【リーザ】「わたしの名はリーザだ、この13番隊の隊員の一人である」
【リーザ】「当然ながら、魔物を倒し、街の平和を守り、規律を守らせるのが私等の役目だ」
【リーザ】「下手なことをしたら叩き切るからな・・・?」
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシスTRPG ランドリューフ戦記【水魔の再誕】
【GM】 はじまりはじまりー
【GM】 ◎オープニング
【GM】  
【GM】 とある田舎
【GM】 今、リーザは上からの命令で、ライミーという村へきています
【GM】 なんでも、最近この村の水源地にダンジョンができたらしく…・・・行方不明事件がおきています。
【GM】 【村長】「なんとかしてください、よろしくおねがしますじゃー。こうも若い女子ばかりおらんようになってしまっては、村衆が~」と、村長さんになきつかれます
【リーザ】「はっ、お任せください、必ずやダンジョンのほうをなんとかし、他の者もお助けします」そういってかなり背は小さいが重装備で
【GM】 【村長】「おお、なんとりりしきお言葉!よろしくおねがいしたします!」
【GM】 ということがあったのが30分前。リーザは今、水源地に出来た瘴気あふれる穴・・・ダンジョンの前へときています
【GM】 上から水がしたたる洞窟ですね。
【リーザ】「ここ・・・ですか・・・」と注意を振り払いながら
【GM】 静まり返ってますね、蟲の声すらきこえません
【リーザ】「とりあえず・・危険っぽそうな感じですね・・・」そういいながら注意をしながら進んでいこうと思います!
【GM】 はいなー、ではシーンを切り替えますー
【GM】  
【GM】 フロア1
【GM】  
【GM】 しばらく進むと・・・・・・だんだん瘴気は強く、空気も粘度を増してきます
【GM】 スパッツがこころなしか、じとっとしてきますね
【GM】 -> 2D6+5 = [4,6]+5 = 15
【リーザ】「くぅ・・・さすがに瘴気がこいわね・・・」そう警戒しながらすすむも・・・
【GM】 そんな中・・・目標15で知力判定、どうぞ
【リーザ】 2Dで13がでれば成功
【リーザ】 -> 2D6+2 = [5,1]+2 = 8
【GM】 でるわけないですねーw
【GM】 えー、不意打ちです。地面からにゅる、とあふれ出した粘体が、そのままリーザに絡みつきます
【GM】 サモンスライム+バイオレントストリップ
【リーザ】「なっ・・・」おどろいて振り払おうとするも粘液なんで振り払えずに
【GM】 -> 2D6+5 = [4,3]+5 = 12
【GM】 12点、APにはいるなら17点です
【リーザ】 それをすぱっつでうけて!あくとはなしで!
【GM】 はいなー、すぱっつにスライムがはりついて、しゅうう、と溶かしてしまいます
【GM】 というわけで、戦闘開始ですー

[スライム IV2][リーザ]

【リーザ】 あぃあぃ
【リーザ】「くぅぅう・・このはなれろ・・!」
【GM】 開幕はないようなので、リーザどうぞー
【リーザ】 らいとにんぐひっと&まじっくいんぱくとでー
【GM】 かもんっ
【リーザ】 雷属性
【リーザ】 -> 4D6+4 = [6,6,3,1]+4 = 20
【リーザ】 26点です!
【GM】 ぷし
【GM】 く、クリティカルがきたか・・・・・・その一撃であえなくスライムは蒸発しました
【GM】 戦闘終了ですー
【リーザ】「くぅ・・・おどろいた・・・ゆだんできませんね・・・」とよろいの下のスカートの中・・そこのスパッツのみを蒸発させられて秘所を守るのはスカートのみになってしまい、顔を真っ赤にして
【GM】 では進みますかー?
【リーザ】 すすみますー
【GM】 はいなー
【GM】  
【GM】  
【GM】 フロア2
【GM】  
【GM】 えー、それからしばらくすすみますと
【GM】 通路が・・・・・・ゼリーのような壁にふさがれています。奥に道が見えることから、これをつっきらないといけないようです
【GM】 -ゼラチナスウォール (ルーク/耐4攻3特5)
【GM】 --TP18/体力・運動/攻2d6+6/《バインディング》
【GM】 --解説:スライムの壁。下手するとハマって抜け出せなくなる。
【GM】 こんなトラップですね
【リーザ】「これをぬけないといけないのか・・・」
【GM】 一本道だったので、他に道はありません
【リーザ】 とりあえず、抜けてみようと思います!
【GM】 はいなー
【GM】 では突破どうぞっ
【リーザ】 アタッカーで+1突破!
【リーザ】 -> 2D6+4+1 = [4,3]+4+1 = 12
【GM】 残り6
【GM】 ではトラップの攻撃ー
【GM】 -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
【GM】 がす、10点程度+拘束進呈
【リーザ】 腰にうけてのこり2、高速うけます~アクトはまだなしで!
【GM】 はいなー、ではターン回ってリーザです
【リーザ】 とっぱー!
【リーザ】 -> 2D6+4+1 = [4,3]+4+1 = 12
【GM】 出目で突破ですにゃ
【GM】 ではぬぶり、とゼリーの壁を突破できました
【リーザ】「ふぅ・・・・まったく・・・いやらしい魔物がおおいのか・・?」そういって、粘液まみれの体でサキにすすみ
【GM】 はいなー
【GM】 ではシーン切り替えますー
【GM】  
【GM】 フロア3 水の魔
【GM】  
【GM】 ということで・・・・・・洞窟の奥にやってきました。
【GM】 奥には・・・・・・青色の水がどろり、と溜まっています。瘴気の発生源はここですにゃ
【リーザ】「結構簡単についたわね・・・ここ・・・ね。」そういって近づいて蜜!
【GM】 はいなー、では知力判定どうぞっ
【GM】 -> 2D6+7 = [3,6]+7 = 16
【GM】 目標16…むりですねーw
【リーザ】 -> 2D6+2 = [6,3]+2 = 11
【GM】 突然、水そのものがにゅるっ、と絡み付いて・・・・・・・・・リーザを水の中に引っ張り込みます
【リーザ】「なっ・・・」なんとか逃げようとするが捕まって
【GM】 バインディング+強撃(不意打ち
【GM】 -> 2D6+9 = [4,1]+9 = 14
【GM】 14点。+拘束進呈です
【リーザ】 ぶろっくをあいrw胸に!
【リーザ】 点軽減して胸に
【リーザ】 -> 1D6+1 = [6]+1 = 7
【リーザ】 7点胸はいります!
【GM】 はいなー
【GM】 水と思ったのは・・・実際には粘液ですね、これ全部
【リーザ】「くぅ・・・このたおれろ・・・!」そういいながら剣をふりまわそて・・・
【GM】 【声】「ようこそ、私の中へ」と、そんな声が聞こえます。粘液そのものに、体を戒められながら。
【リーザ】「だ・・だれ・・!」
【GM】 【声】「私?・・・そういえば名前なんて考えて事なかったわね・・・メンタリティも女になってしまったし。そうね、ミスティとでも名乗っておくわ。いらっしゃい、メイデンさん」
【リーザ】「くぅ・・・魔物か・・・」なんとか動きにくい状態で武器をだしながらみて
【ミスティ(GM)】「くす、その様子じゃこういう経験は始めてかしら。いっぱい溶かしてあげましょう」

[ミスティ IV3][リーザ]

【GM】 ということでボス戦です!
【GM】 戦闘開始ですにゃー
【リーザ】 あぃあぃ!
【GM】 リーザからですっ
【リーザ】 OK,まじっくいんぱくと++らいとにんぐひっとで
【リーザ】 雷属性ダメ
【リーザ】 -> 4D6+4 = [2,1,2,6]+4 = 15
【リーザ】 クリらないので15てんー
【GM】 9点もらいましたー
【GM】 ではこちら~
【GM】 強撃+したたる毒液!
【GM】 -> 2D6+11 = [1,5]+11 = 17
【GM】 17点+催淫プレゼンツ
【リーザ】 とりあえずぶろっく!
【リーザ】 -> 1D6+1 = [3]+1 = 4
【リーザ】 13点を胸に!
【リーザ】 アクトは残念ながらまだなし
【GM】 はいな~。粘液にまみれた体が、突然熱に浮かされたようにほてり始めます。何のほてりか・・・経験内リーザにはわからないですかにゃ
【リーザ】「ふぅ・・・な・・・なにをした・・・!」その感覚にとまどいながらそっちをみつめて
【ミスティ(GM)】「特になにも・・・私の中にはいってきたのですもの。そうなるのは必然・・・くす、でもそれ以前に、その反応・・・えっちの経験まったくなさそうね?」くすくす、とした笑い声が聞こえます
【GM】 ということでネクストラウンドですー
【リーザ】 あぃあぃ!
【リーザ】 さっきとおなじこんぼでこうげきします!
【GM】 はいなー
【リーザ】「う・・うるさい!!」そう顔を真っ赤にしながら
【リーザ】 さっきとおなじこんぼ、催印とバインド計算ずみ
【リーザ】 -> 3D6+4-4 = [1,3,3]+4-4 = 7
【GM】 1点!
【GM】 ではこんどは強撃のみ
【GM】 -> 2D6+11 = [5,2]+11 = 18
【GM】 18点進呈ー
【リーザ】 では、それで腰壊れ、アクトは突き刺さる視線とはえてないと、コンプレックス股を希望
【GM】 はいなー
【GM】  
【GM】 水の瘴気が、リーザの腰のまもりを引き剥がし・・・粘液の中に下半身のガードと下着が沈んでいきます
【GM】 そして無毛の秘所がさらしだされ、粘液が直接秘所の入り口をなではじめます
【リーザ】「くぅ・・・はなっせぇ・・!」そういいながらも、無毛の秘所をさらされると顔を真っ赤にして未知の感覚に震えながらも睨んで
【ミスティ(GM)】「暴れるなといって暴れないかしら?」くすくす、とした笑い声・・・徐々に、リーザの前にすきとった青い女の体が現れ始めて・・・・・・その手でリーザの秘所に、粘液の指をくちゅり、と沈み込ませます
【GM】 すきとった⇒すきとおった、です
【リーザ】「んぅぅ・・こらやめ・・・」なんとか、つかんでひきはがそうとするがひぎはがせず秘所を触れられてぴくっと震えて
【ミスティ(GM)】「思ったとおり、処女mne/」
【ミスティ(GM)】「思ったとおり、処女ね・・・でもまったく毛が生えてないなんて、いやらしい素質ありそう・・・くす、開発しがいのあること・・・」艶やかにすきとおった女が微笑み、股間を責め続けます
【リーザ】「そんなことにきょうみなぞ・・・んぅ・・そんなこと・・より・・・村から・・・さそったむすめはどこにいった・・!」なんとか快感に耐えて普段どおりの顔でいようとしながらも
【ミスティ(GM)】「娘?・・・ああ、そういえばそんな子もいたかしら・・・くす、私、とあるメイデンに一度倒されて、ここに逃げ込んでたのよ。その子達は、回復のための養分に、ね?」
【ミスティ(GM)】「おかげでメンタリティはずいぶん、その子達に影響されちゃったわ」と、邪悪極まりないセリフをほがらかな笑顔でいいます
【リーザ】「なっ・・・そのむすめをさっさとむらに・・かえしてやれ・・・」けんを再びもちかまえるが、びくりと快感?を感じてだんだん力が入らなくなっていて
【ミスティ(GM)】「くす、返してもいいけど・・・・・・帰りたくないそうよ?」と、下を指差し・・・粘液のそこで、嬉しそうに悶えてうっとりしている娘さんたち数人が
【リーザ】「なっ・・・!」その光景をついみてしまう使いたいです!
【GM】 はいな~
【GM】 【女】「ふぁ・・・♪こんな、やわらかいの、すごくてぇ・・・♪」「体のなかぁ・・・子宮、とろとろぉ・・・♪」「胸、しぼられてぇ…おしっこでてぇ…穴、いっぱいこすられて、いいよぉ・・・♪」
【GM】 などなど、おのおのが淫らに・・・溶けた雌の顔で腰をふり、粘液の中を漂いながら悶えています…その顔は女の幸せ、といった感じです
【リーザ】「なっ・・・?!!」その言葉と光景に顔を真っ赤にしてしまい、股間部分をもじもじしてしまい
【ミスティ(GM)】「くす、期待した・・・?あなたもあんなふうにしてあげる・・・」
【GM】 ということで。ターン回しましょうかw
【リーザ】 あぃあぃ!
【リーザ】 ってことでさっきと同じ攻撃!
【GM】 はいなー
【リーザ】 拘束&催淫コワス
【リーザ】 -> 3D6 = [6,5,3] = 14
【GM】 8点ー
【GM】 ふふ、攻撃力をおもいっきりそぐBSコンボです
【GM】 ではミスティ、強撃
【GM】 -> 2D6+11 = [5,3]+11 = 19
【GM】 19点ー
【GM】 ダメージ処理と宣言だけよろしく~
【リーザ】 では、胸で受けて胸もこわれで~
【GM】 はいなー。アクトはなしですにゃ
【リーザ】 ですです

[ミスティ IV3][リーザ]

【リーザ】「う・・うるさい!誰が期待なぞするものか!」と顔を真っ赤にして顔をぶんぶんふって
【ミスティ(GM)】「ふふ、そんなに股間を濡らし始め言っても、ねぇ…?」と、粘液の泉の中、透き通った女が薄く笑って言います
【GM】 ということでネクストラウンド、リーザからですー
【リーザ】 マジックインパクト+ライトニングヒットで攻撃します!もう顔を真っ赤にしながらぶんぶんっと!
【リーザ】 雷属性攻撃
【リーザ】 -> 1D6+2D6+4-4 = [5]+[4,3]+4-4 = 12
【GM】 ……〔南無
【GM】 えー、粘液で集められた電撃が散ってしまって…ほとんど入ってないです(1点入りました
【GM】 というわけで、そのままミスティの攻撃とばします、強撃のみ
【GM】 -> 2D6+11 = [1,5]+11 = 17
【GM】 17点進呈
【リーザ】 ブロックして、アクトは後ろの処女と初めてのキスを希望!
【リーザ】 ブロック軽減
【リーザ】 -> 1D6+1 = [5]+1 = 6
【GM】 はいな~
【GM】  
【GM】 体を戒め、リーザを水の中に拘束する粘液。そんなリーザを半透明の女の姿が近寄って…
【ミスティ(GM)】「ふふ、可愛い唇……」と、リーザの頬に手を当てて、唇を合わせます
【リーザ】「んくぅ・・はなせ・・・んっ・・・!」初めてキスをされて顔を真っ赤にしてしまいながら、未知の感覚に驚き、震えて
【ミスティ(GM)】「あら、初めてなのね?それでは、もっとすごい事をしてあげましょう」と、口を割って口内に粘液が入り込みます。入り込んだ粘液は、まるで舌のように、リーザの舌を、歯茎をなぶっていきます
【リーザ】「んぅぅ・・んぅ・・!」粘液に舌を弄られて未知の感覚に震えながらもだんだんとトロンとした表情になっていってしまい
【ミスティ(GM)】「ふふ、すっかり小さくなって……穴という穴が未開発なんて、珍しいこと…」リーザのアナルへ粘液が集まり…そのまま、にゅるり、と腸内に粘液がもぐりこんでいきます
【リーザ】「んふぁ・・やめっ・・・んくぅ・・・」それに驚きの声と穢れた穴に入れられる恐怖に震えながら、お尻の穴をきつく窄めてしまい
【ミスティ(GM)】「ほら、力を抜きなさい…?」震えるリーザの口内をねぶり、スライムを堅くして……リーザの菊門を内側から開いていきます
【リーザ】「んくぅぅ・・・そんなこと・・んんぅぅぅ・・・」震えながらも、口内を舐り続けられてトロンとしていき、だんだんとお尻のほうも力を抜けてしまい・・
【ミスティ(GM)】「そうよ、いい子にしていたら・・・トイレにいかなくてもいい体にしてあげるわ…」と、ちゅるり、と舌全体を粘液で包み込み……腸内に入った粘液が、そのまま腸壁に吸い付いて……腸内を媚毒で溶かし、体の内側からも熱くほてらせていきます
【リーザ】「んぅぅぅ・・・ふぁぁ・・・」媚毒により火照った体は多少の刺激で体を震わせながらも、軽く痛むお尻と淫毒によりお尻もぷるぷる震わせてしまい
【ミスティ(GM)】「ふふ、すっかりとろとろね…もっととろとろにしてあげる。だから、体を私にゆだねなさい…?」甘い刺激で体の外をくまなく包み、口内と腸内からも甘い刺激を送り、ずるっ、ずるっ、と蠕動して溶かしていきます
【リーザ】「んはぁ。。だ・・・だめ・・・んぅ・・」そう快感に震えながらも剣をとって・・・反撃を!
【GM】 というところで、ネクストラウンドにまわしますー、リーザから
【リーザ】 では、ファイナルストライク&マジックインパクトで反撃します~
【GM】 はいな~
【リーザ】 ちまいこうげき!
【リーザ】 -> 1D6+7D6+5-4 = [5]+[1,5,2,3,3,4,1]+5-4 = 25
【リーザ】 クリ・・・らない・・・!
【GM】 確かに…w
【GM】 19点もらい~の
【ミスティ(GM)】「ふふ、頑張りますのね。けれど無駄です。この粘液の泉全てが私……私を倒したいのなら、この泉全てを凪ぎきるつもりではないと、ね?」
【GM】 というわけで、こちらの攻撃~。強撃
【GM】 -> 2D6+11 = [6,4]+11 = 21
【GM】 21点ですー
【リーザ】 ブロォーク!アクトは・・罵声と処女の証!
【GM】 はいな~
【リーザ】 軽減!残りHPは結果分!w
【リーザ】 -> 1D6+1 = [1]+1 = 2
【リーザ】 残りHP2!
【ミスティ(GM)】「さぁ、もう頑張れないでしょう?頑張っても無駄というものです。素直にこの水の養分になりなさい…?」体を包み、刺激する手を止めずに甘い堕落へのささやきを
【リーザ】「んくぅぅ・・ふぁ・・・う・・うるさいぃ・・・むだなんか・・じゃ・・・んぅ・・・」そう涙目で剣をばしゃばしゃと振って
【ミスティ(GM)】「そんなに涙目でおっしゃられると、私、もっといじめたくなりますわ…?」と、粘液が秘所の割れ目から中に入っていき…処女膜の穴から、膣奥、子宮口から子宮内へと流れ込んでいきます
【リーザ】「くぅぅ・・うるさいぃ・・んきゅぅ・・だめ・・そこ・・!」膣内に入っていく未知の感覚に震えながらも涙目で逃げようとして腰を揺すって
【ミスティ(GM)】「あら、どこへ逃げようといいますの?上も下も、全てが私の中ですのに」ずずずっ、と膣内を粘液が満たし……処女膜ごしに、女の大事な部分である子宮を直接揺さぶり始めます
【ミスティ(GM)】「あら、どこへ逃げようといいますの?上も下も、全てが私の中ですのに」ずずずっ、と膣内を粘液が満たし……女の大事な部分である子宮を直接揺さぶり始めます
【リーザ】「んふぁぁ・・!」子宮を揺さぶられる感覚に目を見開きよだれをたらしてびくびくと震えてしまい
【ミスティ(GM)】「ふふ、ではめったに出来ない経験をさせてあげましょう。体の内側から、処女膜をやぶってさしあげます」との言葉に…子宮までつまっていた粘液が一気に、ずずずっ…!と外へ引きずりだされ…処女膜も一気に外側へと破っていきます
【リーザ】「や・・やめ・・んくぁぁ・・・!!」目を見開かれ処女を破かれる痛みに声にならない声をあげながらも、粘液に処女だった証が混じり、あまりの強烈な感覚にミスティのほうに倒れこんでしまい
【ミスティ(GM)】「さぁ、いかがです、女になった気分は?お望みでしたら、また女の奥の神秘にして淫らなる器官を溶かしてさしあげますわ…?」と、倒れこんだリーザを粘液で抱きとめるように固定し、再び膣内から子宮内へと粘液がもぐりこみ…・・・腸内にもぐりこんだ粘液と動きを合わせて、2穴を内側から擦り、蠕動して快感を覚えさせて行きます
【リーザ】「んふぁ・・うる・・んふぁぁぁ・・うごかさない・・でぇ・・んふぁぁ・・」両穴を同時に責められ、粘液による巧みな責めに快感を引きずり出されて甘い声をあげてきゅっと両穴を締め付けてしまい
【ミスティ(GM)】「もうたまらない、という感じですわね…ええ、分かりましたわ。もっと動かして、体の中も外も、全て私でうめつくして差し上げますわ」その言葉と共に、容赦なく、けれど優しく柔らかく、溶かすように・・・乳首やクリ、胸なども揉みあげながら蠕動します
【リーザ】「んふぁぁ・・・だめぇ・・・んふぁぁ・・・だめ・・なんか・・きちゃう・・んふぁぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁぁぁぁぁ!!」あまりの激しい責めに大きく体をのけぞらせてはじめての絶頂をしてしまい・・
【ミスティ(GM)】「逝ってしまわれましたわね?それが女の喜びというものですわ。もっともっと、体と心に刻み込んであげましょう…」
【GM】 ということでネクストラウンド、リーザですー
【リーザ】 では・・反撃・・・マジックインパクト&ファイナルストライク&ポテ3で!
【リーザ】 ちまいと予想!
【リーザ】 -> 1D6+1D6+7D6+3D6+1 = [2]+[4]+[1,6,2,3,5,4,2]+[2,5,4]+1 = 41
【リーザ】 あ・・・あれ・・?
【GM】 出ませんねぇw
【GM】 35点もらいました
【ミスティ(GM)】「ふふ、最後の力、出し尽くしてしまわれましたね?」多少ブレながらも、そのまま勢いは衰える事なく、リーザを責め続けて…
【GM】 強撃
【GM】 -> 2D6+11 = [3,6]+11 = 20
【GM】 どか、20点です
【リーザ】 あぃ~それでおちます!
【GM】 では致命表をどうぞ~
【リーザ】 堕落あれば+1!
【リーザ】 -> 1D6 = [4] = 4
【GM】 ないですー
【GM】 4:強烈な攻撃に失禁し、気が遠くなるが、意志を籠めて耐える。CPを2点消費することでHPが1になり戦闘を続行できる。しないなら意識はあるが戦闘不能になり、HPが1以上になるまであらゆる行動が行えない。
【GM】 CPありますかー?
【リーザ】 ないです!
【GM】 はいな~、では全滅表へ
【リーザ】 -> 1D6+0 = [3]+0 = 3
【GM】 3~4、全滅のすぐ後、モンスターに犯されているところを冒険者に救出される。
【GM】    ・好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]する。
【GM】 妊娠判定どうぞ~
【GM】 孕んだら…スライムをこの場で産んでもらいましょうかw
【リーザ】 失敗したらSP+5のあつかいで・・あぃ!
【リーザ】 -> 1D6+4 = [1]+4 = 5
【GM】 2d6じゃw
【GM】 これにバッステはかからないですー
【リーザ】 しまった!全滅表のでなんか勘違いしてた!w
【リーザ】 -> 1D6 = [6] = 6
【リーザ】 ってことで残念ながら成功!
【GM】 むいw
【GM】 ではエピローグにいきます~
【GM】  
【GM】  
【GM】 あれからしばらくの間、泉の中で言いように嬲りまわれていたリーゼです。
【GM】 が、その後…ぽい、と洞窟の泉の外へと投げ出されます
【リーザ】「んふぁぁ・・・あ・・・」弄りまわされて鈍った思考で、まわりをみて・・
【ミスティ(GM)】「ふふ、大変美味しかったですわ、あなたの魔力…おかげで私の傷も癒せたようです。お礼をいいますわ」と、泉の上にしっかりとした形をとる、半透明の女性・・・見ると泉の水がすっかり消えています
【リーザ】「う・・るさい・・・」そう言いながらも、殆ど体は動かせずに未だに弄られていた時の感覚に震えて顔を真っ赤にしてそっちを見て・・
【ミスティ(GM)】「そのお礼に、貴方と村の女性たちはここに残しておきますわ。それでがごきげんよう。また縁があれば会えるかもしれないですね?」と、リーザの肌をぬるり、となでて……そのまま、その部屋から出て行きました
【リーザ】「う・・くぅ・・・・この・・・」なんとか立ち上がって攻撃しようとするが、今までの責め続けられた体は疲労と快感にばったりと倒れてしまい、追えずにぼーっとそっちのほうを見て
【GM】 そのまま、半透明の水魔はリーザの視界から消えていきます。
【GM】 ……行方不明の村人たちは無事帰ってくることができましたが、リーザの体には淫らな刻印がくっきりと刻まれ…
【GM】 そして幸か吹こうか、大きいものがでることがなくなってしまいました。…腸内にいまだ、何かが巣食っている、そんな気がしてならないリーザです
【GM】  
【GM】 ランドリューフ戦記 【水魔の再誕】 Fin