【赤音】 1d
【クダイス】 bako_zenji -> 1D = [1] = 1
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 直情的で、熱血で、内なる被虐趣味を抱える少女・・・・朱鷺 赤音
【mera_GM】 彼女は徹底的な陵辱の末に自らの精神性について理解してしまった。が・・・それはその時の記憶もろとも消え去っていた。
【mera_GM】 彼女がその後どうなったのか・・・これから語られるのは、そのことである。
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 12月11日・・・学校がもうすぐ終わる時期。学生は各々の冬休みの過ごし方についてあれこれ考えながら過ごす時期である。
【mera_GM】 しかし、今年は普段とは様子が違った・・・女子生徒の誘拐事件、そして犯罪組織の連続壊滅。
【mera_GM】 前者は前からあった話である。蔵鞍市には前から数々のモンスターが上陸していたのだから。だが、問題は後者・・・
【mera_GM】 今までのモンスタ・・・魔族とは明らかに異なる行動は、まさに凄まじいの一言であった。
【mera_GM】 そして、11日・・・事件が起きた。赤音はいつものようにパトロールをしていた。そして夜。
【mera_GM】 そろそろ帰ろうとした・・・その時だった。横の建物、古びたビルから並々ならぬ気配を感じたのだった・・・!
【mera_GM】 ▽
【赤音】「ふぁぁ・・・眠い、今夜のパトロールはそろそろおわりかなぁ?」最近物騒な事件が増えてきた、それを知って普段より遅い時間までパトロールを続けているのだが、今夜も空振りでふにゃっとした欠伸が口からこぼれる。
【赤音】「また先生におこられちゃいそ・・・ん?なんだろ・・・これ、とっても、嫌な気配!」ぴこーんと何かが反応する方に向かって駆け出す赤音。鍛え抜かれた脚は迷い無く気配へ壁を乗り越え、一気に近づく!
【赤音】 ▽
【mera_GM】 感覚に従って階段を駆け上っていく・・・すると、そこにはいかにも“その筋のモン”とおぼしき人間の死体が転がっている。その死体は鋏で千切られたり、太いロープのようなもので強烈に締めあげられたと思われるものが大半であった。
【mera_GM】 この殺し方は、人間には出来ない・・・!そう確信させるに充分であった。
【mera_GM】 まだまだ上の階がある、そして何かがあるのは間違いなく上の階だと“何かが”告げている!
【mera_GM】 ▽
【赤音】「うぇっ、うぐっ・・・なにこれ、酷い・・・、うぷっ・・・っ!」勢い良く古ビルの一室に飛び込んだ赤音。目の前の凄惨な光景は14歳にはつらすぎて、青い顔をして気持ち悪そうに胸を、口元を押さえてよろめく。
【赤音】「うぇ・・・は、あ、、、はぁっ・・・こんな、ひどいこと、人間の、仕業じゃ、ない!絶っっ対っ!ゆる、さない!!」べちゃびちゃ、少しだけ胃の中身が吐き出され、直視はできないがなんとか惨状を把握し・・・階上から更に強く感じる気配に闘志を燃やし、ゆっくりと階段をあがっていく。
【赤音】 ▽
【mera_GM】 階段を登っていく赤音。何かの気配が強くなっていく。そして・・・・
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 はい、ここで奇 襲 タ イ ム で ー す ( マ ジ キ チ ス マ イ ル
【赤音】 またーー!?
【赤音】 かもーん!
【mera_GM】 今回はですね、瘴気の化身を持ったキャラが2体襲ってきます!
【mera_GM】 単体なので消費MPは4でふ
【赤音】 ひぇぇ~^w
【mera_GM】 ではまず1体目から!
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera -> 2D6+6 = [2,2]+6 = 10
【赤音】 2d6+4 知力!赤音ちゃんの直感がびびっとくる!
【クダイス】 M10_akane -> 2D6+4 = [5,5]+4 = 14
【赤音】 1体目回避だわw
【mera_GM】 よく避けた!では2体目!
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera -> 2D6+6 = [3,2]+6 = 11
【赤音】 2d6+4 知力!赤音ちゃんの直感力!!
【mera_GM】 ふーむ中々ダイスが振るわん(
【クダイス】 M10_akane -> 2D6+4 = [5,6]+4 = 15
【赤音】 わーおw 赤音ちゃん今夜は絶好調だわw
【mera_GM】 おっ、上手く避けましたね!
【mera_GM】 では描写いきまーす
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 上へ登るにつけて濃くなっていっていた瘴気・・そしてそれに紛れていた2体の蟹が、階段を登った先の両側に潜んでいた!
【mera_GM】 登ってきた赤音にカウンターをぶつけるかのように蟹鋏をブンッと振りぬく!
【mera_GM】 ▽
【赤音】「ここかーーっ!って、あぶなっ?!」階段を上りきった赤音に振るわれる二つの鋏!赤音は二つの鋏の間、赤音のスレンダーな身体が丁度抜けるギリギリの隙間へと飛び込みごろごろっと部屋の中へ飛び込んだ!
【赤音】「お前達があんなことをした犯人か!絶対許さないもんね!!ハァッ!!」向き直り、起き上がるとはぁっと型を組み、変身する赤音!胴着とスパッツ、ハチマキが装着された格闘少女スタイルだ!
【赤音】 ▽
【???】「おやおや、また貴方ですか・・・復帰していただけたようで何より」
【mera_GM】 向き直った赤音の背後から、声。そしてそこには・・・・
【魔蛸ファルケン】「お久しぶりです、朱鷺赤音さん。また逢えて嬉しいですよ?」
【mera_GM】 血まみれのスーツを着た、蛸の海魔。そして袖から伸びた触手に・・・少女が、繋がっていた。
【葵】「ぁ・・・・ぁぅ・・・・・」
【mera_GM】 赤音とクラスメイトの少女、隼葵。女子バレー部の名リベロで、いつも一生懸命にやっていた。しかし最近姿を見ないと思ったら・・・こんな所にいたのか。
【mera_GM】 全身が焦げ付き、痣と白濁に塗れ、口からも精液が噴き出している。既に意識が無いようで、ただうめくのみである。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「誰だお前!って・・・葵ちゃん!?この、はなせーーー!」蟹に気を取られて背後をむけていた謎の存在に改めて振り向き・・・そのおぞましい姿と、手元につながれたクラスメートの姿に一気に怒りが爆発し、突撃する!
【赤音】 ▽
【魔蛸ファルケン】「おやおやまぁ当然の反応りがとうございます、しかしですね・・・」
【mera_GM】 蛸の背後は、窓。そこからそのままの姿勢で飛び降り・・・・
【魔蛸ファルケン】「今宵はですね、貴方と遊んでいる暇はないのですよ。彼女と遊ぶのが楽しくてですねぇ・・・!」
【mera_GM】 そう言い、翼を広げる。
【魔蛸ファルケン】「それではさようなら、また逢いましょう」
【mera_GM】 最後にそういい残し、どこかへ飛び去っていった。
【mera_GM】 だが追うことは難しそうだ、つい先ほどまでファルケンが立っていた場所に触手のようななにかが現れて道を塞ぎ、背後からは蟹が迫ってくる・・・!
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 では、バトル開始といきましょうか。
【赤音】 おー!
【mera_GM】 蟹はどちらむイニシアチブ2、他にはモンスターはいません。あ、最後に出てきた触手については後ほどタネ明かしをします故お気になさらず
【赤音】 あいさーw
【mera_GM】 では、配置の確認をしますね。巨蟹はクロールとフロールの2体。クロールが前に出来ています、フロールは後衛です
【mera_GM】 なおクロールは前回の闘いを踏まえてパワーアップ(?)を果たしていますよ
【赤音】 むむ!
【赤音】 だが、こっちもぱわーあっぷしてるもん!
【mera_GM】 さて、それでは行動をどうぞー!
【赤音】 先ずは・・・刻印開放 いいかな!
【mera_GM】 あいさー!>開放
【赤音】 では・・・ディープシーの刻印は1こなので・・・全ての判定に+3もらうじぇ!その状態で・・・クロールにあたーっく!
【mera_GM】 ういおー!
【赤音】 4d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3) おりゃぁぁ!!
【クダイス】 M10_akane -> 4D6+4+6+3 = [3,1,6,5]+4+6+3 = 28
【赤音】 出目もいい!28点ゴガガガガ!
【mera_GM】 28-11
【クダイス】 mera_GM -> 28-11 = 17
【mera_GM】 けっこう喰らいますね・・・だがひきこもりのお陰で更なる防御を得た!(ぉ
【赤音】 くしょーw
【mera_GM】 さーてと、そういうワケでクロールの攻撃いきまー
【mera_GM】 2d6+2-4
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+2-4 = [5,3]+2-4 = 6
【赤音】「邪魔だよ!どいてーーーー!!っっ~~っ、相変わらず、か、硬いっ!、、、??」かぁぁっと熱くなる腕、普段より力の篭った拳が防がれて怯む、そのときふとこぼれた感想に違和感が・・・
【赤音】 むぅ!アヴォイドーー!-6で完全回避だーー!
【mera_GM】 おつかれさまでーす、やったね!>完全回避
【mera_GM】 では、背後に控えてる蟹・・・フロールの攻撃いきまー!サモン・テンタクラー!
【赤音】 ひぃん!
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [4,3]+6 = 13
【赤音】 むむ!触手ってこいつかーー!
【mera_GM】 そうですこいつです!>触手召還
【赤音】 ダメージ-6 受動 アヴォイドwithSDドレス 【運動】だけダメージを減らす。(MP2) 7点はその他で受け1のこる!
【赤音】 って、違う!MPなかったw
【赤音】 その他を飛ばして受けますわw
【法蟹フロール】「・・・・」先ほど召還した触手が、鞭のようにしなり赤音に迫る!
【赤音】 ツイスターしたのわすれてたわw
【mera_GM】 アォゥフ(>わすれてた
【赤音】 アクトに 突き刺さる視線(C1/S1)!解けたグローブの下には謎の痣が!
【mera_GM】 あいあーい
【mera_GM】 では、これでターン終了ですね。次ターンいきます!開幕は?
【赤音】 開幕なんてない!
【mera_GM】 はいクロールは再生します(ニヤァ
【赤音】 ですよね1
【mera_GM】 というわけで攻撃どうぞ
【赤音】 同じコンボを懲りずにつっこむ!
【赤音】 4d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3) 削り倒す!!
【クダイス】 M10_akane -> 4D6+4+6+3 = [3,2,3,2]+4+6+3 = 23
【赤音】 うぐぐ!23点よー!
【mera_GM】 23-11
【クダイス】 mera_GM -> 23-11 = 12
【mera_GM】 12ダメですか・・・着実にキますね
【赤音】 かたーい!攻撃・・・耐え切る!!
【mera_GM】 んじゃあ巨蟹が攻撃しますよ
【mera_GM】 2d6+2-4
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+2-4 = [2,4]+2-4 = 4
【赤音】 む!その攻撃胸でそのままうける!APが14になって…・・・アクト 乳辱/過敏な突起(C2/S2)もらう!お胸むにゅぐに!
【mera_GM】 おぉ・・・!そこに後衛蟹のテンタコーゥ
【赤音】 こーい!
【mera_GM】 2d6+6
【赤音】 ありゃw
【mera_GM】 もっかい
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [4,4]+6 = 14
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [2,1]+6 = 9
【赤音】 これは・・・最初の採用で?w
【赤音】 少しラグってるようですにゃw
【mera_GM】 でいいでしょうな>最初
【赤音】 では温存アヴォイドで-6!8点を腰にうけておくよ!アクトはなし!
【mera_GM】 あーいす
【mera_GM】 そんじゃあ・・・次ターン!蟹は再生で回復!
【赤音】 ひぃん!
【mera_GM】 攻撃ドゾー
【赤音】 ここでひっさつのーー!赤音ちゃんスペシァル!
【赤音】 ファイナルストライクいっくぜーーー!
【mera_GM】 ほあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(ガタガタ
【赤音】 9d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3)+ファイナルストライク(CP3) 赤音スペシァルで沈めーー!!
【クダイス】 M10_akane -> 9D6+4+6+3 = [6,3,6,5,5,2,1,4,4]+4+6+3 = 49
【赤音】 49てーーん!どうだぁ!
【mera_GM】 オッブェ!!!(戦慄
【mera_GM】 49-11
【クダイス】 mera_GM -> 49-11 = 38
【mera_GM】 残念だったな!かーなーり効いたが多少のこるで!(ドヤァ
【赤音】「っ・・・硬くてタフなら・・・こっちも本気、いくよ!!赤音、、スペシャァアル!」ドガガガガ!拳のラッシュの勢いをのせた回し蹴り!食い込むスパッツはすこしほつれている!
【赤音】 くにゃぁぁーー!
【巨蟹クロール】「・・・・!」(強烈な攻撃に巨体が揺れ、甲殻に皹が入る・・・・!
【mera_GM】 んじゃあ巨蟹の攻撃いきまー
【mera_GM】 2d6+2-4
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+2-4 = [6,3]+2-4 = 7
【赤音】 むぎゅう!アヴォイドで-6!1を腰に!スパッツがーー!
【mera_GM】 そこに追い討ちをかげるが如く、触手が動き出す!テンタコーゥ!
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [2,5]+6 = 13
【赤音】 いぎゅう!腰を飛ばすのじゃぁ・・・アクトは・・・快楽に変わる痛み(C1/S2)で!
【mera_GM】 おっ、ドMきましたね!
【赤音】 痛いのか気持ちいいのか、その感覚に戸惑う赤音!
【mera_GM】 忘れていたあの感覚が蘇ってきたところで、次のターン!蟹は再生!
【赤音】 うごごご・・・
【赤音】 倒せるかどうかにかかってる・・・!こうげきいくじぇーー!
【赤音】 クロールへトドメの一撃!ラッシュラッシュツイスター!
【mera_GM】 いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
【赤音】 4d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3) おりゃぁぁ!!
【クダイス】 M10_akane -> 4D6+4+6+3 = [5,4,2,3]+4+6+3 = 27
【mera_GM】 27-11
【クダイス】 mera_GM -> 27-11 = 16
【赤音】 27てーん!多分倒せる範囲!
【mera_GM】 ・・・いや、5点のこった!
【赤音】 あふぇぇ!?
【赤音】 ・・・あ!巨持ちのパッシブ分か!計算みすったーーw
【mera_GM】 防御点9から11への向上って思った以上に効能たかい・・・!?そのぶん攻撃が死んでるけど
【赤音】 うぎゃおー!は、反撃こわいーー!
【mera_GM】 ですねー、魔/力/古ですから
【mera_GM】 そないビビらんでもええでしょ・・・前述のとおり攻撃力ひくいんですから今回
【mera_GM】 2d6+2-4
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+2-4 = [2,1]+2-4 = 1
【mera_GM】 ・・・・・
【赤音】 むねにそのままうけゆ!
【赤音】 ちくちく!
【mera_GM】 な ん だ こ の 前 代 未 聞 の し ょ っ ぺ ぇ 攻  撃
【赤音】 壁の宿命ですにゃ・・・w
【mera_GM】 キングだと壁でもそこそこ火力でるんですけど、ルークではなぁ・・・
【mera_GM】 っさーてテンタコーゥはじまるよ!
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [1,4]+6 = 11
【赤音】 うごごご!-6で5点・・・胸が8になって、口辱(C1/S1)もらう!
【mera_GM】 あいさー
【赤音】 触手でおくちがもごもご!
【mera_GM】 もごったところで・・・次ターン!蟹は再生!
【赤音】 うごご・・・5+6で11ってところか・・・
【赤音】 力ありなら12もある・・・そのままじゃつらい!もったいないけど、スペシャァルいくじぇ!
【mera_GM】 残念だったな、5+8DA☆
【赤音】「いい加減、倒れろーーーー!」かぁっと拳と脚を光らせ、ラッシュラッシュラーーーシュ!
【赤音】 9d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3)+ファイナルストライク(CP3) 赤音スペシァルーー!!
【クダイス】 M10_akane -> 9D6+4+6+3 = [6,3,4,1,2,5,4,5,2]+4+6+3 = 45
【mera_GM】 45-11+13
【赤音】 34点だね!甲羅ばっきばきよーーー!
【mera_GM】 イッタァ・・・!死んだぁ・・・!
【巨蟹クロール】「・・・・・・!!!!!」
【mera_GM】 強烈なラッシュに甲羅が砕け、蟹味噌が飛び散る!赤音がリベンジを果たした瞬間である!
【mera_GM】 ・・・さて。これで1対1、そこまで大火力を持っているわけでもなければ再生能力があるわけでもないフロール、絶体絶命。
【赤音】 しかしCPからっぽ!
【mera_GM】 ここでフロールは苦し紛れにある行動を始める!
【赤音】 !?
【mera_GM】 先ほどからそれなりに赤音を苦しめてきた触手が、うにゅにゅと姿かたちを変化させる。そして・・・
【mera_GM】 成した形は、魔蛸ファルケン。
【ファルケン(触手)】「おやおや、やりますねぇ・・・・!んー、しかし拳が“痛そうになってます”よ」
【mera_GM】 消えた記憶が、その発言とおぞましい姿によって・・抉り出されそうになっている。
【mera_GM】  
【mera_GM】 ってわけで刻印『消えた記憶』を使わせてもらいまー!
【赤音】 ひぃん!
【mera_GM】 sてどうしよう・・・トラウマ刻むか2d6ダメか
【赤音】 あ、そっちか・・・!達成地-8っぽい言い方だなとおもったがw
【赤音】 どれだろう・・・?
【mera_GM】 トラウマで怯んでる間にビシバシやるつもりです>-8っぽかった
【赤音】 ひぃんw
【mera_GM】 ・・・んー、BSトラウマを刻みこむのって許されるんだろうか・・・・
【mera_GM】 いや、よそう。HP2d6ダメで!
【赤音】 行動操作ってのもあるじぇー?
【mera_GM】 操作・・・といいますと?
【赤音】 特定のアクトや行動をさせる敵な?
【赤音】 私がやったことあるのは、次のターン待機をしてしまう!とかですわねw
【mera_GM】 なーるほど。・・・・でもうまい活用法思いつかないんですよね、なにか希望みたいなのあります?
【赤音】 いや!思いつき程度なのでHPダメージもらうよ!CP温存じゃー!
【mera_GM】 あいあーい!
【mera_GM】 2d6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6 = [2,4] = 6
【赤音】 いぎぎ!
【赤音】 HP残り20・・・体力低いとつらいのじゃぁ・・・!
【ファルケン(触手)】「それじゃあ、痛くしてあげましょうねぇ・・・!」触手が唸り、動きが止まった赤音を打ち据える!
【赤音】「ぎゃううっ!?あ、いぎゅっ・・・な、んで・・・!?」赤音はその攻撃を、受けることも交わすことも出来ず・・・露わになった秘所でおもいきりうけてしまう!
【赤音】 強制絶頂(C3/S2)の仕様、いいかな!
【mera_GM】 あいさーどぞー!
【赤音】 では、絶頂判定!
【赤音】 2d6+6 運動/15以下でHPダメージ5!
【クダイス】 M10_akane -> 2D6+6 = [5,3]+6 = 14
【赤音】 あひぃ!?
【mera_GM】 ん?(ゲス顔
【赤音】 痛いだけのその攻撃に・・・何故か赤音の身体は快感を覚え、びくびくっと仰け反り潮を吹く・・・訳も判らず快感に悶えふらつく赤音
【赤音】 HP15だわ・・・くやちい!
【mera_GM】 よーし・・・ひとしきり叩いたところで、触手が更に攻撃してきます!というわけで今度は普通にサモン・テンタクルで攻撃DA☆
【赤音】 いぎぃん!?
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [3,6]+6 = 15
【赤音】 おっきいーー!?軽減しても胸が飛ぶ!!素っ裸の赤音ちゃんです・・・///
【mera_GM】 ひん剥いたところで次のターン!お互い開幕はなさそうなので・・・赤音チャン!攻撃するんDA☆
【赤音】 うにゃおーー!これでもくらえーーー!
【赤音】 4d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3) 硬度ちぇっくの拳!!
【クダイス】 M10_akane -> 4D6+4+6+3 = [5,4,6,1]+4+6+3 = 29
【mera_GM】 29-9
【クダイス】 mera_GM -> 29-9 = 20
【赤音】 かたぁい・・・!
【mera_GM】 20ダメ・・再生がない以上これはマズイっすね(汗
【mera_GM】 だがそちらも追い込まれてると見た!他にできることもないしテンタコォーウ!
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [1,4]+6 = 11
【赤音】 いぎゅぅん!-6で5点・・・HP10!?
【赤音】 つけられた種/菊辱(C3/S2)でアクト使い切り!
【赤音】 OKならつけたねの妊娠判定するのジャー
【mera_GM】 けっこうタマッたんじゃないっすかねCP・・・!妊娠判定どぞー
【赤音】 2d6+6 運動!孕みたくないぃ・・・!
【クダイス】 M10_akane -> 2D6+6 = [1,1]+6 = 8
【赤音】 あひん!?
【赤音】 着床しちゃったのじゃぁぁ・・・
【mera_GM】 あぉん(>着床
【mera_GM】 着床処理はまた後でやりますかね
【赤音】 蟹の赤ちゃん最後に出産しないと・・・
【mera_GM】 あ、ロル上での処理って意味です
【赤音】 あいあいさw
【mera_GM】 さて、次ターンですな・・・さぁ赤音チャンくるんだ!
【赤音】 うごごご、これでやらなきゃおちちゃう!いくぞーー!
【赤音】 9d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3)+ファイナルストライク(CP3) 赤音スペシァルーー!!あかちゃんなんて、いやぁぁーーーー!
【クダイス】 M10_akane -> 9D6+4+6+3 = [5,3,6,1,5,2,5,4,2]+4+6+3 = 46
【赤音】 46点!
【mera_GM】 46-9+44
【クダイス】 mera_GM -> 46-9+44 = 81
【mera_GM】 ・・なんかヘンな数字でた!やりなおし!
【赤音】 -44じゃないとわからなくない?
【mera_GM】 46-9
【クダイス】 mera_GM -> 46-9 = 37
【mera_GM】 44-37
【クダイス】 mera_GM -> 44-37 = 7
【赤音】 のこってるーー!
【mera_GM】 ・・・まぁ、見ての通りです。生き残りました。再生はないから安心していいよ!わりと本当に!
【mera_GM】 ではテンタコォーウ
【mera_GM】 2d6+6
【クダイス】 mera_GM -> 2D6+6 = [6,6]+6 = 18
【mera_GM】 ・・・・・・・ここで66出ちゃうかサーセン
【赤音】 !?アヴォイドーーーしても12・・のこり3w
【mera_GM】 やりますねぇ!(関心 そして耐えたということは・・・!
【赤音】 残りHP3でなんとか耐え抜いた・・・が、次は無いぞ・・・!
【mera_GM】 次ターンGO!開幕は双方ナシ!やってしまえぇーーーーーーーー!!!!!
【赤音】 ぜんぶもってけーーー!
【赤音】 10d6+4+6+3 白兵/単体 ツイスター&ピアシング(MP2+3)+ファイナルストライク(CP3)+ぽて1! 赤音スペシァル!おまえのせいだーーー!
【クダイス】 M10_akane -> 10D6+4+6+3 = [4,1,5,5,6,6,4,2,1,6]+4+6+3 = 53
【赤音】 53点!全身を光らせて打ち砕く!!
【mera_GM】 計算するまでもねぇ・・・甲殻粉砕!蟹味噌噴出!!完全勝利であるッ!!!
【赤音】 ・・・マゾヒズムここで使われたら、とか思っちゃう私でしたw
【mera_GM】 はっはっは、そこまで鬼じゃありませんよ(データ上は
【mera_GM】 そう、あくまで『データ上は』。
【赤音】 ギリギリすぎる状態で何とか生き延びた・・・けど、きっと後を追うどころじゃないな・・・w
【mera_GM】 GMはシナリオ中、任意のタイミングで《調教刻印》を使用することができます。 ・PCの行動を操作する。(つい相手の言うことに従ってしまう、場所を構わず自慰をはじめてしまう、など)
【mera_GM】 ・ ・ ・ ・ あ と は わ か る な ?
【赤音】 !?
【mera_GM】 実際このまま終わらすとセッションのリョナがが無味乾燥になっちゃうからね、仕方ないね(ゲス顔
【赤音】 リョナエロールは後でまとめてかとおもってたが・・・続きからか!
【mera_GM】 それではリョナシーン、付き合ってもらうぜ!刻印マゾヒズム発動ッ!!!
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 蟹が、砕ける・・・しかし蟹の魂が、赤音に呪いをかける。
【mera_GM】 赤音自身には、何がおきたのか把握できないだろう。
【mera_GM】 だが、蟹の魂は、呪いは・・・赤音を確実に蝕みにかかるのだ。
【mera_GM】 さて、理解できない赤音はこれからどうするのか。体力の消耗が激しいが・・・
【mera_GM】 階段を下り、徒歩で帰ることが出来るだろう。布を纏いたいなら先ほどのマフィアの死骸からはぎとる他ないだろうが。
【mera_GM】 もしくは此処で野宿をすることだってできる筈だ。
【mera_GM】 それでもなければ・・・あの魔蛸を追うか。彼特有の雰囲気を、感覚を研ぎ澄ませて感知すれば追うことも不可能ではない。が
【mera_GM】 それは無謀だという理解もできる筈だ。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「く、はぁ・・・あ、っんくぅっ・・・い、あ・・・はぁ・・・こ、んなの、嘘・・・だよね?んっ・・・う。。あぁぁ///」二匹の魔蟹を砕き、その場に崩れ落ちる赤音・・・もはやボロ布に近い胴着をぎゅうっとにぎりしめながら湧き上る痛みを伴った快感と・・・膣、尻穴から溢れるきもちわるい粘液にがくがくと震える。
【赤音】「ごめ・・・ん、葵ちゃん・・・すこし、すこしだけ・・・だからっっ~~~っ♪あひぃっ、ださなきゃ、せーえき、妊娠、しちゃ、うっ・・・蟹の赤ちゃん、産んじゃうよぉっ///」
【赤音】 連れ去られた葵に謝りながら、その場でぐじゅ、ぐぼっと自らの膣に入った精液をかき出そうと痛めつけられた秘所を弄る・・・しかし傷口を引っかくような鋭い痛みに肩が振るえ、快感が走り・・・抗う心のすくなかった赤音はそのまま行為にふけってしまう・・・
【赤音】 ▽
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 秘所を弄るというその行為は、耐え難い快楽を生み出す。赤音はその快楽に気をやってしまい・・・眠りについた。
【mera_GM】  
【mera_GM】 赤音は、目が覚めた。しかし窓から見える空は不気味な虹色になっていて、ここが正常な場所ではないことを悟る。
【mera_GM】 そして眼前には・・・蟹が。赤音は体を動かそうにも、金縛りにあっていて動けない。
【魔蟹フロール】「ここはお前の夢の中だ。伝えることが2つある」
【魔蟹フロール】「まず1つ目。お前は妊娠した。目が覚めれば、お前の腹は膨れているだろう・・・」
【mera_GM】 受胎告知。白い液体をかきだしても意味なぞなかった・・・既に着床を成していたのだ。
【魔蟹フロール】「そして2つめ・・・ここからが本題だ。これからお前がこの夢から覚めるまで“お前が望むこと”をしてやろう」
【mera_GM】 そう言った後、蟹の姿は掻き消えた。
【mera_GM】 そしてその直後・・・赤音の眼前に、筋骨隆々で、醜悪な貌の『悪魔』が。
【mera_GM】 ゴブリンシャークの海魔が、現れたのだ。
【鮫海魔】「・・・・・」
【mera_GM】 彼は何も言わず、動けない赤音の顔面を殴る。頬に拳がめり込み、床にくもの巣状の皹が入る。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「は、あぁぁ・・・なに・・・ここ、アタシ、たしか、蟹を・・・たおして、、、え?」起き上がろうとしても、動けない・・・腕は左右に広がり床に張り付き、脚もだらしなく蟹股状態で丸出しのおっぱいも秘所も隠せない事に羞恥心が湧き上り・・・現われた蟹の姿に更に動揺してしまう。
【赤音】「な、なにしって・・・そもそも、人と蟹が・・・妊娠するわけ・・・嘘、だよね?ねぇ、まってよ!アタシの望むことってなに!?アタシ、何も願ってないよ!ねぇ・・・ねっ!?うぎゅうっ?!あ、かひっ・・・?!」隠すこともままならない身体を蟹にみられながら・・・真っ赤になってその言葉を聴くと、有り得ない言葉を残して消えていく・・・代わりに現われた歪な魔物から動けない赤音はゴシャっと赤い花を咲かせながらびくびくっと痙攣、苦し
【赤音】 げなうめきごえをあげた。
【赤音】 ▽
【鮫海魔】「・・・・」鮫海魔は何も語らない。代わりに醜悪な笑みを浮かべる。
【mera_GM】 彼は赤音の頭を掴み、手始めに握りつぶしにかかる。頭骨が軋みを上げる・・・
【mera_GM】 鮫海魔はそのまま赤音の体を持ち上げ、走り出し、後頭部をコンクリ製の壁に叩きつける。
【mera_GM】 しこたま壁にうちつけていく・・・壁に皹が入り、やがて砕ける。
【mera_GM】 砕けたらば、手首を捻りながら手放すことで赤音を180度回転させてから再び掴み、叩き付けにいく。
【mera_GM】 まずは後頭部を叩き付け、次に顔面をたたきつけにいった形である。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「ひぎゅっ!?あ、ぎぎいいいいっ~~~!?や、痛い、あ、ひぃっ~~えご、う、ぐぁぁっ♪」床に張り付いていた赤音はだらりと四肢を垂らしながら血濡れの頭部をつかまれ・・・メキメキッと不快な音を耳の内側から聞く。その痛みが、ある域を超えたとき、赤音のうめき声に甘い物が混じり始め・・・ソレを見計らったように、頭部が硬いコンクリートへと打ち付けられ、赤音はびくびくっと四肢を痙攣させ震える。
【赤音】「あぎっvやめっ、こんな、あいぃっ♪うそ、あ、ぎぅうっ?!く・・・あひぇっvやめ、んむぶうっ!?あ、りゃめ、えぶっ!!///」ゴシャァ、バコ、ベキィっ・・・激しい破砕音と共にコンクリートの壁が砕け鉄骨が露わになる。赤音の頭部は辛うじて壁に勝ったようだが・・・露出した鉄骨はその硬さと凸凹、掴み方を変えた海魔の力を頑丈な頭部に叩き込まれ砕けた頭蓋骨がギシャリとこすれあい、ひしゃげた鼻から夥しい出血で辺りを赤く染め
【赤音】 、削りおちた頬肉が鉄骨にこびりついてく・・・
【赤音】 ▽
【鮫海魔】「・・・・」赤音が痴態を晒し、鮫海魔は笑みを深める。そしてそこに新たなる来訪者が。
【魔蛸ファルケン】「おや・・・“何も望んでいない”というのはやはり嘘だったんですね?」
【mera_GM】 いやらしい笑みを浮かべるファルケン。一方の鮫は攻撃の手をゆるめることなく新たな攻めに出る。
【mera_GM】 再び向きを180ど反転させ、後頭部をコンクリ壁にたたき付ける。が、今度は続けて叩くきつけはしない。おしつけたままだ。
【mera_GM】 そうしたまま、拳を握り締める鮫魔が・・・殴る。
【mera_GM】 手始めに腹筋を叩き潰すボディストレート。そこからは全身ありとあらゆる部位を狙った乱打。
【mera_GM】 肋骨が砕け、四肢の骨が砕け、筋繊維が滅茶苦茶になり、頭蓋がいよいよ破砕され、五臓六腑が崩壊していく・・・!
【mera_GM】 ▽
【赤音】「い、ぎぃっっ~~っvや、めぇっ///こんなの、嘘、あ、いぎっ、お前たち、のみせてる悪夢、だからぁぁ・・・あぐぅっ♪」頭を潰され割れるような痛み、、、それが変換された快感に晴れ上がった瞼から見える葵を連れ去った魔人へとむけさせ・・・それをさえぎられるように塞がった視界は鮫海魔の掌。押しつぶされる様に壁にめり込んだ赤音は、だらしなく痙攣すると・・・振り下ろされる拳に恐怖と、期待がわきあがる。
【赤音】「あぎゅううっ!?あ、ひぃっ♪あ、ぶぅ、ぐ、いぎぃっ!?ひぁ、あ、うぶぅっ、げぇ・・・んぎゅあぁううっ~~~♪」最初の一撃、腹部が裏返りそうなほどめり込んだ拳が吐血と、愛液を赤音の身体から搾り出し、ぬめった体液にまみれ、肩が、腕が、胸が砕かれ、潰され。愛液で濡れ光る脚は拳がめり込むたびにつま先をぎゅうっと握りこんで耐える・・・
【赤音】 ▽
【ファルケン】「これはこれは・・・随分お楽しみですね。どれ、私も楽しませて貰いましょうね」
【mera_GM】 そう言い、魔蛸はあのときのように電気を練り上げる。そして強烈な電撃を溜め・・・・
【mera_GM】 放つ!全身を駆け巡る電流、地獄という形容さえ生ぬるい責めを3分間・・・・!
【mera_GM】 ▽
【赤音】「いぎぃっ?!や、あぁぁあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ♪」血と愛液ですっかりぬめり染まった赤音の身体。そこに雷が落されれば・・・一切の抵抗無く、地獄の電撃で赤音の意思とは無関係に身体が踊り出し、痛みを、快感を暴走させる。
【赤音】「あごあぁぁ、、、なんで、こんなの、っ、いぎぁぁった、うぁぁっvいあ、んぐぁぁああ~~!?」電撃に萎縮する筋繊維がブチブチブチっと聞こえる中、赤音はこの感覚に懐かしさを覚える・・・そんなはずはないのに、赤音の心が、身体がこの電撃を欲しがるように痛みを受け入れ、快楽を享受していった・・・
【赤音】 ▽
【mera_GM】 3分間の電撃が収まり、責めはいよいよ収束へと向かう。
【mera_GM】 頭を掴んでいた鮫魔がそのまま姿勢をかがめ、そして溜めた力を解き放ち空へ投げ飛ばす!
【mera_GM】 天井のコンクリが砕け、さらに飛び、また砕け・・・総ての天井を砕いても赤音の勢いは止まらず空へと舞う。その後を追い、鮫魔自身も跳躍!
【mera_GM】 そして遥か上空・・・対流圏を少し過ぎ、成層圏に達した辺りで鮫が赤音を掴む。
【mera_GM】 そして空中で規格外の逸物で串刺しにされる。上昇の衝撃を膣でモロに受け。既に骨盤が砕けていたのもあって下腹部が、いや腹部全体がボコオッと膨らみ肉棒が肺を圧迫する。そして落下・・・!下へ落ちていけばいくほど速度を増していく・・・
【mera_GM】 頭から真っ逆さまに落下する赤音と鮫魔。そしてとうとう、その時が来た。頭から地面のコンクリートへ衝突、舗装を激しく砕いてしまう・・・!
【mera_GM】 衝突の衝撃、鮫の巨体と巨根による圧迫、そして規格外の射精が赤音の肉体をブチ抜く!
【mera_GM】 ▽
【赤音】「いぎあぅあううっっ・・・あ、ひあ・・・あぁv・・・ぁ・・・」180秒、その間に数え切れないほどの細胞が死に、痛みに悶えて、絶頂していた赤音。その電撃が収まってくると、荒い呼吸に混じり、確かに物足りない、あともうすこし・・・そんなねだるような吐息が漏れる。
【赤音】「あ、、は・・・も、っ・・・ひぎゅ!?」動かないはずの手が持ち上がりガタガタ震えて海魔たちに伸ばされる。もっと、かもうだめ・・・か、その言葉は誰にも聞こえないまま投げ上げられた赤音は何かを突き破りながら空高くうちあげられ・・・
【赤音】「や、ああぁぁ・・・・め、そんな・・・おち、んぽ、やぁぁ///」拒絶の言葉だけを辛うじて吐き出したボロボロの身体がすっかり叩き壊され、解されたおまんこが海魔の巨大な肉棒をずっぽりとくわえ込み、みちみちっと締め付け、有り得ない快感に囚われる。
【赤音】「あっっは♪ふわふわ、する、これ・・・しゅご、いぃっ///もっと、もっとぉ・・・あたし、めちゃくちゃ、にぃっ///」ぐんぐんと近づく地面、それに対して感覚が、指先から消えて胴体、貫かれる肉棒の感触に支配される。その結果に行き着く思考能力はもうあかねにのこっていなくて・・
【赤音】「はぎやぁぁっ♪あ、ぎぁあああ、あ、ぎぁぁあ~~~~~~っひ、い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛
【赤音】 」
【赤音】 ズゥウウンっと、地面に何かが墜落し、クレーターの中心でその肉体が貫通し肉片と精液とコンクリート片にまぜこみながら・・・一個の肉とかした赤音が甲高い声をあげつづける。
【赤音】 ▽
【mera_GM】 地面にめり込んだ赤音に精を放ち、そこから更に腰を叩きつけていく。内臓全体をオナホ扱いである・・・
【mera_GM】 ずっちゃずっちゃと、赤音という肉をオナホにし、ひたすら精を出す。
【mera_GM】 ・・・・・
【mera_GM】 ・・・
【mera_GM】 ・
【mera_GM】 気がつけば、そこはビルの中だった。蟹の死骸はいつのまにか消え去っていて、ビル自体の損壊も戦闘による最小限のもの以外は無い。
【mera_GM】 辺りを見回していると、下腹部に違和感を感じる。そしてそこに目をやれば・・・・大きく膨らんでいる。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛ぃぃぁあああ!?、、っ、はぁ、あ、はぁ・・・なに、いま・・・の?あたし、アタシ・・・あんなの・・・うぷっ、うぇっ、、、え!?」
【赤音】 自分の叫び声で目を覚ます赤音・・・はぁはぁと荒い息で露出した胸が・・・勃起しつんとたっている乳首が敏感に快楽を、昂ぶっていた自分の証拠をのこして汗にぬれている。
【赤音】 激しい嘔吐感に身を起こせば・・・重いお腹、まるで臨月の妊婦の様な自分のお腹、しかも、歪なふくれかた、蠢く小さな、硬い何かの感触に、全ての思考が再びフリーズしていまう。
【赤音】 ▽
【mera_GM】 まるで見計らっていたかの如く、うごめき出す稚蟹。魔蟹の仔は稚蟹でも大きい。
【mera_GM】 鋏を動かして膣をこじ開け、棘が膣肉を引き裂いていく。
【mera_GM】 そして・・・膣口からは血に塗れた巨大な稚蟹が現れた。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「いぎゃぁ!?なに、これ、ま、さか・・・あの、夢、本当に!?や、だめ、でないで、いぎゃうぅっっvだめ、おまんこ、奥から、こわされ、いぎゃぁうっ♪」
【赤音】 じょぎり、ブチンっ、めり・・・ギチッ…、赤音の子宮が、子宮口が鋭い破断音を響かせる。ソレと同時に大量の出血と羊水、そして、痛みによる絶頂の潮が交じり合って勢い良く噴出した。その流れにのって出てきたのは拳より大きな蟹・・・膣内をその硬い甲羅でけずりながらつぎつぎと産声を上げる蟹は、親である巨蟹そっくりの形で・・・色は、燃えるように赤かった。赤音はその現実を受け入れられず、先ほどまで見ていた悪夢へ逃げ込む・・・
【赤音】「いやぁ、、、あ、ひぃっ、ぎゃぶっ・・・え、うぶぅっ・・・あ、おまんこ、こわされりゅっ///おなか、破裂して、あたしのからだ、めちゃ、くちゃにぃっ///」
【赤音】 稚蟹が膣を抉るたびに鮫の巨根が肉オナホ状態の自分を抉るシーンを思い出し、吐き出される赤い血潮が吐き出され、混ぜ込まれた己の内臓と精液のミックス液みみえ・・・最後の一匹が子宮から這い出す頃には体中を稚蟹に啄ばまれ少しずつ削り殺されるあの最後の瞬間を追体験していた。「あはぁ・・・しぬっvあたし、しん・・・じゃぅっ♪」その顔に、恐怖は一片もなく・・・快楽に蕩けた淫らな雌肉の悦びだけが宿っていた。
【赤音】 ▽
【mera_GM】 這い出した稚蟹たちは、イキ果てている赤音を一瞥もせずいずこへと去っていく。残された赤音は余韻に浸り。
【mera_GM】  
【mera_GM】 赤音は勝利したが、しかしシンジケートは未だ健在。怪
【mera_GM】 事件も頻発していた。12月24日の夜。赤音宅に郵便が届く・・・そこに両親はおらず、あかねただ一人。
【mera_GM】 荷物はかなり大きく、その箱には『人1人くら余裕で入りそうだ』
【mera_GM】 ▽
【赤音】「なに・・・これ・・・?パパもママも・・・いないし、んっ///重い・・・玄関であけちゃって、いいかなぁ?」ヒロインとしての力であの後なんとか動けるまでにはなったが今だ不調な赤音は、帰省する両親を見送り一人で自宅に篭っていた。
【赤音】 立ち上がるだけで股間から湧き上る鈍い痛みと・・・くちゃりと濡れてしまう自分の秘所。一人頬を染めると、ばりばりとその「人が張りリそうなほど大きな箱」を寒風吹き込む玄関であけていき・・・
【赤音】 ▽
【mera_GM】 蓋をあければ、そこには・・・
【由美】「・・・・・・・・・」
【mera_GM】 四肢をバッキバキに折られ、畳まれた由美の姿があった。かつて苗床にされ、赤音と共に救出されたあの娘だ。
【mera_GM】 四肢を折られただけに留まらず、全身が血と汗と痣、そして白濁に塗れている。メイデンでなけえば死亡・・いや、メイデンであっても相当に強靭な精神力を持つか、それとも痛覚を楽しめる者でなくては死んでしまうような状態にされてしまっている。
【mera_GM】 そして箱の裏蓋に、紙が貼り付けられていた。
【mera_GM】 《先日はどうも、蟹たちが楽しませてもらったようで何よりです。あなたの友人で2週間ほど遊ばせて貰ったのですが、例によって限界が来てしまったので返却しますね。あぁそれともうひとつ・・・あなたのもうひとりの友人は今でもこちらで確保させて貰っています。ではまた。 ファルケン》
【mera_GM】 ▽
【赤音】「なっ・・・由美ちゃん!?っ・・・あ、ごめんね?痛いよね!?きゅ、救急車、め、メイデンのお医者さんに・・・!」一瞬、その凄惨さに息を飲み・・・ぶるりと背筋を駆け上る快感に我に帰る。
【赤音】 思わず抱きしめた時に箱の中でのたうつ由美、そのせいでべっとりと血に濡れて泣きそうな顔で電話を取ろうとし・・・血の染みによごれたメッセージを見て青ざめる・・・
【赤音】「葵ちゃん・・・やっぱり、あれ、は・・・く、うぅっ///あの、蛸・・・ぜったい、次は・・・次こそはっ・・・ファルケン!」痛まないようにそっと由美をだきしめながら、ぐしゃりとその紙を握りつぶし、静かに闘志を燃やす赤音。しかし、その秘所は何かに期待するようにじゅくじゅくと愛液をこぼしていた・・・
【赤音】 ▽
【由美】「っ・・・ぁ、あ・・・・あか、ね・・・さん・・・・・・・・」
【mera_GM】 像増を絶するほどのダメージを追った由美は、抱かれるだけでも激痛が走る。その痛みで目を覚まし、掠れた声を絞り出す。
【由美】「ご、ご・・・・ごめ、ぁぃ・・・・と、ぉ・・・・ぁすけ、れな・・・・・っ、ぐふぅっ」
【mera_GM】 由美は赤音と異なり、正義感と精神力で耐えるタイプだ。故に痛みには快楽でなくひたすら苦痛が伴う。強烈な痛みに血涙をこぼし(涙腺すら破壊されてしまっている)、血尿を垂れ流し、血反吐を吐く。
【mera_GM】 それでも彼女は言う、『ごめんなさい、友達を助けれなかった』と。
【由美】「ぁ、ぇ・・・・・いかな、・・・・・・・ッ」
【mera_GM】 そして彼女は、自身の正義感に突き動かされて彼女の友を助けようといい、赤音の腕の中から立ち上がろうとするも・・・肉体は既に限界、強靭な精神をもってしても動かせないレベルまで消耗しつくした肉体が限界を訴える。
【mera_GM】 結果として、目をさましていた由美はしかし赤音の腕の中でふたたび失神してしまうのだった。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「由美ちゃん!いいから、今は喋っちゃダメすぐお医者さんくるから・・・血、とめないと!」彼女の言葉を聴いて、ぎゅうっと胸が締め付けられながら・・・ゆっくりと床に寝かせ、入院していた病院に連絡を取り格闘技と一緒に習った手当てをしていく・・・あまりに苛烈すぎる傷で役立つかは判らないがじっとしていられず、折れ曲がった四肢を伸ばし、添え木をあてて包帯を巻き、傷口を大量のガーゼと共に圧迫し続ける。痛みが伴うのも知っているが
【赤音】 、気絶するうちにすませ・・・後はただ魔力を込めて手を握り、由美の生命力祈り続けた。
【赤音】 ▽
【mera_GM】 数日後、由美は回復した。赤音の処置は適切だったが、その処置は正直なところ焼け石に水でしかなかった。
【mera_GM】 だが結果として闘いに復帰できるのだから結果オーライというべきだろう。
【mera_GM】 包帯でグルグルに巻かれた由美が、見舞いにきた赤音に話をする。
【由美】「ごめんなさい、あの夜・・・赤音の友達を連れた蛸を見て。それで追いかけたんですけど・・・負けてしまって」
【由美】「今じゃ、彼等が今どこにいるかも解らないんです。・・・本当にごめんなさい、あたしが、あたしが・・・不甲斐無いばかりに・・・っ」
【mera_GM】 嗚咽を漏らす由美。
【mera_GM】 ▽
【赤音】「ん~ん。由美は何も悪くないし、謝ることもないよ?悪いのは全部あの海っぽいやつら!だから、由美も泣かないで?元気になったら一緒に葵ちゃんたすけよう?だから、それまでメソメソももじもじも禁止!ね?」そういって由美を励まし包帯だらけの腕を取って小指を出す。明るく時に空気を読まずつっぱしる赤音はにっこり笑いながら由美を励ましリベンジの約束をしようとする。
【赤音】「居場所は、アタシがなんとしても探すし、由美ちゃんが直るまでにきゅーしゅつさくせんもたてちゃうからね!街の平和は赤音におまかせだよ!ぶいっ♪」安心させようと、少しはりきりすぎなくらいに言葉を重ねて、反対の手でブイサイン!
【赤音】 ▽
【由美】「・・・ありがとう、あたしも、あたしも、頑張るから・・・!」
【mera_GM】 握ってもらった手を握り返し、再起を誓う由美。
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 攫われた葵は、どうなってしまうのか・・・それはまだ、彼女達が知ることはできない。
【mera_GM】 この後彼女達がどうなるのか、語られることも有るかもしれない。
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 以上でシナリオ終了いたします!お疲れ様でしたー!
【赤音】 おつかれさまー!
【赤音】 新キャラいっぱいでしたねぇw
【mera_GM】 ノリでふやしていくスタイルですからね(
【赤音】 増やしすぎて、置いてけぼりには注意してね?w
【mera_GM】 さて、リザルトを纏めてますのでしばしお待ちを
【赤音】 あい!
【mera_GM】 あっ・・・今後気をつけます>置いてけぼり
【赤音】 CPは14 SP13 アクトは8ですわ!
【mera_GM】 ひとまず赤音チャンのだけでも
【mera_GM】  
【mera_GM】 リザルト(赤音)
【mera_GM】 経験値:シナリオ成功40点+モンスター経験点(ルーク×2=8点)+総獲得CP14=62点
【mera_GM】 ミアスマ:勝利のため4点追加+(SP+13つまり6.5)=10.5
【mera_GM】 人脈:由美か葵の好きなほう、どうぞ
【mera_GM】  
【赤音】 ありがたやーー!
【赤音】 名声は1でいーい?
【mera_GM】 リザルト(シンジケート)
【mera_GM】 侵略点:PC人数1×4=4、使用アクト8÷2=4、情報網で+1 合計:9
【mera_GM】 ミアスマ:Lv1つまり10、使用アクト8 敗北ボーナス2+(刻印1×2)つまり4 合計22
【mera_GM】 追加取得物:苗床効果でポーン×1
【mera_GM】  
【mera_GM】  
【mera_GM】 あ、名声1ですね!
【赤音】 あいあいさw
【赤音】 反映してたわ・・・レベルアップするぞーー!
【赤音】 めらさんもぐんぐん軍団がそだって・・・w
【mera_GM】 ガンガンそだってまっせー!
【赤音】 由美ちゃんはそのうちダークメイデン化しちゃうの?w
【mera_GM】 ふむしかしたまにはプレイヤーとしても遊びたいなって、せっかく作った体操女子を瀕死にしてもらいたいなって!(ぉ
【赤音】 fmfmf
【赤音】 では、こちらの軍団でリョナってみましょーか?w
【mera_GM】 由美か葵か、どっちかがなる予定ですよ>ダーク
【mera_GM】 オナシャス・・・オナシャス・・・!>そっちの軍団で
【赤音】 ほほーw 楽しみにしておこう・・・w あ、人脈は由美ちゃんもらっとくね!
【赤音】 そして、ちょっと確認したい事が一つ!
【mera_GM】 あいさー!・・・由美をオトしてから・・・・・・ん?>確認
【赤音】 リョナ向けに作った赤音ちゃんなんだけど・・・ディープシー以外、つまりめらさん以外とのセッションてやっちゃっていい?
【mera_GM】 大丈夫ですよー!その辺を縛る意味も理由もないですし
【赤音】 この間、ロビーで相手の確認でダメだったとかあったんで一応確認したくなって・・・w
【赤音】 おぉう!ありありよー!
【mera_GM】 キャラ的見地で見ても、毎度のごとくヤバイダメージくらってたんじゃマジにイカれちゃいそうですしねwww
【赤音】 年末年始は少し予定が立てづらいんで・・・年明け落ち着いたら、のまいちゃん?の相談してきましょーw
【赤音】 早くLv3でリヴァらないと・・・!(ダメージ過多
【mera_GM】 読み方は「のま」、ですね。  オッスお願いしマース!
【赤音】 のまのまちゃん!キャラシー眺めて卓つくっとくねーw
【mera_GM】 ・・・しかしホントに回を追うごとに赤音と由美との友情が深まっていく手ごたえを感じますよ・・・・・・!
【赤音】 あはーw
【mera_GM】 感情とったのも由美のほうですし、こりゃ『闇堕ち→救出』も由美でやったほうが盛り上がりそうですねぇ
【赤音】 私は最初つかまってるのが由美ちゃんかなーとおもってタイプしてたから裏では地味にてんぱってたw
【mera_GM】 そいでしたかwww
【赤音】 あとは・・・蟹しかいないんで蟹責めリョナをもうそうしてたなぁw
【赤音】 まさかのその後だったけどねw
【赤音】 あの鮫が派遣されたっていう例のボス?
【mera_GM】 違いますよー、ホオジロザメではなくゴブリンシャークですからね今回のは
【赤音】 あ、更に配下か・・・!鮫いっぱい!
【mera_GM】 格はホオジロより落とし、蛸と同格の『ナイト』で登録するつもりです
【赤音】 うっわぁ・・・w
【赤音】 でも、Lv2になったらナイトでもまけないもん!刻印開放でめためたにしてやるじぇ!うへへ
【赤音】 (フラグめきめき
【mera_GM】 参考画像:ゴブリンシャーク http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%82%B4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AF#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D0
【赤音】 うわぁw
【mera_GM】 参考画像:ホオジロザメ http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%A1&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D45%26st%3D1640
【mera_GM】 ホオジロのほうが正統派でしょう?
【赤音】 ですわねw
【mera_GM】 なんでホオジロのほうをボス代理に据えてるんですよー
【mera_GM】 オマケ:魔蛸ならぬマダコ http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9E%E3%83%80%E3%82%B3&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D0
【赤音】 んまー次回は私がリョナリョナするので・・・新体操(惨)でもやりますねw
【赤音】 って体操部(新体操ではない)のか!
【赤音】 床演技じゃなくて鉄棒とか吊り輪、平均台とかのほう?
【mera_GM】 オマケ2:魔蛸のイメージ:オクトダッド http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%89&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D9%26st%3D339 ←を邪悪にした感じ
【mera_GM】 通常の体操にも床ありますよ、あとは段違い平行棒とか!
【mera_GM】 新体操より通常の体操のがストイックな感じでそうだったんで
【赤音】 では・・・酷い装置の上で演技とかしてもーらおw
【mera_GM】 hm・・・なんか気になる!楽しみですね
【赤音】 年が明ける前に、1度くらい突発2PC宅もしたいなぁ・・・w
【赤音】 っと、もう3時!?
【mera_GM】 ですねぇ>3時
【赤音】 レベルアップは明日にしてメモだけしとこう・・・おつさまよw
【mera_GM】 お疲れ様でした!私もねますかね
【赤音】 ふあーー!タイトル、なんですっけw
【赤音】 >めらさん
【mera_GM】 タイトルわすれるのは私のわるい癖ですね(
【mera_GM】 シンジケート活動記録:格闘少女巨蟹受胎  で!
【赤音】 あいあいさw ありがとー!