【GM 】 1d
【GM 】 bako_GM -> 1D = [6] = 6
【GM 】 ダイスOK!
【GM 】  
【GM 】 登校初日、立て続けにおこる致命的な恥辱に何か作為的なモノを感じるだろう
【GM 】 例えば3日で広まった噂。更に偶発的な保健室での脅迫。その数分後におきたいじめ。
【GM 】 抗う間もなく学園から孤立しながら、黒幕の正体を探る為…身体を使うハメになるのです。
【GM 】  
【GM 】 HeroineCrisisTRPG くらくら! 「【輪姦】淫乱魔法痴女、優樹菜。学園に潜む影!【3周目】」
【GM 】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM 】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM 】  
【GM 】  
【GM 】 蔵鞍市:私立丹桜学園(におうがくえん)
【GM 】  
【GM 】 蔵鞍市の北部に位置する私立学校は中高一貫で、偏差値はそれなりに高い名門校。
【GM 】 しかし例外も存在する…「地下鉄乱交の主犯痴女」来栖 優樹菜(くるす ゆきな)だ。
【GM 】 常に突き刺さる好奇の視線、囁かれる陰口は必ず彼女の耳に入り、教師ですらその輪に加わる有様。
【GM 】 更に、体育で庇ってくれた女子たちを裏切るような痴態をさらした事で、今や完全に孤立する事に。
【GM 】 ▽(自己紹介代わりの現状のRP+キャラシートどうぞ!
【優樹菜】 優樹菜「あ……あぁ、あぁぁぁぁ……!ど、どうしてこんなことに……」学校の醜態から一夜明け、自我を取り戻すと己のしでかした出来事が蘇る
【優樹菜】 周囲は自分の痴態を呟き、淫らな妄想を呟く。完全に孤立してしまった今、誰にも助けを求めることはできない。
【優樹菜】 今や全男子からはズリネタにされ、物好きな女子からも標的にされてしまう事実。心は悔しさとふがいなさに浸っているものの、体は今の状況を悦んでしまっている。
【優樹菜】 太股をモジモジさせながら、必死に欲情に耐えていて
【優樹菜】 http://usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%CD%E8%C0%B4%A1%A1%CD%A5%BC%F9%BA%DA%A1%CA%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%CB
【優樹菜】 ▽
【GM 】 そんな最低の学園生活を送る事になって数日・・・今日も優樹菜の恥辱の一日が始まる。
【GM 】  
【GM 】 キーンコーンカーンコーン!
【GM 】  
【GM 】 朝のHRが終わり、あと10分で1時限目が始まる為、生徒達が準備する中。
【GM 】 3人の女子が優樹菜にむかって紙袋を投げ渡して、命令する。
【優しかった生徒達】「はいこれ、今日はこの格好で一日奉仕活動だってさ。」「恥知らずな雌犬さんにはお似合いだよね?」「着替えはココで、ずるしないよう隠さずにしてよ?」
【GM 】 渡された衣装は、犬耳カチューシャにアナルプラグ付きの犬尻尾やアナルプラグのスイッチ付き首輪。
【GM 】 あとは極薄レオタードだけで、もちろんインナーなどなく、肌にぴたりと吸い付き汗で透けるだろう。
【GM 】 ☆わんわんセット:目標値10:PCは「任意の能力3つ」それぞれで一般判定。失敗した数だけ罠が強化される。(例:運動以外の体/知/魔で3回判定、2つ成功なら強化1つ。
【GM 】 今回は、学園奉仕(ナイト級罠)に、「乱打(+1d6)」「速攻Ⅱ(IV6)」「堕落(致命+1)」を追加しちゃうよ!どの能力でどの効果を阻止するか宣言して下さい!
【GM 】 ▽
【優樹菜】 と、とりあえず判定いてtみます!
【GM 】 はぁいw
【優樹菜】 体力
【優樹菜】 2d6+6
【GM 】 b01_yukina -> 2D6+6 = [6,6]+6 = 18
【優樹菜】 知力
【GM 】 ひぇ!
【優樹菜】 2d6+1
【GM 】 b01_yukina -> 2D6+1 = [6,1]+1 = 8
【優樹菜】 魔力
【優樹菜】 2d6+3
【GM 】 b01_yukina -> 2D6+3 = [6,5]+3 = 14
【GM 】 う、うわぁ!
【優樹菜】 二回成功ですかっ
【GM 】 では、2つ成功!「乱打(+1d6)」「速攻Ⅱ(IV6)」「堕落(致命+1)」のどれを防ぐ~?
【優樹菜】 堕落で(真顔)
【GM 】 堕落と・・・後一つは!
【優樹菜】 速攻でお願いしますっ
【GM 】 らじゃー!では、乱打が残ったね!
【優樹菜】 ですです~
【GM 】 ダメージアップだけ・・・つまり、奉仕相手が多いけど、優樹菜が先手をとりリードしてるのかな・・・w
【優樹菜】 いや、メチャメチャに責められて((
【GM 】 この奉仕活動に振り回される事なく、むしろ積極的にシているって見られてるのかな・・・w
【GM 】 責められたい感じかな!
【優樹菜】 思い切り振り回して泣かせたい((
【GM 】 では、この奉仕活動に対して、どんな風に向き合っているか・・・ソレを含めつつの教室でお着替えどうぞ♪
【GM 】  
【優樹菜】 優樹菜「ち……ちくしょう……どうして、こんな……んっ!こんなことになっちまったんだよ……ぉ」正義の魔法少女として、不良として弱い人々を助けていた時分。
【優樹菜】 それがいつしか、弱い人々に自分が虐められてしまっている。唇を噛み締めながら、自虐に頭を染めてはそれで興奮してしまう。
【優樹菜】 優樹菜「ふぉ……おおぉぉぉぉぉぉ……!こんな、こんなこと……って……!」そして、アナルプラグ付きの尻尾を装着すると膝を震わせて絶頂してしまった。
【優樹菜】 体をくの字に折り曲げ、早くも蕩けた表情を見せながら、快感に苛まれどうにかこうにか着替えを終える。極薄レオタードは早速スケスケになり、彼女の体をいかんなく強調していた
【優樹菜】 たゆん、たゆんと揺れる大きな乳房。レオタードが食い込む大きなお尻。引き締まった腰や鮮やかな割れ目など、傍から見ればどうう考えても発情した雌犬だろう
【優樹菜】 ▽
【優しかった生徒達】「ちょっと、静かに着替えなさいよ。」「相変わらずはしたないよね、アナルにそんなのいれて、見られながらイクって・・・最低!」「ほら、ちぇっくするから、お尻こっち向けなさいよ。男子にもみせてあげなきゃ不公平じゃない?」
【GM 】 嫉妬か恨みか軽蔑か・・・三人の女子は雌犬姿の優樹菜を罵倒し、教室中にみえるように、教卓までつれだしてレオタード食い込む尻とアナルプラグを咥え込んだ菊門をさらしにかかる・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「おほ……っ♪ほほぉぉぉぉん♪や、やめて、くれ……そんなこと言わないで、くれ……!」三人の視線が突き刺さり、心変わりしたその言葉に酷く興奮してしまう。
【優樹菜】 自分自身の淫乱さを恨みながら、罵倒の言葉が先日の出来事が蘇る。男子に媚びを売り、秘部にペットボトルを突っ込まれながらも絶頂していた至福のひと時。
【優樹菜】 自身の淫乱さが心に深い傷となって残る中、三人に申し訳なさと情けなさが込み上げて来る。教卓に連れ出され、がに股姿となると生徒たちに自分のアナルを晒して。
【優樹菜】 優樹菜「ふぉ……♪おぉぉぉぉぉ……お♪や、やめろ……見るな、見るなぁぁ……!私を興奮させないでぇぇぇ……♪」
【優樹菜】 気の抜けた甘い声と共に、快楽を渇望する気持ちとこれ以上堕ちたくない気持ちとが衝突し、目尻を潤ませる
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト達】「おほっ♪ッてなんだよ・・・くくくっ///」「最低っ・・・朝から何盛ってんのよ。」「興奮って、勝手に優樹菜ちゃんがヨガってるだけじゃない?くすくすっ」
【GM 】 すでに同情や憐憫などという感情はなく、視線で感じる変態に、嘲笑や侮蔑の言葉が飛んでいくだけだ。
【クラスメイト男子】「なぁなぁ、奉仕活動、もういいだろ?」「朝からエロいマン汁の匂いでびんびんだぜ。」「責任とって、鎮めてくれよな?」そういって、数人の男子が教壇の上に優樹菜を寝転がし奉仕をねだります・・・
【GM 】  
【GM 】 こんな扱いを受けていれば直ぐに不登校、休学するのが当たり前なのだが・・・
【GM 】 優樹菜の刑罰に「学園への完全登校と奉仕活動」が含まれている為、休学すら出来ず命令に従わねばならない。
【GM 】 毎日必ず登校し、決められた掃除に雑用、補習や奉仕活動まで含めた更生プログラムが組まれている。
【GM 】 その事も周知され、今や「学園全体の玩具」までその地位は落ちており…その全てを終えるまで自由はない。
【GM 】 ☆『ストリーミング・ショウ』学園奉仕(TP:50/任意/迷宮:乱打1)と戦闘(突破)だ!
【GM 】 ▽(RP後、戦闘開始!
【優樹菜】 優樹菜「ひ、ひひいぃぃぃぃ……!だ、だめ……ダメダメダメ!だめぇぇぇぇぇぇ……!」自分の淫乱さに必死の抵抗を示しつつ、教卓に寝かされてしまう。
【優樹菜】 股を抑えながら四つん這いとなり、自然とお尻を突き出したままフリフリと可愛らしく左右に振る。
【優樹菜】 鼻息を荒くしながら、ズボンを押し上げる男の山を見ては瞳の奥にハートマークを浮かべて
【優樹菜】 ▽
【GM 】  
【GM 】 では・・・戦闘開始だー! 速攻が封じられたので優樹菜の突破の後、学園奉仕の攻撃だよ!
【優樹菜】 むむむ……では、とりあえず体力でっ
【GM 】 はぁいw CP突っ込んだりする時は同時にどうぞじゃーw
【優樹菜】 2d6+6
【GM 】 b01_yukina -> 2D6+6 = [2,4]+6 = 12
【GM 】 うぐぅ!
【GM 】 TP50>TP38 ごりッと減った
【優樹菜】 意外と直ぐ終わりそう?
【GM 】 ではでは~数人の男子が吸い取られる中・・・反撃!
【GM 】 3d6+10 単体 ダメージ+使用アクト数+ターン数*4&[水着][拘束]付与:罠突破後[拘束]解除。
【GM 】 bako_GM -> 3D6+10 = [2,6,5]+10 = 23
【GM 】 ごりゅ☆ごりゅ☆
【優樹菜】 ガーディングしても意味ないので胸に受けます!
【GM 】 23点!更に水着と拘束付与だーー!
【GM 】 罠の拘束は突破すれば消える!
【GM 】 水着はAPが全部0になるとだね!(布が消えるのでw
【優樹菜】 www
【GM 】 では、アクトがあればどうぞー!RPは随時?まとめて?
【優樹菜】 今回はまとめてで!
【GM 】 はぁいw
【優樹菜】 アクトは<疼く体><魔性の果実><過敏な突起><射乳> で!
【GM 】 一気に4つも!大盤振る舞いだねぇw
【優樹菜】 次に置いといた方が良いですかね?
【GM 】 では、疼く体をトリガーにw
【GM 】 ☆調教刻印<誘う体>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5か6を出さないと「次の行動に-8ペナルティ付与」する。
【GM 】 拘束の-4とあわせると次のターンは-12になってしまうぞぉ♪
【GM 】 CP+1しつつ、、、調教刻印の抵抗あればどーぞ♪
【優樹菜】 ぐぐぐ。抵抗は無しでっ
【GM 】 らじゃーw ではターン回って 突破判定どうぞーw
【優樹菜】 体力でっ
【優樹菜】 2d6-6
【GM 】 b01_yukina -> 2D6-6 = [4,1]-6 = -1
【優樹菜】 ヒョ!?
【GM 】 うふふふ マイナスでも回復はしないからあんしんしてねぇ・・・♪
【GM 】 ではぁ、2ターン目なので充填発動!ダメージ+4 更に雌豚狩りでアクト数だけダメージアップ!
【GM 】 +8だぁ!
【GM 】 3d6+10+8 単体 ダメージ+使用アクト数+ターン数*4&[水着][拘束]付与:罠突破後[拘束]解除。
【GM 】 bako_GM -> 3D6+10+8 = [1,2,3]+10+8 = 24
【GM 】 ひふみ~~!?24点ダメージ!受動とアクトどうぞー
【優樹菜】 ぐ……ミルクで-受けますので、腰に受けます
【GM 】 ん?ガーディアンコートは?
【GM 】 ってそうか、ガーディアンあるからさっきのも-4はされないのか
【GM 】 -1+4で3点TPけずれてる!
【GM 】 TP50>38>35 こうだね!
【優樹菜】 あ、忘れてました((( なら……その他に受けることにして、受動無しで!
【GM 】 わおw
【GM 】 では、その他がはじけてBSが噴出!
【GM 】 ミルク・水着・拘束 三重苦だねぇw あくとはあるかい?
【優樹菜】 んひぃぃ♪アクトは……<視姦の檻><飲精奴隷>でっ
【GM 】 むむ・・・残念!その二つに調教トリガーはせってしていなかった・・・
【GM 】 では、ターン更新で反撃どうぞーw
【優樹菜】 体力で…… 2d6-6
【優樹菜】 2d6-6
【GM 】 b01_yukina -> 2D6-6 = [1,6]-6 = 1
【GM 】 いや、さっきの-8は一度だけだよーw
【GM 】 次の行動に~だからさw
【優樹菜】 およ?なら、+6で突破判定大丈夫なのですか?
【GM 】 なので拘束だけだから体力なら2d6+6-4で 出目7+2の9点だ!
【優樹菜】 なるほど!
【GM 】 勘違いしてたみたいだし、CP追加でやってみる?
【優樹菜】 んー……15以上溜まって考えまする(
【GM 】 らじゃw
【GM 】 では!TP50>38>35>26 半減した!
【優樹菜】 もし、これで負けたらこのままシナリオ終了ですよね?(震え声)
【GM 】 ですね・・・w
【GM 】 謎を追う事無く、奉仕活動すら達成せず・・・w
【優樹菜】 ひぃぃ……!最初にアクト出し過ぎたぁぁ
【GM 】 ではでは、、、どうなるか・・・ターン更新の突破どうぞーー!
【優樹菜】 CP7使って思い切り抵抗します(
【GM 】 はぁいw
【優樹菜】 9d6+2
【GM 】 b01_yukina -> 9D6+2 = [1,4,5,3,2,3,3,3,6]+2 = 32
【GM 】 ぐへお!?
【優樹菜】 やったぜ
【GM 】 えぇっと振りなおしだったから・・・ひとつまえの35で・・・
【GM 】 TP50>38>35>3 いぎゅ!?
【GM 】 ギリギリ残った感じだ!
【優樹菜】 なん・……だと
【GM 】 あぶなかったじぇ・・・!
【優樹菜】 つ、次で仕留めます!
【GM 】 水着の効果が出ればいちげきよぉ!くらぇえ!
【GM 】 3d6+10+8+6 単体 ダメージ+使用アクト数+ターン数*4&[水着][拘束]付与:罠突破後[拘束]解除。
【GM 】 bako_GM -> 3D6+10+8+6 = [1,1,5]+10+8+6 = 31
【GM 】 わーーーw
【AP】に変化はありませんが、攻撃を受けた際、そのダイスの中にゾロ目が混じっていると、ダメージが【HP】に適用されます。
【GM 】 1・1でゾロ目発生!31点がHPへ!受動で10点は減らさないと一撃だねぇw
【GM 】 ガーディングにもCP使えば耐えれるかな?ッ手レベルだww
【優樹菜】 シナリオを続けるためにも、ガーディングでポテンシャル5!
【優樹菜】 5d6+2
【GM 】 b01_yukina -> 5D6+2 = [6,1,4,3,3]+2 = 19
【GM 】 むぐう!
【GM 】 31-19でHPダメージ12点!アクトどうぞーー!
【優樹菜】 んー……次でもまだまだ襲われたいんですよね……でも、とりあえず<締めつける名器>でっ
【GM 】 きゅっきゅっきゅ~~♪しめつけられたわ・・・///
【GM 】 では、ターン回って・・・ラスト突破どうぞ!
【優樹菜】 奉仕活動が乱交に、です♪ ではでは、普通の抵抗でッ
【優樹菜】 2d6+2
【GM 】 b01_yukina -> 2D6+2 = [1,1]+2 = 4
【GM 】 www
【優樹菜】 やったか!?
【GM 】 TP50>38>35>3>0 学園奉仕を突破した!
【優樹菜】 ふぅ……ひと段落です
【GM 】 ではでは、学園奉仕突破までのエロール開始です♪裏で打ち合わせしつつゴーーだ!
【優樹菜】 了解です!
【GM 】  
【GM 】  
【GM 】 教壇の上で股間を隠し、イヤイヤと身をゆするが・・・その瞳に宿る淫欲の妖しい光が真実味を消し「嫌がる演技」へとその抵抗を落とし込む。
【GM 】 その証拠に、誘うようにくねる腰、無防備にゆれる胸は男子達の情欲を更に加速させ、たった10分の胸陵辱に誘導される。
【クラスメイト】「なんだ、朝マンコはお預けかぁ」「でもま、、、そういうことなら♪」「こっちで楽しむしかないよな!」
【GM 】 優樹菜の<魔性の果実>に群がる男子達の手・・・極薄レオタードで乳首形まではっきり浮き出したその布越しの柔肉へむにむに、もにゅり、くにゅう!っと愛撫していく。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ!?あぁぁぁ……あ!あぁぁぁ!やぁ、胸……オッパイ、やぁ♪ふぁ!おっぱい、らめぇぇぇぇぇ……!」股間がジュンジュン疼く中、男子たちの手が胸に伸びる。
【優樹菜】 極薄レオタードは男子たちの手の感覚をダイレクトに伝え、マシュマロのような柔らかさをムニュッムニュッと揉まれるだけで達し、背中を反らせてしまう
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト】「ふひぃ♪なんだこれ3人がかりでも手からこぼれるって♪」「しかもレオタードがすべすべ、マシュマロみたいにふわふわで・・・みろよ!指が沈むぜ?」「でも、メートルおっぱいなのに形が崩れない位に張りもあるし、まじエロいよなぁ、ずっとさわってたいぜ!」
【GM 】 胸愛撫だけでのけ反るほどの絶頂を覚える優樹菜にクラスメイトたちはにやにや笑いながら胸の感想をぶつけ合い白熱する。
【GM 】 一人が大きさに注目すれば3人がかりでおっぱい全体を揺らし。
【GM 】 一人が手触りを褒め称えれば、表面をくすぐる様に撫で回し。
【GM 】 一人がその感触に感心すれば、ぐにぃぐにぃ!っと強さを変えて愛撫する。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぉ……おまえ、ら……!私の胸で、遊ぶ……な……!ひぃぃぃぃ……!たゆんたゆん、揺らしちゃ、だめ……!ふぁ!ああぁぁぁ!」
【優樹菜】 群がる男子、その手が大きなオッパイを揺らしてしまえば背筋を反らす。もっと弄ってと言わんばかりに胸を突き出す中、こんどはくすぐるように撫でまわされて。
【優樹菜】 優樹菜「ふぁぁぁぁ……♪優し、そんな優しくしたら、やぁ……♪も、もう……んんぅ!オッパイ溶けるうぅぅ♪」
【優樹菜】 だらしないトロ声を響かせながら、みるみる内に表情も甘く染まっていく。その後、胸を揉まれれば
【優樹菜】 優樹菜「ひ……いいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♪胸、モミモミ一番らめぇぇ!へ、変に……、あた理性、トんじゃうううぅぅ……!」
【優樹菜】 早くも絶頂しそうなのか全身を震わせていて
【優樹菜】 ▽
【GM 】 胸を玩具にされて、悶え苦しみ・・・そして絶頂に誘われる優樹菜。
【GM 】 クラスメイト達はその光景を冷ややかに、しかし食い入るように見つめ・・・絶頂の瞬間を待っていた。
【GM 】 だが、たった10分の休み時間が無常にもすぎていき・・・
【GM 】 キーンコーンカーンコーン!
【GM 】 優樹菜が胸でイク寸前。チャイムが鳴り響き、、、胸をいじっていた男子達も愛撫をやめ、席に着いた。
【GM 】 絶頂を寸止めされた形の優樹菜は、1時限目の間も燻る快楽に振り回され、何度も教師に叱咤された。
【GM 】 そして50分後・・・・2時限目の前の休み時間まで耐える事になる・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……うぁ……あ、あぁぁ……んっ……やぁぁぁぁ……」絶頂を迎える寸前、男子の手が止まる。与えられる快感に夢中でチャイムが鳴ったのにも気づかず、叱咤されるままに席へと戻っていく。
【優樹菜】 腰をくねらせながら股を抑え、みっともない歩き方で席に着く。絶頂直前におあずけをくらい、甘美な快楽を味わうためにも今すぐ自慰をしたい。
【優樹菜】 が、歯を食いしばりながら必死に耐え、授業をやり過ごそうとする
【優樹菜】 ▽
【GM 】 キーンコーンカーンコーン~・・・
【GM 】 1時限目が終わり教師が出て行くと、さっきとは別の男子が強引に優樹菜を教壇に立たせた。
【クラスメイト】「さっきは随分たのしんでたじゃないか、俺らもいいだろ?」「まぁ、返事はきいていなけどなぁ!うっわ、乳首ビンビンすぎ!」「ははははは、授業中もずっと乳首立ちっぱなしだったもんな?俺みてたぜ?」
【GM 】 黒板に優樹菜を背を押し付けながら両手をおさえつけて強引に迫る3人の男子。
【GM 】 その視線はぷっくり充血した乳輪と、恥ずかしく勃起した乳首。レオタードの薄い生地越しでもわかるその恥部へ注がれた。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「くぅ……ううう……!前、ら……これ以上すると、後で容赦、しない……ぞ……♪」
【優樹菜】 卑猥な犬衣装のまま、黒板に押し付けられると三人を睨み付ける。随分と威勢のいい言葉であるが、甘い声色では説得力がない。
【優樹菜】 快感や淫欲に必死に抗おうとしているのか、必死に刃を食いしばっている姿が滑稽だ。
【優樹菜】 腰は男を誘うように左右にくねり回り、両手は常に股間を抑えていた
【優樹菜】 ▽
【GM 】 おっと?と声を上げて腕を振り払われたが・・・以前なら拳が飛んできたはずの手が秘所を覆い隠すだけで震える声の反論だけ・・・
【クラスメイト】「容赦しねぇって、本気で相手してくれってことか?」「マジで!ならしっかりイジってやらねlとな!」「てか、マンコ隠す振りしてじぶんでいじってるんじゃねぇよな?痴女優樹菜ちゃぁん?」
【GM 】 今にも自慰を始めそうな優樹菜を制し、震える生贄にいやらしい笑みを浮かべて指を伸ばす・・・
【GM 】 くにっvくにっ♪くにゅうう、、、ぴんっ!
【GM 】 男達は太い指で優樹菜の勃起乳首をグリグリねじり、乳輪を摩り、時折ぴぃん!っと指で弾く。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……!はぅ、あ……あ、あぁ、あ……!」必死の思いで口にした言葉でも、男たちはいやらしい笑みを浮かべて来る。
【優樹菜】 もう、自分が何を言っても無駄なのだろう。そんな無力感が心を支配し始めると、目元から一筋の涙を流す。
【優樹菜】 ゾクッ!ゾクッ!
【優樹菜】 生贄となっている自分を想像し、涙を流しながら興奮してしまう心と体。もっと、もっと虐めてください、と言わんばかりのオーラを醸し出していた、
【優樹菜】 優樹菜「くひ……ひひひひいいっぃぃぃぃぃっぃぃぃぃいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいぃぃぃぃぃ!!!」
【優樹菜】 直後、最大の弱点が弄り回される。募っていた欲求が爆発し、酷い嬌声を教室中に響かせながら絶頂してしまい
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト】「ははははは!泣くほど嬉しいってか?ほれ、摘んでやるぜ♪」「マジイキじゃん!ほれほれ、乳首しゅこしゅこvどんどんイケや!」「二人とも鬼畜だねぇ・・・ほら、優しくしてやんなきゃ♪」
【GM 】 右乳首は乱暴に摘まれ、ぐい!ぐい!っとねじりきれるくらいに引き伸ばされる。
【GM 】 左乳首はぐにゅうっと乳首を根元から摘み、プルプル震えるその乳頭をしゅこしゅこしゅこ♪指で扱いてこきあげる。
【GM 】 そんな乳首責めをする友人を笑いながら、優樹菜の肩をおさえつけてへたり込まないよう、そして、勝手に自慰などしないように監視する。
【GM 】 容赦の無い激しい乳首責めは、2時限目のチャイムが鳴るまで数分間、イキまくらせて終わったーーー
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ひぅっ!ふぁ、あぁぁぁぁぁ!やぁ、あぁ!あああああ!!そんな、強く乱暴にしちゃ、ああぁぁ!あっ!根元も、らめ……!ひひぃん!左右違う刺激……♪たまらな、い……これ、だめぇぇぇぇぇ!」
【優樹菜】 教室に、休む間もない声が響き渡る。乳首を乱暴に攻められ、辞意をすることも叶わず乳首だけで何度も逝かされる。顔は天井を向き、だらしなく舌先を垂らしたまま目尻からポロポロと涙を流していき
【優樹菜】 ▽
【GM 】 優樹菜をイカせまくった3人は、崩れ落ちる優樹菜を放置してさっさと席に着く。
【GM 】 周囲の生徒も誰一人優樹菜を助ける事無く、教壇でイキ果てた優樹菜を見下ろし・・・
【GM 】 ガラァ!っと教室に入ってきた教師は理由も聞かず叱責し、席に戻らせると同時。
【教師】「全員、机の下から手を出して授業を受けるように。」と指示を飛ばす。
【GM 】 数人の生徒・・・主に男子がぎくり!となり、優樹菜の痴態をおかずにしたオナニーをお預けされた。
【GM 】 だが、それは優樹菜も同様で・・・連続でイカされ、イキやすくなった疼く身体・・・慰める事もかなわず、また50分間もだえることになった。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……ふぁ、ぁぁ……ぁう……うぁ……」連続絶頂を終え、力の抜けた下半身。教師の命令を受けると、這いつくばるように机へと向かう。
【優樹菜】 徐々に自慰の事しか頭に無くなって来るが、息を絶え絶えにしながら両手を机の上へと出す。
【優樹菜】 混濁した意識の中、時折自分の乳首に軽く触れては、足りない分を補おうとしつつ授業を過ごしていく
【優樹菜】 ▽
【GM 】 きーんこーんかーんこーんーー・・・
【GM 】 授業が終わり教師がそそくさと出て行くと、数人の生徒が優樹菜に視線を向け、教壇を指差す。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……あ、あぅ……う、ぁ……ぁ……」授業が終わっても、腰が抜けて上手く立つことができない。
【優樹菜】 それでも、教壇を指差されると体が疼き、ゆっくりとはいつくばる。そのままハイハイで向かう姿は本当の犬のようだ
【優樹菜】 ▽
【GM 】 やだぁ///なにあれぇ♪
【GM 】 へこへこ腰くねらせて・・・最低!
【GM 】 すっかり従順になって・・・優樹菜さんって、ほんと変態なんだぁ
【GM 】 教壇に向かう間に蔑みの声を投げかけるクラスメイト達。時折尻を蹴飛ばし、さっさと行けと急がせる者までいた。
【GM 】 教壇にたどり着けば、両脇から抱えられ、胸を突き出すように背中を押さえつけると・・・
【クラスメイト】「さ、お待ちかねの休み時間だ・・・どうしてほしい?」
【GM 】 最初にやってきた三人のリーダーらしい男が胸を鷲づかみにし。
【GM 】 次に乳首を虐めてきた三人のリーダーらしい男がその乳首をぎゅうっと抓り上げる。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ひぃっ!ふぁ……あ、ぁぁ……あ、ぁ♪」連続絶頂で理性のタガが外れて来たのか、必死に抗っていた医師もトロトロに溶けてなくなり始める。
【優樹菜】 ののしりを受け、瞳のハートマークが大きくなる中、教団に着くと胸を張るように突き出される。
【優樹菜】 その体制に胸の奥が疼くと、男子生徒の声が聞こえて
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……えへ、へへへ……♪オッパイ……オッパイ、沢山いじってくらはいぃ……♪みんなの目に嫌でも止まる、淫乱オッパイ……ムギュムギュしてえぇぇ♪」
【優樹菜】 優樹菜「はうぅぅぅぅぅぅぅううぅ!ぅあ、あぁぁ……♪」そして、乳肉とチクビのダブル攻め。背中を自ら反らし、更に絶頂すると左右の先端からミルクを滲ませて
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト達】「んじゃ、お望みどおりに♪」「ん?なんか、溢れてきたぞ?母乳・・・か?」「あ、私しってるー♪それ、妊娠じゃなくて、そういう体質なんだってぇ~♪ほんとえろいよねぇ///」
【GM 】 ぎゅうう!!っと握りつぶすように優樹菜のメートルおっぱいを搾り上げ、乳首をいじる動きがくにくにっ♪っと転がすようになり、どんどんその先端を揉み解す。
【GM 】 時折先端をかりかり!っと爪を立てて引っかき、乳房の根元から先端に向けてぬずりゅぷん!っと搾る動きで責め立てる。
【GM 】 とても高校生のテクではないが、もはやソレを気に留める人間もおらず、クラス全員が優樹菜の噴乳アクメを見ようと興奮していた。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぉっ!おおおぉぉぉんん!ふぁ、あ!なにこれ、ひひぃぃぃ!なにこれなにこれなにこれぇぇぇぇぇぇ……!しゅご、い!おっぱいしゅごひひぃぃぃx!イグ!いぐぅっゥゥゥゥっぅぅぅ!!」
【優樹菜】 男子高校生のテクニックに乳房はいとも簡単に陥落し、一秒と立たす射乳アクメを迎える。
【優樹菜】 噴水のように飛び散るミルクは教室中を舞い、周囲の生徒達を汚しては甘い香りを漂わせる
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト】「うわ!?ここまでくんのか!?」「さ、最っ低っ!こっちにまで飛ばしてるなじゃないわよ!」「うわぁ、ぐっちょり・・・どうすんだこれ」
【GM 】 レオタード越しにもかかわらず、教壇からかなりの範囲に撒き散らされた優樹菜の母乳。
【GM 】 授業のノートや教科書が汚れ、制服を汚す生徒まで現れ非難轟々だ。
【GM 】 もちろんその中心地の教壇などビチャビチャになり、足元はぬるっとすべるほどだった。
【GM 】 だが、男子生徒は責め手を緩めず・・・それどころか、絶頂直後の敏感な乳房を、乳首を、先ほどより更に強く激しく乱暴に責めた。
【GM 】 ばちゅん!にゅる!じゅぶ!ぶりゅるるん!
【GM 】 予鈴が鳴るまで左右の乳房がぱちゅぷちゅぶつかるほどの乱暴さでミルクを搾りきる勢いで、しぼりつづけた・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぁぁぁぁぁぁあぁぁぁ♪イイッ、いいぃぃぃっぃぃ♪もっと、もっとオッパイ搾ってぇぇ♪先っぽ、乳首気持ち良い……いいいいぃ♪」
【優樹菜】 乳首を弄られ、背筋を反らせながらイキ狂う優樹菜。もはや周囲のことなど考えず、射乳絶頂の快感を貪り尽すよう声を荒げていき
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト】「あっちゃぁ、、、やりすぎた。淫乱モード突入だ。」「こうなると、授業どころじゃねぇな?どうする?」「適当に縛っておくか・・・と、濡れたヤツは後で水泳部のシャワー使えよ。俺が許可とっとくからよ!」
【GM 】 すっかり噴乳アクメの虜になった優樹菜を間に挟み、二人は会話を進めていく。
【GM 】 その間も、ぎゅうぎゅう!ぶにゅ!ギリギギリ!つぷん!ぷしゅぅう!っと限界ギリギリまで優樹菜の乳房を搾り続ける男子達。
【GM 】 最後は教壇横の窓際、優樹菜の腕をカーテンで頭の上に縛り、胸を突き出す姿勢にさせ放置すると授業の準備に入る・・・
【教師】「……優樹菜さんは、そこで立っておくように。掃除は授業後、補修をうけてもらいますよ。」とっくに予鈴がなり、待ちぼうけをしていた女性教師が鋭い視線で睨みつけると、アヘアへ喚く優樹菜を放置して授業を始めた。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ははは……ぁ、ぁぁぁ……んんっ、ふぅん……♪ふぁぁ……」
【優樹菜】 授業ギリギリまで射乳絶頂をキメさせられ、胸を突き出したまま気の抜けた声を響かせる。
【優樹菜】 左右の乳頭からは相変わらずミルクが滲み、その甘い香りを周囲に漂よわせていた。それは授業が始まってからでも変わらず、だらしなく舌を垂らしたままポタ……ポタ……と白い蜜を滴らせる
【優樹菜】 ▽
【GM 】 母乳によってインナーのない極薄レオタードは透け、その肌色とピンクをうっすら覗かせる。
【GM 】 甘い匂いと、悩ましげな声をBGMに授業を受ける生徒は時折侮蔑の視線をぶつけ、優樹菜に情欲の熱をくべ続けた・・・
【GM 】 優樹菜の長い長い学園奉仕は、まだ始まったばかりだ・・・
【GM 】  
【GM 】 さらし者になったまま、4時限目が終わり・・・昼休みに入る。
【女性教師】「っ優樹菜さん///・・・貴女はしっかりと掃除してから、休憩に入るようにしなさい。」
【GM 】 あまりの恥ずかしい格好に頬を染めてしまう教師が、優樹菜の腕を縛り上げていたカーテンを解く。
【GM 】 見れば数人の生徒…優樹菜の母乳を浴びた生徒はシャワーを浴びにいったのかすでに教室を出ている。
【GM 】 優樹菜も急いで掃除を終えないと食事の時間がなくなってしまいそうだ。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あう……うぅぅ……♪」縄が解かれ、這いつくばるように倒れ込む。
【優樹菜】 四肢に力が入らないのか、立ち上がることもできずに時間が過ぎていく。自分が取れそうな栄養分は垂れ落ちたミルクのみ。
【優樹菜】 床に溜まった母乳に舌を這わせ、犬のようにぺろぺろ舐めて
【優樹菜】 ▽
【クラスメイト】「げぇ、ばっちぃ・・・舐めてお掃除かよ♪」「っ、ほんとやめてよね!食欲なくなるんですけど!」「ったく、しょうがねぇなぁ・・・学食つれてくぞオイ!」
【GM 】 ぺろぺろぴちゃぴちゃ、四つん這いで床を舐め掃除する優樹菜に、教室内の空気が更に悪意に満ちる。
【GM 】 学食にいこうとしていた生徒が視線を受け・・・仕方なく優樹菜を教室から連れ出し、校舎を出る。
【GM 】 その際、使われるのは首輪とセットになっていたリード・・・付けられている間は、首輪のスイッチが入りアナルプラグが微かな振動を発生させる発情リードだ。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……あ、あぁぁ♪ワン……ワンワン♪わ……おぉおぉぉぉぉぉぉ……!」首輪を繋がれ、眼をハートにしながら理性をかなぐり捨ててしまった様子。
【優樹菜】 いやらしくも犬の物真似をしながら、相手の膝へとすり寄る。アナルを震わせられる刺激に全身を震わせ、腰をくねらせる。
【優樹菜】 教室の悪意すらも快楽に変換し、早速絶頂すると割れ目からプシャ!と潮をまき散らして
【優樹菜】 ▽
【GM 】 媚を売る優樹菜をいやらしい目で見下ろしながらゆっくりとリードを引いて潮吹き跡を残していく。
【学生達】「うわっ!?・・・あ、あぁ痴女の・・・」「今日は犬かぁ、学食にいくのか?」「うっわ、えろ!胸もマンコもすけすけ!」「何であんなのがまだ学園に・・・早く辞めればいいのに!」
【GM 】 すれ違う生徒達もクラスメイトのように見下し、侮蔑し、いやらしい目でじろじろみてくる・・・
【GM 】 ソレは勿論学食についてからも同様で・・・人が多い分、視線が痛いくらいに集まるのが分かるだろう。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……ぁぁ、あ!あぁん♪皆……ふぁぁ♪もっと、もっとおぉぉぉ……♪」
【優樹菜】 周囲から降りかかる悪意に、ブルッと身を震わせる。だらしなく涎を垂らしながら、誘うようにお尻を左右に振る。
【優樹菜】 ムッチリした尻肉が揺れる度、甘い匂いを周囲にまき散らす。その雌の香りは周囲に更なる不快感を催すだろうか、それとも……
【優樹菜】 秘部もまた延々と愛液を垂れ流してあり、廊下に水溜りをつくっていった。
【優樹菜】 食堂にたどり着けば、より多くの視線を体に受ける。ゾクゾクゾク!背筋を快楽が走り抜け、ついに動けなくなったのかガクリと両腕を折ってしまい
【優樹菜】 ▽
【GM 】 とうとう崩れ落ちた優樹菜を、リードを引いていた男子生徒が抱え上げ、学食の奥へ運ぶ。
【GM 】 そこは、学食全体から見渡せ・・・さらに、窓際なので校庭からも丸見えの大きめのテーブル。
【GM 】 優樹菜のリードをテーブルの脚に結びつけると、マジックですっかり濡れ透けになったレオタードに落書きしていく。
【GM 】 <雌犬痴女-優樹菜><お昼のざーめんごっくんサービス中♪><たくさんぶっかけて、スッキリしてくださいv>
【GM 】 胸に、お尻に、お腹にでかでかと書かれた落書きは「奉仕活動」の一環として認められている行為。
【GM 】 お昼休みは残り40分・・・学食にいる男子数十人の視線と性欲が優樹菜一人にぶつけられる時間だ。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ワンッ!ワンワン……わうぅぅん♪わふっ、わおぉぉん♪」
【優樹菜】 リードで繋がれ、落書きをされる体。道具として、人間以下の存在として扱われる悦びを体にしみこませていく。
【優樹菜】 犬の鳴きまねをし、デカデカとしたお尻を突き出しながら腰をくねり回す。
【優樹菜】 周囲の視線を受け、雄が寄ってくるよう甘い発情臭と声色で誘って
【優樹菜】 ▽
【生徒達】「え?マジでいいの?ラッキー!」「っ、見られながらって、恥ずかしいけど・・・優樹菜ちゃんほどじゃないよね///」「まぁ、それが気持ち良いらしいけどな?」
【GM 】 ぽろん、びぃん!びんっ! 早速集まってきた男子が優樹菜へ肉棒を差し出す。
【GM 】 立派なモノから、皮被り、すでに射精しそうなモノまで・・・優樹菜の周囲だけは学食の料理の匂いより優樹菜の雌臭と雄臭い香りが充満していく。
【GM 】 そして、一番乗りの生徒が優樹菜の口へ肉棒を押し付けたーーー
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……あ!あぁぁ……あぁぁぁぁ♪チン……ポぉ……♪おちんちん、来たあぁぁ……♪臭い、良い……ワンッ♪」
【優樹菜】 目お前にズラリと並ぶ、形も大きさも様々な性器。それらを目にすると、たちまち母乳を飛ばしながら絶頂してしまう。
【優樹菜】 雄の臭いを嗅ぎ、それだけで潮を吹いてしまうとぐったり崩れ落ちてしまった。
【優樹菜】 仰向けに寝転ぶよう体制を変えると、それこそ犬の”ちんちん”のような体制を取る。おおっぴろげに股を開き、左右の手で肉棒を掴む。
【優樹菜】 優樹菜「くぅ……うぅん♪いただきまぁす……わん!」
【優樹菜】 そして、目の前に突き出された肉棒をまるでお昼ご飯、と言わんばかりの勢いでくわえ、その味と先走りと舌で堪能し始める
【優樹菜】 ▽
【生徒達】「おうっ♪たーっぷりしゃぶってくれよな!」「うわぁ・・・嬉しそうにオチンポ頬張ってる、ほんとに、変態なんだなぁ////」「むぐ!え、エロすぎ!直ぐ出る!!んぐぐぐ!!」
【GM 】 どびゅ!びゅるる!ぷちゅう!!
【GM 】 さっそく、我慢ギリギリだった男子が射精する・・・優樹菜の口に突っ込んだ肉棒からたっぷり吐き出されたザーメンが口内を跳ね回り、ぐじゅじゅぐっと音を立てる。
【GM 】 あまりの速さに周囲は笑い、その男子も顔を真っ赤にするが・・・優樹菜の胸や尻をなでまわすことでその気恥ずかしさを誤魔化した。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んむ……んむ、むむぅ……ん♪わふっ♪んん、むぅぅぅ……♪」
【優樹菜】 早速男子が射精すると、その苦い味を舌先でじっくり転がす。再び四つん這いになるとその男子によりかかり、丹念なフェラ奉仕を行い始めた。
【優樹菜】 相手が出したというのに構わず顔を激しく動かし、裏筋やカリ首、根元まで優しく舌を絡ませる。
【優樹菜】 元から淫乱だからこそなのか、性を知って間もないというのに卓越した舌技で男子の精を搾り取ろうとする。
【優樹菜】 その間にも他の肉棒に目移りし、チラッチラッと流し目で周囲をみやる
【優樹菜】 ▽
【男子】「んぐううう!?優樹菜ちゃ、、ちょ、まっ!?」射精直後の肉棒にしゃぶりつき、尿道に残ったザーメンすら吸い出されてガクガク腰を振るわせる・・・その手はぎゅうっと優樹菜の胸を握り締めびゅっびゅ!っと母乳を搾るが・・・それ以上に優樹菜の口マンコに搾り取られている。
【GM 】 やがて、そのまま2度目、3度目の射精で完全に精液を吸い取られると・・・ふらふらしながらも満足げな顔で離れる。
【GM 】 優樹菜を囲む男子達はその間、あまりの痴態に一気に肉棒を滾らせ・・・四つん這いの優樹菜へ肉棒を押し付け出した。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んふっ……むっ、むぅぅ♪んん……むぅぅぅぅぅぅ……!ふぁ、あぁぁ……せーえき、美味しい、ワン……♪もっと、もっとご飯精子、くらはいぃ♪」
【優樹菜】 二度、サンドの射精を飲み干し、むせかえる臭いと舌が痛くなりそうに酸っぱい精の味に頭が更に桃色へと染まる。
【優樹菜】 相手が離れると舌先を垂らしながら口を開き、しっかり飲んだことを周囲にアピールする。
【優樹菜】 直後、押し寄せる肉棒の群れ。まだまだご飯はいっぱい残っている。
【優樹菜】 身近な肉棒に狙いを定めると、パクッ♪根元まで一気にしゃぶりついて
【優樹菜】 ▽
【GM 】 あまりの痴態に、周囲は沸き立ち優樹菜の望みにこたえようとまた一人、二人とその口マンコへ肉棒を突っ込む。
【GM 】 胸にもお知りにも、手コキも含めて2桁のオチンポが優樹菜にこすりつけられ、先走りローションがにゅるにゅるとレオタードと肌を汚していく。
【生徒】「うぅ!出る!優樹菜ちゃん!全部・・・飲んでよ!」「うぐ!俺も!キンタマからっぽになるまで、出すぜ!!」
【GM 】 びゅるるる!びゅっvどろぉ・・・どぷっ♪
【GM 】 生徒達は次々果て、すぐにお代わりがやって来る・・・それでも間に合わない早漏君は、ぶびゅ!っと優樹菜の身体や顔にざーめんをぶっかけてしまうほどに。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……!あ……あぁぁ……♪オチンポたくしゃん、ぅ……♪もっと、もっとゴクゴクさせてぇ……ワン♪」
【優樹菜】 すっかり犬真似が気に入ったのか、蕩けた声で鳴き真似をしながら肉棒を加える。
【優樹菜】 全身に精液が降りかかる中、雄の臭いで発情を促されながら際限なく欲望を高めていく。今となっては、精こそが最高のご馳走。
【優樹菜】 白濁化粧に身を包み、尽きぬことのないお代わりに股間を疼かせながら次々と加えこんでいく。
【優樹菜】 この短時間で幾人もの肉棒を何度も絶頂に導き、その舌使いのレベルもどんどん上がっていって
【優樹菜】 ▽
【生徒達】「なぁなぁ、優樹菜ちゃん、、、こっちのお口にはザーメンごくごくしちゃだめなのか?」「いくらフェラテクあってもよ、穴一つじゃ流石に昼休み終わっちまうよ、な?な?」「てか、準備バッチリじゃん!いいだろ?いいよな!」
【GM 】 すっかり出来上がった優樹菜に、男達は一気に迫り、、、返事も待たずにレオタードをずらしクチクチむにゅり、そのおまんこを指でいじって焦らす。
【GM 】 実際にどんどん集まるおちんぽ全部を満足させるには時間が足りない・・・
【GM 】 だからこそ、男子は焦っているのだ・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んん……む、むむぅ……はんっ、うぅ♪はふぅ♪わん……くうぅぅぅん♪ん……んんぅぅぅ!」
【優樹菜】 貪欲に肉棒をしゃぶり尽していく中、股間に刺激が走る。常に湿っているような、牝臭がムワッと立ち上る鮮やかな秘貝。
【優樹菜】 それを優しくなぞられ、背筋を反らしながらピュッ、ピュッと潮を男子生徒にかけてしまう。
【優樹菜】 ホカホカ、ポタポタ。その割れ目は、早く挿れてくださいと言わんばかりに誘って
【優樹菜】 ▽
【生徒達】「うわ!潮吹いた・・・へへっ、OKってわけだな?んじゃ・・・んぐぉっ♪おぉ・・・///すっげすっげ、♪」「お、おい!次おれだぞ!」「あー、口マンコ最高だけど・・・マンコもヤりてぇ!」
【GM 】 口と膣、同時に肉棒を咥えこむ優樹菜に男子は容赦なく腰を振る。
【GM 】 口マンコに搾られるようにびゅるるう!っと射精する生徒がれば
【GM 】 痴漢レイプで開発された乱交マンコに容赦ない種付けを行う生徒もいる。
【GM 】 時には同時に射精されることもあり、ハイペースに優樹菜の体へ精液が注がれていった・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……も、もう……んっ♪我慢できにゃ、い♪ワン……クゥゥゥゥン……!」
【優樹菜】 二本、三本と次々ペニスを咥えては精を搾り取っていく。校内に広がる雄の味に脳の回路を焼き切られながら、抑えきれない欲望がとうとう爆発する。
【優樹菜】 口内の射精と同時に口を離し、適当な男子生徒を押し倒す。馬乗りとなった勢いのまま、自ら秘部へと剛直を挿入すると背筋を反らせる。
【優樹菜】 優樹菜「わほ……!お、おぉぉぉぉっぉ!おおぉ……あ、あぁぁぁぁ♪オマンコ、アソコ気持ちいぃ……オチンポ最高ぉ……♪」
【優樹菜】 そして、左右それぞれの手が肉棒を掴むと扱き、直ぐ様口で新たな肉棒を加えこんで
【優樹菜】 ▽
【GM 】 2穴奉仕で優樹菜を囲む男子の数がかなり減ってきた・・・昼休みも後数分というところで、一人の男子がヒソヒソ話し出す。
【男子】「なぁ、そろそろ時間だし・・・最後に派手にやろうぜ?…ぶっかけ口とマンコにザーメンシャワーをよ♪」
【GM 】 タップリザーメンを注がれて、溢れそうなまんこを指で広げさせ、口も思い切り開かせる・・・
【GM 】 その上で、残った全員が一斉にその2穴にむかってぶっかけるという・・・便器扱いの提案。
【GM 】 徐々にそのシーンを想像した男子達が協力し合い、射精のタイミングを合わせようと優樹菜から離れていく・・・
【男子】「さっ、優樹菜ちゃんも思いっきりまんこひろげてみせてくれよ・・・終わったら、水泳部のシャワーつかっていいからよ?」
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……あ、あぁぁぁぁ……ワンッ♪皆さんのザーメンシャワー……嬉しいです、ワンワン♪」
【優樹菜】 男子達の話を聞き、自らも姿勢を整える。大っぴらに精液漏れの割れ目を開き、ペットさながらの笑顔で声を響かせる。
【優樹菜】 息を荒くしながら、ズラリと並んだ肉棒に興奮し、精を懸けられると今にも絶頂しそうな勢いである
【優樹菜】 ▽
【GM 】 優樹菜の鳴きまねを合図に、その口へ、マンコへびしゃばしゃ!ぶゆるるる!!大量の射精がぶちまけられる!
【GM 】 直に犯され、しゃぶるよりは肉体的な快楽は少ないだろう・・・だが、その射精の量は数倍で、あっという間に溢れかえる。
【GM 】 さらに、便器扱い、囲まれての射精シャワー、射精の為に間ができたことで周囲からの視線を感じる。
【GM 】 それら複合的な要素が、先ほどまでの数倍の快楽を優樹菜に叩き込むのだ・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「むぅ……ん!んぅぅぅぅうぅぅぅぅ……!ふぁ、ぁぁぁ……♪せーし、一杯いぃ……♪さい、こう……!」
【優樹菜】 四方八方から浴びせられる精液シャワー。恍惚としたトロ顔で全身に受けると、背筋を反らせながら絶頂する。
【優樹菜】 その臭いと熱さが脳を犯し、精子一匹一匹が肌を侵食するような感覚に襲われる。
【優樹菜】 足の指先から頭の先まで性感帯を開発されていき、淫乱な体に拍車がかかっていく。
【優樹菜】 ▽
【生徒達】「うっわ?!マジでザーメン浴びてイッちゃってる♪」「あーあーあーあーー・・・だらしないアヘ顔晒して・・・写メっとこ♪」「んじゃ、そろそろ教室もどるかー、明日も食堂きてくれよなぁ?変態優樹菜ちゃん♪」
【GM 】 学食のど真ん中で完全にイキ果て。。。恍惚の表情で震える優樹菜に予鈴をきいて男子達が退出する・・・
【GM 】 たっぷりとざーめんをうけとめ「お腹一杯」になった優樹菜も余韻がおさるまでそのまま放置され大幅に遅刻しつつ午後の授業を受けることができ・・・なんとか今日の奉仕活動を終えることが出来た。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あ……ぁ、ぁぁぁ……あ、頭がくらくら……する♪」
【優樹菜】 奉仕活動を終え、ようやく理性が戻ってきても体に染みついた精の臭いは落ちない。
【優樹菜】 瞳の奥にハート印を浮かべたまま、蕩け顔で呟く。戻って来た理性は、ほんの一押しで崩れ去りそうな代物。
【優樹菜】 既に悪意に対する辛さも悲しみもなくなりつつあり、内股で帰宅の準備をする
【優樹菜】 ▽
【GM 】 では、帰宅しようとしていると・・・視界の端に部活へ向かう生徒が写ります・・・そのグループを見たとき優樹菜に気がつくことがありました
【GM 】 今日、奉仕活動をしている中で見つけた共通点…特に優樹菜を虐めた人間は水泳部員が多かったのだ。
【GM 】 一日かけての奉仕活動に火照る身体をひきずって、この共通項を調べるべきか・・・それとも、今日は帰宅するか・・・
【GM 】 ☆危険な予感:目標値10:PCは「知力」で一般判定。失敗すると下記の軍団施設を使用される。
【GM 】 ☆スレッド名「キリバンゲットで書き込みが実現するスレ」:不可視の茨相当(戦術):1シナリオに2回まで、PC一人のあらゆる判定の結果を-5する。攻撃判定や対抗判定で自身の結果後でも有効。 解説:スレ住民の淫らな書き込みがヒロインへ無意識に作用するスレ。
【GM 】 ▽
【GM 】 知力判定どうぞー♪
【優樹菜】 淫乱症なので……知力はゼロで!(震え声)
【優樹菜】 2d6
【Dice】 b01_yukina -> 2D6 = [5,2] = 7
【優樹菜】 失敗……!
【GM 】 残念!では危険と知りつつ・・・対策もなく、火照ったままで向かう事になった♪
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……あぅ……わ、ワン……♪」
【優樹菜】 水泳部の様子を見ると危険を感じ、同時に体が火照る。くすぶる正義感に身を任せ、部へと向かうも秘部はキュンキュン疼いてしまう。
【優樹菜】 虐めっこ達に、また更なる仕打ちを受けるのだろう。そう思うと、どうしようもなく体が火照ってしまう。
【優樹菜】 そんな卑しい期待を胸に秘めながら、内股歩きで進んで行く
【優樹菜】 ▽
【GM 】 彼らを追い、プールへと向かうのだが、、、一人の水泳部員に止められる。
【水泳部員】「優樹菜さんだっけ?ちょっと待ってくれるかな?…いや、来てくれるのは大歓迎だけどさ?///」
【水泳部員】「プールは水着以外原則禁止。レオタードもダメだよ優樹菜さん。用があるなら水着、貸そうか?」
【GM 】 このプールに何かある…ソレを調べる為に、差し出された水着に着替えるしかないのだが…
【GM 】 上は乳首に食い込む細い紐と乳輪どころか乳首ギリギリのハート布、下にいたってはクリトリスの場所を教えるだけ。
【GM 】 優樹菜は裸より恥ずかしい、セックスアピールのハート型のマイクロビキニへ着替えるハメになった。
【GM 】 ▽(RPどうぞ~♪その後、戦闘開始します!
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……あ、あぁぁぁぁ……!わ、分かった……きがえ、着替える……ワン……♪」
【優樹菜】 マイクロビキニを身に着け、左右の乳首はそのハート印を押し上げる。左右の突起がビンビンに勃起した状態の水着は、男子が見れば卒倒モノとなるであろう。
【優樹菜】 そんな水着を渡されたことに心の奥底で感謝しつつ、表情がさらにだらしなくなり、涎を口元から垂らしてしまう。
【優樹菜】 クリトリスもまた、小さな山形を作り、紐がぷっくら膨らんだモリマンと尻の割れ目に食い込んでしまっていた。
【優樹菜】 ▽
【水泳部員】「あははは!本当に淫乱なんだね?そんな水着で悦ぶなんて・・・歓迎するよ♪」
【GM 】 優樹菜の様子に、笑う部員は手を引いて案内する・・・屋内である以外はいたって普通の25mプール。
【GM 】 プールサイドには柔軟をしている部員がおり、泳いでいる様子も至って普通・・・なのだが、あるコースだけ誰も泳いでいないのだ。
【GM 】 優樹菜は、手を引かれるまま・・・そのコースへ案内され・・・
【GM 】 ずるり!っと何かに足を引かれた。
【GM 】  
【GM 】  
【GM 】 [『SS』触手プール(ルーク/IV4)]VS[優樹菜]  行動順は触手プール>優樹菜だね!
【GM 】 ターン更新でMP回復&開幕! 開幕はとばして、触手の行動だ!
【GM 】 ☆奇襲ルール!:《翼》《潜行》《瘴気の化身》持ち:エネミーの【運動】or【魔力】の出目とPCの【知力】で対抗判定。失敗すると開幕前に追加ターンが発生。
【GM 】 2d6+8 奇襲/知力抵抗《常:潜行》《常:瘴気の化身》(MP2) 知力で上回らないと奇襲だーーw
【Dice】 bako_GM -> 2D6+8 = [1,2]+8 = 11
【優樹菜】 2d6
【Dice】 b01_yukina -> 2D6 = [4,3] = 7
【GM 】 ふふーん!
【優樹菜】 勝てるわけがない!
【GM 】 では、奇襲ターンと本来のターンで2回攻撃するぞーw
【GM 】 3d6+8 [氷]魔法/単体 《直:ガッツ:3》《能:ブリザードウェイブ:3》 奇襲!
【Dice】 bako_GM -> 3D6+8 = [4,1,4]+8 = 17
【GM 】 3d6+8 [氷]魔法/単体 《直:ガッツ:3》《能:ブリザードウェイブ:3》 攻撃!
【Dice】 bako_GM -> 3D6+8 = [1,2,2]+8 = 13
【GM 】 わぁw
【GM 】 どっちも水着!でHPだw
【GM 】 17点と13点 受動とアクトどうぞーーw
【優樹菜】 むぐぐぐぐ ガーディング二回!一回目にCP3使い、二回目に二点使います!
【GM 】 らじゃー!
【優樹菜】 拘束はもう解かれていますか?
【GM 】 拘束は無いよ!
【優樹菜】 了解です!
【優樹菜】 3d6+2
【Dice】 b01_yukina -> 3D6+2 = [5,6,3]+2 = 16
【GM 】 うぐお!
【優樹菜】 2d6+2
【Dice】 b01_yukina -> 2D6+2 = [5,1]+2 = 8
【優樹菜】 六点、HPダメージ!
【GM 】 せっかくの茨がーー!
【GM 】 とどめにならなかったか!くやちい!
【GM 】 では、アクトと反撃かもーん!
【GM 】 あ、時間の都合で・・・戦闘後まとめてえろーるでいいかな!
【優樹菜】 アクトは<期待してしまう心><自慰><強制絶頂>で!
【優樹菜】 了解ですっ
【GM 】 全部きたか!!
【GM 】 ではーー
【GM 】 ☆調教刻印<淫乱痴女&全身性感帯>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで6を出さないと「BS【催淫】付与/強制絶頂の判定に-8ペナルティ」する。
【GM 】 です♪
【GM 】 CP+2で 淫乱痴女と全身性感帯 もしくは片方への抵抗があればどうぞー♪
【優樹菜】 むむむ!ではでは、とりあえず二点消費ででダイスロールします!
【GM 】 催淫と-8 どっちに抵抗か分かるように判定どぞ!!
【優樹菜】 崔淫抵抗で……
【優樹菜】 2d6
【Dice】 b01_yukina -> 2D6 = [3,4] = 7
【GM 】 残念!!
【GM 】 -8はと押すのかな?w
【GM 】 と押す=通す!
【優樹菜】 ひいぃ……!通して、絶頂敗北といきましょう((
【GM 】 あはぁw では、判定どうぞw
【GM 】 66でないかぎり致命表じゃ!
【優樹菜】 1d6+5
【Dice】 b01_yukina -> 1D6+5 = [4]+5 = 9
【優樹菜】 ミスです;
【GM 】 アクト関係の判定にBSはのらないからねw まぁ。。。調教刻印で-8されてるんで クリティカル以外目はない=4が出た時点で終わり!
【GM 】 なので、HPダメージ5点だよーー!
【GM 】 HP0で致命表・・・淫乱症で1d6+3+2かなw
【優樹菜】 ではでは、体力で……6-8の-2でいきますっ
【GM 】 うむ!ではダイスロールどうぞw
【優樹菜】 2d6-2
【Dice】 b01_yukina -> 2D6-2 = [4,2]-2 = 4
【GM 】 抵抗する間もなく、イカされたようだね・・・w
【優樹菜】 ははぁ///
【GM 】 では~ 1d6+5で致命表どーぞ!!
【優樹菜】 1d6+5
【Dice】 b01_yukina -> 1D6+5 = [1]+5 = 6
【GM 】 わおw
【GM 】 最小値引いたーー!運の良い・・・
【GM 】 力尽きた全身が瘴気に嬲られ、性感帯を開発される。
【SP】+2され、行動不能になる。
【GM 】 更に!
【GM 】 ☆敗北ヒロインを更に&徹底的に貶めるスレ:調教室&責め具一式相当(捕縛):[▼] 敗北したPCのSP+4。解説:敗北ヒロイン対しての責めが書き込まれるスレ。
【GM 】 軍団からプレゼントーw
【優樹菜】 どんどん淫乱になっていく~♪
【GM 】 ではでは、全滅表は1d6+3でどうぞ!
【優樹菜】 1d6+3
【Dice】 b01_yukina -> 1D6+3 = [4]+3 = 7
【GM 】 別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。
【SP】+2する。
【GM 】 好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【GM 】 好きな能力で10の判定に失敗すると[淫乱症]になる。
【GM 】 どうやら触手プールに数日間通いつめる事になりそうだねw
【優樹菜】 どちらも体力で!
【GM 】 あ、淫乱症は重複ナシなので判定いらずだよ!
【GM 】 [トラウマ]…【体力】【運動】【知力】【魔力】-1。副能力値にも影響する(【HP】-3、【MP】-1、【IV】-2)。ゲーム開始時に追加のCP3点を得る。[トラウマ]でトラウマの判定に失敗するとSP+5される。シナリオ終了時に解除されない。
【GM 】 トラウマ判定に失敗するとSP+5されるので 体力で目標値12 どうぞw
【優樹菜】 いや、触手プールに取り込まれて快楽地獄に((( ではでは、判定逝きますっ!
【GM 】 妊娠でもいいけどね・・・w
【優樹菜】 2d6+6
【Dice】 b01_yukina -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
【GM 】 あらあ・・・w
【優樹菜】 ……トラウマでSP5もらいます(震え声)
【GM 】 妊娠を受けると能力-1とCP3 トラウマを受けるとSP5だ!
【GM 】 らっじゃw
【GM 】 では、SP+5どうぞーー!
【GM 】 2+4+5で11もあがった・・・w
【GM 】 その様子を
【GM 】 ☆キャットファイトch:闘技場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「レベル」+2だけ侵略点を獲得する。(最高7点/[淫乱症][ロスト]時不可能)解説:捕獲したヒロイン同士を、己の自由を賭けて淫らに戦わせ配信するch。本格的なリングにベッドや博打の対象にもなっている。
【GM 】 ☆敗北ヒロインオークションch:奴隷市場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「名声」×2だけミアスマを獲得する。(ただし最低2点、最高10点)他の[●]効果と同時に使用できる。 解説:捕獲したヒロインが人気者の場合開催されるオークション。ヒロインと痴態を収めた動画をセットで競売にかけて売り渡す。
【GM 】 たっぷり部員にみられて、動画も転売されることでしょー!
【GM 】 先に、リザルトを出してしまいたいので・・・総獲得CP/SP/使用アクト数 宣言願う!
【優樹菜】 はうぅ……///
【優樹菜】 CP26 SP25 アクト数は10です!
【GM 】 ・・・しゅごい///
【GM 】  
【GM 】 PCリザルト:優樹菜
【GM 】 [経験点]基礎:20 + モンスター:10(10+0) + CP:26 + 戦略:2 + 装備効果:-10 = 48
【GM 】 [ミアスマ]基礎:8 + SP上昇分:12.5 = 20.5 [SP]25 [名声]0 [BS]トラウマ追加(SP+5)
【GM 】 [魔物刻印]ストリーミング・ショウ [人脈/任意]なし
【GM 】  
【GM 】 軍団リザルト(掟:法令&専売令)
【GM 】 [ミアスマ]基礎:12 + タッグ:0 + アクト:10 + 敗北:0 + 軍団施設:22+5+5+2 = 56
【GM 】 [侵略点]基礎:4 + アクト:5 + 勝利:1 + 軍団施設:2+4 = 16
【GM 】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵1体+再生用ミアスマ+0
【GM 】  
【GM 】 以上!!
【優樹菜】 了解です!
【GM 】  
【GM 】 せーっぶ!
【GM 】  
【水泳部員】「あははは!本当に淫乱なんだね?そんな水着で悦ぶなんて・・・歓迎するよ♪」
【GM 】優樹菜の様子に、笑う部員は手を引いて案内する・・・屋内である以外はいたって普通の25mプール。
【GM 】プールサイドには柔軟をしている部員がおり、泳いでいる様子も至って普通・・・なのだが、あるコースだけ誰も泳いでいないのだ。
【GM 】優樹菜は、手を引かれるまま・・・そのコースへ案内され・・・
【GM 】ずるり!っと何かに足を引かれた。
【GM 】 プールサイドに立つ優樹菜の脚に絡みつく水色の触手は、ぐいぐいと強い力でプールに引きずり込もうとしている。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「な、なんだよ……コイツ!は、離せ……よおぉ……」
【優樹菜】 足に絡みつく触手に気づかずにいたのか、引っ張られると尻餅をついてしまう。度重なる凌辱に足j腰の力は弱り切ってしまってあり、弱々しい声を響かせながらあっさりと引きずり込まれてしまい
【優樹菜】 ▽
【GM 】 うじゅるうじゅる・・・プールから湧き出した触手はあっという間に優樹菜を引き倒すと水中に引きずり込んでいく・・・
【GM 】 しかし、その光景に驚く水泳部員は誰一人おらず・・・それどころかしがみ付こうとする優樹菜の手をひきはがそうとしてくる。
【水泳部員】「いったでしょう?歓迎する・・・と、俺達は全員ソイツのお世話になってるんだ。優樹菜さんも、たっぷりお世話になるといいよ。」
【GM 】 ぐり!っと優樹菜を足蹴にしてプールに突き落とした男子部員はニヤニヤした笑みで沈む優樹菜を見送った・・・
【GM 】 水中に引き込んだ優樹菜を触手は体中に絡みつき、抵抗できないようにしてしまう。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あ……あ、あぁぁ!ちょ、ま……ひぃぃぃぃ!」
【優樹菜】 足蹴にされ、プールの中へ落とされた瞬間、多数の触手が体に巻き付いて来る。
【優樹菜】 引き締まったウエスト、程よい筋肉の二の腕にムッチリした太股……水色でうねるそれらを前に、体の方はドンドン昂っていき
【優樹菜】 優樹菜「あ……あぁぁ……私、何で……身動き取れなくされてるのに、なんでこんな……エッチな気分になっちまうんだよぉ……♪」
【優樹菜】 口をだらしなく開き、ねっとりした唾液を垂らし始める。目の前の存在に、美味しく食べてくださいと言わんばかりに腰をクネクネ動かして
【優樹菜】 ▽
【GM 】 触手はぎゅうっと優樹菜の柔らかな肉を締め付け、堪能するように肌を這いずり回る・・・
【GM 】 水色の表面がうっすら透けた透き通るような触手はひんやりと冷たく、這いずるだけで火照る優樹菜の肌を冷やし、ゾクリとした快感を押し付けるだろう・・・
【GM 】 更にどんどんプールサイドから引き剥がされる優樹菜は25mプールの中央にまで引きずられ、いまや顔だけが水面にある状態・・・水中に引きずり込まれた身体にはその分だけ大量の触手がはいずりまわっている。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ!あぁ……あぁん♪これえ、冷たい……はふ♪背筋、ゾクゾクって、ぇ……♪」
【優樹菜】 水色の触手が肌を這いまわる度、背筋を快感が走り抜ける。プールの中央、幸せそうなトロ顔を周囲に見せつけながら体をモジモジさせ、水中でいやっらしいダンスを披露している。
【優樹菜】 鼻の下を伸ばし、白目を向きかけていることから周囲にいは相当可愛がってもらっていることが良く伝わるだろう。
【優樹菜】 入ったばかりだというのに、仲睦まじい様子を見せていて
【優樹菜】 ▽
【水泳部員たち】「あーあー、もうあんなにとろけちゃって♪」「コレからが本番なのに・・・大丈夫か?」「ま、そんときゃそんときだろ・・・お、はじまるぞ!」
【GM 】 水面で淫らに喘ぐ優樹菜へ周囲から野次が飛ぶ、見下し、哀れみ、そして高ぶった雄の獣欲。
【GM 】 それらの視線で優樹菜を射すくめる中・・・触手も次の行動を起こす。
【GM 】 優樹菜の首をぎゅうっと触手が絞め、そのまま水中へ完全に没してしまう・・・
【GM 】 呼吸の出来ない優樹菜へ、容赦の無い愛撫を胸へ、尻へと施し・・・どんどん口から空気を吐き出させた。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……あ、あぁぁ♪見てる……皆、見てるうぅぅ……♪あっ、あぁ、あ!だ、だめ……私もう、見られただけで……はうぅぅぅ!」
【優樹菜】 だらしない顔を皆に見られ、早くも達しながら背中を反らせる。その直後、触手に首を絞められながら水中へと引きづり込まれていき。
【優樹菜】 優樹菜「はう、うぅぅ……んぐ……ぐるじ、ぁ……!いぃ……んん、ぐぅぅ……!」
【優樹菜】 虚空ができない苦しみに苛まれる中でも、体は触手の愛撫を感じ取っているらしい。ビクビク震えながら、空気を絞り出されていき
【優樹菜】 ▽
【GM 】 そろそろ窒息する・・・そんなタイミングで、一本の触手が苦しむ優樹菜の目の前に現れる。
【GM 】 水色の肉棒のように、亀頭があり、カリがあり、脈打つ血管があるその触手。
【GM 】 先端から漏れるのは先走りのカウパーではなく、ボコボコっと水面へと溢れていく「空気」だった。
【GM 】 ソレは、快楽を感じると瘴気混じりの空気を吐き出す専用の肉棒・・・呼吸する為にはその肉棒をしゃぶり、奉仕しなければならない。
【GM 】 そして瘴気がまじっているなど知らない女達は、スればスルほど体が高ぶり自分が淫乱なんだと錯覚してしまうだろう・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んん……ぐっ!んんむ、ん……んぅぅぅぅううぅ……!んむ、んんんぅ!」
【優樹菜】 窒息の直前、パックリ開いていた口に一本の触手が飛び込んでくる。その触手は先端から空気を発し、すがる思いでその空気を吸い込んでいく。
【優樹菜】 すると、体の奥がじんわりと火照り始めたではないか。その触手の形を舌先でしっかりなぞり、くすぐるように舐め始める。
【優樹菜】 そうすればするほど、心地良い空気と共にゾクリ、ゾクリと舌快感が背筋を貫いていって身をよじらせる
【優樹菜】 ▽
【GM 】 優樹菜がくすぐるように舐めると、ふぴゅぅ~っと亀頭から出る空気の量が増える。
【GM 】 しかし、その勢いは徐々に消えて聞き・・・ほんの5分ほどで、その程度の責めでは空気を吐き出さなくなった。
【GM 】 ソレなのに、身体を愛撫する触手はマイクロビキニでほとんど露出した尻肉をぐにぐに!っと強く揉み、無数の触手で胸を搾り上げるように巻きついていく・・・
【GM 】 人の手では味わえない「覆い尽し」「巻きつく」という責めで、高ぶる優樹菜の快楽を引き出し更に呼吸を加速させる。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んふぅぅぅぅ!んむっ、むうぅ!んん……んっ、ふぅぅ……♪んむっ、むぅぅぅぅ!」
【優樹菜】 吐き出された空気を思い切り吸い込み、股間の奥がジュン!と溢れる尻を揉まれ、触手に胸を巻きつかれ……人では味わえない全身の攻めを受けて淫乱モードへのスイッチが入っていく。
【優樹菜】 瞳の奥のハートが大きくなり、徐々に顔を激しく上下に動かし、触手に奉仕を始めると昼休憩のように激しいフェラテクを見せ始めて
【優樹菜】 ▽
【GM 】 いつの間にか首の拘束が解け、代わりに胸を縛り上げる触手が多くなっている・・・
【GM 】 そのお陰でじゅぼじゅぼと顔を激しく振る優樹菜のフェラが解禁され、水中で髪を振り乱しながら一心不乱に肉棒にしゃぶりつく事ができたのだろう・・・
【GM 】 ぼごぉ!ぶぷぅ!っと優樹菜が吸いきれないほどの大量の空気を吐き出す触手チンポは、自らも左右にゆれ、優樹菜の口内を満遍なく味わっていく。
【GM 】 だが、触手は吸い取られる空気以上に、優樹菜から呼気を吐き出させようと次の一手を打つ・
【GM 】 それは、丸い先端が柔毛ブラシの様になった触手・・・己の存在を知らしめるようにフェラ顔優樹菜の前を何度か往復した後・・・
【GM 】 ぺとっ・・・っと辛うじてハートの布地で隠れていた乳首とクリトリスに張り付き、きゅううう!!っと柔毛が優樹菜の性感突起3つを縛り上げていく。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んくっ……!むむぅ、ん!んんむぅぅぅ!んんと、む……ふぅ、うぅん♪(なんだよ、これぇ……♪しゃぶるの、良い……体、熱くなるぅぅぅ……♪もっと、もっと空気欲しいぃ……!)」
【優樹菜】 水中で一心不乱に激しいディープフェラを続け、胸を搾られる度に体を小刻みに震わせている。吸いきれない空気を鼻から出す中でも、交じっている瘴気は貪欲にとりこんでいった。
【優樹菜】 そんな中、自分の前を漂うブラシ触手。それを掴もうとした直後、それらは自分の弱点突起へと張り付いて……
【優樹菜】 優樹菜「んんんんんっ!ふふふふぅぅぅぅぅぅぅぅぅうぅうぅっぅぅ!!!(あぁぁぁぁ……♪チクビ♪チクビとくりちゃんぅぅぅ……!)」
【優樹菜】 背筋を反らして盛大に絶頂し、鼻から大量の空気を吐き出してしまう
【優樹菜】 ▽
【GM 】 絶頂しのけ反る優樹菜・・・そんな激しくあばれれば、、、ぷりゅん!っと口の中から肉棒が抜け落ちてしまうのも当たり前で・・・
【GM 】 一瞬で酸素の供給がなくなった優樹菜は、それでも愛撫をやめない縛り触手と、絶頂へ導いたブラシ触手の攻めをうけ、更に空気を吐き出すハメになる。
【GM 】 ゆらゆらと空気をはきだす肉棒触手はそんな優樹菜へ向かう事無く・・・むしろ徐々に優樹菜殻は慣れていこうとする・・・
【GM 】 もし逃がせばこのまま窒息してしまうーーーそんな未来が優樹菜によぎらせて。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「う”あ”ぁ”、あぁぁ!……がぁ!あぁあぁ!あ……ああぁぁぁぁあぁぁぁぁ……!」
【優樹菜】 触手が口から離れてしまい、水面に手を伸ばしながら三点突起の絶頂に身と心を浸らせる。
【優樹菜】 それでもこのプールから逃れられることはなく、両手をじたばたさせ、最後の足掻きを始めた。それが偶然にも落ちた触手に手が近づいていき、掴もうとする。
【優樹菜】 意識も朦朧とし始め、快楽と苦しみの中で板挟みとなってあり
【優樹菜】 ▽
【GM 】 酸欠で思考が鈍り、更に快楽で余裕も削られた優樹菜へ・・・その手の中の肉棒がビクビクと反応する
【GM 】 仕方ない、といった風にゆっくりと優樹菜の唇をむにゅっと割り開き、亀頭をもぐりこませた肉棒触手はーーー
【GM 】 ぶぴゅるるるるるるる!ぶぼぼぼぼ!
【GM 】 っと、酸欠優樹菜が最も欲した一呼吸を注ぎ込んでいく。
【GM 】 瀕死から、死にかけへと強制的に引き戻した触手は、その勢いのまま一気に喉奥までその肉棒を突っ込むと、喉を変形させるほどの強引なイマラチオで別種の苦しみと快楽を与えた。
【GM 】 並みの女性ならすでに失神するであろう強引なイマラチオも、ヒロインであり、淫乱の素養があり、十二分に瘴気を吸った優樹菜なら、喉マンコと読んでもいい3つ目の性器で快楽を見出せるはずだーーー
【GM 】 そうすりこむように、喉で直接しごき、肺へ空気を送る触手は水中ピストンを繰り返す
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んんっ!むむぅ、ん!ふぁ、あむ……んっ、んんんんん!ふぁ、あ、ちゅっ♪んんんんん!!」
【優樹菜】 空気を欲していたところ、不意に触手ペニスが喉を貫く。瘴気を吸いきった喉と体はその激しい挿入にも快楽を見い出してしまい、雷で貫かれるような快感を全身に伝えてしまう。
【優樹菜】 優樹菜「むむむ、ん♪ふぁぁ、んんふ、ん♪む……むうぅぅぅぅぅぅうぅぅぅ!!」
【優樹菜】 昼休み辺りからそうなりかけていたのであろう、触手によって喉はあっさりと開発されきってしまい、ヒロインとして致命的な淫乱さが浮き彫りになってしまった。
【優樹菜】 激しいイマラチオと送り続けられる空気に肺の中すら瘴気に侵食されていき、呼吸で感じてしまう体になりつつあってしまう
【優樹菜】 ▽
【GM 】 喉マンコで絶頂した優樹菜・・・その仕上がり具合に満足したのか 触手たちは拘束を解いていく。
【GM 】 戒めから開放された優樹菜は、ぷかりとそのアヘ顔を晒したままプールの中央に浮かび上がり・・・
【水泳部員】「お?もう仕上がったのか・・・優樹菜ちゃんだらしねぇなぁ♪」「けど、それだけお楽しみの時間も増えたことだし・・・イクとするか!」「いやぁ、触手様々だな!!へへへへ」
【GM 】 男子部員は唯一身につけていたパンツを脱ぐと、勃起した肉棒を見せ付けるように優樹菜を囲んでいく。
【GM 】 中央の水深はふかく、男子部員も胸辺りまで沈む・・・当然肉棒は水中で・・・優樹菜が、しゃぶるには、自ら水中に沈むしかない。
【GM 】 普通ならありえない、あんな苦しい思いをした直後、また同じ目に会うのに、肉棒を求めるなんて・・・
【GM 】 そう、普通ならーーー
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あ、あ……あぁぁ、あ……あ!チンポ……チンポおぉぉ……♪」
【優樹菜】 自分のだらしない顔を見られ、ゾクゾクゾク!と背筋を震わせる。それだけで小さく絶頂してしまった直後、脱ぎ捨てられたパンツを目にしてしまう。
【優樹菜】 口の奥から唾液がジュンと滲み、瞳をハートにしたまま迷うことなくプールへと飛び込む。性欲の虜となり、瘴気に侵食された心と体。
【優樹菜】 それはもはや、快感を貪ることを第一として考え、動いた。
【優樹菜】 そのまま、適当な男子生徒の肉棒を一気に加えこんで
【優樹菜】 ▽
【水泳部員】「うぇ!?な、なんだ!?ヘロヘロで動けないはずじゃ・・・ふぇおv」「そ、そのはずだよな?ってかふぐ!?なんだ。。。手?」「こ、こっちは口・・だっ!」「え、もしかして、優樹菜ちゃん、、我慢できなくて自分からオチンポしにいったってこと?…うっわぁエロっ」
【GM 】 男子の中心、いきなり水中に没した優樹菜に慌てた彼らは、、、それでもその行動の意図を察した瞬間に滾る。
【GM 】 今までは触手にすっかり吸い尽くされたような、人形の様な女子しか相手にできなかった・・・
【GM 】 だが、優樹菜は、この女・・・いや、雌は、触手に犯されてなお、男を求める、淫乱さをもっていると・・・
【GM 】 期待に高鳴る鼓動はそのまま優樹菜を囲む肉棒を勃起させ、水面下では十数本の肉棒がビクビク震えていた。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「(えへへ……チンポぉ……チンポ沢山、いっぱいいっぱいぃ……♪)はむっ♪」
【優樹菜】 ズラリと並ぶ剛直。その一本を直ぐに加えると、早速激しいストロークでバキュームフェラを始める。
【優樹菜】 空いている両手はもちろん空いている剛直を掴み、激しく扱いては男子生徒達へとご奉仕していく
【優樹菜】 ▽
【GM 】 じゅぼじゅぼvごぼぉ!
【GM 】 にちゅにちゅ・・・ぶぷぅっ
【GM 】 おいしそうに肉棒を頬張る優樹菜だが、彼らの肉棒からにじみ出るのは空気ではなくしょっぱいカウパーだけ・・・
【GM 】 にちゅにちゅ・・・ぶぷぅっ
【GM 】 おいしそうに肉棒を頬張る優樹菜だが、彼らの肉棒からにじみ出るのは空気ではなくしょっぱいカウパーだけ・・・
【GM 】 どんなに優樹菜が淫乱でも長時間の水中フェラなど続くわけも無く、時折水面から顔を出すしかない。
【水泳部員】「おv淫乱ちゃんおつかれ♪」「なぁなぁ、誰のおちんぽが美味しかった?」「俺だろ!でかさじゃまけねぇ!」「早漏だろうがよ!それより、胸、俺胸でシてくれよ!」「あ!ずっけー!んじゃ、俺マンコつかわせてよ!」「俺アナルがいいなぁ・・・優樹菜ちゃんって、イケるんだろ?噂で聞いたぜ?」
【GM 】 囲んだ肉棒の分だけ、顔を出した優樹菜へと好奇の視線・・・いや、好意といってもいい雰囲気で出迎える。
【GM 】 電車での苛烈な侮辱、教室での陰湿ないじめ、食堂での一方的な関係とも違う・・・「求められる」という状況。
【GM 】 むろん、これは正常ではない・・・触手によるレイプ集団としての常識破壊が、こんな空気を作っている、それは優樹菜にも理解できるだろう・・・
【GM 】 だが、それでも・・・誰かに求められるという甘露は、快楽と同じくらい、寂しい少女には効くのだ・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ぷは……っ!あぅ……やぁ、ん……♪」
【優樹菜】 肉棒をしゃぶり尽している最中、息が続かなくなれば当然に外へと顔を出す。そこで今の顔を見られては艶やかに笑いながら体をくねらせ、マイクロビキニ姿で男子生徒を誘惑する。
【優樹菜】 数多くの生徒から好意?の言葉を投げかけられると嬉しそうな甘い声を溢れさせ、またも水中へと潜っていった。
【優樹菜】 そして、今度は代わる代わる生徒たちの肉棒を咥え、舐め、しゃぶっていく。左右の手と口による奉仕を続け、胸奉仕は焦らすかのようにまだ行っていない様子だ。
【優樹菜】 優樹菜「(あぁ……私、淫乱でも良いんだ……♪)んん……はむ、んちゅ、んんむ……あむあむ♪」
【優樹菜】 自分が今、求められている。その事実が心に甘く広がっていき、異常な状況と自覚しつつも自分の淫乱を肯定的に取っていく。
【優樹菜】 するとどうだろう。タガが外れたように、奉仕にも熱を増していく。水面から顔を出すと一人の生徒の頬へキスをし。また潜る。そして、肉棒一本一本にキスをし、丁寧に舌を這わせながらみだらな行為を続けていく。
【優樹菜】 それはまるで人魚のように美しく、獣のように淫らであった
【優樹菜】 ▽
【GM 】 淫乱な優樹菜の、それでも可愛らしい愛情タップリの奉仕によって更に男子達はいきり立つ・・・
【GM 】 早漏とからかわれた男子はがし!っと優樹菜頭をつかんで水中イマラチオからの喉マンコ射精を果たし。
【GM 】 手でしごかれていた肉棒は直ぐにその口へ肉棒をつっこんでどぷどぷザーメンを放つ。
【GM 】 パイズリを要求した男子はお預けを喰らった形で不満げに優樹菜の巨乳をもみしだき、乳首を転がしてねだる。
【GM 】 それは、おちんぽにキスされて射精しそうになったセックスを求める男子も同じで・・・すでに尻も、マンコも、クリトリスも、じゅぽじゅぽじゃぼじゃぼ!男子達が水中で派手に弄繰り回している。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んぷ……♪ふぁ、あぁぁ……あ、あぁん♪これ、やばひ……せーえき、おいひいよぉ……♪んんん!もっと、もっと飲ませれぇ……♪」
【優樹菜】 丹念な奉仕を続けていれば、今度はお姫様のように全員から可愛がられる。口に出された精はゴクゴクと音を鳴らして飲み干し、目一杯口を開けて飲んだアピールをする。
【優樹菜】 優樹菜「ふむ……んんん!んむ、ふぁ、あぁん♪そんなに、慌てるな……よな♪ちゃんとひゅるかりゃぁぁ……♪」
【優樹菜】 そして、その口に肉棒を差し込まれれば激しい顔を動きと共に舌を絡ませる。上達した舌技は、舌全体を蛇のようにうねらせくねらせ、肉棒に絡ませる。
【優樹菜】 瘴気の力か、それともミアスマの力か。徐々に水中にいる時間が長くなっているようで、水中奉仕にハイル熱がどんどん大きくなっていった。
【優樹菜】 優樹菜「(あ、乳首……チクビやぁぁ……♪今からするから。まってくれよ……ぉ♪全身、もっと……もっと触って、ナデナデ可愛がってぇぇ……!)」
【優樹菜】 そのまま全身を刺激されればビクビク震えながら達し、全身がクリトリスのような性器であることを示して
【優樹菜】 ▽
【男子生徒たち】「ははははっ♪そんなにオチンポ美味しいの?」「ザーメン飲んでうっとりしてるもんなぁ?」「次、俺のザーメンっ・・・俺達に見えるように口に溜めて~とか、してくれる?」
【GM 】 優樹菜の口元に集まった男子達は徐々に嬉しそうになっていく優樹菜を可愛がるように褒め称え、ついでにリクエストも交えていく。
【男子生徒たち】「うっわ・・・胸すっげ・・・水中でぷかぷかふわふわ、乳首もこりこりv」「尻もむっちりで、もみごたえあるぞぉ!」「耳元で叫ぶな!まぁ、この吸い付くような肌さわりはさけびたくなるのわかるけどよぉ・・・」「てか、まんこいじってるからわかるけど・・・多分、肌なでられてもイってるぞ、優樹菜ちゃん」
【GM 】 まじかよ!と周囲をとりかんこんで優樹菜の身体をいじりまわし、楽しんでいた男子達が更に全身愛撫ニ熱を入れる。
【GM 】 徐々に水中奉仕の時間が長くなっている事など気づきもせず、えろいとほめれば素直になっていく優樹菜へ男子達は夢中になっていた。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「えへへ……えへへぇ♪んんっ!ふぁ、あぁん!プカプカふわふわぁ……♪ご主人様達のせーえき、美味しいぃ……♪」
【優樹菜】 その男子の精液を口に含むと水面へ顔を出し、アーン……と口を開く。校内の白濁を見せつけつつ、今度は水面に浮かべば自分の体を見せつける。
【優樹菜】 水に浮かぶような、浮袋の乳房はハートのマイクロビキニによって先端が隠されている。その赤い布地には山ができてあり、先端の突起が痛いくらいに勃起しているのが分かるだろう。
【優樹菜】 そして引き締まった腰から、豊かに育ったお尻、ふっくらした太股とキュッと締まった足首。両手を上げ、自分の体を見せるように製麺に浮かび、男子に全身愛撫を求める
【優樹菜】 ▽
【GM 】 仰向けで水面に浮かぶ優樹菜へ、男子達は手を伸ばす・・・ぐにゅぐにゅっとこぼれそうな胸を掴み、ハートの布地を押し上げるいやらしい乳首をシュコシュコしごきたてる。
【GM 】 くびれた腰へ支えるように手が伸ばされ脇腹をくすぐるように愛撫し
【GM 】 むっちりとしたお尻をぐにぐにもみしだきながら太ももを開くように男子達が手を添えていく。
【GM 】 両手を挙げ沈みそうになる優樹菜の身体を頭上から抱き上げるように支える男子は、至近距離で口内のザーメンを見せ付けられ、、、おいしそうに優樹菜が飲み下すのを興奮した面持ちで見守った。
【GM 】 水面近くに割り開かれたオマンコへ、一人の男子がちゅっvと口付けすると・・・じゅぷじゃぷ、れろれろvちゅるるる~~♪
【GM 】 舌を挿し込み膣口を舐り、更に溢れる愛液を吸い出して、時折クリトリスに吸い付く・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「はうぅ!うぁ……あ、あぁぁぁぁ♪イイ……いい。ぞ、ぉ……♪どこ触られても、気持ちいぃぃ……♪」
【優樹菜】 無数とも思える手の群れに愛撫され、息を荒くしながら表情をドンドン蕩けさせていく。腰をくねらせ、水面で泳いでいるかのように卑猥な遊水を披露しつつ、小悪魔っぽい笑みを浮かべて。
【優樹菜】 優樹菜「んっ……!ふぁ、あぁぁ……ぁ♪私を一番気持ちよくさせてくれた奴には、とっても気持ちいフェラを……おぉぉぉぉぉぉぉん!!♪」
【優樹菜】 股間はノーマークだったのか、割れ目を舐められ、淫核に吸い付かれれば言葉の途中で絶頂してしまい背筋を反らせる。
【優樹菜】 その際、日の光が彼女の肢体を照らし、テカテカと輝かせて
【優樹菜】 ▽
【クンニ男子】「ん?あれ?一番気持ちよくって・・・今イったよな?へへへへ!優樹菜のとっておきもーらい!」
【GM 】 実にタイミングよく、優樹菜をイカせた男子がはしゃぎ、周囲の男子達が羨ましそうに声を上げ騒ぎ立てる・・・
【GM 】 だが、直ぐにそれも収まり期待した瞳を優樹菜へむけてとっておきのフェラの様子を眺める。
【クンニ男子】「さっ、おねがいするぜ?もうびんびんで苦しいくらいだからよ!」ニカ!っと爽やかな顔で最低のセクハラ発言をするが、この場にソレを不快に思う人間はいないだろう。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぁ……んっ。く、くそ……しかたねぇ……な♪」
【優樹菜】 全身愛撫をされながらのクンニが余程良かったのか、涎を垂らしながらその男子を眺める。チャプン、と再び水中に沈むと口を大きく開ける。
【優樹菜】 優樹菜「はむ……んっ♪んんん……む、ん♪むむぬ、んんむぅ……」
【優樹菜】 その直後、頬肉を思い切り締め付ける。生暖かい口内の感触とかつてない圧迫感がパンパンの肉棒に襲い掛かる。それから少しすると力を緩め、優しくペニスを包むように舌を絡ませる。
【優樹菜】 カリ首、裏筋、根元まで咥え込めば玉袋にまで舌を這わせる。顔を引き抜くときには頬を強く締め、入れ込む時は下で優しく舐める。
【優樹菜】 そんな緩急のついたフェラテクを披露しつつ、最後はとっておき。下を渦巻のように回転させ、肉棒についた汚れを舐めとるように激しく絡ませていき
【優樹菜】 ▽
【クンニ男子】「うっぉ!?すげ!吸い付き。。。くぁぁ!?ぜ、全部口にぃっ・・・うぐ!?ちょ、ま・・・出る!出る!?優樹菜ちゃん!出るぞ!?喉に、ぜんぶぅうう!!?」
【GM 】 あまりにも淫らで、淫靡で、そして丁寧で熱心な優樹菜のフェラチオ。
【GM 】 一方的に使うだけでは味わえない感動的な劣情の営みに、感極まったような声をあげ、男子は一気に高まる射精感を堪えきれず・・・
【GM 】 水中で奉仕してくれている優樹菜へパンパンと叩き合図を送ると・・・ぷくぅっと膨らんだ亀頭が弾け
【GM 】 ボリュ!ぶりゅ!ぶりゅるるるるるるるるる!っと大量のザーメンを吐き出した・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んん……っ!むむ、むむぅっぅぅぅぅぅぅ……♪(あぁ……出てる……♪せーし、どぴゅどぴゅぅ……♪)」
【優樹菜】 弾けた亀頭から溢れる白濁。それを思い切り吸い上げると、恍惚な顔を見せながら悦に浸る。開発された喉は白濁を流し込まれ、直ぐに絶頂してはヘソの下を燃え上がらせる。
【優樹菜】 優樹菜「はぅ、ん……む、むむむぅぅぅぅ……ん♪(でも、まだまだだぜ……♪天国、見せてやんよ……♪)」
【優樹菜】 そして、白濁が放たれたばかりだというのにフェラは終わることなく続く。マイクロビキニの中に手を入れ、自ら割れ目をなぞり回しながら激しいバキュームフェラを始めると目の前の男の精と根を吸い尽くそうとして
【優樹菜】 ▽
【クンニ男子】「んひぃっvちょ・・・まっv 優樹菜ちゃ・・・んぐくう!?バキューム、ふぇら、すごすぎ・・・あぎぁぁあああっっ!?」
【GM 】 射精し、勢いを失う肉棒が、強烈なバキュームフェラで強制的に勃起させられる・・・それどころか、尿道にのこった精液を残らず吸いだされ、更にその奥、精巣まで貫かれたような衝撃にガクガク腰を震わせ男子は2連続の絶頂した・・・
【GM 】 ぼにゅ!ぶりゅ!ぴゅ!ぴゅ!一度目に比べると可愛らしい量のザーメンが吐き出される・・・意識を丸ごと吸い出されたような快感にその男子は暫く呆然とたちつくして・・・見逃した。
【男子部員たち】「うっわ! 優樹菜ちゃん自分でいじってる!えろぉ♪」「あーあー、折角の水着、なのにv」「まぁしかたねぇよな!痴女の 優樹菜ちゃんがここまでされるがままだったってのが奇跡だよ!」
【GM 】 肉棒をしゃぶりながら自慰を行う・・・水面下で行われる「痴女らしい」その行動に、あのフェラでいきり立つ男子達は更にはしゃぎ、肉棒に血を集める。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んん……!んんぅぅぅっぅっぅぅぅっぅぅぅ!!♪♪(なんだよ、まだまだ出るんじゃねえか……♪ほらほら、もっと出せ……よぉ♪)」
【優樹菜】 二度目の絶頂を迎えた相手を見上げ、更に激しく顔を出し入れして奉仕を続ける。校内でまき散らされた白濁を飲み込みつつの、貪欲な口淫奉仕。
【優樹菜】 自分の股間を弄る手も激しくする中、長い水中フェラを相手に続けていく。片手で秘部をいじくり、開いている手は相手の弾袋を優しくマッサージし始める。
【優樹菜】 そうして、極限まで白濁を搾り取ろうとして
【優樹菜】 ▽
【クンニ男子】「ちょまって・・・マジ、コレ以上は・・・ぐぅううええう!?」
【GM 】 やわやわと揉まれた玉袋が、刺激によってどんどん熱を持っていく。
【GM 】 空っぽだと思った精液が湧き出すように溜まっていくのを感じ・・・更にソレを吸い出される未来も予期してしまう。
【クンニ男子】「やられ・・・ぱなしで、たまる・・・かよ!」だから、必死の抵抗をしようと、水中でいじられる優樹菜の秘所へ爪先をつっこみ、太い親指でその潤んだマンコを弄り回す。
【GM 】 いつの間にか、勝負じみた対決になった事に苦笑しつつも、男子は歯を食いしばって射精を耐え、脚で乱暴に膣を虐める・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んぐ……っ!むぅぅ、ぐ……んんんんん!(あぁぁ……だ、ダメぇ……♪おまんこはんしょ、く……♪)ふぁ、ん!んんんんん!」
【優樹菜】 思わぬ反撃に自分の秘部から手を放し、膣を掘り回される快感に直ぐ達してしまう。口の動きが緩むと同時に、丁度良い心地よい快感が相手を襲って
【優樹菜】 ▽
【クンニ男子】「うぐぐおぉ!?で、出る!畜生・・・ぐうぐぐあぁあああっ~~~~っ!?」苦しげに、吐き出すように呻く男子生徒・・・びゅる・・・ぴゅっ!・・・どろぉ・・・、、、僅かに迸り、滲み出すように吐き出される精液。打ち止めといわんばかりに萎れていく肉棒を、水中の優樹菜の顔へおしつけ、ぐりぐりと抗議する。・・・ヤリスギだ!っと。
【クンニ男子】「ちくしょー・・・まだマンコハメてねぇのに、、、また明日だなぁ・・・」それでも、明日にははめまくる!と決意を新たにするのは若さの証拠だろう。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んむ……ふあぁ……ご馳走様でしたぁ……♪」
【優樹菜】 萎えた肉棒を押し付けられると、水面に浮上する。満足そうな顔を浮かべながら呟くと、明日という言葉に可愛らしく笑って見せて
【優樹菜】 ▽
【男子部員たち】「ははっ!すっかりおちんぽ中毒じゃないか・・・んじゃ、本番いこうぜ!」「優樹菜ちゃん、ぷーるからあがるか?さすがにヤリにくいだろうしよ。」「でも、さっきから優樹菜ちゃんの潜水時間すげぇし、このままハメていいんじゃね?」
【GM 】 わいわいがやがや、どんな順番で、どこで、どんな体位でやるか、優樹菜を含めて相談し・・・その結果
【GM 】 背面位と正面からのフェラチオ・・・さらには順番待ちの男子に手淫で準備をしてもらうことにした。
【GM 】 膣とマンコは気分で自由に、更に息苦しくなったら合図を送るとして、男子達は思い切り腰を振ることだけを考えればいい・・・
【GM 】 押し付けただけでなく、優樹菜の意見も含まれたその行為は・・・立派な和姦が成立しており、痴女を認めた優樹菜の大事な一歩になるだろう・・・
【GM 】 にゅぷ、ずぷぷぷ!
【GM 】 冷たい水と共に入り込む肉棒の熱さ。脈打つ肉棒は両手と口にもあり、溺れないようにしがみ付いているように見える・・・それが、男子達の支配欲を満たし、更に興奮した様子で腰を振る。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んん……む、んんんんんぅ!ふぁ、あむ、ん……んんん、むぅぅぅぅ♪(ああん♪前と後ろぉ……♪最高に気持ちいいじゃねえかぁぁ……♪癖になっちゃいそうだぜ……♪)」
【優樹菜】 水中で犯されることに喜びを見い出し始めたのか、腰をくねらせながら前と後ろで肉棒を受け入れる。
【優樹菜】 左右の手はそれぞれの肉棒をつかみ上げ、激しく上下に扱く。膣をしっかり締め付け、壁のヒダヒダを絡ませながら煌寧の肉棒に舌を絡ませていって
【優樹菜】 ▽
【GM 】 陸上でのセックスでは味わえない浮遊感の中で、腰を打ち付けるたびに全身が震える優樹菜を眺める男子達。
【GM 】 激しく扱かれる肉棒はいまかいまかと順番を待ち、絡みつく肉ヒダのいやらしさに負けた男子が、淫靡な舌使いでしゃぶられた男子が、うぐ!っとうめきながら射精を行えば、引き抜くと同時に手淫されていた肉棒が優樹菜に休む間もなく挿入される。
【GM 】 数分に一度呼吸の為に顔を出していた優樹菜だったが、射精を受ける度に、絶頂する度に、息継ぎが多くなる・・・どころか、おちんぽを求める為にその間隔が広がっていく。
【GM 】 口の中で吐き出された精液・・・同時に発生した瘴気が、徐々に徐々に優樹菜を狂わせ、セックス限定での水中適応という浅ましい進化を遂げさせ結果だった。
【GM 】 そのお陰で、男子達は気兼ねなく、水と唾液と愛液とが交じり合う独特の感触を味わう事ができ、優樹菜も通常では感じる事のない、水圧によって奥の奥まで一つの肉棒が犯す様なセックスに溺れる事になる・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んんん!む、んむうぅぅぅぅぅ……!ふぁ、んんむ!んっ、んんんんん!(あぁぁぁぁぁ……!なにっ、なにこれぇぇぇ♪水の中のエッチ、良い……!気持ち、よしゅぎりゅうぅぅぅ!)」
【優樹菜】 後ろの男のピストンごとに水が奥まで入り、胎内全てを犯され抜く感覚に浸る。股間から脳天までを貫く快感に手と口の動きは一層激しくなり、舌と指先をくねらせて肉棒奉仕を続けていく
【優樹菜】 ▽
【男子生徒たち】「うぐ!うぅぉう!何度、ヤっても、プールでセックス!最高!」「ぐぐぅ~~!って、引っかかるのが、すいついてくるみたいで、イイよな!」「いや、優樹菜ちゃんのオマンコ、奥まで感じるみたいで、それもなかなか・・・」わいわいぎゃーぎゃー、遠慮なくハメまくれる優樹菜の登場に興奮したように腰を打ちつけ、射精し、交代していく男子達。
【GM 】 とっくに全員が一周し、それぞれが自分のオチンポの形を覚えさせようと、ゆぅ~~っくり、じっくり挿入と引き抜きを始めながら会話を始める。
【GM 】 だが、優樹菜はそれどころではない・・・激しい抽送でめちゃくちゃにされる快楽に鳴らされた後、過敏になったオマンコへの緩やかだが逃げ場の無い水圧と膣圧、肉棒を刻むようなセックス・・・
【GM 】 いやがおうでも、ちんぽで区別がついてしまい、ソレを覚えてしまう感覚は、蕩けた優樹菜の脳を更に高ぶらせるだろう・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「んむっ!んんん……ふぁ……♪ふぁ、あぁぁん!んむ!んん……んんんんんんんんんんん!!!(あぁ……これ、この人のぉ♪この一番おっきいのは、この人ぉ……♪オチンポ当てゲーム、楽ひぃ。。。。。。♪)」
【優樹菜】 激しい交尾から一転、肉棒を覚えさせるゆったりした動きに目の奥が真っピンクとなる。
【優樹菜】 膣のヒダヒダ一枚一枚が肉棒の快感ポイントに絡みつき、それは個人のポイントを覚え込んでいるかのように刺激していく。
【優樹菜】 その形を覚える交尾が楽しくなってきてしまったのか、お尻をくねらせながら挿入をねだる
【優樹菜】 ▽
【男子部員達】「ははは!そんなにおねだりしなくて。。も!うんぐ!?はぁ・・・出したぜ!」「ンじゃ、次おれだぁ!おぉ・・・?なんか、さっきより、気持ちいい・・・もしかして、俺の好きな締め付け方、してくれてんの?」「まじで?!この人数相手にそんなことしてんの?」
【GM 】 挿入すればそれだけで優しく、しかしぴったりとハマる名器マンコ・・・しかも、フィット感だけではなく、気持ちいい場所を刺激してくれるとなれば、2週目以降のローテーションは更に早まる。
【GM 】 男子部員達も交互に情報交換を行い、優樹菜ちゃんの弱いポイントを探っていく。
【GM 】 膣口を浅くいじめるのか、膣内をかきまわすのか、ぶつぶつGスポットを乱暴に?子宮口を押しつぶすくらいのボルチオ攻め?
【GM 】 人数の多さを生かした総当りで、優樹菜のオマンコを丸裸に晒していく・・・
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぉ……♪ふおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ……!おぁ、ぁぁぁ……♪んっ、んんぅぅぅ!ふぁ、あぁん!(あぁぁぁぁぁ……!良い……イイいぃぃ……♪おまんこの入り口も、ほじくり回されるのも、Gスポも億も、ずんぶ全部全部ううぅぅぅぅぅ……!)」
【優樹菜】 男子たちのおまんこ徹底解析に、ついには挿入ごとに絶頂してしまう体となってしまう。食いしん坊な淫乱おまんこは何をされても感じてしまうらしいが、一か所を徹底的に攻められるのが一番弱いようだ。
【優樹菜】 気持ちよくしてもらった分、お礼にと膣ヒダはうごめき、おちんぽ様にご奉仕をしていって
【優樹菜】 ▽
【男子部員達】「くっそ!何処も、反応良過ぎ!エロマンコすぎてわっかんえぇ!」「ま、それならそれで、存分にヤりまくるか!」「そろそろ、ザーメン溢れてきたし、最後に派手に行くか!」
【GM 】 犯せば犯すほど絡み付いてくる優樹菜のエロマンコ・・・3週目に突入する頃には、流石の男子達も限界が近いようで・・・最後の1滴まで種付けする!という貪欲さで優樹菜のマンコを、ズンズン!激しく求め、抉る。
【GM 】 一人目は入り口を、二人目は奥を、ボルチオを、アナルを、Gスポットを、胎側の膣を、背中側を・・・ありとあらゆる箇所を徹底的に犯しぬいて、全員が最後には子宮口をこじ開けるくらい強く突き入れ、しゃせいしてくの。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「はふぅっぅぅっぅぅ♪ふぁっ!あぁ、あぁぁん♪♪こりぇ、しゅご、ひ……♪ずんずんもっと、もっとおおっぉぉぉぉ……!」
【優樹菜】 背後から何度も何度も回され、もはや口奉仕も忘れて股間の快楽を貪る。
【優樹菜】 一点を徹底的に攻めつくされ、絶頂した回数は数え切れないほど。背筋を綺麗に弓反りさせながら絶叫し、最後の男に極上の締め付けを与えて
【優樹菜】 ▽
【男子部員】「俺で、、、最後、、、だ!何処に、欲しいか、、、いって、みろ!!」
【GM 】 がっしりと両腕で優樹菜の腕を背後から引っ張り、がっくんがくん!乱暴に腰を振って子宮口を貫かん勢いでバック突き込み続ける男子部員
【GM 】 周囲には満足げに水面に身を預けるだの部員達がふにゃふにゃになった肉棒を晒している・・
【GM 】 ぽっこり下腹部が膨らむくらいに注がれた胎を、更にずん!っと肉棒が刺激して、射精を堪える為に跳ねる動きでごりゅ!っと子宮をこじ開けようとする。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「ふぉ……お!おぉぉっぉぉ……!は、激し、激しひ、ひひひぃぃっぃぃ!あ!くぁあぁっぁぁぁぁ♪なか、なきゃ、に……中に出してえぇぇぇぇぇぇ……!淫乱おまんこ、もっともっと満たしてえぇぇぇぇ……♪」
【優樹菜】 最後の情熱激しい交尾に心も体もトロトロになりながら、全身を脱力させて声を荒げる。
【優樹菜】 度重なる絶頂で足腰、全身に力が入らず、人形のように肉棒を受け入れる。それでも心はまだまだ元気なのか、なおも快感を貪ろうと声を荒げて
【優樹菜】 ▽
【男子部員】「は、はは!俺たち全員 、、、搾っても、たりねぇってか!んじゃ、今日は・・・コレで、我慢してくれや!んぐがぁああああああ!」
【GM 】 淫ら過ぎる優樹菜の叫びに笑いながら、ぐい!っと腕を引っ張り、腰を密着させ、、、僅かに子宮口にめり込んだ亀頭・・・鈴口から、びゅぼぼ!っと最後の射精が子宮にむかって放たれる。
【GM 】 ガクガク揺れる足腰を踏ん張り、優樹菜の肩が外れそうなほど強く背後に引っ張って、、、最後の一滴まで注ぎ終えるまでぴったりとみっちゃくしつづけた。
【GM 】 やがて、出し切った肉棒がふにゃふにゃとおまんこから外れると・・・ばっしゃん!っと崩れ落ちるように水面に倒れ、ぷかぷかと浮かぶ。
【GM 】 その顔はとても満足そうで・・・ソレを為した人間に、満足感や充足感を存分に味わわせる事だろう。
【GM 】 ▽
【優樹菜】 優樹菜「あぁ……あ!あ!イグ……まだ、まだイグ!いぐぅぅっぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅうぅ!!!ふぁ……ぁ♪」
【優樹菜】 最後の男の射精と共に盛大な絶頂を迎え、子宮は貪欲にその精を飲み干していく。両腕を引っ張られ、立ちバック姿勢で剛直が子宮にめり込むも、それは最上の快感となって襲い掛かって来る。
【優樹菜】 淫らな蕩け顔と共に男と一緒に崩れ落ち、うつぶせで水面にプカプカ浮かんで
【優樹菜】 ▽
【GM 】 しゅるしゅるしゅる・・・
【GM 】 誰一人気がつかないまま、今までプールを支配していた触手はこのプールから退散する。
【GM 】 あの、雌がいれば、この学校は十分だろう、、次は、もっと大勢、楽しませる場所に潜んで、また、遊ぼう。
【GM 】 何者がこのプールに触手をもぐりこませたのか・・・ソレを知る術はもうないが、それでも触手は確かに痕跡を残した。
【GM 】 多くの生徒を堕落させ・・・最後に、学園を丸ごと染め上げるような才能ある淫らな少女を開花させて・・・
【GM 】 ▽
【GM 】  
【GM 】  
【GM 】 HeroineCrisisTRPG くらくら! 「【輪姦】淫乱魔法痴女、優樹菜。学園に潜む影!【3周目】」BAD-END?
【GM 】  
【GM 】 シナリオ終了!お疲れ様ーーー!
【優樹菜】 お疲れさまでした!タイトルがw
【GM 】 さいしょからこうだったでしょ?w
【GM 】 というわけで、潜んでいた触手は完全に取り逃がしてしまったヒロイン失格優樹菜ちゃん!
【GM 】 だけど、淫乱で、痴女な事は、もしかしたら楽しい事なのかもと、思いだすかもしれない体験をしましたね!
【GM 】 コレからが楽しみです!
【優樹菜】 www ばこさん、次はいつ開いていますか?
【GM 】 日程はあいているんだけど、先約があるんで、ソッチ優先!ッ手感じかな・・・w
【優樹菜】 ふむふむ
【GM 】 来週の水曜日辺りが一番空く可能性アルかな
【GM 】 25日だねw
【優樹菜】 なるほどなるほど
【優樹菜】 では、とりあえずその日にお願いしても大丈夫でしょうかっ?
【GM 】 はあい!
【GM 】 打ち合わせとかは、股後日でいいかな?
【GM 】 さくさんがえっちすぎて、たっぷりねっとり、えろえろしすぎたわ・・・w
【GM 】 多分普段の私のセッションの2.5倍くらいえろーるしちゃってるw
【優樹菜】 な、なんと……!こ、光栄です(震え声) もちろん!後日、ゆっくり話し合いましょうっ♪
【GM 】 ちょっと、興奮しすぎて さくさんのRPするはずだったぶぶん奪ったかんじあるし、ちょとはんせいw
【GM 】 ハッチャケ痴女セッションをたのしみにしつつ・・・今夜はこれまで~w
【GM 】 またね!(優樹菜ちゃんはぐはぐむにゅ~♪