるために居る』という言葉、なんとなく不快な気持ちにもなるが…痴漢される事は名誉なことであるという洗脳効果のために、お礼の言葉を述べてしまい。
13:45 (CC_Airi) そこでストッキングを破かれてしまうと、思わず右手がシオンの袖から離れ、自らバスの中でスカートをめくりあげ、ノーパンストッキングの股部分が破かれ、天然パイパンのロリ穴から垂れる子宮鎖を乗客に晒すようなポーズをとってしまい。
13:45 (CC_Airi) 子宮楔及び膣内鎖はそのまま挿入しても男性器を傷つけないソフト素材。しかし無数のゴム突起がついている天然の膣攻め具でもあるため、鎖をひっぱられると狭い膣肉でその刺激を存分に味わってしまい。
13:45 (CC_Airi) そして、膣外につけられた金属リングはアイリが腰を動かし、男性が鎖末尾のリングを揺らすとチャリチャリと金属音を立ててその存在を目立たせていく。
13:45 (CC_Airi) 【アイリ】「んっぅう!っだ、大丈夫、っです、イきませ、んんっ♪っは、っぁ、だって、そんな、アイリは、恥ずかしい、子じゃあ…っっ♪ないっっ♪」
13:45 (CC_Airi) 身体を抱かれ、カバンを持つ左手、スカートをめくる右手と共に身体の自由を封じられながら、必死に絶頂を堪えつつ子宮鎖をつたい透明な愛液をとろとろと垂れ流していって。
13:45 (CC_Airi) ▽
13:52 (CC_Sion) 【権田原】「おい、ファーレンハイト、見てみろ。お前の隣の森之宮の足元を。」
13:52 (CC_Sion) アイリの鎖を引っ張り、膣内に押し戻したり、膣内の浅い場所で鎖をかき回し愛蜜を鎖に塗しながら紫苑の方を見るように促す権田原
13:52 (CC_Sion) 【紫苑】「――ッ♪ くっ、ふっ♪ っん♪」
13:52 (CC_Sion) 鎖を弄られるアイリの耳に紫苑の甘い嬌声とヌチュヌチュと粘液染みた水音が聞こえる。
13:52 (CC_Sion) ハゲた中年男に抱き寄せられた紫苑は右手で右胸を、左手で秘所を責められていたのだ。
13:52 (CC_Sion) 権田原に促された先、紫苑の足元は早くも愛蜜でビショビショになっていたのだ。
13:52 (CC_Sion) 【権田原】「お前は森之宮のようにあんなに乱れないよなぁ? あのままだと森之宮は痴漢でイきそうだなぁ……」
13:52 (CC_Sion) 言葉による揺さぶりをかけながら鎖を、ニプルをいじる体育教師。
13:52 (CC_Sion) 権田原は揺さぶりをかける隙に右足をアイリの足の間に差し込み、膝の上でアイリを持ち上げるようにして椅子に座った乗客にパイパンロリマンコを見せ付けると……空いた左腕でアイリの脇腹をツゥー……っとなで上げたのだ。
13:52 (CC_Sion) だって、権田原は体育の授業のたびにアイリに柔軟と称して全身を揉み込み、授業終了後には毎回汗臭いチンポをフェラさせていたのだから。アイリの弱点をしりつくしているのだから。
13:52 (CC_Sion) ▽
13:59 (CC_Airi) 【アイリ】「っふあ、シオン…っっ?」
13:59 (CC_Airi) 鎖の音をたてられながら、蕩けた表情を隣に向けると…そこにいたのは、露骨にバス内であの大きな胸を歪まされ、スカートの中に入れられた男の手が激しく往復される事により、淫らな顔になっている仲間であり。
13:59 (CC_Airi) 顔をみて、次に股の部分をみて、最後に床をみるとそこにはたっぷりの愛液が滴り水たまりをつくってしまっていて。
13:59 (CC_Airi) 【アイリ】「シオン…シオン、イっては、ダメです、シオンっっ…!」
13:59 (CC_Airi) 権田原の言葉に少し顔を青くし、シオンの手助けになればと声援をかける。しかしそれが届くかどうかは――むしろ、その言葉より。
13:59 (CC_Airi) 【アイリ】「んぃあぁっっっっっ♪♪」
13:59 (CC_Airi) アイリが腹をくすぐられた事による、アクメ声の方がきっと響いてしまうだろう。
13:59 (CC_Airi) 膣口はペニスに絡み付くようにきゅうきゅうと閉じ、12歳ながら既に男を覚えた動きをみせながら、白く粘つく本気汁を鎖に垂らしてしまい。
13:59 (CC_Airi) 【アイリ】「んぃっっ…イってない、イってない、っれふ、違うの、これっっ…!」
13:59 (CC_Airi) 明らかに、誰の目にも絶頂が明らかでありながら、アイリは必至に違うのだ、と弁明して。
13:59 (CC_Airi) ▽
14:06 (CC_Sion) 【紫苑】「だ、だひじょう……っ♪ わ、私も、イってなひ、れふっ♪ ア、アイリちゃんも、イかにゃっ♪ ぃひっ♪」
14:06 (CC_Sion) アイリの呼びかけに答える金髪の少女、だがその声も身体も快楽で限界なのだろう。トロトロにとろけきり、ガニ股になってビチャビチャと床に潮を撒き散らしている。
14:07 (CC_Sion) 【権田原】「くくく……なんだ今のエロい声は……イって無いよな? ファーレンハイト」
14:07 (CC_Sion) 紫苑の痴態を横目にわざとらしくアイリ本人に絶頂の確認をしながら脇腹とお臍周りを擽る権田原。ゴツゴツした指でスベスベのアイリのお腹を押し、つねり、擽り、揉む……
14:07 (CC_Sion) 特別敏感になったアイリの性感帯、そのお腹を丁寧にマッサージしながら絶頂に震えるアイリに休む暇なく愛撫を行う。
14:07 (CC_Sion) そう『痴漢にイかされる事は恥ずかしい事』なのだ。絶対にバレてはいけない……
14:07 (CC_Sion) たとえ鎖を更に強く引っ張られ、淫核に鎖を引っ掛けられ、お臍の下、下腹部を強く指圧されても……ドロドロの本気汁が溢れ出る所を目の前の乗客に見られてもだ。
14:07 (CC_Sion) ▽
14:12 (CC_Airi) 【アイリ】「っひっぁ、ひにゃぁ…♪あにゅう…♪っひ、シオン、シオンっっ、イかにゃいの、イかにゃいように、するのぉっっ…♪」
14:12 (CC_Airi) 金髪の育った少女と、金髪の育っていない少女。もしかすると、外国人的容姿に慣れていない日本人ならば、姉妹と勘違いしてしまう可能性のある髪の毛の特徴。
14:12 (CC_Airi) それと並んで揺らしながら、アイリは口から絶頂後のトロ甘声を出してしまい。
14:12 (CC_Airi) 【アイリ】「イってにゃい、っれふっ、アイリは、恥ずかしく、にゃいから、イってない…っっ♪」
14:12 (CC_Airi) そのまま、自分を抱きかかえる権田原先生の言葉に否定の返事を返し。決して自分は達していないと宣言しながら…
14:12 (CC_Airi) 腰を、腹を、抓られ擽られ揉まれ弾かれ。マッサージされるたびに腰を淫らに前後に揺らし、膣孔から本気汁をこれでもかというほど垂れ流していく。
14:12 (CC_Airi) 明らかな連続絶頂状態でありながら、口から出るのはイっていないという一言であり…それが、『恥ずかしい事』に対する最後の防壁であることを示していて。
14:12 (CC_Airi) ▽
14:18 (CC_Sion) 【権田原】「イって無いならこうしてもいいよなぁ? ほらよっ!」
14:18 (CC_Sion) 権田原は淫核に引っ掛けていた鎖を淫核が弾かれるように力強く引く……と同時にゴツゴツの親指と人差し指でアイリの子宮をお腹越しに掴むように押し込んできたのだ。
14:18 (CC_Sion) 下に子宮口を引っ張られる重い鈍痛のような快感と両サイドから卵巣ごと子宮を挟みこまれる稲妻のような快感がアイリを襲う。
14:18 (CC_Sion) それと同時……アイリの隣で中年デブに痴漢されていた紫苑の口から……
14:18 (CC_Sion) 【紫苑】「イ……ひゅ……ッ♪アイリ、ちゃ……ごめんな、さぁ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♪ イ、イったからぁ♪ も、もう、やめ、っ♪ 搾らないでぇぇぇぇっ♪」
14:18 (CC_Sion) プシャァァァァァァッ……
14:18 (CC_Sion) ガニ股に開ききった両足の間から更に大量の潮を噴き上げ、ビンビンに勃起した右胸から母乳を垂れ流して痴漢に屈服したのだ。
14:18 (CC_Sion) 水仙寮まで後数分……友人が『痴漢にイかされる恥ずかしい女』に堕ちた姿を見たアイリは……
14:18 (CC_Sion) ▽
14:25 (CC_Airi) 【アイリ】「っひぁっぁあっっっっ!?っりゃめ、そこ、ひっぱ、イキ、ちが、イカにゃ、イれふ、っぅううううっっっっ♪♪」
14:25 (CC_Airi) 腹に、子宮に、溜まらないほどの快感衝撃を与えられ、連続強制絶頂に腰を跳ねさせて潮まで吹いてしまいながらも隣にシオンがいる、というだけを支えに否定の言葉を口にし。
14:25 (CC_Airi) きっと、あと少し。あとほんの少し我慢すれば寮につく。バス停車中は痴漢も動かないでくれるから、それできっと――
14:25 (CC_Airi) そこまで考えたアイリの耳に響いてきたのは、隣のシオンが屈服する言葉であり。
14:25 (CC_Airi) それを耳にしてしまった瞬間、アイリの中の最後の支えが折れてしまい――
14:25 (CC_Airi) 【アイリ】「ひにゃああああああっっっっ♪おなかぁっっっ♪しっきゅー、っも、どっちも、ダメ、イってる♪♪イってるにょぉ、っっっっ♪っも、イって、とまらにゃぁあああああ♪♪」
14:25 (CC_Airi) シオンの絶頂声に続いて、アイリのアクメ宣言が狭いバス内に響き渡り。
14:25 (CC_Airi) 『痴漢されてイかされる恥ずかしい女』になってしまったことに一筋の涙をこぼしながら、股間からは大量の蜜飛沫を吹きだしてしまって。
14:25 (CC_Airi) ▽
14:29 (CC_Sion) 【権田原】「まったく……ファーレンハイトも森之宮も恥ずかしい女だ、折角痴漢されたというのに便器以下の価値しかなくなったな。」
14:29 (CC_Sion) 耳元で侮蔑の言葉を受けながら権田原に解放されたアイリは『痴漢にイかされた女としてこれからバス内で肉便器として反省し、奉仕活動』しなければならなくなった……
14:29 (CC_Sion) 周りの乗客たちもニヤニヤとした視線をアイリと紫苑に投げかけている。それだけでなく侮蔑や欲情の内緒話も聞こえてくるほどだ。
14:29 (CC_Sion) 【権田原】「さぁ、自分が痴漢にイかされる恥ずかしい女と分かっただろう。 これから犯してやるから反省すること。その姿をカメラに収めてもらえ。」
14:29 (CC_Sion) いつからそこにいたのか、二種類のカメラが激しい痴漢で絶頂した二人の美少女を撮影していたのだ、そしてそのカメラに向かって自己紹介と挨拶をしろというのだ。
14:31 (CC_Sion) 【紫苑】「は、はい……わ、私……森之宮紫苑は痴漢に会えた嬉しさに簡単に股を開き、絶頂したふしだらな女……ですっ♪ これから、痴漢してくれた方に、もう、二度と痴漢された恩を絶頂でかえさないよう、に躾けてもらいます……に、肉便器にもなりますので乗客の皆さんは存分に、お使いください……そ、それで許してもらえれば、幸いです……っ♪」
14:31 (CC_Sion) ふらふらと立ち上がった紫苑はブレザーを脱ぎ、スカートを捲り、ドロドロの蜜だらけのパイパンまんこを。片方……右胸だけ陥没乳首から勃起した母乳を垂れ流すニプルを。そして紅潮した頬で自分の生徒証明書を口で咥えた姿をカメラに収められていく。
14:31 (CC_Sion) そして紫苑の挨拶が終わるとレンズはアイリに向いた。
14:31 (CC_Sion) ▽
14:40 (CC_Airi) 【アイリ】「す、すみませ、んっ…♪痴漢に、されて、くあ、絶頂、しちゃいま、して…っ」
14:40 (CC_Airi) 連続深アクメにより体力を失ったアイリは、権田原に抱かれたままで力なく謝罪の言葉を口にし。
14:40 (CC_Airi) 周囲の男性客、女性客を問わず与えられる侮蔑の表情に羞恥を掻き立てられ、顔を真っ赤にしてしまうが…今から『肉便器として奉仕活動しなければならない』ため、身体を隠す事ができない。
14:40 (CC_Airi) そうこうするうちに、シオンの恥ずかしい自己紹介が終わって自分にレンズが向いてしまい…
14:40 (CC_Airi) 【アイリ】「わ、私の名前は、アイリ=ファーレンハイト、です。今日、帰宅途中で痴漢の方に身体を弄っていただく名誉に預かりましたが…それに耐えかね、ロリまんこから潮吹きアクメ決めてしまいました。そのため、今後痴漢されても恥ずかしい絶頂に上らないように、今から車内で肉便器としてご奉仕させていただきます。おまんこも、けつまんこも、乗客の方々に存分に使っていただき、この肉便器にザーメンで躾けていただければ、と思っています…」
14:40 (CC_Airi) 震えながらシオンにならって上着を脱ぎ、Aカップの薄い乳房を露出して。股間の破かれストッキングはそのままに、右手で自分の子宮鎖を掴んでもちあげ、それを使って穴をくぱぁ、と開くオナニー時と同じ格好をとりながら、学生証を口に銜えて挨拶を締めた。
14:40 (CC_Airi) ▽
14:41 (CC_Sion) 【権田原】「よし、では二人を肉便器として使ってやるからな」
14:41 (CC_Sion) 権田原と中年男はアイリと紫苑の身体を抱え上げるとバスの吊革にベルトを使い両手両足を拘束していく。
14:41 (CC_Sion) あっという間に二人のハーフの少女は淫らな姿でバス専属の肉便器として設置されたのだ。
14:41 (CC_Sion) その様子はカメラを通してバスの両側面、背面に設置され液晶ディスプレイに写し出されている。二人の媚態は大勢の人間に見られることになったのだ。
14:41 (CC_Sion) 【紫苑】「ア、アイリちゃん……だいじょう、ぶ……」
14:41 (CC_Sion) 絶頂疲れか息も絶え絶えに話しかけてくる紫苑、その拘束された姿は膝裏にベルトを回され大きくM字に開脚されたものだった。
14:41 (CC_Sion) 太腿に挟まれた胸からはミルクが流れ、開ききったヴァギナとヒクヒクしているアヌスからはトロトロの蜜と腸液を滴らせている……
14:41 (CC_Sion) その隣ではアイリが……
14:41 (CC_Sion) ▽
14:47 (CC_Airi) 【アイリ】「っはい、肉便器として、ご奉仕させてください…」
14:47 (CC_Airi) 権田原先生の言葉に力なくうなずきながら、車内の吊革に身体を拘束されていく。
14:47 (CC_Airi) この拘束はバスが営業終了する――およそあと6時間後くらいまでは、続けられるだろう。その間に与えられる凌辱を考えると、調教されている身体は蜜を淫らに床に垂らし。
14:47 (CC_Airi) アイリの拘束は、うつ伏せに寝ている格好で吊革からつるされた格好。両手と両膝、あとアンダーバストの位置に革ベルトを付けられ負荷を分散されている。
14:48 (CC_Airi) 両膝はきちんと股を閉じられない程度にテンションが張られ、膣口から淫らに垂れる子宮鎖も見えやすいスタイルになってしまっている。
14:48 (CC_Airi) そしてそのアイリの高さは、男性の腰の高さ。
14:48 (CC_Airi) シオンのような前後膣尻サンドイッチには向かない格好であるが、逆に口と下半身を使ったサンドイッチに向いた格好である。
14:48 (CC_Airi) ▽
14:56 (CC_Sion) 【権田原】「さて、ファーレンハイト……いや、アイリ、使うぞ。」
14:56 (CC_Sion) 権田原がズボンから取り出した己の分身、黒々とした肉棒をアイリの子宮につながれた鎖で巻くと先走り汁を迸らせた亀頭をロリマンに宛がう。
14:56 (CC_Sion) わざわざ鎖を己の肉棒に巻きつけることで異物感を、挿入と排出の動きで鎖を通してアイリの子宮を責めるのだ。
14:56 (CC_Sion) そんな灼熱の肉棒がアイリのロリマンを割って侵入してくる……プリプリの膣襞を亀頭で押し、鎖で引っ掻き、真珠で抉りわざわざゆっくりと、名器に形を覚えこませるように挿入してくる。先ほどの責めとは違って焦らすようなモノだ。
14:56 (CC_Sion) 【乗客】「んじゃ、僕はこっちを……おい便器、使ってやるんだ、何か言う事はないのか?」
14:56 (CC_Sion) アイリの眼前に立ったのは小太りの青年、アイリの痴態と挨拶を聞いて興奮状態だったのかビンビンに勃起した肉棒をアイリの鼻先にこすりつける。
14:56 (CC_Sion) それは3日以上洗ってないのでは無いかと思えるような悪臭を放つ包茎チンポだったのだ。
14:56 (CC_Sion) ▽
15:05 (CC_Airi) 【アイリ】「っぁ、はい、ゴンダワラせんせー。アイリの中出し専用ザーメンタンクおまんこを、お使いください…っ」
15:05 (CC_Airi) すっかり調教により仕込まれた淫語も、全身を羞恥に染めながらではあるが口に出せるようになってしまい。
15:05 (CC_Airi) 週に3度の体育の授業で毎回フェラし、中出しセックスしている相手のちんぽがいつものように鎖付きチンポになって挿入してくるのを感じて。
15:05 (CC_Airi) 【アイリ】「んっき、っきぅぅっっ…♪っひき、っぁぃ、にゃ、ぁっっ…♪♪」
15:05 (CC_Airi) 鎖とペニスに仕込まれた真珠による刺激で、早くも悦声を上げてしまいながらロリ穴に相応しい狭さでペニスをしっかりとぎちぎち締め付けて。
15:05 (CC_Airi) そこで刺激臭に目を開けば、目の前には包茎ペニスがそそり立って自分の口につきだされているのが見えて。
15:05 (CC_Airi) 【アイリ】「んっぁっ、あ、っはい、アイリを、便器のおくちまんこを使っていただき、ありがとうごじゃいましゅ…♪っひ、っぁ、あの、チンカス掃除も、なんでもしますので、口に、ザー汁でも、小水でもいいので、お恵みくださひ…っ♪」
15:05 (CC_Airi) しかしその臭いは、クラスの男子のちんぽ掃除委員でもあるアイリにとっては自分を高ぶらせる発情フェロモンになってしまっていて。
15:06 (CC_Airi) 蕩ける顔で挨拶してから、素直にその皮のあまった先端に口づけ、舌を中に差し込み、唾液でまずはチンカスをふやけさせて掃除しやすいように皮内の鈴口を舌先でちろちろと刺激して。
15:06 (CC_Airi) ▽
15:09 (CC_Sion) 【紫苑】「っぁぁぁ♪ んっ♪ ぃ、っひっ♪ こ、こひゅれっ♪ イクッ♪ イッ、~~~~~~~~~~~~~ッ♪」
15:09 (CC_Sion) アイリの隣では紫苑が前後の穴を中年男性とチャラチャラした軽薄そうな男達に使われいた。二本のちんぽで子宮を同時に責められ、膣壁を腸壁を挟まれ、擦られる快楽に紫苑は簡単にトロ顔を晒しながらちんぽを受け止める器になってしまっている。
15:09 (CC_Sion) 【権田原】「まったく、先生はアイリや森之宮が痴漢でイクとは思わなかったんだがなぁ……おらっ! 」
15:09 (CC_Sion) 乱れる紫苑の姿を見ながら鎖を巻きつけた剛直で優しくピストンしアイリに反省を促しつつ徐々にピストンの速度を、スライドを、激しくしていく権田原。
15:09 (CC_Sion) アイリは膣全体でその動きを感じるでしょう……そう亀頭が毎回突いて来る位置を変えてきているのだ。
15:09 (CC_Sion) 権田原は更にアイリの泣き所を探るように膣内、子宮口の周り等反応の良いところを探しているのだ。
15:09 (CC_Sion) 【乗客】「僕が使ってやるんだ感謝しろよっ!」
15:09 (CC_Sion) 小太りの青年はアイリの態度に満足したのかアイリの頭を掴むと強引に喉奥へと一度突き入れ、引き戻す。
15:09 (CC_Sion) 【乗客】「ほら、早く便器らしくちんぽ掃除しろよ」
15:09 (CC_Sion) そう言うと無理矢理口内を刺激しながら包茎チンポを、チンカスを、先走り汁をアイリの舌に、口内にこすり付けてくるのだ。
15:09 (CC_Sion) ▽
15:19 (CC_Airi) 【アイリ】「ん、んっぷ、んちゅ、ちゅる、っじゅ、じゅるっっ…♪」
15:19 (CC_Airi) 隣のシオンのようなアクメ声をまき散らすような絶頂ではないものの、膣と口を同時に使われる事に12歳でありながら肉の悦びに震えて顔を蕩けさせていて。
15:19 (CC_Airi) 権田原先生の言葉にも律儀に羞恥を感じて膣肉をきゅ、っと占めそのせいでより深くペニスを感じてしまい、膣奥から発情蜜を溢れさせながら前後のペニスに肉で奉仕を行っていく。
15:19 (CC_Airi) 膣の攻め方はゆっくりとした動きより激しいレイプするかのような動きにより快感を帯びている様子をみせつつ、子宮鎖のトリガーがつけられた子宮口がやはり弱点のようで、そこを激しく突き上げられると膣壺内を絶頂の締め付けで満たしてしまう。
15:19 (CC_Airi) ペニスを傷つけないソフト素材の、中空加工されてきちんと中出し精液を子宮に注げる画期的な子宮鎖接続用の子宮楔。それはすっかりアイリの一部になってアイリをより淫らに躾けていっていて。
15:19 (CC_Airi) 【アイリ】「んっぐ、んちゅ、んっふうっっ♪んろ、れろ、じゅぞ、ちゅばっっ♪♪」
15:19 (CC_Airi) そして口ではイマチラオされる事により眼鏡の奥の赤い瞳を情欲に蕩けさせながら、必死にじゅぱ音を立ててペニスを舐めしゃぶり掃除していく。
15:19 (CC_Airi) 舌先で皮を捲り、中に溜まったチンカスをしっかりこそぎとり。舌はそのまま亀頭を舐めつつ、喉まで使わないと大人のペニスを根本まで飲み込めない小さな口内で必死にペニスを愛撫していき。
15:19 (CC_Airi) ▽
15:25 (CC_Sion) 【権田原】「ん、やっぱりココだな……アイリの泣き所は。」
15:25 (CC_Sion) コリュコリュと亀頭でアイリの膣内での泣き所を、探り当てた場所を押し込んでくる。それだけでアイリの背筋に甘い痺れが走るのに、肉棒に絡みついた鎖が膣襞をゴリュゴリュと刺激して快楽をドンドン増幅させてしまう。
15:25 (CC_Sion) 勿論この便器使用シーンもカメラは全て撮影、生中継しており、口とマンコで串刺しの刑にされたアイリの媚痴態をバスを見る周囲の人々に宣伝して回っているのだ。
15:25 (CC_Sion) 【権田原】「さぁ、じゃあお前のザーメンタンクに注いでやるからな。」
15:25 (CC_Sion) グググ……
15:25 (CC_Sion) 権田原のペニスが完全に抜ける寸前まで引き出される。鎖が、真珠が愛液を、本気汁を外に掻きだすように膣肉を耕していく……そして……
15:25 (CC_Sion) ズパンッ!!
15:25 (CC_Sion) 一番最初に走ったのは衝撃だった。アイリの膣内で一番の弱点を寸分たがわず狙い打った権田原の体重の乗った重い一撃。
15:25 (CC_Sion) 絡まった鎖が、真珠がキュウキュウと締め付け包み込むアイリの極上膣肉を全て引っ掻き抉る一撃。
15:25 (CC_Sion) そしてピストンの際にアイリの脇腹を大きな手で掴み、両手のゴツゴツした人差し指、中指、薬指で子宮を圧迫……
15:25 (CC_Sion) それらの快楽衝撃が差し込まれた子宮楔を揺れ動かすと同時にアイリの拘束された全身に瞬時に膨大な快感情報を送り込んだのだ。
15:25 (CC_Sion) 【乗客】「ったく、ちっこい口便器だ……っと!」
15:25 (CC_Sion) アイリの舌奉仕を受けながらも時折喉奥まで突き入れる無遠慮な青年の独り善がりの行動。だが喉奥を刺激されるたびにアイリには精臭がマーキングされていって……
15:25 (CC_Sion) ▽
15:33 (CC_Airi) 【アイリ】「んっちゅ、じゅるるるる、っちゅ、ちゅぱっっ、ん♪っちゅぞ、じゅるるるっっ♪」
15:33 (CC_Airi) 普通であれば嫌悪により度重なる性行為はあってもここまで開発される事はなかったろう。しかし、催眠により性的に従順なままで多大な快感をあたえられると――12歳であっても、ここまで堕ちるのだと映像でしっかりと記録させ。
15:33 (CC_Airi) 体格差のありすぎる大人2人に口と膣を犯されながら、アイリの表情はどこまでも蕩けて嬉しそうにしながら肉便器としての躾けを受け入れている。
15:33 (CC_Airi) そして、膣内の弱点をあらかた探られた後に――権田原の強烈な一撃で、一気にアイリの理性を消し飛ばしてしまい。
15:33 (CC_Airi) 声もなく、白目を剥きそうなほどに全身を激しく痙攣させながらの重アクメ。
15:33 (CC_Airi) 子宮口を潰す勢いで貫かれた事により、身体がちんぽに屈服して精液を恵んでもらうための淫律動でペニスを刺激し射精欲求を高めさせていく。
15:33 (CC_Airi) 最も、サイズの問題で権田原のペニスはアイリの中に3/4程しか入っておらず、根本まで入れるにはまだそこは固い子宮口をこじ開けないといけないのだが。
15:33 (CC_Airi) 【アイリ】「っふ―――っゅ、っきゅ、んっゅ、っぅ…♪♪」
15:33 (CC_Airi) そうして喉まで震わせる絶頂刺激は、涙をこぼしながら口を犯す相手をも射精へ導くために必死に培ってきた頭脳による性処理テクニックで奉仕を行い。
15:33 (CC_Airi) ▽
15:45 (CC_Sion) 【紫苑】「ご、ごめんなさぁっ♪ ち、痴漢でイっ♪ イク……変態牝豚で、ごめんな、さぃぃぃっ♪」
15:45 (CC_Sion) 絶頂に乱れるアイリの隣でも汗と母乳に塗れて両穴を犯される紫苑、その周りをカメラが動き。接写しながら淫靡な痴態を晒されていく。
15:45 (CC_Sion) そしてアイリもカメラで撮影されている中……
15:46 (CC_Sion) 【権田原】「おらっ! お前はなんだアイリ! バスで痴漢に会い、情けなくも絶頂したお前はなんだ!」
15:46 (CC_Sion) ズパンズパンと肉の打つ音をバス内に響かせながら体育教師のおしおきは続く。
15:46 (CC_Sion) 様々な角度で膣肉を抉りながら弱点を犯されるピストンの激しさは、もしアイリの脇腹を掴まずに、目の前でフェラをする男が居なければブランコのように揺れ動くのではと思うほどの激しさだ。
15:46 (CC_Sion) 【権田原】「アイリ、耐えろよ……っ!」
15:46 (CC_Sion) ゴリュッ!!
15:46 (CC_Sion) 先ほど以上に強く脇腹を握り、自らに押し付けるように深くピストンをする権田原。今まで以上の深い挿入はアイリの子宮口をこじ開け、子宮内にまで剛直を突き入れたのだ。
15:46 (CC_Sion) そして権田原の肉棒がブルブルと震える……そう、アイリは分かるだろう……これは男性が射精時にみせる脈動で……
15:46 (CC_Sion) ブビュウウウウウウウウッ!! ビュルルルッ!! ブボッブッ♪
15:46 (CC_Sion) そう考えた瞬間、アイリの子宮内に灼熱の白濁液が吐き出された、それはトコロテンのように粘り、プルプルとした精液でアイリの子宮壁にべたべたとこびり付いていくのだ。
15:46 (CC_Sion) 【乗客】「だ、だすぞっ!!」
15:46 (CC_Sion) 権田原の射精と同じタイミング、計ったかのように小太りの青年のちんぽが震え、一番深い喉奥まで突き入れられる……そして……
15:46 (CC_Sion) ドブッ!! ドボオオオオオオオォォォォォォォォォッ!!
15:46 (CC_Sion) こちらもこびり付きそうな濃い精液を喉の最奥で吐き出したのだ。濃い精臭が鼻腔まで染み付きそうなイラマチオ。
15:46 (CC_Sion) ▽
15:52 (CC_Airi) 【アイリ】「っふうううっっっ!んっぷう、ぬう、んちゅ、んっふ、ふちゅ、じゅるう、んうっぷ、んむううううう♪♪♪」
15:52 (CC_Airi) ちらりと横眼で雌豚宣言しているシオンを見ながら、自分も更なる高みへと登り駆けあがっていき。
15:52 (CC_Airi) 既に子宮口を突き崩される人生最高のアクメを味わった後だというのに、まだ背後の権田原先生は動きをやめず――むしろ、閉じた子宮口をこじ開けようとしていて。
15:52 (CC_Airi) 【アイリ】「んっぐ!んふううう!!っふんう!ぷううううう!!」
15:52 (CC_Airi) 『アイリは、肉便器です。痴漢されてイってしまう、恥ずかしい肉便器です』と、ふさがれた口の中で叫びながら――
15:52 (CC_Airi) ずじゅん。
15:52 (CC_Airi) 一瞬の衝撃は確かにアイリの意識を彼方へ消し飛ばし。
15:52 (CC_Airi) 子宮口をこじ開ける子宮セックスに鎖も子宮内にまで突き入れられ、途方もない衝撃に尿まで吹きちらしながら種付けアクメを味わってしまい。
15:52 (CC_Airi) 【アイリ】「んっぎゅ、んっぐ、ぐううううう♪♪♪んっふ、っぉおおおおおおお♪♪」
15:52 (CC_Airi) そして同時に、喉奥に吐き出された濃厚ザーメンに子宮だけでなく胃まで青ぐさい粘液で満たされ、陶酔の表情でロリ肉便器として完成してしまい…
15:52 (CC_Airi) ▽
15:58 (CC_Sion) 【権田原】「ふぅ……っ! お前は良いザーメンタンクだ。 良い肉便器になれるぞ」
15:58 (CC_Sion) アイリの子宮を、外……お腹からのマッサージと内……力強く長い射精で犯しつくす権田原は満足そうに一息つくとズボリと鎖に絡まったペニスを抜き出す。
15:58 (CC_Sion) そして絶頂に震えるアイリの子宮に鎖を引っ張ると言う最後の一撃を加えたのだ。
15:58 (CC_Sion) 【乗客】「っ、お前またこのバスに乗れよ、また使ってやるからよ」
15:58 (CC_Sion) 小太りの青年もアイリの口マンコからイチモツを取り出すと白濁と唾液をアイリの頬や鼻、にメガネにと塗りたくっていく。
15:58 (CC_Sion) 完全に出来上がったロリ肉便器“アイリ=ファーレンハイト”を見下しながら男二人は便器使用を終えた……
15:58 (CC_Sion) 【権田原】「……アイリ、アレを見ろ。」
15:58 (CC_Sion) あまりの快感に淫靡に絶頂痙攣を繰り返すアイリの頭を掴み体育教師が見せたものは……
15:58 (CC_Sion) 【紫苑】「ぃ……ひっ♪ ぉ、ぉぉぉ……ぁ、ぇ……っ♪」
15:58 (CC_Sion) アイリと同じように絶頂痙攣をする紫苑の姿……その秘所と尻穴からはドロドロと白濁が流れていて……
15:58 (CC_Sion) 【権田原】「お前は、便器として、あれをどう思う?」
15:58 (CC_Sion) 権田原が拘束されたアイリを揺らすようにして紫苑の股間……流れでる精液へと近づけていく。
15:58 (CC_Sion) ▽
16:04 (CC_Airi) 【アイリ】「っふ、っふうう、んっぽ、っふっぷ、のほ、っぉぅふ…っっっ…♪」
16:04 (CC_Airi) 初めての子宮を使われるセックスに目の前がまだ見えていない様子で、咥えたペニスをちゅうちゅうと無意識にしゃぶり吸い付きながら褒められた事に膣肉がきゅんっ♪と締まり返事を返し。
16:04 (CC_Airi) ペニスがずるりと引き抜かれると、子宮口は若さというか幼さによりすぐに穴がきゅうう、と狭まっていく。その間にも子宮内に潜り込んでいた鎖をじゃらりとひっぱられ快感に震えてしまうが…
16:04 (CC_Airi) 【アイリ】「んぷぁ…はひ、アイリを、使っていただき、ありがとうございました…♪」
16:04 (CC_Airi) ようやく口からペニスを抜かれ、蕩けロリボイスでお返事しながら顔面に精液をぬりたくられる。
16:04 (CC_Airi) 眼鏡も曇ってしまいながら、ぎしぎしと四肢を拘束する革ベルトに揺らされ…そこで、権田原先生に頭を掴まれシオンを見せられる。
16:04 (CC_Airi) 絶頂痙攣に震え、両穴から精液を流し、零す様子は――今のアイリには、だらしがないように見えてしまい。
16:05 (CC_Airi) 【アイリ】「凄く幸せそうで…けれど、せっかくのザーメンを零してしまう、シオンは悪い便器だと…思います。」
16:05 (CC_Airi) と、シオンの耳に届けば彼女が悲しみを帯びてしまいそうなセリフを吐いてしまう。
16:05 (CC_Airi) ▽
16:08 (CC_Sion) 【権田原】「そうだ、お前は本当に優秀な肉便器だな……さぁ、勿体無い精液はどうすればいいか分かるな?」
16:08 (CC_Sion) 権田原はそのままアイリの顔を紫苑の股間に押し付けると情けなく流れ出る精液を処理しろと命令するのだ。
16:08 (CC_Sion) 【紫苑】「ふぁぁぁぁっ♪ だ、ダメ、アイリちゃ、いま舐めちゃ~~~~~~~~~~~~~~っ♪」
16:08 (CC_Sion) 絶頂したばかりで敏感な両性器に伝わる衝撃に早くもイかされる紫苑。その性器の蠢きが精液の逆流を強めてしまい。アイリの顔面に生暖かい精液をぶちかけてしまうのだった。
16:08 (CC_Sion) ▽
16:12 (CC_Airi) 【アイリ】「はい。床に零したらダメなので、舐めとるのがいいと思います。」
16:12 (CC_Airi) 権田原先生の言葉に素直に肉便器らしい返事を帰すと、そのままシオンの股間に顔を押し付けられ。
16:12 (CC_Airi) 濃厚な性の香りと、自分ではない発情した女の香りにどことなく…嗜虐心がそそられてしまい。
16:12 (CC_Airi) ぺろりと一舐めした所で顔に精液の噴射を浴びせられると…
16:12 (CC_Airi) 【アイリ】「シオン、落ち着いてください。私はシオンの後始末をしているんです。シオンのココがだらしないから、後始末しているんです。せめて痴漢されていた時のように、イカずに堪えてください。」
16:12 (CC_Airi) ぺちゃぺちゃと膣口周辺を舐めてから、シオンに聞こえるようにそう告げて。
16:12 (CC_Airi) まずはクリトリスを舐め、ネコにしているように尿口に吸い付く。そしてそのまま口をさげて、シオンの膣口に唇を添えると…じゅぞぞぞ、と汚らしい音を立ててシオンの膣内から精液を吸い上げていき。
16:12 (CC_Airi) ▽
16:19 (CC_Sion) 【紫苑】「ひっ♪ イきゅっ♪ アイリちゃ、イクからっ♪ で、ひゃっ♪ ぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~っ♪」
16:19 (CC_Sion) アイリの後始末に喜び悶える紫苑、差し込まれた舌を膣肉で締め付けながら本気汁と精液をアイリの口内に吐き出していく。更に尿道を突かれ、吸われた瞬間にプシャァァァァァァ♪ っとお漏らしをしてしまう。
16:19 (CC_Sion) 【権田原】「ふふふ……お前は優秀な便器だ。ほら見ろ、お前を使ってくれる人がまだまだ居るぞ。」
16:19 (CC_Sion) そんなネコのようにペロペロ紫苑の秘所を舐め後始末をするアイリに権田原の言葉が伝わる。
16:19 (CC_Sion) それと同時に今度は別の使用者がアイリのアヌスに肉棒を突きこんだのだ。
16:19 (CC_Sion) そう……アイリと紫苑の周りには何人もの男達が勃起したペニスを向けながら使用する順番を待っているのだ。
16:19 (CC_Sion) ▽
16:23 (CC_Airi) 【アイリ】「シオンはイキすぎです。もう少し我慢してください。…もう、仕方ないですね。」
16:23 (CC_Airi) 膣内から精液を吸い取り、その中にシオンの本気汁もまじってきて。そうしてシオンがアクメ声を上げるのをききながら、一度高い絶頂に持ち上げて落ち着かせようとクリトリスを舌先で剥いて、かりっ、と八重歯で噛んでみせて。
16:23 (CC_Airi) その次の瞬間、尿口から溢れたシオンの尿に喉元を濡らされてしまってから、口を当ててその尿を直のみして見せて。
16:23 (CC_Airi) 【アイリ】「シオン、そろそろ落ち着きましたか?今度はお尻かりゃぁあああああああっっっっっ♪♪♪」
16:23 (CC_Airi) そして膣内の掃除が終わり、今度はシオンのアナルを掃除しようとしたところで尻穴を犯されてしまい。
16:23 (CC_Airi) そちらは腸液が潤沢にあふれているため、最初から根本まできちんと飲み込む事ができ。すっかりセックス穴に仕立てられたアナルでペニスを咀嚼しながら、周囲を見回し…
16:23 (CC_Airi) 【アイリ】「ふにゃぁあ…♪っはいぃ、アイリを、肉便器として、いくらでも、使ってくだしゃぃ…っっ♪」
16:23 (CC_Airi) ▽
16:28 (CC_Sion) 【紫苑】「ぃ、ぃひゅっ♪ も、もう、イくの、だめっ♪ っぁぁぁぁぁぁっ♪」
16:28 (CC_Sion) アイリの嬌声と紫苑の嬌声が重なりバス内に淫らに響く、アイリは肉棒に囲まれながら紫苑の後始末をされつつアナルを犯されていく……
16:28 (CC_Sion) 腸壁越しに子宮を叩かれる甘美な快感を味わって居た所にビュルル……先走った誰かの射精が放たれたのだ……
16:28 (CC_Sion) その後は連続であった。二人の淫靡なダンスを見た観客達は我先にと二人の身体にマーキングし、揉み、愛撫し、吸い付き、小便をかける……
16:28 (CC_Sion) ▽
16:31 (CC_Airi) 【アイリ】「っふっぁ、っひく、イクのぉっっっ♪っりゃめぇ、アイリ、バスで、イっちゃう、だめな、肉便器ぃっっっ♪♪」
16:31 (CC_Airi) アナルをしっかりと犯され膣から零れた鎖をちゃりちゃり音をならしてふりたくり。
16:31 (CC_Airi) 甘い声で絶頂を繰り返しながら――やがて、周囲の観客たちによるザーメンシャワーで全身を白濁に汚していき。
16:31 (CC_Airi) 綺麗な金髪も、白い肌も、少し赤くなったお尻すらも全て濁った白に染まり。
16:31 (CC_Airi) ▽
16:31 (CC_Sion)  
16:31 (CC_Sion)  
16:32 (CC_Sion) プシュ……
16:32 (CC_Sion) バスのドアが閉じる音が聞こえると少し遅れて遠ざかる音が聞こえる……二人が解放されたのはあれから何時間後だろうか……もはや犯されすぎて時間の感覚も無くなり全身を精液でコーティングされ、汚れきった二人が空を見ると月が真上に昇っていて……
16:32 (CC_Sion) 【紫苑】「お、遅くなったけど、帰ろう……か……これから『毎週土曜は早朝バス会社に赴き、運転手の性処理をしないといけない。』から……二人で、頑張ろうね……」
16:32 (CC_Sion) よろよろと寮に続く長い階段を登ろうとする紫苑、その股間からは歩くたびに精液がブビュッ♪ ブビビッ♪ と漏れ出している。
16:32 (CC_Sion) そう、アイリと紫苑に新たな楔が打ち込まれたのだ。
16:32 (CC_Sion) ▽
16:35 (CC_Airi) 【アイリ】「そうですね。早く、帰りましょう」
16:35 (CC_Airi) 口調こそいつものアイリ――ではあるが、その全身は明らかにいつもと異なり。衣類は全て乗客に差出し、便器である以上衣類なぞ不要とザーメンドレスだけという状況でバスから降車して。
16:35 (CC_Airi) 眼鏡こそアイリの唾液でザーメンがぬぐわれた後があるが、それ以外の箇所はどこもかしこも雄マーキング済みという状況。
16:35 (CC_Airi) ぺたり、と足を踏み出すたびに膣と尻から精液がこぼれつつ、手に持ったザーメンまみれになったカバンだけは大事そうにかかえて階段を上っていって…
16:35 (CC_Airi) ▽
16:38 (CC_Sion) 【紫苑】「バスに乗ったら、今日のこと……思い出しちゃいそう、だね……今度はイかないように、しないと……」
16:38 (CC_Sion) 絶頂疲れした紫苑の口から漏れる言葉……その瞬間にアイリと紫苑の心に魔力によって刻まれるルール……『バスや乗り物の振動は今日のことを思い出させ身体を昂ぶらせる、車内ではいつも以上に敏感になるだろう』
16:38 (CC_Sion) 二人は白濁に塗れた身体と買い物袋をもって水仙寮の扉の前に立った、二人の来た道には白濁の跡が転々と続いている。
16:38 (CC_Sion) そして二人の買い物袋とカバンには数枚のDVDと二人のトロけきった表情を、痴態を写した写真が入れられていたのだ、これは二人の肉便器をしたという証……立派な証明書だ。
16:38 (CC_Sion) その後二人はバスに乗るたびに痴漢に会う事になる、これも二人の肉便器映像が好評だったらしく……学園中に出回った結果だろう。
16:38 (CC_Sion)  
16:38 (CC_Sion)  
16:38 (CC_Sion) 洗脳学園CC~影崎学園のバス事情~ 完
16:38 (CC_Sion)  
16:38 (CC_Sion)  
16:38 (CC_Sion) お疲れ様でしたー!!
16:38 (CC_Airi) おつかれさまでしたー!
16:38 (CC_Airi) シオンかわいいです(ちゅうちゅう
16:38 (CC_Sion) アイリちゃんprprしたいよぅ!
16:38 (CC_Airi) (先手ぺろぺろ
16:39 (CC_Sion) ひゃぅ!? では一応
16:39 (CC_Sion) 全員の人脈を獲得可能。アクトは2つ宣言できる。
16:39 (CC_Sion) CCを行った場合、参加PCは各自「経験点10点」「SP+5」「悪評+5」のいずれかを得ることが出来る。
16:39 (CC_Sion) をどうぞー!!
16:40 (CC_Airi) 経験+10しちゃおっかな…!
16:40 (CC_Airi) アクトはー
16:40 (CC_Airi) <肉便器><飲精奴隷> デスヨネー
16:41 (CC_Sion) 紫苑は<肉便器><締めつける名器>にSP+5かな!
16:41 (CC_Sion) はふぅ……エロエロなRP本当にありがとうございました~!