【凛音】
「私は紫鳳凛寝(しほうりんね)よく言われるけどこれでも”高校生”よ!小学生って言った奴出てきなさい!!」脚まで伸びた赤い髪を揺らしながら、少女は怒りながら言う。
「お父さんとお母さんの3人の家族で暮らしていたわ。でも、お父さんがトラブルで借金を抱えるはめになってしまったのよ。はあ…でもお父さんのために私は借金のかたにされてそいつらに連れてかれたのよ。」
「これからどうなるかわからないけど……いいわよ。お父さんとお母さんのためだもの…我慢してみせるわ。」
 
ブレザーに赤い髪…だったのに相手の趣味のせい奴隷服という名の大きめのシャツ一枚。 大きめの赤い瞳をした少女 身体は小柄だが人一倍動き 人一倍相手を見る。 人にたいして ツンツンしてるけど根っこは心配している事が多い様子。所謂ツンデレ系。 
身体のせいでからかわれるのが多くてそんな風になってしまった 17歳の女の子。
http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%BB%E7%CB%B1%A1%A1%D1%DB%B2%BB%A1%CA%A5%A2%A5%EB%A5%AB%A5%C7%A5%A3%A5%A2%A1%CB プレイヤーは私 エロくないクーフーリンです よろしくお願いします
 
 
【GM】 
借金のかたに連れて行かれた凜音…しかし、思ってたよりは生活環境がいいだろう。
掃除、洗濯、料理などの家事、または絵のモデルなど。
強いて言えば、奴隷服や足枷、下着無しを強要され、たまに夜伽を命じられるところだろうか。
そしてまた、今夜も

【御堂瞬】
「と言うわけで、今日もエッチなことよろしくしようかなー」と、うきうきのご主人様。▽

【凛音】
「というわけでじゃないわよ!!」凛音には大きい一枚シャツ。首元から時折乳首が見えそうになりながらも大きく叫び飛び跳ねる。赤い髪のツインテール。小柄な身体でも人一倍大きな声で怒りを露わにする「な、なんでそんな直球で…え、ええええっちなこととか…もうすこし言い方ってものないの!」うううっと真っ赤になりながらも抗議はする。…まあどうせ逆らえないことはわかっていても。 ▽

【御堂瞬】
「言い方かあ。セックスしよう、だと直接的すぎるし、夜伽をお願い、って方がいいかな? 他に何か案がある?」凜音の怒りの抗議をスルーしながら、そんな風に答える。▽

【凛音】
「うぐっうっううううーーううーーー!!」セックス 夜伽 言葉としてはほぼ直接的な言葉でぼっと燃えるように顔が真っ赤に染まる「そ、そそそっそそれはう、う。うーーーーお、女の子の私に言わせるのってそ、それはどうなのよばか!!」ツインテールを左右に揺らしながら首を横に振ってから気付き、噛み付くように瞬に言う。…乳首が丸見えなのは、気づいてないご様子 ▽

【御堂瞬】
「凜音の方から誘ってもいいのになぁ。あ、いつも通り、アルカディアでお願いね」と、ヘッドアップディスプレイのある部屋へ。▽

【凛音】
「ううーううー…!本当にマイペースね…アンタ・・・」真っ赤になってるのにマイペースに言う瞬の動きを見て…諦める。「わかったわよ……じゃあ私もログインするわ。」はあっとまたひとつ息を吐いて…またえっちなことをされるというのを考えれて恥ずかしさにまた赤くなる。
「…ログイン…開始」そう言いながら、HUDを身に付けてログインする ▽

【御堂瞬】
「それほどでもないよ。さて、ログインログイン」そう言って二人はログインする。場所は自宅の地下室。様々な淫具や拘束具が置いてある、淫らな部屋。▽

【凛音】
「はあ…またここなのね……」ふうっとちょっと息を吐きながら「…今日はどういう風にいたしますか…ご主人様。」ここにいるときはこれで居なければならない 心のなかでちょっと思っていることだ。彼を悦ばせるために。 ▽

【御堂瞬】
「え?」凜音の言葉に疑問符で返す。「凜音がしてくれるんじゃないの?」▽

【凛音】
「っ…?!」ぼんっとまた顔を真っ赤にする「わ、わわわわたしがす、するって・・・ど、どどどどどいうこと!?」いきなり言われた言葉にさすがに驚きどうすればいいか困ってしまう。▽

【御堂瞬】
「だって、ほら」と、映像を再生する。この前の逢瀬の時だ。

>【凛音】
>「うぅ~~~…」真っ赤になりなが頭をなでられるとちょっと嬉しそうにしながら身体を揺らし「ちゃ、ちゃんとするなら……うう……恥ずかしいけど…してあげるんだからね…」
>「~~~っ!!意地悪…」顔を上げると真っ赤になって頬を膨らませてる「うぅ……さっきみたいなの…変な縛ったりするのなしで…そしたら…もっとしてあげるから……だって抱きつけないし…」最後の部分は小声で呟き、恥ずかしそうにする。

【御堂瞬】
「って言ってたじゃない」と証拠を取り出す。▽

【凛音】
「~~~~~~~っ!!」自分の言葉でいったそれが耳に入れば口を開いてあわわわっと口に出してしまい、真っ赤なのはオーバーヒートしているのかぷしゅーっっと煙が出そうなくらいだ。
「わ、わか・・・ったわよ・・・うう・・・これ…抜いだほうが…いい…?」襟をつまんで奴隷服を脱ぐべきかと上目遣いにそう訪ねてくる。 ▽

【御堂瞬】
「ん、何々? 僕に裸を見せつけたいって?」凜音の頭を撫で、笑いながら意地悪に尋ね返す。▽

【凛音】
「うぅぅ……意地悪……」頭をなでられるとどこか嬉しそうにしながら顔を赤くし上目遣いに見つめてしまう。「んっ…ぅ…じゃあ……お口ですればいい…んだよね?」そういうと少し離れてからパサっとシャツを脱ぐ。「~~~…やっぱり…恥ずかしいよぉ」ぎゅうっと胸と秘所を手で隠してしまう。▽

【御堂瞬】
「そこは凜音に任せるよ。そうだね、上手くいったらご褒美えっち、上手くいかなかったらお仕置きえっちしようか」と、どっちにしろえっちをするんじゃないかという言葉を紡ぐ。▽

【凛音】
「えぅ…お仕置きえっちはやぁ……」また縛られて強引にされる。あんなのは好きじゃないというのを見せながら「じゃ、じゃあ…お口でする……ね」瞬の股に顔を近づけ、下半身を露わにさせる。…肉棒を見て、ドキドキしながら両手で肉棒を包み、優しく扱いてから「んっ…」ちゅっと先端にキスをしてから舌を出して先端を舐めていく。 ▽

【御堂瞬】
「ご褒美えっちならしても構わないんだ」言葉の端を摘みながら笑いかける。椅子に座ると、凜音に肉棒を任せる。▽

【凛音】
「んちゅ…はぁ…そ、そういうわけじゃ…ないけど……」真っ赤な顔をさせたまま少しぷいっと横に向く「…んっちゅぴちゃ…はぁ…んむんちゅ…」舌で先端を舐めていき、そのまま少し下動いていく。竿を舌で這わせ、時折唇でついばむように吸い付き…肉棒に奉仕をしていく。 ▽

【御堂瞬】
「僕としては、お仕置きえっちにきゅんきゅん反応しちゃうように凜音を調教したいところなんだけどね」肉棒を丁寧に舐める凜音の頭を、優しく撫でる。▽

【凛音】
「んっ…ぅ…」頭をなでられると少し嬉しそうにし「んんっ…ぴちゃ…ぴちゃちゅる…はむ…んむんちゅ…ちゅっちゅうう」舌で何度か舐めれば、唾液まみれになったその肉棒を大きく口を開いて咥え込み、ちゅうちゅううっと吸い付きながら舌先で先端を丹念に舐めあげていく。▽

【御堂瞬】
「ふふ、気持ちいいよ凜音。どこで覚えたのかなー。どうやって練習したのかなー」と白々しく問う。凜音の部屋にはマンガや本に混じり、官能小説やら淫具やら、色々用意されている。▽

【凛音】
「んぐんんっう…」痛いところを突かれる。しっかりとその手の知識は本・動画などを見てしまい…自然と覚えようとしてしまった。そして、どんどんと舌で肉棒を舐め、先端の尿穴を舌先でつんつんっと刺激したり、先端全体を舌で舐めながら、口に入らなかった部分を両手で包み扱いていく。 ▽

【御堂瞬】
「現実の凜音の身体は綺麗な処女だけど、耳年増になっちゃったね」くすくす笑みを浮かべながら、ぽんぽんっと凜音の頭を撫でて「一回出すよ。全部飲み干して貰おうかな」肉棒が脈動し、どぷっと量の多い精が吐き出される。▽

【凛音】
「んむっむうううーー!」誰のせいでこうなったと思ってるの!っと言いたそうな目で瞬を見るが…それでも舌での奉仕は止めていない。「んぐんっんんっ~~~!」全部飲み干す そう言われれば離したらお仕置き…そう考えたら喉奥でしっかりと肉棒を受け止めて吐出される精液を飲み込んでいく。「んぐんんんんーーーー…んっんんぐうう…」大量の精液は凛音には飲み込み切れず、口の橋からつうっと垂れていき口を離せば・・・「んあ・・・!はっ
!げほ・・・げほ・・・!」何度かは飲み込んだが、最後はなれない味と匂いに限界を感じ口から吐き出してしまう。 ▽

【御堂瞬】
「結構零しちゃったね。これはお仕置きが必要かなー?」わざとらしさも感じられる声色で、じーっと凜音の表情を楽しむように見ている。▽

【凛音】
「はう…うう……ごめん…なさい」げほげほっと何度か咳き込んでから‥ゆっくりと落ち着き、言葉を聞いてからしゅんと項垂れながら…謝る。 ▽

【御堂瞬】
「それじゃ、手を後ろに回して貰おうかな。今日一日、外すつもりはないからね」革手錠を手にし、凜音の拘束を要求する。付けたら最後、胸も秘部も隠せないだろう。▽

【凛音】
「ううぅ…わ、わかったわよ……うう……」両手を後ろに回され手錠をつけられれば…全裸のままで、瞬と向き合う。乳首・淫核は既に大きく膨れ上がり…秘所からは少し濡れた感じにみえるだろう。 ▽

【御堂瞬】
「素直でいいね。ふふ、興奮してるのがよく分かるよ」全裸で後ろ手に拘束された凜音を視姦する。乳房も、乳首も、秘所も、秘豆も、じっくりたっぷり目で楽しませて貰う。▽

【凛音】
「っ…~~~!やぁ…はず…かしぃ……」隠せない それがどれだけ羞恥心をあげるか。プルプルと震えながらその言葉を聞けば実感が湧いてきたのだろう乳首も淫核もぷくうっと膨れ上がり、秘所は熱くなり子宮がキュンキュンっと疼いていく。▽

【御堂瞬】
「そうだ、これも付けてあげよう」と、アイマスクを凜音に付ける。凜音は両手の自由だけでなく、視覚まで奪われてしまう。▽

【凛音】
「え、え・・・?ちょ、ちょっと!?え…っ!?」視界も塞がれ…何も見えないわかるのは自分が全裸で今、瞬に見られているということ 何が起こるかわからないこの状態に…怯え始める。 ▽

【御堂瞬】
「これから凜音を犯そう。レイプしよう。凜音の膣に僕の肉棒を突き刺して、精液を膣内に出し、凜音を啼かせてあげよう」凜音の肩を抱きながら、耳元でそんな言葉を囁く。▽

【凛音】
「ひっ!あっあ…や…」その言葉を聞けばゾクリと体が震える。触れられた瞬間ビクッとひときわ大きく身体を上下に揺らし「や、やだやだぁ……」アイマスクで見えないだろうが目は涙で滲んでいる。 ▽

【御堂瞬】
「ちょっと移動するよ、凜音」凜音をお姫様だっこで抱え上げると、ベットまで連れて行く。ベッドに辿り着くと、添え付けられた足枷と首輪を付け、凜音を人の字に固定してしまう。▽

【凛音】
「わ、ひゃ!?」連れて行かれていく、その先はさっぱりわからないそして、がちゃがちゃとまた固定されている。目の前が見えず何がどうなっているかわからないけど…また…秘所や乳首 全身を見られている感じれば…自然と震えていき、子宮はキュンキュンと疼き続け…とろりと何かを期待する用ん愛液がこぼれていた。 ▽

【御堂瞬】
「これも付けようかな」凜音の口にボールギャグを宛がい、声も奪う。「これで凜音は抵抗もできないし、逃げれないし、助けを呼ぶこともできない。そして僕に犯される。なすすべ無く犯される」耳元で息を吹きかけながら言葉責めをする。▽

【凛音】
「やっやっんぐ!!ん~~ふぅ!!ん~~ん~~~~!!」瞬の言葉に大きく怯え、口すらも封じられる。その状態は恐怖を引きずり暴れようとする。が、身体が動けない。そして犯される その言葉に怯え、身体を大きく震わせ…完全に動けなくなってしまう。 ▽

【御堂瞬】
「大丈夫、凜音は僕のモノだから。可愛らしい乳房と乳首も、勃起している秘豆も、疼いている秘所も、全部僕にしか触れさせないから」そう言うと、ずぶり、と肉棒を膣内に突き刺す。▽

【凛音】
「んっ・・・!んっんんん~~~~~~~っ!!」じゅぶりと秘所の中に入ってくれば、それだけでぎゅうぎゅううっと肉棒を拒むように締めつける。腰を大きく反らし…それでも快感はやってきてしまい…愛液がぷしゃあっと止めどなく溢れていく。▽

【御堂瞬】
「啼きたいだけ啼いていいよ。ここには僕と凜音しかいないからね」腰を掴み、ぐいぐいと凜音の膣を責める。ガチガチに堅くなった肉棒は、凜音の膣の壁を強く叩いていく。▽

【凛音】
「んぐ!!はぐんんほぐ!!ほ!んぐあ!!んっは!!おぐおっおっおっ!!」ギャグボールによりうまく喘ぐこともできず、ただただ奥まで突かれれば喘ぎ、乳首も淫核も尖りきり…快感を全身で味わう。 ▽

【御堂瞬】
「嫌々啼いても、身体は求めてるのがわかるよ。締め付けが強い。もう一度吐き出してしまおう」ずんっと奥深く肉棒を突き刺すと、大量の精をたっぷり凜音の膣内に注ぎ込んでいく。▽

【凛音】
「はぐううう!んぐんぐうううーーーー!?!?ふーーーふぅーーーー!!」何度も奥を突かれてから…吐出される大量の精液。それだけで容易く絶頂する。それだけじゃない…精液を求めて子宮口はどんどん瞬の肉棒の先端をちゅうちゅうっと吸い付いていく。▽

【御堂瞬】
「ふう。気持ちよかったよ凜音」指を鳴らすと、手枷を除いた全ての枷を解除する。アイマスクもボールギャグも取れる。凜音の頭を撫でて、涙を拭う。▽

【凛音】
「ぷはっ!!は・・・はぁー・・・はぁー・・・・・・・ううー!!ううぅーーー!!」身体の枷が撮れた瞬間瞬の胸元に擦りついていく。怖かったというのを示すように。 ▽

【御堂瞬】
「やりすぎたかなぁ」凜音の背をポンポンと叩き、あやす。だが懲りた様子はなく、片手間に頬に口づけしたり、乳首を抓ったりしている。▽

【凛音】
「うるさいばかぁ…!怖かったわよ!!…うう…!んひぃ!?んうううう・・・!!」涙目で訴えながら頬にくちづけされればそれだけで落ち着いてしまったが…乳首を維持割れた瞬間ビクンっと背筋を伸ばして感じてしまう。▽

【御堂瞬】
「ふむふむ、怖かっただけなのかな?」意地悪そうに乳首を捏ねくり回しながら、凜音に問う。肉棒を締め付ける膣は、上の口よりも素直に思える。▽

【凛音】
「ひぐうう!うあぐ!!ちく…びぃ…やぁ…!」真っ赤になりながら……涙目で訴え「う・・あう・・・…」小さく小声で「きもち・・・かった」っと▽

【御堂瞬】
「ん、聞こえなかったな」実際に聞こえていたのかいないのか、もう一度同じ言葉を言って貰おうと凜音に問う。▽

【凛音】
「ひぐうう!うぅ!!…‥気持ち…よかったの!!こわかったのに・・・きもちよかったんだもん・・・・・・」少し涙を流しながら大声で噛み付くように叫ぶ▽

【御堂瞬】
「凜音はマゾだなぁ。レイプされて気持ちよくなっちゃったか」いつもの意地悪そうな顔で、意地の悪いことをいいつつ、頭を撫でる。▽

【凛音】
「うるさぃ…ばかぁ……」泣きながら…じいっと上目遣いで瞬を見ている。 ▽

【御堂瞬】
「ん、何かな?」上目遣いで見てくる凜音に、何か要求したいことがあると察して尋ねた。▽

【凛音】
「ううう……何でも…ないもん……もっと優しくして欲しいだけ‥だもん…」ぷいっとそっぽ向きながらそんなことを言う。▽

【御堂瞬】
「でも、意地悪された方が興奮するんだろう?」そっぽ向いた凜音の耳元で、そう囁く。▽

【凛音】
「違う…うぅ……すこし・・・だけだもん・・・」ぽそぽそと言いながら俯く。▽

【御堂瞬】
「それじゃ、凜音をレイプした肉棒を綺麗に舐め取って貰おうかな」凜音の膣から肉棒を抜くと、彼女の顔に精液と愛液がまとわりついた肉棒を差し出す。▽

【凛音】
「ううう・・・やっぱり・・・意地悪・・・ばか・・・ぁ・・・」頬を撫でられた肉棒にゆっくりと口を開いて、ちゅ…ぴちゃっと先端を舐めていく ▽

【御堂瞬】
「全裸で後ろ手に拘束されて、レイプした肉棒を舐め取って綺麗にするのは、凄く興奮するね」放出したばかりの肉棒が、凜音が舌で舐める度に再び堅く成っていく。▽

【凛音】
「はぁ…うう……またかたぃ…」手が使えないので、舌でぴちゃぴちゃと舐めていく。肉棒についた液を綺麗に取っていくように舐めていく。▽

【御堂瞬】
「綺麗にしたらまたしようか」凜音の頭を撫でつつ、そう囁く。このループはいつになったら終わるのだろうか。なかなか眠らせてくれそうにはない。▽

【凛音】
「いやっていってもどうせするんでしょ…」ううっとまた唸りながら「なら…今度は口と目そのままにしてよね…」そう言いながら足を広げていき…秘所を見せびらかす。 ▽

【御堂瞬】
「しょうがないな、凜音は」甘えん坊だな、と口には出さず、だが優しく凜音を抱いていく。▽

【凛音】
「う~…!」真っ赤になりながら目線は合わせず、唸りながら抱かれていく。▽