【GM】
パープルエリア 都市部の喫茶店。 鷲宮あかねは現在喫茶店で過ごしていた。
ここは静かな感じでお茶やコーヒーを楽しむものにとってはとてもありがたい場所となってる。 ……静かに過ごしていたところに君の画面にメールがやってくるのがわかる。 相手は竜二だというのがわかる。



【鷲宮あかね】
「竜二さんね」メールの内容はだいたい予測ができるので、他の人には見られないように、メールを隠しながら覗き見ます。

【GM】
メールを開けば、そこにあったのはとある場所を指定していた。場所はレッドエリアなのがわかるが…そこに、あかねとセックスして楽しんだ時の写真が貼られていたのがわかる。それを見ればわかるだろう……君を犯すために呼んでいるというのが。 ▽

【鷲宮あかね】
「ふふ」そのメールを見るとにこりと笑い、『わかりました。今日の21時にその場所に行きます。PS.今日は嫌なことがあったので、がっちり拘束して、休み無くガンガンお願いします』とメールで返します。▽

【GM】
メールを返信し終えると、少ししてからすぐに「OK,じゃあ21時にそのままやってきてくれ。色々と”用意”」しておくからな」と帰ってきた。その下には新しい拘束用の機械や、責め具などが大量に置かれていた。バイブ・ローター・ピストンバイブ、アナルビーズ。あかねを犯すための道具が多く用意されていた。


【鷲宮あかね】
それでは、一端家に帰ってこっちも準備をします。まずはシャワーで身体を洗って、ワンピースを着ます。下着は着けず、首元に首輪を模したチョーカーを付けて、指定の場所にダイレクトに行きます。▽

【GM】
到着した場所はレッドエリアのビル。周囲は、特に何もない。時間も時間のせいだろう周りは暗く、街灯が一個だけだ。明滅しているため突然暗くなり、気が付けば突然明かりが点く。それを何度も繰り返しながら君は待っていた……一度真っ暗になった瞬間。君の口元が塞がれる。それだけじゃない。口元には布があり、そこから感じる匂い…どこか甘く、脳がとろけるようなそんなものがやってくる。あかねはその匂いを嗅いでいくと徐々に意識が薄くなっていくのがわ
かる。▽

【鷲宮あかね】
「むむ、んんんっ!!」パーソナルエリア設定され、入れるのは竜二とあかねのみ。あかねはそれが竜二の手であることを確認すると、安心して意識を手放した。▽

【GM】
意識を手放したあかね…身体が引っ張られていき連れているのがわかる。
……
ゆっくりと眼を開くと。あかねの両腕は両足は拘束されているのがわかる。何かの台の上に寝転がっているのがわかる。衣服はそのままなのがわかるが……スカートだけが捲り上げられており、秘所を丸出しのままにされていた。…意識を取り戻したのに気付いたのか、代が斜めになっていき、明かりが照らされるのがわかる。スカートはゴムで固定されたまま、その秘所を照らすようにしていた。

【竜二】
「よ、あかね。拉致される感覚ってのはどうだい?」にっと笑うと体格のいい、先日であった男、竜二が挨拶した。丸出しの秘所を見て、自分の口を舌で舐める。 ▽

【鷲宮あかね】
「そうね……すごく無力ね。これで猿轡や目隠しもされたら、私、本当に何もできない……何をされても、ね」陰りのない秘所を晒し、とろり、と愛液がこぼれ落ちる。▽

【竜二】
「だろ?でも、口はそのままにしてやるのが俺の趣味だな?」そういうと、かちりとスイッチを押すとあかねの目を塞ぐ様に黒い枷がつけられる。「当然それだけじゃねえぜ?」そういうと、ぶううううんっと耳元で何かが振動する音が聞こえる。その耳元で聞こえたものがゆっくりと動いていくのがわかる。乳首を服越しに撫で転がしてからゆっくりと下腹部に向けて擦りつけていく。……そして、ぐちゅりとすでに濡れたその秘所にそれが当たると、ブブブブブ
ブブと激しい音を立てながら秘所を攻めあげる。クリトリスをころがし、膣内の中に入り込んでいく。振動が膣内を刺激していく。 ▽

【鷲宮あかね】
「あ」と小さく言葉を漏らすと、目隠しが付けられ、視界が真っ暗になる。「あ、や、あ、んんんんっっ!!」振動するローターを身体に這わせられ、膣内に入れられると身体をびくびくと震わせる。身悶えるも、拘束されているため、そのまま受け入れてしまう。▽

【竜二】
「いい感じに濡れてるぜ?んじゃこうしたらどうだ?」」そういうと、再び振動音をさせたものが増えたのがわかる。あかねのワンピースを引き裂き、乳房を露わにさせる。引き裂かれた音からあかねも気づくだろう。露わになったその胸に乳首用ローターを乳房に擦りつけてから、乳首に固定刺させる。押し込まれていくと両乳首を刺激し、挟まれた部分から刺激が強くなっていく。そして、足につけられた足枷のせいだろう、足を広げられて壱岐、M字に開かさ
れたのがわかるだろう。丸出しの秘所を広げていき、濡れた秘所にバイブの先端を飲み込ませれば一気に押し込む。バイブは子宮を強く突き上げ、振動する先端を子宮に押し付ける。 ▽

【鷲宮あかね】
「ひゃ、んんんっ! やだ、こんな、か、っこう…あああっ!!」乳房を露出され、乳首にローターを付けされられ、M字開脚で股を広げられ、膣内にバイブを容赦なく突き刺される。そんなことをされても何一つ抵抗できず、恥辱を受け入れさせられ、嬌声でよがり泣くしかできなかった。▽

【竜二】
「いやって割には、まんこは相変わらず悦んでるぜ?変態お嬢ちゃん…よぉ!」押し付けていたバイブを強く握りピストンしていく。膣内を広げられ、そのたびに先端が回転するため膣内全体が擦られていき、子宮に押し付けられれば強い熱を感じながら擦られていく。乳首につけられたローターはどんどんと乳首を締め上げ、形を変えて行く。残った片手で乳房を揉みこみ形を変えながら、竜二はあかねの首筋も舐めていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「ダメ、こんな…ひゃ、あぁん!! や、ああぁっ!!」無機質で無慈悲な機械の陵辱に、身体は熱く火照ってしまう。愛液がトロトロと溢れ、肉棒を相手にしているかのようにきつく締め付けて。乳首も勃起し、刺激を強く求めてしまう。▽

【竜二】
「バイブで犯されてこんなに悦んじまってな?ほれ、気持ちいいんだろ?」乳房を揉んでいた手はクリトリスを掴みぎゅうっと強く撮み2本の指で挟み扱いていく。バイブの動きは止めない。子宮を攻めあげ、膣内をかき混ぜ全体を擦って行く。首筋の舐めた個所を吸い上げていき、快感を強くさせ与えていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「あぁぁぁっ! きもち、い、あぁ、やぁぁ!!」四肢に力を入れ、暴れそうになる。しかし、枷はびくともせず、身体をいやらしくくねらせただけ。振動する機械の辱めに、竜二の愛撫に身体は絶頂へと導かれそうになる。▽

【竜二】
「へへ、おいおい、まだ駄目だぜ?」あかねの声が上がったのがわかった。…絶頂が近いことに。その瞬間ぐちゅりとバイブを引き抜き、振動を弱くし…微弱な焦らすような振動が秘所を擦りあげ、乳首についたローターも振動が弱まり焦らすように刺激していく。物足りない、絶頂へ行けない振動があかねの全身を襲う。 ▽

【鷲宮あかね】
「ふぁ、んんんっ、そんな……やぁああ…」刺激が弱まり、思わず物欲しげな艶のある声を出してしまう。激しい刺激にくねらせていた身体は、快楽を強請るかのようにくねらせていく▽

【竜二】
「どうした?そんな声出してよ?」そういうと一瞬だけバイブ、ローターの刺激が強くなるがすすにまた微弱になる。何度もそれを繰り返していけばあかねの絶頂を焦らし続けていく。快感が来て絶頂が来ると思えばすぐに弱くなる。何度も繰り返してやり、あかねを絶頂へと導かせないようにし・・快感を求める雌にさせようと狂わせていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「やだぁ、やめて……お願い、焦らさないで……!」寸止め地獄に身体は耐えきれず、甘い声で強請ってしまう。せがむように、腰を前後に振る。▽

【竜二】
「ククク、んじゃあ、どうしたいのかちゃんと言ってみろよ。ちゃんと言えたらご褒美やるぜ。自分がどんだけ変態なのかもきっちりと言えたらな?」バイブを引き離し完全に刺激がなくなる。その瞬間…焦らされ続け絶頂に行けない身体は刺激を求めたいと強く疼き…性欲を煽っていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「あぁ…わ、私は…拉致されて、嬲られて、そして犯されたいとお強請りする淫乱な女です!! だから、私を犯してください!!」大きな声ではっきりと、淫らな女だと告白し、肉棒を強請る。▽

【竜二】
「OKんじゃ、…ご褒美だぜ!」最大まで振動させたバイブをあかねの秘所の中に飲み込ませる。一気に子宮まで突き上げ、あかねの身体を上下に揺さぶる勢いでピストンする。絶頂してもその動きは止めない。あかねの声を聴きたいがためにどんどんとピストンを早めていき、膣内・子宮をバイブが擦りあげ、あかねの身体を上下に揺さぶっていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「ひゃあああん、あぁ、あ、あああ、ああああぁぁっ!!」子宮にまで到達した振動するバイブに、身体を身悶えさせ、嬌声を高らかに上げ、絶頂へと達してしまう。▽

【竜二】
「おーおー派手にイってるじゃないか。でっもまだまだ足りないだろ?そらそら!」あかねが絶頂しても手の動きは止まらない。ピストンを続けていき、子宮や膣内をかき混ぜ突き上げ、一度引き抜いてから、クリトリスを擦らせてから突き上げる。乳首についたローターも再び激しく振動し、乳首と秘所の同時攻めが再開する。絶頂するあかねの頬を舐めてから、唇に舌を這わせてからキスをする。開いた口から下を挿入しびちゃりと絡ませて、唾液を混ぜ合わせ
飲み込ませていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「あああぁぁぁっ! ひゃ、あぁっ、ああぁぁぁぁあっ!!」目隠しの下で涙を流し、涎を口から零し、身体を痙攣させながら、絶え間ない快感を与えられ、絶頂を連続して味わってしまう.▽

【竜二】
「ほんっといい感じに鳴いてくれるからうれしいぜ。」そういうと今度はバイブの動きが止まる…がその瞬間あかねの身体が勝手に上下に動いていく。まるで自ら腰を振って、快楽をまさぐる そんな姿をあかねに想像させる。まるで痴女のようなことをさせられていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「あああ…ダメ、やぁ、だめぇ…」突如刺激が無くなって、今度は刺激を求めるかのように身体をくねくねと動かし続ける。▽

【竜二】
「なあにバイブでいじめるのも悪くないがな?俺もそろそろやっちまいたいんだよ。」拘束をとき、あかね台から引き離す。目隠しも一緒に取れれば、裸で秘所から大量の愛液を垂らした姿が見えるだろう。
「ほれ、もっと気持ちよくなりたかったら…わかるだろ?」そういうと、ナイフを取り出し、ナイフの腹部分であかねの頬を撫でる。切れはしないがその恐怖を教える様に刃の冷たさがやってくる。▽

【鷲宮あかね】
「あぁ…ひっ、あぁ、うう…」拘束を解かれると、ぐったりと力無く身体を崩れさせて。ナイフの腹で頬を叩かれると、脅えた表情を見せ、近くにあった手枷に視線を送る。▽

【竜二】
「・・・・」にたぁっとその視線を見て、手枷を取る。あかねの腕にそれをつけてやってから、枷に鎖をつける。そのまま腰を上げてやれば、腕を前につきアd氏お尻を突き出す姿にされる。「んじゃ、しっかりと俺も楽しませてもらうぜ?」そういうと、あかねの後ろに立った竜二は、熱い肉棒で秘所を擦りあげてから一気にあかねの秘所の中に挿入し、子宮を突き上げる。「」それ、しーっかり締め付けて俺のちんぽを気持ちよくさせろよ?丸出しのお尻を何度
もたたいてから、ピストンを開始する。▽

【鷲宮あかね】
「ひゃっ、あ、あ、ひゃ、あああああぁっ!!」壁に手枷を付けられた手を突き、腰を突き出すような形で、立ちバックで竜二の肉棒を受け入れる。愛液を大量に溢れさせ、ほぐされた膣内は、容易く竜二の肉棒を向かい入れ、きつく締め付けてもてなした。▽

【竜二】
「くぅ~~、あいかわらずいいマンコだぜ。もっとたっぷりと…やらせろよ!」竜二のピストンが荒々しくなる。あかねの身体を前後に何度も揺さぶり、腰に回していた手は胸に回し、乳房と乳首を同時に責める様に揉んでいく。尖った乳首を強く締め上げ刺激を強くしながら、子宮を突き上げ、膣内をかき混ぜ…徐々に肉棒が膨れ上がっていく。


【鷲宮あかね】
「ふあぁ、あん、ひゃぁ、あん、あ、や、あ、ひゃああああぁぁぁ!!」勃起した乳首はこねやすく、膣はきつく肉棒を締め付け、愛液がピストンをしやすくさせていく。トロトロに蕩けたあかねの身体は、竜二の欲望を満たす玩具で。▽

【竜二】
「ここ、お前さん好きだなぁ?」そういうと乳首をこね回し、強く掴んでから引っ張りながらすべりの良くなった膣内を感じ、一気にピストンを早め「おっし、そろそろ一発目だぜ。しーっかりと飲み込めよ!そのまま奥深く肉棒を秘所の中にいれ、子宮を強く突き上げてから、大量の精液を吐き出していく。竜二の精液の熱を下腹部に感じながら、あかねを絶頂へと導いていく。


【鷲宮あかね】
「あぁ、ん…す、好き…ひゃ、あぁあぁぁっっ!!」表情が完全に蕩けており、乳首を捏ねくり回す度に小さく嬌声を漏らして。熱い精が膣内に入ると、大きく嬌声を上げてしまう。▽

【竜二】
「んんっんーーー!」ドックンドックンっとあかねの膣内で脈打つ肉棒。どんどんと精液はあふれ出し、子宮の中に流し込まれていく。すこしずつピストンを続け、肉棒を揺らし、あかねの中に出された精液を奥まで押し付けていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「ふぅうう、あぁ、ふぅ……」膣内に精が入っていくのを味わいながら、絶頂の余韻を楽しんで。くたり、と身体をくずしてしまう。▽
たっぷりと精液を流し込み終えれば、じゅぶりと肉棒を引き抜く。

【GM】
あかねの身体をソファーの上に座らせる。先ほどのスタジオのような場所だったのが今は一変して、普通の部屋になっていた。竜二の部屋だ。あかねはまだ裸にチョーカーをつけたままだ。

【竜二】
「相変わらずいい声で鳴いてくれるなぁ?あかねちゃん。」そういいながら、あかねの隣に座り、あかねをみて言う。▽

【鷲宮あかね】
「んん…気持ちよかった…」身体を起こすと、猫のように身体を竜二にこすりつけていく。▽

【竜二】
「そいつはよかったぜ。」すり寄るあかねの身体をだきしめ、自分の膝の上に乗せる。向き合いながら、あかねのことをみてキスをしてやる。「ちなみに…今回も撮らせてもらった。」そういうと、あかねが目隠しされ、両足をM字開脚されたまま拘束され、秘所を丸出しに、ワンピースの上部分が破られ乳首が露出してる様をとったものが見える。 ▽

【鷲宮あかね】
「あとで私にも、データ頂戴ね。あと、流しちゃダメだからね?」笑いながら、じっくりと自身の痴態を観賞してしまう。▽

【竜二】
「こんなふうにしてたんだぜ?あかねちゃんのために仕入れてきたんだからよ。」にいっと笑って言う「そりゃ当然だ。こいつは俺と君だけの、まあ共有財産ってところだな」そういうと、あかねの唇にキスをしてから、舌を入れてくる。 ▽

【鷲宮あかね】
「ん…あと、できれば拘束外さない方がいいかな。体位を変えるときは仕方ないけど、こう、縛られた方が落ち着くから」キスをして舌を絡めながら、答える。▽

【竜二】
「そんな感じだな。あの台はちょいとそのままヤるにゃあちと不便だったんでな。」キスをし終えてから、そう答える。「んじゃあ、詫びにもうちょいつけてみるかね?」そういうとにいっと笑ってからあかねの腕を後ろに回し、手錠をつける。「俺の身体で拘束されるのは落ち着かないかね」冗談交じりにそんなことを言う。 ▽

【鷲宮あかね】
「押さえ付けられるよりも、革とか金属で拘束された方が、絶望感あってゾクゾクするのよね。それに、ほら…抵抗できなくなった女の子は、嫌い?」後ろ手に手錠で拘束された状態で、しなをかける。▽

【竜二】
「好き放題できっから…最高に大好きだぜ」そういうとあかねの身体を持ち上げ未だに勃起している肉棒の上に座らせ、そのまま押し込ませる。あかねの子宮に強く突き上げつながったまま、あかねの身体を抱きしめ、…「これも首輪のつもりだろ?…ほんと最高だぜ。あかねちゃん。」にいっと笑って楽しんでいる。▽

【鷲宮あかね】
「あんっ! ん、ふふ、ばれちゃった?」愛液と精で入りやすくなった膣内に、肉棒を受け入れる。くすり、と蠱惑的な笑みを浮かべさせる。▽

【竜二】
「へへ、そりゃわかるさ。」にぃっと笑ってからピストンしていく。「こいつをつけてる間は、今後は俺の物だぜ。あかねちゃん」そういうと、あかねの身体を少し反らしてから、丸見えの乳首に舌を這わせ、転がしていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「んっ、その分、しっかり満足させてくださいね」乳首を口に含まれ、ちょっと身もだえすると、ちゅっと竜二のおでこにキスをする。▽

【竜二】
「当然、任せな。」かぷりと軽く乳首を甘噛みしながら…ピストンを早めていきそれを答えとする。 ▽

【鷲宮あかね】
「あっ、ん、んんっ」きゅっと膣内を締め付けて、下の口で答える。▽

【GM】
二人で日が変わり朝になるまで互い抱き合い、あかねを犯し続けた。 目隠し 拘束 玩具責め 色々と行為を続けて行ったのであった。