19:39 (isui_GM) さてさて、では自己紹介をよろしくお願いしますのです!
19:39 (isui_GM)  
19:39 (I05_Aser) 薄手の純白のドレスの背に光の羽根を背負い、純銀の髪を背中に広げ、右手には天秤、左の脇には法律書を抱えた、血管の色が見えるほど透き通った肌の少女。
19:39 (I05_Aser) ドレスの隙間からちらりと見える脇腹には薄く肋骨が浮いていて、触れれば折れてしまいそうな華奢なつくりを感じさせる。
19:39 (I05_Aser) 【アセル】「審判の神、裁判官の守護者、善悪の監査人アセル=ハピです。私の前で曖昧な言葉は許しません。すべて白黒はっきりと区別を付けてください」
19:39 (I05_Aser) 【アセル】「貴方は善ですか? でなければ悪です。私が直々に裁いて差し上げます」(小柄な身体で、貧相な胸を精一杯反らしながら)
19:39 (I05_Aser) 【アセル】「まったく、ヒトの世界にはどうしてこう曖昧な輩が多いのですか……」
19:40 (I05_Aser)  
19:40 (I05_Aser) http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A1%DA%BF%B3%C8%BD%A4%CE%BD%F7%BF%C0%A1%DB%A5%A2%A5%BB%A5%EB%A1%A6%A5%CF%A5%D4%28MC%29
19:40 (I05_Aser) 適当だけどこんな感じで!
19:40 (isui_GM) あ~脇腹擽りながら乳首prprし続けたいんじゃ~
19:41 (I05_Aser) 【アセル】「変態は死になさい!!」
19:41 (isui_GM) ふふふ! 褒め言葉よー! それでは、へっぽこGMいすいが女神様をお迎えしてのセッション…
19:41 (isui_GM) HCミューズクライシス 【審判の女神・堕落の淫種・汚されし身体】始まりますのじゃ!
19:41 (isui_GM)  
19:41 (isui_GM)  
19:41 (isui_GM) ●オープニング:審判の女神の憂鬱
19:41 (isui_GM) ~今よりわずか前・交易都市ヴァイスフェルト:審判の女神の神殿~
19:41 (isui_GM) 「アセル様…どうか私達をお導きください…」
19:41 (isui_GM) 下界アルカネアの一都市である交易都市ヴァイスフェルトに存在する審判を司る女神の神殿にて、真摯な願いが男性司教によって紡がれる。
19:41 (isui_GM) 正義と悪とを見定め、真実を見つめる清廉で美しい女神への願い……それが突如として中断させられたのだ。
19:41 (isui_GM) 『それは本当に貴方の願いですかな?』
19:41 (isui_GM) 地の底から響くような声が男性司教の心を揺り動かす……願い…真実…様々な思いが繰り返し映し出される…
19:41 (isui_GM) 「わ、私はアセル様に…審判の女神様にそのような事を…ち、違う!」
19:41 (isui_GM) 早朝の礼拝堂に司教の取り乱す声が響き……静寂を切り裂いていく。
19:41 (isui_GM) 『いえ、違いません…それは貴方の願い、貴方の欲望……そして、私の欲望なのです』
19:41 (isui_GM) どれほど時間が経っただろうか……しばらく司教の苦悶の声が響いていたが、一瞬の静寂の後礼拝堂に禍々しい魔力が溢れてきたのだ。
19:41 (isui_GM) 「そうだ、私は私だったのだ……あぁ! 淫らな女神アセル=ハピよ! 私は貴方の美しさを! 淫らさを! 恥蜜を漏らし! 精液に汚れ! 牡に股を開く女神の教えを! 愚かな信者達に説き伏せねばならない!」
19:41 (isui_GM) ………
19:41 (isui_GM) ……
19:41 (isui_GM) …
19:41 (isui_GM) ~現在・天界エルヘヴン~
19:41 (isui_GM) 審判の女神アセル=ハピは、最近小さくも下腹部や胸先に響く違和感に悩まされていた。
19:41 (isui_GM) その正体は、人間や獣たちの大地である『アルカネア』に住む信者たちからのアセルへの祈りに“妙なノイズ”が混じったからである。
19:41 (isui_GM) その祈りは微細で、集中しなければ聞こえないが…【服を着るだけでアクメする乳首狂い】【精液に汚され歓ぶ者】【孕み狂いの女神】と、アセルの審判の女神の側面を汚すものなのだ。
19:41 (isui_GM) 毎日、毎時、毎分、毎秒送られる淫らな祈り…今まで無かったような異常事態に、アルカネア…おそらく交易都市ヴァイスフェルトと呼ばれる街で何かが起きているのは確実だろう。
19:41 (isui_GM) ▽
19:47 (I05_Aser) 【アセル】「ヒトは堕落しやすい生き物とはいえ、私に信仰を寄せる者たちが次々と…… これはどういうことですか」送り込まれてくる”ノイズ”に眉を顰める少女は、その細い指先を丸眼鏡のブリッジに押し当てる。「交易都市ヴァイスフェルト……確認が必要ですね。ヒトが堕落しているならば糾し、何か悪いモノが暗躍しているならば、速やかに裁かなければ」
19:49 (isui_GM) アセルが堕落を決意するその瞬間も身体には淫らな願いが蓄積されていく……そんな身体ですが、下界へと降りると…
19:54 (I05_Aser) 【アセル】「各管理者への通神報告完了。ヴァイスフェルトの気象魔力も安定中。降神の影響も自然変動内です。アセル=ハピ、下界します」とん、と白のヒールが天界の床を叩いた。それは天上の音楽を奏で、アセルの身体を光に包み込んだ。「目標、交易都市ヴァイスフェルト。審判の神殿」瞬時のうちに、アセルの身体は審判の神殿、その祭壇の上に顕現する。
19:56 (isui_GM) アセルが裁断に降臨するとまず目にするのが自分を模ったとされる神像の存在だ。
19:56 (isui_GM) 美しい(胸が平らなスレンダーなところまで再現されている)像なのだが…今はそのような面影は一つとしてありえない惨状であった。
19:56 (isui_GM) 像には性器を髣髴とさせる落書きがされているだけでなく、全身に白濁が塗りたくられ、乾燥し、異臭を放つおぞましい像にされていたのだ。
19:56 (isui_GM) 更にアセルと神像を囲むように、周囲には十数人程の信者達が集まっており……。
19:56 (isui_GM) その信者達はマジマジとアセルを見つめると…数瞬の沈黙の後、怒号のような歓声をあげたのだった。
19:56 (isui_GM) 【信者】「アセル=ハピ様だ! アセル様!」「あぁ…美しいお姿だ…」「服を着ておられるぞ! きっと乳首で果てたのだろうな!」「女神様を汚せるとは…司教様の教え通りだ!」
19:56 (isui_GM) 信者とは思えない低俗で獣欲に染まった雑言…その瞳は皆虚ろであり、正気を保っていないのが分かるだろう。
19:56 (isui_GM) その原因はすぐに分かるだろう…彼ら信者達の中心に居る金糸の刺繍が施されたストラに白を基調とした司教服を纏った男……髭を蓄えた柔和そうな笑みを見せる人間からドス黒い瘴気が溢れていたのだ。
19:56 (isui_GM) 【司教】「皆さん、私達の願いが届き、今ココに! 淫らな女神、アセル=ハピ様が降臨なされたのです!」
19:56 (isui_GM) その男は仰々しくアセルに頭を垂れると、大きな声で告げる……
19:59 (I05_Aser) 【アセル】「これは……どういうことです?」まるで養豚場の豚を見るような目で、壇上から司教を睨み付ける。手に持った天秤に神気が纏い、聖堂に満ちる不穏な気配を振り払い。「誰が淫らな女神です? 誰がち……で果てたんですか。欺瞞、偽証は私の信者として何より恥ずべきことです!」
20:02 (isui_GM) 【信者】「あ、あれ…俺達は何を…」「っ! あ、頭が痛い…っ!」
20:02 (isui_GM) アセルの天秤の神気が礼拝堂内の瘴気を打ち払う、その効果か信者達はまだ少し虚ろな瞳を残し、身体の自由が効かないようだが正気に戻ったようだ。
20:02 (isui_GM) だが、そんな中……
20:02 (isui_GM) 【司教】「なんと! 私達の願いが通じないとは……フフフ…サスガはメガミどのダ…」
20:02 (isui_GM) 逆に瘴気を増大させる存在が…
20:02 (isui_GM) 【司教】「フヒ……ヒヒ……」
20:02 (isui_GM) 司教の口からおぞましい笑い声が漏れる…それと同時に……――ぶくり
20:02 (isui_GM) 人間であった司教の身体からさらに瘴気が溢れ出ると同時に、人間としての肉が膨らみ続け……醜悪な灰色の肉の塊へと変貌したのだ。
20:02 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「フフ……初めまして、審判の女神様。私はアドゥルテリオと申します。」
20:02 (isui_GM) 醜い灰色のメタボ魔神は柔和そうな笑みを浮かべると仰々しく頭を下げる。
20:09 (I05_Aser) 【アセル】吹き上がった瘴気に天秤を翳して、眼鏡の下で目を見開いた。「邪神! くっ、では最初から私を呼ぶつもりで……!」目の前にいるのは高い神格を持った旧いカミ。『善悪の眼』を持つアセルは瞬時にそう察するが、額に汗を一丈滴らせつつも、白いヒールを一歩も退かせずアドゥルテリオを睨み付ける。「地獄の邪神、私の信者に手を出すとは不用意ですね。このアセルが、直々に調伏して差し上げましょう」
20:13 (isui_GM) 【信者】「ひぃ! 女神様、お…お助けくださいっ!」「くそっ! 身体が動かない! アセル様お気をつけて!」「く、皆祈るんだ…っ!」
20:13 (isui_GM) 美しいアセルの神気とアドゥルテリオの瘴気…その二つの奔流に下界の信者達は身動きできずにただ声を上げて真摯に祈るのだが……
20:13 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ、良い祈りですね、では自己紹介がてら私の力をアセル様に見ていただきましょうか……」
20:13 (isui_GM) マトモに闘えば勝負にならないと自分の力を知る魔神はある一人の祈りを歪め、それを解き放つ。
20:13 (isui_GM) それは言葉と同時にアドゥルテリオの仏のような瞼が開き、漆黒の眼窩を曝け出す事で審判の女神の神気の防御を打ち抜き……。
20:13 (isui_GM) ――アセルの脳裏に浮かぶのは淫らな妄想…信者がアセルにこうあって欲しい、こんな格好でして欲しい、こんな淫らな姿を晒して欲しいという邪な思い…
20:13 (isui_GM) それは神経に、魂を瘴気となって侵食するのだ……
20:13 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「何度も使えませんが……これから貴女が見るのは淫らな夢…しかしそれは現実に侵食する夢……信者の皆様がこうあって欲しいと願う祈りなのです」
20:13 (isui_GM) ※任意の能力で判定、目標値は“12”。成功失敗に関わらず、自由にアクトを一つ使用でき、失敗時には【催淫・尿意・水着・責め具】のうち一つ好きなBSを獲得する。
20:13 (isui_GM) ▽
20:13 (I05_Aser) Σ何だと
20:13 (isui_GM) ふふふ、これが姦淫の魔神の力なのだ!
20:13 (I05_Aser) うおお失敗してえ……
20:14 (isui_GM) (してもいいのよぉ)
20:14 (I05_Aser) では知力(4)で振って運命に任せよう!
20:14 (isui_GM) かもーん!
20:14 (I05_Aser) 2d6+4
20:14 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+4 = [2,6]+4 = 12
20:14 (I05_Aser) ぴったり成功!
20:14 (isui_GM) おぉ~成功なのじゃ!
20:15 (isui_GM) では、深くは囚われなかった! アクトを一つ宣言どうぞなのじゃ!(条件無視)
20:16 (I05_Aser) では<罵倒>でいきましょう
20:17 (isui_GM) はいさー!
20:20 (isui_GM) アドゥルテリオの眼窩に落ちていくような感覚……わずかな浮遊感の後、アセルは礼拝堂とは思えない場所に立っていた。
20:20 (isui_GM) まるで夢を見ているような感覚……そんな空間でアセルは自らに起きた異変に気付くのだった。
20:20 (isui_GM) それは、目の前に一人の信者がベッドに座って居ること…先ほどまで目の前に居た魔神が居なくなっている事だ。
20:20 (isui_GM) その信者は皮被りの分身を曝け出し、息も荒げにアセルを見つめながら自慰を行っているではないか…
20:20 (isui_GM) そんな異様な光景を前にアセルの脳裏には一つの言葉が響く……
20:20 (isui_GM) 【彼を罵倒しながら絶頂まで導かなければ】
20:20 (isui_GM) ……と。
20:23 (I05_Aser) 【アセル】強い義務感に、アセルの口元に笑みが浮かんだ。女神はそれが洗脳だと気付かず、眼鏡をそっと押し上げる。「貴方、何をしてるんですか? 手を止めなさい!」笑みを浮かべながら男の顔を睨み付け、近寄って小さなお尻を男の膝にぽんと乗せる。「ほら、何をしてるんですか? はっきりと、正確に答えてください」上目使いで男を見上げながら、白手袋に包まれた手が男の肉棒を両手で包み込む。
20:25 (isui_GM) 【信者】「あ、あぁぁ……アセル様! アセルさまぁ! オナニーです! 自慰行為です! アセル様を思いながら気持ちよくなっていました!」
20:25 (isui_GM) アセルを前に感極まった信者はまるで子供のように瞳に涙を浮かべ、狂った猿のように自らの分身をシゴいていた手を命令どおりに止めて答える。
20:25 (isui_GM) 汚らしい…不潔…そう感じるのに、その男を前にしたアセルの行動によって男の性欲増大し続け……
20:25 (isui_GM) 【信者】「き、気持ちいいですっ! アセル様の長手袋につつまれたチンポが! はちきれそう、でぇっ!」
20:25 (isui_GM) 性欲に狂った獣……まさしくそんな呼び名が似合う男はアセルの瞳を見つめながら長手袋に包まれたペニスをブルブルと震わせるのだった
20:31 (I05_Aser) 【アセル】「正確で、良い答えです。しかし女神であり、敬うべき対象を汚らわしいオナニーのズリネタにするとは……これは悪ですよ? そのことは自覚してらっしゃいますね?」『審判の眼』が冷たく男の顔を撫でていく。膝の上に乗ったお尻がもぞりと動き、薄布一枚で下着も着けていない、生々しい肉体の感触を男に与えて。「悪には処罰が必要です。そうですね?」笑みを消し、両手で肉棒に指を絡めた。汚い……心のどこかが悲鳴を上げるが、今のアセルは
20:31 (I05_Aser) 気付かない。手の中でびくびく震える信者の肉棒に、女神の細指が絡み、上下に激しく扱き立てる。「悪に負けないでください。このまま射精することなく耐えられたら許しましょう。ほら、ほら、頑張れっ! 頑張れっ♪」
20:36 (isui_GM) 【信者】「は、はいっ! 私は、悪…です! けど……射精、したいですっ! アセル様お願いします! 射させてください! めがみ、さまぁっ!」
20:36 (isui_GM) 豚のようにアセルの匂いを嗅ぎ、興奮によって吹き出た汗でアセルに服を蒸らしていく……この男はアセルが近くに居るだけで興奮し、匂いを嗅ぐだけで性欲を溢れさせ、触れられることが愛撫になるのだ。
20:36 (isui_GM) そんな男が憧れの女神の手袋で肉棒を包まれ、ソレ越しにシゴキを受ければ、まさしく天へとすぐさま昇ってしまうのだ。
20:36 (isui_GM) 男の叫びは虚しく、我慢も出来ずに……
20:36 (isui_GM) 【信者】「あせ、る…さまぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁ!?!?」
20:36 (isui_GM) ぶびゅるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!
20:36 (isui_GM) アセルの手袋の生地にべたりと張り付き、更に泡を吹き上げるように滲み出て……尚、勢いが止まらずに噴水のように吹き出る白濁……精液を、尊敬する女神に向かって吐き出してしまう男。
20:36 (isui_GM) その汚らしい欲望の塊を吐き出させたのは……他ならぬアセルなのだ。
20:38 (I05_Aser) 【アセル】目の前の男の絶頂、そして初めて見る射精の無様な姿に、ぞくぞくっ、と身体を震わせる。それは支配の快感……両手の白手袋にべっとりと付いた精液の熱を感じながら、頬を染めて男を見上げた。「ふふっ、残念です。もっとお仕置きが必要なようですね……?」手袋に付いた精液をちろりと舐め上げるアセル。
20:39 (isui_GM) ――お見事です、手淫の女神よ
20:39 (isui_GM) アドゥルテリオの言葉が響いた瞬間、アセルは夢から醒めるように瘴気から…姦淫神の見せた夢から逃れた。
20:39 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「素晴らしい言葉遣いと指遣いでしたよ? ほら、彼も幸せそうでしょう」
20:39 (isui_GM) アドゥルテリオの言葉がアセルの耳を汚すと、同時にトサリと何かが倒れる音が聞こえる…
20:39 (isui_GM) それは一人の男性…恍惚の微笑みで気絶する男性であった。
20:39 (isui_GM) そして……アセルの長手袋にはべっとりと生暖かい黄ばんだ白濁液が……
20:42 (I05_Aser) 【アセル】「……なんですか、今のは……」先ず感じたのは、恐怖。それは邪神の能力そのものよりも、鮮明に残っている自らの行為の記憶にゾッとした。「へ、変な術を使いましたね! わ、私があのような……み、淫らな言葉を使うはずがありません! な、何が手淫の女神ですか! 許しませんよ!!」眦をつり上げた顔は、しかし真っ赤に染まっている。神気を練り上げて天秤を掴むが、その手にべっとりと付いた精液にゾクゾクと背筋を震わせた。
20:42 (I05_Aser) ――まるで、自分の身がほんの一瞬で汚れてしまったような。そんな錯覚を覚えたのだ。
20:45 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ、そう、貴女は女神です…審判の…ですが、信者から、彼からみればそうではなかった…」
20:45 (isui_GM) たんたんと告げる肉魔神はアセルが初めての淫らな行為に心を揺らすのを見逃さない。
20:45 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「私は彼らの願いを、祈りを増幅したのです…貴女にこうあって欲しいと言う願いを…ね」
20:45 (isui_GM) ニタァァァ……歪な笑みを浮かべてアセルに自らの力を明かした魔神は更に続けて告げる。
20:45 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「そして、隙だらけのアセル様にもう一つの私の力をお見せしましょう。」
20:45 (isui_GM) ベチャァァ!! 
20:45 (isui_GM) 淫らな願いを受け、気を散らしてしまったアセルの両胸の先端目掛け、姦淫の魔神の肉体から剥がれ落ちた肉片が飛び掛る。
20:45 (isui_GM) ネチィ…クチィ…ヌチュゥ!
20:45 (isui_GM) そのアドゥルテリオの身体から飛び出た赤黒い肉球はアセルの両胸の先端…大きめの乳首に張り付くと気持ち悪い音を立てながら吸い付いてきたのだ。
20:45 (isui_GM) 吸い付く肉はぬめりを纏いながらニプルの根元から巻きつくように頂点を目指し、擽りと舐めの感触を同時に与えてくる。
20:45 (isui_GM) また、両方同じように嬲られたかと思えば片方では乳首をコリコリと上下左右に転がされ。もう片方ではチクチクと甘く噛まれながら引っ張られてしまう……
20:45 (isui_GM) まさしく淫堕の種がアセルの乳首を堕落させようとしているのだ。
20:45 (isui_GM) そして、それだけでは無い、触れた場所が溶けそうなほどの瘴気と媚熱を与えられ、ジワジワと乳首だけでなく乳房…腋…脇腹…お臍…と全身の性感を高められてしまうのだ。
20:45 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「それが私の種…堕落の種子とも呼ばれる力でございます。さぁ、早く取らなければ……人にお見せ出来ぬ無様で淫靡な乳首になってしまいますよ?」
20:45 (isui_GM) 魔神の言葉通り、このまま放っておけば、間違いなくアセルの乳首は瘴気に汚染されてしまうだろう。
20:51 (I05_Aser) 【アセル】「なッ……!」精液の汚辱に気を取られた瞬間、飛んできた肉片をまともに受けてしまう。脇の下から入り込んだ肉球は瞬く間に女神のAカップを覆い尽くし、淫夢と淫らな信仰で知らず知らずに火照り始めていた身体を嬲り始める。「くッ、邪神の眷属!? ひァッ♪ こ、これ、何ですか……っ! 胸が、熱くなって……んくぅっ♪」まるで甘噛みするかのように乳首をコリコリと嬲られれば、自分でも気にしていた大きめの勃起乳首がしこり立ってしまう。「んくッ♪ なに、そんなッ……これ、私、発情してッ……♪」胸を前に付きだし、アセルはたまらず膝を付いた。天秤を離し、精液まみれの白手袋を脇の下に差し込んで、肉球を掴もうとするが、ぬるぬると滑るばかりで掴めない。
20:56 (isui_GM) ●クライマックス:堕落の種
20:56 (isui_GM) 【信者】「アセル様が…そんな」「アイツのちんこを握ってたぞ…」「あぁ、もしかして…嘘じゃないのか? 俺達が思ってたような清廉な女神じゃないのか?」「お、俺もアセル様に…ハピちゃんにチンポ扱いて欲しいだよ…」「今だってあんな小さな肉の球を取らずに喘いでいるじゃないか…」
20:56 (isui_GM) アセルが乳首への責めに襲われている姿を見て周囲の信者達は困惑していた。
20:56 (isui_GM) 自分達を助けてくれると信じていた存在が、魔神の言葉通りに男の肉棒をシゴき、なおかつ肉球にニプルを嬲られて甘い声を漏らしているのだから……
20:56 (isui_GM) 【信者】「俺も…」「俺も……」「ワシも…」
20:56 (isui_GM) やがて半数の男達はゆっくりとした足取りで近づいてくる……このままでは信者達に襲われてしまうかもしれない。
20:56 (isui_GM) アセルを取り囲む狂信者と元司教にして姦淫の魔神アドゥルテリオ。
20:56 (isui_GM) 審判の女神アセルは魔神を倒すべく、信者達の視線に射抜かれながら闘わなければならない!
20:56 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ……それは小さいですが私自身です、早く取らなければ大変な事になりますよ? さて…アセル様が審判の女神でなく、牡に屈する牝奴隷の神であると信者の皆さんに証人になってもらえそうですねぇ」
20:56 (isui_GM) アドゥルテリオは笑いながら言葉で信者達を扇動すると、全身から触手を生み出しそれをアセルに目掛けてけし掛けて来る!
20:56 (isui_GM) さぁ、審判の女神アセル=ハピよ、魔神を撃破し、信者を救うのだ!
20:56 (isui_GM) (クライマックス戦闘開始ですが、その前に知力判定:目標値10をどうぞ!)
20:56 (isui_GM) ▽
20:56 (I05_Aser) はいな!
20:57 (I05_Aser) 2d6+4 アセル頑張れ!
20:57 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+4 = [5,3]+4 = 12
20:57 (I05_Aser) 成功!
20:57 (isui_GM) ヒューッ!
20:57 (I05_Aser) あ、そだ。ここまででアクト1つ使ってもいいですか?
20:57 *isui_GM topic : [アドゥルテリオの淫種(TP:36/任意)](アドゥルテリオ:03)VS(アセル)
20:57 (isui_GM) あ、どうぞ! シーンアクトですね!
20:57 (I05_Aser) じゃあ<乳辱>を!
20:57 (isui_GM) おっぱい! OKなのです!
20:58 (isui_GM) では、判定成功しましたので…
20:58 (isui_GM) アセルはアドゥルテリオの全身から昇る瘴気に違和感を感じた、それは自分に張り付いた肉片の瘴気量と、目の前に存在する本体との瘴気量が等しいのだ。
20:58 (isui_GM) 更にその瘴気は周囲の信者達にも巻き付くように広がっている……これがアドゥルテリオに切り札なのだろう。
20:58 (isui_GM) ☆敵エネミーの能力のうちを一つを公開します。
20:58 (isui_GM) 《種渡し》 常時 このエネミーが戦闘不能になった際、戦場に[アドゥルテリオの淫種]が存在している場合、アドゥルテリオ(ポーン級)×3を同エリアに行動済みで登場させる。[アドゥルテリオの淫種]が存在しない場合はアドゥルテリオ(ポーン級)×1を登場させる。
20:58 (isui_GM) ▽
20:58 (I05_Aser) Σ分裂しやがる
20:58 (isui_GM) ふっふっふ!
20:59 (isui_GM) では、RPを交えつつ戦闘といきましょうか! どうなるかはハピちゃんの行動しだいなのじゃ!
20:59 (I05_Aser) つまり罠を突破しないと無限ループか……
20:59 (I05_Aser) はいな!
20:59 (isui_GM) あ、無限ループではないのです~
21:00 (isui_GM) ふふ! では1R開幕! こちらは無しです!
21:00 (I05_Aser) 悩むが…… ここはなしで!
21:01 (isui_GM) 了解です! ではアセル様のターン!
21:01 (I05_Aser) 【アセル】「誰が、牝奴隷の神、ですかッ!! 欺瞞と偽証は、我が名に賭けて許しません!!」叫びながらも、乳首を襲うおぞましい感触に痩身を震わせ、ついには聖堂の床にぺたんと尻餅をついてしまう。
21:03 (I05_Aser) 【アセル】「この、このっ……!! ひぁぅっ♪♪」ドレスを胸の中央に寄せて肉塊を露出させると、それが信者の目にさらされる。「み、見てはいけません!! 私の信者なら、悪に屈することは許し……ひぁんっ♪」必死に精液の付いた手袋で肉塊を引きはがそうとするが、その衝撃が乳首にダイレクトに伝わって、思わず涙と共に喘ぎ声が零れて。
21:03 (I05_Aser) よし、トラップを突破するよ!
21:03 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ、欺瞞と偽証は許されない…分かりました、心に留めておきましょう」
21:03 (isui_GM) ニヤリと笑いながら尻餅をついたアセルを見下ろす魔神。
21:03 (isui_GM) その体からは無数多種の触手が生まれてくるのだ。
21:03 (isui_GM) どうぞなのじゃ!
21:03 (I05_Aser) 2d6+7 魔力で!
21:03 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+7 = [1,1]+7 = 9
21:04 (I05_Aser) ギャー!
21:04 (isui_GM) ヤッター!
21:04 (I05_Aser) 伊吹さんには汚っさんの加護が……!
21:04 *isui_GM topic : [アドゥルテリオの淫種(TP:36-9/任意)](アドゥルテリオ:03)VS(アセル)
21:04 (isui_GM) くくく!
21:04 (isui_GM) では魔神さんのターン!
21:04 (I05_Aser) こーい!
21:05 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「では、色狂いの女神を真実としてさしあげましょう!」
21:05 (isui_GM) 2d6+18  《サモン・テンタクラー+神性侵食+堕落》闇属性・この攻撃で倒れた場合、致命傷表の出目+1。
21:05 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+18 = [6,5]+18 = 29
21:05 (isui_GM) 29点…!
21:06 (I05_Aser) ダイス運がすいとられている・・・!
21:06 (isui_GM) イボ触手…吸引触手…ゴーヤ触手…様々な触手がアセルの身体に殺到する!
21:06 (isui_GM) ダメコン&アクトをどうぞなのじゃ!
21:06 (I05_Aser) まだ純真なアセルっちには18禁すぎる! 天秤で必死に払いのけるよ!
21:06 (I05_Aser) その他を飛ばす!
21:06 (isui_GM) ホイ!
21:07 (isui_GM) アクトは無さそうかな?
21:07 (I05_Aser) いまのところなしでいこう!
21:08 (isui_GM) は~い!
21:08 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ…ヌルヌルするでしょう? でもそれが気持ち良い…違いますか?」
21:08 (isui_GM) 舌のような触手でアセルのふとももを舐めながら問いかけるアドゥルテリオ…
21:09 (isui_GM) そんな時、ヌルリ……
21:09 (isui_GM) 乳首に張り付き、ニプルを舐めしゃぶる肉球が分裂し…ズリズリとアセルの身体を這いながら移動する…
21:09 (isui_GM) その肉の目指す場所は……女神の聖域である子宮なのだ。
21:09 (isui_GM) 2d6+10 《神犯し+異形の託卵+浸食攻撃》ダメージ減少処理後ダメージ半減(切捨て)、そのダメージをHPに与える。対象のHPにダメージを与えた時、対象に[託卵]を与える。
21:09 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+10 = [5,4]+10 = 19
21:09 (isui_GM) 罠の攻撃! 19です!
21:09 (I05_Aser) ギャー!?
21:09 (isui_GM) 軽減後に半減ですぞー!
21:10 (I05_Aser) シールド! 追加消費3で10点防ぐよ!
21:10 (I05_Aser) いや基本効果もあるから12点防げるか!
21:10 (I05_Aser) で、7点通ってHPに3点!
21:10 (isui_GM) ぐっ! では3点をHPに! 卵どぞなのじゃ!
21:10 (isui_GM) アクトもどうぞの構え!
21:10 (I05_Aser) これは
21:11 (I05_Aser) 処女膜の隙間から子宮に入っていったってことでいいのかなグヘヘ
21:11 (isui_GM) そうなのじゃ!<隙間から侵入
21:12 (I05_Aser) では純潔は使わずに……<付けられた種>と<膨れあがる腹>を使います!
21:12 (isui_GM) 媚薬瘴気を撒き散らし肉球は進む……アセルの底に、誰も触れた事の無い聖域に…
21:12 (isui_GM) ヌチ…ニチ…
21:12 (isui_GM) 痛みは存在しない…媚熱と柔らかな肉の弾力だけがアセルの膣を、子宮口を刺激するのだ。
21:12 (isui_GM) 了解なのじゃ!
21:13 (I05_Aser) 付け種の判定!
21:13 (isui_GM) どうぞー!
21:14 (I05_Aser) 2d6+7
21:14 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+7 = [4,3]+7 = 14
21:14 (I05_Aser) セーフ!
21:14 (isui_GM) セーフ! セーフです! ではしょうしょうお待ちをなのじゃ!
21:15 (isui_GM) はい、ではアクトの描写は後でまとめてって感じで! 戦闘続行なのです!
21:15 (isui_GM) 2R開幕!
21:15 (I05_Aser) なし!
21:15 (isui_GM) こちらも無しですね! 
21:16 (I05_Aser) 【アセル】乳首への間断ない刺激で濡れそぼってしまった秘所。その近くの太股を舐め回されると、未知の感触に細い身体をぞくりと震わせる。「やめなさい! 汚らわしい!!」ぺたんとお嬢様座りをしたアセルは、のしかかってくる巨漢を涙目で睨み付ける。
21:16 (I05_Aser) ではこちらの行動かな?
21:16 (isui_GM) あせる様どうぞ!
21:16 (I05_Aser) 突破!
21:16 (I05_Aser) 2d6+7 ていてい
21:16 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+7 = [1,4]+7 = 12
21:16 (I05_Aser) 低い!
21:16 (isui_GM) ふふふ! 信者の祈りの力なのだ!
21:16 *isui_GM topic : [アドゥルテリオの淫種(TP:36-21/任意)](アドゥルテリオ:03)VS(アセル)
21:16 (isui_GM) でも罠の残りが15なのだ!
21:17 (isui_GM) さて、ではアドゥルさん!
21:17 (I05_Aser) こーい!
21:17 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ…子宮に入ってしまいましたね」
21:17 (isui_GM) アセルの四肢を触手で締め付け、舐め続ける姦淫の魔神の分身は痛みを与えず、純潔の証をすり抜けてアセルに子宮にもぐりこみ、子宮内を媚薬瘴気で漬け込んでいく…ジワジワ…ジワジワと…
21:17 (isui_GM) 2d6+18  《サモン・テンタクラー+神性侵食+堕落》闇属性・この攻撃で倒れた場合、致命傷表の出目+1。
21:17 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+18 = [6,1]+18 = 25
21:18 (isui_GM) 25点なのです!
21:18 (I05_Aser) ぐう! 胸で受けて<過敏な突起>を!
21:19 (isui_GM) 突起了解なのです! 続いて罠がネチネチする!
21:19 (isui_GM) 2d6+10 《神犯し+異形の託卵+浸食攻撃》ダメージ減少処理後ダメージ半減(切捨て)、そのダメージをHPに与える。対象のHPにダメージを与えた時、対象に[託卵]を与える。
21:19 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+10 = [6,5]+10 = 21
21:19 (I05_Aser) ギャー!
21:19 (isui_GM) 21! ダイス様がのっておられる…!
21:19 (I05_Aser) 全力で+3シールド! 12点軽減して9の半分で4点!
21:20 (isui_GM) ブルブル……やがて子宮内で分裂し始めた種は子宮壁を舐めまわしながら振動し、重い痺れを送り込んでくる!
21:20 (isui_GM) ではアクトありますかな?
21:20 (I05_Aser) アクトは……<体内孵化>いってみよー
21:20 (isui_GM) きゃー!(どきどき
21:20 (I05_Aser) 2d6+1 抵抗!
21:20 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+1 = [3,6]+1 = 10
21:20 (I05_Aser) 妊娠しました! ボテ腹!
21:21 (isui_GM) ヒューッ!
21:21 (isui_GM) アドゥルテリオさんの赤ちゃんだ!
21:21 (isui_GM) そして、3Rの開幕!
21:21 (I05_Aser) なし!
21:22 (isui_GM) 相変わらずこちらは無し! では妊婦アセル様どうぞ!
21:22 (I05_Aser) 2d6+1d6+7 ポテ1で突破!
21:22 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+1D6+7 = [6,2]+[6]+7 = 21
21:22 (I05_Aser) いよっし
21:22 (isui_GM) 突破されたー!
21:22 *isui_GM topic : [アドゥルテリオの淫種(TP:36-42/任意)](アドゥルテリオ:03)VS(アセル)
21:23 (isui_GM) でもアドゥルさんが動くのだ!
21:24 (isui_GM) ボコ…ヌチ…アセルの胎内で肉球が増え続ける…それは媚薬瘴気の増大も意味し、神気を汚しながら性感帯へと変貌させてしまうかもしれない…
21:24 (isui_GM) そんな身体にされながら、更に乳腺までもを瘴気に犯された女神に魔神は更に触手を絡ませて…
21:24 (isui_GM) 2d6+18  《サモン・テンタクラー+神性侵食+堕落》闇属性・この攻撃で倒れた場合、致命傷表の出目+1。
21:24 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+18 = [2,3]+18 = 23
21:24 (isui_GM) 23点! くっ…信者の煩悩が足りない!
21:25 (I05_Aser) 【アセル】「子宮!? な、何を……んくっっ♪♪」白手袋が乳首に張り付いた肉の塊を掴み、神気を込めて引きはがす。「んぁっ、んおぉぉっっ♪♪」獣の吠え声のような嬌声が、たまらず少女の口から零れた。まるでオナホールのように窄まった肉球から引きずり出されたのは、親指大にまで肥大化してしまった肉乳首。そのおぞましい姿に、アセルはゾクゾクと全身を震わせた。「な、ななな何ですかこれはぁっ!! け、けが、汚らわし……ひうんっ♪」自ら手
21:25 (I05_Aser) 袋で乳首を抓んでしまい、間抜けな嬌声を上げる女神様。
21:25 (I05_Aser) それなら……全力シールドで12点軽減! 腰に受けて1残る!
21:25 (isui_GM) ちぃぃ!!
21:26 (isui_GM) 種さんは動きを止めてしまった…
21:26 (isui_GM) 4Rの開幕なのじゃ!
21:26 (I05_Aser) 開幕で《アポカリョープス》を宣言するよ! 本気モードだ!
21:26 (isui_GM) キター!
21:26 (isui_GM) 続いてどうぞなのじゃー!
21:27 (I05_Aser) では《ブリザードウェイヴ》+《ファイナルストライク》!
21:27 (isui_GM) キャーッ!
21:27 (I05_Aser) 2d6+5d6+13+10 でーい!
21:27 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+5D6+13+10 = [1,5]+[6,6,2,6,4]+13+10 = 53
21:27 (I05_Aser) 怒りの一撃だ!
21:27 (isui_GM) うごごご!!
21:28 (isui_GM) 強烈な神気…下級の魔族であれば数十匹一度に消滅してしまいそうな力だが…
21:28 (isui_GM) ぐちゅぅぅうぅ!
21:28 (isui_GM) 触手はまだ動く!
21:29 (isui_GM) 2d6+18  《サモン・テンタクラー+神性侵食+堕落》闇属性・この攻撃で倒れた場合、致命傷表の出目+1。
21:29 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+18 = [2,4]+18 = 24
21:29 (isui_GM) 24点で攻撃! 残りHPは少ないのだ!
21:29 (I05_Aser) そいつは腰が飛ぶ!
21:29 (isui_GM) ふふ、アクトありますかな?
21:29 (I05_Aser) ありません!
21:30 (isui_GM) 了解なのじゃ!
21:30 (isui_GM) では4R開幕なのです!
21:30 (I05_Aser) 倒してもポーン出てくるんだよな……とまれ
21:30 (I05_Aser) アポカリョープス!
21:30 (isui_GM) フフフ
21:30 (I05_Aser) で、攻撃!
21:31 (I05_Aser) 《ブリザードウェイヴ》+《ファイナルストライク》!
21:31 (I05_Aser) 2d6+5d6+13+10 でーい!
21:31 (isui_GM) きゃわん!
21:31 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+5D6+13+10 = [1,1]+[3,5,5,1,6]+13+10 = 45
21:31 (I05_Aser) ひくい!
21:34 (isui_GM) 再び触手を、アドゥルテリオを焼き尽くす光……
21:34 (isui_GM) それは目の前の魔神を完全に消滅させたのだ…が
21:34 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「フフフ……私はここにも居ますよ…」
21:34 (isui_GM) それはアセルの身体から……子宮内から聞こえてきたのだ…
21:34 *isui_GM topic : [アドゥルテリオの淫種(TP:36-42/任意)](アドゥルテリオA:07)VS(アセル)
21:35 (isui_GM) では、行動済みで登場しちゃったので、このターンはこれでおしまい! 第5Rなのです!
21:35 (I05_Aser) Σ早い
21:35 (I05_Aser) おっけー。では開幕でアポカリョープスだ!
21:36 (isui_GM) 了解なのじゃ! 今度はこっちが先に!
21:36 (isui_GM) 2d6+7  《サモン・テンタクラー》闇属性・この攻撃で倒れた場合、致命傷表の出目+1。
21:36 (Ku-da_Dice) isui_GM -> 2D6+7 = [6,2]+7 = 15
21:36 (isui_GM) 15点!
21:36 (I05_Aser) シールド! 9点減らして6点食らう!
21:36 (isui_GM) アクト宣言どうぞ!
21:36 (I05_Aser) でもって<強制絶頂>と<純潔の証>!
21:37 (I05_Aser) 2d6+7
21:37 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+7 = [5,5]+7 = 17
21:37 (I05_Aser) 耐えた!
21:37 (isui_GM) チッ!
21:37 (isui_GM) では…次はアセルさんなのです!
21:37 (I05_Aser) いっきまーす!
21:37 (I05_Aser)  《ブリザードウェイヴ》+《ファイナルストライク》!
21:38 (I05_Aser) 2d6+5d6+13+10 でーい!
21:38 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 2D6+5D6+13+10 = [6,2]+[1,2,5,4,4]+13+10 = 47
21:38 (I05_Aser) どっかんどっかん
21:38 (isui_GM) ギャー! 死んだー!!
21:38 (I05_Aser) よっしよっし!
21:38 *isui_GM topic :
21:38 (isui_GM) では、戦闘終了しましたので…
21:38 (I05_Aser) 初セッションで牝奴隷化はまぬがれた……
21:38 (isui_GM) 託卵の効果かな?
21:39 (I05_Aser) Σそれがありましたね
21:39 (isui_GM) 耐えれるかなぁ?
21:39 (I05_Aser) HPは10しかねえ!
21:39 (I05_Aser) 運命のダイス!
21:39 (isui_GM) 期待値だ!
21:39 (I05_Aser) 3d6
21:39 (Ku-da_Dice) I05_Aser -> 3D6 = [2,3,3] = 8
21:39 (isui_GM) Σ
21:39 (I05_Aser) 助かった-!!
21:39 (isui_GM) ぐぬぬ…!
21:40 (isui_GM) では、アクトです! 子宮からオハナシされた所からいきましょうか~
21:40 (I05_Aser) はいなっ
21:42 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ…私は1にして10…10にして100…私は私であり、彼もまた私なのです」
21:42 (isui_GM) 子宮内から響く姦淫神の声…それはアセルの子宮を揺り動かしながら更に身を触手で嬲り始める合図であった、
21:42 (isui_GM) 太腿に、脇腹に、腋に、腕に、指先に……そして三つに肉芽…乳首とクリトリスに細長い触手が絡みつき、媚薬粘液を塗りたくるようにシゴき始めた。
21:42 (isui_GM) ▽
21:45 (I05_Aser) 【アセル】「倒し、ましたッ……はぁッ、はッ……」犬のように舌を突き出し、背中側に手を突いて喘ぐ女神。胸元には、親指ほどにも肥大化した二つの乳首が空気に触れてひくひくと震えている。子宮に入り込んだ種はアセルの気付かぬ間に生長し……そのとき――「……え? どこ、どこからッ……!」声が聞こえた瞬間、アセルの子宮で種が一気に膨れあがった!「ひグッ!? が、かひっ、ヒィッ……なに、これ、ェ……!!」未熟どころか一度も触れられたことのない子宮、その中に突如出現した「何か」はアセルを恐怖させるのに充分だった。「じゃ、邪神、あなた、まさか「そこ」にぃっ……♪♪」しかし何より怖いのは、それがもたらすものが痛みではなく、甘い震え……間違いなく「快感」と呼ばれるものであったことだ。「わ、私の身体……どうしてしまったんですか……ぁっ♪♪」ガクガクと腰が震え、ぷっしゃあ! と噴き出したのは潮だ。聖堂にかすかな小水の匂いが漂い、信者たちに失禁姿を見せつけてしまう。
21:47 (isui_GM) ――達しましたね
21:47 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ……性の経験の無い女神であっても、分かるでしょう? 分かってしまうでしょう? それが絶頂……魂を我々淫神の済む地、アンダーグラウンドに飛ばし……」
21:47 (isui_GM) ねっとりと絡みつき、へばりつくような声がアセルの子宮内で響き告げる……
21:47 (isui_GM) 視線が、声が、空気が…アセルの火照った身体を更に昂ぶらせ、淫らに染め上げんとするように……
21:47 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「普段、貴女方が忌み嫌う快楽を享受し、全身を震えさせた甘美な痺れ……アクメ、オルガスム、エクスタシー、イク……様々な言葉で言い表せる肉欲の本懐…それを極めてしまったのです」
21:47 (isui_GM) 歪な笑みを子宮内で浮かべながらアセルの神性を犯そうとするアドゥルテリオ、その口は媚薬瘴気を吐き出し、子宮と子宮口、更に膣肉や処女膜まで火照らせながら更に追い詰める言葉を紡ぐ……
21:47 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「さて、審判の女神であるアセル=ハピ様にお教えしていただきたい…貴女は忌むべき存在である魔神に嬲られ、情けなくも女の極悦に達しましたかな? それとも…審判の女神らしく嬲られて悦びなど覚えませんでしたかな? 嘘偽りなくお答え頂きたいものです。」
21:47 (isui_GM) ▽
21:53 (I05_Aser) 【アセル】邪神の言葉に、欺瞞と偽証を憎む審判の女神は息を呑んだ。しかし、さんざん責め立てた手前、自らが悪と断じた行為に手を染めることは……できない。「アクメ……くッ、わ、私は、邪神の手管に屈し、アクメしました……♪ ち、乳首もこんな汚らわしく勃起させて……」精液で濡れた白手袋が、親指大に勃起した薄ピンクの突起をつまみ上げる。「あひッ……♪ 私の乳首、こんな、酷い……ッッ♪♪」種の効果でクリ並に敏感になってしまった乳首、そこに触れるだけでアセルの細い身体はガクガクと絶頂の波に震える。「ひ、卑怯です、よ、邪神ッ……! 姿を現しなさいッ♪♪」無様に膨らんだボテ腹を膝に乗せ、語りかける女神の姿に、威厳はカケラも残っていなかった。
21:55 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ…今姿を現しては貴女が困るのではありませんか? 女神であるというのに、忌まわしき魔神に嬲られ…信者達の前で盛りのついた牝猫のように乱れ…淫らな悦びを覚えたアセル=ハピ様?」
21:55 (isui_GM) アセルの胎内が肉のアドゥルテリオに舐めしゃぶられ、吸い付かれる…やがてその快感と共に子宮壁を膨らませるように大きくなり……アセルの下腹部をポコリと大きくしてしまう。
21:55 (isui_GM) 乳首に絡みついた触手はコリコリと大きめの乳首を上下左右に弾き倒し、甘い痺れを連続で与えてくる。
21:55 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「しかし美しい……新雪のように肌理の細かい肌だ…白金のような髪もそうですが…なんとも勿体無い…女神等やめ、牡の精で磨けばもっと美しく淫らになれたでしょうに。」
21:55 (isui_GM) ネト…媚薬粘液でアセルのスレンダーな身体を汚しながら声を響かせる魔神、その行動度にアセルの子宮が震え、歓喜の痺れを無理矢理に覚えさせられる。
21:55 (isui_GM) そして、触手によってアセルが動けない隙に…狂気に支配された信者達はゆっくりとアセルを取り囲み……曝け出した己の分身でもって刺激し始めたのだ。
21:55 (isui_GM) 【信者】「アセル様! アセル様!」「オラのちんぽも清めてください!」「その髪であぁ! ハピちゃんの髪の毛気持ちいイイ!」
21:55 (isui_GM) アセルの宣言を聞いた信者達は己の性欲に従って快楽に悶えるアセルの身体にペニスをこすりつけてくる。
21:55 (isui_GM) 一人は腋に、一人は鼻に、一人は胸に、一人はふとももで、一人は脇腹を、一人は髪の毛を……女神をモノのように扱いながら、牡臭い先走り汁を塗りつけてくるのだ。
21:55 (isui_GM) ▽
22:01 (I05_Aser) 【アセル】「は、ハピちゃんと言ったヤツ、あとで殺します……!!」こんな時でも殺人的な眼光で信者を睨むが、髪を肉棒に巻き付けられると雄の臭いに目尻が下がってしまう。「やめなさいッ♪ ふ、不敬ですよッ! 私の信者なら、もっと気を強く、悪に負けずッ♪ おぉんッッ!!」信者の一人がアセルの鼻に向けて射精してきた。鼻孔を一瞬で満たすのは強烈な雄の香り。溜まらず顔を背けるが、鼻に入り込んだ精液がチョウチンのように膨らんで淫ら顔を晒してしまう。「や、め、こんな、ッッ♪♪」その匂いと、信者たちから流れ込む淫らな信心に、アセルは痩身をピンと伸ばして、「―――ッッッ!!♪♪ ぁ…………」自分で自分の乳首を嬲りながら、深い絶頂に達した。引き締まっていた唇が緩み、涎がどろり、と白い服に垂れて、信者たちにイキ顔を晒してしまう女神様。
22:06 (isui_GM) 【信者】「ぎひっ! 良い匂いじゃぁ」「かみさんとは全然違う! 触ってるだけでイっちまうだ!」「ハピちゃん! ハピちゃん! 殺されても良い! この髪をベトベトにっ!」
22:06 (isui_GM) 信者達は正気を失った瞳でアセルを見下し、己の望むままに性欲をぶちまけていく。
22:06 (isui_GM) びゅるるるるるる! ぶびゅるるっ! びゅくくっ!
22:06 (isui_GM) まるでゼリーのような粘つく固形精液を女神の身体に、髪にぶちまけていく。
22:06 (isui_GM) その匂いが、熱が、アセルの精神を、神性を汚していくのだ。
22:06 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「淫堕の女神……肉欲の亡者……背教の絶頂……審判の女神が聞いて呆れますねぇ…人間達の精を浴びて果てる……まさしく牡をたぶらかす牝神ではないですか」
22:06 (isui_GM) アドゥルテリオが子宮口を媚薬瘴気で穿りながら審判の女神の神性を堕落させようとする…快楽に酔わせ、己の神性を歪ませるのだ。
22:06 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「では、女神様? 貴女に再び教えを請いたい…貴女が今信者達に嬲られ一番気持ちイイ場所は何処でしょうか? そこの名前をお教えくださいますか?」
22:06 (isui_GM) 信者達は射精した肉棒を再び硬くし、アセルの全身を擦り倒す…髪を、胸を、乳首を、脇腹を、腋を……
22:06 (isui_GM) そんな信者達の前で、気持ち良い場所を答えろと魔神は言うのだ。
22:06 (isui_GM) ▽
22:10 (I05_Aser) 【アセル】ぞくん、と身体が震えた。つい先ほどまで汚れなき処女だった自分に、最も感じる場所を答えさせようとする邪悪に、興奮する自分が信じられない。「……脇腹、脇腹ですッ! そこッ、薄くてッ、中身を直接撫でられるみたいでッッ!!」信者の手が肋の浮いた脇腹に触れると、それだけで身体がガクガクと震える。「だめ、駄目です、そこ、触らないでッッ♪♪」ついにアセルは祭壇の上に仰向けに倒れてしまった。足は無様に膝立ちで開かれ、信者たちの前にピンク色の中身をくぱぁ♪ と開く処女穴を晒してしまう。そこから時折噴く潮が、女神の絶頂を彼らにはっきりと示していた。
22:12 (I05_Aser) 処女のはずなのに女神の腹はバレーボールほどにも膨らんでしまっている。晒された乳首は綺麗なピンク色だが親指大に膨れあがり、アセルは気をやりながらも精液を白手袋に絡ませ、乳首をぐちゅぐちゅと嬲っている。もう、それは自分の意志では止められなくなっていた。
22:17 (isui_GM) 【信者】「おぉぉ! アセルさまが我らの肉棒でよがってらっしゃるぞ!」「淫らな女神様! 脇腹で絶頂する女神様!」「こんな場所が気持ち良いだなんて! 商売女でも居ないですよ!」「ハピちゃんの気持ちいのは脇腹ですねぇ?」「おい! 脇腹もだけどこの乳首を見ろよ! でけえぞ!」「女神様の乳首オナニー! 是非お手伝いさせてください!」
22:17 (isui_GM) 信者達はアセルの言葉を聞いた瞬間に、ザーメン塗れの肉棒を脇腹に沿わせ……力いっぱいに擦り、押し、揉み、撫で、擽り始めたのだ。
22:17 (isui_GM) 牡の匂いと熱さをマーキングするように……亀頭を押し付けあいながら性感帯だと確実に認識させるように犯し始まるのだ。
22:17 (isui_GM) 更に親指大にまで大きくなってしまった乳首に対しても同じだ…指で思い切り抓ったと思えば、亀頭を押し付ける。
22:17 (isui_GM) 唾液塗れにするべく舐めしゃぶる者も居れば、丁寧に、優しく乳輪から擽るように刺激する者も居た……
22:17 (isui_GM) 今、アセルは守るべき自分の信者達に全身を嬲られながら、下腹部からの異変を感じるだろう。
22:17 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「あぁ、女神様ともあろうものが淫欲に囚われるとは…女神様とは淫欲を捨て去った清らかな乙女だと信じていたのですがねぇ…貴女は本当に審判の女神アセル=ハピなのですか?」
22:17 (isui_GM) グチィ…アセルの子宮口を肉触手で揉み解す魔神は瘴気に浸った子宮から問いかけながら声が次第に大きく、強くなってきたのだ……
22:17 (isui_GM) それは子宮口を柔らかく、性感帯にするだけでない……おそらく、産まれるつもりなのだろう……
22:17 (isui_GM) ▽
22:23 (I05_Aser) 【アセル】「こんなものは、ただの肉の快楽に過ぎません!!」そう、本当にそう信じていたのだ。ついさっきまでは。「わ、私は、審判の女神……んくぅっ♪ ひっ、お腹、動いて、ぇぇっ♪♪」膣口に感じる強い圧迫感に、恐怖と快感を同時に覚えながら……「こんな、邪悪、私は、許しません……っっ♪♪」信者たちの献身的な奉仕に痩身をガクガク震わせ、涙をこぼしながらも膨れあがったお腹を睨み付けた。その間もアセルの身体は幾度となく絶頂を覚え、魂に汚辱の快楽を刻み込まれていく。
22:27 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「肉の快感…その肉の快感で乱れ、蕩け、絶頂し、淫堕の姿を信者に晒しながら甘い声で鳴くその言葉を……貴女のお仲間は信じるでしょうか? 人間達に脇腹と乳首を犯され、忌むべき魔神に子宮を嬲られ、全身を汚されながら悦ぶ姿を見て…審判の女神と認めてくれるでしょうか…」
22:27 (isui_GM) 魔神アドゥルテリオは次第にアセルの子宮口を圧迫、強引にこじ開けながら女神の魂を嬲る。
22:27 (isui_GM) 子宮口が極上のゴムのような弾力で開かれた快感は未だ処女のアセルにポルチオ性感を刻みながら、ビリビリと重い快感と多幸感を産み付けていく。
22:27 (isui_GM) そして膣内にある襞一つ一つを瘴気で汚しながら押しつぶす。
22:27 (isui_GM) それらが圧迫感と快感…そして子を産むという牝の悦びまでも教え込んで行くのだ。
22:27 (isui_GM) 【信者】「あぁぁ! また射る! アセル様ぁ!」「乳首狂いの女神様! 私の精液をお受け取りください!」「ハピちゃんに! ざーめん! ぶっかけ!」
22:27 (isui_GM) 子宮から這い出てくる快感に乱れるアセルに追い討ちになる形で性感帯である脇腹と乳首に向けて信者達の精が放たれる。
22:27 (isui_GM) それは白い肌に、桜色のニプルにへばりつきながら雄熱をアセルの身体に染みこませるのだ。
22:27 (isui_GM) ▽
22:32 (I05_Aser) 【アセル】「邪神! 私はあなたを絶対許さ――いぎィィッッ♪♪」強烈という言葉も生やさしい、強制的な多幸感と圧迫感。出産、それは女の喜びであり、さらにおぞましいことに、それ自体はアセルには「悪」と断ずることはできない。審判の女神の神性が、勝手にアセルに「幸せな出産」の感覚を強制する。「産まれ、あアッ、産まれちゃうぅぅっっ♪♪」全身に信者の熱い精液を感じながら、突っ張った両手で信者の身体を抱きしめ、妊婦のようにいきんで、涙と涎を際限なく垂らしながら……憎むべき邪神を出産する少女女神。その膣口は少女の太股よりも太く広がり、処女膜を引き裂きながらおぞましい邪神の肉を吐き出した。
22:34 (I05_Aser) 【アセル】ぐぼんっっ!! そんな粘っこい音と共に、邪神の肉が聖堂の床に吐き出される。その瞬間、アセルはこれまでにない高みに押し上げられた。言葉も出ず、信者を両手で強く抱きしめ、膣口をばくん、ばくんと開閉させながら、声にならない悲鳴をまき散らす。その圧倒的な絶頂は、取り返しのつかない欠損を、女神の魂にもたらした。
22:38 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「ふふふ…許さない、ですか…それでは…私が貴女を牝にした事にしましょう…そう、貴女は私によって、【仕方なく】、【無理矢理】に牝にされたのです…ですから…存分に悦びを噛締めなさい」
22:38 (isui_GM) 子宮から這い出たアドゥルテリオはアセルの膣を嬲りながらゆっくりと膣口に向かって蠢き……ある場所で止まると舐めしゃぶりながら語りかけ……アセルが守り続けた純潔、処女である証、清らかな証を徐々に広げながら
22:38 (isui_GM) まるで司教が説法するように姦淫の魔神はアセルに語りかけながら…しょうがない、仕方ない、無理矢理される、自分の意思ではない、だから…叫んで良いのだ……【イク】と【アクメする】と【肉の快楽に悦んでしまう】と……
22:38 (isui_GM) ブチ……ィッ!
22:38 (isui_GM) ズリュゥゥゥゥゥゥウ!!
22:38 (isui_GM) 処女膜を破り、無理矢理にアセルの膣口から生まれ出でたのだ。
22:38 (isui_GM) それは小さいながらも灰色のメタボ魔神アドゥルテリオ……アセルは宿敵である魔神を産み落としてしまったのだ……
22:38 (isui_GM) そんな姿を見た信者達は……
22:38 (isui_GM) 【信者】「やはりアセル様は淫らな女神であった!」「アセル様! アセル=ハピ様!」「淫堕の女神! 乳首狂いの女神!」「魔神を産み落とした女神ハピちゃん!! 脇腹で果てる女神ハピちゃん!」
22:38 (isui_GM) 出産を祝うようにアセルの全身に向けて祝福のザーメンシャワーを浴びせていった。
22:38 (isui_GM) ▽
22:43 (I05_Aser) 【アセル】「あ、アクメ、する……♪♪」アドゥルテリオの言葉は、確かにアセルに一筋の救いをもたらした。それに甘えてしまったことに、今の彼女は気付いていない。
22:43 (I05_Aser) 【アセル】ようやく絶頂の波が収まると、震える身体で転がっていた天秤を掴み、なけなしの神気を込める。「立ち去りなさい……邪神っ!」その拍子にまた膣口が開き、プシッと潮を吹いてしまいながら、無様な姿で神気を放った。
22:44 (isui_GM) 【アドゥルテリオ】「おぉおぉぉぉぉぉ!?!?!?」
22:44 (isui_GM) アセルの力によって産み落とされたばかりの姦淫の魔神は消滅してしまう。
22:44 (isui_GM) 更に瘴気によって狂わされた信者達も糸が切れた人形のように倒れてしまったのだ。
22:44 (isui_GM) 神殿に満ちていた瘴気は消え去り、そこに残されたのは白濁に穢れた女神だけ……アセルは自分を歪める淫らな祈りの元を排除できたのだ。
22:44 (isui_GM)  
22:45 (isui_GM) ●エンディング:汚された女神
22:45 (isui_GM) ~数日後・天界にて~
22:45 (isui_GM) 姦淫の魔神を倒したアセル、だがその代償は大きかった……
22:45 (isui_GM) たった一つ残された子宮内には肉の種……淫堕の種子が根付き、トクントクンと脈動しながらアセルの胎内を攻めなぶり続ける。
22:45 (isui_GM) これは産み落としてしまうまで常に、子宮内を犯される事に等しいのだ。
22:45 (isui_GM) 更に乳首が瘴気によって淫らにされた事だ…この乳首はアセルにとって致命的な弱点になってしまうだろう。
22:45 (isui_GM) だが、審判の女神への祈りは正常化し、再び下界には僅かながらだが平和が戻ったのだ。
22:45 (isui_GM) ▽
22:49 (I05_Aser) 【アセル】『審判の眼』で一通り周囲を見渡し、邪神の残滓が残っていないか確認する。そして自らの身体を確かめ……「これが邪神、ですか。地獄の蓋が開いたこと、予想以上に危険なのですね。心せねば」そう呟き、信者たちを一通り治療、悪の種を取り除いて、天界に戻るアセル。
22:49 (I05_Aser) 【アセル】人界の肉を脱ぎ捨てて、女神の身体に戻るも……「やはり、魂魄に瑕を受けましたか……くッ」髪、乳首、脇腹、そして子宮に瑕を受けたアセルは、熱に浮かされたような足取りで自らの座へと戻るのだった。
22:50 (isui_GM)  
22:50 (isui_GM) HCミューズクライシス 【審判の女神・堕落の淫種・汚されし身体】 完結!
22:50 (isui_GM) お疲れ様でしたのじゃ! では早速ですがリザルト行きますね! 間違ってたら教えてくださいませ!
22:50 (I05_Aser) はいな!
22:51 (isui_GM) リザルトなのじゃ!
22:51 (isui_GM) ・シナリオ成功40点+10点+総獲得CP14点=64点
22:51 (isui_GM) ・獲得ミアスマ:4点+獲得SP11の半分点
22:51 (isui_GM) かな?
22:51 (I05_Aser) ですね!
22:51 (I05_Aser) あと名声が1つと、人脈かな?
22:52 (isui_GM) ですです! 名声1と人脈でアドゥルテリオさんによろしければどうぞ~
22:52 (I05_Aser) はい! ありがとうございました!
22:52 (isui_GM) そして、私はGM点を頂いて…改めまして、おつかれさまでしたのじゃ! エロかわいかったのじゃ!