*Wat-cOEKAKI Topic : るしーさんラストセッション?
《ルーシィ》 らすと、になるといいな!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 -アナウンス-
《Wat-cGM》 これから出産ぷれいとかがたくさんあるセッションをするよ
《Wat-cGM》 にがてなひとは外に出ておくとしあわせだとおもうよ
《Wat-cGM》 -アナウンスおわり-
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《ルーシィ》 【ルーシィ】「うちはルーシィ。ルーシィ・バクワティや」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「生き別れの家族を探して旅しとって……ちょっと前に全員無事に見つけて取り戻せたんや。」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ついでに可愛い赤ん坊こさえて、素敵な旦那さんも見つけてな?」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「これからめでたしめでたしって感じで里帰りするところなんや。」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「せやけど……なーんかまだ一波乱あるみたいや。困ったもんやねぇ」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ま、ここまでくりゃ後はなんとかなるやろ。」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あの人も一緒やしな。」ぎゅ、と恋人の猿魔族の腕に自分の腕を絡めて、こつんと二の腕におでこをくっつけ「…頼りにしてるで、あんた?」10秒きーぷ。
《ルーシィ》  
《Wat-cGM》 ふいさ!ありがとうござった!
《Wat-cGM》 では…
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 HCランドリューフ戦記 -ある村の結婚式-
《Wat-cGM》 はじまりはじまりすー
《ルーシィ》 わーわーわー(ぱちぱち)
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 ではアジーさんとめでたく合流、故郷に帰ってみんなで暮らそう、と帰路に付いたお二人さん
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んふふふー…♪」気分は既に新婚同然。毛深い腕にくっついたまま、上機嫌に恋人の二の腕に頬ずりしちゃいます。
《Wat-cGM》 父者がどこかに腰をおちつけるらしい、と聞いて、あっちこっちでアジーさんの息子さん娘さんが合流、なんだかどんどん大所帯になってゆきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あーんーたー?会ってない間に随分こさえたんやねぇ?」笑顔のままおしりのにくをぐりぃってつねっちゃったり。でもあんまり痛くはしません、人の事いえないですから。
《ルーシィ》 ちびっこたちは出会うなりぎゅむってしたり、旅する間はお手製のごはん食べさせたりとか一緒に遊んだりとか、自分の子も中々相手できなかった分目一杯かわいがっちゃいます。うっとーしーとか思われてもきにしません!
《Wat-cGM》 そして…【イルマ】「むむ…!奥様、往来であんまりくっつくのってよくありませんよ!」ぎゅうぎゅうとわりこんでこようとするのはイルマっさん、なんだか長い付き合いになっているエルフの若奥さん 【ラムゼー】「あのなぁ…ヒトのうちの奥さんになんで嫉妬してるんだおまえは、はーなーれーなーさーい!」ぎゅうぎゅうとそれをひっぱっているのはその夫のラムゼーさん
《ルーシィ》 【ルーシィ】「なんやなんや?この際やし、イルマっとラムゼーもうちの子になっちゃうかー?」にまにましながら、お二人をむちむちぼでぇーでむぎゅぅ。褐色肌の柔らかお肉はあいかわらずぼりゅーむたっぷりです。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むははははは!そりゃぁ当然じゃろが、おまえが女を磨こうっていうんじゃからワシだって男を磨かねばならんじゃろ?女どもがワシの二の腕をみるだけでコロッと参ってしまうようになってからはもう大変じゃったな、あの頃のワシをみせてやりたいのう」そんな話がどこにあったのかはわかりませんがアジーさんも上機嫌
《Wat-cGM》 【息子達】「父者、今度のヨメはでかいのう」「どれがヨメじゃ?」「あほうかお前は、一番でかいのにきまっとろうが」ぞろぞろついてくる猿魔族の群もわいわいと騒がしく、こんなものを街道の巡視員にでも見られたらそれこそ軍隊がやってきかねない大人数
《ルーシィ》 【ルーシィ】「むむむむ…!い、いっとくけどな!うちの旦那になったからには、女遊びも控えてもらうで?つ、月に半分以上はうちと寝ないとすっごくさびし…じゃなくてっ!その、あんまりほっとくと怒るんやから…」
《ルーシィ》 ぷんぷんって、まるで乙女か子供みたいにアジーさんに再びくっつくルーシィ。…ツンデレかあんたは。
《Wat-cGM》 [息子達の嫁?]「あ、あの…旦那様、私をどこに連れて行く気なの…?」「はっ…はなしなさいっ!お前達のような下賎な猿どもにわたくしの身体を…∑らぶらぶとな!?」「ええと…私浚われたんだけど…貴女も浚われたんですよね?」ちらほらと息子達もお嫁(?)さんを連れていて…
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「む…!(きょろきょろ)そ、それはその、お前が可愛い限りだいじょうぶじゃと、その、おもう」照れているのかキョドっているのか、アジーさんも自分でわかっているのかいないのか、るしーさんがもぎゅっ、と握る腕を引き寄せて、るしーさんとの密着面積をさりげなく増やすアジーさんなのでした
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…うわー…血は争えないって感じやなぁ。」と、感想をこぼし。「えっとうちはさらわれたっていうか…その、返り討ちにしたんやけど…なんかほっとけなくてな?その、おちんこおっきいし話して見ると結構やさしいし、その…男らしいし…えへへ、惚れちゃったんよ。」とてれながら奥様方とお話しつつ。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ひゃんっ!?」とお話中に抱き寄せられて「…あ、ぅ…。」頬を染めて顔をうつむき、しかし密着した身体は決して離さず。体温と鼓動だけが伝わりあい「…いちばんたくさん、うちが産むんやから。」ぼそっ、と何事かを言って。
《Wat-cGM》 【イルマ】「∑アジャトカさんっ!くっつかないの!」【ラムゼー】「おまえがまずはなれなさいっ!」[息子達]「おおーさすが父者じゃ」「やはりでかいだけある」[息子達の嫁]「そ…そう、ふ、ふんっ!おかしな趣味をしてらっしゃるのね!」「あ、へぇ…(どきどき)」姦しい一行は、妊婦さんも大勢いるとあってゆっくり、ゆっくりとるしーさんの故郷を目指すのでした
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むほっ♪(ぞくぞくっ!)」るしーさんのひとことにぞわぞわーっ!とアジーさんの毛が逆立ったのはるしーさんとアジーさんだけのひみつなのです
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 では数ヶ月近い旅路の末、数人の赤ちゃんの誕生があったりしつつ、そろそろ故郷の海の香りもしてきたころ…
《Wat-cGM》 では知力で判定をどうぞ!
《Wat-cGM》 2d6+1+5 アジーさんはでかくて遠くまで見えるのでボーナス
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+1+5 = [2,1]+1+5 = 9
《Wat-cGM》 ∑気づかなかった
《ルーシィ》 【ルーシィ】「はぁ…なつかしいなぁこの匂い…チビ達どーしってかなぁ…。」チビ達、とは弟妹と自分の子供の事。長らくおねーちゃんをやってて、取り戻すために一人旅までしたおねーちゃんにとっては子供同然だったりするのですが…。
《ルーシィ》 2d6+4 なにやらやなよかん!
[kuda-dice] W10_Lucy -> 2D6+4 = [2,4]+4 = 10
《ルーシィ》 どうだ!
《Wat-cGM》 おお、そっちが気づいた
《ルーシィ》 おお、なんだなんだ
《ルーシィ》 【ルーシィ】「……ん?」と、どっしりと膨らんだお腹を撫でつつ…何だろう?
《Wat-cGM》 [村人]「………………。」ぽかーん、るしーさんの頭の上の方を眺めているむらの若いのが突っ立っているのを発見しました、狩りの装備をしているところを見ると獣でも狩っていたのでしょう、[村人]「う、うわぁーーー!ま、魔物だぁーーーっ!! でけぇぇぇぇぇーーーーー!!!??  」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ちょ、ちょっとまってぇー!?うちやー!ルーシィやーっ!!恋人連れて帰ってきてだけやでーっ!!!」と、叫んでみますがーっ!?
《Wat-cGM》 もちろん彼がみていたのはアジーさんのお顔でしょう、そこらの立ち木からでも頭がでるくらいのサイズの魔物、彼が驚くのも無理はありません、[村人]「む、村にしらせな!!」だだだーーーーっ!!彼は凄いスピードで走り去って…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ああっちゃあぁー…そうきたかー…。」大らかな故郷だと油断していたせいか、この反応は予想外。ちょこーっと頭いたそうにおでこをおさえます。
《Wat-cGM》 [村人達]「∑ルーシィがつかまっとるーーー!?た、たいへんじゃぁぁぁーーー!!」わかりやすいくらいやくにたたなそうな声を上げて、あっという間に見えなくなってしまいました
《ルーシィ》 【ルーシィ】「えええ、逆効果ー!?あーもうあーもぅ、都合のいいくらいに役立たずぅーっ!!!」逃げ去る若者に思いっきり罵倒を投げかけた後。「うー、どしよっかあんた?」と、振り向いて。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「お?なんじゃ?」よっこら、と背を曲げて覗き込むアジーさん、彼の目の高さは丁度木の葉がしげっていたのでしょう、【アジャトカ】「?」ぽりぽり「まぁ、ワシャぁ魔物じゃし、あんなもんじゃろ」むひ♪と笑うと…?
《ルーシィ》 【ルーシィ】「……うん?」むひ、という笑いに嫌な予感…。答えを促すように聞きかえし?
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「きっと今頃まもののだいぐんぜいを迎え撃とうと戦の準備でもはじめとるぞ?」[子供達]「お?戦か?父者」「あほうヨメをつれて戦ができるか」「あのヨメはつよそうじゃ、数に入れてよかんべ」にまー♪と嬉しそうにイジワルな笑みのアジーさん
《ルーシィ》 【ルーシィ】「わ、わああぁぁちょっとまってー!?全速力ですとーっぷっ!?うちが説得するから、うぇいとあもーめんとぷりーずっ!?全速力で里まで水泳ーっ!!嫁さんいるの以外全員ついてこーいっ!?」
《ルーシィ》 あわわわわわわっ!!そんなことをさせるわけにはいきません、全速でだっしゅします!だっしゅっ!!
《Wat-cGM》 【ラムゼー】「そうだ!おかしな真似はゆるさんぞ!?少しは頭を使え頭を…【イルマ】「むぅストレス解消のチャンス…」【ラムゼー】「イルマさん!?」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「なんじゃい、どがーっとひと汗くらいええじゃろがおーー、行ってしまいよった」
《ルーシィ》 ぴゅーん。そして超高速で帰還、がしっとアジーの腕を掴んで。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あんたもくるんじゃーいっ!!」旦那の手を握ったまま、猛然とだーっしゅ!!
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「∑ワシ、ヨメ居るじゃろが ∑はっ…まさかお前」どかーっとひっぱられるアジーさんと、わいわいと尾いてくるおさるさんたち、彼らもよくはわかっていなそうですが…孕み胎を気遣ってあまり旅の速度を上げられなかったことも手伝って水泳は元気一杯、ものすごい勢いでお猿の群は島におしよせてゆきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あんたがでてこないでどーする、責任者やろ、二重の意味で!」ぽんと、お腹を軽く水中で叩いたあと、ずびしっとおでこにちょっぷ。
《Wat-cGM》 そして島はすぐ近く、村の家のわらぶきまでよく見えるまで近づいた頃…?
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 [ナターリア]「(ころころころ♪)あらあらルーシィさん、兄弟を助け出し、そのまま魔物を倒してくると彼らと別れた村の英雄が、まさか魔物にとっつかまってこの村まで案内するとは…あきれ果てましたわ♪所詮はバクワティの小娘、さぁ皆さん、魔物どもを追い返すのです!」村の民族衣装、褐色肌全裸に染めた金髪とくるくるかーる
《Wat-cGM》 都会ずれしたそのお姿はおとなりマジェスティさんちの幼馴染、ナターリアさんです、昔っから対抗心バリバリだった彼女は嬉しそうに村人に号令を下したりと大ハッスル状態なのでした!
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…な、ナターリア…えーと…うちは別に捕まった訳やなくって…むしろ捕まえたっちゅうか…自分の意志で里帰りしただけよ?その、えっとな…?」あわわ、なんかややこしいことになってるー!?
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むひ♪……ひひひひひ……ンンンんんむぐぅぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!」[ナターリア]「ひっ!?」 そんなるしーさんの横でアジーさんのぜんしんの毛が興奮に逆立ってゆき、筋肉がみりみりと肥大化してゆきます、鼓膜が破れんばかりの怒声が巻き起こり
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ああんもぅ、めんどくさいっ…」がしっ、とアジーさんの肥大化する二の腕を引っつかみ…。
《ルーシィ》 20+20+2d6+6+8 フルスイング+フレイムエッジ+ランページ火属性!!
[kuda-dice] W10_Lucy -> 20+20+2D6+6+8 = 20+20+[4,6]+6+8 = 64
《ルーシィ》 一本背負いに、放り投げちゃいますっ!!どどぉーんっ!!
《Wat-cGM》 防御力は6点だよ!
《Wat-cGM》 58点くらった!
《ルーシィ》 投げ飛ばせますかっ!
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むはは♪あいからずじゃのっ♪(どざばぁぁーーー)」[息子達]「父者がやられたぞ!」「今のヨメじゃなかろうか」「ヨメつえーのー」「怯むな!声あげぇ!!」嬉しそうに水の中から起き上がるアジーさん、なんだか周囲はもう嬉しくなっちゃったお猿さんと、なんだ?やるの?やんないの!?的な村人達で一杯で…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「全員だまれやっ!!そんで、聞けぇーっ!!!」故郷の英雄にして名声15は伊達じゃない!鬼神のごとき迫力で村人どころか息子さんすら黙らせちゃいますっ!!
《ルーシィ》 【ルーシィ】「全員だまれやっ!!そんで、聞けぇーっ!!!」故郷の英雄にして名声15は伊達じゃない!鬼神のごとき迫力で村人どころか息子さんすら黙らせちゃいますっ!!
《ルーシィ》 【ルーシィ】「アレは、うちの恋人…んで、うちはあの人と結婚しますっ!!」びしっ、とアジーさんを指差しして言ってから…連れ子達のほうを手で示して…「そんで、この子らは…あの人の連れ子っ!」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「うちが捕まったんやなくて、うちが捕まえてたのっ!悪さはしないし、しても今みたいにうちが懲らしめるからっ!!だから…その…。」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…うち、結婚してもええよね?おとん、おかん…。」最後は乙女の顔になって、顔真っ赤にしてもぢもぢしながら…村人の奥に居るであろう父親と母親に声をなげかけて…。
《Wat-cGM》 [村人]「…………………。」「バクワティんちの子らが言ってたやないか、魔物に襲われて、いつの間にかええよに操られたって…」「アレか、ルーシィもあのサルに…?」「可愛そうにのう」 [兄弟]「お姉ちゃんやないか!?」「魔物って…あの霧とちがったん?」「姉ちゃん…やっと旦那はんつれてかえってきたんやな」
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「………………………」 【母ちゃん】「ホレあんた」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…………。」最初から理解してもらえるとは思ってない。けど、一歩一歩誤解をといていく覚悟は有る。じっと、両親のほうを見て…。
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「おう、サル」 【アジャトカ】「んん?」どどーん!とにらみ合うでかい二人
《ルーシィ》 【ルーシィ】「……………。」言うべき事は言った。大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせながら…ふたりの様子を見て。
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「お前のことは息子どもから少しだけきーとる、ルーシィが世話んなったそうじゃの」 【アジャトカ】「むはは♪無理せんでええぞ?青筋たっとるのが見えるとわい」 【父ちゃん】「ムカつくサルじゃ…ルーシィをくれてやるには条件がある……お前がルーシィのこと好いとるってこと…今この場でみせてみぃ!!!!!」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ん?大勢おるが…ええのか?ニンゲンにしてはあけっぴろげじゃのう…気に入ったわい!♪」 【父ちゃん】「あ?」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふえぇっ…えっ…えっ…!?」好いとるって…えっ、ええっ…!?「…あ、あの、この場で見せるって…何を…!?」ぶしゅう、と頭からゆげがたって…。
《Wat-cGM》 2d6+18 瘴気の化身!アジーさんのふいうちだー!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+18 = [1,3]+18 = 22
《Wat-cGM》 知力抵抗どうぞ!
《ルーシィ》 6+2d6 無理だー!・
[kuda-dice] W10_Lucy -> 6+2D6 = 6+[3,1] = 10
《ルーシィ》 しかも妊娠してて5だった!
《Wat-cGM》 2d6+16+18+1d6+2 オーラブレイド+カタルシス+ダークネスヒット!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+16+18+1D6+2 = [5,1]+16+18+[3]+2 = 45
《Wat-cGM》 45てん!
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「な……!?こ、こらサル!なにしとるんじゃ!?」いきなり後ろからがばぁっとだきしめてくるアジーさん、村の全員が凝視する中で、ぎっちぎちに立ったちんこがるしーさんのこかんを目掛けてそそり立っている様子をそこら中に見せ付けて…【アジャトカ】「ん…?見せろっていったのはおま…お義父さん?じゃろが」
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「あはははははははははははははは♪情熱的な旦那やねルーシィちゃん、それにデカいわぁ…」[ナターリア]「ひゃ、ひゃぁ……(真っ赤)」
《ルーシィ》 胸APが飛びますっ!
《Wat-cGM》 アクトいただくすー
《Wat-cGM》 大きく股を開かれて持ち上げられたるしーさん、その光景に村の人たちも前かがみになったり真っ赤になったりたいへんです
《ルーシィ》 【ルーシィ】「え、あっちょっ…まって…みんな見てるって…あぅ、あぅぅ…」ぐにょんとでっかいいちもつを近づけられ、それだけで褐色のひだ肉がぐちょっと湿り気を帯びだしちゃって綺麗な桜色のあそこが丸見えになっちゃったりして…。見られてはっずかしーわ、幾度となくアジー繋がりあった記憶が呼び起こされて子宮の内側からじぃんっとしちゃうわで…。「…情熱的すぎて、こまってるっちゅーねん…。」
《ルーシィ》 まだHPダメージは無いので<視姦の檻><出産>かな!
《Wat-cGM》 はいな
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 おっと、どうせ不意打ちターン終わってアジーさんのメインターンの行動も連続なので
《Wat-cGM》 先にやってしまおう
《ルーシィ》 あ、開幕はあるかな!?
《Wat-cGM》 もういっぱつ!
《Wat-cGM》 るしーさん先に攻撃しちゃってるから前後したけど、べつにいいよ!
《Wat-cGM》 開幕どうぞー
《Wat-cGM》 ただCPいれないでね
《ルーシィ》 開幕ハイドっ!
《Wat-cGM》 はいぁ!
《ルーシィ》 CPは妊娠で初期から3あるよ!
《Wat-cGM》 あいあい
《ルーシィ》 それはいれていいかしら?
《Wat-cGM》 じゃそれはいいよ!
《ルーシィ》 ほい!
《ルーシィ》 7+3d6 念のためポテ1!
[kuda-dice] W10_Lucy -> 7+3D6 = 7+[6,2,1] = 16
《ルーシィ》 どうだ…?かくてーですっ
《Wat-cGM》 2d6+1
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+1 = [3,2]+1 = 6
《Wat-cGM》 不意打ちどうぞ!
《ルーシィ》 20+20+2d6+6+8 フルスイング+フレイムエッジ+ランページ火属性!!
[kuda-dice] W10_Lucy -> 20+20+2D6+6+8 = 20+20+[6,3]+6+8 = 63
《Wat-cGM》 いたいいたい
《Wat-cGM》 あ
《Wat-cGM》 火だからさっきのと合わせてダメ+10か
《ルーシィ》 キング級なら、弱点含めて+20かな!
《ルーシィ》 ちなみに先生、アジさんのIVはっ!
《Wat-cGM》 10だよ!
《ルーシィ》 こっちのIVは12…よしよしっ!
*Wat-cGAME Topic : [][ある村の結婚式(10)][ルーシィ(12)][]
《ルーシィ》 アクトで妊娠解除して12になりますっ
《Wat-cGM》 はいぁ!
《Wat-cGM》 じゃぁメインターンのアジーさんのこうげきー
《ルーシィ》 こーいっ!
《Wat-cGM》 2d6+16+18+1d6+2 オーラブレイド+ダークネスヒット!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+16+18+1D6+2 = [1,1]+16+18+[6]+2 = 44
《ルーシィ》 そのダイス目でなんという破壊力…!
《Wat-cGM》 44てん!あとさっきの不意打ちターンの攻撃2d6足らなかった!
《ルーシィ》 腰APも吹っ飛んだ、どっちみちAP0だから代わらないけどな!
《Wat-cGM》 はいぁ
《Wat-cGM》 じゃぁばしーっと2発目のアクトとかおながいいたす!
《ルーシィ》 <飲精奴隷>っ!
《Wat-cGM》 いただいた!
《ルーシィ》 はんげきー!
《Wat-cGM》 ∑描写してないよ
《ルーシィ》 はっ!
《ルーシィ》 どぞどぞぉー!!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 [村人達]「おい…でもあー…あの胎に挿れるのはまずくないか?」「魔物の子供は強いっちゅうぞ?」 [ナターリア]「るるるるるるーしぃ!ななななにやってるの!いつもの怪力でこう、どかーんとやっつけなさい…ああ、ちんこが、ちんこが入っちゃう…!!」村人達はあんまりに淫猥な光景にざわついています、彼らの目線がるしーさんの褐色肌をちくちくと刺激してきて
《Wat-cGM》 [兄弟達]「う、うう……!!」「す、すげ…」ごくり!弟達がつばを飲み込むのまで聞こえてきます、[息子達]「あの巻き毛、いい体しとる…」「オレもヨメ…欲しい」アジーさんの興奮が、子ざる達にもつたわってゆき、一気に周囲をねっとりとした空気が包んでいって
《Wat-cGM》 じわり!!!ルーシィさんとアジーさんを取り囲む包囲がせばまってゆきます、まるで空気が重くなったようで
《Wat-cGM》 それはまるで
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…はっ、んっ…昔のなじみに…んっ。こんなとこ見られるっちゅーんのも…変な気分やな…。安心せぇや、この人と付き合ううちに…うちのここも慣れてもうたから…。」ぬとおおぉぉーーっ…。つやつや光る筋が桜色の筋がちゃぷん、と青い海の中に一筋垂れて…。くぱぁ…だっこされながら自ら割れ目を開いてオスを誘うのと同時に…ナターリアや村人や兄妹に向かって自分の秘部を奥の奥…赤ん坊のいる子宮の入り口までおっぴろげてし
《ルーシィ》 まうのと同義で。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…せっかくやし、たっぷり見てってぇや?うちと、うちの人の…あっつーいところ♪」れろん、と舌なめずりし…突き刺さる視線がぴりぴりささるように心地よく…褐色の肌に玉のような汗が浮かび…。
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「ややややめんかこの馬鹿ザルっ!!」[息子]「おうウシジジイ、オヤジとヨメの邪魔するならワシをたおしてからにせぇ!」【母ちゃん】「あははは♪ルーシィちゃん、ええよぉ、赤んぼはウチがとりあげちゃろ」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ほれルーシィ、あーお義父ちゃん?と義母ちゃん?にみせんとなホレ、はぁんむぅぅ………!」まっぷぅぅぅ……!胎をつき出していきむるしーさんに、アジーさんがかぶり取るような優しいキスを頭上から降らせてきます、走る陣痛を紛らわすかのように、陣痛の合間により快楽がうきあがるように、肛門を、膣の入り口…子供の出口を巨大なペニスでなぞりまわして
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…はんっ…んんむっ…ぷはぁっ!!あ、んんんっ…そんな、じらさないで…んっ…ああぁっ!!」
《ルーシィ》 突き出されれば、張り詰めた胎が更にきつくなり…びきいいぃっ!!と妊娠線の入った胎に走る激痛「…ん…ぁっ…ここで、産ませるんっ…!?」てっきりみんなの前で最初は入れられるものと思っていたから…
《ルーシィ》 しかし降り注ぐ口付けに痛みはやわらげられ「んんっ…んっ…。あぁ・・・だめ、ふああぁっ…こすっちゃ…あぁぁ…。」熟練のメイデンは前も後ろもなぞられるだけで天国に上りそうな悦びを覚える堕ち切っていて
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「る、ルーシィ!?んぐぐぐぐぐーーーー!!村人総出の前で赤んぼ産ますような変態に娘がやれるかぁっ!!こぉんのガキゃどかんかぁっ!!!!」[息子]「んぐぉっ!?!やりおったなジジィ!!」【母ちゃん】「あれまぁ、ルーシィちゃんメロメロやねぇ♪、ほれアンタ、そんなモンで弄り回してちゃ赤んぼもでてこれんじゃろ」
《ルーシィ》 ひゅう、ぎゅぷ。くぱぁ、じゅぷっ。ピンク色の赤貝が、筋の入った菊門が。大衆監視の前で開いては閉じて、開いては閉じてしまい…。
《ルーシィ》 子宮内と直腸に作られた魔法の第二子宮の奥、赤ん坊が中でへその緒につながれている様子すら村人達に見せつけるかっこうになってしまいます。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「いやいや奥さん、ワシらのんぐ!?わ、ワシらの息子は元気なモンでな、ちんこ突っ込んでやりゃぁつかまって出てきますワひくっ!きますワイ、がははははは♪」滅茶苦茶なことを言ってのるぅ!のるるぅぅっ!♪となぞりまわしていた極太を、一転そのまま衝きこんでくるアジーさん、たまにるしーさんの皮膚にぞくぞくくぅっ!と震えるのは内緒なのです!
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ひゃぁぁんっ!!?」びくびくーっ!あっちでくるくるロールのナターリアさんが内股のまま悲鳴をあげます、村人達からもおおっ…!!とどよめきが上がって
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひんぐああぁぁぁぁぁっ!?あっ…ああぁぁんっ!!?」息も絶え絶えに上り詰める寸前だった所に、無遠慮にはいってくる愛しい夫!つきこまれると同時に衝天に、前の穴からからぶしゃああぁぁっと吹き出る透明な液体…。絶頂と同時に破水した、羊水と愛液のまざった淫乱な噴水が村人達やナターリヤにまでふりそそいじゃいます。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あ、産まれ…産まれ…産まれちゃああぁぁ…!!」破水と同時に急加速する出産欲求…既に数十匹の赤子を産み落としてる膣穴にとっては、陣痛の痛みよりもはるかに赤子を産み落とすときの悦びがすさまじい絶頂そのものへと変化しており…その期待から子宮が産みたい産みたいと収縮を始めてしまいます。。
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「∑はひゃっ!?ふわぁ…すごいねぇ、じゃぁ後ろはつかまって…ホントにつかまって出てくんのかい?前はまかせな、ほいルーシィちゃん、手つっこむで?いきんでや?」にっこにこしながらるしーママさんが無遠慮に両手を娘の液で濡れた両手を股間にぬにゅるー?っとぬめりこませてきます [ナターリア]「あ、わ、わ、わぁぁ……」
《Wat-cGM》 母親の両手と、アジーさんのペニス、敏感になりすぎた両穴は、それが胎内で赤ん坊をがっちりとつかまえるのが、そして赤ん坊がそれにがっちりつかまるのをありありと感じ取って…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あんっ…ふううううぅっ…ひっひっふううぅっ…ひっひっ…ふううぅっ…っ!!」母親の手に捕まるのは、通常の二倍近くもある大きな大きな魔猿の血を引いた赤ん坊。捕まる手も力強く…あらたな命の鼓動を感じさせて。「…んんっ…んんっ…いくで…きばりいや?」と、お腹に片手を置いて赤ん坊に語りかけてから…。「ふうううぅぅぅぅぅぅんっ…!!」
《ルーシィ》 全身全霊の力で、新たな命を自分の胎の外の世界へと送り出しすべく、いきみますっ!
《ルーシィ》 ず、ぬるるるうううぅぅっ…ずずずずずっ…!!
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「∑あ!コラ!馬鹿ザル!なにしとるかやめさせぇ!」[村人]「いややめさすのはむりじゃろ」 [ナターリア]「あ、すご、すご…すごぉ………」[息子達]「(そーっと)」 【母ちゃん】「∑うわでかぁ、ほれアンタルーシィちゃんの子やろ、きばりやぁ…?んんっ!」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「抜くぞい…!!っく、ぐふぅウウウウウウウウ…………!!!!!」そして、ぜんしんの毛を逆立てたアジーさんのペニスが、血管の一本一本でルーシィさんの脳の天辺を狂わせながら、赤ん坊とともにその野太い全身を村人達の前に再び現していって……
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んん…んんんーーーっ!!!!」くぐもった悲鳴があたりに響き、大きな大きな胎児の頭が…祖母の手につつまれながら、ゆっくりと産道を押し広げていき…!
《ルーシィ》 頭が顔を見せて…ゆっくりとルーシィの膣口がめくれあがって顔をあらわにして…。
《ルーシィ》 ずぼちゃっ…ぼちゃっ…ずるうううぅぅぅっ!!!
《Wat-cGM》 [おんなのことおとこのこ]「んみ…………んんんんみ"い"い"い"い"ーーーー………………や"あ"あ"ーーーー!!!!!!!!!!!!」
《ルーシィ》 頭が出たら、後はあっけないほどに身体が生れ落ち「いぎいいぃぃーーっ!!ひぐううぅぅっ!!」尻穴を限界以上に押し広げられながら、後ろの穴からも産み落とす。
《ルーシィ》 でっかく広がった前の穴からは、まだ二人ほどの赤ん坊が中に残ってるのが丸見えになって…。
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「ほわぁ…でっ………かいねぇ……!ほれ、お母ちゃんのおっぱいやでぇ?」取り出した赤子をるしーさんのでっかいお胸にほい、とのっけるままるしーさん
《Wat-cGM》 [おんなのこ]「んーみ"ぃー」 【アジャトカ】「おー
《ルーシィ》 【ルーシィ】「はぁ…んはあぁ…おもいんよ、この人のあかちゃんみーんな…へへへ、おかーちゃん苦労ばっかかけさせるんよ…でも、かわいくてかわいくてしょーがなくって…へへへ♪」と、自分の母親に言いながら…両方の乳房で赤ん坊に乳を吸わせ…。「いつつ…まだ、中いるみたい…おかーちゃん…お願い…」
《Wat-cGM》 ちんこのさきにちょこーん!とひっついたまんまの赤ん坊も、るしーさんにくりくりお目目を向けてきます 【母ちゃん】「ほい、あーナっちゃん、アンタもてつだってぇな♪」[ナターリア]「ひにっ!?」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「おいで…うちがあんたの…おかーちゃんやで…。」と、くりくりお目目の可愛い子供に手を伸ばして…。
《Wat-cGM》 [息子達]「……」「……よし、持ってけ」ナターさんを狙ってたアジーさんの息子二人が、両脇からがばぁっ!!とナっちゃんさんを持ち上げて、だだだぁーっとるしーさんのトコに持ってきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あは…なっちゃん…うちの赤ちゃん…たのんだで…?やさーしく…とりあげてぇや…?」
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ぎゃぁぁーー!?な、なにをなさいますn【母ちゃん】「ほれぬととぉーっ♪」ひゃぁーーーーっ!?」おてての潤滑のつもりなのか、お母ちゃんをべっとべとにしていたるしーさん汁で抱きついてナの字さんをぬっとぬとにするままるしーさん
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むひ♪じゃぁ後ろはもう…ガラ空きじゃな?」どんどんノリ気になってきたのかこつんこつんっ♪とアジーさんはるしーさんの肛門を叩き、赤ちゃんを乗せた両胸をもむぅっもむむぅ……っ!!と揉み込み始めてきて……
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふぅっ…はあぁ…ん…もちょっと我慢な…あのおねーちゃんが…あんたらのこと引っ張ってくれっから…なぁ…。」赤ん坊におっぱいを飲ませつつすこし膨らみの落ち着いたお腹を撫でて…。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひんぐんっ!?あ…ぅ…まさか、このまま…する気…なん?」乳房に触れられた途端、あらかた息が一瞬でピンク色に染まり「あっ…あっ…だ、だめ…だめ…ああぁぁ…。」きゅううぅぅっ!と触れただけで赤ん坊を産み落としたばかりの肛門が、小さくしぼみ、直後にくぱって開く。
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 では…次のラウンド!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 開幕ありますかな?
《ルーシィ》 フライト!
《Wat-cGM》 こっちはオートヒールで18点かいふく!
《ルーシィ》 げげぇ!?
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 では…るしーさんどぞうす!
《ルーシィ》 20+20+2d6+6+8 フルスイング+フレイムエッジ+ランページ火属性!!
[kuda-dice] W12_Lucy -> 20+20+2D6+6+8 = 20+20+[4,6]+6+8 = 64
《ルーシィ》 出目が全体的に良い!
《Wat-cGM》 ほい28点うけましたす
《Wat-cGM》 じゃぁこっちはオーラブレイドを宣言してからシャドウアームで攻撃
《Wat-cGM》 2d6+2 まず補助魔法の時点で1回攻撃ー
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+2 = [4,2]+2 = 8
《Wat-cGM》 あら、通らず
《ルーシィ》 では、あぼっておきます!
《Wat-cGM》 2d6+16+18 ではオーラブレイド!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+16+18 = [3,2]+16+18 = 39
《ルーシィ》 なすすべも無く吹き飛びました!
《ルーシィ》 APオール0!
《Wat-cGM》 はいな!
《ルーシィ》 あくとは…HPダメがないので使えません!
《Wat-cGM》 ふいふい、じゃぁ次のターンまでまとめて戦闘解決しておきまするか
《ルーシィ》 ほい!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 開幕オートヒールで18点…なんとかがんばれー
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 ではそっち!
《ルーシィ》 開幕…ろすとさいん!
《ルーシィ》 2d6+8 運動 知力で対抗!
[kuda-dice] W12_Lucy -> 2D6+8 = [6,2]+8 = 16
《Wat-cGM》 2d6+1 えい
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+1 = [5,1]+1 = 7
《ルーシィ》 では奇襲1Rに
《Wat-cGM》 ああ、奇襲デッキなのか
《ルーシィ》 アヴォイドが12点軽減になります!
《Wat-cGM》 どうぞ!
《ルーシィ》 20+20+2d6+6+8
[kuda-dice] W14_Lucy -> 20+20+2D6+6+8 = 20+20+[3,1]+6+8 = 58
《ルーシィ》 58てん!
《Wat-cGM》 くらったよ!
《ルーシィ》 そしてメインフェイズ…てい!
《ルーシィ》 20+20+2d6+6+8 もっかい!
[kuda-dice] W14_Lucy -> 20+20+2D6+6+8 = 20+20+[1,3]+6+8 = 58
《Wat-cGM》 くらったよ!
《ルーシィ》 はんげきこい!
《Wat-cGM》 2d6+16+18+5d6 オーラブレイド+託卵+憤激 えいや!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+16+18+5D6 = [4,4]+16+18+[1,6,5,6,5] = 65
《ルーシィ》 あえてそれをアヴォイドするっ!
《ルーシィ》 67あったHPが、一気に14点まで大減少っ!
《ルーシィ》 あくとは
《Wat-cGM》 ふいは
《ルーシィ》 <尻穴奴隷>⇒<つけられた種>⇒<禁断の蜜穴>⇒<肉便器>!
《Wat-cGM》 いただいたよ!
《ルーシィ》 肉便器のあたりで
《ルーシィ》 <飲精奴隷>も一緒にやっちゃうかんじを!
《Wat-cGM》 ふいふいさ
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 じゃぁ描写!
《Wat-cGM》 【父ちゃん】「(ぼかーっ!)むっぎーーー!!子供産もうって時にエロるやつがあるかぁーっ!!やめんかこのーーーっ!!」[息子達]「兄者がやられたぞっ!!」「加勢せぇっ!」 [村人達]「ぅおおおおーーーっ!!バクワティがあぶねえぞっ!!ルーシィとりかえせっ!」「ぅおおおおおっ!!!」
《Wat-cGM》 背景では大騒ぎの大喧嘩が始まり始め、【お母ちゃん】「あはははは♪男衆は元気だねぇほれやっちゃいな!!」[ナターリア]「あわわ」【母ちゃん】「あ、ナっちゃんそうじゃなくてこう、ぬるぅぅーーー?って入れてみ?」[ナターリア]「ひゃっぁあーーーーー!?!?∑ひくってうごいた」
《Wat-cGM》 女衆はルーシィを取り合おうと襲い掛かる旦那のみみひっぱったり、ルーシィの周りに集まってきたり、なんだかもうお祭り騒ぎ
《Wat-cGM》 [女衆]「でっかいねぇ、どこでみつけてきたんだいこんなでかい旦那」「うわ…すごい、近くにくるだけでくらくらする…」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あふうぅ…あぁ…あああーーーぁぁぁぁぁぁっ♪」ぎゅぷるうううにゅうぅぅっ。ナマコのようにうねる膣肉がナターリアの腕をぐにゅうぅっと包み込み…愛液と羊水のまざりきった汁でべっとりと汚し…「なっちゃん…あぁ、もちょっと奥…あぁっ…ふうぅっ…。」赤ん坊に手の届きそうで届かないナターリアの腕をもどかしく感じながらも…。ぎゅっ…。しっかりと赤ん坊にしては大きな腕がナターリアの手を握
《ルーシィ》 り締めて…。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひうぅぅっ…ひぅっ…ひうううぅぅっ…。」ぎゅっぽ、ぎゅっぷうううっ…大のご馳走である夫の肉棒のきっさきに晒されながら、尻穴が物欲しげに閉じたり開いたりしてしまうのでした。
《Wat-cGM》 皆がみんなるしーさんのおしりにまたつきこまれようとしているアジーさんペニスに、そして もむぅぅ……っ! とナターリアの腕を咥え込むるしーさんの膣口にじっとりとした視線を注ぎこんでいます、そして…
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「次は前のアナの子供じゃな…後ろ穴っから掻き出してやるワイ!!」みきみきみきぃぃっ!!おしりにもう赤ん坊が居ないのを確認し、アジーさんの空気が一段変わります、一瞬しりあなからペニスがはなれ、ふわっと涼しい空気が熱気と入れ替わり…その直後
《Wat-cGM》            ずっぐむぅぅぅぅぅううううううううううううううううううううううううんんっ!!!!!!!!!!!
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひっ…んんぐううぅぅっ!!あああぁぁっ!あああああぁぁっ!!ひゃぁめええぇぇぇぇーーーー♪」赤子を産み落として緩んだ肉穴を更に拡張する、大好きな大好きな人のでっかいおちんちん。幸せそうな悲鳴が当たりじゅうにひびかせてしまいます。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ひぁーーーーーっ!?」そして、二の腕から手首まで、皮一枚隔てて裏スジで撫で上げられたナっちゃんさんが甲高い悲鳴を裏返し。むわり、とるしーさんには嗅ぎなれた瘴気の香りを股間から漂わせ始めます、純真な幼馴染が、アジーさんのペニスにふれただけで発情させられていっているという現状が、火花の散るるしーさんの頭の中をさらにとろりと溶かし上げて
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「んひひー?だめだめぇそんなおっかなびっくりじゃ、ウチの娘もキモチよくないでしょぉー?」むっちりと背後からナタさんの両手を抱え込み、赤子ごと もむぅぅっ!?と奥までねじこんでくるるしママさん、赤子が丈夫なら楽しむだけ楽しんじゃえ!と言わんばかりなのは祖母としてどうなのでしょうか!
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あっはあぁぁっ…あああぁぁっ…なっちゃあぁん…すごかったやろぉっ…うちの、人の…ああぁっ…あっ…あんた、あんたあぁ…。」ぎゅぷ、ぎゅぷぷっ…。肉棒を味わうように感覚をあけて締め付けてくる肉の輪、アジーさんの魔術によって子宮の取り付けられたそこをきゅうきゅう締め着けられ…。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひぐううううぅぅっ!!?」ぶっしゃああああぁぁぁっ!!巨大ちんこを突き立てられ、ぶっとびそうになった所におまんこをおっぴろげ拡張されてはひとたまりもありません。二度目の羊水愛液噴水を、祖母とナターリアに、特に前に出てるなっちゃんの顔面に
《ルーシィ》 ルーシィの子宮がいままでにふくんだたっぷりのミアスマといっしょに噴射してしまいます。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むははははっ!!!そぉんなコトいっとると、またワシが引っ張りだこになってしまうぞい?んむぅっ!!く、そぉらっ!!むぅぅおおオオオあああああーーーーーーーーーーーーーっ!!!」ぎゅっぽずぅぎゅっぷぷぅっ!!!1メートル近いストロークで直腸を真っ直ぐ伸ばし、何もかも掻き出す様に引き抜くアジーさん、両胸をぐむぐむぐににぃっ!!と赤ん坊を載せたまま揉みこむ両腕はるしーさんの腕6本ぶんくらいの太さはありそ
《Wat-cGM》 うで
《Wat-cGM》 [息子達]「お、このメス発情しとる」「さすがオヤジだ、触れてもいねーのに」 そして、そんななたりゃーさんをアジーさんの血を引いた息子達が見逃すはずもなく…?
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふぉっ!!ふぉっ!!ふぉおおおっ!!んぐぅぅぅぅぅオオオーーー!!!!」[息子達]「んむぅ…っ!!れむぅっ!」「まっぷぅぅっ!!」 [ナターリア]「ひぁっ!?あっ!舐めちゃっ舐めちゃだめっ!!ちんこでずってもだめぇっ!!あかちゃんっ!!ルーしいの赤ちゃんつかんでるのっ!!つかんでるのぉおっ!!」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひあああぁぁぁぁんんっ!やあっ、あんたはぁぁぁぁ…うちのぉぉぉ…あひいいいぃぃっ!!!」腹の中を繰り返す巨大な喪失感と充足感。「あんたあああぁっ…あんたああぁぁっ…!!あぁぁ…おかーちゃんと、なっちゃんの前なのにいいぃぃっ…このままぁだしたら…あぁっ!ああぁっ…ぜ、ぜったい孕んでまうっ…ああぁぁっ…またあんたの赤ちゃん妊娠してしまうっ…はずかしいのに…ああぁぁ…ひいああぁぁ♪」ぶしゃああぁっ!ぶ
《ルーシィ》 しゃあぁぁっ!!赤ん坊のお口にふくめない程に溢れたミルクが噴射して、さらにナターリアを淫乱牛娘の母乳まいれにしていってしまいますっ。「はずかしいのにぃっ…あぁぁ…なんで、こんな…あんたあぁぁ…だいすきぃぃぃっ♪」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「だ、だめなやなっちゃん…!あんたが震えると…うちの赤ちゃんにつたわって…ふああぁっ…お腹のおくに…あぁぁぁっ、ちんここすられてるのがっ…ああぁぁっ!!」長年瘴気に汚染されて敏感になりすぎた子宮壁が、震えるナターリアの身体からまるで自分が犯されてるかのようにきゅんきゅん感じてしまい…。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふぅぅぅんむぅぅぅぅううううううううっ!!!!」[息子達]「んんギひぃっ!!!」「むっぐぅぅぅうっ!!」るしーさんからの快楽の撃ち返しに、アジャトカさんの全身がぎっちぎちに張り詰める、一瞬早くナターリアさんのス股や胸ズリで達した息子達がナタさんとるしーママ、るしーさんを真っ白ギトギトに染めてゆく、その直後
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「出…すぞっ!!るぅしぃぃぃーーーーーっ!!!」放精前の快楽を一瞬でも引き伸ばそうとするようにアジーさんの体がガクガクと震えて、   ずどぶんっ!?どっばぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!  一瞬でるしーさんのおしりの奥の奥まで粘着質のカタマリ液が埋め尽くす
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「んふぁっ!?はぁあぁあぁぁ……っ!!」[ナターリア]「んひやぁっ!?あーーーっ!!熱っ……あっついぃぃぃいーーーーっ!!!」ぬずるぼぉぉっ!!同時にナタさんとママの悲鳴の悲鳴があがり
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひああぁっ…あっ、そんなぁっ…ああぁぁぁっ…!!」真っ白に染め上げられていくルーシィの身体、おっぴろげられた雌穴にもにも少しかかって…そこだけ焼け爛れたように熱く感じ「あああぁぁっあんたぁぁっ♪またうち、あんたの赤ちゃんお尻にできちゃうっ…できちゃうううんんんぅぅぅーーーっ!!」
《ルーシィ》 ぷくううううぅぅぅっ…!!膨らみのおさまりかけた妊婦胎が、極濃の精子溶岩を受け止めて新たな命を宿しまくっちゃって、射精の衝撃で零れ落ちた第二の子宮からの卵子が一瞬にして受精してしまう。
《ルーシィ》 命を宿した実感に、お腹がぽわああぁっとナターリア達の手にも伝わるほどにあったかく幸せオーラをはなっちゃうのが温度で理解できて…。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「あ……ふぁ、ふぁぁ………?」【母ちゃん】「んふふ…?つられて卵子、でてきまくっちゃったって顔やね、ナっちゃん♪さ、赤ちゃん出したり…」ほわぁん顔の幼馴染二人の表情ににっこりと微笑むと、ことさらナターリアさんの乳はだに二の腕を擦りながら娘の恥丘の奥でふるふる震えるナっちゃんさんの両腕をねじり出すように抜いてやって…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふあああぁっ、産まれ、産まれちゃっ…うまれれてまうぅぅっ…」ぐぐぐっ…ずぐりゅううぅっ!柔らかく広がる肉の置くから、ナターリアの手を掴んだ大きな生き物が…母親の子宮口を押し広げ…
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ああ…あかちゃん…あかちゃん、できちゃうの…これで、赤ちゃん…はぁぁぁ……」 [息子達]「むひひ、じゃぁおまえの雌穴は俺らがもらったろ」「ん、オヤジとヨメの婚姻記念だ、いい子が産まれるに違いねぇ」 むっぽぉぉ…… 背後からの雄の気配にふるふるふるえる幼馴染の手が、ついにるしーさんの膣門をくぐりぬけ…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひぐっ!うぅっ!ひぐううぅっ…!!」ずぶるっ…ぐぶちゅううぅっ!!ずるん、ずるるるんっ!!一匹目の女の子の頭がナターリアに抱かれながら肉の洞窟から産み落とされ…ぐぐぐっ!と身体のあたりで引っかかったのは、それに抱きつくもう一匹の男の子せい…。
《ルーシィ》 しかし、それも姉の広げた肉穴からすぐに滑り出して…。母子の証であるへその緒だけが雌穴の奥へと繋がっていて…。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「あ、あ、ああ……[赤ちゃん達]「んぅぅぅーーーーーあ"ーーーーーーーーーーーーっ、あんああああーーーーーーー!!!!!!」す…ごい…二人も……」ドキドキと赤ん坊と、るしーさんのひくつく膣の奥を、そしてその下で筒先を見せ付けるアジーさんのペニスを意識しながら、ついに二人を取り出したなたーさん
《ルーシィ》 【ルーシィ】「いつも…ながら…重労働すぎるわ…これ…。」ぜぇ、はあぁと荒い息で脱力するルーシィ…しかしそうするとぐぷうぅうっ!と強くアジーちんこが食い込んできて「んふっ…ふううぅっ…。」
《Wat-cGM》 へたっ……と猿魔族達の腕にへたりこんで、そしてその体温にどこかうっとりしているのが”経験者”であるるしーさんにはよくわかって…【母ちゃん】「んん……こんだけ盛り上がらせといて、アタシはほおっておく気なん…?【父ちゃん】「んぉおらぁぁっ!!!!(どっがーっ!!)」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んふふふ…なっちゃんも…味わってみっか?うちの人の息子のおちんちん…。すっごいで?赤ちゃんいっぱいできよるん、みーんなおっきくて、元気な子ばっかやでぇ…?」にまぁ、とナターリアを落とすように笑みを浮かべ。
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「∑あんた【父ちゃん】「んどぉだサル!!貴様の息子はぼこぼこじゃ!あぁ!?今度はワシのヨメにまで手えだそうってのか!?手前と俺…どっちがスゲェかわかっとるのかコラ!!」若い頃の口調そのまんまでアジーさんに食って掛かるるし父ちゃん、るしーさんたちに当てられたのかその股間はぎっちぎちで
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あ、でも。するならあかんぼうはかえしてなぁー…?」と、あかんぼ抱いたまま両手をひろげて、受け取ろうと。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あ、おとうちゃんおかえりぃ…無事、みぃんな生まれたでぇ?どや、かわええやろ?」ぎゅむぅ、と腕の中の二匹の魔猿の血を引いた子を父親に見せるようにして、よくみると牛の角とかもはえてます。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「あ、あ、う、うん……(ごくり!)あっ…下、当たって…!!」おそるおそる、というようにるしーさんの胸にあかちゃんを返し、そしてムキキ♪と笑う息子さんたちにるしーさんと同じ姿勢をとらされてゆくナの字さん、ぞっくんぞっくんと震える肌がるしーさんを誘っているようにぬらめいて【母ちゃん】「なんやみんなですんのも久しぶりやわぁ…んふ♪アンタの旦那もスゴいけど、父ちゃんもすごいんやで?」
《Wat-cGM》 同じ姿勢を取らされる母るしーさん、三人の中央には4人のあかちゃんがるしーさんのお乳にはむりついていて……【父ちゃん】「む……ええ鳴き声だしとるやないか、ふん、このあたりはまぁ合格点やな」お母ちゃん抱えながら人差し指で器用にあかちゃんむにむにするお爺やん
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ふふふ、お幸せにぃ…あ、あかんぼ産むの辛かったらうちが代わったるさかい、安心しーや?」と、つやつやてかるナターリアの肌を見ながら…かつてイルマにされた託胎の事を思い出して。「そらおかーちゃんの旦那さんやもんなぁ…。ごーかくってなんよ、ごーかくって…。ほら、この子らも。」きゃっきゃ、と新たに抱きとめた二人を、どちらも雄と雌のペアで、身体のパーツがあっちこっち人だったり牛だったり猿だったり…でもど
《ルーシィ》 の子もバラバラでそれなりに可愛い感じだったり。
《Wat-cGM》 [村人達]「うぉぉぉおおおおおおっ!!!あの三人、助け出した奴のヨメにせぇっ!!!」「ワシのじゃぁっ!!!」 [息子達]「ナンじゃコイツら!?」「いいからたたんじまえぇっ!!!」「雌もおるぞっ!!!よこせぇっ!!」周囲の大騒ぎも最高潮、おとこどもは自分の女を手に入れようと自慢の腕を振り上げ、腹のそこから声を張り上げて
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むひひひひひ………まぁ、ワシのが一番でっかく太く、いっちばんエラがはっとるが……なぁっ!!!!!!!!」もぐっ!! と膣口がアジーさんの亀頭をめいっぱいに頬張り
《Wat-cGM》 ぬごごごごごごぉぉっ!!!!!! びっちりと発達した膣壁の快楽神経を一個一個えぐりかえし、ロードローラーのようにひき潰してとおりぬけてゆく、次の瞬間には子宮の口が猛烈な亀頭キスに一瞬で屈服して……………
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ちょっと予定とはちがうけど…なんだかんだで…。」と、出産後のほっこりかおでその大騒ぎを眺め…てる暇がないっ!!「ひんぎゅうううっぅぅぅっ!?あ、あんたああぁぁぁっ…もっ…せっかちすぎ…んんん!!なんやからはあぁぁ……!!」
《Wat-cGM》             ずどんっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!           灼熱の固まりが、両親への愛情と、幼馴染への愛情、そして赤ん坊への愛情を全てひっくるめてるしーさんのあたまのてっぺんまで打ち上げる
《ルーシィ》 命を産み落とした悦びに震えていた雌穴神経がその余韻も冷めないうちに、もう繋がった回数だけなら並みの夫婦をはるかに越える付き合いの夫の大黒柱に雄の到来を教え込まれて、ひだひだのお肉を目一杯ひろげられて頬張らせられ、頭のてっぺんに突き抜けるほどに自分の”夫”を秘穴で感じちゃって
《Wat-cGM》 [ナターリア]「 んんっひぁぁーーーーーーーーーーーーー!?!?!?  」【母ちゃん】「んんんっ!?!!♪きっつぅぅ……♪」ぎゅぅぅっ!!とナの字さんがるしーさんにひっしりと抱きつき、もぎゅうっと母るしーさんのおむねが二人の乳におしつけられる、赤ん坊達が6つの乳にもっぷりと潰されて、目を白黒させながらはもはもとるしーさんお乳に吸い付いてくる
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んひあああぁぁっ!ああぁっ…も、産んだばっかなのにっ…ばかばか…大好きっ…あんたもおちんちんも大好きやああぁぁーーーーっ!!」オスに酔いしれ狂い自然と膣穴でいとおしげに腰をゆさぶってすいつきはじめ「…ん…なっちゃん、大丈夫、大丈夫…うちと、うちといっしょや…こわくないで…んんっ!おかーちゃん、やっぱおむねおっき…おかーちゃんも、おっぱいあかちゃんにくれへん…?…んはああぁぁっ!!」
《ルーシィ》 抱きついたナターリアを、五人目の自分の子供であるかのようにそっと腰に手を回して…。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ひぁっ…っ!?るーしぃっ!!あっ!痛っ!?いったい…んぁっ!なにっ!なにこれすごぉっ!!?」目の前で散々るーしーさんが喘いで見せたペニスの突き込み、初めてで痛いはずなのに、あの光景に圧倒されたナの字さんのお脳はそれを快感として受け取って、もう一人に胸まで揉みこまれれば混乱したナの字さんは必死にるしーさんに抱きついてきて
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「んぁっはぁっ♪アンタ、まだまだ現役っ…やねっ♪」嬉しそうに身体をよじらせて旦那さんのペニスを頬張るるしママさん、「んー?ええよぉ、なんや、今日は一段とようっんん……っ♪よう出る気ぃするわぁ♪」嬉しそうにおんなのことおとこのこ、ひとりっつほいほいと抱いてその胸にとりつかせてゆく
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「フゥゥゥッ!!!!」ぶるぶるぶるぶるっ!!るしーさんの腰がねっとりと巨根を食いしばり、楽しみ始めれば恐ろしい快感がアジーさんのお腰を貫いて、のっぢゅのっぢゅのっぢゅのぢゅぢゅず、ぐぼぉぉん!! 全身をわななかせながらも全くペースを変えない突き込みはるしーさんを天へ天へと跳ね上げてゆく
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んふうぅっ…ふふふっ!!初めてぇぇ…なんにっ痛くっ…ないん…?なっちゃん…えっちやなぁ…?」むぐにゅうううぅぅっ…。と、お尻を軽くつねり「うん…っ。今まであかんぼのせわ、任せて…んふううぅぅっ!!ごめっ…ああぁぁ…これからは…うち、ずっとここにいられっから…うちの旦那と一緒に…ちびたちの…世話…んんんっ!!」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふあああぁぁっ…ひゃあああぁんっ!らめっ…なんかもっ!しゃべれなくふううぅぅっ…!!」子宮さえも無遠慮に性器として亀頭を押し込むアジーの突き上げに、おしりあなから精液溶岩を無様にこぼしつつつつ、突き上げられた卵巣がきゅんきゅん夫のために卵子を育て始めてしまうのでした。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「は、あ、あああ……っ!!るーし、ひぃっ!つねっちゃにゃめぇぇ…っ!!」【アジャトカ】「んんんむぅはははははっ!!♪お前が瘴気だしすぎとるからじゃい、見ぃ、辺り中で始まりはじめとるわい♪」ごずぅぅんっ!!! 奥の奥まで掘り返しながら、アジーさんが上機嫌に全身から汗をほどばしらせて言います、見れば村人もアジーの息子達も女のひとにのしかかり、ごっつんごっつんと腰を使い始めています
《Wat-cGM》 そこら中で行われる交合と、男達の乱闘騒ぎ、そんな最中でありながら、周囲のみんなの視線はその中心で高く高く跳ね上げられる三人、そしてその中でも一番巨大な雄に抱かれるるしーさんに常に集まってきていて…
《Wat-cGM》 そして周囲の視線の祝福の中……  ごづうんっ!!! ごりごりごりごりぃぃっ!!!!ぬっぶぅぅぅんっ!!  アジーさんのカリが、ごんぶとのペニスの胴が、ごつごつと浮き出る血管が、るしーさんの全てを巻き込み、そして削り取りながらひたすら二人の絶頂の為に上下してゆきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふあああぁぁぁっ…ひうぅっ!!!だ、だめえぇぇえええっ、こんな、こんなあぁっ…!!うちがやらしーことかんがえてるから・・・ひううぅぅ、みんな、みんな、えろばかになってしまったんんん!?や、だめ見たらあかんんっ!うち、いまこれから…赤ちゃんはらまされちゃうううんっ!!だめえぇ、うちが種付けされるのみないでやああぁぁぁーーーー♪♪♪」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ヌ……っググゥっ!!種付けっ!!村の全員に見せ付けてくれるわい!!お前がワシのヨメじゃということに…誰もくちだせんようにな……ぁあああっ」びぐびぐびぐびぐびぐぅぅぅっ!!!!
《ルーシィ》 ルーシィの胎の中を縦横無尽にに暴れまわる、もっとも大きな最も強い雄の男根。それに種付けされる瞬間をみんなに見せ付けてしまうのがうれしくって恥ずかしくって幸せで恥ずかしくって死にそうで…!!
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「   グゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!   」どの男よりも巨大な射精吠が周囲をゆるがし、その巨大な声量の中でるしーさんのおなかの中心を完全にアジーさんの全てが満たしてゆきます、ありとあらゆるものが二人を祝福しているのが魂のそこからわかってしまって……
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あぁぁぁ・・・ひいいぃんっ!らめええぇぇ…あんたのちんこで出されたら、赤ちゃんできちゃううっ!!あんたああああぁぁぁあんたあああぁあああぁぁっーーーーーっ♪♪♪♪♪」世界で一番説得力のないらめえを連発しながら獣王の咆哮の中、排卵が起こり…!
《ルーシィ》 2d6+1 
[kuda-dice] W14_Lucy -> 2D6+1 = [5,6]+1 = 12
《ルーシィ》 きらりめがね!
《ルーシィ》 2d6+1
[kuda-dice] W14_Lucy -> 2D6+1 = [5,1]+1 = 7
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ひぁっ……!?ひっ……あああーーーーーっ!!!!」【母ちゃん】「はぁっ!!アンタっ…!!あんたぁああーーーっ!!」【父ちゃん】「むぅぅぅぅっ………!!!!」 [村人]「ぬぅぅーーーーーっ」「あーーっすごっ……すっごぉぉーーーっ!!」 [息子達]「ふッグォォオォォオオオオーーーー!!!!」
《Wat-cGM》 王大人はらみかくにん!
《Wat-cGM》 集落全体が射精快楽の絶頂で包まれてゆき、あぶれた男達、若い猿魔族達の放精があたり中から降り注いできます
《ルーシィ》 卵子のゆりかごから零れ落ちた娘達は一瞬にして母の夫の精子で受精し、腹の中に受け入れた愛しい夫の子種汁が根付いて受胎しながら…。
《Wat-cGM》 我も我もと手近な女の、できればより中心に居る女の、口に、乳に、筒先をつきつけて膨大な量の精液をたたきつけてくる男達、アジーさんほどではなくともこの場に獣のような量の射精のできない男など一人もおらず
《ルーシィ》 【ルーシィ】「はああぁ・・・んっ!んぐん・・・♪あはっ・・・はあああぁぁ・・・♪」二つの穴を夫の精子で一杯にしながら、妊娠したお腹をまっしろな若いオスで化粧して…それを一なめして…「んふうぅ・・・おいしぃっ・・・んっ♪」精液まみれのおくちで、ナターリアに口付けして、お互いの口中を精液まみれにしてしまうのでした。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ぁ♪」突き出された逸物に気がつけば、ぐぃ、っと赤ん坊を宿したばっかりのお腹におちんちんをくっつけさせ・・・そこは膣肉のように柔らかく。「んふっ…はああぁっ…♪」はぐっ、幸運な一匹の若オスのいちもつをしゃぶりはじめ…肉厚の牛タンでつつみこんでからからめとり、あふれ出すと息は瘴気とミアスマに汚染されきって。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はむぅ…ひゃめぇ…んちゅ、口れまで、るーひぃのあかひゃんはらんにゃうぅ…あむ」指を絡ませ、拒絶の言葉を吐きながら幼馴染は膨大な猿魔族の放精でふくれたおなかをるしーさんの孕み腹にゆったりとこすりつけて【母ちゃん】「あは♪お友達可愛がっちゃうなんて、ルーシィちゃんもオトナな楽しみやねぇ♪」
《Wat-cGM》 母るしーさんの声を浴びながら、幼馴染の張り合っちゃうとこは変わらないのか、ナターリアさんはつたない唇使いでルーシィの咥えるペニスを横からはむはむと咥えてその味にのめりこんでゆつ
《Wat-cGM》 ゆく
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…んふうぅっ…なっちゃんは昔っからうちの妹みたいなもんで…」ちゅむううぅっ…。おちんちんをくわえるなっちゃんの唇を…はむうぅっ!くわえこみながら、おちんちんをはさんでちゅーしてしまう。どうじに、ぎゅうぅっと若オスのたまりに溜まりきった玉袋をもみこんで射精をうながし…「…ふふ、これからは…おかーさんなかまやもんね?」ぐにゅぐにゅうぅっと、サイズの違うお腹をナターリアのお腹に押し付けて。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はぁっ!はぁぁ……っ!!!おかぁひゃん、おかぁひゃんになっひゃうぅ…?はむ、はむぅぅ…るひぃ…るぅひぃ…はもぅぅ」おなかがすりすりされるたびにナタりーさんの全身の皮膚がびっくんびっくんと快楽に震え【アジャトカ】「むひひ♪えろいこっちゃ、えろぉいこっちゃ♪魔族の妻らしいわい、んじゃぁ…」
《Wat-cGM》 のっぷりとるしーさんのおなかにペニスつきこんだまま、るーしーさんから湧き上がるミアスマを集めて印を書き始めるアジーさん、【アジャトカ】「ワシも協力せんとのう♪」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…んふふふ、なっちゃん、なっちゃん…いっしょにかわいーあかちゃん、産みおとそーな?うち、なっちゃんの赤ん坊やったら…ふふ、自分の子供みたいに可愛がっちゃうかもなぁ…はむ…んむ…。」ぐにゅうぅ、ぐにゅうんっおっぱいみたいにぐにょんぐにょゆれる二人のお腹…。「ひううぅ…まあぁーたあんた、悪巧みしてぇー…ふふふ…こんどはどんな事するつもりなん?」
《Wat-cGM》 しかしごつごつ突き込みながらの印字に目もくれられないのはペニスを二人の雌に咥え込まれたアジーさんの息子の一人、[息子達]「ふぐっ!?むっ!!ほギャォォオオオおっ!?」びっくんびっくんと腰をひくつかせ、ペニスはさらにびくびくと跳ね上がり…[ナターリア]「∑ひぁっ!?」驚いてナの字さんは口を離してしまいそうに…?
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んふううぅっ…ふうぅぅっ…んんんっ…?」なっちゃんのお口が離れると、きゅぷうっと大慌てでおくちにほおばって「ふううぅっ…んんっ…んふうぅぅ♪」いつくしむ母のような瞳で息子を見ながら、あっつい肉の塊がびっくんびくんお口のなかであばれまわると、舌にぐいぐい突き刺さっちゃって…。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「こんだけ魔力が濃ければ、うまく吸い上げる口さえくれてやるようにすればワシらの子もみるみるデカくなるわい、しばらくは…んむっ!は、孕むそばから産まれるようになるぞい♪」 【母ちゃん】「ひゃぁ……魔族ってのはスゴいもんだねぇ」目をまんまるくしながら、全身に淫汗をたっぷりかいたママるしさんが父ちゃんペニスくわえたまま言って
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ん…♪」にんまあぁ、とルーシィらしからぬとーってもいたずらっぽい笑みを、おちんちんをくわえながらナターリアを見て…。「まっててぇな…いーまなっちゃんにも…のませたげーるから…♪」れっろおおおぉぉぉぉ…んっ♪根元からさきっぽにかけてのうらすじを、一直線になめあげて…。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「あ…あ…っ!!」そわそわそわそわそわっ!!ペニスをるしーさんに独り占めされたナターリアさん、一生懸命るしーさんの唇とペニスの結合部に舌を這わせてはみ出た汁をついばんで……[息子達]「ふぐっ……出、っ出るぅぅっ!!!」【アジャトカ】「むひ♪まだまだじゃのう♪」息子を立てようというのか、息子の放精にあわせてごずずぅぅっ!!と深くまでつきこんでくるアジーさん
《Wat-cGM》 [息子達]「ふむぉおおおおおおっ!?!?!」   どぐっ!!ぼびゅるるるるぅぅぅーーーーーーーーーーーーーーっ!!!  ばちぃっ!!と最初のひと吐きがるしーさんのおでこに命中し、そのまま高く高く粘度の高い液体をはねあげていって
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んひんひゃあああぁんんっ…!?」つきこまれた拍子にびよん、っとお口のなかからとばしちゃって。「んふううぅっ…ああぁ…んんんっ…」れろ、ぺろちゅっ…顔にかかったそれを舐め取ると、さらにその上から際限なくぶっかけられる男汁。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んあああぁっ…おいひっ…おいひぃぃっ…はむっ…んぐんぐ…ごくん。」そのまま頬張り、数発分を喉奥にながしこんでから…くちにふくみ…「なっちゃん・・・これおいひーでぇ・・・?」口の中にたーっぷりなまぐさい雄若汁をくちに含みながら…。キスを誘い
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はぁぁ…ひぁんっ!!、は、はぁぁ……っ!!」 [息子達]「むひ♪」ごづぅんっ!!邪魔するようなイジワルな突き込みを受けながら、喉の渇きすぎたいぬみたいにはうはうとるしーさんの口にお口ちかづけて、「はぁっむぅぅぅぅぅーーーーーーんむにゅ、んむふみゅぅぅんんーーー……!!」きゅーっとるしーさんのおててに指からませて、むちゅちゅー!!と奪うようなキス
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「ありゃま、ひゃうんっ♪、んふ、見てぇアンタ、あのナっちゃんとルーシィちゃんが、あんなエロいことしとるでぇ」【父ちゃん】「ふん、まぁアイツんちの子よりウチのルーシィのが随分エロいがな」ずぐん!【母ちゃん】「ひぁんっ!?♪」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んふううぅっ…ふううぅぅ、んっ♪んふふふっ…♪」ちゅむ、れるっ…れるるうっ!なっちゃんのお口の中にたーっぷりと若精液を流し込み…ぬりたくりつつ…「んふううぅっ…んまいか、なっちゃん…?」ちゅむ、れるっ…。口を絡めるうちに…少しづつお互いのお腹の中に違和感が感じられて…。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むひひ…♪ほれほれ、友達もええがホレ、お前さんらの腹ン中も、そろそろエラいことんなってきとるぞい?」ずっこんずっこんと衝きこむアジーさんのペニス、その先に、確かな重みが宿り始めていて…そして、周囲の嬌声も少しづつ困惑や喜びの声が混じり始めてゆく
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はむぅ……おいし…?わから…ひぁうんっ!?わからない…わよぉ…は、ああぁ…これっ!これ、はみゅぅ、これおいし…おいしいの…?はぁぁ…やめられないよぉぉ……」はみゅはみゅと、るしーさんのお顔中の白濁まで舐めとるナの字さん、るしーさんのミアスマに当てられ、完全な精液中毒の顔で…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふえぇ…あ、んんんっ…!?」夫の突き上げで感じる、お腹の中の重み。「おなか、もうこんなにおっきくなって…あはぁっ…すごおぉっ…も、生まれちゃいそうな・・・ああぁっ♪」確かに宿った命の重みに、愛おしさがあふれ出してきて…。「ひああぁんっ…なっちゃんっ…あ、やめっ…あかちゃんおっきくなって…このままじゃ、生まれてまううぅぅ~♪♪」
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 つぎのらうんど!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 開幕はまた18点かいふくで
《ルーシィ》 レックレスフレイムエッジ!
《ルーシィ》 20+20+6+2d6 火属性!
[kuda-dice] W14_Lucy -> 20+20+6+2D6 = 20+20+6+[3,5] = 54
《ルーシィ》 らんぺーじはすじ!
《Wat-cGM》 む
《Wat-cGM》 さすがにそれだけなら全然平気!
《ルーシィ》 むむむ!
《ルーシィ》 来い!
《Wat-cGM》 18+16+1d6+2 オーラブレイド+ダークネスヒット!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 18+16+1D6+2 = 18+16+[4]+2 = 40
《Wat-cGM》 40点!
《ルーシィ》 HP0になって
《Wat-cGM》 あ、2d6足りない
《Wat-cGM》 2d6
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6 = [4,3] = 7
《ルーシィ》 《エンジェルキッス》!
《ルーシィ》 致命傷表打ち消しつつ
《Wat-cGM》 47点!
《ルーシィ》 MPHP全開で67点で復活!
《ルーシィ》 アクトは<肉便器> <種つけの快楽>!
《ルーシィ》 あ
《ルーシィ》 種付け快楽キャンセルでっ!
《Wat-cGM》 ふいさ!
《ルーシィ》 詳細は裏みたいなかんじ!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 では描写!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「んぁっ……?おなか…重く…?ひゃっ♪アンタ、ちょ、ちょっとま、ひゃうぅんっ!?」【父ちゃん】「んぉ?なんか奥が詰まって…ふぉっ!?」まにゅん、るしパパさんのペニスの先がなんだかふっくらしたものをつつきます [ナターリア]「あ、あ…なに、なにこれ…っ?はぁぁ…、はみゅぅぅ……っ!」るしーさんとおなかこすりっこしていたナの字さんも、おなかをさすさす
《ルーシィ》 【ルーシィ】「はああぁぁぁ・・・
《ルーシィ》  【ルーシィ】「はああぁぁぁ・・・♪こんなはよぅ生まれてくるんは、初めてやわぁ…どんな子…んぅっ…やろっ…んんんっ♪♪」
《Wat-cGM》 三人の前の穴からはぼぴゅっ♪とおなかの中で赤ちゃんが大きくなるのに従って雄達の精液が漏れ噴き出してゆきます、そのぞわぞわした圧迫感と、ゆっくりと高まっていくはずの愛情がみるみる湧き上がってくる倒錯感
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひぐうぅうっ!!お…おっきくあっ…すくすく育ちすぎやぁっ…んんんんっ…んんーーー♪」ごびゅ、びゅびゅううううっ!!張り詰めた妊婦胎から精液をこぼしながら、見る見る間に大きくなる胎児に内側から母性をゆさぶられ。
《Wat-cGM》 そして周囲では、ついに守りを突破したもう村人側だかアジーさんの息子側だかわからなくなった集団が うぉぉっ!! と押し寄せてきて、るしーさん達の髪と言わず乳と言わずおなかと言わず、そこら中にちんこをこすりつけ、お口につき込んで来て…【アジャトカ】「むふぅぅっ……!!♪くひ♪お前はこういう時ええ顔するのう…♪ ほうっ!?」精を零すまいと自然と圧の高まる膣口に堪らない声をあげて
《Wat-cGM》 周囲の男達と自分の実力の違いを見せつけようとでもいうように、吹き出る精液ごと逆流させるような一突き一突きを、みっちりと背後から抱きしめたまま打ち込んでくるアジーさん、前からやってくる多量の快楽と、背後からやってくるとんでもない太さの快楽、それがるしーさんのおなかのなかでがっちんがっちんとぶつかりあい…
《Wat-cGM》 赤ん坊のことを忘れさせようとでもいうようにるしーさんの中であれくるってゆきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んはあぁっ…んんん…そ、そんなにされたら…んああぁっ…んんんっ!!」ただでさえ赤ん坊が育ってるところに巨塔をぶち込まれ、孕んだ胎や母乳あふれるちぶさを雄液で汚しまわられ…「だ、だめやぁ…おかしく、おかしくなってまうううぅっ…!!」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んふううぅうぅっ!ふううぅぅんっ!!」口でむさぼり手でしごきあげ、乳房で包み込み胎で抱きしめる。るーしぃの身体に柔らかくない部位というものはそんざいせず、つまりどこをこすっても膣穴にぶちこんでるようなやわらかさを肉棒に返してしまい…。
《ルーシィ》 きゅんきゅんきゅんっ♪と膣穴がひくひく夫の男根にすいついてしまいます。
《ルーシィ》 ああ、それにしても無防備な肛門がさびしくて…!
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はみゅぁあああっ!!!♪ぶっかけちゃ…ブッかけちゃひゃめぇえぇっ!!あっついっ!!あっついのにぃっ!!んくんく、おなか赤ちゃんであっついのにぃぃっ!!!」両手でペニスを欲張りながら、るしーさんの咥えるペニスを追うようにはうはうと口を伸ばし、【母ちゃん】「ひはぁぁっ!!♪こんなんっ♪こんなん久しぶりすぎてっ!!またっ!またおかしなってまう…おかしなってまうぅぅぅっ!!!♪
《Wat-cGM》 大きく胸を反らしたるしママさんが、耐えられなくなったように声を張り上げて鳴き叫びます、二人の蜜壷はごんぶとのペニスをまっぷぅぅっ!!と得意げに頬張っていて、まるでるしーさんとアジーさんにはりあっているかのよう
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んはああぁぁっ!!かけて、かけてぇや…うちの赤ちゃんで大きくなったおなかにかけてぇんっ…♪中から外から…お腹もっとあつくしてえぇやあぁぁーーっ!!♪」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふひっ!♪ふぉぉおっ!?くゥゥ…っ!!」ぼぶぅっ!!びくくぅんっ!!おなかの中で二人の赤ん坊が、多量の射精に全身を犯される衝撃にぞくぞくと背を震わせるのがわかります、もはや人間の赤子では考えられないような反応、魔族の魔力とメイデンのミアスマをたっぷり吸った、淫乱な子に育つのは間違いない未来で…
《ルーシィ》 赤ん坊の重さに耐え切れず重力にしたがって垂れ下がるルーシィの妊婦胎は、ほかの二人に負けず劣らずでっかくて、淫らに刻まれた妊娠線がいくにんもの子を産んだ歴戦の雌で有ることを示し…
《Wat-cGM》 [村人達]「ふっぐぅぅっ……!?」[息子達]「ふぎゃぉぉおおおおおっ!!」びっちぃっ!!ばちゅんっ!!どぶぶぶぶぅぅぅぅっ!!!!!!!前からなのか後ろからなのか、中からなのか外からなのかもわからない射精がるしーさんの脳を次々と直撃してゆきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あああぁぁーっ!!あんたあぁぁっ…あかちゃん中で動いてぇっ…おっきくてえぇぇっ…あんたぁ、あんたああぁぁー…元気な子だよおぉーっ♪とぉーっても元気な、魔族の赤ちゃんだよおぉっ♪♪」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふぅぅぅおおおおおおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」そしてその真芯を太く強力に突き通してゆくのはアジーさんの膨大な射精、3人の雌と4人の雄
《Wat-cGM》 そしてものすごい数のペニス達におしくらまんじゅうされる赤ん坊達は、そんな場面だと言うのに「だぁだぁ♪」とうっとり笑い声を上げていて…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひゃああぁぁっ!!♪あっ!ああああぁぁーーーーーっ!!♪♪♪」もうからだどこからかけられてるか分からない、ただただ熱い精を受けた雌の悦びをかみ締め「…あんたあああぁぁっ、あんたあああぁぁぁーーー♪」ただわかるのは、この身体を貫く最強の男根と遺伝子の持ち主は間違いなく自分の夫ということだけで。「…あはぁ、べろべろばぁぁぁーんっ♪」そんな精液の台風の中でも、赤ん坊への愛情だけは変わらず…。
《Wat-cGM》 そして、そんな母親の胎内で、父親の放精に押し返されながらももにゅっ!と娘が極太のペニスにしがみついたのが三人の母親の脳に鮮明に伝わって……【アジャトカ】「むっくぅぅぅ……!淫乱なええ雌じゃわい、お前に似てええ子に育つのう♪んぬれぅぅー♪」ぬっめぇぇー?ぞくぞくと震えるるしーさんの背を舐め上げながらぬむぅぅーーーっ!っと今度は赤子ごと引き抜いてゆくアジーさん
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ひぁっ!?抜いちゃだめっ!おほおっ!?赤ちゃん取っちゃいやぁぁっ!?」あり得ない感覚に脳を裏返されるような衝撃をうけてナの字さんが悲鳴をあげて背後の旦那お猿にすがりついて、【母ちゃん】「ほひゃぁっ!?こ、これっ!?すごいわぁ…これすっごいわぁぁっ!?」ペニスにめくりかえされながら、全身を赤ん坊への愛情に貫かれる
《Wat-cGM》 孕み袋にされた女達が必死に種付けをねだるというのがいったいどういうことなのか、それを理性を持ったまま体験してしまうという強烈な快楽
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひああぁぁっ!ひいぃぃんっ!おっき、あんた…うちのあそこ、ひろがっちゃあああぁぁっ…んんんんーーーーーーっ!!」巨大な丸太のようなさおが引き抜かれるにしたがって、未だかつて無いくらい膣肉が拡張をうけて引っ張り広げられ…「ひいぃっ…ふううぅぅっ…んふううぅぅっ…ひっふううぅっ!!!」苦痛を伴う大拡張をうけながら、全力の母性愛で強く強くいきんで…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ああああっ!!出るっ、でるううぅっ!生まれてまううぅぅっ……!!」ぐぐぐぐぐぐうううぅぅぅーーーーっ!!!みちみちみちいいぃぃっ…ぷぷっ!
《ルーシィ》 生み出す苦痛は母性愛とまざりあい、義務感にも似た愛情を刺激され「んぐううぅぅっ…産むううぅぅぅっ!!!」
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「はむっ!んぅぅっ…!♪皆のお産がこんなんだったら、ウチ、何人うんどったか、ひぅっふぅぅぅぅっ!!♪わからん、わぁ♪」もむむぅぅっ!!とるしママさんの下腹部が大きく形を歪めて、[ナターリア]「ひぁーーーーーっ!!あああーーーーっ!!!らめっ!ひゃめぇえーーーーっ!!?」【母ちゃん】「こわがらんと、ほらいきんで、な♪ひっひっ、ふぅぅぅぅ…って♪」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あっ…あっ…あああああぁぁーーーっ!!」ぶしゃあああぁぁっ!!三度起こる噴水!赤子を包んでいた汁とさんざん種付け快楽にとろけきった孕み袋メイデンの雌汁がまざりあいぶちまけられ、勢いよく逸物と一緒に赤子が飛び出していく。
《ルーシィ》 その淫らな噴水はあたりいちめんにとびちり、太陽光を反射して小さな虹を作るプリズムとなって降り注ぐ。
《Wat-cGM》 [ナターリア]「ふにっ!?ひふっ!!ひぃっ!?ひふぅぅぅぅーーーーーーーーっ!?」【母ちゃん】「んみっ……ふくっ…お、ほぉぉおぉおおっ!?♪」どばぁっ!!ぶっばぁぁっ!!後を追うように二人のおなかも赤子を吐き出してゆく、さらに周囲で同じように赤子の生まれ出る音、夫が果てる声が次々と響き渡って…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひぃ・・・ひふううぅぅっ・・・あかちゃ、あかちゃあぁ・・・ああぁぁっ・・・あああぁぁ・・・」赤ん坊に向けて手を伸ばすものの、下の本日4匹目の赤子を産み落とした雌穴は、ぽっかりと口を開けながらもひくひくとひくついて誘うようで・・・。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「んふふふふ、たまらんヨメじゃなおまえさんは…そらっ!!後ろにもまた孕ませたるワイっ♪」もっふりもっふりと頬ずりすると、赤ん坊を取り上げたペニスから ふぁふぁと泣く赤子をるしーさんの胸に移し、ずぬっ…ごぉん!と奥の奥までぴったりとハメこんでしまう
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あひぐんっ!ひああぁっ・・・あっ・・・あああぁぁっ・・・♪」つきこまれたお尻の中は先ほど種つけた先客がいるが・・・前を入れられていた間おあずけをくらいつづけた穴はそんな事おかまいなしに、むしろもっと子種を欲するようにバキュームみたく吸い付いてきて。「・・・あは・・・あ・・・♪」3匹の子供を胸に抱きながら・・・「・・・ん、んふふふ・・・。」ぎゅぎゅうぅっとほおずりして・・・。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ワシだけお前のことを独り占めしちゃぁシンボクが計れんからのぅ」むひー♪っと笑うと、そのまま立ち上がり、手近で一番ぶっとい肉棒の上へとルーシィさんの腰を座らせてゆくアジーさん、[ナターリア]「は…ぁ?ふぁ?」おもしろがって続くアジーの息子さんたちと、【母ちゃん】「あは♪アンタの旦那、面白いヒトだねぇ」へろへろのナタさんの子供にも乳をあげながら、るしパパさんに貫かれながらついてくるるしママさん
《Wat-cGM》 両足を抱え上げられ、後ろ穴を貫かれたまま、次々と部族の男、アジーの息子、果ては前を生やされた部族の女達にまで前穴を分け与えられてゆき…そのたびに絶頂が、排卵が、受精が無限ループのように続いてゆく
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひああぁぁんっ・・・んっんんんっ!!??」ぎゅぷうぎゅっぷううぅぅっ!!いきなりぶちこまれるぶっとい男に思わずすいついてしまい・・・「あっ・・・はあぁぁっ!?」いきなりの事にあぜんとしながら、しかし雌肉だけは初めてのオスをおいしそうにほおばってしまい。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふううぅっくんっ・・・あっ・・・らめ、らめああぁっ・・・ひああうぅっっ!!」いやいや言う本人とは対照的に、熟練のメイデンのミアスマと瘴気をたっぷりふくんだ柔らかい魔性の肉が、次々と吸い取って・・・「ひううぅぅんっ!!」
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 次のターン!!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 開幕は…18点かいふく、と…
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 では、そっちどぞ!
《ルーシィ》 20+20+6+8 フルスイング以下略!火属性!
《ルーシィ》 20+20+6+8+2d6
[kuda-dice] W14_Lucy -> 20+20+6+8+2D6 = 20+20+6+8+[2,3] = 59
《Wat-cGM》 ちょっと残ったよ!
《Wat-cGM》 あと5点!
《ルーシィ》 ならば・・・切り札をつかうか!
《ルーシィ》 反撃こーい!
《ルーシィ》 5点以上なら無条件で、《テイルオブスペード》だっ!
《Wat-cGM》 2d6+16+18 オーラブレイド+託卵で…さいごのこうげきー!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+16+18 = [3,3]+16+18 = 40
《Wat-cGM》 ふつう!30点!
《ルーシィ》 テイルオブスペード!
《ルーシィ》 10d6
[kuda-dice] W14_Lucy -> 10D6 = [4,5,1,2,4,2,3,6,4,1] = 32
《ルーシィ》 59HPになりつつ
《ルーシィ》 32純粋HPダメージ!
《Wat-cGM》 うし
《Wat-cGM》 …しんだよ!
《ルーシィ》 ・・・しんだか!
《Wat-cGM》 じゃぁ…最後のダメージのアクトどうぞ!
《ルーシィ》 アクトはえーっと・・・残ってない!
《ルーシィ》 <種つけの快楽>があるけど
《ルーシィ》 最後の最後のEDのシーンアクトに使いたいなっ!
《Wat-cGM》 む…まだシーンあるとな!?
《Wat-cGM》 じゃぁ最後はあんまりしなかったらぶえちフェードアウトかな
《ルーシィ》 ぶえち?
《Wat-cGM》 らぶえち?
《ルーシィ》 ですです!
《ルーシィ》 そのまえにちょっとだけ、えっと
《Wat-cGM》 じゃぁ…このターンは
《ルーシィ》 ・・) (聞く体制
《Wat-cGM》 けっこんしきの、宣誓とかしてゆきまするか
《ルーシィ》 あと、肉便器の最後で大量に孕まされた分の出産もっ
《Wat-cGM》 あ
《Wat-cGM》 1d6+2
[kuda-dice] Wat-cGM -> 1D6+2 = [5]+2 = 7
《Wat-cGM》 ダメージ7点ふやしておいてくださいな!
《ルーシィ》 52HP!
《Wat-cGM》 ラストは47ダメでする!
《ルーシィ》 託卵のバッステ分だめーじもらいます!
《ルーシィ》 3d6
[kuda-dice] W14_Lucy -> 3D6 = [5,6,5] = 16
《ルーシィ》 16匹おしりから産まされた、というほうこうで…!
《ルーシィ》 (あじーさんに
《ルーシィ》 36HPのこった!
《Wat-cGM》 む!託卵ダメージでもたりなかった…!!!
《Wat-cGM》 じゃぁ…けっこんしきの最後!
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 では、部族の女達は、るしーさんを筆頭に次々と子をもうけ、出産し、その度に幸福感と絶頂とで全身から汁を噴き出し、そして出産に体力の足りない娘達は、その腹の子を魔術で親に、姉に借り腹されて…部族の中の血は交わり、複雑に絡み合い
《Wat-cGM》 [女衆]「はひぁああっ!?またっ!!また産んに"ゃうぅっ!!またあかひゃん産んに"ゃうぅぅっ!!」「はむぅ…♪ルーシィ、お乳あまぁい…」 [村人達]「っむぅぅっ!!幾らでも注いでやるぜぇぇっ!!!」 [息子達]「むっふぉオオぅ!!この村の雌どもは…身体も強いし、さすがオヤジだァっ!(どぐどぐどぐぅぅっ!!)」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ひぐっ…んんんっ!あっ!!産まれっっ!!また産まれてまうううぅっ!!!」ぶしゃああっぁぁぁっ!!盛大に母乳霧をぶちまけてながら、おっぴろげた雌穴からごぶり、ごぶりと…新たな赤ん坊を産み落としていく。
《Wat-cGM》 やがて部族には赤子と、妻と、夫しか存在しなくなってゆく…。その中央で相変わらず強烈な突き上げと、その身体の強力な魅力で周囲を淫猥な空気で染め上げてゆくアジーさんとるしーさん
《ルーシィ》 アジーのいたずらによってこの場のほぼ全員の子を宿した挙句にその上からアジーの赤子を種付けされ、さらには体力の無い妹の子供まで託卵され・・・
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あんたっ…あんたあぁっ…あんたああぁぁっ♪♪」アジーのちんぽのささって無い穴から子供をひりだし、ささってる穴では次々と新たな命が宿されていく。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「っむっクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーーっ!!!」がっしぃぃっ!!何度目かもわからない放精、がっちりと両腕ごと腰を捉えたアジーさんんお両腕がるしーさんの腰に食い込み、固定された尻奥の奥まで、そして腰奥の奥までアジーさんの匂いが、白濁が埋め尽くしてゆく
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あひぐっ!そんなにだしったらっ…ひぐうううぅぅっ!!」ずるぶしゃああぁぁっ!!なんど破水しただろう、何度種つけされて何度赤子を産み落としただろう。いままでの出産経験をかるく越える出産回数を、この短時間で経験し…。
《ルーシィ》 ずぶるううぅっちゅ!!精液に押され、腹の中から飛び出すといった感じに近い出産。さらにその記録を更新していく。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「はぁ、フゥゥゥ……!全くワシもえらいヨメを見つけたもんじゃワイ、むひひ♪腰がおかしくなりかけとるのに全く止まらん、ふぉおっ!?る、ルーシィ少しは加減せんとワシ死んじまう…ぞっ!!」どぐぅっ♪男達のものを何周絞り上げて回ったのか、どろっどろになった浜辺の中心で二人はひたすらに腰を使い続けていって…
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はぁぁ…ルーシィ…ほら、見なさいよぉ…わ、わたくしの、旦那様だって、こんなに凄いのですから、はひぃんっ♪ねぇ…vv」すっかり淫乱顔が板についちゃったナの字さん、まだまだおっかなびっくりなところはあるものの、るしーさんに負けまいと一生懸命腰を振り、るしーさんのすぐ傍で周りの男達のペニスを頬張っていて
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あひっ…ふううぅっ…あはっ…だ、だってぇ…あんたがあんなことすっからぁ…。おなか、パンパンで…どんどんでてきて、んひゃああぁっ!!」ぶちゅっ、ぼとおおぉっ!!赤子を一匹産み落とすたびに、ぎゅうぎゅうぎっちゅうっとアジーに産む量を越える種付けを腰が強請ってしぼりあげてしまう。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「な、なっちゃん…あは…とろっとろにとけて…あはぁっ…。おねがいなっちゃん、次…うちの中に産んでくれへん…?」それは、赤ん坊を託してという意味で…。
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「あは♪若い子は元気ねぇ、ほらナっちゃん、ルーシィ、くっついてぇ♪」[ナターリア]「ひぁっ!?ら、らめぇっ!?おなかくっつけるのはまたへんになっちゃうからひゃめぇぇ!?♪」どこから持ち出してきたのかアジーさんのイビルアイでその光景を録画して回るるしママさん、るしパパさんと、一足先にリタイアして嬉しそうにビデオ係と化しています
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はぁっ……はぁあ……vvvルーシィ、私の子供ぉ…産んでぇ…そしたら、ルーシィの子も、私にまた産ませてぇ…」はむむぅ♪とるしーさんの全身の白濁を舐めながら、おなかをこすりつけてなついてくるナの字さん、これがツンデレというのもなのでしょうか…その時
《ルーシィ》 【ルーシィ】「あは、なっちゃんほらもっとよってぇ…んひいいぃっ!!!」ぶちゅううぅぅっ!!二人のお腹をくっつけあいながら、押された妊婦胎が破水と同時に出産してしまうルーシィ。「ええでぇ…ふたりでいーぱいいーっぱい…産もなぁ…♪」
《Wat-cGM》 【イルマ】「あーーーーーっ!!!こら泥棒ねこ!誰に断って奥様とおなかを…奥様とおなかをぉぉおっ!!!」【ラムゼー】「いやだからお前なぁ…」【傭兵隊長】「おおー♪旦那、姐さん、やっぱり派手にやってんなぁ」
《Wat-cGM》 大きな船に乗って、対岸に残したはずの夫婦に加えて、さらに大勢の人間が島にやってきます
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ほぉ、隊長じゃぁないか、ふむぅっ!!!」アジーさんの背が反り、腰にもう一度力が篭り…るしーさんにはアジーさんの強がりが伝わってくるようで
《ルーシィ》 【ルーシィ】「らむぜぇ・・・いるまぁ・・・♪」友人が心配してやってきたというのに、この雌牛ときたらちんこにしかほとんど見えず。「ちょうどよかったぁ、ほらここ、あいてるで?いまなら…この前の続き、できるんやないかぁ?」
《ルーシィ》 出産で広がった穴を見せ付けちゃったりしながら【ルーシィ】「あはぁあっ♪んんんっ…ふうぅっ…ふふ、あんたぁ…みんなのまえだから、がんばらなあかんなぁ…?」と、強がりも、まだいけるという宣言にしか感じられず。
《Wat-cGM》 【母ちゃん】「ルーシィちゃん、また大勢お友達つれてきたねー」【イルマ】「お義母様ですかっ!?わたくしっルーシィ奥様の旦那のひとりですわっ!言うならば第二婦人!」【ラムゼー】「あ…(///)ま、混ざっていいの…?」素直に服をはだけはじめるらむぜーさんと、るしママさんに駆け寄るいるまっさん
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ん、ええよ…♪なんなならせーれーちゃんと一緒に…前の穴に二本ざしってのもえぇなぁ?」けらけらけら、と何かタガの外れたルーシィ。しかしその表情はとても満足そうで・・・。
《Wat-cGM》 【隊長】「へへへ、旦那、前きちんとできなかった式の誓い、今度こそ逃がさずにすみそうだ」【尼僧】「ふふふー♪きちんと簡易式典用のセットも持ってまいりました」嬉しそうな二人組は、あれよあれよと言う間に周囲に蜀台や祭壇を作り上げてゆきます
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…別に前のは逃げたんやないで。目ぇさめたら…そっちが勝手に逃げてったっちゅーか…。」もそもそぶつぶつ「…今度こそ、満足させてくれるんやろな?」くぃ、とあじーさんのアゴを掴んで見上げ。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「む……!?ふぉ、わ、ワシは堅苦しいのは嫌いなんじゃが…む、」ごっつぅんっ!!ルーシィさんの腰にちょっとスネたような突き込み
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…んふぅっ…?どーしたん、あんた?」けらけらけら、と突きこみをうけて…精の夜にほろよいきぶん。腰をうがつ雄の感触によいしれ…「んふ…どーしたん?」と聞いて。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ええわい、誓いでもなんでもやってやるわい、どーせ神様じゃワシら魔族は管轄外じゃろうて…お前に誓うだけになりそうじゃがな」ぷいす、とそっぽを向きつつも、胡坐の上でどす、どす、と優しい突き込み
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ふふふ、嫉妬してるん?」ぽそ、と耳打ちし…。「…ねーねー、嫉妬してるん?」なーんて、後ろを向いてぎゅうぅっと抱きしめて。
《ルーシィ》 その声はやけに嬉しそうというか…飛び切りのおもちゃをみつけたような感じですらあって。
《Wat-cGM》 【ラムゼー】「じゃ、じゃぁ…僕は邪魔にならないように…騎乗位の下がいいかな」らむぜーさんもまたいつの間にか淫乱になっていたのか、そんな二人であってもるしーさんへの挿入を諦めるという気持ちは全く考えにも浮かばないようで…?
《ルーシィ》 【ルーシィ】「さぁーどーしよっかなぁ…この人次第…かなー?♪」クスクス、とすごーくやらしー笑みで、アジーあごの下をくりくりしちゃって。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふん!小僧!ええ度胸じゃ、ワシとちんこ比べと言うわけか?ええじゃろ、堂々とうけてたってやるわ!」るしーさんの腰を対面座位のまま持ち上げて、らむぜーさんの腰の上に落としてゆくアジーさん【アジャトカ】「(……しとる)」ぼそっ、と言ったのはさっきの質問へのお返事だったのでしょうか
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふぎゅうぅぅーーっ!?」ずぶっちゅううぅぅっ!!出産で広がった穴はアジーのでかちんこにはむしろちょうどいいくらいの緩さを維持しており…。久しぶりに雌の穴で夫を受けられた事が喜ばしくもあり…。「(なーんやぁ、あんだけあっちこっち分け与えといてぇー…ほんまに誰とねても気にせぇへんのかと思ったでー?)」
《Wat-cGM》 【イルマ】「あーーーっ!?ラムゼー!あなたっ!!ずるいずるいずるいっ!!」【母ちゃん】「あら、じゃぁ可愛い娘の旦那さん、私の胸とかでどうだい?」【イルマ】「∑ほぁ!?」 [ナターリア]「はぁぁ……ルーシィ…綺麗……はむちゅ」その間も、んもんもとるしーさんのお乳のぬめりを舐め上げてゆくナの字さん
《Wat-cGM》 夫婦の誓いを祝うかのように、周囲は再び淫猥な空気で満ちていって…
《ルーシィ》 滑らかに柔らかくちんこを抱擁する雌の感触は、誰よりも愛おしい相手を頬張れた事への喜びにみちあふれ…。
《Wat-cGM》 永遠を誓おうとする夫婦の周りにはずらりと肉棒、周囲からは乱暴な腰使いと荒い息遣い、時折上がる嬌声がBGMとなって二人を祝福します
《Wat-cGM》 【尼僧】「えい(ぢーっ)はも…んっ♪」進み出た尼僧は傭兵隊長の肉棒で一度喉の調子を整えて…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あーんた♪」やわらかく肉厚なくちびるがぶちゅ、という擬音に相応しい感触でアジーの頬に触れる。膣穴で男根を頬張ったまま、満足げにその首筋に抱きついて…。
《Wat-cGM》 【尼僧】「んふふ♪らぶらぶですね、お二人とも♪ えー、コホン」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むぅ…や、やめんか」もじもじと腰をおちつかなくするアジーさん、もちろんその微細な快楽電流もるしーさんの幸せを深めて行って
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ふふふ、やめなぁーい♪」ちゅむ、ちゅむ、ちゅっちゅー♪「んふふっ…ふううぅ…♪」愛情と区別の無い性感という極上の美酒にほろ酔いながら…幸せそうに夫に愛を表現しつづける
《Wat-cGM》 【尼僧】「えー、汝アジャトカ、この女ルーシィを妻とし、良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も、共にその身体を愉しみ、死が二人を分かつまで、妻を想い、妻のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ひぅっ!?(びびくっ)…ゴホン、む、誓う」
《Wat-cGM》 【尼僧】「えー、汝ルーシィ、この男アジャトカを夫とし、良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も、共にその身体を愉しみ、死が二人を分かつまで、夫を想い、夫のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」
《Wat-cGM》 応えるまえに、こっそりと邪魔でもするようにアジーさんがその腰を突き上げて
《ルーシィ》 【ルーシィ】「……」ちゅむ、と唇をアジーから離してから。「んふうぅっ…ん…バァカ…。」と、小さく言ってから、こつんとおでこを拳骨してからすぅっと深呼吸。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…誓います。」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「……(神様に誓うだけじゃ、不安かー?♪)」珍しく大真面目な顔で言ってから、こつんとほっぺをアジーにくっつけて、いつもの表情でひそひそ。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふん、こんな時くらい真面目にせぇ」くりっ!としかえしに腰を突き上げて、こっそりとカタチにはコダワるアジーさん、ちょっとせすじがぴんとしてたり、そういえば彼は呪術師でもありました
《Wat-cGM》 【尼僧】「では…、そちらの方々!この夫婦アジャトカ、ルーシィを祝福し、良き時も悪き時も…兎に角、末永く、共にその身体を愉しみ、二人の婚姻を祝福することを…神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」[村人達]「い!?」[息子達]「なんじゃ?」[女衆]「あはw」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…んふ、はいはい♪」ぎゅ、っと首筋に手を回しなおして。「………。」無言で、ぎゅっと抱きしめて「……あら?」と、なんだか予想だにしない文言が…。
《Wat-cGM》 [村人達]「誓う誓う!ルーシィー!また入れさせてくれぇ!」[息子達]「お?お?俺も入れていいのか?」[女衆]「あはは♪ルーシィ、また産みっこしよぉっ♪」わぁぁっ!!と二人に周囲の人々が殺到してきて…?
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ちょっちょ、えっちょっ…ちょっとおおぉーーっ!!??」えええっ、魔族の結婚て、結婚てーっ!?いいのアジー?って感じでそっちのほうをみるぞ!?
《Wat-cGM》 【尼僧】「さ、さ、ぱぁっ…っと楽しみましょう♪マティエラの教義は快楽と協調、魔族であろうと人族であろうと、女神の愛の前に分け隔てはありません、それは…貴女もおなじでしょう、メイデンさん…ようこそ、魔族と人族の婚姻の世界へ!♪」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「そ、そりゃあまぁ…で、でも…あの…!?」じぃ、とちょっとなんかいってよアジーって肩つかんでぶんぶんっと。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むっくっくっく……くく、むひひひ…♪なんだかよくわからんが……お前がうろたえた顔がみられたのならいい神に違いあるまい、気に入った♪幾らでも誓ってやるぞ…お前はワシの妻じゃ!ルーシィ、ワシはお前の夫、アジャトカじゃ、モンクある奴は…ペニスの太さで示してみぃ!!!♪」
《Wat-cGM》       どこづぅぅんっ!!!    強烈で、そして今日一番愛に満ちたつきこみがるしーさんの全身に響き渡ります
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ん、んもぅっ…さっきはあんなに嫉妬しとったのにぃっー…!」こ、こりゃだめだーって感じでがーっとなって「い、いっとくけどな?うちに入れてもええけど、旦那最優先やし…うちにいれたかったら嫁にアジー抱かれる覚悟が…」と、いろいろごたくをならべようとしたところで
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んひゃあぁぁぁぁんっ!?」その愛の溢れるつきこみにへにょんとなる身体、愛おしさをまだ十匹以上胎児のいる子宮で腰砕けになるほどに感じ、お尻のあながくぱあぁぁ…って、群がる人々の前に広げられる形になって…。
《Wat-cGM》 【ラムゼー】「んむっ…!!お…姉ちゃんん…っ!!!」もずぅっ!!と最初のつきこみがるしーさんのおしりを襲います、【イルマ】「あるっ!!!モンクあるっ!!!ひぁ!?義母様っ!?あんっ!私ちょっとあの猿に言って聞かせなきゃいけないこtはひぃん!?」遠くからはいるまっさんの悲鳴が
《Wat-cGM》 [ナターリア]「はぁっ………ルーシィ…いいな…ねぇ…キスしよ…?」[村人達]「デカ乳デカ乳」「おおっ…太腿だけですげぇっ……!」[息子達]「ふほぉぉっ!!!」[女衆]「ねね、ちんこはやす魔法なかったの貴方」[息子達]「んぁ?じゃぁ…イッパツやらせてくれたらかけてやる」
《ルーシィ》 【ルーシィ】「んひゅっ…んんんんっ…ふうぅぅ…もう、ばか、ばか…ばかぁっ!!」尻穴をラムゼーにほじくられると、うにょうにょぎゅうーとナマコみたいな生物的な肉壁がラムゼーの分身からしぼりとりにかかり「こーなったら、あんたが枯れるまで絞ってやるでっ…かくご、しときぃよっ…?」上目遣いに顔を見上げながら、むにむにっと玉袋をもみだして。
《Wat-cGM》 あっという間に周囲は幸せと姦しさに埋め尽くされてゆきます、魔族に住民の殆どを奪われていたはずの集落の、本当に久しぶりの大騒ぎ
《ルーシィ》 「んふううぅっ…ん、なっちゃんまるくなったなぁ…ん」ちゅむ…とほっぺにきすして…「あっこら、こらぁぁ…。」ぷっくりしたルーシィの全身の肉を突き刺す亀頭の感触に、へなへなっとなって…。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「むは♪なんじゃ大サービスじゃな、こんなんならもっと早く誓ってやればよかったわい♪」嬉しそうな声とともにどずんどずんずと突き上げがるしーさんを揺らし
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ばか、ばか…うちはずっと…ずーっと…。」はぁ、はぁっと荒い息をあげながら身体じゅうをちんこで挿されおしりをショタっ子にほじくられながら…。
《Wat-cGM》 あいかわらずの、圧倒するような太さのペニスが、いつもより少しだけ圧迫感を感じないのは、この幸せな宴の空気によるのでしょうか…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あんたの事が好きやったんやっ!初めてあったときからどーしよーもなくメロメロでっ…あの時だって、もちょっと押しとったらOKしたんやからっ!!ばかっ!ばかあぁぁっ…。」
《ルーシィ》 肉棒に囲まれながら全身全霊で愛しい人の子種をしぼりとろうと腰をくねらせ膣肉でしばりつけ、吸い付く子宮口はばきゅーむのようで…
《ルーシィ》 いっぱいいっぱいな気持ちでえっちーあいぶをしながら、胸いっぱいの気持ちを吐露してしまうのでした。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「最初は女の扱い荒かったし…そのくせ勝手にいなくなるし…やっと会ったと思ったら何も言わずに言っちゃうしっ…!」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ワシだって…最初…の次くらいからメロメロじゃったろうが…!ええいおかしなこと言いおって…ワシは最初ッから押せ押せじゃったろうがぁっ!!ワシが何年武者修行したとおもうとるんじゃっ!!」白濁のウェディングドレスを着せられたおよめさんをめちゃくちゃに突き犯しながら、アジーさんも大声でもっぎゅぅぅーーーっと抱きしめながら太い太いペニスを出し入れさせて
《ルーシィ》 【ルーシィ】「ほんと、ほんとばかばかぁっ……だいすき、だいすきぃっ……だいすきだからっ……!」ぎゅうぅっと強くしがみつくルーシィのむっちりした肉体。この大猿魔獣の太い太いおちんちんがたまらなく愛おしくって愛おしくって…。
《ルーシィ》 【ルーシィ】「だから、おねがいや…。操なんてたてられへんけど…でも…でもっ…!!」子宮がほしい、欲しいとうずいてしまう。こんなにも命を中に宿しているというのに、この人の子種でまだ孕みたいと身体が感じる。
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「他の女抱いとるときにお前の顔思い出してイく時の敗北感…魔族としてはだめだめじゃろが!!ふんぎぎぎ…けしからん尻しおってからにーーーっ!!!」二人してわめきながら、互いの身体は快楽の高みに駆け上がっていって…
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…うちだってうちだって…あんたがでかちんなせいで、なんどもあんたの事思い出してっ…ばか、ばかっ!!」欲しい、欲しい。大好きな人の赤ちゃんが産みたい。大好きな人の家族になりたい…。「うちが一番産む赤ちゃんの父親は、あんたがいいんやっ……あんたに、一番いっぱい孕ませてほしいんや、うちのことぉっ…!」
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「いくらでも…いくらでも出してやるわい…死ぬまでワシのちんこはお前のここが帰る場所じゃぁぁーーーーーっ!!!」どぐぐぐぐぅぅっ!!!
《Wat-cGM》 放精によって押し出されてきた先走りだけで脳が真っ赤になるような衝撃
《Wat-cGM》 その直後、本物の射精がるしーさんを襲って……………………………………………………
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…ひああぁぁっ…ああぁっ…ぁぁぁっ!!」先走りだけで妊娠してよがりくるってしまいそうな熱い感触。その直後に…。
《Wat-cGM》 どっぐぅぅぅぅうううううううううううううううううううううううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あっ、あっあああぁぁぁーーーーーーーっ!!!あんたああぁぁっ…あんたああぁぁぁーーーーっ!!!」魔猿の肉体にひっしとしがみつき、その規格外の大量射精を妊婦胎の中に受け止める。膨れ上がる胎、排卵を誘発される卵巣…すこしでもこぼしたくない、もっともっと受け止めたいと、瞬間的にがっちりと逸物が子宮口リングに固定され…!
《ルーシィ》 <種つけの快楽>いいですかっ!
《Wat-cGM》 【アジャトカ】「ふぬっ…グ、ウおおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」その吠え声のなかで、ルーシィと、るしーさんの名を呼んだのが聞こえて…
《Wat-cGM》 はいなー!
《ルーシィ》 1+2d6 目標値-達成値=赤ん坊の数(ぇ
[kuda-dice] W14_Lucy -> 1+2D6 = 1+[5,3] = 9
《Wat-cGM》 ∑
《ルーシィ》 目標値15だから…6つ子かっ(
《Wat-cGM》 王大人はらみかくにーん
《Wat-cGM》  
《ルーシィ》 【ルーシィ】「…あんたっ…あんたあぁっ…産むより多く孕ませて…いつでもうちのなかに…んんんっ!あんたの赤ちゃんが…いるように…。」
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》  
《Wat-cGM》 魔族の手で一度滅びかけた南方の牛人族の島は、こうして賑やかさを取り戻しました
《Wat-cGM》 その後あんまりにも子供が増えすぎ、慌てて周囲に拡大してゆくはめにはなったのですが…それはそれ、当人達はきっと喜んでいたことでしょう
《Wat-cGM》 これにて、牛族のメイデン、ルーシィ・バクワティの冒険は、一応の幕を下ろすのでした…
《Wat-cGM》 でした…
《Wat-cGM》 た…
《Wat-cGM》 た!
《Wat-cGM》  
《ルーシィ》 【ルーシィ】「産んだからには世話せんとねっ♪ま、愛しい苦労ってやっちゃ…♪」
《ルーシィ》  
《ルーシィ》  
《Wat-cGM》 じゃぁ…
《Wat-cGM》 ランドリューフ戦記-ある村の結婚式-
《Wat-cGM》 おわりおーわりー!
《Wat-cGM》  
《ルーシィ》 おつかれさまああぁぁぁーーーー!
《Wat-cGM》 おつかれさましたすー
《ルーシィ》 なんかもー、なんかもー
《ルーシィ》 幸せ一杯なおしまいでした…(えへへぱたりんちょ)
《Wat-cGM》 めっふめっふ
《Wat-cGM》 よかったよかった!
《Wat-cGM》 >しあわせ