【シリア】「シリア・ラヴィアーナよ。知らない?次からは覚えておく事ね。」
【シリア】「私を攫っておいて何を要求してるの?そんな事より早く私の帰り方を考えなさいよ。」
【シリア】AA(のようなもの)が発達した異世界の姫。MCとの共鳴効果によって召喚されてしまう。
【シリア】召喚してしまったマリオネイターの紹介でギルドに所属、帰る手段を探している。
【シリア】薄翠直長髪、紅茶眼、白肌。
【シリア】普段の外見は人間と変わらないが、
【シリア】着装時は全身に翠に光るラインや文字が浮かび、輝く風の翼が生える。
【シリア】そんな異界から召喚された姫様(13歳)デス
【シリア】▽
【GM】では、そんなシリアが元の国に戻る方法ための戦いを始めようか
【GM】 
【GM】 
【GM】ヒロインクライシス アームズ  裏アリーナ
【GM】 
【GM】この世界で過ごす…特に家も何もない ただAA MAを使えるだけの人間にとってぇあギルドで生きつづけるのが一番。 君はそう教えられギルドに傭兵として登録された。
【GM】とってぇ× とっては○
【GM】そんな君に与えられたのは一個の部屋 住居として必要最低限のものだけが用意されたもの。 異世界から来た君はそこで過ごすしかなかった。
【GM】▽
【シリア】「まったく・・何なのここは。侍女の一人も居ないなんて。・・・と言っても仕方ないし・・・むぅ・・これはどう使うのかしら?」
【シリア】自身の身の回りのこともあまりしたことが無いうえに、異なる世界の道具は使い方も判らず
【GM】ちなみに部屋にあるのは寝床 食事を作る台所 風呂場 それくらいである。
【シリア】部屋の中を見渡して・・・
【シリア】「とりあえず寝床だけは有るようですし、服と食事だけでも聞いておきましょ。」
【シリア】と誰か部屋の前を通らないか待ち伏せます
【シリア】▽
【GM】ではそんなとき コンコンっと扉のほうからノックが鳴る どうやら誰か来たようだ
【GM】「すいません、えーっとシリア…さんでよろしいでしょうか?」そんな男性の声が聞こえてくる。
【GM】▽
【シリア】「いい所に来たわね、入っていいわよ。」
【シリア】特に男性という事を警戒もせず入っていいと言うと
【シリア】「貴方が私の世話係ね。とりあえず着る物と食事が欲しいのだけど。竈も無いってことは食事が出るんでしょ。」
【シリア】とりあえず自分の用件を伝える。
【シリア】▽
【GM】入っていいという許可を得られればそのまま入ってくる
【ジニア】「こちらはギルドのあなたのマネージャーのジニア・アーリアスと言いますよろしくおねがしm……えぇ…」唐突の要件だけを伝えてくる少女に呆れ顔をする20歳の青年。「え、えーっと一応言うとそういう世話役じゃーないんですが」
【GM】▽
【シリア】「え?じゃあ別に世話係が居るの?じゃあその人に伝えておいて。それで、世話係じゃないなら何の用?」
【シリア】とりあえずベッドに座って話を聞いてみる。
【シリア】▽
【ジニア】「あー、まあ…そういう人はいないんでまず金稼いで雇ってもらわないと。うちもそれをしてもらうなら雇う形にしてもらわないねぇ。」やれやれっと呆れたように頬を掻いて。「というか、君ホント何も知らないんだねぇ……とりあえずギルドに登録も明らかに別次元のAAだけどもとりあえず許可したけど・・・。この世界ではお金を稼がないとダメなんですよ。何をするにしてもね。」そう言いながらシリアに説明する。
【GM】▽
【シリア】「そう・・・大体判ったわ。それでお金を稼ぐにはどうすればいいの?すぐに稼げないのだったら、外で狩をしてこようと思うのだけど。」
【シリア】お金が要ることは理解した。が、持っている筈も無く、とりあえず野営の様にと獣でも狩りに行こうかと。
【シリア】▽
【ジニア】「か、狩りって……」軽く汗一個垂らしながら「いやまあ単純にお金を稼ぐ方法っていうのは簡単に言えば、こちらが提示する仕事をこなしてくれればいいだけさ。働かざるもの食うべからず っていうのは知ってるよね?あとは、アリーナっていう1:1方式のバトルがあるけどこっちだと…ランクが高い相手じゃないと稼げないっていうまあまたハードなところってのがあるね。」そう言いながら稼ぎの仕方を教えてあげる
【GM】▽
【シリア】「それで・・今日の食事前に終わるような仕事はあるの?このままだとお金を稼ぐ前に飢えてしまうし、なんとかしてよ。」
【シリア】「私が充分に稼げば貴方を雇ってもいいわよ。」
【シリア】帰るにはこちらでの召使も必要だし、それなら今までの様子から彼でもいいかな、と聞いてみる。
【シリア】▽
【ジニア】「え、えーっとなんでこの子こんな偉そうなんだ……まあギルドに所属してるのが大半こういうのいるからいいんだけどさ…」はあっと息を吐きながら「とりあえず、一回で大金を稼げるのなら一個持ってきてるよ。君みたいな子は”受け”がいいしね」そう言いながら仕事のデータをあさり始める
【GM】▽
【シリア】「とりあえず数日の食事分ぐらいは稼げるわよね、そうじゃないと帰るどころじゃないし。・・あるならいいわよ、それで。で、どんな仕事なの。」
【シリア】帰るためにもまずは生き残らなければ、と先を促す。
【シリア】▽
【ジニア】「まあ、単純な仕事だけどね。」そういって一枚の写真を渡す。「これ、アリーナバトルの相手なんだけど。これと戦うって勝利するってのが金を稼ぐ一個。なんだけれども勝っても負けてもお金が入る。っていういいのがあるのがこの相手なんだ。」そういって、シリアに教える。
【GM】▽
【シリア】「精霊機の機士試合のようなものかしら?それで相手は・・・」
【シリア】と話を聞きながら写真に目を向けると
【シリア】▽
【GM】その写真に写っているのは若めの男。 白兵型のAAに乗っているようだ。 君よりも年上で見た目は結構なイケメンだ
【ジニア】「とまあ、彼が相手。戦闘経験は豊富らしいけど、戦闘慣れするにはいいんじゃないかなっという相手だよ」
【GM】そう言いながら軽く言う。
【GM】▽
【シリア】「こちらでの歴戦の機士という訳ね。いいわ、勝った方が稼げるのでしょう?ついでに貴方を雇う分まで稼いであげるわ。」
【シリア】特に細かい説明も聞かず、試合を了承して
【シリア】「こちらの精霊機と機士とも手合わせしたいと思っていましたし、ちょうどいい機会だわ。それで、どれぐらい待てばいいのかしら?」
【シリア】▽
【ジニア】「せ、せーれー……ああ、MAのことか。」精霊の力 属性の力 という意味では間違っていない「まあ、時間制限内耐えればいいよ、倒したらボーナスはあるけど。」そう言いながら、登録っといいながら完了させる。「登録できたよ。時間は今日の2330。深夜だね。その間は……まあご飯くらいは作ってあげるよ」
【GM】▽
【シリア】「むぅ、夜中なの?しょうがないわね、それじゃあ食べたら仮眠しているから、1時間前ぐらいに迎えに来て。」
【シリア】ジニアに作って貰った食事を食べると、毛布に包まります
【シリア】▽
【ジニア】「いやまあ今回のはただのサービスだからね?本番じゃないからあしからず」そういってからご飯を食べ終えた少女を見てやれやれっといいながら
【GM】そして時間がやってくる。
【GM】 
【GM】アリーナ戦闘会場 ステージは森林ステージ。 ホログラムを使ってそれを忠実に再現している。君にとっては自分の国にあったのかもしれないその場所を見せてくる
【GM】相手との距離はそう遠くない。 そして、目の前の相手はキミを見てくる
【GM】【男】「”ここに来るのがまさか普通の子”とはねえまあよろしく頼むよ」そういって挨拶する。
【GM】▽
【シリア】「森ね・・あら、すり抜ける?幻術の類かしら?っと、こちらこそ。こちらで戦うのは初めてですがよろしくお願いしますわ。」
【シリア】機士試合と思って挨拶を返します
【シリア】▽
【GM】【男】「今はすり抜けるが試合が始まったら実体化するぜ。まあ、最初は痛いかもしれないがすぐによくなるぜ。」そう言いながらAAを展開。赤と黒の二色構成のAA 大型のアームとホバー型のレッグを身に着けシリアを見る。
【GM】▽
【シリア】「それは中に潜まれると面倒ですわね。切り倒してもいいのかしら?」
【シリア】こちらも合わせる様にAAを展開、精霊紋を透かしたレオタードの上から薄翠のアーマーが展開される。
【シリア】▽
【GM】【男】「ああ、かまわないぜ。もっとも…倒せればいいけどな」そう言いながら浮いていくAA.
【GM】コレヨリ ウラアリーナバトル ジェロス VS シリア バトルヲカイシ
【GM】READY
【GM】GO
【GM】二人の目の前にその文字が浮かび上がり戦闘が開始される
【GM】 
topic : 【白兵型AA(6)】VS【シリア】
【GM】こちらの開幕はなし シリアなにかありますかい?
【シリア】ハイド(奇襲)余地はないかな?
【GM】あー今回はタイマン戦なのでないなあ
【GM】でもまあいいよ 許可しよう 
【シリア】開始と同時に突っ込んで精神的に奇襲してみる
【GM】ではかもんー
【シリア】2d6+7 奇襲運動
【シリア】2D6+7 = [2,4]+7 = 13
【シリア】「シリア・ラヴィアーナ、参りますわっ!」
【GM】2D+6
【シリア】2D+6 = [6,4]+6 = 16
【GM】ではそこは見抜いた
【シリア】開始の名乗りと同時に、一気に飛び込むことで優位を取ろうとするが
【ジェロス】「悪いが見えてるぜ。」ぎんっとその動きを見抜いているのか同じ動きをしてくる。
【シリア】「さすがは歴戦のっ、やりますわねっ!」
【ジェロス】「アリーナ新人に負けると思うなよ?」笑いながら、シリアの動きを見据える
【GM】では改めてシリアどうぞー
【シリア】開幕フライト、そのまま手番でよければピアシング
【GM】ではかもん
【シリア】2d6+1+2+7
【シリア】2D6+1+2+7 = [6,6]+1+2+7 = 22
【シリア】ふぉ、22点
【GM】いったいなおいおい! だがその程度ならば
【GM】そう言いながら フルスイング+クラッシュ 受動防御は6店までだ
【GM】2D+18
【シリア】2D+18 = [1,5]+18 = 24
【GM】24!
【シリア】どうやってもどこでも折れる・・・
【GM】ククク レイプするためである
【GM】ではどこを壊しますかね
【シリア】むぅ・・・効果と絵的に腰を飛ばしておくか
【GM】OK ではそのまま腰…脚部部分が破損するな
【シリア】だが絵的にアクトは使えぬ・・・
【GM】では、脚部が破損されれば身体の姿勢制御に異常が発生 ダメージがでかいことを意味している。
【シリア】「これでっ・・きゃぁっ!」
【シリア】機体の速度を乗せた一撃を当てるものの、カウンターでスカートアーマーを砕かれ、正面だけでなく横や後からもレオタードを透かす肌を曝してしまう
【ジェロス】「へえ、いい足してるじゃないかねえ。こら”高く売れるもの”になるなあ」にたあっと笑いながら、シリアを見る。
【シリア】「何を言っていますのっ、まだ終わりませんわよっ!」
【GM】では、シリアこーーい
【シリア】ピアのみ
【シリア】2d6+1+2+7
【シリア】2D6+1+2+7 = [1,2]+1+2+7 = 13
【シリア】しょんぼり13点
【GM】いたただがまだまだ生きてるな
【GM】そしてそのまま同じ攻撃をしてくる
【GM】2D+18 クラッシュは今回は無しで
【シリア】2D+18 = [2,5]+18 = 25
【シリア】なん・・だと・・・ぐぬぬ、また防御してもぴったり折れるorz
【GM】脳筋バンザイなのよぉ(げへへ
【シリア】腰折ってなければぁ・・・まぁ絵のためにも胸割るか・・・
【GM】絵のためを考えるぴえんさん 好き
【GM】では、再びやってくる拳 君のスーツに強烈な一撃が入ればコアとのリンクが切れていく。 精霊とのリンクが途切れていく。
【シリア】じゃあアクトを・・・小さすぎる胸、無垢なる純情、お漏らし行っておこうかな
【GM】OK
【GM】 
【GM】引きちぎれたスーツ そこから君の肌が…露出していく。
【GM】▽
【シリア】「今度こそっ・・・ぇ?っきゃあぁぁぁ!!」
【シリア】再度突進するものの、今度は完全に合わせられてしまい、大きく弾かれると樹へと叩き付けられ
【シリア】「げほっ・・あっ・・やぁっ!見ないでぇ!」
【シリア】胸甲を砕かれるだけでなく、その下のレオタードも破れるほどの衝撃に
【シリア】へたり込んだ股間から地面へと染みが拡がっていく
【シリア】▽
【ジェロス】「いいこと教えてやるよ。もっと体を見せてやりな?そうすると…金が増えるぜ?」そういうとシリアの計器…ジニアが付けてくれたギルド内用の通信報告機から 報酬10000+発生 という言葉 それは報酬がもらえているというのは先程教えてもらったのでわかるだろう。
【ジェロス】「それに、どうせ隠したって見えるんだぜ?戦士なら戦って、壊れても堂々してるもんだぜ?」にいっと笑いながらシリアに教えていくように言う。
【GM】▽
【シリア】「何を言っていますの?!こんな所を見られて・・。」
【シリア】精霊紋を阻害しないように極力薄く作られたスーツはぴっちりと体に張り付き
【シリア】股間から溢れ出す様を
【シリア】隠すことは出来ず、破れた胸元から僅かな膨らみとピンクの蕾を覗かせている
【シリア】▽
【ジェロス】「なるほど、理解できてねえみたいだなあ。いいかい?ここは・・・”お嬢ちゃんが犯されて楽しむショー”の場所なんだぜ?」そういうと、それが事実だとわからせるように金額はどんどん増えていく。 そして…巨大な拳が近づいてくる。「だから、負けても金は入る、しかもたっぷりとなぁ?」そういいながら、シリアの乳房をしっかり見せるようにその手姿をしっかりと撮る
【GM】▽
【シリア】「なっ・・なにを・・・試合をすればいいって・・。」
【シリア】ジェロスの言葉に混乱している間にも、スーツが破れることで身体から剥がれ落ちたコアは機能を停止し、光の翼も段々と縮んでいく
【シリア】「それに・・まだ終わってなど・・・。」
【シリア】と、さっきのダメージで初めてのキスまで使ってたことでいいですか?流れ的に無理矢理キスされたい
【シリア】▽
【ジェロス】「んじゃあ、わからせてやるか。ここは…”そういう試合”だってのをなあ!」ジェロスはシリアに突撃していく。懐に入れば、シリアと顔をじっと見てきてから。そのままシリアの唇にキスをする。 舌を入れていき、強引に唾液を飲ませていき…ディープキスをその口に教え込ませていく。
【GM】▽
【シリア】「いやっ・・来ないでっ・・うんっむぐぅ・・」
【シリア】ナニをされるのかは判らないものの、ジェロスの口調に不穏なものを感じ、抵抗しようとするが
【シリア】機能停止したAAは少女の力では動かすことが出来ず、されるままに唇を奪われ
【シリア】「んぶっ・・んんぅっ・・んはっ・はっ・・・。」
【シリア】(やぁ・・こんなのとキスなんて・・なに?舌入ってきて・・やだぁ・・。)
【シリア】身内の挨拶ではない初めてのキスに口内を蹂躙されてしまう
【シリア】▽
【ジェロス】「はあ、ほら、舌を自分でも絡ませな。そうすりゃ金は増えるぞ?」一度口を離してから、わずかの呼吸だけをさせる間を空けてから再びキスをする。舌を流し込み、絡ませ びちゃびちゃくちゅちゅるくちゅっと唾液の混ざりあう音と生暖かい感触を与える。 唾液をどんどんと飲み込ませていきながら。
【GM】▽
【シリア】「んはっ・・はぁはぁ・・いいかげんちゅぅ・・・んぅぅぁ・・。」
【シリア】一瞬口が離れた所で荒い息をつくと、ジェロスに何か言う間もなく再び口を塞がれ
【シリア】首を振って逃れようとしても逆に顔中を唾液まみれにされていく
【シリア】▽
【ジェロス】「んっはあー・・・初物だなお嬢ちゃん。キスもぎこちないしなぁ」にたあっと笑いながら、どんっとシリアを突き放す。いいねえいいねえ初物てのは一番汚して楽しいのと、これからどう成長していくかってのが楽しみになるからなぁ?にやつきながらシリアを見ている。
【GM】▽
【シリア】「くぁっ・・・、う・・うるさいっ・・私にこんな事をしてただで済むと思ってるのっ!」
【シリア】突き飛ばされ、手足をだらりと拡げたまま動かせず、それでもジェロスを睨みつけると
【シリア】「この報いは必ず受けさせてあげますわ。」
【シリア】と言い放つ。
【シリア】▽
【ジェロス】「クク、面白いやってみな?」そういうと武器を構えてくる。 シリアの動きを見据えるように。
【GM】 
【GM】では、シリアからどうぞん!
【シリア】あ、胸折れしてるのでアクト後、クリンナップ前にCP1入れて再起動します
【GM】OKでは再起動していく
【シリア】「言われなくてもっ・・覚悟しなさいっ!」
【GM】くいくいっと巨大なアームで挑発してくる
【シリア】シリアの身体に浮かぶ紋様が一際輝くと、コアがひとりでに浮かび露出した胸元に張り付くと、紋様と絡み合うように固定される
【シリア】更にアーマーの無くなった部分のスーツが紋様に吸収されるように消え、同時に消えかけた光の翼が再び力を取り戻したように羽ばたく
【シリア】 
【シリア】というところで全裸(手足除く)攻撃イキまーす
【GM】こーい
【シリア】ピア&らすとしゅーと
【GM】ラストシュートだと!?
【シリア】あ、落ちちゃう?
【GM】いあ大丈夫だけど 珍しいっていうw
【シリア】2d6+1+2+7+8d6
【シリア】2D6+1+2+7+8D6 = [2,6]+1+2+7+[3,1,3,6,4,3,1,5] = 44
【GM】いててて! まあ大丈夫だな!
【シリア】さて・・あと通常2発&ラストシュート1発だと思うが・・・落とせるかな?
【GM】ククク
【GM】では、このままこっちの攻撃いくぜ!
【GM】では再びこっちの攻撃
【GM】クラッシュ フルスイング
【GM】2D+18 加減はしないのが私
【シリア】2D+18 = [2,3]+18 = 23
【GM】23!
【シリア】max6だからどうやっても折れる、そのまま腕折ります(設定&RPの為にあくまで他は残す)
【GM】OKOK まあ基本的に機能停止的なものだと思ってくれていいよん 人によっては吹っ飛んでもいいが!
【シリア】「このっ・・いい加減落ちなさいよっ!」
【GM】ではそのまま拳がシリアの腕を破壊してくる! ではそのままシリアかもん
【シリア】再度起動させたAAでジェロスを攻撃していくが、シリアの攻撃はアームで受け止められ・・パキンッという音と共にAAの剣が折れる
【シリア】あぃさ、ラストアタック(見た目上)イキマス
【GM】かもんー
【シリア】2d6+1+7 こうかっ
【シリア】2D6+1+7 = [2,6]+1+7 = 16
【GM】せやな!
【GM】では、そんなヘロヘロの力では落ちない というようにそれを受け止めてからの こちらが攻撃”
【GM】2D+18 同じ
【シリア】2D+18 = [5,4]+18 = 27
【GM】27!
【シリア】その他も折れる
【GM】OKOK 
【シリア】んーアクトで・・・罵倒しときます
【GM】OK あ、それなら罵倒はエロする前にやろうか
【GM】本番アクト使ったらやろうそこは
【シリア】あぃさー
【GM】では そのままどうぞ!
【シリア】2d6+1+7 まだ素ピア
【シリア】2D6+1+7 = [5,2]+1+7 = 15
【GM】そんなにいたくなあい
【GM】ではでは 最後の攻撃じゃ!
【GM】2D+18
【シリア】2D+18 = [6,5]+18 = 29
【GM】うおあ19!
【シリア】ちょぁ?!クラッシュ込みよね
【GM】コンボは同じ! 29だ
【GM】うむ…最後の最後に出目が走る
【シリア】ちと考えマス
【シリア】・・・クラッシュされてるとポテ増加も込みで6で止まるのよね・・落ちない手段が無いじゃない
【GM】ふふ・・・さ、さすがにダイスが走るのは想定外だ
【シリア】とりあえず致命振ります・・・
【GM】うむ
【シリア】1d6
【シリア】1D6 = [2] = 2
【GM】お
【シリア】SPに貰いました・・・生きてるってすばらしい
【GM】素晴らしい
【GM】あとはアクトもどうぞ!
【シリア】アクトが汚された象徴、張り付く異物、強制絶頂、絶頂前に輝石使用です
【GM】OKどうぞんー
【シリア】3d6 輝石
【シリア】3D6 = [3,4,5] = 12
【シリア】2d6+7 強制/15
【シリア】2D6+7 = [6,2]+7 = 15
【シリア】せーふ
【GM】OKOK
【シリア】「ぁ・・剣が・・・。」
【シリア】武器を失ったことに一瞬呆然としてしまう、その隙を突く様に
【シリア】ジェロスの一撃がAAの翼に致命的な一撃を加え
【シリア】「ふぇ?・・・きゃっあぁぁぁぁ!!」
【シリア】制御を失った身体は飛んでいた勢いのまま地面に叩き付けられ、
【シリア】コアだけを身に着けた身体を震わせている
【シリア】▽
【ジェロス】「クク、なんだそんなものか?筋はいいがまだまだたりねえ…な?」シリアの腕をAAの腕がつかむ。そして、そのまま動きを固定させてから、ゆっくりと本人が近づいていき…シリアの口に肉棒を押し付けてくる。「さあて、んじゃ咥えろよ?」にたあっと笑いながら、大きくなっているそれをしっかりと見せつけて…恐怖を煽っていく。これからされることに。
【GM】▽
【シリア】「くぁ・・なんでこんな事を・・・これだけの腕が有れば・・」
【シリア】近づいてくるジェロスに弱弱しく問いかけるが
【シリア】「ひっ・・放して・・・やっ・・なによそれぇ!」
【シリア】衝撃に動けない身体をAAの腕に押さえ込まれ、
【シリア】突きつけられる肉棒に怯えを隠せない
【シリア】▽
【ジェロス】「おいおい、何を言ってるんだ?ただ戦うだけじゃ意味が無いんだよ。楽しくないんだよ。女を犯すことのほうが楽しいんでなぁ?」そう言いながらシリアを見てくる。 ただ力があるだけでは意味がない そういうかのように
【ジェロス】「ほら、大人しく咥えてしっかりしゃぶりな?そうすりゃ怖くねえよっ!」シリアの身体を強引に引き寄せていき、開いた口にまるで自分から咥え込むかのように密着させる。喉にまで肉棒が届き雄臭い匂いと精液の味 それが口の中に広がっていく。
【GM】▽
【シリア】「なっ・・この人でなしっ・・こんなのに、むぐぅぅ・・・。」
【シリア】思わず罵りの声をあげたところに肉棒を突きこまれ
【シリア】(なんなのこれっ・・苦くて・・変な味ぃ・・)
【シリア】吐き出そうとむぐむぐと舌を動かすが、突きこまれた肉棒を舐めるだけに終わってしまう
【シリア】▽
【ジェロス】「教えてやる。戦って生きるだけじゃ人間の欲望は収まらないってわけだ。クク……ほら、そのまま舐め続けな」シリアの頭を押さえつけなながら動かない。その舌でしっかりと舐めるように言う・
【ジェロス】「おっと歯を立てるなよ?立てたらこのほっそい腕がへし折れるかもしれないからなぁ?」そう言いながら、AAの腕を軽く動かす。 「それにそんな言葉を吐きたければもっと強くならなきゃなぁ?俺がお前を強くしてやるよ。エロい方面でなぁ」
【GM】▽
【シリア】「ん・・んぐっ・・ひっ・・。」
【シリア】息苦しそうに呻いていていたシリアだが、ジェロスの言葉に
【シリア】思わず歯が当たらないように口を窄めてしまい、
【シリア】そのまま喉に当たる肉棒から逃れようと頭を前後させると
【シリア】シリアにはまるで自覚の無いまま
【シリア】じゅぽじゅぽとまるで奉仕しているような卑猥な音が響きだす
【シリア】▽
【ジェロス】「ああ、そうだぜそれでいいぜ。ほれ、こういうプレゼントもくれてやるよ。」そういうと、AAから自立機動兵器のオートマタ…を手のひらサイズに小型化させたものが現れる。小さな蜘蛛型のオートマタが3機 シリアの肌にはりついていく。
【GM】小さな乳房に吸い付きながら、股間部分にもたどり着き…ちゅうちゅううっと秘所を吸い上げていく 乳房を吸い上げていく。 もっと動け 動けっと促すように。シリアを刺激していく。
【GM】▽
【シリア】「ふぐっ・・んふぅ・・はぅ・・んっうんぅぅぅっ!」
【シリア】不意に身体を這い回られる感触にびくっと身体を硬直させ、
【シリア】(な・・なにかが身体を這って・・ひっ・・胸くすぐったいっ・・)
【シリア】直後、秘所への初めての刺激に、辛うじて歯を立てるのは回避したものの、唇を強く結んで
【シリア】(え・・そこでナニを・・ひぃっ・・変っこんなの変っ!!)
【シリア】ぴんっっと身体を硬直させる
【シリア】▽
【ジェロス】「クク、いい顔そているじゃねえか。これが雌の快感だ。それがどんどんとよくなっていくぜ?ほらやってやるよ」
【GM】ジェロスは一気に腰を動かしピストンしていく シリアの喉に先走りの液体をどんどんと飲み込ませていき、這いずるオートマタがシリアの身体に快感を教え込ませていく。 吸い付かれるだけでも気持ちのいい感覚が訪れ、口の中に入っていく液体すらも心地よく感じさせる。
【GM】▽
【シリア】「んふぅっ・・はぐぅ・・んぅ・・んんんっ・・。」
【シリア】(息がっ・・苦しいのに・・股間も胸も変でっ・・やあぁ・・ナニか変・・・。)
【シリア】じゅるじゅると音をたてて出入りする肉棒に揺られ、胸と秘所をからの未知の快感に
【シリア】思考をぼやけさせ
【シリア】(ふぁぁ・・快感?・・・これが気持ちいい・・の?)
【シリア】ジェロスの言葉が、コレが気持ちいい、と刷り込まれていく
【シリア】▽
【ジェロス】「おっと、それじゃそろそろたっぷりとな!」そう声をかければ、大きく膨れ上がった肉棒から大量の精液が溢れ出す。喉奥にたっぷりと飲み込ませていく。苦いまずい…だが飲み込む度に身体の快感がさらに増していくような感覚。
【GM】そして、口から引き抜かれれば顔やボロボロの身体にもたっぷりとかけられていく。白く染め上がる肌。オートマタからもたっぷりと白い透明な液体が浴びせられていけば、それが快感をさらに増す媚薬毒。 シリアの身体に雌としての快感を…教え込ませ刻んでいく。
【GM】▽
【シリア】「ぐぶっ・・んっ・・んぐ・・んっ・んはぁぁ・・。」
【シリア】(ぁ、ナニか出てる・・うぁぁ、苦・・でも・・きもちよく・・なってる・・)
【シリア】喉奥を塞いで流し込まれる精液に息を詰まらせながら、同時に胸と秘所から流し込まれる快感に
【シリア】口から肉棒が引き抜かれると同時に嬌声を漏らし
【シリア】「ひぁぁっ・・これっ・・変なのがきもちいっ・・なにか凄いの来ちゃうっ・!」
【シリア】顔に、胸元のコアに、全身に白濁液を浴びながら
【シリア】快感に身体を震わせる
【シリア】▽
【ジェロス】「どうだ?これが雌の快感だ。気持ちよくてたまらないだろ?最初の相手が俺でよかったなぁ?壊れるくらいの快楽よりは 全然いいだろう?」にたあっと笑いながら、たっぷりとシリアを白濁まみれにしていく。
【GM】びちゃ びちゃびちゃ 顔も身体も コアも全てが精液で染まり 匂いも 快感も 刻まれ覚えていく それは…コアが悦びを表現するかのように大きく震えるのがわかる。
【GM】▽
【シリア】「やぁっ・・これだめぇっ・・ナカにっナカに入ってこないでぇ・・」
【シリア】ズクンッ・・精液を浴びたコアから、契約を通じてナニかが入ってくる
【シリア】それが恐ろしく、同時に気持ちいい。
【シリア】「ひぃぃっ・・だめぇ・・きちゃうっ・・ナニかきちゃうぅぅっ!!」
【シリア】身体と魂を襲う快感にびくびくと身体を震わせて翻弄されている。
【シリア】▽
【GM】精液を浴びせられ飲み込む度にコアが悦び それはシリアにも通じてくる。 
【ジェロス】「いい感度に出来上がってるじゃないか。クク…たまらんな、何も知らないガキが変わっていくってのは」そのまま、手をシリアの秘所に触れていく。ぷに ぷにっとまだ人の手に触れられたことのない秘所を突き 撫でていく。それだけでも強烈な快感と絶頂 シリアを快楽へと導いていく。
【GM】▽
【シリア】「あひぃっ・・来るっ・・着ちゃうっ・・やっ・・やあぁぁぁぁぁ!!」
【シリア】限界まで昂ぶらされた身体、そこにジェロスの責めが加われば一瞬にして限界を超えてしまい、
【シリア】快感のあまりあられもない叫びを上げながら絶頂させられると
【シリア】がくり、と力尽きたように崩れ落ちる
【シリア】▽
【ジェロス】「どうやらここまでだな?んじゃ最初の処女をぶち破って女にしてやるよ」そういって脚を開かせようとしていく。 
【GM】シリアの快感はコアが受け止める それはコアに力が宿っていく。 徐々にシリアの中に・・それが入り込み極上の快感と同時に…みなぎっていく。
【GM】▽
【シリア】では本当のラストシュート&ピア・・・&ポテ2
【GM】OKかもん!
【シリア】2d6+1+7+8d6+2d6 落ちなければ負け
【シリア】2D6+1+7+8D6+2D6 = [3,6]+1+7+[4,5,5,4,5,5,3,1]+[5,3] = 57
【GM】まあ流石に落ちる落ちる!
【GM】ではどうぞ!
【シリア】ふぅ・・・(即死的意味で)あぶなかったぁ
【GM】トドメのシーンをどうぞどうぞ
【シリア】ガクリと崩れ落ちる身体、それと同時にコアが溜め込んだ魔力が溢れ出し、
【シリア】紋様と翼を輝かせるシリアの周囲に渦を巻いて荒れ狂い
【シリア】周囲の地面を、木々を、AAを引き裂いていく。
【シリア】そしてそれはジェロスも例外ではなく・・・
【シリア】▽
【ジェロス】「なっ!?」その魔力が溢れ出す それはガードすることも AAの手をシリアから離す間もなくそのまま吹き飛んでいく。 フィールドはその攻撃に合わせるようにえぐり木々が薙ぎ払われ…ジェロスはフィールド外の壁にぶち当たり、一撃で大破。
【GM】 
【GM】WINNER シリア
【GM】シリアの目の前にその文字と獲得賞金額が書かれ…戦闘終了を指していた。
【GM】▽
【シリア】「ふ・・・ぇ・・・?」
【シリア】気がつけばジェロスの姿はなく、荒れ果てた周囲の中自分の所だけが無事に残っていて
【シリア】目の前の勝利表示に困惑しながら
【シリア】再び意識を失う・・・
【シリア】▽
【GM】 
【GM】 
【GM】ED
【GM】 
【GM】目が覚めれば、自分の部屋 見渡せば そこには一人の男が座っている。
【ジニア】「おはようございます。昨日は初勝利おめでとうございます。」っと君のマネージャーであるジニアが君をみてそう告げてくる。
【GM】▽
【シリア】「んぁ・・・とりあえず水。」
【シリア】寝惚けたまま、いつもの調子でジニアに水を要求する
【シリア】▽
【ジニア】「はいはい…ってだから僕はマネージャーであって君の世話役じゃないんだけどねぇ」そう言いながらコップに1杯の水を渡す。「あ、そうだ報奨金はそこにおいてあるよ。稼いだ金額は12万円ってところだね。あられもない姿がばっちり大衆向けだったみたいだよ」
【GM】詫びれもせずに、軽くそう言ってくる。
【GM】▽
【シリア】「んくんくっ・・・ぶはぁっ!!」
【シリア】ベッドの上に起き上がると、裸の上半身を晒したままコクコクと水を飲み
【シリア】ジニアの言葉に思わず噴き出してしまう。
【シリア】「なっ・・なにを・・あんな事されるなんて聞いてないわよっ!!」
【シリア】さらにベッドから立ち上がると裸なのも気にせず、水を被ったジニアに詰め寄る
【シリア】▽
【ジニア】「あーあー、そんな水吹き出しちゃってっていうか裸なんですから落ち着いてくださいよ。」といいながら指摘する。「だって、そもそもシリアは無一文だったんですよ?万が一負けたときのリスクを考えたら借金待ったなしで、昨日起こったこと以上の行為が待ってたかもしれないんですよ?」
【ジニア】「借金返済するまではパーツの修理も時間がかかって、みるみるうちに借金が増えて 最後には身売り状態待ったなしってのもあるんですから。それを回避しただけでもありがたいと思ってくださいよ。」まったくもーっと言いながらタオルで顔を拭く。
【GM】▽
【シリア】「むぅ・・・修理は別に大丈夫だけど・・・貴方が考えてくれてたのは判ったわ。」
【シリア】「裸って、しょうがないじゃない。その内直るとは言っても今は破れちゃってるんだし。」
【シリア】唯一の服(?)だったAAのスーツ(スケスケ)は戦闘の結果大破、とりあえず着る物がない
【シリア】「そうだ、とりあえずお金が手に入ったんだし、着る物買ってきて。」
【シリア】▽
【ジニア】「だーからこっちは従者じゃなくてマネージャー。基本的には仕事の斡旋やファイトの取り決めを行うだけが主だよ。」はあっと呆れながら「そういうことをする人がほしいならちゃんとお金で雇うこと。」そういってから立ち上がって去ろうとする。
【GM】▽
【シリア】「なに?私にこのまま外を歩けって言うの?しょうがないわね、とりあえずこれで貴方を雇うわ。ただし、私の生活の分も含めてだと、どれぐらいになる?」
【シリア】ポイ、と置いてあった報奨金をそのままジニアに投げて聞く。
【シリア】▽
【ジニア】「……はぁ、本気で言ってるの?まあいいけどさ。」そう言いながらもしっかりお金も管理するマネージャー。「それじゃ、はい、これ」そういってから何着かの服を取り出してくる。「どうせそうなるだろうと思ってちゃんと買っておいたよ。服代は次の報奨金でよろしく」そういってからいろいろな服や下着も一緒に渡してくれる。
【GM】▽
【シリア】「さいしょからそうしてればいいのよ。・・・雇ったのに着せてくれないの?」
【シリア】そのまま待っても着せてくれないので聞いてみる
【シリア】▽
【ジニア】「えぇ……俺一応男だよ?そういうのって女の従者にやらせるんじゃないの?」少し呆れながら「まあいいか。それじゃ着せていくよ。」そういって白のワンピースを手にとってシリアに着せようとする。
【GM】▽
【シリア】「私付きの従者なら男女は関係ないわよ。それに今は貴方しか居ないんだし。」
【シリア】特に恥ずかしがる様子もなく当然の事として着せられていく
【シリア】▽
【ジニア】「そりゃまあそうだけど別の人を雇うとかリストも渡すのにねえ。」そう言いながらきっちりと着せて「はいこれでOK.それじゃ俺は君の次の仕事探すから。」そういって着せ終えてからご飯なども用意してあるからといってから去ろうとする。
【GM】▽
【シリア】「ん、それじゃあこれからよろしく。あ、ちゃんと部屋の鍵は設定してくのよ。」
【シリア】ジニアをちゃんと入室フリーに設定するように言って
【シリア】ジニアを送り出す
【シリア】▽
【GM】はいはい、わかりましたよーっといって鍵の設定もしておく。ロックの仕方や開け方もシリアにはちゃんと教えておく。
【GM】そして一人になる少女。 少しずつ 少しずつ”変わっていくだろう”。
【GM】▽
【シリア】「はぁ・・・変な所に来てしまったけど・・・とりあえずは何とかなりそうね・・・。」
【シリア】「早く帰れればいいけど・・・それにしてもあの時・・・・・・んっ・・。」
【シリア】戦い?の中で感じた不思議な感触、それを思い出すと何故か身体が疼くように感じて
【シリア】僅かに声が漏れるのだった。
【シリア】▽
【GM】少女にはまだわからない 快感 疼き それは……コアからやってきているものなのかもしれない
【GM】 
【GM】 
【GM】ヒロインクライシス アームズ 裏アリーナ
【GM】これにて 閉幕
【GM】 
【GM】 
【GM】というわけでお疲れ様でしたー
【シリア】ありがとうございました
【GM】CPとSPの提示をおなしゃす!
【シリア】13CP&13SPです
【GM】OKOK
【GM】 
【GM】リザルト
【GM】経験点 63 
【GM】ミアスマ 10.5
【GM】名声+1
【GM】人脈(欲しければ) ジニア
【GM】 
【GM】以上ですわ!
【シリア】人脈含めていただきましたぁ
【GM】おっけーい
【GM】ジニアはまあマネージャー兼君の世話役ですわ
【シリア】うみゅ、いい人をGetできた
【GM】あんな感じの性格の人で大丈夫だったかな
【シリア】はいな、恥ずかしがられてもそれはそれで面白いけど・・・話が進まなくなりそうなので
【GM】恥ずかしがる系よりは 現実的なタイプの青年のほうが
【GM】映えそうかなと思ってやってみましたわん
【シリア】ああやってビジネスで進められると普通に進められますし。
【シリア】別に羞恥心が無いわけじゃないですヨ。ただ従者補正でジニアが特別なだけです。
【GM】うむ
【GM】まあ基本的にはマネージャーはああいうビジネスでうごくのが主です
【シリア】今後は稼いだお金は全部ジニアに渡して、その中で生活させてもらいながら帰る方法を探す(探してもらう)予定です
【GM】いいと思うよ!
【シリア】ありがとうございました、今後ともよろしくお願いしまし