【命鴬】 【苞 命鴬】「私は、苞 命鴬。誇り高き龍人族の戦士の一族。母は、フォウ家に仕えて指南拳士をしているが…私は、色々と知りたくて実家から離れている。
【命鴬】 【苞 命鴬】「武者修行の旅は楽しいのだけど…一人旅は色々と不安が付きまとうものね(溜息)。修練にずっと明け暮れていたから、どうやって生活をして良いのかわからなくて恥をかくことが多かったんだ…でも、剣舞桜に行って今はそこの腰を落ち着けてる。」
【命鴬】 【苞 命鴬】「そこで生き離れた姉とあって…手加減された状態で勝ったんだけど、結局、本気の前には負けてしまったんだ・・・でも強くしてくれるといって手を差し伸べてくれた。でも…」
【命鴬】 【苞 命鴬】「母のように強いメイデンになりたい…どんな修行をしてでも。でも…なんにために強くなるのか明確な理由がないんだ…見つかるといいな。」
【命鴬】 以上
【GM】 はい、ありがとうございましたっ
【GM】 それではっ
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ランドリューフ戦記外伝 『龍華戦記』
【GM】 はじまりですっ
【GM】  
【GM】  
【GM】 どぉん…どぉん…。
【GM】 周囲には太鼓の音が鳴り響き、それに負けないほどの人々の喧騒が周囲に満ちて。
【GM】 たまに見かける売り子さんの声すらも、すぐそばに来ないと聞こえません。
【GM】 ここは、剣舞桜でもっとも大きな闘技場。
【GM】 今日はここで、展覧試合が行われます。
【GM】 さまざまな方法で選ばれた8人の武芸者が互いに技を競い合い。
【GM】 そして、その中で一番になったものは天剣に挑み、そして天剣になれるかもしれないチャンスを手にすることが出来るのです。
【GM】 命鴬さんの姉である櫻黎さん。
【GM】 彼女も、闇闘技場のチャンピオンとして君臨してきた腕を買われ、この天覧試合に出る資格を得て。
【GM】 そして妹である命鴬さんは、その弟子という扱いで闘技場に入る資格を得て。相当の高額がついているチケットを無料で手に入れ、今この場所にいるのでした。
【命鴬】 【命鴬】「姉さまガンバレー。」と、応援をしています
【GM】 ざわざわと周囲がざわめく中、ひときわ大きな太鼓が鳴り響き。櫻黎さんを含めた8人の武芸者が、一列に並び入場をしてきます。
【GM】 このような大きなイベントのせいか、櫻黎さんの姿はいつもの派手な衣装ではなく、落ち着いた感じの武闘着を身に着けています。
【命鴬】 【命鴬】「あ…姉さま猫かぶってる。」と、姉の衣装を見てちょっとくすりと笑う
【GM】 そんな命鴬さんの笑みに気づいた様子もなく。百戦錬磨の櫻黎さんにしてはちょっと緊張したような顔で入場を済ませ。開会の合図をみな静かに待っている感じです。
【GM】 いつもなら、ここで行政官のトップである天剣 詩月さんが現れ、開会の宣言をするのですが。
【GM】 たんっっ。響くのは小さな着地音。ふわりと風に舞う、ルビーのように鮮やかな赤毛。軽く曲げていた足を伸ばして立ち上がったのは、命鴬さんは見たこともない人です。まるで美術品のように整った顔立ちをしていますが、その美貌はどこか畏怖を覚えさせるもので。周囲の人たちもざわざわと戸惑いの声を上げています。
【命鴬】 【命鴬】「誰だろう…この人?」首をかしげる
【GM】 【櫻黎】「…ティスファ様?」戸惑いの声を上げるのは、櫻黎さん。周りにいる武芸者達も、困惑の表情を浮かべています。
【GM】 声をかけられたティスファと呼ばれる女性は、彼らにかまう様子もなく、足音も立てずに8人に近づくと。
【GM】 【ティスファ】「構えろ。」何の気負いもなく、8人に向かってそう声を投げ。「全員でかかって来い。」軽く身をかがめると、腰につけた刀の柄に軽く手をかけます。
【GM】 周囲のざわめきは一気に大きくなります。命鴬さんの目には、武芸者7人は櫻黎三と同じくらい強そうな印象を受けますが。ティスファと呼ばれる女性には、そのようなオーラのようなものは全く感じません。まるで、風にそよぐ柳のように。武芸者から向けられる殺気を受け流しています。
【命鴬】 【命鴬】「え?あの人は…強い…きっと、母様以上に強い人だ。」と、つぶやきます
【GM】 【櫻黎】「…天剣といえど、このような侮辱…許せませんわね。」観客席にいる命鴬さんにも感じられるほど、びりびりとした殺気を放ち始める櫻黎さん。周囲の武芸者達もそれに呼応したように、ティスファを囲み、それぞれの武器を構え。「どうなっても、かまわぬのでしょうな?」最終確認のような声。
【命鴬】 【命鴬】「姉さま、その人と戦っちゃだめ!」と、大きな声で叫んでとめようとします
【GM】 【ティスファ】「さっさと来い。」8人という数、そして彼らの強さなど全く気にしていないような物言い。今まで血のにじむような修行をしてきた彼らにとっては、それは最大の侮辱とも言えるもので。命鴬さんの声は静止の力には全くならずに、8人はそれぞれ一斉に地面をけります。
【GM】 と。
【GM】 ぢぃぃぃぃぃんんっっっ!!!響く甲高い金属音。数は1回。ティスファに襲い掛かろうとしていた武芸者達の胸から…。ぶしゅぅぅっっ!!激しく血がほとばしります。そしてそのままゆっくりと彼らは倒れ。
【GM】 これらは一瞬。ティスファが何をしたかも分からないまま、8人は地面の上でぴくりとも動かず。ただ、ティスファに何かをされて倒された、としか理解が出来ません。
【命鴬】 【命鴬】「早い…見えないなんて。」
【命鴬】 と驚きます
【GM】 そして、すたすたとティスファが歩き出すと、止まっていた時間がようやく動き出したかのように、周囲が一気にざわめき始めます。
【GM】 闘技場の中に慌てたように救護の人たちが駆けつけ。武芸者達を運び出し始めて。
【GM】 観客達は一体何が起こったのか、と口々に言い合い、推測し。
【GM】 唯一つ刻まれたのは・・・天剣の強さ。
【命鴬】 【命鴬】「姉さま!」とあわてて、観客席から闘技場に駆け下りる
【GM】 そして、命鴬さんに刻まれたのは…あれだけ強かった姉ですら、簡単に倒されたという事実。
【GM】 駆けつけた命鴬さんが見たのは、薄く上下する大きな乳房。そして肩口に真一文字に刻まれた刀傷。
【GM】 何とか生きている・・・というのはわかります。
【命鴬】 【命鴬】「ねえさ…ま…」斬り傷を見て思わず「きれい・・」とつぶやきます
【GM】  
【GM】 櫻黎さんの傷は思ったよりも深くなく。魔法での治療で傷はすっかり完治して。
【GM】 しかし、いまだベッドからは抜け出せない状態です。
【GM】 病院で眠り続ける櫻黎さん。そのお見舞いに毎日通っている命鴬さんでしたが。
【GM】 ある日、お見舞いから帰って来ると櫻黎さん宛に封書が届いているのに気づきます。
【GM】 裏に書かれている名前は、ファエディーン教導傭兵団、という名前。
【命鴬】 【命鴬】「姉さま宛の封書?いった誰から…え、教導傭兵団なんで?」と、首を傾げつつ」
【GM】 今の櫻黎さんは眠っている状態で、封書を読むことは出来ないでしょう。
【GM】 そして封書には、なにやら至急、と書かれたはんこが押されていて。
【命鴬】 【命鴬】「ん…非常時で構わないよね…」といって封書をあけて中身を読むよ。至急ってかかれたら
【GM】 内容を簡単にまとめると…。
【GM】 緊急で出撃しなければいけなくなったので、来るのなら早く来るように、というもので。
【GM】 そういえば、今度少し出かけるかもしれない、と櫻黎さんが言っていたのを思い出します。
【GM】 そしてその封書には、駐留地の地図のようなものも書かれていて。
【命鴬】 【命鴬】「あ…姉さまがこんな状態だから…断りを入れなくちゃ。」と、いって地図を片手に駐留地へ向かう
【GM】 とりあえず封書と地図を持って駐留地に向かう命鴬さん。
【GM】 駐留地までの距離はそこまでなく。しばらく走っていると、遠くにいくつかのテントと馬、馬車等が見えてきます。
【GM】 その周りには簡単な柵のようなものが備え付けられていて、一人の男が手持ち無沙汰のように立っています。
【命鴬】 【命鴬】「よかった…近くで。」といって、入り口までゆっくりとした足取りで近づいてく
【命鴬】 そして、立っている男性に
【GM】 「ん?」歩哨の男は命鴬さんに気づいたようで。「何かようかい、お嬢さん?」にこやかに声をかけます。が、その動作には隙がなく。
【命鴬】 【命鴬】「あの、櫻玲の…姉の名代で着ました、包 命鴬です。」
【GM】 「櫻黎…?」少し怪訝そうな顔をしますが。「ああ、研修予定の人か。聞いてるよ。」小さな笑顔を見せると、すぐそばを通りかかった少女に。「ああ、リエッタ。この人を団長のところまで連れて行ってくれねえか?」と声をかけます。
【GM】 リエッタと呼ばれた少女は、命鴬さんのほうに近づいてきて。
【命鴬】 【命鴬】「あ…ありがとうございます。」と、走ってきたため少しはだけていた胸元を直してリエッタに頭を下げる
【GM】 「この人をですか?」「ああ。研修予定だった人の名代だそうだ。」と数言交し合うと。「それじゃ、こいつについていってくれ。」と、命鴬さんに指示を出します。
【GM】 【リエッタ】「いえいえ。それじゃ、こちらですよ。」にこやかな笑みを見せて軽く頭を下げると。命鴬さんを先導して歩き出します。
【命鴬】 【命鴬】「はい・・・」と、リエッタの後をついてくる、一応周囲には注意を払う
【GM】 案内される駐留地の中は、なにやら忙しそうに人々が行き来していて。テントをたたんだり、荷物をまとめていたり。どこかへ出発するかのような感じです。
【GM】 そして見かける人たちは命鴬さんにおやっとした顔を向けますが、特に何も言うこともなく。そして彼らには、前を行くリエッタにも隙のようなものが全くないことに気がつきます。
【命鴬】 【命鴬】「(この人たち無駄がない、強い人だ。)」と、体の運びにただただ驚く
【GM】 すれ違う人たちに小さく声をかけながら、歩き続けるリエッタ。彼女が向かう先には小さな馬車があり。
【GM】 馬車の手前40mほどになったとき、リエッタの動きが止まります。いつのまに構えたのか、彼女の手には弓と矢があり、それが大きく引き絞られていて。
【命鴬】 【命鴬】「あの馬車に誰かいるの、リエッタ…!?」突然のことで、身構え瞬時に間合いを取る
【GM】 全く無駄のない動きで弓を引き絞り、放つリエッタ。風斬り音とともに高速で馬車へと飛んでいく矢は。ぱしっっ。馬車から伸びた二本の指で挟みとられます。
【命鴬】 【命鴬】「え?」あまりのことに驚く
【GM】 「はぅあ~・・・。もう朝~?」響くのは耳に心地よい少女の声。矢を指で挟んだまま、むくりと馬車から起き上がるのは、褐色の肌に耳がとがった…ダークエルフの少女。ベレー帽のようなふわふわした帽子がずれているのを手で直しながら、寝ぼけたような顔をリエッタへと向けています。
【GM】 【リエッタ】「朝って…貴方はどれだけ寝るつもりなのですか。」あきれた様子のリエッタが。「研修の方を連れてきました。」といいながら、隣の命鴬さんをちらりと見て。
【命鴬】 【命鴬】「え?えぇ…」と少し驚くがそのダークエルフの動きに注意を払う。「研修って…あの、受ける予定は私の姉のほうで…」
【GM】 【ノエル】「ん?研修って貴方が受けるんじゃないのですか?」馬車から体を起こしたまま、きょとんとした顔を命鴬さんへと向けます。
【GM】 【リエッタ】「はい、そのようですけど…これなくなったのだと思います。展覧試合のダメージで。」苦笑を浮かべるリエッタにつられるように、ノエルも苦笑を浮かべて。
【命鴬】 【命鴬】「えぇと…姉が受けるはずだったんですけどこの間の展覧試合で…ティスファ様にの一撃を受けて眠り続けてます。」
【GM】 【ノエル】「ああ…ティスファさん、やりすぎちゃってたもんね~。」親しげにティスファを呼ぶノエル。本来なら不敬と戒められることです。
【命鴬】 【命鴬】【(・・…あれ、その呼び方をするって)」ここにきてはじめてノエルが十二天剣の一人だということに気がつきます
【GM】 【ノエル】「まあ、そういうことなら大丈夫です。私たちは今からちょっと出撃しなきゃいけないのですけど…せっかくなので、ご一緒にどうですか?」可愛らしい笑みを満面に浮かべるノエル。駐留地内のあわただしさは、それが原因のようです。
【命鴬】 【命鴬】「ご一緒して良いんですか?」と、上目遣いで見る
【GM】 【ノエル】「これもいい研修になるでしょうしね~。」にぱっと笑顔を浮かべると。「リエッタちゃん、荷物がまとまり次第出発するってみんなに伝えて?」その声に小さく頷くと一礼し。早足でその場を離れていきます。
【命鴬】 【命鴬】「ありがとうございます。」と、頭を垂れます
【GM】 【ノエル】「いえいえ~。」ひらひらと手を振ると。「貴方は準備とかはないのですか?あるのでしたら今のうちにしておいたほうがいいですよ?」と、命鴬さんに声をかけると、馬車から降りて。
【命鴬】 【命鴬】「準備といっても武器を使うよりも、拳のほうが慣れていますし…」と、近づくのに気がつくと緊張しつつ動きに気を払う
【GM】 【ノエル】「そうですか。」にこりと笑うと。「では、ちょっとこの辺で待っていてくださいね?」というと、ゆっくりと歩き出し…。「きゃんっっ!!」べちんっ、とその場で転んでしまいます。
【命鴬】 【命鴬】「だ…大丈夫ですか?」といってノエルを、起こそうとする
【GM】 【ノエル】「だ、大丈夫ですっ。」うっすらと涙を浮かべつつも、小さく笑みを浮かべて。「そ、それじゃ。」足早にとてとてと歩き出して。「んきゃんっっ!!」ぽてんっ。何もないところで転んでいます。
【命鴬】 【命鴬】「なんだか…ティスファと違う。でも…あの人も強いんだろうなぁ。」
【命鴬】 とつぶやきます
【GM】  
【GM】  
【GM】 そのご、速やかに荷物はまとめられ。教導団はその日のうちに出発を始めます。
【GM】 どこへ向かっているのか、何をしにいっているのか、ということは教えられず。
【GM】 出発から約4日目経ちました。
【GM】 その間にノエルやリエッタと接して、感じたことは・・・。
【GM】 ノエルが天剣とは、どうしても思えない・・・ということです。
【GM】 何もないところで転び、いつもにこにこしていて。
【GM】 他の傭兵から感じる凄み、というものが全く感じられません。
【GM】 でも、周りの武芸者達は、ノエルに最大の敬意を示していて。
【GM】 ノエルという人がどういう人なのか、よく分からなくなってきています。
【命鴬】 【命鴬】「(……なんだろう、ノエル様って、なんかふわふわしててつかみどころがない感じ…)」と、いってノエルをちらちらと見る
【GM】 【ノエル】「ほえ?どうかしましたか?」馬車に寝そべっているノエルが身を起こし、心があったかくなるような笑みを命鴬さんに向けます。
【命鴬】 【命鴬】「いえ…なんでも、ないです。」といって、一度、聞くのをやめようとしたのだが「ノエル様って強いんですよね?」と、無礼を承知に聞く命鴬
【GM】 【ノエル】「う~ん、どうなんでしょうね?」あいまいな笑みを浮かべるノエル。「貴方が言う強いって言うのは、どういうことを指すのですか?」軽く小首を傾げると、胸元を思い切り突き上げている乳房がぷるんと揺れて。
【命鴬】 【命鴬】「ん・・・その武術の腕前もさることながら…その力を支える思いもです…」と、恐る恐る聞きます
【GM】 【ノエル】「そうですね…武術でいうのなら…。強いとか言うのを図るのは無意味ですよ?」命鴬さんの目をじっと見つめて。「だって、こうなったら強い、ここまでいったら強い、っていう基準なんてないのですから。」水筒の水で喉を湿らせてから。「例えば、私が目標だったとします。そして、命鴬さんが私を超えたとして…それは強い、といえるのでしょうか?」水筒を命鴬さんへと差し出しながら。
【命鴬】 【命鴬】【いえ…それは、いえないと思います。】と、その問いかけに素直に答える
【GM】 【ノエル】「ですよね。私を超えても、その先にはまだまだ強い人がいる。その人たちから見たら、私も弱いわけで。つまり、際限がないのですよ。強さを求めるっていうことには。」少し疲れたような笑みを浮かべて。
【命鴬】 【命鴬】「なるほど…よくわかります。ずっと、追いかけている人がいるので…。」と、ため息をつく
【GM】 【ノエル】「その人と実際に立ち会ったことはあるのですか?」興味ありそうに尋ねて。
【命鴬】 【命鴬】「はい…と言うよりも、私の母様です。」
【命鴬】 【命鴬】「母様は私のしでもありましたし、今でも多くの人を教えてます…でも、いつも私に大切なものが足らないというんです。」
【GM】 【ノエル】「貴方は、お母さんを超えたいから強くなりたい…のですよね?」確認するように問いかけて。
【命鴬】 【命鴬】「はい、確かに超えたいんです…でも、何をもって超えたいのか…わからなくなってるんです。」
【GM】 【ノエル】「なるほど~…。」少しだけ考え込んで。「もし、どんなことであっても…お母さんを超えたら、その強さはどうなるのでしょう?」命鴬さんをじっと見つめて。「目標とする人を超えた強さは、一体どうなるのでしょう?目標をなくしたそれは、どうなるのでしょう?」わかりますか、と問いかけて。
【命鴬】 【命鴬】「…目標をなくしたそれは、そこから先へ進めなくなると思います。」と、少し考え込みながら言葉を作る…そして張るつめた緊張が消えて無防備になる
【GM】 【ノエル】「人を目標とする強さは、それを超えてしまったらそこで打ち止めになってしまいます。それ以上伸びず、ただ衰えるだけ…。」はふ・・・。ため息をつくと。「確かに分かりやすい基準です。でもそれを超してしまうと、そこからの目標を見つめることが難しいのです。」そう言うと。「貴方は、手にした力で何かしたい、とかはないのですか?」すごく無防備に寝そべって。
【命鴬】 【命鴬】「…耳が痛いです。今、手にした力で何をしたいかはないです、今必死に探している最中です…」。と、ため息をついて「それがみつかれば良いんですけど。」
【GM】 【ノエル】「言ってしまうと、修行は自分との戦いです。ただただ自身の技を鍛えるとてもつらいものです。」命鴬さんの髪を優しく撫でて。「つらいから、人は目標を立てて。ここまで頑張ろう、ここまで出来たら苦労は無駄じゃないんだ、ってそういう風にしちゃうのです。」優しく笑うノエル。「目標を立てるのは悪いことではないです。でも、目標は修行の一つの基準だということを忘れたら、そこで動けなくなってしまいます。」その顔は、人
【GM】 を指導する先生のもので。「人を基準とする目標と、誰かを守るとか地位を手に入れるとかの目標の違いは、求める先のあいまいさです。だって、守るとかはどれだけ守ったら目標達成、とか言うのはないわけですから。」
【GM】 【ノエル】「何かをしたい、っていう目標を持って欲しい、っていうのは…。たった一人で孤独に技を磨くつらさを忘れる為、逃れる為に言っている事です。」また一口水を飲んで。
【命鴬】 【命鴬】「なるほど…」ノエルの言葉に思わず納得します。命鴬はいってみれば拳士としての修行しかしておらず、他ののことをあまり知らないゆえにただただ驚くばかり
【GM】 【ノエル】「これは、あくまで私の意見ですけどね。」小さく笑って。「人の意見は人の数だけ違います。いろんな人の意見を聞いて、自分なりの答えを探してみるといいですよ?」笑顔でそう締めくくります。
【命鴬】 【命鴬】「はい、そうします。」と、年相応の笑顔を浮かべる
【GM】 【ノエル】「ん、それがいいです。」軽く頷くノエルですが…その顔が急に引き締まります。とはいっても、可愛らしいたれ目が少しほそまっただけですが。同時に、周囲に響き渡る甲高い笛の音。馬車が勢いよく止まり、ばらばらと武芸者達が飛び出して。
【GM】 いつのまに抜いたのか、ノエルの手にも巨大な剣が握られています。
【命鴬】 【命鴬】「え?」ノエルの変化と警笛に気がつき命鴬もあわてて飛び出す
【GM】 【ノエル】「思ったよりも遠くへは行ってなかったですね。」小さな呟き。何もないところで転んでたのが嘘のように、身軽に馬車から飛び降ります。
【GM】 馬車から飛び出した命鴬さんの目に映るのは・・・体長10m近い、巨大な魔獣。
【GM】 馬車を囲むように押し寄せてくる獣達は、約10匹ほど。武芸者達は円陣を組み、彼らに向かって武器を構え。
【命鴬】 【命鴬】「獣?でも・・・これは・・・」といって、身構える
【GM】 【ノエル】「私たちの出動の目的は、これなのですよ。」笑うノエル。その顔には不敵な輝きがあり。「普通のメイデンや冒険者では倒せない魔獣の駆逐。それも立派な教導傭兵団の仕事ですから。」軽く髪をかきあげると。「6匹は私が受け持ちますから。残り4匹は皆さんがお願いします。」指示が飛ぶと同時に、武芸者達が魔獣の一方へと走り出し。「貴方はここで見ててくださいね?」そういい残し、武芸者達とは別の方向へと走り出します。
【命鴬】 【命鴬】「でも!」と、いうものの言葉が届かず取り残される命鴬
【GM】 飛燕の速度で間合いを詰めたノエルが剣を一振り。それだけで、巨大な魔獣が両断されます。他の武芸者達も自分達の受け持ちで手いっぱいのようで。
【GM】 見た目に派手な、ノエルの技。派手さはないけど堅実に戦う武芸者たち。2通りの闘い方が目の前で展開されていて。
【命鴬】 【命鴬】「すごい…」2通りの戦い方を見て驚く命鴬、自分の戦い方はどちらかというとノエルの技のように見た目の派手さがある…そして、そこまでにどう技を繋げばいいのかを瞬時に思考をしてしまう
【GM】 魅入られたように彼らの戦いを見つめる命鴬さん。その視界に、なにやら蠢くものが映ります。それは、体長3mほどの魔獣。武芸者とノエルがいない方向からゆっくりと近づいてくるそれは、命鴬さんがいることには気づいていないようで。
【命鴬】 その魔獣はどちらのほうに向かってます?
【GM】 ゆっくりとノエルたちの後ろ・・・つまり、馬車の方へと向かってきています。
【命鴬】 【命鴬】「ん…この馬車を失うわけにはいかないね。」といって、魔獣のほうへ駆け寄り行く手をふさぐ
【GM】 すると、魔獣は誘うように、逃げるようにゆっくりとそばにある森の方へと動き始めて。
【命鴬】 【命鴬】「待て!(仲間を呼ばれたらまずい…)」追いかけます」
* topic : [触手(3)尻尾(5)魔獣(5)][命鴬(8)]
【GM】 そのまま森の奥深くまでゆっくりと下がっていくと。急に命鴬さんへと向き直ります。
【GM】 背中に映えた無数の触手を揺らめかせて、威嚇するような唸りを上げて。
【命鴬】 【命鴬】「あ、誘い込まれた…」
【GM】 それくらいの知恵は働くのか、命鴬さんを誘い込んだ魔獣は、一歩、また一歩と命鴬さんへと近づいてきます。
【命鴬】 【命鴬】「く…やるしかない!こいつを行かせるとノエル様たちの不意をつかれる。」と、拳を構え身を引くします
【GM】 では、戦闘ですっ
【命鴬】 はーい
【GM】 開幕はお互いなしのようなので・・・省略しますっ
【GM】 では、命鴬さんどうぞっ
【命鴬】 尻尾に対してツイスターマジックインパクト
【命鴬】 5d6+5
"(kuda-dice)  -> 5D6+5 = [6,3,5,1,2]+5 = 22"
【GM】 はいっ
【GM】 魔獣は命鴬さんの攻撃にひるんだようでしたが・・・次の瞬間には怒りの声を上げ、地響きを上げて突進してきて。
【命鴬】 【命鴬】「強い…」
【GM】 ではっ
【GM】 1d6+16 強撃 怪力
(kuda-dice)  -> 1D6+16 = [6]+16 = 22
【GM】 まとめていきますねっ
【GM】 触手が
【GM】 2d6+6 強撃
"(kuda-dice)  -> 2D6+6 = [6,1]+6 = 13"
【GM】 尻尾が
【GM】 2d6+6 強撃 七毒
"(kuda-dice)  -> 2D6+6 = [5,5]+6 = 16"
【GM】 ダメージコントロールをお願いしますっ
【GM】 後あくともっw
【命鴬】 魔獣をレッグガード 触手と尻尾は胸で受けて共に破損
【GM】 はいっ
【命鴬】 あくとは大きすぎる胸かな つい見てしまうは、ちょっと使うタイミングじゃないなぁ
【GM】 はいっ
【GM】 では・・・
【GM】 突進と共に振り回される触手と尻尾。勢いよく繰り出されたそれは、回避をしようとする命鴬さんの服に引っかかり。びりりりぃっっ!!甲高い音を立てて、胸元を引きちぎってしまいます。
【GM】 その衝撃でたゆたゆと揺れる胸。外気に晒されたたわわな果実は、うっすらと浮いた汗でなまめかしく濡れ光っていて。
【命鴬】 【命鴬】「きゃ…ん…」悲鳴を上げかかるが何とか押し殺し何とか踏みとどまるが・・・
【GM】 ひゅんひゅんひゅん。威嚇するように振り回される触手。足は地面を数度えぐり、突進の準備をしているようで。
【命鴬】 【命鴬】「負けられない・・・」
【GM】 では、次のターンっ
【GM】 命鴬さん、どうぞっ
【命鴬】 魔獣に対して
【命鴬】 同じコンボを
【GM】 はいっ
【命鴬】 5d6+5
"(kuda-dice)  -> 5D6+5 = [1,6,4,2,4]+5 = 22"
【GM】 はいっ
【GM】 ではっ
【GM】 1d6+16 怪力 強撃
(kuda-dice)  -> 1D6+16 = [5]+16 = 21
【GM】 2d6+6
"(kuda-dice)  -> 2D6+6 = [4,1]+6 = 11"
【GM】 2d6+6 強撃 七色の淫毒
"(kuda-dice)  -> 2D6+6 = [1,1]+6 = 8"
【GM】 あ
【GM】 さっきの七色、宣言がなかったですね・・・w
【命鴬】 BS爆乳ねw
【GM】 何にするかもお願いしますw
【GM】 はいっw
【命鴬】 一番、無問題
【命鴬】 腰で受けて腰が飛んで 19点HPにもらう
【GM】 はいっ
【GM】 アクトはありますか?
【命鴬】 はえてない、ぱんつはいてない ついみてしまう ふたなり射精かな
【GM】 はいっ
【GM】 では・・・
【GM】 ひゅんっっ。風を切って迫る触手。それは鞭の鋭さで命鴬さんの腰を激しく打ち据え、わずかに残った布地をあっさりと破り飛ばしてしまいます。
【GM】 むき出しになった秘所と女性にはありえない肉棒。それが周囲に人がいないとはいえ、露出されてしまいます。
【命鴬】 【命鴬】「きゃ」思わず下腹部を隠そうとするが、拳を握ろうとするが…肉房から感じなれないむずがゆい、そして上がってくる感覚に耐え切れず
【GM】 地面にひらりひらりと落ちるのは、布地の残り。そこには下着は混じっておらず。
【命鴬】 【命鴬】「いや…何か上がってくる…」と、なれない感覚を耐え切れるはずもない 
【GM】 びゅんっっ!!動きが鈍った命鴬さんへと、触手がうなりを上げて迫り来て。ぎゅぽんっっ。空気が爆ぜる艶かしい音。それと同時に感じるのは、肉棒からの強烈な愉悦。
【GM】 触手の先端が大きく口を開けて肉棒を飲み込んでいて。まるで咀嚼するかのようにぎゅぷんっ、ぢゅぷんっと淫らな音を立てて蠢動しています。
【GM】 中には小さな粒粒のようなものがびっしりと生えており、いまだ刺激になれない肉棒にはねっとりとした粘液が吹きかけられ。それをたっぷりと竿に、亀頭に塗り広げながら吸い付くような動きをする触手は、精液を搾り出そうとしているかのようで。
【命鴬】 【命鴬】「いや・・・そんなことをされたらー…」と、言うものの耐え切れるはずもなく
【命鴬】 肉棒からは、初めての性を放ってしまう
【GM】 ぎゅぷんっ、ぢゅぷんっ。ぴったりと肉棒に吸い付き、粒々でしゃぶりつきながらこすり上げる触手は、内部に精液を出されると…。ぎちゅぅぅっっ!!より激しく肉棒に密着し、放たれる精をもっともっと絞ろうとするように強く吸い付き、しゃぶり上げ。バキュームフェラのような動きで肉棒をもっともっと追い詰めていきます。
【命鴬】 【命鴬】「はう…そんなに絞らないで…」と、触手を抜き取ろうとする
【GM】 そして、精を放つ命鴬さんに近づいてくる別の触手。それは闘技場で姉に犯されたもの…今は命鴬さんの股間に生えているものに酷似していて。
【命鴬】 【命鴬】「いやぁ…ダメぇ…」
【GM】 触手を抜き取ろうと手を伸ばす命鴬さん。そして触手はそれを拒絶するかのように、根元をきつく締め付けて。射精の快感を途中で止めてしまいながら、命鴬さんを引き寄せるように、肉棒を引っ張り。
【命鴬】 【命鴬】「ん、ダメえ…」とあまりの締め付けに口をあけ腰を引いてしまう、そして手は抜こうとするのだが、自分の手で更なる刺激を与えてしまう
【GM】 では、次のターンです
【GM】 命鴬さん、どうぞっ
【命鴬】 ん、ここでいにしえの輝石使用
【GM】 はいっ
【命鴬】 3d6
"(kuda-dice)  -> 3D6 = [2,3,5] = 10"
【GM】 HPはおいくつにっ?
【命鴬】 で同じコンボを魔獣についでにポテ1追加
【命鴬】 HP35になりました
【GM】 はいっ
【命鴬】 6d6+5
"(kuda-dice)  -> 6D6+5 = [2,2,1,2,5,3]+5 = 20"
【命鴬】 うわーw
【GM】 はぅw
【GM】 では・・・っ
【GM】 1d6+16
(kuda-dice)  -> 1D6+16 = [6]+16 = 22
【GM】 2d6+6
"(kuda-dice)  -> 2D6+6 = [2,3]+6 = 11"
【GM】 2d6+6
"(kuda-dice)  -> 2D6+6 = [1,1]+6 = 8"
【GM】 以上ですっ
【命鴬】 魔獣とその次の攻撃をインヴィンシンブル
【GM】 はいっ
【命鴬】 その次のはなし
【命鴬】 コストを間違えました
【GM】 んと・・・
【GM】 魔獣のだけ、インヴィンシンブルです?
【命鴬】 はい
【GM】 はいっ
【GM】 アクトはありますか?
【命鴬】 官能の指先 厚い蜜壷 つけられた種
【GM】 はいっ
【GM】 それではっ・・・
【GM】 肉棒にしゃぶりついたまま、命鴬さんの体をひきつける触手。そして亀頭のような先端を持つ触手がぐるぐると命鴬さんの手に、足に絡みつき。その体を軽々と持ち上げてしまいます。
【GM】 途切れることのない快感を与えながら、命鴬さんの体を自身の背中の中央へと運ぶ魔獣。すると。
【GM】 ぐぱぁっっ。背中の中央が縦に割れ、その中で蠢く大量の触手の姿が命鴬さんの目に映り。
【命鴬】 【命鴬】「あ…ん…だめ…それ以上ダメ・…」と、魔獣が何をしようとするのか察し暴れるが、拘束をされて身動きが取れない
【GM】 触手はゆっくりと下がり始め。その触手の肉壷へと命鴬さんの体を下ろそうとしています。
【命鴬】 【命鴬】「いやぁぁぁぁ!」と、叫び声をあげると共に肉壷の中に埋没していく
【GM】 背中の割れ目から伸びる数本の触手。それが命鴬さんの足に絡みつき、巻きつきながらその体を引っ張り。更に伸びる触手が手に、腰に、胸に絡みつき。
【GM】 ぎゅぷん・・・。命鴬さんの体は首まで飲み込まれ。魔獣の背中から頭だけが出ている形になってしまいます。
【GM】 蠢く触手の群れは、命鴬さんの体中に張り付き、生臭い粘液を塗りつけ、表面にある小さな吸盤で吸い付き、しゃぶり上げ。命鴬さんの全身、触れていないところがないほどに密着して刺激をはじめ。
【GM】 人でも、動物でもない異形の責め。その快楽を命鴬さんに刻み付けていきます。
【命鴬】 【命鴬】「いや…ん…だめ…全身刺激されて…ふわぁ…また・・」と、いうと肉壷の中でまた射精をする、そのたびに命鴬の肉棒は淫らにそして凶悪なものへと帰られる
【命鴬】 【命鴬】「あん…ん…いい…だめ・・・これ以上感じたら戻れなくなっちゃう…やだ…したいことも見つかってないのに・・」と、涙を流しつつも与えられる快楽に従いそして、拒絶の口をする
【GM】 ちゅぷん。人差し指を咥えられる感覚。触手の一本の先端がへこみ、そこに指を咥えこんでいるようで。粘液まみれの触手内は生暖かく、しゃぶり上げられ吸われる度に体が震えてしまうような愉悦を感じてしまいます。そして咥えられているのは人差し指だけでなく、中指、薬指、小指と増えて。そしてそれが足に、腕にと変わっていきます。触手内で無数の襞に吸い付かれ、こすり上げられ、しゃぶりつかれ。肉棒に与えられているまるで膣内で責め
【GM】 られているような痺れるような愉悦を体中から与えられ。
【命鴬】 【命鴬】「あ…もうだめ…」与えられる快楽に待機レズに「頂戴…もっと」とねだってしまう
【GM】 ぢゅぷり。十分にほぐれた膣穴に、触手の一本がもぐりこみます。肉棒というには細すぎるそれは、膣襞を優しくこすり上げ、襞一本一本に吸盤で刺激を与え。そして入り込む触手は次第にその数を増していき、まるで巨大な肉棒が入ってるかのように牝肉を前後に、左右に膣内を大きく広げ。
【GM】 ひくひくとひくつく蜜壷に、命鴬さんの腕ほどもあるかと思うほどの肉棒が、勢いよく膣肉を抉り入り込み。ごづんっっ!!命鴬さんの体が浮き上がってしまうほど激しく、子宮口を小突き上げ。じぃぃぃん・・・。体中がしびれるような女の悦楽を命鴬さんの体に伝えてしまいます。
【命鴬】 【命鴬】「あぁん…」優しく膣へ機をこすり上げられると愉悦に染まった声を上げてしまいそして、肉棒を入れられると「ほぐぅ…っ…っ!」と声にならないあえぎ声を上げて肉壷の中で自ら腰を動かしてしまう
【GM】 ぐりゅっ、ごりぃっ。子宮口を執拗にこすり上げる巨根。膣肉を押し広げていた触手が膣壁の隙間からにゅるりと伸びて。子宮口にもぐりこむと。むりやり肉輪を広げてしまいます。そしてその開いた子宮への扉を亀頭は勢いよく貫いて。ごつんっっ!!子宮底を強烈な勢いで打ちつけてしまいます。
【命鴬】 【命鴬】「あっ…ひゃん♪ん…すごい…あ…出して…出して…」と、メスの本能に支配されて知るのか自ら、中に出してくれるようにせがんでしまう。
【GM】 その言葉に呼応したのか…びゅるるるるっっ!!!すさまじい勢いで白濁液が子宮内に満たされていきます。子宮底に押し付けられた亀頭からふき出す白濁は、目もくらむような衝撃と熱さで命鴬さんの脳内を焼き尽くし。ねっとりと子宮壁に張り付く精液はその粘液の感触まで命鴬さんに伝え。同時に、膣壁に絡みついた触手たちからも放たれる粘液が膣襞一本一本までもしゃぶりつくして。命鴬さんに異形の悦楽、種付けの快楽を教え込みながら、大
【GM】 量の精液を放ち続けています。
【命鴬】 【命鴬】「あぁ…でてる…獣の精液が」といってその愉悦に身をゆだねてしまっている
【GM】 では、次のターンっ
【GM】 命鴬さん、どうぞっ
【命鴬】 魔獣にツイスター+マジックインパクト+ポテ7
【GM】 はいっ
【命鴬】 5d6+7d7+5
"(kuda-dice)  -> 5D6+7D7+5 = [4,3,1,6,2]+[2,4,7,3,5,7,4]+5 = 53"
【GM】 はいっ
* topic : [命鴬(8)]
【GM】 命鴬さんの体から放たれた攻撃。それを受けた魔獣がびくんっと激しく痙攣をして。
【GM】 ゆっくりとその巨体が横へと倒れていき・・・。すさまじい地響きと共に横倒しになった魔獣の体から、命鴬さんは弾き飛ばされます。ころころと数度転がり何とか止まった体。
【GM】 顔を上げると、魔獣はぴくりとも動かずに、その場に横たわっています。
【命鴬】 【命鴬】「やったの?」と、快楽に染まった体を持て余しながら魔獣を見る
【GM】 全く動かない魔獣。どうやら何とか倒せたようで。
【GM】 周囲からの喧騒ももはやなく、教導団も魔獣を倒し終えたようです。
【命鴬】 【命鴬】「ノエル様も、皆も終わったみたい…」と、少し右足を引きずりながら馬車のほうへ歩いていく
【GM】 たどり着いたときには、ノエルたちも命鴬さんを探していて。裸の命鴬さんに、服を持って慌てて駆け寄るノエルとリエッタ。ノエルは盛大に転んでいましたが、それはそれ。
【GM】  
【GM】  
【GM】 エンディング
【GM】  
【GM】  
【GM】 どうやら任務はこれで終わりのようで、彼らと共に帰路に着く命鴬さん。
【GM】 リエッタと、ノエルとさまざまなことを語り、たまに教導団のメンバーの経験談などを聞きながら。
【GM】 最初に彼らと会った場所。教導団の駐屯地。何だかかなり長い時間離れていたような気もしますが、ようやく剣舞桜へと帰り着くことが出来ました。
【GM】 【ノエル】「はい、これで研修は終わりですっ。お疲れ様でした。」駐屯地の入り口で命鴬さんを見送るノエル。人懐っこい笑みをその美貌に浮かべて命鴬さんを見ています。
【命鴬】 【命鴬】「ありがとうございました、ノエル様。」と頭を下げる。そして命鴬もすぐに都市相応の笑みを浮かべるが、ノエルが持ってきた服は少し小さめで命鴬の大きな胸がことさら強調されている
【GM】 【ノエル】「いえ、私は特に何もしていませんし。」笑顔で軽くひらひらと手を振るノエル。そしてその笑顔のまま。「自分だけの目標が見つかるといいですね。」心から案じている声をかけて。
【命鴬】 【命鴬】「いえ、ためになるお話を聞けました。ただ、どこまでも極めてみようとは思いました、ノエル様。」
【GM】 【ノエル】「そうですか。」こくりと頷き。「貴方が道に迷うことないことを、その拳が曇ることがないことを祈ってますよ。」
【命鴬】 「命鴬】「はい、ノエル様、どこまでもその道を進んでみようとおもいます。」と、にこりと笑う
【GM】 【ノエル】「ええ。…それでは。」一歩引いてから小さく笑い。
【命鴬】 【命鴬】「ノエル様…またご一緒できると良いですね。」
【GM】 【ノエル】「武芸者として生きていく道で、またそのようなことがあるかもしれませんね。」そう答えると。「それでは。無理をせずに頑張ってくださいね?」そう言うときびすを返し、駐留地の中へと戻っていくノエル。
【命鴬】 【命鴬】「あ…はい(小声で)ん…なんだろ・・・あれから体がうずいて……」と、つぶやきますね
【GM】 櫻黎さんの強さ、ティスファの強さ、そしてノエルの強さ。
【GM】 短い間に3種の力を見せ付けられた命鴬さん。
【GM】 求める力は何なのか、なぜ求めるのか?
【GM】 思い悩む命鴬さんの答えが出るのは、まだ先なのかもしれません…。
【GM】  
【GM】  
【GM】 ランドリューフ戦記外伝 『龍華戦記』
【GM】  
【GM】 力の意味
【GM】  
【GM】  
【GM】 おしまいですっ