【ばこGM】 1d ダイス確認!
【ばこGM】 bako_zenji -> 1D = [3] = 3
【ばこGM】  
【ばこGM】  
【ばこGM】 HeroineCrisisTRPG くらくら! 「【大人気JKRQ】露出レースクイーン綾乃ちゃん、MM号で駅前公開面接!【撮影2本目】」
【ばこGM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【ばこGM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【ばこGM】  
【ばこGM】  
【ばこGM】 蔵鞍市:駅前広場
【ばこGM】  
【ばこGM】 貴女、篠宮 綾乃は顔を隠すように人で込み合う駅前を歩いていく…
【ばこGM】 3日前に受けた過酷な陵辱の傷も癒えぬ内に掛かってきた事務所からの電話。
【ばこGM】 魔物に襲われ醜態を晒し、心と身体、そして社会的にも死に掛けたあの事件。
【ばこGM】 その情報規制が辛うじて間に合い、あの場に居た関係者以外への拡散は阻止できた。
【ばこGM】 だが、業界内では知られてしまい移籍先はキャンセルされ、新しい契約チームも皆無。
【ばこGM】 最後の希望をかけた面接の為に陵辱の甘い残滓を残す身体と心を抱えたまま駅前を歩く。
【ばこGM】 事前に自宅から送るよう言われたPR映像もスリーサイズや事件の詳細を語るかなり卑猥な物だった。
【ばこGM】 今思い出しても恥かしいソレを周りの人間全てが知り、自分を見ているようなそんな不安が湧き上る。
【ばこGM】 ▽(RPどうぞ~♪
【綾乃】(だ、誰にも気付かれてない…よね?)俯いたり、カバンで顔を隠したりしながら、待ち合わせの場所に急ぐ綾乃、私服ではなく学園指定の制服で急ぐのです。
【綾乃】 ▽
【ばこGM】 駅前広場…その人混みを掻き分けるとカメラを片手にスーツを着た男性と、異様に目立つ車が貴女をまっていた。
【???】「おや?貴女が篠宮 綾乃さん…ですかねぇ?お待ちしておりました♪外は寒いでしょう?ささ、中へどうぞ?面接もこの中ですので…♪」
【ばこGM】 普通ならこんな怪しげな面接など受けはしない…だがこのままでは綾乃は引退、多額の違約金が人生にのしかかる。
【ばこGM】 そんな貴女への最後の希望、情報規制に協力してくれた企業からの勧誘…この面接は絶対採用されなければならない。
【ばこGM】 しかしそんな事情などまるで知らない周囲の人々は、好奇の目で見つめ聞き耳を立ている…綾乃は注目される。
【ばこGM】 ☆調教刻印<視られる快楽>軽度:獲得CP1:PCは消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないとあの事件を思い出し「腰APに2d6ダメージ」うけてしまう。
【ばこGM】 ▽(RPとダイスロールどうぞ~♪同時にアクトを一つ宣言可能!
【綾乃】 CP頂いて、判定は放棄しますのです!
【ばこGM】 あいあいwでは腰APダメージどうぞ!
【綾乃】「は、はい……」スーツ姿の紳士的な男性に誘われ、ありえない構造の車に乗せられる綾乃……明らかに不審な車なのだが……
【綾乃】(私のせいで事務所の皆に迷惑をかけちゃったから……絶対に、契約してもらわないと……でも…うぅ…やっぱり、皆見てるよね……)不審な車に乗る姿を、通行人に見られながら、ブルリ…と腰を震わせてしまうのだった。
【綾乃】 2d6 
【ばこGM】 B03_Ayano -> 2D6 = [2,2] = 4
【綾乃】 セーフ!
【綾乃】 アクトは…無しで~
【ばこGM】 あいあいさー!
【ばこGM】 では、妖しい男性と周りの視線にたえつつ・・・RPどうぞ~♪
【綾乃】「あの…面接先まで送って頂けるのでしょうか…」妖しい車にステップを登りつつ入る綾乃、現役RQらしい美脚と、スカートを押し上げるヒップを背後の通行人に見せつつ、不安げにスーツの男とコミュニケーションをとろうとするのだ
【???】「いえいえ、言葉の通りですよ?ふふ、先ずは中へどうぞ、面白いですよぉ♪」そういってハンディカメラでその様子を写しながらエスコートする男性。
【ばこGM】  
【ばこGM】 蔵鞍市:駅前広場~「MM号」
【ばこGM】  
【ばこGM】 カンカンカン、と勧められるまま荷台部分の鏡の中は…綾乃の予想をはるかに超えるものだった。
【ばこGM】 中は豪華な寝室になっており、壁は内側が透け向こう側が見渡せて、壁など無いような錯覚を覚え。
【ばこGM】 扉を閉じれば全周が見渡せ、そんな部屋の中央には巨大なベッド、枕元には多数のスイッチに冷蔵庫。
【ばこGM】 窓らしき枠や天井から釣り下がるミラーボール、そして何かが大量に収まっているらしい黒い箱…
【ばこGM】 綾乃は知らないだろうが、シャワーを省いたラブホテルがそのまま鏡の箱の中に再現されていた。
【ばこGM】 ガラスの様な透明な壁の向こうでは様々な人がこちらを見ようとし、鏡にうつる自分の顔を眺めているのだろう。
【カメラマン】「驚きましたかぁ?我が社自慢の移動スタジオですよ♪あ、申し遅れました。本日の面接官を勤める、カメラマンと申します…人を見る目があるので面接もやってましてねぇ♪」
【ばこGM】 さぁさぁ、とカメラマンを名乗るスーツの男性は綾乃をハンディカメラで写したまま綾乃をベッドへ腰掛けさせると面接が開始された。
【ばこGM】 ▽(自己紹介+キャラシート+RPどうぞ~♪
【綾乃】「え、わぁ……」鏡の荷台の中がこんな光景になっていたのに驚き、興味津々にキョロキョロするのです。
【綾乃】「これ…外では鏡だったのに、中からは見れるんですね……スゴイ……っと、は、はい!」綾乃はカメラマン兼面接官さんの言葉に従って、丁寧にベッドの上に腰をかけた。
【綾乃】「篠宮綾乃、です…」さすがに面接が始まると少し不安そうな表情で会釈する黒髪女子校生、学園指定の制服のまま、時折怯えるような表情を見せている。
【綾乃】「お仕事、任せられるようにがんばります……よろしく、おねがいします!」なんとしても契約して来いと、事務所のトップから言われた綾乃は、スカートの端を強く握りながら、以外な場所で、これから行われる面接におっかなびっくりで望むのでした。
【綾乃】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%BC%C4%B5%DC%A1%A1%B0%BD%C7%B5%28%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%29
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「ふむふむなるほどぉ気合はいってますねぇ♪、ワタクシ共の会社は普段はレースに出ないのですが…あの一件を機に、力を入れたいと思いましてねぇ?綾乃さんにお声をかけてみました。」
【ばこGM】 暗に、あの事件の全てを知っている・・・という事を指したその言葉。ソレをわざわざ伝えるカメラマンは続けてこんなことを言い出す。
【カメラマン】「そういうわけで、ワタクシも綾乃さんの事は色々と調べがついているのですよね。了承さえ頂ければ、後は私が色々チェックして、OKを出せばそれで綾乃さんは晴れてRQ復帰です♪」
【ばこGM】 にこにこと笑いながら、しかし有無を言わせない圧力のある言葉で綾乃に了承の一言を吐き出させようとするカメラマン。
【ばこGM】 頷けばこの異様な空間での怪しい、しかし避けられない面接が始まるのだろう・・・
【ばこGM】 ☆怪しい面接:目標値13:PCは任意の能力2個で別々に一般判定。失敗した数だけ罠が強化される。
【ばこGM】 ▽(RPとダイスロールどうぞ~♪同時にアクトを一つ宣言可能!
【綾乃】「ぅ……わ、私でお力になれるのでしたら、是非…出来るお仕事は何でもします……よろしくお願いします。」もう一度丁寧に会釈を重ねる。いつもよりぎこちないがカメラマンの異様な雰囲気に押されているのだ……羞恥心を押さえ込んで頭を下げた。
【綾乃】 2D6+8 まりょく!
【綾乃】 2D6+4  たいりょく!
【ばこGM】 B03_Ayano -> 2D6+8 = [1,2]+8 = 11
【ばこGM】 B03_Ayano -> 2D6+4 = [2,5]+4 = 11
【綾乃】 キャー!?
【ばこGM】 わーw
【綾乃】 またアクトは無しでいきます!
【ばこGM】 では、この怪しい面接に綾乃は一切抗えず成すがままだ!
【ばこGM】 1d4 罠の強化:1.堕落(致命+1) 2.複雑Ⅱ(開幕魔法でのTP減少-6) 3.速効Ⅱ(IV6) 4.乱打(攻撃+1d6)
【ばこGM】 bako_GM -> 1D4 = [3] = 3
【ばこGM】 速攻
【ばこGM】 1d4 罠の強化:1.堕落(致命+1) 2.複雑Ⅱ(開幕魔法でのTP減少-6) 3.ふりなおし 4.乱打(攻撃+1d6)
【ばこGM】 bako_GM -> 1D4 = [4] = 4
【ばこGM】 乱打!
【綾乃】 ひゃわー!
【ばこGM】 コレはかなりキツイコンボがw
【綾乃】 が、がんばるもん!
【ばこGM】 ふっふっふ~♪
【カメラマン】「ふふっあなたの様な綺麗な方に懇願されてはレンズが曇ってしまいそうですねぇ♪…では早速、衣装合わせと参りましょうか♪しかし、残念ながら更衣室はないのですよねぇ、、、着替えはココでお願いしますねぇ♪……さ、どうぞ?」
【ばこGM】 言うが早いかカメラマンは黒い箱の中を探り出し、中から一着のレースクイーン衣装…と言うには卑猥すぎる布を取り出し綾乃に渡す。
【綾乃】「こ、ここで着替える…んですか…」受け取った淫猥すぎるコスチュームにここで着替えろと言われ、俯いてしまう綾乃、チラリと上目遣いで相手の表情を見、そして事務所から言われた事を思い出す……
【綾乃】(絶対に契約を取らないと…怒らせないように、なんでも言う事を聞けって……うぅ……私、なんで、こんな……)瞳が潤み、涙が溢れそうになる…けれども、綾乃は逃げ出す事も、抵抗する事も出来ずに、ただただ言われるがままに、怒らせないように、機嫌を取りながら契約までこぎ付かなければいけないのだ。
【綾乃】「わ、かりました……」シュル……ブレザーの上を脱ぎ、若干汗でしとっとしたブラウスにも手をかける。ボタンを外す音が車内に響くなか、可愛らしいミントグリーンのブラジャーを外し、窮屈に仕舞いこんでいた94cmの淫肉を開放する…その一連の動きだけでブルン! と音を立てそうな程に揺れ弾むバストを否が応でも男の目に晒す事になったのだ。
【綾乃】「ふ…ぁ、ぁぁ♪(み、視られてる……私の、裸見られて、イヤだよぉ……)」身動ぎする度に視界で揺れる白い雪のような胸と桜色の乳輪を見てしまい、そのせいで余計に視線を意識してしまう……胸の奥が、子宮が、キュンと疼くのに我慢しながらギンガムチェックのスカートを静かに脱いだ、ストンと落ちたスカートに隠されていたブラとおそろいのミントグリーンのショーツまでも晒されて、綾乃の思考は茹ってしまう。
【綾乃】(は、早く着替えないと……こ、こんなの、耐えられないよ……)渡されたコスチュームを着る事で、今よりはマシになるだろうと、目を瞑るように必死で着替える綾乃。自慢の黒髪が背中を擦るくすぐったさを感じながら、一気にショーツと学校指定のソックスを脱ぎ去り生まれたままの姿になってしまうのだった…それは、コンプレックスである無毛の丘を見せることになるのだが……それを防ぐ方法は綾乃には無いのだ。
【綾乃】「こ、こんなの……」渡される前から露出の激しいコスチュームだと感じていた…けれども自分が原因で事務所に迷惑がかかっているので、断りきれずに着てみたが……
【綾乃】「ん……ちょっと、露出が……(こ、こんなの裸より恥ずかしいよ……それに、ちょっと動くだけで簡単に食い込んできちゃう……)」専用のストッキングを履き、美脚を更に美しく見せる綾乃は恥丘に激しく食い込むクロッチから常に甘い痺れを受けることに頬を赤らめる。
【綾乃】「ぁ…や、んっ♪(それに、生地が薄いし小さいし……浮き出ちゃうし色々見えちゃうよ……)」そう、ホルターネックの臍&腋&肩出しの変形ハイレグレオタードを着てみると、綾乃のHカップのバストにピタリと張り付き、薄っすらとニップルの膨らみや色づきを浮き出させていたのだ。
【綾乃】「こ、これで……お仕事、するんですね……(お尻も、ちょっと動くだけで食い込んで……胸もすり上がっちゃいそう……こ、こんな格好見られるなんて……恥ずかしすぎるよ……)」クイ…っと上向きの86cmヒップに食い込んだレオタードを指で直しながら、綾乃は自分の格好がいかにエッチかを改めて自覚してしまう…夢であって欲しいと願いながら小さく呟くように話すのだった。
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「いやぁ、映像で拝見しましたが・・・実に色気のあるお身体だ♪どうです?少し周りにも気を配ってみては?貴女今、こんな場所できがえたのですよぉ?んっふっふっ」じっくりねっとり、その様子をカメラに収めたカメラマン・・・着替え終えた綾乃に賞賛をくりつつ、外の様子を指摘する。
【ばこGM】 外側からは見えてない・・・そうわかってはいても、確かにこちらに注がれる視線、まるで屋外で着替えたような物言いでカメラマンは綾乃の羞恥心を煽る。
【ばこGM】 ▽(RPと同時にアクトを一つ宣言可能!その後、戦闘(と言う名のエロ面接)開始します!
【綾乃】「え……や、やぁぁ!? こ、これは…特殊なガラス、ですよね……?」カメラマンに言われ、我にかえる綾乃…そこにはマジックミラー越しに様々な人が行きかっており、中には物珍しそうにこちらを見ている人も居て……そんな状況に、先日の凌辱行為を思い出してしまい慌てて座り込みながら上目遣いで確認するのだ…外からは見えないのですよね? っと。
【綾乃】 ▽
【綾乃】 あ、アクトはなかったです! ごめんなさい!
【カメラマン】「えぇ、もちろんですよぉ?そのはずです、えぇ、えぇ・・・そんな事より、早速衣装チェックと参りましょうか・・・♪」そういって、カメラマンはゆっくりとベッドサイドの綾乃に迫り・・・卑猥な衣装に包まれた綾乃に手をかける!
【ばこGM】  
【ばこGM】  
【ばこGM】 あいあい!アクトナシで戦闘開始だね!
【綾乃】 はい!
*bako_GM topic : [『SS』カメラマン(Kn/IV9)]VS[綾乃] 罠[『SS』マジックミラー号(TP:64/任意/Kn/迷宮効果:速攻IV6&乱打)]『SS』はストリーミング・ショウの略
【ばこGM】 というわけで、なんと・・・カメラマン>罠>綾乃の順番だ!
【綾乃】 早いー!?
【ばこGM】 速攻引くとはついてないw
【ばこGM】 戦闘とリザルトを先にすませて、内容をみてその後エロールをするのですわ!よろしくねーw
【綾乃】 はい! こちらこそよろしくお願いします!
【綾乃】 開幕は相変わらずありません!
【ばこGM】 あいあいwではこちらからいくじぇ!
【ばこGM】 IV09 カメラマン
【ばこGM】 1d6+20 射撃/単体 《能:4:死点撃》《補:3:狙撃》(MP7) ゆっくりじっくり・・・卑猥衣装の綾乃を写し取る!
【ばこGM】 bako_GM -> 1D6+20 = [5]+20 = 25
【ばこGM】 25点!純血堕落で致命+2の攻撃だ!
【綾乃】「や、やだ……待ってくださ、面接……っぁぁ♪」カメラマンさんにベッドに押し倒されそうになるハイレグコスチュームの綾乃。
【綾乃】 11点軽減 《シールド:消費3》使用! 14点をその他に受けるのです!
【ばこGM】 あいあいさ!相変わらず硬いなぁ・・・!
【綾乃】 <特殊な性感帯:足>を宣言なのです!
【ばこGM】 CP+1SP+1どーぞ!
【綾乃】 は~い!
【ばこGM】 そして!不思議な車マジックミラー号は、そんな情事を青空で行っているような錯覚を与える・・・!
【ばこGM】 IV06 罠:MM号
【ばこGM】 5d6+2+1 単体/受動不可 《迂回攻撃:2》《乱打Ⅱ:4》《充填:4》ダメージ+(ターン経過数*4+魔物刻印*3+名声*2+使用アクト数)
【ばこGM】 bako_GM -> 5D6+2+1 = [6,1,1,6,2]+2+1 = 19
【綾乃】 キャー!? 迂回攻撃!?
【ばこGM】 名声1アクト1 受動できない19点だ!
【綾乃】 胸に受けます!
【ばこGM】 ほいさっさ!アクトあればどぞーw
【綾乃】 <乳辱><挟み込む双乳><過敏な突起> <突き刺さる視線>を宣言!
【ばこGM】 CP4/SP4 どうぞ!
【綾乃】 貰いましたー!
【ばこGM】 IV03 綾乃
【綾乃】 カメラマンさんに攻撃します! ブリザード!
【ばこGM】 ひーーー!こ、こいーー!
【綾乃】 2d6+6d6+17   《ブリザードウェイブ+ポテ6点:消費3》
【ばこGM】 B03_Ayano -> 2D6+6D6+17 = [4,3]+[5,5,2,6,1,6]+17 = 49
【綾乃】 49点氷なのです!
【ばこGM】 うごごごお!?純血で-3しかできぬ!46点受けて半死!?
【綾乃】 ヒャー!? 倒せなかったー!?
【ばこGM】 ぎりぎりだがね!
【ばこGM】 はんぶんじゃなくて7わりもってかれたわw
【綾乃】 でも、最後まであきらめないもんねー!
【ばこGM】 ターン更新でMP回復&開幕! なければこっちからいくぞー!
【綾乃】 どうぞー!
【ばこGM】 ふふ!その痴態をばっちりさつえいしてやろう!
【ばこGM】 1d6+20 射撃/単体 《能:4:死点撃》《補:3:狙撃》(MP7) 致命+2 ぱしゃぱしゃ!
【ばこGM】 bako_GM -> 1D6+20 = [5]+20 = 25
【ばこGM】 また!?25点だーーー!
【綾乃】(こ、こんなの恥ずかしすぎるよ……外で、エッチな事されて、撮影されちゃってる、みたいで……前、みたいに…)キュンと以前の凌辱を思い出させられ、下腹部が熱く疼くのです。
【綾乃】 腰に受けて<魅惑の曲線>宣言なのです! 腰0に!
【ばこGM】 らじゃー!
【ばこGM】 CP+1どーぞ!
【綾乃】 くっ…CPが間に合わないっ!
【ばこGM】 ふへへ・・・では、そんな錯覚におちいらせるMM号のこうげき!
【ばこGM】 アクトは6だっけね!
【綾乃】 はい! 6個なのです~
【ばこGM】 5d6+2+4+6 単体 《迂回攻撃:2》《乱打Ⅱ:4》《充填:4》ダメージ+(ターン経過数*4+魔物刻印*3+名声*2+使用アクト数) 時間が立てば経つほど、珍しいMM号に向かう視線は多くなる・・・今、綾乃と目があったような?
【ばこGM】 bako_GM -> 5D6+2+4+6 = [2,1,2,6,6]+2+4+6 = 29
【ばこGM】 受動できない29点だ!きっついぞーw
【綾乃】 シールド! 11点防ぎ18点受けます! 残りHPが17点!
【綾乃】 <熱い蜜壺><突き刺さる視線>を宣言します!
【ばこGM】 ほいさっさー!って視線はつかってなかったかにゃ?
【綾乃】 ひゃわー! 使ってた!!
【綾乃】 <ぎこちない仕草>なのですー!
【ばこGM】 お尻は残すか!ではCP3/SP3 どうじょw
【綾乃】 あ、視線は使ってたので2・2ですね!
【ばこGM】 IV03 綾乃
【ばこGM】 あ、そだったーwついw 2/2でよろしく!
【綾乃】 くっ! せめてカメラマンさんを…!
【綾乃】 とりあえず輝石!
【綾乃】 3d6  いにしえの輝石
【ばこGM】 B03_Ayano -> 3D6 = [3,6,3] = 12
【綾乃】 残り29に!
【ばこGM】 いい回復だ!
【綾乃】 2d6+17   《ブリザードウェイブ:消費3》をカメラマンさんに!
【ばこGM】 B03_Ayano -> 2D6+17 = [5,4]+17 = 26
【綾乃】 26点氷なのです!
【ばこGM】 ポテ無しかい?
【綾乃】 うむん! ここは行けると信じて!
【ばこGM】 では・・・-3で23点!・・・HPが4のこった!!
【綾乃】 キャー!?
【ばこGM】 責められる綾乃・・・一瞬カメラマンさんの映像がぶれたような・・・?
【ばこGM】 しかし、容赦のない面接は続く!
【ばこGM】 ターン更新でMP回復&開幕!
【ばこGM】 このタイミングで・・・
【綾乃】 たいみんぐで…!
【ばこGM】 ☆調教刻印<ナカダシ中毒>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「HPへ2d6ダメージ」する。
【綾乃】 Σ
【綾乃】 CPを3個使います!
【ばこGM】 CP+1して・・・抵抗どうぞw
【綾乃】 3d6
【ばこGM】 B03_Ayano -> 3D6 = [4,5,2] = 11
【ばこGM】 くっ!
【綾乃】 だめー!?
【綾乃】 あ、5あった!
【ばこGM】 では何とか堪えてダメージは受けなかった!
【ばこGM】 だが!カメラマンはシャッターチャンスを逃さないぞ!
【綾乃】 セーフ……
【ばこGM】 1d6+20 射撃/単体 《能:4:死点撃》《補:3:狙撃》(MP7) 恥かしい姿をしっかり写す!
【ばこGM】 bako_GM -> 1D6+20 = [6]+20 = 26
【ばこGM】 ここで最大ダメw
【綾乃】 し、シールド!
【綾乃】(こ、こんなの面接じゃ、ないよ……うぅ、恥ずかしい、のに…なん、で……)胸が昂ぶる、レンズを見ただけで身体が熱くなる…見えないと分かっていても、周囲に人が居るだけで子宮が熱くなる……こんな裸以上に恥ずかしいレオタードを着せられているのに……恥ずかしい事をされているのに…身体が昂ぶってしまうのだ。
【綾乃】 11軽減して15点受けます!
【綾乃】 残り14点!
【ばこGM】 くっ!しぶとい!
【ばこGM】 ・・・が、それもここまでのようだ!
【綾乃】 が、頑張る! けど…ダメかもぉ…
【ばこGM】 5d6+2+8+8 単体 《迂回攻撃:2》《乱打Ⅱ:4》《充填:4》ダメージ+(ターン経過数*4+魔物刻印*3+名声*2+使用アクト数) トドメを喰らえ!
【ばこGM】 bako_GM -> 5D6+2+8+8 = [2,1,6,5,1]+2+8+8 = 33
【綾乃】 イったー!
【ばこGM】 うっわぁ!?33点だーー!
【綾乃】 うぅ…HP0です…
【ばこGM】 幸い堕落はない・・・侵食度で致命表どうぞ!
【綾乃】 1D6+1 ちめい!
【ばこGM】 B03_Ayano -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【ばこGM】 瘴気に襲われ戦場に倒れ伏す。あなたの知らない感覚が全身を襲い、全身が震えて倒れ伏す。
【ばこGM】 行動不能になる。
【ばこGM】 SPは上がらない!が、おきあがれない!
【綾乃】 無念…っ!
【ばこGM】 ではでは、軍団施設のお時間だ!
【綾乃】 ヤッター!
【ばこGM】 SP+4と全滅1~4無効 どっちにしようかなぁ・・・w
【綾乃】 (わくわく
【ばこGM】 では今回はこっち!
【ばこGM】 ☆防音スタジオで色々使って色々ヤっちゃうスレ:地下牢&責め具一式相当(捕縛):[▼]全滅表の1~4になった場合振り直す。解説:完全防音の施された多目的スタジオでヒロインを苛めるスレ。
【ばこGM】 sらに~
【ばこGM】 ☆MCで肉壷化を目指すスレ:洗脳部屋相当(捕縛):[▼]全滅表の出目を+1する。他の▼効果と同時に使用できる。解説:マインドコントロールでヒロインを淫らにしようと試みるスレ。
【ばこGM】 防音じゃなくてMM号だけどねw
【綾乃】 洗脳ヤッター! 
【ばこGM】 というわけで1~4は振りなおしの上 全滅+1でダイスロールどうぞ!
【綾乃】 1D6+1+1 全滅表!(1~4無効)
【ばこGM】 B03_Ayano -> 1D6+1+1 = [3]+1+1 = 5
【ばこGM】 ぴったり5をw
【綾乃】 せーふ?
【ばこGM】  
【ばこGM】 その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【SP】+2する。
【ばこGM】 好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【ばこGM】  
【ばこGM】 というわけではんていどぞ!
【綾乃】 2D6+8   いやじゃ…まだ孕みとうない……[妊娠]
【ばこGM】 B03_Ayano -> 2D6+8 = [6,5]+8 = 19
【ばこGM】 凄い抵抗した!?
【綾乃】 着床しなかった!
【ばこGM】 つまり、一杯出しても安心の安全おまんこだった!
【綾乃】 (きゅん
【ばこGM】 前のゴブリンで受精済みなだけかもだけどねーw
【綾乃】 (それもありやぁ…
【ばこGM】 ではでは、そんな痴態はこちらへ登録されるだろう!
【ばこGM】 ☆キャットファイトch:闘技場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「レベル」+2だけ侵略点を獲得する。(最高7点/[淫乱症][ロスト]時不可能)解説:捕獲したヒロイン同士を、己の自由を賭けて淫らに戦わせ配信するch。本格的なリングにベッドや博打の対象にもなっている。
【ばこGM】 というわけで、今夜もご相談が2つ!
【綾乃】 はいっ!
【ばこGM】 エロールの再開はベッドサイドでカメラマンに襲われる所からなんですが・・
【綾乃】 (わくわく
【ばこGM】 1つ目:戦闘二勝利していればカメラマンの招待を知ってイヤイヤ従う、敗北なら知らないままどんどん深みにはまる というルートでしたので、カメラマンは正体バレしない感じでいいかしら?
【綾乃】 バレ無しでOKですよー! ナカダシにはまっちゃう!
【ばこGM】 ふふふ、もし綾乃が勝ったら契約内容がエロ普通、もし負けたら契約内容がエロ特盛りで仮契約しちゃうぞぅ! コレを解釈してこうなったw
【綾乃】 わぁい!
【ばこGM】 もう一つは・・・おっぱい系のアクトを使うときは、ガラス壁におしつけて・・・向こう側にみえてるよ?とかいったり、本番はMM号エンジン直結ロデオバイブマシーン とか用意してますw
【綾乃】 ヤッター!
【ばこGM】 苦手な要素なければじゅんばんにやってくよ!
【綾乃】 全部OKなのです!
【ばこGM】 あいあいさー!ではでは・・・完全攻略され調教されていくJKRQの公開面接開始だー!
【ばこGM】  
【ばこGM】  
【カメラマン】「えぇ、もちろんですよぉ?そのはずです、えぇ、えぇ・・・そんな事より、早速衣装チェックと参りましょうか・・・♪」そういって、カメラマンはゆっくりとベッドサイドの綾乃に迫り・・・卑猥な衣装に包まれた綾乃に手をかける。
【ばこGM】 カメラマンは無造作に綾乃の衣装に包まれた乳房に手を伸ばすと、ゆっくりと確かめるようにもみしだく。そのテクニックはあのゴブリンより遥かに練達していて、一瞬で綾乃の快感を高めていくほどだ。
【ばこGM】 しかし、ベッドに倒れこむことを許さないと股の間に脚を割り込ませ膝を股間に押し当てると小刻みに震わせ綾乃を壁際へと追いやっていく。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「や、やめ…て、ください……や、ふぁぁぁっ♪」カメラマンさんに押されるように車内のベッドに背中を預けてしまいそうになる綾乃、その動きだけでレオタードに包まれた双乳が弾んだのだ…そんな極上のマシュマロを丁寧に触れられ、揉まれると、昂ぶった綾乃はすぐさま可愛らしい反応を返してしまった。
【綾乃】(こ、これが面接…なの…に、逃げたい…けど……契約を、取らないと、いけない、し…っ♪)思考がぐるぐる回り、カメラマンのなすがままになってしまう綾乃、食い込みを更に激しくされ、恥裂から甘い痺れを感じながら、ガラスに見える壁へと追いやられて……
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「おや?やめてもいいのですよ?他のレースクイーンなどいくらでも居ますし、傷物の貴女など、本来ふようなのですし・・・ですが、貴女はそれでもよろしいと?」
【ばこGM】 やめてといわれて本当に胸からも秘所からも手を引くカメラマン・・・しかしその口から出る言葉は愛撫より確実に綾乃を追い詰め、縛り上げていく。
【カメラマン】「もし、貴女がどうしても・・・面接を再開したいというのであれば・・・そうですねぇ♪壁に手を突き、お尻をこちらへむけて、どうしてほしいかしっかりと教えて欲しいですねぇ♪あ、言い忘れてましたが・・・壁に近すぎると、向こう側、みえてしまうことがあるそうですよぉ?」
【ばこGM】 一度だけ、ゆっくりと綾乃の足の付け根・・・ゴブリンに舐められしっかりとソコが感じるポイントだとわかっているソコを愛撫し、本人よも綾乃の身体を知っていることをアピールしてくる。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「~~~~~っ♪ や、やめない、でください……つ、続きを、お願いします……んんっ♪」純白のレオタードに包まれたバストからプックリと可愛らしいピンクニプルが浮かび上がる。硬くしこったそれを指先で摘ままれれば、綾乃の口からは甘ったるい吐息が漏れ、背筋をピンと伸ばしてしまうのだった。それでも、両方のニップルをコリコリに屹立させられても、JKRQは耐えながら面接を続けて欲しいとお願いするのだ。
【綾乃】「そ、そん……わ、わかり…ました…」指が離れ、壁に手を付けと言われた瞬間、綾乃の表情は切なそうに曇る……それはどちらに対しての表情だったのか……綾乃自身も分からないままに、言われるままにガラスに手を当てると、ヒールのせいで更にピンと延びた美脚と、淫猥な丸みを帯びるヒップ……そして、もはや糸のように食い込んだクロッチを晒すのだ。
【綾乃】(お、お願い……ばれないで……)綾乃は目尻から涙を溢れさせながら、大きくお尻を突き出す……そのクロッチはしっとりと湿り気を帯びており、レオタードを突き上げるニプルと合わせて、僅かな愛撫で感じきった事を示していたのだ。
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「ふふ、意地悪が過ぎましたねぇ、ですがそれほどに追い込まれているのを自覚してもらう為ですので・・・コレは愛なのでよぉ?ほうら、あなたの身体も愛を感じているでしょう?」
【ばこGM】 綾乃の願い空しく「目の良い」カメラマンはその丸出しに近い食い込みクロッチから染み出す愛液を指でなぞるように救い上げオマンコに塗り広げていく。
【カメラマン】「美しい足もこんなに必死に伸ばして・・・その素晴しいエロボディが実に映える。貴女のような逸材は決してのがしませんよ、えぇ・・・その証拠に外の皆さんも興味しんしんのようですよぉ♪」そういいながらむき出しの桃尻をぐっと力強く掴みもみあげながら、綾乃の上半身をガラス壁に押し付ける。
【ばこGM】 近づくだけで透けるなら、密着すればその結果は明らか・・・押し付けられた綾乃の上半身はその豊満な胸の先、薄い生地越しに色がわかるほどで・・・駅前がざわつく。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「あ、愛……です、ぅぁんっ♪」困惑する綾乃に染み込むように入ってくるカメラマンの言葉…理性では間違っている、ダメだと分かっているのに、抵抗出来ない……契約を取らなければいけないと言われた事が、完全に綾乃の心の枷になっているのだ。そんな時に蜜液をクロッチに塗り広げられれば、その口からは甘い嬌声が漏れ、車内にクチュリ…と粘液音を響かせてしまう。
【綾乃】(や、やだ…近づいたら、ダメなのに…力が、はいらな、い……なん…でぇ、ふわふわ、して…気持ちよく、なっちゃってる、のぉ♪)カメラマンが指先が綾乃のクロッチに触れるたびに、高く突き上げられたヒップとストッキングに包まれたふとももがピクン♪ と震える、そして愛蜜が増え……更に綾乃の抵抗を奪っていくのだ。そんな時に震える桃尻を掴まれれば、快楽と力に抗えず、そのままガラスに押し付けられてしまう。
【綾乃】「だ、ダメですっ♪ ちかづい、ひゃぁ♪ こんな恥ずかしい、姿……み、見られて……や、あぁぁ♪」ガラスの冷たく硬い質感を、レオタード越しのニプルで感じてしまう。少し動くだけでクニクニと肉芽を潰し、こね回してしまい……更にマシュマロバストも潰すように押し付ける事で、快感が倍増……プシッ♪ っとクロッチから今までにない量の蜜を吐き出してしまうのだった。
【綾乃】 ▽
【駅前の人々】「おぉ?なんだ?・・・なんか透けて見えて・・・!?!?おっぱい?!」「お、始まった始まった・・・おっさんしらねーの?コレエロいことなかでしてるらしいぜ?」「え?それじゃさっき入っていった可愛い子の?!もったいねぇなぁ」ざわざわ・・・そんな声がMM号に備え付けられたスピーカーから聞こえてくる。防音効果のある壁越しに、外の音を拾い綾乃に聞かせる為にカメラマンがスイッチをONにしたようだ。
【カメラマン】「いやぁ、好評のようですねぇその衣装♪折角ですのでもう少しサービスしましょうか?これもレースクイーンの大事なお仕事・・・ですよねぇ、綾乃さん?」
【ばこGM】 大量の愛液が零れ落ち、カメラマンの手を濡らす・・・そんな濡れ濡れの手でガラスに押し付けられた胸を横から下からぐにゅぐにゅっと歪ませながらもみ始める・・・柔らかななマシュマロおっぱいをゆがめ、挟み込んだり、衣装の間に手を入れて直に乳首を刺激したり・・・そんな事をすれば愛液が更に衣装を透けさせ、より卑猥な衣装へと仕上がって居舞う。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「や、やぁぁっ♪ み、見えて、ますっ♪ んんっ♪ 外の人に、み、えっ♪」キュウゥ……外の人々の声が聞こえた瞬間……綾乃の身体が一際跳ねた。その動きで乳首を擦りつけ、甘い声を漏らされながら、人に見られていると実感した綾乃の身体で一番の変化が起こったのだ……それは、絶頂である。挿入されていれば確実にわかった膣肉のうねりと、蜜を漏らすほどに分泌を行いながら、はしたなく達した。
【綾乃】「んっ♪ こ、こんなの、レースクイーンの、仕事じゃ、な、ぁぁん♪ は…ぁぁ、っ♪ も、もう、んぁぁっ♪」絶頂したばかりの敏感な身体に追い討ちをかけられ、綾乃は再び短いスパンでアクメを極めてしまう。しかも食い込むスジマンからトロトロと蜜を溢れさせながらの分かりやすい絶頂……腰と胸をくねらせながら、口だけの抵抗は続くのだ。
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「いえいえ、確かに今までどおりなら絶対にしないサービスですよ?しかし、我が社のRQになれば、コレが普通、むしろモット過激で、大胆なお仕事もやってもらいますよぉ・・・幸い、貴女はそれが大好きな、好き者のようですしねぇ?」
【ばこGM】 カメラマンが綾乃の耳元でそう囁く・・・確かに「見た」絶頂の瞬間、その理由、綾乃の隠しきれない変態性を刺激しタガを外す為に・・・カメラマンはカチリ、とそのスイッチを切る。
【ばこGM】 ヴヴヴヴヴヴッと外壁が振動し、密着する綾乃に快感を送るその振動の正体は・・・壁の透明化。いままですりガラス越しのような不透明だったものが、くっきりと綾乃の全身、足元に垂れる愛液までしっかり見れるほどになり・・・駅前は軽くパニック状態になる。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「これ以上、なんて……そ…それに…私、そんなエッチじゃ、なぃぃんっ♪ ふ、ぁ…ぁぁぁぁぁっ♪」必死に仕事内容について拒否しようにも思考が追いつかない……視姦に加え、カメラマンの上級な愛撫によって心身ともに蕩かされた綾乃の唯一刻まれた思考は……
【綾乃】(これが、愛なの、かな…違う、ような気がするけど…気持ちよくなるって事は、愛がある、って事だもん、ね……だから、視られて気持ちいいのも、愛があるって、ことで……お仕事を取らなきゃダメ、だし……仕方ない、ん…だよね…)羞恥心は残る、死にたいほどに恥ずかしいのに、ありえないほどおかしい行為なのに……心の片隅では、これを仕方ないと納得してしまっているのだ。
【綾乃】「んんんんんっ♪ 壁、震えて、見えちゃ、ってる♪ こ、こんなの、恥ずかしい、のにぃ♪ な、なんでぇっ♪ ~~~~~~~っ♪」慌しい駅前の様子…乳首に乳肉に伝わる振動…それらが綾乃の性感を限界まで高めて……綾乃の身体が今までで一番大きく跳ねたのだ。それと同時にクロッチから、勢い良く潮が吹きだし、車内に新たな水溜りを作り出してしまう。
【綾乃】 ▽
【駅前の人々】「きゃぁぁっ///へ、変態!なにあれ、えっちな服着て・・・なんのつもりよ!」「うひょーー!キタキタ!今日はナイスバディーだと思ってたけど、いきなり潮吹きってやべー!」「ほんとにヤっとったんか!?えっろいねーちゃんやのぉ。撮影にしても大胆・・・というか警察もこんし、どうなっとんじゃ?まぁええか。ぐへへ」
【ばこGM】 ブゥゥンっと綾乃の絶頂に合わせて何かが駅前全体を包み込む・・・それは、綾乃が以前囚われた瘴気の結界・・・だがその精度、密度はゴブリンたちの比ではなく。誰一人疑問に思う事無く、綾乃の痴態を楽しんでいく。
【カメラマン】「いはやは、見られただけでまるでお漏らししたような大洪水・・・実に素晴しいですねぇ♪では、そろそろ立つのも疲れたでしょう?こちらの特製チェアーでゆっくりお休みください?」
【ばこGM】 そういってカメラマンが進めるのは・・・巨大な機械の塊の上に備え付けられたロデオマシーン。いつの間にかベッドが消えその場所に出現したそのロデオマシーンの上には極太と呼んで差し支えないバイブがそそり立っており下の機械の振動を受けてブブブっと震えていた。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「んぁっ♪ あぁ…ぁ、んっ♪ みられ…てるぅ♪ 私の、恥ずかしい姿、皆に見られ、てぇ……あぅんっ♪」視られた事で絶頂した綾乃は、絶頂の余韻に浸りながら胸を更に強く押し付ける。それは極上のマシュマロを淫猥な形に変えてしまい、観客達を一層楽しませてしまうのだ。そんな時に瘴気の結界に取り込まれた新人ヒロインは抵抗も出来ずに、カメラマンに言われるままに特製のチェアーに座ってしまう。
【綾乃】(あれ…なんだか、変なの、ついて……~~~~~~~~~~~~~~~~~っ♪)カメラマンの手によって、食い込みをずらされていた綾乃は、脱力したままバイブロデオチェアーに座り込んでしまう。蜜塗れで準備万端の肉あけびは、すんなりと振動バイブを飲み込んでしまい、亀頭部分で下がりきった子宮口をコツンを叩いてしまうのだった。
【綾乃】「あぁあぁぁぁっ♪ こ、これぇえぇぇっ♪ や、ふるえ、て……ぃ、く…っ♪ イっちゃ、ぁぁぁぁぁぁああああああああ~~~~~~~~~~~っ♪」完全にロデオマシンに座り込んだ綾乃は、両手でマシンを掴み、必死に自分の身体を持ち上げようとするのだ。だが、脱力しきり、弱点となったポルチオにバイブレーションを与えられれば……
【綾乃】「や、ぁぁっ♪ なん、でぇ♪ からだ、うごか、にゃぁっ♪ はひっ♪ いひぃぃっ♪」クイクイ♪ とぎこちない潮吹き騎乗位ダンスを踊ってしまう…まだロデオが動く前から、初々しい騎乗位オナニーをカメラマンやガラス越しの観客に晒してしまうのだ。
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「ふふっ、どうやら気に入ってもらえたようですねぇ♪そんなに腰をふっていては・・・本番で耐え切れませんよ?」
【ばこGM】 そう、まだ挿入し、アイドリング状態の振動を受けただけだ・・・ロデオマシーン本来の動きも、その下の機械の塊「MM号のエンジン」も本来の力を発揮していない。
【カメラマン】「では、本番前に説明を・・・実は今日はある商品の宣伝も兼ねて面接を行いました♪その商品と言うのが・・・我が社が販売を行う「綾乃マンコ」のオナホール・・・あの映像で調べた綾乃さんの名器オマンコを再現した名品です♪今から駅前に配りますので・・・是非宣伝してくださいねぇ?」
【ばこGM】 ロデオチェアーの上で喘ぐ綾乃に一方的に話すカメラマン・・・本人の承諾なく、しかし断れないことをいい事に好き勝手にそんなものを作り宣伝しろと言うのだ・・・
【ばこGM】 その言葉が終わると同時、アイドリング状態だったエンジンが徐々にその回転数を上げ振動を激しくし、ロデオマシーンが前後左右、上下に動き始める。綾乃は反論を封じられただただ卑猥な広告塔として駅前で痴態をひろうさせられるのだ。
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「や、ぁぁっ♪ い、言わないで、くださいぃ♪ こんなの、違うん、ですっ♪ んんっ♪ あ、ふぁ♪」声優のような甘くトロトロと蕩けきったスイートボイスで否定しながら、ロデオマシンに腰を押し付けるように淫猥に踊る綾乃。自慢の黒髪をゆらゆらと揺らしながらロデオバイブの亀頭で子宮口を、ポルチオをこね回してしまうのだ。
【綾乃】「な、ぁぁぁぁぁっ♪ や、いやぁぁっ♪ そ、そんあの、いや、ですっ♪ そんなのくばらな、ぁぁぁぁぁぁ~~~~~っ♪」カメラマンがありえ無い事を告げる……だが、綾乃の答えは嬌声によって聞こえるものではなかった。キュゥっとバイブを締め付けるように内股でロデオマシンに座り込み、ただただ、首を振る綾乃……だが、そんな綾乃をあざ笑うようにロデオマシーンが動き出してしまえば。
【綾乃】「あぁっ♪ んんぁっ♪ ひゃ、ぁぁぁぁぁぁっ♪ う、うごかな、ぃぃっ♪ こ、こんなの、ダメ、れぇっ♪ イ、クぅぅっ♪ また、みられ…てぇ♪ イクゥゥゥゥゥゥゥゥ~~~~~~~~~~~~~~っ♪」ガクンガクンとロデオマシンに揺られ、快感に染まったトロ顔を、観客に見せつける綾乃。Hカップのバストがバスケットボールのように撓み、弾み、淫猥に踊る。それだけでなく、あまりに激しい動きによって挿入部分までも晒してしまい……パイパンのバイブ挿入シーンをオカズ代わりに提供してしまうのだ。
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「ふふっ、気に入っていただけて何より・・・そのバイブ中にカメラが仕込んでありまして貴女がイケばその映像が駅前のモニターに映し出されてどれだけ気持ち良いのかわかるんですよぉ?素敵ですよねぇ♪あと・・・今配っているオナホールなんですが・・・なんと、中で出された精液がある場所に転送されるハイテク商品なんですよぉ?その場所は・・・
【ばこGM】 」そうカメラマンが続けようとした瞬間、綾乃の膣を抉り、激しい振動で連続絶頂へ追い上げていた極太カメラバイブからごびゅっと白い熱い液体が噴出す。
【ばこGM】 その光景はバイブカメラを通して駅前の巨大電光掲示板に映し出される・・・綾乃のピンク色の膣内が黄みがかった濃い精液で汚れるその光景がが・・・
【カメラマン】「…ずいぶんな早漏さんがいらっしゃったようですねぇ?ご覧の通りですよ♪今日はこの駅前の男性・・・誰かの子を孕むかもしれませんが…頑張って宣伝してくださいねぇ♪」
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「な、ぁぁぁっ♪ や、ぁぁっ♪ そんなのやめ――――ッ♪」必死に揺れ動くロデオバイブに捕まる綾乃。マシンが上下に動けばゴツンとポルチオを叩かれ絶頂し、前後左右に揺れればコリコリと子宮口をこね回される……濃い白く濁った本気汁を分泌させながら、綾乃はロデオマシンの動き度に絶頂し、浮き上がった腰から潮を噴出してしまうのだ……そんな連続絶頂中に、少量でも白濁液を……嫌と言うほど刻まれた膣内射精をされてしまえば……
【綾乃】「あああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁっ♪ イクッ♪ イクイクイクッ♪ あ、ついの、きてぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ♪」子宮口に粘つくザーメンを浴びせられれば、スイートトロトロボイスで狂ったように果て続ける綾乃。バイブカメラには絶頂の痙攣と、天性の名器っぷりを見せ付けるような収縮運動が映りこみ、パクパクと物欲しげに蠢く子宮口さえも、晒してしまう。
【綾乃】(あ、赤ちゃんだ、なんて、いやぁ! いや、なのにぃ……なんで、気持ちよくて、ふわふわ、してぇ♪ 幸せなの、とまらない、のぉ♪)射精にあわせた絶頂から、綾乃の動きは変わってしまう…まるで、もっと精液を強請るように、腰を上下左右に踊らせ、ロデオマシンのバイブを咥えこんで離さない、ダンスを踊ってしまったのだ。キュンキュンと熱く昂ぶる子宮に、もっと……もっと……と……。
【綾乃】 ▽
【駅前の人々】「仕込みかもしれねぇが、これ、興奮するな・・・うっ、出る!」「はぁはぁ、あんな美人が、公開種付け、、、しかも気合相手に腰フリ子宮撮影とか、やっべやべ!」「見ろよあのマンコ・・・泡立ち本気汁とザーメンがどんどん子宮にはいってくぜ?妊娠こわくねーのか?」
【ばこGM】 人々は大きく分けて3種類にわかれた・・・綾乃の膣内に己の精液を届けようと必死にオナホで抜き続ける男、MM号や電光掲示板に写る綾乃の姿を見て興奮し瘴気を生み出す男、そしてソレすら終えてか参加できず綾乃に酷い言葉を投げる男女。今駅前のすべての人間は綾乃を貶め、孕ませ、堕落させる一つの装置となっていた。
【カメラマン】「おやおやおや、そんなに蕩けて・・・折角のエロボディがそんなことではもったいないですよぉ?折角ですからワタクシがおてつだいしてさしあげましょう♪」
【ばこGM】 いままでロデオに座ってから撮影だけをしていたカメラマンは撮影を続けながら綾乃に近づき、よりエッチになるように彼女の体位を変え、胸や尻を弄り始める。
【カメラマン】「先ずは脚をもっとはしたなく開きましょう♪大丈夫、オマンコで前部を支えればいいですよぉ?」そういって綾乃の片足を大きく持ち上げると、身体は傾き無毛のおまんこが丸出し・・・さらに角度が変わることで刺激も変わり綾乃のボルチオ、子宮口周りが抉られるようになる・・・
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「あんっ♪ あぁっ♪ んぁ、ッ♪ ッ……ふぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~っッ♪♪♪」人々に見守られながらのロデオファック……非現実的な淫猥空間で綾乃は快感に耐え切れずに、面接だという事を忘れて腰を振るう……コリコリコンコンと念入りに自ら子宮口に精液発射口を合わせ、深く腰を沈めてしまう…それがまた快感を呼び、淫猥レオタードに身を包んだJKRQは揺さぶられながら果て続ける。
【綾乃】(ダメ、なのに…気持ちよすぎ、るぅ♪ 射精、が、気持ちよく、て…ぇ♪ 腰、がとまって、くれな、ぁぃ♪ あ、れ…わたし、もっと、大事な事を……しない、とぉ♪)トロ顔で自分をオカズにする男達を見て、更にキュンと子宮を戦慄かせる……それに合わせて新たに精液を受け入れれば、何度目か分からないアクメを極め、潮とも小水とも分からないものを垂れ流しにしてしまっていた。そんな綾乃にトドメをささんと近づいたカメラマンの行動で綾乃は更に深くまでバイブを飲み込んでしまうのだった。
【綾乃】「こ、のたいせ、ぃ♪ ダ、めぇぇぇぇっぇぇぇぇ~~~~~っ♪ ふ、深いのぉ♪ ごりごり、ってぇ♪ 私の、おまんこぉ♪ しきゅうが、こわれちゃ、ぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ♪」大きく足を広げ、無毛の結合部をみせつけた綾乃。そこに集中的に体重を加えてしまったために、バイブの亀頭を半ばまで子宮口で咥えこんでしまったのだ。さらに丁度射精が起これば…子宮壁に直接ネバつくザーメンが張り付くシーンを映し出してしまい、狂乱する綾乃の表情共々、消えない痴態をプレゼントしてしまう。
【綾乃】 ▽
【カメラマン】「おやおや、この体制がお気に入りで?鈴口が子宮にめり込むほどつっこまれて、全体重、自分の全てをおちんぽにあずけてイキ狂う…実に変態の貴女らしい好みですねぇ♪」
【ばこGM】 こじ開けられた子宮口がどにゅっとその最奥へ吐き出される精液を受け止める子宮壁の様子をのぞかせる・・・普通なら絶対に晒されることのない女性の最も神聖な場所が汚され、左右の二つの卵管穴や妊娠の準備を整える様子を数百人単位で見られ覚えられてしまった。
【カメラマン】「いやぁ、これは予想以上の宣伝になりましたよぉ?まさかおまんこどろこか、子宮まで晒してくださるなんて感謝しかありませんねぇ♪綾乃さんも、種付けしてくださった皆様に何かお礼が言いたいのでは?」壮絶な痴態にカメラマンは満足し、綾乃に一つのマイクを差し出す。綾乃に挨拶をさせるためだそれも彼女を落すための一手で・・・
【ばこGM】 ▽
【綾乃】「んああああぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~っ♪ は、ひぃぃっぃいぃぃぃ…んっ♪ しゅご、ひぃっ♪ イクの、とまらな…いぃっ♪ んひっ♪ ~~~~~~~~~~~~~~~っ♪」ロデオの激しい動きでレースクイーンコスチュームはずり上がり、隠すはずの場所を逆に際立たせるようになってしまっている。そんな黒髪のJKは膣と子宮だけで全体重を支え、まるで動物のような激しいピストン受け止める。そしてこの痴態をオカズにされて、また新しい精液を子宮内に吐き出されるのだ……もはや絶頂から降りて来れなくなった綾乃は快楽に染まる視界で自分を見ながらオナホを使う男たちを見つめて……
【綾乃】(あ、れ……私、は、面接に、きて……それ、で……そう、だ…新商品の、宣伝が、めんせつの、試験でぇ♪)もはや催眠に近い暗示を受け入れた綾乃は、子宮に何人分か分からない精液を受け入れながら、カメラマンの手によって差し出されたマイクを受け取り……
【綾乃】「あ、あは♪ しのみや、あや…の、です♪ みなさん、あやの、の……オナホのはいかがですか? わたし、は…みなさんの、せいえきを、もらえて、きもちよかった、です♪ んんっ♪ だ、だからぁ♪ あやの、まんこ、ぉ……みなさんよろしく、おねが、ひ…しま、すぅ♪ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ♪」トロけた笑顔でガラス越しの男達に宣伝してしまう綾乃。潤んだ瞳で必死に訴えながら、自分のオナホをよろしくと告げるのだ。更に丁度複数人が同時に達したらしく……一気に大量の白濁液が子宮に注がれ、声にならない嬌声をあげ、今までで最高の絶頂を迎えるのであった。
【綾乃】 ▽
【ばこGM】 ごぼり、どびゅ、ぶりゅぅっ~~~!綾乃の手にしたマイクごしですらそんな汚らしい音が聞こえるほどに大量の精液が綾乃のオマンコに排泄され、あふれ出す。
【ばこGM】 綾乃の声を、喘ぎ声に興奮した男性たちは、彼女が欲するままにその白濁の欲望をぶつけつづけ、綾乃の絶頂を一瞬から数瞬、数秒から数分へと際限なく延長させていく・・・
【カメラマン】「…とのことです、皆様♪本日は我らストリーミング・ショウの新作宣伝にお付き合い頂きありがとうございます♪彼女の意思を尊重し・・・今日はたっぷりオナホを、綾乃をお使いくださいませ♪」
【ばこGM】 そんな綾乃の変わりにマイクを取りそう締めくくるカメラマン・・・その言葉通り、人々の精力尽きるまで、瘴気つきるまで綾乃の面接は続けられ、朝早く始まった面接は、日が完全に沈むまで終わらなかった・・・
【ばこGM】  
【ばこGM】  
【ばこGM】 HeroineCrisisTRPG くらくら! 「【大人気JKRQ】露出レースクイーン綾乃ちゃん、MM号で駅前公開面接!【撮影2本目】」
【ばこGM】 シナリオ終了です!お疲れ様でした!
【ばこGM】  
【綾乃】 お疲れ様でしたのじゃー! たのしかったー!
【綾乃】 (つやつや
【綾乃】 あ、CPは10 SPは9 アクトは8個ですた!
【ばこGM】 ありがとよー!
【ばこGM】 ではりざるとはりはり!
【ばこGM】  
【ばこGM】 PCリザルト:綾乃
【ばこGM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:0(0) + CP:10 + 戦略:0 + 装備効果 0= 30
【ばこGM】 [ミアスマ]基礎:8 [SP]9 [名声]0
【ばこGM】 [魔物刻印] ストリーミング・ショウ [人脈]NPCカメラマン(任意)
【ばこGM】  
【ばこGM】 軍団リザルト(掟:法令&初夜権)
【ばこGM】 [ミアスマ]基礎:12 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:0 + 軍団施設:19+4 = 43
【ばこGM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+4 = 14
【ばこGM】 [その他]ポーン兵3体+再生用ミアスマ+12
【ばこGM】  
【ばこGM】 以上だよ!
【綾乃】 は~い!
【ばこGM】 0時の予定が少しオーバー・・・ごめんよ!これも綾乃ちゃんの可愛さが原因だ!
【綾乃】 はふぅ…楽しすぎましたのじゃ! 本当にありがとうございましたー!
【綾乃】 いえいえ! 楽しくてしかたないのです! ばこさまのエロールしゅごいよぅ!
【綾乃】 っと、ろぐろぐ~♪
【ばこGM】 あと4点・・・CPつっこんでたらカメラマン倒れてたらまた違ったんだろうなぁ・・・w
【綾乃】 ふふふ、仕方ないのじゃ~でも満足! 仮契約してもらいましたのじゃ!
【ばこGM】 いすいさんのアドリブ力に期待してエロールはほんとノープランだから・・・楽しいけど時間が調整できぬぇw
【綾乃】 Σ
【ばこGM】 次回は初仕事だね!枕営業のローションプレイ!
【綾乃】 やったー!
【綾乃】 改めまして、本当にありがとうございました!
【ばこGM】 やりたいことが合ったらどんどんとーくしてきてね!早いほどシナリオに取り入れやすいのじゃw
【綾乃】 わぁい! ありがとうございます!
【ばこGM】 あ、ログはこないだと同じ様にあげておきますねーw
【綾乃】 おぉー! ありがとうございます!
【綾乃】 さてさて、寝ますのじゃ~ばこさま本当にありがとね!
【ばこGM】 ではでは、おねむになる前に・・・かいさーん!ありがとうでしたのよーw(綾乃ちゃんぎゅっぎゅ