【GM】 ワールドエンドシーカーズっぽくないセッション[第45話:ぬるぬるな森のモンスター退治]
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 【マスター】「まぁ、というわけでタイトル通りモンスター退治をしてもらいたい。」
【イーロン】「タイ……トル?」
【ヴェイル】「なるほど、ねぇ…まぁ、あたらしい武器は仕入れたし、試運転にはちょうどいいかな?」 背後には大型のマシンガン、どう考えても三脚に据え付けて使用するものだとおもわれるが。
【デュオン】「ほほう!魔物退治か!まさに勇士の偉業だな!」(うんうん)
【アネット】「…あー…ぬるぬるネ…」
【GM】 【マスター】「ちなみに、なぜか冒険者は地名を聞くとみんな嫌がってるのだ、だから最近報酬をあげたばっかだ」
【ヴェイル】「あそこは、ネェ…あたしもコレに持ち替えてなかったら断っていたもの」
【アネット】「一応先に地名を聞いておいていいかナ?『ぬるぬるな森』が正式名称でOK?」
【GM】 【マスター】「いや[テンタクルズウッド]だ」
【GM】 【マスター】「ちなみに、言っておくがKENZENだぞ?」
【イーロン】「実に係わり合いになるのが躊躇われる名前だな、まあ、俺はかまわんが」
【デュオン】「ほほう、触手怪物か」
【アネット】「……で、そこのナニを退治して来ればいいのかもう一度詳しく教えて欲しいネ?」こめかみ押さえつつw
【GM】 【マスター】「巨大スライムとHCとかにいそうなザコい触手生物だ」
【デュオン】「スライム!勇士の鎧の隙間から入り、死と毒を運ぶ怪物だな!」(ぐっ)
【アネット】「HCが何かはあえて問い詰めない方が賢明なんだよネ…」なんか納得したようにw
【ヴェイル】「まぁ、なんでも蹴散らすから…別にいいんだけどさぁ」
【GM】 【マスター】「まぁ、安心しろ、KENZENだ、ってことで、イってもらえるかい、ちなみに報酬は300エンだ」
【デュオン】(はて?HCなどという英雄憚はあっただろうか?)
【イーロン】「たいまつが必要だな、スライムって事は」
【デュオン】「あいわかった!……はて?奴等に剣は通じるだろうか?」
【GM】 という訳で他にきくことなければ移動開始などどうぞ!
【デュオン】「あ、いかん。貴殿等は如何にするかね?」
【アネット】「だいじょぶ、少なくとも触手は斬れるヨ、安心するといいサ」
【ヴェイル】「さぁあ、でもあたしの爆裂徹甲弾ならそれなりには?」
【イーロン】「あーっと、地図はいらんのか?」
【イーロン】「それとも、地図なんかの現状調査も含めてか?」
【GM】 【マスター】「もちろん、地図もとってきてほしい、前に調査した奴もいるんだが・・・正直うん・・・」といって、一枚の落書きをくれます
【アネット】「あー…どうするって言っても最近生活費増えたしネ…稼がなきゃだヨ」
【デュオン】「なるほど!ではレディ、貴女の銃弾、頼りにしておりまするぞ!」>ヴェイル
【GM】 【マスター】「うむー自民党のせいで最近は生活費が大変らしいしな、がんばってくれ」
【アネット】「どれどれ。…………やだなぁ、地図を出してくれるんじゃなかったのかナ?前のマッパーが描いたのはドレ?」なんか凄いイイえがおでw<落書き>ますたー
【GM】 【マスター】「たしか、ゲゴゴ=フロッガーとかいう冒険者だった気がする」
【デュオン】「ほほう、なかなかの腕の勇士なのだろうな。そ奴は」
【ヴェイル】「まぁ、鳩が無駄遣いするからよくないよねぇ。ってその地図はいらない」
【GM】 【マスター】「だろうな、ってことで、地図もお願いする」
【アネット】「凄いカエルっぽそうな名前だネ…ま、まあイイかナ」
【イーロン】「ほいほい、了解」
【GM】 ってことで、何も泣ければ移動OKかな
【ヴェイル】 ではリーダーに号令をおねがいしつつ
【デュオン】「うむ!では件の怪物を切り捨ててくれん!」
【デュオン】 「はっはっは、では参ろうではないか諸君!【我等皆勇者ナリテ】だ!」
【GM】  
【デュオン】 号令って台詞でいいのかな?
【GM】  
【GM】  
【GM】 うむー
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 【第32フロア目:水と魔物の入り混じる沼地】
【GM】  
【GM】  
【GM】 という訳で、マッパーさん全裸になってください・・・ではなく、地図判定どうぞ!
【アネット】 宿に戻ったらなるかもネ?
【アネット】 -> 2D6+7 = [3,2]+7 = 12
【GM】 B成功!
【GM】 では、目の前にいきなり沼地が広がっている、何本もの通路があるね!
【デュオン】「うむ!いかにも魔物が住むにふさわしい場所よな!」
【ヴェイル】「周囲を警戒、有効射程はそんなにないけど流れ弾に気をつけてねぇ」
【アネット】「…あの落書きはこういうコトだったんだネ…」  照らし合わせて想像で補って『なるほど、アレはコレを描いていたのか!』とw
【イーロン】「なるべく道は外れたくねぇもんだなぁ……」
【イーロン】「ちとはまったら、洗う場所なさそうだぞこりゃ」
【デュオン】「ほほう、地図術とは斯様なものか」
【アネット】「前の人のを解読するのは骨が折れるヨ…やっぱりみない方がいいよネ」肩すくめ
【GM】 ちなみに、道は二股に分かれてる、番号で1番と5番ということにしよう、それと、適当に探索したければ探索もOKよ!
【デュオン】「それよ、イーロン殿。剣は斯様な湿気には晒すようにはできておらぬ」
【デュオン】「やや、分かれ道だぞ、友よ」
【ヴェイル】 では捜索でぇ
【ヴェイル】 -> 2D+1 = [4,4]+1 = 9
【イーロン】「それとな、俺は貴族とかは好きじゃねーから、あんまり調子に乗るんじゃねぇ」
【イーロン】 ふ
【イーロン】 知力を大幅に上げた俺ならば
【イーロン】 -> 2D6+1 = [5,3]+1 = 9
【アネット】「んー、どこ行こうかナ?」
【イーロン】 惜しい
【アネット】 そうさくちゅー
【アネット】 -> 2D6+4 = [6,1]+4 = 11
【デュオン】「そうか……、それは残念だ。だがいつか分かり合える日もこよう」
【デュオン】 ではこちらも探索など
【デュオン】 -> 2D6+3 = [4,3]+3 = 10
【イーロン】「そうやって、自分だけ高いとこにおいてるような人種と分かりあう日なんてこねぇな」
【イーロン】「ま、仕事はこなすけどよ」
【GM】 うむー。特には見当たらないが、それとは別に沼地の中に洞窟っぽい感じのとこがみつかった!おめでとう!
【デュオン】「ほほう、洞窟か」
【アネット】「あー…あそこの洞窟は…」少し考えて「入るとどうしても沼地で汚れるしネ。出来れば後にしたいかナ…どうする?」リーダー見て
【デュオン】「あ、それとな。迷惑に思っているのなら先ほどのは軽率であった。謝罪しよう」>イーロン
【ヴェイル】「まぁ、あたしはどーでもいいけど。とりあえず標的をさがさなくちゃ、だぁね」
【デュオン】「うーむ、ここは正規の道を進むが常道か……」
【デュオン】 あ、どちらが狭い とか二つの道に違いはあります?>ますたー
【GM】 5のが比較的ちょっと狭いがあんまかわらない、ちなみに、全員感知どうぞー
【デュオン】 -> 2D6+3 = [2,6]+3 = 11
【イーロン】「(け、いい子ぶりやがって……)」
【イーロン】 -> 2D6+0 = [4,6]+0 = 10
【ヴェイル】 -> 2D+1 = [2,3]+1 = 6
【ヴェイル】 だめだぁ
【GM】 : [ヴェイル/デュオン/イーロン][アネット]
【GM】 って感じかな?
【アネット】 感知…
【アネット】 -> 2D6+3 = [4,2]+3 = 9
【GM】 さぁ、誰狙うかね!空気よまないぜ!
【GM】 -> 1D4 = [1] = 1
【GM】 では、デュオンとイーロンはヴェイルに向かって触手が攻撃してこようとしているのを発見
【GM】 : [グリーンローパー*2][ヴェイル/デュオン/イーロン][アネット]
【デュオン】「いかん!ヴェイル殿!魔物の敵襲だ!」(盾になるとかできます?)
【ヴェイル】「う、うぇえ…な何!?」
【イーロン】「あぶねぇぞ?」
【アネット】「入り口じゃ構造の推測も出来ないしネ…っと?!」デュオンが叫んで気付いたらしい
【イーロン】 どういう行動が出来るのかしら
【GM】 いや、単純にこっちが奇襲失敗しただけ!
【GM】 : [グリーンローパーIV4*2][ヴェイル/デュオン/イーロン][アネット]
【GM】 さぁ、開幕あるかい!
【イーロン】 開幕はなし
【ヴェイル】 なし
【GM】 なければ、アネット→デュオン→ヴェイル→イーロン→敵ーズって順番で動くぜ!
【イーロン】「ヴェイル、上から来てる、とっとと構えろ」
【ヴェイル】「うえって、この…コイツ重いってのに!」 マシンガンを上に向ける。軽々と扱ってるように見えるがそんなことはない!
【アネット】「あらら、さっそくお出ましみたいだネ…」
【デュオン】「来たな怪物め!デュオン・ロ・レアン・シャルペ男爵 が退治してくれよう!」
【GM】 ってことでアネットどうぞー
【アネット】 魔物知識判定ー。
【アネット】 -> 2D6+5 = [3,4]+5 = 12
【イーロン】「……(何でこう、貴族ってのはいちいちそういうことするかね)」 うぇぇ、って顔で
【GM】 12か!
【アネット】「グリーンローパー、って奴だネ、アレは確か…」 さあ解説タイムw
【GM】 グリーンローパー (赤/★)
【GM】 【IV】4 【回避】0 【防御】8/0
【GM】 【攻撃】5+2D6+2 (物/なし)
【GM】 【必殺】5+2D6  (物/なし) 命中した場合、戦闘終了まで回避-1
【GM】 【弱点】赤属性
【GM】 『粘液』このモンスターに攻撃を命中させた場合、攻撃相手の回避-1  
【GM】 ×××が○○○で女性の○○○で△△△△が好き
【アネット】 ――勿論×××がとかはいわないw
【アネット】「…って感じのエロ触手だヨ。主にヴェイル、気を付けてネ?」
【ヴェイル】「な、なんであたし!?」
【ヴェイル】 とりあえずマシンガンで二体を通常攻撃。
【ヴェイル】 1エンゲージ攻撃。
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[1,4]+5 = 16
【GM】 A
【GM】 -> 1D6 = [3] = 3
【アネット】「だってほら、今狙われてたしネ?」
【GM】 B
【GM】 -> 1D6 = [4] = 4
【GM】 両方あたる!
【イーロン】「まあ、俺を狙ってきやしないだろうしなぁ」
【ヴェイル】「さすがに効果が低いかなぁ…牽制してるうちに、どうにかしてよ!」
【GM】 さぁ、次どうぞー
【アネット】「時々亜種でオトコ好きなローパーも居るって聞いたヨ?」どこまでホントだ
【GM】 デュオンどうぞー
【デュオン】「ふんっ!(魔物憑依開放して筋肉UP)きええええっ!」(怪力使用)
【デュオン】 -> 8+2D6+6 = 8+[5,6]+6 = 25
【デュオン】 属性青で
【GM】 うぉぉーいたいいたい!
【GM】 ってことで、エロい人どうぞ
【デュオン】「おおっ!粘液とは小癪な!」
【イーロン】 誰だ
【イーロン】 ヴェイルの2回行動か
【GM】 イーロンさんのにきまってr
【イーロン】 俺だったのか!
【イーロン】 ダメージをたくさん受けた人を追撃するね
【イーロン】ぺちり
【イーロン】 -> 5+2D6+2 = 5+[3,6]+2 = 16
【イーロン】 16発
【GM】 -> 1D6 = [3] = 3
【GM】 OK,
【GM】 まだいきてるぜ!
【イーロン】 ちっ
【GM】 ってことで、ローパーズの行動!
【GM】 A
【GM】 -> 1D3 = [1] = 1
【GM】 B
【GM】 -> 1D3 = [3] = 3
【GM】 ヴェイルとイーロンに触手攻撃ー
【ヴェイル】 きたわ、回避-1しつつ?
【GM】 ヴェイルとイーロンは接近してるんで-1食らってるね
【GM】 -> 5+2D6+2 = 5+[5,2]+2 = 14
【イーロン】 回避ペナ込み
【イーロン】 -> 1D6+1-1 = [5]+1-1 = 5
【イーロン】 避けた
【ヴェイル】 -> 1D+2 = [1]+2 = 3
【ヴェイル】 くらった!9点ほど
【ヴェイル】「う、うぇ…足元に!?」
【GM】 さすがヴェイルエロいな(
【GM】 ってことで、ターンまわして開幕なければアネット!
【イーロン】 かばわなくていいのか、りょうかい
【イーロン】「うーん、もうちょっと上まで這い回ってくれなきゃなぁ」
【デュオン】「おのれ怪物め!レディ・ヴェイルをよくも!」
【アネット】「あー、もう困った触手だよネ…」こっちにからまれるのもやだしー、とゆーめで、弱ってる方に取りあえずナイフ投げてみる
【ヴェイル】「バ、バカ言うな…脚で抑えていないとぉ、来ちゃう」
【アネット】 -> 6+2D6 = 6+[5,3] = 14
【GM】 奇跡の回避!
【GM】 -> 1D6 = [5] = 5
【GM】 OK,倒れた!
【GM】 : [グリーンローパーIV4][ヴェイル/デュオン/イーロン][アネット]
【アネット】「まあ、あたってもなかなk…あれれ、倒れたみたいだネ」…ヴェイルに絡みついた方です?別の方?w
【ヴェイル】 絡みついた方を撃つ!
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[2,6]+5 = 19
【GM】 Aだからからみついてるほうだね、絡みついたまま倒れた!
【ヴェイル】 ってではBか!
【GM】 -> 1D6 = [4] = 4
【ヴェイル】「ふうぅ、もう一匹も!」
【GM】 OK,はいった!では次どうぞ!
【デュオン】 では拙者いこうか?
【GM】 というか、IV順なんでデュオンなんだぜ
【デュオン】「くらえい!怪物め!えあああっ!ふんっ!」
【デュオン】 -> 2D6+8 = [2,2]+8 = 12
【GM】 命中いくつ!
【デュオン】 あ、失礼5です
【GM】 -> 1D6+0 = [5]+0 = 5
【GM】 OKよけた!
【デュオン】「おのれっ!小癪な」
【イーロン】 じゃあ、おれだな
【イーロン】「ほいほい、次々」
【イーロン】なぐーる
【イーロン】 -> 5+2D6+2 = 5+[3,3]+2 = 13
【GM】 -> 1D6 = [2] = 2
【GM】 ok,ok!まだいきてるぜ
【GM】 では触手の狙い定め
【イーロン】 ちっ
【GM】 -> 1D3 = [3] = 3
【アネット】 …半分弱くらい削れたかナ?
【GM】 イーロンさんに!
【GM】 -> 5+2D6+2 = 5+[5,4]+2 = 16
【GM】 ちなみに、イーロンさんは二回攻撃あててるので回避-2でよろしくね!
【イーロン】 -> 1D6-1 = [5]-1 = 4
【イーロン】 あたった!
【GM】 16点物理どうぞ!正直入る気しね!
【イーロン】 6ダメージ
【イーロン】 残り34
【GM】 ってことで、次のターンアネットからどうぞー
【アネット】「早いトコ、終わらせないとネ…まだ入り口なのにサ」 ないふなげー
【アネット】 -> 6+2D6 = 6+[5,3] = 14
【GM】 OK,まだいきてる!さぁ次どうぞー!
【ヴェイル】「つぶれろぉっ!」 こうげきぃ
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[2,3]+5 = 16
【GM】 -> 1D6 = [6] = 6
【GM】 さぁ!みろ!この回避!
【GM】 デュオンどうぞー
【デュオン】「なれば……之にて!」
【デュオン】 -> 6+2D6+3 = 6+[2,6]+3 = 17
【GM】奇跡はまだおきる!
【GM】 -> 1D6 = [2] = 2
【GM】 わけがないな、それで倒れたー!
【デュオン】「怪物め!正義はなされるのだ!」
【GM】 一匹も捕まえさせないぜ!
【イーロン】「……ちっ」
【デュオン】 (マントで剣をふきつつ)
【GM】 では、敵がいなくなったので何も泣ければ移動できそう!
【アネット】「ふぅ…あ。マントの生地が痛むヨ?」デュオンを『やっちゃった?』って目でw
【デュオン】「なんと!……表生地でもいたむであろうか?」
【イーロン】「しっかし、こうじめじめしてると、鎧のなかが蒸れていけねぇよ」
【ヴェイル】「結構弾使っちゃうなぁ、まぁ…1000発は持ってきてるけどさ」
【イーロン】 ぽいっと死体を沼に放り込んで道を明けて
【アネット】「何せほら、魔物の粘液だからネ…」と肩すくめて「で、どっちに行こうか?」
【イーロン】「まあ、どうせしらみつぶしだし、適当でいいんじゃね?」
【デュオン】「さて、我等に情報は少ないゆえ どちらもいかねばなるまいな」
【アネット】「まあ、決めるのはリーダーにお任せ、だネ」
【デュオン】「では……狭き5の方から参ろうか」
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 【第59フロア目:まぁもうフロア名とかいいよね】
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 マッパーどうぞー
【イーロン】「さてさて、鬼も蛇も出なきゃいいんだが……ヴェイルは、今度は油断すんなよ?」
【アネット】「…ロア名とかいいよね、っと」(タイトル書き書き
【アネット】 -> 2D6+7 = [4,4]+7 = 15
【アネット】 Aせいこー
【GM】 Aおめ!
【GM】 http://www41.atwiki.jp/mhp2g/?plugin=ref&serial=93 さぁ、こんな感じのマップです、また二つに道がわかれてるぜ
【ヴェイル】「うぅ、とりあえずぅ…ってさぁ」
【ヴェイル】 不機嫌そう
【アネット】 ↓から来たのかナ?
【GM】 ちなみに、こっちの通路は・・・ほぼ完全に沼地で、腰あたりまでつからないと移動できない、下からきたよー
【イーロン】「この先はちと普通には通る通路じゃねぇって感じだなぁ」
【アネット】 で、方向的に1の通路って右側の通路の先に繋がってそうだったりします?
【GM】 もしかしたらつながってるかもね!
【アネット】「んー、確かにネ。沼の中に何かいたら大変だし」
【デュオン】「やや、これでは通れぬな……」
【ヴェイル】「さすがに水の中じゃ弾丸は、ねぇ」
【GM】 では、全員感覚どうぞ!
【イーロン】 ふっふっふ
【イーロン】 -> 2D6+0 = [6,6]+0 = 12
【デュオン】 -> 2D6+3 = [1,6]+3 = 10
【イーロン】 クリ
【アネット】 -> 2D6+3 = [3,1]+3 = 7
【GM】 イーロンさんはマップの4の位置にお宝があるのを発見した
【GM】 移動すればとれるよ!確実にGMは何かおこすけど!
【ヴェイル】 -> 2D+1 = [1,2]+1 = 4
【ヴェイル】 ぎゃあ
【アネット】「んー、見えないネ…何かあるかナ?」
【イーロン】「んー、あっちの端のほう……なんか沈んでるなぁ」
【イーロン】「あっちの、あの辺……」 と指差して
【GM】 デュオンは4の位置に一瞬なにかが光った程度はわかる、何かはわからない!もしかしたら敵かもしれないかも?
【イーロン】「ただ、浸かって進まなきゃいけねーけどなぁ」
【デュオン】「ほう?ふむ、あのあたりか……」
【イーロン】「多分敵とかじゃなくてお宝だと思うが」
【デュオン】 (沼の中は回避にマイナスとかつく?)
【アネット】「んー、僕にはわかんないネ…お宝なら探しに行く方がいいと思うケド」
【ヴェイル】「あるいは…目標の敵、かなぁ?」
【GM】 ないです!ただし、沼地に入る人と入らない人で前衛後衛がかわるかもしれません!
【ヴェイル】 補助ないから最初後衛でもいいけど。
【アネット】 元々後衛だネ。…バックアタックされたらそのときはそのときw
【デュオン】 どうしようかな?拙者がいこうか?
【ヴェイル】 では、おねがいしつつ
【GM】 : [][ヴェイル/デュオン/イーロン][アネット]
【GM】 デュオンのみが取りにいくでいいのかな!
【デュオン】「ふむ、魔物の犠牲者の遺品かもしれぬ。一つ某が見てまいろう」
【デュオン】 ですな
【GM】 : [ブラックローパーIv5][ミニローパーIV8*3][ヴェイル][イーロン/ヴェイル/アネット]
【GM】 全員感知どうぞ!失敗すれば敵の先制ね(
【イーロン】 -> 2D6+0 = [2,2]+0 = 4
【デュオン】 -> 2D6+3 = [4,1]+3 = 8
【イーロン】 ファンブル!
【ヴェイル】 -> 2D+1 = [1,1]+1 = 3
【ヴェイル】 ぎゃあ
【アネット】なんとー
【アネット】 -> 2D6+3 = [3,3]+3 = 9
【アネット】 きゃーw
【GM】 とりあえず、ファンブル出したイーロンさんとヴェイルさんは回避-2で他は回避-1で不意打ちを食らうぜ
【GM】 : [ブラックローパーIv5][ミニローパーIV8*3][デュオン][イーロン/ヴェイル/アネット]
【GM】 ちょっとまて、デュオンがんばって3回避けるんだ!
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[3,3] = 11
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[1,3] = 9
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[1,6] = 12
【デュオン】「なんの魔物の不意打ち如き、ロ・レアン男爵は恐れはせぬわ!」
【GM】 対象選択
【GM】 -> 3D6 = [4,6,4] = 14
【デュオン】 -> 4+1D6 = 4+[6] = 10
【GM】 対象選択
【GM】 -> 1D3 = [2] = 2
【GM】 デュオンは3回振っちゃっていいよ!
【GM】 ヴェイルに引き寄せ攻撃
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[2,3] = 10
【デュオン】 -> 4+1D6 = 4+[3] = 7
【デュオン】 -> 4+1D6 = 4+[5] = 9
【デュオン】 (9 6 8です)
【アネット】 早ッ?!
【イーロン】 引き寄せは俺は喰らいたいところだが
【ヴェイル】 -> 1D6+1 = [2]+1 = 3
【ヴェイル】 むりぃ
【ヴェイル】 残りHP11
【イーロン】 カバーする
【イーロン】 >ヴェイル
【イーロン】 ?
【イーロン】 カバーしないか
【GM】 ちなみに、この攻撃のダメージ受けた後衛の人は前衛にいくのでがんばれ
【ヴェイル】 前衛にいかないと!
【GM】 ってことで、何もなければ次のターン通常にどうぞー
【アネット】 んー、黒触手を魔物知識。
【アネット】 -> 2D6+5 = [3,3]+5 = 11
【GM】 : [ブラックローパーIv5][ミニローパーIV8*3][デュオン/ヴェイル][イーロン/アネット]
【GM】 ブラックローパー (黒/☆)
【GM】 【IV】5 【回避】0 【防御】3/3
【GM】 さぁ、次はヴェイルのターン!
【ヴェイル】 ミニローパーを纏めて攻撃!
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[3,4]+5 = 18
【GM】 -> 1D6+1 = [5]+1 = 6
【GM】 -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【GM】 -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【GM】 2匹あたった!くそぉ!
【ヴェイル】「とりあえず、こいつらを一掃しないとっ!」
【GM】 さぁ、次デュオンどうぞー
【デュオン】「うむ、友よ。魔物どもに目に物みせてくれようぞ!」(ミニローパー1に攻撃)
【GM】 1っていうと無傷のだぜ
【デュオン】 失礼2だ
【デュオン】 -> 5+2D+3 = 5+[5,2]+3 = 15
【GM】 -> 1D6+1 = [6]+1 = 7
【GM】 恐怖の回避!
【デュオン】「うぬぬっ!またしても!」
【GM】 さぁ、次は・・・・イーロンさんがんばれ!
【イーロン】 んー
【イーロン】 2を殴っておこう、普通に
【イーロン】 -> 5+2D6+2 = 5+[2,6]+2 = 15
【イーロン】 15で
【GM】 -> 1D6+1 = [6]+1 = 7
【GM】 恐怖の回避!
【GM】 ってことで、敵か・・・
【GM】 -> 3D2 = [2,1,2] = 5
【イーロン】 あ、ごめん
【イーロン】 俺も前に出ないと
【イーロン】 攻撃できないので、俺も前に出てる、補助で
【GM】 あぃあぃ
【GM】 : [ブラックローパーIv5][ミニローパーIV8*3][デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット]
【GM】 とりあえず対象きめだけー
【GM】 -> 3D3 = [2,2,1] = 5
【GM】 ・・・・触手ヴェイル大好きだなぁ・・・
【ヴェイル】 ああう
【GM】 ヴェイル
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[6,6] = 17
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[4,5] = 14
【GM】 デュオン
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[3,5] = 13
【GM】 回避がんばれ!
【デュオン】 -> 4+1D6 = 4+[1] = 5
【デュオン】 まあ無理だわなw
【GM】 というかファンブルか、13点ダメどうぞー
【GM】 黒触手の対象決め
【GM】 -> 1D4 = [1] = 1
【ヴェイル】 -> 1+1D6 = 1+[1] = 2
【ヴェイル】 -> 1+1D6 = 1+[3] = 4
【ヴェイル】 さすがに死にそう!
【アネット】 …ヴェイルがちょっとえろいことに
【GM】 あぁ、あれだ、奇襲によるダイスマイナスはないからね!
【デュオン】「がっ……がはっ!……おのれ……」
【GM】 けど、2発ファンぶってるのか、じゃ、ヴェイルがえろいことになってるな
【GM】 黒触手攻撃>デュオン
【GM】 -> 5+2D6 = 5+[3,1] = 9
【イーロン】 カバーが必要なら言ってね?
【アネット】 イーロンはかばえないっけ?
【アネット】 あ、庇えるんだw
【イーロン】 むしろカバーがメインですよ
【ヴェイル】 一発目カバーおねがい!二発目は避けてる!
【イーロン】 カバー!
【アネット】 だよねー。今日はあまり庇ってないからあれレット思ってたw
【イーロン】 10点防御で7ダメージかな
【イーロン】 欲しいか分からんからな
【デュオン】 い……いかん。カバーできればお願い網しあげ候
【GM】 では、触手がヴェイルのぱんつだけ奪ったが、ヴェイルはノーダメ!
【GM】 というか、避けようまず!
【デュオン】 カバーって賽をふるまえではないのか
【デュオン】 失礼
【デュオン】 -> 4+1D6 = 4+[4] = 8
【イーロン】「……なんだ、あの布」
【アネット】「あっちゃあ…」
【GM】 ってことで、ターンまわしてアネットどうぞー
【デュオン】 ああ、矢張り足りない
【GM】 いやいやいや避けてる
【アネット】 もっかい黒いのを知識判定ー
【アネット】 -> 2D6+5 = [1,5]+5 = 11
【アネット】 …orz
【ヴェイル】「…うあうぅ…」
【GM】 ヴェイルどうぞー
【アネット】「よ、予備とかは…」ないよネ、という顔で気まずそうに
【デュオン】(ヴェイル殿!まさか致命傷を……)「おのれ怪物め!」
【ヴェイル】 攻撃
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[3,2]+5 = 16
【ヴェイル】「この絶対コロス!」
【GM】 -> 1D6+1 = [1]+1 = 2
【GM】 -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【GM】 -> 1D6+1 = [6]+1 = 7
【GM】 よけるなぁぁぁぁー!
【GM】 : [ブラックローパーIv5][ミニローパーIV8*2][デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット]
【GM】 次、デュオンどうぞー
【デュオン】 ミニローパーのこりは1と3?
【GM】 1と3が残り
【デュオン】「なんのこれしき……っ!ヴァレス貴族は怯えないっ!」(1に攻撃)
【デュオン】 -> 5+2D6+3 = 5+[6,1]+3 = 15
【GM】 -> 1D6+1 = [4]+1 = 5
【GM】 くそぉOTZ
【GM】 イーロンどうぞぉぉ!
【デュオン】「ヴェイル殿がっ……。かほどに無力とは……」
【ヴェイル】「いいからさっさと片付けて!」 マシンガン連射中
【アネット】 …あれ?何で命中5?<デュオン
【デュオン】 ジーザス!……直してなかった。
【GM】 じゃ、あたって、それで倒した!
【アネット】 (びー様の言ってたののいみがようやくわかた・・・
【イーロン】 んー
【イーロン】 じゃあ、3を殴る
【デュオン】 一度ならず……まこと申訳ない。
【GM】 : [ブラックローパーIv5][ミニローパーIV8][デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット]
【イーロン】 -> 5+2D6+2 = 5+[6,3]+2 = 16
【GM】 -> 1D6+1 = [6]+1 = 7
【GM】 さっきから出目が酷い罠
【イーロン】「こいつぁ、意外と厄介だ……」
【GM】 ミニ
【GM】 -> 1D3 = [3] = 3
【GM】 黒
【GM】 -> 1D4 = [1] = 1
【GM】 イーロンに攻撃!
【GM】 -> 2D6+5 = [6,2]+5 = 13
【GM】 デュオンに攻撃!
【GM】 -> 2D6+5 = [6,3]+5 = 14
【GM】 命中が咲きだよ!
【GM】 両方命中5ね!
【デュオン】 -> 4+1D6 = 4+[2] = 6
【デュオン】 さけたっ
【イーロン】 -> 1D6+0 = [2]+0 = 2
【イーロン】 当たった
【イーロン】 10点防御なのでまだまだ!
【GM】 3点ダメどうぞ!ってことで頭に戻ってアネット!
【アネット】「あー…もう、僕も思い出してる場合じゃないネ」
【アネット】 ミニの方にナイフー
【アネット】 -> 6+2D6 = 6+[6,5] = 17
【GM】 -> 1D6+1 = [1]+1 = 2
【GM】 OK、それで倒れた!
【ヴェイル】「ぶっころすぅ!」 ブラックに攻撃!
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[1,5]+5 = 17
【GM】 : [ブラックローパーIv5][デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット]
【GM】 -> 1D6+0 = [2]+0 = 2
【GM】 ・・・・いい子と教えてあげよう、こいつのHP10なんだ、おつかれさま!
【GM】 : [デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット]
【アネット】 Σ
【アネット】「(奪われてた布切れのほうをデュオンが何かするより先にゲットしに行くw)…あー…」凄いどろどろな予感w
【デュオン】「おおっ!美事(みごと)!ヴェイル殿!」(ばしゃばしゃ)
【ヴェイル】「はあぁ、どうにかなった…大丈夫だよ」 一塊の弾が尽きるまで撃ち続けながら。
【イーロン】「あー、大丈夫か? ヴェイル」
【GM】 とりあえず、みんな沼地にはいってどろどろですぜ
【GM】 とりあえず、宝のほう・・・ささやかな宝があったのはイーロンは見つけていいよ!
【デュオン】「うぬぬ、これは……いかんな。随分よごれてしまった」
【GM】 とりあえず、何もなければ次マップだけど!
【イーロン】 おk
【アネット】「んー…他は何もない、よネ?」見回しながら、こっそりヴェイルにぱんつ返しておこうw 丸めて押し付ける感じでw
【イーロン】「っと、やっぱ、お宝発見、っと」
【ヴェイル】「うぅ、さっさとすませるよ!」 はけないけど、まぁぽっけに!
【イーロン】 ざぶざぶと取り出して
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ラストマップ:ドルフィン刑事参上
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 という訳で奥にすすもうと・・・ではマッパーどうぞ
【アネット】 んー…そろそろつかっとくかなぁ。<思考強化>
【アネット】 地図描き描き
【アネット】 -> 2D6+9 = [6,2]+9 = 17
【GM】 A成功おめ!
【アネット】 魔法使わないでも平気だったorz
【GM】 では・・奥に進むとあからさまに巨大なスライムが見える
【GM】 : [巨 大 ス ラ イ ム IV0][デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット]
【GM】 おそらくあれが今回のボスだろう、さぁラストバトルだ!
【デュオン】「なんと巨大な怪物だ……。だがヴァレスの騎士に恐れの文字はない!」
【GM】 では、開幕!
【ヴェイル】「コアは…どこだ?」
【デュオン】 腕変化使用
【アネット】「あーらら……おっきいネ…?」ちょっとひきつり
【ヴェイル】 なし
【GM】 コア?なにそれスライムの中にはみえないヨ?
【GM】 終わったらアネットからどうぞー
【アネット】 まあ、最初は素直に魔物知識から。
【アネット】 -> 2D6+7 = [3,4]+7 = 14
【アネット】 …っち
【GM】 まぁ、Aじゃなくっても問題ないぜ
【GM】 全員この時点で探索どうぞ!
【アネット】そーさくー
【ヴェイル】 -> 2D+1 = [2,4]+1 = 7
【デュオン】 -> 2D6+3 = [1,1]+3 = 5
【アネット】 -> 2D6+6 = [2,4]+6 = 12
【デュオン】 ぎゃあ、ふぁんぶる
【GM】 ビッグスライム (赤/★★)
【GM】 【HP】3500 【IV】8 【回避】-5 【防御】120/50
【GM】 【攻撃】6+2D+3 (物/なし)
【GM】 【必殺】7+2D (魔/あり)命中後、対象の回避を戦闘終了時まで-1
【GM】 【弱点】青属性
【GM】 『核』核が別に近くに存在、それが死亡時このモンスターのHPを0にする
【GM】 という訳で、アネットは発見した!
【GM】 : [巨大スライムIV0][デュオン/ヴェイル/イーロン][アネット][核IV0]
【イーロン】 -> 2D6+0 = [6,6]+0 = 12
【イーロン】 クリ
【アネット】「…えーと。何時間殴っても倒せそうにないネ…」<3500とかw
【GM】 イーロンさんさすが、じゃ、核に攻撃字命中+1あげるよ、あんま意味ないけど!
【アネット】 (核たおそーw
【GM】 ってことで、ヴェイルどうぞー
【GM】 核に接近攻撃するには後衛に移動しないといけない!
【ヴェイル】 では
【ヴェイル】 補助で移動しつつ核に攻撃
【ヴェイル】 -> 6+2D6+5 = 6+[1,2]+5 = 14
【GM】 : [巨大スライムIV0][デュオン/イーロン][アネット/はいてない][核IV0]
【ヴェイル】「そっちか…潰そう!」 走りながら連射!
【GM】 いたいいたい!
【イーロン】「しっかし、厄介な相手だな……」
【GM】 デュオンどうぞー!
【デュオン】「そうか!そちらが本体か!【百ノ要塞モ門カラ崩レル】だ!」(補助で移動して、核に攻撃)
【GM】 : [巨大スライムIV0][イーロン][デュオン/アネット/はいてない][核IV0]
【ヴェイル】 !?
【デュオン】 -> 5+2D6+6 = 5+[1,1]+6 = 13
【GM】 -> 1D6 = [5] = 5
【デュオン】 しくじった!
【GM】 命中6じゃないっけ?
【デュオン】 あ、いかん、
【GM】 てことで次イーロン
【デュオン】 ってこれファンブルでは?
【イーロン】 ファンブルは攻撃はないの
【デュオン】 あ、了解いたした
【イーロン】 攻撃はダメージ振ってるだけで
【イーロン】 命中は固定値
【イーロン】 って事で、俺も後衛に移動して殴る
【イーロン】 -> 5+2D6+2 = 5+[1,2]+2 = 10
【イーロン】 10発
【GM】 -> 1D6 = [6] = 6
【GM】 なぜよけれた!
【GM】 : [巨大スライムIV0][イーロン/デュオン/アネット/はいてない][核IV0]
【GM】 スライムののしかかり・・・エロ攻撃
【GM】 -> 1D4 = [1] = 1
【GM】空気よめし
【GM】 -> 6+2D6+3 = 6+[2,3]+3 = 14
【GM】 イーロンに攻撃ね!
【イーロン】 おうよ
【イーロン】 -> 1D1 = [1] = 1
【イーロン】 命中!
【GM】 14点どうぞーだから4点!
【GM】 ってことで、頭からアネットどうぞー
【イーロン】 ぬ中リ、と音を立てて、粘体が身体にのしかかってくる……
【イーロン】 ぬちゅぬちゅと音を立て、鎧の、服の隙間まで入り込んでくる……
【イーロン】 そして、身をよじっても、半分液体のようなモンスターは、かまうことなく服にまでしみこんで、冷たい感触を肌に触れさせる……
【アネット】「…な…何か後ろで起こってる気がするケド気のせいだよネ」冷や汗をたらしつつ
【アネット】 ナイフを核に投げようw
【アネット】 -> 6+2D6 = 6+[2,2] = 10
【ヴェイル】「さぁて、今度は集中しつつ」
【アネット】 あ
【アネット】 魔法忘れてたw
【GM】 -> 1D6 = [5] = 5
【GM】 次ヴェイルどうぞー
【ヴェイル】 ホーリーショットで命中+1 威力+9しつつ
【ヴェイル】 -> 7+2D6+5+9 = 7+[5,1]+5+9 = 27
【ヴェイル】「この弾だったら…いけるはず!」
【GM】 痛いいたい・・!
【GM】 次デュオン!
【デュオン】「なんのこれしき、この程度ではへこたれぬ!」(核に攻撃)
【デュオン】 -> 6+2D6+6 = 6+[1,1]+6 = 14
【GM】 -> 1D6 = [2] = 2
【GM】 さぁ、イーロンさんのターンだ!
【イーロン】「さて、そろそろ、一発……いっとくかね」
【イーロン】 怪力!
【イーロン】 阿多ーっ区
【イーロン】 身体6をみよ
【イーロン】 -> 6+2D6+14 = 6+[2,5]+14 = 27
【イーロン】 27青属性
【GM】 -> 1D6 = [2] = 2
【GM】 えー・・・と総計105点!核のHP100点!
【GM】 さぁ!核を調伏させるがいいww
【イーロン】 でもちょっと低くなった
【イーロン】 -> 2D6+7 = [1,3]+7 = 11
【イーロン】 11、Cか
【GM】 OK,通常調伏ー
【GM】 : [イーロン/デュオン/アネット/はいてない]
【GM】 という訳で撃破!おつかれさまです!
【デュオン】「お見事!貴殿の腕前感服仕った」
【GM】 という訳で問題なければ酒場に帰還です!
【イーロン】「……体力だけはな」
【アネット】「取りあえずコレが目標っぽいのは確かだったネ…地図はまだまだ先がありそうだケド」
【イーロン】 あんまり当たらなかったのでちょっと不満そうに言うが
【ヴェイル】「さっさとお風呂に入って寝たいぃ」
【イーロン】「あー、直に泥だらけだもんなぁ」 にやにやと
【イーロン】「俺が洗ってやろうか?」
【デュオン】「なるほど……冒険も花形ばかりではなく斯様なものあるということか……今後の参考にさせてもらおう」
【ヴェイル】「バカッ!」けりを入れるよ。
【デュオン】「うむ、友よ、この状態はお世辞にもよいものではないからな」>ヴェイル
【GM】 という訳で、酒場にもどって終わりでいいかい!直でリザルトがいいかい!
【イーロン】 おk
【ヴェイル】 はいな
【アネット】「はいはい、蹴りはやめといた方がいいヨきっと」ヴェイルのスカート気にしつつw
【アネット】 どっちでもー
【デュオン】 OK、もどりませう
【ヴェイル】「あうぅ…」
【イーロン】「もっと足上げないと効かないなぁ」
【GM】 【マスター】「とりあえず、おつかれさま」酒場に帰還して
【デュオン】「うむ、件の魔物、しかと退治致した」
【イーロン】「おう……ひでぇもんだぜ。 あそこは送るときは、終わったときの風呂無料だな」
【GM】 【マスター】「まぁ、シャワールームなどがあるから女どもはさっさと洗った方がいいぞ、男は外で適当にあらえ」
【アネット】「ま、だだっ広かったから、地図の完成はまだまだ先だと思うケドネ?」
【GM】 【マスター】「とりあえず、報酬の300エンだ4人でわけてくれ・・・」
【ヴェイル】「はあぁ、おやつ代にもなりやしない…じゃあ、お風呂言ってくるね」
【GM】 とりあえず、なんもなければこれでセッションは終わりかなーCCなどはご自由にって感じで!
【アネット】「まあ、お風呂はありがたく使わせて貰うヨ」
【GM】 でリザルトはいっていいかな!
【デュオン】「75であるな」
【デュオン】 はいな
【ヴェイル】 はいです
【イーロン】 おうー
【アネット】 はーい
【GM】 地図が12+15+15 宝で+5 魔物は売るよね? 成功+10 評価は+55(魔物売るなら+57)
【GM】 で、今回NPC名刺なしで、各自の名刺のみの交換で!
【イーロン】 売るから57
【GM】 後、ヴェイルにはいてないの称号をあげよう
【イーロン】 で、デュオンの名刺貰って、かな?
【デュオン】 ですな
【GM】 では、全員5.7のEP獲得どうぞー
【デュオン】 EP57?
【イーロン】 5.7
【デュオン】 あ、5・7か
【ヴェイル】 きゃあう
【イーロン】 1/10
【GM】 57とか取れすぎだからw
【ヴェイル】 デュオンとアネットいただきつつ
【アネット】 きっと全員分かな。デュオン、ヴェイル、イーロン。
【GM】 とりあえず、セッションはこんなもんになります、ごめんね長くなってOTZ
【デュオン】 いえいえ、すいません。ちょくちょく間違えて。
【アネット】 いーえー
【ヴェイル】 はいな
【デュオン】 なるほど……だいたい一回でもらえるのは5~6くらいなのか。
(bee_GM) おつかれー!
【イーロン】 ですなー
(kyubi) そして合計が30突破!