【GM】  
【GM】 1d クダイスチェック!
【Dice】 bako_GM -> 1D = [5] = 5
【GM】  
【GM】  
【GM】 自己紹介 おねがいしますわ!
【未咲】 「私の顔に…何かついていますか?その…人違いです……」
【未咲】 自身の痴態を多くの学生の前に晒してしまった彼女は、そのまじめな性格から精神を摩耗していた
【未咲】 変わり始めてしまった自分自身の日常に弱気になりそうにながらも、自分の心を抑えつけてひたすらに前へ向かって突き進む
【未咲】 (私にとって…大切な人を守れれば…私はどんな目にあっても耐えていける……)
【未咲】 強い心と信念が彼女を今尚戦う心を折らせずにいた…自身の身体に淫らな快楽を覚えさせながらも…
【未咲】 ▽
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%B5%D7%C0%A5%A1%A1%CC%A4%BA%E9%28%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%29 きゃらしーとはこちらですね!
【未咲】 忘れてました…
【GM】 おきになさらずよw
【GM】 さてさて、健気にも必死に「大切な人」を信じて耐えていますが・・・そんな未咲ちゃんにいよいよ決定的な瞬間がおとずれてしまいました・・・そんなお話です。
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら! 「【美剣士JK】孤独の剣士少女、未咲。雌犬への第一歩【3撃目】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:私立丹桜学園
【GM】  
【GM】 蔵鞍市でにある由緒正しい私立学園の高等部だが、最近とある「いじめ」が蔓延しており…学園も半ば黙認していた。
【生徒達】「ほら、アレが痴女の…未咲だよ」「蟲を生んで、犬が恋人だっけ?そうは見えないけどなぁ」「動画と比べれば一発だってvほら、髪とかまんまだし」「しかも、自爆して自白もしてるみたいだし、確定だろ」
【GM】 部活に向かう生徒達が一斉に道を開け、遠巻きに、しかし声のボリュームは潜ませずに堂々と話声をあげて騒ぎ出す。
【GM】 その原因をである少女「久瀬 未咲」はあの日以来、根も葉も無い…とは言い切れない卑猥な噂に追い詰められたいた。
【GM】 ▽(RPどうぞ~♪
【未咲】 (耳を貸しちゃだめだ…これは自分が招いた過ちなんだ・・・)
【未咲】 周りから嫌でも聞こえてくる卑猥な噂に耳を塞ぎたくなりながらも、平然と今までと変わらぬ表情を作りながら彼女は部活へと向かう
【未咲】 廊下を進む彼女を噂と同時に侮蔑、好奇の視線が突き刺さる、それは未咲が体験したあの日の恥辱を思い出し、彼女を追いこんでいく
【未咲】 (やだ・・・でもまだダメ・・・耐えろ・・・私はこんなことで挫けちゃだめなんだ・・・・・・)
【未咲】 己を戒めながらも、全てを投げ出したくなる気持ちを呑み込んで進んでいく。
【未咲】 ▽(久々のせいでうまく
【未咲】 いかないですね・・・うぐぐ
【GM】 十分できてるさ!
【GM】 では、そんな「いじめ」に耐えながらも剣道部へ顔を出した未咲。しかしそこで思いもしない言葉をかけられます
【GM】  
【GM】 今や学校の中で唯一未咲がストレスを発散でき、同じ部員でもある彼氏と時間を共有できる剣道部
【GM】 挨拶し、着替えようとした未咲を呼び止めたのは厳つい顔の3年生、剣道部部長で・・・
【剣道部部長】「その、すまないが、、、未咲君、今日限りで自主退部してくれないだろうか…君の、いや、例の噂で大会の出場が懸念されだしたんだよ」
【GM】 酷く申し訳なさそうに頭を下げる部長、しかし彼の目に浮かぶのは、ここ数日で慣れ親しんだ侮蔑と劣情に染まったソレだった。
【GM】 周囲を見回せば男子部員からは強烈な情欲の視線が、女子からも見下し憐れむような視線が飛んでくる…
【GM】 ▽
【未咲】 「そ・・・そうですか・・・いえ、仕方がありませんよ・・・その、すみません・・・・・・・」
【未咲】 突如として訪れたその言葉に表情が固まってしまう。当たり前だ…自分自身の唯一の世界が目の前でいとも簡単に壊されたからだ…それも己の痴態が理由で
【未咲】 (ダメだ…なくな、笑え…笑うんだ!!)
【未咲】 「ご、ご迷惑をおかけしました・・・それ・・・では・・・」
【未咲】 気づいた時には走り出していた。目から流れる涙は見られなかっただろうか?声が上ずったのは気づかれなかっただろうか?いろんなことが頭を駆け巡った・・・
【未咲】 人気のないところまで来ると、自身の身体を抱きしめ膝をつく。自身の弱さが憎い…あの時勝っていれば…
【未咲】 だが、それよりも憎かったのは自分の身体だった…。あの周りから感じた情欲と憐みの視線…それはあの日の痴態を想起させ、身体は彼女の意志をあざ笑うかのように昂らせていた…
【未咲】 ▽
【GM】 声を押し殺し・・・しかし、それでも抑えきれない情動が駆け巡る未咲、逃げ出すときにちらりと見た「彼氏」の反応、酷く哀しそうな、しかし未咲を恨むような目付き…あの様子では、追いかけ慰める優しさも期待できないだろう・・・事実、未咲の元には「彼氏」は現れず、代わりに「彼」がやってきた。
【養護教諭】「君、大丈夫かい?何処か具合でも悪いのかな?」そんな未咲に声をかけてくる白衣の男性…少し若いが、生徒から信頼される新任養護教諭でした。
【GM】 ▽
【未咲】 「あ…はい、大丈夫です…」
【未咲】 突如として現れた先生の声にしどろもどろになりながらも立ち上がる。涙はぬぐった、身体の疼きもマシにはなった…大丈夫普通に対応できる…そう言い聞かせながら
【未咲】 だが彼女の心は彼のあの表情をちらつかせ、締め付けられる…折れそうになるほどに強く強く…
【未咲】 ▽
【養護教諭】「…教師に嘘はいけませんよ?その顔は「大丈夫」ではありません・・・何が、、、ん?」少し不満げな顔をして、そっとハンカチを取り出すと大丈夫といった未咲の目元を拭う。
【GM】 その動きは自然すぎて、武術を嗜む未咲を反応させないほどだった・・・それ以上に「心配そうな顔」で未咲をみているのだ。
【養護教諭】「君は…「久瀬 未咲」君かな?色々と噂を聞いてしまってお話したい事が…少し来てもらっていいかな?」
【GM】 彼は養護教諭と同時に、学内カウンセラーもしており未咲以外の「被害者」のメンタルケアを請け負っていると未咲は知っている。
【GM】 公式には「被害者ではない」という事になっている未咲はまだお世話になっていなかった・・・しかし、そうもいっていられないほどに、今の未咲を「心配」しているのが伝わるだろう。
【GM】 ▽
【未咲】 「え・・・ぁ・・・」
【未咲】 思わず口ごもってしまった…あの一軒以来、他者から受ける扱いは辛辣な物ばかりで、先生とはいえこうも親切に心配してくれる姿に心が揺らぐ
【未咲】 「えと…わ、わたしは・・・・・・」
【未咲】 (そうだ、私は…頼っちゃいけない……私は……でも……・)
【未咲】 「はい・・・わかりました・・・・・・」
【未咲】 被害者ではない。そう流れていても…自身の過ちだとそう言い聞かせても…潰れかけた心では、その言葉を遮って進む程の気力は残っておらず、彼の言葉にうなずく
【未咲】 ▽
【GM】 その様子を静かに見守り、過剰に触れる事もせず・・・しかし、人目を避けるように保健室まで案内した彼は、「内緒話ですからね。」と苦笑しながら鍵をかけ、カーテンも締め切り、、、対面式のソファに座った未咲へ、温かいハーブティを出す。
【養護教諭】「適度な温度で、水分補給は大事ですよ・・・特に泣くというのは、心身共にバランスが崩れている時ですからね、リセットするにはこういうモノの助けは大事ですよ。」ずずっ・・・と先に口をつけてアピールすると、後は静かな眼差しのまま、未咲をみつめて待つ。
【GM】 ▽
【未咲】 「ありがとう・・・ございます・・・」
【未咲】 素直に受け取り、カップに注がれたハーブティーをぼうっと眺めてから、静かに口をつける。その独特な落ち着きのある風味と香りに不思議と心が安らいでいくような感覚に囚われる
【未咲】 「おいしい・・・ですね・・・」
【未咲】 ほうっと、小さくため息を吐き。いつもの仮面のような笑顔ではなく、弱弱しくも本来あるべき未咲の表情が浮かび、微笑む
【未咲】 ▽
【養護教諭】「うん、やっぱり君にはそういう顔が似合いますよ・・・もしよければ、君にそんな顔をさせてしまった何かのお話を、聞いてももいいですか?無理にとは言いません、、ですが、未咲君の口から聞き、未咲君が話すことで、変わる事があるのも事実です。、、、話して、くれますか?」」
【GM】 柔和な笑み、その後に哀しそうに・・・まるで我が事の様に未咲に問いかけ、道を示す彼は「噂」で未咲の状態は把握しているだろう・・・しかしそれでも、知っている事と聞く事の違いを説き、未咲に問いかける・・・
【GM】 ☆未咲の噂:目標値12:PCは「知力」で一般判定。失敗すると下記の戦術で「2d6のHPダメージ」を受ける。
【GM】 ☆スレッド名「過去スレお宝映像発掘スレ」:刻印爆弾相当(戦術):魔物刻印持つPCすべてに2d6のHPダメージ(防御不可/1シナリオ1回)解説:過去犯されたヒロインの映像を探し出し、ヒロインに届けるサルベージスレ。
【GM】 ▽(ダイスロールとRPどうぞ~♪
【未咲】 そおい!2d6
【未咲】 2d6
【Dice】 B12_misaki -> 2D6 = [4,3] = 7
【GM】 一般判定は 2d6+能力 目標値は12なので出目+知力5で 12ピッタリ! 回避できたねw
【未咲】 やった!なんとかなった!!
【GM】 素直に話して昂らなかったか、上手くはぐらかして話ができたりしたのでしょう!
【未咲】 なるほどです(・・
【GM】 そんな感じでRPどうぞですわw
【未咲】 「そ・・・の、最近…部活でうまくいかないことばかりで……部長からも…彼からも呆れられてしまって…あはは」
【未咲】 彼の気遣いに縋りたい…けれど、自身の周りで起きていることはそう易々と話せるものではない…ましてや自身の痴態をも説明しなければならない。
【未咲】 戸惑いながらも言葉を選び、困ったように笑いながら未咲は答える。
【未咲】 (大丈夫…こんな心配をしてくれる優しい人がいるから…私はまだ頑張れる……)
【未咲】 ▽
【養護教諭】「そう・・・ですか、、、いえ、ありがとうございます。言い難い事を聞いてしまって・・・」未咲から話を聞いた彼は、、しかしどこか歯切れの悪い様子で、小さく首を振ると。
【養護教諭】「いえ、そうではありませんね。やはり、秘密を抱えたまま信頼を得るというのは都合が良すぎたようだ。」覚悟を決めたように強い視線・・・それも、人を、女を引きつける男らしい視線で未咲を貫くと・・・衝撃的な言葉を続ける。
【養護教諭】「実は、私は未咲君に謝りたいい事があります…君がヒロインであるように、私にも裏の顔があるんですよ。」
【養護教諭>ブリーダー】「調教魔人ブリーダー…逃げ出した魔犬の飼い主、調教したのは私です。不幸中の幸いというか、私仕込みの獣姦セックスは殆ど痛みは無く快感を得られた事でしょうか?」
【GM】 正体を告げると同時、ジワリとあふれ出す魔犬に酷似した瘴気が満たし、頭を下げる彼の白衣が真っ黒に変色していく。
【GM】 ▽
【未咲】 ヒロインという言葉に反応し、サッと彼の前から後方へ跳び刀袋に手を掛ける
【未咲】 「魔人…そう…あなたがあいつ等を放ったのね……なら・・・・」
【未咲】 目の前の心配そうな表情をしていた先生の姿が、魔物たちに似た瘴気を放ち始めたことに動揺しつつも、未咲の心に憎き相手を見つけたことで戦意が高揚していた
【未咲】 まばゆい光とともに装束に包まれ彼をにらみ、静かに怒気の籠った声で静かに告げる
【未咲】 「容赦はしない…全力であなたを倒します・・・」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「話を・・・いえ、言い訳は、後でもできますね・・・ですが、滅ぼされては「謝罪」ができませんので・・・失礼を重ねますよ?」距離とをった未咲に対して立ち上がった彼・・・ブリーダーは黒衣を一度だけ正して向かい合う。
【ブリーダー】「少々、お話をしやすくさせてもらいます・・・大丈夫、気持ちいいはずです」にこりと先ほどと同じ笑みで・・・しかし纏う瘴気によって禍々しい印象しか受けないだろうそれを未咲に向け続ける。
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 戦闘開始!行動順は ミサキ>ブリーダー>罠 です!
【未咲】 トラップ!?
【GM】 ふへへへ
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕! 開幕なければ未咲の行動>ブリーダー&調教セットの攻撃だ!
【未咲】 開幕なしです!
【未咲】 ブリーダーに対して武器攻撃!!
【GM】 こぉい!ブリーダーは待ち構えるぞ!
【未咲】 2d6+7
【Dice】 B12_misaki -> 2D6+7 = [5,6]+7 = 18
【未咲】 そおおい!
【GM】 ぴぃ!ほぼ最大値!
【GM】 -3しかできず15点直撃ーーー!
【未咲】 私の怒りが今、有頂天に達した!!w
【GM】 ストレス発散に殴られた!?
【GM】 しかし、ただなぐられるわけにはいかなーい!
【GM】 1d6+10+1 白兵/単体/2回攻撃 致命表+2《能:乱舞:5》 右手と左手がまるで別の生き物のように未咲にからみつく!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+10+1 = [6]+10+1 = 17
【GM】 1d6+10+1 白兵/単体/2回攻撃 致命表+2《能:乱舞:5》 乱舞で二回攻撃よー!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+10+1 = [6]+10+1 = 17
【GM】 !?
【未咲】 ざわ・・・
【未咲】 あ、あれ?
【GM】 17点を二回だ・・・どうやらカウンター気味にあたったようだね・・・w
【未咲】 ひぃぃ・・・
【GM】 受動とアクト、どうぞ!
【未咲】 胸と腰が一撃で…
【GM】 受動しないのかにゃ?
【未咲】 受動アヴォイドを使います!2回!!
【GM】 はぁいw では10点が2回になった!
【未咲】 残った分を胸で受けて胸のapが0に・・・
【未咲】 アクトは過敏な突起と強がりの悪態を使用します!
【GM】 お、過敏な突起つかうのね・・・?うへへ
【久瀬未咲(6)】HP31/31 AP[00/12/00] CP03/03 SP+3 BS[///] アクト2/8[過敏な突起/強がりの悪態
【未咲】 なんだか・・・不穏な笑みが・・・
【GM】 ☆調教刻印<感覚過敏:乳首>重度:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで6を出さないと「次の行動に-8ペナルティ」する。
【未咲】 にゃあぁ・・・
【GM】 全部でCP4/SP1どうぞw そこからCP消費で回避するか受けるかだ!
【久瀬未咲(6)】HP31/31 AP[00/12/00] CP05/05 SP+1 BS[///] アクト2/8[過敏な突起/強がりの悪態
【未咲】 6なんて…う、素直に受けます……
【GM】 はぁい!ではそのまま・・・
【GM】 トラップの攻撃!
【未咲】 こ、こいやー・・・
【GM】 2d6+2 単体 ダメージ+使用アクト数&BS[託卵]と[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]いずれか付与&致命表+1《雌豚狩り:1》《異形の託卵:3》《七色の淫毒:4》未咲の膣内に残った卵を疼かせ、じわじわ追い詰める「保健室に張られた瘴気の檻!」
【Dice】 bako_GM -> 2D6+2 = [4,1]+2 = 7
【GM】 7点!?ふ、ふせがれるーー!・
【未咲】 よしきた!
【GM】 まぁBSは付与するんだけどね!
【未咲】 あれ?MPが足りない…
【GM】 アヴォイド、装備の効果でMP2だよw
【未咲】 ああ!
【未咲】 良かった…アヴォイドで防いで…BSは尿意!
【GM】 罠の効果で[尿意]託卵付与!アクトはいかがする!
【未咲】 お漏らしは使えないしな…なら、あの人の幻影と突き刺さる視線で!
【GM】 らじゃーwCP2/SP2 どうぞ!
【久瀬未咲(6)】HP31/31 AP[00/12/00] CP05/05 SP+5 BS[///] アクト4/8[過敏な突起/強がりの悪態/あの人の幻影/突き刺さる視線
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕! 開幕なければ未咲の行動>ブリーダー&調教セットの攻撃だ!
【未咲】 ペナルティが入るのですね・・・?
【GM】 -8のが1回だけね!
【未咲】 うぐぐ・・・一先ず補助でアクトお漏らしを使います!
【GM】 らじゃー!
【GM】 CP1/SP2だねw
【未咲】 了解です!そして、武器攻撃、そしてポテンシャルでダイス3つ増やします!
【GM】 うお!なぐりにきたか!こいーーー!-3しかできないぞー!
【未咲】 そいやー!
【未咲】 5d6+7
【Dice】 B12_misaki -> 5D6+7 = [1,5,4,2,2]+7 = 21
【GM】 うぐぐ!18てんうけた!
【未咲】 これから8点引いて…13点?
【未咲】 やた!
【GM】 あ、-8がはいってないのねw10てんうけたよ!
【GM】 これで乳首で腰砕けになっていた分がきえたでしょうw
【GM】 ソコに容赦なく・・・反撃を加えるぞ!
【GM】 1d6+10+1 白兵/単体/2回攻撃 致命表+2《能:乱舞:5》
【Dice】 bako_GM -> 1D6+10+1 = [2]+10+1 = 13
【GM】 1d6+10+1 白兵/単体/2回攻撃 致命表+2《能:乱舞:5》
【Dice】 bako_GM -> 1D6+10+1 = [4]+10+1 = 15
【GM】 13と15てん!
【未咲】 あぼいどー!!
【未咲】 軽減して…6と8ですかね?
【GM】 ですね!
【未咲】 腰で全部受けて…全部なくなりました・・・
【GM】 はだかんぼうの未咲ちゃんへ罠がじわじわ!
【GM】 2d6+5 単体 ダメージ+使用アクト数&BS[託卵]と[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]いずれか付与&致命表+1《雌豚狩り:1》《異形の託卵:3》《七色の淫毒:4》
【Dice】 bako_GM -> 2D6+5 = [3,2]+5 = 10
【GM】 10てーん! BSもあるぞー!
【GM】 受動アクトどぞ!
【未咲】 ぴぎぃ・・・
【GM】 って腰が飛んだ時の開くと聞き忘れてたね!同時にどうぞ
【GM】 アヴォイドはCPつぎ込んで軽減値をあげたりできるので おぼえておいてねw
【未咲】 了解です!
【未咲】 BSは催淫で!アクトは締めつける名器第二の女陰で…
【未咲】 受動はアヴォイドのみで!
【未咲】 3点受けますね
【GM】 CP4/SP2 だね!HP3点らじゃー!まだまだ元気だな・・・!
【久瀬未咲(6)】HP28/31 AP[00/00/00] CP06/09 SP+7 BS[託卵/催淫//] アクト6/8[過敏な突起/強がりの悪態/あの人の幻影/突き刺さる視線/締めつける名器/第二の女陰
【未咲】 ふふふ、まだまだ行けます!!
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕! 開幕なければ未咲の行動>ブリーダー&調教セットの攻撃だ!
【未咲】 開幕なし!補助でアクト、お漏らしを宣言!
【未咲】 あとMP7の間違いでした・・・LV2だったので
【GM】 Oh まぁいまのところ誤差なのできにしない!
【GM】 お漏らしじゃなくて 自慰かな?
【GM】 CP/SP2 で催淫解除どうぞw
【未咲】 自慰ですね(・・;
【久瀬未咲(7)】HP28/31 AP[00/00/00] CP08/11 SP9 BS[託卵///] アクト7/8[過敏な突起/強がりの悪態/あの人の幻影/突き刺さる視線/締めつける名器/第二の女陰/自慰
【未咲】 では武器攻撃!そしてポテンシャルでダイスを8個追加してフルスイングを使います!!
【GM】 あふぅん!こいーー!
【未咲】 10d6+14
【Dice】 B12_misaki -> 10D6+14 = [2,3,2,6,3,5,5,3,3,2]+14 = 48
【未咲】 いやーーーーー!!
【GM】 うげご!?
【未咲】 やったか・・・?
【GM】 -3で45・・・あの-8がなければあやうかった・・・!
【GM】 残りHP17です!
【未咲】 やっぱりいぃぃ・・・・
【GM】 反撃だーー!
【未咲】 こ、こいやぁ・・・
【GM】 2d6+3  白兵/単体 通常攻撃 乱打は使わず優しく落そう・・・!
【Dice】 bako_GM -> 2D6+3 = [5,3]+3 = 11
【GM】 11てーん!
【未咲】 あうあう
【未咲】 アヴォイド!ダイス1個使います
【未咲】 1d6
【Dice】 B12_misaki -> 1D6 = [2] = 2
【未咲】 9点軽減!!
【GM】 MPのこってる~?
【未咲】 がたっ
【未咲】 11点受けまーすw
【GM】 うふふふ・・・♪ゆっくり余裕で撫で回すとしよう・・・!
【久瀬未咲(7)】HP17/31 AP[00/00/00] CP06/09 SP+7 BS[託卵/催淫//] アクト6/8[過敏な突起/強がりの悪態/あの人の幻影/突き刺さる視線/締めつける名器/第二の女陰
【GM】 アクトはいかがする?
【未咲】 アクト宣言はありません・・・
【GM】 では 罠の追撃をうけてもらおう!
【GM】 2d6+7 単体 ダメージ+使用アクト数&BS[託卵]と[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]いずれか付与&致命表+1《雌豚狩り:1》《異形の託卵:3》《七色の淫毒:4》
【Dice】 bako_GM -> 2D6+7 = [4,5]+7 = 16
【GM】 いちたりないーー!
【未咲】 ふぁっ!!?
【未咲】 とりあえずアクト絡みつく舌で!
【GM】 まぁ 古の輝石あるんでまだまだなんだけどね!
【GM】 らじゃー!最後のアクトでCP2SP1 どぞ
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕! 開幕なければ未咲の行動>ブリーダー&調教セットの攻撃だ!
【久瀬未咲(7)】HP1/31 AP[00/00/00] CP02/13 SP10 BS[託卵/催淫//] アクト7/8[過敏な突起/強がりの悪態/あの人の幻影/突き刺さる視線/締めつける名器/第二の女陰/自慰
【未咲】 ここで決めたい…補助古の輝石を使います
【GM】 回復どぞー!
【未咲】 3d6
【Dice】 B12_misaki -> 3D6 = [6,4,1] = 11
【GM】 期待値ぴったり!
【未咲】 やた!残りは12です
【未咲】 武器攻撃、ポテンシャルで2個増やしますよ!フルスイング!!
【GM】 こい!その一撃を耐えれば勝ちだーー!
【未咲】 -1個なので3つですね
【未咲】 いっけー!!
【未咲】 3d6+14
【Dice】 B12_misaki -> 3D6+14 = [3,3,5]+14 = 25
【GM】 うぐぐ!?
【未咲】 ざわ・・・ざわ・・・
【GM】 くそぅ!-3で22点 残りHP17では受けきれず倒れたーー!!
【未咲】 やったー!未咲ちゃん初勝利!!
【未咲】 あ・・・托卵・・・
【GM】 同時に・・・トラップも《寄生:-4》により崩壊!
【GM】 くそーーw
【GM】 子のターン耐えれば・・・自爆でふきとんでいたのに!
【未咲】 あ、危なかった・・・
【GM】 というわけで、残りHP12 で託卵判定だ!
【GM】 生き残れば勝利!サーーー運命の3d6 どうぞ!
【未咲】 まあ、私今回初勝利なので華麗に成功させますよ(どやっ
【未咲】 3d6
【Dice】 B12_misaki -> 3D6 = [2,3,2] = 7
【GM】 らっきぃせぶぅん・・・!
【未咲】 ふんす!
【未咲】 ニャル子様が微笑んでる・・・
【GM】 では、未咲は調教魔人ブリーダーを下し、初めて魔物からしょうりをもぎとった・・・!
【GM】 先にリザルトをする為に、総獲得CP/SP/アクト数の報告願う!
【未咲】 総獲得CP13、SP10、アクト7です!!
【GM】 んゆ?舌をからめてきたから8じゃないかにゃ?
【未咲】 忘れてました・・・
【GM】 あいあいw
【GM】 では少々お待ちを・・・その間に、ちょっと質問!
【未咲】 はい、なんでしょう!
【GM】 未咲は魔人を「聞く耳持たず殲滅」or「トドメの前に、耳を傾ける」 でルート分岐しそうなのでw
【GM】 今の内にかんがえておいてね!
【未咲】 了解です!
【未咲】 ちなみに耳を傾けますよ・・・(・・
【GM】 ほうほう・・・では、、、コレを利用するとしよう・・・
【GM】 ☆記録映像:夢魔の使役相当(掟):軍団敗北時、PCが魔力(10)の判定に失敗すると、敗北の施設を使用される。解説:魔物が敗北しても、ヒロインの映像はサーバーに残っている。その映像は後々彼女達を苦しめるだろう。
【GM】 魔力判定で10以上を出さないと 敗北施設を使用されてエッチな調教を受け入れるのだ!(リザルト上勝利のまま施設だけ使われる
【未咲】 にょあ!?けれど今の私なら大丈夫です!!
【未咲】 2d6
【Dice】 B12_misaki -> 2D6 = [4,1] = 5
【未咲】 あ・・・
【未咲】 6なので失敗・・・・・・
【GM】 では、耳を傾け・・・その内容に魅力を感じてしまったのか・・・あくまで「未咲が許す形」でこんな事をしちゃいます!
【GM】 ☆キャットファイトch:闘技場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「レベル」+2だけ侵略点を獲得する。(最高7点/[淫乱症][ロスト]時不可能)解説:捕獲したヒロイン同士を、己の自由を賭けて淫らに戦わせ配信するch。本格的なリングにベッドや博打の対象にもなっている。
【GM】 今回は、侵略店4点分だけ…未咲を「噂」にちかづけちゃいます!
【未咲】 うぐぐ・・・
【GM】 というわけで~~リザルトはこうなりました!
【GM】  
【GM】 PCリザルト:未咲
【GM】 [経験点]基礎:40 + モンスター:14(10+4) + CP:13 + 戦略:2 + 装備効果 0=69
【GM】 [ミアスマ]基礎:4 + SP上昇分:5 =9 [SP]10 [名声]1 [BS]なし
【GM】 [魔物刻印] なし [人脈/任意]調教魔人ブリーダー(NPC)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&夢魔)
【GM】 [ミアスマ]基礎:12 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:6 + 軍団施設:22+5 = 53
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+4 = 14
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵1体+再生用ミアスマ+00
【GM】  
【GM】 以上だよ!
【未咲】 了解です!
【GM】 そしてエロールは戦闘終了時・・・裸で昂った未咲がボロボロのブリーダーの「説得(敗北相当)」を受けるシーンからでいかがでしょう?
【未咲】 はい!お願いします・・・///
【GM】 では、後の打ち合わせは裏で・・・かきだします!
【GM】  
【GM】  
【GM】 ガシャン!っと激しい音がして、黒衣のブリーダーは倒れる。
【GM】 終始、「未咲を取り押さえようとしていた」彼は、必要以上に未咲を傷つけず・・・宣言どおり「気持ち良い愛撫や、脱力するほどの薬」を駆使するだけで、衣服こそ引き裂いたが未咲の肌は傷一つついていない。
【GM】 その代償に敗北を喫し・・・しかし、どこか納得の表情をもって地面から未咲を見上げて「私を滅するのはかまわない、、、だが最後に一言聞いて欲しい事がある。」と動かない体のまま頼み込む。
【GM】 ▽
【未咲】 彼女には解せなかった。こちらが本気で倒しに向かっているのに、されに異を介さずにまるで心を癒すとでも言わんばかりの優しく気持ちの良い愛撫や口付けが…
【未咲】 そして同時に何度もその甘い責めに心をゆだねてしまいそうになる…脳を溶かすような甘い口付けや敏感でいやらしくとがった乳首を優しくこねくり回され、蕩けきった肉壺をほぐされ…体も頭も快感に溺れそうになった
【未咲】 すでに薄皮一枚なんとか耐えた…そういった勝利だった…そこへの一言、仮にも人の優しさを思い出してくれた相手…いや、それは体のいい理由づけ…未咲は彼の愛撫で心を開き始めてしまっていたのだ。
【未咲】 だからこそ、滅すその瞬間に手を止め、彼の言葉に耳を傾ける。
【未咲】 「なんでしょうか・・・?」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「ありがとう、未咲君・・・先ほども行ったが「逃げ出した魔犬」の飼い主・・・私の不手際でこの学校に逃げ込んだあの魔犬を捕獲する為に私は「潜伏」したんです。」感謝の言葉の後、痛みか、不甲斐なさからか・・・苦しげに顔をゆがめながら自分の罪を吐き出した。
【ブリーダー】「被害にあった少女達も出来うる限り治療し、記憶も一部封じた・・・未咲君だけはヒロインの力と、噂の影響で治療が出来ず・・・こうやって姿を現したわけだ・・・信じてもらえるかは判らないが、コレが真実だ。魔犬も今は完全に調教し、私の命令がなければ学園に潜んだまま滅びるだろう・・・敗者の私だが、願えるなら、、、未咲君にも、出来うる治療と対処をしたかったが・・・力不足だったようだ。」
【GM】 そのまま、ふっと力を抜いて頭を投げ出す・・・大の字で床に寝そべり、男性らしい逞しい首を未咲に晒しながら来る死をうけいれていた・・・
【GM】 ▽
【未咲】 「・・・・によ・・・・なんなのよ・・・・・・」
【未咲】 彼の放った最後の言葉は彼女の心に重く響く…治療、魔犬の調教、そして謝罪と自責の念…彼の真意はわからずとも、その言葉が未咲の心に広がり狂わせていく・・・
【未咲】 「なんなの・・・私は・・・・・・彼を…いや、だって……」
【未咲】 もしかすると彼は本当に自分の過ちの被害者の為に力を尽くしていたのかもしれない…それを自分自身が短絡的に…
【未咲】 まるで呪いのように彼女の心に彼の姿と声は焼き付き、自責の念に駆られていく…
【未咲】 ブリーダーのそばで膝をガクリト落とす。床に落ちた刀が甲高い音を立てて転がる
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「未咲君!?っ~~・・・っつぅ、、大丈夫、ですか?」裸のまま剣を手放し膝を付く、、あわてて彼女を支えるように抱き締め・・・その為に跳ね起きたせいで、体中が痛む、骨が軋むが・・・勤めて顔に出さず。割れ物を扱うように未咲を抱き締めそっと座らせる。
【ブリーダー】「急に抱き締めてしまいましたね、すいません・・・ですが、どうしたのですか?私を倒すのでしょう・・・あぁ、人払いの結界は私が死ねば消えますし、催眠もきえて騒ぎになりますね・・・書置きだけしておきましょう。…未咲さんは、コレを着て、逃げてください。」真っ黒だった白衣は少し血にそまっている。ソレを未咲には折らせながら、、後始末の準備を始めるために未咲から離れようとする。
【GM】 ▽
【未咲】 「ぁ・・・や、だめ・・・動いたら傷が・・・・・・じゃなくて・・・わたしっ!」
【未咲】 傷ついて尚、彼の優しさが未咲の心を苛み後悔と自責の念が膨らむ、魔に属するものを倒すのが当たり前のはずでありながら・・・その手に刀は握られず心配するように空を漂っていた
【未咲】 「かきおき・・・?」
【未咲】 彼の血に染まった白衣を纏いながら、どこか泣きそうな表情で彼のつぶやいた言葉を反芻する
【未咲】 「待って、今なら傷を治せるかもしれない…だからっ!!」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「?・・・傷を治すのはいいのですが、どうせ、私は倒されます。何の為にでしょう?」どこか「自己の保存」ガ薄い・・・他者を「調教」する事に特化した魔人は、自分が調教したモノと、その責任だけをひたすらに考える・・・「彼」を主眼に置いたとき、そのありようは酷く歪で、、、寂しさを滲ませるだろう。
【ブリーダー】「ですが・・・、優しいですね未咲君は、、、大丈夫、私はきちんと「責任をとりますよ」ですから大丈夫です。」そう何度も大丈夫と呟く彼の顔は、、、ぜんぜん大丈夫にはみえないだろう。
【GM】 ▽
【未咲】 「っ・・・・・・」
【未咲】 彼の言葉に思わず詰まってしまう。なぜ自分は彼を助けたいのだろう・・・?魔人相手なのにも関わらず……その明確な答えを出せぬまま時は進んでいく
【未咲】 「何が…だいじょうぶ…なんですか…全然大丈夫な顔してないのに……」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「ははは、生徒に自分の言葉を返されるというのは、中々辛いですね・・・そうですね「責任」といいましたが、未咲君のことは、ほうりだしてしまいますね・・・多分、その事が、とても残念で、悔しいんでしょうね・・・もし、わがままが通るのなら、、「未咲君を苦しみから解放させたい」と言ってしまいそうです。」未咲を、、苦しそうな顔の未咲にソレが叶わないだろうと思いつつも本心を告げる。
【ブリーダー】「こんな、身勝手なお願いは、未咲君はきいてくれないでしょう?…だから、私はおしまいなんです。」淡々と告げた。
【GM】 ▽
【未咲】 仮にも相手は魔人…憎むべき相手のはず…だが未咲にはそうは見えていなかった。
【未咲】 そこにいるのは自分に手を差し伸べてくれた優しい先生としての彼の姿だった・・・
【未咲】 「聞きます・・・先生のお願い…聞きます……あなたの願いがこんな私の解放でいいなら………私ができることなら・・・・・・・・」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「!?・・・いいの、、ですか?私は、、、私のやり方は、とても「厳しい」ですよ?…恐らく、他の生徒のように、はいきません・・・むしろ私の本分「調教」を施すでしょう・・・それを、、、受け入れてくれると?」許可・・・そう、「調教魔人としての根源」を開放する、、、被調教者の同意。それは自己を薄めてでも欲する本能であり、、、彼らしく彼らしくもなく、うろたえながらも、、、熱の篭った視線と意志を、未咲にぶつける。
【GM】 がしっ!っと未咲の肩を掴み、息がかかりそうなほどの距離で見つめあい・・・観察し、想像し、手順を組み立て、その為に尽力する・・・未咲を「調教」する為に、既に彼はその全てを回転させはじめていた。…後はたった、一言「未咲」の願いだけでブリーダーは、完成するだろう。
【GM】 ▽
【未咲】 「あ・・・っ・・・・・・」
【未咲】 その視線と手の力強さに、しどろもどろになり、視線を泳がせてしまう…だが、意を決したように一度彼の目を見つめ、コクリと頷く
【未咲】 「あなたを・・・受け入れます・・・・・・」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「いいでしょう・・・未咲君・・・いえ、「未咲」っ!お前を、立派な「雌犬」へ仕上げてあげましょう!犬を慰め、犬に犯されながら・・・しかし、心は強く、ただただおちんぽへ奉仕する、立派な「雌犬」に!」感極まったように叫び、荒く抱き締めながら宣言するブリーダーは、そのまま未咲の唇を奪う。魔犬に奪われた唇を癒すように、蕩かす様に・・・取り押さえる為に虚脱させる快楽ではなく、満たし、あふれさせる為に快楽を丁寧に注ぎ込むよ
【GM】 うなディープキスを。
【GM】 歯の一本まで丁寧に舐め、舌を余す所なく絡ませ、唾液を混ぜ、泡立たせ、飲み込ませる・・・誓いのキスにしては乱暴で強烈な接吻で絡めとっていく。
【GM】 ▽
【未咲】 「はぁ・・・んっ…あ、んんむ……」
【未咲】 戦闘のさなかでも彼はこうして、たびたび口付けをしてきた。だが、それとはまったく比べ物にならない…熱い舌が他の生き物のように蠢き、歯や舌、口内を舐めまわし、
【未咲】 唾液が絡み合い、粘膜が刺激される甘い響きが彼女の脳を溶かしていく。
【未咲】 自然と体の力は抜けていき、彼に体を預ける
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「んっむぅ・・・ふぅ、、少し、歯磨きしすぎですね?魔犬とのキスを思い出すたびに、はをみがいたりしていませんでしたか?何事もやりすぎは禁物です・・・そうですねやり過ぎないように、今日は、一番大事なことだけ、覚えて帰りましょう。」ねっとりと唾液が絡まり互いの唇をつなぐ唾液の橋をぬぐいとりながら、未咲の行動を察知し、指摘し、矯正させる・・・その段になって、ようやく自分が「万全でない」事を思い出し、痛む身体をなるだけ
【GM】 動かさないように、、、ゆっくりした動きで未咲の胸をこね回す。
【ブリーダー】「今日は、私が未咲の「ご主人様」だという事を・・・しっかり覚えて帰ってください、大丈夫、心配しなくても、忘れられないようにしっかり、体に刻みますからね。」にっこり微笑みながら、しかし戦闘中に得たデータから、未咲の胸をしっかり焦らしてもみ続け、快楽のピークにあわせて・・・その過敏すぎる乳首をカリカリット引っかき、自由自在に小さな絶頂を迎えさせる。それだけで未咲を支配し、支配される感覚を体感させる。
【GM】 ▽
【未咲】 「だって・・・・・・うぅ・・・・・・」
【未咲】 魔犬との荒々しい口辱を思い出し唇を噛みしめるが、その表情はすぐさま快楽で蕩けてしまう。
【未咲】 敏感すぎる乳首を優しく責められ、悶えるような快感に口はだらしなく開き、可愛い喘ぎ声が漏れ出し室内に響き渡る
【未咲】 「ああぁつ!やぁ・・・あん!せ、せんせぇ・・・んんんっ!!」
【未咲】 執拗な逃げ場のない責めに体をぴくんぴくんと震わせ、小さな絶頂に酔いしれる
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「そうですよ、私が先生で・・・「ご主人様」です。胸をいじられるだけで、そんなによがる未咲を一人前にしてくれる大事なご主人様ですよ?」未咲を貶める言葉を、愛を囁くように呟き、しかし掌で胸をたぷたぷと屈辱的に揺らし、きゅっと指で挟みこんだ乳首を軽く扱いて同意以外の返答を封じる。
【ブリーダー】「本来なら、噂に踊らされ、無為に己を閉じ込め、、、そうですね、あのまま孤立し、寂しく自慰にふけって、最後には破滅する一生を過すところでしたね。」そんな状況で、ありえた未来をそっと提示し、、、「ですが、私に従えば、この快楽、未咲が苦しいと感じていた周囲の視線を、言葉を、同じものにしてあげられます・・・ははは、嬉しそうですね?はしたないおまんこが、だらだら涎をたらしてきましたよ?」即座にその未来を否定する道に居る
【GM】 事を示して安堵させ、、、徐々に未来の未咲を刷り込んでいく。
【GM】 ▽
【未咲】 「はあああぁぁっvvんんんっ・・・」
【未咲】 こんな自分を一人前にしてくれる…こんな乳首を優しく愛撫されただけではしたなく濡らしてしまう自分を…肯定したくなくとも、その囁きと愛撫に震え、彼の言うとおりとろりと糸を引きながら、肉壺からは愛液が滴り水溜りを作っていた
【未咲】 「わ、わたし・・・ごしゅ・・・・・・・せんせんぇの、せんせぇのせいです・・・・・・・」
【未咲】 恥ずかしさを紛らわすように赤らんだ顔を俯かせてつぶやく・・・
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「はははは、まだ羞恥心が残っていたとは驚きです・・・ですが、知っていますよ?蚤を食いつかせ、胸ガ伸びるほど振り回されたのに・・・未咲は感じていたでしょう?はしたなく、だらしなく顔をあへらせ、同級生の前で、皆にみられながら・・こうやって・・・イったでしょう!」やけに通る声で笑い、そこからゆっくりと耳元で囁き・・・突然突き放すと、優しい愛撫が一気に強く、激しいものに変わり、言葉でもなぶり始める。
【ブリーダー】「大丈夫、その羞恥心は大事ですよ・・・なくしてしまったら、私の手の施しようの無い、、、肉壺ですからね。大事にしなさい?大事にして・・・ソレを鎧にせず、しっかり武器として振るえる様になるまで・・・しっかりとね・・・♪」大事な事を教えると同時に、乱暴に揉んでいた手を乳房に食い込ませ、爪を立てて乳首を押し込む・・・十二分に昂った未咲に、痛み混じりの絶頂を「覚えさせる」。
【GM】 ▽
【未咲】 「あぅっ!!んんんっ!!それは・・・ぁっ!!ああああぁぁvvvv」
【未咲】 あの時の恥ずかしい姿を思い出す・・・だが今は嫌悪感よりも蟲によって感じてしまったことを指摘され、再現するかのような激しい責めに昂った体は歓喜に酔い、痛み交じりの絶頂を受け入れる
【未咲】 「あぁ・・・ぁ・・・ぶき?ああんっ!いたい・・・のにい・・・ダメいいっ!せんせぇ・・・v」
【未咲】 乳首は爪によって押しつぶされ、卑猥な形に歪み、押し返そうとばかりに硬くなり、快感を脳へと伝える・・・
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「ははは、そんなによかったですか?あとが残るほど握り締めて、乳首もおしつぶしたのに・・・やっぱり未咲は痛いくらいが一番気持ち良い…ド変態のドMさんですよ。良かったですね。」にこにこと勃起した乳首を吊り上げる・・・その向こう側で蕩ける未咲の顔を眺め。自覚を促す為にしっかり言葉にしてその無様さを伝える。
【ブリーダー】「さて・・・こちらも我慢できなくなりましたね。いまから未咲のおまんこを「使い」ます。が、・・・ご主人様に使って頂く時は、感謝と共に自ら捧げるのが基本です。・・・できますね?その犬チンポ専用の人以下マンコを使ってもらえる様な、立派なおねだりが・・・♪」人としての尊厳を失い、取り戻そうとする未咲へ、その逆・・・自ら犬以下だと考えさせる、、自覚させる為に言葉で嬲り、戸惑わないように乳首を抓ってしっかり誘導していく。
【GM】 最後まで、おねだりできるように。
【GM】 ▽
【未咲】 優しい微笑みとは裏腹に、延々と続く乳首の責めに最早抵抗などは無意味であった。リードにつながれた犬のように飼い主からの命令をその体に覚えさせられていく
【未咲】 「おねだり・・・?んんぅ!あ・・・せん・・・ご主人さまに私のような犬チンポ専用の汚い雌まんこをご指名いただき誠にありがとうございます・・・ご主人様のたくましいおちんぽに使ってもらえて大変光栄です・・・vあっ!いっぱい、ご主人様にご満足いただけるように誠心誠意こめて浅ましく腰を振りますので…どうか・・・犬以下まんこにご慈悲を・・・・・・おちんぽを挿れてくださいませぇvvv」
【未咲】 ご主人様のおちんぽの上にまたがり、はしたなく愛液をだらだら漏らしながらおしっこと淫臭が漂うぐしょぐしょのおまんこを亀頭へとディープキスをするように絡めていく
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「ははははは、、、なんですか?そのおねだりは・・・本当に、どうしようもない、淫乱ですね、未咲は・・・その必死さに多少の粗相は目を瞑ります、使ってあげますよ、その雌犬おまんこを・・・ね!」笑いながら未咲を貶め・・・しかし手はがっしりと未咲の鍛えられた腰を掴み、汁を亀頭におとしながら絡まるおまんこへ、一気に肉棒を付きたてる。
【GM】 魔犬のそれとくらべて平凡な・・・未咲にとっては新鮮な人間のおちんぽを、しっかり最奥まで突きたてると、暫くは形を覚えるように、覚えさせるように停止しさせ絡みつかせ・・・肉棒と膣が十分に吸い付いた時点で亀頭ギリギリまで引き抜く。
【ブリーダー】「未咲・・・しっかり、締め付けなさい。犬の太い肉棒で壊されたクサレマンコなんですから、その分しっかり膣を締め付けてごほうしするしかないんですよ?」実際は魔犬と蚤による膣開発で適度に締め付けを残し、一般女性にくらべても締まりは良いはずの拡張オマンコ・・・しかしそんな事は未咲は知らないに、ブリーダーもまだ教えるつもりは無い。だから表向きは不機嫌にがっしり腰を固定して膣だけで奉仕する様に努力させる。
【GM】 ▽
【未咲】 「あぁぁ、これがご主人様の・・・?ん・・・変な感じ・・・・ごめんなさい、いっぱい締め付けますので・・・・・・・」
【未咲】 乱暴な魔犬との獣交尾によって緩んでいた膣が、ご主人様のおちんぽを覚えようとうねり、収縮していく、その奇妙な感覚とご主人様のおチンポの感触におまんこはやけどしそうに熱を持ち、隙間からだらだらと涎をこぼす
【未咲】 「んんぅvご主人様どうですか?vわたし・・・ご主人様のおチンポの形、はやくおぼえますね?vvんん!!」
【未咲】 下腹部に力をこめて膣に意識をむけるたびに、子宮がキュンキュンと疼き、早くといわんばかりに降りてくる
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「ふぅぅ・・・んっぐ!・・・良い感じですよっ・・・未咲のクサレマンコが、必死に絡み付いて、欲しい欲しいと吸い付いてきます・・・ですが、私の最小サイズを覚えてもあまり意味はありませんね・・・折角ですから、味あわせてあげましょう。しっかり・・・おぼえなさい!」ぺっとりと亀頭が降りてきた子宮口にくっつき、ねちゃにちゃと抽送の度にはしたない音を上げる・・・十分に「染まった」未咲のオマンコに満足し、ご褒美を与える。
【GM】 成人男性の標準・・・それ以下だった勃起チンポが、締め付けを押し返すように硬さを増し、膣の余裕を埋めるように太さを増し、降りてきた子宮を貫くように長さを増す。未咲のお腹がぽっこりと膨らむほどのサイズになったそれを、がっしりつかんだ腕が逃がさず、余さず・・・今日一番の乱暴な抽送で一気に未咲へ「刻み込む」。
【GM】 ▽
【未咲】 「ひゃあぁつ!うそっ!?ごしゅじんさまのおちんぽがぁvあああっらめvきてる、子宮口にご主人さまのおちんぽがきちゃってるぅvvv」
【未咲】 先ほどまでとは一転した荒々しい極太のおちんぽの出し挿れに、おなかは膨らんだりへこんだりとまるでおもちゃのように動き、子宮口はじゅぽじゅぽと淫らな水音と共にご主人様が与えるご主人様しかできない快楽の味をおぼえさせられてしまう
【未咲】 「変えられちゃうvおぼえちゃうvvご主人様のおチンポの味おぼえて、犬専用おまんこよろこんじゃってますぅ!vvvああああっvv」
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「うっぐ!いいですよ!そのまま、、、イキなさい!私も、、、くぅ!未咲の!おまんこに、ご褒美、、を、、たっぷり、、、あげ、、、ましょう!今日の調教、、、いえ「授業」は、それで、満点、、です!!」ぎゅううっと駆け上る射精感を堪え、激しく乱れる未咲を押さえつけながら一気にラストスパートをかける・・・ふだんなら数時間は犯せるが、ダメージのせいで我慢が聞かない・・・だからこそ、自分でも驚くほどの獣性に身を任せ、乱暴に、
【GM】 必死に、未咲を犯す。
【ブリーダー】「で、、、ますよ!さぁ、覚えなさい・・・これが、人の「膣内射精」の味です!!」未咲の絶頂・・・その機先を制し、絶頂が2.3段階深くなるように・・・最もいやらしいタイミングで子宮口をこじ開け、亀頭をめり込ませ、、、子宮内部に熱い熱い精液を勢い良く流し込んだ。
【GM】 ▽
【未咲】 「あああぁ、、まんてん?うれしぃ・・・わたしvわたしぃっvvあぁ!くる・・・・ああああああぁ!!うそぉおおおお中にぃいvvvvvvひあああああぁあぁあっ!!!」
【未咲】 絶頂の瞬間、魔犬ですら届かなかったそこに直接熱い精液を注がれ、今までにない強烈な快感に背筋を弓なり張りながら、おまんこを締め上げ、獣のような喘ぎ声を上げ果ててしまう
【未咲】 子宮の中を満たす熱い精液の感触に、雌の本能が刺激され、異様な幸福感を感じ未咲は蕩けきった顔でご主人様へ抱き着く
【未咲】 ▽
【ブリーダー】「ふぅ・・・私もまだまだ未熟、そう思い知らされますね。」思いがけぬ暴走の果ての射精・・・しかし未咲の蕩けきった顔に満足感を覚え「良く出来ました。後のことは私に任せて今は眠りなさい・・・未咲、一緒に、がんばりましょう。」そういってゆっくり抱き締め返し、その背をなでる。
【ブリーダー】「宿題は・・・そうですね、雌犬らしい「自己紹介」でも考えておいてください。次の「授業」できかせてもらいます。」そういいながらゆっくりと未咲に口付けをし、眠りの魔術をほどこしていく・・・眠りは記憶を整理し、定着させる。調教直後の睡眠は彼にとっての日常で、、、優しさだ。
【GM】 ▽
【未咲】 「はい・・・ご主人様・・・・・・・きちんと・・・・しゅくだぃ・・・・・・・・・・・・」
【未咲】 そう、最後につぶやきながら彼にもたれるようにして眠りにつく。その姿だけはまだまだ年端もいかないか弱い少女の姿そのものだった
【未咲】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら! 「【美剣士JK】孤独の剣士少女、未咲。雌犬への第一歩【3撃目】」シナリオクリア・おめでとうございます!
【未咲】 初勝利です!!やりました!!!
【未咲】 でもなんだか最後はどうみても完敗してますよね・・・屈しちゃってるじゃないですか(・・;
【GM】 や~・・・実は罠を突破させてHPのひくさをごまかそうとしたんだけど。。。見破られたわw
【GM】 次回からは「授業」という名の調教物語になるでしょう!
【GM】 詳しい打ち合わせは明日にでも・・・今夜は流石におちま~すw
【未咲】 了解しました!
【GM】 またあした~!(未咲ちゃんはぐはぐ抱き枕~♪