【銀華】  
【銀華】「我が名は加賀美 銀華(カガミ ギンカ)!太陽に背を向け、闇に堕ちたる神秘の守り手なり!!」
【銀華(キャストオフ)】「きゃぁっv服がっ!?、あの……み、見て、下さいっ///んくぅぁぁ、ふぁ///イッちゃいそうv」
【銀華】 たぷんと露出ゴスロリドレスからこぼれそうな爆乳を揺らすアルビノ少女。日傘を回し、ガラスの靴を鳴らして堂々と歩く。
【銀華】 ゴスロリを脱いでしまうと他人と何もかも違う容姿を淫らな本質に混ぜ込みいっそネガティブなほど乱れるとても危うい少女だ。
【銀華】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%B2%C3%B2%EC%C8%FE+%B6%E4%B2%DA%28%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%29
【銀華】 以上ですわ!
【銀華】 ▽
【GM】 よおしおっけー了解だー
【GM】 では、そんな感じではじめましょう!
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス くらくら  触手さんの中にようこそ
【GM】  
【GM】  
【GM】 では……キミのもとに一つ話がやってくる。  最近付近に人を食べるものが現れるという。 それは時間が日中だろうと 夜中だろうと それは唐突に現れる。 
【GM】 この夏になってからは特に多く現れるようになった。 姿形はわからない 見たときにはすでに食べられる。 
【GM】 そんな噂話のもとになっているのは……海岸沿いの街。 真夏の海で人は多くいるそんな場所。 唐突に現れる化物を調査もとい退治を頼まれたキミは今その海岸にやってきたのであった!
【GM】 ▼という形で!
【銀華】「我が領域を脅かす穢れ魂!水面多き街並みを乱すとあらば!暗黒の波動にて静寂を取り戻さん!(私の街で悪い事はさせません!暗黒魔法で平和をとりもどしてみせます!)」ダレに宣言するわけでもないが、やってきた街の駅前でポーズを取るゴスロリ少女・・・夏にもかかわらず真っ白な肌と、真っ黒なゴスロリ服はとても目立っているきがします・・・が、それ以上に・・・暑さでちょっと汗がとまらないです。
【銀華】 ▽
【GM】 ちなみに現在の気温は39度 かなりの暑さだ。 じわじわと暑さが銀華を襲ってくる。 熱い熱い とにかく熱い 汗が止まらなくなる。
【GM】 そして…キミが街に降りてからわかる。 いる そこら中に…何かがいる。 右にも左にも まるで街の中いたるところにいるかのように…澱んだ魔力が漂っている!
【GM】 ▼
【銀華】「この灼熱の熱気に混じるは地獄の如き陰鬱なる魔の気配!・・・さながら地獄の業火に囚われた領域。我が聖なる衣もこの地獄にふさわしき装いを得るとしよう!(熱さにまぎれて全域を覆うこのよどんだ魔力・・・これは危険ですね!…熱さにやられてしまう前に、ちょっとだけ、着替えてしまわないと。)」頬を流れる汗をぬぐいながら着替えられる場所を探して移動します!
【銀華】 ▽
【GM】 着替えられる場所を探そうとするものの周りにはなにもないです。 ビルとかもあいてる感じじゃない。
【GM】 ちょっと離れると公園ならあるね 人気(ひとけ)もないから…そこなら着替えられる感じですなぁ。
【GM】 ▼
【銀華】 その公園にこっそり魔法を使って姿を消して入り込みます!熱すぎてだれもいないのかしら?っておもいながら魔力で作られたゴスロリ服を少しずつ涼しく露出の多い形にへんかさせてみようするよ!
【銀華】 ▽
【GM】 OKOK ではキミの服が変化していくね。少しずつ変化していってからキミは薄着に慣れる
【GM】 では、そんなところで公園では子供たちが遊んでいるね。 珍しそうにキミを見て
【子供】「あれー?お姉ちゃん何してるのー?」っと 声をかけてくる。
【GM】 ▼
【銀華】「きゃぁ!?嘘!?結界は!?んっ・・・んっ///」魔力で姿を消したと思って油断してたので、悲鳴を上げちゃいます。
【銀華】「えっと、、、わ、我は!この領域を守護せし暗黒魔導の使い手にして因果なる運命を背負いし乙女!銀華!無垢なる魂たる童達よ!この灼熱の元に遊戯に耽るは身を滅ぼす所存と知れ!(私はこの街を守りに来たの!怪しい人じゃないからね?あと、こんなに熱いのに遊びまわってたら危険よ?)」っと、伝えたいが・・・タダでさえ露出の多めな銀華のゴスロリ服は、今やお腹もメッシュ地ですけており、スカートも股下0センチ。何より見栄をきるよ
【銀華】 うに胸を張っただけでタゆん!っとゆれてしまっているのは、固定する魔力を流す前にこえをかけられてしまったからで・・・すぐにぬげてしまいそうでした。
【銀華】 ▽
【子供】「……」じーーーっと子供を見る。子供は一人だけじゃない他の子供達もいるようで何人か走ってきてじーーーーっと銀華を見る
【子供】「かっけーーーーーねえちゃんかっけーーーー!!」「ねえねえわるいひとたおすのー!」「じゃあさじゃあさ!うみにいってみるといいよー!」「さいきんわるいひとたちがいっぱいいるってきいたよ!」「ばけものみたいなのがでてくるっていうのもきいたよ!」
【GM】 子供たちはキミの中二病てきセリフから 正義のヒロインと見てそんなことをいってくる!
【GM】 ▼
【銀華】「あ、えっと・・・うん///」子供達の純粋な反応に、照れちゃってつい素の反応しちゃいます。真っ直ぐ伸ばしたてが徐々に日傘にもどってきて、くるくるくる どうして良いのかわからずに両手で日傘回しながらてれてれ
【銀華】 それでもそのままじゃダメなので「よしっ!」って小さく気合を入れると
【銀華】「我が魂に共鳴せし有望なる童達よ!我が道筋を導く栄誉を与える!だが我が戦いは禁忌の領域!役目を終えたならば棲家へと失せよ!(わかったわ!案内をお願いするわね?でも、あぶないんだから、案内が終わったら直におうちにかえるのよ?)」今度はちょっと控えめにけれどびし!っとポーズはきめて、ふわっと揺れるスカートの中がみえそうになったり、目に毒な乳揺れを披露しながらドヤ顔する。
【銀華】 ▽
【子供】「おおー」銀華の言葉と揺れる胸にスカートの中を見ようとチラチラと見ちゃう。「うん、わかったよー!」そういって銀華を連れて行く
【GM】  
【GM】 連れて行った先は、海だ! 大勢の人が居る上に 沢山の人達が水着で過ごしている。 周りを見ると 地元民から周りの旅行客と大勢だ。
【子供】「ここだよー!」「さいきんひとがいなくなるってきいたりするんだよ!」そういって銀華に教える。
【GM】 ▼
【銀華】「導きの童達よ、大儀であった!だがココから先は守護なき者が脚を踏み入れること叶わぬ地!住処に帰るがいい!(君達案内してくれてありがとう!海水浴場は危ないし保護者同伴じゃないとダメだから、、、皆は帰ってね?)」案内してくれた子供達ひとりひとりにしゃがみ込んで視線を合わせよしよしvってしてあげる。
【銀華】 その後は、水着と遜色ない格好なので、そのまま海のパトロール開始するよ!
【銀華】 ▽
【GM】 はーいっと子供たちがいうとわーーいっていって去っていく
【GM】 では海のパトロールをしていると……ここに来ると更に濃くなっていくのがわかる。
【GM】 周囲を見ると……普通の海なんだが……周囲には触手のようなものが周りに見える。
【GM】 でもそれと同時に銀華を見てくる視線がどんどんと注がれていく。 レベルの高いそのボディはやはり かなりレベルが高いのだろう大勢の人が見てくる。
【GM】 ▼
【銀華】「あう・・・///うぅん・・・今はそれどころじゃない!」視線が注がれて、チクチクと全身を疼かせてくる・・・ちょっとでも視線から逃れようと身をくねらせ胸をかくそうとするけどーーーそんな場合じゃない!っと日傘を両手で握り、堂々と胸を張ってあるきだします・・・目指すは肌で感じるほどのよどんだ魔力のあるほうへ・・・触手へずんずん!あるきだすのだ!
【銀華】 ▽
【GM】 OK 触手を目指して歩いていくと……どんどんと視線が増えていく気がする。 触手に見られているだけじゃない 大勢の人が銀華を見る。 胸を お尻を 背中を 股を 顔を 足を 全身を舐めるように見られていくのが感じられる。
【GM】 ▼
【銀華】「うぅ・・・何でこんなに?///ぁっvんっ///ふぅ・・・あう///」最近になって、肌を見られることがイヤではなくなってきたけれど・・・それ以上に体が疼くようになってしまった銀華・・・そのせいで水着のように改造した露出過多の姿・・・特に歩く度に揺れる胸や、その先端にぷっくり浮かんだ乳首に集まる視線は、無視できなくて・・・かくしたくなるけれど・・・いつあの触手に襲われるか判らないため、両手を武器の傘から離せず、結果身をよじって耐えながらあるくしかできません。
【銀華】 ▽
【GM】 ではそんなジロジロ見られながら……触手を一本追いかけていた銀華。 だが………そこで見えた
【GM】 周囲には大量の触手 一本どころの騒ぎじゃない! 触手が砂浜にたっぷりと這いずるように大量に居るではないか!! 周りの人には全く見えず いや”見ようともしていない”ようにも見える! うねりうねりと這いずり回っている。 その中の一匹だ
【GM】 それは徐々に立ち上がるかのように触手は遊んでいる女性の真上にその先端を向ける。そして……
【GM】 グパァ!!
【GM】 人を一人丸呑みにできるほどの口が開き!その女性を……頭から丸呑みする!! 
【GM】 叫び声すらも上げる前にそれは… どんどんと食道に食べ物をいれるかのように ぐ ぐ ぐっとその女性を……飲み込んでいく。
【GM】 ▼
【銀華】「なっ!?させない!!」あまりの出来事に一瞬呆けてしまって・・・急いで飲み込まれようとしている女性の下に駆け寄ります!日傘を畳み、杖の様に丸めてーーーえい!tって女性を飲み込もうとする触手を攻撃!!
【銀華】 ▽
【GM】 では飲み込まれていくところで止めることはできるただ吐き出すわけじゃない。 その場で止まるだけ
【GM】 触手の身体越しに女性が叫びを上げているかのような姿見える! 身体が触手の表面から見えているせいで それがよく見えてしまう…
【GM】 そして……銀華の真上にも黒い影が見える。 1本じゃない 2本 3本  ”上質な魔力”を持った銀華を見て…大きな口を開いて襲いかかる!
【GM】 運動判定で難易度10をどうぞ 避けれなければ食べられます!
【GM】 ▼
【銀華】 ひえぇぇ
【銀華】 2d6+1 運動1! がんばって銀華ちゃん!
【GM】 あらダイスがないな
【銀華】 あ、11時か!
【GM】 ほいどうぞ!
【銀華】 2d6+1 運動1! がんばって銀華ちゃん!
【GM】 K06_ginka -> 2D6+1 = [2,2]+1 = 5
【銀華】 だめぇ///
【銀華】 女性を助けるのに必死できづけなかったのかな・・・
【GM】 では…そのまま大きな口を開いた触手が口を開きばくんっと!銀華の頭をその中に含む。 ちゅう ちゅう ちゅうう!っと強く銀華の頭を吸い付きながら少しずつ身体が中に入り込んでいく!
【GM】 ▼
【銀華】「え!?きゃぁっ///んむぅvこの、はな、離して!///んぅううっ///」顔を覆う触手の口に半分ぱにっくになりながらひきはがそうとしますが・・・混乱して細い手でぺちぺちと触手をたたいたり、引き剥がそうと掴んでも、ぐにゅうっと触手の表面がのびるだけで何も成果がでずに、綺麗な顔がドロドロの唾液でよごれて、むわっとした熱さと臭気で酸欠みたいになっちゃって、、、直に抵抗もよわくなっちゃいます・・・
【銀華】 そのまま、肩までのみこまれると、うでをあげることもできなくて、、、傘を持った手がだらん・・・って垂れ下がります
【銀華】 ▽
【GM】 力が抜けたのをわかったのか……そのまま銀華をずる ずる ずるっと口の中に入れていく。 肩まで飲み込んでいたのがどんどんと吸い上げ、身体をどんどんと飲み込み 腰 足 足の先それを
【GM】 きゅぽん
【GM】 吸い上げるように飲み込んでいく。
【GM】  
【GM】 だがそれで終わるわけがない。 中には大量の瘴気が広がっていく 強烈な快感が銀華の身体にやってくる! 触手の中は大量のイボのような細かな触手が生えており…吸い上げられるたびに全身を擦り上げていく。 身体の感度を瘴気と触手の液体が塗りたくられ擦られるたびに絶頂するほどの快感が襲いかかる。
【GM】 ▼
【銀華】「んむぅっvぁっvはぁv嘘、こんな、ことに、っぁあああ///ひぅvぁっvくひぃいん///」頭からすっぽり飲み込まれたせいで、力の無い銀華には抵抗することができなくなり、濃厚な瘴気によって集中は乱され、更に全身を襲う愛撫と強力な吸引による体が腫れあがる様な鼓動に合わせて肌をジンジンと刺激してくる・・・
【銀華】 それだけでも厳しいのに・・・触手内部の肉壁にびっしり生えた小さな触手が、ほぼ水着状態の銀華の肌をなでてくる、吸引と瘴気と暑さ・・・更にビーチを歩いて昂ぶっていた身体にはそんな刺激を耐えられるわけなくてーーー身体のあちこちで、絶頂してしまいます。
【銀華】 最初は乳首・・・布越しなのに的確に絡みつく触手につねりあげられて。次はのけ反ったせいでギュウッと肉壁に押し付けてしまったお尻と胸全体で。更には背筋が、太ももが、ふくらはぎが、お腹が・・・腕が・・・頬が、首筋が・・・ぎゅうぎゅうっと、圧迫されて吸引されて、嬲られるだけで、全身が性器になったみたいに、イキまくっちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 では、服の中に触手が入り込み 尻肉 乳房 首筋 性感帯という性感帯を触手の体液がぶしゅ ぶしゅっとぶっかけ塗りつけていく。 身体はどんどんと銀華の身体を締め付けていき、引きずられるたびに身体が擦れていく。 絶頂して汁まみれのおまんこにもたっぷりと液体をかけていき…快感を与えていく。
【GM】 呼吸はどんどん苦しくなり 苦しいはずなのに 強烈な快感が 銀華を攻め上げる!
【GM】 ▼
【銀華】「んんんっぁあああっvダメvダメなのv銀華vイってるのにぃvだめぇv苦しいのvイっちゃうぅv全部、体全部、おまんこになっちゃってるのぉっっ///」ずりゅずりゅv全身を愛撫され続けて、魔力の固定が甘く、、、ずるずる、隙間から入り込んだ触手によってずれていくゴスロリ服・・・真っ白な肌はとっくに赤く染まり、完全にぷっくりふくらんだ乳輪や乳首が触手にぶしゅぶしゅv体液を吹きつけられただけで胸イキしてしちゃってる・・・
【銀華】 そのうえで、体はねじるようにひっぱられて、、、おしつぶされて、、、身体をくねらせて快楽を逃すことも出来ない・・・体の中で暴れまわる絶頂の衝撃が肉を痙攣させて、体の中・・・膣や子宮を激しくゆらしちゃってます///
【銀華】「うっそ///わたし、おまんこ・・・挿入・・されてないvのに、おまんこで、、、イってるv膣イキしてるぅv子宮、ぶるぶるふるえて、イっちゃってるのぉおお///」呼吸によってじわじわ体内が犯され・・・ショーツノ中に入り込んだ触手が膣内にじわじわと体液をながしこんでくる・・・それだけで、逃しきれない衝撃と痙攣が体の芯を震わせて・・・膣を、子宮をゆさぶってきてて・・・セックスしているように、乱れちゃってます///
【銀華】 ▽
【GM】 そのまま挿入されることなくまんこもアナルも入り口だけをぴしゃ ぷしゃっと液体をかけ続けていく。 まるで…これからを楽しむための”味付け”のように。 どんどんと吸い付かれ飲み込まれていくが…それは長い長い時間を感じさせる。  30 40 50 1時間 時間にしてそれくらいは経ったが………銀華にとってはそれ以上の長さを感じさせられるほど絶頂させられていく。
【GM】 しばらくすればびちゃあっとどこかに排出される。 全身の感度を何倍と跳ね上げられ 子宮は常時疼いたまま……まるで触手の中にいるかのような場所へと続いていた。 壁も床も一面…肉 肉 肉 君の悪い場所へと連れて行こられた
【GM】 では、最後に…… HP AP全部分にダメージ+催淫を差し上げましょう
【GM】 2D
【Dice】 ku-GM -> 2D = [1,3] = 4
【GM】 4点ダメージをどうぞ HPと AP全部ね! 
【GM】 ▼
【銀華】 ひぃん///
【GM】 ではここまでで アクト1つ使用OKです それらしいものを選んでいいぜ(ゲス顔
【銀華】 汚された象徴/潮吹き CP3SP1 で!
【GM】 OK 了承します
【GM】 では…続きをどうぞ クックック
【GM】 ▼
【銀華】「んひぅっvんぉvあっvあっvあっvんひぅっ///」まるで何日間も犯された時のような・・・イキすぎて、イクのが終わらない・・・そんな痙攣絶頂状態のまま、全身をぐちゃぐちゃに犯されて汚されて、吐き出される・・・どちゃっ!っと肉の床にうちすてられても、立ち上がる事もできないまま腰を突き出し、手足をつっぱって、おもいっきり腰をつきだすとーーーぴしゅぷしゅぷしゅ! 
【銀華】 締め付けがなくなり、思い切りのけ反って快感を逃がすように、潮吹きアクメしちゃいます///おしっこみたいに激しく長い、潮は、ずらされたショーツのなかではじけて、、、そのままおまんこやアナルを刺激し・・・甘い快感を増徴させちゃいました///
【銀華】 ▽
【GM】 落ち着くまでに結構時間はかかるが その間は呼吸を整えることができる ただ、身体に塗りつけられた触手の体液によって銀華の身体は感度が倍増しており 子宮は疼き続けている。 どうにか…戦闘するくらいにはできるようになった。
【GM】 周囲を見渡すとあるのは・・・・・・・・・・触手や 肉 肉 肉  ピンク色の肉が周囲に広がり ビクンビクンっと痙攣している。 口のような穴が時々開き ぷしゅーーーっと瘴気を吐き出しているのもわかる。 どうやらここが…先程の触手の中だとわかる。
【GM】 ▼
【銀華】「んぁっ・・・ひぅ・・・うぁっ///靴、、、どこかで、落しちゃった。ぐすん・・・でも、まだ、戦える・・・!ぜったい、負けません!・・・うぅっvふぁ///」拘束が解除されて自由に四肢をなげだし、全身で痙攣できるようになって・・・連鎖的におこっていた絶頂の感覚が長くなりーーーやがて途切れ・・・手足を投げ出して自分の状態をかくにんできるようになるまでに・・・たぶん何時間かかかった・・・
【銀華】 けれど、まだ体にのこっている自分を守る鎧のゴスロリ服に勇気を貰い、直近くにおちていた傘を杖にして、立ち上がります・・・が、瘴気をおもいきりすいこんで、ふにゃり、くずれおちそうになっちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 ではそんなところでボロボロになりながらも周囲を見ると……わかります
【GM】 繭のようなものが大量においてあり…そして……
【GM】 「んぎひいいいいいいいいっ!!!!!!!」「あひはえへえええええええvvイクイクvvまたまたああああああvvv」「いくのとまらなとまとまとまぁへえあへええvvv」
【GM】 攫われた女性たちがここにいるではないか!! 繭の中で顔だけだして喘ぎ叫び続けている。 繭の中はどうなっているか見えないがわかる。 ”先程自分が味わったもの以上のことをされている”と。
【GM】 ▼
【銀華】「…ぁvすごく、気持ち良さそう・・・!?い、いけない・・・助けなきゃ!///」壁際にたどり着き、その光景をみて呆けながら・・・とんでもない事を口走ってしまいながら、慌てて理性と魔力をかき集め、女性達を助けようと傘の先に炎を燃やすよ!中の人たちを傷つけないように、慎重に狙いを定めます・・・
【銀華】 ▽
【GM】 OK 女性たちは助けられる ただ完全に意識はぶっ飛んでるね アクメ顔を晒しながら痙攣し続ける。
【GM】 そして…
【GM】 「んぶうううううううううんほおおおおおおおっっっっvvvv」「イグイググウウウウウッッッッvvv」「でりゅあへはへはははははあはははは!!vvっv」
【GM】 女性たちは全員一斉に叫び喘ぎ 狂ったように声を出す。 それと同時に おまんこからも アナルからもぶしゃああああああっと大量の触手が産み落とされる。そしてそれは銀華を見て……”餌”として見て君に襲いかかろうとする!
【GM】 ▼
【銀華】「ひぅっ・・・な、苗床になっていたなんて・・・あのおぞましい数の触手は、こうやってふえていったのですね・・・でも、私がぜんぶ、たおしちゃいます!///」まだ足元がおぼつかないし、集中もかんぜんじゃないけれど、傘に炎を宿して迎え撃つよ!
【銀華】 ▽
【GM】 OKOK では……触手たちがキミを”餌”と認識すると……
【GM】 他の触手も増えていくそしてそれと同時に……”極太の触手の塊”が銀華の目の前に生えて現れる!
【GM】 ▼
【銀華】「ひぅっ!?っ・・・おぞましき化け物よ!我が暗黒魔法の炎に焼かれ、その罪をあがなうがいい!!」気色悪すぎるその大触手に思わず悲鳴を上げるけれど・・・強く言葉にして、口に出し、自分を勇気付けて戦いを挑むのです!
【銀華】 ▽
【GM】 では……触手たちが襲いかかる!
【GM】  
【GM】  【巨大触手(5)】【銀華】
【GM】  
【GM】  
【GM】 セットアップをどうぞ!
【銀華】 開幕はないのです!
【GM】 OKこちらもなーし
【GM】 では 銀華どうぞ!
【銀華】 最初からいっきにいくよー!
【GM】 こーい
【銀華】 3d6+8+1+4+4+6+5 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+3+5) 闇を核にした炎の弾丸!
【Dice】 K06_ginka -> 3D6+8+1+4+4+6+5 = [6,4,2]+8+1+4+4+6+5 = 40
【銀華】 いいだめーじ!!
【GM】 だがその炎は 触手は炎を受けるものの 平然としている!!
【GM】 燃える炎を涼しげに気にせずに近づいていき……巨大な触手がどんどんと銀華を襲おうと進んでいく!
【銀華】 ひえぇっぇ!?
【GM】 では、サモンテンタクラーにバインディングを添えて!
【GM】 2D+9 どーん!
【Dice】 ku-GM -> 2D+9 = [5,6]+9 = 20
【GM】 わーおすげえいい出目 20!
【銀華】 ひぃ~ん///
【銀華】 受動してもこわれちゃう!?
【GM】 ふははは 出目が良すぎたからねえ ふっふっふ
【銀華】 ダメージ-8 受動 ブラッディミスト しても12点で・・・胸APをとばします///
【GM】 OKOK では胸が露出するな!
【銀華】 拘束されつつ・・・アクトに 挟み込む双乳/淫らなる緊縛 CP5 SP2ですわ!///
【GM】 OKOK!
【GM】  
【GM】 小さな触手たちが銀華を縛り上げる! 強く締め上げ両手両足を広げてから…その乳房を強調するように締め上げる。 それと同時に巨大な触手が銀華の乳房の間に挟まっていき銀華の口にその先端を押し付けてくる! 甘い匂いと瘴気が漂い銀華の全身を震わせていく!
【GM】 ▼
【銀華】「うぁっ///やめ、、、んぅvあっvあっ///ダメ・・・そんなことされたら、、、またっ///」四肢を拘束されて、ぎゅうっvっと露出させられた胸が痛いくらい締め付けられる・・・さっきまで囚われていた全身締め付けをおもいだし、じゅくじゅくvおまんこぬれちゃいながら、ていこうしようとするんだけど・・・
【銀華】「んひぁっvや、やめて・・・おっぱいvそんな、おまんこみたいに、、、下から、、、犯さないでぇぇ///」淫らに縛り上げられ、ぎゅうっと谷間がぴっとり閉じたおっぱいの間に、極太触手が下乳の谷間からずぷずぷvはいりこんできて・・・魔物の体液と汗や涎でにゅるにゅるになった谷間を、ごつごつ押しあ広げ押し上げてくる感覚に、、、胸がおまんこになっちゃったみたいにかんじて・・・ふれられてもいないおまたが、うずいちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 胸に来る刺激は完全に銀華の全身 特に子宮に響いていく。 ずりゅ ずりゅっと擦り付けられるたびに先端が口に当てられていき、 びゅる びゅるっと液体をかけていく! 先程全身に塗りたくられた媚薬液だ! そしてそれを自らの手で絞らせようと銀華の腕を絡めた触手が、銀華の手を乳房に近づけていき強制的に揉ませていくのと同時に……強引に自分でパイズリをさせるように仕向けていく!
【GM】 ▼
【銀華】「んぁっvひぅっvそんな、穢れた、陰茎にv我がvわた、私のvおっぱいまんこvぁぁvパイズリマンコされちゃってるvダメ、だめなのvそんなに、強くされたら、んぁvあっvあっ///あぁぁっ///」最初はむりやり、両手で左右から押しつぶされながら強要されたパイズリなのに///ぷちゅぷちゅvとびちり、擦り付けられる先走りが口を汚してくると、どんどん身体がそれをもとめちゃって・・・いつのまにか指先を丸めた猫の手で、
【銀華】 自分から左右のおっぱいをぎゅうぎゅうv圧迫して、おっぱいの間に挟まったゴリゴリ触手ちんぽへ、真っ白なおっぱいの乳圧でごしごしvしごきだしちゃいます・・・v 体にしみこんだ白濁中毒が、喉の渇きを訴え出して、抵抗しないといけないはずの魔物へのご奉仕を、かそくさせちゃってます///
【銀華】 ▽
【GM】 ずりゅ ずりゅっと触手へのパイズリを続けていけば……脈打つ触手から白濁液となって銀華の顔や乳房にぶっかけていく! 今度の液体は原液そのもの 甘い蜜のような味と同時に全身の疼きを加速させていく!! 子宮が おまんこが アナルが おっぱいが 内側からも外側からも 性行為を求めて強烈な疼きを示し始める! 
【GM】 ▼
【銀華】「ぁっ///熱いv濃いv美味しい・・・んぅ・・・あっvダメ・・・コレ以上、舐めたら、ごっくんしたくなっちゃうv魔物チンポすいついて///喉マンコvイマラしたくなっちゃうぅっ///おまんこはめはめ我慢しなきゃだめなのv銀華は魔物を倒すために、がんばらないとだめなのにv汚チンポハメハメがんばっちゃ・・・だめだからぁぁ///」顔にかかり、くちびるにこびりついた白濁をなめながら、淫語たっぷり叫びまくる・・・
【銀華】 肉欲に溺れそうになる自分を制止仕様と叫んでいるのに、叫べば叫ぶほど、自分で自分を誘惑しちゃってて・・・その証拠にv拘束されていないお知りがフリフリゆれて、パイズリおっぱいも、腕で思いっきり圧迫して、尿道にのこってるざーめんvしぼりだそうとしちゃってるの・・・v
【銀華】 ▽
【GM】 びゅるびゅくどぷんびゅるびゅくううう  絞り出されるザーメンがたっぷりと銀華を汚していく。そしてそれが終われば…準備完了したのか 大型の触手たちがどんどんと…群がってくる!
【GM】  
【GM】 さあ 反撃かもん!
【銀華】 はぁい!
【銀華】 1d6+8+1+4+4+6+5-4 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+3+5)
【Dice】 K06_ginka -> 1D6+8+1+4+4+6+5-4 = [3]+8+1+4+4+6+5-4 = 27
【銀華】 さっき、BSつけわすれたのでそのぶんふくめて!
【GM】 あちあち! 熱いけど問題なく動いてくるぞ!
【GM】 では今度は テンタクラーに薄絹の呪いをかけて
【GM】 2D+9
【Dice】 ku-GM -> 2D+9 = [5,5]+9 = 19
【GM】 19点 あたえておこう
【銀華】 むりぃ///
【銀華】 -8しても11点とおって、、、腰もはじけとんで薄布は意味なくなっちゃった///
【GM】 大丈夫だ 問題ない!
【GM】 アクトはあるかな?
【銀華】 飲精奴隷/汚された象徴で CP3SP1です///
【GM】 あいよ!
【GM】  
【GM】 触手の液体 ザーメンがぶっかけられていく銀華 極太触手から放たれれば それだけじゃない。 他の極太触手がどんどんと群がっていき……どんどんと銀華を真っ白くザーメンで染め上げていく。 どんどんと身体の感度が狂っていくように強くなりながら……銀華の喉の渇きが増していく。
【GM】 そして、書けられるたびに残った腰の部分はじわじわと薄くなっていく。 それと同時にどろどろにザーメンによって解けていき…とうとう一糸まとわぬ姿となる。
【GM】 ▼
【銀華】「あ、あぁvダメ、だめvざーめんなんかにv負けちゃダメ///肌にはりついてくるvこってりvぷるぷるざーめんvごっくんしたくて、にちゃにちゃvすりつけたくなんかないのvだから、守ってvくれるvゴスロリ、ザーメンで白く濁らせないで、いやなのvなくなっちゃったら、誤魔化せない、自分を騙せなく為っちゃうv今すぐおちんぽハメられて、犯されて、喉マンコも子宮も、全部白いザーメンで溺れたい変態だって、だませなくなっちゃうのぉおおおお///」
【銀華】 自らを守ると同時に、理想の自分として清廉さ高潔さを現すゴスロリドレス・・・それが汚されるたびに、引き裂かれる度に、言いようの無い背徳感と開放感が身体をかけぬけ、おさえこんでいた、、、口に出すのも恥ずかしい、、、変態性欲をはつろさせてしまって・・・対に、、、最後の一枚、、、可愛らしいリボンのついた紐ショーツまでがザーメン漬けにされ、その重さにたえきれずーーーぼちゃんvっとはずれおちてしまったら///
【銀華】 一糸纏わぬ代わりに触手に縛られ、ザーメンに彩られた自分をじかくしてしまって///
【銀華】「あっvあっvくださいvざーめん、いっぱい、銀華の、おくちまんこにvいっぱいぃっ///」はしたなく、みだらに、ドロドロになった顔を精液溜まりになった谷間にうずめ、とびだしている触手にすいつき、パイズリフェラをしはじめちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 巨大な触手は銀華を抱きしめると自分の身体くらいあるその大きな触手はうねり先端加rあ噴水のようにぶしゃ ぶしゃあああああっとザーメンが吐き出されていく。 ドロドロとしたザーメンは銀華を染め上げていき、口の中にザーメンが入ってくればそれは……まさに甘美といえる。 どんどんと溢れ出すそれを飲み込むたびに子宮の卯月はどんどんと強くなる ほしい 欲しい ねだるように。
【GM】 ▼
【銀華】「ぁぁっvんぷvんぷvんぷvんむぷvんぷぁぁああv飲みきれない、すごいv触手ザーメンvすごいのぉっ///」口の中ではじけるように射精がはじまり、ごくごくのみこんで、喉奥までイマラチオしておなかいっぱいvザーメンをあじわうのだけどーーー小食銀華のおなかはすぐにいっぱいになっちゃってv限界まで飲み込んでいた触手も口からこぼしちゃって・・・噴水みたいに飛び出した亀頭から、ぼちゃびちゃv
【銀華】 顔どころか髪まで汚されるザーメンシャワーに恍惚に為っちゃう・・・ふわふわボリューミーなツインテールもべっとりザーメンにけがされて、もたったりはだにはりついちゃう///
【銀華】 既に咥えられない位置までそそり立った触手をぺろぺろなめて、したたりおち、降り注ぐザーメンを美味しいおいしいvって感じながらぴちゃぴちゃv下品な音を立ててなめとりますvそうしているあいだも、手はザーメンシャワーでぬめりいっぱいになったパイズリマンコぐちゃぐちゃ泡立つくらいご奉仕しちゃって、肩や背中、お尻まで降り注ぐザーメンに下腹部は限界をこえて疼きだしちゃってて・・・縛られて閉じれない足をそのままおろしーーーがに股M字開脚でしゃがみこんで、ふりふりv腰をゆすってえっちな誘惑ダンスをしちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 では・・・そんな姿を晒す銀華を見て触手たちは銀華を持ち上げていく そして、それは……徐々に銀華が先程通ってきた穴へと連れて行く!
【GM】 中に入ればそれは一瞬だ どうやら魔法で作られたゲートだ。 それを通った先は…
【GM】 「うわ、なんだ!?」「うわなにこれ!全裸の女の子がいるぞ!」「ナンダナンダ何が始まるんだ!」
【GM】 大勢の…男たちの前に晒されるその場所は…先程の海岸だ! 男たちの多くいる場所に連れてこられその姿を見られていく! がに股でM字開脚したまま熱い砂の上に座らせ その踊りの様を見させるように。
【GM】 ▼
【銀華】「う、うそっ///だめv見ないで///銀華の恥ずかしいおねだりダンスvみないでぇぇええっ///」がに股M字開脚でv太い触手チンポを自らパイズリしながら腰をくねらせる・・・止めなければ為らないのはわかってるのにv 真っ白な肌と言う目立つ自分は、少しの噂も直に身元とくていまでされちゃう、、、それをわかっているのに、自分の事を名前で呼んで、更にはパイズリも激しく、
【銀華】 腰振りダンスは色素薄いおまんこが奥まで覗かれちゃうくらい思いっきりお知りをつきだし、腰をつきだすものになっちゃってる・・・自分の恥ずかしい身体をかくすのではなく、白日の下に晒したいと言う屈折した欲望は、疼きまくった身体によって意志とは無関係に、そんな淫乱痴女ダンスをはじめちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 彼らは触手を目の前にしても”まるで見えていない 目の前の痴女がただ踊っているだけのように見えている”だけでしかない。海パン越しに膨れ上がる肉棒を示しながら、銀華の痴態を見ていくのであった。
【GM】  
【GM】 では反撃どうぞ!
【銀華】 はんげき・・・!
【GM】 できるのかしら?くすくす
【銀華】 2d6+8+1+4+4+6+5-4 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+3+5)催淫拘束されてるけどがんばる!
【Dice】 K06_ginka -> 2D6+8+1+4+4+6+5-4 = [4,2]+8+1+4+4+6+5-4 = 30
【GM】 ぐふふ 痛いけどまだまだいけるぞお
【GM】 火をかけているが一向に弱ってるようには…見えない!
【GM】 では、そのまま…反撃するぞ! サモンテンタクラー のみ!
【GM】 2D+9
【Dice】 ku-GM -> 2D+9 = [2,1]+9 = 12
【銀華】 ひぃん!
【GM】 ありゃひくい12!
【銀華】 ダメージ-8 受動 ブラッディミスト【魔力】だけダメージを減らす。(MP4 です///
【GM】 フフフ 触手は炎に強いのだよ ぐへへへ
【GM】 さあ、反撃来るがいい!
【銀華】 アクト使用だけ、いいですか?演出は最後で良いので・・・///
【GM】 OKだぜ
【銀華】 締めつける名器/第二の女陰/視姦の檻 でCP6SP4です/// あくとつかいきりました!
【GM】 OKOK! 演出は次回にしとこう!
【GM】 このままだと 寝れなくなっちゃうぜぐへへへへ(楽しい
【銀華】 いいもん・・・///
【銀華】 そしてはんげきーー!
【GM】 こーい!
【銀華】 2d6+8+1+4+4+6+5-4 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+3+5)催淫拘束の衆人環視レイプされながら、おまんこハメハメ触手にばーにんぐー!
【Dice】 K06_ginka -> 2D6+8+1+4+4+6+5-4 = [3,1]+8+1+4+4+6+5-4 = 28
【GM】 ふふふ その程度では焼ききれないぞお!
【GM】 そして 反撃の触手!
【GM】 2D+9
【Dice】 ku-GM -> 2D+9 = [1,4]+9 = 14
【GM】 14!
【銀華】 んひぃ///
【銀華】 その攻撃には・・・こうしちゃう!
【銀華】 5d6 受動/単体/反撃 テイルオブスペード 攻撃してきた対象に与えたダメージと同じだけ、攻撃のダメージを軽減する。(CP5)
【Dice】 K06_ginka -> 5D6 = [6,2,6,3,1] = 18
【GM】 おおう!
【GM】 18点素通りか!
【銀華】 ダメージも全部消しちゃう!
【GM】 やりおる!
【GM】 だがまだ生きている さあ来るがいい反撃を!
【銀華】 炎をやめて・・・粘膜接触した おまんこ越しの 破壊エネルギーぎゅうぎゅうしめつけちゃう!
【GM】 ぐう! その分触手から吐き出されるザーメンが増していくっ!
【銀華】 13d6 純粋/任意 ヴァニシングクライ 任意の相手に純粋ダメージをあたえる。(CP6)
【Dice】 K06_ginka -> 13D6 = [3,6,6,2,2,5,4,3,1,4,1,6,5] = 48
【GM】 おおおおお!
【GM】 つよい つよい!!だが・・・・・・まだ生きている!
【銀華】 うそっ!
【GM】 フフフ…残念だったねえ フフフ
【GM】 ではそんなキミに教えてあげよう… こいつは体力魔力型だ
【銀華】 ひぃん!
【GM】 憤怒 そして サモン・テンタクラー!
【銀華】 いやぁぁ///
【GM】 2D+5D+9
【Dice】 ku-GM -> 2D+5D+9 = [4,1]+[4,3,4,4,4]+9 = 33
【GM】 33点!
【銀華】 で ですぺらーっと!
【GM】 こい!
【銀華】 5d6 受動/単体/反撃 テイルオブスペード 攻撃してきた対象に与えたダメージと同じだけ、攻撃のダメージを軽減する。(CP5)
【Dice】 K06_ginka -> 5D6 = [6,6,2,1,2] = 17
【銀華】 -17で16点!HPのこり・・・5!
【GM】 こっちも17点食らって…
【銀華】 イカされくり、おかされまくりだけど、、、いきてるの!
【GM】 こちらも ギリギリだ!
【GM】 さあ反撃クルがいい!
【銀華】 コレ耐えられたら・・・おしまい!最後の暗黒炎!
【銀華】 2d6+8+1+4+4+6+5-4 [炎]魔法/単体 イビルフォース&アニヒレイト&オーバーライト・レッド(MP3+3+5)
【Dice】 K06_ginka -> 2D6+8+1+4+4+6+5-4 = [5,6]+8+1+4+4+6+5-4 = 35
【GM】 あ……  すまんな……あと…7点っ!
【銀華】 いやぁぁ///
【GM】 さあ、狂うがいい!
【GM】 2D+9 テンタクラー!!
【Dice】 ku-GM -> 2D+9 = [4,2]+9 = 15
【GM】 15点!
【銀華】 ブラディミストで-8しても・・・7点貫通して 堕ちちゃいます///
【GM】 そしておめでとう 堕落持ちだ!(ゲス顔
【銀華】 侵食度4なので1d6+5です!
【GM】 ささ 致命傷どうぞどうぞ(にっこり
【銀華】 1d6+5 痴名!
【Dice】 K06_ginka -> 1D6+5 = [3]+5 = 8
【銀華】 あひぃ///
【GM】 全身を快感に襲われ、立ったまま潮吹きor失禁(あるいは両方)してしまう。
【SP】+2され、気絶する。仲間の《ウィッシュ》以外の手段ではこの戦闘中は回復できない。
【GM】 これで6出したら面白かったね(笑顔
【GM】 さ、全滅表もどうぞ♪
【銀華】 にゃぁぁ///
【銀華】 1d6+5 全滅・・・///
【Dice】 K06_ginka -> 1D6+5 = [2]+5 = 7
【GM】     別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。
【SP】+2する。
【GM】 好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【GM】 好きな能力で10の判定に失敗すると[淫乱症]になる。
【銀華】 どちらも魔力で・・・!
【GM】 ではSP+2 そして妊娠トラウマ判定と 淫乱判定どうぞオプ
【GM】 ♪
【銀華】 2d6+8 とらうま!
【Dice】 K06_ginka -> 2D6+8 = [1,3]+8 = 12
【銀華】 あぶない!!
【GM】 セーフセーフ
【銀華】 2d6+8 いんらん!
【Dice】 K06_ginka -> 2D6+8 = [3,3]+8 = 14
【GM】 淫乱になってたらゴスロリが常時ゴスロリ風エロ服だったね!
【銀華】 あうあう///
【GM】 さて、時間的にはここまでとして…次回月曜あたりとかでどーだろ!
【銀華】 はぁい///
【銀華】 あ、中断だったら
【銀華】 さきにりざるとだけでも!
【GM】 あ、そだね!
【GM】 CP SPを教えてくださいな!
【銀華(MP16)】HP[-3/29] AP[0/0/0] CP[0/16] SP+10 BS[催淫/拘束/] 輝石/香木 アクト8/8[潮吹き/挟み込む双乳/淫らなる緊縛/飲精奴隷/汚された象徴/締めつける名器/第二の女陰/視姦の檻] ステータスはこうでした!
【銀華】 CP16SP10 です!
【GM】 OKOK!
【GM】 では 経験点36点 ミアスマは13点 刻印は 触手・ゴマンダー  
【GM】 以上です!
【銀華】 はぁい///
【GM】 では月曜日に続きをしましょう!
【銀華】 はいv よろしくおねがいします///
【銀華】 こんやはおつかれさまでしたの!
【GM】 ウフフポテ腹になるまで犯すね♪
【GM】 お疲れ様!!
【銀華】 うあ・・・はい///(ちいさくうなずくv
【GM】 うへへ
【GM】  
【GM】  
【GM】 巨大な触手が銀華を襲う! その腕に細い触手が絡みつき、身体を持ち上げていく。晒し者のようにその姿を見せつけてから銀華の足元にはあの巨大な触手が……巨大な口を開いていく。じわじわとゆっくりと銀華の身体を下におろしていく。 徐々に降りていけば見えていく。
【GM】 そこにあるのは無数にある大量の触手が!! 銀華が近づていけば触手がどんどんとうねり”餌”を求めるように蠢いていく!!
【GM】 ▼
【銀華】「いやぁっv私、ちがうのvこんな事、したくないのにぃvあっv臭い、ザーメンスメルv大好きな精液どくどくされたらぁぁ///」腕に絡みついた触手をはらいのけないといけないのにーーーM字開脚腰振りダンスで身体に力が入らない、それどころか両手が真上にひっぱられてぷるんvっと真っ白なおっぱいを突き出すようにむねをはり、少しずつ地面から離れていく身体を支えようと爪先立ちになっていく様子を余す所なく視姦されてーーー吊
【銀華】 り下げられたときにはぷしゅぷしゅv愛液がその秘所から噴き出すほど感じちゃってて・・・
【銀華】 既に満身創痍・・・剥ぎ取られたリミッターのゴスロリ服の欠片すら汗とザーメンで流れ落ちて一糸纏わぬ恥ずかしい身体をみられながら・・・うねる触手の沼へと、ずぶずぶ・・・爪先からしずんでいっちゃいます・・・
【銀華】 ▽
【GM】 「え、あの全裸の子いきなり宙浮いてるよ!」「すげえーマジックかな!」「あ、さっきのおねえちゃんだ!」「きっと、悪い人とたたかってるんだよ!がんばれーおねーちゃーん!!」
【GM】 わーわーわー  いろんな声が聞こえてくる 子供の声 全裸の姿を見て痴女扱いしてる声や マジックなんかのショーかと驚いてみたりと
【GM】 そんななか足の先から入ってくればそこからは一瞬だった大量の触手が足に絡みついていきそのまま引っ張っていく! それと同時に足を大きく広げられM字開脚されたまま…20 30と束ねてられ固まった触手が…ジュブンッと同時に銀華のおまんことアナルに同時に入り込む! 最奥まで一気に入ってきたかと思えば触手の先から細い管が現れていき胎内にまで入り込んでいく。 その中も媚薬と化している体液がたっぷりと入れられていきながら、両穴へのピストンをしていく! 触手の見えない彼らにとっては…
【GM】 「おいおい、みろよあれ!両穴おもいきりひらいてるぜ!」「うわあみろよこれ、このまんこ子宮口開いて中も見えるんじゃねえのか」男たちはそれを間近で見ていき、銀華の痴態を楽しそうに見ていく。
【GM】 ▼
【銀華】「っぁv見ないで下さい///銀華のv恥ずかしいアルビノエロボディv視姦しないでv大人じゃないとシちゃいけないv変態プレイしちゃってるJCのダメダメアクメみないでぇぇっ///」沢山の視線、そして彼らの呟く様々な声が、過敏になった聴覚で聞こえてきちゃって・・・空中でくねくねと悶えながらマン汁撒き散らす姿みせちゃいます・・・でも、そんな事をきにしていられる時間は極僅かで///
【銀華】「んひぃっ?!vだ、だめぇっ///拡げないでぇv銀華の、おまんこvあなる、全部見えちゃ・・・っvあぁああああああああああああぁぁああっっ♪」徐々に降りていくからだ・・・人々からみたら、きっとまたM字開脚し始めた淫乱女みたいな格好になっちゃってるの、自覚しちゃって抵抗しようとしたのにーーーまとまり、極太の肉棒となった2つの触手ちんぽがあてがわれた瞬間、喉から悲鳴とも嬌声ともつかない、か細い声が響きーーーソレはそのまま悲鳴となって大きくビーチに響き渡ります。
【銀華】「ぁっvあっvイクvイクのぉっv銀華のおまんこv見えない触手チンポにvぐりぐりされてvケツマンコと2穴アクメしちゃってるのぉv 子宮v ポルチオv 直腸v 見えちゃいけないv 銀華の大事なところv ビーチの人たちに全部、みられちゃってるのぉおっ♪」大声で更に注目を浴びちゃって、ゴスロリ服と言うストッパーも、ヒロインとしての理性も、挿入アクメで吹き飛んじゃって・・・淫らな本性丸出し・・・
【銀華】 それこそ激しい本気汁噴出して、キュウキュウ締め付けてうねる膣とアナルの形で、見えない触手がおぼろげながら輪郭見えちゃうくらいおもいっきり、乱れ出しちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 「うわえっろみてみて、マン汁たっぷり出してイキまくってるぜ?」「触手って何いってんだこいつwわけわかんねえからチンポ入れてやろうぜ」「ああ、俺も俺もw」
【GM】 男たちは海パンを脱いで、極太のペニスを見せる。 そこで銀華も気づく 異常なくらい膨れ上がった肉棒から溢れ出る瘴気の匂いが そしてそのまま銀華の身体を挟むようにしながら
【GM】 「「いただきまああす!」」そういって一気に両穴にペニスが入り込む!触手が大きく押し広げられるようにしながらペニスが銀華の両穴に入り込み 子宮を直腸を強く突き上げていく! それと同時にわかる。子宮口の中にまでその極太のペニスが入り込んでいる! 触手によって押し広げられた膣内 子宮によって手を加えられながら…触手への突き上げと肉棒への突き上げが同時にやってくる!
【GM】 ▼
【銀華】「ぁっvおちんぽvおちんぽくださいv頭のおかしいエロ痴女JCの銀華にvおもいっきりその極太瘴気チンポvぶちこんでっv孕んじゃうくらい中出ししてくださいぃっv」近づいてくる男達の肉棒をみて・・・・一目惚れしちゃってv 極太触手ハメられてるのに、更におねだりしちゃって・・・その通りにしてくれた男の人たちにお礼までいっちゃいます///
【銀華】「ありがとぉvんひぅっvおぉっvありがとうございますぅv 極太チンポいっぱいvおマンコvケツマンコv精一杯vご奉仕しますぅっvどうか、私に、銀華にvめいっぱいv種付け中出し・・・してくださいぃっ///」蕩けた笑顔で、前からハメてくれた男性に胸を押し付け、その日焼けした雄らしい胸板に、真っ白で柔らかいおっぱいおしつけて、乳首でコリコリv彼を刺激しちゃいますv
【銀華】 同時にケツマンコにハメてくれた後ろの男性には、振り返りながら舌をのばし、その唇をれろれろvちゅっちゅv懸命にらぶらぶキッスしちゃいます・・・・・・今あったばかりの、見知らぬ男性にむかって///
【銀華】 ▽
【GM】 「やっべ最高の痴女じゃんこの子!」「んじゃ好きなだけ犯してやろうぜ!」  「おねえちゃんどうしたの!?」「なにしてるの?」
【GM】 子供たちは純粋な目で今銀華のされていることをじっと見つめていき…… 男たちは一気にピストンを早める。 子宮内まで入り込んだペニスが完全に銀華の子宮を広げるように腰を円を描くように動かしながら、ピストンをしていく。 それと同時にアナルを攻め上げるペニスも直腸を強く突き上げ、触手の細い管が中まで入り込むように押し広げていく。 
【GM】 そして触手たちはどんどんとその開いた子宮口 直腸の中に入り込んでどんどんと触手が入り込んでいく 中を突き上げ  銀華の体の中すらも侵食して犯していく。 巨大な触手は銀華のおっぱいにまで近づいていきそのままぎゅううううっと強く締め付けられる。締め付けられおっぱいの形が絞められ 乳首が尖り目立たせる。 身体の中も外も媚薬液と触手によって感度が狂わされ思考を快感 快楽で犯し 犯し 犯して 犯して セックス以外の思考をさせないように犯し尽くしていく。
【GM】 ▼
【銀華】「ありがとうございますvビーチで知らない人とセックスv大好きですv初対面種付けおねだりしちゃうvダメダメヒロインに、おちんぽ汁めぐんでくださいぃっ///」前後をサンドイッチしてくれる逞しい瘴気男たちに感謝の言葉をつたえながら、きゅうきゅうv繊毛触手に肉ヒダ一枚一枚管理されてv膣も直腸も、ぜんぶのひだひだがクリトリスみたいに敏感になっちゃって、こりこりv
【銀華】 ピストンしてくれるおちんぽを刺激しながら即イキまくりのキツキツマンコへ仕上げられちゃいますv そのおまんこ改造は子宮どころか 卵管までとどいちゃってvコリッコリッの狭い子宮口も今はカリをひっかける肉リングに成り果ててv裏返ってぷっくりした左右の卵管が亀頭と鈴口を左右からちゅっちゅしちゃうv変態子宮になっちゃってるのv
【銀華】「んひぃっvすごいのぉvこんなのv初めてなのぉv 私v正義の味方なんかじゃないのvキミたちに、案内してもらってv知らない人とおちんぽvせっくすはめはめvする為にvきただけなのvごめんね?淫乱ヒロインでがっかりしちゃったね?///でも、我慢できないのvお詫びにほらvビンビン勃起してるv乳首、ぷるぷるおっぱいv好きにしてvおちんちん、硬くなったら、お兄さんたちみたいに、ハメハメしてあげるからv」困惑し、けれど熱中
【銀華】 してこちらをみてくれる可愛い少年達に、おちんぽでイカされながらも身体をずるりと男性サンドイッチからずらし、締め上げられてきゅんきゅんする乳首をさしだします///
【銀華】 ▽
【GM】 「こりゃすげえなこの肉穴使えるわあ!」「やべ、そろそろ限界だわ・・・たっぷり出してやるわ!!」そう言って一気にピストンを早めていく男たち。そして大きく膨らんだ2本のペニスから大量のザーメンが銀華の胎内に吐き出されて……
【GM】 それと同時に!合計80本ほど入った触手たちが一気に膨れ上がっていく! それと同時にギチ ギチグチミシィっと銀華の両穴を大きく押し広げていく! 肉の広がっていく刺激と快感 強烈な痛みのはずがそれは強烈な快感へと変えられ何重もの絶頂感を銀華に与えると同時にそれにとどめを刺すかのように一本本からぶしゃああああああぶちゅびゅるびゅるぐちゅじゅぶぶちゅごちゅびゅるううううびゅるびゅるううううぐちゅぶちゅうびちゃあっと大量のザーメンが吐き
【GM】 出される! 一瞬で銀華のお腹を妊娠したかのように大きく膨らませていく。
【GM】 男たちは先に注ぎ終えたのか……じゅぼっとペニスを引き抜く そして…一般の視点からは…
【GM】 ザーメンの塊が膣内に入り込み ドロドロの濃厚な匂いをしたザーメンが中に入っているのをしっかりと見せつけていく。
【GM】 「そんなぉねえちゃんって・・・・」
【GM】 「変態だったんだね!!」
【GM】 子供たちはどこか嬉しそうに言ってからチンポを出す 子供の大きさとは思えないほどの極太のチンポ 皮はついているものの その先端からはドロドロした先走りが溢れ出ている。 
【GM】 「じゃあ僕たちも変態お姉ちゃんを使って楽しむね!!」「みんなー!今日の玩具は変態お姉ちゃんだよーー!」そう大きな声で言ってから仲間を呼んでくる。
【GM】 ▼
【銀華】「んひぃっ!?あっvあっv激しいっvまってvイクのvとまらなvあっvあっv見て、みてぇvいっぱいみてv私のv堕ちちゃう姿v全部みてぇえええええええええええええぇぇぇえええ♪///」身体をねじった事で、抉るように片方にだけ圧力がかかりーーー歪に歪んだおまんことケツマンコ、その両方がみたこともないくらいひろがっちゃってv皺がのびきって、入り口近くのひだひだまでまっすぐのびきっちゃっててーーーvてらてら陽光が乱反射
【銀華】 しておチンポつきささる最奥までてらされたまま、誰が見てもわかる絶頂痙攣をお披露目してーーーそのまま、どびゅるるるるるvぼごぼごぼv重低音の鈍い射精音が私の悲鳴に負けないくらいひびきわたってーーーvぽっこりv中出しされたザーメンで、、、妊娠しちゃいました///
【銀華】 引き抜かれたところで、身体を縛るしょくしゅはそのままだから・・・横向きになり、M字開脚でぽっかり2穴と白濁まみれのケツマンコと子宮まんこv晒しながら・・・絶頂の余韻でトロ顔さらしているとーーー子供達と目が合い、、、とんでもない事をいわれちゃいました///
【銀華】「あぁっvあぁっvそう、、ですv私、今、ぞくぞくしてますv子供達に変態っていわれて、妊娠ざーぼて、晒して、子供達の極太チンポに玩具にされるの・・・とっても、期待しちゃってる、変態ですvどうか、銀華を、使って・・・ください///」ごぷり、ぶちゅり・・・濃厚すぎるザーメンの塊がぼちゃぼちゃ、ゆっくり逆流するのをかんじながら、、、新しいおちんぽに、、、そのたまたまにつまってるv白濁にまた心奪われて、浅ましいおねだり、おもいっきりさけんじゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 「おいおい相手は子供だぜ?どこを使ってほしいのかちゃんと言わなきゃわからんぜ?」「ほら、声高らかに言ってみなよ、どうされたいかさ♪」
【GM】 そう言いながら男たちは銀華の足を広げる。それと同時に触手は勢いよく引き抜かれてき ぶしゃあああああああああああああっと大量のザーメンが滝の用に溢れ出てくる。
【GM】 「おーおーすげえすげえまんこからたっぷりザーメン出ちまってるぜ」「きっとせきとめてたんだろ?そんくらいザーメンとセックスが好きな中毒なJCなんだろ♪」そう言いながらくぱあっと男たちの手で銀華のまんこが開かされる
【GM】 「わ、おねえちゃんのすごい」「えっちなかんじがするー♪」「違う違うあれが…肉便器ってやつだよ」
【GM】 子供たちはそんな事を言って銀華を人としての扱いじゃなく 変態としてみてくる。
【GM】 ▼
【銀華】「ぁっvダメ、いやv抜かないでvでちゃう、ザーメン出ちゃうvいやぁvいやぁあああああああああああああああ///」触手を引き抜かれて、せき止められていたザーメンが、一気にびちゃびちゃvぶちゅるるるるるる!噴水みたいに砂浜にまきちらされちゃいます・・・大好きなざーめんvまだホカホカ湯気でてる濃厚ザーメンがお腹の中から出て行っちゃう寂しさに、本気で悲しくてさびしくて・・・涙浮かべちゃって・・・ぐすぐす、鼻ならして、ぐずっちゃいます///
【銀華】「ひどいです・・・銀華のざーめんvあんなにあったのに・・・お願い、、、肉便器銀華に、、、もっとください///ボクたちの、立派なこどもちんぽ、わたしのおまんこに、つっこんで、ハメハメしてvぱんぱんv子宮の奥まで使ってくださいぃvケツマンコも、汚チンポほしくてうねうねしちゃってるのv汚くないから、どんどんあなるせっくすして、おなかいっぱいに、射精してほしいのぉっv」幼児退行したかのようにしたったらずな声で、、、そ
【銀華】 れでもむせ返るようなセックスの余韻を引きずった甘ったるさを残し、羞恥心や背徳感を現す視線の動き・・・ちらちらと所在無さげに視線をそらしては結局おちんぽにもどってくるのをくりかえしながら、、、最後には「おねがいしますぅvこどもちんぽv私の肉便器ぼでぃvどこでも、つかってくださいvお口につっこんでもいいですv頑張ってフェラしますぅvおっぱいまんこv挟んで、、、パイズリもしますからぁぁ・・・はやく、はやくぅっ///」
【銀華】 ▽
【GM】 「そうそうそれじゃ使ってやりな坊や達♪」そういってくぱあっとおまんこを開いてから「うんっ!いっぱい使って肉便器お姉ちゃんを使うね!」そういってから二人の少年が銀華の間にはさまり、そのまま一気にペニスが銀華の両穴に入り込んでいく!先程の大人チンポと違いまだ皮付きだったせいか…
【GM】 「ひぐうううううううう!!」「うあああああ~~~~~ーーーー!!」二人の少年は入れた瞬間子宮 直腸奥に大量のザーメンが吐き出されていく! それと同時にそれを一滴も逃さないように触手たちも少年たちのペニスをすり抜けて最奥を突き上げていく。その瞬間やってくるのは挿入による快感と同時に 触手が少年のペニスではあたっていない子宮部分や子宮内にまで入り込み再び中を突き上げ犯していく!
【GM】 ▼
【銀華】「んひぃっvありがとうござましゅぅvおちんぽvはひって・・・きひゃぁあvイク、いくのvまたv銀華v肉便器おまんこvつかってもらってv嬉イキしちゃうのぉっ///」皮かむりの敏感おちんぽvあんなに広がってるおまんこなのにvちょっと挿入してきただけで、ぎゅううううvってイっちゃう痙攣膣圧で一気におチンポむいちゃってv触手にこりこりにされた膣ヒダで一気にうねうね名器まんこお披露目しちゃってv自分から奥へ奥へv引っ張り込む貪欲マンコでおちんぽのみこんじゃって・・・v
【銀華】「ぁっvぁあああああああvはいってきて、すぐvご褒美ざーめんvうれしいv真っ白になっちゃうv私のおまんこも、ケツマンコまで、ザーメンでまっしろになっちゃうのぉっ///」2穴挿入と同時にまたはきだされたあつあつざーめんvその瘴気まじりの濃厚な射精にすぐにのぼりつめちゃって、、、尖った乳首ぷるんぷるんv震えるくらい激しくのけぞってv嬉しそうに蕩ける顔、晒しちゃいます///
【銀華】 ▽
【GM】 「ぐへへそれじゃあもっともっとしてやろうぜ!ほら口マンも使ってやるからよ!」そういうと銀華の身体が少しだけ降りていき、口もとにペニスが当たるくらいのところまで降ろされる。口を開かせればそのまま一気に極太ペニスが口の中に入り込む。 喉奥を突き上げながら触手が少し顔を挙げさせザー汁を飲みやすいようにさせていく。先端から溢れ出る先ほど出されたザーメンが喉奥に入り込んでいく。
【GM】 「ぼ、ぼくもっとしたい!この変態お姉ちゃん使いたい!」「ぼ、ぼくも!ぼくもいっぱいつかうんだ!」そういってから一気に子供たちの剥けて大人チンポになったそれが銀華の子宮 直腸を突き上げる。先程の男たちのように子宮内にまで入り込み 触手が押し広げてチンポを咥えやすくさせていく。 
【GM】 「お、俺もだ!俺も使わせろ!!」「俺も!」「俺も俺も!」どんどんと男たちが群がっていく。 おっぱいに 乳首に 両手に チンポ チンポ チンポ チンポ チンポ 大量のちんぽが銀華を囲んでいく。 そしてそれの影響下
【GM】 「ふああvvvいいのいいっvvちんぽちんぽちょうだいわたしもおおvv」「ゆーくんもわ、わたしのおまんこつかってえ」「う、うんつかうよ!みーちゃんのおまんこぼくつかうよ!」「おらあ!もっとケツフレ雌豚!」「はへえええvvはひいいvvめすぶたまんこきもひいきもひいいいvvv」
【GM】 周りでも始まっていくセックス いやもう…乱交状態となって…銀華と一緒に周りの女 若い子も少女もみんなが犯されていく。
【GM】 その犯されている女の中にも 男にも 触手が……精神を狂わせているかのように首の後には触手が刺さっているのがわかる。
【GM】 ▼
【銀華】「はひvくちまんこvちゅかってくださいvんむvあむ・・・んむぅvんっvんっvんっv///」体が降りて、目の前に突き出された肉棒に頬擦りしたあと、ぱくりvくわえこんだらーーー自然と喉奥までのみこんで、首を動かすセルフイマラで喉マンコごりごりvおちんぽごほうしはじめちゃいます///顔をちょっとあげさせてもらったら、、、よりすむーずになって、、、舌を這わせた裏筋にぷっくりこりこりvザーメンのぼってくるのわかっちゃって、、、嬉しさに頬緩ませながら、、、出されるザーメンぜんぶ、ぜーんぶのみほしちゃいます///
【銀華】 その間も、身体は子供の玩具でv肉便器らしくおまんことけつまんこv代わる代わるv子宮ファックv 直腸奥の結腸ファックまでv子供達にお披露目しちゃって・・・v いつのまにか解かれた拘束で、、、殺気からちらほら見えるビーチの人たちの首筋にまとわり付く触手を引き剥がす・・・なんてことはしない。
【銀華】 直に開放された四肢は集まってくる少年達のおチンポにのびて、優しく激しくv丁寧に皮をむき、シコシコこすってあげちゃいますv射精するときだけ、口でうけとめて、まにあわないときは、せめてものおもいで、、、乳首に亀頭をおしつけて、びゅるびゅるびゅるv射精をにぷるでうけとめてあげます・・・vそんなことをしていたら、周りの人たちも気持ちいいセックスしてるのみえてきて・・・いいなぁっておもいながら、出したておちんぽvぱふぱふ柔らかい
【銀華】 まっしろパイズリで癒すように挟んでぐにゅぐにゅ、してあげます///「元気になったら、、、また、ハメハメしてね?」っていいながら///
【銀華】 ▽
【GM】 「あーあーあー!たまんねえ! 俺もう出しちまうぞ!」「俺も!」  そう言って俺も僕も僕も!っと大勢の声が上がる
【GM】 そして・・・大きく膨らんだペニスから大量のザーメンが吐き出されていく! 喉奥に 両手に おっぱいに おなかに 顔に 髪に 足に そして体の中に吐き出されるザーメン
【GM】  触手たちからも大量のザーメンが吐き出されていき・・再び大きく膨らんでいく銀華のお腹。 どぷ ごぷん 溢れるほど出されたザーメンがお腹の中に入っていき満たされていく。
【GM】 そして……触手たちの手が離れればどさっと銀華の身体が熱い砂浜の熱があたる。 ジリジリと熱による痛みと熱さが来るこれすらも……今では狂ったようにやってくる快感。 快感が 銀華を満たしていく。
【GM】 ▼
【銀華】「んんぅうううっvんむっvんぅっvんぅふーーーvんぅふーーーーっv///」全身おチンポ漬けで、2穴への種付けザーボテをきっかけに、口も胸も手足も、お知りも背中うなじわき腹おへそ太ももふくらはぎ腋顎鼻でこ髪・・・ありとあらゆる場所で感じる熱く粘ついた射精の感覚。必死に吸い付いて喉マンコへの射精を受け止め続けられた事は奇跡・・・いやどこかで残していた余力、、、戦いにこの余力をつぎ込めば、勝てていたかもしれな
【銀華】 い、心のどこかですでに、敗北を望んでいたのだと自覚してしまいながら、、、使い捨てられたオナホのように砂浜に投げ出され、ぼんやりと快楽の余韻につかります・・・
【銀華】 白いアルビノボディは、モット濁って黄ばんだ白濁で余す所なく汚され・・・膝をついてうつ伏せに倒れた身体を起こすこともできず、開いた股からはどぼどぼ、また精液を砂浜におとしていしまう・・・僅かな呼吸音とベチャベチャと言う音、そして砂浜におしつけられてざりざりと熱さに焼ける胸や頬の感触だけをかんじていました・・・
【銀華】 ▽
【GM】 空を見つめ意識を朦朧とした…銀華
【GM】 その空を隠すかのように……再び目の前には何十本のちんぽが差し出されるのと同時に
【GM】 真上にある巨大な触手が銀華を再び飲み込もうと近づいて………
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス  くらくら 触手さんの中にようこそ
【GM】 これにて閉幕
【GM】  
【GM】  
【GM】 お疲れ様でしたーーー!
【GM】 というわけで 銀華ちゃんたっぷり触手+触手に狂わされた人たちの肉便器になれましたね(ゲス顔
【銀華】 おつかれさまぁ///
【GM】 こんな感じでどうだったかな!
【銀華】 いっぱいしすぎです・・・!///(ぎゅーv
【GM】 うなうな(ぎゅー
【銀華】 次回は肉便器つけないとだわ・・・w
【GM】 w
【銀華】 別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。 だったから
【銀華】 きっと、浜辺の肉便器として数日間通うことになっちゃうわ・・・w
【GM】 そうなるね!
【GM】 丸呑み 穴レイプ 人にもレイプされる 色々できたな!
【銀華】 3回分くらいセションしたきがする!
【銀華】 (ひざうえごろにゃーんv