【凛音】
「私は紫鳳凛音(しほうりんね)よく言われるけどこれでも”高校生”よ!小学生って言った奴出てきなさい!!」脚まで伸びた赤い髪を揺らしながら、少女は怒りながら言う。
「お父さんとお母さんの3人の家族で暮らしていたわ。でも、お父さんがトラブルで借金を抱えるはめになってしまったのよ。はあ…でもお父さんのために私は借金のかたにされてそいつらに連れてかれたのよ。」
「これからどうなるかわからないけど……いいわよ。お父さんとお母さんのためだもの…我慢してみせるわ。」
「でも、うん…我慢とかじゃなくなってきてるかも…もっとしてほしい…かなって!何考えてるの私は!!」
 
ブレザーに赤い髪…だったのに相手の趣味のせい奴隷服という名の大きめのシャツ一枚。 大きめの赤い瞳をした少女 身体は小柄だが人一倍動き 人一倍相手を見る。 人にたいして ツンツンしてるけど根っこは心配している事が多い様子。所謂ツンデレ系。 
身体のせいでからかわれるのが多くてそんな風になってしまった 17歳の女の子。

なお、最近徐々にご主人様の性行為に身体が順応してきており…快感に感じ始めています。

http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%BB%E7%CB%B1%A1%A1%D1%DB%B2%BB%A1%CA%A5%A2%A5%EB%A5%AB%A5%C7%A5%A3%A5%A2%A1%CB プレイヤーは私 エロくないクーフーリンです よろしくお願いします
 
【GM】
夜伽の時間、いつものようにローカルモードでアルカディアにログインする二人。しかし、今日はグレーエリア、中世風の街の外からスタートだった。

【御堂瞬】
「さて、今日は、たまには外でやろうかと」外と言っても、仮想空間な訳だが。目の前には街の門がある。人は二人以外誰もおらず、勿論、門番もいない。▽

【凛音】
「んっ、野外ね……」ぶるっと震えながらこれから起こることを感じながら…「そういえば…珍しいね、外でなんて。」言いながらいつものボロ布の奴隷服を身に着けたまま、瞬のことをじっと見つめる。…・・・どこか何かを求めるように。 ▽

【御堂瞬】
「まぁ、たまには、って所で」普段は地下牢などの屋内が多い。と、凜音の視線に気付いたのか、こちらも見つめ返す。
「ん、何か言いたいことがあるのかな?」肌寒くない気温に設定してあるはずだけれども、と思いつつ。凜音の顎を指でくいっと持ち上げながら、尋ねる。▽

【凛音】
「んっ……」指で顎をあげられれば…そこには頬を朱く染めてる凛音がいた。「……その、瞬とするのなら……いいなって…思っちゃっただけだもん。」かあっと耳まで赤くしながら、瞬に向けてそう言ってしまう。▽

【御堂瞬】
「凜音は可愛いなぁ」凜音の頭に手を置き、撫でてやる。「それじゃあ、街に入る前に……この街の奴隷は服を着てはいけないんだよね。服を脱いで貰おうか」門の所まで移動すると、脱衣を要求する。用意してあったのか、籠が置いてある。▽

【凛音】
「っ!?」ぞくうっと背筋が震える。「はだ…か…?じゃないと…だめ、なの…?」顔を真っ赤にしながら目を潤ませる。上目づかいで、主人である瞬をじっと見つめてしまう。 ▽

【御堂瞬】
「あぁ、裸じゃないとダメだ。だから、凜音、脱げ」許しを請うような凜音の言葉を打ち消すように、強い口調で命令をする。上目づかいにも見つめ返して。▽

【凛音】
「ふぁ・・ぁ…あ……は…ぃ…」声が震える 身体が震える でも頬を染めて 怯えながらもどこか悦んでいるかのように見える。ゆっくりとその手で奴隷服をぱさりと脱いでいく。脚まで伸びた赤いツインテール わずかに膨らんでいる乳房 身体のラインは整っていおりスレンダーに見える。 小ぶりの尻肉や太もも そして…無毛の秘所を見せる。「ゃ…だ…はずかしぃ……」小声で恥ずかしがる 震えた声を出しながら顔も身体も…羞恥で染め上がっていく。▽

【御堂瞬】
「ふふ、凜音の裸、綺麗だよ」奴隷服を脱ぐ様を、凜音の裸身をじっくり見つつ、そう感想を述べる。そして木の板でできたギロチン拘束板を用意する。「それから、これで拘束するからね。いいね?」板の半分を開き、凜音の首と手首を拘束する準備をする。これで拘束してしまえば、凜音の手の自由は無く、乳房も秘所も露わになってしまう。▽

【凛音】
「ぁ・・あ・・ぁ…みられ・・・る…かくせないよぉ・・・・・・・」真っ赤に染まった身体 乳首も秘所も全部丸見えの状態 隠せない 隠せないのに…恥ずかしいのにずっと身体が何かを求めている。 秘所はすでにヒクつき…尖った乳首、発情していた。 ▽

【御堂瞬】
「それじゃあ行こうか」凜音を板で拘束すると、板から伸びる鎖を手に、街の中を歩いていく。勿論、凜音は全裸で、拘束され、裸身を晒したまま。ローカルモードなので、街中なのに誰もいない。だが、街は人が住む場所という認識がある。無人の街という矛盾した意識を抱えたまま、二人は歩く。▽

【凛音】
「あっう……!」じゃらりと鎖の音とそのまま引っ張られて歩いていく。「…・・・やぁ…あ…」街中を歩くたびに、無人で何もないはずなのに……まるで見られているかのような感覚。 じわじわと子宮が疼き…全身を震わせる。 ▽

【御堂瞬】
「大丈夫、僕以外は誰もいないよ」そう言いつつ、街の中心へと歩いていく。そして広場の中央にあったのは、人一人分ぐらいの高さがある木でできた台。階段を使って昇ることで、広場を一望することができる。逆に言えば、広場からよく見られるということになる。▽

【凛音】
「それ…は…わかるけど…わかるけどぉ…」はぁ…はぁっと何度も息を荒げる。 恥ずかしい 恥ずかしいのに…なんでこんなに…身体は喜んでるのだろうと。 そして……「あ…・あっあっあっ~~~っ!!v」想像した してしまった もしここに大勢の人がいたら そう思った瞬間子宮が強く疼き 今にも絶頂しそうなほどの強烈な快感を感じてしまう。 見られることへの悦び 露出への悦び 少女の中にあったもおのが見られている。 ▽

【御堂瞬】
「さて、と。これでもう、逃げられない」台の中央から太い鎖が伸びており、その先端には枷が付いている。それを凜音の左足首に取り付ける。付いている鍵を放り投げ、台の外に落とす。凜音は台から降りることができず、鎖を取り外すことができなくなってしまう。▽

【凛音】
「ふあ…・・・ぁ…あ…あ…・!!♪」見られる 見られる見られる! そんな感覚がどんどんと全身を震えさせる。「やだぁ…みられみられちゃぁ……v」涙目になりながらも…どこか喜びを感じながらクリトリスも 乳首も大きく尖らせ…秘所はヒク突き…愛液がとろおっと溢れる。 ▽

【御堂瞬】
「ふふ、まだこれからだよ」指を鳴らすと、二本の柱が並行に立ち並ぶ。凜音をその真ん中に立たせると、板の枷を外し、代わりに両手両足に柱に付いている枷を付ける。ちょうどX字の形になる。当然、裸身が露わになり、乳房も秘部も晒される。▽

【凛音】
「あは…はぁあ……みられて…る…わた・しいま…みられてる・・・♪」真っ赤に染まっていた顔は徐々に惚けていく。 じっと瞬を見つめてしまい…「ほし…ぃほしい…」震えながらどこか何かを求めるように 欲しいと何かを求めてしまう。 ▽

【御堂瞬】
「うん。見てるよ。凜音の裸、綺麗なところも、恥ずかしいところも、全部。それで、何が欲しいのかな?」凜音の正面に立ち、性器や秘部を、じっくりと遠慮なく見つめて。蕩けた声に、問いを返す。▽

【凛音】
「あっあ………くだ…さい……ご主人様の…おちんちんを…奴隷の……おま…んこに…入れてくだ…さい…!」潤んだ目で瞬を見つめ…愛液を垂らし、瞬の肉棒を求めて…尖ったクリトリス 乳首もしっかりと見せつけてしまいながらおねだりしてしまう。 ▽

【御堂瞬】
「前戯もしてないのに? あぁ、でも、ここまで裸で歩いてきただけで十分なのかな?」くすくすと意地悪い笑みを浮かべながら近づいて
「凜音、これは僕への夜伽だよ? 凜音が僕へ奉仕するのが本来なんだ。僕のモノを凜音の膣内に入れたら、凜音は何してくれるのかな?」奉仕もなにも、拘束したのを棚上げし、そんなことを言いながら手が触れそうな位置までくる。▽

【凛音】
「あ:::は……瞬・・・にいっぱい…いっぱい…わたしの・・・からだで・・・すきに・・して・・・たのしんでぇ…v」触れそうなまでにやってきた肉棒に手を動かしてしまう…欲しい 欲しいと、望みながら ▽

【御堂瞬】
「ふふ、しょうがないね。それじゃあ、僕は凜音の身体を堪能するとしようか」凜音の前で服を脱ぎ、ガチガチに堅くなった肉棒を露わにさせる。そして触れてもいないのに愛液が溢れる秘部に先端を付けると、そのまま容赦なくずぶり、と奥深くまで貫いてしまう。▽

【凛音】
「あっあ……はい…は…ぃ…ちょう…だい…瞬の…おちんちんくださぃ……!」秘所に当たる肉棒。吸い付くようにヒクついていき…そして
「あっあああああっ…はいって…る…瞬の…おちんちんがぁ…♪♪」嬉しそうにしながらずんっと奥まで入り込んだ肉棒をぎゅうううっと強く締め付け子宮口がそれを求めて吸い付いてくる。 ▽

【御堂瞬】
「んん、凜音の膣は締まりがいいね。抜きたくなくなっちゃうよ」膣に肉棒を入れたまま、両手で凜音の乳房を揉みしだく。スレンダーだが柔らかさのある乳房を堪能するかのごとく、念入りに、執拗に、そして優しくねっとりと。▽

【凛音】
「んはあっ♪だってだってえ……!きもちいいんだも…んっ!瞬のおちんちんいい・・からぁ♪」乳房を揉まれれば 感度も強いそこはどんどんと乳首を尖らせ 先端がぴくぴく震える。 揉まれるたびにきゅうきゅううっと瞬の肉棒を締め上げていき……身体は完全に…悦びを感じているのを見せつけていく。▽

【御堂瞬】
「ありがとう。凜音の膣も気持ちいいよ。胸も揉みごたえあるし、乳首も可愛いし、と、そろそろ出すよ」ここまで我慢してたからか、入れてからそう持たない。腰に手を当てると、遠慮なく凜音の膣内に精液を吐き出していく。▽

【凛音】
「あっあっぁ…!」ぎゅうっと強く肉棒を締め上げていく秘所膣内。 そして…「い…いわよ…っ!瞬なら…いっぱいいっぱい…だしてぇ…いいからああ!!」身動きの取れないままぎゅううっと膣内だけを締め上げ中に出されていく精液を感じながら…「あっあっああああああ~~~~!!♪」凛音もまた絶頂する。中に吐き出された精液を子宮で受け止めながら…その熱さと快感に酔いながら…▽

【御堂瞬】
「ふうう……気持ちよかった。凜音、ふふ、それにしても」大量の精を凜音の膣内に吐き出すと、肉棒を抜く。膣内から精がトロリと溢れ、太ももを伝うだろう。
「凜音はすごくエッチになったね」笑みを浮かべ、耳元で囁く。耳に息を吹きかけ、ちろりと舌を這わせ舐めるだろう。▽

【凛音】
「ふあ…ぁ…あ…だれの…せいだとおもってるのぉ…ばかぁ…v」ぎゅうぎゅうっと締め付けていたのにそれがなくなり…とろおっと精液がたっぷりと溢れだした秘所。抜けた感触に震えながら…抗議をする。「はぁ…んんぅ…瞬以外…じゃ…いやだから…」真っ赤になりながらも快感を受けて悦んで… ▽

【御堂瞬】
「さて、誰だろうね。でも、凜音はそんなエッチに調教してきた相手に対して、少しぐらい怒ってたりしないかな?」素知らぬふりで返す。そして、両手の枷を外し、今度は後ろ手に拘束する。▽

【凛音】
「……」されるがままに拘束されて…「…・・・いいわよ別に…もう。最初より…痛かったり嫌な感じなくなってきちゃったし…」ふうっと息を吐きながらも瞬を見つめる「…・…アンタのこと、嫌いじゃないし…」ふんっと鼻を鳴らしながらぷいっとそっぽを向く。 こうなってしまったのに慣れてしまったのと…好きになってしまった変態な主人に対しての素直になれない愛情表現であった。▽

【GM】
【御堂瞬】「そう? それはちょっと残念。凜音、自分の身体を良いように開発され、淫らな娘にされ……そんな男のモノを咥えるのは、凄く屈辱的じゃない?」椅子を取り出すと座り、愛液と精に塗れたガチガチの肉棒を凜音の前に晒す。▽

【凛音】
「…・・・っそういうのがお好み…?この変態…っ」真っ赤になりながら瞬を見てから…「いいわよ…今は従うけど…いつか…きっちり返させてもらうから…!」目の前に出された肉棒を見て…きっと睨み付けながらも…はむっと先端を口の中に咥えtちゅうっちゅうっと吸い付いていく。 ▽

【御堂瞬】
「さて、どっちの好みかな?」凜音の頭を撫でながら、肉棒を這う舌の触感を堪能する。その合間も、空いた手の指先で、凜音の背中を這わせ、愛撫する。▽

【凛音】
「~~っ!はぁ…はむんむ…ちゅう……いい…もん…絶対そのうち…謝らせるくらいしてやるんだから…っ」唇をで強く扱き はむうっと強く締め付ける。舌先で先端を丹念に舐めていく。 ▽

【御堂瞬】
「ふふ、楽しみにしておくよ。けど今は、凜音の身体を開発してエッチな身体にしたてあげた男の精を、口で飲み干して貰おうかな」凜音の頭を掴むと、逃がさぬように固定し、そしてドクドクと精を咥内に吐き出していく。▽

【凛音】
「っんんううううう……!」そのまま吐き出される精液 どんどんと喉で受け止めていき ゆっくりと喉を鳴らして飲み込んでいく。 じゅるじゅるううっとどんどんと精液を吸い上げ飲み込んでいく。 ▽

【御堂瞬】
「くすくす、ご主人様の精の味はどうかな? 調教したとおりに美味しく感じちゃってたら、屈辱的かもしれないけどね」全て精を飲み干した凜音の頭を、ご褒美とばかりに撫でてやりながら言う。▽

【凛音】
「っう…んんん……」コクコクっと喉を鳴らしながら残った精液をしっかりと飲み込んでいく。「うる…さい…っばかぁ……へんたいぃ…へんたいぃ…!」真っ赤になりながらも…その精液をしっかり飲み込み…身体を火照らせる。 もっともっと欲しいと ねだるように子宮が疼く。 ▽

【御堂瞬】
「味がどうだったか、感想を言うように。これは命令だからね」答えなど見ての通りだが、あえて口に言わせ羞恥心を高めさせようとする。そして命令と付けたことで、強制力をはっきりさせる。▽

【凛音】
「っううあ……おいし…かったです……」命令 その言葉だけで一瞬で思考は変わっていく。 瞬の精液を飲み込んだ口を開き…しっかりと飲んだのを見せつけ…それは…”おいしかった”と教えるように ▽

【御堂瞬】
「ふふ、ご主人様の精、また飲みたいかな? 全裸に剥かれ、後ろ手に縛られ、手も使えずに口だけでモノを奉仕して、口を性器のように犯される。女の子を奴隷か玩具にしかみてないような、そんなプレイ。凜音はそんなこと、もう一回されたいかな? 勿論、拒否してもいいよ」意地悪く言葉を重ね、問いただす。▽

【凛音】
「ぁ…あ…・ぁ……」ごくりと生唾を飲み込んで……「ずる…い…拒否できないの…わかってて…っ!」じいっと睨み付けるように瞬を見て「・・・・・・・もう一回…もう一回・・・・くだ…さい」睨み付けながらも口を開いて…それを求めてしまう。 ▽

【御堂瞬】
「違うよ。拒否を受け入れた上で、無理矢理させるんだ」意地が悪い。口元を歪め、凜音を見下ろす。一糸纏わず、後ろ手に拘束され、舞台に足が括り付けられている。奴隷だ。凜音は瞬の奴隷だ。
「それじゃあ、僕のモノを舐めるように。これは命令だから」そして、再び命令を出す。凜音の意識を縛るように。▽

【凛音】
「っ~~!」ゾクゾクする。この感覚が…・・・「は…はっ…はっ……」涙目で舌を出して…先端を舐める。「なめ…ます…奴隷の…凛音は…瞬…のおちんちんを…舐めます…からぁ」縛られる いやだったはずのことが今ではそれがないとだめになって…でも…それでも…喜びと否定 二つを持ちながらも…少女は男の肉棒を舐めて…悦んでしまうのであった。 ▽

【御堂瞬】
「嫌なら嫌とちゃんというように、ね。僕は素直な凜音が好きだからね」その上で覆い被さるような命令する。意地悪なご主人様。そして調教はまだまだ続いていく……。▽

【凛音】
「っ~~~!!」言葉は返さない これで返したら…思うつぼだけど…だけど…「ふぁい………」好き その言葉だけで惚けてしまう ぴちゃぴちゃっと…なめてしまい…精液をねだる様に。「んんうう…絶対…いつか…ぎゃふんといわせるから…」 ▽