【GM】 1d ダイスチェック
【Dice】 bako_GM -> 1D = [1] = 1
【GM】  
【GM】 では、自己紹介+キャラシートおねがいします!!
【すずな】「こんにちはぁ、高弓すずなと申します」
【すずな】「皆様も宜しければ教会へと足を運んでくださいねぇ。いつでも歓迎いたしますよ」
【すずな】「勿論、神はすべてを見ていますよ。悪事は須らく裁かれるべきなのです」
【すずな】 信仰ガッチリの語尾がほわほわしたシスター(27)です!
【すずな】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%B9%E2%B5%DD+%A4%B9%A4%BA%A4%CA%A1%CA%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%CB
【すずな】 キャラシ
【GM】 ありがとうございます!
【GM】 めーとるおーばーのおっぱいは信仰の賜物なのかな・・・じゅるり
【すずな】 生まれつきですわぁ(ぴちぴち修道服)
【GM】 w
【GM】 ではでは、そんなほわほわしすたーの物語すたーとだーw
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【迷える子羊】出張!路地裏懺悔室、むちむちシスターすずなの受難【1匹目】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:繁華街~路地裏
【GM】  
【GM】 ある朝、すずながお祈りをしていると、突如聞こえてきた謎の声は困惑するシスターに救いの言葉をつむぐ。
【??】「私は貴女を見守るモノ。敬虔なる信徒、高弓 すずな。あなたの悩みは教会に篭っていては晴れぬでしょう。」
【??】「夜の繁華街、その路地裏で迷える子羊を救うのです…さすれば貴女の悩みも解決するでしょう。…んふっふっふ♪」
【GM】 妙に響く「神」を想起させお告げによって貴女-すずなは欲望に塗れた街の片隅で静かにその時を待っています。
【GM】 ブルーシートを敷いた上にダンボールで作られた簡易懺悔室…中は左右に分けられパイプ椅子があるだけの狭い空間。
【GM】 二つの椅子の間に顔を隠す程度の区切りはあるが、椅子に座ればお互いの身体はほぼまる見え…なんとか形を整えた物だった。
【GM】 ▽(RPどうぞ♪
【すずな】「はっ!…な、この声は……まさかっ……わかりましたわ主よ!」信仰心の賜物なのでしょう、そんなお祈りの途中で聞こえてきた言葉に困惑するも、すぐにその声が頭に染み入ってきてこれをしなければならないと思い立ちます。
【すずな】 ビリビリー、ビビー、ベリッ、ぺたぺたぺた……
【すずな】「これで完成ですわぁ」慣れない工作に少し時間をかけて、完成したのは余りにもお粗末なダンボールハウス。そこらにあるようなホームレスさんの家のほうがまだ家としては有能そうなそれを見て満足気に微笑みます。
【すずな】「あっ、そうですわ。これを付けないと…」最後の仕上げに入口側の方に【懺悔室】と上にひらがなでルビまで振って少し可愛い感じの文字で書かれた看板…らしきダンボールをペタンと貼り付けて完成です。
【すずな】「さて…これで迷える子羊を救うのですね…うん、胸が高鳴りますわぁ」ぷるんぷるんと嬉しそうに胸を揺らしつつ、ゴソゴソと逆の教会の人間用の入口から入り、迷える子羊を待機しましょう。
【すずな】 ▽
【GM】 では、そんなわくわく気分で出張懺悔室を開始したすずな・・・しかし、まてどもまてども人は来ずとうとう日が暮れて欲望の街が目覚め始めます。
【GM】  
【GM】 路地裏に差し込むネオンの光で照らされるダンボールの懺悔室。すずなが書いた懺悔室の文字がなければ用途不明の箱扱いだろう。
【GM】 全うな人間はそんな懺悔室に入ってくるわけもなく、ようやくやってきたのは社会になじめぬ「迷える子羊」だけだった。
【浮浪者の汚っさん】「っひっく!シスターさんがな~んでこんな場所にいんだ?へへ、俺のお話もきーてくれんの?」
【GM】 わずかに酒の匂いを漂わせるぼろぼろの中年。しかし酒と体臭が狭い懺悔室の中に充満し、男がぼりぼりと股間を掻くたびににおいが濃くなる。
【GM】 ▽(RPどうぞ~♪シーンアクト1つ宣言可能!
【すずな】「あらぁ、どうぞおかけになってください……っ…」鼻をつく臭いに少しだけ止まってしまいますが、すぐにそんなことではいけないと考え直します。ここで迷える子羊を救うことが自分に課せられた使命だのだと信じきっていますね。
【すずな】「それでは…迷える子羊よ、今日はどのような告白を…?」どうぞ、と相手の懺悔を促すように少し近づいてみますね。正式な形ではないですが、そういうものを知らない人にとってはわかりやすいほうがいいだろう…という配慮ができる辺りは伊達にシスターをしていないというところでしょうか。
【すずな】 ただし、近づいたことで相手の方からはすずなの肢体がばっちりと見える形であり、逆に顔が見えない分被虐心を煽りかねない状況になっています。
【すずな】 アクトは大きすぎる胸で行こうかしらっ
【すずな】 ▽
【浮浪者の汚っさん】「ごくりっ・・・へへへっ、そうだなぁ~・・・シスターさん、実は俺ぁよ?みてのとーりココがかゆくてかゆくてたまんねーのよ?へへ」
【GM】 すずなの「大きすぎる胸」に目を奪われた男は、にんまりと笑うとさらにわざとらしく股間をかきむしり猿芝居で大げさに悩んでいると主張する。
【浮浪者の汚っさん】「んでよぉ?お医者様にきーたらよ?な~~んと、柔らかい人肌で綺麗にしてもらうといいってんだよ、女の、しかもやわらかーいもんで、ってよ?へへへへ、なぁ、わかんだろ?おい♪」
【GM】 そういうと、ジジジジ、っと男がズボンのジッパーを下ろす。そこから出てくるのは垢まみれの黒ずんだ肉棒。すえた匂いは鼻をツゥンと突き、間近でかげば涙すら浮かびそうな強烈な精臭をはなっていた。
【GM】 ▽
【すずな】「ふむ…ふむ……それは可哀想にぃ………え?柔らかい…人肌で…?」途中から悩み相談になっているなあと思うも、ここで聞くのをやめてはこの人は困ったままだと考えて話を聞いていきますね。
【すずな】「え…なにをぉ……へっ…んなぁっ!?」そのまま自分の視界が通る角度から見える位置で、男が自らの汚れきった肉棒を晒したのを見てビクッとします。
【すずな】「な、ななっ…あ…うぁ……そ、ソレが痒くてお医者様にも治らないと言われた…と」しかし…しかし神様のお告げではこの子羊たちを救えと言われており…女の柔らかいもので治せると言われれば普段ならすぐに拒否できるような状況でも正常な思考が回りません。
【すずな】「それを…どうすれば貴方を救ってあげられますか…?」更に部屋の中に充満していく雄臭さが思考を削ぎ、男に対して身を委ねるも同然の発言をつい口走ってしまいますね。
【すずな】 ▽
【浮浪者の汚っさん】「へへへ、カマトトぶってんなぁ……なぁに、シスターさんのその神の恵みみてーな胸で俺のチンカスをぬぐってくれりゃいーんだよ、こう、むにむに、ってな?ぐへへへ」
【GM】 すずなの初心な反応に、否が応でも股間に血が集まる・・・男は懺悔室の中で立ち上がると勃起してむわりとにおうチンカスちんぽをすずなの胸の高さに突き出し笑う。
【浮浪者の汚っさん】「べつに、ぱいずりしろとか、ふぇらしろとかいってんじゃねー、ただ、綺麗にするだけさ。神様もそんくらいならゆるしてくれんだろ?」
【GM】 男の肉棒は浅黒く、血管浮き出る使い込まれたもの。しかしその浅黒さがかすむほどに黄色くにごって醗酵すらしていそうなチンカスがそこかしこについていて、特にカリ裏は隙間も無いほどにこびりついてた。
【GM】 ☆調教刻印<敬虔なる信徒/軽度>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「胸APに2d6ダメージ」する。
【GM】 すずなの信仰心を試すよ!
【GM】 ▽(RPとダイスロールどうぞ♪
【すずな】 消費しないとダイス触れない?w
【GM】 そうだねw
【GM】 抵抗放棄してCP+1もらうってのも選択肢だ
【すずな】 では信仰ゆえに振らない!
【GM】 あはーw ではCP+1どーぞ!大きすぎる胸のCP+1もおわすれなくね!
【すずな】 はーい
【GM】 では 2d6の胸APダメージうけてRPどうぞw
【すずな】 2d6
【Dice】 B04_suzuna -> 2D6 = [4,2] = 6
【すずな】 6点もらいました!
【GM】 ほどほどだめーじ!胸の露出がすごいことになったんだろうね!
【すずな】「っつ…あ、ふぐっ…!」近づかれると余計に臭いが強くなり、とっさに顔を手で覆いたくなってしまいますが…それでも相手に失礼があってはならないと思いこらえます。
【すずな】「っふ…ぐ…わかりましたわぁ。……貴方のその悩みを…げほっ!…救ってあげます…わ」そう頷くと、簡単に脱げない修道服を全部脱ぎ捨てるわけにいかず…ショキッ、と少しだけ工作に使ったはさみで裂け目を入れますね。
【すずな】「えっ…あ、きゃあっっ!?」本当だったらほんの少し穴を空ける程度のつもりだったのに、豊満すぎる胸の圧力でパンパンに張っていた修道服はその穴を一気にびりいっ!と広げ、豊満な胸の谷間と黒いレースのブラを丸見えにさせてしまいます。
【すずな】「ど、どうぞ…私の胸で清めてください…」しかしこちらは悩みを聞いている側。取り乱すわけにもいかずにその巨乳をおずおずとチンポに近づけ、ぬじゅぅぅっっvvとその穢れを取り除いてあげるためにパイズリ奉仕を始めてしまいますね。
【すずな】 ▽
【浮浪者の汚っさん】「へへへっ、すまねぇなぁ?シスターさんよぉ、うぉぉ・・・すげぇ、すべすべじゃねぇか、つっこめば、どこまでもしずんでいきそうだ・・・っ♪」
【GM】 本の小さな裂け目からいっきに断裂していった胸の迫力にビクンと肉棒が跳ねる。興奮した男がレース地の黒いブラと胸の間に肉棒をつきいれ、すりすりと押し付けていく。
【浮浪者の汚っさん】「はぁ~~、はぁ~~~・・・下手なおまんこより、気持ちいいじゃねぇか・・・うっ、!か、カリ裏もしっかり、ぬぐってくれよぉ?うくぅ・・・」
【GM】 男はずりゅずりゅっと溢れる先走りですずなの胸とブラを汚し、すべりのよくなった胸に向かって腰を振る。汚れはすずなのむねにどんどんこびりついていき、カリ裏の汚れをこそぎおとそうと胸の突起へなんどもなんども擦りつける。
【GM】 ▽
【すずな】「どう…ですかっ…!治りそうでしょうかっ…!」チンポを乳の中に完全に押し込んでしまえば、鼻をついてくる臭いは少しマシになったでしょうか。
【すずな】「う、うぅっ…こうです…かぁ?」注文されるがままに乳を強く押しはさみ、頑張って奉仕を続けます…が、男がチンポを引き抜き先走り混じりのチンカスを乳首に塗りつけられた瞬間…
【すずな】「くふうっ!…はっ…ぐ…うぁっ…!」強烈に再び広がるチンポ臭に必死に耐えながら、悩める子羊に乳を蹂躙されていきます。既にチンカスは乳の間や乳首にべっとりとこびりつき、しばらくは洗っても匂いが取れないんじゃないかと思ってしまうほどです。
【すずな】 ▽
【浮浪者の汚っさん】「はぁー、はー、っ!ぐぅうっ!そろそろ、直りそうだっ、、、悪いモンが飛び出すから、しーーっかり、うけとめてくれよぉぉうううう!?」
【GM】 ばちゅんぶにゅん、ずじゅずじゅっ!すっかり夢中になっていた男はすずなの問いに咄嗟に答える。もはや数分も持たない余裕の無い腰振りですずなの胸を犯したぷたぷ揺れる谷間に腰を一気におしつける。
【浮浪者の汚っさん】「だすぞぉぉお!おうぐううううう~~~~~~~!?hっはーーーっはーーー!こ、これで、直る、ぜ・・・あ、ありがとよ?シスター」
【GM】 どびゅるるるるるっ!っとすずなの胸を押しつぶしながら射精する男、たまりに溜まっていたのか、チンカス同様にごって黄色みがかったゼリー状の精液がシスター服と胸の間にたっぷり吐き出され、精液の匂いをたっぷりとしみこませる。
【GM】 ▽
【すずな】「っく…くふうっvvvんんっっ!!」胸の間にぶちまけられた精液は胸の隙間を埋め尽くし、シスター服を内側から湿らせるほどに広がっていく。その熱や強烈な性臭にクラクラとしながら…
【すずな】「い、いえ…直ったならなにより…ですわぁ」にっこりとした笑顔の声で相手のお礼に返答しますね。どんな形であれ迷える子羊を救うことが出来たという事実はなにか不思議な充足感を与えてきます。
【すずな】「また今度来るときには自分の罪を懺悔しに来てくださいねぇ…勿論悩み相談でも構いませんからねぇ」胸の間に広がるお世辞にもいいといえるものではない感触を覚えながら、迷える子羊に別れの挨拶をしましょう
【すずな】 ▽
【GM】 男はへいへいと射精直後の余韻をのこしながら懺悔下室から去っていく・・・しかし、すずなの目を盗んでいくつか物をくすねるのを忘れずに。
【GM】 浮浪者の男は立ち去る前に懺悔室の文字をみて、すずなからくすねたマジックで10分100円と落書きをして笑いながら繁華街へきえていった・・・。
【GM】  
【GM】 落書きと漂う精臭によって出来の悪い娼婦の砦へち変貌した懺悔室は、ある意味で繁華街になじみすぐさま「迷える子羊」を呼び寄せる。
【薄汚れた青年】「シスター、表の文字ってほんとか?なら俺の悩みを解決して欲しいんだよ…簡単な事なんだけどね?」
【GM】 悩みがあるというにはハキハキとし告げる青年は脚を大きく開き、ジーンズ越しにもハッキリとわかる肉棒を強調させながらしゃべる。
【GM】 ▽(RPどうぞ~♪シーンアクト1つ宣言可能!
【すずな】「ええ、大丈夫ですよぉ。どんな悩みですかぁ?」入室してくるなり元気にそういった青年に肯定の返事をしつつ、手で座ってくださいとジェスチャーしますね。青年の鼻にはこびりついた性臭が感じられるでしょう、これは本当に10分100円でやっているんだと思わせるような、そういう環境になっているのでしょう。
【すずな】 先ほどはじけ飛んでしまったシスター服の胸部は、ソーイングセットで簡易的に縫い合わされているも…その糸が今にも綻びそうなほどに張り詰めて、その谷間を強調しているかのような様相になってしまっています。が、それに本人は気がついていません。
【すずな】「恥じることはありません、出来ることならば私が助力してあげましょう」そんな状態で青年に悩みを打ち明けろといえば帰ってくる答えは…
【すずな】 ▽
【薄汚れた青年】「いやぁ、悩みっていうかちょっとした痴情のもつれなんだけどね?俺、モテるんだよ・・・んで言い寄る女をかたっぱしからハメてやるやさしー面もあるんだけどよ・・・」
【GM】 男は自分の自慢をすらすらと話すと自然な手つきですずなの手を握り、そのまま自分の股間へすずなの手を当てさせる。
【薄汚れた青年】「このとーり、俺がハメるともう普通のちんぽじゃ我慢できねーってさ、しつこいわけよ。どうおもう?シスター♪」
【GM】 自信満々でふれさせた肉棒は・・・まだ勃起してもいないのに通常男性のモノと同じくらい太く。すずなの手が当って勃起し始めるとぐんぐんその存在感を増し始める・・・男の悩みは「自分の巨根」らしい。
【GM】 ▽
【すずな】「っ…主は言いました。汝、姦淫するなかれ。と…とは…いえ……あの、手を…離して……えっ…あ?」相手がそんなことを言ってくれば反射的に口をついてくる説法…ですがそんな言葉を無視するかのように手に触れてくる感触に、段々と意識を向けられていきます。
【すずな】「その…こ、これ……あら…ぁ…」いつの間にかその感触に、自分からむにむにと触れてしまいますね。男のものなど先ほど胸に押し付けられた汚チンポしかしらず、ソレよりも格段に大きい感触に上から下まで撫でるようにしてしまいますね。
【すずな】 ▽
【薄汚れた青年】「はははは、シスター。もしかして気になっちゃう?でも、懺悔室でシちゃうのはまずいんじゃないの?」
【GM】 自分の肉棒を撫でてくるすずなの様子をニヤニヤと眺めながら笑い、いじわるそうに言う・・・姦淫がどうとか説教していたシスターが夢中になる姿で更に肉棒は硬くなり熱い鉄棒のようになっていた。
【薄汚れた青年】「神様もこーんな立派なものつけといて、姦淫がどうとかいわねーっしょ、シスターもそのおっぱいで、ずいぶん苦労してんじゃないの?はははっ♪」
【GM】 男はすずなの注意を自分の肉棒と言葉と視線で胸に集め・・・無防備になったスリットからすずなの太もも、秘所を撫でていく。
【GM】 ▽
【すずな】「べっ、別に気になっていたわけじゃないわよぉ…っ」ハッとした様子で手を離してごまかそうとしますが…明らかに視線が下の膨らみに意識が集中してしまっています。
【すずな】「わ、私はそんな姦淫なんてしたことは一度も…」ゴニョゴニョと最後の方は消え入りそうな声ですが、ソレはもう処女宣言をしたも同然の発言です。
【すずな】 そして男の意識をそらすミスディレクションにまんまと引っかかり、スリットに手が入っていることに気がつくのが遅れてしまいます。
【すずな】 ▽
【薄汚れた青年】「え?マジで?そういう設定・・・って、わけじゃなさそうだね?シスターのココ、確かにキツキツだ♪」
【GM】 男はすずなの言葉に驚き・・・更にショーツの無い秘書へとぐんと手を伸ばすと、中指をくちゅりとすずなの膣口にいれてしまう。何人も女を食った男にはすずなの言葉が嘘ではないと信じられるようだった。
【薄汚れた青年】「でもさぁ、俺なら・・・シスターさんも満足できるとおもうんだよねぇ?俺もそんなでかぱい、はじめてみるし・・・ココもほら、シたいって、思ってんじゃない?」
【GM】 男は巧みにすずなの処女膣をいじり、快感をひきだしていく・・・とめようと手が伸ばされれば強めに膣をひっかき反撃を許さず、ひたすらすずなを誘いを快感を引きずり出していく。
【GM】 ☆スレッド名「ヒロインを罠に嵌めよう!」:呪いの魔方陣相当(戦術):1シナリオに1度だけ、任意のPCすべてに[妊娠][トラウマ][淫乱症][ロスト]以外のBSを1つ与える。 解説:スレ住民がヒロインへ様々な罠を画策し、実行するスレ。
【GM】 今回はBS【催淫】をプレゼントするよ!巨根青年が焦らしに焦らしていくよ!
【GM】 ▽
【すずな】「へ……きゃぁっっ!?ま、待って!何で触っているのっ!?」先ほどの浮浪者の汚れを拭うためのものがなく、仕方なく見えないだろうしと思って、無理やりスリットを入れて脱いだ下着を使って汚れを拭い去っていたのが災いした。男の手から逃げるためのものが何もなく、むっちりとした肉厚の処女肉を指で念入りにトロカされ始めたのに気がついた頃には既に時遅し。
【すずな】「し、シタいだなんて思っていないわぁっ…っくひっvvv」腕を引き剥がそうとするも、相当手練なのか嫌なタイミングで快感を与えてきて為す術なく処女肉を指先だけで仕上げられてしまっていきます。
【すずな】 ▽
【すずな】 あ、ぱんつはいてない宣言で!
【GM】 CP2SP2どうぞーw
【薄汚れた青年】「そう?今までもそうやって嫌がってた女は知ってるよ・・・そのあと、どうなったかもね♪はははっ♪」
【GM】 男は更に手を激しく動かしだして、むちむちのマン肉が震えるほどに手淫を激しくしていく・・・どこか急いでいるような男はすずなの膣口をトロットロになるまで愛撫するとあふれる愛液に濡れた手をすずなにみせつける。
【薄汚れた青年】「ほら、みてみ?シスターさんのおまんこ・・・もうこんなにとろとろだ♪大丈夫、神様もこーんな場末の路地裏までみちゃいないって・・・さぁ・・・」
【GM】 男はにちゃにちゃと愛液を指でもてあそびながらやさしーく、甘い言葉ですずなを落そうとする。しかし男は何か時間を気にするようなしぐさも時折見せていた。
【GM】 ▽
【すずな】「そ、そんなの…違うわっ……シタいなんて本当に思って…いないわよぉ……」ハァハァと息が上がってきて頬は紅潮しながら、その指から視線を外します。
【すずな】「っくぅ…うぅ……」しかし男の指は明らかに自分のスカートの中の惨状を表していて。ねっとりとした愛液が股間を伝って太ももに垂れていく感触がより強調して感じられてしまいます。
【すずな】 ▽
【薄汚れた青年】「ほら・・・シスター、嘘ついても俺にはわかる・・・でっかいちんぽ、ぶちこんで、めちゃくちゃにしてほしいんだろ?」
【GM】 ささやくように問いかけ、すずなの身体から抵抗をどんどん奪っていく男・・・この手管で多くの女性を
【GM】 多くの女性をおとしてきたと鈴何もわかるほどになれた手つきだった。
【GM】 そうしてトドメの一撃を加えようと男がすずなの秘所へ手を伸ばそうとした時・・・ピリリリ!と電子音が響く。
【薄汚れた青年】「あ~~ぁ、時間切れだ・・・さすがに10分は俺にもむりかぁ。ぱんつもはいてない淫乱シスターならイケるとおもったんだけどなぁ?」
【GM】 すると、優しげな男の雰囲気は一変してつまらなそうにすずなから離れていく。乱暴に愛液に濡れた手をぬぐいながら「あ、これゲームね。シスターさんが10分でおちるかどうか♪」そういうと100円玉をぽいと投げ渡してくる。
【GM】 ▽
【すずな】「そんな…こと…………へ?」最後の理性を振り絞って拒否するも…そこで鳴った電子音、そして青年の発言にぽかんとします。
【すずな】「10分…?なんで…あ…お布施ですか…?ありがとうございます」ぽいっと投げ渡された100円にお礼をしつつ、発情しきった体だけが取り残されてしまうのです。理性では安心しているのに体が欲求不満を強調してきて…とてもモヤモヤとした感覚がすずなを襲ってくるのです
【すずな】 ▽
【薄汚れた青年】「へー、お布施って設定なんだ、まぁ楽しかったよシスター♪あ、俺はここらへんにいつもいるんで、マジでハメハメしたくなったらさがしてくれな?じゃーねぇー。」
【GM】 軽い調子で最後にすずなの胸をなでまわし、逃げる様に去っていく・・・残されたすずなの今後を想像してまたそこらへんの女をおとしにいったようだった。
【GM】 ▽
【すずな】「い、いたずらだったの…かしらぁ…」その姿を見送りながら、すこしもったいなかったかと思ってしまっている自分を心の中で戒めます。
【すずな】「まあ…うん、こういう方もいるのは仕方ないわよね」うんうんと自分を納得させるも…体が嫌なほどにほてってしまって仕方ありません。先ほどの愛撫に加え懺悔室内の性臭が余計に体を高めてしまっています。
【すずな】「…ふぅ……うん、そろそろ帰ったほうがいいのかしらぁ…」少し疲れているのだろう、自分の中に渦巻く欲望を疲れのせいだと言い聞かせるようにそうつぶやきます
【すずな】 ▽
【GM】 立て続けに訪れる邪な「迷える子羊」に、敬虔なる信徒でもすずなも疲れを覚え始めてしまいます。
【GM】 そんな頃、また新しい男が懺悔室へとやってきた。男は今までの様に酔っても、汚れても居ない立派なスーツ姿。
【??】「んっふっふっ♪こんな所でこの様な素晴らしい行いをなさっている方がいらっしゃる、ついおじゃましてしまいましたよ?神も大変喜ばれているでしょうねぇ♪」
【GM】 顔の見えないスーツ男は嬉しそうに話し始め、すずなの行動を褒め称える。白い手袋でぱふぱふと拍手を送るほどだった。
【GM】 ▽(RPどうぞ♪
【すずな】「あらぁ、どうぞお座りください……え、あ、ありがとうございますぅ」今までの懺悔しに来た迷える子羊たちとは毛色の違う紳士的な態度、服装につい嬉しそうにお礼まで言ってしまいますね。
【すずな】「こほん…では…迷える子羊よ、ここへは懺悔に?それとも悩みを?」そうして背筋をぴんと伸ばしてしっかりと座り、しっかりと迷える子羊を導く為に見を整えます。
【すずな】 ▽
【??】「おっと、余計なおしゃべりが過ぎましたねぇ。ではワタクシの告白ですが…最近は仕事優先で、欲望の赴くまま女性を犯す機会が減ってましてね♪」
【GM】 紳士的な態度はそのままに、突如そんな事を言い出すスーツの男。しかし告白が進むにつれて男から嫌な空気-瘴気が漏れ出してくる。
【カメラマン】「申し遅れました、ワタクシは「ストリーミング・ショウ」のカメラマン。今日は貴女にお相手願おうとはせ参じました♪んっふっふ♪」
【GM】 区切りのダンボールがぽとりと落ち、その向こうにいる男の顔は異形。人の頭があるべき場所はハンドカメラに挿げ替えられ、無機質なレンズがすずなを写していた。
【GM】 ▽(RPどうぞ~♪その後、戦闘開始します!
【すずね】「ふんふん…ふん…ん?………え?」相手の告白の内容、ソレが明らかに異質なものだと感じた瞬間。その懺悔室内に満ちていた性臭が一転して瘴気に感じられる…!
【すずな】 すずなだったw
【すずな】「っ!貴方っ…まさかっ!!」その視線の先に見えた異形。自分の姿を捉えてくる機械の視線に気がつくと同時に変身しますね。
【すずな】 先ほど無理やり治した胸の部分は大きく開き、溢れ出そうな乳房をこれでもかと強調し、自分で入れたスリットは更に深くむっちりとしたふとももを晒します。
【すずな】 ▽
【GM】  
【GM】  
*bako_GM topic : [『SS』カメラマン(Kn/IV9/致命+2)]VS[すずな] 罠[なし]『SS』はストリーミング・ショウの略
【戦闘開始】行動順は「カメラマン>すずな」です!
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕! PC開幕からだよ!
【すずな】 開幕ありませんっ
【GM】 ではこちらから!
【GM】 1d6 魔法/任意《開:2:ファイアプリズン》(MP2) らいとあーっぷ!
【Dice】 bako_GM -> 1D6 = [3] = 3
【GM】 3点ダメージ!受動とアクトどーぞw
【すずな】 受動でブロック!2点マイナスして胸で受ける
【すずな】 アクトは過敏な突起と乳辱で
【GM】 はぁい!CP+2SP+2どーぞw
【GM】 続けて~・・・本命の撮影攻撃!
【GM】 1d6+20 射撃/単体 《能:4:死点撃》《補:3:狙撃》(MP7) パシャパシャ!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+20 = [5]+20 = 25
【すずな】 そのまま胸で受けて飛ばされる!
【GM】 まるだしだー!アクトはどうする!
【すずな】 挟み込む双乳も宣言したい!
【GM】 あいあいさw おっぱいたっぷりねw CP+1SP+1どうぞ!
【GM】 IV04 すずな
【すずな】 ではでは、補助でハローショットからの
【すずな】 マジックインパクトをカメラマンに!
【すずな】 投げナイフ攻撃っ
【GM】 うごごg!低コストなやつめー!
【GM】 催淫おわすれなくよ!
【すずな】 -1dだっけか
【GM】 うん!マジックインパクトと総裁で2d6だねw
【GM】 相殺!!
【すずな】 カメラマンは人魔?
【GM】 ダメージ発生後わかるでしょう・・・!
【すずな】 2d+1+3 くらえーっ
【Dice】 B04_suzuna -> 2D+1+3 = [3,6]+1+3 = 13
【すずな】 13点で
【GM】 うごごご 防御点が3で10点・・・さらにハローで+5!15点だめーじうけた!いたい!
【GM】 というわけで人属性あるカメラマン!次から+5でだいすどーぞw
【すずな】 びしびし!やったーw
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!
【すずな】 なし!
【GM】 こちらはライトアップだー!
【GM】 1d6 魔法/任意《開:2:ファイアプリズン》(MP2) らいとあーっぷ!
【Dice】 bako_GM -> 1D6 = [4] = 4
【GM】 4てーんw
【すずな】 受動無しで腰に受ける!
【GM】 うへへへ、すっぱだかだね!
【GM】 って6だった!2のこりかー!
【すずな】 あ、あと腰に2点あるもんっ(なけなし
【GM】 アクトはあるかなー?
【すずな】 なしー
【GM】 では、つづけてこれだー!
【GM】 1d6+20 射撃/単体 《能:4:死点撃》《補:3:狙撃》(MP7) ぬげかけすりっとを打ち抜く!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+20 = [6]+20 = 26
【GM】 うわぁw
【GM】 ブロックでCP使われるの考えると・・・やばいな!
【すずな】 どうせ腰はふきとぶっ!
【GM】 うむむ・・・!
【すずな】 全裸ですっ!
【GM】 アクトはあるかい!
【すずな】 ないっ
【GM】 では、反撃かもーん!
【すずな】 反撃で補助で無駄にハローショットからのCAジャッジメント!
【GM】 ぎゃーす!
【すずな】 11d6 の純粋ダメージ
【Dice】 B04_suzuna -> 11D6 = [4,4,3,6,4,5,3,3,6,5,6] = 49
【GM】 いてててて!し、しぬぅ!
【すずな】 神罰ですッ
【GM】 残りHPがヒトケタに・・・これはやるしかないなぁ!!
【カメラマン】「くぅっ!まさかここまでとは・・・しかたありませんねぇ、、コレを使うとしましょうか♪」そういってカメラマンが懐からピンク色の何かを取り出す!
【GM】 ☆スレッド名「日刊!全自動絶頂マシーンを作る!」路地裏貴族相当(戦術):シナリオ中いつでも、「ウィッチハント(Ro)」の罠をPCの人数分使用できる。使用費は掛からない。解説:有志がヒロインをエッチに喘がせる為に日々絶頂マシーンについて語り合い実践投入するスレ。
【GM】 二つ目の戦術!
【GM】 『ストリーミング・ショウ』吸着ローター(TP:24/任意/ウィッチハント相当/迷宮:乱打&堕落)(Ro/耐久:2 攻撃:0 特殊:13)
【GM】 《マルチアタック:6》《追加攻撃:6》《雌豚狩り:1》
【GM】 解説:「ストリーミング・ショウ」のスレ住人が作るエロ装置。ヒロインの媚肉に吸い付き激しい振動を送り続ける。
【すずな】 なにいっ
【GM】 こーんなのがせっちされるじぇw
*bako_GM topic : [『SS』カメラマン(Kn/IV9/致命+2)]VS[すずな] 罠[吸着ローター(TP:24/任意/ウィッチハント相当/迷宮:乱打&堕落)]『SS』はストリーミング・ショウの略
【GM】 ただこのターンは攻撃はしてこない!次からだーー!
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!
【すずな】 ありませんっ
【GM】 このターンはこっちもライトは無い!(照明よりローター操作をするために
【GM】 1d6+20 射撃/単体 《能:4:死点撃》《補:3:狙撃》(MP7) ジーットピントを合わせて・・・ぐじゅり!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+20 = [6]+20 = 26
【すずな】 ローターhshs
【すずな】 ポテ4点入れてブロックします!
【GM】 ほいほい!
【すずな】 4d6+3 点下げる!
【Dice】 B04_suzuna -> 4D6+3 = [3,3,1,4]+3 = 14
【すずな】 12点をHPにっ
【GM】 しぶとい!
【すずな】 ってごめん!
【すずな】 ポテ3点までしか使えなかった
【GM】 fmfmf
【すずな】 最後の4削って10でいい…?
【GM】 それじゃどこのダイスがけずれるか1d4で判定しよかw
【すずな】 1d4
【Dice】 B04_suzuna -> 1D4 = [3] = 3
【GM】 1へったw
【すずな】 ごめんー
【GM】 いいよの!
【すずな】 13食らった!
【すずな】 潮吹き宣言で!
【GM】 はぁい!CP2SP1だよ! そのまま行動どーぞ♪
【すずな】 ハローショットからのマジックインパクトでカメラマンに攻撃っ
【GM】 うぐぐ!こーーい!
【すずな】 2d+1+3+5
【Dice】 B04_suzuna -> 2D+1+3+5 = [4,2]+1+3+5 = 15
【すずな】 15点っ
【GM】 ぎゃーす!
【GM】 -3で12・・・カメラマンはたおされたーーー!
*bako_GM topic : [『SS』カメラマン(ぷしゅー)]VS[すずな] 罠[吸着ローター(TP:24/任意/ウィッチハント相当/迷宮:乱打&堕落)]『SS』はストリーミング・ショウの略
【すずな】 やった!
【GM】 しかし、すずなの身体にはカメラマンの置き土産!
【GM】 確かあくとは6つ目だったっけ?
【すずな】 ですっ
【GM】 2d6+1d6+6 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数&致命表+1 右乳首
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+6 = [1,2]+[3]+6 = 12
【GM】 2d6+1d6+6 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数&致命表+1 左乳首
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+6 = [5,4]+[5]+6 = 20
【GM】 2d6+1d6+6 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数&致命表+1 クリトリス!
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+6 = [3,2]+[2]+6 = 13
【GM】 襲い来る悦楽の振動兵器!!受動とアクトどーぞw
【すずな】 1発目、12受けて、女神の印を使いたいですっ
【GM】 OK!
【すずな】 6d6 回復っ
【Dice】 B04_suzuna -> 6D6 = [5,1,4,2,5,4] = 21
【GM】 3になった!
【GM】 あ、1発目受けた時点でアクト宣言できるよ!
【すずな】 では左乳首の方にブロックでっ
【GM】 3つが終わった後じゃなくて個別にあくとの宣言ができるらしい(こまかい
【すずな】 アクトなしでっ
【すずな】 へえww
【すずな】 ブロックで3点とめて残りを受けて…のこりHP1点!
【GM】 むぐぐ!おしい!
【すずな】 次で突破できないとかわいそうなことになる!
【GM】 ・・・ん?MPたりてる?
【すずな】 ブロック1回使うだけだけど…コスト増えたりする?
【GM】 このターン、カメラマンで1どぶろっくしてなかったっけw
【すずな】 しましたね
【すずな】 それで2点使って残り3点
【すずな】 って…ああっ!
【GM】 そしてハローとマジックインパクトで・・・だよねw
【すずな】 あうあう…
【すずな】 あうぅ…
【すずな】 食らって落ちた!ww
【GM】 私もみのがしてたな・・・!
【GM】 あくとつかっとくかい?w
【すずな】 アクト無しで…w
【GM】 復活しやすいからなぁw
【GM】 では致命表・・・堕落があるので1d6+1でどーぞ!
【すずな】 アイアンで相殺して
【すずな】 1d6 ってい
【Dice】 B04_suzuna -> 1D6 = [1] = 1
【GM】 くっ!あいあんめーー!
【すずな】 たえたっ
【GM】 胸に宿る消えない炎。倒れかけた身体に力が入る。
【HP】が1にになり戦闘を続行する。
【GM】 にゃーーー!?
【すずな】 ローターなんかに…まけないっ
【GM】 では・・・HP1で耐えたすずなさん はんげきどーぞ!
【すずな】 魔力使ってポテ2点突っ込んで、突破試みますっ
【GM】 こーい!
【すずな】 2d+5+2d とっぱっ
【Dice】 B04_suzuna -> 2D+5+2D = [4,1]+5+[2,2] = 14
【すずな】 懸命に引き剥がすっ
【GM】 催淫があるけど どこをけずる?w
【すずな】 あ、催淫って突破もか…
【すずな】 ミスばっかりでごめんっ!
【すずな】 1d4 先ほどみたいにダイスで…
【Dice】 B04_suzuna -> 1D4 = [1] = 1
【GM】 ダイスで判定する行動に-1D6の修正を受けます。 だからね!
【すずな】 10点っ
【GM】 では4がけずられて10点!のこりTP14だ!
【GM】 ぺりぺりっと肌からはがされかける吸着ローター・・・しかしけんめいに食いついて離れない!
【GM】 罠の攻撃・・・1個目の出目しだいでやばい!
【GM】 2d6+1d6+6 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数&致命表+1 右ちくび~♪
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+6 = [6,1]+[4]+6 = 17
【GM】 2d6+1d6+6 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数&致命表+1 左ちくび~♪
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+6 = [4,2]+[3]+6 = 15
【GM】 2d6+1d6+6 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数&致命表+1 くりちゃん~♪
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+6 = [5,1]+[3]+6 = 15
【すずな】 一発目であくめる!
【GM】 二度目の致命どうぞーw
【すずな】 1d 致命っ
【Dice】 B04_suzuna -> 1D = [3] = 3
【GM】 強烈な打撃に総身が震えて意志が折られる。
【HP】が1以上になるまで[能動][補助]行動を行えない。仲間がいなければ行動不能になる。
【すずな】 意思が折れたっ!
【GM】 あと1上なら・・・w
【すずな】 しかたないっ
【すずな】 アクメしながら懺悔室内にぶっ倒れちゃうねっ
【GM】 しかし、コレを使うはめになるとはおもわなかった・・・すずなちゃんつおい
【GM】 なのでプレゼントをあげようw
【すずな】 ぷれぜんとだー
【GM】 ☆敗北ヒロインを更に&徹底的に貶めるスレ:調教室&責め具一式相当(捕縛):[▼] 敗北したPCのSP+4。解説:敗北ヒロイン対しての責めが書き込まれるスレ。
【GM】 ☆MCで肉壷化を目指すスレ:洗脳部屋相当(捕縛):[▼]全滅表の出目を+1する。他の▼効果と同時に使用できる。解説:マインドコントロールでヒロインを淫らにしようと試みるスレ。
【GM】 SP+4と全滅表+1をどーぞw
【すずな】 わーい!
【すずな】 全滅表いきますっ
【GM】 どうぞ!
【すずな】 1d+1 全滅っ
【Dice】 B04_suzuna -> 1D+1 = [4]+1 = 5
【すずな】 た、たかい
【GM】 その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【SP】+2する。
【GM】 好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【GM】 どうやら懺悔室でたっぷり可愛がられたようだ・・・
【すずな】 わーお
【すずな】 魔力で判定行きます
【GM】 妊娠orトラウマはんていどぞw
【すずな】 1dだっけ
【GM】 これは2dだよ!
【すずな】 2d+5 ってい
【Dice】 B04_suzuna -> 2D+5 = [1,4]+5 = 10
【GM】 おしい!!
【すずな】 あ、あぶっ
【GM】 では、すずなは神のご加護で妊娠をまぬがれた!
【GM】 この後のエロールでまたアクトを1個宣言可能とするんで・・・リザルトは最後にしましょーw
【すずな】 はーい
【GM】 ではでは再現エロールいくじぇ!
【GM】  
【GM:すずな】「っ!貴方っ…まさかっ!!」
【GM】 変身し、大胆な胸元、スリットの入ったすずなを嘗め回すようにレンズを動かす魔人-カメラマンは、狭い懺悔室の中でフラッシュを焚きすずなの視界を奪う。
【カメラマン】「おやおや、まさかヒロインでいらっしゃったとは・・・嬉しい誤算ですねぇ♪せっかくですからたっぷりその痴態、撮影して帰るとしましょう♪んっふっ♪」
【GM】 カメラマンは目くらましと同時にすずなへ肉薄し、片手で抵抗を封じ、もう片方の手ですずなの大きすぎる胸を弄り回す・・・シルクの手袋の手触りは極上で、手つきもあの巨根の男のように熟練の技があった。
【GM】 ▽
【すずな】「っく、眩しいわねぇ……これじゃあ何も見え……っえぇ!?」その視界をいきなり封じてきたフラッシュに、一瞬だけ目をそらす…がその一瞬で投げるつもりだったナイフの距離をくぐり目の前まで肉薄され、そのまま腕を抑えられながら豊満な胸をじっくりと屠られます。
【すずな】「う、んんっvvvやめな…さいよぉっ…っくvvv」先ほど高められていた体が再燃し、修道服越しにもわかる程に乳首を勃たせながら首をイヤイヤと横に降って体を動かして抵抗します。吐息に甘い声が少し混じり始めているのをこらえながら、あくまで気丈に耐えようとしますね
【すずな】 ▽
【カメラマン】「んっふっふっ♪そうおっしゃらず・・・すん、この香り、どうやら貴女も随分楽しんだご様子。胸でうけとめ、秘所をぬらしている淫乱シスターなのですから身を任せてください♪」
【GM】 すずなの胸元から突っ込んだ手で巨乳を持ち上げるように下からなで上げ、先端にむかって刺激していく・・・ぽろりと露出した乳首にこびりついていたチンカスを刷り込むようにカメラマンはくりくり、しゅっしゅとその過敏な突起を攻め立てる。
【カメラマン】「あまり抵抗されますと・・・ワタクシもあまり使いたくない手をつかいますよ?んっふっふ、いやぁ、実にたわわな果実だ・・・♪」
【GM】 脅しと賞賛を交互に、快楽と羞恥をまぜこんで言葉でも優位に立とうとカメラマンはしゃべるを止めることは無い・・・
【GM】 ▽
【すずな】「た、楽しんでなんて…っひ…す、擦り込まないでっ…!!」乳首に先ほどの奉仕の残滓を塗りこまれる感触に体を震わせながら、その言葉を必死に否定します。がそれと裏腹に勃った乳首や濡れた股間がその言葉を強く肯定してしまっており…
【すずな】「だから…んんっ…やめなさいよおっっひいっっ…vvvv」脅されてもこのまま一方的になぶられるだけは不味いと思って、なんとか逃れようと脚でけってみたりしますね。それでも摘まれている乳首が引っ張られてそれだけで軽く絶頂してしまうのは変わらないのですが…
【すずな】 ▽
【カメラマン】「そうですかぁ、身体はこんなに正直なのですがねぇ?では、コレで貴女も自覚なさるでしょう♪」
【GM】 強情なすずなに、無機質のはずのレンズが笑みを浮かべたように鈍く光る。
【GM】 カメラマンは両手ですずなの乳房を握り締め、乳首を引っ張りながら強引にひざまづかせると、露出させた肉棒を強引に挟み込み強制パイズリをはじめた。
【カメラマン】「どうですかぁ?目の前で貴女の胸が陵辱され、乱暴に雄の肉棒を扱く道具扱いされる・・・全うな女性なら恐怖と痛みに快感など一切かんじませんよぉ?どうですかぁ・・・?んっふっふっ♪」
【GM】 言葉とは裏腹に、カメラマンの手は確実にすずなの快感を引きずり出し、乳肉を傷みが伴わないギリギリの刺激で責め立て、半分機械の肉棒をずにゅずにゅとその谷間からすずなの鼻先へと突き立てる。オイルのようなカウパーがすずなの胸を顔をよごしいくった。
【GM】 ▽
【すずな】「っふぐ、っくぅっ…vv気持よくなんて…ないんだからぁ…っっvvv」必死に歯を食いしばり耐えるのだが、それは痛みを耐えているわけではなく快楽を耐えるのだということは明白です。目の前で蹂躙される乳房をみて、自分が雌として開発されていることを実感してしまいますが、何とか認めたくないと必死に否定していきますね。
【すずな】「気持よく…なんてぇっ…」びくっびくっ!と体が痙攣し、パイズリレイプの感覚だけで軽くアクメをしてしまっていてもソレを頑なに認めようとしません!認めてしまえば自分が姦淫に屈服したことになってしまう、そう考えているのです。しかしその我慢もじきにほころびを見せてしまうのでしょう、目の前のチンポを見るたびにそれが欲しくてたまらなくなる自分がいることに気がついてしまいますね
【すずな】 ▽
【カメラマン】「んっふっふっ♪気がついてますか?貴女・・・口だけはまだ反抗的ですが、目がおちんぽを追ってますよ?唇も物欲しそうに半開きで。先走りを口にうけいれるようで・・・♪」
【GM】 半分は嘘、半分は本当の言葉ですずなを誘導し、オチンポの事だけしか考えられないようにしていくカメラマン。
【カメラマン】「くぅっ!まさかここまでとは・・・しかたありませんねぇ、、コレを使うとしましょうか♪」さすがに射精感が高まってきたカメラマンが懐からピンク色の何かを取り出す。
【GM】 強情な貴女へぷれぜんとですよ♪そういって3つのピンクローターがすずなの乳首、クリトリスへとぺたりと吸い付いてくる・・・そしてカメラマンが一際強く胸へ腰を打ち付けると同時、3点攻めのローターが激しく振動を送り込んで、すずなの抵抗を突き崩しにかかる。
【GM】 ▽
【すずな】「っっなっ!?そ、そんなことっ!…う、嘘よっ…嘘…っ」そんな指摘をされて真に受けてしまうほど、それ程に体は高まっていました。だからこそそのカメラマンの取り出した道具をただただ目で追うことしか出来ずに、乳首とクリトリスに吸い付くその道具の存在を把握するまで抵抗もできなかったのでしょう。
【すずな】「こ、これっ…な……っひみゃあっ!vvvま、まさか…だ、だめ…突いちゃや…っひぁっんvvvv」一度目の突き込みで体に電気が走ったような感覚を覚え甘い声がつい口をついてしまう…ピストンごとに3点を確実に屠ってくる桃色の機械に確実に高まっていた体が更に押し上げられていきます。そのスイッチとなっているのか、ピストンごとにそれが来るのだと察して、懇願するような目でパイズリピストンを止めてもらうようにお願
【すずな】 いしますが、その視線は丸でもっと責め立ててほしいと言っているかのような上目遣いなのです。
【すずな】 ▽
【カメラマン】「んっ、ふぅっvふぅぅん!!ほう、まだ、そんなことがいえるのですねぇ・・・ではご希望通り終わりとしましょうか。残念ですね・・・」
【GM】 カメラマンは限界まで高まった肉棒をびくびくとすずなの鼻先でふるわせながら・・・本当にピストンをとめてしまう。
【GM】 散々つきまくり、絶頂寸前まで追い込みながら・・・何の躊躇も無くゆっくり谷間から肉棒を引き抜き、あと1cmで引き抜かれる・・・
【カメラマン】「本当に、よろしいのですか?すずなさん?・・・んっふっふっ♪」状態をかがめレンズをすずなの顔に近づけながら悪魔のささやきを一言 すずなの名を呼んで誘惑する。
【GM】 ▽
【すずな】「え…あ……なん…で……っっ!」いきなりの停止、そしてそのまま責めをやめると言われた瞬間、思わず口をついて出てきたのはなぜ責めをやめてしまうのかという言葉で…自分がそんな言葉を発してしまったことにハッと気が付きますが、一度言葉に出してしまった感情はもう抑えきれません。
【すずな】「あ、あう…あ……だ、ダメよぉっ!vvvvっんううっっvvvあぁぁっっっ!!vvv」引き抜かれる直前、ドアップのカメラ目線を撮影されながら…その引き抜きを阻止するかのように自ら胸を打ち付けて根本まで飲み込んでしまいますね。同時に直撃する3点攻めに強烈なアクメを食らいながら、自らの意志で精を求めてしまったのです。
【すずな】 ▽
【カメラマン】「んくぅう!?んふふふうっ~~~!それですっ!それが貴女の本性です!ご褒美はたっぷりあります、存分に味わってくださいねぇ~~~っ♪」
【GM】 すずなみずからのパイズリ、技術も拙く衝動的な圧迫感・・・しかし極上の胸はそんなものをカバーしてあまりある乳圧とやわらかさによって射精寸前のカメラマンにトドメをさす。
【GM】 どびゅるるる、ごぼ、ぶりゅううう~~~っ!ちんかすだらけのおちんぽにつづき機械まじりのおちんぽからにごった白濁がすずなへと射精される・・・しかし射精の量も勢いも比べられないほど強く多く、濃い。
【カメラマン】「さて、ワタクシが半分機械である利点・・・堪能していただきましょう♪…大丈夫気絶するまで犯しぬいてあげますよ、んっふっふっふ♪」
【GM】 射精しながら、カメラマンはその剛直をピストンさせ始める、機械故にいつまでも硬く、機械故に疲れを知らず、射精が終わるまで、終わってからはも激しく腰を振るいすずなへ極上のザーメンと快感を与え続ける。
【GM】 ▽
【すずな】「んっぶうっ!vvこ、濃すぎて…ぷはぁっ!」顔面にごってりとぶちまけられる精液、その濃密な精液の感触にうっとりとした顔を見せてしまいます。3点の責めも相まって着実に理性を剥ぎ取られていきます
【すずな】「え、な…小さくならないのはズルいわぁっ…っっっひううっっvvvv」そして機械ゆえの異様な絶倫にびちゃびちゃと乳の中に精液をかき混ぜるようになりながらパイズリレイプを再開され再びアクメ地獄に叩き落とされてしまうのですっ
【すずな】 ▽
【GM】 一度陥落してしまったすずなへの責めは数時間に及び・・・繁華街に朝が訪れる頃漸くすずなは開放された。
【カメラマン】「いやぁ、もう朝ですか・・・胸だけで楽しみすぎてしまいましたねぇ?この懺悔室も貴女の潮と愛液でぐっしょりだ♪んっふっふっ♪」
【GM】 数時間、ただひたすらすずなの身体を、胸を開発するように攻め立て続け、幾度も絶頂させ、潮をふかせては懺悔室の中をみずびたしにしたカメラマン。
【GM】 気まぐれか、それとも何かあるのか・・・決してすずなのおまんこを犯すことなく身体と心をたたき折った彼は思い出したように札束を気絶寸前のすずなへ投げる。
【カメラマン】「忘れるところでした♪もう数時間たってますし、サービスしてくれたお礼ですよ♪コレで孤児院の子供達に美味しいものでもかってかえってくださいねぇ♪んっふっふっ♪」
【GM】 カメラマンそういい残し、懺悔室を後にする・・・どうして名前を、孤児院を知っているのかとすずなが疑問を圧倒的な快感で塗りつぶして消えていった。
【GM】 ▽
【すずな】「…ひゅっvvv…かひゅっっvvv」吐息すら絶頂に当てられて枯れ果てながら、全身を愛液と精液でぐっちょりと濡らし淫臭を振りまく状態になりながら。投げ渡されたその札束を見て…コジイの子供達の喜ぶ姿がふと脳裏に浮かび…そしてふっと快楽の残滓にさらわれて消えていきます。
【すずな】「おふしぇ…ありがとう…ございましたぁ…あはぁvvvv」うっとりとしたその声、枯れかけたその声はすずなが生きてきた中で一番欲望にまみれていたのでした
【すずな】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【迷える子羊】出張!路地裏懺悔室、むちむちシスターすずなの受難【1匹目】」
【GM】 終了します!お疲れ様でしたー!!
【すずな】 お疲れ様でした!
【GM】 すずなさんがえろかわいい・・・時間オーバーしちゃうくらいに///
【すずな】 ばこさんのSS、やっぱりすっごいエロいw
【GM】 かめらまん)んっふっふ♪
【GM】 ではでは、最後にリザルトです!
【すずな】 はいっ
【GM】 最後のRPで使いたいアクトがあれば宣言して・・・それふくめた総獲得CP/SP/アクト数をお願いします!
【すずな】 アクトは…うん、なしでww
【GM】 はぁいw
【すずな】 CP00/07 SP+14アクト6/8
【GM】 CPなんだかすくないよーな・・・?
【GM】 最後の潮吹き、総数のほうにたしわすれてない?w
【すずな】 あ、潮吹きか
【すずな】 足し忘れてた!
【GM】 わたしもたまにやるんだ・・・残数にだけたしちゃうのw
【GM】 ではでは今回のリザルトは~~
【GM】  
【GM】 PCリザルト:すずな
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:10(00) + CP:09 + 戦略:4 + 装備効果 0=43
【GM】 [ミアスマ]基礎:8 [SP]14 [名声]0 [BS]なし
【GM】 [魔物刻印] ストリーミング・ショウ [人脈/任意]『SS』カメラマン(NPC)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&専売令)
【GM】 [ミアスマ]基礎:10 + タッグ:0 + アクト:6 + 敗北:0 + 軍団施設:22+5+5+0 = 48
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:3 + 勝利:0 + 軍団施設:2+3 = 12
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵1体+再生用ミアスマ+0
【GM】 ☆キャットファイトch:闘技場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「レベル」+2だけ侵略点を獲得する。(最高7点/[淫乱症][ロスト]時不可能)解説:捕獲したヒロイン同士を、己の自由を賭けて淫らに戦わせ配信するch。本格的なリングにベッドや博打の対象にもなっている。
【GM】  
【GM】 こうだ!
【GM】 次やればレベルアップ確実だねぇw
【すずな】 ですねえww
【GM】 シスターの効果でまだまだ侵食度も低い 手ごわいあいてになりそうだ・・・!
【すずな】 えへへー
【すずな】 とりあえずそうだなあ…
【GM】 という感じで、今夜は遅いので後日感想やら次の打ち合わせトークしましょw
【すずな】 はーい
【すずな】 調教刻印は精液中毒みたいなのを考えておきますねー
【GM】 ログはこちらであげてもいいかな?
【すずな】 といいつつ寝るのです!
【GM】 はぁいw
【すずな】 おねがいしまうー
【GM】 ではでは、おやすみなさいませ~!(すずなにざーめんぶっかけ
【すずな】 あひぁぁっっ!(白濁修道服)