(Wat-cGM) -アナウンス-
(Wat-cGM) これからヒロインさんが銃でうたれたりするセッションをするよ
(Wat-cGM) 一応瘴気の弾丸なので血はでないよ
(Wat-cGM) 暴力描写てきなものだとおもってね!
(Wat-cGM) ニガテなひとはチャンネルを閉じ閉じすると幸せかと思います
(Wat-cGM) -アナウンスおわり-
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) HC Advanced -Reconquest-
(Wat-cGM) はじまりはじまりー
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(W06_tihay) 【千早】「・・・当麻、千早・・・ヒロインとしての名前は、「退魔乃拳刃刃」・・博倉学園高等部二年・・・当麻流組打術師範代・・・」
(W06_tihay) 【千早】「そんな名前や説明を幾つ連ねても、もう、俺がそれだ、とは、どれに対しても胸を張って言えるような状況じゃないけどな・・・」
(W06_tihay) 【千早】「穢れきって、その穢れ全部、救掌に知られて、好きだ、ってことまで、一度に伝わって、一体、俺、アイツに、どうしたら。その挙句、ダークヒロインの庚に動かされて、「呟くハイエナ」と戦うにも、こんな、開発されきった体で、どこまで、何が出来る・・・」
(W06_tihay) 硬質だが美しい黒髪の、鋭く猛々しい美少女・・・その成れの果て。変身すれば紫のオーラはそのままでも装束は過剰な露出度のセーラー服となり、大きすぎる胸にマゾを秘めた肢体は開発されきった母乳雌牛状態。それでも辛うじて、約束と思いとで、戦意をつないでいるが・・・。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 【千早】「庚、ぇえっ・・・!?えうっ!?ひゃうあっ・・・!?」
(Wat-cGM) 【??】「あ、ああ…千早…ちは、やぁ…」どこかにある暗闇の中で、巨大な兵士の胡坐の上で艶かしい声を上げさせられている少年が居る【??】「ふふふ…どうしました?さぁ恋人と一緒に果ててはどうです?お前を貫いている肉棒はこの軍団でも一番のもの、さぞ堪らないでしょう……」
(Wat-cGM) くすくすと笑う無機的な声、【??】「はぁっ………ああっ!!やだぁっ……僕も、僕ももうっ……!!千早……っ!!ちはやぁぁぁ……」巨漢の腰が激しくなり、映像のなかの少女の喘ぎに合わせて少年の越えも切なくなってゆく
(Wat-cGM) 【千早】「えふぅううううううっ、あ、ア、凄い、庚のも、凄、ぁああああああ!?」
(Wat-cGM) しかし映像の中の少女が求める名は彼の名ではない、【??】「あああっ!!ああっ!!軍曹……やだぁっ!!もう……もうゆるしてっ…!!もう……んむぅっ……」悲痛な声を上げる少年も、少女に助けを求めることはできない…彼女はこの場にいないのだから
(Wat-cGM) 【庚】「ああっ!!千早っ!!いっぱい注いであげるっ!!めちゃくちゃにしてあげるっ!!だから…だからっ……!!」
(Wat-cGM) 【救掌】「やめ…ろぉ………やめろよぉぉ………はぁっ!!はぁっ!!僕っもうぅ……!!」映像に写るのは少女を抱く少年ではない存在、少年の体をゆらりと黒い魔力が覆ってゆく、アナルをくじる肉棒が恋しい、画面の中で喘ぐ少女が恋しい、その両方を得るには、誰を倒せばよいのだろう
(Wat-cGM) 【千早】「えふぅううううううっ、あ、ア、凄い、庚のも、凄、ぁああああああ!?」 【庚】「っあ…っ!んひぁっ!!はっ!!はっ!!♪千早っ!!千早っ……!!千早千早千早千早あぁっ……………!!!」
(Wat-cGM) 【救掌】「あああっ………!!!うあああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」少年の絶叫が闇の中に木霊する【??】「ふふ…幸せそうではありませんか…救掌、それに引き換えあなたは…ペニスを封じられ、達することさえ許されない」闇が救掌の心に手を伸ばし…「さぁ、貴方の心、頂きます…彼女を手に入れるため、私が貴方の力になりましょう…」
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) あの後、千早さん達はハイエナ達との戦いのために"準備"をするということになりました、快楽に耐えるため、性的なものに耐える心を作るため…激しい"準備"、1週間近いその準備は激しいもので……最後の日となる今日、千早さんは何度目かもわからない気絶から目を覚ましたのでした
(Wat-cGM) 周囲には夥しい●●が飛び散り絨毯を汚しています、カミソリ、バリカン、●●、●●、●●、ありとあらゆる凶器が置かれ、千早さんの心を恐怖で満たします。目が覚めたのは腰奥の鈍痛から…そう、ペニ□を見ても、それを突きこまれたときの快楽よりも激痛を思い出すようになれば私達は戦える
(Wat-cGM) そう目を狂気に満たして語った庚さんの言葉によって、千早さんと庚さんは、庚さんの弟妹によって壮絶な責めを3日3晩受け続けていたのです
(Wat-cGM) [辛]「おはよう、千早さん、気分はどう?」にっこりと微笑んで覗き込んでくる少年[水乃]「ふふ、ヒロインでなかったらもうアソコ、こわれちゃいますね♪」
(W06_tihay) 【千早】「ひぁ、ぐっ・・・!?」目を覚ました瞬間、自分が何者であるか認識する前に弟妹の姿が視界に入り、思わず悲鳴と共に身じろぎして・・・嬲りぬかれた肢体が痛みの残滓を感じてわなないて。
(W06_tihay) 【千早】「ぐっ、くっ・・・」痛みで正気に返り、悲鳴を上げる己の無様さに苦虫を噛んで・・・
(W06_tihay) 【千早】「いい訳、無いだろ・・・」そう呟くが、それでも、痛みや恐怖、己のふがいなさへの憤りが、快楽より先に出たことに気づいて
(W06_tihay) 【千早】「・・・少しは、『壊れ具合』が変わったみたいだけどな。」壊れかけの体と心であることは違いないが・・・淫らな熱で蕩けっぱなしよりは、まだ動ける筈。そう認識して、そう答えます。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【庚】「う…?あっ!!ひ? ……はぁっ……はぁっ……は、あ、ああ…、千早……」対面に、肩幅に股を開いて座らされた庚さんもまた目を覚まします、脂汗をびっちりと浮かべ、●●に▲▲を●された彼女の股間のものもまたぬぐいきれない恐怖に萎えています
(Wat-cGM) 【庚】「あ、ははは……いいわ……!あいつらにされたこと、全部流れ出ていったみたいな気持ち……!!あいつらがおかしなこと言っても、これだけやれば私の身体が思い出すのはこの痛み……ふふふ………!!殺してやれる……あいつらみんななぎ倒して、私は前の生活に戻るんだ……!」熱の篭った声で呟き
(Wat-cGM) 【庚】「ね?千早」危うさの篭った信頼の視線が千早さんになげかけられるのです
(Wat-cGM) ▽
(Wat-cGM) ※庚さんはDヒロインからヒロインに戻ったので無害です
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「・・・」その視線の信頼には答えたいと思うが、その視線の危うさは、どこか突き刺さるようで。
(W06_tihay) 【千早】「あ、ああ・・・」そうだといいな、と、何とかまともに戻った思考回路の一部はそう答えるが・・・救掌のことを思う一部は、果たしてそうだろうか、と思うところもあり。
(W06_tihay) 【千早】「・・・兎に角、どの道・・・」どの道、あいつら、「呟くハイエナ」とそれを支配する戦わないわけには行かない。連中は追ってくるだろうし、こちらも取り戻したいものがあって。
(W06_tihay) ・・・そして、今はまだ堕ちてはいないのだから。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【ロイドジョージ】「ぉーぉー、ひでぇなこりゃ…」そこに軽い口調とともに足音が入ってきます、軍団を裏切り、二人のヒロインが脱出するのを助けた魔族兵士「突入する段取りは大体そろったぜ?俺と、俺の女どもが陽動、お前らが突入、まぁ簡単なもんだが間違っちゃいねえはずだ」
(Wat-cGM) 【ロイドジョージ】「お前らが隊をぶっ潰して俺はつまらねぇ任務と規律の生活ともおさらば、晴れてお前らを自由に襲えるって訳だ」【庚】「ふん、好きにしなさい」二人は軽口を交わし
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「・・・つくづく、お前は・・・」ロイドジョージの、あるいみ魔族以上に衝動と欲望に忠実な「手助けの理由」に、あきれ果てるが。「・・・俺も、似たようなもん、か。」
(W06_tihay) 自分を今ココにつなぎとめている理由というのも、ヒロインとしての正義の念ではなく、誰かを欲する思いと何故か捨てられない人間関係。そう、えばれるほどのものでもない、と思い。
(W06_tihay) 【千早】「・・・分かってる、やるさ・・・どこまで出来るかは、正直わからない、がな・・・」その作戦を了承する。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) そして、突入の日……そういえば千早も、そして恐らくすくーなさんもここしばらく学校へ足を運んではいません、庚さんは言わずもがなでしょう、闇目が利くという軍団との戦いに不利を得ないために突入は昼日中、千早さんたちとは無関係な平和な日常が博倉市の郊外の廃倉庫を囲んでいるのです
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 【ロイドジョージ】「ゲラゲラゲラゲラゲラ!!!!ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲゲラゲラゲラゲラゲラ!!!!!!!!」ががががががががが!!!千早さんたちの潜む用水路に、突入を開始したロイドジョージ達の立てる派手な騒音が響きます[兵士達]『なんだぁロイドジョージ!!手前のおかげで俺たちがイライラしてたってのが分かってんのかコラァ!!!』『殺せ!!ありったけぶち込め!!』『奴の女だ!!!奪え!!!殺せェェ!』
(Wat-cGM) 敷地の結界を越えた先は以前の単純なトラックヤードとは比べ物にならない広大さを持ち、深い防御陣を備えた強靭な要塞の体を備えていました、ロイドジョージから散発的に届く通信にも小さな焦りが見られます、かのえさんとちひゃーさんの目の前にも機関銃陣地が二つ、それを越えねば倉庫内に突入することすら敵いません
(Wat-cGM) 【庚】「なんでこんな…前はもっと馬鹿が作ったようなアジトだった癖に……!!」
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「頭が変わったからか、あの魔族に!」正気を保って戦線に立つ千早も、正気だからこそその戦場の有様に歯噛みする。
(W06_tihay) アレだけ勝手で、今も獣のように荒れ狂っているロイドジョージが、それでも心配なのは、染まりかけているのか、優しさのせいなのか。
(W06_tihay) 【千早】「兎に角、突破するしかねえだろっ!」固めて飛び込んで叩く、それに意識を集中し変身後の武器であり防具であるオーラを昂ぶらせる。ヒロインらしさを思い出したように、焦る庚を率先してリードし、敵陣を突破しようとする。
*Wat-cGAME topic : [屑兵士(6)屑兵士(6)][機関銃陣地(4)][][千早,庚][][機関銃陣地(4)][屑兵士(6)屑兵士(6)]
(W06_tihay) 【千早】(率いているのはあの魔族、アイツを倒せばそれで終わり、それで・・・!)懸命にそう心の中で自己暗示をかけ・・・(大丈夫、通さなければ大丈夫、撃たれても乱れ狂うほど深くなければ、きっと・・・!)
(W06_tihay) と、自分をごまかしながらのはかない凛々しさだが、それでも、体に力をみなぎらせる・・・。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) では…戦闘ターンに突入するす!
(Wat-cGM) 配置の右半分はかのーえさんが受け持つので、おきになさらず!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 開幕はそちらありますかな?
(W06_tihay) 無いですっ。
(Wat-cGM) イニシア6か、じゃぁ庚さんが最初!二人にフレイムエンチャント!
(W06_tihay) 貰いまして、こちらの行動ですかな。
(Wat-cGM) 1d6+炎属性をどうぞす
(W06_tihay) おおっ。どうもっ。
*Wat-cGAME topic : [屑兵士(6)屑兵士(6)][機関銃陣地(4)][][千早][庚][機関銃陣地(4)][屑兵士(6)屑兵士(6)]
(Wat-cGM) で、同じところに居るといっぺんに撃たれるので前進
(Wat-cGM) そちらどうぞ!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) ちなみに陣地はマスタゲ持ちなのですが、意味無くなりました
(W06_tihay) 【千早】「うぁ、あっ・・・!?」ずくんっ、と体が周囲に漂う瘴気に疼いて、動きが遅くなる。
(W06_tihay) そのまま倒れ込んで淫らに身を任せたいという衝動が一瞬沸き起こるが
(W06_tihay) 【千早】「ぐっ、っ・・・!」同時に両手に宿る、庚から注ぎ込まれる炎の魔力。それとあわせてのここ一週間のトラウマのフラッシュバックが、辛うじて意識を支えて・・・
(W06_tihay) そういう演出で能動でヘビーアタック、エンチャントの効果も乗っけて、機関銃陣地を殴る!
(W06_tihay) 8+4+3d6 炎属性
(kuda-dice) W06_tihay -> 8+4+3D6 = 8+4+[1,5,6] = 24
(Wat-cGM) 千早の前に居を構える機関銃陣地の防御装置は服を奪われ、拘束され、猿轡をされ、目隠しをされた女達。張り型で今も責めさいなまれる女達は、いつ来るとも知れない瘴気のナイフに怯え、全身の神経を張り詰めさせていた。その女達が、千早の吐いた小さな呻きと、乱れた足音に過敏に反応する
(Wat-cGM) [女達]「(びくうっ!!)ウーーーー!!!」「うううゥゥゥウウウッ!!!」「うんっ………うんんんーーーっ!!!」
(Wat-cGM) [屑兵士]「こっちにもきやがったか…あ……?」「ごぁっ!!?」
(W06_tihay) 【千早】「っ・・・クソっ、たれども!!」一瞬ずくんと女の芯が疼くのを、怒りの方向でごまかして
(W06_tihay) 陣の手前で腕を大きくからぶるように見せて・・・オーラだけを飛ばし、女達を透過して機銃手たちにオーラをぶつける!
(Wat-cGM) 防御点は2点、22点もらいました!
(Wat-cGM) 半分くらいへったよ!(陣地だけあって巨&タフネス持ち
(W06_tihay) 承知!>半分くらい
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) じゃぁ…兵士のばん!
(Wat-cGM) [屑兵士]『おい…………』『………………ははっ♪』そんな千早さんの猛攻に、陣地の奥に立ちライフルを携えた兵士達が初めは呆気にとられたように、そして心の底から嬉しそうに笑います
(Wat-cGM) [屑兵士]『おい…!見ろチハヤだ!』『……ははっ♪言ったろ?ロイドジョージの租チンじゃアイツは満足しねぇって』『チハヤだ!戻ってきたぞ!!!』『じゃぁあっちはカノエか?』
(Wat-cGM) 2d6+7 おーいこっちだ!チハヤー!俺だ!結婚してクレー!!ばか俺に会いにきたんだって!! 七毒ライフル!
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+7 = [2,4]+7 = 13
(Wat-cGM) 2d6+7 もいっちょ!
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+7 = [2,1]+7 = 10
(Wat-cGM) 慰問施設の到来を見た兵士のように、子供のようにはしゃぎ…ライフルを向け、火線を向ける!
(W06_tihay) ガーディングを2回っ。
(Wat-cGM) 10点は…一応通るのか
(W06_tihay) 13-8=5、10-8=2、胸APと他APで受けて11/14/2、
(W06_tihay) アクトとBSは、えっと、1発目の攻撃で<射乳>してBS催淫、二発目の攻撃でBS爆乳を受けますっ。
(Wat-cGM) 兵士達の股間がかつて抱いた女の味を思って前を張らせる、ヒロインの帰還がすなわち自分達の蹂躙を受け入れるためだと、欠片も疑わずにナイフを抜き、ライフルのトリガーを引き絞る
(Wat-cGM) はいさ!あいからず硬いな千早さん!アクトいただきました!
(Wat-cGM) それと陣地が魔淫の宴を宣言!
(Wat-cGM) 2d6+6 えい
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+6 = [2,1]+6 = 9
(Wat-cGM) あら低い、回避どうぞ!
(W06_tihay) 知力判定でしたよね、ふむ・・・
(W06_tihay) 3d6+2 MP3消費、ガッツで判定っ
(kuda-dice) W06_tihay -> 3D6+2 = [2,2,2]+2 = 8
(W06_tihay) ぎゃふんっ!?
(Wat-cGM) Σでは催淫どうぞ!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(W06_tihay) 了解っ。描写は、一通り戦闘処理が済んでからで・・。
(W06_tihay) うーむ、手持ち全CPと魔法突っ込んで、出目が期待値より2下までなら陣地を崩せるか・・・。
(Wat-cGM) 4dだとそれなりに再頻値に寄りやすくはありますが、むつかしいとこですな
(W06_tihay) 失敗するとなんとも切ないことになるが・・・
(W06_tihay) ええい、やらんでもたぶんジリ貧だ。やって、みるか!
(Wat-cGM) 討ち漏らした場合、陣地の攻撃力は2d6+6でする兵士が2d6+10なので、突破に賭けるのはわるくはないかと…!
(W06_tihay) あ、計算値間違えてた。
(Wat-cGM) ほ
(W06_tihay) 期待値を0.5下回ってもダメなんだ・・・
(W06_tihay) (状況が悪化した)
(Wat-cGM) 気分的にはほぼ5分5分ですな
(W06_tihay) です・・・だが、いざとなったら、セービングレイスがある。
(Wat-cGM) おお
(W06_tihay) なので、いってみる!
(W06_tihay) 12+5d6 BS爆乳状態はこの場合無関係、武器+ヘビーアタックで固定値12、エンチャント・BS催解除・ガッツで。
(kuda-dice) W06_tihay -> 12+5D6 = 12+[6,3,6,5] = 32
(W06_tihay) 出目良かった!
(Wat-cGM) あ、越えた
(Wat-cGM) 30点くらって…陣地の兵士達はかたはしから地面になぎたおされるよ!
(W06_tihay) これでMPいっきに8消費して残り4、防御魔法は1回使用可能、てとこある。
*Wat-cGAME topic : [屑兵士(6)屑兵士(6)][][千早][][庚][機関銃陣地(4)][屑兵士(6)]
(Wat-cGM) じゃぁこっちのばん!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 2d6+10 ダメージ重視ライフル!
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+10 = [4,5]+10 = 19
(Wat-cGM) 2d6+10 ダメージ重視ライフル!
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+10 = [2,6]+10 = 18
(Wat-cGM) やられる前にせめて部位二枚ははぎたい…!!
(W06_tihay) 1発目を他APで受けて他AP0、2発目をガーディングして腰APで受けて
(W06_tihay) 18-8=10で、11/4/0
(W06_tihay) 残念、2個残った
(Wat-cGM) つぎでいきのこれば!
(Wat-cGM) アクトはありますかな?
(W06_tihay) なしで!
(Wat-cGM) じゃぁ次のターン!そっちどうぞ!
(W06_tihay) 4+5d6(MP9消費)の範囲攻撃・・・だと、CP2乗せても期待値で24.5、到底倒せそうにないから
(W06_tihay) 単体攻撃で12+5d6(MP8消費)で期待値29.5、防御2考えて期待値ぎりぎりの・・・
(Wat-cGM) すぽんさんが今日はギリギリまで踏み込むデッキだ
(W06_tihay) 基本いつも全力さねっ
(W06_tihay) ラッキーヒットとセービンググレイスにかけて、これで攻撃っ!
(W06_tihay) 12+5d6
(kuda-dice) W06_tihay -> 12+5D6 = 12+[1,4,4,3,3] = 27
(W06_tihay) ぐ、ちょっと足りないっ・・・
(Wat-cGM) 2点残るよ!
(W06_tihay) 12+5d6 セービンググレイスっ!
(kuda-dice) W06_tihay -> 12+5D6 = 12+[5,2,5,5,6] = 35
(Wat-cGM) Σでか
(W06_tihay) 手持ちCP2点のうち1点使って、出目変更!
*Wat-cGAME topic : [屑兵士(6)][][千早][][庚][機関銃陣地(4)][]
(Wat-cGM) しんだ!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) こっちの反撃!
(Wat-cGM) 2d6+10 残ってたら片方前進しようとおもってたのに!
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+10 = [2,1]+10 = 13
(Wat-cGM) Σへぼい
(Wat-cGM) グレイスどうぞ!(しません
(W06_tihay) しませんよw
(W06_tihay) ガーディングして-8、5点ダメージ、胸で受けて6/4/0、
(Wat-cGM) アクトありますか!
(W06_tihay) AP残ったΣ
(W06_tihay) アクト無し!(使えるもんがねぇw)
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 次のターン!
(Wat-cGM)   
(Wat-cGM) そっちどうぞ!
(W06_tihay) 攻撃、さっき同じコンボ!
(W06_tihay) 12+5d6
(kuda-dice) W06_tihay -> 12+5D6 = 12+[5,6,2,1,4] = 30
(Wat-cGM) ΣHPあと2点あれば…!
*Wat-cGAME topic : [][][千早][][庚][機関銃陣地(4)][]
(Wat-cGM) しんだ!
(Wat-cGM) では、描写を・・・!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) ばきききききき、ぱちゅちゅちゅちゅ、千早さんの周囲で銃弾がアスファルトや鉄骨を穿ち、[人間の盾]「ひ、ひもぐぅぅーーーーー!!」「んっ!んっ!!んんんんーーーーーっ!!!」流れ弾に当たった周囲の女達が目隠しの奥から涙を振り乱して悶えます、地面や要壁にびっしりとくくりつけられた女達は壁を蹴っての跳躍移動を得意とする千早の移動をことごとく妨害し
(Wat-cGM) 快楽を苦痛で塗りつぶしたはずのちはやさんの腰の奥にせつせつと何かを呼びかけてくる。今踏んだ女性の腰に書かれた数字は45、それだけの快楽を、この女性はあの兵士達にそそがれてきたのです
(Wat-cGM) ↓Go
(W06_tihay) 【千早】(んふぅう、くっぅうう・・・!)オーラの盾で弾雨を防ぎながら、足場を潰された戦場を普段の突撃から比べればのろのろとした速度でしか進めない千早。
(W06_tihay) 【千早】「は、んんんっ・・・!?」喘ぎまくる周囲の女の声、防ぎきれず徐々にちぎれ、露出度を更に上げていく恥ずかしいコスチューム。
(W06_tihay) じわ・・・
(W06_tihay) 衝撃に煽られるコスチュームの中の魔乳はゆさゆさと震え・・・止められない体質になった、溢れる母乳を滲ませていく・・・
(W06_tihay) 封じた筈の快楽が、心を塗らすのを表すように。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) [屑兵士]『畜生あいからずいい乳してやがる…右だ!右へ回りこめ!!』『チハヤー!こっちだ!俺がまたこいつでヒィヒィ言わせてやるからよぉ!(ガガガガガ)』『へへへ………チハヤだ、柄にもなく女絶ちしておいて正解だったぜ』そしてそんなちひゃーさんを追い詰める男達はとり逃したと思っていたチハヤの襲撃に、隠すことなく喜びを表したまま襲い掛かってくる
(Wat-cGM) [屑兵士]『アーヴィンだ、覚えてるか?お前の乳首、散々嬲ってやったよな…ヒヒ、嬉しいぜ…帰ってきてくれるなんてよ、カノエが浚っていってそのままかと思ってたぜ……!!』ナイフを使い、銃弾を使い、兵士達は的確に千早を嬲られるままの雌に戻してゆく【庚】「あははははっあははははっ……あはははははははははは!!!マジカルシャイン………スプレッド!!」背後では庚がもみくちゃにされながら強烈な聖なる光で兵士達を焼き焦がしている
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「くぐっ!?はぐぁっ!?」防ぎきれない瘴気弾に叩かれ、瘴気ナイフが突き立てられる。
(W06_tihay) 瘴気の齎す快楽にはまだ辛うじて痛みを刻んだトラウマで堪えている。だが。
(W06_tihay) 【千早】「はおっ!?おお・・・!?」ぶしゅ・・・!
(W06_tihay) 胸への衝撃。滲む、どころかもう噴出すほどの母乳。そこから溢れ出る快楽が・・・消えてくれない。
(W06_tihay) 薄いセーラーの布地はべったりと滲んだ母乳で濡れ透けのどろどろになって張り付いて、乳房に張り付くどころか、濡れ透けになってしこりたった乳首の形から色まで露にして。
(W06_tihay) 【千早】「くぅっ!ひ・・・うあっ!?」思わず拳を振り上げようとするが、焦りすぎたせいで間合いが足りない。動きを阻止されてつんのめり・・・
(W06_tihay) ぽたたっ
(W06_tihay) 辛うじて胸から突っ伏して母乳をたっぷりと炸裂させる事態は避ける・・・それをやってしまったら、完全に折角の堪えが壊れてしまいそうだ・・・だが
(W06_tihay) その弾みで瘴気ナイフで掠められたショーツがちぎれ、しかも胸を守ることを最優先した結果、腰を大きく突き出す形で突っ伏してしまい
(W06_tihay) めくれたミニスカートから、丸々とした尻の谷間から女性器まで、全部露に晒してしまう・・・!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) [人間の盾]「ふぁぁっ♪もほぁっ!!んもぉぉぉーーーっ!!!♪」目の前に敷かれた女性が近づいてきた人いきれに必死に顔を振って股を開く、伏した千早が跨る形になったその女性は目の前に居る男を誘おうと不自由な身をくねらせてバイブの突きこまれたままの腰を振って千早さんを誘惑する
(Wat-cGM) [屑兵士]『ヒロコ!ミサ!捉えろ!』[人間の盾]「んもぉぉ…っ!」「んうぅっ!」声とともに両隣の女性がその両腕を伸ばし、あろうことかちはやさんの乳先をがっしりと掴む、瘴気の波があっという間に全身に広まって、乳首だけで一騎当千のヒロインを床に縫い付ける。その直後に膨大な量の銃弾がヒロインの背を、尻を、ふとももを、そして最早致命的な弱点となった乳に殺到する
(Wat-cGM) 一瞬遅れてずどん!と巨大な体重がちはやさんの背に馬乗りになり……[屑兵士]『へへ、俺が一番乗りか、悪かったなチハヤ……耐えてるふりなんかさせてよぉ♪』もっぎゅぅぅぅぅぅ………………………………っ!!根元から乳先へ、兵士の強力がおそろしい圧力をかけて千早乳を搾り出す
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「んひぃっ・・・!?」むっとする女達の匂いにまかれた瞬間、そこを、乳首をつままれて。
(W06_tihay) 【千早】「ひあっあっ、あひあああああああ!?」ぷしゅしゅ、ぴしゅるっ・・・
(W06_tihay) それだけで、トラウマで固めた快楽への耐性の一部が破られた。服の中で逆流し、布地から滴り落ち、胸の谷間を伝って零れ落ちる母乳。白く染まる地面。
(W06_tihay) 銃弾でコスチュームをボロボロにされながら、それでも千早は快楽に貫かれて動けず。
(Wat-cGM) 【庚】「はははっ!!ひぁっ♪くくくくく、あはあっ♪はははっ!!何よあんたら…っ♪一週間会えなかっただけでそんなにしてるのぉっ♪?殺してやる殺してやるころしてやるぅぅぅぅぅっ♪♪」
(W06_tihay) 【千早】「んぐぅっ!?ふくぅうううううう・・・!?」
(Wat-cGM) 後方では庚の嬉しそうな悲鳴と、狂気の篭った怒声が聞こえている、そしてそれが兵士達の荒い息遣いに飲み込まれてゆく
(W06_tihay) 兵士に馬乗りにされ、牛のように乳を搾られる・・・
(W06_tihay) 防壁を突破されて打ち込まれた快楽に身を震わせ、軽く達してしまう千早だ。むき出しになった尻肉がぷるぷると振るえ、引き締まった太もも愛液がだっぷりと伝う・・・
(W06_tihay) 【千早】「っ!?ぎ・・・!」
(W06_tihay) だが、絶頂が、絶頂にあわせて何度も加えられた苦痛、トラウマの防壁を再起動させ
(W06_tihay) 【千早】「ぎ、ぐ・・・あぁああっ!!!」
(W06_tihay) 正気に戻った千早はよつんばいの姿勢から強引に拳先のオーラを爆裂させ、機銃陣地と屑兵士どもに叩きつける・・・!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) [屑兵士]『ごぁっ!?ぎぃやぁぁぁぁーーーーーーーー!?!?』[人間の盾]「んぉぉっ!?♪んおぉぉぉぉーーーーーーっ!?♪」兵士の、磔にされた女性達の悲鳴が次々と巻き起こる、しかし一度千早の身体の味を知った銃弾はまるで愛しい何者かを見つけたかのようにそのオーラに身体をねじりこみ、千早目掛けて殺到する。オーラに目を焼かれ、圧倒される兵士達がめくら撃ちした銃弾すらその軌道を曲げて
(Wat-cGM) 【庚】「ぎゃっ!?」同時に、次々と群がる兵士達を焼き払っていた庚の悲鳴が後方から上がる。「いぎっ!?!?あぎゃっ!?!?な、なん……ああっ!!痛いっ!痛っ…!!?」まるで実弾を浴びているかのような庚の悲鳴、途端にヒロインの動きが鈍る、ハイエナの名を冠する兵士達が、その庚に群がってゆく【庚】「あがっ!放せっ!!そこ痛いそこ痛いそこ痛いからぁっ……んおごぉっ………!!!♪」そして動けなくなった庚が発する、ヒロインにとって致命
(Wat-cGM) 的な、熱いものを股間にねじ込まれた声
(Wat-cGM) 銃弾を浴びながらも周囲の兵士をなぎ倒す千早と、戦闘力を殺がれ、兵士にくみふせられ蹂躙される庚、何者かの意思に反って二人のヒロインの進む道が枝分かれし始める
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「はぁ、はぁっ・・・!」荒く熱い息をつきんながら立ち上がる。露出度が高く布地の少ないセーラー服は、上着は殆ど胸元あたりに乳汁でびしょびしょになった布地が張り付いている程度で、スカートはショーツが失せたむき出しの股間をぎりぎり覆う程度、少しでも動けば全部が露になる程度しか残らず。
(W06_tihay) 【千早】「っ、か、庚!?」だが、直後耳にする悲鳴と喘ぎ・・・庚が犯されているという事実のほうが、千早を戦慄させる。
(W06_tihay) 【千早】「庚っ!?」自分が堕ちそうになる器具はしていたが、庚がそうなることを思ったことはなく、咄嗟に疼く体に鞭打って駆け出し、庚を助け出そうとするが・・・!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 身体を庇った腕やうずくまった時に晒した背中をびっしりと弾痕が覆っている庚の身体が兵士達の群の合間で激しく上下させられ、千早に比べれば遥かに控えめな胸を揉みしだかれている。はやさんを悶えさせた庚の男根が銃弾による衝撃から立ち直って屹立し始めている【庚】「あっ……や、やめっ♪…千早ぁっ!!い、行きなさいっ!!…ひぃぅっ♪」
(Wat-cGM) もみくちゃにされながら元ダークヒロインだったヒロインが叫ぶ、走る千早に追いすがろうとするように千早の背中に銃弾が突き刺さる「(ちはやだ…)」「(ちはやだ、ほらすごく美味しい…)」「(待って、ちはや、ちはやぁ…)」目の前のヒロインは銃弾を受けて苦痛の悲鳴を上げたというのに、千早が浴びる銃弾の衝撃は恐ろしいほど甘いもので…
(Wat-cGM) 【庚】「ちはやぁっ!!!それ以上近づいたらころしてやるっ!!私なんか置いていきなさいっ!!あんただけでも…っ!こいつらの首領を殺すのっ!!誰かの為だなんて言ってこいつらをのさばらせたら救掌の安全は保障しない…あの時言ったでしょうっ!!行きなさい……っ!!!」人並みにもみくちゃにされる庚を要塞から染み出してきた闇が包み込んでゆき……
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「っ・・・!」庚の、狂気的だが自己犠牲的な言葉。
(W06_tihay) その強さと鋭さに打たれて、思わず立ちすくんで。
(W06_tihay) その一瞬の間に、庚は人波と要塞から染み出した闇に飲み込まれ・・・
(W06_tihay) 【千早】「庚・・・」呟いて拳を握る。打たれてたたらを踏む。救掌の安全は保証しない、最初の約束
(W06_tihay) 分かっている、やらなきゃ。けど出来るのか。乳を搾られただけであっさり防壁を破られて快楽を感じた自分に・・・
(W06_tihay) 【千早】「う、うううっ・・・うああああっ!!」
(W06_tihay) ただそれでも今は、舞い散る弾雨の中をそれでも懸命に叫びながら走り出す。言われたとおり、先へ・・・!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 地下壕のような曲がりくねった通路を進むちはやさん、狭い通路は突進と身軽さを信条にする千早さんの戦いかたにはとても苦しいものでした。何人もの兵士を倒して、やっと近づいてきた闇の魔力の気配。こみ上げる劣情はまだ抑えられているものの、兵士に嬲られた乳肌はもうこれからの陵辱に期待で張り詰めています
(Wat-cGM) そしてついに曲がった先に明かりが見えてきます、大きな部屋があるのでしょう。そして通路を曲がり…その向こうには大きなコンクリートの冷たい部屋と簡単な執務机、温かそうなソファー……そして、それに腰掛けた巨漢兵士と、その腰の上に座り、兵士と口付けを交わす少年の姿が千早さんを待ち受けていたのです
(Wat-cGM) 【救掌】「んっ……♪ふふ、千早がきたみたい、少し待ってね、軍曹♪」つるりと兵士の頬を撫でて千早さんに流し目を送るすくーなさん、それはまるで今まで庚さんと交わっていた千早さんに対して見せ付けようとするような淫猥なしぐさで… 「  お帰り♪ちはや  」
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「っ、何処だ、首領っ・・・!?」庚の自己犠牲で保たれた戦意。体、特に乳はぱつぱつに張り詰め、陵辱を欲するほどだが・・・それでもそのおかげでここまで来れた。
(W06_tihay) 【千早】「っ・・・え・・・?」その緊迫が、あまりに衝撃的な光景に、一瞬で砕け散る。
(W06_tihay) 【千早】「救、掌・・・な、何で・・・え、どう、した、んだ・・・?何で、そんな・・・」
(W06_tihay) まるで男娼のように艶やかで淫らで、何処か壊れたような余裕で、男と交わりのようにむつまじくしながら、出迎えた救掌。
(W06_tihay) その様に、衝撃に、千早の表情は呆然となり、言葉は途切れ途切れとなってしまう。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 下腹部だけが切り取られたブレザー、そのおなかはすくなさんの胎の中に溜められたものを示すように大きく膨らんでいます【救掌】「千早ったらあの女とずっと楽しんでてなかなか帰ってきてくれないんだもん、もう。そのうち千早より上手くなっちゃうよ? っく、ん……っ♪」ぬぶぅ……?巨漢のペニスに名残惜しそうに吸い付いていた少年のアナルが卑猥な音を立てて離れます
(Wat-cGM) 救掌の目配せに合わせて巨漢兵士が少年の体を腕の上に載せ、そしてゆっくりとその足を開いて股間をヒロインに見せ付けます、荒く呼吸するように精液を漏らしながら開閉されていたアナルがゆっくりと中から押し広げられて…
(Wat-cGM) 【救掌】「ふふ、でも僕の子供達、千早をとても気持ちよくして上げられたみたい、母としては誇らしいな…んふふ…んっ♪」すくながいきんだ瞬間、その中から多量の銃弾が零れ落ちてきます。女を、そして男を狂わせる瘴気の弾丸…それが軍団が捉えた女達から生成されていたことを千早さんは思い出すのです
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「ぁ、ああっ・・・」ふら、ふらり・・・
(W06_tihay) 淫ら極まりないアナルセックス事後の光景に、千早の肉体が一気に熱くさせられる。
(W06_tihay) 思い人が変わってしまった、染まってしまった、壊れてしまった、それへの恐怖と悲しみと絶望と怒り
(W06_tihay) それ以上の・・・トラウマより強い思いが悪用される、淫らさへの発情。肉は火照り、乳汁と愛液は滲んで伝って、頬が染まって瞳が潤み・・・
(W06_tihay) 【千早】(ダメだ、ダメだダメだダメだっ!?助けるんだ、庚の自己犠牲を忘れちゃダメだ・・・!)
(W06_tihay) 懸命に己にそう言い聞かせようとするが、少年から生み出された魔弾で打たれた肢体は、本格的な発情に入っていってしまう・・・。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「……今あいつの事、考えたね?千早」すっとすくなさんの目が細まります。「知ってるよ、まだ戦えるんだよね…千早はヒロインだからそのままじゃ僕達と一緒には居られない」
(Wat-cGM) 【救掌】「あの時千早が一緒に堕ちようって言ってくれたのに…僕だけ先に堕ちちゃった。だから、僕が責任を持って千早を堕としてあげるね………?」ぞわり、巨漢の腕の上で千早を見下ろしていた少年の周りが闇に染まる。からみつく闇はかつての庚のDHスーツと同じもの、「あの女のものだけど、これがあれば僕でも戦える。来て、千早♪千早のために千早が堕ちるための最高の舞台を用意してあげたんだ」
(Wat-cGM) まるでおあづけでもするように巨漢兵士の身体がひるがえり、奥の扉へと歩み去ってゆく、堕落の誘惑そのものとして目の前の扉は無言で千早を待ち構え……
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「っ、ぁ、ぅ・・・」はぁ、はぁ、と、無意識に吐息が荒くなる。救掌に嬲られる、救掌に犯される、そう思うだけで堕ちそうなほど肉の快楽がこみ上げて。
(W06_tihay) 【千早】「っ、~~~~~・・・!」
(W06_tihay) けど・・・言われたとおり、まだ自分はヒロインなのだから、庚との絆もあるのだから、と
(W06_tihay) そう懸命に己に言い聞かせて歯を食いしばり。
(W06_tihay) 【千早】「何で・・・。何で堕ちたんだよっ、救掌っ・・・・!」血を吐かんばかりの声で、先を行く救掌に叫び。
(W06_tihay) 【千早】「・・・くしょうっ・・・!」処刑場に歩むような、いや、戦いにいくんだ、と
(W06_tihay) 様々な思いを呟きに乗せて・・・
(W06_tihay) 恐らく首領も共にあるのだろう、どのみち向かわねばならぬ必然の堕落と快楽の戦場へ、見えない首輪をつけられたように進み出ることになった。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 暗い通路、階段を巨漢兵士の後を追って登ってゆく、通路の先が明るくなり千早さんが一瞬目をくらませ、歩み出た瞬間……
(Wat-cGM) [不良さん達]「だからさぁ…あの女に絡むのはもうやべぇって…!銃もったやつと揉めてるような女だぞ?なんでそんなにこだわるんだよズッキー」「うるせぇな!あの女の”アタシは全部背負ってます”って顔が気にくわねぇんだよ!今日だってガッコ来てねえじゃねぇか!」昼休み時間の教室、授業が終りガヤガヤと姦しい生徒達、そこには珍しく登校している不良達の姿も…
(Wat-cGM) 【救掌】「ふふふ…?こぉんにちはぁーーっ♪」どばぁぁっ!!!唐突にその教室を触手が埋め尽くす。[生徒達]「なっ……なにこれっ!?」少女達を、少年達を触手が捉え、窓にドアにびっしりと張りつけにしてゆく、あっという間に教室はその雰囲気を変え……
(Wat-cGM) 【救掌】「私は悪いヒトです、今そこに居る正義のミカタを倒そうと思っているのですが…彼女は思いのほか頑固で、堕落する気持ちよさを知っているのに”なんでお前は堕落したのか”なん聞くんです。だから……彼女が本当に堕落する気持ちよさをわかっていないのかどうか、皆さんに判定してもらおうと思います♪」[生徒達]「な…なんだあの二人、痴女…?」「あっちの子、男の子じゃない…?」
(Wat-cGM) [生徒達]「でけぇ…あ、あれ人間なのか?」突如出現した三人の人物に目を白黒させる生徒達、千早さんの問い掛けへの答えを拒絶しながら、救掌はDHとしての獰猛な本性を隠すことなくちはやさんにさらけ出し、まるでお前が倒れれば次はこの生徒達、と言わんばかりの光景を見せ付けて
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「なぁっ・・・!?」まさかの、そこは学校の教室。幻影なんてちゃちなもんじゃないことは直感で分かる。そんな中に、DH装束の救掌と、ぼろぼろのどろどろ、ノーパンのコスチュームで転送され、視線に晒される強烈羞恥・・・
(W06_tihay) 【千早】「ち、痴女っ、い、や、俺は・・・!?」痴女そのものの姿、痴女そのものの発情した淫らな肢体、心も羞恥に燃やされ、辛うじて抵抗心がひっかかっているようなレベルで・・・まともに反論できない。
(W06_tihay) だけど
(W06_tihay) 【千早】「く・・・や、やめろ!?こんな、巻き込むな!?そんなこと、させな・・いっ・・・」
(W06_tihay) そう咄嗟に叫ぶのは、正義のヒロインの欠片をまだ胸に宿しているからで、周囲にもその声は響き渡る・・・救掌が敵であることと、犯されれば晒される状況への戦慄から、その語尾は僅かに弱まるが。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「(ねぇ千早?僕、千早がもう限界なのもわかるんだ…だから、千早が堕落して戦えなくなる前に、どうしても知っておきたい事があるの)」そんな中、すくーなさんは千早さんにだけ聞こえる大きさの声でそっとちはやさんに語りかけて来ます「(あの時、僕が始めて千早に勝った時…、あれは僕に組み伏せられたいからってわざと負けたの?それとも…僕は千早に追いつけたの?)」
(Wat-cGM) [生徒達]「あ、あっちの痴女が正義の味方で…俺ら、巻き込まれてるのか!?」「ちょ、ちょっと冗談やめてよ」生徒達は混乱の極みに達しています【救掌】「(僕は二人でつかまった後、千早がつれてかれちゃってから結局足を撃たれて足が満足に動かない。千早は淫毒におかされてうまく戦えない、条件は同じだよ)」そっと語りかける声が引いてゆき………
(Wat-cGM) 【救掌】「さぁっ♪私が勝ったら皆もこの触手達のえじき、そっちのヒロインさんが勝ったら皆は解放、そして…もしヒロインさんが途中で堕落しちゃったら、皆でヒロインさんを犯しましょうっ♪前の穴も後ろの穴も、自由に使っていいですよぉっ♪」救掌さんの首元であの闇のアイテムがぎらりときらめき、周囲に瘴気が立ち込めます[生徒達]「えっ……?」「それは、ど、どういう……」
(Wat-cGM) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「(千早……もう一回だけ、勝負しよう)」すくなさんの声が、ちはやさんに届きます
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【救掌】「そ、れは・・・」小声で救掌の問いに答えようとする、・・・限界が本当に近いのは、否定できない。だが。
(W06_tihay) 自分が救掌に負けたあの時。千早は救掌に上回られたから被虐に目覚めたのか。被虐に目覚めたから上回られたのか・・・
(W06_tihay) 【千早】「・・・俺にも・・・分からない。けど・・・。」覚えている、あの時の救掌を。「救掌の技は、強くて美しかった。」救掌の技は本人は気づかなくても達人の領域に入りつつあった。
(W06_tihay) だから、その美しさに快楽で負けたのか強さに実力が負けたのか、それは分からない・・・と、かすかに自分でも嘘かもしれないと思っている答えを返す。
(W06_tihay) 第二次性徴の頃から、Mの性癖の気配はあった。だから、本当は快楽に負けた可能性のほうが少し多いかもしれない。・・・・けれど、救掌の心を思って、あえてSぽう答える・・・実力で負けた可能性も、実際にあるのだ。
(W06_tihay) 【千早】「っ、どっちでも、今は、負けるわけにはいかないっ・・・!」そう思い、言うことで今は葛藤を打ち切り、両手に宿る紫のオーラ、特撮でも嘘でもない魔力を解放。
(W06_tihay) 【千早】(負けたら・・・いや、考えるな。あれは、首領の・・・!)懸命に、救掌の首元の、首領の宿るペンダントをい見据える。あれさえ、倒せば。
(W06_tihay) 【千早】「・・・勝負、だっ。」
(W06_tihay) そして、救掌とのもう一度の勝負に、答える。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
17*Wat-chi topic : [][救掌(IV6)][千早][]
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) じゃぁ開幕からす!ありますか!こっちないよ!
(W06_tihay) こっちも無いです。
(W06_tihay) 首領と大男は参戦せぬのですな!
(Wat-cGM) 「ぼす はしょうたいを あらわした」モードになってから!
(W06_tihay) 了解です!こっちもIV6ですから、PC優先でこちらから攻撃ですかな!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) じゃぁ…どうぞ!ワザ使うと不良さんとかからバレはじめるので、どうするかはそちらのお好みで!すくーなさんの防具がはがれるまではこのシーンでの戦闘でする!
17*Wat-chi topic : [][救掌(IV6)][千早、振り払えぬ淫熱][]
(W06_tihay) んおっ
(Wat-cGM) いんもらりプールでする!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) ではあらためて!どうぞ!
(W06_tihay) 了解!
(W06_tihay) インモラルだとTPつきるまでどうしようもないのでそのままいくです
(W06_tihay) ・・・だけど救掌に拳の勝負を挑まれてるし・・・!>ワザ使うと不良さんとかからバレはじめるので
(Wat-cGM) えへへ!
(W06_tihay) 【千早】「っ!!」発情で萎えかける足にもオーラを回して、踏み切り、突進。「いくぞっ・・・!!」互いに足周りに不安のある状況、それなら体格差を利して押しにかかる手を。
(W06_tihay) 【千早】「っ、ハァッ!」荒くなる息を呑んで技を放つ。突進し突き出した掌撃で相手の防御を払いながら、勢いと払い腕を曲げるのをあわせた肘突き、当麻流・二段牙。同流派の救掌に、技の出し惜しみは出来そうにない・・・!
(W06_tihay) 12+3d6 《ヘビーアタック》+《シャインヒット》+《ガッツ》-BS催淫+《ラッキーヒット》!
(kuda-dice) W06_tihay -> 12+3D6 = 12+[4,4,5] = 25
(W06_tihay) 光属性25点ダメ!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) ダークバリアで8点とめても…じゃぁまず胸から飛ぶよ!
(Wat-cGM) アクト宣言はまだなし!
(W06_tihay) 了解。DHだからAPがあるんだな(ちょっと新鮮な感覚だ)
(Wat-cGM) 【救掌】「ああ……っ、また、アナタの技と戦えるなんて…もう諦めてたんだ…ふふ♪アナタは嬉しい?」触手の影を使い机を盾にし言葉で僅かに隙を作らせ、さらに敵の攻め口まで利用して相手の行動範囲を制限してゆく、派手さは無くても着実に相手を追い詰めてゆくすくーなさんの戦法、当麻流・敵繰り。自分の防具がはじけ飛び、垣間見える肌色が与える千早さんの僅かな動揺まで計算に入れて…
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) じゃぁこっち!
(W06_tihay) カモン!
(Wat-cGM) 2d6+7 ダークネスパワー+マルチアタック
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+7 = [3,4]+7 = 14
(Wat-cGM) 2d6+7 ダークネスパワー+マルチアタック
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+7 = [1,2]+7 = 10
(Wat-cGM) 2d6+7 ダークネスパワー+マルチアタック
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+7 = [5,1]+7 = 13
(Wat-cGM) Σいっこへぼいのが
(W06_tihay) ぬふぁっ
(W06_tihay) うーむ、こりゃ3発全部にガーディングしてても、6、2,5でどの道のこりAPはのーなってたの。
(W06_tihay) 最初の1発を腰APで受けて4→0、2発目をガーディングして胸APで受け6→4、最後の一発も胸APで受けて
(W06_tihay) 全AP0、アクト<大きすぎる胸>を宣言。
(Wat-cGM) いただきます!
(Wat-cGM) 【救掌】「見える…?このピアス、私の見ている前で貴女があの女にイかされた記念につけて貰ったの、貴女もこっちにくれば貰えるよ…?」声で翻弄しながらもその鋭い突き込み、蹴り、つば競りのごとくうちつけてくる額は全く鋭さを失っていない
(Wat-cGM) 兵士達に打ち抜かれたという足を魔力で補強して戦っているのだろう、踏み込みの度、回避の度に漏れる魔力が千早に彼の攻撃のタイミングを知らせてしまう。先を読ませず先を読む救掌の闘法にとっては致命的な傷…【救掌】「シッ……!!三頭!!」しかしそれを圧してすくなさんの鋭い突きが千早さんを襲います、受ければ確実にスカートの下まで見える角度、ちらちらと走る淫猥な予感が千早さんを懊悩させる
(Wat-cGM) ▽
(Wat-cGM) 足で受ければ、で!
(W06_tihay) 【千早】「お前と、こんな形で・・・っ、いらない、そんなものっ。俺が、俺が欲しいのは・・・!」
(W06_tihay) 救掌の誘惑めいた「敵繰り」に、普通のそれよりも対処が難しく。抵抗し、防ごうとする千早だが焦らされ翻弄されそうになる。
(W06_tihay) 見える肌、ちらつくピアス、
(W06_tihay) 【千早】「鋭・・・!!」魔の加護の利だけ生かし隙の問題を見せない救掌の動きに、千早の「押し」の目論見は阻害され
(W06_tihay) 受ける・・・スカートがまくれる・・・下着もつけてなくて、愛液まみれのそこが、晒される、クラスメートに・・・
(W06_tihay) 【千早】「く、ぁ、ああっ・・・!?」ダメだ、遅い、俺・・・!?
(W06_tihay) 結果、翻弄された千早は身体への打撃こそ避けた(ある意味紙一重の見事ではあったが)ものの
(W06_tihay) 激しい動きのせいで、スカートの下のむき出しではいてない愛液塗れの様まで、反射的な防御でたっぷり見せてしまった上に
(W06_tihay) 【千早】「ぁ、は、ぅぅ・・・!(視線が、見てる、肌が痛いくらい、熱いくらい、皆が・・・!)」
(W06_tihay) 限界ぎりぎりだったコスチュームはちぎれとび、鍛えられた肉とむっちりした女の脂の乗った、愛液とGカップ爆乳の母乳に塗れた淫らな肢体が裸に剥かれてしまう。
(W06_tihay) 思わず隠そうとする手でも隠しきれない、ぱんぱんに張れ乳首を勃起させ、隠そうと抑える手の圧で乳を垂らす胸、よじりあわせた足も愛液で塗らす秘所も、何もかも生徒達の視界の中に・・・
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「あはっ…♪やっぱり勃ってるぅー♪それにどろっどろだったけど…したも勃ってた気がするな♪」周囲に聞こえるように大きく言うすくなさん、[生徒達]「う、わぁ…すごい綺麗な肌…」「なんか、ヘンな気持ちになるな……」「お、お姉さん、そんな苛めて欲しそうな顔…」「勃ってるって、あ、貴方も両方勃ってるじゃない…(///)」周囲からやってくる視線の熱がどっと強まります
(Wat-cGM) 【救掌】「(千早、手で隠してはだめ、首もとが開くよ)」羞恥を耐えて構えを崩さなかったはずの腕に注意を向けさせるすくなさんの声、一瞬目を落として確認してしまいそうになる…以前”相手の弱みにつけこんでるみたいでキライなんだよね”と言っていた彼の洞察力と相手の気持ちを察する力を活かした戦法が、今遺憾なくその効果を発揮している
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「う、うぅうっ・・・(///)」肌に朱が刺す。凄まじい羞恥に心が切り刻まれる・・・救掌がささやく隙も、分かってはいるけれど、体が勝手に反応してしまうのだ。
(W06_tihay) だが、恐ろしいのは羞恥だけでなく。
(W06_tihay) 【千早】「は、っ、はっ・・・(///)」
(W06_tihay) その羞恥に、見られるという屈辱に快楽を感じる己の肢体・・・湧き出す乳汁と愛液の量が、増えている・・・熱も、蕩けそうな感じも、どんどん上がって、乳房もパンパンに張り詰めて・・・
(W06_tihay) 救掌と戦っているというより、救掌に晒されているような有様になってしまって・・・羞恥だけでイけそうな、そんな被虐地獄に囲まれてしまう。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「(千早…負けないで、僕にもう一回だけ…千早相手に全力で戦わせて…!)」囁きは止まらない、救掌が向かってくる、腕を上げて構えなければいけない、羞恥を振り切って蹴り足を振り上げなければいけない。もはや彼の心の叫びすら千早さんを縛る淫猥な呪縛と化してゆく
(Wat-cGM) [生徒達]「なぁ…あれ、当麻んとこの道場の技じゃないか…?」追い詰めるように生徒の一人の声が耳に飛び込んでくる。否定も、実力を隠しての戦闘も許さない完全なタイミングで救掌の踏み込みを知らせる魔力の放射が千早さんに届いた、迎撃せねば、やられる
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「ッ!(///)」正体を知られる、淫らな本性がばれる、当麻の家が穢される・・・!
(W06_tihay) 聞こえる声からの戦慄と恐怖。それすらも被虐の快楽に成り果てる感覚。
(W06_tihay) 【千早】「う、うぁあっ!!」悲鳴めいた叫びと共に、しかし迎撃と攻撃を続ける事しか出来ない・・・!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 次のラウンド!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) ちはやさんからどうぞ!
(W06_tihay) ところでプールのTP計算は?
(Wat-cGM) Σあたまいい
(Wat-cGM) 2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6 = [4,4] = 8
18*Wat-chi topic : [][救掌(IV6)][千早、振り払えぬ淫熱(TP22)][]
(W06_tihay) とりあれずこっちの攻撃は、 《ヘビーアタック》+《シャインヒット》+《ポテンシャル》-BS催淫+《ラッキーヒット》で。
(W06_tihay) いきますぞっ!
(Wat-cGM) ふいさ!ポテは何点いれますかな!
(W06_tihay) 1点で。
(Wat-cGM) きてぇ!
(W06_tihay) 12+3d6 期待値なら防御魔法あっても削りきれる、ダメだった場合残り1点でセービンググレイスが出来る、防御魔法の回数も増えるからこれが最堅実手のはず!
(kuda-dice) W06_tihay -> 12+3D6 = 12+[6,4,4] = 26
(W06_tihay) この出目ならシャインヒットいらんかったじゃないか!?
(Wat-cGM) Σ\でけぇ/
(Wat-cGM) 《零れ落ちる種》を宣言して、腰APもゼロ!ぜんら!
(W06_tihay) 了解では攻撃描写行くぜ。
(Wat-cGM) はいさ!
(Wat-cGM)  
(W06_tihay) 【千早】「(思い出せ、誓え、心を研ぎ澄ませ、助けられるなら汚名なんて・・・!)」
(W06_tihay) 懸命に心を戦闘に集中させながら、オーラを纏わせた拳を突き出す千早。力強いが、救掌の腕前なら防げる拳。
(W06_tihay) いや、拳、では無い。良く見れば先ほどの連撃の開幕手と同じようで少し違う、虎の爪のように指を折り曲げた掌底。
(W06_tihay) しかし正面きってのその打撃は防がれる・・・だが。防いだその腕に(もし足や肩とか別の場所で防いでいても同じだったろう)
(W06_tihay) 折りたたまれた指が爪のように顎のように掴みかかる、いやくらいつく!そのまま捻って・・・発情に震える肢体から液体を滴らせながらも
(W06_tihay) 【千早】「あ、ああああああああああっ!!」引きずり倒す!・・・当麻流、手虎吼!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「んっ!」どしっ!掌底を腰を落とした万全の体勢で救掌が防ぐ。千早の次の動作を読みながら、それでも防がざるを得ない最高のタイミングの一撃……次の瞬間に取られる筈の救掌の二の腕がしなやかにたわんでギリギリの反撃に転じようとひらめき……
(Wat-cGM) そしてその動きも空しくくじり上げられ、何の受身もとれぬままに救掌の全身ごと引きずり倒された。【救掌】「ぁぐ……………っ跳ね身!」受け切れぬと知りつつも続く極めを避けようと救掌の身が千早さんの身体を押しのけて跳ね起きようと全身のバネを溜める
(Wat-cGM) 【救掌】「(僕は………ちはやにぃ………………勝って、正々堂々……………………っ!)ああああーーーーーーーーーーーーー!!!!!」少年の最後の雄たけびが上がる
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「すく、なぁああっ・・・!!」男と女、その差を覆して千早のほうが体格では上。一度組みうちで上を取ればそうそう覆せない・・・
(W06_tihay) 【千早】「っ!っ!?っぅ!?♪」平常の勝負であれば、引きずり倒し腕を固めた手の反対の手もう一本で、更に技を固め、千早は勝てたかもしれなかった。だが、救掌の腰ばねを使った反抗が・・・千早を突きあげる。・
(W06_tihay) 【千早】(っ、すくっ、なが、つきあげてぇ・・・ええ、勝負、なのに・・・こんな、だめだ・・・!?)下から突き上げる動きに体がゆすぶられ、普段ならそれで跳ね返される事はなかったろうが・・・発情した体は救掌の腰にまたがった股ぐらを、貫かれてはいないが下から突き上げられる跳ねる感触に犯されている錯覚を覚え。どろりと蜜を孕んで、火照り汗ばんで乱れる。
(W06_tihay) 意地で腕掴みは続けるが、マウントポジションを取りながらも、逆に千早は木馬責めに悶絶することになる・・・!
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「(緩んだ……っ!!!)……………………………?   ぁ、、、、」わずかに緩んだ千早さんの指を見逃さず、一瞬にして救掌さんの逆手の指が、効き腕を捉えたヒロインの親指を取る……………そして、折ることなくヒロインの発情に気づかされてその力が抜けていく【救掌】「ふふ……?だめだね、僕……快楽より先に千早との決着がつけられるかな。って思ったのに」そのまま指を離すと、攻撃を前に止まっていた千早のもう一方の指に絡みつく
(Wat-cGM) 【救掌】「僕の攻撃、千早が我慢できなくなるのに、おいつけなかったみたい…かな?」耳元でくすくすと心地よげな笑いを囁いて、その指を自らのスーツの腰へと導いていく。「手虎吼の変形……相手の効き手を封じて腰布を引き裂く、雌虎襲…………ふふ、今考えたんだけどね♪」少年は少女の耳に吐息を吹きかけて
(Wat-cGM) 【救掌】「さ、引き裂いて?僕達……結局快楽には勝てないんだ。って、二人で思い知りあおう?」腰のスーツに食い込ませた千早の指先を、絡みついた救掌の指がゆっくりと押し下げてゆき…………ふわり、この数日間片時も忘れることの出来なかった香り…精臭が千早さんの鼻をついた
(Wat-cGM) ▽
(Wat-cGM) ぶち、ぶちぶちぶちぃ………!ふわり、この   で!
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay)  【救掌】「くぅ、あ・・・ちが、まだっ・・・!?」救掌の言葉に、表情に、まだ快楽に負けてない、そう、言い張ろうとするが
(W06_tihay) ↑名前訂正、千早
(W06_tihay) 【千早】「やめ、そんな技、無ぃ・・・!?」手を取られ、手を操られ・・・救掌のリードに絡め取られていき。
(W06_tihay) ・・・布の破れる音・・・
(W06_tihay) 【千早】「っ、は、ぁ・・・!?(///)」破けた布の下からのぞくもの、立ち上る匂い、誘惑するような救掌の声に、ぞくぞくと艶やかになった肢体を救掌の体の上でふるわせる。その豊かな胸が、自らが誘惑されながらも、同時に少年を誘惑するように震えた。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) [不良達]「…………あれ、当麻じゃねぇか………?」「はァ?」壁に磔にされた不良達の一人がそんな二人の様子にぽつりと呟く「だ、だって俺あの今の、のしかかる奴………」それであの時当麻の顔が近くに来て、等とキンパツの少年が続ける。[同級生達]「………じゃぁあれ、野見君…………?」「Σちょ!?……………あれ?」
(Wat-cGM) 【救掌】「くすくす……♪ほら、僕のここ、すごい暖かいでしょ………?ずっと軍曹達に抱かれてたの…………、千早が、あの女に抱かれている間にね………?」周囲を楽しそうに見回しながら千早の指を操って完全に腰を露出させ、さらにその指を己の菊座へと導いていく少年DH。手首の位置に乗った少年の陰茎の根元がどくどくと興奮で脈打っているのが千早の腕に伝わってくる。恋人の不貞を看破する口調に少しづつ闇がまじってゆく
(Wat-cGM) むにゅりぃ……ことり、かちぃん。千早の指の感覚に興奮したように尻穴が盛り上がり、そこから瘴気の銃弾が零れ出て…白濁の糸を引いて地面に転がる【救掌】「僕、ずっとみせられてたんだよ?千早があの女の名前呼んで、素敵な顔でイくとこも、何もかも……だから僕、あの首領と取引しちゃったの」もにゅりぃ…ごぷくぅ、ことり、かちぃん、かちちぃん。「あの女を倒す弾丸が僕の瘴気から採れるなら、犯されてもいい。って……犯してくれ。って………」
(Wat-cGM) べとぉ………と、いつの間にか自由になっていた利き手がその白濁液を千早の顔に塗りつけていく【救掌】「千早を、僕のものにできるなら、なんでもする………ってね」ふふ……♪と笑って少年はペニスの先でヒロインの腰をつついた
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「あ・・・ぁああああ・・・っ、ちが、ちがうんだ、俺、俺ぇ・・・」
(W06_tihay) ギャラリーの、正体に気づき始めた声、救掌の無残なまでの淫らな様と・・・そして、その言葉に。
(W06_tihay) 救掌を助けようとしてしたことが、救掌を堕落させた。自分の淫らさが・・・救掌に悪魔と契約させた。
(W06_tihay) その絶望に、目に涙が潤み、肢体が瘧にかかったようにがくがくと震える。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM) ではこっちのはんげき!
(Wat-cGM) 2d6+4+3 マルチアタック
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+4+3 = [1,2]+4 = 8
(Wat-cGM) 2d6+4+3 Σ弱っ
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+4+3 = [2,1]+4 = 8
(Wat-cGM) 2d6+4+3 ΣΣ弱〃っ
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+4+3 = [2,5]+4 = 11
(Wat-cGM) あまがみ!
(W06_tihay) 残りMPが7なのでガーディングは2回。
(W06_tihay) -8して、-8して、11HPダメージ。
(W06_tihay) HP残り45点、アクト<口辱><淫猥に歪む果実>
(W06_tihay) で!
(Wat-cGAME) いただいた!
(Wat-cGAME) あと補助動作で後列にさがるす
*Wat-cGAME topic : [救掌(IV6)][][千早、振り払えぬ淫熱(TP22)][]
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 【救掌】『ふふふ……?貴女もみんなも盛り上がってきたみたい♪さっ、折角二人とも綺麗な服装になったんだもの、もっと楽しみましょう♪』一瞬怯んだ恋人と自分の間に太腿を挟みこみ、簡単に押さえ込みを突き放す。ふわりと離れていく救掌さんの体温。【救掌】『ホラ♪貴女もヒロインさんなんだから、みんなにもっと自分の活躍を見せて勇気付けてあげなきゃねっ♪』言いながら背後から千早さんの尻穴にペニスを押し当てて両手でその卑猥に育て挙げられた双
(Wat-cGM) 乳を揉みしごいて周囲に見せ付ける
(Wat-cGM) [不良達]「ぅ………ぉ………や、止めろテメェっ!!おかしな事しやがって…ブっ殺してやるっ!!」「うわ………すげ……本当に当麻なのか…?」[同級生達]「うあ………すごい、乳首あんなに立ってる」「はぁぁ……野見君すごいえっち………」
(Wat-cGM) 【救掌】「どうしたの千早?抵抗、終わり?」にっこりと笑ってヒロインの認識撹乱の魔力を打ち破ろうと、背後から千早さんの意識にゆさぶりをかけ、さらに周囲の同級生達に千早の胸を、どろどろの腰を、そしてアヘ顔を見せつけようと乳への快楽揉み込みで少女の身体を操り盛んに千早の向きを変えさせる
(Wat-cGM) ▽
(Wat-cGM) そしてまるで「しゃぶれ」とでも言うように、野太く淫熱を発する一本の触手が、千早さんの胸の谷間を滑り登って鎌首をもたげた
(Wat-cGM) ▽
(W06_tihay) 【千早】「ぁっ・・・う、やめぁ!?」
(W06_tihay) 体格差と体勢的優位をを快楽ひとつで覆され、千早の肢体は救掌に弄ばれる・たっぷりとした肉の感触が、救掌の手に満足感を与え、救掌の性器が、手が触れる感覚が、そして、クラスメートたちのもうこちらの正体を認識しかかっている声が、千早を貫く。
(W06_tihay) 【千早】「ちがっ・・・ちがーぁっ・・・」
(W06_tihay) 救掌の抵抗はもう終わりかという言葉に、クラスメートたちの正体に関する言葉に、否定しようとする声は、もう、うわごと程度の弱さにまで堕ちて。
(W06_tihay) 【千早】「ちがぁ、あぁあっ、っ、ふK
(W06_tihay) ふくぅっ、くぉおおっ・・・!?」
(W06_tihay) 淫らに爛熟したたっぷりの乳肉をしごくように絞られると、たちまち乳汁と愛液を滴らせ、背後から揉みしだく救掌の意のままになってしまう。
(W06_tihay) 【千早】(だめ、だっ・・・らめっ、すいっち、入って・・・ぇ)発情のスイッチが本格的に入り始めて、逃げられなくて・・・まだ尻たぶに当てられているだけの逸物に、貫かれたように、ピン止めされたように、動けなくなる。
(W06_tihay) 【千早】「ふくぅうううっ・・・ぅ、ぁ・・・・」乳肉を揉みこまれ、捻られ、淫ら肉はうねるように形を変えて、そのたびに千早を鳴かせ。
(W06_tihay) 【千早】「ふぉあ・・・・ぁあ・・・」だから、更に胸の谷間を熱くぬめらせて這い上る触手の感覚が来た時、千早はもうほとんど抵抗の余裕を早くも失いつつあった・・・。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGAME) [不良達]「や、やめろ手前!当麻!ヒトのこと散々ブン殴っといてそんな顔してんじゃねぇ!おいコラなんとか言えよ畜生!」「あ、あ……」[同級生達]「ああ……それ、咥え、ちゃうの……?」「顎、外れちゃいそう…………」
(Wat-cGAME) 【救掌】『はい♪あー………ん♪』つるり、半開きの千早さんの唇に少年の指がつるりと滑り込む…くい、と人差し指と中指が開いてクラスメイト達に見せ付けるように口が開かれ
(Wat-cGAME) ぐむぅ………?当然の自分の居場所だと言わんばかりに熱い熱い肉竿が千早さんの口内の、そして喉の粘膜を次々と焼きながら奥の奥まで侵入し、そして千早さんを褒めあやすように快楽衝撃で脳天をたたきながら戻ってゆく
(Wat-cGAME) ▽
(W06_tihay) 【千早】「っ・・・!?」不良たちの叫びに、一瞬気を取り戻しかける。だが、直後・・・「ぐむぅっ!?」拳をあげかけたのと同時、触手に唇を突き込まれて。。。指が悶絶するように震え、手足を覆うオーラが切れかけの蛍光灯のように明滅する。
(W06_tihay) 【千早】「ふぁ、むぁあっむ・・・!?」あやすような、とろかすような救掌の言葉と指使いに、抵抗できないよう肢体を導かれ
(W06_tihay) 【千早】(喉・・・がぁ、口、が・・・こんな、こんな・・・!)口腔を触手でなぶられている、それだけの筈、それだけの筈なのに。
(W06_tihay) 頭の中で響く唾液の水音、呼吸の苦しさ、喉奥を突かれる感触が、まるで膣を犯されているような感覚すら千早には感じられてしまう。
(W06_tihay) 【千早】「ぐ、む、ぅいうーーーっ・・・!?」体を救掌の美しい手指に、口を触手の醜怪な肉に犯されながら、そのどちらからも快楽を感じてしまう千早の体は、すでに精神より先に堕ちていて・・・口を犯される千早の表情も、救掌を救わねばという執念と不良たちの叱咤で辛うじて保たれた理性の上に、何枚も快楽を張られた、危うい魅力をたたえた様になっている。
(W06_tihay) 苦しげに、だが淫らに、唇が喘ぎ、喉がぐびぐびと動き、乳の柔肉がなぶられて肢体が煽情的な踊りのようにくねりもがく・・・。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGAME) 【救掌】「うふふ、とっても綺麗だよ、千早…でも僕だけが千早のこと独り占めしたらみんなに悪いよね…」くすくすと幸せそうに少年が笑う『ね?私だけがヒロインさんのこと独り占めしたら、皆にわるいよねー♪皆にも参加させてあげるね♪』自分の持っている綺麗な石を見せびらかしたい、そんな稚気を纏って少年は周囲のクラスメート達に声をかけ
(Wat-cGAME) [不良達]「う、うぉっ!?や、なんだコレ!?」「うぁっ!は、離れろっ」
(Wat-cGAME) [同級生達]「きゃぁっ!?やだこれ、取って、とってよぉっ!」「な、に…コレ、熱い…っ」同級生達が頬を染めて必死に腰に巻きつく触手を振り払おうと腰を振り…【救掌】「ふふ、皆にね、千早を犯して感覚を分けてあげるの♪ふふ……皆が千早の口で、すっごく素敵な顔をしてイっちゃうんだよ…?」ねちゃねちゃと口端から零れた触手の精とも千早の唾液ともつかない粘液を塗り広げながら救掌さんが言う
(Wat-cGAME) 犯してる感覚 で…!
(Wat-cGAME) [不良達]「おっ……!?」「ふぁ!?」[同級生達]「あ、はぁ…」「あ、あ、あ、」触手の動きに快楽による痙攣が加わる、舌が触手の肌をなぞるたびに、喉が触手を締め付ける度に周囲から戸惑いと快楽の声が上がる。ぞるり、と喉をこすり上げると少年達が、少女達が切ない声で鳴き声を上げ…【救掌】「千早も、皆も、いっぱいイかせてあげるね…?」
(Wat-cGAME) ▽
(W06_tihay) 【千早】「んふうううううっ・・・・・!?(だ、やめっ、ろぉ・・・こんな・・・!?)」
(W06_tihay) 脳が侵されて、熔ける・・・そんな感覚を覚える。
(W06_tihay) しゃぶっている触手が、周囲にいる全員の感覚と直結している、それが、もがくたび、口を貫かれるたび・・・そしてそれに反応して否応なくしゃぶるたび、はっきりと理解させられて
(W06_tihay) 脳内で、全員に口腔奉仕をしている光景が、一人ひとりに口腔奉仕をしている光景の連続写しと、周囲から一斉に逸物を突き付けられそれを次々しゃぶっていく光景の幻視が、明滅し、乱れ飛んで。
(W06_tihay) 【千早】「うぐーぅっ、ふぅ、ん、ぅっ、ちゅ、じゅ、んちゅ、はふっ・・・くぅん・・・」
(W06_tihay) だんだんと牝声になっていき、潤んだしゃぶり音が響き渡り始める・・・表情の蕩けも、焙られたように加熱して・・・。
(W06_tihay) 【千早】「んあっ、はふぅううう・・・!」奉仕快楽と脳内淫楽で、軽い絶頂に達して背筋を震わせながら、千早は溶かされていく・・・。
(W06_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) ではまず…トラップのTP減少から
(Wat-cGM) 2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6 = [6,1] = 7
*Wat-chi topic : [救掌(IV6)][][千早、振り払えぬ淫熱(TP15)][]
(Wat-cGM) そしてええと
*Wat-chi topic : [救掌(IV6)][人間の鎖(3)][千早、ウィッチハント(TP30)振り払えぬ淫熱(TP15)イビルアイ(TP20)][]
(W05_tihay) トラップいっぱい!?
(Wat-cGM) じゃぁ…改めて開幕からだ!
(Wat-cGM) 開幕ありますか!
(W05_tihay) 無いです!
(Wat-cGM) 確認しましたところこちらもないです!
(Wat-cGM) ウイッチハント回避してなのよ
(W05_tihay) 2d6 運動0なのでダイス素目
(kuda-dice) W05_tihay -> 2D6 = [3,4] = 7
(W05_tihay) 回避は失敗、でも、6ダメージならガーディングでシャットアウトできるが・・・
(Wat-cGM) 流石にCPはおんぞんか
(W05_tihay) (ここでMP使うべきか使わざるべきか)
(Wat-cGM) 迷っている!(ゆびさし
(W05_tihay) んー、ここでMPは使わない。そのまま受ける。HPにダメージ6点受けて、33点ダメージ。
(W05_tihay) HP半分は28なので、まだアクトは使用できない!
(Wat-cGM) よくわかりました!
(Wat-cGM) じゃぁイビルアイの効果ですくーなさんが先行…から!
(Wat-cGM) 2d6+4+3 ファミリア+ダークネパワー
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+4+3 = [4,1,2]+4+3 = 14
(Wat-cGM) えいえい
(W05_tihay) それっくらいなら、まだまだ!ガーディング、MP残り9、8点曳いて6点、45-6=39点ダメージ。
(W05_tihay) アクトは使用条件を満たさないので無しっ
(Wat-cGM) アクトないのでとりあえず描写をあとにまわして…
(Wat-cGM) 反撃どうぞ!
(Wat-cGM)  
(W05_tihay) アイテムの関係で、シャインヒットだと14+2d6、ガッツだと12+2d6だけど、ガッツを使えば補助行動で爆乳を解除できる。さすればIV+2で、救掌のIVを再び追い越せる・・・
(W05_tihay) 前衛突破後の事を考えて、補助でBS爆乳の解除を宣言。
(W05_tihay) そして、直前でガッツ、能動でヘビーアタックして、12+2d6で攻撃します。
(W05_tihay) 12+2d6 目標はもちろん目の前の「人間の鎖」!
(kuda-dice) W05_tihay -> 12+2D6 = 12+[3,3] = 18
(Wat-cGM) わーい、ばくぬー解除!ばくぬー解除!(さくにゅーの構え
(Wat-cGM) Σ痛い
(W05_tihay) もちろんそれはやらないとねw>ばくぬー解除
(W05_tihay) 出目はちょっと期待値下、けど、セービンググレイスは無しで、18ダメージ!
(Wat-cGM) ダークバリあって11点とおる
(Wat-cGM) 残り16!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) ではこっちはんげきー、イヤがらせ部門のちからをみせてやるのだわ
(Wat-cGM) 2d6+4 +[拘束]
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+4 = [6,1]+4 = 11
(Wat-cGM) 11点!
(W05_tihay) っちーい、8点以下の出目ならBS受けないかな、と思ったんだが、さすがにこれもセービンググレイスしても無意味っぽい・・・
(W05_tihay) ガーディングして3点HPダメージ二受けて、残り30.まだアクトは無し、BS拘束受けて攻撃力とか-3されたっ。
(Wat-cGM) 算数難しい…人間の鎖さんは残り18!
(W05_tihay) ういっ。
(W05_tihay) これで、ターンまたひと巡り、ですね。
(Wat-cGM) 30-2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 30-2D6 = 30-[2,6] = 22
(Wat-cGM) 15-2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 15-2D6 = 15-[5,4] = 6
(Wat-cGM) 20-2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 20-2D6 = 20-[1,1] = 18
(Wat-cGM) えいえい
*Wat-chi topic : [救掌(IV6)][人間の鎖(3)][千早、ウィッチハント(TP22)振り払えぬ淫熱(TP6)イビルアイ(TP18)][]
(Wat-cGM) うぉ、結構プールの減りが早い
(Wat-cGM) くさりさん間に合わなかったかな…?
(Wat-cGM) ではこのまま次のラウンドまわしましょうす!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 例によって描写は溜めておいてあとでやるかんじで!
(W05_tihay) うい。
(W05_tihay) では、開幕回って、またウィッチハントの回避?
(Wat-cGM) はいさ!
(W05_tihay) うーん、どうしたものか・・・(MP的・HP的に大いに悩める)
(W05_tihay) 30の、6の、3d6+7の・・・
(W05_tihay) ぶるばきゅーん!さっきIV回復しないでこのターンに回復したほうが効率よかったんじゃねーか!?(今計算して気づいた)
(Wat-cGM) Σぶるばきゅーん!?
(W05_tihay) ともかく
(Wat-cGM) ΣΣそしてすごい計算しまくってる
(W05_tihay) 回避判定は素で行う。人間の鎖相手でCPはかつかつだから・・・
(W05_tihay) 2d6+2 BS回復して2増えた運動判定っ!
(kuda-dice) W05_tihay -> 2D6+2 = [5,1]+2 = 8
(W05_tihay) 出目が全然だめっ、6点ダメージ・・・そのまま受けとくけど、すくーなきゅんが相手じゃないとやだ!ってことでアクトは使わない!
(Wat-cGM) あはw
(W05_tihay) で、先に人間の鎖を撃破目的でCP使って攻撃すると、間合いが詰まってすくなから三連打が飛んでくるので、待機宣言!
(Wat-cGM) おお、知的
(W05_tihay) (IVが5だったら待機しなくてもそのままの攻撃で人間の鎖より先に攻撃ができたんだけど、待機すると人間の鎖の攻撃を受けてしまう)
(Wat-cGM) じゃぁすくなさんが待機…(というのをできなくしてあるルールって意外とすくないよね
(Wat-cGM) ではりくえすとにこたえてこうげき!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 3d6+4+3 えいえい
(kuda-dice) Wat-cGM -> 3D6+4+3 = [4,1,3]+4+3 = 15
(Wat-cGM) あら…?わちさんさっきから2d6振ってるのかな…?
(Wat-cGM) 15点!
(Wat-cGM) ちなみに…鎖さんはついさっき捉えられた庚さん、すくーなさんが攻撃に使ってるファミリアはぐんそー
(W05_tihay) なにー!?w>ついさっき
(W05_tihay) それをガーディング、8点減らして7点受け。
(Wat-cGM) そしてHP半分超えアクトくるかな…?
(W05_tihay) 残りHP17点!
(W05_tihay) アクトは、<隷属の悦び><菊辱><つけられた種><乳首絶頂>・・・残り、全部で!
(Wat-cGM) Σぜんぶ来た
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) じゃぁ…そろそろ描写いっとくすかな!?それとも戦闘先におわしまする?
(W05_tihay) GMのお好みにゆだねまするっ。
(Wat-cGM) 少し脳が戦闘脳だ…もう少し進めて趨勢が見えてから描写にしましょうかしらな
(W05_tihay) オーケー。では、戦闘を続けましょうか。続いては、人間の鎖の攻撃ですね。
(Wat-cGM) ええと、はいさ!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) Σ拘束ついてる
(Wat-cGM) 2d6+4 +[水着]…いみない!
(kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+4 = [4,2]+4 = 10
(Wat-cGM) …へいきんち以上がでない
(Wat-cGM) 10点!
(W05_tihay) よしっ。
(W05_tihay) 残り17点だから、これはそのまま受けて、MP温存。残りHPが7点でも15点でも、期待値14の攻撃が3発飛んできたら、全部防御しても6×3=18で堕ちるからな。
(W05_tihay) 残りHP7、残りMP9。
(W05_tihay) 反撃で、人間の鎖に攻撃!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) はいどうぞ!
(W05_tihay) 11+6d6 《ヘビーアタック》+《シャインヒット》+《ガッツ》-BS催淫-BS拘束+《ポテンシャル》×3!
(kuda-dice) W05_tihay -> 11+6D6 = 11+[3,3,2,6,1,1] = 27
(W05_tihay) ラッキーヒットが発動してるからダメージ+6されてるんで、33!
(Wat-cGM) しんだ!
*Wat-chi topic : [救掌(IV6)][][千早、ウィッチハント(TP22)振り払えぬ淫熱(TP6)イビルアイ(TP18)][]
(Wat-cGM) お、IV増えた
(W07_tihay) ネームのIV変更忘れてたけどBS解除でIV7になってたんで
(W07_tihay) (このターンの開幕からIV7だったけど、待機してたんで)
(W07_tihay) 次のターンはこちらの先手・・・!
(Wat-cGM) うむうむ、よくわかりました!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 22-2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 22-2D6 = 22-[3,5] = 14
(Wat-cGM) 6-2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 6-2D6 = 6-[3,2] = 1
(Wat-cGM) 18-2d6
(kuda-dice) Wat-cGM -> 18-2D6 = 18-[5,2] = 11
(W07_tihay) プールのこたΣ
(Wat-cGM) お…?なんか底のほうにちょっと残ってる
(W07_tihay) ともあれ、これがラストターン。
(W07_tihay) このままやっちゃいますか?
(Wat-cGM) このまま…ほむ
(Wat-cGM) 結果はとって置いて描写をするか結果をみてから描写するかでするな!
(W07_tihay) これもGM判断に任せます。
(Wat-cGM) よし、描写先にやる!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) 【救掌】「ああ……すごい、顔してるよ…千早?」つるり、つるりとすくーなさんの掌が唇の端から漏れた唾液と触手粘液の混合物をちはやさんのおかおにぬりたくります
(Wat-cGM) [不良達]「あっ!?おっ…?うぉっ!!く、や、めろ、手前ぇ…!!」「うぁっ!う、…ぁ…すげぇ、吸い取られ、て…」[同級生達]「ああっ!す、ごい…!」「もうだめ、もうだめぇ…!とまんないよぉぉーっ!!」びくっ!!びくびくっ!!と周囲の生徒達の肩がふるえ、ちはやさんの淫乱さに惹かれるように彼らの腰がかってにうちふられ、そしてそれは触手を通じて悦びの快楽として千早さんの口粘膜をつきぬけて脳を直撃する
(Wat-cGM) 【救掌】「ね……ちはや、それ…僕も欲しいな」本当に嬉しそうな顔で、千早さんの唇と、今やクラスメイト全員の腰と繋がった触手ペニスに視線を注ぐすくーなさん。きゅ…?きゅきゅー?と唇ごと触手をつまみ、左の指で千早さんのクリトリスをつまみ…千早さんのお口を占領する野太い肉竿をねだって…
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「ふぁふ、あふ、はぁ。ほぉお・・・」
(W07_tihay) 蕩けと発情が脳まで回った表情で、口腔奉仕、口中凌辱に陶然とし、涎をこぼしながら喘ぐ千早。
(W07_tihay) 【千早】(うぁ、皆・・・溶けて、穢れて、こわれて・・・9状況を嫌悪していた女子も、自分を思って叱咤していた不良たちも、皆快楽に腰を振りたくる様に、連鎖反応的に千早の心も堕ち始めt下。
(W07_tihay) 【千早】「う、ふぅ・・・?!」そこに、しなだれかかる救掌。その要求に、千早は、わけもわからぬまま身もだえする。
(W07_tihay) 【千早】「ふぅん、ふ・・・んむうっ・・・!?」口で果てたいから阻害するように、あるいは、むずがって救掌にもっと激しくいじってほしいように・・・いや
(W07_tihay) むしろ、早く救掌に犯してほしいかの、ように?
(W07_tihay) もじもじと肢体をくねらせ、喘ぎながら救掌に体を摺りつけて、触手を渡すことを拒む・・・
(W07_tihay) 【千早】(っ・・・)一瞬、かすかに、救掌に奉仕させることを拒もうとする、元の人格の感情が、見えたようにも思えたが・・・。それは、本当にかすかだった。
(W07_tihay) △
(Wat-cGM) 【救掌】「ふふ…?千早、僕を戦いから遠ざけていたのも本当はこれを独り占めしたかったんだね?ひどいなぁ…くすくす」みぎりぃぃ…!すこしづつ胸の、腰の突起をつぶす指ぢからが増してゆく、尻に押し当てたペニスを基点に触手にがんじがらめにされたままの千早の身体をぐるりと回し「れむぅ…ふふ、胴を舐めただけでみんながびくっ!!てするの、ペニスを咥えるのがこんなに幸せだなんて知らなかったな」
(Wat-cGM) もっと高い快楽を求めながらも触手を口から放すことさえできない千早さんのありさまを本当に幸せそうに見つめるすくーなさん。【救掌】「千早の身体にかかれば皆おかしくなっちゃうんだよ?キミの好きなあの女だってもうキミの虜……聞こえる?ペニスに何本も何本も何本も瘴気弾丸から抽出したエキスを注射してやったんだ、ほら…キミのこと好きだ、好きだ、って……」
(Wat-cGM) [人間の鎖さん]「はぁ…ぁ……んあぁ………」よた、よた、と背後から足音が聞こえる、出撃前までさんざん嗅いだヒロインのカウパー液の匂いが千早の鼻腔に届き【救掌】「千早は僕の憧れ、それは今だって変わってないなんだ……軍曹、来て……ねぇ千早、僕だってとても綺麗になったでしょ…?」得意げにピアスの光る胸をそらしてうっとりと背後の巨漢兵士にしなだれかかるすくーなさん。全く同時に二人のおしりに熱い熱いペニスが押し当てられ
(Wat-cGM) そしてその人圧が向かい合った少年少女の性器を柔らかく、しかし有無を言わさぬ強さで結合させてゆく【救掌】「あはぁ……………vvv、ねぇ千早ぁ………僕にも、それぇ………vvv」すねたような口ぶりで千早さんの唇と触手の結合部に少年は舌をからめ初めて
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「ちが、ぁ・・・」触手をしゃぶる吐息の下から、微かな意識が反論を辛うじて吐かせる、が。
(W07_tihay) 【千早】「ふぁああ、あ・・・かの、えぇ・・・」何度も交わり、自分をここへ送り出したダークヒロインの、雌犬さながらの痴態に、ショックを受けるより先に子宮が疼く。
(W07_tihay) 【千早】「はぁ・・・はぁ・・・じゅ、くっ・・・はふぅ・・・(///)」
(W07_tihay) からみついてくる牝犬庚、そして、目の前で男の子なのにビッチササながらの媚態を見せつける救掌。ピアスで彩られたしなやかな肢体は、屈強な男との絡みでその美しさを強調されていて・・・
(W07_tihay) 【千早】「んく、くふぁあああああ・・・っ!?」庚のふたなりペニスにアヌスを押されて、救掌をどろどろに爛熟した膣に咥えこむ・・・今の千早にとって最高で最悪な快楽で
(W07_tihay) 【千早】「ふああ、っ、ひあうう・・・・っ、はっ、ふはっ、はううううううううっ・・・!!!」
(W07_tihay) ひとたまりもなく千早は一度目の絶頂に入れるだけで押し上げられて・・・口の触手もろとも救掌に絡んで、それを喘ぎと叫びとともに吐き出しながら押しつけるようにしてしまう。
(W07_tihay) △
(Wat-cGM) [不良達]「んぅぁああああっ!!放せっ!!放せ畜生ぉぉーっ!!!」「くぁっ!!あっ!!ぅぁっ!!」[同級生達]「はぁぁっ!!当麻さんっ!そこ舐めちゃだめぇぇっ!!」「何かでちゃうっ!何かでちゃうよぉぉっ!!」同級生達のせっぱつまった声が響き、千早さんの頭のなかでがんがんと反響して脳をとろけさせ [庚]「あ、はぁぁ……vv ちは、やの、中だぁぁ………vvv」じゃらりと重い首輪の鎖の音を立ててヒロ
(Wat-cGM) インへと戻った筈の少女が呆けきった溜息を漏らして千早の胎内でペニスをびくびくと痙攣させる
(Wat-cGM) 【救掌】「庚、([庚]「へぎぃっ!?」)なぜお前のような雌犬が千早のことを名前で呼んでいるの…?苗字で、そして様をつけて呼びなさい」ばちぃっ!と音を立ててすくーなさんの魔力が炸裂し、冷たい目で堕ちきったヒロインに命じるすくーなさん【救掌】「お前の仕事は千早を愉しませること…そう命じた筈です…ンっ…んはぁあ……♪」ずぬんっ!と背後からの巨漢の一突きがそんなすくーなさんを発情させてゆく
(Wat-cGM) 【救掌】「何さ軍、曹…!僕のやり方が気に入らないって言う、んんっ、気…?ひぁっ!?」もぎゅぅ!と救掌さんの胸先がつまみ上げられ、そして同じく千早さんの胸が触手に握り上げられて二人の胸の先端がキスをする[エドワード]「……………」エドワードの太い指先がぎらりと光るピアスを取り出し、その左右の乳首をあわせて貫通するように押し当て……乳を搾り出すような触手の動きとその与える快楽が『ぶづり!』という音と共にさらに大きな
(Wat-cGM) 被虐の衝撃で吹き飛ばされる
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「は、ぁあ・・・(すまな、い・・・)」
(W07_tihay) かすれた思考が僅かに頭蓋骨のなかを反響するが、もがく生徒たちの前、庚に抱かれ、千早は涙にぬれながらも蕩けた表情のままで。
(W07_tihay) じゅく、じゅぷ、じゅっ・・・
(W07_tihay) すでに、体の制御も失って、腰が勝手に動き、肉棒を食い占めては愛液をこぼしていたが・・・
(W07_tihay) 【千早】「っ・・・!?」救掌が、庚を嫉妬から張り飛ばしたことに、一瞬瘴気に戻った・・・
(W07_tihay) 【千早】「救掌、お前、何しっ・・・っい~~~っ・・・♪」
(W07_tihay) 糾弾の声は、だが、乳首を依り合わせられる快感に、会えなく崩れて。
(W07_tihay) 突端を引っ張られるとクリを二重責めされているような快感が乳肉全体を突っ走り、軍曹の指、ピアスの金属、救掌の乳首の触れる感覚が、千早を快楽への隷属ににねじ伏せていってしまう。
(W07_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「ぅぁっ!?あ、はぁっ……vv♪ちはやのと、僕の、が…一緒になっちゃう…早く、早く軍曹……!!」ぎりぎりと救掌さんのちくびが勃起して……【救掌】「あ"ーーーーーーーーーーーーー…………………!!!」びぐくぅぅっ!!!乳首を貫くピアスの衝撃にすくなさんの身体が仰け反って硬直し、【救掌】「ひゃ、お、ぉ……あぁ……!」たっぷりと絡みつく千早さんの奥の奥まで突き通すことになってしまったすくーなさんは直後に全身を丸め
(Wat-cGM) て千早の身体に密着して悶える
(Wat-cGM) そしてその激痛の中で救掌さんのペニスはみるみる硬さと太さを増してゆく、恐ろしい絶望とどこまでも堕ちてゆくような開放の快感。[庚]「ひゃぁぃ……♪かのえが、かのえがわるいこでしたぁっ!!当麻さまぁっ♪当麻おくさまぁぁっ♪おくさまのおしりだいすきですぅぅぅっ!!♪」そんな千早さんを祝福するように背後から甘えきった嬌声が、どしぃぃっ!!という突き込みと共に降りかかる。胸で繋げられた二人の少年少女、その衝撃と快楽の板ば
(Wat-cGM) さみに溜まらず救掌の声が上がる
(Wat-cGM) 【救掌】「あははははははは、ひゃぁぅっ♪ほらぁっ!!千早もぉっ!♪千早はどう…?庚、気持ちいいよって…僕も、すごい、この瘴気も、千早の身体も酔っ払いそう……!!千早の中びくびくして、きゅうきゅぅしてくるよ…?ほらっ!!千早は誰がすき…?(ぬごんっ!)クラスのみんな…?(ぬぶぅ…?)そこの雌犬…?(どすっ!)やっぱり逞しい軍曹…?(ぬっちゅぅぅ…?)」サディスティックな表情で何もかも堕落してゆくマゾヒスティックな悦びに救掌
(Wat-cGM) さんはのめりこんでゆく、その胸元で怪しくロケットが輝いている
(Wat-cGM) 背後からおしつぶされ、前からも押しつぶされ、そして全身を触手に締め上げられ、クラスメイトの嬌声を搾り出すのは自らの身体、戦友であるDヒロインは千早の肉体に狂い、目の前の少年はひたすらに堕ちてゆく
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「すくなぁ、そんな、おち、は・・・はぉああああああああああっ・・・!?」
(W07_tihay) 心を暗黒と快楽に染めて狂乱する救掌に、千早のなけなしの心が痛み、悲鳴めいた糾弾を叫ばせるが
(W07_tihay) 【千早】「ひうっ、ひああっ、はうううううっ、んっ、だめ、だ、も・・・いいいいいいっ!?」
(W07_tihay) 極太にそそり立つ救掌の雄に、密着してもだえる少年の肢体に、快楽に暴走するすさまじい突き込みに、
(W07_tihay) 【千早】「だ、っ、らlめらっ、おれ、も、ぉひぐうっ!?いっく・・・!くぃひぃいいい♪」
(W07_tihay) 突かれるタビにイきまくる・・・たくましい腰がむっちりした太股とともにまろやかな尻を振りたくらセ、淫乳が律動に合わせてぶるんぶるんとはずみ乱れた。
*E-Mayah- join #HCセッション0 (~E-Mayah-@EM114-48-23-4.pool.e-mobile.ne.jp)
(W07_tihay) さんざ責め立てられた乳首は馬鹿になって、搾乳される牛のように母乳をどくどくと垂れ流しにしてその全身を染め、
(W07_tihay) 【千早】「おく、ひゃ・・・・ほおおおおおおおっ・・・!?」
(W07_tihay) 惑乱した庚の漏らした、奥様、という平時でありんまがら照れながらも憧れただろう呼称を、脳のどこかに刻みながらも、惑乱は止まらず・・・。
(W07_tihay) 何度も何度も、千早は射精を絞り、そして更に、何度も何度も、イき狂い・・・。
(W07_tihay)  
(Wat-cGM) では次のターンね!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(W07_tihay) ウィッチハントの回避判定から。
(W07_tihay) 2+2d6
(Wat-cGM) はいさ!
(kuda-dice) W07_tihay -> 2+2D6 = 2+[6,4] = 12
(Wat-cGM) おお
(W07_tihay) 最後の最後でかわしたΣ
(Wat-cGM) よけた!
(W07_tihay) 幸先がよい、となればいいが。
(W07_tihay) それでは、反撃・・・これが、結果を決める実質最後の一撃。
(W07_tihay) 勝負!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM) では…そっちの攻撃どうぞ!
(W07_tihay) 11+3d6 《ヘビーアタック》+《シャインヒット》+《ラッキーヒット》+《ファイナルストライク》+《ポテンシャル》×4
(kuda-dice) W07_tihay -> 11+3D6 = 11+[4,4,4,5,2,5,2,5,2,6,1,1,2,1,4] = 59
(W07_tihay) 1が3つでたから、ラッキーヒット効果で+9されて、68点ダメージ!
(Wat-cGM) バリアで8点とめて…
(Wat-cGM) HP29点!
(Wat-cGM) しんだよ!
(W07_tihay) よっし!
(W07_tihay) それでは、決着の描写いきますかな・・・こちらから描写ってOK?
(Wat-cGM) ふいふい!
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(W07_tihay) イって、イって、イって、イって、イきまくって、イきまくって、イきまくって、イき狂って、イき狂って
(W07_tihay) 出されて、出されて、出されて、出されて、出されて、絞って、絞って、絞って、絞りつくして、絞りつくして、絞りつくして
(W07_tihay) ・・・・
(W07_tihay) 嵐のような凌辱が、まぐわいが、続いて・・・そして、終わり。
(W07_tihay) どれほど時がたったか、どろどろになった救掌が、もっとドロドロになった千早のい中に、出せる限りの精を出しつくした時・・・
(W07_tihay) 【千早】「・・・」がっ。
(W07_tihay) 千早が、無言で救掌の体を両手で掴んだ。
(W07_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「……………?」両胸はピアスで繋がっている、腰はぐずぐずになっても未だに野太いものをくわえ込んだまま放していない、ひたりと身体を寄せ合ったまま不思議そうに救掌さんはちはやさんを見上げて
(Wat-cGM) [同級生達]「はぁ…はぁぁ…」周囲には未だに二人の痴態に向けて自らのペニスをしごき上げている娘も残っている、[庚]「すぅ…すぅ…」腰に両手を回したままヒロインだった少女が千早さんの体温を感じたまま幸せそうに寝息を立てている
(Wat-cGM) 【救掌】「あは…………♪千早、綺麗………やっぱり、大好きだな…………」瘴気によってえぐいカリ、野太さを備え、千早さんを貪っていた救掌さんのペニスが、それら瘴気に起因しない原因からわずかに膨らむ。救掌さんは眩しそうに千早さんを見上げて
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「っ、っ、か・・・」呟いた声は喘ぎと叫びと精飲でかすれていて、至近距離でもぎりぎり聞こえるか聞こえないかだったが。
(W07_tihay) 救掌の耳には届いた。
(W07_tihay) ・・・俺は、もうだめかもしれない。この肉の感覚にもう逆らえない・・・お前と一緒に地獄に落ちるかもしれない。
(W07_tihay) けど。
(W07_tihay) 【千早】「・・・!!」堕ちる地獄は選ばせてもらう。お前が俺を嬲るにはいいが、他の奴にまで残酷になるのは、許せねぇ
(W07_tihay) ・・・拳の勝負が決着に間に合わなかったんなら、床の勝負で決着つけてやる。
(W07_tihay) ・・・あいつらを巻き込んだ分と、庚をいじめた分。
(W07_tihay) 一発、痛い目見ろ。
(W07_tihay)  
(W07_tihay) ドズンッ!!!
(W07_tihay)  
(W07_tihay) ・・・それは、当麻流の流派に無い技だった。密着した零距離から腕wkからめて相手の体に段差をつけての
(W07_tihay) 「寸頸」と「石割り」の合わせ技。
(W07_tihay) 至近距離でも威力を失わず、長時間「
(W07_tihay) 押す」ことで威力を上げる寸頸と、段差をつけることでトリックめいたやり口だが硬い石を軽々割って見せる石割り、瞬発力と押しの長さを兼ね合わせた、拳の才が無いと出来ない技。
(W07_tihay) 救掌の胸のペンダントと救掌自身を狙って、魔力で体を強化していなければ、背骨が断裂しかねんレベルの破壊力を秘めた
(W07_tihay) この土壇場で編み出された千早オリジナルの絶技が、炸裂した!
(W07_tihay) ▽
(Wat-cGM) 【救掌】「ぇ"げぅっ!!!              ……ぁ、 」ごつり! 衝撃を逃がすこともできずにすくーなさんのむねがへしゃげ、反作用も押し当てられた拳で殺されて、只肺からおかしな声が漏れる。すくなさんの硬直した体が弛緩して再び唇から僅かな声が漏れた時、すくーなさんは完全に意識と、戦闘力を失っていた
(Wat-cGM) [兵士]『おぉ…すげぇな』『何だ?夫婦喧嘩か?』『おいおいなんだか随分沢山転がってるな、好きなのから選んでいいぞお前ら』そして、その場に無かった空気が背後から全ての余韻を踏み荒らして乱入する
(Wat-cGM) [兵士]『カノエとスクナは別にしておけ、二人ともチハヤの名前を出せば大人しくなる、それから…まだやる気はあるかい?チハヤ♪』嬉しそうにずかずかと兵士が歩み寄って少年と、少女と繋がりあったままの千早さんを見下ろす『言っておくが軍曹はもう死んじまってるんだ、スクナの言う事しかきかねぇぜ?』
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「っ・・・!!」
(W07_tihay) 悔しい、と、戻った意識が歯ぎしりするが・・・正直、もう、腕を上げることすら、ままならないほどに消耗している。
(W07_tihay) 庚も救掌も、助け出すどころか・・・身動きもできそうになく。
(W07_tihay) 【千早】「っ・・・」浴びるほど抱かれたにも関わらず、そして取り囲む兵士たちに、再び肉が疼いてしまい・・・
(W07_tihay) 【千早】「・・・せめて、そいつら(不良たちと女生徒たち)は、おいていって、やって・・・くれないか・・・そうして、くれたら・・・」
(W07_tihay) 良心と疼きのはざまで、肉体を対価に、せめて彼らを守ろうと、懇願します。
(W07_tihay) ▽
(Wat-cGM) [兵士]『…何だって?』『ガキどもに手を出さなけりゃお前に抱かれてもいいってよ』『あー…、欲がねぇな』【委任状】「ええ、それでは困ります…」ゆらり、と瘴気の渦が巻き起こり、隊長と思しき兵士の胸元から声がかかる
(Wat-cGM) 【委任状】「お前は先ほどのカノエの姿に何かを感じたはず、お前の身体に翻弄される生徒達に何かを感じたはず……お前には破壊した私の軍団を立て直すため、私の軍団の首領になってもらわねばなりません」マジックアイテムは言葉を続けます「お前も知ったはずです、他人を征服する喜びを……さぁ連れて帰りなさい、この娘にもっと教育を施さねば………」
(Wat-cGM) 【委任状】「まずはチハヤ、お前にカノエをくれてやりましょう。ひとつひとつ、覚えてゆけばよいのです…」闇の鎖が伸びて、どこにも繋がっていなかった庚さんの首輪の鎖、それがゆるゆると千早さんの胎へと伸びてゆく幻が見える。鎖の先は千早さんの膣道をずるずると這い登り……その先端が子宮にピアス止めされる……幻影だ、そうだとわかっていても
(Wat-cGM) 【庚】「当麻、奥様……♪」魂の底までの完全な支配を委ねるような庚さんの声が、ちはやさんの子宮にひびいてとどくのでした………
(Wat-cGM) ▽
(W07_tihay) 【千早】「っ・・・」
(W07_tihay) 委任状の指示の元、千早は捕縛され、連れ去られる。その望みを全て潰されて。
(W07_tihay) けれど・・・・
(W07_tihay) その表情は、もう快楽に狂ってはいなかった。
(W07_tihay)  
(W07_tihay) ▽
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(Wat-cGM)  
(W07_tihay) HC Advanced -Reconquest-
(W07_tihay) おわり!