【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】 卓を始めます。まずは自己紹介をお願いします。
【銀華】 はい!
【銀華】  
【銀華】「我が名は加賀美 銀華(カガミ ギンカ)!太陽に背を向け、闇に堕ちたる神秘の守り手なり!!」
【銀華(キャストオフ)】「あぁっvまって///今、服をっ、み、見ないで、下さいっ///んくぅぁぁ、ふぁ///イクッv」
【銀華】 たぷんと露出ゴスロリドレスからこぼれそうな爆乳を揺らすアルビノ少女。日傘を回し、ガラスの靴を鳴らして堂々と歩く。
【銀華】 しかしゴスロリを脱いだ彼女は他人と何もかも違う容姿に淫らな本質とネガティブな思考でゆれる、とても危うい少女。
【銀華】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%B2%C3%B2%EC%C8%FE+%B6%E4%B2%DA%28%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%29
【銀華】 前回の露出プレイで、すっかり有名になってしまった銀華ちゃん・・・自分でも露出の快感に目覚めていろいろなところが限界です!
【銀華】 ▽
【bellGM】 自己紹介ありがとうございます。GMはbellが務めます、初GMなりに楽しんで頂けるように頑張ります。
【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】 オープニング
【bellGM】  
【bellGM】 以前の魔物との戦闘で己の痴態を大衆へ晒してしまって以来、貴方の学内での孤立はより深まってしまいました。
【bellGM】 いくら服によって虚勢を張れても同級生達からの性的な視線や陰口等によるストレスを受け続けるのは辛いもの。
【bellGM】 そのストレス発散も兼ね、こうして夜の街を歩き魔物を退治しているのです。
【bellGM】 戦闘を終えたシーンからスタートします、RPをどうぞ。 
【bellGM】 同時に調教刻印《恥ずかしい身体》を使い銀華へ[水着]のバッドステータスを付けますが、CPを消費した分のダイスを振って5以上の目が一つでもあれば防げます。
【bellGM】 CP1点とアクトの使用宣言もあれば一緒にどうぞー
【bellGM】 ▽
【銀華】 Oh 今回は・・・そのままうけるよ!CP+1もらい!
【銀華】「はぁ、はぁ・・・今宵も、我が魂の平穏を、、、脅かす、、カルマ、、、不本意ながら、魔の者たちと共に駆逐、せり!(もう!なんで、なんでこんな気持ちに・・・魔物退治で、ストレス発散なんて!)」
【銀華】 銀華は戦いで解れ、微妙に切り裂かれ扇情的になった露出ゴスロリドレスで叫ぶ・・・杖代わりの日傘を振り払うたびに胸がぷるんっと不自然に揺れるのは、ノーブラの証で、自分の性癖を自覚してからはついつい下着をつけづに出歩いてしまうことが増えた。
【銀華】 苛立たしげに、しかしどこかすっきりとした表情で・・・しかし自分の格好を見て、そのまま表通りに戻れないと考えて、普段は通らない路地裏を移動し始める。
【銀華】 ▽
【bellGM】 服への被害はあったものの無事に戦闘も終わり、パトロールを続けていればふと裏路地に何やら銀華と同じ程度の背丈の人型が倒れているのを見つける事でしょう。
【bellGM】 それは全身を白濁で覆われていて一見すると輪姦された女性の様にも見えますが、まるで人型を取ったスライムの様に作り物めいた長髪や微かにすら聞こえない呼吸音と仄かな魔力によって明らかに人以外の何かであると判別出来て。
【人型】「ウゥ、ゲホッ…あ、ン…」身動ぎする事も辛そうにしながら路地裏にぽつんと裸のまま倒れていて。
【bellGM】 ▽
【銀華】「きゃっ!・・・……なんだ、人形・・・あ、あれ?こほん!、、、そ、そなた、もしや魔の尖兵か!我が名は加賀美 銀華(カガミ ギンカ)!太陽に背を向け、闇に堕ちたる神秘の守り手なり!!否であるなら、我に隷属せよ!魂の安寧を約束する!(こほん!あの、私はヒロインです!悪い人なら容赦しません!!・・・けど、双じゃないなら、お助けできるかもしれません。)」
【銀華】 警戒しつつも、レイプ後の少女にしか見えないその姿に・・・同情?憐憫?・・・いや、親近感がわいてしまい、人外だと理解しつつも、救いの手を差し伸べてしまう・・・つんと鼻をつく白濁の香りにきゅんっと子宮が疼くのは、この際無視して出来るだけにこやかに微笑む。
【銀華】 ▽
【人型】「うぅ、誰カ…そこ二?誰でも良いから、一緒に居テ…」非常に弱っているからか声も上手く出せない様子で、寂しげな声を出して銀華へ近寄ろうとしてそのまま地に伏せて
【bellGM】 明らかに人では無いその姿、しかし今までの魔物とは違い一切邪気を感じず。銀華が素手で倒せそうな程酷く弱っているのに必死に誰かへ助けを求める様は魔本を手に入れる前の弱い自分を想起させるかもしれません。
【bellGM】 いざ抱き上げてみれば分かる事ですが、その身体は見た目以外は殆ど人と同等の物で身体能力もそう高く無く。このまま野晒しにしておけば完全に力尽き、魔力へ還る事が分かります。
【bellGM】 例え魔物の様に見えても見た目は完全にレイプ被害者のコレを銀華が放っておく事が出来るのでしょうか。
【bellGM】 ▽
【銀華】「っっ・・・良いでしょう、ソナタに悪しき魂は感じられない。我が抱擁に、そなたの安寧を願う。(わかりました、貴女を信じます・・・こう抱きつけばばいいのかな、、、どう、ですか?)」様子を伺いながらとりあえず顔の白濁を拭い・・・その後、服が汚れるのをきにしつつも、壊れないように優しく抱きしめる。
【銀華】「ソナタ…生命の鼓動が弱いのね、、、我が闇の魔力、与える事も厭わぬ・・・そのすべを知らぬ無知を呪う。(すごく衰弱してる・・・魔力を送る方法がわからない・・・悔しいです。)」いつの間にか、少し砕けた話し方で今にも消えそうな彼女の身体をぎゅっと抱きしめる。
【銀華】 ▽
【人型】「ヒロインなのに、何故悲しム?魔物は、敵なのだろウ?」弱っていても魔物は魔物、銀華の魔力を見抜き不思議そうに首を傾げ。「助けてくれるなラ、キスをして欲しイ。唇を通して魔力を貰えル。ただ…その前に、どこカ暖かい場所ヘ。とても寒くて、魔物なのに凍えそウ何だ…」銀華からすればとんでもない事を言いながらも、すぐに寒そうに身を縮こませ銀華へ弱々しく抱きついて。
【bellGM】 ここで銀華は暫く両親が帰って来ていない為に家には自分一人しか居ない事を思い出します。
【bellGM】 ▽
【銀華】「き、きっす・・・!?そ、それしか・・・無いの?」思わず真っ赤になって素のしゃべりで狼狽。もっと卑猥なことをしているのに、意識してキスはしていないので、そのアンバランスさが伺える。
【銀華】「と、とりあえず・・・・こほん!我は神秘の守り手、、、しかし弱者をいたぶる悪しき行いは許さない、、、我が領域へ招待しよう。今宵は我も孤独の歌い手、安寧は約束する。招待、受けてくれるか?(ヒロインだけど、弱いものいじめはしません・・・私の家は、今夜は誰もいませんし、暫く一人ですから安心して・・・連れて行きますね?)」
【銀華】 にちゃぁっと地面に垂れ落ちる白濁に一瞬気をとられながらも、すっと魔力を込めてお姫様抱っこで彼女を運び出す。
【銀華】 ▽
【人型】「それ以外にもあるガ、心臓を抉り出して喰らうのは嫌だかラ…折角助けようとしてくれた人を殺したくなイ」真っ赤になった銀華へ告げられる血生臭い手段と魔物らしくない反応、それはますますこの個体が人を傷付ける事は無いだろうと言う確信を得られるもので。「あア、それなら頼ム。恥ずかしい事に、魔力切れなせいで身体を動かす事も辛いんダ…」ぽっと白い頬を赤く染めながらまるで人のように顔を背け恥ずかしがりながらも大人しくお姫様
【bellGM】 抱っこで銀華の家へと運び込まれ。
【人型】「あー、あー。うん、調子も良くなった。魔力をありがとう、魔力を受け取るついでに貴方を読み取って身体を作らせて貰った。今までの身体だと、魔力消費が多くて回復に時間が掛かるから…」家へと運び込まれキスをすれば恐らく普通の人間と全く同じ柔らかい感触と口に僅かに付いた精液の味が銀華の唇に触れ。するとどっと魔力が吸われると共にまるで性感帯を一度に弄られたかのような快楽が走り。気を取り直せばいつの間にか銀華と全く同じ姿
【bellGM】 をした少女が人型のいた場所にいて体の調子を確認するかのように手足や首等を動かしているのです。
【bellGM】 ▽
【銀華】「そ、それをしようとしたら、流石に我もソナタを滅するしかない・・・力が戻っても、人を傷つけるなら、我は神秘の守り手としてソナタを討つ。我が言葉を刻みつけなさい。」流石にどろどろのまま部屋にあげるわけにもいかず。。。寒そうなので浴室でシャワーを浴びせながら物騒な言葉への返事をしておく。
【銀華】「ふぅ・・・ソナタの身を汚す甘露・・・ではない、悪しき白濁は清浄に磨き上げられた。で、では・・・わが、我が、、魂の欠片、、、そ、そなたに捧げる儀式を、・・・んっ///」綺麗に汚れを洗った彼女へ、向き直りながらも真っ赤になっていく・・・真っ白なアルビノの肌が首まで赤くなりながらも・・・ちゅっ、と少女同士の瑞々しい唇がふわりと重なり、ゾクゾクと湧き上がる快感が魔力と共に彼女に吸い上げられていくのを感じる・・・気がつ
【銀華】 けばぼぉっと床にへたり込んでいて、、、自分そっくりになった彼女を不思議そうに見上げていた。
【銀華】 ▽
【水華】「ごめんなさい、もう一度キスをさせて貰っても良い?わたしは魔物だけどここまでして貰ったから恩返しがしたいの。その、次のキスで貴方のして欲しい事を読み取るから…」魔力を吸って少しだけ体調が戻った様子でそう言うとへたり込んだ銀華を抱きしめ、先程よりも少しだけ強く唇を重ねあわせ。魔物なりの緊張を解す為の行動なのか銀華の大きな胸や尻を撫でながら何度も唇を重ね。「んっ、ふ、んんぅ…v 貴方のして欲しい事…チンカス
【bellGM】 塗れのおちんちんとか精液が好きなの?」今までの男性達とは違う優しい手付きで抱きしめ撫でたり揉んだりしながら、銀華と全く同じ声と姿でキスを続けていればとんでも無い事を言い出して。
【bellGM】 ▽
【銀華】「え・・・き、気にする事はない、これも我が魂の導きが・・・きゃっ///んむぅっ・・・ふぅ、、んっ///ちゅぷ・・・うぅんv~~^ぷぁっ、はぁはぁ///」呆けている間に、抱きしめられ唇を塞がれる。ふわふわとした少女同士の柔らかな抱擁と、同じく柔らかい唇にとろけそうになってしまう・・・何より直ぐ目の前で懸命に自分へ尽くそうとしてくれる赤い瞳へ変化した少女を引き剥がせず僅かにその身体にてをそえるだけしかできなか
【銀華】 った。
【銀華】「はぁ///はぁ・・・えっ?そ、そんなわけ、、、///ちが、、いますよ///」突如彼女が言い出した、しかし的確に己のストレスの元を言い当てられて取り繕う事もできずに彼女の腕の中で恥ずかしそうに小さくなる・・・無自覚に庇護欲と加虐心を刺激する銀華は、しかし最後まで否定の言葉をだせなかった。
【銀華】 ▽
【水華】「人間と同じ見た目になるなら個体名が必要ですし…とりあえずこれからわたしの事は水華(みか)と呼んで欲しいです。あれ、おかしいな…確かに貴方の欲しい物はコレの筈なんだけど。もしかして間違ってるのかな、これで良いんだよね?」銀華の反応を見て自分の視た物が正しかったのか不安に思いつつもズルリとその場で一物を生やして。銀華の記憶にあるような長くて太く亀頭も大きな一物は雁首にびっちりと白っぽいチンカス塗れになっていて
【bellGM】 。そんな一物をずいと銀華の鼻先へ近付けるのです。
【bellGM】 ここで調教刻印《恥ずかしい身体》を使いPCの行動を操作します。戦闘後のRPで欲望に素直になって動いて下さい。
【銀華】 あれ?白濁中毒じゃなくて?(恥ずかしいはさっきつかったきがすゆ
【bellGM】 CP1点を進呈します。もしも使いたいアクトがあれば一緒にどうぞ。処理が終わったら戦闘開始です。
【bellGM】 ありゃ
【bellGM】 白濁中毒でした、ごめんなさい間違えました… では白濁中毒を使ってその効果を発動します!
【銀華】 あいあいさー!抵抗せずにCP+1と・・・シーンアクトとしてはじめてのキスCP1SP02 いただきますw
【bellGM】 はい、どうぞー それでは戦闘を開始します。水華のIVは5なのでそちらからどうぞ!
*bellGM topic : [05水華][TP16トラップ][06銀華]
【銀華】 開幕なーし!
【銀華】 トラップもあった!
【銀華】 トラップは突破能力なんでしょー?
【bellGM】 あっ、しまった奇襲忘れてた
【bellGM】 なんでもOKですー
【銀華】 まだ行動してないし 奇襲判定しましょかw
【bellGM】 それではこちらは魔力で振ります
【bellGM】 2d+8
【Dice】 bellGM -> 2D+8 = [1,6]+8 = 15
【銀華】 うう!つよい・・・!知力5で対抗判定だっけね!
【銀華】 2d6+5 知力
【Dice】 B06_ginka -> 2D6+5 = [5,3]+5 = 13
【bellGM】 ですね、知力で抵抗です
【銀華】 ふにゃぁ!
【bellGM】 惜しい… それでは水華ちゃんが行動します
【bellGM】 サモンスライムとしたたる毒液で攻撃します。
【bellGM】 2d+8
【Dice】 bellGM -> 2D+8 = [1,6]+8 = 15
【銀華】 ぞろ目は無いので水着なし・・・!でもいたーい!
【bellGM】 攻撃が通れば[催淫][ミルク][尿意][水着][責め具][ふたなり]の内好きなBSを与えます
【銀華】 ダメージ-7 受動 ブラッディミスト【魔力】だけダメージを減らす。(MP4/HPを3点まで代用可能) MP4消費の腰受け・・・腰AP残り4!
【銀華】 アクトはとりあえずなしで!
【bellGM】 それではBSは催淫をどうぞー
【銀華】 うにゅにゅ!催淫うけたー!
【bellGM】 処理が終わったらそちらの手番どうぞ。
【銀華】 では・・・本来のターンですわね・・・!
【bellGM】 ですね
【銀華】 水華に、必殺コンボをうちこむよー!
【bellGM】 どうぞー
【銀華】 1d6+7+2+4+1+4+5 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+5+3) 催淫で-1d6されても固定値の暴力からはにげられないよ!闇に飲まれよー!
【Dice】 B06_ginka -> 1D6+7+2+4+1+4+5 = [6]+7+2+4+1+4+5 = 29
【銀華】 最大値!
【bellGM】 痛いっ!?弱点なので34点貰いました
【bellGM】 それでは水華の攻撃、先ほどと同じ物をぱーん
【bellGM】 2d+8
【Dice】 bellGM -> 2D+8 = [6,5]+8 = 19
【銀華】 ひぃん!
【bellGM】 …ごめんなさいっ♪
【銀華】 これはふせげません!続けて腰で受けて飛ばします!おまたまるだし///
【銀華】 突き刺さる視線/CP1SP1 を宣言ですわ///
【bellGM】 水華の視線が銀華ちゃんの股へ突き刺さりますね!
【bellGM】 それではトラップの攻撃。通常攻撃に誘惑,バインディング,乳牛の呪いの3つを付けて。
【bellGM】 2d6+4
【Dice】 bellGM -> 2D6+4 = [1,3]+4 = 8
【銀華】 ひぇ!
【銀華】 うにゅう!!7てんまでしかふせげないのに!!
【bellGM】 このトラップが落ちると拘束は解除されます。さり気なく掛けられた呪いで銀華ちゃんの頭をエッチな事しか考えられない様に拘束しますー
【銀華】 その他APを飛ばして 拘束、ミルクうけます!
【bellGM】 アクト処理が終わったらそちらの手番です。
【銀華】 アクトに、淫らなる緊縛/官能の指先 CP5/SP3 いただきましゅ!
【bellGM】 どうぞー
【銀華】 うぅん・・・どっちも厄介・・・!
【銀華】 罠の突破を挑むよ!CP3点とオバーライトレッドもつかう!
【bellGM】 どうぞー
【銀華】 1d6+3d6+2+8 魔力 突破&オーバーライト・レッド(MP5)CP3 確実に突破すゆ!
【Dice】 B06_ginka -> 1D6+3D6+2+8 = [2]+[3,4,4]+2+8 = 23
【bellGM】 こいつは強いけど脆いぞー
*bellGM topic : [05水華][TP0トラップだったもの][06銀華]
【bellGM】 トラップは消し飛んで拘束が解除されました
【銀華】 あ、こうそくで-4わすれてた。。。さっきの19ですわねw 突破判定
【銀華】 それでも解除できたけど!
【bellGM】 どちらにしろこれはTP16しか無いのです。
【bellGM】 では水華の攻撃ー
【bellGM】 2d6+8
【Dice】 bellGM -> 2D6+8 = [4,4]+8 = 16
【銀華】 にゃぁん!?ここでぞろ目なんて・・・!
【bellGM】 組み合わせはさっきのものと同じです
【銀華】 ブラッディミストで-3だけして HPダメージ13点うけましゅ!いたいーー!
【bellGM】 あっ、言い忘れていましたが堕落と純血を持っているのでこの子に負けると致命表で+2して振る事になりますー
【bellGM】 なので、頑張って下さいね!それではアクト処理の後そちらのターンどうぞ。
【銀華】 アクトは 挟み込む双乳/熱い蜜壺 CP2/SO2で!
【bellGM】 確認しましたー
【銀華】 うにゅにゅ・・・!
【銀華】 怖いので、ココで輝石つかう!
【bellGM】 はい、3d6どうぞー
【銀華】 3d6 回復
【Dice】 B06_ginka -> 3D6 = [5,6,5] = 16
【銀華】 ふあー!
【bellGM】 わぉ
【銀華】 26点マックス!
【銀華】 つづけて、攻撃いくよー!
【bellGM】 どうぞー
【銀華】 1d6+7+2+4+1+4+5 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+5+3)
【Dice】 B06_ginka -> 1D6+7+2+4+1+4+5 = [1]+7+2+4+1+4+5 = 24
【銀華】 ひぃん!
【bellGM】 まだ倒れませんが、次同じ攻撃を受けたら倒れそう
【bellGM】 ではこちらの攻撃
【bellGM】 2d6+8
【Dice】 bellGM -> 2D6+8 = [1,5]+8 = 14
【銀華】 うにゅ!実はMPがたりない!胸が飛んだーーー!
【bellGM】 通ったら尿意をどうぞー
【銀華】 裸になってしまいました/// アクトは・・・なし!
【銀華】 次ターンでどうにかしないと・・・!
【bellGM】 それではそちらのターンをどうぞー
【銀華】 んむむ!では・・・ちょっと遊んじゃおう!
【bellGM】 遊ぶ…?
【銀華】 補助行動で アクトお漏らし! 尿意解除! 更に、主行動で催淫解除だよw
【銀華】 クライシスアクト<自慰>を使用するか、1ターン分の手番を消費して同様の描写を行なう事により回復します。
【銀華】 ちがった!
【銀華】 行動で催淫解除・・・攻撃受けたらお漏らししちゃうのw
【銀華】 裸になって、くちくちむにむに、オナニー我慢できなくなっちゃった銀華ちゃんだよ!(みせつけりゅ
【bellGM】 あっ、はい。それはOKですがHP大丈夫です…?
【銀華】 必殺技は、ギリギリに打ってこそ・・・よ!
【bellGM】 なるほど
【bellGM】 ではこちらの攻撃
【bellGM】 2d6+8
【Dice】 bellGM -> 2D6+8 = [2,1]+8 = 11
【bellGM】 …これは、勝負が決まりましたね!
【銀華】 ミストで-3!8点HPにうけて18点のこりの・・・アクト お漏らし/潮吹き です!
【銀華】 CP3SP3だわw
【bellGM】 あぁ、痛いのが来るぞー! CPとSPどうぞー
【銀華】 では・・・色々極まった銀華ちゃんの洗礼です!
【bellGM】 かもーん!
【銀華】 12d6 純粋/任意 ヴァニシングクライ(CP6) たった一人に与えるにはオーバーな浄化絶頂の翼!水華を包んで優しく聖化させるよ!
【Dice】 B06_ginka -> 12D6 = [1,3,3,3,4,4,6,2,1,4,1,3] = 35
【銀華】 35点!防御点の通じない純粋なHP減少よw
【bellGM】 30点超えた時点でオーバーキル、銀華ちゃんの勝利です!
【銀華】 銀華*・・)えっへん
【bellGM】 では経験値などの処理をしますので獲得CPとSPどうぞー
【銀華】 CP14 SP11 アクト数8だよ!
【銀華】 …軍団の癖でアクト数までだしちゃったw
【bellGM】 では成功で40、ナイト級10、トラップで4のCPを合わせて経験値68点どうぞー
【銀華】 わぁい!
【bellGM】 ミアスマ4点と名声1も忘れずどうぞー
【bellGM】 水華への人脈は欲しいです?
【銀華】 ほしい!
【bellGM】 ではどうぞー
【銀華】 経験点68/ミアスマ4/名声1/人脈:水華(NPC) こうかな?
【bellGM】 ですね、それでOKです。では処理が終わったのでRP開始しますー
【銀華】 らじゃー!
【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】  【水華】「人間と同じ見た目になるなら個体名が必要ですし…とりあえずこれからわたしの事は水華(みか)と呼んで欲しいです。あれ、おかしいな…確かに貴方の欲しい物はコレの筈なんだけど。もしかして間違ってるのかな、これで良いんだよね?」銀華の反応を見て自分の視た物が正しかったのか不安に思いつつズルリとその場で一物を生やし。銀華の記憶にあるような長くて太く亀頭も大きな一物、それも雁首がびっちりと白っぽいチンカス塗れになって
【bellGM】 いる一物をずいと銀華の鼻先へ近付けるのです。
【水華】「この、凄く匂うおちんちんを舐めたり突っ込まれたり…中で沢山出して貰うのが良いんだよね?」
【bellGM】 ▽
【銀華】「う・・・あ///その、、あの・・・わ、我が魂の欠片、、、水華、、その真実は、我には、、、酷な、、試練であり、、、負けてはならぬ、堕落の調べ・・・んっ///あぁ・・・v」へたり込んだまま、立ち上がれない銀華は、眼前に突き出されたその濃厚なオスの香りに必至に抗おうと言葉を並べ取り繕う・・・が、その赤い瞳はらんらんと輝きじぃっと肉棒を見つめ、すんすんと鼻ははしたなく臭いを楽しみ、抗おうと言葉をつむぐ小さな唇から
【銀華】 はだらしない舌が飛び出し唾液を零していた。
【銀華】 既にボロボロだった露出ゴスロリは出しっぱなしのシャワーでぴったり銀華の肌に吸い付き・・・濡れてその興奮を見せ付けるように胸元のノーブラおっぱいを丸見え同然にしている。
【銀華】 ▽
【水華】「つまり恥ずかしいと…でも、こう言う恥ずかしさを堪えてしたいようにする事も人見知りの克服に繋がるんじゃないのかな?エッチな事もしたいけど、人見知りも無くしたいんだよね?ほら、まずは少しだけ舐めて… ついでに裸になってエッチな事しよう?それとも、シャワーでもっとエッチな事になってる服を着たままの方が良いのかな」目の前でしゅこしゅこと皮オナをして見せるとますますチンカスの濃い匂いが銀華の鼻孔を刺激して。そ
【bellGM】 うしながら長く細い指を丸見えの胸に伸ばして軽く突き。
【bellGM】 ▽
【銀華】「うんっvっぁぁん///な、なんで・・・考えてる事・・・が///わ、我の、魂を縛る、、、この羞恥の鎖、、、空、開放、、、してくれるのか?」むせ返るような熱気につつまれ、大好きなチンカスチーズの臭いに誘われるようにぼぉっとなった銀華はちろ、ちろっと、仮性包茎ちんぽの先端を舐め始める。
【銀華】「んむ、、れろ、れろ・・・この、服は・・・我が魂の、、、鎧、、、自ら、脱ぐなど・・・恥ずかしくて、、、むりっ///」ぺろぺろと、もどかしいくらいにチンポの先っぽだけを舌先でなめながら、切なそうに見上げて懇願する・・・自分では脱げない、だから・・・「我が、魂の欠片、、、水華になら、この肌を晒す、試練を、まかせて・・・も、いい//」脱がして欲しいとお願いする。
【銀華】 ▽
【水華】「何で分かるかって…さっき言ったでしょ?あのキスで銀華の事を視たの。寂しいのは嫌だよね、誰かに認めて欲しいよね。素直に思いを表したい…よね?わたしは銀華に命を救って貰ったから、銀華の欲望を全部叶えてあげたいの」チロチロと先端を舐められて、予想外に強い男性の快楽に腰を震わせながら安心させるように銀華の頭を撫でて。
【水華】「ん、ふぁ、ぁっ…v うん、分かった。それならわたしが脱がせてあげる、銀華の為に全部脱がせてあげるから安心してわたしに任せて?」そう言うと一端銀華を立ち上がらせて、乳房や尻穴を何気なく弄りながら魔物らしく手際良く破けかけで少し間違えばビリビリになってしまいそうなそれを破かない様にして脱がせ始め。
【bellGM】 ▽
【銀華】「んぁぁうんっ///んむぅ・・・ぷぁ・・・水華・・・貴女、、、すごい、、、私の事、全部、わかる・・・んだ///」水華にされるがまま脱がされていく銀華・・・その真っ白な素肌が曝け出されるたびに、銀華の中で水華への心の壁がくずれていく、まるで人間のように、、、友のように、、、親友のように・・・姉妹のように、目の前にいるのが当たり前のように感じてしまう。そう思得てしまうのが不自然なほど、納得してしまうのだ・・・
【銀華】「恥ずかしい・・・けど、なんだか、嬉しいよ・・・水華に、見られると・・・きゅうって、なるの///あ、うぁあんっ///」流されるままに、今や両親にすら見せられない、真っ白な裸体、、、その豊かな胸の頂と緩く開いた股の奥の鮮やかなピンク色が神秘的な銀華の裸体・・・それをまだまだ恥ずかしそうだが、水華に見せつけ、感じ始める。
【銀華】 ▽
【水華】「今回はして欲しい事を探ったから家族の事とか、今までの事は分からないけど…わたしはそう言う魔物だからいつかは銀華の事が全部分かる様になるかもね♪ お姉ちゃんの事なら何でも分かる妹みたいになってあげるから、したい事我慢しなくても良いよ?例えば自分の身体を弄りながら、おちんちん舐めたりとか…v」銀華の望む親密な関係を匂わせながら無意識の内に堕落させるような事を言い、風呂の縁ヘ座ると股を開き一物を舐めや
【bellGM】 すくして。まるで銀華に手本を見せるようにくちくちと銀華と同じように大きく実った胸の先端を中指と親指で弄り始め。
【水華】「そっか、それならその嬉しい事もっとしよう?銀華の身体は綺麗だから、全然恥ずかしくないって分からせてあげる。わたしのおちんちんがこんな風になっているのは、銀華が可愛くて綺麗だから。その赤い目も大きな胸も、魅力的だからこんな風になっているんだよ?」優しく優しく染み込ませるように、武力の無い魔物だからこそ得た言葉を染み込ませる能力を以って銀華の恥ずかしがり屋な面を改善しようとして。ただし、魔物だからこそ無意識に
【bellGM】 自ら淫らな事を求めるように誘導してしまい。ギンギンに勃起して濃い雄の匂いを放つチンカス塗れの巨根を銀華の前で揺らしてみせるのです。
【bellGM】 ▽
【銀華】「本当に・・・シていいの?私、ずっとずっと・・・家で、一人で・・・おちんちん、想像して・・・お、おなにーしてたの///んっ、、くぁぁんひぁぁ・・・///」水華にいわれるがまま・・・良くそうにこしかけた水華の突き出された肉棒をぺろぺろと横からしゃぶり、水華と鏡写しのように胸をいじり、秘所をこする・・・期待するような赤い瞳で見上げ、竿の部分をちゃぷちゃぷなめてはゆっくり外側にをつるつるになるまで舐めていく。
【銀華】「そう。。。なの?私、綺麗で、エッチなの?だけど、、、私、怖いの、皆と違うから・・・私と、同じ、水華じゃないと、ダメ、、じゃない?」洗脳ボイスの餌食になった銀華は、安堵と不安を織り交ぜて、本心をぶつける・・・しかしその間も自慰はより激しくなり、見せ付けるように揺らされた肉棒を頬と肩で挟み込むように固定し、縋りつくように頬ズリで水華の言葉が真実なのかと、肌で感じようとする。
【銀華】 ▽
【水華】「うん、わたしは銀華のしたい事全部認めてあげる。可愛い声を出しながら、ぺろぺろして…?っ、う、ぁぁっ…v おちんちん、初めて生やしたから凄いよぉ…v」あまりに大きな自らの乳房を鷲掴みにするように五指で揉みしだいたり、乳首を人差し指で押し潰す様に弄ったり。くいくいと腰を揺らし銀華の舌にちんぽを押し付けたり。外側を綺麗にした為か、余計に内側に溜まった大量のチンカスの匂いが先っぽの皮の隙間から溢れでて来
【bellGM】 る事も分かるかもしれません。
【水華】「ひぁ、ぅ、んぁ…v 大丈夫だけどどうしても不安なんだね… それなら銀華をコピーしたわたしが証明してあげる♪男の人は綺麗だったりエッチなのを見たり感じたりすると射精したくなるのは知ってるよね?ほらぁ、わたしのおちんちんもそうなってるv それでも不安なら…可愛い銀華の大きくて柔らかくて素敵なおっぱいで挟んで、この皮を剥いて射精させてみて?そうすればきっとわたしが本当の事を言ってるって分かる筈だよ
【bellGM】 ねv」じっと目を見ながら優しく安心させるように頭を撫でて、びゅくりと精液混じりの先走りを吐き出しながら腰を揺らし銀華に自信と性的な奉仕を行う理由をあげようとして。
【bellGM】 ▽
【銀華】「本当?なんでも・・・なら、この、作り物みたいな、おっきいおっぱいでも、水華は、感じてくれる?真っ白で、乳首だけ、ピンク色の変なおっぱいで挟んで、この、真っ赤な目にみられながら、、、おちんちん、ぴゅっぴゅって、してくれる?」顔に先走りを浴びながら、心地よさそうに震えてそのなでなでを受け入れる・・・そうして溶け出した不安を口に出し・・・してもいいの?とほっこり笑顔で無邪気に笑いかける。
【銀華】「それじゃ・・・する・・・ね、、、わ、先走りで、谷間、ねちゃねちゃ///すごい・・・すごい・・・vおっぱいの中で、びくびくって、暴れてる♪…水華、おちんちん、喜んでくれてる♪・・・キス、したくなってきちゃった///」きゃっきゃとはしゃぎながら、浴槽に腰掛ける水華の股座にもぐりこんでその巨乳でふたなりちんぽを挟み込む・・・同時に反応するおちんちんの先走りでにゅるにゅるパイズリを始めた銀華ちゃんは、じいっとその
【銀華】 光景に見入り、熱い吐息をはくと・・・極自然にその先走りを零す先端を口内に収める。
【銀華】 んむっv、、、ちゅるる・・・じゅぶっ!・・・れろ、、、あむ・・・れろおぉぉ♪ 銀華の口内で暴れようとする亀頭を、銀華は唇を窄めてしっかり押さえる。そして先走りに唾液を混ぜると・・・にゅるぅっvと舌先を皮に包まれたカリへと差し込んでいく・・・濃厚なチンカスチーズの味、香りに酩酊したようにうっとりすると・・・首を傾けるほどに大胆に舌でカリ裏からチンカスをこそぎ落として激的なほどの快感を水華に返す。
【銀華】 ▽
【水華】「うん、勿論。わたしは銀華をコピーしたけど、そこだけはわたしの考え。日焼け止めも塗らないのに真っ白で大きくて、でも乳首は綺麗に色が付いてて可愛いくてエッチだと思うよ。勿論、目もとっても綺麗で…ずっと見つめ合ってたいな♪ …は、恥ずかしいけど言っちゃった///」頬を染めながら何とか言葉を言い終われば羞恥で耳まで真っ赤になり目を逸らし。精巧にコピーし過ぎたせいで恥ずかしがり屋な所までそっくりになってしまった
【bellGM】 ようで、そんな点でも銀華と共通点が見え親近感が湧くかもしれません。
【水華】「だ、だって…銀華のおっぱい凄く良くて…♪ 先走り止まらないの/// 腰も、ガクガクして…男の子って、こんなに気持ち良いの?わたし、すぐに…銀華の胸に出しちゃいそうだよぉっ!v」大きく柔らかな谷間に包まれれば熱い一物は更に先走りを吐き出して、魔物故に人間よりも過剰に吐き出すそれは銀華の谷間を満たす程に溢れ出し。
【水華】「ひぁ、ぁっ、うぁ、あぁぁっ♪ だめっ、チンカス舐めないでぇっ!v そんなの、されたら出ちゃうからぁっvv ごめんなさいっ、わたしっ、銀華のお口に沢山吐き出しちゃうぅぅ―――~~~っっ!vv」舌を皮に包まれた敏感なカリへ差し込みたっぷり貯めこまれたチンカスを舐め取られれば慣れない男性器の快楽に悶えていた水華にはとても我慢出来る物ではなく。ごぷっ、ぼびゅるるるるとチンカスよりも濃く量のある、身
【bellGM】 体をより淫らな物へと改造させるミアスマ混じりの熱い精液が口内を満たし。魔物故に人間の限界を超えたとんでも無い量の精液を口から精液が溢れても吐き出し続けるのです。それを飲めば元々年齢からは考えられない程発達した体は更にいやらしい物になり始め。
【bellGM】 ▽
【銀華】「嬉しい、、、すごくうれしい・・・今まで見たいに、気持ちいいだけじゃない、、、水華と、繋がってみたい・・・って思えるの、、、このおちんちんのビクビク、私に、出したいっていってるんだよね?真っ白な肌をもっと白くしたいって・・・にごったザーメン、、銀華に、だしてくれるんだよね・・・出して、、銀華のおっぱいでいっぱい、びゅーって、、、して///」溢れる先走りにとろとろになった真っ白なマシュマロおっぱいは、にゅぷんと両
【銀華】 手でかかえきれないせいで鷲づかみというより乳首を引っ張るように抱え込んで挟み込んでいる。だからこそ今にもイキそうな水華同様、銀華も絶頂が近い・・・
【銀華】「あぁぁぁっ///んむぅ~~~―――v~!?・・・っvVv~~~♪」大量に吐き出された精液を、口内に受け止めた銀華、、、今まで味わった事もないほどの濃さと量に一瞬意識が飛ぶ・・・そのせいで口のホールドが緩み、びゅるるるるっと激しい射精に押し負けて口の端から精液が飛び出し胸を汚す・・・ソレでも懸命に射精を受け止めるが・・・飲み込むほどに湧き上がる圧倒的多幸感と絶頂感が、そんな努力も呆気なく押し流す・・・びく
【銀華】 びくっと失禁&潮吹きしながらザー飲アクメを決めた銀華は、真っ赤な目を見開きのけ反ってしまい・・・びゅるん!と口からはじけとんだ肉棒からの射精ザーメンシャワーを頭から全身にあびてしまう・・・その精液に触れるたびに肌が敏感に、淫らになるのを感じたのか、、、痙攣しながらも銀華は無意識にその精液をからだにぬりたくっていく・・・「しゅごいv・・・///銀華、まっしろ、、、になっちゃったぁ///」
【銀華】 ▽
【水華】「あ゛っ、ふぁ、ひぁ、んんっ…v 射精って、凄いよぉ…/// 頭真っ白になって、腰がまだビクビクしてて…v」たっぷり射精しきって脱力し、危うく風呂桶に倒れそうになりながらも何とか持ち直し。風呂桶にもたれかかる形でずるずると床へ座り込むのです。そうした状態で銀華を見ればミアスマによって更に身体はいやらしい物になり、精液を身体に塗り込んでいるせいもありあれだけ大きかった胸は更に大きさを増し。2カ
【bellGM】 ップは大きくなって居る上に、精液を浴びた肌は更に艶を増し赤子の様なもちもちの肌になり。そんな姿の銀華を見れば本人の腰が抜けかけていても構わずに射精直後の水華の一物は再びそそり立ってしまい。
【水華】「本当だね、銀華の身体真っ白で凄くエッチだよ?ほら、精液を浴びてさっきよりもっと胸もお尻も大きくなって肌ももちもちになっちゃってる♪ …精液塗れになるとエッチに見えるから好きになって貰えない、なんて思ってる?ほら、わたしのおちんちんもっとエッチになった銀華を見たらまたこんなふうになっちゃった/// 普通は一回出したら少し位は萎えちゃうのに、銀華が可愛いからこんな風になったんだよ?v」銀華を抱きしめな
【bellGM】 がらザーメン塗れになった頬や首筋にキスを落としつつ、胸へと精液を塗りこんで。手についた精は尻穴に塗り込んでみたりオマンコへ塗り込んでみたり、全身へ己の出した大量の精液を塗ろうとしながら銀華を褒めちぎって。
【bellGM】 ▽
【銀華】「嬉しい・・・うれしいよ・・・水華、、、あの、、、えっと///実は、、、私も、足りないの・・・おまんこ、せつないの・・・だから、おちんちん、おまんこに、じゅぼじゅぼ・・・していい?あ、あたし、、、水華と、、、セックス、、、したいの///」ぎゅううっと抱きしめられ、自分の変化に自覚が無いままに、同じ位置まで降りてきた水華の顔をみつめて、おねだりする。
【銀華】「水華は、すわってて・・・さっき、いっぱい、びゅーってして、つかれてるのよね///あぁ、私のおっぱいで、そんなに感じてくれて・・・うれしい。。。だから、一緒に、気持ちよくしてあげるね?・・・コレが、今、一番、シたいことなの///」そういって浴槽にもたれかかる水華の顔の横にある淵をつかみながら腰をあげる・・・とろぉっと本気汁を噴出したおまんこはそれでも綺麗なままの薄ピンクの膣口をくぱくぱみせつけながら・・・勃
【銀華】 起したオチンポに跨るように位置を整え・・・「おちんぽ、いれちゃうねv」と呟きと同時に重力に従いずぴゅぅにゅ~~っと一気に膣へ肉棒を埋没させていく。
【銀華】 ▽
【水華】「うんっ、わたしは銀華のしたい事全部叶えてあげるから… 何回でも、何十回でもおまんこじゅぼじゅぼってして良いよv お父さんとお母さんが帰ってくるまで、ずーっと二人でしたい事をしようね///」恥ずかしくとも笑みを向けながら銀華が腰を上げるのを見送って。どろどろと本気汁を溢れ出させる膣口が近づくだけで更に硬さを増し精液混じりの先走りをびゅっびゅぅっ、と一般人の射精の様な勢いで膣口へ叩き付けて。
【水華】「う、うんっ…♪銀華の中にわたしのおちんちん入れてっv それで、中で沢山一緒に気持ち良くなりたいな///」そうして挿入されればたっぷり濡れそぼったそこを大きな水華の一物が埋める事になって、少し腰を揺らすだけでエグい段差を持つ雁首はゴリゴリと膣壁を抉り刺激して。強すぎる快楽への反射で時折がくりと突き出される腰によって大きな亀頭は銀華の子宮やポルチオ強い勢いの先走りと共に突く事になってしまい。銀華を抱きし
【bellGM】 め、銀華の変化に合わせて変化したお互いの爆乳や勃起しきった乳首を押し付け合いながら荒い息を吐き表情を蕩けさせ。水華の中にもっと銀華の為に彼女の喜ぶ事をしてあげたいという欲求を生み出して。「ぁ、う、ふ…ふぁ、ひぁっ♪ 銀華の中、ざらざらでトロトロで…こんなの、またすぐに出ちゃいそうだよ…/// 銀華も、気持ち良くなってくれると嬉しいなvv 」
【bellGM】 ▽
【銀華】「いひぅうっvしゅごい、しゅごいよこれぇぇっ///おっきいおちんぽ、、銀華のおまんこ、ギチギチになってりゅっ///あひぃっつ・・・えひyぅv奥、、ごりゅって、ぜんぶ、おちんぽと、おまんこ、、、いっしょになってるみたいぃっ///わかっちゃうの?銀華の、かんじるところぉっ・・・ぜんぶ、ぜんぶ水華のおちんぽ、でぇぇ、幸せになってりゅ///」対面座位で挿入した肉棒は・・・にゅるにゅるの銀華のオマンコを一気に押
【銀華】 し広げ・・・しかし痛みにならないピッタリサイズで銀華の中に納まり・・・しかし的確に、子宮口をえぐりぬき、ぶつぶつGスポットが同時にカリでせめたれられ・・・竿に浮かぶ血管の位置すら銀華のオマンコの微細な性感帯をしげきしてくる・・・まるで銀華を感じさせる為だけの肉棒に、一気に理性が振りきれた。
【銀華】 ぎゅうっと胸同士を押し付け、乳首で乳首を押しつぶし、膝を付いたまま腰を何度も何度も振り、愛液や先走りの泡立つのもきがつかないくらい、擦り切れるまでピッタリチンポを味わいつくす・・・しかし、その激しさは愛おしい時間をどんどん圧迫し、肺が潰れそうなほど息をきらせながら、それでも止まれない快楽の波に翻弄されてただたら「水華と繋がりたい」という思いを発露させて初めての心を通わせたセックスに没頭していく。
【銀華】 ▽
【水華】「銀華の、子宮にキスしてるの分かるよぉ/// 今のままでも、気持ち良いけどっでもぉ、もっと気持ち良くしてあげるっ♪わたしの身体で銀華専用のおちんちんを作ってあげるからぁっ!vv」銀華の内部の構造まで読み取り作り上げた彼女専用の一物は見事に子宮口やGスポットと刺激している様で互いに膨大な快楽を与え合うことになって。しかし未だ僅かにズレのある事を感知すれば魔物としての特性を以って再びペニスを変化させ
【bellGM】 、血管の太さ数位置等をより銀華の性感を煽る様に配置し直しながら快楽を受け取って。
【水華】「しあわせなの?わたしで、幸せになってくれてる?/// それなら、わたしもっ…凄く幸せだから、また銀華に種付けしちゃうっ♪ 銀華っ、わたしとちゃんと契約してくれる?してくれれば、刻印が刻まれてっv ひぁっ、んっ、もっと、気持ち良くなれるのぉ♪ こんな、ふぅにぃぃぃっ!vvv」腰を振る銀華の負担を少しでも減らそうと銀華と手を繋ぎ、少しでも彼女の体重を受けようとして。淫紋の効果を説明しながら
【bellGM】 もにょもにょと意識を集中すればお試し用のそれが二人の一物と子宮へあらわれて。その状態で腰をピッタリとくっつければ早くも水華は絶頂し精液をぶち撒け、しかし淫紋の効果か全く萎えずに一物はそびえ立ち続け。吐き出された大量の精液は銀華を内側から快楽で焼き尽くすように一気に子宮口を通り抜け子宮を満たし、仮の淫紋同士が触れ合った状態で精が注がれた事で銀華さえ承認すればそのまま完全な淫紋が刻まれより強い快楽が二人に与えられようと
【bellGM】 しするのです。
【bellGM】 ▽
【銀華】「いひゅっvあ、、ひぃっあ?なに、しゅるのっ///みきゃぁぁああああ~~~~~~!?」絶頂寸前、もはやトロ顔をとおりこして常時イキッぱなしのような状態になった顔で、水華の言葉を聞き・・・次の瞬間に訪れた圧倒的な快感が、連続絶頂など生ぬるい・・・多重絶頂へと銀華を飛ばしてしまう。
【銀華】 バチリ!と子宮で弾けた魔力・・・その魔力に引きずられるように神経がむき出しになり、快感だけが数十倍になって帰ってきたような臨死体験にも似た衝撃。密着した子宮と亀頭の淫紋キスが互いの快感をサーキットし、無限の快楽に閉じ込められる・・・そして、そんな刹那の恐怖を吹き飛ばすのもまた、水華に与えられる快感だった。
【銀華】「あぁぁぁぁえっぁvでてりゅ、おちんぽっvびゅーーー、、、ってぇっ///銀華のおまんこ、水華のぉっvざーめんでえぇぇぇ、おぼ、、れてりゅうう~~~~vV////」水華の射精により、快感の牢獄から引きずり出され、膣は愚か四肢魔で痙攣させ、泡を吹き出すほどの苛烈な絶頂に押し上げられる・・・ふわふわと意識が身体から剥がれ落ち、膨大な快楽という海に投げ出されたような錯覚・・・だけど自分を放さないようしっかり穿たれ、つ
【銀華】 ながれた水華のオチンポの安心感に・・・失神する寸前の銀華は柔らかく痙攣マンコをゆるめて溢れるせいえきごと二度目の潮吹き絶頂をみせつける。
【銀華】 ▽
【銀華】「あぁ・・・もっと、、、、もっと、、、銀華、、、、に、いっぱい、えっちなこと、、、、して///水華・・・けーやく、、、しよぉ♪」だらりと、四肢を投げ出し、水華によりかかる銀華は、、、絞り出すような声で、満足そうに、安堵するため息のように・・・その提案を受け入れた。
【銀華】 ▽
【bellGM】 こうして契約が結ばれ、二人の性器へ完全な淫紋が刻み込まれる事になり。より強い快楽を与え合う事になった二人はそのまま朝まで発情期の獣の様に腰を振り互いの名前を呼び合う事になったのです。この二人がこれからどうなるかはまた別のお話……
【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】  
【bellGM】 くらくら!「貴方の欲望叶えます~ドッペルゲンガーは少女の生活へ侵入する~」 完
【bellGM】 長い時間お付き合いくださりありがとうございました!
【銀華】 わっふーー!おつかれさまーー=!濃厚エロスだったわw
【銀華】 *・・)ふんすふんす(こーふんさめやらにゅ
【bellGM】 もっとしっかり流れを書いておくのか、はたまたアドリブを多くするのか悩む所ですが… まだまだ未熟だと言う所はしっかり理解出来ましたw
【銀華】 初めてでこれは すごいとおもうわーw
【bellGM】 こちらこそ濃厚なエロをありがとうございました!
【bellGM】 TRPGのGMって難しいんですね…
【銀華】 GMって気張るのがとれてきたら すごい楽になるよw
【銀華】 (慣れが一番
【bellGM】 ありがとうございますー ばこさんや他のGMのする事を参考にして、処理はある程度コピペ出来る様にしておいたのですw
【銀華】 おーw
【bellGM】 まぁ、アドリブ入ったらすぐだめになりましたがw
【銀華】 後は回数を重ねて、自分のやりやすいバランスを確認していくといいとおもうのw
【bellGM】 なるほど
【bellGM】 とりあえず処理としては最後にRPがっつりやる方がやりやすいなとは思いました。
【銀華】 戦闘と並行は アドリブすごいからねーw
【銀華】 GMというより RPへの慣れが必要なレベルだw
【bellGM】 RPもまだまだ下手なのでもっと経験を重ねてうまくなりたい所です。こう、表現の少なさが…
【銀華】 しかし、水華ちゃんのおかげか、中二銀華ちゃんが可愛いビッチに・・・!
【銀華】 RPはもう 色々ためすしかないものねw あと読むかw
【bellGM】 次回はお外に行くか校内露出どちらが良いですか?私の場合は露出プレイと言うよりも野外プレイに重きを置くとは思いますが。
【銀華】 お外がいいかなーw
【銀華】 校内は水華ちゃんがばっちり銀華の居場所をうばってからがいいのでw
【bellGM】 はーい。場所などはまた今度決めるという事で…流石に今から相談はばこさんの制限時間に引っ掛かるでしょうし。
【銀華】 あはーw 3じなっちゃうものね!
【銀華】 またお時間みつけて打ち合わせしーましょw
【銀華】 あ、Lv3になれるので・・・銀華ちゃんの強さはまたあがるじぇ!うへへへ
【bellGM】 場所をどうやって奪うかも考えないと… とりあえず銀華ちゃんの望む物を与える一環として次回のオープニングは仲の良い家族として過ごす感じにしようかとー
【bellGM】 ふむふむ、ビショップを出します…? <強さが上がる
【銀華】 Lv3はビショップとタイマンいけるからねw
【銀華】 あと、前回りゅみさんにしてもらったんだけど・・・
【bellGM】 ではトラップを無くしてビショップを出すと言う事で。はい、何をすれば良いのでしょう?
【銀華】 OPの時に、銀華の周りの事を少しだけ表現する日常パートがあるとすごいギャップがあっていいなーっておもえたのw
【bellGM】 ふむふむ、仲良し家族パートを入れる理由がまた出来ましたね。こんな家族が戻ってきたけど、夜になると… みたいな感じに?
【銀華】 そうそう!
【銀華】 参考資料はここに・・w
【銀華】 http://www31.atwiki.jp/bmrog/pages/1424.html
【bellGM】 お父さんとお母さんについてはまた相談しないとですね。希望があれば口調とかこんな感じ!と言って頂ければそのようにしますし。
【銀華】 この、アイスをおごってもらう~みたいな何気ないシーンがHCって不足しやすいからさw
【銀華】 口調は特に無いけど・・・銀華への冷遇(腫れ物扱い)をしっかり出してくれると今後の堕落がしやすいかなってw
【bellGM】 ふむふむ、以前は冷遇していたのに水華が来てからはこんなに優しくなってくれた。みたいな感じにしようと思いましたが水華が来てからも冷遇したままにします?
【銀華】 がっちりと背景を固めるのも楽しいけど、何気ない1シーンを軽く入れるのもキャラクターを立たせるんだなぁって教わったのでw
【銀華】 優しさが水華に集中しちゃうのがいいかなーってw
【bellGM】 水華が好感度をリセットする感じで、優しくさせて… で、これからの銀華の行動等でまた冷遇される事になる何て事にしようと思っていました。 でも、このまま冷遇させて行く行くは育児放棄も良いですね!
【bellGM】 ふむふむ、水華が来て家の雰囲気は明るくなったけど、結局銀華ちゃんに優しさを向けるのは水華だけな感じに。
【銀華】 あ、そだそだ
【bellGM】 はい、なんでしょう?
【銀華】 今回やってみて、身に覚えのある初心者あるアルをちょっと感じたのですわw
【bellGM】 …確定ロールが多かったとかでしょうか
【銀華】 「考えていた設定を出したがって、本来の目的を二の次にし始める」というのがw
【bellGM】 おおう…
【銀華】 手段と目的の逆転現象にちかいかなw
【銀華】 キスする為に設定を作ったのに 設定をだすのを頑張りすぎて キスシーンが減った というのがわかりやすい?
【bellGM】 あー、なるほど… それは確かに駄目ですね
【bellGM】 銀華ちゃんのことが分かるならもっとキスをするべきでした
【銀華】 これもバランスの加減の問題なのでむしろちゃんとキスできたのですごーいってレベルだけどね!
【bellGM】 RPしてる最中は一杯一杯でしたが、それは言い訳にはなりませんし… これからは気を付けるようにしたいです。
【銀華】 本当の確定ロールって キスのリベンジを提案した時に「もうやったからしたくない」って突っぱねるところまでいったらだとおもうのでw
【銀華】 べるさんならきっと次に行かせるとおもうの!
【bellGM】 ありがとうございます、その期待に応えられるよう努力します。
【銀華】 ちょっとお説教じみた感想なげちゃったけど、次回、また次回を楽しくしたいので・・・がんばってほしいですw
【bellGM】 えっ、いえいえ寧ろこういう事はどんどん言って頂きたいです!ちゃんと言って貰える方が次回に活かせるかもしれないので。
【銀華】 懐深いべるさんだわ・・・///(懐にもぐりこんですやすや
【bellGM】 指摘してくれる事に寧ろこちらが感謝したい位です。
【bellGM】 次回も楽しんで貰える様に頑張ります。それでは今日は遅くまでお付き合いありがとうございました、おやすみなさい!
【銀華】 おやすみなさいなのよー!(銀華ちゃんでらぶらぶはめはめ抱き枕