【スクレ】「スクレのチキチキ罠講座!はじまるよ!」
【ゆずき】 おー
【秋春】 わーわー(にぎやかし
【ゆずき】 CVがかないみかで再生されちゃった
【カワシマン】 (ぴゅーぴゅー紙テープ飛ばし
【スクレ】「罠を作るときに大事な事は、どんな事をしたいかって目的なんだよ。ダメージを与えたいのか、バステを与えたいのか、大きく分けてその二つだよね。」
【ゆずき】 今回作りたいのだと、バステ与えたいっすー
【弥生】 でも両方聞いてみておきたいですー
【ゆずき】 淫毒or尿意
【スクレ】「じゃあそれを踏まえて罠の事を考えてみるね。罠には3つの能力値があります!【耐久】【攻撃】【特殊】の3つです。一番簡単に決まる特殊から考えるね。」
【ゆずき】 特殊…
【ゆずき】 (とりあえずルークで1個作りつつ
【スクレ】「淫毒または尿意を与える能力は、どちらも特殊点5点だよね。両方を同時に与えるのは大変なので、どっちかにするよ。これで特殊点が決まって5になったよ。」。」
【スクレ】「罠のランクは最後に決めるといいよ!」
【ゆずき】 あ、はーい。
【ゆずき】 淫毒、と。特殊が5
【和葉】 うむ、聞きたい聞きたい。
【スクレ】「次に攻撃力を決めるね。攻撃力は、ずばり相手の防御力との相談だよ。たとえばシールドで10点止める子を相手にするなら、期待値で25点くらいあると一撃で防御を一か所剥げるよね。」
【秋春】 なるほど、ランクは後で決めるのはアリか……(めもめも
【スクレ】「相手の防具が決まってたら、よりはっきり分かるよ。初めのうちは一撃で剥げるようにしておくと簡単。」
【ゆずき】 えっとバッステ”だけ”与えたいなら攻撃力は0?
【スクレ】「もちろんそうだよ。その場合は《浸透》って特殊能力をつけるといいよ!」
【スクレ】「特殊がー2されるから、例だと3点の特殊点ですむよ。」
【ゆずき】 おお、発見
【スクレ】「これで、【攻撃】0【特殊】3って決まったよ。最後に【耐久】を決めるね。」
【ゆずき】 はいなー
【スクレ】「催淫を一回だけ付けたければ、一発で突破されないTPになればいいよ。普通は20点あるとあまり突破されないよ。」
【ゆずき】 ん、じゃあ20…で。
【スクレ】「ここでランクを考えるね。ポーンでつくるとTPが元から10あるよ。能力点は5だけどすでに3使ってるので、あまりは2点。これをTPに入れても14にしかならないよ。
【スクレ】「ルークでつくるとTPがはじめから20あるから、これで目的は達成だね。能力点は10あるけど、3しか使わないので7余ってるね。」
【ゆずき】 ポーンだと足りない、のね
【スクレ】「あまった点は余らせてもいいし、尿意をつけても5点だから、それでもいいよ!」
【ゆずき】 ではルーク……と
【ゆずき】 大型が6なのね
【ゆずき】 特殊9…で計算あってますかー?
【スクレ】「そうすると、一度に大勢を攻撃できるけど、2人にいっぺんに突破されるから、TP20だと足りないかも。」
【ゆずき】 あら
【スクレ】「あってるよ。9でいいよ!」
【ゆずき】 二人いると突破判定は合計値になっちゃう?
【Ainsel】 さっきの例、ポーンで《使い捨て》だとTP18かぁ(、、
【Ainsel】 この場合、相手次第でギリギリ合格点?
【スクレ】「2人だと、そうなるよ!」
【ゆずき】 ナイトで30点、これでどうだっ
【スクレ】「ナイトだと、TPの基礎も増えるし、能力も25に激増するから、余裕だよ。
【ゆずき】 じゃあこれで考えちゃいますさー
【スクレ】「最後に、突破能力値を決めてね。これは罠のイメージに合わせるといいよ!」
【ゆずき】 イメージは霧だから……どうなんだろ。魔力か体力かな
【スクレ】「エインセルさんも言ってるけど、《使い捨て》とか、突破に仕える能力を2つにする事で、能力ポイントを増やすやり方もあるよ。」
【スクレ】「息を止めて耐えるなら体力、バリアとかミアスマの守りで堪えるなら魔力って感じだよね。」
【ゆずき】 うんうん
【スクレ】「とりあえず作ってみて、それからだんだん効率的な罠にするといいよ!でも効率的じゃないほうが経験点が増えるからPLは嬉しいんだよw。」
【ゆずき】 特殊点 9 《浸透》《淫毒》《大型》
【ゆずき】 TP(耐久)30  対抗能力:体力or魔力
【ゆずき】 今がこんな感じ
【スクレ】「対抗能力値が二個だと、さらに能力点に仕える分が増えるよ。だからすごくポイントが余ってるね
【スクレ】「念のため、耐久40にしておいてもいいかも。」
【ゆずき】 どれくらいあまるのかな……耐久40で、残りが9?
【カワシマン】 せんせー、質問でーす。アクトを使わせるためのバッステ系罠はそれなりに丈夫なほうがいいですか?
【スクレ】「PLにぶっちゃけアクト罠だよ!って教えれば頑丈じゃなくてもいいよw」
【ゆずき】 ぶっちゃけた(笑
【スクレ】「そうだね、あまりは9点だよ。
【ゆずき】 特殊点 9 《浸透》《淫毒》《大型》
【ゆずき】 TP(耐久)40  対抗能力:体力or魔力 残り9点
【ゆずき】 で、これに耐久してもらう場合…達成値はおいくつに?
【カワシマン】 つまりその一撃のためだけなら使い捨てようが良いって事だねせんせー!
【スクレ】「尿意も付けちゃっていいかもね!」
【スクレ】「耐久にしてもらうってのはどういう事?」
【ゆずき】 付けたしっ
【ゆずき】 実際にこれを使ってヒロインに対抗してもらう場合~
【ゆずき】 数字いくつくらいで……て、ああ、それ突破させるのが耐久値?
【スクレ】「だよ~。なのでなかなか突破できないよ
【ゆずき】 なかなか強い罠に……っ
【スクレ】「後、突破されない限り,毎ラウンドの最後に催淫が付くよ。聖水とかで回復してもまたなるので面白いよ。」
【ゆずき】 これで完成…かな?
【ゆずき】 あ、それは面白そう(笑
【スクレ】「格好いい名前と、外見をつけてあげると完成だね!」
【ゆずき】 名前がむずかしー……(笑
【カワシマン】 ピンク色の霧!・・・サキュバスミスト!
【カワシマン】 こんなかんじ?(ころころ
【ゆずき】 オーソドックスに深緑の霧でいっか
【スクレ】「いいよね! でも実際は名前は何でもいいんだよ。『未亡人調教:屋内編』とかつけてる人もいるしね。」
【スクレ】「後は、相手の突破能力を計算すると、TPがいくつ必要とかわかるので、その辺は工夫してみてね
【ゆずき】 ところで大型だと、モンスターもバッステかかっちゃう?
【スクレ】「それは大丈夫だよ。本来モンスターはバステが利かないんだよ。」
【ゆずき】 なるほどー、ありがとでしたっ
【ゆずき】 これで罠が作れるようになたー
【スクレ】「よかったよ!!よかったよ。バンバンメイデンを罠にかけてネッ! まったね~~」 ノシシ
【ゆずき】 がんばる~
【ゲゴゴ】「そこでげごがわなに掛かってるのに誰も突っ込んでくれねーげご」矢ブスマにされている
【クルーレ】「あら、ゲゴゴ……それは大変ね。お手当しましょうか。ほら、いらっしゃい。(ぶちり」 長い蛇舌で唇を舐めて
【ゲゴゴ】「いやー、くーわーれるーげーごー」
【ゲゴゴ】「アーーーーーッ」
【弥生】 なむなむ・・・
【魔星K】 なむなむ
【魔星K】 げごご、むちゃしやがって・・・ (夜空にあばよなげごごに敬礼、そして三秒で忘れる