《GM》 ヒロインクライシスTRPG ランドリューフ戦記~オーク軍奮闘記~
《GM》 はじまりはじまりー
《GM》  
《GM》 えー、ということで。まずはルーナからいきます
《ルーナ》 はーい
《GM》 洞窟から出たはいいけれど、魔物から終われる日々が続いています
《GM》 そんな中、カーマという名の村に隠れている状態から始めます
《GM》 村の人はけっこういい人が多く、ダークエルフのルーナをいともあっさりと受け入れました
《GM》 現状は……酒場ででも働いてもらいましょうかw
《ルーナ》 はーい…拘束衣着てウェイトレスw
《リエット》 どんなイロ酒場やねん!
《GM》 店長「おーい、ルーナちゃん。1番テーブルにビール4本な~」
《GM》 客「いやぁ、ルーナちゃんがきてから、男が多いこの酒場にも、花が咲いたよーだよ、うんうん」
《ルーナ》 【ルーナ】「は、はい!(わたわた)…きゃあ!(どがしゃーん)」
《GM》 などと、えろ服きてるルーナは結構評判で
《GM》 客A「おお!でました、ルーナちゃんのドジっぷり!」「あれはメイド服着せても似合いそうだにゃー」「ビール濡れになったルーナちゃん、さいこー。おもちかえり~」
《GM》 などなど声が聞こえます
《ルーナ》 【ルーナ】「うぅ…すみません…(やっぱり、地上は動きにくい…)」←拘束衣着てるからですがw
《GM》 とまぁ、そんな日々が続いたある日の事
《GM》  
《GM》  
《GM》 SE:かーん、かーん、かーん
《GM》 と村中に鐘の音が鳴り響き
《GM》 男「大変だー!オークだ、オークの群れが来たぞ!!」
《GM》 との声が響きます。その言葉に、村は騒然と。
《ルーナ》 【ルーナ】「オーク!?……ま、まさか……」鐘の音に耳をピンと尖らせ、追っ手か、と身構えて屋外に~
《GM》 【黒オーク】「まずは村を占拠しろ!ここを我らの拠点として、裏切り者を探すぞ!」との声が聞こえます
《ルーナ》 【ルーナ】「あぁ…やっぱり……」オークの声に、もうこの村にはいられなくなるなぁ…と思いながら。でも村は見捨てられないのです><
《GM》 ふむ、では
《GM》 【店長】「くぅ、皆、村を捨てて逃げるぞ!ほら、ルーナちゃんも速く!」と資財を捨てて逃亡準備
《ルーナ》 【ルーナ】「ぁ……で、でも……」見事な逃げの準備の店長達に驚きつつ…みんなが逃げるなら一緒に逃げちゃいましょうw
《GM》 うい、ということでシーン閉じますw
《GM》  
《GM》 では次、リエットですー
《GM》 えーと、モンスターハンターということは・・・ギルドか何かに所属ですか?
《リエット》 いえ、フリーです。けど今は貴族のとこにいます
《GM》 らじゃー。なるほど。奴隷状態なわけですね
《リエット》 うぃうぃ
《GM》 貴族「ああ、ちょうどいい。やってほしいことがあるんだが」と、リエットに種付けしながら~。な感じですかにゃ
《リエット》 おっけーです
《GM》 貴族「うちの領地の村がオークの群れに襲われて、根城になってしまったそうだ。何人か逃げ遅れて捕まってるらしくてな、殲滅にいってはくれないか?」と膣内を突き上げながらいいましょう
《リエット》 【リエット】「んっ…!はぁっ…!あっ…は、はいっ……その村にいるオークをやっつけてくればっ…いいんですねっ…!」後から突きまくられながら、喘ぎ声混じりに返事をして
《GM》 貴族「そうそう。うまくいったら、また皆を集めて、輪姦パーティを開くことにするから。頑張るんだぞ?」と子供を産んで開いた子宮内に、精液をどく、どくっ…と
《リエット》 【リエット】「くふっ!んんんっ!はっ、はいっ…!はぁぁあっ…熱ぅい…♪」どくんどくんと脈打つ肉棒から注ぎ込まれる精液の温度を感じつつ頷いて
《GM》 と、いうわけで、シーン切り替えます
《リエット》 はーいな
《GM》  
《GM》 えー、ルーナ。宿屋の親父さん、おかみさん、他数人で一緒に逃げていたのですが……
《GM》 やはりというかなんというか、オークたちは君を中心に狙ってきまして。
《GM》 きがついたら、はぐれた状態で……森の中です
《ルーナ》 【ルーナ】「…店長さん達は無事に逃げ延びたでしょうか……」木の根元に座り込んで、一人溜息。
《GM》 うん、そんなルーナの近くに……がさがさ、と音が聞こえます
《ルーナ》 【ルーナ】「(ぴくん)…だ、誰ですかっ!?」耳を尖らせて立ち上がってー…ナマクラ剣を構えましょう!
《GM》 うい、では
《GM》 【オークA・B】「……ぶひ?」

[オークA・B IV2][ルーナ]

《GM》 オークですね、2匹
《ルーナ》 きゃー、いきなりw
《リエット》 w
《GM》 【オークA・B】「「……見つけたぞーー!!!」」
《GM》 ということで、戦闘モードです
《ルーナ》 【ルーナ】「み、見つかってしまった……こうなったら、叫ばれる前に……あぁ!」完全に後手後手w
《GM》 はい、いってみましょうか・ルーナからですw
《ルーナ》 【ルーナ】「ただのオーク程度なら……」≪オーラブレイド≫≪バーニングヒット≫≪ガッツ≫で豚Aを!
《GM》 おけー
《ルーナ》 火属性
《ルーナ》 -> 4D6+10 = [2,5,4,6]+10 = 27
《GM》 おしい、あと1点
《GM》 ではオークA
《ルーナ》 拘束衣じゃなければー!wウィッチローブのままだったらー!w
《GM》 逃亡。妨害します?w
《ルーナ》 逃げられるわけにはいかないw
《GM》 おけ、では判定w
《GM》 -> 2D6+2 = [6,3]+2 = 11
《GM》 目標11、どうぞw
《ルーナ》 -> 2D6+5 = [3,3]+5 = 11
《GM》 おお、妨害した
《ルーナ》 あぶなwww
《GM》 オークBは攻撃しますー
《GM》 へびーあたーっく
《GM》 -> 2D6+12 = [5,1]+12 = 18
《GM》 18点
《ルーナ》 胸AP0にして、<大きすぎる胸>使用!
《GM》 おけー
《GM》 オークB「ぐっふっふ~、胸、ダークエルフのエロ胸だぁ」と下っ端根性丸出しで、ルーナの胸を引き裂いて揉み解しましょう
《ルーナ》 【ルーナ】「きゃっ!?……や、やめなさい……オークの分際で…!」引き裂かれた服にぎゅうぎゅうに押さえつけられていた胸がぶるん、と勢いよく零れ出て。たぷたぷと揺れます。
《GM》 オークB「ぐへへ、吸い付くような肌にいやらしい胸しやがって、このビッチエルフがっ。どうせ人間の男どもに体売ってかくまってもらってたんだろ、え~?」ぐにぐに、ともみ、乳首を弾いて
《ルーナ》 【ルーナ】「…そ、そんな事してませんよっ!ふあぁんッ!!」褐色の肌を羞恥に染めながら否定し…初めて受ける突起への刺激に身体が強張る。
《GM》 …と、いうあたりでアクトOKですかにゃ?
《ルーナ》 ですにゃ~
《GM》 ではネクストラウンド…の頭
《GM》 えー、リエット
《リエット》 む、出番
《GM》 です。オークの討伐という話で森を進んでいたところ……オークの声と、戦闘音が聞こえます
《リエット》 【リエット】「…?オークと誰かが戦ってる?」背負っていた大剣を手に構えながらそちらへと向かいます
《GM》 すると逃げようとしてコケタオークと、猛一匹のオークに捕まって胸を揉まれてるダークエルフを発見します
《GM》 言うまでもなくルーナとオークの戦闘中です
《リエット》 【リエット】「オークと…あっちのは……黒エルフ?とりあえずオークとは敵みたいだし、助けてやるか」
《ルーナ》 【ルーナ】「あっあっ、あぁ…っ…や、やめなさぁ…いっ…!」後ろから組み付かれながら胸を揉み続けられ、乳首もコリコリとつねられて…甲高い声を。
《GM》 というわけで、ネクストラウンドいってみましょう。開幕あります?
《ルーナ》 ないですー
《リエット》 もっておりません
《GM》 おけー、ではルーナ行動どうぞー
《ルーナ》 【ルーナ】「…い、いい加減に……!!」ぶん、とオークを振り解いてブッタ斬りましょうw Bに≪オーラブレード≫≪バーニングヒット≫≪ガッツ≫
《GM》 かもーん
《ルーナ》 -> 4D6+10 = [3,5,6,3]+10 = 27
《リエット》 また1点のこったw
《ルーナ》 またかーw
《GM》 あははw
《GM》 ではオークB悶絶。リエットどうぞー
《リエット》 【リエット】「まとめて…吹っ飛びなさい!」マスタゲでABをホームラン
《リエット》 カキーン
《GM》 判定いらないです
《ルーナ》 おお、範囲!
《リエット》 私も振るつもりありませんでした!
《GM》 オークA/B「ぶひ~~~っ」きーん、どちゅw
《GM》 ふっとんで潰れました、戦闘終了~
《GM》 ということで、後にはお二人が残されます
《リエット》 【リエット】「大丈夫?そこのおっぱいの大きい黒エルフさん」
《ルーナ》 【ルーナ】「ぁ…ありがとうございます……お陰で助かりました……」胸を隠しながらぺこりんこ。
《リエット》 【リエット】「このへんにオークに占領された村がある、って聞いて来たんだけれど…どこか知らないかしら」
《ルーナ》 【ルーナ】「オークの分際でよくもあんな……あ……知って、います……というか……そこから、逃げてる途中で……」先程の胸弄りを思い出して身震いし…リエットの言葉に俯きがちに頷いて。
《リエット》 【リエット】「私、そこのオークどもを倒してこい、って言われたんだけど…良かったら状況とか少し教えてくれないかしら?何人か逃げ遅れて捕まった、とか言う話だし」と、そこそこ事情を知ってそうなルーナに尋ねてみて
《ルーナ》 【ルーナ】「…つ、捕まった人がいるのですか!?……で、でしたら…説明がてら、私もご一緒させてくれませんか……?」
《リエット》 【リエット】「あー…逃げて来たからそこまでは知らなかったりするのね。見たところそこそこ戦えるみたいだし…せっかくだからいっしょに来て案内してくれると便利ね」
《ルーナ》 【ルーナ】「…で、では是非……あ、私はルーナ=レストレンジと言います……よろしくお願いします……」ぺこり、とお辞儀をして右手を。片手では支えきれないおっぱいがぷるりん。
《リエット》 【リエット】「私はリエット。よろしくね」と名前を返して、いっしょに
《リエット》 村のほうに出発しますよ
《GM》 らじゃー、ではシーンを切り替えますー
《GM》  
《GM》  
《GM》 ~カーマ村:夜~
《GM》 たどり着いた頃には、すっかり暗くなってしまいました
《GM》 田畑はあらされて…比較的無事な家屋の中からは、女性の喘ぎ声が。そしてそこかしこにオークがのさばっています
《リエット》 【リエット】「夜目はあんまり利かないけど乱戦に持ち込むなら夜のほうがいいかしら…しかし、ルーナは夜だとホント見えにくいわねー」黒いから
《ルーナ》 【ルーナ】「それを言うならオークにも見えにくいものが……そういえば、少なくとも一匹、黒オークがいたはずですね……」苦笑しながら答え…きょろきょろ、とボス格であろう黒オークがいないか見回してみる。
《GM》 見当たらないですねぇ
《リエット》 【リエット】「そのへんの家から喘ぎ声が聞こえてきてるし、捕まってる女がいるのは確かみたいね。人質に取られても面倒だけど…どっかで陽動したら出てくるかしら」
《GM》 ふむ、そうやって相談していると、ですね
《GM》 えー、風上から。何かピンク色のいい臭いのする霧が流れてきます
《リエット》 【リエット】「……?なによこの臭い?」くんかくんか
《ルーナ》 【ルーナ】「…あ、あの声はやっぱり……?…こ、これは……なんだか、みた事があるような…」リエットの台詞にいちいち尋ねるあたりまだまだ未経験っぽく。漂ってくる霧にぱちくり。
《GM》 なんかこう。吸うたびに体が発情して、力が抜けていくような…
《GM》 とーいうわけで
《GM》 -フォールンフレグランス (ビショップ/耐15攻5特20) 〔十夜〕
《GM》 --TP40/体・知/攻2d6+10/《催淫》《豊乳の呪い》《バインディング》《侵食攻撃》《雌豚狩り》
《GM》 --解説:魔物牧場で常に焚かれている香。人間型種族の雌性にのみ効果のある。
《GM》 --      翼人に致命的な効果のあるドロミ草を改良発展させた魔薬。
《GM》 こんなトラップ、進呈。
《GM》 <お二人に
《リエット》 【リエット】「うっ……ど、毒っ?」
《GM》 一回だけ、突破判定許可しますw
《GM》 それで抜けれなかったら、ダメージ適用ですにゃー
《リエット》 体力とっぱー
《リエット》 -> 2D6+7 = [6,3]+7 = 16

[オークA・B IV2][ルーナ]FF リ:24 ル:40

《ルーナ》 3d6+3 ≪ガッツ≫で知力突破ー
《ルーナ》 -> 3D6+3 = [3,3,3]+3 = 12
《リエット》 なんという3ゾロ
《GM》 奇跡の3が4つw

[オークA・B IV2][ルーナ]FF リ:24 ル:28

《ルーナ》 ふふふw
《GM》 ではお二人にダメージ
《GM》 -> 2D6+10 = [4,4]+10 = 18
《GM》 -> 2D6+10 = [1,2]+10 = 13
《GM》 リエット18点、ルーナ13点
《GM》 減衰したのち、その半分をHPにダメージ入れてくださいー
《リエット》 ガーディングー
《ルーナ》 アクト使ってるからさらに増える予感w
《GM》 +バッステの催淫・豊乳・拘束を進呈。
《リエット》 7点減らして11点の半分。か。切捨て?切り上げ?
《GM》 ああ、アクト1個つかってればダメージ+1 端数は切り捨てー
《リエット》 では5点ダメージ
《ルーナ》 7点かなー
《GM》 臭いを吸い込むたびに、体がどうしようもなく疼き、力が抜け、そして胸が溢れるくらい大きくなります
《GM》 アクトありますか?
《リエット》 ダイスが-1d6-4と体力運動が-2か
《リエット》 アクトはないです
《ルーナ》 こっちもなしでー
《GM》 ではピンク色の霧に包まれる村。そんな中……風上のほうから、そして先ほど二人がやってきた森のほうから……オークの群れがお二人を包囲します。その中には黒オークの姿も。
《リエット》 【リエット】「ま、まずいわ……風下から逃げないと……うっ、胸まで疼いて…膨らんでくるなんてっ……」じわりと幼い乳房が張り、経産婦の母乳が滲み出して
《GM》 【黒オーク】「ぐっふっふ、来ると思っていたぞ?余計なのが一つついてきたようだが」
《リエット》 【リエット】「な、なんで私達の動きがこんなに簡単にバレて……」
《ルーナ》 【ルーナ】「ふあぁっ…!?……こ、こんな感覚……はひゃぁ…っ!」初めての淫熱に耳が垂れ、がくがくと震え、胸の重みに耐え切れずにぐったりと横たわって。
《GM》 【黒オーク】「なに、そこのダークエルフと一緒に逃げていた男と女を捕らえてなぁ…とくに女のほうは、ちょっとこの霧を嗅がせて犯しただけで、いろいろと教えてくれたよ。特に性格などおなぁ?」
《リエット》 【リエット】「…くっ、戻ってくるってわかってたってこと?…いっしょに来たのがまずかったなんて……」
《ルーナ》 【ルーナ】「…そ、そんな、はぁ……ぁ…一体、何、を……」黒オークを忌々しげに見上げながら、淫熱に戸惑って。
《GM》 【黒オーク】「くっくっく、そこのダークエルフもこの煙の前ではたまるまい?さあ、物ドも。宴の始まりだ、思う存分味わえ。先の通り、捕らえた女は好きにしていいぞ」それは暗に、宿屋の女将さんも同じように…
《GM》 というわけで……戦闘開始ー、といきましょうか
《リエット》 【リエット】「くっ……ただでやられると思ったら大間違いだからねっ!」

[黒オークIV0][オーク中隊IV8][リエット・ルーナ]FF リ:24 ル:28

《GM》 二人とも前衛でOK?
《リエット》 あい
《ルーナ》 おkですー
《GM》 はいなー
《GM》 では。まずオーク中隊、いっきまーす
《リエット》 中隊は単体扱い?
《GM》 単体扱いです
《リエット》 らじゃー
《GM》 ではリエットに
《GM》 マルチアタック+追加攻撃
《リエット》 連打Σ
《GM》 -> 2D6+3 = [2,6]+3 = 11
《GM》 -> 2D6+3 = [6,6]+3 = 15
《GM》 -> 2D6+3 = [5,1]+3 = 9
《GM》 11・15・9点
《リエット》 【リエット】「うぐっ!まだまだっ!」ガーディングで9点のに使います
《リエット》 あ、受ける順番は選べるんですかね
《GM》 ダメー
《GM》 <受ける順番は上から
《リエット》 ふむ。じゃあ
《リエット》 その受け方で、11点とガーディングした残り4点を腰に、15点を胸に食らって
《リエット》 胸残り1点と腰残り1点
《GM》 おけー
《GM》 ではルーナどうぞ
《リエット》 あ
《リエット》 15点のはゾロ目なんで体力にダイレクトだw
《リエット》 水着!水着!
《GM》 あ、水着かっ
《GM》 …体力方じゃなかったら堕ちてますねw
《リエット》 じゃあ受けた部分を逆にして、ズラされていじくられた事にしよう
《GM》 らじゃー
《ルーナ》 【ルーナ】「お…オークごときが幾らいてもぉ……ど、どきなさ…ひぃ……」膝をがくがく震わせながら豚の群れに≪オーラブレード≫≪バーニングヒット≫≪ガッツ≫
《GM》 かもーん
《ルーナ》 -> 3D6+6 = [5,4,3]+6 = 18
《GM》 15点入りー
《GM》 ではラウンド最後、トラップ攻撃
《リエット》 まだこっちの番!
《GM》 っとあ
《GM》 そでした、かもんっ
《リエット》 バーニングヒット&ヘビーアタックで中隊を攻撃
《リエット》 -> 3D6+5-1D6-4 = [2,2,6]+5-[2]-4 = 9
《GM》 わーい。って+5?
《リエット》 あ、武器威力乗せ忘れた
《リエット》 +6です
《GM》 ヘビーアタックのってますー?
《リエット》 +5はヘビーアタックの分だけどおっぱいで7-2で5
《GM》 らじゃ
《GM》 では15だから・・・12点もらいます
《GM》 まだ動く!
《GM》 黒オークは待機っ
《GM》 ラストにトラップ攻撃っ
《GM》 -> 2D6+10 = [5,1]+10 = 16
《GM》 -> 2D6+10 = [3,4]+10 = 17
《GM》 ルーナに16、リエットに17の侵食攻撃進呈
《リエット》 な、なぜ順番が前後するんだっw
《GM》 INV順に固定したほうが分かりやすいと思ってw
《ルーナ》 アクト使ってる分入れて、9点食らい~…こいつでHPアクト使ったらどうなるんだろw
《GM》 黒オークが群がりますw
《GM》 <HPアクト
《GM》 訂正、オーク中隊
《リエット》 8点食らって…残りHPが16点か
《リエット》 アクト<敏感な突起><ぎこちない仕草><口辱>を宣言
《GM》 おけー、では胸だけさらけ出されたリエットに…オークたちがわらわざわら、と群がります
《リエット》 【リエット】「こっ、こらっ、近づくなー!触るなー!」
《GM》 【オーク】「ぐへへ、もうたまらないってツラだなぁ、んー?」後ろから体を押さえ込み、胸を揉み、乳首をひねり…指を秘所に回して、クリをごつい指で擦り上げます
《GM》 ルーナはアクトどうしますー?
《ルーナ》 じゃあ<乳辱><射乳><汚された肢体>を!
《リエット》 【リエット】「ひぐっ!……んんんっ!…まっ、まだっ…まだやられたりなんかっ…!あぅうっ!そこはダメっ!」乳首を捻られると薄い胸からわずかに膨らんだ乳から白い母乳が漏れ出し、クリトリスを摘みあげられると、びくんっと震えて爪先立ちになってしまって
《GM》 【オーク】「おら、お前もだよ!けけ、馬鹿なやつだよなぁ、あー?素直に穴倉に引き凝ってりゃ、こんなことにはならなかったのになぁ?」とルーナの体も後ろから押さえ込み……リエットを向かい合わせになるようにして、豊かな胸をぐにぐに、ぐにぐにと揉み解します
《GM》 【オーク】「ぐぶぶ、この雌、開発されてやがんなー?おら、だったらしゃぶって気持ちよくさせろや、雌」と、リエットの顔を掴んで、自らの豚肉棒をリエットの口の中につきこみます
《ルーナ》 【ルーナ】「ふゃ…ぁ!?……は、はなしなさ、ひぃ…!?」霧を吸い込んで頭がぼんやりと…突然後ろから組み付かれ、両手でも持ちきれないほどに膨れた胸を揉まれ始め、ぶるんぶるんと弾む。
《GM》 【オーク】「この霧はなぁ?牧場でお前らみたいなメスを飼うための霧なんだよ。だから、なぁ?」そのままぐにぐに、と揉み解し、乳首をぎゅっとひねり……まるで母乳を搾り出すような手つきでルーナの胸を弄り倒します
《リエット》 【リエット】「んぶっ!?…んんーっ!んぅううっ…!…むぷっ、んぐぅっ…!」頭を掴まれ、ぐいっと口内に豚男の肉棒を突き入れられると、その臭いが鼻にまで突きぬけ、舌で肉棒を押し返そうとする動きがぎこちないながらも亀頭を舐め回し、本人の意図とは裏腹に奉仕をしている状態とになってしまって
《ルーナ》 【ルーナ】「お、オークの分際で私達を飼うなんてぇ……はっ…ひやぁ…!……な、何か、出て来る、ぅ……」嗜虐心を煽るような涙目で睨みつけながら、初めて感じる射乳の予兆に戸惑い、ゾクゾクと震える。
《GM》 【オーク】「おおう?この雌、自分から舌を絡めてきやがった。くく、すきものだな、この雌。おら、おらっ」調子にのったのか、あらあらしくガツガツとリエットの口内に肉棒をつき込み…他のオークたちは飽きることなく、リエットの敏感な突起を中心に弄り明日
《GM》 【オーク】「おら、出しちまえ!」ぴしっ、と別のオークがルーナの胸を平手で張り、射乳を促します
《リエット》 【リエット】「ふぐっ!んぐっ…!んぶっ…!…んんんんッ!」口内を荒々しく突き上げられ、身体を弄ばれながら快楽の渦に飲み込まれかけてしまって
《リエット》 アクトいじょー
《GM》 らじゃー
《ルーナ》 【ルーナ】「ひ、ふぁ…で、出ちゃ…出ちゃうぅ……!!ひぁぁぁぁぁぁぁ!!!」びゅく…びゅる、びゅるるん!と勢いよくミルクが吹き出し始め、同時に腰も跳ねて愛蜜も……初めて吹き出す二つの液体で褐色の肌が染められていく。
《ルーナ》 オークがぶっかけないなら以上でw
《GM》 らじゃw
《GM》 ではネクストラウンドいきますー
《GM》 ふむ
《GM》 ではオーク中隊……続けていってしまえ。リエットにマルチアタック+追加攻撃っ
《リエット》 ワー、来た
《GM》 -> 2D6+3 = [4,5]+3 = 12
《GM》 -> 2D6+3 = [4,2]+3 = 9
《GM》 -> 2D6+3 = [4,5]+3 = 12
《GM》 以上
《リエット》 【リエット】「ま、まだまだっ…!」まず12点を胸で受けて胸AP0。9点をガーディングで残り4点を腰APにうけて腰AP12点。最後の12点はその他APでうけて0点
《リエット》 アクトはなしです
《GM》 む、腰APが残ったか…
《GM》 らじゃー
《GM》 ではルーナどうぞー
《リエット》 ふふふ、まだまだそう簡単に犯らせはしないのです
《GM》 くふー
《ルーナ》 【ルーナ】「は…はふ、ぅ……ぁ…よ、よくも……オークの分際でぇ…!」余韻に浸るのも束の間、ミルクも出したしイって淫熱も抜けたので全力で中隊斬ります!
《GM》 おー
《ルーナ》 いつもの!
《GM》 かまんっ
《ルーナ》 -> 4D6+6 = [2,6,4,4]+6 = 22

[黒オークIV0][リエット・ルーナ]FF リ:24 ル:28

《GM》 飛んだー
《GM》 中隊オークは凪ぎ散らされて、ギャラリーと化します
《リエット》 ギャラリーw
《ルーナ》 つまりトラップ効果で犯しには来る、とw
《GM》 【オーク軍団】「ひええっ、あの状態で動くだとー!?」「黒オーク」「ち、仕方ない。お前らは下がってろ」
《GM》 ですw
《GM》 じゃないと輪姦にならないのですw
《リエット》 では、トラップ攻撃でHPアクト使って催淫は一時的にとけてるんですよね
《GM》 ですー
《リエット》 では黒オークに攻撃しまっす
《GM》 ではリエットどうぞー
《GM》 かまんっ
《リエット》 バーニングヒット&ヘビーアタック&ファイナルストライクー
《GM》 ぶ、きたかっ
《リエット》 -> 8D6+6+5-4 = [3,1,6,2,5,1,6,3]+6+5-4 = 34
《GM》 25点もらい。…痛い
《リエット》 えーと、クリが2つにラッキーも2つ。で+12点です
《GM》 ぎみゃー、37点!?
《GM》 い、一気に半減…
《GM》 では黒オークいくでー
《GM》 【黒オーク】「ええい、ここまで削ってなおも動くかっ…!」とリエットに攻撃ー
《リエット》 【リエット】「ど、どうだっ…私を飼いならすんならそれなりの力を見せてもらわないとねっ…!」
《GM》 えー、マジックインパクト+異形の託卵
《GM》 -> 3D6+16 = [6,1,4]+16 = 27
《GM》 がっつり、27点進呈
《リエット》 ではそれを腰APでうけて、<はえてない><晒される柔肌>
《GM》 おけー
《GM》 では下半身のスパッツを引きちぎり……指を遠慮なく、一度いったリエットの秘所に突きこみます
《リエット》 【リエット】「んぁんっ!?…くぅうううっ…!ま、まだそんなんじゃっ…私の穴を試させてなんかあげないんだからっ…!」
《GM》 【黒オーク】「ほう、そうか?それではこやつらに堪能さえるとしようか」と、取り出したのは小さな卵。それを、リエットの晒された秘所に、一個、二個、3個、4個と………10個くらい入れましょう
《GM》 向かい合わせになって弄られてるルーナには分かります
《GM》 あれ、小さな触手の卵ですね。
《GM》 胎内で生まれたら、そこに寄生して……延々と膣や子宮を攻め上げるような類の。
《ルーナ》 【ルーナ】「ぅぁ…!?…そん、そんなもの……や、やめなさい……!!」リエットの中に植えつけられていく物には見覚えがあり……眼を見張って制止の声をあげる。
《リエット》 【リエット】「んぁっ…!な、何の卵なのよっ…!……ふ、ふんっ、この程度っ・!前と後に腹がパンパンになるまで詰め込まれた時にくらべたらっ…」リエットのつるつるの恥丘が晒され、そこの下の雌穴にごりごりと卵を埋め込まれてしまうものの、強がるようにして
《リエット》 アクトOKですっ
《GM》 【オーク中隊】「あー?何いってるんだよ、このびっち!お前はだまって胸をしぼられてりゃいいんだよっ」とルーナの胸をなおも絞りながらいいます
《GM》 らじゃー
《GM》 では最後に、トラップいきますー
《ルーナ》 拘束って乳を搾られてる状態なのかwww
《GM》 -> 2D6+3 = [6,3]+3 = 12
《GM》 -> 2D6+3 = [4,5]+3 = 12
《GM》 うむw
《リエット》 ではそれにガーディング
《GM》 お二人に12点+つかったアクトのダメージ
《GM》 つかったアクトの数、ですにゃ
《ルーナ》 うわーいw
《ルーナ》 撃沈w
《リエット》 えーと、+5かな
《リエット》 って沈んだー!?
《GM》 ですにゃ。それを侵食につき半減して…あ、沈んだw
《ルーナ》 って、輝石あるじゃないかw 食らう前に使えば大丈夫か!w
《リエット》 うちはガーディングでちょうどアクト分と相殺
《GM》 ああ、それは許可w
《GM》 食らう前w
《GM》 ・・・って
《GM》 割り込みだめー、って前いってたにゃ
《ルーナ》 にゃー!?w
《GM》 難易度ルナにつき、だめです(爆
《リエット》 6点貰って残り10点
《GM》 アクトの宣言どうぞ(鬼
《ルーナ》 あ、違うや
《GM》 を
《ルーナ》 12+4(アクトの数)の半分だから8で、まだ大丈夫w
《GM》 ちぃw
《GM》 まぁ、ではアクトの宣言あればどうぞー
《リエット》 んではうちはアクト。<自慰>と<教え込まれた恥辱>
《ルーナ》 <快楽に変わる痛み>
《GM》 おけー
《GM》 …ぶ、もってるんかw
《リエット》 拘束衣だもんにゃー
《GM》 にゃるほど
《ルーナ》 ですにゃーw
《GM》 ではリエットには、黒オークが手を掴んで…
《ルーナ》 おっぱいぎゅうぎゅうに搾られて感じちゃいますーw
《GM》 【リエット】「そら、自分で慰めてみろ。そうすれば、卵もひりだせるかも知れんぞ?」と、リエットの手をリエット自身の股間に押し当てさせましょう
《GM》 あw
《ルーナ》 りえっとwww
《GM》 【オーク】「そら、自分で慰めてみろ。そうすれば、卵もひりだせるかも知れんぞ?」と、リエットの手をリエット自身の股間に押し当てさせましょう
《GM》 ですw
《リエット》 わーw
《GM》 で、ルーナには
《GM》 【オーク】「うら、もっとひりだせ、噴出せぇ。乳雌エルフにはそれがお似合いだぁ!」と、また煙の効果で大きくなった胸を…平手でぱしん、ぱしんっ…と叩き、乳首の根元をひねり上げます
《リエット》 【リエット】「んくっ…!…い、いいじゃないっ…自分で掻き出してあげるわよっ…!あっ、はぁっ…はぁっ…!んんっ!」オークやルーナの目の前でぐりぐりと雌穴に指を突っ込み、卵をひとつひとつ掻き出す様にしてひり出していって
《GM》 そして胸を玩具のようにぐにぐにと乱暴に揉み解し、あるオークはすいついて吸い上げて…
《GM》 【黒オーク】「ぐふふ、随分手馴れた様子だな、ぁー?同じように卵をひりだしなれてる手つきだな」
《ルーナ》 【ルーナ】「ひぐぅ……や、やめ……痛ッ…ふ、ぁ…!」千切られそうなほど揉まれ、痛みを訴え…けれど身体は跳ね上がり、ぴゅるる…と先程ほどではないがミルクを零し、更なる愛蜜に秘所が濡れていく。
《リエット》 【リエット】「そ、そんな事ないわよっ…!前の時は卵を孕んだまま持ち帰る仕事だったんだからっ…!」と、少しズレたような反論をしながらも、淫汁をダラダラと垂れ流しながら、卵を産み落として
《GM》 【黒オーク】「ぐふふ、出来上がってきたな、んー?メス二匹とも、もう溜まらないという様子え下の穴から汁をこぼしているではないか」
《リエット》 【リエット】「んくっ…!ふ、ふんっ……まだっ…これくらいじゃっ……」膝を奮わせながら、オークをにらみつけて、精一杯の強がりをして
《リエット》 アクトOK-
《GM》 らじゃー
《GM》 ではネクストラウンド
《GM》 開幕
《GM》 黒オーク、自己再生ー
《GM》 他にある人どうぞー
《リエット》 開幕。いにしえの輝石
《リエット》 かいふくー
《リエット》 -> 3D6 = [3,1,1] = 5
《リエット》 ひくっ!
《ルーナ》 同じく、いに石
《GM》 っよっしw
《ルーナ》 -> 3D6 = [6,3,6] = 15
《ルーナ》 うわw
《GM》 にゃーw
《リエット》 うむうむ
《GM》 ではルーナどうぞー
《リエット》 ああ、遅いんだっけかw
《GM》 黒オークはIV0です!
《ルーナ》 【ルーナ】「くぅ…ん、ッ……オークごときが雌扱いなんて…身の程を知りなさい…!」黒オークに≪オーラブレイド≫≪バーニングヒット≫≪ガッツ≫≪ファイナルストライク≫!
《GM》 ぐ、かもん
《ルーナ》 っと、≪ガッツ≫なし!直前で被る!
《GM》 らじゃ
《ルーナ》 -> 7D6+6 = [1,2,6,2,3,5,3]+6 = 28
《GM》 19点もらい。まだ動く!
《リエット》 にゃーん。ではヘビーアタック&バーニングヒット&ファイナルストライクー
《GM》 【黒オーク】「ぐぅ…くく、本来なら終わってるが、この臭いの中ではそう力も…ぬぅ!?」
《GM》 かもーん
《リエット》 【リエット】「ぶっとべッ!」
《リエット》 -> 8D6+5+6-4 = [2,4,3,3,4,2,1,3]+5+6-4 = 29
《リエット》 うわ、ひくっ
《GM》 残り1!
《ルーナ》 にゃー!?w
《リエット》 ウフフ
《GM》 うっふっふー。では……うん、ここは
《GM》 【黒オーク】「ぐふっ…いかん、せめて任務だけは…っ」と、攻撃、ルーナに!
《GM》 -> 2D6+8 = [5,6]+8 = 19
《GM》 どっかん、意地の一撃、19点
《リエット》 【リエット】「な、なによっ…こっち狙えばいいじゃないっ!?」
《ルーナ》 腰APが0になりました(きっぱり
《ルーナ》 腰APが0になりました(きっぱり
《GM》 はい、OKw
《リエット》 大事なことだから(
《ルーナ》 大事な事なので二回言いました(゜Д゜)
《GM》 腰APのこってますもんねぇw
《GM》 【黒オーク】「って、なー?(呆然」
《GM》 ではトラップ行きますw
《リエット》 【リエット】「ばっかじゃない!ばーかばーかっ!死んじゃえ!」
《GM》 -> 2D6+10 = [6,6]+10 = 22
《GM》 -> 2D6+10 = [1,5]+10 = 16
《リエット》 ぶお
《ルーナ》 【ルーナ】「そうそう捕まるわけには……ぁぁ、ッ…!?」ビリビリ、と剥かれる腰布。その下はもはやどろどろのぐちょぐちょ。
《GM》 ルーナに22、リエットに16、それぞれ使用したアクトのダメージ加算w
《リエット》 あれー、またいれかわった!?
《GM》 いえ?
《ルーナ》 あぶなーw
《GM》 IV順といってからは、上がルーナ、下がリエットになってますよー
《リエット》 えーととりあえずガーディング!
《ルーナ》 残り4!
《GM》 アクトありますかー?
《ルーナ》 なしで!
《リエット》 えーと18点の半分で9点かな?
《GM》 リエットには16点なので
《GM》 あ、アクトで+3ね
《リエット》 アクト7個とガーディング5点さっぴいて18点、で半分
《GM》 らじゃ。9点進呈です
《リエット》 残りHP6点
《リエット》 アクトはないです
《リエット》 まだまだー
《GM》 らじゃー、ではネクストラウンド
《GM》 開幕ー、自己再生
《リエット》 そんな芸もってましたねΣ
《GM》 うむw
《GM》 ではルーナどうぞー
《ルーナ》 【ルーナ】「さすがオーク、しぶといです…が、これで終わりです!」≪オーラブレード≫≪バーニングヒット≫≪ファイナルストライク≫≪ポテンシャル≫1!
《GM》 ぐ
《GM》 かまん
《ルーナ》 -> 8D6+6 = [5,3,2,6,3,1,4,2]+6 = 32

[リエット・ルーナ]FF リ:24 ル:28

《GM》 【黒オーク】「がはっ」ばたっ ルーナの一撃で、黒オークは地面に倒れてぴくぴくしています
《ルーナ》 【ルーナ】「……お、オークごときに捕まるわけには……」リーダーを倒したのでホッと一息。
《リエット》 【リエット】「ま、まだ周りを囲んでるやつらがいるよっ」
《GM》 【オーク中隊】「ひええ、リーダーが!?」「お、おちつけ。あいつらもこの霧の中で、そろそろ動かなくなる…っ、それを待ってからだ…っ」
《GM》 と、ずざざ、と距離をとって遠巻きに見ます
《GM》 【オーク中隊】「冷静になれ、冷静にっ。そうだ、俺たちはクレバーなんだっ」「いいか、ゆっくりと弱ってからヤるんだっ…」などなど
《GM》 ということで次はリエット・・・突破判定、どうぞw
《リエット》 【リエット】「そ、その前にこんな所、抜けてやるっ…!」ぶんぶん剣を振り回して突破を試みます
《GM》 おけー
《リエット》 しかし思い切りまた催淫かかってるんだよにゃーw
《GM》 バステ補正かかってるからにゃー?(にや
《GM》 催淫+拘束ですにゃw
《リエット》 -> 1D6-1 = [1]-1 = 0
《リエット》 へらねーwww
《GM》 …ちーん(涙
《GM》 ではラウンド最後
《GM》 -> 2D6+10 = [3,1]+10 = 14
《GM》 -> 2D6+10 = [3,3]+10 = 16
《GM》 ルーナ14点、リエット+16点。これにアクト数を。
《ルーナ》 【ルーナ】「リーダーを倒した以上、彼らも手出しはして来ないはずで……ふぁ、ぅん…!…か、からだ、がぁ……」大丈夫、と頷こうとして……まだ残る霧に冒され、がくん、と膝をついて。そのままばったりと倒れこんでしまう。
《GM》 あ、堕ちたw
《リエット》 えーと、23点で…ガーディング5点引いて18点。ポテ2点入れてみるか
《リエット》 -> 2D6 = [1,3] = 4
《リエット》 ダメだw
《ルーナ》 一緒にヤられましょー♪
《リエット》 7点ダメージ食らって0点です!
《GM》 らじゃー。
《リエット》 わくわく致命表
《GM》 では動かなくなったお二人に、オーク軍団がおそりおそる近づいて…
《GM》 おけー、ではお二人とも。致命表いってみましょうー
《ルーナ》 <純潔の証><つけられた種><後ろの処女>使いますにゃーw
《GM》 りょーかい。アクトの宣言もやっちゃってください
《リエット》 【リエット】「うぐっ…も、もうすこし…だったのにっ……相手が上だったっ…」ではめでたく<つけられた種>
《ルーナ》 【ルーナ】「いや…こない、でぇ……」胸と腰をがくがくと震えさせながら、弱々しい拒絶の言葉を…
《ルーナ》 致命表
《ルーナ》 -> 1D6 = [6] = 6
《リエット》 はりきってるなΣ
《ルーナ》 やっほいw
《リエット》 致命表
《リエット》 -> 1D6+1 = [5]+1 = 6
《リエット》 おなじく
《GM》 さすが。二人ともSP+2で動けませんにゃー
《GM》 では二人とも、オークたちに群がられて……うん、ルーナが下、リエットで上で重ね合わせられます
《GM》 女同士で69やるような形で、ですね。
《GM》 【オーク】「まったく、てこずらせてくれたなぁ?この例はたっぷりと、おれさまたちの肉棒でしてやんよ」「そうだそうだー!」と、互いの秘所に肉棒を押し当てます。二人の顔の前には、相手の秘所のオークの肉棒がはっきりと…
《リエット》 【リエット】「は、はぁ……はぁ……こ、今度の飼い主はオークって訳ね……んっ…!」ぐっ、と肉棒を雌穴に押し当てられると、自分がそうされているが如く、ルーナがいまにも挿入されそうな場面を目の前で見つめて
《ルーナ》 【ルーナ】「あぁ……や、やめ、てぇぇぇ……オークになんて……」ふるふる、と首を振り、オークの太く臭い肉棒を目の前に、拒絶の言葉を。
《GM》 そしてそのまま、秘所にオークの肉棒がつぶっ、つぶぶっ……とめり込み、やがてルーナの処女を引き裂いて、ずんっ…と二人の子宮口をつきあげます
《ルーナ》 【ルーナ】「やめてぇ…やめ…ッ、あぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!」みちり、と引き裂かれる感触。絶叫と共に秘所から一筋の赤い雫が…
《リエット》 【リエット】「あっ、はいってっ…んぁあああんんんんッ♪」ルーナの絶叫に反するような嬌声。挿入に快楽の悦びの声を上げてしまいながら、白濁した本気汁をぶちゅっと結合部から漏らして
《GM》 【オーク】「くふふ、処女か?そのわりにはいい具合じゃねーか、ほれ、ほれっ」「こっちの雌もいい具合だぞっ、開発されてやがるっ」「たまんねぇ…うら、顔こっちにむけろやっ」ルーナとリエットの秘所を容赦なく突き上げ……他のオークが互いの顔を横に向かせ、その口に肉棒をつき込みます
《ルーナ》 【ルーナ】「ん、くぅぅ…ッ!むぐ…ふぐぅぅぅ…!!」口の中に肉棒をねじ込まれ、あまりの臭さに吐き出しそうになり…けれど頭を押さえられてはそれもかなわず、オークの肉棒を咥え込む顔に、リエットの愛蜜がぽたぽたと零れ落ちる。
《リエット》 【リエット】「んっ!あっ、はふっ…!…んぷっ、はふぅうう~っ、これがオークのっ…オークのチンポの味っ…♪…んぐっんむっ…ちゅっ、ちゅうっ…!はぁううっ…んぷっ!」雌穴を突き上げられながら、初のオークの肉棒の味に舌を絡めて恥垢を舐め取りながら、発情した様子で快楽を貪って
《GM》 【オーク】「たまんねぇなぁ…この際、どこの穴でもいいや。おい、ちょっとそいつらの体上げてくれ」「あ、どーするんだ?」「このDエルフの下にもぐりこんで、ケツ穴おかしてやんのよ」「おお、いいねぇ。Dエルフなら尻ふってよろこぶぜー?」
《GM》 と、快感と苦しさで喘いでいる二人の体をオークたちが持ち上げ、その下に一匹のオークがもぐりこんで……ルーナの尻穴に、つぶりっ…と容赦なく肉棒をつき込みます
《ルーナ》 【ルーナ】「ふぅ…!?……ん、んーーーー!!」オークたちの言葉に、次は何をされるか分かってしまって……口を犯されたまま首を振る。
《GM》 【オーク】「あん?裏切り者の雌に否定権なんてねえんだよっ」ずんっ!と下から腰を突き上げて、腸内をえぐり、子宮の裏を突き上げ…それに呼応するように、ルーナとリエットの秘所を犯しているオークたちも激しく腰を…
《ルーナ》 【ルーナ】「んぐぅーーーーーー!!!!」初めて受け入れる尻穴は窮屈で。けれどそれを無理矢理こじ開ければぎゅうぎゅうと締め付けて。痛みしかないはずのその挿入に目を見開き、腰が震えると絶頂を迎える。
《GM》 リエットの前では、ルーナの2穴がふかぶかと肉棒を飲み込んでいるのが目に入ります
《GM》 【オーク】「…あん?なんだ、この雌、痛みでいっちまいやがった」「まぞだな、マゾ雌」「くく、そらいーや、なにされても感じるからだってか?」聞こえるのはオークの嘲笑……
《リエット》 【リエット】「はぅんんっ!んっんっ!…あああっ!ちゅぱっ、ちゅぱっ…!んんっ、はぁっ、ああっ、すごっ…!こんな間近でっ…はぁんっ♪」甘い声を上げて鳴き悦びながら、ルーナの2穴ファックを眼前にして、自らも興奮するおかずのように見つめてしまって
《GM》 【オーク】「俺はこの人間の雌のほうがいいなぁ。淫乱だぜこの雌?」「ちがいねえちがいねぇ!」と他のオークも興奮するように、多数の肉棒をリエットにつきつけ…
《ルーナ》 【ルーナ】「んッ…うぅ……んッ……」嘲笑の声に涙を浮かべ…けれどそれもリエットの愛蜜に上塗りされ、悔しさも痛みから来る快楽にかき消されて…
《リエット》 【リエット】「んふっ…はふっ…!わ、私を飼うつもりならっ…もっともっとかかってきなさいよねっ…♪」興奮して肉棒を次々と突きつけてくるオーク達に挑戦的に笑みを浮かべながら、両手で肉棒を扱き、代わる代わる口に咥えながら舐めしゃぶり、腰をくねらせて
《GM》 【オーク】「そろそろいいな、種つけしてやんよっ」「おう、そうだそうだ。精液ぶちまけて、たっぷり子種をそそいでやろうぜぇ!」と激しさと雄臭を濃くさせるオークたちの肉棒。胎内で、手の中でぴくっ、ぴくっ、とそれぞれ棒を震えさせ始めます
《ルーナ》 【ルーナ】「ひぅ!?……ふ、うぅぅぅ!」種付け、という言葉にぶんぶんと首を振り、手や足でオークを引き剥がそうと抵抗を始める。
《GM》 けれど、毒に犯された体はまったく力が入らず、もとから腕力に劣るルーナではどうする事もできません
《リエット》 【リエット】「んんんんっ!はっ、はぁっ…あああっ、だ、出すのねっ…!オークの子種を子宮にっ…!…はぁっっあっ…!…オークの子種で私の子宮を支配されちゃうううっ!」びくんびくんと痙攣して、膣内射精に向けて自らもエクスタシーへと達していって
《GM》 【オーク】「ぐふっ、そら、はらみやがれっ!」やがて、びくんっ、どくっ、どくっ、びゅるるるっ……と、オークたちが子宮内に、腸内に、体に、顔に……ありとあらゆるところに、精液を降り注がせていきます
《ルーナ》 【ルーナ】「ン…く、ぁッ…!…やぁぁぁァ……!!!」喉に注がれ、更に顔に注ごうと口から引き抜かれ……体の内外を白く染め上げられながら絶叫し、けれどそんなものではかき消せぬほどしっかりと腰を跳ねさせ、達してしまう。
《リエット》 【リエット】「くっふぅうううううっ…!はぁ、あああああっ♪熱くてどろどろのっ…種汁がっ…はぁっ…はぁっ♪」激しく気をやりながら、子宮や膣内に広がる熱い迸りにひくひくと震えて
《GM》 【オーク】「くふふ、いい感じにできあがったなぁ…。おら、まだまだ犯してやらぁ…!」
《GM》 と、延々とオーク達は、二つの雌穴を犯し、精液を注ぎ込みつづけます…

《リエット》 ……そしてお楽しみ第二段。全滅表ですね!
《GM》 ですw
《ルーナ》 【ルーナ】「あぁ…いやあぁ……」延々とオークに犯されながら、拒絶の声も段々と弱々しく…
《ルーナ》 wktk
《GM》 侵食の平均でしたな
《GM》 お二人、現在の侵食はいくつですかー?
《ルーナ》 0ですーw
《リエット》 1です
《GM》 端数切捨て…ち、0基準でどちらかふってくださいー
《リエット》 残念ながら平目ですなw
《GM》 ですー
《リエット》 ルーナさんふりたいですか?
《ルーナ》 3か4ふってーw
《ルーナ》 頻繁に振ってるのでどっちでもw
《リエット》 じゃあうちがふろう
《リエット》 -> 1D6 = [5] = 5
《リエット》 ぐっ
《GM》 5~6、その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
《GM》    ・好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]する。
《GM》 ですな
《ルーナ》 よくやった!w
《GM》 ではー

《GM》 そこから更に数時間、オークたちに回されるお二人ですが……
《GM》 【オーク】「ぎゃーー!?」「な、なんだこいつらー!?」「やば、にげろー!!」と、何かがあったのか、数対のオークが倒れて、残りのオークは逃げ出します
《GM》 で、軽い鎧を装備した男たちが二人の前に現れます
《リエット》 【リエット】「……はぁ…はぁ……んぁ?」と、蛙のように股を広げて雌穴から精液を垂れ流しながら突っ伏して、どろどろになってます
《GM》 【男】「クリア!」「クリア!」「団長、メイデンらしき女が二人います!犯されていたようです!」
《GM》 【団長】「ほう?都合がいい。丁重に持ち帰って、そのまま他の団員に回させろ。棚ぼただな、美味しくミアスマが手に入るではないか」
《ルーナ》 【ルーナ】「…うぅ……」初めての経験がオーク達による輪姦…当然のように身も心も疲弊し、ぐったりと横たわったまま、褐色の肌は白濁一色になり、秘所からは愛蜜と精液、胸からはミルクを溢れさせて。
《GM》 【男】「団長、一人はダークエルフのようです!」【団長】「何?それは珍しい……ある程度躾けたら、奴隷として売り払うか。くく、儲け儲け」
《リエット》 【リエット】「ふぁ…?…だ、だれ…?」と、混濁した意識のまま、新たに現れた集団を見て
《GM》 【男】「助かったと思ったらまだ甘いぜぇ、お嬢ちゃん?俺らはこういうところにきて、ミアスマひりださせてから奴隷として売り飛ばす商売人だからなぁ?」
《GM》 【団長】「余計なことはいうな!そら、早くそこの二人を調教用馬車に連れて行け、街まで戻るぞ!」「あいさー!」
《ルーナ》 【ルーナ】「は…ぁ……」周囲の喧騒に、ようやくうっすらと目を開き……ただただ、呆然と、犯されたままの姿勢で。
《リエット》 【リエット】「みあ…?……奴隷…?」メイデンから魔晶石を生産することなど知らず、何のことかはよくわかっていないものの、奴隷として売り飛ばすという事だけはわかり
《GM》 そのまま二人とも馬車の中に運ばれて……リエットとルーナの秘所を双頭ディルドーでつなぎ、鎖で絡めて……ルーナのアナルにもバイブを突き刺し。やがて町へ向かって馬車が走り出します
《GM》 …その間、ごとごと…と馬車が動いて。二人の体を激しく揺さぶります
《リエット》 【リエット】「んひゃあんっ♪…んんんっ!あああっ、ゆ、揺れて響くぅうう…!」ガタガタと揺さぶられ、ディルドーの奮えに尻をひくつかせながら甘い声をあげて
《ルーナ》 【ルーナ】「…ぁ、ッ…!ふ、ぅん……ぁ、ぅぅ……なに、が……?」ディルドーとバイブの与える振動に意識が次第にはっきりして…ようやく、疑問の言葉を口にして…
《GM》 それに答える言葉はリエットの甘い声のみで…二人の首にはしっかりと首輪をつけられています
《リエット》 付けなれてる首輪がまた!
《リエット》 【リエット】「んんんっ…!よ、よくわかんないけどっ……私達奴隷として売り飛ばされるんだってっ…!はぁうっ!」ルーナにそんな返事を返しながら、震える刺激に肌に汗を滲ませて、これから先どうなるのか、と思いつつ
《ルーナ》 【ルーナ】「ど…どれ…ッ……あぁ、ッ…!!…ど、どう、して……」リエットの説明に…そして周囲の様子から、売ろうとしているのがオークではなく人間である事が分かり……絶望感の中で、体内を掻き回す刺激に震えて…
《GM》 馬車から送り込まれる振動は、二人を容赦なく犯していきます。それが助かったのかどうかは…また別の話し
《GM》  
《GM》  
《GM》  
《GM》 ヒロインクライシスTRPG ランドリューフ戦記『オーク軍団奮闘記…?』
《GM》    Fin