【まりん】  
【まりん】「こんにちわなの!まりんは水無月 まりん(ミナヅキ マリン)っていうの!泳ぐのと梨花先輩が大好きなの!皆ともなかよしになるの♪」
【まりん】 プールサイドをぺちぺちと可愛らしい足音を立てる幼い雰囲気の少女。疑いを知らない純粋さと快感、梨花への思いを無防備に晒しながら泳ぐ。
【まりん】 そんな姿は男女問わず庇護欲を誘い嗜虐心を煽るが、13年の人生を幸福な超える幸福を与えてくれる「梨花」信じて今日も「特訓」を受け続ける。
【まりん】 最近は「仲良く」なった美術部で書いて貰ったボディペイント水着で泳ぎ、その裸体を晒す事がマイブームのようだった。
【まりん】 ▽
【GM】 よっしではでは そんなまりんの新しいお話を開始しましょう
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス くらくら 水泳部 合宿へ!
【GM】  
【GM】  
【GM】 今日の部活動も終わりみんな、部活後の整理運動などをしております。 そんななかまりんも当然同じようにしています。
【GM】 それが終わったあと…珍しく(いや珍しいのはいけないんだけど)部長・北村謙吾(実は前回名前は教えてなかった)がみんなのもとにやってきます。
【北村】「よーっし全員集合!ちょーっと話があるから来てくれ~!」そういいながらぱんぱんっと何度も手をたたき集合を促してきます。
【梨花】「あら?どうしたのかしら。」そういいながら梨花もわかっていない様子。まりんと一緒に整理体操をしていたので一緒にいます。
【GM】 ▽ そんな感じで RPどうぞ!
【まりん】「んっvんっvんっ~~~っ♪はふ、えへへ///男子みーんな、まりんをみてくれてるの♪たいそー、だいすきに、、なっちゃったの♪」整理運動と称して片足をあげて大胆におまたさらしたり、りか先輩に手を引っ張ってもらってうんうん!ゆらしたペイントの≠ェれたおっぱいをゆらしているまりんちゃん。ご機嫌でほんのり頬染め、おまたからもうっすら汁を滲ませながら楽しんでいると・・・
【まりん】「あ!きたむらぶちょーなの!いますぐイクの~~~♪リカ先輩も、早く、早く♪」運動をやめると、ぱあぁぁああっと笑顔になってとてちてとてちて!リカの手を引っ張って集まる水泳部の輪に混じるよ!
【まりん】 ▽
【梨花】「あ、こらまりんちゃんまだ整理運動終わってないのにもうー」ちょっと困りながらもちょっとうれしそうにまりんに手を引かれてうれしそうにしている梨花先輩でした。
【北村】「おーっし全員集まったなぁ~。それじゃ全員喜べ!2週間後の連休で合宿をするぞ!場所はなんと……リゾート施設だぁ!!」
【GM】 ばああああんっと仁王立ちして偉そうな顔をしている北村部長がそう叫ぶと 「え、マジで!?」「やったー!去年と同じあそこかな!」などと先輩たちはいっています
【梨花】「あれ、今年もやるんだ。ってそういえばあと二週間後であれもあるもんね・・・」あははっとちょっと恥ずかしがりながら頬を掻いていいます。
【GM】 ▽
【まりん】「がっしゅく~~?リカ先輩、がっしゅくって、なんなの~~?・・・りぞーとはしってるの!こーきゅーほてるなの!りょこーいったあとおとまりするばしょなの!」首を傾げたり、えっへんと胸を張ったり一瞬も同じ表情で居ないまりん、おかげで可愛いお尻も、大きなおっぱいも大暴れで騒ぎをちょっとだけ加速させてしまう。
【まりん】 ▽
【梨花】「んっとね、合宿ってね部長の知り合いのツテでね南の島のリゾート施設を使わせてもらえるの。それで、そこで泳ぎをしたりいろいろ…ね?」最後の部分は頬を赤らめながらいう。
【北村】「で、全員出席できる奴は三日以内に用紙に参加希望を書いておいてくれ!ちなみに一応金はとるぞ!一人頭5000円だ!」ばーんっと偉そうにしながら、全員に場所を示した場所のチラシを見せる。
【GM】 場所はここから南の島 高級施設でそこでは多くのVIPも訪れると噂の場所です。 そんなところを君たちは使わせてくれるそうです。
【GM】 ▽
【まりん】「ごしぇんえん・・・こーきゅーほてるなのです!……リカ先輩、、、まりんも、いきたかったのです・・・」しょぼーんとしてるまりんちゃん、おこづかいで歯ぜんぜん足りないからいけないとおもってそうです!(親にお願いするという発想はないいい子
【まりん】「お、おてつだいするの!いっぱいおてつだいすれば、おこづかいもらえるの!そうすれば、まにあうの?」だれにきかせるわけでもないが、一生懸命指折りでお小遣いを溜める算段を考えたりしています。
【まりん】 ▽
【梨花】「あ、あはは…」さすがにそんなことを言ってくるのは予想外で軽く汗一個「じゃあ、そうね…お手伝いして頑張って足りなかったら私が出してあげる。足りなかった分は…いっぱい体でしてもらえばいいからね♪」くすっと笑ってまりんの頬にチュッとキスしてあげます。なお二人はまわわりに見えない位置にいたりします。
【北村】「うむ、ぜひぜひ参加してくれ!楽しくそして仲間との絆を深めるための合宿でもあるからな!皆の衆しっかり参加してくれ!」びしっと親指を立ててみんなにそう告げてから…解散!となった。
【GM】 ▽
【まりん】「あ、ありがとうなの!リカ先輩大好きなの~~~♪ちゅっちゅっvうん!いっぱいいっぱい、お礼するの~~♪」リカの提案にぱぁぁぁああっと笑顔が戻ると、ぴょいん!っとリカに飛びついてお礼のキスをほっぺにいっぱい!ちょっと異常なほどの親密さと、胸がむにゅっとリカに押し付けられて綺麗に歪む様子が披露されました!
【まりん】「はいなの!ぶちょー!まりんも、がっしゅくでいっぱいい~~~っぱい!「なかよし」するの♪」リカにしがみつきながら解散を告げる部長におててふりふりして伝えるよ!
【まりん】 ▽
【梨花】「うん、それじゃあもし足りなかったら言ってね?あっちでいっぱい仲良ししようね?」あははっと笑いながらなでなでしてくれます。
【GM】 ▽
【まりん】「はいなの!いっぱいなかよしして、お礼するの~♪」なでられながら気持ち良さそうに目を細めてふるふる・・・ぷくーっとおむねのせんたんが膨らんできちゃうのをリカの身体におしつけて隠しながら、リカといっしょにあるいていくよ!
【まりん】 ▽
【GM】  
【GM】 では…そんなこんなで君は…足りませんでした。
【GM】 その分は、梨花がしっかりと出してくれたので無事に終わりました そんなこんなで当日
【GM】  
【GM】  
【GM】 きれいな砂浜 光り輝く海! 気候も暖かく 泳ぐのに素晴らしい日 そんな空間が広がるこの場所に君は降り立った
【北村】「よーっし全員準備運動!水着は好きなものをきてよし!!ただし泳ぎにくいのは禁止だ!エロい水着は歓迎するぞ!」ぐっと親指を立ててそんなことを言ってきます。
【梨花】「ふー、よかったね。ちゃんといけて」そういいながらなでなでとまりんの頭を撫でてくれます。 
【GM】 ▽
【まりん】「なの!リカ先輩のおかげなの!もう、まりんは、リカ先輩と離れないの~~♪」ぎゅっぎゅっぎゅ~~!いつにも増していちゃいちゃしているまりんちゃん。着替える前なのでお臍が見えるほど浮き上がる制服が、ノーブラFカップを押しつぶして非常に目に毒だった。
【まりん】「う~~~・・・おこづかい、ないから、、、「いつもの」だけなの///…リカ先輩、お着替え、おてつだいしてほしいの///」いつもの…スク水orボディペイントなのだが、、、リカのお手伝いが必要なのは後者。まりんちゃんは真っ赤になりながら知らない土地での露出をおねだりしてきた!
【まりん】 ▽
【梨花】「あらあらじゃあしょうがないわね…」クスっと笑ってるとどこかぴーんと浮かんだのか。「じゃあ、まりんちゃんあっちにいこ?」そういうとヤシの木と草むらの多くある場所で人にほとんど見られにくいだろう場所へ行くことを促してきます。「そっちで準備してあげるね?」
【GM】 ▽
【まりん】「はいなの!あ、まってほしいの~~!」最近、お胸が大きくなりすぎて走るとバランスを崩しそうになるまりんちゃん。砂浜では余計に走りにくくて手にした絵の具セット入りのバッグも相まってリカ先輩にひっぱられながらついてくよ!転びそうになったときに翻ったスカートの中は、きれいな縦スジがまるだしだったのはほんの数人にしかみられていなかったよ!
【まりん】 ▽
【GM】 それを見た男子部員はごくりと生唾を飲み込む。二人が去っていったところを…じっと見ていた
【GM】  
【梨花】「じゃあ、まりんちゃん?最初は服を全部脱いじゃおうね?」クスクス笑いながらまりんにそう言います。夕にしっかりと教わっているのでやり方もわかっているのでそういいます。
【GM】 回りは草むらが多く”ついてこない限り”誰かが来ることはないでしょう。
【GM】 ▽
【まりん】「は、はいなの!・・・・・・う~~~///なんだか、いつもより、ドキドキしてるの♪・・・おそとで、脱ぐのって、最初から裸より、なんだか、恥ずかしいの・・・v」ゆっくりスカートを落とし、上着のボタンを外していくまりんは、、、普段のボディペ水泳とは違う開放感を味わい、ぶるりと震えてからぱさっと上着を落す・・・
【まりん】「いっつも、おへやのなかで・・・「お着替え」してたの!・・・おそとで、「お着替え」は・・・とっても、あたらしーーの♪」誰もいない”はず”の草むらで、裸体になったまりんの乳首は早くもぷっくり充血しはじめていて・・・まりんもはずあしそうにその乳首を手でかくしてしまう。
【まりん】 ▽
【梨花】「あはは、ちゃんと教えたことはやってるんだね。いい子いい子」頭を撫でてあげる梨花。「じゃあ私とおそろいの恰好にしよっか?夕にしてもらったこれね♪」そういうと、ぱさりとスカートを脱ぐ。Yシャツのボタンを一個ずつ取っていきそのまま脱ぎ捨てる。ショーツもブラもつけておらず…最近徐々に大きくなってきたのでしょうEカップに育ったその豊満な胸ととがった乳首。でも違うのはビキニ型で白のボディペイント。だがその絵面はきわどい。秘所の入り口はほぼも見えてる状態。クリトリスも膨れ上がっている。
【GM】 胸のほうも描かれている面積も小さくほぼ乳首だけを隠してるようなそんな絵だ。
【GM】 ▽
【まりん】「わわっ!わっ!?・・・と、とっても、えっちで、、、大人なの・・・///ま、まりんも、おんなじなの?大人っぽい、れでぃーになれるの?///」まりんは思わず大声で驚いてしまい・・・慌てて口を塞ぐと、まじまじとリカのセクシービキニペイントを見つめる。くりくりっと大きな目がリカの白く塗られた尖り乳首を見上げ、しゃがみこんでくるくるくるくる、ほぼそのままのお尻、隠すというより白いラインで視線を誘導するおまんこをみて 、興奮気味の吐息が軽くリカの秘所をなでてしまう。
【まりん】 ▽
【梨花】「ぁん♪」秘所を撫でられるとぴくんっと震えて…とろりとあふれている愛液がまりんの手について。「もぉ、まりんちゃんも十分なれるわよ?だからほら立ってしてあげるから♪」そういうと筆や絵具を用意して…まりんに筆を見せてきます。
【GM】 ▽
【まりん】「は、はいなの!……えへへ///まりんも、リカ先輩と・・・おそろいの、れでぃーなの♪」リカに言われてしゃきーん!と気をつけ!すると手を真っ直ぐ上にあげて万歳の格好・・・もちろんおっぱいが丸出しでプルプル震える先端はすっかり乳首を勃起させた準備万端の状態だった。
【まりん】 ▽
【梨花】「うんうん、ちゃんと”見えてる”からね。動いちゃダメよ♪」そういうとちらっと視線を別のところを見ていう。筆を握って、おそろいの色を作るため、白の絵具を筆にしみこませていきます。まずはt乳首と乳輪を入念に筆塗っていき…乳首を転がしていきます。塗れていない部分を作らないようにするため細かい部分まで丁寧に塗っていきます。右が終われば次は左にたっぷりと塗っていき…その後はブラを作っていきます。一度筆の動きを止めてまりんのおっぱいを下から揉みあげていきます。
【梨花】「ちゃんと垂れないようにチェックしないとね♪」そういいながらむにゅむにゅっとまりんが喜ぶように敏感な部分を揉んでいきます。 
【GM】 ▽
【まりん】「ふぁぁ、、、リカ先輩の・・・筆、、、ちくちくが、乳首にぃっ・・・v気持ちいいのっ///はぁぁうん・・・動っ~、、かないのv、、むずかしーーのぉ///」気持ちいい乳首への筆責め・・・甘ったるい声が自然と漏れて、リカへ声をかける・・・ぷッくり充血した乳輪は筆が這うたびに更に充血して塗り終わった先から僅かに桃色を透けさせるほど面積が広がり塗りなおしを重ねるハメになり、その間、まりんの手は頭上でくねくね、もどかしそうに指が握られたり開いたりしていた。
【まりん】「にゃぁぁううん///まりんの、おっぱいは、、まだまだ・・・えっと、、あ!そうなの「みずみずしーー、じぇーしーおっぱい」なの!垂れたりしないように、おしえてもらったたいそーしてるの!偉い?えらい?…ほめて、、、ほしいの///」屋外露出で感じすぎていた乳首が終わり、程よく感度のあがったおっぱいをもまれるうちは楽しそうに嬉しそうにはしゃいでいたが・・・きゃっきゃっv、、、あぅん!きゃぅん///っと次第に声がまた艶っぽくなり、敏感な部分をもまれる頃には肌がすっかり赤く上気してしまっていた。
【まりん】 ▽
【梨花】「あはは、まりんちゃんのおっぱいは柔らかくてじゅーしーおっぱいだもんね♪」そのままちゅうっと乳房の下のほうにキスマークをつけてくれます。「ふふ、でもこれからが本番♪動いちゃだめよ?」筆を持ち直してから、白の絵の具をしっかりとつけてから、まずは秘所のほうに塗り付けていきます。その後ゆっくりとそこからビキニパンツを作っていきますが…ほとんど秘所丸出し 腰回りは線一本のままお尻の部分は尻肉は一切塗ることはなく、尻肉の間にほんの少しだけ塗るだけ まるでTバックのような状態だ。 
【梨花】「ほら、まりんちゃんできたわよ?」くすっと笑ってから、カバンから鏡を出してくれます。
【GM】 ▽
【まりん】「は、はいなの!///・・・・んっ~~~~っふぁ、や、あぁぁ・・・おまんこ、にゅるぅっ~~~・・・・ひゃぁ、あぁぁああん♪、、はぅ、あみゅむ・・・///おっきいこえ、でちゃったの///はずかしーーの///」脚を開いて、リカにオマンコを見せ付けながら這わされる筆に神経が集中していくのがわかる・・・にゅるっと絵の具が肌を伝う感触が徐々に期待を高め…秘所に到達した瞬間、きゅうううん!っとお腹の奥で切なさがおしよせてぷるん!っとお尻が自然に引き締まり、身体をぎゅっと抱きしめて何とか動かないように我慢、我慢・・・だけど声だけは抑えきれずに草むらや茂み一帯に響かせてしまう。
【まりん】「で、できたの?・・・・ふわぁぁ・・・えっちなの///おしり、ぜーんぶみえちゃってるの///お胸も、おまんこも・・・リカ先輩みたいに、、、れでぃーな、の♪」無邪気に様々なポージングをして・・・その度にお尻が、お胸が、おまんこがいろんな角度で見える。調子に乗って雌豹のポーズをとろうとしたところで、すってん!と転んで漸くリカにむかって「ありがとうございます、、、なの!これで、おそろい、なの♪」と嬉しそうに笑った。
【梨花】「うん、そうだね♪ほら…えい♪」ぎゅうっとまりんに抱き着いてむにゅむにゅうっとお互いのおっぱいを個すらせ合う。そのたびに乳房と乳首がこすれあい形が淫靡に変わっていき…さらに密着して足を絡ませてお互いの股間を擦らせ合います
【GM】 くちゅくちゅっとお互いのおまんこから液体の混ざる音が聞こえるのと同時に……がさがさっと少しずつ草むらから聞こえてくる音が強くなっているのもわかります。
【GM】 ▽
【まりん】「ふにゃぁん///リカせんぱいv・・・ん、、キス、したいの・・あぅ!?だ、誰かきちゃうの!!」うっとりと胸を押し付け合い、白い乳首がくにくに形を変えるのを眺め、くちゅくちゅすりすり、絡めあった脚が秘所をおしつけてとろっとした愛液を混ぜあう音で高まった気分・・・うっとりとした顔でキスをねだった瞬間。草の揺れる音を聞いて慌ててリカを見つめてどうしよう!と焦る。
【まりん】 ▽
【梨花】「あら、大丈夫よ?気にせず…見せつけちゃえばいいんだから♪」クスっと笑いながらまりんをぎゅうっと抱きしめキスをしてきます。そのまま口の中に舌を入れてぴちゃちゅる…っと舌を絡ませ合います。唾液が混じり合っていき、唾液がしっかりと絡み合えばそれをゆっくりと飲み込ませていきます。
【GM】 ▽
【まりん】「え?いいの?まりんと、リカせんぱいの、、、秘密・・・じゃ、んむっゆぅ・・・♪中玖、、、はぷっ、、、んむぅ・・・♪」リカからのキスは、どんな時でも受け入れOKなまりんちゃん。浮かんできた疑問も不安もキスで蕩けて自分からも舌を絡めだし、止まっていた胸合わせも、秘所同士のキスも再開させる・・・「んぐぅっvんって・・・ん~~~///」流し込まれる唾液もくぐもった嬌声と共に飲み下して、、、ふわふわと身体が浮かんでいきそうな心地よさに蕩けていく・・・
【まりん】 ▽
【梨花】「んっんんっはぁ…♪おいしぃ…まりんちゃんお口の中♪」うれしそうに笑いながら、ちらっと視線を草むらのほうに移せば…どうやらにばれてるのに気づいたのでしょう逃げていきました。
【梨花】「じゃあ…一気にしてあげる♪」そういうと梨花は腰の動きを早くしていき…おっぱいを擦らせていき乳首がどんどんと転がっていけば刺激が強くなり…秘所はクリトリスも一緒に転がっていけばそれだけでも刺激が強くなっていき…まりんへの刺激をどんどんと強くさせ
【梨花】「んんっ…はぁvまりんちゃ…私も気持ちよくて…いきそっ…ね、ね…一緒にいこ?いっちゃお!」スイッチが入ったのでしょう声が一気に大きくなりながらお互いでイこう?っと誘ってきます。
【GM】 ▽
【まりん】「うんっvイクの、、、まりん、、りかせんぱいとvいっしょに、、いっしょにっvvおそとで、、、イクのぉぉぉっ~~~~♪」リカの責めに呆気なく・・・というより、リカに開発され、完全に把握されたまりんの身体はリカの意思一つで簡単に絶頂させられるのだ・・・それでも、いっしょに!イケるように、乳首のもどかしさを我慢して、クリトリスがぷにゅっと潰れるのも我慢して、くっちゅぅ!っとオマンコ同士がキスする様に密着するのを我慢して・・・
【まりん】 「ひゃ、あ、あ、、あ、あ、だめ、まりん、も、イっちゃ・・・あ、あぁぁあああ///」しかし、普段と違うロケーションに我慢しきれず、びびくん!っと背筋をのけ反らせて絶頂してしまった。
【まりん】 ▽
【梨花】「んっあ!わ、たしもおおお!!vv」そのままお互い抱き合いながら…「あ、あ、あ、あああああああ!!vv」そのままぷしゃああっとボディペイントの上から秘所からあふれる愛液が…擦り合っていた秘所と太ももにたっぷりと浴びせていき…まりんと一緒にそのまま果ててしまう。
【GM】 ▽
【まりん】「あ、、、ふぁ・・・イっちゃったの・・・///おまた・・・どろどろ、、、海で、きれいきれい、、、したいの///」くったりとリカの身体にしだれかかり、とぷとぷあふれる秘所からの愛液で二人の太ももがねっとり汚れるのを感じると・・・「いっしょに、イケたの///」とくすぐったそうに笑っていた。
【まりん】 ▽
【梨花】「ん、そうね。さすがにこのままじゃ…ね?」クスっと笑ってから言い「それじゃ、このままみんなのところまで歩いていこうか?♪」うれしそうに笑ってから、手を掴んで、歩いていこうとします。
【GM】 ▽
【まりん】「こ、このまま・・・なの?///えへへ、、、リカ先輩の匂いが、しちゃうから、きかれ、、ちゃうの///」らぶらぶの証を見せ付ける・・・そのことになんだか優越感を感じたのか、ぎゅう~~ってつないだ手を嬉しそうに握りこみながら脱いだ服と絵の具セットをカバンにつめて・・・下半身を拭うことも無く、半開きのオマンコをむしろ見せ付けるように脚をふりあげて元気に歩いてついていくよ!
【まりん】 ▽
【GM】 ではそのまま君たちは歩いていくと
【GM】 ニコニコしながらまりんと手をつないで歩いていく。 多くの男子女子が君たちを見てくれます。
【GM】 梨花はまりんを寄せて、カップルのように見せてきますが・・・・・・・・・・しかし、別の男子3、4人は股間を抑えているのも見えます。 彼らはまだあまり触れたことのないまりんと同じ学年の子です。
【GM】 ▽
【まりん】「きゃう///エヘヘ///リカ先輩~~♪」引き寄せられて、嬉しそうにすりつくまりん・・・ふと視線を感じた先を見れば・・・「あ、おちんちん、くるしそうなの・・・、、ん~~っと、、、こうするの!みんな、みてくれるの♪」同学年の男子達へにっこり笑いながら・・・開いた片手で股間をくちゅりといじると垂れ落ちそうなほど蜜を絡めて、、、男子達を見つめながらおいしそうにちゅぱちゅぱ舐めとる。綺麗に舐め終えたら、友好を示すよ
【まりん】 うに無邪気に手を振る。「これで、あんしんなの!」とナニが安心なのか良くわからない、、、後できけば、リカのマネをしてみたようだった。
【まりん】 ▽
【男子】「……」ごくりと生唾を飲み込みながら歩いていく2人を見ている。 そして……
【梨花】「クス…夜が楽しそう♪」そう言いながらまりんと一緒に歩いていき…海の中で泳ぐのでしたっ
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 はてさて…君たちが一しきり泳ぎ楽しみました。 海で泳ぎ 見えるぎりぎりのそのボディペイント姿を持てあますことなく見せていき 
【GM】 多くの男子の視線を奪っていきました。 中には股間がはちきれんほどばかりに大きくなっている人たちもいます。
【GM】 そんな中、梨花と今は二人で砂浜でビーチパラソルを刺して休んでいます。
【梨花】「あ、そういえばそうだった。明日イベントがあるの知ってる?」そういいながら一緒にいるまりんにそう聞いてきます。
【GM】 ▽ そんなかんじで!
【まりん】「あふぇ~~~///いっぱいあそんだのです~~~♪」日陰で寝そべりぱたぱた脚を揺らしているまりんちゃん、うつ伏せでは胸が苦しいからと少しひねってリカのほうを向きながらお尻を揺らしてにっこにこ。
【まりん】「明日?なにがあるの~~?まりん、もっとも~~~っと!楽しいことできるの~~?」くりんくりん!っと可愛らしく首をかしげて、追従するように揺れるツインテリボン。お目目きらきらで明日のイベントについて尋ねてみるよ!
【まりん】 ▽
【梨花】「えっとねー、男女混合の肉体美コンテストみたいなのをやるのよ。それで、みんな好きな水着を今日持ってきてしっかり見せて…みんなとの友情を深めるっていうお話なのよ。」そういいながらまりんの頭を優しくなでなでしながらいい「まりんちゃんは私とペアでやるとおもうからちゃんと明日の恰好もそれでいないとね?」クスっとw笑いながらそう告げてきます。
【GM】 ▽
【まりん】「こんてすと!おとなのれでぃーを、み~~んなに、見てもらうの♪うん!リカ先輩と、いっぱい、みせつけちゃうの♪・・・はぁう///」なでられてうっとりしながら二つ返事で参加を決める・・・同時に、もじもじ身体を捩るのは、大勢に見られるシーンを想像して少し興奮してきている証拠だ、、、「リカ先輩・・・まりん、大会のときみたいに、、、いーっぱい、、なかよし、、、したくなっちゃうの♪」そういって、なでてくれる手に頬をすりすりv
【まりん】 ▽
【梨花】「うん♪じゃあ、これからまたひと泳ぎするけれどまりんちゃん競争しない?負けたらイベントの日に罰ゲームね♪」クスっと笑ってそんなことをいってきます。
【GM】 ▽
【まりん】「むむ!泳ぐのは負けないの!リカ先輩でも、ゆずれないふらいどなの!あげたて?」競争!ときいてガバーー!っと立ち上がりやる気を漲らせるまりんちゃんが、元気一杯で勝負を受けるよ!
【まりん】 ▽
【梨花】「それを言うならプライドねまりんちゃん」あははっと苦笑しながら、でも可愛いまりんちゃんの頭を撫でて。「それじゃあ、準備してそこから飛び込んであそこのラインが引いてある所まで行ってからこっちに戻ってくるね?」そういってうーんっと体を伸ばす。ほぼ裸体というより全裸のその体を持てあますことなくアピールする。
【GM】 ▽
【まりん】「わかったの!ぷ、プライド?をかけた戦いなの!負けないの~~♪…まけたら、罰ゲーム、、、ちょっとたのしみなの・・・♪」後半はちょっと小声で、リカの隣で裸より卑猥な白いラインだけの裸体を揺らし、えいしょ!えいしょ!っと準備運動!わざわざ人の多いほうにお尻やお胸を向けるのは無意識だ!
【まりん】 ▽
【GM】 では・・・・よーいスタート!っといってから二人で飛び込みます
【GM】 ルールは簡単! 体力or運動勝負! ダイスを3回振って2回勝利すれば勝ち!
【GM】 こっち まりん の順番で振っていきます!
【GM】 ではいきますぞ こっちは運動力で振っていき こっちの運動は6!
【GM】 2D+6
【Dice】 ku-GM -> 2D+6 = [1,4]+6 = 11
【GM】 ではマリンどうぞ!
【GM】 こっちは11だ!
【まりん】 いくの~~!
【まりん】 2d6+5 体力/たぷんたぷんと元気一杯だ!
【Dice】 K03_marin -> 2D6+5 = [3,3]+5 = 11
【まりん】 にゃふ!?
【GM】 同値…!これは予想外!
【GM】 だがそのままいくぞ! 
【GM】 2D+6
【Dice】 ku-GM -> 2D+6 = [6,4]+6 = 16
【GM】 16!
【まりん】 2d6+5 体力 こんどこそーー!
【Dice】 K03_marin -> 2D6+5 = [2,2]+5 = 9
【まりん】 あひぃん!
【GM】 ではまず一勝
【GM】 先ほどまでは一緒のペースだったがここで梨花は一気に加速する!先輩として一気にその動きを速める!
【GM】 2D+6 さらに追撃!
【Dice】 ku-GM -> 2D+6 = [4,5]+6 = 15
【GM】 出目いいなあ!
【まりん】 ひぇぇ~~!
【まりん】 2d6+5 体力 ま、まけないの!
【Dice】 K03_marin -> 2D6+5 = [3,5]+5 = 13
【まりん】 うきゅう・・・!
【GM】 負けたな(確信
【GM】 でも同値はびっくりだったw
【GM】 ちなみに引き分けだったらおそろいでしたw
【まりん】 わーおw
【GM】 では
【GM】  
【梨花】「っ!!」本気で泳ぐ梨花の動き!それは巧みな泳ぎだけでなく速度も美しさもあった! そして先に到着して
【梨花】「私の…勝ち!ね!」そういって、体を上げると、後ろで泳いでいるまりんのほうを見てニコッと笑っていう。
【GM】 ▽
【まりん】「ぷぁ!ぷぁ~~~~~・・・ふゃぁ、、、うにゃう・・・海は、およぎにくいの~~~!くやしいの~~!///」少し遅れてゴールラインに到着したまりんちゃん、ぽたぽた濡れたままの身体で、悔しそうにぷりぷり!プールと違う波の存在が明暗を分けた感じだろうか・・・!
【まりん】「う~~~・・・でも、リカ先輩は、やっぱりすごかったの!海の中でも、きれーにおよいでたの!すごいの!」しかしいじいじうじうじは長続きしないのか、すぐにリカに寄り添って尊敬のまなざしを向けながら・・・「ばつげーむ・・・楽しみ、、なの♪」と小さくつぶやいたりしていた。
【まりん】 ▽
【梨花】「でも、まりんちゃんも早くなったよ。前よりも全然♪」うれしそうに笑いながら言い「それじゃあ、明日をお楽しみにね♪まりんちゃん」そういいながら岩を上がっていきます。そのとき…お尻がしっかりと見えてしまうでしょう。 白い絵具がなく丸出しのお尻を。
【GM】 ▽
【まりん】「はいなの!・・・?ぁ、、、♪水着、きえちゃってる・・・の♪でも・・・~~♪」リカに続いて岩をのぼろうとして・・・気がつく、大事な部分を辛うじて隠していた白い絵の具が消えていることに・・・だけど、ソレを直ぐには指摘せず、自分も同じ格好だけど・・・リカが気がつくまで、そのまま突いて行こうときめる!「えへぇ・・・きがつなかった、、だけなの♪」とうとう自主的な全裸徘徊に足を踏み入れちゃうのだ。
【まりん】 ▽
【梨花】「どうしたの?まりんちゃん。ほらあがっておいで♪それじゃ部屋に戻ろっか」そういいながら前へと歩いていきます。
【GM】 ▽
【まりん】「うん!なの・・・///えへへ、、りかせんぱぁい///ちょっと、おさんぽ、、、して、帰るの♪」ペイントがはがれたことをみられないようにぎゅみゅーーっと後ろから抱き着いてあまえながら、ちょっと大胆にリカ先輩のおまたにおててそえてゆっくり歩いていくの!
【まりん】 ▽
【GM】 ではそんな形で君たちはいちゃいちゃしながら歩いて帰っていきます。
【GM】 なお、まりんもお尻と股間、胸の部分もだいぶはがれていて…ほぼ全裸ですお互いそんなの気にもせず歩いてい帰っていく姿を…何人もの部員が見ていたのでした
【GM】  
【GM】 翌日 お昼。
【北村】「よおおっし会場も整ったぁ!!1時間半後には開始するからなぁ!!全員!!準備をしておけぇ!!」北村の声があがり観客(部員)はヒートアップ!みんな楽しみにしている!
【GM】 そんなところから離れていて
【GM】 ここはまりんと梨花の控室。
【梨花】「それじゃあ、準備するからちゃーんと服を脱ぎなさい?まりんちゃん♪」楽しそうにしながら筆を持って楽しんでいますな。
【GM】 ▽
【まりん】「はいなの・・・えっと、昨日の、怒ってないの?///」昨日、帰り際のいたずらをちょっとだけきにしているまりんちゃん、ちょっとだけおどおどしながらも裸になってリカの前に立つ
【まりん】 ▽
【梨花】「あはは、そんなの気にしてるわけないじゃない♪むしろ…」そう言いながらそっと近づいて耳元で「……見られて気持ちよかった?」クスっと笑いながら耳に息を吹きかけてくる。
【GM】 ▽
【まりん】「ふぁ・・・うん、、とっても、どきどき、して、、、おまた、じゅんっvって・・・したの///」くすぐったそうに身じろぎ、つやっぽい声でそう応えると・・・「今日は、、、もっと、ドキドキ、したいの・・・ばつげーむ、、たのしみなの♪」と自分で自分の胸をもちあげながらリカに感情を伝える。
【まりん】 ▽
【梨花】「うん♪じゃあ、今日の罰ゲームはこれね?」くすっと笑いながら昨日のようにビキニブラとショーツを作ってくれますしかし昨日と違い…乳首とクリトリスだけを白く塗らず丸出しのままにして塗っていきます。 乳房に塗り、割れ目だけを塗るように広げていきます。
【GM】 ▽
【まりん】「んにゃあう・・・これ、すっごく、、、えっちvなの///白い、、、絵の具の、真ん中に、、、ピンクが、とっても、目立っちゃう・・・のっ♪」いいながら、ぷっくり膨れていく乳首、そして股を閉じてもぴょコン!ット顔を出すクリトリスがキラキラ輝いて、、、ソレを見下ろしながら艶っぽいため息が漏れてしまう。
【まりん】 ▽
【梨花】「ね?いいでしょ?それじゃあ今日のステージたっぷりアピールするんだよ?♪」クスクス笑いながら、手を掴んで立たせて「じゃ行こうね♪」そういって一緒に歩いていく。
【GM】 ▽
【まりん】「は、はいなの!・・・・ふぁ、、、脚、きんちょーーで、、ふるえ、、ちゃってるの///りか、、せんぱぁい///」エッチな格好で、人の前に建つ、、、その興奮でちょっと歩みが不確かなまりんが、リカの手にしがみついてゆっくりゆっくりついていくよ!
【まりん】 ▽
【GM】 では、そんな形で君たちが行くと
【GM】 まりん以外にも7人います 梨花 そしてほかのメンバー 同じクラスの子もいれば先輩もいます そんな中に囲まれていきます
【GM】 露出の高い水着 ほとんど裸に近いもの いろんな子がアピールしてやってきます。
【霧江】「あ、まりんだ!やっほやほー!」そんなこと言いながらやってくる赤の紐ハイレグを身に着けた少女(おっぱいはEカップ)赤髪ポニテでまりんと同じクラスの友達の夕凪霧江が君に声をかけてくる。
【GM】 ▽
【まりん】「あ、霧江ちゃんも、でてるの?・・・えへへ、ちょっと、安心したの///…かっこいい水着なの、とってもにあってるの♪」声をかけられて、びびくん!っと背筋を伸ばす・・・が、キリエの気安い態度に直ぐにまりんも緊張を霧散させて、ぶんぶん手を振り、反動で水着を着ているとは思えないほ程胸をゆらし、、、彼女の負陰気に合った水着を褒めるように会話をしているうちに乳首・淫核露出ペイントをみせつけちゃう。
【まりん】 ▽
【霧江】「えっへへー!いろいろとねーもらっちゃってさー!これかっこいいしねっ」ほぼ裸に近いその恰好を見せて「まりんもだいたーん♪でも負けないよお!」んふふーっと笑いながら、まりんの身体を隅々まで見てきます。
【GM】 ▽
【まりん】「あっv霧江ちゃん・・・じーーっと・・・みられると/// は、はずかしぃの///……んっvま、まりんも、リカせんぱいといっしょなの!まけないの!///」ジーット見られて、とろぉっとおまたから溢れる蜜を感じながら・・・宣戦布告に応じます。でも、ちょっとだけ物足りなかったのか「ま、まけたら、罰ゲーム・・・なの♪」とおっぱいを押し付けるくらい密着して、耳元で囁いてみる。
【まりん】 ▽
【梨花】「あはは、私も負けないよ~♪」そう言いながら離れていき
【霧江】「へっへーーそれじゃあアピールタイムみたいだし…そこで負けたら罰ゲームね♪」楽しそうに笑っている、肌が少し焼け褐色な少女はステージの前に立ち、どやぁっとアピールしてきます。
【GM】 ▽
【まりん】「ま、まけないの!……えいv、なの!!」ぴょいん!っとキリエに続いて飛び出したまりんちゃん、歩くたびに上下左右に自由に揺れる胸が、それだけで裸体だと知らしめる勢いのついた登場で一気に視線を集めると・・・先にステージにいたキリエへとちかづいていくよ!
【まりん】 ▽
【GM】 おおおおおおおーーーー!!っと男子のうれしそうな叫び声!! まりんの乳首 クリトリスにまるで視線を感じるようになっていき、そして 霧江もまたその体を見られてうれしそうにしている。
【霧江】「んじゃ、悩殺したほうが勝ちっ♪」いえーいっといいながらおっぱいをぷるんっと揺らしながら
【GM】  
【GM】 戦闘 開始!
【GM】  
【GM】 では今回の戦闘の説明をする!
【まりん】 あい!
【GM】 1・相手は観客席にいる男子NPCです 正確にはその群体 HPは150あります 防御点なしで何もしません
【GM】 2・毎度恒例?エロアピールプレイをしていく演出戦闘です
【GM】 3・アクトに関しては アピールする部位の部分を使ってOK 例=胸を使ったアピール=胸系アピール 両方を使ったアピール=どこか一か所のみ使用可能
【GM】 といった感じです
【GM】 150までダメージを与えていき 最後に与えたダメージの多いほうが勝ち 負けた場合は強制的に全滅表コースです
【GM】  
【GM】 以上です!
【まりん】 にゃるほど・・・!
【GM】 具体的に言えばガンガン攻撃アピールしていけばいいのです
【まりん】 受動なし、せめっぱなしなのね!
【GM】 霧江の行動は 基本2D+15のダメージダイスを振ってきます
【GM】 時折君への妨害行動を行うために唐突にレズプレイもしてきます
【GM】 ではそんな感じで…戦闘開始!
【GM】  
【GM】 今回立ち位置もへったくれもなく 先攻後攻は まりんちゃん先攻からでどうぞ!
【まりん】 あい!
【まりん】 おーらぶれいど!いくよ!
【まりん】 2d6+14 白兵/単体 オーラブレイド 攻撃力を+【魔力】した[白兵]武器攻撃を行なう。(MP5) おっぱいを両手でむにゅむにゅ! アクトは乳辱CP1/SP1 だよ!
【まりん】 そういえば あくとって、同時に1つだけ
【まりん】 一つだけ?
【GM】 うんにゃ 問題ないよー
【GM】 そしてダイスさんが帰ってきたので触れるよ!
【まりん】 あいw
【まりん】 2d6+14 白兵/単体 オーラブレイド 攻撃力を+【魔力】した[白兵]武器攻撃を行なう。(MP5) おっぱいを両手でむにゅむにゅ! アクトは乳辱CP1/SP1 だよ!
【Dice】 K03_marin -> 2D6+14 = [5,2]+14 = 21
【まりん】 どーーん!
【GM】 やりおる…!
【GM】 では、霧江!
【GM】 霧江はお尻を向けて振ってきます。 魅惑の曲線!
【GM】 2D+15
【Dice】 ku-GM -> 2D+15 = [3,2]+15 = 20
【GM】 20! くっ 1点負けてる! 所詮男は胸かぁ!
【まりん】 ひゃひ!つよいの!
*ku-GM topic : まりん21:霧江20 残りP109
【GM】 では次まりん!
【まりん】 RPはぜんぶおわってからかな!
【GM】 のほうがいいでしょう!w
【まりん】 今度は 噴乳CO2/SP1 乳首くりくりってしちゃうの!
【まりん】 2d6+14 白兵/単体 オーラブレイド 攻撃力を+【魔力】した[白兵]武器攻撃を行なう。(MP5) おりゃー!
【Dice】 K03_marin -> 2D6+14 = [1,5]+14 = 20
【GM】 OKではこっちは…足を開いてから股を手で隠しそして…自慰をするかのように指を動かしていき煽っていく!
【GM】 2D+15
【Dice】 ku-GM -> 2D+15 = [6,2]+15 = 23
【GM】 23!
【まりん】 うにゅ!
*ku-GM topic : まりん41:霧江43 残りP66
【GM】 ではここでイベント!
【まりん】 !?
【GM】 梨花からこんなことをいってきます
【梨花】「まりんちゃん。私がいつもしてあげてること…しちゃおっか?♪」そういいながら梨花はまりんを抱きしめ、頬を舐め、手は太ももを撫でていき、体は密着し擦らせていきます レズプレイのようなそんな仕草を見せてきます。
【まりん】 にゃぅんっv
【霧江】「むう!ずるい!」そんなことをいうと霧江も交じってきます、まりんに抱きついて身体を擦らせてきては…むにゅむにゅうんとEカップのおっぱいを押し付けてきます。
【GM】 難易度:13 能力自由 判定失敗した場合性欲に溺れ 催淫 ただし霧江はこのターン行動不可 回避or回復した場合はまりんへのエロ攻め攻撃をしてきます。
【GM】 さあどうぞ!
【まりん】 にゅにゅ!
【まりん】 まりょくでのりきるもん!
【まりん】 2d6+7+1 魔力判定 これくらいなんともないもーん!
【Dice】 K03_marin -> 2D6+7+1 = [6,4]+7+1 = 18
【GM】 ちっ
【まりん】「にゃぁん///りかせんぱい、、、キリエちゃんもぉ・・・みんな、みてもらうの~~♪」普段なら流されて喘ぐだけなのに、、、ちょっとだけ、このステージという状況に未練があったまりんちゃん、リカ先輩の愛撫をうけながら、ミルク滴る胸をキリエのEカップにあわせてむにゅむにゅっと見せ付けるように逆に責め立てるの!
【霧江】「んぁんっこいつぅ♪」そういいながら霧江は胸をどんどんと押し付けていき、まりんの身体をまさぐってきます。そしてとうとう…秘所や胸をむにゅくちゅうと触れてきて…「あれ?…ま、まりん?まさかこれ…しかも梨花先輩も!?」ぎょっと驚いてしまいますが…それを知った瞬間じわあっと秘所から愛液があふれてきます。…どうやら君たちと同じような淫らな子になってきているようです。
【まりん】「えへへ///気がついちゃった・・・の?・・・昨日もず~~っと、これ、、だったの///キリエちゃん、、、もし、このまま、くちゅくちゅしたら、、マリンたちの、みずぎ・・・きえちゃうの///」キリエの反応が、好意的・・・変態的だったのをみて、嬉しそうに笑うと、ステージ上で絵の具が消える妄想に、、、ひきずりこもうとするよ!
【霧江】「あぅ あぅ…っ」真っ赤になりながらでも…その言葉がとてもとても魅力的に感じてしまっている霧江がいた。
【GM】 では、まりんのターン!
【まりん】 わかったの~~!
【まりん】 2d6+14 白兵/単体 オーラブレイド 攻撃力を+【魔力】した[白兵]武器攻撃を行なう。(MP5) 肉桃を這う手 CP1SP1で、白いラインがひかれただけのヒップをふりふりv
【Dice】 K03_marin -> 2D6+14 = [6,6]+14 = 26
【まりん】 わーーーw
【GM】 なにいいい!
【GM】 レズプレイしてるせいで一気に興奮しているようだ!
【GM】 では、今回は霧江はまりんに攻撃してくるぞ!
【GM】 淫毒!
【GM】 2D+15
【Dice】 ku-GM -> 2D+15 = [1,5]+15 = 21
【GM】 ダメージが入れば 催淫という罠!
*ku-GM topic : まりん67:霧江43 残りP40
【まりん】 にゃふん///しーるど! してもいみがない!?みるくのせいだわ・・・ 胸をとばします!
【GM】 では…にししw
【GM】 霧江の手はどんどんとまりんの胸に伸びていきます。しかしその手は汗なのか濡れていて…あまり強く塗っていないまりんのボディペイントを溶かしていきます。そして
【GM】 手をどけた瞬間水着がなくなり まりんのかわいい乳首と大きな乳房が丸出しになり観客に見られていきます!
【GM】 そしてここでアクト使っていいよ!
【まりん】 にゃぁうん!
【まりん】 突き刺さる視線 CP2/SP2で!ボディペで+1されてるのよw
【GM】 ちっ 
【GM】 OKだぜ!
【まりん】 水着じゃないことがばれちゃった・・・ので、大胆になるよ!
【GM】 ほう
【まりん】 補助でアクト、自慰CP2SP2!をつかっちゃうよ!
【まりん】 そしてこうげきーー!♪
【GM】 堂々ときたかっ
【まりん】 2d6+14 白兵/単体 オーラブレイド 攻撃力を+【魔力】した[白兵]武器攻撃を行なう。(MP5) 絡みつく舌 CP1SP1をつかって、キリエちゃんをぺろぺろしちゃうのv
【Dice】 K03_marin -> 2D6+14 = [1,6]+14 = 21
【GM】 霧江にきたーーーといっても対象外になるので霧江をぺろぺろして アピールだな!
【まりん】 うんw
*ku-GM topic : まりん68:霧江43 残りP19
【GM】 くっこれで負け確定だだから
【GM】 せめてお前は道連れだあ!催淫!
【GM】 2D+15
【Dice】 ku-GM -> 2D+15 = [2,2]+15 = 19
【まりん】 にゃぁん!またしても・・・うけきれない!腰を飛ばして、、、ペイントがかんぜんにはがれたの!
【GM】 では、まりんと口づけをして舌をその場で絡め合いさらに梨花の舌も入り…3人で丹念になめ合う百合シーンが公開されていくと
【GM】 大興奮している一同 どんどんとヒートアップしていき…今にも襲ってきそうだ!
【GM】 さあ、アクトもどうぞ!
【まりん】「んむ、ちゅむ・・・あはぁ///すごいの、、、みぃんな、まりんたち、、、みてくれてるのvV」嬉しそうにその興奮をうけとって・・・お礼のかわりに、くいっと腰を持ち上げると・・・アクト「お漏らし」でCP1/SP2を宣言!ぷしゃー!っとはしたないおとをたてて、おしっこをとばして、、、垂れるお小水で完全におまんこの絵の具がながれおちちゃうよ///
【GM】 では、ざわざわ・・・となる
【GM】 北村は当然気づいていたのでにやついているようだ
【霧江】「んふんちゅ…んんっ…」舌を絡めながら興奮しているのか唾液の量も汗も増している。くちゅくちゅっと小水を出したおまんこをかきまぜてやりながら、まりんの足を広げていき…丸出しの秘所をみんなに見せつけてあげます。
【GM】 といったところで…まりんのターンどうぞ!
【まりん】 はいなの!
【まりん】 ここで、ふぁいなるすとらいく+締め付ける名器(CP2/SP1)をみせつけちゃうの♪
【GM】 こい!
【まりん】 5d6+2d6+14 白兵/単体 オーラブレイド 攻撃力を+【魔力】した[白兵]武器攻撃を行なう。(MP5) キリエにおさえられてくっぱくっぱの無毛おまんこ、、、その桜色の膣肉を存分にみせつけちゃうの!
【Dice】 K03_marin -> 5D6+2D6+14 = [3,1,6,6,4]+[4,4]+14 = 42
【まりん】 催淫だから題すの最高値6をひいて 36点なの・・・!
【GM】 十分だな・・・!
*ku-GM topic : まりん68:霧江43 残りPまりんにメロメロだ!
【GM】  
【GM】  
【GM】 では…
【霧江】「はむあむんちゅ…はあぁ…まり…んぅv」霧江もスイッチが入ったのでしょう。どんどんとまりんの唇を舐め舌が出てきたら絡めていき…
【梨花】「んう、霧江さんずるいですよ?私もぉ…v」そういいながらまりん 霧江 梨花の三人で密着し合いながら舌を絡め舐めていき まりんの乳房を揉んでいきます。霧江はまりんの秘所をくちゅくちゅうっと小水と愛液交じりのそこを弄ってあげます。大きく指を広げて秘所の中を観客にも見えるようにしてあげます。
【GM】 ▽
【まりん】「んむっv、ちゅっ・・・んむ・・・あむ・・・えへへ、、、ドキドキ、すごいの///、、、んむゆ、、みんなに、みられながら・・・おんなのこ、どーしで、キス・・・して、おっぱい、いじって・・・おまた、きもちいいの、みせちゃってるの・・・///」ぐちゅぐちゅ、ねとねと・・・ちゅぷ、、、つぅん・・・びくん!きゅっきゅ!まりんは二人にされるがまま、、、だけどその全てがギャラリーに見えるようにしっかり腰を浮かせて、6
【まりん】 つのおっぱいが作る魅惑の谷間をにゅるっとミルクですべらせて、、、何よりひんやりとした空気でひくつく膣壁にねばりつくような視線をうけとめて・・・快感の声を上げる。
【まりん】 ▽
【GM】 「なんだよあの光景」「や、やべえ!」「中村部長!俺はあんたに一生ついていきます!」「あれいいなぁ…気持ちよさそう」「恥ずかしくないのかなあ…」「で、でもほら…先輩もしてくれたし…ね…」
【GM】 そんな言葉がいろいろ聞こえてくる とてもとても君たちの光景にくぎ付けになりむしろうらやましささえも生まれてきている
【梨花】「あは、じゃあ…まりんちゃんのおっぱいいっぱいいじってあげる♪」そういうと自分の胸と秘所を弄り始めれば…つけていたボディペイントをはがし裸になる。そして、まりん乳房や乳首を揉み始めていき、舌でまりんの頬を舐めていく。
【霧江】「ずぅるぅいぃせんぱぁい私もですよぉ」頬を染めながら嬉しそうにしながら、水着を脱ぎ捨て水着の焼けた跡を残してそこだけ白くなっている。乳房と乳首 クリトリスと秘所がもともとの少し褐色目の肌色が露になれば余計に目立って見えるでしょう。 そのまま霧江はキスを再び続けながら、まりんの秘所に指を2本入れていき…くちゅくちゅうっと指の関節を何度も曲げてはかきまぜていきます。
【GM】 ▽
【まりん】「ひゃ、あvあひぃん///りか、しぇんぱいっvいつも、、、より、、まりん、感じちゃうのっvおっぱい、・・・ちくびぃってvきもちいいのぉっ~~~///もっと、ぺろぺろ、きゅっきゅ、してほしいのぉvV」幼さのこる甲高い声に、背徳的なまでの官能を滲ませるリカへのおねだり・・・頬を伝う自分の唾液がリカに舐めとられるたびに自分の小さな舌を伸ばして絡めようとして、、、それが胸への愛撫で中断しちゃう。
【まりん】「ひゃぁ、、あん、、そこ、もっと、もっと、、、奥っにぃっvきてvキリエちゃんの、おゆびで、、、まりんの、おまんこ、、、ほじほじ、くちゅくちゅ、気持ちよく、、、してほしいのぉ///」いつの間にか水着を脱ぎ捨てたキリエへおねだりするように腰をおしつけ・・・フック状の指でほじくられる・・・リカよりも少しだけ乱暴な行為に新鮮な、そして絡みつく視線の熱を受けてきゅううっと2本指を強く締め付けてしまう。
【まりん】 ▽
【梨花】「ふふ、じゃあもっとしてあげるねまりんちゃん♪」そういいながら、乳首にちゅうううっと今度は吸い上げるように吸い付き、乳房を両手で揉み、指先は乳首を転がし刺激していく。
【霧江】「じゃあ、もっとしてあげるねまりん~♪えへへ~♪」そのままくぱぁっとおまんこを開いてあげれば…指をそのまま一気に奥まで飲み込ませていきぐちゅぐちゅううっと何度もピストンしてかき混ぜてきます。あふれる愛液はそのまま口の中に含み吸い上げていき…刺激がどんどん増していきます。
【GM】 ▽
【まりん】「ひゃ、あっvひぃんっvしゅごいのvきちゃうのっ///りか、しぇんぱいと、、、きりえちゃ、んのぉ。。。きもちいのぉおっ///んふひゅぅぉうう、、ひ、ああっvあっ///きひぃんっvあ、くぅにゅうっ///」ねだった以上の激しい責めに、腰をガクガク、嬌声が悲鳴に思えるほど甲高くなっていき・・・リカの口内と指先で溢れる母乳が飛び散り、おまんこから泡立つ愛液が流れ出して啜られるはしたない音にまじっていく・・・
【まりん】 すっかり広がったオマンコが、嬌声にリンクしてきゅううっとキリエの指を締め付ける光景は余すところ無く会場の全員にみられてしまったの?・・・とふわふわの絶頂直前のまりんは考えてしまう。
【まりん】 ▽
【梨花】「あは♪まりんちゃんそろそろイキそうね?ほら…顔見せてあげなきゃね♪」そういうとまりんの後ろに立ち顔を上げさせて…別モニターのカメラにその顔をしっかり見せるようにしてあげます。そうすると…隣にある大きなモニターからまりんの今にもイキそうな顔が映し出されます。よだれをたらし頬を上気したいやらしいその顔を。喘ぐ声もどんどんと拾われ…まりんの痴態に興奮している男子 女子が多くいて
【霧江】「んじゃあ・・・まりんいっちゃおうよ♪一緒にさ♪」そういうと指を引き抜いて、自分のおまんことまりんのおまんこを重ねてきます。そしてそのまま腰を振り始めていき…クリトリスと秘所を擦らせ「あっあっあっ♪すご…ぃ!まりんのここ…きもちぃ!」そういいながらまりんの頬と自分の頬を擦りあげながら、お互いの乳房と乳首を擦り合わせ、おまんこを擦り合わせ、腰を振るたびに快感がお互いに広がっていきます。
【GM】 霧江はお尻と重ね合わせたおまんこを見せつけ、まりんはその惚けたいやらしい顔を映し続けていきます。
【GM】 ▽
【まりん】「ひゃ、ひゃい・・・vなの///み、んな。。。に、まりんの、えっちな、あへ、、、かお、見て、、もりゃ//いた、いのぉ・・・あ、ひぃv、いきゅvいっちゃう、、のっvしぇんぱ、、きり、、、ちゃvいっちゃ、あぁ、あぁ、あぁぁああ///」まりんはいわれるがまま、リカが指差す先のカメラに小さな手でピースをつくり、、、びくびくっと指先が丸まりそうなのを懸命にこらえようとして・・・
【まりん】 その時、くちゅっとオマンコ全体が温かくて柔らかい何かに包まれるとふわぁっと腰がうごいてしまう・・・クチュグチュvネチョ、クリッvキリエとのオマンコ合わせが激しい抽送とは違う快楽を刺激して一気に快楽が沸きあがり・・・くにゅ!ット一際強くクリトリス同士が押しつぶしあった瞬間・・・ビリビリとした快感とはちがう、おまんこから湧き上がり、全身隈なくいきわたるような快感の波に晒される・・・顔はしっかりとカメラにむけられ、半目で口がだらしなく開き、小さい舌を限界まで突き出した情けないアヘ顔だぶるぴーすを披露してしまって。
【まりん】 ▽
【霧江】「あはっぁつ!あっあっあっ!!わたしもおおイクイクイク!!イクゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーー!!vv」そのまま霧江はまりんのおまんことおまんこを擦ったままぷしゃあああっと大量の潮を吹きだして絶頂します。そして同じようにイキ顔をカメラに晒しながら痴女二人が仲良くしているさまを見せつけてしまいます。
【梨花】「あらあら、二人で勝手にイっちゃうなんてずるいよ?」むうーっと少し膨れる梨花はまりんと霧江に抱きついて「今度は私のおまんこを使ってみません事?」観客にそういいながら、霧江 まりん 梨花 三人のおまんこを見せつけるように広げてきます。 自分のは足を広げてひくつくおまんこを見せながら。
【GM】 ▽
【まりん】「ふぁ・・・あっvひぃん・・・イクの・・・ず~~っと・・・おわら、、、ないのっvVひゃあぁぁv、あ、あ、vだめ、、、なの///りか、、しぇんぱいっ、、いま、まりん・・・びくびく~~なの///」オチンポとのセックスとは違う、一向に引く気配の無い大きな絶頂の波で全身性感帯状態のまりんは、抱きしめられるだけで過剰に反応し、、、事実絶頂潮吹きのキリエのおまんこへ、同じくらいの愛液をどろっとおとしてしまう・・・勿論その様子は、股間を広げてくるリカのお陰で全部が丸見え状態で・・・
【まりん】「きりえ・・ちゃん、も、なかよし、、、になっちゃうの・・・♪」とつぶやきながら、くにぃっとリカとキリエのおまんこをピースしていた指でくっぱり開いて固定してしまう。
【まりん】 ▽
【霧江】「うん・・・♪私もまりんと一緒、なかよしだよ♪」ぎゅうっと抱きしめると「さ、私たちのイッたばかりのおちんぽに男子部員の皆さんのチンポたっぷりハメて?仲良しおまんこにたっぷりザーメンも一緒にね♪」そういいながらくちゅりとまりんのおまんこと重ね合わせながらよだれのように垂らしている愛液まみれのそこを見せつけながら
【梨花】「あら、私も一緒よ…ね?まりんちゃん♪」横からぎゅうっと抱きしめていき、霧江 まりんを抱きしめながら3つのおまんこを見せつけながら男たちにアピールします。「ほら、まりんちゃんもね?」そういいながらゆっくりとまりんのお尻に手を這わせてむにゅむにゅうっと揉んでいきます。
【GM】 ▽
【まりん】「はい・・・なのっ///」二人に包まれて、ふわふわの思考のまま口を開く「まりんの、イキたておまんこ、、、おちんぽ、みるく、ほしくて、さみしんぼ・・・なのvおにーさん、あとあと、どーきゅーせーの、おとこのこたちも、、、ぜーいん、まりんのおまんことあなるで、「なかよし」になって、ほしーのvざーめん、いっぱいで、しあわせ、、い~~~ぱいなの///」
【まりん】リカとキリエの手でひらかれたアヌスとおまんこ、、、まりんが噛み締めるように言葉を紡ぐたびにとろっとした濃厚な愛液があふれ、期待するようにきゅっと膣口が締まり・・・
【まりん】「い~~~っぱい、まりんと、せっくすしてほしいの♪」と幼い子供のように卑猥なおねだりをしてしまう。
【まりん】 ▽
【GM】 3人の言葉を聞いた男子生徒たちはそのまま一気にステージに駆け上がった。そしてほかの女子たちも 雰囲気にのまれていたのか…女子たちも水着を脱ぎ一気に乱交会場と化した
【北村】「うんうん、しっかりできたな。これで完璧っと」にいーっと満足そうな顔をした北村が一人いた。
【GM】  
【GM】  
【GM】 翌日 朝一   まりんは目を覚まします。 そこは梨花とまりんの部屋 そしてそこには…霧江も一緒に入って三人で抱き合いながら眠っています。
【GM】 あのあとたっぷりと乱交祭りとなり…お腹の中にごぽりと精液がいっぱいたまってる感覚が君の中には感じるでしょう。
【GM】 ▽
【まりん】「にゃむ・・・ふぁ///・・・おなか、いっぱい、、、なの///」くしくし、おめめをこすると・・・乾いたザーメンががさがさでちょっと不快だったのかむ~っとほっぺをふくらませると・・・にっこりわらって、キリエのおまたに顔をつっこむ。
【まりん】「きりえちゃんの、ここで、ふにゃふにゃに、、、するの~~~♪」ちゅっちゅ、ぺろぺろ、眠っているキリエへクンニをはじめ、あふれてきたざーめんや愛液で顔をあらうようにこすりつける・・・常識がすっかり何処かへとんでいったまりんちゃんは、自由に、淫らに、朝から盛っていました。
【まりん】 ▽
【GM】 そんな盛ったまりんちゃん クンニをされればその場であひんっvという声を上げてから起きる霧江にしっかりと押し倒されて一気にまたお互いでエロエロな時間を過ごし始めてしまうのでした。
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス くらくら 水泳部 合宿へ!
【GM】 これにて 閉幕とします
【GM】  
【GM】  
【GM】 お疲れ様でしたァー!
【まりん】 おつかれさまーー!ゆりえろしゅつ!
【まりん】 *・・)ふんすふんす!
【GM】 興奮してらっしゃる鎮めて差し上げろ!
【GM】 ではCP SPをどうぞ!
【まりん】 素晴らしいせっしょんをありがとう・・・w
【まりん】 総獲得CP12/SP11/アクト8 だよ!
【GM】 おっけー!
【GM】 リザルト
【GM】 経験点40+10+10+12=72
【GM】 ミアスマ4+5.5=9.5
【GM】 名声1 人脈 霧江
【GM】 といったかんじです!
【まりん】 わぁい!
【GM】 といった感じでまた友達が増えたよ!
【まりん】 どんどんふえるえっちなおともだち!
【GM】 仲良しを増やすのが このセッションのメインのオン筋だからね!
【GM】 本筋w
【GM】 喜んでもらえれば幸いよぉ
【まりん】 今までは先輩ってことで、ちょっと遠慮があったけど、キリエちゃんはもう気軽にえろえろいちゃいちゃできそーw
【GM】 うむ 同い年必要だと思った
【まりん】 レベルアップも出来るし、えろえろぱわーあっぷしたまりんちゃんとキリエちゃんで露出おさんぽしたりしてみたいわw
【GM】 うむーw
【GM】 あとは後輩かなーw
【GM】 まりんよりも後にきた新人という感じに
【まりん】 ほほー!
【GM】 次はそんな子をだそうかなーと考えてるw
【まりん】 合宿後、しんにゅーぶいんのかんげーかい?w
【GM】 先輩同い年後輩 いるじゃろ?w
【まりん】 ほしい!!
【GM】 んむんむ
【まりん】 間違った水泳部の伝統をばっちりおしえこんであげるの♪
【GM】 北村君が暗躍しますから(ぁ
【GM】 ふぁふぁふぁ
【まりん】 たのしみだわ・・・w
【まりん】 ログは 私がbmrogにのっけておっけー?
【GM】 いいよーー
【GM】 問題なし!
【まりん】 ありがとーw