【どたまーん】 |・ω・)? ここは使う予定の人いるかな?
【どたまーん】 いなければどたまがお借りする!
【どたまーん】 : ヽ^シ'ω')ノシ どたまっしょん予定地 ヾ('ω'ヽ^シ
【ナルディ】「私の名前はナルディ、趣味はダンジョン探索と・・・・・適当?」
【ナルディ】「ん~、自己紹介って何言えばいいの?」
【ナルディ】「まぁ、最近マッタリ面白い仕事適当に探してるから暇なら声かけてね。」
【ナルディ】 http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%A5%CA%A5%EB%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C4%A1%BC%A5%EB%A5%C8%A5%D1%A1%BC%A5%BA
【GM】 さて、ではそろそろオープニング貼り付けますねーv
【GM】  
【GM】 語られぬ戦記 ログフターグ家編
【GM】 龍華帝国全土に発せられた宝具回収の檄
【GM】 宝具をもたらした者には望む褒美を与えよう…と
【GM】  
【GM】 そして今…君は
【GM】 宝具の一つは異国の貴族であるログフターグ家が所有する事を突き止めたのだった。
【GM】  
【GM】 ログフターグ家の支配する街へとやってきたあなた。
【GM】 その街は大きく栄えており……そして何より平和だった。
【GM】  
【GM】 早速情報収集の為に街へと繰り出した君は、いきなり情報を手にしてしまった。
【GM】 【街の人】「ああ、メイデンさんか。だったらフィルリミア様のお屋敷にってみるといいよ。今、お屋敷じゃあ腕の立つメイデンさんを探してるみたいでね…」
【GM】  
【GM】 【街の人】「何でも腕の立つメイデンさんに預けたい物があるとか何とかー…一体なんだろうね?」
【GM】  
【GM】 君は早速ログフターグ家の屋敷へと向かってみる事にしたのだった
【GM】  
【GM】 そしてログフターグ家のお屋敷前
【GM】 これだけの大きな町を支配しているにも関わらず、その屋敷の門戸はあっさりと君に対して開かれた
【GM】  
【GM】 今、君はログフターグ家の屋敷、応接間にいます
【GM】  
【GM】 RPOK)
【GM】  
【ナルディ】「ここに宝具ってのがあるの・・?」とか独り言いいながら応接間でマッタリしてる
【GM】 しばらくすると、メイドさん達がやってきて
【GM】 豪華なソファーに上等のお茶。
【GM】 上客のおもてなしなのですが…
【GM】 お話にあらわれたのは…
【GM】 執事服に身を包んだ獣人の男の子?背は少し低いけれど中々かっこよいのです。
【GM】 ふさふさの犬尻尾とピンと尖った犬耳
【GM】 【リスキー】「いらっしゃいませ、かな?ボクはこの屋敷の執事、リスキーって呼んでくれればいいよ。よろしくね」
【GM】 彼?はウィンク一つと共にそう言った。
【ナルディ】「ほむ・・・それ・・ここに有能なメイデンをさがしてるって・・・きいた・・」ソファーに礼儀よさそうに座りながら聞いてみて
【GM】 【リスキー】「ああ…うん…そうなんだよね…」頭の後ろをかきかきしつつ、お耳がぴこぴこ
【GM】 【リスキー】「ぶっちゃけ、狙いは宝具だよね?」
【GM】 【リスキー】「宝具なんだけど…ボクらも手を出す事が出来ない状態なんだよ。なんせ封印解けてないから」
【ナルディ】「ほむ・・・封印?」
【GM】 【リスキー】「封印を解かないと持ち出す事は出来ないんだよ。封印を解く為に腕利きのメイデンさんが必要だったってわけ」
【ナルディ】「どんな・・・封印なのかわかる?」ときいてみて
【GM】 【リスキー】「ああ、解き方も分かってるんだ」
【GM】 【リスキー】「もしも君が宝具が欲しい、って思うんならボクらと戦ってもらう必要がある。」
【GM】 【リスキー】「ちょっと特殊な結界に入ってもらって戦闘はこれを使って行う事になるよ」
【GM】 執事の彼はカード束が納められた腕輪をテーブルに起きます。
【ナルディ】「・・・?」その腕輪を手にとってみてみますー
【GM】 【リスキー】「これは宝具の一部でお守りでもあり、呪いの武具でもある。」
【GM】 【リスキー】「この腕輪をつけてる限り君はこの屋敷で命を落とす事はない。攻撃を受けてもカードが変わりに受けてくれるんだ」
【GM】 つまり、APやHPダメージを受けても、カードを引かされるだけで命に別状はありませんし服も脱げません
【GM】 【リスキー】「それとこのカードを引く事で君の潜在能力を引き出す事が出来る」
【GM】 アクトを使用する(カードを引く)事でCPを前借してクライシスアビリティを使用する事が出来ます
【GM】 ただしアクトの使用条件は満たす必要があります
【GM】 【リスキー】「ただし、このカードには色々な命令が書かれてる。それを満たさない限り屋敷を出る事は出来ない」
【GM】 つまり、アクト分のえっちぃ事をしないと屋敷から出る事は出来ません。
【GM】 【リスキー】「宝具の封印を解くにはこれをしないとダメなんだ」
【GM】 【リスキー】「もちろん、カードを引かされすぎて一生ここから出られない、なんて事もあるかもしれない」
【ナルディ】「ほむほむ・・・うん、でも、宝具手に入れないといけないから・・やる・・」そういって
【GM】 【リスキー】「ほんとに…?無理しなくてもいいんだよ?ボクとしては普通にお客様で君を歓迎したいんだけどさ…?」そう、気遣わしげに見てるけれど
【ナルディ】「だいじょうぶ・・・やる・・」そういいながら、腕輪はもうつけてもいいのかな
【GM】 OKですよー
【GM】 【リスキー】「分かった。じゃあついてきて」彼は席を立ち上がると君をエスコートするように立ち上がった
【GM】  
【GM】  
【GM】 それから君は
【GM】 結界の中へと案内された
【GM】 結界の中は十分な広さがあり戦うにも何の問題もなさそうだ
【GM】 【リスキー】「ここでどんだけ暴れてもお屋敷が傷つくような事はないから安心していいよ」
【GM】 RPOK)
【GM】 【リスキー】「最初の相手は…この二人にしてもらうからね?」
【ナルディ】「ん・・・わかった・・・それで、相手は・・?」そういいながら大剣を構えて
【GM】 そして結界内から現れるのはメイド服に身を包んだ可愛らしい垂れ犬耳の女の子
【GM】 それにリスキーの真似っこしました、と思しき執事服に身を包んだ女の子
【GM】 その二人です
【GM】 【リスキー】「セルキーとライムっていうんだ。結界の中なら怪我したりしないから安心してやったげて」
【GM】 大体6~9歳くらいに見える二人。メイドさんの方が少し年上なのか身長が高く
【GM】 執事さんの方はずっと子供っぽい
【GM】 【ライム】「ボクが遊んであげるぞ!怪我してもなかないでね!!」びしぃ!と執事の女の子が指を突きつけ
【ナルディ】「ん・・・大丈夫なの・・なら、いくけど・・・?」
【GM】 【セルキー】「ライムちゃん……そんな事言ったらお客様に失礼だよ…」
【GM】 : [ナルディ][ライム(IV5)][セルキー(IV7)]
【GM】 【ライム】「いっつでもこぉい!!」腕をぐるんぐるん回し
【GM】 【セルキー】「油断しちゃダメだよぉ…ライムちゃん…」垂れ犬耳のメイドさんがスカートまくり、なまめかしい太ももから拳銃のようなものを取り出して構え
【ナルディ】 開幕ないよ!
【GM】 OK、では戦闘開始いきまーっす!
【GM】 ではセルキーの攻撃から行きます!
【GM】 【セルキー】「怪我したらごめんなさいっ!」ぱんぱん、っと魔導銃二丁から抜き打ちを放ちますっ!
【GM】 マルチアタック!
【GM】 -> 2D6+5 = [2,4]+5 = 11
【GM】 -> 2D6+5 = [1,3]+5 = 9
【ナルディ】 両方受けてその他、胸壊れ!アクトなしで!
【GM】 OK!
【GM】 じゃあ、腕輪からパシュ、っとカードが飛び出して…そこには「おっぱいを見せろ」と書いてあるのです
【GM】  
【GM】 ○ナルディ
【GM】  
【GM】 とと
【GM】 失礼
【GM】 先にライムでした!
【GM】 【ライム】「じゃあ今度はアタシの番っ!ふれいむぅううう!!ふぁぁああああんぐ!!」
【GM】 バーニングヒットにクラッシュ!!
【GM】 炎属性の攻撃っ
【GM】 -> 3D6+10 = [4,3,6]+10 = 23
【GM】 受動魔法の効果は最大でも6点までしか効果がありません!
【ナルディ】 それで、腰壊れ!アクトは突き刺さる視線+はいてない+魅惑の曲線で!
【GM】 子供とは思えない速度で懐にもぐりこんで、炎に包まれた拳を叩き込みます!
【GM】 そして、パシュシュ、っと腕輪からカードが射出され…。
【GM】  
【GM】 ○ナルディ
【GM】 今度こそナルディさんの行動どうぞ!
【GM】 【リスキー】「ね?この二人、子供だけど割りと強いでしょ?」
【ナルディ】 では、ライムにレックスレスチャージ+スパークエッジ+ファイナルストライクで!
【GM】 こ、こぉい!
【ナルディ】ちまいアタック!
【ナルディ】-> 2D6+4+12+5+7D6 = [2,3]+4+12+5+[5,6,5,2,4,6,6] = 60
【GM】 う…うわぁ!?ライムのHP55で防御力が3だから…ライム落ちたっ!?
【GM】 : [ナルディ][セルキー(IV7)]
【GM】 【ライム】「きゃぁああんっ!?」さっきまでいきがってたのに、女の子らしい悲鳴と共に吹き飛ばされちゃいます
【GM】 【セルキー】「ら、ライムちゃんっ!?」
【GM】 というわけで次のラウンドにいきますねー!
【ナルディ】 あぃあぃ!
【GM】 開幕なければ飛ばしてセルキーの行動ですっ
【ナルディ】 どうぞーというか、開幕事態もってない!
【GM】 セルキーはやっぱりマルチアタック!
【ナルディ】 こぉい!
【GM】 -> 2D6+5 = [1,1]+5 = 7
【GM】 -> 2D6+5 = [3,5]+5 = 13
【ナルディ】 両方アヴォイドして合計10点をHPに!アクトは桃尻を這う手と視姦の檻を希望!
【GM】 OK
【GM】 ぱんぱん、連射される弾丸をかわしてセルキーとの間合いを詰めるナルディさんっ!
【GM】  
【GM】 ○ナルディさん
【GM】 行動どうぞー!
【ナルディ】 さっきと同じコンボをセルキーに!
【GM】 やはりぱしゅん、ぱしゅんっと二枚のカードが射出されて…
【ナルディ】ちまいアタック!
【ナルディ】-> 2D6+4+12+5+7D6 = [4,5]+4+12+5+[5,3,6,1,6,6,1] = 58
【GM】 い、一撃かぁ!?
【GM】 ぎゃおー。
【GM】 【セルキー】「ひゃ…っ!?」べしーんと大剣で弾き飛ばされてしまって…
【GM】 二人は結界に溶けるようにして消えていきます
【GM】 【リスキー】「うわー…。二人を一撃かぁー…」
【GM】 【リスキー】「まだ封印は解けそうにはないねぇ…。」と周囲を見回し、ナルディさんに告げます
【GM】 【リスキー】「あの二人じゃちょっと君の相手には不足だったかなぁ…?」
【ナルディ】「ん・・・それで次の相手いるの・・?」そういいながらさっきから出てたカードをちらちらみておいて
【GM】 【リスキー】「いるよ?さっきからずぅううっと、ここに。ね」
【GM】 とん、っと床を軽く踏みしめて構えをとる。それだけで殺気が膨れ上がり…
【ナルディ】「次の相手は君・・・?」剣を構えなおして
【GM】 さっきの子供達なんかより何十倍も強い、それが分かる
【GM】 【リスキー】「そうなるね。」
【GM】 【リスキー】「手加減は…必要かな?」
【GM】 : [ナルディ][リスキー(IV11)]
【GM】 さっきまでのどこか君を気遣ってくれてた様子からは一変して油断なく身構え
【ナルディ】「大丈夫・・」
【GM】 : [ナルディ][リスキー(IV13)]
【GM】 【リスキー】「そう…なら…いくよ!!」
【GM】 では戦闘開始ですのぉー!!
【ナルディ】 あぃあぃ!相変わらず永遠に開幕はなし!
【GM】 ではこちらから…七色の淫毒+ツイスター!
【GM】 -> 4D6+8+3 = [5,3,5,4]+8+3 = 28
【GM】 ひゅん…っとワイヤーが空を走り…四方からナルディさんへと襲い掛かるっ!
【ナルディ】 アヴォイドして23点をHPに!バステは責め具を希望!アクトは止まらない刺激+第二の女陰+締め付ける名器で!
【GM】 ではナルディさんの行動どうぞー!
【ナルディ】 もうおなじみのさっきと同じコンボで!
【ナルディ】 ちまい雷アタック!
【ナルディ】-> 2D6+4+12+5+7D6 = [1,4]+4+12+5+[5,6,6,6,5,5,6] = 65
【GM】 うむむ…!?
【GM】 痛いけどまだ立ってる!
【GM】 【リスキー】「さすがだね…っ!」
【GM】 ってなわけでラウンドまわしてー…
【GM】 今度はツイスター+バインディング!!
【ナルディ】 インヴィシブル!
【GM】一点でもダメージ通ったら束縛でーv
【GM】 -> 4D6+8+3 = [3,1,6,3]+8+3 = 24
【GM】 おおっ!?
【GM】 耐えられたっ!
【ナルディ】 これで、CPつかいきった!もうダメだ!よし攻撃頑張る、レックスレス+スパークエッジ+ランページ!
【ナルディ】ちまいけどもうこれで頑張る
【ナルディ】-> 2D6+4+12+5+5 = [3,2]+4+12+5+5 = 31
【GM】 こっちも幹部の一人…!痛いけどまだ耐えてる!!
【GM】 【リスキー】「っく…当ててくるね…!これでも素早さには自信あったのにさ…っ!」
【GM】 でもって…もう一度ツイスター+バインディング!
【GM】 -> 4D6+8+3 = [4,3,6,1]+8+3 = 25
【ナルディ】 それはあれだ!HP16しかないら倒れるしかない!
【GM】 っと、それは致命表かなぁー
【ナルディ】堕落とかあれば+1!
【ナルディ】-> 1D6+3 = [3]+3 = 6
【GM】 堕落ありませんーv
【GM】 6:力尽きた全身が瘴気に嬲られ、性感帯を開発される。SPを+2され、HPが1以上になるまであらゆる行動を行えない。
【GM】 ついでに全滅表もいっちゃいましょうかー
【ナルディ】-> 1D6+3 = [2]+3 = 5
【GM】 5~6、その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【GM】    ・好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]する。
【ナルディ】よし、妊娠判定12以上でろ!
【ナルディ】-> 2D6+6 = [4,5]+6 = 15
【GM】 では妊娠はしちゃいますー?
【GM】 おっと、しなかったかw
【GM】  
【GM】 さっきまで身を護っていたカードが尽きて
【GM】 ナルディさんはその場に崩れ落ちます
【GM】 【リスキー】「大丈夫?」
【ナルディ】「ん・・・大丈夫・・・」ぺとんとしたままで
【GM】 【リスキー】「ごめんね?痛くなかった?」そっと優しく頬をなでて抱き寄せるようにして肩に手を回し
【ナルディ】「うん・・問題ない・・」
【GM】 【リスキー】「ならよかった…。」散らばったカードを見るとそこには…いろんな命令が書かれていて…そのどれもがえっちぃもので…「これしないとお屋敷からは出られないわけだけどー…」ちょっと困ったようにして言います
【ナルディ】「ん・・・わかった・・・さいしょのは・・・?」そういって最初のカードをどれにするのかきいて
【GM】 【リスキー】「んー…じゃあ…これかなぁ…?」そこには「衆人環視」の文字
【GM】 すると周囲にイビルアイクリスタルが浮かんで
【GM】 どの角度からでもナルディさんを舐めますように撮影できるくらいにイビルアイクリスタルが現れます
【ナルディ】「んぅ・・・えっと・・・」その視線にびくんとしながらも、震えながらリスキーのほうをみて
【GM】 視姦の檻のアクト分ですねーv
【GM】 【リスキー】「みせてくれる…?」そう、不安にしないようにニコリと笑って見せて
【ナルディ】「ん・・・わかった・・」ローブをたくしあげてほぼ平らな胸とアソコを晒して顔を真っ赤にしてしまって
【GM】 【リスキー】「すごく可愛いね?きっと向こうでもそう思ってるんじゃないかな…?」たくしあげられたぺったんこの胸とアソコに息が吹きかかるくらい近くで視線を注ぎ…
【GM】 【リスキー】「下着はつけないんだ?見られたい、とか?」くすくす笑っていぢわるな笑みを向けちゃいます
【GM】 えっちな娘だね、って言いたげな視線がナルディさんに突き刺さり…
【ナルディ】「ん・・・かわいくなんて・・・ふぁぅぅ・・・下着メンドウだからつけてなくて・・・んぅぅ・・・この格好だから大丈夫・・・だと・・」とかいいながらも、その視線に体は反応しちゃって火照っちゃって、アソコからも蜜を漏らして乳首も硬くしちゃって
【GM】 【リスキー】「てい」とナルディさんのおでこを軽く指でつん、ってしてから「ナルディちゃんは可愛いよ?思いっきり抱きしめちゃいたいくらいに」その言葉通りに後ろからぎゅって抱きしめて…背中に執事服ごしにやわらかな膨らみが押し付けられちゃいます「次は…どれにしよっか…?」後ろから抱きしめたままカードを目の前に見せて…
【GM】 【リスキー】「ボクの希望としては…これ…?」そこには「魅惑の曲線」と書かれたカードが握られてて
【GM】 【リスキー】「ナルディちゃんの可愛いお尻、皆にいっぱいみてもらお?」
【ナルディ】「ん・・・えっと・・・うん・・」顔を真っ赤にしたままびくっとしながらも頷いて
【ナルディ】「ん・・・」ローブのお尻のほうをたくし上げながらも、リスキーやイビルアイに晒しだして・・形のいい綺麗なお尻を曝け出して顔を真っ赤にして
【GM】 【リスキー】「ん、お尻も可愛いね?」くすくす笑って蜜を流すアソコもお尻のすぼまりも見るようにして…次のカード「尻肉愛撫」を弄ぶようにしてみせ…「どーしよっか?いやだったらしないけどおー♪」なんだかすっかり乗ってきちゃったのかちょっとだけいぢわるしちゃいますv
【ナルディ】「ん・・・んぅ・・・お願い・・・やって・・・」視られるだけでアソコからは蜜を垂らしてしまいながらもそれを、視てびくっと震えながらも、期待交じりの声で言って
【GM】 【リスキー】「うん、じゃあ…してあげるね?」ゆっくりと前から抱きしめなおして、安心させるように頭を撫でてあげてから…表面を撫でるような優しい愛撫でお尻をなではじめ…少しずつ強くしていって…
【GM】 【リスキー】「ナルディちゃんのお尻、やわらかいね…?」ぐに、と両手がお尻へとまわされ、すぼまりがよく見えちゃうようにぐぃ、と広げられて…
【ナルディ】「んふぁ・・・んくぅ・・・きもちいい・・・?」揉まれる度に甘い吐息をもらしながらもお尻をひくつかせてすぼまりを広げられると顔を真っ赤にしながら、びくっと大きく震わせて
【GM】 【リスキー】「うん、すごく触り心地いいよぉ?夢中になっちゃいそう♪」ふにゅ、くにゅお尻のお肉を執拗に揉みしだいてほぐしていき…甘い吐息と共に蕩けていく顔を見つめ…。次のカードは「ロータースイッチオン」と「尻穴陵辱」の二つがあるようで…「どっちがいいかなぁ…?」じぃっと瞳を覗きながら聞いて
【ナルディ】「ん・・・・ふぅ・・・んー・・・・えっと・・・両方って・・・できる・・・?」そういいながら顔を真っ赤にしながらも、聞いてみて
【GM】 【リスキー】「両方がいいんだ…?」くすっと小さく笑ってから頭を撫でてあげて…「出来るよ?可愛くおねだりしてくれたら…♪」優しくほっぺを撫でてあげながら告げて
【ナルディ】「んぅぅ・・・えっと・・・両方してほしいです・・・おねがいします・・・」そう顔真っ赤にしながらも、上目遣いで言って
【GM】 【リスキー】「わかりました、お姫様♪」まるで子供をあやすように優しく頭を撫でてあげて、自身のやわらかな身体に正面から抱きしめるようにして抱いてあげて。もう既に気づけるだろう。その身体つきは男性の物なんかじゃなくて女の子のものだ、と言う事を「じゃ…したげる♪」たっぷりとほぐした尻肉を広げるとそのすぼまりに震えるローターをつぷり、と一つ埋め込み…
【GM】 ぶぶぶぶ…っと一つだけでもお尻の中で暴れ始めるローター
【ナルディ】「んぅぅぅぅ・・・ふぁぁぁ・・・んちゅ・・」お尻の中で暴れだす感覚にびくんっと大きく震えながらも、ぎゅっと抱きしめてキスをして
【GM】 【リスキー】「ん…♪ちゅ♪」軽くキスを返してから「もう…キスする時はもう少し雰囲気たっぷりにしてほしいな…?」くすっと笑いながら、二つ目のローターをお尻に押し込み…「ナルディちゃん…、大好き♪」お手本、とでも言うように開いた口にもう一度口付けして舌を絡めてあげて
【ナルディ】「ふぁぁ・・・んちゅ・・・ちゅ・・ちゅる・・・」顔を真っ赤にしながらも、お尻に入ってる二つのローターが暴れる感覚にびくんびくんと震えてぎゅっと抱きしめながらも、キスをされて舌を絡まされるとぼーっとしてしまって
【GM】 【リスキー】「ふふ…ん…ちゅ…あむ…んっ♪」舌を絡ませて口内を優しく蹂躙していって…小さな胸の突起に指が這い、執拗に擦りたててお尻とおっぱい両方から止まる事のない刺激を与えて可愛がり
【ナルディ】「んきゅぅぅ・・ふぅぅう・・・!!」びくんびくと体を何度も震わせお尻と胸を弄られるとその度に秘所から蜜を漏らしてしまい、その光景をイビルアイに晒して顔を真っ赤にしながらもキスを続けて
【GM】 【リスキー】「ふふ…いい子いい子…♪」びくびく震える様を眺めながら、再び優しい口付け…。きゅぅう、っと乳首を捻り上げて…強めの刺激を与えちゃい
【ナルディ】「んっっ・・ひゃぁ!!」その強い刺激にびっくと大きく体を震わせて甘い声を漏らしながら力が抜けちゃって
【GM】 【リスキー】「平気…?」力の抜けた身体をそっと抱きしめて、優しく撫でて…。「今のイッっちゃった…?」くすくす、耳元で囁き
【ナルディ】「ふぁぅ・・・そんなこと・・・んきゅぅう・・・」撫でられながらも、未だに暴れるお尻の感覚にびくびくと震えながら
【GM】 【リスキー】「まだカード残ってるね…?まだ楽しめるよ…?嬉しい?」くすくす笑って耳元に囁いて
【ナルディ】「ひゃぅぅ・・・うん・・・」その言葉にうなづきながらぎゅっとだきしめて
【GM】 残ってるカードは膣内陵辱とまな板ショーの二枚。まな板ショーについてはずっとしているような気がするけど…これ以上の事なのだろうか?
【ナルディ】「まな板・・・ショー・・・ってなにやるの・・・?」そういいながらも、とろんとした表情でみつめて
【GM】 【リスキー】「ナルディがいやじゃなかったらカードなくなっても可愛がってあげたいな…?いや?」抱きしめ返しながらぽふぽふ、優しく背中撫で…こうしてる間にもお尻の振動は続いてて
【ナルディ】「ひゃぁぁ・・・ふぁぁぅ・・・うん・・・もっといっぱいしてほしい・・・んきゅぅうふぁぁ・・!」お尻の振動にびくびくとしながらもその言葉に頷いてしまって
【GM】 【リスキー】「あー……えっと…、」しばらく答えづらそうにして…「ナルディにボクもしてもらったりしたりしながらいっぱい皆に見られちゃう…ってことかなぁ…?」多分、と自信なさげに答えます
【ナルディ】「えっと・・・それじゃ・・・脱がしていい・・・?」とぎゅっと抱きしめながら、服に手をかけて
【GM】 【リスキー】「んー…」少しだけ考えて…「名前呼んで愛してるって言ってくれたらいいよ♪」ふふ、っと悪戯っぽく笑って
【ナルディ】「むぅ・・・リスキー・・・愛してる・・・」といってむぎゅっと抱きしめて
【GM】 【リスキー】「ふふ、ありがとう♪ナルディちゃん♪」抱きしめられて力を抜いて脱がしやすいように身体を少しだけ開けて
【GM】 こちらもナルディさんのローブを完全に解いて一糸まとわぬ姿にしちゃって…
【ナルディ】「ん・・・脱がすね・・・」少しづつ執事服を脱がしにかかりながらも、お尻の感覚に震えながら、慣れない手つきで
【GM】 【リスキー】「うん…」脱がされていくと女の子らしく膨らんだ胸元、水色と白のストライプのショーツ。わずかに濡れた染みが出来てて…
【ナルディ】「リスキーも・・・かわいい・・・」そういいながら、きゅっと抱きしめながらも、ショーツに指を這わせて染みのできた部分を責めていって
【GM】 【リスキー】「ふぁ…んんっ!?あ…ありがとね…?」こちらからも抱きしめ返して、お胸とお胸あわせて先端同士をキスさせるとくりゅくりゅと動かし可愛がってあげ…
【GM】 ショーツにじわじわ広がっていく染み、後から後から蜜があふれはじめ…
【ナルディ】「んきゅうぅふぁ・・・んきゅぅ・・・」その乳首とお尻の感覚に震えてしまいながらも、その振るえが乳首を伝いリスキーを責めながら、リスキーのショーツを脱がして、二人の裸体をイビルアイに曝け出して
【GM】 【リスキー】「ふぁ…ぁあ…ナルディちゃん…上手だぁ…?するのも好きだった…?」抱きしめてお互いの身体をイビルアイに晒しながらもすりゅすりゅ、とお互いの柔肉を擦り合わせ
【ナルディ】「んふぁぁ・・・そんなこと・・・ひゃぅ・・」ぎゅっと抱きしめてお互いの乳首を激しく擦り合わせながらも、リスキーとの足を絡めて・・ふとももで秘所を弄って
【GM】 【リスキー】「ん…ふ…ぁ…っ♪ボクはナルディちゃんと出来てうれしいよぉ♪」こちらの脚もナルディの秘所に合わせて抱きしめあったままお互いの秘所をふとももで擦り合わせ…二人の蜜でぬりゅぬりゅになっちゃって…
【ナルディ】「ふぁぁ・・ひゃぅぅ・・・んきゅぅぅ!!」そのまま足で責めてるとお尻の感覚に再びイってしまい、足を強く擦り上げながら抱きしめて
【GM】 【リスキー】「ナルディちゃん……♪イッっちゃった…?」なおも擦りあげながらイッっちゃったナルディを優しく頭を撫でてあげて…
【ナルディ】「ん・・・うん・・・」ぎゅっと抱きしめて
【GM】 【リスキー】「あとは…これ…♪」最後に残ったカード「膣内陵辱」のカード。「どうしよっかぁ…?指で可愛がってあげてもいいしー…道具で可愛がってもいいし…?どういうのが好み?」まるで妹を可愛がるかのように抱き寄せてぽふぽふ、背中を撫でて
【ナルディ】「ん・・・リスキーの・・・好きにしてほしい・・・」ぎゅっと抱きしめながらも、期待のまなざしで
【GM】 【リスキー】「ナルディちゃんは可愛い事いうなー…♪」額に一度キスしてから「じゃ…ぁ…こう、かな?」つぷり、とイッっちゃったばっかりの膣内にひとさし指をうずめていき、入り口をたっぷりと浅くくちゅくちゅ音を立てて刺激しはじめ
【ナルディ】「んひゃぁぁぁ・・・ふぁぁぁ・・・!!」秘所を弄られるとびくんと大きく震えて甘い声をおもいっきりだしてしまい
【GM】 【リスキー】「中も好き…?」くすくす笑いながらしっかりと抱き寄せて指をもう一本…中指が増えて、少しずつ奥へ奥へ進められてって
【ナルディ】「んんぅぅぅうふぁぁ・・・んぅぅぅ・・・すきぃ・・・」びくびくと何度も体を震わせながらも、両穴を責められる感覚に震えて、だらしない顔になってしまい、指をきゅっきゅと強く締め付けちゃって
【GM】 中の襞をこするように、指が執拗にナルディの中で蠢き…
【GM】 【リスキー】「じゃあ…もっとしてあげる…♪」締め付けに負けないくらい、中で二本の指が時に広げられ、時にまげられ…不規則な刺激を与えていって中をかき混ぜ
【ナルディ】「ひゃぁぁひゃぅぅぅんふぁぁぁ・・!!」何度もびくびくしながら、蜜を漏らし、指を汚しながらも、あまりの快感にだらしなく涎をたらしちゃって
【GM】 【リスキー】「もっと奥までがいーい…?浅いところこつこつされる方がすき…?ナルディちゃんがして欲しいようにいーっぱいしてあげるよ…?」耳元に囁きながらも指は激しさを増していって…ぐちゅぐちゅ音が立って
【ナルディ】「ふぁぁ・・・もっと奥も・・・んきゅうぅぅふぁぁ・・・ひゃぁぁぁ!!」そういいながらも、激しくされて悶えてしまい、その姿をイビルアイに曝け出しているのすら忘れておねだりして
【GM】 【リスキー】「じゃあ…奥、してあげるね…♪」二本の指がぐにゅぅうっと奥まで突きこまれて…指の根元まで飲み込まれ
【GM】 ぐちゅぐちゅと音を立てながら奥をこつこつ突付くように指が往復し、軽く曲げられたそれが奥をかいだすようにしちゃって
【ナルディ】「んひゃぁぁ・・・んきゅぅぅうふぁぁぁぁ!!!」その感覚に大きく体をびっくんとさせながらイってしまい、だらしない、甘い声を漏らして
【GM】 【リスキー】「またイッっちゃったね…?」くすくす笑ってナルディさんの頭なでなでこ♪
【ナルディ】「はふぅ・・・ふぅう・・・はふぅ・・・」息を整えながらぼーっとした表情でリスキーをみつめて
【GM】 【リスキー】「カードなくなっちゃったけど…もっとしよっか?」くすくす
【ナルディ】「んぅ・・・うん」それに頷いてぎゅっと抱きしめて
【GM】 【リスキー】「今度はボクのお部屋でしよ?可愛いナルディちゃんはボクだけのにしちゃいたいしー♪」くすくす笑って見せてしばらく抱きしめ返してぽふぽふなでて
【GM】 【リスキー】「今度はボクだけに可愛い姿見せて?」ってもう一度額に優しくキスし
【ナルディ】「うん・・・わかった・・・」目をとじてキスされたあとに潤んだ瞳で見つめて
【GM】 【リスキー】「んー…、じゃあー…」くすっと一度笑うと「ナルディちゃん、大好きだよ♪」そう耳元に囁いてから抱き上げてあげるーv
【ナルディ】「ひゃぅ・・・うん・・・」それに笑顔で答えながら抱き上げられて
【GM】  
【GM】  
【GM】 その後、リスキーのお部屋でたっぷり可愛がられたナルディさん
【GM】 残念ながら宝具の封印はまだ解けませんでした
【GM】 しばらくの間、ご飯を作ってもらったり、一緒にお風呂に入ったり
【GM】 夜は一緒に寝てにゃぱにゃぱしたりして…
【GM】 しばらく一緒に過ごしましたとさ
【GM】  
【GM】 めでたし?めでたし?
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 リザルド!
【ナルディ】 CP15/SP10ですーこっちは!
【GM】 まず経験点 20+8の28+15で43点
【GM】 ミアスマ8+5で13点ですな
【GM】 アクト使用数は8個でよいかなー?
【GM】 あとは魔物刻印はどうしよっか?
【ナルディ】 アクトは8個全部つかった!
【GM】 リスキーの魔物刻印をつけてあげよぅーv
【ナルディ】 あぃあぃー
【GM】 何か希望があればー?
【ナルディ】 いや、大丈夫!(むぎゅー
【GM】 無ければローブを留める首輪とか如何かしらぁー?
【ナルディ】 あぃあぃ!
【GM】 じゃあ首輪つけてあげましょうーv
【GM】 あとはコネクションでログフターグ家リスキーをプレゼントでよいかなぁー?
【ナルディ】 あぃあぃ(むぎゅー
【GM】 では以上かなー。軍団リザルトはこちらでやっておきますねーv
【GM】 長々とお付き合いありがとうございましたーなの!
【ナルディ】 あぃあぃ、おつかれさまですー!
【GM】 またにゃぱにゃぱしましょうー♪
【GM】 ナルディちゃんかわゆかったですよぉー
【ナルディ】 むぎゅぅぅー