【GM】 1d
【クダイス】 bako_GM -> 1D = [6] = 6
【GM】  
【GM】 ダイスOK! では、葛乃ちゃんの自己紹介よろしくおねがいします!
【GM】  
【葛乃】「……ぁ――はっ、ぁ、おな、かぁ、すーすー……ぷち、ぷち――てぇ――v」
【葛乃】「ぁ――よな、ばりぃ、くず、のぉ――vふぁ、あぁ、あっ――!?v」
【葛乃】 というわけで現在移動中の鬼巫女です。通った後はきっと蟲の群れと体液でひどいことになっている。はず。
【葛乃】 きゃらし! http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%B5%C8%B1%A3%A1%A6%B3%EB%C7%B5%A1%CA%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%CB
【葛乃】 ▽
【GM】 ひどいことになってる!(歓
【GM】 ではでは、そんな状態の葛乃ちゃん ずるずると身体を引きずり向かった先は・・・
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【奈落】吉隠葛乃 対『強靱』朱点童子【3幕】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:鬼の洗濯岩
【GM】  
【GM】 夕焼けが沈む頃、トンネルから聞こえてくるのは世にも恐ろしい獣のような唸り声。
【GM】 貴女…吉隠葛乃(よなばり くずの)は、その声の正体を知っている。
【GM】 トンネルの中からは邪悪な瘴気が漏れ出し、あの暴力の化身が来訪者を求めて殺気をふりましているのだろう。
【GM】 ▽
【葛乃】「うぁ――は、ぅ――……v」 普段なら軽々と扱う大鉈を支えにして、重い身体を引きずり歩く。服らしいものは千切れた巫女服の残骸程度で、白い肌には血や体液がべっとりとこびりつき乾いてしまっている。
【葛乃】 いまだ、蜘蛛糸は子宮を固定したまま。わずかに進むだけで、卵巣まで見えてしまう子宮はぼたぼたと涎を零し、その刺激が引き金に勃起した肉棒から、乳首から、精液が、母乳が――蟲と混ざり合い噴出してしまう。半ば折れた角や臍からもうぞうぞと蟲がいまだに零れ落ちて――
【葛乃】 解放されたのはずいぶん前だというのに、わずかな距離を進むのにもひどい時間をかけて――ようやくたどり着いた目的の場所。
【葛乃】「ふぅ――ぅ、――v」聞こえる方向が胸を躍らせる。恐怖をなくしたかのように、足取りはとまらず――暗がりの中へと躊躇なく歩を進めていく野田さ。
【葛乃】 ▽
【GM】 そんな葛乃がようやくトンネルにたどり着き、その中に入ろうとしたときバチリッと見えない壁のようなものに阻まれる。
【GM】 トンネルの入り口、前回は難なく入れた鬼の隠れ家に・・・葛乃は拒絶された、全てをまとめてひき潰すあの鬼が何を考えているのかわからない、そうかが得た瞬間に地の底を揺らすような声が聞こえてくる。
【朱点童子】「お前・・・何しにきたぁ、弱いメスが。更に弱って、、、俺様に、殺されにきたのかぁ?」無関心だった頃とは違う、ひどく強い拒絶の声と圧力。朱点の興味を引かなければ、、、このままとんねるにはいることすらできないだろう。
【GM】 ☆調教刻印<奈落の虜/重度>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「BS託卵」付与される。
【GM】 ▽
【GM】 訂正!
【GM】 ☆調教刻印<奈落の虜/重度>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「BS催淫」が付与される。
【GM】 ▽
【葛乃】 えー、抵抗はしないです。です。CP1点もらって催淫!
【GM】 らじゃー!邪気と殺気で催淫…発情しちゃう葛乃ちゃんのRPどーぞw
【葛乃】「ひぁ――!?」 ばちん、と。はじかれた様に身体が傾ぎ――弱った身体はそのまま血に倒れこむ。衝撃にぼごり、と腹が波打ったかと思えば――
【葛乃】 頭から、耳から、口から、胸から、臍から、肉棒から、尻穴から――子宮から。ありとあらゆる蟲が、逃げ出すように身体からあふれ出していく。その衝撃にしばし、地を転がりまわり、嬌声を上げて痴態を演じる――そうしながらも威圧的な声はしっかりと耳に届いていて――
【葛乃】「はぅっ――ん、ぁっ!vぁ――おちんぽっ、くらひゃ――ひっ!vおな、か、こわし、てぇ、いんらん、めす――ころし、て、くらひゃ――!v」 トンネルの前で、広がった子宮に指を突っ込んでさらに広げる。子宮の奥はいまだ鬼の精液と植え付けられた卵がひしめいていて。――ところどころ、呂律が回らない。それでも、辺りに響き渡る声で、恥も外聞もなく、懇願してしまう。
【葛乃】 ▽
【GM】 シーンアクトなにかあればどーぞよ!
【葛乃】 あ、ではもちろん<いぢめてください>で。(むしろころしてくださいになってるけd
【GM】 ww
【GM】 では、そんな痴態をみた朱点は・・・
【GM】  
【GM】 地べたで蟲を吐き出し、肉棒を、死ぬほどの性交を望む葛乃の身体が、ぐわんとトンネルに吸い込まれる。
【GM】 強い力で首を惹かれるように乱暴に、、、トンネル内部の壁に何度も何度も葛乃をぶつけながら、横道にそれるくり貫かれた大穴に引きずり込み・・・投げ捨てるように地面に転がす。
【朱点童子】「お前、少し見ないうちに随分頑丈になったじゃぁないか?…殺されに着たらしいが、そう簡単に死ねると思うなぁ?」あの日と変わらない赤い肌の巨鬼が、転がる葛乃を見下ろし、凶悪な顔で笑っていた。
【GM】 ▽
【葛乃】「ふぅ――!?vぁ、がっ――ァッ!?」首輪でもつけられたかのように――首に全ての重量がかかり、次の瞬間には視界に移る景色が目まぐるしく変わる。引きずられる身体は壊れた人形のように地の出っ張りに、壁に、ぶつけられて骨が砕け、肉の爆ぜる音を響かせる――
【葛乃】 しばらくしてごろん、と鬼の前に転がされたときには、四肢はあり得ない方向を向き、ところどころ骨すら見える状態で。だが――鬼の目の前で、それらが見る間に修復されていく。
【葛乃】「――!vおな――かぁvこんな、にひろがって――vなんでもしますからァ――v」声が上から降ってくる――気づいて、仰向けに転がり、自らの指でぐばぁ、と子宮を広げて見せる。壊される期待に、発情してしまった雌の顔を浮かべ――
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「がっはっはっはっ!俺の敵にはならんが・・・いい退屈しのぎにはぁなりそうだ。どぉれ、、、俺様の愛撫は少しばかりはげしいぞ?」
【GM】 凶悪に歪められていた顔が凶暴な笑みへと変わる。つながりかけた骨がきしむほどの大声量の笑いの後、蜘蛛糸と指ですっかり広がったおまんこへ・・・その巨体を支える足が振り下ろされる。
【GM】  
【GM】  
【GM】 戦闘開始です!
【GM】 開幕がなければこちらのターンだよ!
【葛乃】 ないです!w
【GM】 では おねだり葛乃ちゃんに(血で)濡らす為のふみつけといこうか!
【GM】 1d6+13+13+2 白兵/範囲 ダメージ+(名声+2)《能:旋風撃:4》《補:怪力:3》(MP7) ぐりぐりぐり・・・ぐちょぐちょ?
【クダイス】 bako_GM -> 1D6+13+13+2 = [1]+13+13+2 = 29
【GM】 29点!受動とアクトどーぞ!
【葛乃】 受動はなしでー。胸飛ばして、アクトが
【葛乃】 雌豚の悦び、期待してしまう心、疼く身体で!
【GM】 ではでは、雌豚にあわせてこちらを発動!!
【GM】 ☆調教刻印<破滅願望/重度>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで6を出さないと「次の行動の達成地-8」する。
【葛乃】 ほひー!?達成値-8は次の攻撃判定かな!?
【GM】 攻撃判定だね
【葛乃】 はあくー。抵抗はしないのです。です。CPおいしい(もぐもぐ
【GM】 らじゃー!では、行動どーぞ!!
【葛乃】 うぃさ、ではこちら。はー。<フルスイング>!
【葛乃】 1d6+22+3-4-8 (-8されてもまだ前より火力高いのです(
【クダイス】 B01_Kuzuno -> 1D6+22+3-4-8 = [1]+22+3-4-8 = 14
【葛乃】 ちょっと通った。ちょっととおったよ!
【GM】 -10で4点!・・・これは気持ちいいお肉だったのかな?w
【葛乃】 気持ちよすぎてもだえてそうです(駄
【GM】 ww
【GM】 では、お返しにもういっちょー!
【GM】 1d6+13+13+2 白兵/範囲 ダメージ+(名声+2)《能:旋風撃:4》《補:怪力:3》(MP7) ぐりゅるるる!肉を抉る一撃!
【クダイス】 bako_GM -> 1D6+13+13+2 = [1]+13+13+2 = 29
【GM】 出目ひっどい!
【葛乃】 受動はなし、腰APとんで裸!(元から半裸
【葛乃】 出目が乗り移ってる間にがんばりたい( アクトはとりあえずなしで!
【GM】 では反撃かもーん!
【葛乃】 では、フルスイング……に、ポテンシャル12点全部持ってけどーん!
【GM】 ぐふう!こーーい!
【葛乃】 13d6+22+3-4
【クダイス】 B01_Kuzuno -> 13D6+22+3-4 = [4,4,4,3,1,2,3,6,5,3,6,3,2]+22+3-4 = 67
【GM】 ぎえぇぇ!-10で57点・・・合計60点うけたぞ!
【葛乃】 (満足げ(
【GM】 一体どれだけいいおにくになったんだ・・・!(どきどき
【GM】 では反撃の・・・挿入といこうかな!
【葛乃】 こーい!
【GM】 1d6+10+13+2 白兵/単体 ダメージ+(名声+2)&達成地半減でHPダメージ《能補:浸食攻撃:3》《補:怪力:3》(MP6) おちんぽで内臓ダイレクトアタック!
【クダイス】 bako_GM -> 1D6+10+13+2 = [3]+10+13+2 = 28
【GM】 28/2で14点だー!ゆっくりぐちゅぐちゅ♪
【葛乃】 ノーガード戦法で( HP14点減って残り24!あひぃw
【葛乃】 で、あくとはー。しんうちしんうち。屈服した子宮、つけられた種、体内孵化。後おまけで射乳!(
【GM】 つけたね!失敗したらSP+5だぞぅ!
【葛乃】 2d6+4 種ー。目標値14-(
【クダイス】 B01_Kuzuno -> 2D6+4 = [2,2]+4 = 8
【葛乃】 2d6+4 孵化ー。目標値16-(
【クダイス】 B01_Kuzuno -> 2D6+4 = [2,6]+4 = 12
【葛乃】 (華麗に三重妊娠(ひどい
【GM】 あはーw
【GM】 SP+10がきまったところで・・・これは、鬼ザーメンと卵が結びついてより根深くなったのかなw
【葛乃】 なんかものすごい合成淫乱獣が誕生しようとしている(
【GM】 では、ついでにこれもつかっちゃおうか!
【GM】 ☆調教刻印<子宮拡張適正/軽度>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「BS[ミルク]付与」する。
【GM】 屈服した子宮をトリガーに!妊娠して母乳があふれてもおかしくないよね★
【葛乃】 抵抗しなーいw 三重妊娠で乳牛に(
【GM】 では、反撃・・・ご奉仕?どーぞw
【葛乃】 では反撃のご奉仕( フルスイング+ポテンシャル3てーん!
【葛乃】 4d6+22+3-4
【クダイス】 B01_Kuzuno -> 4D6+22+3-4 = [6,4,3,5]+22+3-4 = 39
【葛乃】 結構いい塩梅らしい(
【GM】 うっぐぅ!-10で29!合計89点うけた!
【葛乃】 がんばってる!がんばってるよ葛乃!(雌オナホとして(
【GM】 ではでは、頑張った葛乃ちゃんにご褒美だ!しっかりうけとめてね・・・!
【GM】 1d6+13+13+2 白兵/範囲 ダメージ+(名声+2)《能:旋風撃:4》《補:怪力:3》(MP7)ぐるぐるぅ!
【クダイス】 bako_GM -> 1D6+13+13+2 = [5]+13+13+2 = 33
【GM】 33点!受動アクトどーぞ!
【葛乃】 ぐ、では、それでHP0になったので。
【GM】 致命どーぞ!堕落はないぞ!
【葛乃】 あ、アクトはないです。(8個使い切ったw
【葛乃】 1d6+4 よし、ちめいー
【クダイス】 B01_Kuzuno -> 1D6+4 = [4]+4 = 8
【GM】 そかそかw
【GM】 全身を快感に襲われ、立ったまま潮吹きor失禁(あるいは両方)してしまう。
【SP】+2され、気絶する。仲間の《ウィッシュ》以外の手段ではこの戦闘中は回復できない。
【GM】 リザでもだめなやつだw
【葛乃】 だめなやつだったw
【葛乃】 では全滅?全滅?
【GM】 では~
【GM】 全滅前にぷれぜんと!
【葛乃】 わーい(
【GM】 ☆敗北ヒロインを更に&徹底的に貶めるスレ:調教室&責め具一式相当(捕縛):[▼] 敗北したPCのSP+4。解説:敗北ヒロイン対しての責めが書き込まれるスレ。
【GM】 SP+4するくらい調子がでてきたシュテン!葛乃の身体がどの程度滅っするのか、、、全滅表どーぞ!
【葛乃】 1d6+4 6こい6(
【GM】 w
【葛乃】 1d6+4 あら?
【GM】 おや?
【GM】 1d
【葛乃】 1d6+4
【GM】 B01_Kuzuno -> 1D6+4 = [3]+4 = 7
【GM】 7
【GM】 別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。
【SP】+2する。
【GM】 好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【GM】 好きな能力で10の判定に失敗すると[淫乱症]になる。
【GM】 妊娠トラウマは アクトで発生してるから不要だね!
【GM】 淫乱チャレンジ!
【葛乃】 2d6+0 では知力で振ります。(
【GM】 B01_Kuzuno -> 2D6+0 = [3,6]+0 = 9
【GM】 あっw
【葛乃】 ふふり。あ、あと。
【葛乃】 妊娠も振ってもいいですか。(
【GM】 見事に淫乱症を患った!
【GM】 だーめ♪ つぎにとっておきましょw
【葛乃】 把握www
【葛乃】 あ、CP20 SP30 アクト8個 です!(
【GM】 Oh ありがとーw
【GM】 ではでは~
【GM】  
【GM】 PCリザルト:葛乃
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:0(0) + CP:20 + 戦略:0 + 装備効果 0=40
【GM】 [ミアスマ]基礎:8+15 [SP]30 [名声]0 [BS]妊娠(3重)+淫乱症
【GM】 [魔物刻印] ストリーミング・ショウ [人脈/任意]『強靱』朱点童子(NPC/任意)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&初夜権)
【GM】 [ミアスマ]基礎:12 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:0 + 軍団施設:22+5+0+0 = 47
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+3 = 13
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵1体+再生用ミアスマ+16
【GM】  
【GM】 こうなったよ!
【葛乃】 いただいた!(もぐもぐ
【GM】 ではー、、、エロール開始だ!打ち合わせは裏で、かき出すね!
【GM】  
【GM】  
【朱点童子】「コレくらい壊せば十分か?おい生きてるなら、何とか言え・・・ちぃ、『機敏』の蟲共がうざっってぇが、ヤるには調度いいだろうなぁ」
【GM】 みちみち、グリグリ、股を開き、広がりきった膣を自ら開いて子宮内から卵巣まで晒した葛乃の穴…それでも大鬼の極太肉棒にはまだ狭い膣をほぐすつもりで振り下ろした朱鬼。
【GM】 葛乃ごと頑丈な岩盤をへこませ、ひび割れたクレーターが出来るほどの踏みつけの後、鋭い爪の生えたつま先を葛乃の腹に食い込ませて踵を基点にぐりぐりぐりぐり、、、葛乃の下半身を破壊し尽くすような暴虐…シュテンにいわせれば愛撫…の具合を確かめるように足を上げる。
【GM】 ▽
【葛乃】「ふごっ――ォ、オッ――vぁ、がっ、ア――ッ!!v」下半身を中心に、身体が地に沈みこんでいく。めし、みし、ぼぎっ、と骨が軋み、砕ける音が鈍く響き渡り――中で残っていた卵が潰れた汚濁が、口から、尻からごぼり、とあふれ出して行く。
【葛乃】「ぁ――vぐっ、もっと――ぉ――v」腹は鬼の足にべちゃりとへこみ、食い込んだ爪からも鮮血が溢れる。だが、潰れていく痛みを感じていないかのように、顔は恍惚としたまま、更なる「愛撫」を求めてしまう――この程度なら完全に、順応しきっている。
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「あぁ!?もっとだなぁ?俺様に命令たぁ、いい度胸だっ雌肉ぅ・・・死ぬまで抉ってやるよぉ?」
【GM】 おねだりをしてくる葛乃のオマンコ穴に人差し指を差し込んで指一本で持ち上げていく・・・抜け落ちそうになるのを子宮を貫き臍から顔を出す鋭い爪が防いでいて・・・わらわらと湧き出す蟲たちをぶちぶちと潰しながら宣言する・・・
【GM】 骨盤が再生する前にもう片方の手でバキリと割り潰し葛乃の下半身を骨格ごと拡張していく…空いた隙間を埋めるのに『機敏』の死骸たちは調度いい・・・そうやってほぐした下半身をしっかり肉穴に仕上げていく。
【GM】 ▽
【葛乃】「ぁ――は、ぁ―vごめ、んな――さ――ぁ!?vアァ――ッ!!?vv」拡張されきった膣はなんなく指を迎え入れ、子宮の奥まで撫ぜられて――直後に奔る、強烈な痛みに嬌声を響かせる。ぱらぱらと瓦礫を零しながら、女性にしてはかなり大柄な身体が持ち上げられ。四肢はだらりと垂れ下がったまま――特に脚は、骨盤も破壊されてかろうじて肉でつながっているような有様で。
【葛乃】「ア――っ!vひぁ、ア――、ガ、ァァ――っ!!vv」指に串刺しにされたまま、腰が、腹が、原形をとどめない皮袋に変えられていき――以前から子宮を犯す鬼の精子が、潰れた蟲の死骸を肉となり、子蜘蛛が残した糸が神経となり、再生していく。生命維持に必要な器官すら押しやり、肉穴として膣と子宮が体内の大部分を占めて、『雌肉』に相応しい身体へと変わり果てていく。
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「こんんぐらいでいいか?『知性』ん奴にたのみゃぁもっといい雌肉になるだがなぁ・・・」そんなことをぼやきながら、シュテンはブチブチと出来上がった雌穴から指を引き抜きながら膣内を引っかき具合を確かめている。
【朱点童子】「ふぅ~~、あんまり遊びすぎても突っ込む時間がなくなるなぁ・・・こっからは、死ねばソコまでだ、しっかり締め付けねぇと俺様の一突きで内臓くちからぶちまけるからなぁ?しぃっかり力めよぉ?」
【GM】 シュテンは葛乃の両足を握り締め膣口に宛がい力任せに貫いていく・・・それは初日の貫通と同じ行為のはずなのに、結果はまるでちがう。メキメキ、ミチリと確かに肉と骨がきしむが・・・それだけだ、亀頭を収めるだけでは何処も壊れないだろう頑丈な雌肉が…しかしその先へ進むほど内蔵をかき乱すあの暴虐の中層の再現になることも、伝える。
【GM】 ▽
【葛乃】「ふぁ―ーひゃ、は、あ、ぁぁあっ――!!?v」膣に傷跡を残しながら、指が抜けていく――その感覚に、『再生』した身体を震わせ、背をのけぞらせ――屹立した肉棒がびくびくと盛大に震える。射精の前兆――だが。精液どころか、先走りすらでない。――その機能とスペースすら、『雌肉』には不要だと肉体が判断してしまった。
【葛乃】「はぁ――ぃvころひ――て、くらさ――ぁ、あぁぁ――ッ!!v」抱えられたまま、恍惚とした表情で――拡張されきった雌穴を割り広げるモノに腰を揺らし、媚びていく。
【葛乃】 先端だけだというのに腹は妊婦のようにふくらみ、その存在感を伝え――子宮壁を押し上げる感覚にイキっぱなしなのだろう、空射精を繰り返し、結合部からはだらだらと淫蜜を零して。壊れていない分、肉はきっちりと肉棒を銜え込んで絡みつき、離そうとしない。
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「簡単に死ぬような穴に、突っ込むんでもたのしくねぇんだよ!イライラする!おらぁ、望みどおり、ぶっこわれて、死ね!死ね!」戦いを望み、隷属を是とするシュテンに「殺して」は逆効果・・・いや、ある意味で効果絶大でもあった。
【GM】 イキッぱなしの葛乃の脚を思い切り引っ張り、腰を突き上げる・・・大柄な綾乃の心臓近くまで打ち込まれた肉棒は、怒りに呼応するように激しく脈動し、再び心音をリンクさせ、更に上書きするように抜き差しする。内臓をひき潰し、蟲卵を割り、血と臓物と死骸のミックスをごりごりと肋骨をうちがわからこそぎながらつくりあげていく。
【GM】 ▽
【葛乃】「ひ、ギッ――ィ!?vア、ガ――ッ、ア、アアァア――ッ!!!vv」獣のように声を上げた――直後には、口からあふれ出した鮮血にごぼごぼとぬめった音がかき消して。両足をつかまれたまま、逃げ場などなく、破壊を受け入れていく。
【葛乃】 突き入れられる度に子宮の奥が文字通り貫かれ、胎内に鮮血をぶちまけ、蟲の死骸と混ざり合って――抜かれている間に、すぐさま『再生』してしまう。肉も、骨も、筋肉も、内臓も、砕かれ、壊れ――『雌穴』としての歪な形に。結果――
【葛乃】 並の人間なら何度でも死ねるほどの暴虐を受けながら、その暴虐に順応してしまう。先端を銜え込むだけだった『雌穴』は気がつけば半ばほどまで平然と銜え込み、鮮血と淫蜜を絡みつかせていく。
【葛乃】 だが、それでも――人間の身体で受け入れるにはあまりに大きすぎるモノを受け入れるには、あまりにも小さすぎる。
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「ちぃ、まだまだちいせぇなぁ?おい、雌肉ぅ!しっかりしめつけねぇか!狭ぇくせに、簡単にぶっこわれて気ぃ飛ばしてんじゃねぇ・・・集中しろ、壊されながら直して、俺様の肉棒にあわせて身体を作り直せ・・・俺に適応しねぇとてめぇ、死ぬぞ?」
【GM】 乱暴な抽送、肉を潰して緩くなった雌穴にその勢いが減じる事はないが、不機嫌さは募る・・・我慢など最初からしらない赤鬼は一人だけ恍惚の表情をつくる葛乃の首を掴むと・・・大気を震わせ、瘴気と威圧を持って葛乃へぶつける。
【GM】 そう、破滅の快楽で死ぬのではない、ソレとは無関係な死…快楽も意味もない無意味無感情な死をつきつけ脅す。じゅにゅじゅにゅっと鮮血と愛液が泡立ったピンク色の泡で腰をよごしながら、それでも簡単に様々な死を理不尽なまでに実感させる「暴力の化身」は、メキリ、と小枝をきしませるように簡単に葛乃の頚椎を締め上げる。
【GM】 ▽
【葛乃】「ひゃ――はぁ――ぁ――はぁ―ー!――v」恍惚とした表情は――幸福感すら覚えているかのようで。――普通ならまったく脅しの意味を成さない内容に――表情をゆがませ、必死の様子で何度も頷く。――暴虐と瘴気に適応した身体は更に再生を繰り返す。
【葛乃】 内臓は全ての機能を放棄し、肺も心臓も半ば潰れるように場所を明け渡す。そうしてできた空洞は――腹を抜け、胸部を貫き、喉のすぐ下まで差し迫る。内側から圧迫された胸はびゅるっ、と子を育む乳を溢れさせ、そこだけはまだかろうじて機能を残しているのを示して。
【葛乃】「ぁ――ひ――ぁ、あ――v」細い喉に鬼の指が絡みつく――みしり、と音を立てて骨が軋み、圧迫感に舌を突き出して――命の灯火の消える直前まで差し迫った身体は、強烈な痙攣を繰り返し始め――体内に受け入れた肉棒に、今までとは比べ物にならない、強烈な締め付けを与え、肉がきつく絡み付いていく。
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「おぉぉっv・・・やりゃあ、できるじゃぁねえか!だぁが、まだまだ締め付けがたりねぇ、もっとだ、もっと血肉を集めろ!力を固めろ!ぶつけ合って!命の限り俺様にぶつかって・・・そして、死ね!!」
【GM】 今までと比べ物にならない締め付け・・・葛乃の全てをつかった雌穴奉仕にシュテンの言葉も熱くなる。めきめきと鉄のような硬さだった肉棒が更に硬度をあげ、脈打つ血管の中を火傷するような血が巡る・・・ぼこり!と一回り大きくなった亀頭が自分が締め付ける首元まで届くほど腰をうちつけながら・・・ようやく高まってきた射精感に凶悪な笑みを更に深める。
【GM】 暴力的な要求は口だけではない、無意識だろうか、首を握る腕に力が入り、腰を打ちつけるための脚が肉を、骨を砕きながら握力を発揮していく・・・万力のような掌の力はシュテンの射精感とリンクするようにそのマグマが根元に集まるに比例してメキメキと力を上げていく。
【GM】 ▽
【葛乃】「ァ――――、――ッ――v」 みちみちと肉を広げるように膨張するモノへ、身体は痙攣し、押さえ込むかのような締め付けをしていく。膨らんだのにあわせて、身体は一回り膨らんだようにも見え――それがどれだけ異常な受け止め方をしているかを示して。
【葛乃】 呼応するかのように首に掛かる力は強くなり――気道が塞がれ、喉の奥から乾いた様なか細い呼吸音が漏れ出す――だが、息を吸ったところで、最早肺すら『穴』に取って代わった身体では意味がなく。 突き入れられる度に押し上げられた子宮は喉を圧迫し――今にも貫通しそうな様子がある。
【葛乃】 それでも――射精への昂ぶりは感じられた。わずかな意識は射精への歓喜に震え、健気に体内を満たす肉棒に身を擦り付け、文字通り命を賭しての奉仕を続けていく――。
【葛乃】 ▽
【朱点童子】「出すっぞぉ!!死ななきゃ、まぁった使ってやる!がっっはっははははああ!!」赤い肌を更に赤く染め、蒸発する汗・・・焼けた鉄そのものになったシュテンは葛乃を焼きながら、最後の一突きを葛乃へ叩き込む。肉を打ちつけたとは思えない甲高い衝突音と衝撃に・・・押さえつけるはずだった葛乃の脚をへし折りちぎりとばしていしまう。
【GM】 喉を突き潰してそのまま射精されるはずだった喉・・・勢いで浮き上がった葛乃の身体は胸の部分に空白を作り・・・ソコへ僅かに遅れた鬼の精液がたっぷり注がれる。
【GM】 以前の使っただけの垂れ流しの精液ではない、シュテンが僅かでも興奮して息を荒げた射精は、正に命の踊る白いマグマ。どろっとした溶岩が拘束で肋骨を、その先の乳房まで一気に突き上げ破壊し、びちびちとその形すらわかる精子の流れを流動させ、じりじりと内側から熱で焼き焦がしていく。
【GM】 しかし、その悦楽の暴力を葛乃は最後まで味わう事はできなかった・・・握りつぶされた脚同様・・・首を握り締めていた腕にも射精による無意識の握撃がおこなわれていたのだ。ほんの数秒だけ緩んだ手が、クシュリとちり紙をぐしゃぐしゃに握りつぶすような音を立てて葛乃の首を、喉を、頚椎を握りつぶして身体と頭を切り離してしまう。
【GM】 ▽
【葛乃】「ぁ――――!v」ぶちん、と遠くで音が聞こえた――直後の浮遊感。浮き上がった体重は全て支えられる喉にかかり――
【葛乃】 体内に満ちる精液が身体を『融かしていく』。文字通り凶悪な射精は体内を文字通り喰らい尽くし、『葛乃』という皮袋に我が物顔で収まっていき――押し出されるように、母乳が噴き出し、あたりを白く染め上げて、むき出しの卵巣を排卵すら待たずに犯し、なぶり尽くしていく。
【葛乃】 それらの感覚に喜悦の表情を浮かべ――喉を競りあがってくる精液に小さく嗚咽を漏らした――直後。再びの浮遊感に、声を――出そうとした。視界は目まぐるしくぐるぐると回転して――わずかな衝撃とともに暗転と明滅を繰り返す。
【葛乃】 首から下のすべての感覚を失って――与えられるはずだった『快感』の止めを失った強烈な喪失感が意識を支配する――その瞳には、鬼の肉棒に痙攣を繰り返す、脚と首を失った女の裸体が映って――。
【葛乃】 ▽
【GM】 朱点童子は少しだけ舌打ちをする、折角気を使って作り上げた雌肉を使い潰す前に、うっかり壊してしまった事をだ。
【GM】 死の衝撃か単なる反応か、、、未だに締め付けつづける雌肉を見上げる首。つなげたままなら少なくとも夜明けまでは遊べると思っていただけにその失敗はさらにイラつきを増す。その苛立ちを完全に締め付けがなくなるまで雌肉へ与え続けた。
【GM】 片足と首を失った肉…胸から母乳を垂れ流す胴体を両手で握りしめ、指の隙間に挟まった両腕がぺきりと折れるのも構わず乱暴に肉で扱き射精の続きを促す・・・だくだくと垂れ落ちるだけだった射精の勢いが増し、千切れた首からも破けた臍や広がりすぎた膣穴からも吹き出す。地面に落ちれば地を焼くほどの高熱を発する精液が地面を転がる首にも存分にふりかかり、その瞳を焼き尽くす・・・
【GM】 切断され、更にぶっかけられた白いマグマに視界をやきつくされ…命が消えるまでの短い時間「葛乃」はなにを思うのか…シュテンはそんな事をきにもとめず、半端に終わった雌肉をつまらなそうに使い続けた。
【GM】 ▽
【葛乃】「――、―――」声は出ない――出す機能が喪われている。それでも何か言おうとして、瞳は犯され続ける「身体」に羨望の眼差しを向けて。目の前で、穴という穴から精液を噴き出し、激しい痙攣を繰り返すさまを見せ付けられ続ける。
【葛乃】 その光景も、長くは見られない。降りかかる精液がべちゃべちゃと降りかかり――瞬く間に視界は白くにごってしまう。そして、生命力の塊である精子が、手近な穴を逃すはずもなく――
【葛乃】 にごっていた視界が暗転する。音はきこえなくなり、代わりに何かのはいずるような気配が両耳を支配する。砕けた角からもぐりこんだ精子は容赦なく脳を這いずり回り――わずかに感じた快感を最後に、ぶつん、と意識は途切れ――
【葛乃】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 ゴォォォっ と吹き抜ける風の音で葛乃は目を覚ます。
【GM】 死を確かに体感した葛乃・・・しかし現実は再び葛乃を呼び覚ました。
【GM】 寝そべるのはいつかと同じようにトンネルの出口・・・地面は夥しい量の白濁と血と肉、蟲の死骸でぬかるんだ異臭漂う汚物だまり
【GM】 そんな中にうつ伏せで横たわっていた葛乃の呼吸器にむせ返るような匂いと精液が詰まっていて覚醒と同時に窒息死の予感を感じるだろう。
【GM】 ▽
【葛乃】「……――ぁ、はっ――!」覚醒していく意識――機能を取り戻した呼吸器官が警告を発して――起き上がる。噎せ、ごぼり、汚物と精液と鮮血とが一緒くたになって吐き出されて。
【葛乃】 見た目は――惨劇の前よりも回復している。一対の角は再生しているし、首と身体はきちんとつながっている。だが――広がりきった膣口は明らかに不自然な奥行きをもち、その奥は卵巣までむき出しに外気に晒されたまま。白い肌は赤みがかり、胸は一回り以上も張りを増して、母乳を牛のように噴き出して止まらない。それだというのに、肉棒は先走りすら吐き出せず、屹立したまま何度も痙攣を繰り返して――完全な『雌肉』として定着してしまっていて。
【葛乃】「ふぁ――ぁ――v」すぐに腕が下半身に伸びて――鮮血と精液にまみれながら、口を広げて戻らない膣口に指を、手を、腕を――突っ込んでいく。だが、足りない。腕の一本や二本ではもはや満たされず――
【葛乃】 ――すがる様に視線をトンネルへ向けた。朝のトンネルは、夜のような威圧感は感じられず。不在を悟れば――
【葛乃】 ふらふら、とおぼつかない、不自然な足取りで動き出す。嬲って、犯して、殺してくれる相手を求めて、徘徊を始める――
【葛乃】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【奈落】吉隠葛乃 対『強靱』朱点童子【3幕】」終了します。おつかれさまでしたーー!
【GM】 ひどい(褒
【葛乃】 すごい(褒