-------- 09-08-29 13-14-03 Logging started.
*Wat-chi Topic : ルーシィさんセッション
[Wat-cGM] …あれ、まいったな、ラムゼーの数値がみあたらない…ちょっとまってくださいな
[Makot____] はーい
[Wat-cGM] 2d6
[Wat-cGM] 2d6
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6 = [2,6] = 8
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] -アナウンス-
[Wat-cGM] これから出産シーンとかもあるセッションをするよ、ニガテな人はこのチャンネルを閉じ閉じすると幸せになれるとおもうよ
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] アナウンス終り
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] ランドリューフ戦記 -新婚さんに、愛の篭ったお届け物-
[Wat-cGM] はじまりはじまりー
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] そんなこんなであの街でうっとり生活を送っていたるーしさん、あの後アジャトカ達は傭兵として戦地に出て行ったわけですが…
[Wat-cGM] (最終回に向けてやなフラグを建ててみるテスト
[Wat-cGM] それはそれとして残った衛兵部隊の隊長らむぜーさん、あいからずカリカリしてはいるものの少々丸くなったご様子で、街での人気もそれなりに出てきました
[Wat-cGM] あいからずるしーさんはニガテなようですが、女性の目も気にしてこっそりオサレなどにも気を使うようになってきたのはよい影響でしょうか
[Wat-cGM] そんなある日、【ラムゼー】「あー、静粛に、私が休暇を取るのがそんなに嬉しいのかお前達」 [衛兵達]「いいえ!これで羽を伸ばせるなどとはこれっぽっちも!」
[Wat-cGM] ラムゼーさんが急に休暇をとる事になりました、なんでもお嫁さんが少し調子がわるいということで、看病に帰る事になったとか。帰るには大きな森を迂回して、2週間もかけて帰省しなくてはなりません
[Wat-cGM] この大きな森はラムゼーほどのテダレでも独りでは抜けるのが困難な場所、そう、独りでは…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「なぜお前がついて来るんだ…そりゃ二人も居れば森を抜けてすぐに帰れるが、お、お前がついてくるとは聞いていないぞ!」
[Wat-cGM] ↓Go!
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んふふふぅ、そーんな邪険に扱わんとといてぇな。うちら、ガキまでこさえた仲やないのー♪」むにゅ、でっかく膨らんだ、褐色の肌にピンクの妊娠線の走ったお腹に手ぇあてさせて「こんなかには、あんたん赤ん坊もはいっとるんよー?」ほれほれさわってみー?ってな感じでラムゼーさんにお腹を押し付けちゃいます。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「し、知ってるよ!頼むからその事は言うな…うう、魔族なんかに手篭めにされて…僕はイルマに何て言えばいいんだ…   わ、動いた…     」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ま、イルマもうちの事孕ませたことあるしおあいこやな。」ボソっと小さい声。ニヤニヤしながら、聞こえないように。いつばらそっかなーってワクワクしてます。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んふふふ、おーきくなって来たやろ。この分ならもーすぐ出てきそうやな…。」ぎゅー、抱きしめるとラムゼーの頭が、やわらかーいお腹の中にむにゅっと埋まり。「…赤ん坊は初めてなん?」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「あ、あたりまえだっ!んむぁ…や、やめろっ!あ、ふぁっ… 」ぎゅーっとやわらか肉に押し込められれば甘い声が零れたり、街に居た時よりすこーしだけ感度が良いような…
[Wat-cGM] この森は迷い込んだ旅人を捕らえて離さない恐るべき森で、一説によればこの森に入れば死んだ恋人に会えるとか、どんなに仲たがいしたカップルでも愛を取り戻すとか言われています
[Wat-cGM] 何か瘴気による悪い仕掛けでも働いているのかもしれません、初日は特に影響もありませんでしたが…?
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んふふふ♪ウチも丁度イルマの顔見たくなったところやし…ま、短い間やけどよろしくな?」すすす、とふとももの内側を大きな指がうしろから、玉袋へとなぞってから。「色々…な?」ぎゅー。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ひゃぁっ!?や、やめんかっ!いいか!道中僕から必ず3m離れてあるけっ!か、神よ…僕に悪魔の誘惑に耐える力を…!!」ずばーっと逃げて距離をとるらむぜーさん、そんなこんなで1日目は終わるのでした
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] というわけで1日分森に分け入って、戻るのもぱっとは行かなくなった頃に、森の罠発動だよ!1日ごとに1Rくらいののんびりペースで戦闘するので最初は罠と気づかずにいてもいいよ!
[W07_Lucy] ほーいっ!
[Wat-cGM] 愛の鎖の森:ビショップ級罠
[Wat-cGM] TP78/任意/攻撃2d6+10 <マルチアタック><隠蔽(知力判定可)><雌豚狩り><誘惑><淫毒>
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…不意打ちを避けるために知力判定からどうぞ!
[W07_Lucy] 2d6+1 ラムゼー後はまかせたー
[kuda-dice] W07_Lucy -> 2D6+1 = [6,6]+1 = 13
[W07_Lucy] クリティカル Σ
[Wat-cGM] 目標は12ウボア
[Wat-cGM] 2d6+2 【ラムゼー】「ぼ、僕だってニガテなんだ!」
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+2 = [6,5]+2 = 13
[Wat-cGM] ∑何だお前ら
[Wat-cGM]  
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「どーやら…バケの皮が剥がれて来たみたいやな。」ただの森じゃないとは聞いていたけどっ…!
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「(ふんふんふーん、なんかカモってカンジの子達が…今月のミアスマ供給源はあの子達で決まりね!ニマニマ!)」
[W07_Lucy] ふつーにてくてく歩くフリをしているが、怪しげな雰囲気にはしっかり気付いているぞー!
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「うう、お前に後ろを任せるのか…(こ、こら!女を先に歩かせられるか!僕の後ろに居ろ!)」あわあわ追っかけてくるらむぜさん
[Wat-cGM] では…こっちはイニシアチブゼロなので、そっちから解除判定どうぞ!
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「なーんや、守ってくれるんかぁ?」くす、ちょっと嬉しそうに笑ってから。「頑張れ頑張れ…おとーちゃん?」後ろから軽く手ぇまわしてぎゅっとしたげるー。
[W07_Lucy] えーと
[Wat-cGM] この森は森全体で襲い掛かってくるので、急いで抜けようとするとか、森に色々みせつけてやるとk
[W07_Lucy] ランページフィスト
[W07_Lucy] 10+2d6 体力で まずは小手調べー
[kuda-dice] W07_Lucy -> 10+2D6 = 10+[4,4] = 18
[Wat-cGM] 直接攻撃でなくてもなにこれと理由くっつけて解除判定という名の攻撃しちゃっていいよ
[Wat-cGM] 2d6+8 ラムゼー解除
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+8 = [4,2]+8 = 14
[Wat-cGM] では…まずは18点と14点いただいtぎゃぁ罠に巨大つけてない
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んふふふぅ…♪」ぎゅむぅーっとラムゼーの後頭部をでっかくてやーらかい塊が包み込みます。ラムゼーが解除にやる気出るように応援…もといセクハラをですね!
[Wat-cGM] んー、罠のTP的に巨大つけるスキマがねぇ…二人から攻撃できる、ってことにしてナイト扱いにしてもらうか、データミスすみませぬー
[W07_Lucy] ほーい!
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ふひゃぁぁっ!?や、やめろっ…こ、こいつら僕らのこと見てるんだぞっ…」ぞくぞくとその手指に声をうわずらせ、白い喉をふるわせちゃったりするらむぜーさん
[Wat-cGM] 怪しげな果実の放つ香りやなんかを上手に避けてどんどん森を進んでゆきます
[Wat-cGM] では…はんげきするよ!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 2d6+10 淫毒つき!雌豚狩りついてるんで、途中でアクト入れるとダメージ増えまする
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+10 = [4,5]+10 = 19
[Wat-cGM] 2d6+10 マルチアクション2発目淫毒つき!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+10 = [1,4]+10 = 15
[Wat-cGM] 2d6+10 マルチアクション2発目淫毒つき!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+10 = [6,6]+10 = 22
[Wat-cGM] うわ一回多かった
[Wat-cGM] 19点15点お二人にどうぞ!
[W07_Lucy] 腰AP0 その他0で
[W07_Lucy] 2個目の後に
[W07_Lucy] 視線の檻  種付けの快楽!
[Wat-cGM] らむぜーさんは残り60点
[W07_Lucy] 種付け快楽のほうは誘う色香で条件なしー
[Wat-cGM] アクトいただきました!
[Wat-cGM] 種つけるのはだれがよいー?
[W07_Lucy] んーとねんーとね…。
[Wat-cGM] そして出産はまだ了解した
[W07_Lucy] ラムゼーさんの他に、誰が候補になるんだろう…w
[Wat-cGM] 森全体が敵なので木でもキノコでもシシガミ様でもなんでも言った奴勝ちです
[W07_Lucy] がちむち猪獣人に集団レイプ。らむぜーさんは雌に、ルーシィは雄に(笑)
[Wat-cGM] これだからまここさんは!アクト希望いただきましたー
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 順調に進んでいたお二人、しかし行く手を怪しげな沼に遮られてしまいます、しかも沼の中に張り出した陸地を歩いてしまったらしく、戻らねばならないことに…【ラムゼー】「僕だけなら飛んで渡れるのに…」ジト目でるしーさんのでかい身体を見上げるらむぜーさん、仕方なく戻ろうとすると…?
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「しゃーないやろ、うちは4人分やで、四人分。」ぽんぽん「うちが重い理由の三分の1くらいは、あんたがうちの事、妊娠させたせいなんやからな。」と、戻ろうとすると…。「んぅ…?」
[Wat-cGM] 【猪部族人】「ブフルルルルルル…」「ゴフぅ」いつの間にか周囲を完全武装の猪人に囲まれていたことに気がつきます、男達の中にはるしーさんですら見上げる体格のものもちらほら、【ラムゼー】「うるさいなっ!い、いいから駆け抜けろ!僕がひきつける!」
[Wat-cGM] 【猪部族人】「ブガルルルゥ!!!」一斉に襲ってくる蛮族達、全身を泥のタトゥーで覆っている彼らの獣臭を嗅いでいると、なぜか全身が熱く火照ってくるのがわかります
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ま、まってぇな。うちは走ったりするのはぁっ…。」どすどすどすどす、ラムゼーと一緒に駆け出そうとしますが。
[W07_Lucy] そのスピードはお世辞にも速いとはいえません。ぶるんぶるん揺れる、巨大な腹とおおぶりの果実。ルーシィの褐色のおおきなおっきなお腹に刻まれた子孫繁栄の呪術文字が、同じ蛮族の猪さん達にも見えちゃったりして。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「な、なんだこいつら…ふぁっ!?へ、ヘンなとこさわるなっ!!う、うぁっ……き、キツい臭いがっ…や、めろぉっ…」雌達5-6人にたかられてあっという間に黒い獣毛の向こうに見えなくなるらむぜーさん、しかしるしーさんもラムゼーさんの心配ばかりしてはいられない事態
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ、ラムゼーっ…!」黒毛の向こうに消える相棒に声をかけるが…自分の方とて窮地には代わりなく。「…んぅぅぅ…」ずさ、と後ずさり。自然とお腹を守るように手をやって。
[Wat-cGM] 【猪部族人】「グルルルルル…♪」同じような文化を持つ彼らにはるしーさんのタトゥーの意味がわかるようで、一斉に表情を歪めると、牛と猪の合いの子でも構わないのか、一斉に組み伏せ、獣臭いペニスを一斉に腹に、顔に、股間におしつけ、るしーさんの汗の浮く肌を亀頭で汚してきます
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んあっ…ん、んむうぅぅっ…。」かぽ、と口に押し込まれる獣臭い逸物。押し込まれた表紙にぬとおぉぉっと舌の表面が亀頭をなぞると「ん、んうぅぅ…。」しょっぱいような苦いような、でも何故か身体の心からじんっと熱くなるような物を覚えて
[Wat-cGM] 顔を背けようにも身体の底からかぁっと熱くするような情欲がるしーさんを一気に雌へと落とし込み、周囲の猪達のドリルペニスがまるで自分を世話しろと命令しているような…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んふうぅ、ふぅっ…。」じゅぶ、じゅるるるっ!音を派手に立ててほおばるのと同時に、両手が手近な雄の肉棒をにぎってしごきはじめる。「んはぁ…んむうぅぅっ…!」
[Wat-cGM] 【猪部族人】「ナメ…ロ♪」「コシ…ヒラ、ケ♪」高圧的に命令しながらも、有無を言わさぬ強力でむりやりに口をこじ開け、股を開かせてペニスをねじ込んでくる獣人達、ずぶぐぐぐぐぅぅぅぅぅーーーーーーーーーーー!!!!!子供の出てくるための穴と、食事を食べる為の穴が、精処理穴として使用されてゆく
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んむううぅぅぅーーーっ!!」しゃぶりながら漏れるくぐもった悲鳴。しかし同時に、凌辱され征服されて、子を宿すための穴は犯される喜びにもだえくるい、濡れ濡れの感触、喜んでいる事を否応無く挿入した雄に伝えてしまい。
[Wat-cGM] 【猪部族人】「グフゥゥゥゥっ!!!♪」「ハ、オオォッ!!♪」心地良さそうな声がそこかしこから上がる、機嫌の良い嬌声とは異なり腰使いと、ルーシィをがっしりと捉える腕の力には全く手加減がない、ルーシィの状態には全く構わず、全身をへし折られるようなピストンを送り込んでくる「グゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーーーーーーーーーー!!!」「ゴォォォアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ふっ…ふうぅぅっ!!」ぐむにゅうぅぅ…。暴れまわるような突き入れに悶え、赤ん坊を守ろうと挿入する雄の背中で足を組んでぎゅっと締め付ける。それは同時に種をねだる雌の仕草で…。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んむうぅっ…んんっ!!」自分を取り囲んで、ぐいぐい押し付けられる無数の肉槍。全身が子宮になったような、触れられるだけで妊娠してしまいそうな錯覚を覚え・・・。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「や、やめろぉっ…こ、壊れっ…せ、精霊っ!こいつらをんぶむぅぅぅっ!?ふぁぁぁーーーーーっ!!イルマっ!い、いるまぁぁあっ!!」陵辱肉の壁の向こうからはラムゼーの甲高い悲鳴も聞こえてくる、どちゅんどちゅんという杭を打ち込むような音はラムゼーが立てさせられている音なのかルーシィが立てている音なのか
[Wat-cGM] 【猪部族人】「グルルルルゥゥゥゥっーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!♪」「ゴホオオォーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!♪」女を組み伏せる高揚と、ルーシィの極上の肉のもたらす快楽に、雄達が口々にペニスをぎっちぎちに固め、全身の筋肉を強張らせる、絶頂と射精が近いことを恐ろしい吼え声で周囲に告げて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…あうぁっ…。」臭くって熱くって、逞しくって乱暴で。林立する男根の種がみんなみんな自分の事を孕ませようとしているのを思うと、頭がくらくらするくらい嬉しくって。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ふううぅっ…んふうぅぅっ…!」雌として、ただ一匹の雌として、雄を喜ばせるべく腰をくねらせ、肉棒をほおばり、手に握った雄をしごいてしごいて。
[W07_Lucy] 子宮口がぶらさがり猪雄獣人のドリルペニスと口づけして、子種を直で流し込めるよう。新たな命の種を受け取る準備を始めてしまう。
[W07_Lucy] 子供を守るためにきゅっと締めた足が、子種を逃がすまいと絡みつくのと同様の動きで。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「駄目っっ!!イルマっ!僕っっ僕またぁぁぁーーーーーーーー!!」切羽詰った悲鳴はさらに壁の向こうからも、【猪部族人】「ブグルゥゥゥーーーーーーーーーーーーっ!!!」雌達の声も見る見る高まってゆく、突然ルーシィの視界が僅かに開く、目の前でペニスをしごいていた獣人が僅かに身体を反らし、雌獣人の上で必死にその白い身体を振ってペニスを抜き差しするラムゼーをルーシィに見せ付ける
[Wat-cGM] ニヤリと笑う獣人達はラムゼーとイルマを夫婦だと思っているのかもしれない、お互いの視線が交わった瞬間、二人の身体を絶頂と、ペニスを通る白い液体の衝撃が突き抜け…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んふうぅっ…ふぅっ!ふうぅぅっ…。」その姿から目を逸らし。夫婦でこそない物の、子を作った雄と雌ではあるわけで・・・。「んうううぅぅぅっ!!」その瞬間、駆け抜ける白濁の感触。種を付けられるメスの喜び、新たな子を宿す母の喜び、それと不安がごっちゃになって・・・。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「やめっ…ぁ…お、お前の…顔なんかでぇ…あ、だっ…だめなのにぃぃーーーーーーーーー!!」涙を溜めながら叫ぶ少年、罪悪感で目を反らすルーシィを守れなかったという痛烈な悔しさ、しかし淫毒臭で高ぶらされた少年の身体は全く言う事をきかず、ルーシィの目の前で同じように被虐の悦びに染まってゆき…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んんんっ!!」子宮を上っていく精液の感触。逃げられない、出されちゃう。孕んじゃう。妊娠しちゃう、この野蛮で臭くていやらしい、乱暴な猪の子を、ラムゼーの見てる目の前で・・・!
[Wat-cGM] 【猪部族人】「ッグォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!♪」「ゴォォォホォーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!♪」 「グルァァァァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!♪」「ブグゥゥゥゥゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!♪」悔しささえ快楽に変えようとするような滅茶苦茶なつきこみが、ついに周囲の獣人達の絶叫とともに、屈辱の種付けと言う形で終りを告げる
[W07_Lucy] 精液と一緒に駆け抜けていく、暗い悦びと諦め、犯される雌の喜び、そして…子を宿す母性。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…んあぁっ…あっ…ああぁぁーーっ!!」腹の奥へと流れ込んでいく猪の子種。撒き散らされ孕んだ腹を、端正な顔を汚していく精。
[W07_Lucy] 子宮の奥へと流れ込んでいく熱さに、全身で妊娠するようなほわっとした感覚を覚えながら…。
[W07_Lucy] --------ええんよ、あんたに罪は無いんやから。
[W07_Lucy] そっと、腹の中に芽生えた新しい命に…快楽の渦中、朦朧と消えていく意識で…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ああーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!く…そっ…牛女…めぇっ…!!」ルーシィの痙攣する汗まみれの身体から目を反らすこともできずに雌獣人に搾り取られて絶頂を告げる少年が、悔しそうに愛おしそうになんとか吐き捨てる、事後の弛緩した身体は抵抗もできずに猪女に抱きすくめられてしまう。周囲の獣人たちは絶望に震える二人をニヤニヤと見つめ…
[W07_Lucy] --------おいで、ぼうや。
[W07_Lucy] す、と。焦点の合わない顔で空を見上げながら。そっと、腹を撫でた。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…出産シーンを入れて、終わったら2ラウンドで!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「おい、おい…牛女、起きろ!大丈夫か!?」肩をゆすられて目を覚まするしーさん、周囲を見れば先程の沼のほとりのようです
[Wat-cGM] 周囲には獣人達の姿は無く、恐らく先程の陵辱劇で満足したのでしょう、しかし旅に必要な食料やコンパスなどは奪われ、お互いに悲惨な様子…そしてるしーさんの身重の身体には大変な異変が訪れています
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あ…んぁ…。んんっ!」目を開けば、未だにジンジンと痛む膣穴の強姦の痕。「…いたっ…。」と、思わず下腹部を押さえると。
[Wat-cGM] 予定よりもはるかに早い陣痛です
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あっつぅ…!」違う、犯されたところが痛むだけじゃなくって…「…ラム…ゼ…。」みち、みちいぃっ。「…お腹…んんっ!!」お腹自体が軋むような痛み。どくん、どくんと鼓動が早まって、腹が熱く熱くズキズキと痛み出し。「産まれるっ…!!」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「済まない…僕が不甲斐ないばかりに…ど、どこか痛むのか?」心配そうに見下ろしてくる少年、こんな状態で見上げていると可愛い顔もとても精悍に見えてくるもので…少年にも森の瘴気が働いているのでしょう、心配げに覗き込む瞳もどこか潤んで色をたたえています
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「な…っ!?」あわてて周囲を見回す少年、もちろんこんな場所で助産婦など望めるものではなく…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「でてきてまぅっ…んんっ!生まれちゃ…んんっ…!」はぁ、はぁ…。肩で息をしながら、お腹を押さえて。「…さすって…んんんっ!!」ぎしっ!お腹が裂けるのではないかと思えるような痛みが、下腹部に集まり。ぎしっ、ぎしっ。中の子が動き出すのが、腹の上からも見えて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「くそ…っ!あいつら身重の女になんてことを…!!」手を握り、背をさすり、腹を楽にしようと優しく掌を乗せて撫でることしかできないラムゼーさん、悔しげな表情…でもその掌からはるしーさんを気遣う気持ちが、魔力が溶け込んでくるようで
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ごめんな…ラムゼ…うち、お腹にあんたの子がいるのに…んんっ!」ぐりっ、ごりっ。腹の中からスイカが出てくるような、重い重い痛み。「…あっつうぅぅっ…。」
[Wat-cGM] ひときわ大きな猿獣人との子供が、まるで母の子宮に侵入してきた猪獣人の精液に癇癪を起こしたようにぐりぐりと動き、精液を押し出し産まれ出ようとさかんに身体を動かしている
[Wat-cGM] つられるように一回り小さい子供が暴れだし、それらの合間を潜り抜けようとするようにスライムとの合いの子が、その淫毒を含む身体でじわじわと母親の性感を掻き立てながら外へと移動し始める
[Wat-cGM] アジャトカの悪戯で第二の子宮で孕んだラムゼーとの子が、肉膜を隔てた隣で始まった異変に、ぐりぐりと活発な動作を開始し、さらにルーシィを苦しめる
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…だめやっ…暴れたら痛っ…!んんんっ…!!」くぱああぁぁっと、二つの子宮で暴れる赤子を手で軽く抑えながら、ひっひっ、ふうぅぅっ…。いきみ、いきみ…何度もいきむと。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「……っ」時折動くるしーさんのおなかを、感動と畏怖の入り混じった目で見つめながら、ぎゅぅぅっとるーしぃさんの頭を抱きかかえ、すこしでも苦しさを紛らわそうとするらむぜーさん
[W07_Lucy] パァァンッ!!膣穴の中の子供達を包んでいた羊膜がはじけ飛び、猪雄獣人の精液と共に流れ出す。血と、生臭い羊水と…なにより鼻を突くほど雄臭い獣人の精液がまざった液体が、またぐらの中から溢れ出し
[W07_Lucy] 臍の緒で繋がった子供達に、子宮口の向こうから光が差し込んで…。
[Wat-cGM] ぐりぃ、母親がいきむたびに、それに力を得て入り乱れながらわずがずつ下がってきていた子供達が、やがて綺麗に膣道に列を成す、僅かに身体が楽になり…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ふうぅっ…そう、ええ子や…んんんっ!!」ぐぐぐぅ、と下腹部に力が篭める。母の腹の中から外の世界へと送り出す、力強く、新しい命をこの世界に送り出さんと至急が収縮し、膣肉が広がり伸ばされきって。
[Wat-cGM] ぐぎゅぅぅ、と小さな弟の頭を乗り越えてきた猿獣人との子供が、子宮口を抜けて、下がりきった子宮のせいで短くなっていた膣道を一気に滑り抜ける、最早産痛に麻痺した膣道は何の痛みもルーシィに伝えず…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ・・・んああぁっ!!」生まれてくる赤ん坊を後押しするように、強く強くいきんで、送り出す。
[Wat-cGM] ぷぴゅ、と一瞬鼻と口から羊水を吹き漏らし、わずかにぐずった後…    【猿娘】「ンゥーーンゥーーーー、んっ…んっ…   んぎゃぁぁぁっぁぁぁっぁぁぁーーーーーーーー!!!!」
[Wat-cGM] 【猿娘】「んゥーーーーーー!!んぎゃぁぁぁーーーーーーーーー!!!」【ラムゼー】「す、凄い…   ∑って、うわっ!し、静かにしろっ!い、今敵に襲われたら…っ!!」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あ…はぁ…一匹…っつぅっ…。」腹の中から出てきた赤ん坊を抱こうとするが、伸ばした手は届かなくて。「はぁ、はあぁぁ…。」ラムゼーの腕の中で脱力し…。チョコレート色の肌には、いくつもの汗の球が出来ていて…。
[Wat-cGM] 慌てるラムゼーさんをよそに、さらに産道をスライムが、産痛をわずかにちくちくする快楽へと変えながら滑り降りる、そして一回り小さな子が…
[Wat-cGM] 第二の子宮でいやいやをするようにもぎゅもぎゅ蠢くらむぜーさんの息子に邪魔されて引っかかった
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] ここで意地悪に第二ラウンド突入!
[W07_Lucy] で、ではさっきのシーンアクトで出産を宣言しておうか…!
[Wat-cGM] アクト宣言うけたまわった!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「(じーっ)」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「な、なんだあいつ…うわっ!」ぴゅん、小さな小さな矢が二人に飛んできて、腕にぷつりと刺さる
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「私はウツボカズラの精だよー、ここに入った人を外に出さないのが仕事なの、んふふー♪それは恋人の矢だよー、なんだかあんまり仲よくないみたいだし、夫婦仲良く末永くここで暮らせるように、協力してあげるっ♪」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あ…!」その小さな矢が赤ん坊に刺さったら。そんな恐ろしい想像から赤ん坊を抱きかかえ、ラムゼーの身体にしがみ付く。「……はぁ、はぁ…。」その姿は、出産と強姦で消耗しきった様子で…。
[W07_Lucy] ぎゅう、としがみつく。恋人の矢にそんな効果は無いのだろうが、それすらわからないほどに憔悴しきっていて・・・弱っていて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「夫婦っ!?ち、違…こ、こいつは、僕の子供を確かにお腹にかかえてるけど…あっ!」急にしがみついてきたルーシィに目を向けたらむぜーさん、その目が大きく見開かれる
[Wat-cGM] その途端にくりっ?とお腹のなかのらむぜーさんとの子が動く、目の前の少年との子…それが実感としてルーシィさんの下腹から暖かい満足感をもたらしてくる、さらに二人で抱えるアジャトカとの子がむずがって泣けば、それはどう見ても夫婦の絆を二人で抱える夫婦の姿で…
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「  あ、   ああ…っ  」目の前の少年の顔がきゅぅぅっと自分への愛しさで染まってゆくのが見える、自分を抱きかかえる腕にきゅっと力がこもり、この森を抜けるという目的が頭から溶けて消えていくのがとても自然なことのように思えてきて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んうぅ…はぁ…はあぁ…。」下腹から流れ出す暖かい感触に愛しさがこみあげていき「…ラムゼ…。うち…がんばるから…。」ぎゅう、しがみついたまま腹を抱えて、搾り出すように言う。「頑張って…産むから…。」
[W07_Lucy] 顔を見上げながら…にぃ、と母親の顔で微笑んで…。そうだ、この人の子供なんだ。うちが、産まないと…!
[W07_Lucy] ひっひっ、ふううぅぅ…。深く深く息を吸って、腕の中でふたたびいきみだし。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では、二人を産むのをこのラウンドの解除判定、らむぜーさんはウツボカズラ子さんをおっぱらうのが解除判定として…
[Wat-cGM] ダイスロールお願いいたす!
[Wat-cGM]  
[W07_Lucy] さっきとおなじくで
[W07_Lucy] 10+2d6
[kuda-dice] W07_Lucy -> 10+2D6 = 10+[1,1] = 12
[W07_Lucy] ギャー!
[Wat-cGM] 2d6+8
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+8 = [5,4]+8 = 17
[Wat-cGM] ちょw だめですよここで末永く暮らしちゃ!
[Wat-cGM] 29点頂いて…
[Wat-cGM] 残り3点!
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んううぅっ…出てくる…あっ…らむぜぇ…。」ぎゅうぅぅ、とその手をしっかり握りながら。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「あっ…ああ… っく!お、お前はあっちへ行けっ!これ以上おかしなことする気ならただじゃおかないぞっ!」しっかりその手を握り返すらむぜーさん、まるで自分以外に見せたくないとでも言うように妖精をおっぱらい…
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「お、お姉さん…しっかり…あ、ああ…」きゅぅぅぅ…っ!!とさらに感極まったようにおおきなるしーさんを抱きしめてくる、一生懸命背をさする左手から、本当に自分を、赤子を思っているのが伝わってきて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ふぁっ…んうぅっ…!んっ!あっ…ふあぁぁ…。」抱きかかえた猿娘の臍の緒の繋がる先、未だに膨らんだ腹の中から、外に出ようとする感触を感じながら。「だいじょうぶ、だいじょうぶや…ちゃんとみんな…元気に生むか…らっ…!!」そっと身体を密着させ、ぎゅうぅっと…。愛してくれる雄が近くに居るのが、これいじょうなく嬉しくって頼もしくって。
[Wat-cGM] くりりっ!お腹の中で、スライム娘に包まれた小さな男の子が母親の胎内で壁一つ隔てた隣室の弟の身体を乗り越える
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「はぁ…はあぁぁっ…!!」ふうううぅぅっ!強く強く下腹部に力をこめ、わが子に外の世界を見せるために、愛しい雄に子供を産む姿を見せるために…力いっぱい、外の世界へと押し出してやって。
[Wat-cGM] わずかに見えていた光に向かって短い産道を潜り抜ける赤子二人の歓喜が、膣道をこすられるるしーさんの脳に再び伝わって…
[Wat-cGM] 【猿娘】「んぅー、うーーー」【スライム娘】「ぷぽ;あ@」【人族兄】「んぇーーーーーーーー!!!んんんーーーーーぇぇぇぇーーーーーーー!!!」
[Wat-cGM] 【スライム娘】「くきゅ?」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「おいで…おいで…でておいで…。」さす、さす。腹を撫でながら…微笑みかける「…んううぅっ!!」ぐぶりゅうっ!粘膜に包まれた赤子が、胎の中から生れ落ち。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…う、わぁ…」三人並んだ別々種族の赤子達に、顔の隣で少年が溜息を漏らす、手を延ばして二人も拾い上げると、るしーさんの胸の上に優しく載せてやり…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「は、ふあぁぁ…産まれたぁ…。あと一匹…次は、あんたの子…やからな。」気合いいれんとなぁ…?疲れが見えるが、優しい母の顔で…ラムゼーに微笑んで見せて。三匹の子を胸元に抱え…吸われるに任せて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…お姉さんの子…可愛いね」うっとりと三人を見るらむぜーさん、自分との子のことを言われれば…「あ、その…う、うん…」少しだけ顔を赤らめて真面目な顔で頷いてしまうらむぜーさん、わずかにはにかんだその笑顔はとても幸せそうで…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では多分最後になる罠のこうげきー
[Wat-cGM] これに負けたら幸せのあまりここでくらしてしまうぞぉー
[W07_Lucy] やばい負けたい
[Wat-cGM] あはw
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 2d6+10 プラスここまでに使ったアクト数
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+10 = [4,6]+10 = 20
[Wat-cGM] 2d6+10 マルチ二回目、同じメニュー!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+10 = [5,6]+10 = 21
[W07_Lucy] 胸AP飛んだ!
[W07_Lucy] 24点HPだめぇじ!
[W07_Lucy] ラムゼーに<禁断の蜜穴> <つけられた種> <異形の交合> <肉便器>されて、赤ん坊に<尻穴奴隷>だー!
[Wat-cGM] らむぜさんは残り19点!
[Wat-cGM] ∑赤ん坊に犯されている
[Wat-cGM] アクト頂きました!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] ぎゅぅっ……!!!
[Wat-cGM] まるで抵抗でもするようにお腹の中のラムゼーの子の、肘と膝がひっかかっている【ウツボカズラ】「んー?そっちの子はしぶといですねぇー、もしかしてママとパパがここで暮らすのがいやなのかなー?」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あんたに似て甘えん坊なんやね?」ふふ、と笑ってからお腹を撫でる。「…母ちゃんの外にでとぅないって…言うとるわ。」くすくす笑い、比較的すんなり出た散引きと比べるように見てから、にまぁっといたずらっぽくラムゼーに笑いかけ。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「え…?」妖精の言葉に一瞬、そんな…とでも言いそうな表情でラムゼーが追い払っても追い払ってもまとわりついてくる妖精を見る、二人の脳からはここから出なくてはいけないという考えがもう殆ど抜け落ちていて…
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「ほらパパ、お兄ちゃんとお姉ちゃんが出てきてくれた穴があるじゃない、ここからおちんちんを入れて、ぎゅっ!!ぎゅっ!!って最後の弟君が出てくるの、手伝ってあげようよ!!」ぎゅぅぅっ!と今まで放置されていたラムゼーのペニスを握る妖精さん
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あは、それえぇなぁ…♪」くぱあぁ、と赤く広がる母親の穴。「…あんたの子供産みながら、あんたの子供孕むんやろ…?」へへへ…♪「そしたら…いくら産んでも妊婦さんやなぁ、うちぃ…w」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ふぁぁっ!!?だ、め、お姉さんは、お産で、身体弱って…!!」そう言うラムゼーの表情には、汗と羊水でてらてらになって上ずったと息を吐くルーシィの身体への純粋な愛おしさが溢れていて…
[Wat-cGM] どんどん森に取り込まれてゆく二人の心に必死に呼びかけるように、最後の子供は四肢をつっぱって母体に居残ろうと抵抗を続ける
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…おいで。らむぜー…うちに…もっかい赤ちゃん授けてや。」ラムゼーの白い肌を抱き寄せる、柔らかく太いルーシィの腕。「…あんたの赤ちゃん…。」欲しいんや。耳元でそう、囁いて。
[Wat-cGM] 【猿娘】「いぅぅーーーーーー!!!んぎゃぁぁーーーーーー!!!」【スライム娘】「あpmg:**----」【人族兄】「あぃーーーーーー!!あーーーーー!!」三人の子供達も、どこか不安そうにしているが…【ウツボカズラ】「はーい、お兄ちゃんおねえちゃんは私があやしていてあげますねーほーらあぶぶぶーーーーにんまり!」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「お姉さん…い、いいの…?んあぁっ!!♪」ゆっくりとのしかかってくる少年、どこか遠慮がちな表情、しかし耳元で囁かれれば…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ふふふ♪ええ子やぁ…。」すぅ、とラムゼーの逸物に触れる柔らかな指先、くぃ、くぃとカリクビを逆撫でし。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「は、ああ…前はお尻だったけど…お、お姉さんの…前の穴も、すご熱いいぃ…!!♪」導かれるままに前の穴に亀頭をくりりと押し付けるらむぜーさん、その瞬間にきゅぅっと全身が締まるのが見ていて心地のよい愉悦をるしーさんに与えて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…おいでぇ…。遠慮せんでええんよ…うちはあんたのお嫁さんなんやからぁ…。赤ちゃんだって、作ったやろぉ…?」
[W07_Lucy] 雄の触れた膣穴がくぷっと広がり…挿入の予感に襞肉がふるふるっと震えて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「お嫁…?お、お嫁さん…?んふぁぁっ!?♪す、ごい…くにゅくにゅなのに…ぎゅって…ぎゅってしぼられてぇ…!!♪」わずかに逡巡しながらの挿入が、心地の良い焦らしになりながらるしーさんの膣道をじりじりと進んでゆく。本格的に暴れ始めた後ろ穴の子の痛みもなぜかほんわりとした温かいものとしか感じられなくなってきていて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…そーや…お嫁さん…。あんたの赤ちゃんを産んで育てる…女の人や。」そう、今だけは。ぽそっとラムゼーにも聞こえないように呟いて。「あは、うごいとる…うごいとるよぉ…。あんたの子にも…もーすぐ合わせてあげっからねぇ・・・?」
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「んふふぅー?ほぉーら、キモチいーでしょー?ママをもっと気持ちよくして、パパももっと気持ちよくなろうよー」首筋をぞろりと赤い舌で舐め上げ、背筋を、内股を指先で愛撫しながらさらにさらに少年の性感をあおってゆく妖精さん、赤らみ、被虐の快楽に染まる少年の表情をるしーさんによく見えるように顎をくいぃと上げさせて、るしーさんの愛しさをさらに高めさせることも忘れない
[Wat-cGM] あ、ちょっと正気ロールされた!(指差し
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ふぁぁあっ!!だ、めぇっ…!!す、すごい♪すっごいよぉっ!!♪」徹底的に性感を高められた被虐の少年の抵抗もやがて途切れ…
[Wat-cGM] ぐ……つっ!最初の一突きが最奥まで届いてしまえば、もうその腰使いを止めることなど若い少年に出来るはずがない
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「んっくぅっ…!」ぐぷにゅうっ、下がりきった子宮口に逸物がめり込む感触に呻いて。「ああぁっ…!!」無我夢中で自分を犯す姿が、あえぐ姿がこれ以上無く愛おしくって…。
[W07_Lucy] ぎゅむううぅぅぅー…。
[W07_Lucy] 太い腕を背中に回して抱き寄せる。ぎゅっと、ぎゅっと…身体を密着させながら、包み込むような姿勢での性交。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ええんよ…ええんよぉ…みんなみぃんな…うちの中に…吐き出してぇや…。」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「はぁぁっ………っ!!♪だ、めぇ…っ!!お産の、お産してる最中のお姉さんなのにぃ………っ!!!」どちゅんどちゅんと、全身を満たす契約精霊との魔力さえ挿入への力に変えて一心不乱に腰を進める、描き出し、そのまま挿入するだけの若くて激しいセックスが、ルーシィさんへの思いだけを燃料にどんどん勢いを増してゆく
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「らむぜぇ…らむぜぇっ…おねーちゃんの事…もいっかい…もーいっかいっ…!」ぎゅううぅぅ、おっきなお胸が、赤子が生まれてやや弛んだ肉腹が、白いラムゼーの身体を包み込むように抱きしめて。全身を挿入しているような、暖かさがらむぜーを覆いこんでいって…。
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「んぅぅっ…っ!パパのミアスマも、すっごいおいしいよ…れるぅ…二人とも、ずっとずっと大切に飼ってあげるねー…!!♪」当てられたのか、妖精少女も息を荒げ、少年の肌を一心に舌で貪ってゆく、三人の性感がからまり、溶け合いながら絶頂へと一直線に上昇していって…
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「うぁ…………………………………………………………………………………っ!!!」ずっぐんんんnっ!!!最後の一突きと共に少年のペニスがぎちぃっと射精の準備に入ったことをるしーさんの膣が敏感に感じ取る、その予感だけで軽い絶頂がお互いの脳を真っ白に染めて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…!」軽く脳がホワイトアウトする感触。下がりきった子宮口がぎっちりとラムゼーの逸物をくわえ込んで、抜くのが困難なほどに固定する。子宮の奥が、無防備にラムゼーの亀頭にさらされて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「あぁーーーっお姉さぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんっ!!!」どくどくどくどくどくどくどくどくぅぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!
[Wat-cGM] 白く、汗で日の光を反射させる全身を限界まで反り返らせてるしーさんの名を呼ぶラムゼーさん、きらきらと汗を孕んだ金髪が振り乱されて…そして種付けする女性の腰を固定した腕は、雄としてしっかりと雌の身体への放精をどくどく続けてルーシィさんの身体を快楽で包み込んでゆく
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あっ…ああぁぁーーっ!!」無防備な子宮奥へと直接流れ込むラムゼーの子種汁。深く深く抱きしめたまま、再び雄を受け入れた事を震えながら悦んで…「あっあっ…!」こみ上げる声、嬉しくって、暖かくって・・・安らかで。
[Wat-cGM] ∑名前呼んでない
[W07_Lucy] 子宮の中から広がっていくラムゼーの体温、自分と混ざり合いながら、汗ばみ濡れそぼったからだの境界すらあやふやで。ただ、相手を確かめるようにぎゅっと抱きしめて。
[W07_Lucy] 1+2d6
[kuda-dice] W07_Lucy -> 1+2D6 = 1+[5,2] = 8
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「ひゃ…あぁ…すご…い、よぉー」くんにゃり、ずるずるとウツボカズラの妖精が腰を抜かしてラムゼーの身体にすがり付くようにしりもちをつく
[Wat-cGM] 王大人孕み確認!(指差し
[W07_Lucy] どくん。可愛らしいこの少年の子供が、再び宿ったのを胸の奥で感じながら…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ああ…お姉さぁん…このまま、ずっと…」うっとりと、少年がキスをねだるようにるしーさんのくちびるに顔を寄せていって…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…第3ラウンド…で、やっつけちゃってくださいな!
[Wat-cGM] 最後の出産ロールもそこでしてしまいましょうでする!
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…あっ…ラムゼ…らむぜぇ…。うちの事…好きか?」名前を呼び、抱きしめながら・・・。唇を寄せた少年に問いかける。
[W07_Lucy] 2d6+10 ラスト!
[kuda-dice] W07_Lucy -> 2D6+10 = [2,5]+10 = 17
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「うん……お姉さん…」
[Wat-cGM] 残りTP3であったゆえ…
[Wat-cGM] しんだ!
[Wat-cGM]  
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…せやったら…言ってくれへんか…。その…。」その、の続きはもそもそと。声にならない声で。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…愛してる…好き…お姉さん…もっとしよ…?僕、お姉さんをいっぱい…愛したい…愛してほしいよ…」囁くように愛を語って、少し男らしくなった顔がるしーさんのお顔に被さってゆく
[Wat-cGM] るしーさんの照れ顔に、ちょっとだけ微笑んだ少年の顔は、るしーさんの心を温かく包むもので…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…うん、うちも…。」頬に熱が篭るのを感じながら「…うちも同じ気持ちや。愛してるで…もっともっと…あんたの中にあるの…全部うちの中に…。」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…うん…いっぱい、全部…お姉さんのお腹、パンパンになるまで…」きゅっと二人の指が絡まり、唇と唇が溶け合って…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「全部欲しいんや…全部、全部…あんたの精子…うちのなかに…っ。」すぅ…むちゅっ…ちゅぷ、ぷはっ。「注ぎこんでぇや…。」むちゅっ…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…はぁぁぁあぁあ……僕達の子…おちんちんの先に、当たってるよぉ…」再び二人の律動が開始される、カリで掻き出すような二人の行為、膣壁を通して瘴気が伝播するのか、胎内の子供の抵抗も次第に弱まってゆく
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…出てくるぅっ…!」ずるっ、次第に滑り落ちるように子供が肛門…本来子を産むはずのない穴へと下がっていくのを感じながら「…産まれるっ…あなたに犯されて…赤ちゃん産んじゃうぅっ…!」
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「んむちゅ…わたしも、手伝って、んふぁ…、あげるね、ママさん…」れるっ………!さらに妖精少女の舌先が孕み穴へと化した尻門を舐めほぐしてゆく、三人のもたらす瘴気がついに最後の子の抵抗を打ち破り、直腸が子供によってみりみりと膨らんでくる異常な快感でルーシィさんを惑乱させる
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…おしり…ほじらんといてぇ…やめぇっ…でてきちゃうっ…もうすぐ…産まれるうぅぅっ…!!」尻穴がほぐされていく感触がくすぐったくって、きゅううぅっと逸物が濡れそぼったひだ肉に締め上げられ、抱きしめる手は強く強く自分をたったいま孕ませた相手を抱いて…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「お姉さん…っ!!僕もっ!!赤ちゃん…僕も赤ちゃん産むの…てつだってるぅっ……っ!!!」ぐりり、と移動してゆく赤子が、そのままラムゼーの裏スジを刺激し、少年の喉から甲高い嬌声を搾り出してゆく、【ラムゼー】「ああああーーーーーーーーーっ!!僕っ!赤ちゃんで、赤ちゃんでイっちゃうっ!!赤ちゃんでお姉さんまたはらませちゃぅぅぅっーーーーーーっ!!!!」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…来るぅっ…産んで…赤ちゃん産んで…孕まされてまぅっ…!!」赤子が肛門の向こう、今にも外に出ようとしているのを感じながら「らむぜぇっ…らむぜえぇーっ…!!」名前を呼んで抱いて、幸福と快楽の渦の中…ぎゅっと、離すまいと力強く抱きしめて…!
[Wat-cGM] 胎内の子供が身を仰け反らせ、まるで父親とともに快楽に翻弄されるように…、ぐりぐりと形を変える腸内の異物に腸壁を掻きしごかれながら、その異物が体外に排出される瞬間…異常な出産の瞬間への予感がるしーさんを埋め尽くす、ぎゅぅぅーーーーっ!!!と抱き返してくるラムゼーの体が再びの射精の予感にぎぅっ!!!と引き締まって…
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「おねっ…さんっ…!あかちゃぁんっ…僕我慢しなきゃ、いけないのにっまた、またぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…あっ…!!」赤子を外の世界に産み落とすその瞬間、次なる赤子の種が子宮口に固定された肉棒を駆け上るのを感じて「…ああぁぁーーーーーーっ!!」産み落としては孕まされる、ケダモノの雌に堕ちきって…。
[W07_Lucy] ぐぐうううぅぅぅっ!!そして、全身全霊の力を込めてひりだす。自分の子を、自分の腹の外へと…。
[Wat-cGM] ぐっぷぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!少年の肉棒から爆発するように噴き出された白濁液が、さらに子宮を膨らませ。膨らんだ子宮が腸を上から圧迫して赤子を押し出してゆく
[W07_Lucy] 肛門のシワが広がりきって、まるい円形の穴へと変形し…そこを。
[Wat-cGM] 【人族弟】「んぁっ…んぅ…、、、                              ん、んあぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!んぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…あああぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!」子を宿していた子宮が、今度は若い雄の精によってふくらみを取り戻し、再び妊婦腹にピンク色の淫紋が刻まれて。
[W07_Lucy] どうじに、ずるぅりと産み落とす。外の世界に、目の前の少年の子供を…。
[W07_Lucy] 1+2d6 目標15
[kuda-dice] W07_Lucy -> 1+2D6 = 1+[2,1] = 4
[Wat-cGM] 王大人孕みまた確認!(指差し
[W07_Lucy] 新たな命の芽生えを…再び感じながら。
[Wat-cGM] ずぐるぅぅぅっ!!!と肉の輪を潜り抜けた最後の赤子が、まるで自分が生まれ落ちたことを最後まで拒否しようとするかのように堪えていた泣き声をついに張り上げる
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…ふあぁ…これで…みぃんな…♪」ぐぐ、と手を伸ばすが届かなくて。「…みんな、産まれたんやなぁ…。」身体はあちこち居たくて、自分のモノみたいじゃなく重く。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「はぁ…ふ、ぁぁあああ………………」背後からの赤子の泣き声を、歓喜の表情でふるふると迎えるラムゼー、その後ろで赤子をとりあげ、「むふふーり♪」などと含み笑いをしながらゆっくりと立ち上がる妖精の表情は勝利を確信したもので…
[W07_Lucy] お腹の中は、若い雄の迸りでたぎりくるっていて…。満たされた物を覚え。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「んちゅっ、んー…むちゅっ♪」嬉しそうに二人の頬にキスをする妖精さん、新しく入ったここの住人にご機嫌のごようすで…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ぐかあぁー…ぐおおぉぉー…。」産んだり犯されたりで、赤ん坊抱きかかえたままあの後はすっかり倒れこんだルーシィ。いびきうるせー。
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「赤ちゃん達に必要なものはなぁーんでも揃ってるからね、今日はまだ掘っ立て小屋だけど、すーぐ綺麗なおうちも用意しちゃうんだからー、これから暮らすおうちだもん、綺麗なのがいいよねー」るしーさんのあたまさすさす撫でて、らむぜさんに言う妖精さん
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「うん…♪お願いね、お姉ちゃん」ひざまくらで赤ちゃんあやしながら嬉しそうな表情を見せるらむぜーさんはもう森の魔力にとらわれまくり、ときおりむずがるお子さん達をゆっくりとゆすってあげていたり
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「もちろんウツボカズラ製のおうちだもの、住み心地は満点というスンポーだよぉー?」にんまり!などと笑みを浮かべる妖精さん、「じゃぁわたし、上に行って新しいおうちの株をわけてくるね、おふたりはごゆっくりー」【ラムゼー】「うん、ありがとう」にっこりと送り出すらむぜーさん
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ぐかぁー…くかぁー…。」刻まれた傷と疲労が急速に回復した身体。「……!」ぱちり、と目を覚ますが…視界の端にウツボカズラの妖精をとらえ「…くかー…。」即座に目をつぶって寝たふりをする。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……。」しまった、まんまとやられたわ…。「…すかー…。」薄目をほそーくほそーくあけて、去ったのを確認しつつ…ラムゼーさんは役にたたなそうな感じかしら。
[Wat-cGM] しばらくむにゃむにゃ何か呪文を唱えていたものの…株分けが終わって、子ウツボカズラの成長を促進させる段階に入ったのか上からは規則正しい寝息みたいのが聞こえ始めてきたり…家サイズにまで成長させるのはまだまだ時間がかかるご様子、集中しているのかこちらが立てるわずかな物音にも反応が無くなって…
[Wat-cGM] しばらくは役に立たないけど、なにかしようって言えば何の疑問もなく手伝うよ!
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……」そろそろ大丈夫そうやな。「…ふぅぅぅ…。」ため息をつきながら起き上がる。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「あ、お姉さん、起きた?妖精のお姉ちゃんが新しい家を立ててくれるんだって」嬉しそうに見上げてみたり
[Wat-cGM] ちょっと赤らめていたりするのは昨日のことを思い出したからでしょうか
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……。」ラムゼーの顔をじーっと見る。「…はあぁぁぁ…。」深いため息をつく。久々に無理矢理されて弱ってたんかなぁ・・・。あーんな恥ずかしい台詞言うたの久しぶりやわ…。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……。」思い出せば、ほっぺたがぽぉーっと赤くなって「…うにゅうぅぅ~…。」思い出しはじらい。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…なぁ、ラムゼちゃん…。」と、その顔を見て…肩をくっつけて。「うちのこと、好きか?」さすさす、とお腹をさすりながら…。まだなかには昨日の分が残っていて。
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「むにゃむにゃ…むひひ、二人ともおいしそうだよー、しばらくあの二人だけでおなかいっぱいにできそう…もうたべられないよぉー」上から聞こえる寝言も得意絶頂のご様子
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「な、なんでそんなこと聞くのさ…          うん、好きだよ」ぽしょっと俯いて恥ずかしげにお返事
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……。」ちゅ、とほっぺに口づけて。「……うちもやで。」
[Wat-cGM] 【猿娘】「んぅー」【スライム娘】「*;+@ーー♪」【人族兄】「すー、すー…」【人族弟】「んぃー」赤ん坊達も、ラムゼーに抱えられたりるしーさんにひっついたり、落ち着いてるご様子です
[W07_Lucy] ふと、考える。この言葉が瘴気に毒された結果ではなくて…彼の意思からつむがれたものだったら。
[W07_Lucy] ここに残るのも…悪くは無いかなって思う。
[W07_Lucy] でも、ここにいる限りは…ズルだから。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…んじゃ、そろそろ行くで。」自分の身体にぎゅーって引っ付いてた、人族の兄弟を抱きかかえて。「そっちの二人はあんたが抱いててや、落したらぶっとばすかんな?」
[Wat-cGM] 【ウツボカズラ】「ふにぃぃ、そんなにガっついてぇ…むにゃむにゃ、二人ともえっちすぎぃーわたし、そんなに誘ったら、二人の瘴気すいつくしちゃうよぉー」上の寝言も変わらず嬉しげに続いていて…
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「どこに…?  うん、あ、待ってよ」ぱたぱたとついてくるらむぜさん、上のあの子に挨拶を…とか言わないのは、体の奥底では気づいているのかもいないのかも…?
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…借りたもんは、返さへんとな。」多分外に出れば…この少年はきっと。「…すぅ。」赤ん坊二匹を左腕に抱え、深く息を吸ってから「…セイッ!」右腕の手刀。音も無く壁を×の字に引き裂いて…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…?」きょとんとしたままその様子を眺めて、それでも疑問も言わずについてこようとするらむぜさん、そういえば初めて会った時も任務にまっすぐでしたり、色々あっても、根は素直な子なのでしょう
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…行くで。」そのまま、夜風の吹く森の中へと。「…何があっても、黙ってうちについてくるんや、ええな?」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…っ、うん」その顔色に何かを感じ取ったのか、何が起こっているのかは理解しないもののしっかり頷いて…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ええ子や。愛してるで…?」くしゃくしゃ、と大きくてぷよぷよした手のひらが頭をなでまわし。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 薄暗い森を早朝から抜けてゆく二人、低い温度と相まって時折見えてくる木のうろや、密生した下生えはとても温かそうで…気を抜けばそこでフラフラと腰を休めてしまいそうな誘惑を放っている
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…」そんな場所に、手元の赤子を気にしてか時々気をとられる様子だけれど、ラムゼーはるしーさんの横にぴったりくっついて、身を寄せてくる、寒くはあるが、お互いの体温が安心を運んできていて…
[Wat-cGM] 妖精が寝ているからか、歩みを進める二人に対する妨害はない
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…日が差す頃には抜けられるやろ。」ぎゅ、と右腕はラムゼーの肩を抱き寄せ、頭が柔らかな胸元に当たり。「…赤ん坊冷やしたらあかんで?」二人の子供を胸元と腹の間で包むように抱きながら、のし、のしと歩き続ける。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…もちょっと寄ってええよ。…寒いやろ?」ぎゅっ
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「わ、わかってるよっ!僕にだってそのくらいの知識はある!」少しづつ戻ってくるいつもの調子のらむぜーさん「う、うん…あ、あんまりくっつくと、は、恥ずかしいから止めてくれ」言いはしても離れないのは赤子を気遣っているのか、自分が離れたくないのか…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……なんや、もう元にもどっちゃったんか?」くす、と笑いかける。どことなくもったいないような…これでよかったような…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…?なんのことさ…」きょとんと聞きながら「あ、こら、ほら…パパもママも居るから安心しな…、すぐ落ち着けるとこにつれてってあげるから…」ちゅむ、とおでこにキスをしてむずがりかけた子供をあやしにっこりと微笑む、それはつかの間だけど優しい時間で…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…なんでもあらへんよ。」ふい、と前を向いて。「…パパとママ…かぁ。」ちゅむ。こっちの男の子二人は、おかーさんのお胸に包まれてぐっすり眠ってるようで…。そのおでこに軽く口づけて。「ずっと一緒にいられたら…ええんのにな。」その声はどこか名残惜しいような、寂しいような…そんな響きが伝わってk知恵。
[W07_Lucy] 寂しいような…そんな響きがラムゼーには伝わってくる。ぎゅ、と肩を抱く手に力がこもり。
[Wat-cGM] 【猿娘】「んぷー」【スライム娘】「ー♪ー♪」【人族兄】「んみ、すー…」【人族弟】「あーむ」赤子たちも安心しているのか、二人の歩調の程よいゆすれにくらくらとすわりの悪い頭を揺らしている
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…聞くけど…心中しようっていうんじゃないよね」きゅっと子供達を抱えて聞いてくるラムゼさん、るしーさんの表情から何かは読み取っているけれど、その推理はからぶりだったり
[Wat-cGM] 心配そうな顔でるしーさんをうかがってくる表情は真剣で
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ばーか。」肩を抱く手をすっとはなして、拳骨ぽかり。ルーシィの拳は凶器です。軽くやったけどけっこーいたい。「なんでうちがあんたと可愛い赤ちゃん抱えて死ななあかんのや。」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…帰らなあかん場所があるだけや。うちも、あんたも…。」
[W07_Lucy] 夢見たいなもんなんかな…ここを出たら。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…あいたっ!く、くそ…イルマに言いつけてやる…」ゆっくりとらむぜさんが元に戻ってゆく、【人族弟】「んみぅー(んじぃー)」下かららむぜさんとの子供が見上げてくる、それは母親を慰めるようでも、『誘惑にかられてもどったらあかんよー』と不安げに訴えているようでもあり
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…なぁ、ラムゼー…。」つんつん、らむぜとの赤ん坊の鼻先をつっつく。生まれたばっかりの癖にうちの心配か。じゅーねんはやいわ。「…うちのこと、まだ好きか?」ああ、魔法が解けてくんやな。それで、森を出たらきっともとどおりで…それはしょうがないことで…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…あ、あんだけ散々僕のことをその…お、犯しておいて…」ぷいすとそっぽを向くらむぜさん「でも、その…、体を寄せ合った相手に特別な感情を抱いてしまうのは、よ、よくあることでもある」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……それで、好きなんか好きちゃうんか、言うてぇや。」すこしむすっとしたような、寂しそうな響きで答えを求めて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「こういう特別な場所では、不安や高揚で一時の…い、一時の迷い…で、僕の方からお姉さんを、求めてしまうことも、なかったとは言い切れず」一時の迷い、という言葉の時にはとなりの女性を傷つけはしないかと、怯えるように声が小さくなっていたり…そして
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「す、…好きだ(ぽそり)         はぁぁ…僕は最低だな…誘惑されたとか何とか言いながら、妻の居る身で…」きゅぅっと、最後に身を寄せてくるらむぜさん
[Wat-cGM] 大切な女性が二人に増えてしまった…、溜息と共にそんな告白を小さく漏らすらむぜーさん
[Wat-cGM] それでも、子供をあやす表情はとても幸せそうな…
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……!」帰って来たのは意外な答え。すっぱりと割り切るつもりだったのに…。「…うちもやで、大好きや。」ああ、どうしよう。とは思うものの、それ以上にあったかい感情が流れてきて。「……。」きゅうっ、と身を寄せたラムゼーの手を握って。
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…さっきので、まぁたガキこさえてもうた。」握った手を、そっとお腹にあてがう。まだ膨らんではいないものの、赤ん坊を産んだばかりで弛んだそれ。「…好きやなかったら、二度目はこさえへんからな。」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…イルマの次でえぇから、これからもたまぁに相手してや。」
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…」その手で優しくお腹をなでる。そのまま自然にのびあがると… ちゅ、と額にかるいキス、「うん、でもイルマはきちんと、言わないと…」困ったようなお顔で微笑んで
[Wat-cGM] エルフ娘の『ちょっとした秘密』を知らない少年は、そのまま前を向くと、少しだけ足を速めて歩き始める
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「…ん、せやな…。アジャトカは今更気にせへんやろけど…。」んむちゅ、ほっぺに口づけて。「…へへ、うちはあんたに囲われる愛人さんてわけか?」けたけた、と笑って。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「ば、ばかっ…お姉さんはよく知らないだろうけどイルマはあれで結構こわいんだぞっ」軽くなってきた雰囲気に安心するように…傍らの牛娘の呼び名以外が元に戻ってゆく
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……なーんや、やっぱり本人から聞いてへんのかぁ。」にやぁ。さーてと、どのタイミングで伝えちゃおっかなー…。イルマの”隠し子”の事「んふふふふぅ~…♪」ラムゼーにはわからない笑みを浮かべながら、ぎゅううぅぅ~っと抱きしめて。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…ま、まだ何かするつもりかっ!?イルマには手を出させないからなっ!!」ぎゅうぎゅうされながらも抵抗はしないらむぜさん、二人の道行きはまだもうちょっとだけ続いて…
[Wat-cGM] 【猿娘】「んぃー!んぁーうー!」【スライム娘】「@@@@@www♪♪」【人族兄】「ふぃ?、んすー…」【人族弟】「あー、ぶぅー!」赤子たちの合唱も、そろそろ再開されてくるのでした
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「あんしんせーあんしんせー、うちはちんこついとらんし生やす気もあらへんからなー♪」ぎゅううぅぅぅぅ~♪相手が生やすのなら話は別だけどー。とおちゃらけてから「…ラムゼー…。」急に真面目な顔つきになって。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…な、なんだ?」
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「………。」ぎゅうぅぅ、わめきだす赤ん坊達ごとラムゼーを抱きしめて…。「好きって言うたの、わすれへんからな。」こつん、とほっぺを赤くしておでこをくっつけ、顔をほぼ密着させながら言う。「…言うたからには責任とってもらうで?」その声は嬉しそうな、恥ずかしそうな、むすっとしてるような…こっぱつかしげな顔で。
[W07_Lucy] 二人の身体の間で騒ぐ子供達、差し込む朝焼け。二人の向き合う右手には、森の出口はすぐそこで…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…う、うるさい、小さい声で言ったのに、こ、この地獄耳め…」聞こえる大きさで言っておいたくせに照れ隠し 「き、騎士に二言はない!」そんな森の出口に、二人はゆっくりと足を向けて…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【イルマ】「イルマが病気っていうのは…(ぐぐぐっ…)                   嘘でしたぁぁぁー!!!!(どかぁーん!)」
[Wat-cGM] 【イルマ】「愛しい旦那様の顔がどうしても見たくて…あら?どうしたのラムゼー、へたり込んだりして…あ、奥様っ♪どうして主人と一緒に?  ???」3P?などとこてん?と頭を傾けて不思議そうなイルマさん
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「……イルマ、すっかり元気になって…おねーちゃん涙がとまらへんよ?」よよよ、ほろほろぉー…。謎の涙がとまりません、あれー、こんなキャラだっけー?
[Wat-cGM] 【イルマ】「あ、ややややや、お、お恥ずかしいところを…」あわててお手手ぱたぱた、旦那の前では乙女は少女に戻る…ということなのでしょうか
[Wat-cGM] 三人の再会は、そんなこんなでにぎにぎしく達成されたのでした…
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「…い、イルマ…お、お前は…」ぷるぷると震えながら、「おかしい…も、もっと不幸っ子だったと思ったのに…」よよよ
[W07_Lucy] 【ルーシィ】「ごめんラムゼー…半分以上うちのせいかもしれへん。」あははは…。
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「くっ…誰がこんなことを…!」彼女が元気になった秘密は、この場の女性だけが知っているのでした
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] ランドリューフ戦記 -新婚さんに、愛の篭ったお届け物-
[Wat-cGM] おわりおーわりー
[Wat-cGM] なのでした!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] ふりーんの罪悪感とか、残ったりしたりするとアレかなと思って…最初っからエンディングはつきぬけてみる予定だったのでした!
[W07_Lucy] おつかれさまぁー!!
[Wat-cGM] ちょ、ちょっとアレすぎたかしら…!!
[Wat-cGM] おつかれさまでしたす!
[W07_Lucy] や、そっちのほうがいいやぁー!
[W07_Lucy] 次はあれですね
[Wat-cGM] よかった!
[W07_Lucy] ワクワク☆ドキドキ
[W07_Lucy] 不倫バレたらどうしよう編。
[W07_Lucy] でも罪悪感とか、後味の悪いお話は基本的に苦手。
[W07_Lucy] 先にイルマとルーシィの不倫がバレて、そこにラムゼーが乱入する展開を希望します ・・)ノ
[Wat-cGM] ∑もう性別滅茶苦茶だ
[W07_Lucy] あんたがさきにやったんだろぉー!?(がびーん)
[W07_Lucy] >イルマ雄獣人化
[Wat-cGM] ノーノー!ロープロープ!レフェリー!
[W07_Lucy] (シャキーン!)ヤー!ワー!ハイパーボッ!!
[W07_Lucy] (わちさんをほうりなげる)
[Wat-cGM] ∑アイキャンノットエスケェイプ
[W07_Lucy] るーしぃならハイパーボッができそうでこまる。
[W07_Lucy] えろくないので本編ではやらないが
[Wat-cGM] じゃぁ…ええとなんだっけ
[Makot____] リザルト!
[Wat-cGM] 最後にやる…
[Wat-cGM] それ!
[Wat-cGM] ええと、勝利でまず経験値40点
[Wat-cGM] ビショップ級トラップで20点
[Wat-cGM] 今回はトラップだけで済ませたので経験値はそれでおわり!
[Wat-cGM] あと名声1点
[Wat-cGM] そしてミアスマ4点
[Wat-cGM] 上がったぶんのSPでまたミアスマが増えます
[Makot____] ええーと
[Wat-cGM] そしてええとなんだっけ、そう、人脈!
[Wat-cGM] お
[Makot____] CP19  SP21 てん!
[Wat-cGM] ∑1回で21点あがんの!?
[Wat-cGM] にんぷっぷはさすがなー
[Makot____] しむらー出産出産
[Makot____] 今回孕んだ子産んだら
[Makot____] SP31点
[Makot____] あ、二回失敗してるから
[Makot____] 既にSP26点!
[Wat-cGM] わーい、すげー!
[Makot____] ミアスマEDようーです
[Wat-cGM] うむ!
[Makot____] これで
[Wat-cGM] そして人脈はラムゼー、イルマ、あと欲しければあとで起きてくきー!って悔しがっていたウツボカズラ子さんもどうぞー
[Makot____] SP100→126点!
[Wat-cGM] もうなに振ってもロスとだねー
[Makot____] 前からだよ!前からだよ!
[Makot____] じんみゃくうけとりー
[Makot____] 経験79点にミアスマ4とじんみゃー
[Makot____] おお、名声EDの条件も満たした!
[Wat-cGM] あら、よいことねー
[Wat-cGM] あー、そういや猪人なのに、ぜんぜんどりるちんこ描写してないんだなぁ
[Wat-cGM] (ちょっと読み直しているらしい
[Wat-cGM] かたすかしさせちゃたかしら
[Makot____] ううんー。
[Wat-cGM] ともあれ、お付き合いありがとうました!
[Makot____] 猛々しい雄に無理矢理乱暴されたかっただけだから・・・(ポ
[Wat-cGM] わーい!
[Makot____] ありがとねわちさーん、今日も濃厚きわまりなかったよー(もちもち
[Wat-cGM] はいさー
[Wat-cGM] では…今日のセッションは…
[Wat-cGM] おしまい!
[Makot____] おつかれさまでしたー!
[Wat-cGM] でしたすー!
[Makot____] 不倫編もたのしみにすております。
[Makot____] (ぇ
[Wat-cGM] あはw