21:04 (beemoon) 【オープニングフェイズ】
21:06 (bee_GM) あの、人獣事件を解決したあと。グランバルトたちは、王都に戻るべく、山道を歩いています。
21:07 (bee_GM) どうしてこんな所を歩いているかというと、前回の事件で凝り固まった肉体的、精神的な疲労を癒すために、ジーナが知っている山奥の秘湯を目指しているのです。
21:07 (bee_GM) そして。
21:08 (bee_GM) 【グランバルト】「あれか」と、彼の視線の先には、切れ込んだ谷底に広がる、もうもうと湯気を立てる巨大な温泉が見えました。
21:09 (bee_GM) 彼は、ジーナの提案にも珍しく嫌な顔もせず、ここまでほとんど無言でやってきました。
21:09 (B12_Flan) 【フラン】「わあ… 温泉なんて始めてだよ。」きゃっきゃと喜んでる
21:09 (B04_Tilsis) 【ティル】「へぇ?あれがオンセンっていうの?」ものめずらしげにー
21:11 (B01_Jeena) 【ジーナ】「ここならば王都からもそう遠くない。」以前来てからだいぶ立つが時間が止まったような山奥の村の様子に仮面の奥の目を細める
21:11 (bee_GM) あ、失礼。村ではないんだ。近くに村はあるけど
21:11 (bee_GM) 谷底に巨大な温泉だけがある。
21:12 (B01_Jeena) 温泉だけ?隠し湯みたいなものかな
21:12 (bee_GM) そうだね。地元の人しか来ない。それに
21:12 (B04_Tilsis) 【ティル】「うーん……面白いわね。こんなところがあるなんて。」
21:12 (B12_Flan) 仕切りとか脱衣所もないのかしら
21:12 (bee_GM) 雑魚モンスターとかもたまに出たりするから。
21:12 (bee_GM) 何もないよ!
21:13 (B12_Flan) 野ざらしなんですね…!
21:13 (B01_Jeena) 【ジーナ】「まあ少しだけ危険かもしれない」と、遅れて付け加えていますね
21:13 (B12_Flan) 【フラン】「ホントに地面からお湯が沸いてる… すごーい!」
21:13 (bee_GM) 【グラン】「……さて」つか、とグランは三人の前に出る。
21:13 (bee_GM) 【グラン】「……お前たち。先日の事件で懲りただろう?」と、横柄に言った。
21:14 (B12_Flan) きょとんとお兄ちゃんの顔を見る
21:15 (B04_Tilsis) 【ティル】「……あんた、何が言いたいってのよ。」
21:17 (bee_GM) 【グラン】「あんなのは別に珍しい話じゃない。この温泉はいい機会だろう。……まだ間に合う。命が惜しければ、尻尾を巻いて逃げるんだな」その声には、隠しきれない苛立ちと、怒りがあった。
21:18 (B04_Tilsis) 【ティル】「……何馬鹿いってんのよ。そもそもっ!あんたに命令される謂れはないわっ。」まっこうから向かい合って。
21:18 (B01_Jeena) 【ジーナ】「悪いが、グラン。わかっているだろう。少なくとも私には・・」そのいい機会はとっくに過ぎている、と静かに応じて
21:18 (B12_Flan) 【フラン】「そんなこと言ったって、その汚れた服洗濯するの誰ー?」怒りに気づいていないかのようににこにこと
21:19 (bee_GM) 【グラン】「ふん……」苛立たしげに唸ると、歩き出す……
21:19 (B01_Jeena) 炎上するグランの故郷の中で出会った日を思い返していましょう。一瞬だけ。
21:20 (B12_Flan) そのうしろにぱたぱたとくっついていく
21:21 (bee_GM) 【キャンプフェイズ:フラン】
21:22 (B12_Flan) では温泉の近くでお兄ちゃんを様子見
21:22 (B12_Flan) 【フラン】「 ………。」にこにことお兄ちゃんが動くのを待ってる
21:23 (bee_GM) フランの見ている前で、大して影にもならないような岩の後ろで服を脱ぐよ。
21:23 (bee_GM) 【グラン】「…………」そのまま、フランを一瞥して。装備からタオルだけ引っ張り出して、剣と一緒に岩の上に置く。
21:25 (B12_Flan) てててと岩に近寄って服を回収&袋から出した新しい服を設置
21:25 (bee_GM) なんだこの小動物w
21:26 (bee_GM) 【グラン】「…………」それにも一顧だにせず。気にしたら負けかなと思って。裸のまますたすたと、タオルと剣だけ持って温泉に。
21:26 (B12_Flan) 【フラン】「お兄ちゃーん! 着替え置いとくからねー! って、汚れすぎ… 洗うほうのみにもなってよー!」
21:27 (bee_GM) 【グラン】「……勝手に洗え。お前は入らないのか」と、珍しくまともに声を掛けてくる。
21:27 (B12_Flan) ライフラインと細やかな気配りをー
21:28 (bee_GM) おっけい。判定どうぞ
21:28 (B12_Flan) はっ
21:28 (B12_Flan) 世話女房もあった…!
21:28 (B12_Flan) 修正マイナスの世話でー
21:28 (bee_GM) 3コンボね、OK
21:29 (B12_Flan) 2d6+2
21:29 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+2 = [5,1]+2 = 8
21:29 (bee_GM) 2d6+4 奥手
21:29 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [4,6]+4 = 14
21:29 (bee_GM) TPどうぞ
21:29 (B12_Flan) はーい
21:29 (B12_Flan) 7点かな…?
21:30 (bee_GM) 6じゃない?
21:30 (bee_GM) 初期+1を入れれば7
21:30 (B12_Flan) エプロンの修正が…!
21:30 (bee_GM) あ、これ修正書いてないのか。OK
21:31 (bee_GM) キャラシのアクトの部分にも追加してしまうと便利ですよ
21:31 (B12_Flan) 了解ですー
21:31 (bee_GM) ではRPどうぞ。
21:32 (B12_Flan) はっ、宣言してからロールでしたっけ…
21:32 (bee_GM) いやいや
21:32 (bee_GM) ロールしてから宣言、でコンボの分はいいのだがw
21:32 (bee_GM) 続きしよう、とw
21:32 (B12_Flan) なるほどw
21:33 (B12_Flan) 【フラン】「 ~♪」鼻歌交じりに汚れた服を丁寧にたたんで袋につめる
21:33 (bee_GM) 【グラン】「……勝手にしろ」
21:34 (bee_GM) その様子に呆れて。
21:34 (bee_GM) 別にフランは、兄の全裸みても平気だよね
21:34 (B12_Flan) 【フラン】「勝手にしてますよ~。」ついでに準備しやすいように剣やら何やらをセッティング
21:35 (B12_Flan) 全然よゆーですね!
21:35 (bee_GM) 【グラン】「……お前も、少しはゆっくりしたらどうだ」
21:35 (bee_GM) 【グラン】「まさか、……平気だったわけじゃないだろ」
21:36 (B12_Flan) 【フラン】「あ、もしかして心配してくれてる?」もそもそと服を脱ぎながら
21:36 (bee_GM) 【グラン】「ふん……」じゃぶじゃぶと行ってしまおうと。
21:38 (B12_Flan) 【フラン】「 …どお?気持ちいい?」ひたひたと足音を立てながら温泉に入っていく
21:38 (bee_GM) 【グラン】「……傷に染みる」
21:39 (bee_GM) フランが近寄ってくると、少しだけ眉をひそめる。そういえば、妹の裸を見るのは久しぶりだ。
21:40 (B12_Flan) 【フラン】「え、大丈夫…? って、わわ、まだ血が出てるじゃん!」わたわたと近寄ってお湯から腕を上げさせる
21:40 (bee_GM) 【グラン】「大した傷じゃない。それに、お前も怪我をしてるだろう」苦笑。
21:41 (B12_Flan) 久しぶりに見ても大してかわってない裸…!
21:42 (B12_Flan) 【フラン】「私は手当てしたから大丈夫なの! それより… もー、ばい菌入ったらどうするの?」言いながらぺろぺろと傷を舐める
21:43 (bee_GM) 【グラン】「……その癖、まだ治っていないのかよ」苦笑。けれど、少し懐かしく想いながら、されるがままに。
21:44 (B12_Flan) 【フラン】「汚したままお風呂はいると血がいっぱい出ちゃうんだから。」んーっと手を伸ばして塗り薬と大型の絆創膏を出す
21:44 (B12_Flan) (袋から
21:45 (B12_Flan) そして汚した→怪我した…!
21:45 (bee_GM) 【グラン】「お前みたいなやわな身体してねぇよ」と、二人きりのときの気の置けない口調に。
21:46 (B12_Flan) 【フラン】「頑丈でもばい菌はそんなのよゆーなんだよ。 ……はい、できた。」手際よく応急手当を済ませる
21:47 (B12_Flan) たゆまぬ努力とファーストエイドリップ…!
21:47 (bee_GM) まあ、毎度のことっぽいしな……
21:47 (bee_GM) 両方OK
21:48 (B12_Flan) 愛情ですー
21:48 (B12_Flan) 2d6+5
21:48 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+5 = [5,2]+5 = 12
21:48 (bee_GM) 2d6+6 鈍感
21:48 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [3,5]+6 = 14
21:48 (bee_GM) TPどうぞw
21:48 (B12_Flan) つれなーい!w
21:48 (bee_GM) あれ、ていうかコンボボーナスは?
21:49 (bee_GM) まあ+2してもだめですが!
21:49 (B12_Flan) 全部+しても…!w
21:49 (bee_GM) 【グラン】「…………」そのまま、フランに治療されると、立ち上がる。
21:50 (bee_GM) 【グラン】「…………見回りだ」と、そのまま歩いて行ってしまう。
21:50 (B12_Flan) 【フラン】「わっ!? どうしたの?」しぶきがかかる
21:50 (B12_Flan) 【フラン】「えー! 裸のままだと風邪引くよ!」
21:50 (bee_GM) 照れくさくなったのと、悲しくなったのと、たぶん両方。
21:51 (bee_GM) 温泉の濛々とした湯気の中に消えて……消えていい?w
21:51 (B12_Flan) どーぞw
21:51 (bee_GM) ではシーン終了かな。
21:51 (B12_Flan) はーい
21:51 (bee_GM) では
21:51 (bee_GM) 【キャンプフェイズ:ティルシス】
21:52 (B04_Tilsis) では、ティルシス。
21:53 (B04_Tilsis) 温泉の一角、そこに入って温まっています。そこに現れてください(
21:53 (B04_Tilsis) 【ティル】「ふー……中々いいものねー…」と、のんびりしきっています。
21:53 (bee_GM) ういさw
21:54 (bee_GM) では、湯気の向こうから……じゃばじゃばと誰か(あるいは何か?)がやってくる音が聞こえる。
21:54 (B04_Tilsis) 【ティル】「……んー…」盗賊が低いので聞こえませんってかきにしていません。
21:54 (B04_Tilsis) 誰か他の人もいるのかなー?ってのんびりしてます(
21:55 (bee_GM) 【グラン】「お前か」湯気を切って現れたのは、見慣れた姿。全身をみっしりと覆う筋肉に包まれた男。その身体には、たくさんの傷が走っている。
21:55 (bee_GM) もちろん全裸。
21:57 (B04_Tilsis) 【ティル】「……へっ……きゃーっ!?」近づいてくるまで気づかず……ほんの、腕が届くような距離で――
21:57 (B04_Tilsis) どん!突き飛ばしちゃう((
21:57 (bee_GM) 【グラン】「五月蠅い」と呟くが、突き飛ばされ…「っと!」慌てて手を突くが、
21:57 (bee_GM) 尖った岩に引っかけて、浅く手筋を切ってしまう。
21:57 (B04_Tilsis) その拍子に。お湯のせいでバランスを崩して……グランに倒れ掛かってしまおう(
21:58 (bee_GM) では反射的に、ティルの身体に手を回して支えよう。
21:58 (B04_Tilsis) 二人して体勢を崩し、抱きとめられ………押し付けられる体。まだ小さいものの、柔らかなふくらみが押し当てられて…
21:58 (B04_Tilsis) 不可抗力の事故、を(
21:58 (bee_GM) おっけぃ!
21:59 (B04_Tilsis) 2d6+3 色香
21:59 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6+3 = [3,6]+3 = 12
21:59 (B04_Tilsis) う、高い(
21:59 (bee_GM) 2d6+2 頑固
21:59 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+2 = [6,3]+2 = 11
21:59 (bee_GM) LPどうぞ~
21:59 (B04_Tilsis) 2
21:59 (B01_Jeena) ではここで。
21:59 (B04_Tilsis) 2点もらいつつ。
22:00 (bee_GM) 【グラン】「……女だな」と呟く声が聞こえる。
22:00 (B04_Tilsis) 【ティル】「あたた……」と、抱きとめられているのに気づき、顔を赤らめて…「って、きゃっ!?…ば、馬鹿っ!何いってんのよ、あんたは!」
22:01 (B04_Tilsis) と、紅くなって押し離し……その拍子に、ふくらみやその頂点が目に入ってしまったりしつつ……
22:01 (bee_GM) 【グラン】「お前が押し倒して来たんだろ?」と、皮肉気に見上げる。
22:01 (B04_Tilsis) 【ティル】「そ、そんな訳ないでしょ!事故に決まってるじゃない!馬鹿っ!……って、あんた…手、…怪我してる?」
22:02 (bee_GM) 【グラン】「大した怪我じゃない」と、見ればすぐに、いま怪我したことは分かる。
22:03 (B04_Tilsis) 【ティル】「大したことなくても怪我は怪我でしょ!勇者が自分の体気にせずにどーすんのよ!」と、手をとって
22:03 (B04_Tilsis) 【ティル】「ええい、仕方ないわね……」と、顔を近づけ……舌でその傷口を舐めとる。
22:03 (bee_GM) 【グラン】「……フランの真似か?」失礼なことをw
22:04 (B04_Tilsis) 【ティル】「そ、そんなわけ、ないでしょ!」といいつつ、処置して…
22:04 (B04_Tilsis) <ファーストエイド・リップ><バカッ!>を(ww
22:04 (bee_GM) おっけぃw
22:04 (B04_Tilsis) …んー…心情的にはLPだが、ここはTPだ(笑)
22:05 (B04_Tilsis) マイナスで。
22:05 (B04_Tilsis) 2d6+6-2
22:05 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6+6-2 = [6,1]+6-2 = 11
22:05 (bee_GM) 能力値は愛情か?
22:05 (B04_Tilsis) っと、ですです。
22:05 (bee_GM) 2d6+6 鈍感
22:05 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
22:05 (bee_GM) LPどうぞw
22:05 (B04_Tilsis) …えええ(
22:06 (B01_Jeena) じゃあ一部始終見届けてから出ますね。成功したことだし。
22:06 (bee_GM) 【グラン】「……ふん。一応礼は言っておく」
22:06 (B04_Tilsis) 【ティル】「…ふんっ!怪我なんかされたら面倒だからに決まってるでしょ……」と、お湯の中に体を隠して。
22:07 (B01_Jeena) ではそこに「ティル?どうした?」と聞き覚えの或る声がして。
22:07 (B04_Tilsis) 【ティル】「…あ?ジェルソミーナさん…?」と。
22:07 (bee_GM) 【グラン】ティルに何か言おうとしたが、その声を聞いて、立ち上がる。
22:08 (B01_Jeena) 薄れる湯気の向こうから肉付きのいい白い肌の女体が見えて・・
22:08 (B01_Jeena) お湯をはじいて上を向く乳房はまるく、だが張りを感じさせて。その下のへそに向かうラインを雫が滴り・・
22:09 (B01_Jeena) わずかに、布だけがさらにその下を覆い隠している
22:09 (B12_Flan) 【フラン】「あ、あー! お兄ちゃん何やってるのー!?」ジーナの後ろから指差してる、全体的になだらかな体
22:09 (B01_Jeena) で、カメラが上がるんですが。
22:09 (bee_GM) グランすっげぇ逃げたいw
22:10 (B01_Jeena) 金髪はこぼれているけど口元だけ出る髑髏の仮面のままで、二人の前に。
22:10 (bee_GM) 【グラン】「……ジーナ。こんな時ぐらい、仮面取ったらどうだ」あきれ顔で。立ち上がってるので全部見えてます。
22:11 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・仲がいいのはいいことだな。昼間の言葉は照れ隠しと言うところか、グラン」わずかに見える仮面から除く口元がへの字に。
22:11 (bee_GM) 【グラン】「何のことだ?」
22:11 (B01_Jeena) 【ジーナ】「それともテイルのほうから誘われた、と?」<いじわる攻撃>して冷たく笑っていますね。
22:11 (B01_Jeena) 半裸で。
22:12 (B04_Tilsis) 【ティル】「……え、って、ち、違います!ジェルソミーナさんっ!こ、これはっ、その!」ばくばくばく
22:12 (bee_GM) うむ、いいでしょう。判定どうぞ
22:12 (B01_Jeena) 能力は世話で。
22:12 (B04_Tilsis) グランをにらんでおきましょう(
22:12 (B01_Jeena) 2d6+5
22:12 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+5 = [1,6]+5 = 12
22:12 (bee_GM) あれ、逆恨み!?
22:12 (bee_GM) 2d6+4 奥手
22:12 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [3,1]+4 = 8
22:12 (bee_GM) LPどうぞ!
22:13 (bee_GM) 【グラン】「ああ。こいつに押し倒されたんだ」
22:13 (B01_Jeena) いただきます
22:13 (bee_GM) 悪びれもせずティルを指す
22:13 (B01_Jeena) 【ジーナ】「な・・・!」そんな娘だと思ってなかったのでちょっと動揺して。
22:13 (B12_Flan) 【フラン】「お、お… お兄ちゃんのばか!えっち! 覗きってレベルじゃないよー!!」横合いからばちーん!
22:13 (B04_Tilsis) 【ティル】「なっ!ち、違うでしょ!あんたがいきなり来るから突き飛ばしちゃっただけよ!」
22:13 (B01_Jeena) ティルとグランを見比べるが、フランに先を越されて何がなんだか(笑
22:13 (B04_Tilsis) ふんすがー!
22:14 (bee_GM) 【グラン】「だ……だから俺のせいじゃねえ!」がつん、とフランの頭にちょっぷ!
22:14 (B12_Flan) 【フラン】「に゛ゃー!?」撃墜
22:14 (bee_GM) 【グラン】「ふー、すー……。ふん」
22:14 (B12_Flan) き、教育的指導を…
22:14 (bee_GM) 指導……?w
22:15 (bee_GM) ま、まあいいでしょうw
22:15 (B04_Tilsis) されたよn
22:15 (B12_Flan) 撃墜されたから無理かしらw
22:15 (B01_Jeena) えっちなのはいけないと(ry
22:15 (B12_Flan) ありがとうございますー
22:15 (B12_Flan) 世話ですー
22:15 (B12_Flan) 2d6+5
22:15 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+5 = [3,1]+5 = 9
22:15 (bee_GM) 2d6+4 奥手
22:15 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [3,4]+4 = 11
22:15 (B12_Flan) おう…
22:15 (bee_GM) TPどうぞ……
22:15 (B04_Tilsis) …おう(
22:15 (B12_Flan) やっぱり撃墜されただけはある…w
22:16 (bee_GM) では、ティル、シーン終了で良い?
22:16 (B04_Tilsis) 【ティル】「……ふん、この、ばかっ……」フランに絡まれてる姿を見て……何故にか、むっとしてしまう((
22:16 (B04_Tilsis) 頬を少し膨らませて、にらみつけ…でも、どこか眦は下がったまま。<ばか…>使えます?(
22:16 (bee_GM) TP3はある?
22:17 (B04_Tilsis) …て、あ。TP3か。1しかねーからダメだな(ひさげ
22:17 (bee_GM) ……が、がんがれ
22:17 (B04_Tilsis) 【ティル】「…ふんっ!」と機嫌悪げにシーンアウト(笑)
22:17 (bee_GM) ではw
22:17 (bee_GM) 【キャンプフェイズ:ジーナ】
22:19 (B01_Jeena) 少し離れた即席の脱衣所のそばで、鍛えている割には豊満な肢体を湯船につけてくつろいで・・いない
22:20 (B01_Jeena) ぶくぶくと首までお湯に浸かりながら「テイルから誘った。・・しかしあの娘がそんな娘には、するとやっぱり・・」と先ほどのシーンを思い返して。
22:21 (B01_Jeena) こぼれる金髪が湯船に広がり、ぐらりと仮面の重みで頭が前に。
22:22 (B01_Jeena) 【ジーナ】「む、ぶぶ・・・っ!」鎧の呪いで身体が思うように動かずに。
22:23 (B01_Jeena) 思わず仮面と言うよりヘルムに手をかけて・・「ぷはっ・・し、死ぬかと思った」目元だけが湯気に隠れて見えないが濡れた金髪が肌にまといついているだけになる
22:23 (bee_GM) 【グラン】「死ぬかと思った……じゃねえよ」不意に声が掛かる。
22:24 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・あの子ももう子供ではないんだなあ」しみじみと言いかけたところで。
22:24 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・誰、いや・・!」思わず立ち上がって。
22:25 (B01_Jeena) 胸ではなくて、とっさに顔を隠すが、当然腰の布もほどけて。
22:25 (bee_GM) 【グラン】「ふん……あんたが嫉妬するなんてな」苦笑……全部聞かれていたらしい。
22:26 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・何を言っている。まあ、確かに・・」十年も育ててきた弟子が小娘の尻に敷かれているのを見ればな、と硬い声で。
22:26 (B01_Jeena) だが全裸。
22:27 (bee_GM) 【グラン】「……ふん」そういえば、女というものを教えて貰ったのも彼女だったな、と、じろじろ見て。
22:27 (B01_Jeena) 先ほどは湯煙に隠れていた柔らかい脂肪に覆われた白い肌がお湯に濡れて、てらてらと光り。
22:28 (B01_Jeena) この状況で目元だけを隠すのにどんな意味が、と思うほどにさらけ出された身体はへその下の茂みまであらわになり
22:28 (bee_GM) 【グラン】「……ジーナ」珍しく。「あいつらを、説得できないか」と。その、女の腰にたくましい腕を回しながら、そう言った。
22:29 (bee_GM) 懇願するような調子は、弱気にも思える。
22:29 (B01_Jeena) と、震える濡れた唇が意思とは裏腹にその場しのぎだけの言葉をつむぎだす「・・説、得?」
22:30 (B01_Jeena) と、一応アクト宣言だけ先に。
22:31 (bee_GM) ういさ
22:31 (B01_Jeena) (顔以外は見られても)<気にしてないよ?>+<濡れた唇>の色香+1で。
22:31 (B01_Jeena) ここで失敗すると沽券に関わるので一応(え
22:31 (bee_GM) +2ですね。どうぞ
22:31 (B01_Jeena) 2d6+7
22:31 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+7 = [3,6]+7 = 16
22:32 (bee_GM) 2d6+2 鈍感
22:32 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+2 = [6,2]+2 = 10
22:33 (bee_GM) 【グラン】「……ああ。お嬢ちゃんは、お前の言うことなら聞くだろう? フランも」と、ジーナの女らしい身体を抱き。「俺と二人で言えば、聞くと思う」
22:33 (B01_Jeena) 【ジーナ】「どういう、ことだ・・?」顔を隠す手が震えたまま、先を促し、抗うことも忘れる
22:33 (bee_GM) 【グラン】「……お前と二人きりで旅をしたい、なんて言ったら、嬉しいか?」しかし、その言葉に甘い響きはなくて。
22:34 (B01_Jeena) 【ジーナ】「それは・・いや」それが自分の望みで、多分誰にとっても一番いいはずなのに。
22:34 (bee_GM) 【グラン】「嫌なのか?」男の身体が、ジーナを抱き、包む。
22:35 (B01_Jeena) なぜだか、彼の側からフランやティルのような人間がいなくなることを危惧する自分に気づく
22:35 (B01_Jeena) 【ジーナ】「いや、イヤじゃない。だが・・」たぷんと、豊かな胸を胸板で押されながら
22:36 (bee_GM) 【グラン】「……ふん。じゃあいい」と、腕をほどき、身体を離す。
22:36 (B01_Jeena) (もしその道を選べば、お前は本当に・・私と同じものになってしまう)と。
22:37 (B01_Jeena) 【ジーナ】「あ・・。」どこか呆けたような声でそれを見て
22:37 (bee_GM) ざばぁ、と湯から上がる。
22:37 (bee_GM) 【グラン】「少しのぼせた」
22:38 (B01_Jeena) 【ジーナ】「グラン・・」それを見送るようにゆっくりと仮面を握って。
22:39 (bee_GM) グランは剣を取ると、裸のまま。歩いて行ってしまう。
22:40 (bee_GM) こんなもんかな?
22:40 (B01_Jeena) 【ジーナ】「私は・・」突きつけられた問いに答えを見出せないまま、仮面を被ることでそれを誤魔化して
22:40 (B01_Jeena) ですね。以上で
22:40 (bee_GM) では、新しく手に入れた《身勝手》を発動してみましょう
22:41 (bee_GM) 【キャンプフェイズ:グラン】
22:41 (bee_GM) 全員参加でお願いします。
22:41 (B12_Flan) はーい
22:41 (bee_GM) グランはどこかに行ってしまいましたが、三人は、その足跡の脱衣所の近くで、ゆったりと温泉につかっています。
22:42 (bee_GM) 三人それぞれ、色々とグランには思うところができたのですが……
22:42 (B04_Tilsis) 【ティル】「……ふん…」ぶくぶく。
22:43 (B12_Flan) 【フラン】「ふわー… きもちい…… 」縁に頭を乗せてぷかぷか
22:43 (B01_Jeena) 【ジーナ】「でもあれは別に私を選んだとかそういうことではなくて。むしろ厄介払いに利用されている・・?」まだやくたいもないことを考えて堂々巡り
22:43 (B01_Jeena) そんな子じゃなかったのに、とお姉さん気分で。
22:43 (bee_GM) なんという温度差w
22:44 (bee_GM) 何か話し合ったりしませんか!w
22:44 (B04_Tilsis) 【ティル】「……あ、あの、その。ジェルソミーナさん。さっきのは本当に事故ですからねっ?」と、(。。
22:45 (B12_Flan) 【フラン】「ホントに? お兄ちゃんに変なことされてない?」聞かれてもないのに首を突っ込む
22:46 (B04_Tilsis) 【ティル】「さ、されてないわよっ!……だ、大体、そんなことされそうになったら勇者の資格なしと言って頭きり飛ばすわよ!」(がーっ!
22:46 (B12_Flan) 【フラン】「よかったー。 お兄ちゃんが犯罪者になったらどうしようかと思っちゃった。」
22:47 (B04_Tilsis) 【ティル】「……ふんっ…」またぶくぶくぶく
22:47 (bee_GM) そのとき。
22:48 (bee_GM) 「ぎゃひぃっっ!!」「わほぉぉっっ!!」
22:48 (B01_Jeena) 【ジーナ】「あ、ああなんだ?」上の空で振り向いて
22:48 (bee_GM) という声が……聞こえてきます。
22:48 (bee_GM) それと同時に、剣が打ち鳴らされる音。
22:48 (B12_Flan) 【フラン】「わわっ!? なになに!?」
22:49 (B01_Jeena) 【ジーナ】「モンスターか!?ということは・・いかん!」着るものもとりあえず剣を掴んで
22:49 (B12_Flan) 慌ててきょろきょろと周りを見回す
22:49 (bee_GM) 脱衣所から少し上がったところ、小さな林になっているあたりです。
22:49 (B01_Jeena) マントを羽織るとそちらへ駆け出そう「お前たちは装備を整えてから来い、先に私が行く」
22:50 (B01_Jeena) 【ジーナ】「それと、もしグランを見かけたら声を掛けておいてくれ」襲われているのがあいつとも限らないからな、と言いつつそちらへ向かおう
22:50 (bee_GM) ほかの二人はどうする?
22:51 (B12_Flan) 急いで服を着てダッシュです
22:51 (B04_Tilsis) 【ティル】「はいっ!」装備ととのえていくですー
22:51 (bee_GM) ふむ、では。
22:51 (bee_GM) ジーナが裸にマント1枚で林に駆け込むと
22:52 (bee_GM) グランが、全身に獣の血を浴びて立っていた。裸のまま、手には父親の剣。そして、足下には獣人の死体が二つ。
22:52 (B01_Jeena) 【ジーナ】「グラン・・」何を考えている、と思いながら逸る心で地を蹴り、そこへと辿り着く
22:53 (bee_GM) 【グラン】「フーーッッ…………」ぎらり、とジーナを、睨み付ける猫目……
22:56 (B01_Jeena) 【ジーナ】「グラン・・どういうつもりだ?」剣を抱えたまま問いかけてその様子に気づこう
22:56 (B01_Jeena) 【ジーナ】「まさか・・もう?早すぎる・・!」と侵食率が高まっているのを素肌で感じます
22:56 (bee_GM) では、ジーナは知っている。激しい戦闘で興奮状態に陥ったグランは、まるで魔物の類のようになる。しかし、
22:56 (bee_GM) 【グラン】「ジー…………ナ…………」彼女の身体を、かき抱く。
22:57 (bee_GM) 身体の火照りと強烈な興奮、それを叩き付ける女体を、強く。
22:57 (B01_Jeena) 【ジーナ】「あ・・」異常な状況にも関わらず、何度もそれを鎮めてきた記憶から力が抜けて。
22:57 (B01_Jeena) マントをはらりと、地面に落とす
22:58 (bee_GM) そして、獣人の死体が転がるよこで、グランは濡れても居ないジーナの性器に、唾で濡らしただけの肉棒を宛がう。そして、
22:58 (bee_GM) 串刺しにした。
22:59 (B01_Jeena) 【ジーナ】「ん・・!」濡れてもいないそこは、だがグランの猛るそれを受け容れて。
22:59 (B01_Jeena) 痛みを覚えながらマントを背に覆いかぶられて、その身体でグランを受け止める
23:00 (bee_GM) ジーナのことなど何も考えていない動き。ただ、女の穴を貪り、精を吐き出そうと。
23:00 (B01_Jeena) 【ジーナ】「だ、駄目だ。すぐに二人が・・でも、んううっ・・!?」その乱暴なただメスとして欲望を叩きつけられる行為に、しかし身体は徐々に反応して
23:01 (bee_GM) 【グラン】「ジーナ…………、すまん」小さく、呟き、腰を叩き付ける。そして
23:01 (B01_Jeena) けだもののように腰を振るグランに流されるようにゆっくりと腰を合わせて、秘洞は潤み射精を促すように絡み付いていく
23:01 (bee_GM) ジーナが慣れるよりも早く、トクトクとその奧に流し込んでいった。
23:02 (B01_Jeena) 【ジーナ】「グラン・・だ、大丈夫だ、それよりはやく・・く、ん――!」脚を突っ張らせて子宮で射精を受け止めながら。
23:02 (B04_Tilsis) 【ティル】「ジェルソミーナさんっ!」と遅れてたどりついて……「…っ…!」
23:02 (B01_Jeena) いつの間にかグランの背に腕を回して・・その声にびくりと震える
23:03 (B04_Tilsis) その様子に驚き、頬赤らめ……強い怒りと…何故か、少し悲しくなって…それに、混乱しているようで。
23:03 (B01_Jeena) 【ジーナ】「テイル・・違う、これは・・」何が違うのか、と一気に頭が冷えて
23:03 (bee_GM) 【グラン】「かふ、っっ……」その射精に、全然足りては居ないのだが、辛うじて理性を取り戻す。
23:03 (B04_Tilsis) 【ティル】「…あんた……何を…っ…!」怒ったような声、紅い顔で…
23:03 (B12_Flan) 【フラン】「あ、あはは…。」困ったような笑いを浮かべながらティルの横に
23:03 (bee_GM) 【グラン】「が、ぁっっ……!!」周囲に広がる血の香り……
23:03 (B01_Jeena) 裸のグランと絡み合いまぐわって、精液を膣からこぼしている自分の姿に気づいて
23:04 (bee_GM) ティルとフラン、魔力判定を。
23:04 (B12_Flan) はーい
23:04 (B12_Flan) 2d6+5
23:04 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+5 = [4,6]+5 = 15
23:04 (bee_GM) 魔法力、ね。失礼
23:04 (B01_Jeena) 【ジーナ】「しまった・・まだ!?」組み敷かれたまま、グランを押しとどめるようにすがりついていよう
23:04 (B12_Flan) 魔力じつはそこそこだぜ…!
23:05 (B04_Tilsis) 2d6+3 魔法力
23:05 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6+3 = [2,6]+3 = 11
23:05 (bee_GM) 10あれば分かるが……グランの身体から、魔族の気が迸っている。
23:06 (bee_GM) 【グラン】「すまん、ジーナ、すまん……」呟きは、二人にも聞こえる。そして二人の見守る中、ジーナをさらに犯し出す。
23:06 (B04_Tilsis) 【ティル】「こんな、奴…っなんで…、こんなことをして……!…っ…なに、これ…」と、激している最中に、それに気づいて…
23:06 (B01_Jeena) 【ジーナ】「すまない、二人とも。・・少し、外していてくれるか?」顔を背けながら
23:07 (B12_Flan) 【フラン】「 ………。」困ったように笑いながら、黙ったまま立っている
23:07 (B01_Jeena) ・・これが、力のためにグランの払った代償なんだ、と告げて。男を抱きしめて。
23:07 (B04_Tilsis) 【ティル】「…ジェルソミーナさん………っ! …ふんっ……!」何故にか……僅かに涙が溢れて…そのまま駆けさっていく。
23:08 (bee_GM) 【グラン】「…………」ちら、と、一瞬。申し訳なさそうにフランを見た。
23:09 (B12_Flan) 【フラン】「 ……あっ、私もだった。」てへへ、と笑ってティルに送れてぱたぱたと去っていく
23:09 (B01_Jeena) 二人の声をその背に受けて、惨めな気分のまま、ただ欲望を吐き出させるためにグランと繋がって・・
23:09 (bee_GM)  
23:09 (bee_GM)  
23:09 (bee_GM) そして、二人のもとにグランとジーナがやってきます。
23:11 (bee_GM) 【グラン】「……見たな。……もう一度言う。お前らは帰れ。命が惜しければな」
23:11 (B04_Tilsis) 顔を背けたまま……だが、しかし……
23:12 (B12_Flan) 【フラン】「えー!まだ言うのー!? 洗濯とかご飯とかどーするつもりなのー!」ぶーぶーと文句を言う
23:12 (bee_GM) 【グラン】「……お前な」>フラン
23:13 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・そんな言い方はないだろう。二人はお前を心配して・・」と眼を伏せながら
23:13 (bee_GM) 【グラン】「……あんなのを見て、まだついてくる気なのか、フランベル」
23:14 (B12_Flan) 【フラン】「ま、まああんなのは禁止だけどね!」腕を組んで怒ってるまねをする
23:14 (B04_Tilsis) 【ティル】「……私だって、嫌だけど、教団からのだから……仕方ないじゃない!」いまだ激したまま……強く食ってかかろう。
23:15 (bee_GM) 【グラン】「俺は……」ちら、とジーナを見て「……お前たちを犯すことが無い、とは言い切れん」口調は、我知らず苦渋に満ちている。
23:16 (B04_Tilsis) 【ティル】「……ふんっ!あんたに襲われそうになったら切って捨ててやるわよ!勇者の資格なしってことでね。今のまま帰ったらお父様に見つかっちゃうし…仕方ないのよ…」
23:16 (B12_Flan) 【フラン】「禁止ったら禁止ー! 私が見張るんだから!」
23:16 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・そういうことだ。それでもいいなら好きに・・するといい」言葉も無く罪人が裁きを待つように項垂れています
23:18 (bee_GM) 【グラン】「……」少しだけ。胸のうちに暖かいものが灯った。
23:18 (bee_GM) 【グラン】「……ティル。フランベル。本当にいいのか?」
23:18 (B04_Tilsis) 【ティル】「……ふんっ。…仕方ない、でしょっ…」顔を背けたまま、どこか拗ねたように言う。(。。
23:19 (B12_Flan) 【フラン】「お兄ちゃんは目を放すとすぐだめになるから心配なんだよ。」腕を組みながら偉そうに
23:19 (bee_GM) 【グラン】ちら、とジーナを見る。
23:21 (B01_Jeena) 【ジーナ】「止めても仕方ない。・・それはもう、わかっているだろう?」そう言ってようやくわずかに苦笑して
23:22 (bee_GM) 【グラン】「……分かった、分かったよ」と。まずはティルに……右手を、差しだそう。
23:22 (B04_Tilsis) 【ティル】「……何よ。」
23:22 (bee_GM) 【グラン】「握手ぐらい知ってるだろう」
23:24 (B04_Tilsis) 【ティル】「…ふんっ。……」顔を赤らめてそむけたまま、「…知ってるけど、……したことはないわ。」呟きながら、手を乱暴に差し出す。
23:25 (bee_GM) その手を取って。がっし、と握手をする。力強い男の手だ。
23:26 (B04_Tilsis) 【ティル】「……ふん、だ。」……なんか、悪くない。…そう思って、どこか心が温かくなる感じがするのに何故か照れてしまい、顔をもっと隠して…
23:26 (B04_Tilsis) 《初めての実践》なんて使える?(
23:26 (bee_GM) いいでしょうw
23:26 (B04_Tilsis) 2ar+3 神秘
23:26 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D+3 = [6,4]<最大値出現数:1>+3 = 13
23:26 (B04_Tilsis) …うわぁん((
23:26 (bee_GM) なんじゃこれw
23:26 (bee_GM) いや、一応あってるのか
23:26 (bee_GM) 2d6+4 馬鹿
23:27 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [6,1]+4 = 11
23:27 (bee_GM) んー
23:27 (B12_Flan) アリアン用のダイスですねw
23:27 (bee_GM) 空気読んで失敗しよう(あれ
23:27 (bee_GM) 《つれない態度》を使って失敗。
23:27 (B04_Tilsis) ありがたいけど腑におちn では、TPいただきます
23:27 (bee_GM) 【グラン】ティルのそんな態度に構うことなく、今度は、「フラン」を、手を差し出す。
23:28 (B04_Tilsis) 【ティル】「…む」その様子に、少し拗ねた様相になって。
23:28 (bee_GM) と、手を差し出す。
23:28 (B12_Flan) むむ?(やや混乱
23:29 (bee_GM) 【グラン】「……フランベル」と、ティルにしたのと同じように、手を差しだそう。
23:29 (B12_Flan) 【フラン】「もー、改まってどうしたの?」言いながらもにこにこと差し出された手を取る
23:30 (bee_GM) 【グラン】「……」てし、と左手でフランにちょっぷ。
23:31 (B12_Flan) 【フラン】「 ……ふふ、二度もだまされないんだから。」ひょい、とそれを軽く避ける
23:31 (bee_GM) しかし、何度か。兄の大きな手がフランの手を握り、上下した。
23:31 (B12_Flan) 阿吽の呼吸ー!
23:31 (bee_GM) OKw
23:31 (B12_Flan) 2d6+5
23:31 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+5 = [4,4]+5 = 13
23:32 (bee_GM) 2d6+4 奥手
23:32 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [3,2]+4 = 9
23:32 (bee_GM) お、LPどうぞ~
23:32 (B12_Flan) よーやくLPがw
23:32 (bee_GM) 【グラン】「……生意気なやつ」
23:32 (bee_GM) 呟くように言うと、手を離す。
23:33 (bee_GM) それで、グランは……ジーナに向き直ると、少しだけ、ほんの少しだけ照れくさそうに、手を差し出した。
23:34 (B01_Jeena) 【ジーナ】「私もか?ああ・・そうだな」と今は迷うことなくその手を取る
23:35 (bee_GM) では、以上でキャンプフェイズ終了でよろしいでしょうか?
23:35 (B12_Flan) OKですー
23:35 (B01_Jeena) 【ジーナ】「大きいな。・・グラン」小さな声で囁いてその手を取ります。
23:35 (B04_Tilsis) OK-
23:35 (bee_GM) そのときです。
23:36 (B01_Jeena) あの時私の差し出した手を取ったのはお前だと思っていたが・・それは逆だったのかもしれない、と呟いて。
23:36 (B01_Jeena) 手を離しましょう
23:36 (bee_GM) あ、ごめんw
23:36 (B01_Jeena) OK~
23:36 (bee_GM) 【グラン】「……よろしくな、ジーナ」と、軽く二の腕を叩いて離れていこう。
23:36 (bee_GM) そのときです。
23:36 (bee_GM) 全員、知力判定。
23:37 (B12_Flan) むむ
23:37 (B01_Jeena) 2d6+1
23:37 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+1 = [6,6]+1 = 13
23:37 (B12_Flan) 2d6+3
23:37 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+3 = [1,3]+3 = 7
23:37 (B04_Tilsis) 2d6
23:37 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6 = [4,5] = 9
23:37 (bee_GM) ジーナさん……w
23:37 (B04_Tilsis) 失敬。12
23:37 (B04_Tilsis) って、おおう(
23:37 (bee_GM) 不意に、足下が振動をはじめ……
23:37 (B12_Flan) 大回転ですw
23:37 (bee_GM) 【グラン】「こ、これは……ッッ!! しまッ!!」
23:38 (bee_GM) 強烈な、邪悪な魔力が、谷の中に、吹き出すように溢れ出します――!!
23:38 (bee_GM) グランバルトの放出した瘴気が……この谷に眠る何者かの封印を解いてしまったのだ、とジーナとティルには分かります。
23:39 (B12_Flan) 【フラン】「わわっ… な、なに!?」
23:40 (B01_Jeena) 【ジーナ】「判らん。だが、捨て置くわけにも行かない。魔力の源を探してくれ・・」と魔法の得意そうな人にw
23:40 (bee_GM) グランは、倒れそうなフランの身体を支えつつ……
23:41 (B04_Tilsis) 【ティル】「はいっ!」と、振動に耐えながら、周りを見回して
23:41 (bee_GM) 【グラン】「いや、ジーナ……探す必要は無さそうだぞ」と
23:41 (bee_GM) 谷の中央を指さした。
23:42 (B01_Jeena) 【ジーナ】「何?わかるのか」とそっちを見ましょう
23:42 (bee_GM) そこには。
23:42 (bee_GM) 赤黒い、巨大な肉が、鎮座していた。
23:42 (bee_GM) その肉から生えるのは、無数の触手。大きさは、直径10Mはあるだろうか。
23:43 (B04_Tilsis) 【ティル】「な、何っ…あれはっ!」
23:43 (B12_Flan) 【フラン】「わ、気持ち悪い…。」
23:43 (bee_GM) もう一度、全員、知力判定をどうぞ。
23:44 (B12_Flan) 2d6+3
23:44 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+3 = [1,6]+3 = 10
23:44 (B01_Jeena) 2d6+1
23:44 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+1 = [5,6]+1 = 12
23:44 (B04_Tilsis) 2d6+3
23:44 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6+3 = [6,6]+3 = 15
23:44 (B04_Tilsis) …お(
23:44 (bee_GM) 10あれば分かる。そいつは、あまりにも有名だ。「スポーン」と呼ばれる異形の生命体。
23:45 (bee_GM) 勇者の伝説にも頻繁に登場する、魔界からやってきた、欲望だけしかない肉の塊。
23:45 (bee_GM) ある伝説では……勇者は、この魔物に対してはじめて、聖剣を現出させたという。
23:46 (B12_Flan) 【フラン】「む、昔話じゃなかったの…!?」
23:46 (bee_GM) 【グラン】「…………」あまりの威容に、言葉を失う。
23:46 (B04_Tilsis) 【ティル】「…なんでこんなものが…!」
23:46 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・」ふう、と息を吐いて。
23:47 (B01_Jeena) 【ジーナ】「折角の湯治がとんだことになったが・・今日は、弁当も作ってきた。せめて無事に帰ってそれだけでも食べてもらわないとな」
23:47 (B01_Jeena) と自身ありげに言いますが。
23:47 (B01_Jeena) それがジーナのもっとも恐ろしい武器、<デッドリーレシピ>であることを。
23:47 (bee_GM) あれw
23:47 (B04_Tilsis) あるぇ(
23:48 (bee_GM) まあ、いいでしょうw
23:48 (bee_GM) というかアレね、グランは知ってるんだろうねw
23:48 (B04_Tilsis) 【ティル】「む、羨ましいわねっ。……まぁ、さっさと帰れるようにしましょう!」
23:48 (bee_GM) そしてティルは知らないんだろうねw
23:48 (B01_Jeena) 変則的ですがありがたく。では世話で。
23:48 (B01_Jeena) 2d6+5
23:48 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+5 = [5,1]+5 = 11
23:48 (bee_GM) 2d6+4 奥手
23:48 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [6,2]+4 = 12
23:48 (bee_GM) およ、TPどうぞ
23:49 (B12_Flan) ち(何
23:49 (bee_GM) フランが黒いー!?w
23:49 (B04_Tilsis) どす黒いー(
23:49 (B01_Jeena) 計算どおり!TP4でと。これで後は何とかなるか。
23:49 (bee_GM) んでは。
23:49 (bee_GM) 【グラン】「……仕方ない。いくか」
23:49 (bee_GM) と、三人の顔を見回すよ。
23:50 (B04_Tilsis) 【ティル】「ええ、行きましょう!」にこっ
23:50 (B12_Flan) 【フラン】「お兄ちゃん、気をつけてね。」
23:51 (B01_Jeena) 【ジーナ】「ああ、行くぞ・・!」剣を抜いて
23:51 (bee_GM) では……陣形は、フランだけ後衛でいいかな?
23:51 (B04_Tilsis) です、ね。
23:52 (B12_Flan) ですね
23:52 *bee_GM topic : [スポーン/ゾンビ][ジーナ、ティル][フラン]
23:52 (bee_GM) ヤツは。さっきグランが倒した獣人に触手を突き刺し、
23:52 (bee_GM) 肉の壁として操っています。
23:53 (B04_Tilsis) Σ
23:53 (bee_GM) それは、君たちの末路を想像するに……あまりある。
23:53 (bee_GM) では、フランからどうぞ。
23:53 (B12_Flan) は、私のほうが早かった
23:53 (bee_GM) こっちは2体ともIV4ですね
23:54 (B12_Flan) ではスポーンに眠り針をー
23:55 (bee_GM) あ、こいつバステ無効よ?
23:55 (bee_GM) 裏で言ったけど
23:55 (B12_Flan) ががーん
23:55 (bee_GM) ゾンビには効くけど。
23:55 (B12_Flan) じゃあゾンビに…!
23:56 (bee_GM) ほい、カモン!
23:56 (B12_Flan) 2d6+1
23:56 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+1 = [3,1]+1 = 5
23:56 (bee_GM) 3点貰って寝た
23:56 (bee_GM) では次はティル!
23:56 (B01_Jeena) ではテイル、行っちゃえー
23:57 (B04_Tilsis) スポーンに叩き込むか!
23:57 (B12_Flan) 【フラン】「やった… ちょっとは慣れてきた…?」
23:57 (B04_Tilsis) …あ、待てよ。
23:57 (B04_Tilsis) 旋風撃!サポートアタック!
23:57 (B04_Tilsis) LP2点消費!
23:57 (bee_GM) あ、範囲サポアは無しで!(つ
23:57 (bee_GM) どっちかにならいけますが!
23:57 (B04_Tilsis) …ちっ(
23:58 (B04_Tilsis) じゃあ、スポーンサイドに。…というか。渾身撃に変更。
23:58 (B04_Tilsis) せっかく寝てるんだ、起こすこともないや(
23:58 (bee_GM) ふいさふいさ
23:58 (B04_Tilsis) 3d6+11+5 正眼に構えられた大剣、頭を一閃、断ち割って…!
23:58 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 3D6+11+5 = [4,2,5]+11+5 = 27
23:58 (B04_Tilsis) 【ティル】「続きなさい!」
23:59 (B04_Tilsis) TPは3(しくしく
23:59 (bee_GM) 【グラン】「……フン!」
23:59 (bee_GM) どちゃり、と斬りつけるグランバルト。
23:59 (bee_GM) 視線が一瞬だけ交錯した。
23:59 (bee_GM) ダメージ出してくださいな
00:00 (bee_GM) スポーンはぬるぬると両方に受け流しをしよう
00:00 (B04_Tilsis) んと、勇気15のTP3の18かな?
00:00 (bee_GM) ですね、OK
00:00 (bee_GM) ざくり、と剣が突き刺さる。しかしそいつは何の痛みも感じたようには見えず……
00:00 (B04_Tilsis) 合った目。強気でふん、と微笑み返して…
00:00 (bee_GM) 無数の触手を、ブン回してくる。
00:01 (bee_GM) 旋風撃。前衛二人に。
00:01 (B04_Tilsis) きゃーー(
00:01 (bee_GM) 3d6+12 剛力+旋風撃>ティル
00:01 (kuda-dice) bee_GM -> 3D6+12 = [1,3,3]+12 = 19
00:01 (bee_GM) 3d6+12 剛力+旋風撃>ジーナ
00:01 (kuda-dice) bee_GM -> 3D6+12 = [3,2,1]+12 = 18
00:01 (B04_Tilsis) それは普通に受けよう。
00:01 (bee_GM) なんで出目が……w
00:02 (B04_Tilsis) で、<受け止められる体>を!(
00:02 (B04_Tilsis) あ、RPしてねー(
00:02 (bee_GM) 先にRPをお願いしますw
00:02 (B04_Tilsis) 【ティル】「っ…!」攻撃直後の一瞬の隙、触手に絡めとられ、投げ飛ばされて…!
00:03 (B04_Tilsis) 地面に叩きつけられそうになる…!
00:03 (bee_GM) 【グラン】「っ……!」その身体を、がっしりと受け止める男の身体。
00:03 (bee_GM) ジーナはどうする?
00:04 (B04_Tilsis) 【ティル】「っ……あ…グラン…っ、…あ、ありがとっ…」紅い頬、目を下げて、礼を言う0
00:04 (bee_GM) 判定どぞ~
00:04 (B04_Tilsis) <受け止められる(ry
00:04 (B01_Jeena) 普通に《受け流し》て4点貰いますね
00:04 (bee_GM) ういさっ
00:04 (B12_Flan) ムカッと嫉妬の呟きをー
00:04 (B04_Tilsis) 2d6+6 愛情ー
00:04 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6+6 = [4,1]+6 = 11
00:04 (bee_GM) 呟いてくれ!
00:04 (B12_Flan) (成功したら
00:04 (bee_GM) 2d6+6 鈍感
00:04 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [6,2]+6 = 14
00:04 (bee_GM) 駄目だ……w
00:04 (B04_Tilsis) 失敗かっ、よし(待
00:04 (bee_GM) 【グラン】「……ふん」ティルを下ろすと、剣を構えてジーナのほうへ
00:04 (B12_Flan) むーんw
00:05 (B04_Tilsis) TP2貰い。
00:05 (bee_GM) ではゾンビが……起きた。ジーナのターン。
00:05 (B04_Tilsis) 【ティル】「……」どきどきと高鳴る心臓。前にかばわれたときよりそれは強くて…
00:05 (B01_Jeena) ではこのタイミングですね。いちかばちか。
00:06 (B01_Jeena) 【ジーナ】「昔より余裕が出来たじゃないか、グラン。」以前ならお前は誰かを助けることも、助けられるのもよしとしなかったろう、と
00:06 (B01_Jeena) 背中合わせに告げて。
00:06 (bee_GM) 【グラン】「だとすれば……あんたのお陰かもな」
00:07 (B01_Jeena) 【ジーナ】「ああ。それを捨てることはないんだ・・私のように」そう言って、自然に笑みをこぼして
00:07 (B01_Jeena) <気まぐれの優しさ>OKかな
00:07 (bee_GM) OKです。
00:08 (B01_Jeena) 2d6+5
00:08 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+5 = [5,6]+5 = 16
00:08 (bee_GM) 2d6+4 奥手
00:08 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+4 = [5,6]+4 = 15
00:08 (B01_Jeena) やったか!ってあぶねえー
00:08 (bee_GM) LPどうぞっw
00:08 (B01_Jeena) LP12TP4。では、二人の剣に光が奔りつつも
00:08 (bee_GM) 暗黒剣か!
00:09 (B01_Jeena) ゾンビに攻撃しておきましょう。能動で《白皇撃》のみ。
00:09 (B01_Jeena) 2d6+18
00:09 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+18 = [1,4]+18 = 23
00:09 (bee_GM) あるぇ?w
00:09 (bee_GM) 光属弱点なので+5ダメで、瀕死
00:09 (bee_GM) ではフランのターンです。
00:10 (B01_Jeena) あ、まあいいか。止めしちゃえー。
00:10 (B12_Flan) はーい
00:10 (bee_GM) スポーンは、ジーナとグランの間に光った何かを、恐れたように震えた。
00:10 (B12_Flan) ふーむ、どうせダメージアップできないし普通に攻撃… ゾンビをー
00:11 (B12_Flan) 2d6+1
00:11 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+1 = [4,3]+1 = 8
00:11 (bee_GM) 死んだー!
00:11 (bee_GM) ぐちゃりとスプラッタに潰れた!
00:11 (B12_Flan) サポートアタックー!
00:11 (bee_GM) いや、そのダメで死んでるw
00:11 (B04_Tilsis) サポアは、同一対象への攻撃かと。
00:11 (B12_Flan) はっ
00:11 (B01_Jeena) コンスタントにトドメましたね
00:11 (B12_Flan) 同一だけか…!
00:12 (bee_GM) では、ティル!
00:12 (B12_Flan) 【フラン】「や、やった…?」
00:12 (B01_Jeena) 逆に他人の攻撃にも使えますから>フラン
00:12 (bee_GM) フランの撃ち出した針が……ゾンビを打ち倒す。
00:12 (B04_Tilsis) では、通常攻撃!サポアあわせてくれる?(笑)
00:12 (B04_Tilsis) (TP的意味合で。)
00:13 (B01_Jeena) あ、ターン変わってる?なら錬気分AP回復で。収支-2
00:13 (B12_Flan) OKですよー
00:13 (B04_Tilsis) 【ティル】「せい……っ!」先ほど、縦から叩き込んだ剣を今度は上に薙ぎ払う!
00:13 (B04_Tilsis) 3d6+11 通常攻撃ー
00:13 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 3D6+11 = [2,6,5]+11 = 24
00:13 (bee_GM) うけながしー!
00:14 (B04_Tilsis) サポアお願い!お兄ちゃんを促すとかでー(笑)
00:14 (B12_Flan) 人の攻撃にサポ系はロールが難しいですねw
00:15 (bee_GM) じゃあ勝手に行くかw
00:15 (bee_GM) ダメージだけくださいな
00:15 (bee_GM) 【グラン】「つぁぁぁっっ!!」
00:15 (B12_Flan) 【フラン】「お兄ちゃん、合わせるよ…!」兄の正面を守るように行く本物ナイフを放つ
00:16 (B12_Flan) 15+15で30かな…?
00:16 (bee_GM) ブゥ
00:16 (bee_GM) うけながしー!
00:16 (bee_GM) ぜぇぜぇ……
00:16 (B12_Flan) は、行く本物→幾本もの
00:16 (bee_GM) ではスポーンが、ジーナの「剣」を恐れて
00:16 (bee_GM) 身体ごと押しつぶそうとしてくる。
00:17 (bee_GM) 3d6+24 剛力渾身撃
00:17 (kuda-dice) bee_GM -> 3D6+24 = [1,6,5]+24 = 36
00:17 (bee_GM) 【スポーン】「オォォォォォォォンッッ!
00:18 (bee_GM) 雪崩のように、ジーナに襲い来る肉触手!
00:19 (B01_Jeena) これは受け流しのみで。14止めるも22貰いますね
00:19 (bee_GM) OK.では……ジーナのターン。
00:20 (B01_Jeena) これは仕掛けるしかありませんね
00:21 (B01_Jeena) 【ジーナ】「行くぞグラン。今は目の前のアレを打ち倒す!」後のことはすべてそれからだ、と彼の手を取ると
00:22 (B01_Jeena) 二人の手に輝く幻の剣が生まれてくる
00:22 (bee_GM) 【グラン】「……ああ」その剣の色は、白と、黒。
00:22 (bee_GM) そしてそれが、まだらに混じり合い……長大な、灰色の剣が現出する。
00:22 (B04_Tilsis) 【ティル】「……やっぱり、あの二人……いけないいけない。…集中しなきゃ…」と、何か、呟きながら…首をふる。
00:23 (B01_Jeena) 【ジーナ】「これは・・私をまだ、必要としているのか」黒く輝く自身の剣を握り締めながら
00:23 (B01_Jeena) 【ジーナ】「行くぞグラン・・切り裂け、《エクスカリバー》!!」二人の手でそれを巨大な肉塊に、振り下ろす・・!
00:23 (bee_GM) 【グラン】「つぁぁぁぁっっっ!!!!」
00:23 (B01_Jeena) LP9点消費でTP4で発動です。
00:24 (bee_GM) どぶり、と長大な灰色の剣が、肉塊に叩き込まれた――
00:24 (B01_Jeena) 40d6
00:24 (kuda-dice) B01_Jeena -> 40D6 = [1,3,2,4,4,2,6,5,1,6,5,1,4,4,4,3,2,3,6,2,3,3,4,1,3,2,4,6,4,2,6,4,3,6,2,2,5,6,1,1] = 136
00:24 (B01_Jeena) 《サポートアタック》も発動で+19して155、かな
00:24 (bee_GM) 【スポーン】「アォ、ォォォォォォォォォォォォンッッッ!!!!!!!!」
00:25 (bee_GM) 136点と19点。それぞれに受け流し。少しだけ、やつの粘液が威力を削ぐ。それが……
00:25 (bee_GM) まっぷたつにされても。果たしてスポーンは、まだ、生きていた。
00:26 (B12_Flan) 【フラン】「な、なんてしぶといの…。」
00:26 (bee_GM) しかし、汚液をまき散らし、びちびちと暴れるそいつは……もはや、蟲の息。
00:26 (B04_Tilsis) 【ティル】「強い…っ」
00:26 (bee_GM) では……ターンが巡って、フランのターン!
00:27 (B12_Flan) 普通に殴るしかなぁw
00:27 (B12_Flan) 2d6+1
00:27 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+1 = [4,1]+1 = 6
00:28 (bee_GM) それは普通に食らおうw
00:28 (B12_Flan) 【フラン】「 …やっぱり効いてない。」
00:28 (bee_GM) では、ティルのターン!
00:29 (B04_Tilsis) 【ティル】「でも――動きは止まるッ!」振り上げきった大剣…それを、遠心力と共に…横に切り払い、その肉体を薙ぎ弾き飛ばす!
00:29 (B04_Tilsis) 渾身撃!
00:29 (B04_Tilsis) 3d6+11+5
00:29 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 3D6+11+5 = [2,4,6]+11+5 = 28
00:29 (bee_GM) ウケナガシー!粘液でぬめれー!
00:29 (bee_GM) 【スポーン】「オォォォゥゥゥゥゥゥォォォォォォオオオオ!!」
00:30 (bee_GM) あと2だ!w
00:30 (bee_GM) では、リクエストにお答えして
00:30 (bee_GM) ティルを道連れにしてやるううう!!
00:30 (B04_Tilsis) 【ティル】「やった…っ?…っ、まだ…っ!?」
00:30 (bee_GM) ぐちゅり、と触手が、弾けた。
00:30 (B04_Tilsis) ま、まぢで道連れにされs
00:31 (bee_GM) 3d6+24 剛力渾身撃
00:31 (kuda-dice) bee_GM -> 3D6+24 = [2,3,3]+24 = 32
00:31 (bee_GM) ち、低い
00:31 (B01_Jeena) そいつは当然!「あぶない!」
00:31 (B04_Tilsis) おおう(
00:31 (B04_Tilsis) サポートガードしよーと思ったんだが!(
00:31 (B12_Flan) おろw
00:31 (B01_Jeena) あ、ならいいかな
00:31 (B01_Jeena) なしでw
00:32 (bee_GM) そこでお姫様だっこするか(あれ
00:32 (B01_Jeena) ですね。それでよろしく
00:32 (B04_Tilsis) 21点弾けて、11点、5点HP残ります。
00:32 (bee_GM) いや、多分ダメージ被弾しないからダメだと思うよw
00:32 (bee_GM) 【グラン】「ティル!!」襲いかかった触手の半分を、グランが切り払った。
00:33 (bee_GM) しかし、洒落にならない量の肉が、ティルをしたたかに打ち据える。
00:33 (B04_Tilsis) 【ティル】「…んっ、無事よっ……!なにより…あんなこと言ったのに・・・いま、倒れるなんて…出来る訳、無いでしょ!」襲い掛かったそれを、気合裂ぱく、血と粘液にまみれながら弾き飛ばす!
00:33 (B04_Tilsis) <倒れずの意地>~(笑
00:33 (bee_GM) OK.判定どうぞ
00:33 (B04_Tilsis) 2d6+6
00:33 (kuda-dice) B04_Tilsis -> 2D6+6 = [2,3]+6 = 11
00:33 (B04_Tilsis) 愛情いっぱーつ
00:34 (bee_GM) 2d6+6
00:34 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [1,3]+6 = 10
00:34 (B04_Tilsis) …は。(
00:34 (bee_GM) 【グラン】「ふん……強がりやがって」
00:34 (bee_GM) LPどうぞん(あれ
00:35 (B04_Tilsis) 【ティル】「それが、私だから…ねっ!」痛そうに頬をゆがめつつも、笑みで答える。LP2点もらいー
00:35 (bee_GM) では……ジーナですね。
00:35 (B12_Flan) 【フラン】「む… わ、私だってがんばってるもん…。」誰に言うわけでもなく
00:35 (bee_GM) お、呟くか?
00:35 (B12_Flan) ムカッ+しっとめーん!
00:35 (bee_GM) OKw
00:35 (bee_GM) なんというコンボw
00:35 (B12_Flan) 気づかれても困るのでマイナスでw
00:36 (B01_Jeena) 【ジーナ】「まだだ・・!」と《白皇撃》のみでアタック。光属性で。
00:36 (B12_Flan) 愛情ー
00:36 (B12_Flan) 2d6+3
00:36 (kuda-dice) B12_Flan -> 2D6+3 = [6,4]+3 = 13
00:36 (bee_GM) 2d6+6 鈍感
00:36 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [4,6]+6 = 16
00:36 (bee_GM) TPどうぞん
00:36 (B01_Jeena) グランTUEEE
00:36 (B12_Flan) はーい
00:36 (bee_GM) なんという鋼鉄
00:36 (B12_Flan) ていうかマイナスじゃなくても失敗…
00:36 (bee_GM) 攻撃どうぞ!
00:36 (B01_Jeena) ではこちらの攻撃で。
00:36 (B01_Jeena) 2d6+18
00:36 (kuda-dice) B01_Jeena -> 2D6+18 = [6,2]+18 = 26
00:37 (bee_GM) その一撃で、最後の力でティルに襲いかかった肉の塊は、蒸発しました。
00:37 (bee_GM) 【グラン】「はぁ、はぁ、っっ……」肩で息をするグランの身体からは、おぼろな瘴気……
00:37 (B04_Tilsis) 【ティル】「はぁっ…は、ぁ……」ぐったりと、倒れ付して…(HP5
00:38 (bee_GM) 【グラン】「フランベル、二人の治療を……」少し躊躇って「頼む」
00:38 (bee_GM) 冒険がはじまってから、はじめてグランの「頼み」を聞いた気がする。
00:39 (B12_Flan) 【フラン】「あ、え…? う、うん…。」兄の見慣れない様子に戸惑いながら、二人の手当てを始める
00:40 (B01_Jeena) 【ジーナ】「・・」それを黙って見つめて。
00:40 (bee_GM) 【グラン】「…………風呂、入り直すか」そう、呟いた。
00:41 (B01_Jeena) あの時炎の中で小さな手を取ったことが間違いかどうかは判らなくても。
00:41 (B01_Jeena) 彼の側にフランたちがいることを快く思える自分だけを確かに感じています
00:45 (bee_GM)  
00:45 (bee_GM)  
00:45 (bee_GM) そしてその後。
00:46 (bee_GM) ジーナのお手製のお弁当を振る舞われ、ティルが色々な意味で悶絶したりして。
00:46 (bee_GM) そうして、四人は……結局、誰一人欠けぬまま、王都に戻ります。
00:46 (bee_GM) 以上。らびぶれシナリオ第二回「足手まといと言われても」 終幕です。