【和】「和ですっ。シスターさんと仲がいいと思っていたお兄さん。これからも2人が仲良くしてくれたらなって思っていたんだけど…。お兄さんから告白してもらったの!それで気づいた本当のわたしの気持ち…。憧れじゃなくて恋心。ありがとう、お兄さん。わたし、この指輪とローター大事にするねっ♪」
【和】「お尻のなかプルプル気持ちいい…。鉄棒にお股擦り付けるの、止まらない… v …でも…キスしてもらって抱きしめてもらってじゃないと、あのときみたいに真っ白にならないよ…。お兄さん、わたし、寂しい…(下着代わりの水着。その股下から太ももを愛液でぐっしょりさせつつ。外だけど気にしてる余裕なし。)」
【和】そんなかんじで…私生活が少しだけ変わってきた和。でも、それは…素敵なお兄さんと暮らすための第一歩。
【和】二人の秘密の約束はいまだに和の心をずっとずっとときめかせている。
【和】http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%BD%A9%C6%BB+%CF%C2%28%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%29
【和】▽
【GM】それではおいしくいただきますねwというわけであやめです
【GM】では軍団:人間惨美でお送りします
【GM】初めてのお使い?ではないけどがんばってもらいましょう
【GM】それでは開幕。タイトルコールはいつもどおり最後に
【GM】 
【GM】 
【GM】 
【GM】お兄さんが教会から出て行ってしまって数日
【GM】いままでと変わらない生活に戻っただけなのだが・・・・・
【GM】そんな風にもやもやした日々が過ぎている
【GM】そんなある日
【GM】和はシスターに呼び出されます
【GM】【シスター】「和ちゃん、ちょっとおつかいを頼んでいいかな?」
【GM】▽
【和】「は、はいっ…!うん、わたし、いけるよ…?」ちょっとぼーっとしていた和。あれからお兄さんがいない寂しさでずっとローターを入れっぱなしなのだ。
【和】「えっと…何をするといいの?シスター。パパーッと言って来ちゃうんだから!」ボーッとしてたのを振り払うようにことさら元気にお返事する。
【和】両手を広げてその場で片足でクルンと回ってみせたりする。
【和】▽
【GM】【シスター】「?そう、体調が悪いなら言わないとだめよ?」そういって優しく微笑んできてくれます
【GM】【シスター】「えっとね、このかばんなんだけど」少し大きめのカバンを出して
【GM】【シスター】「この中に神杉さんに頼まれた資料が入ってるから、あの人の家に届けてほしいのだけど」といって渡してくれます
【GM】お兄さんの家の場所は知っていていいです。あるくと大体30~40分くらいでしょうか
【GM】▽
【和】「ぜんぜん元気だよっ、もう、シスターは心配性なんだからぁ…♪」
【和】「え…お兄さんに!行くの!わたし、ぜーったいにいくんだからっ!」お兄さんと聞いて瞳を輝かせる和。遊びに行ったらお邪魔かもしれないけど…お使いなら行っても大丈夫だよね!
【和】そういって大きなカバンを受け取るが…う、たしかに少しだけ重いかも…でも大丈夫!しっかり背負って…とっ…
【和】▽
【GM】【シスター】「無理に持とうとしなくてもいいからね?小さな車輪もついてるから、こう。ね」どうやら旅行鞄のような運びかたもできるようだ
【GM】【シスター】「それにしても、和は神杉さんのこと好きね。みんなの中でも特に神杉さんのことになると」そういってクスリと微笑み「それじゃぁお願いね?がんばって」そう言ってくれます
【GM】▽
【和】「あ、ほんとだ…、き、気付かなかった…///」普段なら気づきそうな感じのことだがどうやら舞い上がっていたらしい。気恥ずかしそうにカバンを床に置くと前後に動かしてみる。確かに、車輪がついている…。これは恥ずかしい…。
【和】「え…えっ、そ、その…お兄さんがすきなのは、そ、その…お兄さんとしてで、その…それ以上じゃないのっ!」両手を振りながらあたふたとしてみせる。約束があるので知られるわけには行かないのだ。
【和】「…それじゃ…いってきまーすっ!」そういって手をシスターにふりつつ元気にキャリーを引っ張って協会をあとにするのだった。
【和】▽
【GM】では教会をでてお兄さんの家に向かう
【GM】天気は晴れすぎておらず雲がかかっていて暑くないいい天気
【GM】風も少し強いくらいで心地よい・・・しかし
【GM】お兄さんの家の近く、あと普通に歩いていけば5分といったところで
【GM】急に雨が降ってきて来た。走ればあまり濡れなくて済むが・・・今は
【GM】▽
【和】「やぁ…振ってきちゃった…、たしか書類とか行ってたよね、濡れちゃうときっとお兄さんこまっちゃう…!」そういって駆け出す和。
【和】お使いの物を届けて褒められることだけを期待してきた和。
【和】ここでその書類を汚すわけには絶対にいかないのだ!
【和】そんなわけで…必死に走る、走る
【和】▽
【GM】走って、走っていく。かばんを濡らさないように・・・早く着くために
【GM】しかし、そこで車が横切る
【GM】そして・・・・・水を撥ねて・・・・・
【GM】▽
【和】「ふひゃぁっ…!」車が走ってくるところに体を割り込ませると…顔から下まで車に跳ね上げられた泥水をかぶることになった和。
【和】そんなに身長の高くない和は全身泥水まみれだが…大丈夫。カバンは平気!
【和】右手の甲で目の周りだけゴシゴシとすると、走るのを再開する。今の判断はナイスだったよね、えへへ…。
【和】▽
【GM】それでは無事にお兄さんの家に着きます
【GM】チャイムを鳴らすと出てきてくれて
【GM】【神杉】「こんにちは、和ちゃん。こんな天気の中よく来てくれたね・・・まぁまずは上がってくれ。濡れちゃっただろ?お風呂で体を流して温かくしよう」
【GM】そういって笑顔でお出迎えしてくれて中に入れてくれます
【GM】【神杉】「かばん、濡れないようにしてくれたんだろう?ありがとう」そう言って頭を撫でつつ
【GM】▽
【和】「ちゃんと…お使いの荷物だけは守ったよ、えへへ…偉いでしょっ」と誇らしげに胸を張る。
【和】「あ…えへへ、ありがとう、お兄さん…///」目を細めてナデナデを満喫する和。うん…これ、これをしてもらいたかったの…。
【和】「…あ、うんっ、お風呂…ありがとうございます、おにいさんっ…!」和の体をいたわってくれることもとてもとても嬉しくてドキドキする。少女漫画のことって…ほんとなんだ。恋するとこんなに素敵なんだ…///
【和】▽
【GM】それでは荷物を隅に置いて、お風呂に向かう二人
【GM】そして服を脱ぎ、お風呂で洗いっこだ
【GM】というわけで戦闘処理にはいりますぞー
【和】はあい!
【GM】なにかつかっておきたいアクトはありますか?
【和】いくつぐらいつかってもいいのかなぁ…
【GM】んー
【GM】じゃぁ3個までにしておこう
【GM】今回難易度ノーマルだしの
【和】ずっと入れっぱなしなので[仕込まれた異物/止まらない刺激/尻穴奴隷]ぐらいかな…!
【GM】最初からCP6もってきたか!あいあいさ
【GM】では
【和】淫乱性とかでもっとおおかったりもするけど//
*GM topic : 【神杉6】【和5】
【GM】ああ、そうだったね
【GM】ちょっとこれは弱すぎるかな?まぁはじめていこー
【GM】というわけで開幕ありますか?
【和】ないでっす!
【GM】ではお兄さんから
【GM】相変わらずのドラゴンブレスだ!
【GM】4d6+10
GM -> 4D6+10 = [2,3,6,4]+10 = 25
【和】ゾロ目こわいよー;
【GM】25点だにゃ
【和】うう…シールドで8点カットしても17かぁ;
【和】カットしても胸AP壊れちゃうのでカットしない!
【GM】はい、アクトはありますか?
【和】胸APなくなって…
【和】アクトは[過敏な突起/おもらし]で!
【GM】ではそちらです
【和】はあい!
【和】ヴァニシングクライなのです!
【和】12D6 ててーい
【GM】どうぞー!
和 -> 12D6 = [3,2,6,3,4,4,2,3,6,4,2,3] = 42
【GM】つよい
【和】平均値…!
【GM】1が出てないんだよぉ!
【和】そうね…!
【GM】というわけで開幕はどちらもないので
【GM】こっちの番だよ~
【GM】ドラゴンブレス
【和】はあい!
【GM】4d6+10
GM -> 4D6+10 = [1,2,4,5]+10 = 22
【和】シールドで8点カットで…腰AP残り8点!
【和】アクトはない感じ…?
【GM】アクトはありますか?
【GM】なしっと
【GM】ではそちらです
【和】もっかいヴァニシングクライ!
【和】12D6 ててーい
和 -> 12D6 = [5,2,5,1,4,1,3,1,2,1,6,1] = 32
【GM】こいやー!
【和】あれ…
【和】平均値よりも10ぐらいひくい…よ…
【GM】ではこちらだー
【GM】ドラゴンブレス
【和】はあい!
【GM】4d6+10 そぉい!
GM -> 4D6+10 = [3,2,5,6]+10 = 26
【GM】ぞろ目なんて出ない
【和】よかったぁぁ;
【和】とりあえず腰AP壊れて裸に!
【和】あれ…HPアクト使えないんじゃ…ひょっとしてワンパンされる…?w
【GM】さて
【GM】ついでにここで 呪いの魔法陣 いれておこうか
【和】と、とりあえず…アクト無しで!
【和】おお・・・?
【GM】BS拘束をプレゼント
【和】にゃふ///
【GM】あらゆる判定の達成値ー4です
【GM】解除方法はルール参照で
【和】うう…
【GM】というわけでそちらの行動どうぞ
【和】一手番、つらい;
【和】あ、シールド11てんだった…まぁ、だいじょぶ、あんまりかわんない!
【和】こちらの番…!
【和】プリズミックミサイル MP3 2D+8(魔力分)+2(杖)+1(マジックセンス)-4(拘束)
【和】2D+8+2+1-4 これに補助で自慰!
和 -> 2D+8+2+1-4 = [2,2]+8+2+1-4 = 11
【GM】ほい、食らいました
【GM】さて、それではドラゴンブレス
【和】きゃー;
【GM】出目がひくいことを祈るのだ!
【GM】4d6+10
GM -> 4D6+10 = [3,3,2,6]+10 = 24
【和】24!ゾロ目だけどAPないお!
【和】シールドで11点引いて…13点!
【和】アクトは…[ゆるい尿道/強制絶頂]で!
【GM】さて
【GM】13点って・・・(
【和】あら…HPちょうど0だ…
【和】女神つかっても減ってないところを回復しかできないよね…
【GM】はい致命表ふって~
【GM】だね
【和】アクトは0になるタイミングでも使えていいのかしら、つかえるといいなぁ;
【和】1D6 地名表!
和 -> 1D6 = [5] = 5
【GM】使えるってことでいいよ
【和】わーい///
【GM】5
【GM】瘴気に襲われ戦場に倒れ伏す。あなたの知らない感覚が全身を襲い、全身が震えて倒れ伏す。
【GM】行動不能になる。
【GM】ん?あれ
【GM】アイアンウィルもってるからー1だっけ?
【和】持ってるけど…侵食度も1なのだ…
【和】あ
【和】淫乱性で地名表+2だ・・
【和】致命!
【GM】アイアンウィルでー1 侵食で+1 淫乱で+2 かな?
【和】はいっ!
【GM】7
【GM】強烈な衝撃を受けて全身を震わせ、倒れ伏し意識を失う。行動不能になる。
【GM】6ならSP+2だったんだけどね
【和】なるほど…!
【和】増えなくてよかった…?
【GM】全滅表どうぞ
【和】はあい
【和】1D6+1
和 -> 1D6+1 = [1]+1 = 2
【GM】っと、すみませんな
【GM】地下牢
【和】あ、はい!
【GM】これ振る前だったにゃ
【GM】全滅表で
【和】だいじょぶ!
【GM】1~2がでたら
【GM】降りなおす(
【和】ふりなーおし!
【和】1D6+1
和 -> 1D6+1 = [6]+1 = 7
【GM】まぁ一回だけだからにゃ
【GM】真逆
【和】たかい…!
【和】処女妊娠・・・?
【GM】7  
【GM】別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。
【GM】【SP】+2する。
【GM】好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【GM】好きな能力で10の判定に失敗すると[淫乱症]になる。
【和】流石に妊娠変かもだけど、トラウマもさびしいなぁ;
【和】成功すればいいか…!
【GM】判定成功させるしかないな
【和】妊娠判定!魔力で!
【和】2D+8
和 -> 2D+8 = [3,6]+8 = 17
【和】だいじぶだった!
【和】淫乱症は…もう淫乱症だからだいじょうぶなのかな
【GM】淫覧章は・・・そもそもかかってる場合どうなるんだろ?
【和】妊娠は多重あるけど…
【GM】まぁ大丈夫かな?
【和】はあい!
【GM】意味あるなら調教刻印で
【GM】失敗させるつもりだったけど
【和】どきどきなのです…!
【和】じゃー失敗しておこうかな…フレーバーかエロールでつかえるかも…!
【GM】しかし和ちゃん
【GM】2回はかたないと淫乱症解除できないのよね
【GM】あ、経験点だしましょうか
【GM】CPSPお願いします
【和】あら…0のときは治療できないんでしたっけ…
【和】はあいー
【GM】いえ、解除するためのものって
【和】CP16SP19アクト8でし!
【和】監禁療養…!
【GM】あれって0のときかえたっけな?私はわからなにゃい
【和】[淫乱症]を回復する。
【和】ただし[淫乱症]になったシナリオの直後にはこのアイテムは取得できない。
【和】このアイテムは3つまで取得でき、一度装備したら外せない。
【和】2回目の取得は名声2点、3回目の取得は名声4点が必要。
【和】多分一回目は平気…?
【GM】っぽいですな
【和】負けたからすぐに淫乱症つけられちゃうかもだけど…!
【GM】さすがにそんな連続ではつけないよ(たぶん
【和】うふふ///
【和】お尻のローターに溺れるのも楽しかったのですが///
【GM】経験点20+16=36 ミアスマ8+9.5
【GM】=17.5
【GM】こうかな
【和】軍団刻印があと付く感じかな…!
【GM】軍団経験点 ミアスマ12+8+16=36 侵略点4+4+4=12
【GM】ですね
【GM】というわけで時間的に今日はここでセーブで
【和】はあい!
【和】楽しかったのです!続きもたのしみでっす///
【GM】ふふふふふw
【GM】ローディング
【GM】  
【GM】 
【GM】それでは外で濡れて、家にあがってお風呂に入るところ
【GM】まずは服を脱がないとね
【GM】 
【GM】 
【GM】【神杉】「和ちゃん。それじゃぁお風呂で体を温めようね。身体、流してあげようか?」
【GM】そういってお兄さんは微笑んできますよ。一人暮らしもあってか家にほかに誰かがいるのが新鮮なのかもしれない
【GM】▽
【和】「ありがとう、お兄さん!急いできてよかった…えへへ」そう言って雨と泥ハネでぐっしょり濡れたお洋服を脱いで…
【和】「あ…脱いだのそのまま入れたら汚しちゃう。どうしようかなお兄さん…?」そう言ってう脱いだオーバーオールを手に持って困る。
【和】結構ぐっしょり濡れていてかなり重い。
【和】▽
【GM】【神杉】「ああ、大丈夫だよ。大型の洗濯機だからそのままいれてもちゃんと洗濯できるからね」
【GM】というわけでオーバーオールを洗濯機にいれましょうか
【GM】【神杉】「それじゃあ入ろうか、まずはシャワーで身体を洗い流さないとだけどね」お風呂の扉をあけて
【GM】中はそこそこ大きめの、2・3人くらいなら十分余裕をもって入れる大きさになっていた
【GM】▽
【和】「大きいのあるんだ…!うん、いれちゃうね…♪」そういってオーバーオールを入れて、靴下を脱いでシャツを脱いで…洗濯機に入れる。
【和】そしてショーツを脱ぐとお尻から出ているコード。
【和】「よし、脱げたよお兄さんっ♪わぁ…すごい広い…!教会よりすごく、すごく広いよっ…!」
【和】お風呂場にぴょんっと軽くはねて両足で着地。そのまま両手を広げてぐるぐる回って広さを確認する。
【和】【和】「シャワー♪シャワー♪」そういってシャワーの下に行ってぺたりと座り込む。
【和】▽
【GM】【神杉】「はは、まぁ確かにちょっと広めには作ってもらったからね」うれしそうな和ちゃんをみてなごみつつも
【GM】【神杉】「ん?和ちゃん、それ入れたままなんだね」っとコードに気付きますよw
【GM】▽
【和】「あ…うんっ…///え、えっと、指輪は、二人の秘密だからあんまりつけられなくて…でも…」
【和】「こ、こっちだったら…ばれない、でしょ…///ずっと、お花摘み以外はずっとずっとつけてるんだっ。今だとこれが入ってないと落ち着かなくて…」照れくさそうに上目遣いでお兄さんにそんな告白をする。
【和】最近ではこれが入ってたほうが熟睡できたりするとか、そんな話までしてみたり。
【和】▽
【GM】【神杉】「そうかい。そんなに気に入ってくれたんだね。うれしいよ」おでこに軽く口づけして
【GM】【神杉】「でも、ちゃんと定期的に洗うんだよ?っと、とりあえず洗おうか」というわけでシャワーを出して
【GM】和を膝の上に乗せてあらいましょっか
【GM】▽
【和】「うんっ…。これ好き、大好きっ…!う、洗う…洗わないとだけど、その間お尻、さびしいなぁ…」そう言って右手の指が無意識にお尻を触れる。
【和】「うんっ♪お兄さんの膝の上…えへへ…♪」ちょこんとのっかり…お兄さんの胸により掛かる。
【和】「…!あっ…シャンプーハットないかな…。あれなしで頭洗ったことないかも…」と言い出すあたりすごく子供っぽい。
【和】「(…でも、ちゃんとなくてもできるってとこ、お兄さんにみせたいな…!)あ、うんん、大丈夫!ちゃんとずっと目をつぶってられるから!」
【和】▽
【GM】【神杉】「ふふ、そうかい。それなら・・・・そうだね」少しいたずらっぽい笑みを浮かべて
【GM】【神杉】「シャンプーハットはないから頑張ってね?それと・・・・お尻が寂しいなら」では、ここで
【GM】玩具を抜いて、お兄さんのソレを和ちゃんのお尻の穴に当てちゃおう
【GM】▽
【和】「…うんつ、わたし、がんばれるよっ…。」胸をはってそういう和。でも…やっぱり入れっぱなしのものがなくなるとかなり寂しい。アナルが別の生き物のようにヒクヒクと動き…腸液を吐き出し続ける。
【和】「お兄さん…な、なあに?お尻に…温かい玩具…?いいのかな、わたしそれ、お尻にいれちゃっていいのかな…」どきどき、期待が止まらない。きっと、玩具よりずっと大きい…新しいおもちゃ…?
【和】すぐにでもムズムズが止まらないおしりにでくわえ込みたい。きっとそうすれば…お尻の寂しさ落ち着くようなきがする。でも、お兄さんにいいって言われてないのにお尻に入れちゃだめだよね…。だから、お伺いを立てる。
【和】▽
【GM】【神杉】「ああ、いいよ?寂しいんだろう、入れちゃってもいいよ」玩具、という言葉には肯定も否定もいれず、ただ入れていいとだけ答える
【GM】【神杉】「そのあとに、シャワーで流してごしごしするからね」というわけでシャワーを浴びながらということになるね
【GM】さて、新しい玩具?でどんなことになるのやら
【GM】▽
【和】「…うん♪新しいおもちゃだ…、うれしいなっ v んっ… v v v 」狭いアナルだが、腸液のせいでにゅるるるっと入ってゆく。
【和】その途端に見てわかるぐらい弛緩する体、トロける顔…。
【和】「あ…ふぁ… v すごい、あっつくて、どくんどくんで… v これ、これ入れて生活したぁい v わたし、これ、ふぁぁぁ v v v 」
【和】お兄さんの膝上に座りながらも…無意識に体をゆすり始める。正確には腰を…。
【和】「う、うんっ v ごしごし、ごしごししてぇ… v v v わたしは…おもちゃのほうをごしごしするから… v v v 」
【和】▽
【GM】【神杉】「ああ、ちゃんと洗ってあげるからね」ではシャワーで和の頭を洗いながらお尻の穴を堪能しようか
【GM】そうしてもちろん玩具は段々と大きくなるわけなんですけどね
【GM】【神杉】「もうすぐ終わるからね。もうちょっと頑張るんだよ」優しく髪も洗ってあげましょう。下半身は別
【GM】▽
【和】「あらってぇ…ごしごししてぇ v 」頭を洗ってもらう。目を閉じてるからか感覚がとても過敏。
【和】お尻はもちろん、頭を洗ってもらう感覚まで気持ちいい気がしてくる。
【和】お風呂場だから音が反響して…わたしのお尻からすごい音がしてるのがわかる。
【和】「おしり、おしり、止まらない、ふぁ、お股、お股も角っ子にこすりつけたい v 」もう、完全にアナルセックスにハマった様子のわたしは、背中をお兄さんの胸にこすりつけながら…わざと音が激しくなるようにお尻を降る、腰を振る、締め付ける…。
【和】▽
【GM】【神杉】
【GM】「っ、そんなにいいのかい?それじゃぁもっといいものをあげるよ」そういってシャワーを終えて、その手を和のクリトリスへと伸ばし
【GM】【神杉】「ほら、これでもっと、気持ちよくなる、よ!」腰を突き上げ、クリトリスを軽くつねり、直腸に熱く滾った白い子種をたくさん流し込んでゆく
【GM】▽
【和】「!!!お、お股っ v いつも角にこすりつけてるより、すごいのっ v わたし、そこ、そこおぼえたぁ v お兄さん、わたしおぼえたぁ… v」よだれと涙で顔をぐちゃぐちゃにしつつお風呂場に響く艶声。
【和】シャワーが終わったので目を開ける…
【和】「お、お兄さんのが、ささってりゅ v わたしのお尻にささってるぅ v ふぁ、な、なにかあちゅいのが、ふぁ、わたひ、ふぁぁぁぁ v v v 」
【和】お腹のかなに広がる熱量。それはあれからずっとずっとセルフでアナル開発していたわたしにはとてもとても心地の良いもので…あまりにもあっけなくイってしまう。尿道から粘性のあるお潮をぴちゃちゃっとお風呂場の床にたたきつけながら…。がくがくがくっと、お兄さんの膝上で、見てわかるぐらい派手にイく。
【和】▽
【GM】【神杉】「ハデにイっちゃったね。和ちゃん、気分はどうだい?」そう問いかけはするものの、答える間もなくキスをする
【GM】そのまま舌を絡めてキスをして、一滴も残らずアナルに射精しきったあとに唇を離す
【GM】【神杉】「かわいいよ、和ちゃん」
【GM】▽
【和】「ふぁ… v はぁ…んんっ v 」肩で息をしながら…酸素を欲しがる体。でも、わたしは、酸素よりもお兄さんのキスがほしい…。
【和】お兄さんのキスの誘いに断れずにむしろ喜んでキスをする。足りない酸素は鼻からいっぱい吸う。ちょっと…鼻息はずかしい…かなっ。
【和】お兄さんにお部屋で気持ちよくしてもらってからいろんなことに挑戦したけど…ここまですごく行けたことってお兄さんとじゃないとないの。
【和】やっぱり…お兄さんはじょうずなのかな、それとも…わたしの体がお兄さんにしてもらわないとやだって思ってるのかな…。きっとそうかも、ほら、このお腹の中に温かいの溜まってく感じ、気持ちよくて幸せだもん。
【和】【和】「おにい…さん…。わたし、おにいさんのために、もっともっと、かわいくなりたいよう…」お兄さんの言葉に嬉しくなって、胸が苦しくて、そう答える。涙が止まらない。お兄さんの望むみたいな子になりたい。お兄さんがおっぱい好きならおっぱいの大きな、身長が高い子が好きなら身長の高い子。今は、本当にお兄さんの好みになりたい。
【和】▽
【GM】【神杉】
【GM】「和は充分に可愛いよ。そして、それでもそんな風に思う和が好きだ」後ろから抱きしめ
【GM】【神杉】「これからもウチにきたら、こうしてたっぷりかわいがってあげるからね?ほら、泣かないで。笑って」そういって和の涙を拭う
【GM】▽
【和】「ぐすっ…ご、ごめんね?お兄さんがとっても素敵だから…。ありがとう、おにいさん…えへへ、わたし、幸せ…こんなに、幸せでいいのかな…///」涙を拭ってもらって、心配かけちゃってるかも!と思ったわたしは頑張って気持ちを切り替える。
【和】あ…そっか、お尻に、お兄さんの、は、はいりっぱなし…なのかな… v 気持ちを切り替えると急にムラムラくるお尻。
【和】背中を向けていたわたし。お兄さんの膝上でお尻に入れたままくるっとまわり…お兄さんの胸に顔を擦り付ける。
【和】「このまま、ぎゅって…えへへ///」両手で抱きしめる。後ろで手の先でもフレられないのでしがみついてるように。
【和】▽
【GM】【神杉】「これからもずっと一緒だよ?和ちゃん・・・幸せでいいんだよ、幸せにしてあげるからね」こちらもそっと抱きしめて
【GM】それでもまだ入ったままなので・・・・軽く揺らしてみたりして楽しみ
【GM】【神杉】「沢山、幸せを感じさせてあげるからね?何回でもイっちゃっていいからね」今度は優しくフレンチキスを交わす
【GM】▽
【和】「うんっ、ありがとう、お兄さんがわたしの事大好き、カワイイって言ってくれてるのと同じで…わたしもおこのままですっごく幸せだよっ///」
【和】「…んっ… v ぁぁ v わたひ、おひりでも幸せになれひゃうの v ほじってぇ v おしりゆるゆるになってもいいからぁ v うんん、おにいさんせんよーのお尻にしてぇ… v 」ちょっと揺らされるだけですぐに発情、教わったクリいじりを早速自らして見るわたし。
【和】「うんっ♪ わたひ… v いっぱい、イッパイイくのぉ v おにいさん、おにいさん… v 」フレンチキス…キスなのに、今、わたしぴくって… v え、わたし、口で…イけたの…?
【和】▽
【GM】【神杉】「和ちゃん・・・・愛しているよ」何度も何度も唇を、上と下を交える
【GM】お風呂に入るはずなのに、それだけでいったいどのくらいの時間が経っただろうか
【GM】長い長い、甘い時間が過ぎていく
【GM】▽
【和】「んっ…」お兄さんの広い広いベッドで目を覚ますわたし。
【和】お兄さんはまだ眠っている。眠ってるお兄さんも素敵…。お兄さんの前髪を指でくるくるいじってみる。えへへ
【和】もう、お姫様が王子様のキスで目覚めるのがお話だったようなきがするけど…わたしのキスでも、お兄さん幸せに起きられるかな…。
【和】お兄さんの寝顔を見ていると胸が高鳴る。
【和】もちろん…お尻も。
【和】とりあえず火照りはおいておいて…お兄さんにキスをする。ほっぺた、おでこ、唇、お鼻…あちこち。どこにしてもどきどきする。
【和】▽
【GM】【神杉】「ん?・・・・んん・・・・」ではお兄さんはあちこちにキスをされておきましょう、かなりご機嫌のようだ
【GM】【神杉】「・・・・おはよう、和」ではこちらからもキスをお返ししちゃおうか
【GM】そして甘い朝を過ごしていると、神杉はベットから立ち、一つの包装された箱をもってくる、プレゼントだ
【GM】【神杉】「前の玩具が気に入ってもらえたみたいだからね、これも気に入ってくれるといいんだけど」
【GM】▽
【和】「お兄さん…おはようございます♪」そう言って…笑顔のお兄さんに抱きつく。
【和】いいなぁ、毎日こうして起きられたらなぁ…。
【和】「え…?ぷれ、ぜんと…?ほんとに、嬉しいの!箱凄く大きいねっ!なにかなっ…!」前に送ってもらったものは指輪とローターあった。それを思い出し・・お尻の疼きが強くなる。
【和】開けると…からあどぉほとんど覆わない、でもぴっちり締め付ける黒のレザーのボンデージ。
【和】体を
【和】そして…お兄さんのおちんちんそっくりの…多分お尻に入れるやつなのかな。
【和】そして、それを抜けないように止めておける黒レザーのパンツ…。お股がいじれるように前が開いてる…。
【和】「お、お兄さん… v これ、わたし…ずっと、ずっと着てるね v すてきな贈り物、ありがとうございますっ v 」
【和】▽
【GM】【神杉】「喜んでくれてなによりだ」和ちゃんをなでなでして
【GM】【神杉】「これから、もっともっと、幸せになっていこうな。和」そういって再びキスを交わして
【GM】この後もイチャイチャ愛し合いましたとさ
【GM】 
【GM】 
【GM】シナリオタイトル【お使いからの朝チュン】
【GM】閉幕です、お疲れ様でした!
【和】おつかれさまなのです!すっごいたのしかったー///
【GM】いやぁ甘いなぁ、あまあまだぁ
【和】うふふ
【和】このままの方向性もすっごくいいし、変えてもいいお!菖蒲様なら安心してまかせらるる///
【GM】うふふふふwありがとうなのですよw
【和】和ちゃんRPしてるだけでたのしーので///
【和】えへへ
【GM】えへへ
【和】いま磯gしそうだけど
【和】忙しそう;
【和】落ち着いたらまたかわいがってくれるとうれしいなぁ;
【GM】うむ!
【和】♪