【GM】  
【GM】 1d6
【Dice】 bako_GM -> 1D6 = [1] = 1
【GM】 いつもダイスに感謝を!
【GM】  
【GM】 ぷれぜんてっどばい ばこ!ぷれいやーいず さゆき!
【アンナ】 わー、わー
【GM】 まずは自己紹介・・・という名の常連さんあいてのデリヘル日記どうぞーv
【GM】 ▽
【アンナ】「とゆうわけでお兄ちゃん…アンナ、教会にお仕事に行ったんだけど、上手く行かなかったの…」そばにいる人がご主人様と最初のお兄さんなので知らず知らずのうちに相談するような感じになってたりする。ちんちんをしゃぶりながらそんな相談をするのだ。
【アンナ】「あんな信仰の形もあったのですね… v アンナ、夜のミサ、しっかりできるシスターさんになるの…//」
【アンナ】「お胸…ずいぶん大きくてじゃまだけど…あの道具が入ってたときの大きさ、わすれられないの…。まるでアンナにお胸がついてるんじゃなくてお胸にアンナがついてるみたいな… v うう、思い出すとオマンコがじゅぷじゅぷってちんぽいれてほしくなっちゃうよぅ v 」ご主人様にこないだあったことの報告をしたりおっぱいの変化を報告したりもしたりする。
【アンナ】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%A2%A5%F3%A5%CA+%3D+%A5%D9%A5%EB%A5%AF%A5%B7%A5%E5%A5%C8%A5%EC%A1%BC%A5%E0%A1%CA%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%CB
【アンナ】 ▽
【GM】 すっかり歪んだ常識を受け入れる下地ができましたね!
【GM】 ☆アンナの常連さん:1人:魔王城相当(その他):セッション開始時、PCは「CP+1~20/SP+1~20」を得る。 解説:デリヘル人形アンナを気に入り、毎週呼んでくれる固定客との情事。
【GM】 今回は常連さん一人(CP+2/SP+2)をプレゼントするよ!
【GM】 ▽(シーンアクトを1つ宣言可能です!
【アンナ】 じゃーえっと…[喉を灼く淫熱]をもらおーかな!最近はお腹が空いたときにちんちん咥えるのに抵抗が薄れてきてるのだ…ダメだとは思いつつも//
【GM】 Oh ここでつかっちゃうのね・・・!
【アンナ】 あ、まずそーだ
【アンナ】 じゃーえっとえっと…
【アンナ】 同じような感じで[自らの動き]にしておこう!
【GM】 はぁいv ごめんねーv
【GM】 今夜のメインになりそうなアクトだったからさ・・・v
【アンナ】 いいのいいの!きっと後で素敵に料理してもらえるのだ//
【アンナ】 うふふ♪
【GM】 では、Cp2SP1をあたえたところで・・・シナリオスタートだ!
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【デリヘルドール】愛玩人形アンナ、大人のおままごとセット【3体目】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】 アリスの屋敷:作業部屋
【GM】  
【GM】 常連さんへのデリバリーが終わった後、アンナが目を覚ますのは、いつもこのアリスの作業部屋だった。
【GM】 今日も常連のお兄さんの精液をたっぷりお腹の辺りに感じながら起き上がろうとして、失敗する。
【GM】 見た目はいつも通りのアンナの人形ボディだが、手足に力が入りにくく、起き上がることすら難しい。
【GM】 ▽
【アンナ】「ご主人様の…お部屋…」最近はお仕事に使われた後にこういう形で回収されることにも慣れてきた。突然意識のブレーカーが堕ちてお部屋で目覚めるのはちょっと怖かったりしたものだけれども。
【アンナ】 前回の教会のときから、アンナの奥底で何かが少し変わってしまった気がする。やっぱり…神様を信仰する形としての夜のミサの存在を知ったのが大きいのだろう。おとなになってシスターになりたかったアンナはひと足早くそれに混ぜてもらった。そこで…気持ちよくなったときに間違いなく神様の声を聞いたのだ。
【アンナ】「…ふぁ… v 」お腹の奥いっぱいの精液。それがきゅんきゅんとわかるぐらい吸収されるのがとてもとても心地良い。すっと目を閉じて膨らんだお腹に手を載せようとするが…とても重い、いや、そもそも動かない…?
【アンナ】「ご主人様…!アンナの手足が、動かないの…!!」自身が人形になってしまったことにもだいぶ慣れてきたのもあって、自身の体のことはすべてご主人様におまかせしているアンナ。もしかすると手足の不調なのかもしれない。こんな体じゃご奉仕できないかもしれない…。そんな風にデリバリードールとしての自分がまず最初に出てきてしまうのだ。
【アンナ】 ▽
【アリス】「あら、起きたのね。お帰りなさいアンナ。実は明日予約が入ったの…うごかないのは、その顧客向けの調整をしているだけだから安心して従いなさい。」
【GM】 カチャカチャと隣のテーブルで動物のような四肢のついた人形をいじくっていたアリスは、作業の手を止めるとアンナを宥める。
【アリス】「随分いっぱい注いでもらったようね?折角だし、その精液を使って調整してしまいましょうか。」
【GM】 そういってアリスがアンナのおへそにあるダイヤに触れると…お腹の中の満足感が、急激な尿意となってアンナを苛みます。
【GM】 ☆四肢脱力:目標値11:PCは「任意の能力3つ」それぞれで一般判定。失敗した数だけ罠が強化される。(例:運動以外の体/知/魔で3回判定、2つ成功なら強化1つ。
【GM】 今回は『SS』幼児調教(Ro罠)に「乱打(+1d6)」を3つ追加しちゃうよ!どの能力でどの効果を阻止するか宣言して下さい!
【GM】 ▽(RPどうぞ♪その後、罠突破戦闘開始だよ!
【アンナ】 (らじゃにゃし!
【アンナ】 まずは…一番高い魔力!
【アンナ】 2D+8 これはいけるはずっ
【Dice】 b06_Anna -> 2D+8 = [3,4]+8 = 15
【GM】 むむ
【GM】 魔力で一つクリア!
【GM】 残り2つ!
【アンナ】 淫乱症でHPはんぶんだからね!ちょっとしんちょうなかんじなのだ…!
【アンナ】 次は知力!
【アンナ】 2D+5 おねがいっ
【Dice】 b06_Anna -> 2D+5 = [6,5]+5 = 16
【GM】 ひーーー!
【アンナ】 ここまではだいじょぶ!
【アンナ】 次は…運動!
【アンナ】 ポテンシャル1点入れて…
【アンナ】 3D1
【Dice】 b06_Anna -> 3D1 = [1,1,1] = 3
【アンナ】 ぁぁ;
【GM】 ww
【アンナ】 なかなかありだとおもいます、あきらめもつくってものだ…!
【GM】 では、1つ失敗で+1d6された・・・手足が少し力が戻り、ハイハイできるくらいかな?(全部クリアだとヨチヨチ歩きでしたv
【アンナ】 どきどき//
【アンナ】 その失敗はおいしかったなぁ…//
【GM】 ではー・・・罠戦闘開始だ!エロールは戦闘後まとめてでいいかな!
【アンナ】 はいにゃ!
【GM】 ではーーー
【GM】  
【GM】 『ストリーミング・ショウ』幼児調教(TP:24/任意/迷宮:乱打1)
【GM】 そちらの行動からどぞーー!
【アンナ】 はいっ!任意だから…魔力で突破を試みます!
【アンナ】 2D+8 ていてーい
【Dice】 b06_Anna -> 2D+8 = [4,2]+8 = 14
【GM】 TP24>10 いっきにへった!・・・がこれでいいのだ・・・!
【GM】 調教のターンだv
【GM】 2d6+1d6+4+2+2+1 単体 ダメージ+アクト数+名声*2+魔物刻印*2&[尿意][拘束]付与。
【Dice】 bako_GM -> 2D6+1D6+4+2+2+1 = [3,2]+[1]+4+2+2+1 = 15
【アンナ】 ふにゃぁぁ//
【GM】 あふん! ゾロ目なし・・・尿意拘束付与の15点だ!
【アンナ】 シールドで10点防いで…腰APで受けて残り11点!
【アンナ】 アクトは取っておこう…
【GM】 ではーーそちらのターン!拘束の-4されての突破どうぞ・・・v
【アンナ】 うう、拘束おおきい//
【アンナ】 2D+8-4
【Dice】 b06_Anna -> 2D+8-4 = [4,3]+8-4 = 11
【GM】 ぴぃ!
【アンナ】 あぶなかった!
【GM】 TP10>11 たりてしまった!
【アンナ】 でもBSはのこりつづけるのだ…//
【GM】 では、拘束は解除されたが・・・尿意はのこるぞ!
【アンナ】 そっか、拘束はなおるのね!
【GM】 罠拘束の仕様ですからねv
【アンナ】 ふむふむ//
【GM】 ではでは、調教エロール!
【GM】  
【GM】  
【アリス】「あら?四肢の弱化が低くなってる・・・人形に無い尿意を想起させたせいで、魂に残った運動能力にひきずられたのかしら・・・ハイハイくらいはできるのかしらね、その胸が邪魔そうだけど。」
【GM】 さっと手をどかすと、くにくにと布越しにアンナの股間をゆびでいじりだす・・・逸れは膣口の少し上クリトリスの下という位置。
【GM】 尿意を催したアンナを追い詰めるように尿道責めをその繊細な指で施していく。
【GM】 ▽
【クリス】「四肢が…弱体…。ハイハイしか、できない…?」ご主人様の行ってることが難しくてよくわからないけど、ハイハイしかできないって言うことの意味はわかる。しかも胸のせいで動くのが大変とか…
【アンナ】「ご主人様… v えっと、これは、どう、いうっ… v 」ご主人様の手がアンナのオマンコに近づくだけで節操なく甘い香りの潤滑液を吐き出し始めるアンナ。大きなお尻をプルプルと振りながら期待する。でも…期待した部分ではなくそれはおしっこ穴に向けられていたのだ。
【アンナ】 くにゅくにゅといじられるおしっこ穴。協会にいる頃少し前にやっとオムツを卒業したアンナ。あの体のままならこれぐらいではなんともなかったはずなのだが…指でツンツンとされただけで決壊しそうになるおしっこ穴。それどころかもっともっと奥の部分…人口的に作られた膀胱みたいなところにはどんどんどんどんおしっこが溜まっている気さえするのだ。
【アンナ】 ▽
【アリス】「潮吹きの為に、一応膀胱はつくっておいたのよ?まぁ、今は少し弄って黄色いおしっこがどんどん湧いてきているんだけどね・・・そんなに大きく作ってないから、我慢なんてできないわよ?」
【GM】 クスクスと笑いながら、更に尿道に指をこすりつけるとーーーつぷんvっと指先が小さな尿道口に入り込む・・・我慢している小さな尿道に締め付けれる指をクイクイッと動かして更に刺激してあげる。
【アリス】「まぁ、今回の顧客はそういうのが好みらしくってね・・・タップリ我慢して、我慢させて・・・でも、おトイレにも行けない身体で、おもらしをみせつけるのよ?わかったわね?」
【GM】 ついには指をにょうどうにずっぷり埋め、グリグリグリグリ…抉るように手首を回して尿道をねじり、未知の快感を開発させていく・・・
【GM】 ▽
【アンナ】「ふひぃ… v だめっ… v そこだけは、だめぇ… v せっかく、おねーちゃんになったのに、おもらししたら、アンナ、あん…なぁ… v 」きゅっきゅと閉じて結界を防ごうとするおしっこ穴。でも挿入も想定されて作られたその穴はいともたやすくご主人様の指を咥え込む。そうしてくわえ込んだ指ごと決壊を防ぐようにきゅうきゅうと締め付けるその感じは…オマンコの上にもう一つのオマンコがあるような感じだ。
【アンナ】 おしっこ穴に入り込んだ指を締め付けるとその感覚が壁越しに子宮まで伝わってあれほど精液をもらったにも関わらずまた精液が欲しくなる。それだけじゃない。ご主人様の言うとおり小さな膀胱のようなところに溜まったおしっこは…外に出せなくてどんどん溜まっていく感じがする。目に見えてわかることはないがどんどん膨らまされてお腹が重くなっているような気さえするのだ。
【アンナ】「なんで…なんで、こんなに、きもちいのう… v 」こ子で気持ちよくなるのも夜のシスターになるのに必要なのかしら、そんなことすら薄っすらと思ってしまうのだ。
【アンナ】 ▽
【アリス】「あら、言ってなかったわね。アンナ、今日のお客様の前では貴女は赤ちゃんよ?されるがまま、おトイレもいけずに、与えられたモノに、快感に身を委ねるだけの可愛い可愛いベビードールになるのよ・・・♪」
【GM】 更に指を尿道にねじ込むと指が根元までうまりつぷぅんvと尿道を通り抜けて膀胱に爪先がめりこませるとくりり、ぐるり、ゆっくり拡げる様に回転させていく・・・。同時に、テーブルの上に用意されていた哺乳瓶を手に取ると・・・チャぷチャぷ揺らしてその中身をアンナに見せ付けた。
【アリス】「この感覚を覚えておきなさい?しっかりおぼえて・・・お漏らしできるようになるのよ?そうすれば、ご褒美をあげるわ・・・みえる?これよ、、、搾りたて、たっぷり濃厚ザーメンよ♪」
【GM】 尿道をすっかりひろげ、膀胱まで直通にさせた指を、言い終えると同時に一気に引き抜いてしまう・・・挿入には違和感を覚えたその穴は、引き抜く時には数倍の快楽と開放感・・・排泄快感を伴った絶頂を引き起こす。
【GM】 ▽
【アンナ】「アンナ…おとなに、なり、たいのに…赤ちゃんなんてぇ… v 」以前なら心から嫌だったはずなのになぜか心の底から嫌って思えないアンナ。
【アンナ】 つぷぷっと最奥までこじ開けられちゃったおしっこ穴はもう一切の抵抗ができない。締め付けても指をキュッキュとするだけだ。それどころか指のさきっぽが入ったことでマスマスお膀胱が押し広げられている気さえする。
【アンナ】「あ…それ、そ、それ… v 」おしっこ穴もすごく気になるが目の前にある哺乳瓶に入っているザーメン。あれこそがアンナの主食で燃費の悪いこの体を維持するもの。そしていまは…それ以上にあれに夢中になってしまっているのだ。デリバリーを続けて気持ちよくしてもらっている内にアレの美味しさを、匂いを教え込まれてしまったアンナの嫌悪感はかなり薄くなっている。
【アンナ】「んぁぁぁぁぁっっっ v v v で、でりゅ、でりゅ… v でてりゅ v アンナがせっかく、おねーちゃんに、なれてたのに、おねーちゃん分もでてりゅ、でてりゅぅ… v v v 」チュぽんと引き抜かれると吹き出るおしっこ。オマンコのお肉にあたって上手く放物線を描けないまま、スプリンクラーのように吹き散らかしてしまう。でも…すごくすごくきもちがいい… v いままでおしっこでこんなエッチな気も血になったこと
【アンナ】 なかったのに、おぼえちゃう、くせになっちゃう… v
【アンナ】 ご主人様が言うとおり尿意がアンナに影響をもたらしたのか右手の親指をいつの間にかアンナは口でしゃぶっていたりするのだ。
【アンナ】 ▽
【アリス】「良く出来ました♪飲み込みのいい子は好きよv・・・さ、ご褒美のざーめんよ?いやらしく、ちゅーちゅーしましょーね?」じょぼじょぼと溢れ、テーブルの上にシミを作るアンナの上体を抱きかかえて上げると、手にした哺乳瓶を口元にもっていき、放尿で呆けた唇にツンツンとつついておしえてあげる。
【アリス】「次は」
【アリス】「次は、このザーメンを飲んで溜まったおしっこを、綺麗にしーしーするのよ?おててでおまんこをくぱぁして、きれーに飛ばすの・・・うふふvそれがおわったら、オムツの中にさせるのもいいわね・・・あぁ、可愛いわね、、、やっぱり母性本能をくすぐるのかしら、、コレ♪」沸き上がる興奮と創作意欲を溢れさせながら、哺乳瓶を飲みやすいように傾けて次のお漏らしの為におしっこ穴をくにくになでてあげる・・・
【GM】 ▽
【アンナ】「んぁ…うん… v 」唇にツンツンと押し付けられると昔そうして飲んでいた頃の習慣か自然に口から親指を引き出して哺乳瓶を口に含む。
【アンナ】 そうすると口の中に広がる生臭い味と香り。飲みづらく絡む感じのそれが喉に引っかからないように手慣れた感じで飲み込んでゆくアンナ。言われるがまま、両手でオマンコを広げてみせると…おしっこが綺麗に放物線を描いて飛ぶのだ。先程よりも引っかかる感じがなくなり方からお腹までほっとする感じとともに全部、全部外に出ていく感じ…。
【アンナ】「んむっ… v んんっ… v ふっ… v 」哺乳瓶をちゅっちゅおと飲みながらご主人様の指でリードしながらおもらしをどんどん覚えていくのだ。
【アンナ】 ▽
【アリス】「いいわね、最初は汚れるからいやだったけれど・・・いい衣装が出来そうだわ・・・♪」どんどんお漏らしを覚え、快楽を仕込まれていくアンナに似合うお洋服を妄想するのでした・・・
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:とあるラブホテル
【GM】  
【淫魔】「あーーー、ミスったわぁ…まさか呪詛返しでアタシがふたなりになるなんて。…まぁ、私の術だし解除法もわかってるからいいんだけど…」
【GM】 市内にある豪華なラブホテルの一室で、滑らかな褐色肌を晒している。
【GM】 金髪の合間から尖った耳を赤く染め、背中の羽をぴくひく動かす淫魔。
【GM】 ヒロイン相手に不覚を取り、倍化した巨乳に口元まで届く陰茎…
【GM】 呪いのふたなりちんぽを挟んでセルフパイズリしながらぼやく。
【GM】 ベッドの上にはもう一つの影…赤ん坊のように涎掛けとオムツだけの格好をした人形…
【GM】 アンナのお臍に指輪をさっとかざして、パイズリで溜めた瘴気を送り込む。
【淫魔】「おはようアンナちゃん♪今日のお客はア・タ・シ♪…自慰じゃ射精できないおちんぽの処理、手伝ってよね♪」
【GM】 ▽(RPどうぞ♪その後戦闘開始だ!
【アンナ】 (はいにゃ!
【アンナ】「んっ…」おもらしと哺乳瓶で美味しいザーメンをもらって…よくわからなくなってる内にいつの間にかここにいたアンナ。どうやらまたデリバリーらしい。
【アンナ】 相変わらず上手く動かない手足。そしてさっきと違って…裸じゃない。と言っても服と言うにはあまりにも心細い格好…大きなお尻をすっぽり包む特注の布おむつに大きな胸の前のせいで小さく見えるよだれかけ。
【アンナ】 そんなところに声をかけてきたお姉さんの声。この人が今日のお客さんらしい。
【アンナ】「え…お姉さん、悪魔…!」教会にいてシスターになりたいと思っていたアンナにとって悪魔は神様に悪いって言われてる存在なのだ。このお姉さんは、悪い人なんだろうか。でも…、あの、大きなちんちんからする匂いがアンナのお花をひくつかせ、それから視線が外せないのだ。
【アンナ】 ▽
【淫魔】「ん?あっ、あー・・・んふふv 安心していいわよーv あたしはぁ、呪いを受けて、こーんなふうになっちゃったのぉ♪」悪魔である事を否定しないが、誤解させるような煙に巻くと、むにむにvくにゅりv見せ付けながらセルフパイズリをしていく・・・巨大なちんぽが同じく大きなおっぱいに包まれてむにゅりむにゅりと歪む光景は性別年齢問わず性を呼び起こし、視線を釘付けにスル・・・
【淫魔】「おねえさんはぁ、このおちんちんを、い~~~っぱいvびゅーー♪したいのぉ・・・そうしないと、呪いが解けない可愛そうなあたしを、たすけて?ね?おねがいぃ♪」すっかり射精寸前になったおちんぽは、ガチガチに勃起して反り返る。
【GM】 そんな肉棒を強引にアンナの口元に亀頭をおろしていくと・・・男根の生臭い青臭さと、女性の甘ったるい芳香が混じった妙な肉棒の香りがアンナの鼻をツゥンと刺激する。
【GM】 ▽
【アンナ】「(悪魔って、やっぱりいたんだ…。本当に人の心に甘いことを囁いて…ダメにする子って効いたの本当だったんだ…)」ちんちんに惹かれていく自分。間違いなく…その素敵な形と匂いのせいだ。
【アンナ】「え…のろ、い…?」悪魔でも呪いにかかったりするんだろうか。でも、悪人でも病気になるしそういうこともあるのかもしれない。シスターになって沢山の人を救いたいアンナは、そんなお姉さんの言うことを疑わずに聞いてしまうのだ。
【アンナ】「ほんとうに…いっぱい、だすとなおるの…?だったら、アンナ、お手伝いする…」いっぱい出すってことは…飲ませて、もらえる…。自分でもびっくりするぐらい大きな音が喉からゴクリとなるのだ。ち、ちがうもん、これは助けるためで…あのちんちんがとっても美味しそうだからじゃないもん… v
【アンナ】 鼻先に近づけられるちんちん。スンスンと匂いを嗅ぐとさっきよりもずっとずっと…鼻孔から脳天に突き刺さるような感じ。これを家具とアンナのあちこちの穴からエッチな甘い香りの潤滑液が溢れ出す…。もちろんお口からもだ。それがよだれ見たくなってよだれかけを汚してゆく…。
【アンナ】 ▽
【淫魔】「あっはぁ♪アンナちゃん、エッチな顔してるぅ・・・いけない赤ちゃんには、いっぱい、おしおきしてあげなきゃね・・・♪」
【GM】 谷間に埋もれるような涎掛けにしみこんでいく涎をみながら、ニヤニヤ笑う淫魔は、アンナの人形ボディを堪能しようとのしかかるのだった・・・
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 戦闘開始!『SS』双成淫魔(Kn/IV4)が相手だ!行動順はそちらからだよ!
【GM】  
【アンナ】 よし、がんばるぞっ!
【アンナ】 開幕はないので
【GM】 常連さんにできるかな?v うふふfv
【アンナ】 したい//
【アンナ】 あ、尿意あるからMPがあれなかんじに!
【GM】 だねぇv
【アンナ】 イビルフォース MP3+1+1 2D6+8(魔力)+2(杖)
【アンナ】 2D+10
【Dice】 b06_Anna -> 2D+10 = [6,2]+10 = 18
【GM】 うふふ~♪
【GM】 防御点6で12点うけた!余裕余裕・・・♪
【アンナ】 ふぁぁ//
【アンナ】 さすが百戦錬磨の淫魔おねーさんだ!
【GM】 では、こちらの攻撃ぃ♪ 貫通したら即死だよぉ・・・♪
【GM】 4d6+10+1+2+2 [炎]白兵/単体 致命表+1&[尿意]付与《能補:排泄の呪い:3》《能:ドラゴンブレス:7》 淫魔のおちんぽ、めしあがれ♪
【Dice】 bako_GM -> 4D6+10+1+2+2 = [2,4,1,6]+10+1+2+2 = 28
【GM】 うぐぅ ゾロ目なし!
【アンナ】 しゅごいのきた…!
【アンナ】 でもそのうちくる、これはくる//
【GM】 受動とあくとどうぞー!
【アンナ】 シールド            MP3+1   8点カット(魔力)+2(杖)
【アンナ】 10点カットで
【アンナ】 その他APが0になるよ!
【アンナ】 アクトは[喉を灼く淫熱/特殊な性感帯(胸穴)]のふたつ!
【GM】 はぁいv ターン更新でそちらの行動どぞ・・・!
【アンナ】 はいにゃ!
【アンナ】 長期戦はあぶない…ジャッジメントだ、ごーごー!
【アンナ】 12D6 ててーい!
【Dice】 b06_Anna -> 12D6 = [5,3,5,1,3,4,3,2,1,3,6,2] = 38
【GM】 んぐぅ!38点間通!さっきのだめーじとあわせて、 丁度半減だ・・・!
【アンナ】 ぉー!
【GM】 だけどーーー こっちにはこれがあるのだ・・・!
【GM】 4d6+10+1+2+2 [炎]白兵/単体 致命表+1&[尿意]付与《能補:排泄の呪い:3》《能:ドラゴンブレス:7》 淫魔のおちんぽ、めしあがれ♪
【Dice】 bako_GM -> 4D6+10+1+2+2 = [1,2,2,2]+10+1+2+2 = 22
【GM】 あひぇ!?
【GM】 貫通したけどだめーじひくい!!
【アンナ】 あ、でもかんつーだこれ//
【アンナ】 10点カットして…12点がHPにちょくげき!
【GM】 22点ゾロ目 受動とアクト!その後、そちらの行動までどうぞじゃ!
【アンナ】 淫乱症で最大HPが13だったのであやうかった!
【GM】 いちたりない!!
【アンナ】 ひぃぃ(><
【アンナ】 アクトは…[尿道快楽/おもらし/尻穴奴隷/膨れ上がる腹/異形の交合]の5つでいこーかにゃ!これで8つのはず!
【GM】 はぁいv
【GM】 異形のトラウマ判定どうぞ!
【GM】 尿意も解除だねーv
【アンナ】 はいにゃ!
【アンナ】 まりょくではんてー!
【アンナ】 2D+8
【Dice】 b06_Anna -> 2D+8 = [4,1]+8 = 13
【アンナ】 だいじぶ//
【GM】 うぐぐ・・・!では、そちらの行動だ・・・!
【アンナ】 はいにゃ!
【アンナ】 女神の印使ってから
【アンナ】 もっかい、もっかいジャッジメントだ!
【アンナ】 6D6
【Dice】 b06_Anna -> 6D6 = [6,2,5,6,6,5] = 30
【アンナ】 全部回復したけど13だ…//
【GM】 んふふv
【アンナ】 そして…12D6
【アンナ】 12D6
【Dice】 b06_Anna -> 12D6 = [4,5,5,3,6,6,4,4,5,3,3,6] = 54
【GM】 ぎえーーー!?
【GM】 出目良過ぎ・・・!?
【アンナ】 びっくり!
【GM】 残りHP51>-3 ほぼぴったり たおされたーーーー!?
【アンナ】 おー…よかった、AP残ってるけどHP半減だからふつうにはらはらだ//
【GM】 水着だから ドラゴンブレスの4Dで押せ押せしようとしたのに・・・くやしぃ!
【アンナ】 本当に直前の攻撃が1多かったら致命表だった…!なかなかダイスおおいのこわい//
【GM】 ですわねぇ・・・女神様に放浪されたわw
【GM】 っと、アンナちゃんにめろめろになった淫魔さんのRPの為に・・・先ずは、りざるとーー!
【アンナ】 はいにゃ!
【GM】 総獲得CPSP 使用アクト数の宣言願う!
【アンナ】 CP20SP15アクト8!
【GM】 ありがと!
【GM】  
【GM】 あ、あぶない!
【GM】 ☆痴女判決:指名手配相当(掟):軍団敗北時、PCが運動(14)の判定に失敗すると、敗北の施設を使用される。解説:司法の名の元にヒロインへ恥かしい冤罪をかぶせ、様々な証拠映像を提示し彼女達の人生に多大なる傷痕を残す。
【GM】 コレを忘れるところだった・・・w
【アンナ】 ぉー追加きた//
【アンナ】 運動は…1!
【アンナ】 2D+1 えいえーい(><
【Dice】 b06_Anna -> 2D+1 = [6,2]+1 = 9
【GM】 絶対成功しかないねv
【GM】 ざんねーんv
【アンナ】 うふふ//
【GM】 では・・・
【GM】 ☆キャットファイトch:闘技場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「レベル」+2だけ侵略点を獲得する。(最高7点/[淫乱症][ロスト]時不可能)解説:捕獲したヒロイン同士を、己の自由を賭けて淫らに戦わせ配信するch。本格的なリングにベッドや博打の対象にもなっている。
【GM】 ●+
【GM】 ☆敗北ヒロインオークションch:奴隷市場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「名声」×2だけミアスマを獲得する。(ただし最低2点、最高10点)他の[●]効果と同時に使用できる。 解説:捕獲したヒロインが人気者の場合開催されるオークション。ヒロインと痴態を収めた動画をセットで競売にかけて売り渡す。
【GM】 侵略点とミアスマを追加で貰おうv
【アンナ】 いっぱいいただいて//
【GM】 ではりざるとー!
【GM】  
【GM】 PCリザルト:アンナ
【GM】 [経験点]基礎:40 + モンスター:14(10+4) + CP:20 + 戦略:0 + 軍団:0 + 装備効果 0=74
【GM】 [ミアスマ]基礎:4 + SP上昇分:7.5(SP60上限) = 11.5 [SP] 15 [名声] 1 [BS] なし
【GM】 [魔物刻印] なし [人脈/任意] デリヘルリピーター「淫魔のお姉さん」(NPC/任意)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&指名手配)
【GM】 [ミアスマ]基礎:12 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:4 + 軍団施設:37+5+0+4 = 70
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+9+4 + ロスト:0 = 23
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵3体+再生用ミアスマ+0
【GM】  
【GM】 以上だよ!
【アンナ】 いただきました!
【GM】 では、裏で打ち合わせしつつエロールだ!
【GM】  
【GM】  
【淫魔】「あっはぁ♪アンナちゃん、エッチな顔してるぅ・・・いけない赤ちゃんには、いっぱい、おしおきしてあげなきゃね・・・♪」
【GM】 谷間に埋もれるような涎掛けにしみこんでいく涎をみながら、ニヤニヤ笑う淫魔は、アンナの人形ボディを堪能しようとのしかかるのだった・・・
【GM】 アンナの寝ている枕元に座り込んでいた淫魔は、口元に押し付けていた肉棒をのしかかるままに押し付け、しゃぶらせる・・・小さな口には入りきるはずも無いそれを、先端にすいつかせながら、太ももに当る涎掛けを押し上げる大きな胸に手を這わせ、淫魔のテクニックで一気に昂ぶらせていく。
【GM】 ▽
【アンナ】「ふっ… v っちゅ… v 」亀頭の先端を口に含むと舌先でそのあたりをぺろぺろっとキャンディのように舐める。そうすると…先端の穴から濃い水飴のような先走りがアンナの口の中へと入ってくる。先走りでこの味と匂い…。きっと精液はもっともっと美味しいに違いない。
【アンナ】 そんなおり、おっぱいをお姉さんの手が絞り上げる!おっぱいが挿入用に作られているのでそんな風にされたら乳首から挿入用の潤滑液がまるで噴乳のように吹き出すのだ。
【アンナ】 抽送でかい楽を感じる穴のはずなのにまるで先程教え込んでもらったおしっこ穴のように…おっぱい穴で排泄を楽しめる兆候が現れたのだ。
【アンナ】 ▽
【淫魔】「あらぁ?なにこれ・・・へぇvアンナちゃん、おっきいおっぱいだと思ってたけれど・・・とんだ変態ニプルだったのねぇv」ぷるりvとアンナのフェラに心地良さそうに震えながら、予想外の反応を示すアンナの胸を丹念に撫で回し、その性感帯とその構造を丹念に嬲って、愛撫して確認すると、アンナと一緒に郵送されてきた赤ちゃんグッズを探り出す。
【淫魔】「あったあったvおもらしおっぱいには、コレで栓をしてあげるわ・・・vうふふv引き抜いたときにどうなるか、たのしみだわぁ///」そういうと、指で乳首をクパァット開き・・・手にした「おしゃぶり」をぐりぐりvとねじこみだす・・・ニプルファック可能なアンナの乳首穴に挿入されたぐにぐにつるつるのおしゃぶりはアンナの動きに合わせてぷらぷら揺れて、大きな返しが乳輪を間抜けに隠す。もちろん両方の乳首につけると、フックをひっぱったりおしこんだり、遊び出す・・・
【GM】 ▽
【アンナ】「んんっ… v はぁ… v おっ、ぱいぃ… v っちゅ… v 」乳首にお姉さんの指が挿入されるとその指がまるでザーメンを出してくれると言わんばかりにアンナのおっぱいはその指にいやらしく絡みつく。潤滑液もどんどん溢れて…淫乱なオマンコのような水音をその両胸からさせるのだ。そして、おっぱいから感じる快楽は、オマンコのそれでもあり、普通のおっぱいのようでもある…まさにエッチのためのおっぱいなのだ。
【アンナ】「っっぅ… v にゃにか、はいって…きたぁ… v へんな、へんなかたちしてるよう… v チンポとちがうかんじなの v いりぐちを…ぐり、ぐりってぇ… v 」おっぱいに訪れた今までにない快楽。奥の方までいじってもらえないもどかしさをまるで口でごまかすようにチンポシャブリに熱心になるアンナ。まだ気づかないが…それと同時に、おっぱいから出られなくなった潤滑液が中に溜まってゆくのだ。
【アンナ】 まるでおっぱいが口になってるみたいについているおしゃぶりをみて、アンナの心がよくわからなくなってくる。アンナ…あかちゃんじゃない、のに…おしゃぶりつけてよろこんでるおくちが、ふたつ、あるのぉ… v
【アンナ】 ▽
【淫魔】「あっvんひぃvいいねv乳首おしゃぶりvで・・・んvフェラも、はげしくなった・・・vんんんっ・・・vひぁvずっとずっと我慢してた、射精、ざーめんvあはぁvかけのぼってくるぅv出る、でるよぉv・・・んひぃv一緒に、出しちゃおうvアンナちゃんのおっぱいみるくと、同時に、、、びゅーーーvしよぉ♪」
【GM】 どくどくvっとかけのぼり・・・竿の中ほどで結ばれた射精を留めるリングを通り超えた精液を感じた瞬間、歓喜の声を上げて一気にアンナの口の中に肉棒を突っ込む勢いでおしつける。同時に指をおしゃぶりのふっくにひっかけ・・・射精し、のけぞるタイミングでじゅぽぉおvと2つのニプルから栓になっていたおしゃぶりをひっこぬいた。
【GM】 ▽
【アンナ】「っぶっっ v んんんんんっっっっっ v v v 」お口の中に流し込まれたザーメン。そのとてもこってりとした液体がどんどんアンナの喉へと押し寄せる。飲もうとしなくても次から次へと入ってくるので嚥下する必要はまったくない。普通の呼吸が必要な女の子だったらとても持たないかもしれない量。それを人形のアンナは素直に喜んね受け取ることができる。その味を匂いをたっぷりと味わう。そして味が薄くなったりする前に新しいザー
【アンナ】 メンが舌の上に注がれる。鼻の穴からもザーメンが逆流してしまうがそのことにたいするアンナの感情はただ「もったいない」だけだった。
【アンナ】 同時に引き抜かれたおっぱい穴のおしゃぶり。勢いがすごすぎたのか引き抜かれたときに乳首がきゅうっと飛び出たような形になってその先端から濁った潤滑液が後から後から吹き出すのだ。膨らんで伸びた乳首がまるで子供のちんちんのようにすら見える。
【アンナ】 そうして…おっぱいからの排泄快楽が呼び水になって…さっきご主人様から教えてもらったおしっこ穴の方も目覚めてゆく。
【アンナ】 ▽
【GM】 どくどくどく・・・数分間、数リットルの精液を注ぎ込んで、ようやく一息が突いた淫魔は、口から零れ、涎掛けをべっとり汚したアンナを見下ろした・・・よくよくみると汚れているのはふきだした母乳に似た何かも谷間に流れ込んでねちょりと音を立てていて・・・
【淫魔】「いいね、いいねvずっと自分の胸で挟んでたんだけどさv・・・いいよね?つかわせてよねv」にちゃり、と様々な汁で汚れたねちょねちょの谷間に剛直をもぐりこませ、腰をグィングィンとゆすっていく。
【GM】 淫魔の超乳で辛うじて包み込めた肉棒はアンナの巨乳に半ば埋もれ、しかし包みきれないその剛直を裏地までべっとりの涎掛けにじゅぷん!ずちゅん!ぐぽん!っとおしつけて、布越しにアンナの口に突っ込もうとする。
【GM】 もちろん、おしゃぶりを咥えてぽっかり開いた穴には、淫魔の指がはいりこんでじゅぼじゅぼと左右同時に、テンポを変えた淫魔テクの指ファックで休む暇も与えない。
【GM】 そんな淫魔のお尻は丁度アンナのお腹にのっかり、ぎゅう、ぎゅうvっとオムツに包まれた下腹部を圧迫していた・・・
【GM】 ▽
【アンナ】「はっ…  v はっ… v アンナの、おっぱい、おっぱい…がんばってぇ… v お口は、いっぱいしゃぶるからぁ… v 」いつもならおっぱいを自分の両手でグニグニしてパイズリしているアンナ。お兄さんや教会の人といっぱいしてたし自信もあったのだが、今回は勝手が違う。いつもよりずっと大きなちんちん、そして全然思い通りにならない自分の手。だから…お姉さんにおっぱいを『つかってもらって』気持ちよくなってもら
【アンナ】 わないとご飯がもらえないのだ。だから…自分のおっぱいに応援するという恥ずかしい事になったいるのだ。
【アンナ】「そう… v お、おねえさんっ… v あんなの、アンナの乳首、つかって…いっぱいつかって、もっときもちよくにゃってぇ… v 」乳首の穴をまるでおっぱいを上手く固定するための穴のように扱ってもらえることでマスマスおねーさんのチンポを気持ちよくさせられてる自身があった。それだけじゃなくあんな自身もとてもとても気持ちがいい v ご飯を注いでもらうためにあったおっぱい…いまはそれだけじゃない、とっても気持ちがいい穴って胸を張って言えるの v
【アンナ】 よだれかけもアンナのよだれよりも多いお姉さんの先走りでぐっちょりとなり…そこから立ち上る匂いがアンナをもっともっと発情させる。すき、こういうの、すき… v アンナ、こんな赤ちゃんでいられるなら、ずっと赤ちゃんでいい… v
【アンナ】 そんな蕩けたアンナの顔を見てたいみんぐをあわせたのかおねーさんはお腹をその豊満なお尻で刺激する。そうすると…ご主人様との特訓の効果もありオムツの中にどんどんおしっこが広がってゆく。どんどん吸い込まれて不快感はまったくない。むしろ、このおもらしする開放感、とってもとってもすき… v
【アンナ】 おっぱいも、おもらしもずっとずっとするの… v アンナ、いっぱい、いっぱいするの… v v v
【アンナ】 ▽
【淫魔】「あははははっv目がとろけてるよvアンナちゃんvいいねv他人の仕込んだ子で遊ぶのははじめてだったけど・・・こういう「玩具」は初めてだよv気に入っっちゃった♪」
【GM】 涎掛け越しに射精し・・・谷間にはじけるような濃厚ザーメンをたっぷりぬりつけて・・・ぐちょぐちょになったおちんぽを立ち上がりながら引き抜く。その動きはそのままアンナの脚の間、おもらしがさらにあふれたおっきいオムツの前までずりさがり・・・
【淫魔】「呪いを解く為だけだったから、ずっと口だけでいいかなっておもってたけどぉ・・・我慢できないやv下、つかうねぇ・・・壊れたら、ご主人様になおしてもらってよ♪」にやぁっと笑うその顔は捕食者の目、冷徹な笑みを浮かべて・・・しかし淫靡さが香り立つ淫魔の魅了・・・・
【GM】 その笑顔で意識をぬいつけたまま・・・オムツをゆっくりゆっくりひきはがしていく・・・
【GM】 ▽
【アンナ】「そうなの…アンナはチンポを気持ちよくさせるために作られた『おもちゃ』なの…」両手を頬に当てて恍惚な表情をしながらお姉さんの言うことに頷いて答える。何リットルも注がれたはずなのに口から注がれたザーメンはどんどんブラックダイヤに座れていく…。
【アンナ】 自分の胸の谷間にお花を漬けると濃厚なザーメンの匂い。ザーメンの匂いも味も大好きだけれど、自分の胸やオマンコからザーメンの臭がするのはとても格別だ。だって…使ってもらった後って感じがとてもするもん v
【アンナ】 そんな感じで奉仕じゃなく完全に相手に全部任せちゃう赤ちゃんプレイにどっぷりハマってしまったアンナ。オムツを脱がそうとするお姉さんにちょっと不満がありそうだったが…そのチンポを見て言葉を聞いてアンナのオマンコに入れてもらえる話を聞いてそんなことはどうでも良くなってしまったのだ。
【アンナ】 壊れちゃうかもしれない…。ううん、アンナ人形だから壊れても平気 v むしろ壊れるぐらい気持ちよくして v アンナのオマンコ樹プ樹ぷして形変わっちゃってもいいからすっごく…してっ… v
【アンナ】 オムツが降ろされて中からする熱気。本当のおしっこのようなアンモニアの匂いではなくあくまで潤滑液なのだが…密封されていたからかかなり濃厚な甘くいやらしい匂いでまるでアンナ自体も淫魔のようだ。オムツ日外されたのにもかかわらずその割れ目からは勢いが収まること無くおもらしが続いている。
【アンナ】 ▽
【淫魔】「ふぅん、やっぱりお人形さんなんだねぇ・・・嫌な臭いはなし・・・あまったるいラブジュース・・・ていうにはちょっと汚いけど♪ま、、、いっか・・・頂きます、アンナちゃん♪」
【GM】 ズぷり、、、ぐにゅ、ぎゅにゅ・・・ギチチ!挿入して直ぐ、アンナ未体験の人外チンポはあっという間に物理的な限界をアンナの膣に、腰に訴えはじめる・・・が、前言どおり、どんなにきつくても、いやな音が響き、腰がこわれようとも淫魔は腰をどんどん押しつけ、肉棒を無理やり挿入してアンナの喉元まで届く剛直を根元までしっかりと挿入する。
【GM】 ▽
【アンナ】「んぁぁぁ… v は、はいってくるぅ… v 」何重もの瘴気を塗り込んだその人形のボディはお姉さんのチンポを咥えこんでゆく…。痛みを感じる体に作られていないため痛みはまったくなくとても気持ちがいい。だが…いつもと違って内側から圧迫されるような感じがとても自身の体の命に関わっていそうでとてもとてもおかしい。昔から命は大事にしろと言われているのに…その生命をないがしろにしてでも快楽を貪ろうとしている心と体に
【アンナ】 どんどん増してゆく背徳感。
【アンナ】 これじゃ…ほんとうに、セックスのおもちゃだぁ… v 人形にならなければこんなきもちよさ、あじわえなかった… v
【アンナ】 アンナは人形になって初めて人形になれたことに…快楽に溺れながらではあるが感謝し始めていた。
【アンナ】 ▽
【淫魔】「今、こんなに気持ち良いの初めてv死んでもいい・・・じゃないか、ん~・・・お人形にされて、うれしい♪かな?そうおもったでしょ・・・でもぉ、淫魔相手にした人間ならだれでもそうおもっちゃうのよぉ?・・・それにぃ、アンナちゃんは、もっともっと、気持ちよくなるのよ?壊れちゃうくらいにね♪」
【GM】 よいっしょ♪っと根元まで埋め込んだチンポを基点に前のめりになると二人の巨乳がむにゅっと押しつぶしあい、歪む・・・そして浮いたお尻の隙間から、淫魔の尻尾がしゅるりとおりて・・・
【淫魔】「初めての淫魔が、2穴責めなんて、魂がこわれちゃったら、ごめんねぇ?・・・くすくすv」じゅぽんvっと鉤型しっぽがギチギチに広がった膣の直ぐ後ろ、セックスの為だけの尻穴を一気に抉りごりごりvっと肉壁を挟んで2つの棒がアンナの中にうめこまれた。
【GM】 ▽
【アンナ】「ふぁ… v すごい、すごい…よぅ… v 」アンナの本体はブラックダイヤモンドだ。そのブラックダイヤがアンナの人形の体など壊れてもいいと言わんばかりにお姉さんのチンポからご飯のザーメンを絞り出すようにアンナのオマンコを収縮させる。お姉さんに上になってもらって…その大きなおっぱいに体の殆どが埋もれてしまう。そんなあんなの思ったことは…「こんなおっぱいがほしい、お姉さんみたいになりたい」だった…。
【アンナ】 人形の継ぎ目の関節がぎちぎちときしみ始めるがそれも気持ちいい。ちんぽが大きすぎておしっこ穴も押しつぶされてゆく。勢い良く出ていたおしっこの勢いがどんどん弱くなる。もちろんアナルの方もちんぽの圧力で押しつぶされて…。でもそんなアナルにお姉さんのちんぽが入り込んでくる。
【アンナ】「ケツマンコに…も、もういっ…ぽん… v むりっ、もう、はいらにゃい、むりっ… v v v 」口では無理無理言っているが…アナルは正直だ。これ以上咥えると本当に体がばらばらになるかもしれないのにちんぽじゃないその尻尾からもアザー面を絞り出そうと脈動する。それとともにアンナの魂、ブラックダイヤにダイレクトに届く快楽。
【アンナ】 生身じゃないから脳が焼けたりしない。そのかわり…お姉さんの言うとおり魂に傷跡を残すのだ。
【アンナ】 ▽
【淫魔】「んふふv可愛いv食べたイチャ行けど・・・デリバリーなんだよねぇ、ざんねん・・・vだから、壊しちゃうねぇv」かぷりvっと蕩けたそのほっぺを甘噛みして、じゃれつくと・・・それが最後の優しさだったかのように、腰を、尻尾を動かし出す。
【GM】 じゅぼじゅぼべきべきvバキンvペキリvじゅぼぉおっvごぼりvじゅるるるるvギュルルルルvごじゅうv
【GM】 人外魔性の男を、女を、知りし尽くした淫魔の腰つきは破壊的で、それでいて人間がうけても快楽しかない魔法のようなセックス・・・それを、小さなアンナの人形ボディに叩き込めば、全ての刺激を快楽に変える力が過剰に反応し、関節を、ボディをきしませ削るピストンを過剰な快楽に変換し、アナルも搾り出そうとする動きを逆に利用してとがった鉤部分を感じるアナルの皺にひっかけて晴れ上がるほど強く引っかき、更には螺旋状にドリル尻尾をねじこんだりもする。
【GM】 ▽
【アンナ】「しゅっごい… v おねーさんっ v しゅっごい… v アンナ、どんどん体の感覚が無くなるのっ v 気持ちいいところしかわかんないのっ v ああ、すごい… v 他の部分全部なくなると、こんな、かんじなんだ… v しゅごい、しゅっごいよう… v v v 」どんどんブラックダイヤと人形の体のリンクが外れてゆく。リンクのつながりが強い快楽受容部位とザーメンをすするところだけがブラックダイヤとつ
【アンナ】 ながっているのだ。首の座りがますます悪くなり首がカクンカクンと言っているがアンナはとてもとても気持ちよさそうだ。
【アンナ】 ドリル状の尻尾がアナルを蹂躙すれば…アナルの周辺の素材は盛り上がり子供の体には不釣り合いかつ卑猥なアナルローズをつくってゆく。
【アンナ】 お姉さんの腰つきに完全にとりこにされてしまったアンナ。こんなのしらない、しらないよう… v アンナ、そろそろ…全部はなれちゃう v この体ときっとアンナはなれちゃう… v
【アンナ】 ▽
【淫魔】「っ、は、あっvそろそろ、堕ちちゃう感じ?でも、もうちょっとがんばってvほら、がんばれvがんばれv赤ちゃんは、ご飯がおしごとなんだよぉ・・・もうすぐ、おちんぽ、ぜんぶの、ざーっめんvぶちまけて、、、あげるからぁv」
【GM】 口と胸、2度の大量射精で呪いはあと少し・・・だからこそ、最初から壊すつもりのラストスパートのようなセックスを叩き込んだのだが・・・少し加減を忘れてのめりこみすぎちゃったみたい・・・アンナちゃんの限界がちかいわよね・・・ってことで、ホントに壊れるのを覚悟して・・・リミッター無しの、射精ピストンとドリルをアンナちゃんの最奥で一気に叩き込んじゃう。
【GM】 ビキリッ 致命的な何かを壊した手応えを感じながら、それでもギリギリ間に合った射精感に、下腹部をぎゅううっとしめつけて精液を送り出し・・・1度目と2度目をあわせても足りないくらいの射精を、おちんぽと、尻尾、両方から一気に放ってあげるv
【GM】 ▽
【アンナ】「が、がんばゆ… v アンナ、がんば…ゆっ… v 」お姉さんのおっぱいについている乳首にしゃぶりつきながら…もはやタイムリミットが始まった自身の体を酷使するのだ。そうして筋た時間はほんの少しなのだが…とてもとても長くなんじられて…ついに射精が始まる。オマンコの中の隙間という隙間、ケツマンコの隙間という隙間までザーメンは埋め尽くしてブラックダイヤの周辺mのザーメンに完全に水没する。もちろん入り切ら
【アンナ】 なかった分もかなりの量で、アンナの口や鼻、おっぱいから逆流する。それぞれの場所からは最初は潤滑液が溢れていたのだがその潤滑液はあっという間にザーメンに取って代わるのだ。
【アンナ】「(ふあぁ… v ぁ… v しゅごい… v ぜんしんから、おもらし…してゆ… v 赤ちゃん、しゅき、おねーちゃんになんてもう、ならなくて…いい… v )」ザーメンの圧力によってオマンコ側から押し出されたおしっこももちろん溢れ出す。先程以上の勢いでうえのおねーさんにかかってしまうのも気にせずにただただおもらしするのだ。
【アンナ】 アナルも…尻尾をきゅうっと締め付けていたアナルローズ。だが尻尾との接合部からザーメンが漏れ始め…アナルからもザーメン噴水が始まる。アナル周辺がまるでひゅっとこの口のように盛り上がってただただザーメンを排泄するのだ。
【アンナ】 ▽
【GM】 グリグリっとアンナへ腰を押し付けて射精の余韻をオチンポで感じていた淫魔は、すぅっとその快感が消えていくのを感じる・・・あっ、と思ったときには呪いのふたなりは掻き消え、オチンポで串刺しするように浮いていたアンナの腰がべしゃりvとベッドの上に落ちていく。
【淫魔】「んっvはぁーーー胸も少しずつ元のサイズにもどってきてる、、、なんとか、目的達成できたかな?ありがとう、アンナちゃん♪ご褒美に、なでなでして進ぜようv」ふわっと軽くなった胸と腰に先ほどの淫靡さが掻き消え、幼さすら垣間見える魅力的な笑顔を咲かせると、精液濡れのベッドの上であんなに膝枕をしてあげる。
【GM】 超乳じゃなくなっても十分に大きい胸に遮られて見えなかったが、アンナの協力で解けたのだと感謝しながらボロボロ、どろどろ、今にも崩れ落ちそうなアンナの頭を、優しく慈愛を滲ませるように・・・まるで、アンナが大好きだったシスターの様に、なでてあげるのだった。
【GM】 ▽
【アンナ】「よかった…おねーさん、もどったんだ… v アンナ、役に、たてた… v 」エッチにだけ飲まれてしまっていたアンナの手を掴んで引き上げてくれたのは…淫魔のお姉さんだった。
【アンナ】 そんな優しさに懐かしいものを感じながらも、今いる場所の居心地の良さも知ってしまって…でも、このおねえさんやご主人様のそばにいればその両立が味わえるかもしれない。赤ちゃんでいさせてくれるかもしれない…。そんな外側をエッチに包まれた希望に包まれながら意識は沈んでいくのだった。
【アンナ】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【デリヘルドール】愛玩人形アンナ、大人のおままごとセット【3体目】」
【GM】 シナリオクリア!おめでとうございます!
【アンナ】 ありがとーございますなの!
【アンナ】 久しぶりのアンナちゃん力が入りすぎてふわふわだったわ…//
【GM】 あはぁv
【GM】 こちらこそありがとーだよv 昨日の夜・・・丁度24時間前のおさそいにのってくれてv
【アンナ】 いえいえにゃのです!こちらもあいてたので!
【アンナ】 またぜひぜひお誘いしていただけるとうれしーのだ!
【GM】 アンナちゃんは、こんな感じでふとやりたくなった時にぱぱっとできるので 好きv(オナホ感覚
【アンナ】 ほら、だって…オナホ人形だし//
【アンナ】 便利につかってやってください(><
【GM】 はぁいv
【GM】 ではでは、私はログ上げとか軍団更新しつつ寝る準備しまーす!
【アンナ】 はあい、おそくまでおつかれさまでした!まったね!
【GM】 まったねーー!(アンナちゃん膝枕なでなで
【アンナ】 えへへ//(すやすや