21:31 (bee_GM) なおこのセッションでは調教刻印を使用します(たぶん
21:32 (bee_GM) ではアルジャ様、かるーく自己紹介をお願いいたす!
21:32 (B07_Erzja)  
21:32 (B07_Erzja) 【アルジャ】「私は勇者アルジャ=アントノヴァ」
21:32 (B07_Erzja) 【アルジャ】「今までグレーエリアで皆をモンスターの襲撃から救うために戦っておりました」
21:32 (B07_Erzja) 【アルジャ】「このレッドエリアやパープルエリアはモンスターもおらず平和な…筈なのに」
21:32 (B07_Erzja) 【アルジャ】「不正なウィルスや倫理コードの解除などが横行し、人々はおびえています」
21:33 (B07_Erzja) 【アルジャ】「この前も…その。い、いえ、なんでもありません(なぜか真っ赤に)」
21:33 (B07_Erzja) http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A1%DA%A5%A2%A5%EB%A5%AB%A5%C7%A5%A3%A5%A2%A1%DB%A5%A2%A5%EB%A5%B8%A5%E3%A1%E1%A5%A2%A5%F3%A5%C8%A5%CE%A5%F4%A5%A1
21:33 (B07_Erzja) キャラシがこれ!
21:33 (B07_Erzja)  
21:33 (bee_GM) なにがあったんだ・・・
21:33 (bee_GM) ではでは
21:33 (bee_GM)  
21:33 (bee_GM)  
21:34 (bee_GM) [][][] ヒロインクライシス・アルカディア『魔姫の城のメイド事情(仮)』
21:34 (bee_GM)  
21:34 (bee_GM)  
21:36 (bee_GM) 「<<<メイドさん募集!!>>>
21:36 (bee_GM)  当家の居城で働いてくれる住み込みのメイドを募集します。
21:36 (bee_GM)  三食昼寝付き、定時に帰れるお仕事です。作業は軽作業のみ。
21:36 (bee_GM)  自由時間には、フォーラムでも大人気のベルナデット様の私生活を覗き見できます。
21:36 (bee_GM)  応募はこちらまで >> @665bellN
21:36 (bee_GM)  『金眼の魔姫』ベルナデット」
21:36 (bee_GM) アルジャがその募集を見つけたのは、ベルナデットの居城近くにあるさびれた村の掲示板だった。
21:36 (bee_GM) 張り紙の様子は新しい。おそらくは昨日今日のものだろう。イタズラだろうか? そうも思ったが、掲示板に貼られた紙にタッチしたとき、POPする画像はあのベルナデットのものだ。
21:36 (bee_GM) 攻略wikiを見ている普通のPCなら、この村にこんなイベントが存在しないことを知っている。けれどアルジャにはこの世界のすべてが「自然」であり、……この募集が嘘だと疑う要素は何もなかった。
21:36 (bee_GM) ▽
21:40 (B07_Erzja) 【アル】「む、むむ……?これは魔王ベルナデットの?しかしNPCにはこういう権限はなかったと聞いたことg Σこれはまさか、あの時のベル様!?」張り紙の前でうろうろしていた戦士さんが一人で勝手にがびーんてなります
21:42 (bee_GM) そう思ってみれば確かに、連絡先のアドレスはPCのものだし、NPCに「私生活」というのも眉唾ものだ。
21:42 (bee_GM) 掲示板の前でぶつぶつ呟いているアルジャを、NPC村人がうさんくさそうにチラチラと眺めている。
21:42 (B07_Erzja) Σ超みられてる
21:43 (bee_GM) きっと村内で不審な行動を取ると村人からヘイトが溜まって通報されるシステム
21:44 (B07_Erzja) 【アル】「そ、そう、これは魔王の罠かどうか確かめてみるため、確かめてみるためなのだ…!」ちゅうがくせい男子みたいにこの前のベルさまのすてき可愛さを思い描きながら募集の紙に入力してゆくのです
21:45 (bee_GM) 募集の紙をアドレスに送信すると、待つほどもなく返信が帰ってくる。そこには『金眼の魔姫』の居城、その前庭にある東屋の座標が記されていた。ここに来い、ということだろう。
21:47 (B07_Erzja) 【アル】「(すんすん)返信からも高貴さが漂ってくるような気がします…!早く行って確かめねば!待っていろ魔王ベルナデット!あるいはお待ちくださいベル様…!」とっとこと向かう!
21:48 (bee_GM) 嗅ぐなw
21:49 (B07_Erzja) ゆうしゃを止めることなどできないぞ!
21:53 (bee_GM)  
21:53 (bee_GM)  
21:53 (bee_GM) ――エリア6、北西に位置する『金眼の魔姫』ベルナデットの居城。その庭には、死霊の気配に満ちた小さな東屋がある。近くにはゴースト系のモンスターが出没し、神官職には人気のある狩り場だ。しかし、いまそこには他のPCの姿はなかった。
21:53 (bee_GM) アルジャが庭を抜け、東屋に近づくと、知らない男性プレイヤーの声が聞こえてくる。
21:53 (bee_GM) 【佐々木】「良いぞ良いぞ! ほぉら、もう少し足を開いて、ドテを見せつけるのだ……うむ、うむ! 純白の競泳水着に身体のラインが美しく映っているではないか」
21:53 (bee_GM) どうやら東屋にはもう一人女性がいて、男は彼女に話しかけているようだ。
21:53 (bee_GM) ▽(ベル様、競泳水着イメージビデオの撮影中です。そんな感じのロールでお願いします・・)b)
21:53 (bee_GM) ▽(アルジャはそれをばばーん! と目撃してしまう家政婦な感じでお願いします!
21:57 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「うむ、相変わらずわけがわからんがとりあえずそれで気が済むなら付き合ってやろう。が、気が済んだらさっさと帰れ。じきに次の開城故」雪のように白い肌に艶やかな白の競泳水着を纏い、東屋に背を預けるようちょこんと座り、そして、指示指示通りに体育座りで膝を合わせたまま脚を開きぷっくりとした股間を晒すそれはまごうごと無き金眼の魔姫
21:58 (B07_Erzja) 【アル】「(はっ…!魔王の城にはこのようなメッセージを出すボスは居なかった筈…。運営のお知らせにもなんの情報もない)」そろそろと潜入するアルジャさん
22:00 (B07_Erzja) 潜入捜査の割には気合の入りまくったその装いはカンペキなメイド装備。ロングのスカートの下はこだわりの皮のブーツにメガネも新調。知り合いにお化粧まで軽くやってもらい、魔王との戦闘の準備はばっちりなのです…?【アル】「のぐ!?!?!?!?!?」ヘンな声が出る!
22:01 (bee_GM) 【佐々木】「では気が済むまで撮りまくるとしよう」佐々木の構えたビデオカメラ(製作級アイテム)はベルナデットの肌を舐め回すように撮影している。そのレンズごしに佐々木の視線を感じてしまう魔姫は、受けた凌辱の数々を否応なく思い出してしまい…………
22:03 (bee_GM) 【佐々木】「おや? 貴様は…… おお! アルバイト募集を見たメイドか!」突然東屋をのぞき込んだアルジャを、逆にじろじろと見回して、大きく頷く。「自前でメイド服を用意するとはなかなか気合いが入っているではないか。感心感心」ビデオを撮っていたのは、長身白衣のまるで針のように細長い男だ。彼はアルジャの手を引き、東屋の中に引きずり込んだ。
22:04 (B07_Erzja) 【アル】「(こ、これは一体……!?!?見たところ開場準備前なのだろうか。いやいやいやいや!?そんなことをする魔王など聞いたこともないぞ!?!?)」そもそもこんな開城準備があるか!なのです!アルジャさんは油断せずにカメラの視線に沿ってベル様の肌を舐めまわすように観察してしまいます。頬をやや上気させしぐま
22:04 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「ん?今何かオークゾンビのような声が…?」ん、と視線を声がしたほうに向けるものの、アルジャの姿をみとめる前にぷっくりとした股間へとまるでビームを発しているかのようなレンズの熱を感じ、無意識に腰をもぞつかせ、競泳水着の股布に深い筋が刻まれ「あまり、そういう場所ばかり撮るな。さすがに照れるぞ、余も」金色の瞳が潤んだように濡れ光り、真っ白な頬にほんのりと朱が差す。耐え切れず右手が股間へと伸び、ぷっく
22:04 (B07_Bernadette) りとした恥丘を隠し、その仕草はまるで自慰しているようにも見える
22:06 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「ん?汝は勇者アルジャか。侍女服など着よって、このような場所に何用じゃ?」脚を開いた体育座りのまま突然現れたアルジャを金色の瞳で見上げる
22:06 (B07_Erzja) 【アル】「ふぁ!?も、もうしわけありませんベルさま、い、いえ魔王ベルナデット!わ、私の目はごまかせないぞ!何をたくらんでいるのですか!?!?」スカートの前を押さえ、普段の魔王ベルに比べ、あまりに布地の少ないその水着にお顔は真っ赤なのです!なんか前にベルさまと下町で襲われた時の事をおもいだしてしまうぞー!?
22:08 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「何を企んでおるかだと?余が企むのはいつだって世界征服のことよ。ちなみにこの撮影は世界征服には関係ないが」小首を傾げると長い漆黒の髪が揺れ、白い肌と純白の水着の上で踊る
22:08 (B07_Erzja) 【アル】「Σべ、ベルさまでごじあましたか!もうしわけございません、大変な失礼を…!」しゃきん♪身体が覚えているので片膝の例をしてしまう…が、なんかもう台詞もめちゃくちゃなのだ!【アル】「(みみみみ水着みずぎみずぎ)」
22:09 (B07_Erzja) 【アル】「Σあれぇ魔王みたい、さ、さすがのなりきりでございます…?ひぁん」お顔を上げてしまったので小首かくんを直視してしまい。なんかのレジストに失敗してまた変な声が出るのだ!
22:10 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「うむ、気にするな。しかし、相変わらず落ち着きが無いな。勇者ならもう少しどしっと構えたほうがよかろう。まあ、へっぽこ勇者と鬼畜従者というのもまた萌えとも聞くが」アルジャのメイド服姿をまじまじと眺めひとつ頷く
22:10 (bee_GM) 【佐々木】「なんだ、貴様ら知り合いか?」その様子に首を傾げて、ビデオカメラをアルジャに向ける。「ベルナデット、貴様の城は荒れ果てているからな。画像を拝借して勝手にメイドを募集しておいたのだ。なかなか気合いが入っているようで結構ではないか。だが…………」佐々木は白衣の懐に手を差し込むと、ぞろり、とナイロンの白い布地を取り出した。「これがメイドの正装だ。名付けてメイド風競泳水着。まずはこれを着てもらおう」フリルがわずかに付いた
22:10 (bee_GM) 、普通のものよりもやや布地が多いそれを、アルジャの手をがっしと掴んで手渡した。
22:11 (B07_Erzja) Σなにいってるのかなこのヒト
22:12 (bee_GM) 充分に正気です(佐々木的には
22:14 (B07_Erzja) 【アル】「え、ええとベル様、こちらは…?」なんか仲よさそうだぞ?と思ったアルジャさんは素直に受け取ります【アル】「……。(’v’;」みずぎだった
22:14 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「別に荒れ果てておらぬぞ。これはこういう作りなのだ。毎日スケルトンがわざわざ枯れ葉を撒いておるし、月に一度は扉を壊れた扉へと改装しておるし。なかなかこの状態を維持するのも大変なのだぞ」心外な、と唇をへの字にし「それに余ん家の募集要項の第一条件は健康的で明るいアンデッドなのだが…」何やら勝手に話が進む様子を座ったまま見上げ、抗議の声を上げる
22:15 (bee_GM) 【佐々木】「ククク、ベルナデットよ、甘いな! このイメージビデオは全エリアに頒布され、貴様の人気上昇に一役買うことになる!! 健全男子に向けたR-17.9、合法スレスレのオナネタとしてな!! そうして既成事実を作れば貴様の衣装は競泳水着に固定され、そのうちに競泳水着verのフィギュアが出て、ついには公式も認めて……」
22:15 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「名は佐々木という。どこに出しても恥ずかしい変態だ。何故ここにいるかは余も知らぬ」
22:16 (B07_Erzja) 【アル】「し、失礼だがメイドは競泳はしないのでは…?」なんとか佐々木さんにお伺いを立てる!【アル】「Σ魔王の城そうやってイジしてたのですか!?」
22:16 (B07_Erzja) 【アル】「ΣΣΣヘンタイなのですか!?」ええっ!?叩き出したほうがいいのでは!?ってなる
22:17 (bee_GM) 【佐々木】白衣の男はアルジャにぐりん、と振り向いた。「話は後だ。さあ着替えろ! いますぐに!! さあ!!」声に力を込めてアルジャを目とカメラレンズで期待に満ち満ちた顔でじっと見つめる白衣の男。
22:17 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「これ以上人気出たら余困る。ただでさえ最近適正レベルを超えた冒険者が狩りに来るというのに…。このままでは初心者のクエストが進まぬぞ」付き合ってられんと立ち上がると揺れない胸。すらりと長い脚が強調され、固まった身体を解すようひとつ伸びをすると薄い胸がより一層強調される
22:19 (B07_Erzja) 【アル】「よくわかりましたベル様、この男ベル様の素肌に触れたのでは?と思ったらすごく成敗するべきだと納得いたしました。あとPADは止められたのですね。そこはこの男に感謝してしまいそうです」ベル様をかばい佐々木さんに剣を向ける!後ろ見えてない筈なのに胸強調姿勢はチェックばっちり!
22:19 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「そして、佐々木よ。もう少し余にも分かる言葉を喋れ。汝が言っていることは2割程度しか理解出来ぬ。オナネタとは一体何だ?」左手で右の肘を持ち、右手を頬へと当て魔姫のポーズを取る。もっともいつものドレスではなく競泳水着なのでちょっと迫力が足りない
22:20 (bee_GM) 【佐々木】「メタな発言をしよって。私はいいが、この新米メイドには聞かせてはならんのじゃないか」ベルの発言に少し冷静な突っ込みを入れる。
22:21 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「PADと言うな。あれはドレスの付属品だから、水着では付けられぬだけだ。ちなみに色々触れられたのは否定せぬぞ、余は」ふ、と不敵に笑い、細めた瞳でアルジャを眺め
22:22 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「問題ない。勇者アルジャはそんなことを気にできるほど繊細には出来ておらぬ故な」佐々木へと自信満々に言い切る
22:22 (bee_GM) 【佐々木】「素肌に触れたどころか命の棒から放出される神聖な液体をゴクゴク飲ませた上に腹の中に注ぎ込んだりもしたな。ベルナデットのアナルは名器だぞ」
22:22 (B07_Erzja) 【アル】「あ、ころそう」勇者は悪をけっしてのがさないのだ!そして勇者の本能はやつの弱点を競泳水着だと見抜いた!そっと勇者の盾にひっかける!
22:23 (bee_GM) 【佐々木】「ちなみにオナネタというのはオナニー、つまり自慰をするときにオカズにする卑猥な画像のことだ。貴様はウェブ上の画像投稿サイトでも人気があるし、この間『ベルナデット R-18』で調べたら190,882も引っかかったぞ」
22:23 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「バグ使用はBAN対象だぞ。さっさとBANされてしまえ、変態」ほんのりと頬を染め、じとりと半眼を佐々木へと向け
22:24 (B07_Erzja) 【アル】「Σなに言ってるのこのヘンタイー!?!?魔王の城に居るという事はお前が魔王だな魔王佐々木!なぁ魔王なんだろう?」勇者は妖怪首おいてけに転職した!なぁ首おいてけよ!
22:25 (bee_GM) 【佐々木】「魔王……ククク、魔王か! それもまた一興……つまり、魔王ならば貴様に強制的に水着を着せても構わんということだろう?」ニヤァ、とあくどい笑みを浮かべてアルジャを睥睨するのだ。何と身長差40cm!
22:26 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「まあ、二次創作は禁止されておらぬからな…。しかし、さすがに卑猥なものばかりというのは凹むな…。大体、自ら慰めて何が楽しいのか…余には理解出来ぬ」しょんぼりと背中を向け、東屋にのの字を描く
22:27 (bee_GM) 【佐々木】「ならばやってみれば良いではないか。ベルナデット、自慰というのはなかなかこれで、一人で心ゆくまで快楽を追求する良さがあるものよ。こういう名言がある。『オナニーというものは、誰にも邪魔されず 自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで……』とな」
22:28 (B07_Erzja) 【アル】「Σあっ私理解されてない」……。
22:29 (bee_GM) 【佐々木】「どうだ? アルジャとやら、貴様もベルナデットのオナニーが見たかろう?」悪人面で同意を求める!
22:29 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「余、自由あんまりない魔王だからあんまりわかんない。だいたい、自慰などする暇などあるはずもないしな」くるりと振り返ると魔姫のポーズで不敵に笑う
22:29 (B07_Erzja) 【アル】「(きりっ!)え、えーと、もはや言葉は不要!死ね魔王佐々木!!喋ったbite数分だけしね!!」魔王のおそるべき誘惑…!だが勇者は屈せぬ!雄々しく口上を述べてだばだばとおそいかかる!
22:31 (bee_GM) もういいんじゃないかな! 戦闘開始!!(だっぱーん!
22:31 *bee_GM topic : [マスター・佐々木IV12][アルジャIV07/ベルナデットIV07]
22:32 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「ふ、佐々木よ。余はそのような戯言に対する魔法の言葉を知っておる」はるか高い佐々木の顔を見下ろすよう仰け反り「“薄い本でやれ”」どーん!とドヤエフェクトが鳴り響く
22:32 (bee_GM) では流れるように戦闘開始! 開幕の宣言ある方はどうぞ!
22:33 (B07_Bernadette) ない!
22:33 (B07_Erzja) 【アル】「おお……私もよく聞く台詞です!ベル様はやはり博識であらせられる」ノー慣性ブレーキからの片膝
22:33 (B07_Erzja) まだない!
22:35 (bee_GM) ではこちら!
22:35 (bee_GM) 【佐々木】「ククク……仕方あるまい!! いくぞ勇者アルジャ!!」両手に剣のように縫い針を構えて……「裁縫師98の闇奥義、その77! 《グリーディー・バインド!!》」
22:35 (bee_GM) 針の先端が瞬時にアルジャのメイド服を改造し……一瞬のうちにメイド風ヒラヒラ付き競泳水着に縫い変えてしまう!
22:36 (bee_GM) というわけで、もはや定番の「呪いの魔方陣」を起動! 全員をBS[水着]にするよ!
22:37 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「相変わらずすごいスキルだが……」ぱちんと指を鳴らすと骨が集まってきて神輿を作り、その上に優雅に脚を組んで座り「果たして泳ぎにくいひらひら付きが競泳水着と呼べるのか?ん?競泳ミズラー佐々木よ」ふ、と蔑むように見下ろす
22:37 (B07_Erzja) 【アル】「ば、バカな!?鉄壁の魔法防御を誇る勇者の鎧が!魔法の発動エフェクトも無しに貴様一体…!!これが貴様の《グリーディー・バインド》だというのか!?」
22:38 (B07_Erzja) 【アル】「おお……確かにそうです!ベル様はやはり博識であらせられる」おどろきモーションキャンセルからの片膝
22:39 (bee_GM) 【佐々木】「痛いところを突きよって……!! 確かに理想ではない!! だが、メイドとして募集を掛けたのは私だ。その社会的責任が……」ぐぬぬ!「こんなことなら、最初から「ベルナデット水泳部募集」とでも書けばよかったか!」
22:40 (B07_Erzja) しかしロングスカートから水着のフリルに変わってしまったスカートではとてもゆうしゃの健康的なももにくを隠すことなどできず、水着の股間が引き伸ばされてななめ後方からのアングルは大変によい眺めとなってしまう!
22:40 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「水たまりくらいしかないぞ、余ん家」普段ドレスで隠れているすらりとした真っ白な脚がとても艶かしい
22:41 (bee_GM) 【佐々木】「まあよい! 最初はメイド風、そしてチャイナ風、そしてスク水……最後に競泳水着を薦めれば良いのだ。物事には段階というものが必要なのだよ! しかし良い眺めだ……」うっとりと二人の女性の股間、太股、美脚を目の当たりにして相好を緩める変態白衣。
22:42 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「だから、あまり見るな。照れる」佐々木の視線から隠すよう股間に右手を這わせる
22:42 (B07_Erzja) 【アル】「あっいまだ」ノーモーション突き!目に!
22:42 (bee_GM) 【佐々木】「ぐっはぁ!?」
22:42 (bee_GM) よしアルさん先に攻撃していいよ
22:43 (B07_Erzja) いっくよー!
22:43 (B07_Erzja) 4d6+10 マジックインパクト+ファイアエンチャント+ランページ
22:43 (kunashi) B07_Erzja -> 4D6+10 = [5,2,6,1]+10 = 24
22:44 (bee_GM) 痛い!
22:44 (bee_GM) ではベル様もお先どうぞ
22:44 (B07_Bernadette) 魔力のこもった目つき!
22:44 (B07_Erzja) Σ執拗に目
22:45 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「もういいから汝いい加減帰れ。余は忙しい」佐々木にスケルトンが骨法目つき!
22:45 (B07_Erzja) Σコッポー
22:45 (B07_Bernadette) アニヒレイトジェノサイド!
22:46 (B07_Bernadette) 2d6+6+16+8
22:46 (kunashi) B07_Bernadette -> 2D6+6+16+8 = [3,5]+6+16+8 = 38
22:46 (bee_GM) 【佐々木】「わ、私は競泳水着を着た女性という芸術を鑑賞していただけだ……!! なのに何だこの仕打ちは!! はッ、人間はあまりに素晴らしい芸術を見ると目が潰れるというが、それがこのこと――」
22:46 (bee_GM) いてえ!
22:47 (B07_Erzja) 【アル】「Σな、なんだと!?では私も今振り返ったら魔王、貴様のように目をやられるというのか!?」さすがでございますベル様…。(めをつぶってモノローグで)
22:49 (bee_GM) 【佐々木】「だが魔王佐々木! 競泳水着を目の前にして退くことなどありえぬ! 貴様等には力尽くでもイメージビデオの糧となってもらうぞ……!!」
22:49 (bee_GM) 攻撃!
22:49 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「うむ、潰すから振り返るな。いい加減余も恥ずい」薄い胸元を両手で隠し、膝を立てて身体を隠す
22:49 (B07_Erzja) 【アル】「あっ今すごく振り返りたい気配がしてる」すんすん
22:49 (bee_GM) 5d6+8 《マジックインパクト》+《ツイスター》+《アーミー》
22:49 (kunashi) bee_GM -> 5D6+8 = [3,5,6,4,6]+8 = 32
22:49 (bee_GM) 貫通! 32点!
22:50 (B07_Erzja) Σ当然のようにゾロった
22:50 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「その心意気やよし。しかし、もっと違うことに燃やすべきだと余は思うぞ」
22:50 (bee_GM) 範囲攻撃です!
22:50 (B07_Bernadette) 範囲か・・!
22:50 (B07_Bernadette) ブラッディミストで8点減らして24点抜け!
22:50 (B07_Erzja) まず香木でMP回復!
22:51 (B07_Erzja) アヴォイって6引いて26点!
22:51 (B07_Erzja) Σでけぇ
22:51 (bee_GM) では二人ともアクトの宣言どうぞ!
22:52 (B07_Bernadette) 過敏な突起かな!
22:52 (bee_GM) 佐々木は両手の針でえろいツボを突きまくるよ!
22:52 (B07_Bernadette) あ、じゃあ、潮噴きもいっておく
22:52 (B07_Erzja) いっぱい言わないとしんじゃう!
22:53 (bee_GM) いっぱい言っていいのよ!
22:53 (B07_Erzja) <喉を灼く淫熱> <教え込まれた恥辱> <強制絶頂>!
22:53 (B07_Erzja) うーんうーん<後ろの処女> も言っておこうかな…でもベルさまの痴態を見てから宣言したくもあるな…
22:53 (bee_GM) ほう・・・つまりケフィアを飲ませるか
22:53 (bee_GM) イメージビデオだしな!
22:54 (B07_Erzja) イメージビデオしゅごい
22:54 (bee_GM) アクトの後乗せもOKということにします!
22:54 (B07_Erzja) 今言っておいて後でやるのがおkというアレかい?
22:55 (bee_GM) いえ、話の展開でアクト調整してもOKよ、とのこと
22:55 (B07_Erzja) わかた!じゃぁとっとく!
22:56 (bee_GM) 【佐々木】「食らえ! 裁縫師奥義『いいかんじのツボ乱舞』!!」ずばばば! 目にも留まらぬ裁縫師LV99の針の連撃が二人に襲いかかる! 筋弛緩のツボ、感度増強のツボ、そして……絶頂のツボを突きまくる!
22:56 (B07_Erzja) 2d6+7 きょうせいぜっちょう抵抗!
22:56 (kunashi) B07_Erzja -> 2D6+7 = [1,6]+7 = 14
22:57 (bee_GM) 【佐々木】「競泳水着は汁に濡れることでより輝きを増す! 汗と恥ずかしい液体をまき散らすがいい!」カメラを構えて興奮に荒い息をつく白衣の変態。
22:57 (bee_GM) しっぱい!
22:57 (B07_Erzja) あひー!?
22:57 (bee_GM) これは楽しくなってきたぞ!
23:01 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「な、なんという速い突き。余じゃなきゃ見逃しちゃあぁぁぁんっ!!」余裕の表情を浮かべる魔王の口から可愛らしい喘ぎ声が上がる。火照るツボから敏感になるツボ、快楽を得るツボ、そして、肛門が緩むツボから何から何まで突かれ、スケルトンの上で悶え善がり、競泳水着の上からでもつんと尖った様子がわかるほど乳首を凝らせ、大きく背筋を反り返らせぷっくりとした股間を強調するポーズを強制され「んはぁぁっ!!」びくっ
23:01 (B07_Bernadette) びくっ!と全身を痙攣させ、競泳水着の中にばしゃばしゃと潮をまき散らし、真っ白な内股がまるでプールに入った後のようにぐっしょりと濡れてしまう
23:04 (B07_Erzja) 23:02 (B07_Erzja) 【アル】「な!?こ、この速度は…!?ひぅっ!?ま、まさか貴様もハッカー!?」はじめに分かろう!「はっ!!しまった!、耳を塞がねば…!!」だが遅い!『競泳水着は汁に濡れることでより輝きを増す!』『競泳水着は汁に濡れることでより輝きを増す……!』魔王の淫らな誘惑がゆうしゃをほんろうしてゆく
23:04 (B07_Erzja) 23:02 (B07_Erzja) 【アル】「あ、く、ひくぅっ…。」ぎゅーっと両手でご自分の肩をだきしめるゆうしゃ様。みるみる上気してゆくお顔はあっという間に汗でびっしょりになってゆく!【アル】「ひぅうううっ!?べ、ベル様、そんな声だしちゃ、ダメで…!」かくりと膝がおち、ベル様をかばって前に出たアルジャさんは佐々木さんの前に屈したようなくつじょくの姿勢に!
23:04 (B07_Erzja) 23:03 (B07_Erzja) アルジャさんは今、振り返ってじっくり鑑賞したいという誘惑とひっしにたたかっている!

23:06 (beemoon) 【佐々木】「素晴らしい! しかしイメージビデオといえばこれが付き物だな!」白衣の懐から取り出したのは、新鮮なケフィアだ! マヨネーズの容器に入ったそれを、アルジャの口にぎゅっと押し込むと、にゅるにゅると白濁したねばっこい液体を口の中に注いでゆく。
23:07 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「はぁ、あ、い、一瞬で……」股間を突き出した姿勢でガクガクと全身を震わせ、絶頂の余韻によだれを零す。勇者の頭の上ではぱっくりと両膝を開き、濡れて貼り付き割れ目の形がくっきりと浮かんだ競泳水着を見せ付ける
23:09 (beemoon) 【佐々木】肩に提げたビデオカメラはじっくりと二人の痴態を的確に撮影している。「どうだ? 秘伝の『絶対イクツボ』の味は」ベルナデットに悪どく微笑みかけて。「なんならあと百発も突いてやってもいいのだぞ」
23:10 (B07_Erzja) 【アル】「わ、私に手を出してどうする…!き、貴様美しいものがどうこう言っていたろう!」そこだけは感じるものがあったと思ったが、勘違いだったか…!しかし身体はそんな怒りさえ快楽で塗りつぶしてしまうほど発情していて…【アル】「んっ!?んんんっv!vんむぅーーーーーー!?!?」カメラに向かって突き出された競泳水着のおしりが何度もびくんびくんと爆ぜ、あふれ出た潮が股間の布地を濃い紺色にかえていってしまう!
23:10 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「そ、そのような脅しに屈する余だと思うか?」自らの薄い胸越しに視線を佐々木へと向け、虚勢を張る
23:10 (B07_Erzja) あ!しまった背後からも撮ってるつもりになっていた!
23:11 (beemoon) では背後にもカメラがあることにしよう。隠しカメラね!
23:11 (B07_Erzja) ありがとう!
23:12 (bee_GM) 【佐々木】「脅し? 自慰を知らぬという貴様に魅力的な提案をしたつもりだったのだがな……ククク」残ったケフィアをアルの全身に振りかけてから、針先をベルナデットに向けた。その鋭い先端が、絶頂の余韻で動けない魔姫の乳首を、つん、と軽く突く。それだけで、壮絶な快感の波が全身に襲いかかってくる。
23:13 (bee_GM) アルジャは四つん這いになって白濁まみれになってイキ狂っている絵をカメラに提供してしまう。勇者万歳!
23:13 (B07_Erzja) Σあひぃー!?
23:14 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「きゃぅんっ!!」まるで子犬のような鳴き声。乳首を突かれただけで腰が跳ね上がり、目を凝らすと水着の股間に淫核がぷくっと浮かんでいるのが見える
23:17 (B07_Erzja) 【アル】「あひん、ひぁ。ま、待て、魔王ハッカー佐々木…!!貴様にそれ以上ベル様の可愛いきゃぅんっ!っていう台詞ボイスは渡さない…!」なんとか剣を手に握るところまではゆくが、お尻を上げてぺちゃりとつぶれた姿勢から復帰できない!
23:18 (bee_GM) 【佐々木】「こちらにもサービスしてやろう」針は水着の上をつい……と流れ、おへそを軽く突いてから、股間の割れ目に針を添わせて、鋭い先端で淫核を突いた。針は1センチほどもめり込むが、痛みはない。代わりに、鈍痛のような熱を持った快感が、クリトリスからじんわりと這い上がってくる。
23:19 (B07_Erzja) 【アル】「やめ、ろぉぉ…!一人だけベルさまに手をだすなぁ…!ひぁん、んにぅ、くにゅぅううう……!」立ち上がろうと足掻く競泳水着片手剣+シールドメイド!
23:20 (B07_Erzja) あろうことか背後のカメラが意識されてしまってますます身体の中からの熱がアルジャさんをトロ火で焼いてゆく!ぷるぷるとふるえるお尻の肉と、息をするたびに頭をくらくらとさせるけふぃあの香り!立ち上がれない!
23:20 (bee_GM) 【佐々木】「ククク、ベルナデットの嬌声ボイスならもう百四十通り以上サンプリングできているぞ? 嬌声ボイスだけで懐かしのナンバーが歌えるほどだ!」
23:23 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「ま、待て、そこは……んぁ…い、痛くな…い?」視覚的には激痛を感じるほどに突起の中へとめり込んだ針。しかし、そこからはわずかな痛みも感じず、戸惑いの声が漏れ「ん…ふぅ、なん…だ…これは……」まるで針から何かが漏れているかのようにじわじわと身体の芯に広がっていく熱。戸惑いの声も次第に我知らず高く上がっていき、針を眺める瞳が泣きそうなほどに潤む。そして…「はぁ、はぁ、はぁ、か、身体が…変に…余、余
23:23 (B07_Bernadette) の身体……」淫核を中心に拡がった淫熱に針を見つめていることすら出来なくなり、仰け反り情けない声を漏らしながらまるで悪寒を感じているかのように全身を小刻みに震わせ、そして、淫核に突き刺さった針がまるで犬のしっぽのようにぶんぶんと揺れる
23:26 (bee_GM) 【佐々木】白衣の男は一歩前に出た。四つん這いになっているアルジャの尻に手を這わせ、いやらしく水着に包まれた桃尻を愛撫しながら、ベルナデットを見上げる。「ベルナデット、そろそろオナニーを覚えてみる気になったのではないか? ん?」
23:26 (bee_GM) ではぐるっと回して開幕いきます! ありますか!
23:27 (B07_Erzja) ない!
23:27 (B07_Bernadette) 開幕なし!
23:27 (bee_GM) OK! では今度はこちらからいくよ……!
23:27 (B07_Erzja) ひぁ…!
23:27 (bee_GM) 5d6+6 《マジックインパクト》+《ツイスター》+《アーミー》
23:28 (kunashi) bee_GM -> 5D6+6 = [2,6,6,6,5]+6 = 31
23:28 (bee_GM) 貫通! 31点!!
23:28 (B07_Erzja) Σなんぞ
23:28 (bee_GM) なんだこの本気ぶり
23:28 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「こ、断るぅぅうぅっ!!」断言しようとするものの、口を開くとすぐさま嬌声が漏れてしまう。針が刺さった淫核は痛みを感じるほどに充血し、水着の裏地に擦れるだけで腰が抜けるほどの快楽を生み出す
23:28 (B07_Bernadette) |・・) 本気過ぎる
23:28 (B07_Bernadette) 8点減らして23点
23:28 (bee_GM) ・・) 競泳水着が二人もいるから……
23:29 (B07_Erzja) 4d6+6 4CP全部入れてアヴォイ止める!
23:29 (kunashi) B07_Erzja -> 4D6+6 = [5,4,1,6]+6 = 22
23:29 (B07_Bernadette) で、アクトは
23:29 (B07_Erzja) 8点漏れた
23:29 (bee_GM) 生きてる?
23:30 (B07_Erzja) あと5点!
23:30 (B07_Erzja) ゆうしゃはまけない!
23:30 (bee_GM) ちぃ!
23:30 (bee_GM) ではアクトの宣言どうぞ!
23:30 (B07_Bernadette) 尻穴奴隷、飲精奴隷、教えこまれた恥辱、理性の牢獄に自ずからの動きも行っておくか・・・!正直余裕ない・・!
23:30 (B07_Bernadette) 次貫通されたら死ぬ!
23:32 (B07_Erzja) <熱い蜜壺> <後ろの処女> <童貞喪失>!
23:32 (bee_GM) Σ棒がたりない
23:33 (B07_Erzja) みつつぼは指でもいいかも?
23:33 (B07_Bernadette) もしくは
23:33 (B07_Bernadette) |・・) 時間飛ばし飛ばし?
23:33 (B07_Erzja) ほほう
23:33 (bee_GM) ・・) ほほう
23:34 (bee_GM) ではとりあえずINまでは普通にやろう!
23:34 (B07_Erzja) 交互に気をやっちゃう魔王と従者てきな…?
23:34 (B07_Erzja) はい!
23:34 (B07_Bernadette) |・・) 勇者の上で腰振る魔王
23:34 (B07_Bernadette) |・・) 勇者ちんこ使っての自慰?
23:35 (bee_GM) ほほう!
23:35 (B07_Erzja) 自慰の意味とは…
23:37 (bee_GM) 【佐々木】ベルナデットを床に抱き下ろした佐々木は、そこに設えられたソファーにベルナデットを横たえた。そして、水着の上からヒクつく下腹部を丹念に愛撫する。「尻肉の上からでも分かるぞ。貴様、ココが物欲しそうに開閉しているだろう?」
23:38 (bee_GM) 【佐々木】「ククク……おい、そこのへっぽこ勇者」ガクガクと震える尻肉を蹴り、アルジャを床に仰向けに寝かせる。その下腹部には、不自然な盛り上がりがあって……「ふたなりパッチとは、気の利いた課金装備を持っているではないか。見ろベルナデット、あんな所に、おあつらえ向きの『道具』があるぞ? ククク」
23:39 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「そ、そんなことは…ない」丸いお尻の狭間で後ろの窄まりがひくつき自らの粘膜の触れ合いだけで甘美な快楽を感じてしまっている魔王は、しかし、そんなことをおくびにも出さず興奮に震える声で答える
23:41 (B07_Erzja) 【アル】「ふた…?はぁはぁ、な、何のこΣひああっ!?な!?見る、なぁあ…!!おのれ魔王ぅ…!」裏返されるゆうしゃさま。そうしてしまえばベル様の痴態が目に入ってしまいます。ますます固く勃起していくふたチンポに、真っ赤になるゆうしゃ様
23:42 (B07_Erzja) ってなんとか肩を起こしてぷるぷる震えるももを引き締め、きょうりょくな突きを魔王にはなとうと剣を引きしぼりますが…
23:43 (bee_GM) 【佐々木】「どうやらあの勇者は貴様に憧れているようだしな。面白い映像が撮れそうだ」悪人顔でベルナデットをさんざん発情させてから、まるで魔姫を盾にするようにソファーを離れ、剣の間合いの外でカメラを構える佐々木。
23:45 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「……」そそり立つアルジャの肉棒が視界に入ると散々弄られまくられながらも一番の弱点に触れられていない身体は勝手にゾクリと震え「…勇者アルジャなら…い、一度くらい許しても…よい」もう身体の疼きもとうに限界を超えている。このまま嬲られるより、いっそ何かと慕ってくれるアルジャに抱かれたほうが…そんな言い訳が魔王の頭の中によぎり、気付けば水着をずらし後ろの穴をさらけ出していた
23:48 (B07_Erzja) 【アル】「ふぁ!?」びくびくびくーん!一瞬でゆだりあがるアルジャさんのお顔!「ひぅっ!?ひぁっ!?い、いけま嬉しいけません、ま、魔王の口車などにうぁあ…!ベルさま、お、お綺麗です…!」アルジャさんの薄い胸がぞくぞくーんと震え、ごくり…!と唾を呑む音がベル様にも聞こえてしまうでしょう。水着を引っ張りすぎたペニスのせいで、股間のわきからベル城の冷たい空気がアルじゃさんのおマンコとペニスを撫で…ここが魔王の城であることを思
23:48 (B07_Erzja) い起こさせさらにゆうしゃ様を興奮のるつぼにたたきこんでゆく
23:52 (bee_GM) 【佐々木】「良い、良いぞ……! ペクシブでは定番だが、まさかアルカディアで見られるとは!! 競泳水着の女子と女子のセックス!! 素晴らしい!! これは永久保存ものだな!!」荒い息、声だけでも興奮しているのが分かるが、ただ芸術を台無しにしたくない一心で黒子に徹する。ただ視線だけが、勇者と魔姫の肌をレーザーのように焼いていく。
23:53 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「このまま佐々木に犯される前に汝が孔を塞ぐがよい」挿れてほしい挿れてほしい挿れてほしい挿れてほしい挿れてほしい挿れてほしいほしいほしいほしいーー頭の中でグルグルと廻る淫らではしたなく厭らしい願望に苛まれながらもあくまで魔王としての矜持を保とうと、必死に言葉を選び口調を飾り誘う。しかし、肝心の後ろの穴はまるで呼吸するようにぱくぱくと開閉し勇者を誘う
23:56 (B07_Erzja) 【アル】「あ・あ・あぁ……。みるな、みるなぁ…!」ベルさまの欲望がじぶんをつつみこんでいくような錯覚。【アル】「ら、らめれすぅ…。ま、魔王が、撮ってぇ……!」挿れたい挿れたい挿れたい挿れたい挿れたいすきすきすきすき…!鏡合わせのように欲望が後から後から噴き出してきます。  からぁん♪  とゆうしゃの手から剣が取り落とされ。ご自分を見下ろす競泳水着のザラテカした素材に身を包んだ魔王。自分もまた同じ素材に包まれていると意
23:56 (B07_Erzja) 識した時。勇者様の手は自分から水着の前をずらし、ペニスを露出させてしまいます
00:00 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「好きにさせておけ。どうせその様では耐えられぬのであろう?気にすることはない。余は結構経験豊富だ」まるで焦らすようになかなか挿れてくれない勇者へと平然とした表情を向けながらも内心は狂おしいまでの肉欲に煮えたぎっており、両手を自らのおしりへと回すと4本の指で後ろの穴をにちゃぁと拡げて見せる。撮られている…それがわかっていても止めることが出来なかった
00:00 (bee_GM) さわさわ……死霊の庭の冷たい風が二人の肌を刺す。けれど佐々木の手製の競泳水着には暖房技術が組み込まれ、寒さは覚えない。いつのまにか、何匹かの死霊が東屋の周囲にPOPし、ベルナデットとアルジャの痴態を死んだ目で見つめていた。
00:09 (B07_Erzja) 【アル】「はあっ!はあっ!はあっ!はあっ!」煮えるようなよくぼうがアルジャさんの股間をどんどん熱くしてゆきます。視線はベルさまのヒクつくお尻から離すこともできず…。【アル】「ベルさまっ!ベルさまベルさまベルさまあああーーーっ!!!」ぎゅむぅー!下から抱きつくようにその平たいお胸に顔をうずめると、白いゆびさきが拡げる肉穴に必死にふたペニスを突き込みます。前戯も何もない…しかし互いの蜜ですでにねろねろの性器同士が一気にま
00:09 (B07_Erzja) じわり…【アル】「んっきゅぅううううーーーーー!?!?!?」経験の無い童貞ふたチンポがあっという間に絶頂へところがりおちる
00:14 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「んはっ!」排泄など必要としないNPCの排泄孔は、今や肉棒を咥え込む以外の用途がなく、欲望のままに勢いよく捩じ込まれた勇者の肉棒を引っかかりもなくあっけなく受け入れる。しかし、一度受け入れてしまえば肛門が根本をきゅっと搾り、とろとろの腸壁が肉棒へと絡み付き、まるで吸い付くよう粘膜同士が密着し「あんっ!」とろとろの直腸の奥へとやけどしそうなほど熱い童貞汁を注ぎ込まれると勇者を薄い胸に抱きしめゾ
00:14 (B07_Bernadette) クゾクと全身を震わせ「はぁぁ、まだ出来るか?」物足りない…隠し切れない肉の欲が金色の瞳にそんな色を乗せてしまう
00:18 (B07_Erzja) 【アル】「ふぁっv ひぁああっ!?わ、わかりまひぇん…!わ、わかんにゃいっ!こんなのぉ…!!ベルひゃまぁああっ!!!!」がくがくがくと全身が痙攣し、突き込みともつかない自分自身の腰使いがさらにゆうしゃ様をおいつめます。【アル】「ふぁあああああっ!!!」どぐどぐー!さらに射精。そのまましがみつくようだった腕がずるずるとズリ落ち、ぺにゃりと背が石畳についてしまいます。腰だけがかくかくとベルさまを求め続け…。
00:18 (beemoon) 【佐々木】「あの表情、そしてぬめった水着に押さえつけられた女体の躍動! まさに神秘、芸術だ……」ついにズボンの前を開き、怒張をむき出しにしながら呟く。興奮と感動は一体なのだ。その横にはベルナデットの部下であるはずの死霊たちも、一緒に息を荒げて主人の痴態に見入っている。
00:20 (B07_Erzja) 【アル】「ベルひゃまが、ベルひゃまのお尻がわらひのおチンチン。すいついてりゅぅうう…v」とろっとろのトロ顔で競泳水着の女主人を見上げてしまう競泳水着メイドと化すことしかできない!
00:23 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「はぁぁ…」大量に注ぎ込まれる熱に漏れる熱い吐息「なら、仕方がない。汝が満足するまで相手してやろう」周囲の視線、見せるべきではない姿とわかっていても身体の中で精液に触れてしまっては抑えも効かず、無心で腰を振る勇者の上へと肉棒を咥えたままのしかかり、まるで馬にまたがっているような体勢でゆっくりと腰を8の字に回し直腸粘膜全体に肉棒を馴染ませ「はぁ、ん、結構…良いものを持っておるな…」はぁ、はぁ、と
00:23 (B07_Bernadette) 荒い吐息を紡ぎながら腰を上下に振り始め、肉棒を咥えた肛門が伸びるほど吸い付く排泄孔で童貞を扱き絞る
00:27 (B07_Erzja) 【アル】「ふぁんっ!んきゅぅううっ!!!わらひのおチンチンが、ベルひゃまのその排泄などという下等な義務から解放された天使の器官が!やわらかでかつキツキツのえっちな締め付けからは想像もできない清楚なお口がわらひのおチンチンおぉおっ!?!?」あとからあとから射精が雌肉棒を貫通してベルさまの腸に注ぎ込まれてゆきます
00:29 (B07_Erzja) 【アル】「ああああああっ!!もう全部出てっひゃうぅうっ!!わらひの中身ぜんぶベルひゃまにたべられてりゅぅうううーーーっ!!」必死にベルさまの競泳水着のお腰にすがりついているのは、止めてほしいのか続けてほしいのか、アルジャさんにももうわからず
00:32 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「ん、はぁ、何を言っているか…わからんぞ。はぁ、まるで壊れたポンプだな。後から後から湧いて…余、余のおなか…いっぱいになってしまう…」腰を振る度ににっちゃぐっぷぐぽっと恥ずかしくはしたない音が響き渡り、白濁塗れの排泄孔から沸き上がる快楽に魔姫は艶っぽい笑みを浮かべ「全部出してしまうがよい。特に赦す」そして、文字通り勇者の子種をすべて搾り取ろうと数えきれないほどの男たちに仕込まれた淫技を手加減な
00:32 (B07_Bernadette) く勇者へと見舞いーー
00:33 (beemoon) では戦闘続行! アクトは使ったことにしていいよ!
00:33 (beemoon) ではアルから攻撃どうぞ!
00:33 (B07_Erzja) ごめんね!
00:35 (B07_Erzja) 4d6+18+6d6 ヤー!マジックインパクト+フレイムエッジ+ランページ(エンチャ)+CPぜんぶのせ!
00:35 (kunashi) B07_Erzja -> 4D6+18+6D6 = [6,2,1,4]+18+[2,3,2,1,1,1] = 41
00:35 (B07_Erzja) Σいちおおいー!?
00:35 (beemoon) ああ……しぼりとられて……
00:35 (beemoon) 食らったが、まだ生きてる!
00:35 (beemoon) ベル様どうぞー!
00:36 (B07_Bernadette) 悩ましいが
00:36 (B07_Bernadette) 次ターンが全力!
00:36 (B07_Bernadette) ので、ここはアニヒジェノサイド!
00:36 (beemoon) ほほう……来い!
00:36 (B07_Bernadette) 2d6+6+16+8
00:36 (kunashi) B07_Bernadette -> 2D6+6+16+8 = [4,1]+6+16+8 = 35
00:36 (beemoon) まだ生きてるぜ!
00:37 (beemoon) ではぐるっと回って……開幕!
00:37 (B07_Bernadette) そして、次ターン!勇者のエキスを吸って覚醒!ロイヤルロウ!
00:37 (beemoon) Σやばい
00:37 (B07_Erzja) Σハヤイすぎる!?
00:37 (beemoon) ベル様実はサキュバスじゃないですかね!?
00:37 (B07_Bernadette) これでIV上回ったはず!
00:38 (beemoon) IV13になるのでベル様が先制!
00:38 (beemoon) どうぞ!
00:38 (B07_Bernadette) そして、アニヒジェノサイドミラクルパワーにCP載せ!いわゆるひとつのジェノサイドカッタァ!
00:38 (beemoon) ひぃ佐々木もしぼりとられる!
00:39 (B07_Erzja) すごいことになる…!
00:39 (B07_Bernadette) (2d6+6+20+8)*2+5d6
00:39 (kunashi) B07_Bernadette -> (2D6+6+20+8)*2+5D6 = ([1,5]+6+20+8)*2+[6,6,4,6,4] = 106
00:39 (B07_Bernadette) 本気だ!
00:39 (B07_Erzja) Σひゃく
00:39 (beemoon) Σ6おおい
00:39 (beemoon) 《空断ち》!! 
00:39 (beemoon) ……しても死んだ-!!
00:39 (beemoon) (だっぱーん
00:39 (B07_Erzja) わーい!
00:40 (beemoon) わっちち、軽くカサカサロールする時間あります?
00:40 (B07_Erzja) 1じくらいまでへいき!
00:40 (beemoon) ではちょっとだけエンディングを!
00:43 (beemoon) ――そして、数時間後。
00:43 (beemoon) 東屋は性臭で満たされていた。
00:43 (beemoon) ソファーに手を突いて犯されているのはベルナデット。それを犯しているのは魔姫の魔力で強制的に精力を増強させられた勇者アルジャ。そしてアルジャの愛液をボタボタと垂れ流す膣を佐々木が犯していた。しかしその見た目にそぐわず、三人の交合を支配しているのは魔姫、ベルナデットに間違いない。
00:44 (beemoon) 【佐々木】「……ククク、やはり、まだ勝てんか……」アルジャの膣から溢れかえるほどの精液を放ち、勇者の下腹を軽くボテ腹にした佐々木は、指でアルジャのアナルを丹念にほぐしながら悔しそうに笑った。ベルナデットの淫気に中てられ、腰を振るのを止められないのだ。
00:45 (beemoon) ▽
00:46 (B07_Erzja) 【アル】「あうぅんっ!♪ひぁああ…っ!?!こん、こんにゃのっ!!わらひがベルひゃまを犯してりゅみたいでぇえっ!!た、たまんないっ!!ガマンできないよぉおっ!!」魔王に操られてベルさまを犯しているようなあやしい妄想があるじゃさんのお脳をとろっとろに犯しぬき、もはや枯れはてつつあるペニスをそれでも狂ったように前後させるのがとめられません
00:48 (beemoon) 【佐々木】「しかし勇者よ、貴様の女陰も素晴らしい持ち物ではないか。これは見所があるぞ。ん?」水着の上から乳首をこりこりとほじくり、すっかり楽しむつもりでアルジャの耳元に囁く。身長差があるのでまるで男の胸に埋もれているようだ!
00:49 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「はぁ、あぁ、出しすぎ…だぞ、勇者アルジャ…。はぁ、はぁ、すごい…気持ちいい…」ソファに手をつき立ちバックの体勢で勇者に貫かれている魔姫は心地よいA感覚に蕩けた声を漏らす。下腹部が膨らむほど精液を流し込まれながらも魔姫の排泄孔は緩む様子もなく、ねっとりと肉棒へと絡み付き、そして、絞るように締まる肛門は肉棒がエラを張っている状態ではいくら引っ張っても肉棒を逃さない。その孔はーー萎えるまで抜く
00:49 (B07_Bernadette) ことが出来ない蟻地獄のような孔だった
00:53 (beemoon) いつしかベルナデットの眷属である死霊たちが三人に親しげに絡みつき、どんどんと精気を奪っている。気付けば、佐々木もアルジャもHPどころかMPまでもドレインされ放題。ベルナデットからの[魅了]のバッドステータスまで付いている始末だ。恐らくは、二人ともこのまま死に戻るまで魔姫に精を搾り取られるのだろう。
00:53 (B07_Erzja) 【アル】「あっ♪ひはぁん…!へ、ヘンにゃコト、言うにゃぁ…!お前は、ベルひゃまのコトみりゅのぉ…。ベルひゃまこんなに、綺麗で、んひゅぅ……。すてきでぇ…♪ホラ、お前もぉ…♪」そしてベルさまに操られて佐々木さんを犯しているような錯覚もまたアルジャさんを襲う!ベルさまの後膣を教師に佐々木にくぼうに奉仕絞りにおよぶアルジャさんの膣穴……。それはまるでアナルのように卑猥な締め付けで佐々木さんに極上のザー汁排泄感を与えてゆく、
00:55 (B07_Erzja) 【アル】「ひぉおおっ!?!?まだでりゅっ♪もう出ないのにでりゅぅうっ!♪ひんにゃうっ!わらひベルひゃまのお尻でお尻死しひゃぅうっ!♪死に戻りしながらシャセーしひやぅううーーーーっ!!♪」後から後からベル肉穴に搾精されてゆくゆうしゃ様の雌子種は二度と忘れられない射精マゾ奴隷としての快感をゆうしゃ様の尿道とお脳に刻み込みに刻み込んで
00:56 (beemoon) 【佐々木】「さすが勇者を名乗るだけあって、レベルアップが早いな……。ベルナデットは美しい。だが、貴様も綺麗だ、アルジャ」そう耳元で囁き、またごぷりっ! とアルの膣内に射精する。
00:57 (B07_Bernadette) 【ベルナデット】「ん、また…来る……んはぁっ!」びくんと仰け反り空気が歪んで見えるほど熱い吐息を漏らし、後ろの穴がきゅうきゅうと勇者の肉棒を締め付け絶頂を教える「はぁぁ、勇者アルジャのモノは…よいな」我を喪うほどのアクメではなく、優しい絶頂を与えてくれる肉棒へとうっとりとした声を漏らし、ふたりの生命力を絞っていることにも気付かず腰を振り、極上の快楽を持って萎えることを許さない。そう…それは…ふたりのHPが
00:57 (B07_Bernadette) 0になり、死に戻るまで
00:58 (beemoon) [アルジャ の 膣奉仕スキルがレベルアップしました]
00:58 (beemoon) そのメッセージを最後に、二人はベルナデットによって甘美な死を与えられたのだった。
00:58 (beemoon)  
00:58 (beemoon)  
00:58 (beemoon) [][][] ヒロインクライシス・アルカディア『死霊の庭で』
00:58 (beemoon)  
00:58 (beemoon)  
00:58 (beemoon) おしまいっ!
00:58 (beemoon) お疲れさまでした-!
00:58 (B07_Bernadette) |・・) おちゅちゅ!
00:58 (B07_Erzja) えろい!(ゆびさし
00:58 (B07_Bernadette) |・・) あれ?誰がボスだっけ?
00:58 (B07_Erzja) ありがとうございましたー!
00:59 (beemoon) え? ベル様でしょ
00:59 (B07_Erzja) え? ベルさまですが?
00:59 (B07_Bernadette) |・・) どうしてこうなった
00:59 (beemoon) MVPボスはやはり半端じゃなかった
00:59 (B07_Bernadette) しかしあれだね
00:59 (B07_Bernadette) |・・) 抜けないアナルって玩具挿れられたら大変そうだね
00:59 (beemoon) ・・) それはフリだね!!
01:00 (beemoon) 経験値:成功40+20/2=50 +CP
01:00 (beemoon) その他:ミアスマ4点、名声1点、人脈『メリー・メリー・マッドハウス』
01:00 (beemoon) こちらをどうぞ!(うやうやしく
01:00 (beemoon) あと使用したアクトの数をお願いします!
01:00 (B07_Erzja) おかしいね、ログオフ一度もしたことないアルジャさん、絶対べるさま退治してたの最初の一時期だけ、それ以降は一度も行ってないとかのはずなのに…
01:00 (B07_Bernadette) アクトは7つ!CP14のSP7
01:00 (B07_Erzja) 同じく7つ!CP12のSPええと
01:01 (beemoon) 街で私服のベル様に魅了されてしまったのが運の尽きだったのさ……
01:01 (B07_Erzja) 10!
01:01 (beemoon) あい!
01:01 (B07_Erzja) あ、エンディングでシーンアクト<止まらない刺激>宣言したい
01:02 (beemoon) あ、おっけーよー
01:02 (beemoon) オチまで付いた(そして死に戻った
01:02 (B07_Erzja) そうしたら8つの14のSP11!
01:02 (B07_Erzja) 止まらないものね
01:02 (beemoon) きっと神殿で復活しても腰をカクカク振ってるね!
01:03 (B07_Bernadette) |・・) そして、魔姫の城に戻ったらメンテ中の看板
01:03 (B07_Erzja) そういえばさっきもう開城だって言ってましたねw
01:03 (B07_Bernadette) |・・) おなかぽっこりで冒険者の相手は出来ない・・!
01:04 (B07_Erzja) そしてアルジャさん、PCベルさまとNPCベルさまのかんけいせいについてはどうするんだろう
01:04 (beemoon) ・・) ベル様孕みぱっち
01:04 (B07_Bernadette) |・・) 戦闘中にぶぴゅってすごい音が
01:04 (B07_Erzja) このままだと完全に魔王に仕えるヘタレ勇者メイド以外になりようがない!
01:05 (B07_Bernadette) べる・・) 褒美に余の寝室に来る権利をやろう
01:05 (beemoon) 軍団経験値:ミアスマ37+15=52、侵略点10+7+1+7=25
01:05 (beemoon) これだけいただきます!
01:05 (B07_Bernadette) あ、名声も入ってる?
01:05 (beemoon) 入れた!
01:05 (beemoon) ベル様が今回で6、アルが2よね?
01:05 (B07_Bernadette) |・・) そう
01:05 (B07_Erzja) ・・) へぅへぅ!(べるさまのまわりまわる
01:06 (B07_Erzja) |・・) そう
01:06 (beemoon) そのうちベル様がアルのちんちん入れたまま一日を過ごすとか言い出しそうで……
01:06 (B07_Erzja) Σベルさまおしごとしてください
01:06 (B07_Bernadette) べる・・) 神輿スケルトンに混ざればよい
01:07 (B07_Erzja) ある・・) もう何がどう勇者なのかわからないな
01:07 (beemoon) こき使われるうちにいつのまにか種族:アンデッド になっていた勇者様
01:07 (B07_Erzja) Σあれっ!?なんかキュンと来た
01:08 (B07_Bernadette) |・・) そして、佐々木が来ると水着で応戦
01:08 (B07_Erzja) あと魔王佐々木にはメイド服の下に水着、の素晴らしさを説かねばならないな(ゴゴゴり
01:08 (B07_Erzja) Σいや着替える必要ないですね!?
01:08 (beemoon) その格好をすると小春さんが来るぞ(うちのメイド服担当
01:08 (B07_Bernadette) べる・・) 毎回ドレスを水着に変えられては敵わん
01:09 (B07_Erzja) Σ選手層厚い!?
01:09 (B07_Bernadette) |・・) メイド服ベル・・・ありだな・・・
01:09 (beemoon) 次はどっかで彼女を出してみよう
01:10 (beemoon) それでは三々五々お開きということで。ありがとうございました!!
01:10 (B07_Erzja) なんか佐々木さんとゆうしゃの二人が「ご主人様…」って言われて卒倒する未来が見えた
01:10 (B07_Bernadette) |・・) 絶対領域+胸が緩くて屈むと乳首がチラ見えするような
01:10 (B07_Erzja) はい!
01:10 (B07_Bernadette) |・・)ノシ おやすめ
01:10 (B07_Erzja) ログほぞんしておこう
01:11 (beemoon) それは卒倒するな・・・!
01:12 (B07_Bernadette) べる・・) ご主人様……
01:13 (beemoon) 佐々木・・) どうしたベルナデット、気でも違ったか。最近妙な天気が続くからな……。少し休め。
01:13 (B07_Bernadette) べる・・) うむ、この薄い本(DL版)にそんなセリフがな
01:13 (B07_Erzja) ある・・) あ、わたしちょっとやすんできまひゅ
01:14 (beemoon) 佐々木・・) なんだそういうことか。貴様の薄い本ならデータで百冊以上持っているが貸してやろうか。
01:15 (B07_Bernadette) べる・・) 何が悲しゅうて自分の薄い本漬けにならんといかんのか
01:15 (beemoon) 佐々木・・) 安心しろ。すべて競泳水着コラ済みだ
01:15 (Wa_chi) ささきさんの薄い本h
01:15 (Wa_chi) ・・) もう言われてた
01:15 (B07_Bernadette) べる・・) それもう一冊でいいんじゃないか?
01:16 (beemoon) 佐々木・・) 一冊で良いというか、こうして生ベルナデットの生競泳水着画像がいくらでも手に入るのだ。本質的にはもういらん
01:17 (Wa_chi) ある・・) 魔王!お前は薄い本のなんたるかをわかっていない!(何
01:17 (Wa_chi) ログほぞんした!
01:17 (B07_Bernadette) べる・・) まあ、余も剥かれて縛られて死にたくなるような凌辱を受けるよりは水着に着替える程度で済むのは助かるとも言えるが…
01:18 (beemoon) 確かにベル様はチーターにいろいろひどいことされてそうだ
01:18 (beemoon) 佐々木・・) うむ。私は優しいだろう。感謝して競泳水着に着替えてもいいのだぞ(ドヤァ
01:19 (B07_Bernadette) べる・・) だが、断る。余の正装はドレスだ
01:19 (beemoon) 佐々木・・) 本質的にはいらん、いらんのだが、やはり捨てられるわけではない。執着心と思い出の記憶というのはやっかいなものよ>ある
01:19 (beemoon) おやすみわっち!
01:19 (B07_Bernadette) |・・) おやっち
01:19 (Wa_cZZZ) おやおふたり!