【ルディア】 ・・)
【GM】 1d
【Dice】 bako_GM -> 1D = [4] = 4
【GM】 いつもダイスに感謝を!
【GM】  
【GM】 ではでは、IV順にラウラから自己紹介と、前回の探索後の状況をかるくどうぞ!
【GM】  
【ラウラ】 おっと!ちょっとまってね!
【ラウラ】  
【ラウラ】「ラウラと申します。ドラゴニカの龍姫士団、銀龍隊の隊長をしております。」
【ラウラ】「……ですが、ともすれば隊長を解かれるかもしれません。姫様の任務を遂行できませんでしたので。」
【ラウラ】「……ただ、それでもフレースヴェルグは私についてくる、と、思います……その、えっと、求めて、くるので……」
【ラウラ】  
【ラウラ】 前回ペアのダンジョンに取り残されて触手を14匹も出産したラウラ。下腹部にしっかりとペアの刻印を刻まれたのだが、それをみたフレースヴェルグが怒ってラウラをレイプしながら山に咆哮を浴びせてしまう。
【ラウラ】 それ以来やけにフレースヴェルグがラウラにつきまとい、人間のオス相手でも威嚇する始末。輸送部隊の人たちにも謝りながら国元に帰って姫に報告したわけですが――どうなるやら。
【ラウラ】 あと、何かを孕んでいる最中は母乳が出る体質にもなった様子です。
【ラウラ】  
【ラウラ】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A1%DA%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%EB%A1%DB%A5%E9%A5%A6%A5%E9
【ラウラ】  
【ラウラ】 以上!
【GM】 ひどいことになってるわ・・・w
【GM】 では、母乳滴る雌竜穴になったラウラちゃんの親友、ルディアどうぞ!
【GM】  
【ルディア】「ルディア・ウリトラ・エルシュフォンと言います。ルディアって呼んでください。」
【ルディア】「父や兄の背中を見ていつかはあの二人のように強くなりと思ってこの槍を握っています。」
【ルディア】「いつかは王になる兄や、親友であるあの人の助けになれればいいと思っています。」
【ルディア】 燃えるような赤い髪のショートカット。豪華な胸当てと背中には槍。
【ルディア】 少女の求めるのは勇ましき父と兄の姿。
【ルディア】 その姿を望み、その槍を強く握り愛馬・クレセントとともに歩んで行く。
【ルディア】 性行為を知った身体は…愛馬への愛情をどこか狂わせながら。
【ルディア】  
【ルディア】 親友のラウラとはお互いの相棒のこと互いの武を鍛えつつ歩んできた良き親友。
【ルディア】 彼女と一緒なら誰にも負けない。 そんな彼女と今回のダンジョンへと挑むのであった。
【ルディア】 今回はその彼女を助けに…槍を握って奥へと進む。
【ルディア】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A1%DA%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%EB%A1%DB%A5%EB%A5%C7%A5%A3%A5%A2
【ルディア】 プレイヤーはクーフーリンさんです。 未熟ですがよろしくお願いします。
【ルディア】  
【ルディア】 以上!
【GM】 ありがとう!ルディアは犯されても、まだまだ健気!・・・いつまでそのままか、きになるけどねv
【ルディア】 健気だよ!
【GM】 ではーーーそんな二人は、あのダンジョンに再び派遣されます、今度はルディアも正式な辞令がでました!よかったね!
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG ランドリューフ戦記「双辱の姫騎兵~勝利の代価~」
【GM】 軍団「ジェミニ・デグデイション」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A1%DA%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%EB%A1%DB%A5%E9%A5%A6%A5%E9
【GM】  
【GM】 ランドリューフ:ダンジョン「ジェミニ・デグデイション」
【GM】  
【GM】 魔人「ペア」率いる魔物の軍勢が支配するダンジョン化した洞穴。
【GM】 女性二人組以外は入る事ができない魔窟に、再び挑む姫騎兵二人。
【GM】 初めてこのダンジョンから生還した二人が再度挑むのは理由がある。
【GM】  
【GM】 前回の探索後、二人が療養する為に逗留した村が支配されたからだ。
【GM】 村は魔窟と同じ縛られた双子の紋章旗を掲げ、姫たちすら拒絶した。
【GM】 確実に脅威を広めるこのダンジョンを一刻も早く滅ぼさなくてはならない!
【GM】 ▽(以降、RPは自由にどうぞです♪アクトの使用は相談くださいな!
【ルディア】「……ラウラ、大丈夫ですか、その……身体は……」 救助した後助けたラウラの身体をつきっきりで看病し…今またこのダンジョンに挑もうとするが…あの姿をを見たせいか心配の度合いがかなり強い。
【ラウラ】「ルディア、今回も申し訳ありません」 少し頭を下げつつ、村を素通りして補給できぬままルディアと手をつなぎダンジョンに入ろうとして。
【ラウラ】「……大丈夫ですよ。私は戦えます。」 といいつつ笑みを浮かべますが、背後でフレースヴェルグがぎゃぁぎゃぁ吠えています。入るな、行くな、といっているのがルディアにもわかるくらいです。
【ルディア】「……ラウラ……」きゅっと胸元に手を当ててから…きゅっと手を握りしめて「…わかりました。」フレースヴェルグの姿を見てもわかる。危険だとだから・・・「今度は絶対に貴女を守りますから」ぎゅっとラウラの手を掴んで笑顔を向ける。
【ラウラ】「ルディア、気を負わないでください。……共に純潔を奪われたとはいえ、貴女のほうが綺麗な体です。私はもう――ですから、次も同じようになったら構わず逃げてくださいね?」 フレースヴェルグをなだめながら、ルディアと共にダンジョンに入ります。
【GM】 では、再び手をつないで紋章旗がたなびく洞窟入り口をくぐるのですが・・・
【GM】 以前は地面がむき出しながら、真っ直ぐ一本道だった洞窟が荒れ果てています。
【GM】 天井が崩壊し、地面は抉れ、大岩が転がり、広かった通路が狭く通り難かった。
【ルディア】「大丈夫です、だから…行きましょう」ラウラに微笑みながら進んで
【GM】 ラウラにはその破壊跡から漂う、愛竜のモノと同じ竜気を感じ取る事ができますね!
【ラウラ】 しかたないね!フレースヴェルグげきおこだったからね!
【ルディア】「えっと……あ、あはは……とりあえず頑張って通りましょう」軽く汗一個かきながらんしょ んしょっとどうにかはいろうとする
【GM】 ルディアがよじ登らないとあがれないような大岩を5.6個こえたあたりで、ようやく景色がかわってきますね。
【ルディア】 や、やっと・・・
【GM】 崩壊は、整備されかけていたあの大扉付近まで及んでおり怒りの強さを物語る。
【GM】 竜の怒りの突撃を受け、あの大きく鈍重な大扉がさえ歪んでしまっている有様だった。
【GM】 だがーー歪んだ鉄扉は、開閉できぬ鉄壁となってしまったのは誤算だっただろう。
【ラウラ】「ん、っしょ……ふうう、しかし、道が少し、険しい、ですね……」 汗のせいでうっすらレオタードが透けて、下腹部のペアの刻印がうっすら見えるかもしれない状況です。
【ラウラ】「これは……」 そして開きそうにない扉をみて、また横をみます。例の通路があるだろうか、という考えで。
【ルディア】「でも、昔やった訓練みたいでちょっと懐かしいですね」クスっと笑いながらどうにかのぼって
【GM】 視線を向ける先には、ここだけは!っと死守されたように原形を保っている通路の入り口が見えますね。
【GM】 先に進むには、前回も使用した迂回路…白濁垂れ落ちる「触手通路」しかない。
【GM】 相変わらず白濁を垂れ流す以外は障害物など無い、悪趣味なだけの通路だが…。
【ルディア】「うう……また、ですね。」気持ち悪いその部分を見て嫌な顔をするけど「行きましょう。 さすがにいやですけど少し慣れましたし。」ゆっくりとそのまま進んでいく
【GM】 実はラウラはこの通路沿いの隠し小部屋で発見され、ルディアに救助されていました。
【GM】 つまり…この通路の触手には、あの時ラウラが産み落とした触手が一部巣食っている可能性がある。
【GM】 ルディアは救助時の光景を思い出し、その事実ににラウラより少し早く気がつけるだろう。
【ラウラ】「……仕方ない、ですね」 顔をしかめつつ、あまり躊躇しない様子で自然と通路に足を踏み入れます。
【ルディア】「……」思い出していく光景。 ラウラが触手を産み落とし 苗床となっていた姿を。 嫌悪感ではなく 感じるのは恐怖。 ゾクリと身体を震わせながら…首を何度も振ってから歩みを進める
【GM】 では、ゾクリっと震えるルディアが踏み込んで・・・その後にラウラが続く形で触手通路をすすむのですが・・・
【GM】  
【GM】 通路に入ったルディアが、前回と同じ様に通路の触手を切り裂こうと槍を振るった瞬間です。
【GM】 ルディアの足元にある自分の影から、シュルルルルル!っと茨が伸び、槍に、手に巻きつくと、槍を振るう腕が重くなる。
【GM】 触手通路で槍を振るおうとするほどに増える影茨、触手を切り払うのを諦めさせるには茨は十二分に威力を発揮する。
【GM】 ☆ペアの影茨:不可視の茨相当(戦術):1シナリオに2回まで、PC一人のあらゆる判定の結果を-5する。攻撃判定や対抗判定で自身の結果後でも有効。 解説:侵入者の影から伸びる闇の茨。その茨は時として影の主の心を映し出す。
【GM】 攻撃判定を2回ほど-5させていただくぞ・・・!
【ラウラ】 ルディアだけかな?
【GM】 コレ「は」ルディアだけだね!
【ルディア】「なっこれはっんぐっあ…!!」縛られる茨によて動きが止まる。 脚が 槍が 腕が締め上げられれば動けなくなる。
【ルディア】 のーう
【ラウラ】 「は」!
【ルディア】 「は」!
【ラウラ】「ルディア!?くっ……!浄化の矢よ!」 前を進むルディアの影から伸びた触手が、ルディアの腕に槍に絡みつく。それを見て白濁の雨の中で弓を引き、光の龍矢を放ちます。これは浄化のための矢であり人間には効果はないのですが魔物に特攻性があるのです!
【GM】 では、放った矢がルディアに絡みつく影茨を幾分浄化し、槍が鈍る程度まで拘束がへった。
【GM】 だが、気を纏ったラウラにも、異変がおそいかかるよ。
【ルディア】「ふあ…っ…す、すみません…ラウラ。これも…あの魔人の影響でしょうか…」腕を縛られた感触は未だに残っているがそれでも少しずつ動こうと
【GM】 大人しかった触手通路の一部がキュィン!っと鳴き声をあげてラウラに群がる。
【GM】 その触手はうっすら竜気を纏い、ラウラのお腹にはりつくと、ずりゅり、ずりゅりと身体を這いまわる。
【GM】 今は竜の外套にこめられた竜の気配に夢中で、邪魔にならないが、同じく竜気の同調が強すぎ、無理に引き剥がす事も難しかった。
【GM】 ☆調教刻印<精臭への慣れ>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「BS【拘束】付与」する。
【ルディア】 子供が!
【GM】 ドロドロの精液を吐き出す触手にからまれても、耐えられるくらい、慣れてしまっているかどうか・・・試すかな?
【ラウラ】 にゃー!?
【ラウラ】 抵抗できません!(しません!)
【GM】 はーいv 
【GM】 なお、イメージ画像はコレ
【GM】 https://twitter.com/rindou2902/status/843836679483871232
【ルディア】 これはえろい!
【ラウラ】「っく、こ、れはっっ……!?」 無事に放った矢でルディアに絡みつく触手を浄化できた――のだが、代わりに壁から飛び出てきた触手が体に絡みついてくる。太い胴体部が腹の、ペアの淫紋の場所にはりついてそこから伸びたペニス型の先端が体中を這い回る。
【ラウラ】「これは……私の、龍気……!?」 ルディアの目の前で触手塊を剥がそうとするが、自分と同じ系統の力をもつソレを引き剥がす事もできずに四苦八苦し。その間にも伸びてきた触手が顔にこすりつけられ精液をびゅるり、と浴びせられたりもしますが……なぜかあまり嫌悪感などは湧いてきません。
【GM】 ラウラに絡みつく緑の竜気纏う触手・・・ルディアがその触手を切り払おうとすると、ゾワゾワと足元が揺らぎ、また影茨がとびだしそうな気配。
【ルディア】「あ、ら、ラウラ!!」そちらを向いてからラウラが縛られていくさまを見る。 どくんっと心臓が大きく動く。あの時と同じ光景がまた……そう思うと身体が震える。 「ら、ラウラ・・・」はぁ はぁっと息を荒げながらぎゅっと槍を握って助けようと進んでいく
【GM】 もし、ルディアが槍を振るえばまた影茨に囚われ、ソレを払おうとラウラが気を放てば更に触手が群がる・・・少なくとも、この触手通路内では、悪循環を繰り返すことになるだろう!
【GM】 そんな二人をあざ笑うかのように、壁や天井から、どろどろの白濁が垂れ落ち、ふたりにあびせられていく・・・
【ラウラ】「い、いいです、ルディア。ソレより先に進み――ぃぃっっ♪」 ルディアがこちらを気にかけてきますが、顔を赤らめつつそれより先に進もうと
【ルディア】「くっあ・・・!!ラ、ラウラ…!!」動けない身体を強引に動かそうとするが…「んくぁああふあ・・・あうんんっーーー!!」かけられる白濁液がたっぷりとかけられていき…赤い髪も 服も 鎧も…白く染まっていく。
【ラウラ】「い、いいです、ルディア。ソレより先に進み――ぃぃっっ♪」 ルディアがこちらを気にかけてきますが、顔を赤らめつつそれより先に進もうと促し――その瞬間、レオタードの隙間からアナルに触手の先端がにゅるりっ、と潜り込みます。以前捉えられ、ルディアに救助される3日の間にたっぷりと犯されたアナルは触手を美味しそうに咥えこんでしまい。
【ルディア】「ダメっそんな…そんなっ・・あ…あぁ…」縛られ動けないまま…ラウラのアナルが犯されているの見てしまう。くわえ込みどこか気持ちよさそうに喘いでいるその声も 姿も…目から離せなくなり…
【ラウラ】「――っふぅ、ふっっ……ぁ、ルディア、行き、ましょう……」 足を止めたルディアの横を通り、白濁の雨を手で避けながら先に進みます。そうするとルディアに背中を見せる事になるのですが、腹に取り付いた触手塊から伸びた触手が尻穴をぐぽ、ぐぽっっ♪と音を立てて犯しているのも丸見えになるでしょう。
【ルディア】「あう…うう……はい、い、いきましょう」身体を白く染めながら身体を縛られ、進んでいくラウラの姿を見て…ごめんなさいと心のなかで謝りながら進んでいく。
【ラウラ】 そんな感じで先すすむかな!ルディアに見られないようにしながら、たまにラウラの口に触手がキスしてきてぶぴゅ♪っと精液を吹き出してきますが、ごきゅっと飲みつつ先にすすみます。
【GM】 では、頑張って耐えながら触手通路を進む二人・・・シーンアクトを1つ宣言可能!何かあれば宣言どうぞ!
【ラウラ】 <強制絶頂>で!
【ルディア】 んーー
【ルディア】 異形の交合にしとこう(わくわく
【GM】 ラウラはCP3SP2 そして目標15の5点ダメージ判定どうぞ!
【GM】 ルディアはトラウマ判定だね!
【ラウラ】 2d6+8 そぉれい!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+8 = [4,1]+8 = 13
【ラウラ】 ひぎぇ
【ラウラ】 ばこっちばこっち
【ラウラ】 このHPダメージで<熱い蜜壺>使ってもいいかい?
【ルディア】 2D+6 さすが防ぐよ!
【Dice】 B05_Rudia -> 2D+6 = [3,3]+6 = 12
【GM】 それはだーめ!いっこだけ!
【ラウラ】 残念!はぁい!
【ルディア】 トラウマはセーフ
【GM】 では、ラウラが情けない声で喘いでしまいつつも・・・二人はようやく扉にたどりつく!
【GM】 触手通路を抜けると、相変わらずの安っぽい木の扉に、紋章が掘り込まれている。
【GM】 女性二人が手を触れることで解除される封印は、避けえぬ悪意を代価を要求する。
【ラウラ】「これは……んっく、っぅ、前と違う……?」 腹についた触手を重いと思いつつ、濃い精臭や口内に入ってくる精液の味には特に吐き捨てるようなレベルではないと思ってしまって受け入れてしまいながら扉に手をふれる。そこで、ルディアが遅れているのに気づき。 「ルディア?」 振り向いてみるのです。
【GM】 ではー ラウラが振り返って呼びかけたルディアですが・・・返事を期待できる状況ではありませんでした。
【GM】 あと少しで通路を抜ける、そうおもった瞬間でした。
【GM】 影から茨がズリュルルルルル!っとのびてくると、ドロドロに汚れたルディアの下腹部に群がり、そのスカートの中にもぐりこむと、指より少し太いくらいの触手が、じゅぼじゅぼじゅぼvザーメン濡れの秘所を一気に穿ち、犯しはじめたのです。
【GM】 棘棘の刺激と、茨のうねりは、人とも、馬人とも、馬とも違う・・・異質な快感をもたらすのです・・・
【ルディア】「いやああああああああああああっ!!」大声で叫び「みな、みないでえええええ!おねがおねが・・んひいいいいおあおおおおぉぉ~~~……!!」縛られ股を開かせたまま触手が膣内に潜り込まれればガクガクと脚を震わせ…あの時ただ痛かっただけの行為に快楽を感じ始めてしまう。その場ば膝を崩れ、四つん這いの状態になりながらお尻を触手に見せつけるようにしてしまい…あまりの異常な快楽に全身を震わせ続ける。
【ラウラ】「る、ルディアっ!?大丈夫ですか!?」 足元の通路はくるぶしほどまで精液が溜まっている。そこでルディアが四つん這いになって尻を突き出し喘ぐ様子に、自分も尻穴の快感を覚えてしまいながら救助しようと再び浄化の龍矢を生み出して彼女に向けて放つのだ。
【GM】 じゅぼじゅぼじゅぼv 楽しげにルディアの膣を犯し、拡張するように甚振っていた影茨・・・だが、ルディアの膣が快感を覚え、絶頂の高みに上ろうとした瞬間、シュワァァッァっとラウラの放つ浄化によって消え去っていきました・・・
【ルディア】「んぎいいいいっあっあっこれこれきちゃ・・きちゃ・・・あっあ!!」その快感にどんどんと酔っていく。全身を震わせ あの時感じた”絶頂”がやってくる 頭が真っ白になる そう思った瞬間に…「あっあっ・・・・あ・・・へ・・あ・・・?」触手が消えていき絶頂寸前で止められる。「あっあっ・・はぁー…はぁー……!」よだれを垂らしながら全身を震わせ続け びゅくびゅるうっと愛液を秘所から…ショーツを濡らすかのように溢れ出し…大粒の
【ルディア】 涙を流しながらこの狂いそうな感覚を耐えようとする。
【ラウラ】「大丈夫でしたか、ルディアーーーッッッ♪♪」 ルディアに浄化の龍矢を放った瞬間、アナルを犯す仔触手の動きが激しくなり。ルディアの目の前で腸奥に触手ザーメンを放たれてこっちは絶頂を迎えてしまうのです。
【ルディア】「はぁーー…あー・・・ぁー……だ…じょ・・・ぶ・・・ふあ…あ」ぽぉーっとしながら首を上に上げてみる。ラウラが居る そして…絶頂を迎えた淫らな姿を見て…「…ど…して…あ…ぁ」”羨ましい” ”絶頂”すること あの頭が真っ白になるあの気持ちよさを…味わっているのが羨ましいと感じながらぽぉっと見てしまう…
【ラウラ】「る、ディア、早く、イキ、ましょうっ……?」 それはダンジョンに入る時と同じ言葉。先へ進む事を促す言葉。――だが、今のルディアに同じ意味に聞こえるかはわからない。目の前の銀髪の親友が、アナルを触手に犯され蕩け顔を浮かべた親友が言う言葉が同じ意味と受け取るかはわからないのだ。
【GM】 では、苛烈な、しかし耐え切れてしまう触手通路の進化具合を体感した二人が、ぼぉっとしたままに扉にてをかけてーーー以前の通り、扉は抵抗を消します。その後の展開もほぼ同じ。
【ルディア】「ふあ…んっあ…は、い…イキ、ましょ…ラウラ…」ぽおっとしながらも未だにその笑顔は続いていた。その顔はどこか…”淫らな表情”に見えるかもしれない。
【GM】 ふわふわとラウラの周囲には緑色の霧が漂いだした…しかしコートに阻まれ、まとわりつくようについていく。
【GM】 それはルディアも同様で、乳白色の霧が漂いだした…やがてそれはルディアの身体に吸い込まれて消えてく。
【GM】 ペアの呪法:呪いの魔方陣相当(戦術):1シナリオに1度だけ、任意のPCすべてに[妊娠][トラウマ][淫乱症][ロスト]以外のBSを1つ与える。
【GM】 今回はラウラに[託卵]、ルディアに[ミルク]をプレゼントするよ!
【ルディア】 ミルクだぁー!
【ラウラ】 ひにぇぇ!?
【ラウラ】「また……この、霧ですか……?」 体の周りにまとわりつく霧。それにも自分の龍気を感じ取り、少し不快げな顔を浮かべつつ扉を開けて中に進む。
【ルディア】「んっあ…あ…ぁ・・・ぁー…」霧が入り込めば それは…まとわりつき入り込み…意識がまだフラフラしている中で胸がじわりと熱くなる。「んっあ…あっ……んぅま、たですね…だ、大丈夫です…行きましょう…」そういって無理やり笑顔を作りながら先へと進もうとする
【GM】 ギィイ!っと軋むような音を立てて開く木の扉。
【GM】 大部屋に踏み込むと奥の通路前を見覚えのあるリザードマンとケンタウロスが陣取り殺気を放つ。
【GM】 だが、その姿に二人は違和感の覚えます、リザードマンの体躯が逞しく、ケンタウロスは鎧を纏っていませんでした。
【ルディア】「あれは……また、あのときの……あ…」ゾクリと身体を震わせる。巨大な肉棒を 感触を思い出し ゾクリと大きく身体を震わせ続ける。「……あれで…きもちよく……」生唾を飲み込んでからはっと意識を戻して「っ~~た、倒しましょうもう一度!」
【GM】 ルディアの言葉に応えるのは、鎧を脱いだケンタウロス。
【軍師ケンタウロス】「ふん!我等が偉大な首領への不遜と我が失態…纏めて拭い去る機会が、のこのこやって来たか。」
【GM】 甲冑を脱ぎ露になった怜悧な瞳のケンタウロスは、巨大な剛弓を構えながら厳しい視線と尊大な態度で二人を見つめます。
【ルディア】「っ……倒します…!」槍を握りしめる。今だに茨が身体を締め付けながらも…
【ラウラ】「前にいた……けれど、前より強そうな、気配……?」 ケンタウロスとリザードマンの前で触手にアナルを犯される音をたてつつ、桜色に染まった顔のまま弓を引きます。
【GM】 ラウラの様子にシャーッシャシャ!っと笑い声を上げて前に出るリザードマン・・・本当にリザードマンなのか?
【デミドラゴニュート】「シュー!貴様等ヨク戻ッテキタ!竜ノちから、喰ッタ、俺ノ、ちんぽガ、欲シクナッタ、カ?」
【GM】 大柄だった蜥蜴人は亜竜人と呼べる程度に竜気を纏い、肥大化した両椀と尾、そして前掛けを押し上げる肉棒を誇示する。
【ラウラ】「そんな訳、ありません……!前と同じように、んっっ♪倒させて、もらいます……!」 竜族のメスらしいオーラを放つラウラの体は、以前にもましてリザードマン――デミドラゴニュートにとってよりそそる肉に見えることだろう。それを意識しないまま、ドラゴニュートに矢を向けるのです。
【GM】 明らかに変化をした2体の魔物達・・・だが、互いの立場は変わらないのだ・・・敵同士として、向かい合う!
【GM】  
【GM】  
【GM】 [軍師ケンタウロス(Ro/Iv9)/後][デミドラゴニュート(Kn/Iv6)/前]VS[/前][/後]
【ラウラ】 もちろん後衛!なんか前と同じことしてきそうだけど!
【GM】 前衛ルディア、後衛ラウラで大丈夫かな?それでOKなら戦闘開始と同時にそちらの開幕宣言どうぞ!
【ルディア】 です!
【ルディア】 開幕はなしです!
【GM】 [軍師ケンタウロス(Ro/Iv9)/後][デミドラゴニュート(Kn/Iv6)/前]VS[ルディア/前][ラウラ/後] 隊列決定!
【ラウラ】 ルディアがいいならアサルトフォーメーション!ふたりともIV+8で攻撃+4!
【GM】 fmfmf・・・では、こちらの開幕だ・・・!
【ルディア】 OKです!
【ラウラ】 開幕がある……!?
【ルディア】 いったいなにを!
【軍師ケンタウロス】「たしか・・・こう、だったか?陣形『嚆矢陣』!」聞き慣れた単語が聞きなれない相手から響く!
【ルディア】 な、なんだってーーー!
【GM】 開幕/任意の魔物にIV+10する。《エネミースキャン》で無効化される。《開:アサルトフォーメーション:6》
【ルディア】 うわ
【GM】 馬と竜 共にIV+10!先手を取る
【ラウラ】 なんやてー!?
【ルディア】 ラウラの知識を…奪われてる!?
【ラウラ】「行きますよ、ルディア!陣形、『嚆矢――えっっ!?」 かけようとした号令合図。だがそれを先に相手にかけられてしまい、一瞬気を逃してしまい。
【GM】 ケンタウロスが矢で弾幕を張り、ドラゴの援護だ!
【ルディア】「そんな…!!何故同じことを彼らが…!?」
【GM】 というわけでーーーー行動順は馬>ラウラ>デミドラ>ルディア だ!
【ルディア】 きゃー!?
【GM】 いくぞぉお!!
【GM】 ラウラを前に引きずり出す!
【GM】 2d6+9+1 射撃/単体 前衛は後衛へ、後衛は前衛へ強制移動《能:死点撃:4》《補:インパクト:1》 弾幕に混じる剛弓衝撃!
【Dice】 bako_GM -> 2D6+9+1 = [3,5]+9+1 = 18
【GM】 ラウラを前に強制移動させつつの18点だ!
【ラウラ】 ぎょえぇぇ!?ではそれをその他でうけてしまってBS発動しちゃおう……!
【ルディア】 ひえ
【ラウラ】 アクトはないよ!
【GM】 らじゃ!ではそのまま反撃後、BSのRPもどうぞ!
【GM】 反撃=そちらの行動!
【ルディア】 ラウラお願い!
【ラウラ】「っぁ、っぅぐっ……!?」 地形に即した自分より早い号令に先手を奪われ、以前と同じように爆裂する矢を受けてルディアの隣へと爆風で運ばれる。前回と違うのは――その矢が守りを抜けて、退魔のコートを引き裂いた、ということだ。そうなればレオタード1枚の姿となってしまい……
【ルディア】「ラウラっ!」ぎゅっと槍を握りしめてラウラをかばうように前に出る
【GM】 水着、託卵、拘束 一気に溢れるバッドステータスの嵐・・・!
【ラウラ】「んっひ、っぃうううっっっ……!?!?」 ぎちぃっっ……!と音をたてて触手が体にキツく食い込み。同時に尻穴に刺さった触手が半透明になり、腹の所にある本体から白い塊が――触手の卵がラウラの腸内に向けて1個、2個と注がれていくのをルディアに見せつけてしまうのだ。
【ラウラ】「ん、っふ、っぐ、ま、負け、ません……!ルディア、先に、あの、リザードマン、をっっ!」
【ラウラ】 というわけでデミドラゴニュートくんにアタック!
【ルディア】「は、はいっ!」
【ラウラ】 デッドポイントつきでー
【ラウラ】 2d6+3+8+4-4 とぉう!アサルト分が拘束で消えちゃう!催淫がないのが助かり!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+3+8+4-4 = [1,1]+3+8+4-4 = 13
【ラウラ】 ぎゃー!!弱い!
【ルディア】 ひえええ
【デミドラゴニュート】「ダァァレガァ!りざーどまんダァァァ!」その挑発にのりつつも硬いうろこは健在!あまりだめーじはないぞ!
【GM】 では、ドラゴニュートの攻撃・・・覚悟しろぉ・・・!
【ルディア】「ラウラっ…やはりまだ……!」あの行為を見れば誰だって本調子じゃないと思える。それは・・思い出したらきゅんっと子宮が疼き
【ラウラ】「っく、っも、ぉ、動き、づらくて、矢が……!」 矢を放とうとした瞬間に尻に刺さった触手が身動ぎ、足に絡みついた触手が動きを阻害して矢の威力をこれ以上なく減衰させる。 「り、リザードマン、でしょう!トカゲの、魔獣は……!」
【GM】 1d6+10+10+1 白兵/範囲 《能:旋風撃:4》《補:怪力:4》 二人へ同時に、巨椀と剛尾を叩き込む!!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+10+10+1 = [3]+10+10+1 = 24
【GM】 出目はいまいち・・・だが、固定値の暴力だーーー!24点を二人に!
【ルディア】 うわ!
【GM】 受動とアクトどうぞ!その後、ルディア行動だ!
【ラウラ】 ふぎゃん!
【ルディア】 受動使っても無理! その他飛ばす! アクトはなし!
【ラウラ】 ううーん
【ラウラ】 CP3ポテンシャル!
【ラウラ】 3d6+4 軽減!
【Dice】 B09_Laura -> 3D6+4 = [5,1,4]+4 = 14
【ラウラ】 14軽減して10点を腰に!残りAP6!
【ラウラ】 アクトはなし!
【ルディア】 これは強い!
【ルディア】 そのまま トカゲにヘビーアタックフレイムエッジ!
【GM】 らじゃ!ルディアダメージかもーん!
【ルディア】 2D+18
【Dice】 B05_Rudia -> 2D+18 = [1,1]+18 = 20
【ルディア】 えええええ
【GM】 どうしたぁああ!おらあああ!
【ルディア】 これでマイナス5入って15!
【ラウラ】「っく、ぇっっ……!?」 身動きがとれない状態で振るわれるドラゴニュートの尾撃。それがラウラの体に当たる瞬間、下腹部に絡みついた触手塊がまるで守るように触手を束ねて防壁となってくれた。その事に困惑するラウラ。
【GM】 だが、それでもダメージは大きい!クソが!!
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!そちらの開幕どうぞ! こちらはアサルト継続するよ!
【ルディア】「くううう!!この!!」ブーツ部分が破壊されながらも炎の槍でそのまま突き抜ける!
【ルディア】 あ アサルトはいってない!
【ラウラ】「どうして、私を、守った……?」 それは恐らく触手の卵の防衛本能なのだろうが、理解できずに困惑しているラウラ。でもとりあえずアサルトフォーメーションはかけなおす!
【ルディア】 19点にしといてGM!
【GM】 ってことは+4点かな?らじゃ!
【ルディア】 です!
【ルディア】「ラウラ…!?大丈夫ですか!?」
【ラウラ】「私は平気です!ルディア、陣形『粋護陣』で……!」 以前もつかった、守りに特化した陣形を指示。それでルディアと共に一度しのぎつつ相手の手を見ようとする――
【ルディア】「はいっ!」陣の名前を聞けば防御の姿勢 相手の動きを見据えるように しっかりと防御体勢に
【ラウラ】 とりあえずまたそっちが先手かな……!
【軍師ケンタウロス】「ほぉ・・・良い具合じゃなぁいか、屈辱に耐えて敗戦から学ぶものだな。おい!陣形『剣閃』いくぞ!」そのまま近接戦闘を支持しつつ逃がさないように矢を降らせる!
【GM】 ではいくぞーー!
【ルディア】「くっ、彼ら…成長している…!?」
【GM】 ラウラに向けて・・・衝撃を伝えない貫通矢を放つ!
【GM】 2d6+9+1 射撃/単体 《能:死点撃:4》
【Dice】 bako_GM -> 2D6+9+1 = [6,2]+9+1 = 18
【GM】 ゾロ目なしか・・・だが!18点ダメージをうけてもらおう!
【ラウラ】 Σ貫通しないよぉ!でも18か!ブロックで4軽減して14点を胸に!
【ラウラ】「っくぁ、っっ!?矢の腕も、上がっている……粋護陣を、抜けてきた……!?」 ケンタウロスの矢が降り注ぎ、光の天幕を貫通して体に襲いかかる。それは体に刺さる事はなかったが、しかしレオタードを激しく割いて乳房がほとんどこぼれ出る状態になってしまい。
【GM】 アクトとラウラの攻撃かもん!
【ラウラ】 AP0なればやったんだが2のこったんでな!まだだ!反撃!さっきと一緒!
【GM】 こーい!
【ラウラ】 2d6+3+8+4-4 とぉう!リザードマンめ!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+3+8+4-4 = [5,5]+3+8+4-4 = 21
【ラウラ】 今度は出目がよい!
【GM】 いてぇぇ!が、竜のタフネスなめるなぁぁ!まだいけるぜ!
【ルディア】 くっ ホントかったい!
【GM】 反撃いくぞぉおお!二人纏めてひん剥く!
【GM】 1d6+10+10+1 白兵/範囲 《能:旋風撃:4》《補:怪力:4》
【Dice】 bako_GM -> 1D6+10+10+1 = [3]+10+10+1 = 24
【GM】 また24点だ!
【ルディア】 んーー
【ラウラ】「まだ、まだです、私の矢は、魔を貫く……!片手打ちでも、見せます!!」 右手が触手に絡みつかれてしまい左手のみとなってしまうが、そこに龍気の矢を生み出して強引に魔力だけで射出する。半ば不意打ちのソレをドラゴニュートにぶつけながら……
【ルディア】 スカート捨てて 口辱あたりを!
【ラウラ】 それを受けて胸AP0になって<コンプレックス:胸><過敏な突起><守るべきもの> にしようかな!
【GM】 ふぅむ
【ラウラ】 問題かい?かえる?
【GM】 いや、このままでだいじょぶよ!
【GM】 RPのタイミングどうしよっかなって・・・v
【ルディア】 あとで回すってのでもいいけど!
【GM】 ルディアが口犯されつつ反撃ってたいみんぐになるけどへーき?
【ルディア】 いいよ!
【GM】 それじゃそれで!RP後、ダメージダイスどうぞ!
【ラウラ】 それでもいいし、リディアの口を犯した所で<守るべきもの>でこっちが受け入れて胸いじられる流れかな……?多分!
【ルディア】 そだね!
【GM】 おまかせするじぇ!
【ルディア】「くうう!!んっあ…」ドラゴニュートの一撃でそのまま地面に転がる。そしてすかさずやってくるドラゴニュート。 目の前に見える…巨大なペニス。そこから自然が離せない。「んぐっんむんんうううう~~~~~!!」頭を掴まれればそのまま喉奥まで突き上げていくペニス。 舌で 口内で擦り上げながら…道具のように 玩具のように扱われ苦しさに涙を流していく。
【ラウラ】「っや――やめて、やめなさいっっ!!ルディアに、そんな事をしないでっっ!」
【ラウラ】 親友が、動きを封じられ、目の前でリザードマンの野太いペニスを咥えさせられるルディアの様子に、耐えきれず声をあげる。
【ラウラ】 するとリザードマン――デミドラゴニュートは動きを止めて、こちらを見た。まるで、代わりにできるのか?とでも言うかのような視線。
【ラウラ】 ソレを見て顔を赤らめながら両手を垂らして残り僅かな布地が覆うだけのGカップの乳房を差し出すと、デミドラゴニュートはルディアの口からペニスを抜いてこちらにやってきた。
【ラウラ】 そして抵抗を見せぬ自分の胸元の残りの布地を完全に引き裂き、勃起した乳首を露出させられ。
【ラウラ】「ん、っく、っぅう……っっっ……!」
【ラウラ】 その乳首を爪で刺激される。痛みのある刺激。だが――前にこのダンジョンで苗床にされた時、触手の目隠しでわからなかったが同じように乳首を爪先でいじめられた記憶が思い出される。
【ラウラ】 まるで、そこに穴を開けようとするような動きは――
【ラウラ】 ▽
【デミドラゴニュート】「シャーー!初メテ、見タ時カラ、コウ、シタカッタゼェ!」愛らしい顔を歪ませ、肉棒を頬張らせる、かみちぎろうとしても、鱗に覆われた剛直は女人の歯がたつわけもない。
【GM】 そうやってむりやりしゃぶらせていると、、、、寄り犯したい相手、どうにも竜気をとりこんでから、やけにそそる雌にみえてしかたないラウラににじりよっていた・・・
【GM】 戦闘中だというのもわすれて、夢中になってラウラの乳首を弄り回す、鋭い爪で、牙で、ギィイイっと痛みを与えながら・・・
【GM】 ▽
【ルディア】「んぐは…はぁあああ……」喉に入り込むペニスの感触 中で脈打つそれの感触。 「ラ、ウラ……!!やめて!!親友をこれ以上…汚さないで!!!」涙を流しながら、槍を握りしめ、ドラゴニュートの後ろから炎の槍で…怒りの力を込めて!
【ルディア】 ヘビーフレイム ファイナルストライク!!
【GM】 ぎょえーー!?
【ルディア】 2D+5D+18 もうマイナスもない!!
【Dice】 B05_Rudia -> 2D+5D+18 = [3,2]+[6,3,1,5,2]+18 = 40
【ルディア】 40!
【ラウラ】 やっちゃえ!!
【GM】 -5で35 さらにアサルとで39であってるかな?
【ルディア】 39だね!
【ルディア】 そうだこれ2ターン目だからあと一回じゃん…!
【GM】 らじゃ!かなりキツイが・・・残念無念、まだいきてるぞ!
【ラウラ】 地味に-5いたい!
【ルディア】 マイナス5がきっつい!
【GM】 まぁこれで消えたんだけどね!
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!互いにアサルと継続でいいかな?
【ラウラ】 いいよ!!
【ルディア】 わあい!
【ルディア】 倒す!
【GM】 ではーーー
【GM】 ラウラばかりだった弓が、ルディアに向かうよ!
【ラウラ】「っく、っぃ、痛……っっ!」 痛みに呻く顔。しかし、どこかそれは艶っぽく、デミドラゴニュートの嗜虐心を刺激していく。このまま、爪をぐい、っと押し込めば乳首に穴があけられるだろう。デミドラゴニュートの手で、消えぬキズが刻まれる。のだが――
【ルディア】 こなくていい!
【GM】 2d6+9+1 射撃/単体 《能:死点撃:4》 ルディアに吹き飛ばさない矢!
【Dice】 bako_GM -> 2D6+9+1 = [4,1]+9+1 = 15
【ルディア】「ラウラっ!!」ラウラを守るためにと必死に見て!
【ルディア】 ハット気が付き槍で受け止める!ガーディング!!
【ルディア】 9点で残り3点残った!
【GM】 ちぃ!しぶとい・・・!
【GM】 ラウラーかもん!
【ルディア】 ボロボロのスカートとショーツを晒したままでも戦い続けるのです
【ルディア】 あああああああああああああ
【ルディア】 ミルクーーーー!!
【ルディア】 胸AP0です!!
【ラウラ】 Σあー!
【ルディア】 おのれええおのれえええええ
【ルディア】 小さすぎる胸 過敏な突起 !
【GM】 あはぁv
【ラウラ】 CP4つかってデッドポイントをドラゴニュートに!
【ラウラ】 2d6+3+8+4-4+4d6 とりゃぁぁあ!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+3+8+4-4+4D6 = [6,4]+3+8+4-4+[6,5,6,4] = 42
【GM】 らじゃー!こっちこい!
【ラウラ】 どごんっ!!
【GM】 うぐうう!きっつぅい!
【GM】 だが、、、だが、、、!耐えた!!
【ラウラ】「ルディア、ルディアっっっ!!」 自分を助けようと決死の突撃をするルディア。――しかしその一撃でドラゴニュートは沈まず、怒りの視線を背後に向けて。ケンタウロスの矢がルディアの動きを阻害し、ドラゴニュートの尾が振り上げられるのを見て今放てる全力の矢をドラゴニュートの胸元に放つ!
【ルディア】 その弓の一撃で 鎧が砕かれ 胸だけが露出したように…ボロボロの服と身体が露わになる!
【GM】 瀕死になったが・・・ギロリとラウラをにらみつけ、、、、膨れ上がる怒気!
【GM】 さって・・・
【GM】 ころしちゃったら、ごめんね★
【ルディア】「んくううううはあ…大丈夫…!…ラウラ!!」ドラゴニュートを見て気づく そのまま ラウラの前に立って!
【GM】 っと、そのまえにやることがったわ・・・!
【ラウラ】 Σひぇっ
【GM】 ルディア 過敏な突起だね?
【ルディア】 と 小さすぎる胸!
【GM】 ☆調教刻印<愛狂笑顔(過敏な突起)>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「BS【責め具】付与」する。
【ルディア】 ひぎ!
【ルディア】 んーーーーーーーー!! いやここは…受ける!
【ルディア】 それで張り付く異物追加していいですか!
【GM】 露になった胸に、しゅるり!っとまきつくのは影の茨!皮膚へ張り付く絵のような茨は、しかしルディアの可愛らしい胸、今や母乳噴き出し腫れ上がるソコをいじめ続ける!
【GM】 次のダメージでどうぞv
【ルディア】 ち!
【GM】 ・・・生き残ればね!
【ラウラ】 ど、ドラゴニュートの攻撃かぁぁ……!
【GM】 というわけでーーーそんな状態のルディアを巻き込んで、渾身の矢をはなったラウラへ、デミドラゴニュートの怒りが爆発!
【GM】 6d6+10+10+1 白兵/範囲/1戦闘1回 《能:旋風撃:4》《補:怪力:4》《直:憤激:0》 怒りの竜気 暴走!!!
【Dice】 bako_GM -> 6D6+10+10+1 = [5,2,1,4,4,6]+10+10+1 = 43
【ルディア】「ひぐっんんっ!!」締め付けられる身体 肌 茨が食い込みぎちぎちと身体を締め付けていく。 乳首からはとろおっと白いミルクが溢れていく。
【ルディア】 なんですと・・・
【GM】 ゾロ目あり、43点だ!!
【ラウラ】 ゾロ目ぇー!?
【ラウラ】 そ、それは死ぬ!
【ラウラ】 AP残ってるけど……致命傷表は+0?
【ルディア】 あーーーぴったり死んだーーー!!
【GM】 致命はそのままだね!
【ラウラ】 てあー!CP使い切ってる!
【GM】 IV順に、致命表どうぞ!
【ラウラ】 1d6+1
【Dice】 B09_Laura -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【ラウラ】 瘴気に襲われ戦場に倒れ伏す。あなたの知らない感覚が全身を襲い、全身が震えて倒れ伏す。
【ラウラ】 行動不能になる。
【ルディア】 そこはダメだーーー!
【GM】 あらあらv
【ルディア】 1D+0 致命傷!
【Dice】 B05_Rudia -> 1D+0 = [1]+0 = 1
【GM】 おぉ
【GM】 胸に宿る消えない炎。倒れかけた身体に力が入る。
【HP】が1にになり戦闘を続行する。
【ラウラ】 かっこいい!!
【ルディア】 立ちあがるよ! ラウラをやられた怒りと悲しみ!
【GM】 立ち上がれたので、あくとも宣言可能だ!
【ラウラ】 あれ、死ぬダメージの時はアクト使えないんだっけ?
【ルディア】 熱い蜜壺 張り付く異物 強制絶頂!!
【GM】 そうだね・・・でないと、死んだあとにリザったりするんで・・・!
【GM】 はぁいv
【GM】 って
【GM】 嬌声絶頂・・・
【GM】 その・・・いいの?v
【ラウラ】 ぎょぇぇー、アクト使えないかぁ、4つしか使えてないぐのの……(しおしお
【ルディア】 大丈夫だよ 問題ない
【ルディア】 2D+6
【Dice】 B05_Rudia -> 2D+6 = [6,2]+6 = 14
【ルディア】 いにしえー!
【ルディア】 3D
【Dice】 B05_Rudia -> 3D = [1,3,1] = 5
【ラウラ】 あ!!
【ルディア】 おい!
【GM】 wwwww
【ラウラ】 古ある!
【GM】 1でのこったね・・・v
【ラウラ】 3d6 回復ぅ!!
【Dice】 B09_Laura -> 3D6 = [6,4,2] = 12
【ラウラ】 12回復!ブロックで4軽減して16分!
【ラウラ】 43-16
【Dice】 B09_Laura -> 43-16 = 27
【ラウラ】 生きてるよ!!!
【ラウラ】 生きてた事にしていいかな……?
【GM】 ん~~~!!
【ラウラ】 (致命傷表ふったしだめ、ならいい!
【ルディア】 ああ、間違えた
【ルディア】 菊辱!
【ルディア】 (入れ忘れてた
【GM】 本来は、アイテムでの復活は無理なんだけど・・・GM権限で許可する!今回だけだよ!(アクトのためだろうからみのがすv
【ラウラ】 わぁいありがとう!
【ラウラ】 じゃあ残りHP8で生き残れた!
【ラウラ】 アクトは<熱い蜜壺><付けられた種><体内孵化><異形の交合>で!
【GM】 それじゃラウラもアクト宣言どうぞ!RPがおわったら、HP1で復活したルディアの攻撃どうぞv
【ラウラ】 2d6+1 体内孵化判定!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+1 = [4,6]+1 = 11
【ラウラ】 がんばったんだけどなー![託卵]解除不可で終了後[妊娠]!
【ラウラ】 2d6+8 異形の交合!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+8 = [2,1]+8 = 11
【ラウラ】 アブナイ!トラウマにはならなかった!
【ラウラ】 RP分はあとでやりたいかな……だめ?(おもきしレイプされたい
【GM】 らじゃ、それじゃ、あとでまとめてで!
【ルディア】 同じく!
【GM】 ルディア、反撃カモン!
【ルディア】 時間的にもバトルを先に終わらせる!
【ルディア】 コンボは同じで! 
【GM】 こぉい!
【ルディア】 ドラゴニュートさん覚悟! ファイナルもつけて!
【GM】 MPが足りるといいな・・・!
【ルディア】 7D+18 確実に!
【Dice】 B05_Rudia -> 7D+18 = [3,3,6,1,2,1,5]+18 = 39
【ルディア】 実はこれでぴったりなの(
【GM】 ぐふぅうう!さすがにそれはたえきれぬ!
【GM】 デミドラゴニュートはふきとんだ!
【GM】 お陰で軍師ケンタウロスが前に・・・!
【ルディア】「はあああああああああああああ!!!!」
【ルディア】 怒りの込めた炎の槍 ドラゴニュートの胸を串刺しにしてからその炎で包む!
【ラウラ】「ん、っくぅ……!ルディア!よし、あとは、あのケンタウロスを狙いましょう……!」
【ルディア】「はぁ…はぁ…はぁ…」息が荒くなる。先程絶頂できなかったブンを我慢したこと 今の戦いで体力は既に…限界に近かった。
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!お互いアサルト維持でいいかな!
【ラウラ】 とりあえず、アサルトフォーメーションは維持!
【GM】 よし・・・!
【GM】 それじゃこちらのたーん!
【GM】 ちょっと卑怯だが・・・コレも勝負だ
【ラウラ】 先手とれないのきちゅい……
【GM】 ☆調教刻印<姫龍の気配(異形の結合)>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「次のダメージに-8」する。
【GM】 ラウラ、抵抗するかい・・・?(にっこり
【ラウラ】 ぎょええぇぇ……!?
【ラウラ】 3d6 おらぁー!
【Dice】 B09_Laura -> 3D6 = [2,5,3] = 10
【ルディア】 ここで来たか!
【ラウラ】 でたぁ!
【GM】 ちぃ!
【GM】 まぁCP消費を押さえたのだ・・・よしとしよう!
【GM】 ではーーーケンタウロスの攻撃!
【ルディア】 よし よし!
【ラウラ】「ま、だ、まだです、ルディア、立ちなさい、っっ……!魔物に、屈しては、いけませんっっ……!」
【GM】 ルディアに向けて、吹き飛ばす矢を放つ!
【GM】 2d6+9+1 射撃/単体 前衛は後衛へ、後衛は前衛へ強制移動《能:死点撃:4》《補:インパクト:1》 ルディア、沈め!!
【Dice】 bako_GM -> 2D6+9+1 = [5,6]+9+1 = 21
【ラウラ】 力尽き、槍に凭れてへたれこむ親友を見て檄を飛ばしつつ、龍気の矢を生み出し。
【GM】 本気すぎたw
【ラウラ】 本気しゅぎる!?
【ルディア】 ふあ!?
【GM】 さー、死なないようにCPをつぎこむがいい♪
【ルディア】 ガーディング! ポテンシャル3点…!
【ルディア】 いやうーーーん
【ルディア】 いやだめだ3Dじゃ無理! ミルクが邪魔!
【ルディア】 いや大丈夫きっと立つ おちるよ!
【ルディア】 1D+0 致命
【Dice】 B05_Rudia -> 1D+0 = [1]+0 = 1
【ルディア】 ふん!
【GM】 !?
【ラウラ】 しゅごい!!?!?
【GM】 だが、後列にはふっとばした!
【GM】 補助移動でMP3はかくじつだもん!
【GM】 (くやしい
【GM】 では、らうら>ルディア、で 攻撃カモン!
【ラウラ】 んぐー!
【ルディア】「うあ…くうはああ・・・・」そのまま後ろに吹き飛ぶ だが……「だ…まだです……ラウラがまだ 頑張ってるんですから…!!」内股になりながら槍を杖のようにして立ちあがる
【ラウラ】 余裕とか言えない!CP6つっこんで行くよぉ!!
【GM】 こい!
【ラウラ】 2d6+3+8+4-4+6d6 とりゃあぁ!
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+3+8+4-4+6D6 = [6,4]+3+8+4-4+[5,6,1,1,1,4] = 39
【ラウラ】 111・・・!?
【GM】 あ、あぶなぁい!耐えた!
【GM】 といっても、耐えただけで、ふらふらしている・・・!
【ラウラ】「えぇ、ルディアがいる限り、私は負けない、負けません――!だから、っっ!!」 番えた矢、放たれた龍気。それは光の砲となりケンタウロスを確実に貫く!
【ルディア】 そしてそれに続くように 補助でステップで前に出て 香木のかけら!! MPは5になって
【ルディア】 ここで一気に極める!!
【GM】 うぐぅ!
【ルディア】 フレイムエッジ ヘビーアタック ファイナルストライクにポテ3!
【ルディア】 2D+5D+3D+18
【Dice】 B05_Rudia -> 2D+5D+3D+18 = [4,6]+[5,2,6,2,3]+[1,6,2]+18 = 55
【GM】 ひえぇぇぇ!?
【ルディア】 55!! これで全部出し切ったよ!
【GM】 たえれるわけがない!ケンタウロスは木っ端のようにふっとんで、奥の扉に激突した!
【ルディア】「はあああああああああああああああああああああっ!!!」光の後にやってくるのは炎の塊! 槍を前に突き出し燃えるようにしながら突き進む!
【GM】 炎が収まると、魔物は動かず、あなた達の勝利を告げている・・・・
【GM】 ほっと、一息つくことが出来る僅かな時間が、命取りだった。
【GM】 ラウラの体内、孵化するための活力を求めて、卵がぐんぐん力を奪うと同時に、膣から飛び出そうと大きくなっていくー!
【GM】 ラウラ、託卵のダメージ判定どうぞ・・・!
【ラウラ】 ふぁー!?
【ラウラ】 3d6
【Dice】 B09_Laura -> 3D6 = [6,4,6] = 16
【GM】 wwwww
【ラウラ】 Σ殺意たかすぎる
【ルディア】 うわあああ!?
【ラウラ】 それは死んだぁぁぁ
【ラウラ】 1d6+1 致命傷表
【Dice】 B09_Laura -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【ラウラ】 5すきだな!気絶!
【ルディア】 じゃあその光景を見るんですね・・・!
【ラウラ】「っは、ぁぅ……ルディア、また、ここで脱出――ッッッ!?」 もう、これ以上進むのは不可能だ。今回も魔人を討伐できなかった。そう姫様に報告しなければいけない、という事に頭を抑えようとした瞬間。
【ラウラ】 ――どくん。
【ラウラ】 腸内に吐き出された、触手の卵が孵る。
【ラウラ】 体内で孵化した卵はそのままぱりんと弾けて中の淫液を溢れ出し、ラウラの体を強制的な絶頂状態へと持ち上げて。そこで――じゅっぽんっっ♪と音をたて、アナルに入りっぱなしだった触手が抜ける。
【ラウラ】 ルディアの前に、開きっぱなしのアナルが晒される。そこから――にゅるるっ、と赤黒い触手が『産まれ』て、出て行く様をルディアにまた、見せてしまうのだ。
【ラウラ】 ▽
【ルディア】「ラウラ・・?ラウラ!?あ …あ・・・あっ……」真っ赤になりながらラウラの光景を見てしまう。 生まれ落ちた触手 その出てきた場所は…大事な親友のアナルから。 ヒクヒクしているその場所をじっと見てしまう。視線もそらせない…どこかそれが…”心地よさそう”に見てしまったせいで。
【ルディア】 ▽
【GM】 ラウラが気持ち良さそうに出産アクメを決め、、、それをうらやんだルディア。
【GM】 その欲望に、胸をいじめていた影茨が反応するとざわざわと足元のルディアの影から茨が湧き出す。
【GM】 それは、幾重にも折り重なり、絡みつきーーーーやがて一頭の馬の姿を取る。
【GM】 ルディアだけはみまちがいようもない、愛馬クレセントの影。
【GM】 その影の愛馬が、ルディアの眼前に迫り、ブルルゥン!と記憶と寸分たがわぬ「彼」の剛直をつきつけた。
【GM】 ▽
【GM】 ふたりとも、致命表どうぞ!
【ルディア】「え…あ…あ……」目の前に現れた愛する馬…それを見て…
【ルディア】 2D
【Dice】 B05_Rudia -> 2D = [3,3] = 6
【ラウラ】 ぼくはもう振ったあと!死んでる!
【ルディア】 じゃない1Dだけど3だね!
【GM】 SPの上昇をみるだけなので結果はかわらないぞ!
【ルディア】 SPは増えないね!(
【GM】 ラウラは5 ルディは3 で変化なしかな!
【ラウラ】 です……!
【ルディア】 なしー
【GM】 では、ラウラ 1d6+0で全滅表どぞv
【ラウラ】 1d6+0 とりゃぁあ!
【Dice】 B09_Laura -> 1D6+0 = [5]+0 = 5
【ラウラ】 Σひぇ
【ラウラ】 その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【SP】+2する。
【ラウラ】 好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【ルディア】 わあお
【GM】 では、ラウラから判定どぞ!
【ラウラ】 2d6+1
【Dice】 B09_Laura -> 2D6+1 = [2,6]+1 = 9
【ラウラ】 もう妊娠してるからね!
【GM】 妊娠重複でSP+5かな
【ラウラ】 あれ重複するの?
【ラウラ】 しないと思ってた
【GM】 あ、今回はない!
【GM】 次回からだv
【ラウラ】 よかった!
【ルディア】 じゃあ次私かな!
【GM】 妊娠を解除するならSP+2で出産敗北RPをどうぞ!
【GM】 ルディどうぞ!
【ルディア】 2D+1 
【Dice】 B05_Rudia -> 2D+1 = [1,2]+1 = 4
【GM】 ww
【ルディア】 妊娠しますね!
【ラウラ】 ふたりともしっかり孕まされる……
【ルディア】 おそろいだもん♪
【ラウラ】 ルディアったら……もう♪
【ルディア】 えへへ
【ルディア】  
【ルディア】 ゾクリと身体が大きく震える…大好きな愛馬。 気がつけばただ立ち尽くし……
【ルディア】「~~~~~~~~~~~~~ーーーーーーーーーーーーー!!!vvvv」声にならないほどの喘ぎ声をあげながら。ずっぽりと極太の馬ペニスを膣内に 子宮奥まで貫かれる。 イキ狂ったかのように身体を大きく震わせ腰が上がったまま…パクパクと口を何度も開く。 ”幸福感”  ”気持ちいい” ”愛する馬”に処女は捧げられなかったけど…それでも今目の前にいる”愛する馬”に自分の体を捧げたこと。 溜まった性欲が開放されてから「~~
【ルディア】 ~っ!!ーーー~~~~~~ーーーーっvvvv!!vvvv~~~~ーーーー~~~~~~~~vvv」もはや言葉でもない獣のようにその行為に悦び喘ぎ狂いそして……大量のザーメン。お腹がそれだけで満たされるほどの量が入り込めば…それは本当に幸せな感覚。 全身を痙攣させながらその場で…気を失って…。
【ルディア】 ▽
【ラウラ】「っだ、だめ、ルディア、ルディア、逃げ、む、んぶぅっっっ――っっっ!!」
【ラウラ】 強制的な触手出産により再びすべての力を奪われたラウラ。これは、以前以上に危険だと判断してルディアに撤退を指示する。だが、その言葉の途中で触手が口内に潜り込み、口腔を犯しながら今まで放置されていた膣穴にも触手が潜り込んできて。
【ラウラ】 両手両足を触手に拘束されて身動きが取れない状態のまま、尻穴から触手を出産しつつ膣穴を犯され体に回る瘴気に瞳を濁らせていく。
【ラウラ】 乳房に絡みついた触手が根本をきゅ、っと絞るとあまい香りの母乳がぴゅるるっ、と溢れてしまい――
【ラウラ】「んっぶっ♪っふぐ♪んぅ♪っっっっ~~~~~~~ッッ♪♪」
【ラウラ】 微かに見えるルディアの姿。黒い、影で出来た馬にのしかかられる彼女の顔は――何処か、幸せそうで。
【ラウラ】 ルディアの大きくなった乳房を見つつ、彼女の下腹部にも同じペアの刻印が……淫紋が瘴気汚染で刻まれていくのを見つつ、触手が目元を覆い隠して全ては闇に――
【ラウラ】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 ずぷん、ずずずずず・・・失神し、闇に覆われた二人の姫騎兵は、自らの影に沈んでいく。
【GM】 ペアの支配する空間で己を見失うことの恐怖と幸福を、その身体に叩き込んでいくために。
【GM】 倒された魔物達の嬲り者にされ、触手の苗床になり、果ては影茨によって敗北のを心身ともに刻まれる。
【GM】 決して消えない茨に縛られ双子の紋章が小さく焼き付けられたのをみてペアは頷く。
【ペア】「今回は、陣形知識や怒れる竜気の提供には感謝しているからね。家に返してあげよう・・・ご両親や仲間にしっかり伝えておくれ。今日の出来事を、私達にはむかう愚かさをね・・・」
【GM】 数時間、いや、数日後なのかもしれないが・・・ルディアとラウラは、愛竜と愛馬の待つ洞窟入り口へと投げ捨てられ、開放されたのだった
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG ランドリューフ戦記「双辱の姫騎兵~勝利の代価~」BAD-END
【GM】  
【GM】 PC1リザルト:ラウラ
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:9(5+2+2) + CP:16 + 戦略:2 + 軍団:0 + 装備効果 0=47
【GM】 [ミアスマ]基礎:8 + SP上昇分:8.0(SP60上限) = 16.0 [SP] 16 [名声] 0 [BS] なし(妊娠解除)
【GM】 [魔物刻印] ジェミニ・デグデイション [人脈/任意] ルディア(PC)
【GM】  
【GM】 PC2リザルト:ルディア
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:9(5+2+2) + CP:11 + 戦略:4 + 軍団:0 + 装備効果 0=44
【GM】 [ミアスマ]基礎:8 + SP上昇分:6.5(SP60上限) = 14.5 [SP] 13 [名声] 0 [BS] なし(妊娠解除)
【GM】 [魔物刻印] ジェミニ・デグデイション [人脈/任意] ラウラ(PC)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:なし)
【GM】 [ミアスマ]基礎:24(12+12) + タッグ:5 + アクト:16 + 敗北:0(0+0) + 軍団施設:0 = 45
【GM】 [侵略点]基礎:8(4+4) + アクト:8(4+4) + 勝利:2(1+1) + 軍団施設:1 + ロスト:0 = 19
【GM】 [その他]ポーン兵1体+ルーク兵0体+再生用ミアスマ+0
【GM】  
【GM】 シナリオは以上になります!お疲れ様でした!
【ラウラ】 1周間!
【ラウラ】 1週間苗床生活してた!
【GM】 www
【ルディア】 一週間苗床生活して
【ルディア】 ラウラの側で一緒に犯されてた感じに(?
【ラウラ】 1d70
【Dice】 B09_Laura -> 1D70 = [42] = 42
【ラウラ】 42匹産んだよ!
【ルディア】 1D100
【Dice】 B05_Rudia -> 1D100 = [96] = 96
【ルディア】 あーーー
【GM】 いっぱいだなぁ・・・v
【ラウラ】 一気にルディアが子沢山……
【ルディア】 96匹… 産みました……クレセントの子(ぽ
【GM】 クレセント(真)「ぶひぃ!?(僕たねつけしてないよ!?)」
【ラウラ】 多分ラウラは時々生産中止してドラゴニュートくんの性処理してたからです!
【ルディア】 ふふそんな照れなくてもいいんですよクレセント(ポポ