(SuGM) 1d6
(kuda-dice) SuGM -> 1D6 = [4] = 4
(SuGM)  
(SuGM) ランドリューフ戦記
(SuGM) 「手紙の依頼過去と未来」
(SuGM)  
【エルカ】 ボクの名前はエルカ。しがない冒険者だよ
【エルカ】 夢はでっかく一攫千金!となればいいんだけど中々そうもいかないんだよねー
【エルカ】 最近は変なのくっつけられちゃったし。ボクどうなっちゃうんだろう…
【エルカ】 ▽
(SuGM)  
(SuGM) ・OP「舞い込む手紙、追憶と・・・羞恥と」
(SuGM)  
(SuGM) 前回、不意を打たれた格好で襲われ、昂奮するとクリトリスがペニスになる身体に改造されてしまったエルカ。
(SuGM) 大変なことではあるが・・・それでも、冒険者として生きていくことにした以上・・・日々依頼を受けこなしていかないと、いけない。
(SuGM) そんなわけで、君は冒険者の依頼を扱う酒場に繰り出したのだが・・・
(SuGM) ▽
【エルカ】 「お仕事しないとおまんま食い上げだからねー。さぁて。何かいい仕事はないもんかな?」顎に手を当て、依頼版の前できょときょとと視線よわせている
【エルカ】 ▽
(SuGM) と、そうしていると
(SuGM) 【酒場の主人】「あんた、エルカかい?もしそうで、仕事を探してるんなら・・・ちょいと話しがあるんだが」
(SuGM) いかにもきょろきょろしている君の、人相特徴を暫く見ていた酒場の人間が、声をかけてくる。
(SuGM) ▽
【エルカ】 名前を呼ばれてちょっとびっくりした様子で「え?ああ、確かにボクがエルカだけど…何?ボクを名指しで依頼なんて来てたり?いやぁ、ボ名になったなぁ…なーんて」うんうんと頷きながらマスターの元へと歩いていく
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【マスター】「指名ってぇか、なんてぇか・・・ともかく、まあ、これを読んでくれ」
(SuGM) そういって差し出されたのは、依頼書ではなく、封筒に入った手紙。
(SuGM) 差出名は・・・
(SuGM)  
(SuGM) 思い出に、深く残っている名前だ。
(SuGM) 追い詰められて、らしからぬ道に、身体を売ろうとしていたときの、最初で最後の客。
(SuGM) 君が冒険者になるきっかけを作った・・・人の、名前だった。
(SuGM) ▽
【エルカ】 渡された封筒を手に取り「手紙?いったい誰…」と、目を落とした所にあった、予想もしていない名前に目を見開き「って…師匠!?な、なな何故今ボクに師匠から手紙がっ!」慌てて封筒を破り、手紙を取り出す
【エルカ】 ▽
(SuGM) 手紙の内容はこうだった。
(SuGM) あれはら冒険者になって、活躍できているだろうか?いや、そんなにたいした活躍をしていなくても、無事に日々を戦い抜いていれば、それに越したことはだが。
(SuGM) と、最初にまず・・・久しぶりの暖かい言葉。
(SuGM) ・・・犯されたり、犯したり、ふたなりになってしまったりと・・・無事、とは言いがたいいまの現状を思うと、胸が詰まるかもしれないが。
(SuGM) そして、自分も元気でやっている、いくつかの依頼をこなして、今も仕事をしているところだ、という、無事だという近況報告。
(SuGM) 一期一会に大事な出会いをして分かれたきりなので、それは少しほっとするかもしれない・
(SuGM) そして、手紙はこう続いている。
(SuGM) 「今別件の依頼を受けていて、身動きが取れないんだが。ある人たちが、困っている。山奥の開拓村に物資を運ぶ幌馬車隊なんだが」
(SuGM) 「護衛が入用なのだそうだが、人数が足りないのだという・・・エルカ、引き受けてやってはもらえないだろうか?」と。
(SuGM) そんな内容の手紙と、その幌馬車隊の連絡先の書かれた依頼書が、封筒には入っていた。
(SuGM) ▽
【エルカ】 久しぶりに見た師匠の欠片。それはただの文章であったが、所々に見える気遣いが嬉しく、少し微笑みながら読み終えると、きっちりとたたてそっと懐にしまい込み「仕方ないなぁ。ま、せっかくの師匠からの頼みだし、一番弟子(自称)のボクとしては引き受けてあげますかね…!」ニヤニヤとそうつと「マスター、ちょっと出かけるからこまごまとした物売ってー。あれとこれと…」と、小さい頃に行ったハイキングの前夜のよう
【エルカ】 な気分でニコニコと買い物を始め……
【エルカ】 ▽
(SuGM) 郷愁を覚え、受けた依頼。
(SuGM) 冒険者と言うものを、思い出したからか。冒険に弾む胸・・・
(SuGM) しかしその先にあるのは、勝利か敗北か、それは誰にもわからない・・・
(SuGM)  
(SuGM) ・ミドル「隊商の中で」
(SuGM)  
(SuGM) そうして君は、護衛対象である隊商に合流し、旅を共にすることになった。
(SuGM) 聞けば、彼らは君の師匠、手紙の差出人・・・
(SuGM) 冒険者・リートと、顔なじみなのだそうで。それゆえにリートに護衛を持ちかけ、リートも依頼を受けられないながらも世話をしようと、君に依頼をした、わけだろう。
(SuGM) 【隊商】「宜しく頼むよ。えっと・・・」君のこともリートの紹介した冒険者ということで信頼したのか、迎え入れた商人は気さくに声をかけてきて・・・
(SuGM) ▽
【エルカ】 「エルカです。まだまだ若輩者ですが、師匠の代わりとして精一杯やらせていただきますね!」ニコリ、と笑いながら手を差し出して握手を
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【隊商】「おお・・・宜しく頼むよ、私はスタット。この隊商の長だ・・・開拓地への荷運びをしているんだが、何分、山奥となると物騒でね。ただの山賊通の衛兵で何とかなるが、魔物や、瘴気や魔族の加護を受けた危険な連中が相手では、それだけでは足りないからね。」
(SuGM) ブレスドメイデンであるという君を頼もしげに見て、対象の長のスタットさんは、握手を返します。
(SuGM) 【隊商→スタット】「しかし、君。リュードとは一体どんな関係なのかね?師匠、とは・・・」
(SuGM) と、紹介の理由と、君の口にした言葉について、首を捻る商人さん。
(SuGM) ▽
【エルカ】 「え?ああ、そうですね。師匠はボクを正しい道に引き戻してくれた人なんです。えっと……昔はボクすっごい貧乏で、両親もいなかったかんとかして生きていくためにその……まあそんな感じで。でもそこで師匠が止めてくれたから、ボクは師匠と同じ冒険者になって、皆の役に立ちたいって思って々言葉を濁すが、師匠の事を話している時はとても嬉しそうに頬をほころばせながら話す
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【スタット】「そうかあ、大変だったねえ・・・」おじさん、という印象の風貌のスタットは、うんうん、と頷いて、しかし、触れるべきでないところにはれず
(SuGM) 【スタット】「それで師匠、って訳か・・・リュードもイイコトをした。頑張るんだよ?」
(SuGM) リュードの思い出を語るとき嬉しそうな君を見て、温かな言葉を書け
(SuGM) 【スタット】「・・・好きだったりするのかね?リュードのこと」ちょっと、いらんこといっちゃったりもしますがw
(SuGM) ▽
【エルカ】 「はいっ!師匠には及ばないかもしれませんけど…頑張ります!」ぐっ、拳を握り締めて、ハキハキとした声で元気よく返事をして「へ?い、いやいやそんな事ないですよっ、もう本当!」わたわたと手を振って顔を伏せる
【エルカ】 「さ、さあ行きましょう!早くしないと予定に間に合いませんよ!」あさってのほうを見ながらそう言い、さあさあと急かす
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【スタット】「おっとっと・・・」恥らうエルカに苦笑して、急かす少女に答えて、馬車馬に一鞭くれて・・・
(SuGM)  
(SuGM) そうしている間に、馬車は森の道を過ぎていきます。工程も徐々に通過して、目的地まで中ほど、というあたりまで行きますが・・・。
(SuGM) ここで、PC、運動判定お願いします。目標値は11で。
(SuGM) じゃない
(SuGM) 知力判定です。
(SuGM) 知力判定で、目標値11です。どうぞ。
(SuGM) ▽
【エルカ】 2d6+4
(kuda-dice) S11_Elca -> 2D6+4 = [2,2]+4 = 8
【エルカ】 たりなーい!
(SuGM) ふむ・・・残念です。
(SuGM) では、君は警戒をしていたのだが・・・あるいは、相手側が1手上手だったというべきか。
(SuGM)  
(SuGM) ザザ
(SuGM) ザザザザザザ・・・・・!!
(SuGM) 【隊商構成員】「っ!?う、うわあああ!?」
(SuGM) 【隊商構成員】「け、獣っ!?きゃあああああ!?」
(SuGM) 【獣?】「がぉーーーーおうっ!!」
(SuGM) うっそうとした森の、下這えの中を身体をするようにして突っ走り
(SuGM) 狼、山犬の群れが、奇襲攻撃のように隊商に襲い掛かってきたぞ!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「っ…!しまった!」その声に背中の大剣を抜き放ち、手近に居る狼に切りかかろう!
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【スタット】「うわあ!?」
(SuGM) 【狼】「ぐおうっ!?」
(SuGM) 剣を振りかざすと、スタットに飛びかかろうとしていた狼は慌てて飛び下がる。
(SuGM) その様子は、何処か獣らしくなく、引き際を心得た兵士のようで・・・
(SuGM) 【山猫】「みぎゃあああおう!!」それは直後、木々のこずえから山猫や表の類までが飛び降りて襲い掛かってきたことにより、確信に変わった。
(SuGM) どう考えても、自然に狼と山猫が、共同共謀してひとつの獲物を襲撃するなど自然ではない・・・
(SuGM) この獣たちは何かに操られている!
(SuGM) 【??】「ルル、ルルル。獲物ノ中、めいでんガ居ルノカ・・・!」
(SuGM) そして、聞こえてくる奇妙な口調の声。対象の行く先に・・・立ちはだかる影!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「こいつらただの獣じゃない……?」そのあまりにも統制の取れた動き。本来共に戦うはずのない動物達の共闘に狼狽していたところに、謎響き「誰だ!!」そちらへと剣を向け、影の顔を見る
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【??】「ばぐんだだ。奉魔ノ民の、ばぐんだだ。」バグンダダ、というのがその男の名前なのだろう。名乗った男は・・・
(SuGM) 褐色の肌、引き締まった逞しい肢体に黒い髪を殆ど切りも手入れもせずに長く伸ばした、野性味溢れる風貌だが瞳に只ならぬ闇を宿した、獰猛そうな雰囲気す。
(SuGM) 身体を覆うのは僅かに褌一丁と僅かな手足を保護する巻き布とアクセサリ、それと、呪物めいた飾りがじゃらじゃらとついた長い革鞭のみ。
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ソイツラハ、俺ノ獣。俺ト共ニ、瘴気ノ道ヲ歩イテ獲物ヲ狩ル。」
(SuGM) 顎をしゃくって、バグンダダが示すのは・・・いつの間にか、防壁を築くように陣形を組んだ、狼、山猫、豹、クズリ、熊、しゅしゅ雑多な獣たち。
(SuGM) 【ばぐんだだ】「コイツラハ、俺ノ手下。俺ノコボレ餌ヲ狙ウ、冒険者、盗賊、成レノ果テ。」
(SuGM) 酷く訛りのきつい口調で、「ばぐんだだ」が示すのは、いかにも柄の悪いそうな半山賊めいた元冒険者どもと、元々山賊だったのだろう更にたちの悪そうな。
(SuGM) 略奪対象を見る目で、君たちを見ている。
(SuGM) ▽
【エルカ】 「バグンダダ……?瘴気の道とはまた…ただの野党ってわけでもなさそうだね。」周囲をそっと見渡すが、数の違いは絶望的に見える「…ボどうするつもりさ」キッとバググンダをにらみ付ける
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【ばぐんだだ】「襲ウ。食ラウ。奪ウ。犯ス。ソシテ孕マセテ、増ヤス。ソレ、命ノ道、瘴気ノ命ジル道、同ジ。正シイ。」
(SuGM) 爛々とした瞳で、そう宣言するバグンダダ。その様子は、人間よりも獰猛で、飢えた獣より残酷で・・・
(SuGM) 【スタット】「ひ・・・蛮族が、瘴気に理性を飲まれてるのか・・・!」
(SuGM) 只ならぬ有様にその様相を悟ったスタットが呻く。あちこち旅をしているだけ、知識が豊富なのだろう。
(SuGM) 【スタット】「この当たりで獣が人を襲うというのは・・・!」
(SuGM) 【ばぐんだだ】「オ前、ドウスル。」そんなスタットの言葉を無視して、ばぐんだだはエルカに告げる。
(SuGM) 【ばぐんだだ】「選ベ。奪ウ側ツクカ、奪ワレル側ツクカ。」
(SuGM) 視線と表情が語っている・・・自分たちにつくなら良し。つかぬなら纏めて奪いつくし、犯しつくすと。
(SuGM) ▽
【エルカ】 「なるほど。確かにこの戦力差じゃどうあがいても勝てそうにないね…」周囲をふるっと見渡す。獰猛な獣達、冒険者や野党くずれどもがぐ囲んでいる「……一つ。ボクと戦ってくれない?ボクが勝ったらボクらは逃げる。ボクが負けたら、ボクを好きにすればいい。ただどちらにしろ、隊商の人たちに出さないでくれ。そうじゃないとボクは全力で暴れる。メイデンが全力で暴れたらタダじゃすまないぞ」冷や汗を流しつつも、精一
【エルカ】 杯強がりながら射抜くようにばぐんだだを見る
【エルカ】 ▽
(SuGM) それでは、知力で対抗判定を行い
(SuGM) PC側が勝ったのであれば、バグンダダを乗せることが出来たということで
【エルカ】 CPまだなんにもないから素で勝負か。キツイが了解したっ
(SuGM) 一騎打ち、となります、ということで。
【エルカ】 はーい
【エルカ】 2d6+4 では知力判定
(kuda-dice) S11_Elca -> 2D6+4 = [1,3]+4 = 8
【エルカ】 う、低い
(SuGM) 2d6+7 バグンダダ知力判定
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+7 = [4,2]+7 = 13
(SuGM) 【ばぐんだだ】「フン、めりっとガ無イナ。獣ヲ使ウノガ俺ノワザ。ソレ、手放サナイ。」
(SuGM) ビュン、と鞭を鳴らすと、その鞭に反応するように獣たちが動きだし・・・
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ケド、オ前、興味ワイタ。隊商ヨリサキニオ前襲ウ。・・・俺ノ妻ニシテ、俺ノ子ヲ孕マセテモイイナ」
(SuGM) べろり、と、舌なめずりをして、バグンダダが好戦的に哂う。
(SuGM) 【部下ども】「へへ、メイデンか」「・・・それなりにゃ、楽しめそうだなぁ・・・」
(SuGM) バグンダダに従う部下たちも、影響されてか獣めいた笑みを見せ。
(SuGM) 【スタット】「え、エルカ君・・・」隊商たちは、引き攣った面持ちで、矢面に立つ少女を見る。
(SuGM) ▽
【エルカ】 「やっぱだめか……スタットさん。ボクが全力でこいつらを引き付けます。後ろを見ないで全力で逃げてください。荷物を捨てて馬で逃げれとか……」正面を向いたまま、小声でそう指示し、なるべく隊商の人たちに目がいかないように「仕方ない……でもボクは諦めが悪いんだ。絶対に最後まで諦める!」剣を両手で構えなおし、部下どもの囲いを越えてばぐんだだをにらみつけ…
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【スタット】「っ・・・」スタットが緊張した面持ちで頷いて、馬に跨り・・・
(SuGM) 【ばぐんだだ】「うぉーーーーーーおう!!!」
(SuGM) 野人が吼え・・・戦いの幕が開く!
(SuGM)  
(SuGM) ・クライマックス「魔獣と乙女」
SuGM topic : [捕縛者達(04)狂える蛮族の魔獣使い(07)][狂獣の群(06)][エルカ(11)]
(SuGM) それでは、戦闘開始で。IV順でエルカからスタートですが
【エルカ】 はいはい。開幕で《フライト》
(SuGM) 開幕魔法があれば開幕タイミングで使用できます。あえて使用しないのも戦略としてはありです。
(SuGM) っと、了解>開幕で
【エルカ】 今使っておかないと余裕がなくなる予感がするので開幕で使いますー
(SuGM) ・・・ちなみに、敵の数多いので、攻撃に使うMPと防御に使うMPのバランスが、大事です。
(SuGM) それでは、開幕でフライト使用、ということでよろしいですね。では、IV11で改めて行動、どうぞですっ。
【エルカ】 うむす。全力で攻撃してると防御MPたりなくなるね…まあ今回は1回防御できる分残してっと…そして自分の番でフレイムエッジ使って近くにいる獣散らします
【エルカ】 2d6+9
(kuda-dice) S11_Elca -> 2D6+9 = [5,5]+9 = 19
【エルカ】 炎属性19点ですー
(SuGM) 【獣たち】「ぐぉおおっ!?」焔は苦手っ
(SuGM) 一気にかなりダメージを受けて、獣たちは火に怯えて混乱しますっ。
【エルカ】 「よし、やっぱり獣は火に弱い…!」
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【ばぐんだだ】「カカレ・・・!!」
(SuGM) だが、バグンダダの鞭が唸ると同時に、獣たちは操られるように突進し
(SuGM) バグンダダ自身の鞭も、エルカを鋭く襲い
(SuGM) 【賊たち】「ヒャッハー!」賊たちもそれに呼応して、一斉にボーラや投網を投げつけるっ。
【エルカ】 うひぃー
(SuGM) バグンダダの攻撃
(SuGM) 《乱舞》《ダークネスヒット》《オフェンス》
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [3,6]+11 = 20
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [4,1]+11 = 16
(SuGM) 射程ありの遠隔2回攻撃。
(SuGM) 狂獣の群の攻撃っ。
(SuGM) 3d6+5 《魔力撃》《責め具の呪い》
(kuda-dice) SuGM -> 3D6+5 = [2,4,6]+5 = 17
(SuGM) ダメージ貫通で、BS責め具っ。
【エルカ】 貫通か・・・!
(SuGM) あ、いや違う
(SuGM) 防御魔法で減少してもダメージAPかHPに入る場合、効果を発揮する、という意味で
【エルカ】 ああ、なるなる
(SuGM) 防御魔法をダメージが貫通したらBSが入る、の略。
(SuGM) 捕縛者達の攻撃っ、《バインディング》《オフェンス》
(SuGM) 2d6+4
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+4 = [3,4]+4 = 11
(SuGM) この攻撃も、当たってダメージ入ればばBS拘束っ。
【エルカ】 えーと、一発目を素でクラってその他を0に
【エルカ】 二発目もそのままクラって胸18→2
【エルカ】 3発目を素通しして胸2→0
【エルカ】 4発目にアヴォイドして9点減らして腰14→12
【エルカ】 アクトは今回BSもらったからBS系は次回か。じゃあ使えるのは守るべきものと疼く体・・・かな!
(SuGM) ふむっ、アクトをどうぞ・・・っと
【エルカ】 うい。上記二つで!
(SuGM) 確かBS系アクトでは、<淫らなる緊縛>と
(SuGM) <止まらない刺激>だけは
(SuGM) BS○○状態
(SuGM) とあるだけで
(SuGM) BS○○状態でダメー
(SuGM) ジ
(SuGM) という指定が無いので、食らった状態で使えるのですが?>今回BSもらったからBS系は次回
【エルカ】 お、そうなのかー。初回でそういわれたのでてっきり
【エルカ】 じゃあ淫らなる緊縛と止まらない刺激も込みでいきますー・・・!
(SuGM) それと、そうでなくても同じターンに受けたダメージでも、例えば弐発目に受けたBSに関するアクトを3発目のダメージで使用するとかもありです。
(SuGM) 産卵とかお漏らしの場合、ダメージが必要ですが。
【エルカ】 ふむふむ・・・
(SuGM) ともあれ、責め具と拘束はアクトっても解消されないので、苦しいけど頑張ってっ・・・では
(SuGM) アクト<守るべきもの><疼く体><淫らなる緊縛><止まらない刺激>で
(SuGM) 描写参りますっ。
(SuGM) GMから描写開始でOKですね?
【エルカ】 おkです
(SuGM) ん、では・・・! 
(SuGM) 【獣】「ぐぉう!ぐぉおう!」
(SuGM) 獣の群れが突進し、瘴気を纏った爪や牙で、がりがりとエルカの鎧を傷つける。
(SuGM) 無数にしがみつく獣たちは、まるで戒める責め具のようで
(SuGM) 硬い爪牙や、荒い息をつく鼻、牙の合間を出入りする熱い舌が
(SuGM) 改造を施された身体に瘴気をふりかけ、しみこませ、穢し責めていく・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 一人では大量の獣を裁ききれず何体かが纏わりついてくる。それらが与えてくる刺激は、何故か体を熱くしていくもので「うっく…ええい、うしいな!ボクから離れろ!この…!」暴れれば暴れるほどに獣達の狂乱は加速していく
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【獣】「ふんぐるる、うぉんはぐっ・・・!」
(SuGM) 鎧の分厚い金属を捲り、スカートの中に顔を突っ込む変態のように、エルカの股座に顔を突っ込もうとする獣たち。
(SuGM) 獣臭が、前回の陵辱を思い出させて、身体を発情させるか、それとも強張らせるか・・・
(SuGM) 狂犬病を思わせるほどの、大量の獣の涎が、べしゃべしゃとエルカの太股を濡らしていく。
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ヒョーーーーウッ!」
(SuGM) 【賊たち】「おらおらっ!!」
(SuGM) そして、獣に意識をとられる隙に、バグンダダの鞭、賊どものボーラが、幾重にも絡みついて、鎧に覆われてはいるが細身のエルカの身体をギリギリと緊縛く・・・。
(SuGM) ▽
【エルカ】 「う…」自身の股に入り込んでくる獣達の涎により、内部の服も少しずつ濡れていく。その感触はいやがおうにも以前の情事を思い出させ、とは裏腹に体が反応をし始める。そして気を取られていたところに飛んできた鞭とボーラに絡め取られ、緩んでいた胸元の胸当てがずれて胸を露出してしまう「う!しまった、こんな…!」ギリギリと締め付ける縄に苦しそうな息をもらしつつも、歯をかみ締め踏みとどまる
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【賊たち】「ひゅう!獣どもがさかってやがるぜ!」「やせっぽちだが・・案外エロい才能があんのかもしんねえぞ!」
(SuGM) 騒ぎ立てる、元冒険者の賊ども。リュードのような、いい冒険者とは違う屑どものそしり。
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ム、フ・・・!」
(SuGM) ヴン・・・!
(SuGM) 直後、魔力を込められたバグンダダの鞭が拘束震動し、ミキミキバキバキ・・・と、分厚い鎧が割れ、砕けて
(SuGM) パキン・・・!
(SuGM) 【ばぐんだだ】「フフ、裸デタゾ・・・!」
(SuGM) 【賊たち】「はは、やっぱり貧乳だな!」「隠す意味なんてないぜ!ずっとそうしてな!」
(SuGM) バグンダダの肉を前にした犬のような笑いと、貧乳を嘲笑う賊の笑い声が二重に響き渡る・・・
(SuGM) せめて、隊商たちを逃がせていてよかったが・・・そうでなければ、あまりにも恥ずかしすぎて・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 すでに隊商の皆がいないのを確認し、ほttしたのもつかの間、鞭がギリギリと締め付けてきて胸当てが破壊されてしまう「うわっ!?」
【エルカ】 その異常な力は、そのまま乳房までも握りつぶされるのではないか?とわずかばかりの恐怖を覚えるが、幸いそのようなこともなく
【エルカ】 しかし、まろびでた小さな胸を屑どもに馬鹿にされると、顔を真っ赤にして「な、なんだと!ボクはまだ成長途中なんだ!く、くそっ…じろるなぁっ!」さっと胸元を腕で隠すが、そうすると獣を抑えられなくなって下半身への刺激がつよまってしまう
【エルカ】 「う…く、早く終わらせないと…」仕方なく腕を外し剣を構えなおすが、やはり縛られた上に纏わり疲れていてはさきほどまでの動きができか、多少なりともぎこちなくなってしまっている
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ハ、ハ!直グニ終ワル・・・直グニオ前、淫ラニナル!」
(SuGM) その言葉に対し、くんくん、と、鼻を鳴らすようにして、まるで何かの臭いを嗅ぎ取ったかのように確信的に、バグンダダが叫ぶ。
(SuGM) その熱情に操られるように、バグンダダの操る鞭は際限なくうねり、くねり、蛇のように、もっと淫らな触手のようにまとわりつき
(SuGM) ブ、ブブブ・・・ビ、ビビビビビビ・・・!
(SuGM) 薄い胸乳肉を潰すように巻きつくと、幾重にも巻きつく間にエルカの小さな乳首を挟み込んで
(SuGM) ちぶちぶちにちにと乳首を擦るように、薄く、感度が逆にきゅっと詰まった貧乳を手指では出来ないやり方で責め苛むように
(SuGM) ブルブルバルバルと鞭の胴が振るえ、ねちねちと際限なく刺激を与えていき。
(SuGM) 【獣たち】「おぉーんっ!わう、ふぎゃおうっ!!」
(SuGM) 獣たちが、動けないエルカをますます獲物と見て、股間にむしゃぶりついていく。
(SuGM) 鎧下に顔を突っ込み、底そこを獣臭い息で穢し
(SuGM) 牙では届かないと悟ってか、湿った鼻面とざらざらした下を伸ばし
(SuGM) 舌を
(SuGM) 熱っぽく、滑る刺激を執念深く獰猛に与えていく・・・!
(SuGM) ざりおざり、べちゃべちゃ
(SuGM) くんかくんか、ふごっふごっ
(SuGM) 【賊たち】「かはっ、獣どもサカってやがるぜ。」「よっぽど発情の臭いがすんだろうよぉ、心細くてレイプされる覚悟しちまったかあ?」
(SuGM) 男たちの声が木霊するなか、滑る刺激と
(SuGM) 鼻面がぶつかるごつごつという刺激が、エルカの股間を熱っぽく嬲っていく・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「な、なにこれ…!」まるで生きているかのように胸に巻きついてくる鞭に驚愕の表情を浮かべるが「あ、う、は……ぐ…!?」振動を始めに、すぐに表情を崩して身悶える
【エルカ】 「こんな…!こんな刺激知らない…!胸をこんなに…!?う、うわ、入ってくるな!」胸の刺激に気を取られた隙により深く突っ込んできた刺激に、獣の涎以外の液体を下着にしみこませてしまい
【エルカ】 「う…うるさい!そんなわけないだろ…!すぐキミたちもぶっとばしてやるから…な!う、く、く、く……ひい…!」少し涙ぐみつつ屑ども放つが、乳首へのバイブが少し強まるとわずかばかりも嬌声を上げてしまう
【エルカ】 ▽
(SuGM)  
(SuGM) それでは、第二ターン、参りましょうか。開幕は・・・もうフライト使ってますからないですね。
【エルカ】 あい、ないです
(SuGM) では、エルカの行動からですが
SuGM topic : [捕縛者達(04)狂える蛮族の魔獣使い(07)][狂獣の群(06)][エルカ(09)]
(SuGM) 責め具と拘束のBSの効果を受けて、IV,MP、判定値にそれぞれ-2、-2、-4の修正を受けているので、注意を。
(SuGM) とはいえIV下がってもPCの行動からです、どうぞっ。
【エルカ】 どうしよっかなぁ。…よし。《ファイナルストライク》使って攻撃。MP6点は全部受動に使おう
【エルカ】 9d6+2
(kuda-dice) S11_Elca -> 9D6+2 = [6,2,4,2,2,2,4,1,1]+2 = 26
【エルカ】 う、低いな…26点ー
【エルカ】 とりあえず獣どもにー
(SuGM) む・・・残念ながら、それじゃ、ちょっと足りないな。獣は体力重視の能力配分なんで。
【エルカ】 う。マジかー。これはまずいな
(SuGM) 【獣たち】「ぐぉおうお!」再びの、今度は更に力の篭った打撃が獣に見舞われるが
(SuGM) 【獣たち】「ぐはっ、ハッハッ!」だが、焔を纏わぬ攻撃では殺しきることが出来ずっ・・・
(SuGM) 再び、バグンダダとその下僕どもは、全体が1個の巨大な獣であるかのように襲い掛かる!
(SuGM) バグンダダの攻撃
(SuGM) 《乱舞》《ダークネスヒット》《オフェンス》
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [4,2]+11 = 17
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [6,2]+11 = 19
(SuGM) 狂獣の群の攻撃っ。
(SuGM) 3d6+5 《魔力撃》
(kuda-dice) SuGM -> 3D6+5 = [6,1,2]+5 = 14
(SuGM) 捕縛者達の攻撃っ
(SuGM) 2d6+4
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+4 = [4,5]+4 = 13
【エルカ】 う、うひぃ。最初の攻撃にアヴォイド+ポテンシャル1点
【エルカ】 1d6+9
(kuda-dice) S11_Elca -> 1D6+9 = [6]+9 = 15
【エルカ】 腰12→10
【エルカ】 二発目にアヴォイド+ポテンシャル2点
【エルカ】 2d6+9
(kuda-dice) S11_Elca -> 2D6+9 = [2,1]+9 = 12
【エルカ】 腰10→3
【エルカ】 3発目で腰0
【エルカ】 4発目でHP32→19
【エルカ】 アクトはー
【エルカ】 過敏な突起・熱い蜜壷・ふたなり射精・震える肉棒の4つ使うー
(SuGM) と、ホイ。
(SuGM) 【バグンダダ】「ハハ、ハハハハハハハ!!」
(SuGM) バシン!ビシン!バァーン!ビシーンッ!!
(SuGM) 狂気の哄笑ト共に、バグンダダの鞭が加速する。
(SuGM) 何度も何度も打たれるうち、僅かに残っていた下半身を覆う鎧も、ズタズタになって剥がれ落ち・・・
(SuGM) 【獣】「ウォーン・・・・!!」
(SuGM) 獣たちが本能的欲望の咆哮を上げる中・・・
(SuGM) 男たちの好色な視線に、その全裸体が晒されてしまう・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「う、あ……!」止まらない刺激に翻弄されているあいだに鎧は服ごとずたぼろにされていき、ついにはその普通よりも大きめなクリトリスに晒されてしまう
【エルカ】 それはすでに親指の先より少し小さいほどになっており、ぴくぴくと何かを期待しているかのように震えている
【エルカ】 「ぐ…み、見るなぁ…」足を閉じて隠そうとするも、縛られた体ではうまく足を閉じることもできずに
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【男たち】「ヒョウ、でかいクリじゃねえか。」「ああ、獣がサカるわけだ・・・やっぱり淫乱だぜ、あの女」あんな幼いくせしてよ・・・」
(SuGM) じゅるりじゅるり、舌なめずりするような気配。男どもの、何処か人外じみた気配・・・あるいは彼らも瘴気に汚染されて、人間をやめつつあるのだろう
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ヨイ、ヨイ!淫ラハイイ!ソノママ・・・堕ちて来い!此方へ!」
(SuGM) そして、甲高く、いまや怪鳥のような響きを持つ叫びとともにバグンダダが鞭を一線。
(SuGM) ビチン!
(SuGM) キュ!
(SuGM) ・・・凄まじい激痛と、失禁しそうになるほどの快感、痛苦、そしてそれが癖になるほど魂に刻まれそうな感覚・・・!
(SuGM) 鞭がクリトリスを打ち、更にその細い先端が絡んで、秘所ごと、エルカを転倒させようとするようぎゅうと引張る・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「!!!!???!?」唐突に襲った淫核への強烈過ぎる刺激に目を白黒とさせて背筋をそらし、叫ぼうにも声すらでないのか、ただ口だけく開いて立ったまま痙攣してしまう
【エルカ】 「っ…!っ……!あっ…♪…!!?」そのままきゅっとつままれると、思わず甘い声がわずかに出てしまい、慌てて口をつぐもうとするが、引っ張られたことで「ひいいいい!?」情けない悲鳴を上げてしまい
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【ばぐんだだ】「ハハ・・・獣タチヨ!」
(SuGM) 【獣】「うぉおおお・・・!!」
(SuGM) 痙攣するエルカの身体に、いよいよ嵩にかかった獣たちが飛びかかり、押し倒す。
(SuGM) 組み伏せる。強い獣の体臭、雄の質感・・・
(SuGM) ムクリッ・・・!
(SuGM) どころか・・・
(SuGM) 股間に熱気を感じる。背後に圧し掛かって君を押さえ突ける、一際大きな狼。
(SuGM) その股間から、巨大で異形な獣の肉棒がそそり立っていて・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「ひぅっ!?」どさっと前のめりに倒れこんでしまい、なんとか顔を手でかばったものの、その隙を獣達は見逃すはずもなく
【エルカ】 突き出してしまった腰の上にのしかかってくる暖かくも少しちくちくする刺激に肩越しに振り返り「うあ……な、なにそれ…!」人間のものはるかに巨大なそれを見てしまい
【エルカ】 「まさかそれを……!や、やめ…ボクそんなおっきいのは……!」以前二本をいれられたが、あれは触手である程度やわらかかった。だが、前にあるそれは、いかにも硬そうに反り返っていて
【エルカ】 「………!」思わず、ごくりとつばを飲みこみ…それはこれから訪れるであろう陵辱への恐怖か、期待か
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【獣】【おぉおおおおーーーーーんっ!!!」
(SuGM) その判断が少女につかぬまま・・・獣は問答無用で屹立をぶち込んだ。
(SuGM) 同時にバグンダダが呼吸音だけで笑い、ギュイギュイ、と、クリトリスを縛る鞭を引き絞る。
(SuGM) 痛覚と快楽が交差する中、
(SuGM) 【獣】【ぐおおおーーんっ!おおーんっ!」巨狼はぐりぐりっ、ぐりぐりっ、と、人間のソレと違って内部に硬い骨を持つ巨大な獣ペニスを、膣の最奥まで、み、ねじ込んでいくっ。
(SuGM) 【獣】「おんっ!おんっ!!」
(SuGM) 更に、狗科特有の動きが始まる・・・
(SuGM) ボコォ!
(SuGM) ペニスの根元が膨らみ、膣からペニスが抜けないようにロック。そのまま足を上げて腰を捻り、尻同士を連結するような姿勢になって
(SuGM) ゆっさゆっさ、ごつごつと、尻をぶつけ合うようなセックスを始める。その果てに待つのは、これも狗類特有の、連結したままの数十分に及ぶ大量射・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「ひきゅ…!」ドズンっ!と一気に剛直を叩き込まれ、小さな膣がいっぱいに広げられる
【エルカ】 それは外から見てもお腹がぽっこりとナニの形に膨らんでいるのが見えるほどで…
【エルカ】 「は、入っちゃ……え?な、何!?何が起こって…や、痛い…!いた…うああああ!?」根元にこぶが入り込み、狭い入り口は完全にふさがまう
【エルカ】 「ひいいいい…う、動かないで…!捻るなんて…!!」ぐりゅん!と隙間などほとんどない膣内をひねりつぶされて、その激感に地面に爪をもだえる
【エルカ】 「うっ、ぐうっ…はっはっ……!」そして始まる容赦のなゐ動き。狭い膣内では、亀頭の先が子宮の入り口をなんども叩いてしまい
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【賊ども】「うひょ、見ろよあの腹。ぼっこぼこだぜ?」「獣に一番譲っちまうのは損だったな、俺たちでやったほうが・・・」「ばかいえ、あとでぐたぐるまで待ったほうが安全だっての」
(SuGM) 欲情と冷酷が入り混じった男たちの声が響き渡る。
(SuGM) ズン、ズン、と、獣の肉棒が何度も、何度も、何度も何度も何度も
(SuGM) 膣肉を抉って、潰して、捻って・・硬い骨のある感覚が、ゴツゴツこつこつ奥まで響いて
(SuGM) 鞭が、クリトリスを、封じられたクリペニスの姿をあらわにしようと引張り、しごきたてる。
(SuGM) 痛烈すぎる刺激に、痛みがどんどん麻痺していって・・・麻痺していくのに、快楽だけ麻痺しなくて。
(SuGM) 腰が、膣が、クリトリスが・・・ペニスが・・・
(SuGM) 下半身が溶け落ちそうなほどの快楽が白熱していく。
(SuGM) ・・・リュードが、信頼して頼んでくれた、仕事なのに・・・
(SuGM) 【獣】「ルォオオーーーーーンーーー!!!」
(SuGM) 巨狼が高らか吼える・・・射精が、近いんだ・・・・▽
(SuGM) ▽
【エルカ】 「うう…多勢に無勢じゃなけりゃ、お前らなんか…あああ!?」屑どもの言葉に反論しようとするが、その口をふさぐかのような激しすぎる言葉を途絶えさせられて
【エルカ】 「!?うああああああ!もうそこ弄っちゃだめ…!それ以上弄られるとボク…ボクのが大きくなっちゃあああ!!?」ぎゅりぐちぃ!とねじされ引っ張られるクリが、まるでゴムのように少しずつ常識を超えて伸びていく
【エルカ】 「だめ、だめ…!ボクのが、ボクのがあああああ!」それは胸に届くかくらいまで長くなると、ぴんっと張ってお腹にくっつき、先っぽの方が空き、カリも形成されてしまって
【エルカ】 「ううう……あ、震えて…振るえ…?や、やめぇ!?出すなぁっ!!?」その獣の動きに、自身の射精を思い出す。そう、これは出す前兆だ
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【賊ども】「ははっ、おぎょーぎのいいお稽古じゃないんだ、一対一の戦いなんてそうあるもんかよ、バーか!」「おっ、おい見ろよ、アレ・・・!」
(SuGM) 【バグンダダ】「・・・フタナリカ。淫ラナ、瘴気ノ祝福ダ。素晴ラシイ・・・!モット欲シクナッタぞ、ソラ、ソラ、ソラソラ!」
(SuGM) 昂奮したバグンダダが、更に鞭を引く。
(SuGM) 鞭は魔力を得て蛇のようになり、螺旋状にクリペニスに吸い付いては
(SuGM) うじゅるうじゅると、絞乳機械のように動いて、前立腺を
(SuGM) 尿道を亀頭をカリ首をごりごりと責めたて、勃起をバキュームするように精液を搾りたてようト士。
(SuGM) 【獣】「ぁおーーーーーーうっ!!!!」
(SuGM) ずんがっしゅ!ごぽっしゅ!ずぶっしゅ!
(SuGM) まるで、絞りたてる分の埋め合わせをしようとするかのように
(SuGM) 時を同じくして、巨狼の動きが加速し。
(SuGM) ごつ!ごつ!
(SuGM) 奥を叩き
(SuGM) ざり!ざり!
(SuGM) 膣壁をすりあげる
(SuGM) その動きの果てに・・・!
(SuGM) ぶしゅ!
(SuGM) ブシュウウウッ・・・・!!!
(SuGM) ホースでぶちまけるような、大量の、獣の射精・・・!!!
(SuGM) それが、際限もなく、どくどく、ぶしゅぶしゅ、だらだらと・・・!
(SuGM) 少女の膣を、子宮を汚していく・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「うひゃあああ!?しごく…なぁ!ボク、ダメになっちゃう!これの事で頭いっぱいになっちゃうからぁ!!?」大きく勃起したクリチンポしごきあげられ、涎をたらしながらもだえる。
【エルカ】 その間にも獣の震えは大きくなっていき
【エルカ】 「だめ、もうだめ…!ボクのがでちゃう!爆発しちゃうよぉっ!!うああああ!!?」ぴんっ!と背をそらし、その反動で突き出たクリチン勢いよく少女の淫熱に燃え盛る液体が噴出していく。それはときおり自身の体や顔にもかかっていき
【エルカ】 「ひう……あひいいいい!?」それが収まろうとした時、獣の射精も始まってしまう。「ねとってしてはがれな…い…!熱いのがずっとはがよ…!?いや、ああああ!?」そのすさまじい刺激に、収まりかけていた射精がまた、さきほどよりもさらに激しくなって始まってしまう
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【バグンダダ】「キャーッ、キャッキャッキャッ!!!!」
(SuGM) サルが吼えるような、バグンダダの哄笑。
(SuGM) 男たちも笑い、獣も吼え、淫らな臭気漂う森を、陰惨な処刑場へと代えるようで・・・。
(SuGM) ▽
(SuGM) 第三ターン・・・
(SuGM)  
【エルカ】 では…
【エルカ】 とにかく獣を落とそう。《ファナルストライク》!残りMPで2回アヴォイドしてなんとかなればイケルかもかも。まあそのためにも出ろ高い目!
【エルカ】 9d6+2
(kuda-dice) S09_Elca -> 9D6+2 = [6,4,5,5,6,2,5,4,5]+2 = 44
【エルカ】 でた!
(SuGM) ぶお
(SuGM) 【獣たち】「ぎゃいいーーーーんっ!!」
(SuGM) メイデンとしてのエルカの必死の抵抗、迸るミアスマのエネルギーに
(SuGM) 獣たちが吹っ飛ばされる!
【エルカ】 よし
(SuGM) 【バグンダダ】「キャオッ!キキキ・・・獣ノ相手ハ飽キタカ!ナラ、今度ハ俺ガ犯ス!!」
【エルカ】 射精されきって、ごぷっと抜けたところに、偶然手元に転がっていた自らの剣でなぎ払った感じですね!
(SuGM) なるほどっ
(SuGM) だが、直後、バグンダダが、そして配下の賊どもが、襲い掛かる・・・!
(SuGM) バグンダダの攻撃
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [4,2]+11 = 17
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [1,5]+11 = 17
(SuGM) 捕縛者達の攻撃っ
(SuGM) 2d6+4
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+4 = [6,3]+4 = 13
SuGM topic : [捕縛者達(04)狂える蛮族の魔獣使い(07)][エルカ(09)]
【エルカ】 アヴォイド+ポテンシャル2点!
【エルカ】 2d6+9
(kuda-dice) S09_Elca -> 2D6+9 = [1,2]+9 = 12
【エルカ】 HP19→14
【エルカ】 もう一回。これで全部消せないと致命表確定!
【エルカ】 2d6+9
(kuda-dice) S09_Elca -> 2D6+9 = [4,5]+9 = 18
【エルカ】 消えた!
【エルカ】 最後素で食らってHP14→1
(SuGM) ん、アクトはもうこれ以上ないから
【エルカ】 うい。戦闘だけ続けますか
(SuGM) ここから先は戦闘終わるまで、一気に回しましょうか。
【エルカ】 あいあい
(SuGM) 第四ターン、PCの行動から。
【エルカ】 もうアヴォイドも意味ないし全力ー。《ピアッシング》+《フレイムエッジ》
【エルカ】 2d6+12
(kuda-dice) S09_Elca -> 2D6+12 = [5,6]+12 = 23
【エルカ】 23点炎ー
(SuGM) 残念ながらルーク級なので・・・それでは死なないな。
【エルカ】 ですよねー
(SuGM) ちなみに、種明かし、というわけではないが、GMが想定した幾つかのパターンのうちの「最適解」は
(SuGM) 第一ターンでフライトを使わずフレイムエッジだけで獣を攻撃、残りのMPを防御に回し
(SuGM) 第二ターンで、フレイムエッジにポテンシャルとファイナルストライクで、手持ちの全CPをぶっこんで、とにかく第二ターンのうちに獣をしとめておくこった。
【エルカ】 なるほど。やはり2ターン目で獣しとめきれなかった時点であれでしたな
(SuGM) その最適解につかずとも、とにかく第二ターンで獣を倒すべくCPを全突っ込みしてれば
(SuGM) 今回のエルカにも勝ち目はあったわけだ・・・
(SuGM) ともあれ、こちらの攻撃っ。
(SuGM) バグンダダの攻撃
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [4,3]+11 = 18
(SuGM) 2d6+11
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+11 = [4,2]+11 = 17
(SuGM) 捕縛者達の攻撃っ
(SuGM) 2d6+4
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+4 = [6,5]+4 = 15
(SuGM) リアクション、潰えたら致命傷表、全滅表のロールを。
【エルカ】 そういえば使ってなかった古の奇跡!
【エルカ】 3d6
(kuda-dice) S09_Elca -> 3D6 = [6,3,4] = 13
【エルカ】 まあ無駄ですね!
【エルカ】 では致命表。侵食で+1アイアンウィルで-1
【エルカ】 1d6
(kuda-dice) S09_Elca -> 1D6 = [4] = 4
【エルカ】 あ、くそ残りCP1しかないからだめだ。復帰できない
【エルカ】 では全滅表
【エルカ】 1d6+1
(kuda-dice) S09_Elca -> 1D6+1 = [2]+1 = 3
【エルカ】 致命が
【エルカ】 4:強烈な攻撃に失禁し、気が遠くなるが、意志を籠めて耐える。CPを2点消費することでHPが1になり戦闘を続行できる。しないなら意識はあるが能になり、HPが1以上になるまであらゆる行動が行えない。
【エルカ】 で、全滅が
【エルカ】 3~4、全滅のすぐ後、モンスターに犯されているところを冒険者に救出される。
【エルカ】    ・好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]する。
【エルカ】 ですね
(SuGM) ん
(SuGM) では、判定をどうぞ>妊娠判定
【エルカ】 おっと
【エルカ】 では運動で
(SuGM) あと、・・・誰に助けられたいです?
(SuGM) どうぞ
【エルカ】 2d6+7
(kuda-dice) S09_Elca -> 2D6+7 = [6,3]+7 = 16
【エルカ】 全力で妊娠を拒否!
(SuGM) 了解
(SuGM) さて、救出相手ですが
(SuGM) 1.リュード本人
(SuGM) 2.別のブレスド・メイデン
(SuGM) どちらがいいでしょう
【エルカ】 1d2
(kuda-dice) S09_Elca -> 1D2 = [2] = 2
(SuGM) ようするに、憧れの人に醜態を知られたくないかどうか、ってこってす
【エルカ】 別のメイデンと出ましたっ
(SuGM) ふむ、ダイス目で決めますか、では・・・
(SuGM)  
(SuGM) ・ED「無様な救出」
(SuGM)  
(SuGM) ぐっちゃ、ぬっちゃ、ずっちゃ、どぴゅっ・・・
(SuGM) ずぶぶっ・・・ぐっちゃ、ぬっちゃ。。。
(SuGM) ハァハァと、獣のような呻き。
(SuGM) 前進をまさぐる何本もの手、手、手。
(SuGM) 君は破れ、あれから・・・
(SuGM) ずっと、バグンダダと・・・その仲間の男たちに犯されていた・・・
(SuGM) 全身、自分で吐き出したのと、獣の分と、男たちの分と・・・は砕く塗れ
(SuGM) 膣など、底が見えないほどまで、塗りつぶされて・・・
(SuGM) 【バグンダダ】「ナカナカ、ハラマナイ、カ?ナライイ・・・孕ムマデ犯ス・・・!」
(SuGM) なおも、ぐちゃぐちゃに、犯され続けている・・・!
(SuGM) ▽
【エルカ】 「あ、う、う、ん、ふ、ふ……ふううう!!?」長時間回されているうちに反応が鈍くなっているのか、虚ろな目で両手にも陰茎を握らされ。そんな反応が面白くないのか、クリチンポを思い切り握られると、びくんと体をはねさせて声をあげて
【エルカ】 「もう、もうボクでないいいい…でないのに気持ちいいのはいやだ…ひ、また、またトんじゃうう!!」びくびくと跳ね回るからだと、それせてはねてお腹を叩くクリチンポ、白くぬれた体から、どろどろと液体がこぼれて地面を濡らしていく
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【バグンダダ】「出ナケレバ、受ケ入レレバイイ、孕メ、孕メ・・・!」
(SuGM) 喘ぐエルカの言葉を無視して、延々、猿のように犬のように
(SuGM) ピストンを続けるバグンダダ。
(SuGM) このまま、これが袁袁続いて
(SuGM) 孕み奴隷になるんだ、と・・・
(SuGM) 思われた、その時。
(SuGM) 【??】「・・・ごめん、悪いけど」
(SuGM) 《ブレイズショット》+《バーストファイア》・・・+アイテムズ・・・!
(SuGM) 【??】「もう、終わりだよ。」
(SuGM) 17+2d6
(kuda-dice) SuGM -> 17+2D6 = 17+[5,6] = 28
(SuGM) 23(エルカのダメージ)-3(防御)+28(今のダメージ)-3(防御)=45、バグンダダ、HP43、撃破。
(SuGM) グバン!!
(SuGM) 【バグンダダ】「ぐが・・・!?」
(SuGM) 超高密度の火球に頭部を粉砕され、骸と化して崩れ落ちるバグンダダ
(SuGM) 【賊】「う、うわああーーー!?」
(SuGM) それに付き従っていた賊どもは、あっけなく怖気をふるって、抜け出して
(SuGM) 【??】「・・・君が守った、隊商に依頼されて、来た・・・君を、助けに」
(SuGM) 現れた、細い人影が、君を助け起こす。
(SuGM) 【??】「・・・帰れるよ」
(SuGM) ▽
【エルカ】 「……」はじけとんだ頭部を呆然と見つめ、その影から現れた少女に視線を移し「………う…帰れ…る……」そのまま、フっと意識を手放しう
【エルカ】 ▽
(SuGM) 【??】「・・・隊商さん、泣いてたよ。」
(SuGM) 【??】「あの子は女の子なんだ。恋してる女の子なんだ・・・」
(SuGM) 【??→シャイ=アフマル】「リュードには、彼女が受けた仕打ちを、秘密にしてやってくれ、って・・・」
(SuGM) 鋭い角と、尻尾を持つ、魔族のようなすがたをした、メイデンの「少年」は・・・そう呟いて、意識のないエルカを助けお越し、歩き出した。
(SuGM) ・・・
(SuGM) その思い無き身を慰めるように・・・
(SuGM) しかし、思ったことと、受けた傷は、消えはしない・・・
(SuGM) ランドリューフ戦記
(SuGM) 「手紙の依頼過去と未来」
(SuGM) 終わり
(SuGM) リザルトを行いますので、PCの得たCPとSPの申告を願います。
【エルカ】 あい
【エルカ】 CP13 SP8点になります
(SuGM) では、敗北で
(SuGM) 経験点37、ミアスマ12点
(SuGM) 刻印1(狂える蛮族の獣使い)
(SuGM) 人脈は、取りたい場合NPC人脈として
(SuGM) リュード、
(SuGM) スタット
(SuGM) それと、PC人脈として、GMのPC
(SuGM) 「シャイ=アフマル(ショタPC)」
(SuGM) に、取ることが可能・・・
(SuGM) 以上です。
【エルカ】 うい。最後はしんみりでしたな。お疲れ様でした・・・!
(SuGM) ん、おつかれさまでした、こちらこそ
(SuGM) おつきあいいただきども!