(kyubi_) 1、ヒロインとして目覚めて(えんぜ君と出合って)いますか?
15:14 (kyubi_) 2、パパの名前は?
15:14 (kyubi_) 3、ネットアイドルなのは親公認?
15:15 (kyubi_) 4、来てない筈の、と言うのは、初潮が来てない筈の、でOKですかね
15:15 (demonoman) 脇谷・件(わきや・くだん)<パパ
15:15 (demonoman) ヒロインとして目覚めてますが、まだ、魔物にあったことはありません。
15:16 (demonoman) 親公認です。
15:16 *nick beemoon → bee_GM
15:16 (demonoman) 勿論、初潮のことです(が、知識はあります)
15:16 (demonoman) ネット耳年増ですねw<知識はある。
15:17 (kyubi_) OK
15:17 (kyubi_) つまり、親も
15:17 (demonoman) だから、中田氏で赤ちゃんができることは知っている。
15:17 (kyubi_) 娘が外見とかで学校でストレスを感じたりしているのをなんとなく分かってるんですね
15:18 (demonoman) しかし、自分がまだできない(はず)だという事は知らないw
15:18 (kyubi_) で、ネットアイドルとして、容姿を生かすことで自身を持たせている面もアル、ト
15:18 (demonoman) むしろ、ストレスがないと思う方がおかしいですしねーw<容姿
15:18 (demonoman) ういうい。
15:18 *nick Rento_B → B04_Tils
15:18 *nick B04_Tils → B04_Till
15:18 (kyubi_) じゃあ、パパは優しくて誠実ないいパパなんでしょうね
15:19 (demonoman) 「こんな私でも大丈夫なんだ」と無意識に安堵している。
15:19 (demonoman) 自分ではみんなが応援してくれるからネットアイドルをしていると思っている。
15:19 (demonoman) うい、そうですね>優しくて誠実なパパ
15:21 (kyubi_) あーとはー
15:21 (kyubi_) ……
15:22 (kyubi_) まあ、何とか鳴るか!
15:22 (kyubi_) OK!
15:22 (kyubi_) GM経験も殆どないですが、一緒にがんばって行きましょう!
15:22 *nick kyubi_ → QB_GM
15:23 (QB_GM) イニシャルQでネームチェンジお願いします!
15:23 *nick demonoman → Q04kumiko
15:24 (QB_GM) では、HCくらくら突発セッション
15:24 (Q04kumiko) よろしゅー
15:24 (QB_GM) 襲い掛かる野生~~未熟な子作り
15:24 (QB_GM) を始めます!
15:24 (Q04kumiko) (わーわーどんどんぱふぱふ)
15:24 (QB_GM)  
15:24 (QB_GM)  
15:24 (QB_GM)  
15:24 (QB_GM)  
15:25 (QB_GM) 今日は、7月22日
15:25 (QB_GM) 夏休み最初の日だ
15:25 (QB_GM) だが、久美子にとっては、それだけではなかった
15:25 (Q04kumiko) 「んー、今日は新しいコスの写真をあげようかなー(にこにこ)」
15:26 (QB_GM) いつも忙しいパパ……そのパパが休みを取ってくれている特別な日なのだ
15:27 (QB_GM) 【パパ】「おーい、久美子~?」
15:27 (QB_GM) 居間の方から、パパの呼ぶ声が聞こえる
15:27 (Q04kumiko) 「なーに、パパー?」いそいそと居間に向かいます
15:28 *GINKO___ quit (Ping timeout)
15:28 *GINKO_ join #HCセッション (~GINKO@pddbb91.tubehm00.ap.so-net.ne.jp)
15:28 *hissy mode +o GINKO_
15:28 (QB_GM) 【パパ】「ふふ……」 隠そうとしても、抑えきれないような、そんな笑みを浮かべて……
15:28 (Q04kumiko) 「ぱぱ、おはよー♪」
15:28 (QB_GM) 【パパ】「じゃじゃ~~ん!」 パパが取り出したのは、小さな紙袋
15:29 (Q04kumiko) 「なになに?」覗き込むと?
15:29 (QB_GM) 覗き込むと、中に入っているのは、洋服店の名が書かれた小さな包み
15:29 (Q04kumiko) 「わわ、もしかして……。開けて良い?」
15:30 (QB_GM) 【パパ】「もとろんだよ、久美子のために買ってきたんだからね」
15:30 (QB_GM) もちろん
15:31 (Q04kumiko) 「わーい」がさがさ
15:31 (QB_GM) あけると……中に入っていたのは、淡い、水色のワンピースと、ケープ
15:32 (QB_GM) 【パパ】「久美子に似合うようにって、一生懸命選んだんだよ」
15:32 (Q04kumiko) 「きゃー、ありがとーぱぱー♪」ぴょんと抱きついてほっぺにちゅミ☆とするくらい喜ぶw
15:33 (QB_GM) 【パパ】「それで今日なんだけど、撮影するって言ってただろ? 近くの牧場にでも行かないかな? 今日は天気もいいし」
15:35 (Q04kumiko) 「え、パパ撮ってくれるの? うん行く行く~♪」
15:36 (QB_GM) 【パパ】「それじゃぁ……着替えておいで」
15:36 (Q04kumiko) 「はーい♪」とてとて
15:37 (Q04kumiko) とてとて「着替えたよー♪」パパの目の前でくるりんと回って、スカートの裾をちょいとあげて挨拶
15:37 (Q04kumiko) 「うふふ、似合うー?」
15:38 (QB_GM) 【パパ】「うん、凄くかわいいよ」 言いながら、パパは優しく、頭を撫でてくれる
15:39 (QB_GM) そんなパパの大きな手が、君は凄く大好きだ
15:39 (QB_GM) クラスメイトの誰よりも……
15:40 (QB_GM) (と言うことで、RP終わったら場面転換しますよ!)
15:40 (Q04kumiko) 「わーい♪」らじゃー>場面展開
15:40 (QB_GM)  
15:40 (QB_GM)  
15:41 (QB_GM) 天気のいい午後
15:41 (QB_GM) 普通ならば人が多いのかもしれないが、まだ夏休み初日と言うことで、海やプールの方が人気なようで
15:41 (Q04kumiko) 「
15:41 (QB_GM) また、平日と言うこともあって、人も少なく、涼しげな風が吹いている
15:42 (Q04kumiko) 「~♪」パパと手をつないで上機嫌であるいてます。
15:42 (QB_GM) のどかな牧場には、花が咲いていたり、牛が歩いていたり……移動すれば、馬に乗れるコーナーなどもあるようだ
15:43 (QB_GM) 【パパ】「久美子、楽しい?」
15:43 (Q04kumiko) 「わーきれいな花ー。……うん、すっごい楽しいよー」
15:45 (QB_GM) 【パパ】「そうかー、でも、ちょっと暑いね……ちょっとジュースでも買ってこようか?」
15:46 (Q04kumiko) 「うん! 久美子、ブドウさんねー」
15:49 (QB_GM) では、父親が売店のほうに向かって少しすると……
15:50 (QB_GM) 小柄な少年が君のほうに歩いてきた
15:50 (QB_GM) 腕白そうな少年だ
15:50 (QB_GM) そして、虫かごを差し出す
15:50 (Q04kumiko) 「ん~♪ ん? なーに?」
15:50 (Q04kumiko) >少年
15:50 (QB_GM) 【少年】「おねーちゃん、虫さん捕まえたら、この虫さん、おねーちゃんのだって!」
15:51 (QB_GM) まだ、小学校はいるかはいらないかぐらいの少年は、そう言ってえんぜくんの入った虫かごを見せてくる
15:51 (QB_GM) 【えんぜ】「……たすけてー」
15:51 (Q04kumiko) 「……しゃべったー!(・・)」
15:52 (Q04kumiko) 「なになに? 私の? しらないよー?(・・)ヾ」つんつん
15:53 (QB_GM) 【えんぜ】「やあ、詳しく説明している暇はないんだが、この牧場は今、魔族に狙われているんだ」
15:53 (Q04kumiko) 「えー? 魔族ー?」きょとーんw
15:53 (QB_GM) 【えんぜ】「それを調査していたら捕まってしまったので、魔力を持つヒロインである君に、何とかしてもらおうと思ってね」
15:54 (Q04kumiko) 「魔力? ヒロイン? ……んー良いけど、何をすればいいの?」
15:55 (QB_GM) 【えんぜ】「簡単に言えば、悪い魔法使いか、モンスターか何かが、あの売店のほうで悪いことをしていて、普通の人がそれの被害に会うかもしれないってことだ」
15:56 (QB_GM) そう言って、パパが向かって行った、売店のほうを指差す
15:56 (Q04kumiko) 「悪い人? 売店ってパパ!?」しょーっく
15:57 (QB_GM) 【少年】「……よくわかんないけど、その虫おねえちゃんに返すね! バイバイ!」
15:58 (QB_GM) そう言って、少年は返って行ってしまう……
15:58 (QB_GM) そして、君の手元には謎の生き物
15:58 (Q04kumiko) 「うん、バイバイ! 大変、どーしよー」おろおろ
15:58 (QB_GM) 【えんぜ】「大丈夫、君には力がある」
15:59 (QB_GM) 【えんぜ】「ボクが、それを開放してあげるよ」
15:59 (QB_GM) (ここからの演出はそちらにお任せします)
16:00 (Q04kumiko) 「え……?」
16:01 (Q04kumiko) んー覚醒は特に考えてなかったorz。
16:01 (Q04kumiko) 「力?」
16:01 (Q04kumiko) リリカル☆なのは第一話を参照w
16:01 (Q04kumiko) <演出
16:01 (QB_GM) 【えんぜ】「そう……ボクに触れて」
16:02 (Q04kumiko) ういうい
16:02 (QB_GM) なんだっけ
16:02 (Q04kumiko) 「うん……ぺた」
16:02 (QB_GM) めい・おー?
16:02 (QB_GM) (違)
16:02 (QB_GM) 触れると……とたんに流れ込んでくる、不思議な知識
16:02 (Q04kumiko) その白い悪魔w
16:02 (Q04kumiko) 「なに……これ?」
16:02 (QB_GM) それが、君の中にある、何かと一つになって……形をとる
16:03 (Q04kumiko) 「(ぴかー)え? なになに? どうなったの?」
16:03 (QB_GM) 君の中に眠っていた……いや、いつも目覚めていたのに気付くことが出来なかった力に気付く
16:03 (QB_GM) 後は、小さく、言葉を紡ぐだけ
16:03 (QB_GM) その力を、形にする呪文を
16:03 (QB_GM)  
16:03 (QB_GM) (さあ、呪文を!)
16:03 (QB_GM)  
16:04 (Q04kumiko) 「んにー。「マジカル☆クミコ、めいくあーっぷ」
16:04 (QB_GM) 言葉を紡ぐと……
16:04 (Q04kumiko) 最初なのでてれが入ってますw
16:05 (QB_GM) 周囲が光に包まれて……
16:05 (QB_GM) 服が、光に溶ける
16:06 (QB_GM) 下着も消え去り……生まれたままの姿になった久美子の体が、魔力で余れた服を纏う
16:06 (QB_GM) 光が消えると……久美子は、体に力が満ちている……自分が、魔法少女なのを感じた
16:07 (Q04kumiko) 「はわー。私魔女っ子になっちゃった……」
16:08 (QB_GM) そして、魔法少女として覚醒した久美子には分かる
16:08 (QB_GM) あの売店に、確かに、魔力が感じる
16:09 (Q04kumiko) 「これが、その悪者……? パパ!!」
16:09 (Q04kumiko) えんぜくんほったらかして駆け出しちゃいますよw
16:10 (QB_GM)  
16:10 (QB_GM)  
16:10 (QB_GM) 近寄ると……既に、売店は強い、邪悪な魔力に包まれていた
16:11 (QB_GM) 中にいる誰もが、俯いた、虚ろな目で……
16:11 (Q04kumiko) 「……これって……」
16:12 (QB_GM) パパも、虚ろな目で、ボーっと立ちすくんでいる……
16:13 (Q04kumiko) 「パパ! ぱぱ……」駆け寄って不安そうに見上げるが何もできないw
16:13 (QB_GM) 【???】「おや……? パパ? コイツに、何の用かな?」
16:14 (QB_GM) パパの肩の辺りから声が聞こえる
16:14 (Q04kumiko) 「パパ、パパ(ゆさゆさ) ……え? だれ?」
16:15 (QB_GM) しゅるしゅるしゅる
16:15 (Q04kumiko) 「きゃ!?」
16:15 (QB_GM) 【蛇?】「この男が、大事かい?」 くすくすくす
16:15 (QB_GM) パパの肩口に現れたのは……蛇
16:16 (QB_GM) 直径は15センチはありそうな巨大な蛇が、顔を持ち上げて、君を見下ろしている
16:16 (Q04kumiko) 「……う、うん。お父さんを、放して……」>蛇
16:17 (QB_GM) 【蛇】「断る……といいたいところだけど……いいよ、ついてきたら、放してあげるよ」
16:17 (Q04kumiko) 「ついていけばいいの?」
16:17 (Q04kumiko) おずおず
16:18 (Q04kumiko) って、直径で15センチて、でかいなw
16:19 (QB_GM) 【蛇】「ああ、嘘はつかないよ。 ついてきな」
16:19 (Q04kumiko) 「うん」
16:19 (QB_GM) 総蛇が言うと、パパはうつろな目のまま、ふらふらと歩き出す……
16:20 (QB_GM)  
16:20 (QB_GM)  
16:20 (QB_GM)  
16:20 (QB_GM) そして、たどり着いたのは、牧場の隅にある、小さな空き地
16:20 (Q04kumiko) (きょろきょろ)
16:21 (QB_GM) そこに踏み込むと、空気が変わり……
16:21 (Q04kumiko) 「ふあ?」違和感を感じて思わず声を上げる。
16:21 (QB_GM) 気付くと、目の前には、ライオンと、鷲と、トカゲ……
16:22 (Q04kumiko) 「……え?」
16:22 (QB_GM) 3匹の、魔力を秘めた巨大な動物が君を見ている
16:22 (QB_GM) そして、パパと蛇は、躊躇いもせずにその後ろに歩いていくと……
16:23 (QB_GM) 蛇は、パパの体から離れる
16:24 (Q04kumiko) 「あうあう」
16:24 (Q04kumiko) チョービビりまくってますw
16:24 (QB_GM) 【蛇】「さあ、放したよ?」
16:24 (QB_GM) 蛇が言うと、ライオンは身をかがめて……
16:25 (QB_GM) 鷲は空に浮かぶ
16:25 (Q04kumiko) 「う、うん。パパ……え?」袖を引いて連れ帰ろうとするが……
16:25 (QB_GM) 蜥蜴と蛇が、回り込むように移動し始めて……
16:25 (QB_GM) 【蛇】「もっていけるなら、どうぞ?」
16:26 (Q04kumiko) 「な……なに?」うるうる涙目w
16:26 (QB_GM) その言葉を皮切りに、君に遅いかかってくる
16:26 (Q04kumiko) 「きゃーっ!!!」
16:27 (QB_GM) では、戦闘を開始します!
16:27 (QB_GM)  
16:27 (QB_GM)  
16:27 (Q04kumiko) うい
16:27 (QB_GM)  
16:28 (QB_GM) ターン開始フェイズ!
16:28 (QB_GM) MPが回復します!
16:28 (QB_GM) イニシアチブ!
16:28 (QB_GM) そちらはいくつですか!
16:29 (QB_GM) って、4か?
16:29 (Q04kumiko) あいあい
16:29 (Q04kumiko) 4であります
16:29 (QB_GM) では、鷲が最初に動きます!
16:29 (Q04kumiko) あい!
16:30 (QB_GM) 浮かび上がった鷲は、そのまま羽根を畳むと、真っ直ぐ君に向かって降りてきて、鋭いくちばしで襲い掛かる
16:30 (QB_GM) 2d6+5
16:30 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+5 = [5,1]+5 = 11
16:30 (QB_GM) 11発!
16:30 (Q04kumiko) シールド!
16:31 (QB_GM) さあ、どうする!
16:31 (QB_GM) OK!
16:31 (Q04kumiko) 7点減少で
16:31 (QB_GM) 4発ダメージですね
16:32 (Q04kumiko) スカートごしにくちばしでぱんつを破かれますw
16:32 (Q04kumiko) <パンツはいてない>つかいまーす。
16:32 (QB_GM) おk!
16:33 (QB_GM) 鷲が真っ直ぐ向かってくる……防いだ、と思った瞬間、まだ慣れていない君の魔術は、ほんの少し綻んで……
16:33 (QB_GM) 鷲が貫いていく
16:33 (Q04kumiko) 「ひっ!」怖くて目をつぶる
16:33 (QB_GM) 住んでのところでかわした君の腰の所で、ぴ、と小さな音が……
16:34 (Q04kumiko) 「え? ……きゃっ、やだ」
16:34 (QB_GM) 何かが、足元を通り抜ける感触……その直後、ふわりと入り込んでくる風……
16:34 (Q04kumiko) 役目を果たさなくなった布切れが細い太ももを滑り落ちていく。
16:35 (QB_GM) そして、舞うように、飛び去って行く、布……
16:35 (Q04kumiko) 「は、はぅ、えっち!(;;)」
16:35 (Q04kumiko) >鷲
16:35 (QB_GM) では、ここで
16:35 (Q04kumiko) うい?
16:35 (QB_GM) イビルアイが使用されます!
16:35 (Q04kumiko) なんとw
16:35 (QB_GM) 羞恥を感じながら顔を上げると……
16:36 (QB_GM) 久美子の目に映るのは、信じられない光景
16:36 (QB_GM) パパが、ビデオを構えている
16:37 (QB_GM) 久美子を、じっと……今日、久美子のことを撮るはずだったカメラで、じっと君の、下着を失って、風に浚われてスカートを舞い上げた姿を撮っている……
16:37 (Q04kumiko) 「え……ぱ、ぱぱ? やだっ! とらないでぇ……!」スカートをおさて恥らうw
16:37 (Q04kumiko) じゃあ、<視姦の檻>もつかうーw
16:37 (QB_GM) 【蛇】「僕らを倒さないと、パパはずっとそのままだよ?」
16:38 (QB_GM) OK!
16:38 (Q04kumiko) 「……(きっ)」涙目で蛇を睨む
16:39 (QB_GM) スカートを抑えていては戦えない、しかし、手を放せば、舞い上がったスカートの奥で、風に晒されるお尻が、そして無垢な割れ目がパパのビデオに納められてしまう
16:39 (Q04kumiko) 「(ぐすぐす)じゃ、じゃあ。あんたをたおしてやるー(TT)」
16:39 *nick NO_GM_ → NO_MARCY
16:40 (QB_GM) 久美子の番です!
16:40 *QB_GM topic : 鷲5/蛇3/蜥蜴3/獅子2
16:41 (Q04kumiko) 何度かためらったあと、スカートから手を放し、蛇達に杖を向ける。
16:41 (Q04kumiko) ルミナスレイとガッツで蛇を打つw
16:41 (QB_GM) OK
16:42 (Q04kumiko) 3d6+7+1
16:42 (kuda-dice) Q04kumiko -> 3D6+7+1 = [6,4,4]+7+1 = 22
16:42 (QB_GM) げげぇ!
16:43 (QB_GM) ぷち
16:43 (QB_GM) 蛇は、君の呪文に晒されて、ひしゃげるようにして潰れる
16:44 (Q04kumiko) 「はぁはぁ……やった、の?」
16:44 (QB_GM) しかし、パパはそんな君の姿を淡々とビデオに納め……爆風で舞うスカートを、その奥を治めようとビデオを回しているだけで
16:44 (Q04kumiko) 「……ぱぱ……(ぐすぐす」
16:44 (QB_GM) 【蜥蜴】「……僕ら、と言ったはずだけど?」
16:45 *QB_GM topic : 鷲5/蜥蜴3/獅子2
16:45 (QB_GM) 言いながら、蜥蜴は口を開き……
16:45 (Q04kumiko) 「!!!」
16:45 (QB_GM) 久美子に、その牙をつきたてようとする
16:45 (Q04kumiko) ふせげませんw
16:45 (QB_GM) 2d6+4
16:46 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+4 = [5,2]+4 = 11
16:46 (QB_GM) 11発!
16:46 (QB_GM) あ、しまった
16:46 (QB_GM) 七色の淫毒です
16:46 (QB_GM) がぶり!
16:46 (Q04kumiko) んー
16:47 (Q04kumiko) 「え? なに……」催淫で
16:47 (QB_GM) 蜥蜴に噛まれると……痛みは殆どない
16:47 (QB_GM) それどころか、一筋垂れた血すら、すぐに止まって……
16:48 (QB_GM) しかし、次の瞬間、どくん、と心臓が大きく鼓動を始める
16:48 (QB_GM) ズキン、ズキン、と体が熱くなり、汗がどっと噴き出し、辺りに甘い匂いを広げ始めてしまう……
16:49 (Q04kumiko) あ、スカートやぶれてパイパンがしっとり蜜をこぼすのが映されますw<生えてない>
16:49 (Q04kumiko) 「なに、これ……」
16:50 (QB_GM) 体の奥が、熱い……
16:50 (QB_GM) 血液全てが熱を持っているかと思うほどに体が熱く、全身を巡るその熱は、特に足の間と、両胸とに集まりだしていく
16:51 (Q04kumiko) 「あ、う、うう……あつい、よぅ……」
16:51 (QB_GM) スカートの前面は下腹まで破れ、もはや、隠すという役目すら果たせず、パパのビデオの前に晒されて……
16:52 (QB_GM) その中心がずきずきと疼きながら、久美子が動くと、擦れ合わさって、くちゅぅ……とかすかな音を立てる
16:52 (Q04kumiko) 「とらないでー、こんなのやだよー」
16:53 (Q04kumiko) 「ひあっ!?」手で隠そうとして、変なところに触ってしまう(描写のみです)
16:53 (QB_GM) 体を朱に染めていても、パパのカメラは、そんな君の姿を余さず撮影していく……
16:55 (QB_GM)  
16:55 *nick NO_MARCY → NO_REST
16:55 (Q04kumiko) 「うう。まだ、するの……?」獅子さんですかな?
16:55 (QB_GM) では、獅子は、このターン、ニヤニヤしたまま動きません!
16:55 (QB_GM) 次のターンに移行します!
16:55 (QB_GM)  
16:55 (Q04kumiko) うい
16:55 (QB_GM) ターン開始時
16:56 (QB_GM) MPが回復します
16:56 (Q04kumiko) あいあい
16:56 (QB_GM) そして、鷲の番!
16:56 (Q04kumiko) かもー
16:56 (QB_GM) 2d6+5
16:56 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+5 = [4,6]+5 = 15
16:56 (QB_GM) 15点!
16:57 (Q04kumiko) シールドー
16:57 (Q04kumiko) 8点胸に食らいますー
16:57 (Q04kumiko) あれ?
16:57 (QB_GM) OK!
16:57 (Q04kumiko) 杖の+1ってこれに有効?
16:57 (QB_GM) 有効のはずですよ
16:58 (Q04kumiko) んじゃ、7点食らいますw
16:58 (QB_GM) うぃうぃ!
16:59 (QB_GM) 鷲は、再び舞い上がっていた……それに気付き、防御の魔法を唱えたものの……
16:59 (QB_GM) 縦は破られ、上半身を、魔力で編んだ服をごっそりと引き裂かれてしまう
16:59 (Q04kumiko) あれ、6点らしいw
16:59 *GINKO_ quit (Ping timeout)
16:59 *GINKO_ join #HCセッション (~GINKO@pddbb91.tubehm00.ap.so-net.ne.jp)
16:59 *hissy mode +o GINKO_
16:59 (QB_GM) さあ、そちらです!
17:00 (Q04kumiko) 「はぅ……えーーーい!」さっきと同じで、トカゲに
17:00 (QB_GM) うぃうぃ
17:01 (QB_GM) 蜥蜴でいいのなら、判定をどうぞ
17:01 (Q04kumiko) 2d6+7+2
17:01 (kuda-dice) Q04kumiko -> 2D6+7+2 = [2,1]+7+2 = 12
17:01 (Q04kumiko) しょぼw
17:01 (Q04kumiko) あ、
17:01 (QB_GM) 12では落ちない!
17:01 (QB_GM) 1D足りないね
17:01 (QB_GM) ガッツが入ってない
17:02 (QB_GM) ガッツは辞めとく?
17:02 (Q04kumiko) いや、催淫状態ですのでw
17:02 (QB_GM) あ、うぃうぃ
17:02 (Q04kumiko) -1dくらうのですよー
17:02 (QB_GM) 了解です!
17:02 (QB_GM) 火照ったからだが、思うように動かせず……
17:03 (QB_GM) 振るった魔法も、どこか集中を欠いていて、蜥蜴の表面ではじけてしまう
17:03 (Q04kumiko) 「ひゃう?!!」風にくすぐられて声をあげてしまいますw
17:03 (QB_GM) そんな君に、体を火照らせた牙が、再びもぐりこむ……
17:03 (QB_GM) ずぶり……
17:03 (Q04kumiko) 「や、やだ……」
17:03 (QB_GM) 2d6+4
17:03 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+4 = [6,2]+4 = 12
17:04 (QB_GM) 12発!
17:04 (Q04kumiko) 防げないので胸0にw
17:06 (Q04kumiko) んでふたなりにw
17:06 (Q04kumiko) 「え? おまたが、あつい……」
17:07 (QB_GM) ずきん、ずきん、ずきずきぃ……
17:07 (QB_GM) 違和感を感じる……
17:07 (Q04kumiko) 「あ、あう……」ちいさな陰核が、見る間に成長していく。
17:07 (QB_GM) 今までよりも、強い違和感……
17:08 (QB_GM) 熱が、せり上がって、大きく伸びていく……
17:08 (Q04kumiko) 「や、だ。なにこれ……」
17:08 (QB_GM) 太く、長く……そして反り返っていく
17:08 *byakuya join #HCセッション (~byakuya@softbank218138085018.bbtec.net)
17:08 *hissy mode +o byakuya
17:08 (Q04kumiko) 「お、ちんちん……!? やだ……戻して……なおしてよぅ……」
17:09 (QB_GM) 何かは分からないが、それは熱くて……そしてなんだか恥ずかしくて
17:09 (QB_GM) 風が吹くだけでも、震えてしまうほどに、むき出しの神経のように敏感で
17:10 (Q04kumiko) 「ひ、ひあ」
17:10 (QB_GM) 体が震えると……それだけで、先端からじくじくと、透明なものがとろとろと零れだす
17:11 (Q04kumiko) 「あ、あ、……何か、来る……来ちゃう……」
17:12 (QB_GM) ヒクヒクと、久美子の股間に硬く張り出した先端が震えて、切れ込みがパクパクとビデオに向かって喘いでしまう……
17:13 (QB_GM) 一瞬、君の意識が、肉棒に移った瞬間に、獅子が動く
17:13 (Q04kumiko) ついに来たかw
17:14 (QB_GM) 唯一の強制生殖持ちだからな!
17:14 (Q04kumiko) すばらすぃw
17:14 (QB_GM) 2d6+5 でも、それで枠使ってて他に魔法ないんだけどな
17:14 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+5 = [2,6]+5 = 13
17:14 (Q04kumiko) さぁーたねをつけてくれ!ww
17:14 (Q04kumiko) おや、こっち?
17:15 (QB_GM) む?
17:15 (Q04kumiko) しかし
17:15 (Q04kumiko) 防御はできないんですよーw
17:16 (QB_GM) うむ、受けろ!
17:16 (Q04kumiko) 「え? え?」
17:17 (QB_GM) ドン、と背中に受ける、巨大な質量
17:17 (QB_GM) 体が、前に倒れこむ……
17:17 (Q04kumiko) 「きゃっ」
17:17 (Q04kumiko) <無垢なる純情>+<張り付く異物>+<純潔の証>+<つけられた種>
17:17 (Q04kumiko) を使うので、存分に種を付けてくだされw
17:18 (QB_GM) 両手が、地面の草を掴む
17:18 (Q04kumiko) 「い、いったー」膝小僧を擦りむくw
17:18 (QB_GM) その瞬間、背中に感じる、獣の重み
17:18 (QB_GM) 獣が、背中に跨っている……
17:18 (Q04kumiko) 「ひっ?!」おもくて、あつくて、そして………
17:18 (QB_GM) ごりぃぃぃっ
17:19 (QB_GM) 少女の、熱い股座に触れる、さらに熱い、灼熱の感触
17:19 (Q04kumiko) 「きゃあーーー????!!!!!!」
17:19 (QB_GM) 押し入ろうとはせず、擦り付けられる、固い感触……
17:19 (QB_GM) 先端がぬるぬるとした、尖った、硬い何か……
17:20 (Q04kumiko) 「ひ、ひあ、あつい、あついよ……やめ、やめて……」
17:20 (QB_GM) 獣の、熱くて、硬くて、尖った何かが……少女の、秘所に入り込もうとしている
17:20 (QB_GM) カサ……
17:20 (Q04kumiko) 「い、いや、いたい」
17:21 (QB_GM) かすかな音がすぐそばで聞こえる
17:21 (QB_GM) パパが……大好きなパパが、ビデオを持って、近くに来ている
17:21 (QB_GM) 君を近くから写そうとしている
17:22 (Q04kumiko) 「や、みないで、パパ……」
17:22 (QB_GM) ミチィ……
17:22 (QB_GM) 秘所に、何かが、無理矢理押し付けられる……
17:23 (QB_GM) ジンジン、ズキズキと疼く場所が、ゴリゴリと削られていく……
17:23 (QB_GM) ぬるぬるしたものを潤滑剤にして、ミチミチと、久美子の体を押し広げていく……
17:24 (Q04kumiko) 「い、いた……
17:24 (Q04kumiko) 「いたいたいたいたいたい」こわれかけw
17:25 (QB_GM) 引き裂かれていく……オマンコが、引き裂かれ……
17:25 (QB_GM) ズンッ
17:25 (QB_GM) 腹の奥に、強烈な衝撃……
17:26 (QB_GM) 獣の何かが、少女の腹の中に密着する……
17:26 (Q04kumiko) 「ぐふっ!」
17:27 (QB_GM) ジンジンと痛む……そして、じくじくと痒みのような怪しい感覚が広がる場所を、獣の棒がゴリゴリとかき回し始める……
17:28 (Q04kumiko) 「い、ぎぎ、う……? え……?」脂汗を流していた彼女の体がだんだんと紅潮していく。
17:29 (Q04kumiko) 「あ、あう……やだ……」
17:29 (QB_GM) 大柄な獣の体の下で、揺さぶられ、翻弄される……
17:29 (QB_GM) ふさふさとした毛が、晒された背中に擦れて、くすぐったい
17:30 (Q04kumiko) 「あ、あっ、はう……ひゃん」小さな体が押し付けられ、ペニスだけで引き上げられる。
17:30 (QB_GM) まるで、獣におもちゃのように扱われていると、だんだんと下腹部から痛みが引いて……いや、痛みが、別の、何か爆発しそうな熱さに上書きされていく
17:30 (Q04kumiko) 「あ、あ、はぁ……くす、ぐったい、よぅ」呟く声が、ほんのりと甘い蜜を帯びる。
17:31 (QB_GM) ごちゅぅ、ごちゅぅ……
17:31 (QB_GM) いつしか、ぬめった音が、破瓜を済ませたばかりの蜜壷から流れ初め……
17:31 (QB_GM) 獣の棒が、ビク、ビクビク、と震えだす
17:32 (Q04kumiko) 「あ、あん」棒の震えに合わせ、甘い声をもらす久美子。
17:33 (QB_GM) 獣の棒が引かれて……
17:33 (QB_GM) 再びズン、と奥深くまで埋めてくる……
17:33 (QB_GM) その瞬間……
17:33 (QB_GM) ごびゅぅん!!
17:33 (QB_GM) びゅく、びゅくびゅくぅ!
17:34 (QB_GM) どびゅ、ごびゅぅぅぅっ!!
17:34 (Q04kumiko) 「あ……」引き抜かれて物欲しげな表情を浮かべ……
17:34 (Q04kumiko) 「きゃふっ!」突きこまれ、嬉しそうな声を上げる。
17:34 (QB_GM) 弾けていく、熱い衝撃……
17:34 (Q04kumiko) 「ひあっ!? あ、あついっ!?」
17:35 (QB_GM) お腹の奥で、何かどろどろしたものが流し込まれている……
17:35 (QB_GM) 焼けるように熱い何かが……どくん、どくん、と脈打つたびに、お腹の奥まで……
17:37 (Q04kumiko) 「あっ! あっ……あ、あん」険しい表情も初めだけで、注がれるたびに段々と陶然とした表情になっていく久美子
17:38 (QB_GM) 獣の体がビクビク震え……ドクドクという脈動が久美子の胎の中に流し込まれるのを
17:38 (QB_GM) そして、その衝撃を受けるたびにとろとろの表情に変わっていく久美子の顔をビデオに収めていくパパ……
17:39 (Q04kumiko) 「ぱぱ……」
17:39 (QB_GM) パパは、ゆっくりと獣が体を離し、純潔の証の先決が垂れる秘所から、獣の白濁が垂れ落ちるのすら間近で撮影している……
17:40 (Q04kumiko) 「あ……あふ……」
17:41 (QB_GM) 久美子の股間から、そして、獣の股間から垂れる白濁
17:41 (Q04kumiko) ごぽごぽとあふれる白濁を狂おしげに見つめる久美子。
17:41 (QB_GM) それは、お互いの秘所がたったいま、番っていた証明
17:43 (Q04kumiko) 「あ……あんなの、入ってたんだ……」
17:43 (QB_GM)  
17:43 (QB_GM)  
17:44 (QB_GM) では、何もないなら、ターンが変わります!
17:44 *nick Caitsith0 → CaSi_zzz
17:45 (Q04kumiko) ありませんね。
17:45 (Q04kumiko) つーか、この状態で反撃する気力が出るかどうかも分からんのですがw
17:46 (QB_GM) では、特に何もないなら、ターンが変わります!
17:47 (QB_GM) ターン開始時!
17:47 (QB_GM) MPが回復します!
17:47 (Q04kumiko) あいw
17:47 (Q04kumiko) 「……いまの、なに?」
17:47 (Q04kumiko) >獅子
17:48 (QB_GM) 【獅子】「……知らんのか? 今のが、SEXと言うものだ……」
17:48 (Q04kumiko) 「せっ……くす……?」
17:48 (QB_GM) 【獅子】「子を作るために……いや、快感を貪るために貴様ら人が行う、浅ましい行為よ」
17:49 (Q04kumiko) 「……!」その意味は分かっているので蒼白になる久美子
17:49 (Q04kumiko) 「や、やだ……あ、あか、ちゃんが……?」
17:49 (QB_GM) 【獅子】「随分と嬉しそうに、胎で受け止めていたなぁ? ん? この、ぽたぽたと垂れているものが、2人が繋がった証拠だ」
17:49 (Q04kumiko) 自分の秘部を見て、がくがくと震えだす。
17:50 *goma_miso join #HCセッション (~goma_miso@pl009.nas934.p-gifu.nttpc.ne.jp)
17:50 *hissy mode +o goma_miso
17:51 (QB_GM) 【獅子】「気持ち、よかったのだろう? 初めてなのに……」
17:51 (Q04kumiko) 「い、いや……どうしよう……、ああ……!」その場にへたり込む。
17:51 (Q04kumiko) 「やだあ……言わないでぇ……」
17:51 (Q04kumiko) ぷるぷるくびをふる。
17:51 (QB_GM) 【獅子】「安心しろ、きちんと、初めてで快楽を貪って、妊娠した姿は……パパにとってもらおう」
17:52 (Q04kumiko) 「いやぁっ!!」
17:52 (Q04kumiko) 叫んで号泣する久美子。
17:54 (Q04kumiko) 「あかちゃん? あたしあなたの赤ちゃん産むの? やだ、そんなのやだよぅ……」
17:54 (Q04kumiko) 「まだ小学生なのに……お母さんになんてなりたくないよ……」
17:56 *cacao0 join #HCセッション (~chocoa@p8028-ipbfp2004tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp)
17:56 *hissy mode +o cacao0
17:59 (QB_GM) 鷲は、そんな君たちのやり取りを冷ややかに見つめ……
17:59 (QB_GM) 行動放棄
17:59 (QB_GM) 嫌、辞めておこう
17:59 (QB_GM) ああ、いいのか
17:59 (QB_GM) 放棄
17:59 *alter0 join #HCセッション (~guest@ntkyto067086.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp)
17:59 *hissy mode +o alter0
17:59 (QB_GM) だ
18:00 (Q04kumiko) うい
18:01 (QB_GM) では、久美子どうぞ
18:02 (Q04kumiko) うー
18:02 *GINKO_ quit (Ping timeout)
18:02 (Q04kumiko) ところで受胎判定は?
18:02 *GINKO_ join #HCセッション (~GINKO@pddbb91.tubehm00.ap.so-net.ne.jp)
18:02 *hissy mode +o GINKO_
18:03 (Q04kumiko) 放棄できたっけ?
18:04 (QB_GM) 受胎判定は
18:04 (QB_GM) 発声してないのだ、まだ
18:04 (QB_GM) 攻撃判定で6ゾロも
18:04 (QB_GM) HP0にもしてないので
18:05 (Q04kumiko) 強制受胎はHPダメージで受胎判定できなかったっけ?
18:06 (Q04kumiko) 残念
18:06 (Q04kumiko) では、
18:06 *bee_GM quit ("Leaving...")
18:06 *NO_REST quit ("")
18:06 (QB_GM) 強制受胎がないと
18:06 (QB_GM) 受胎判定が行えないのです
18:06 (QB_GM) ので、久美子どうぞ
18:06 (Q04kumiko) いつものようにルミナスレイ+ガッツで四肢を
18:06 (Q04kumiko) 獅子ねw
18:07 (QB_GM) OK
18:07 (Q04kumiko) 2d6+7+2
18:07 (kuda-dice) Q04kumiko -> 2D6+7+2 = [6,2]+7+2 = 17
18:09 (Q04kumiko) まだ催淫状態は解除してないのですよーw
18:10 (QB_GM) うむ、そのダメージを受けても、獅子はよろめくこともなく、悠然と立っていて……
18:11 (QB_GM) そして今度は、正面から君に圧し掛かる
18:11 (Q04kumiko) 「あ、あ、……やだ、……もう、しない、で……」
18:11 (QB_GM) 2d6+5
18:11 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+5 = [5,6]+5 = 16
18:11 (Q04kumiko) 「いやーーー」
18:11 (QB_GM) く、ぞろ目が出ない!
18:11 (QB_GM) 魔法を放った直後の、不安定な瞬間……
18:12 (QB_GM) まだ慣れていないその瞬間に、獅子の体重が浴びせられる
18:12 (Q04kumiko) むぅ。まぁ……あるなら使うよなー。シールド!
18:13 (Q04kumiko) というわけでHPまだ0になってませんw。
18:13 (QB_GM) そして、再び、圧し掛かる体重……
18:13 (Q04kumiko) が、ダメージは受けているので凌辱されるんでしょうねぇw(わくわく)
18:14 (QB_GM) 今度は、正面から……まじまじと、獣の体を見せ付けられてしまう
18:14 (QB_GM) 自分にのしかかり、体に迫ってくる獅子の体を
18:14 (Q04kumiko) 「……は、ぅ……」剛直を見つめる。
18:14 (QB_GM) ちゅくん……
18:15 (QB_GM) 白濁に汚れた肉棒の先端が、再び秘所に触れる
18:15 (Q04kumiko) 仰向けのまま、押しつけられたそれを、ただ見つめるしかない。
18:15 (QB_GM) 一度達せられた秘書は、その陵辱者の接触にも、甘い疼きで応えて……
18:16 (QB_GM) ぐり……ぐりぐりぃ……
18:16 (Q04kumiko) 「あ……や……」
18:16 (Q04kumiko) 抵抗はあまりにもはかなく……
18:16 (QB_GM) と、秘所が再び押し広げられていく……甘く、蕩けさせられていく……
18:17 *goma_miso quit ("Leaving...")
18:17 (QB_GM) 男を受け入れる、女の悦びを再び刻み込まれ始めてしまう……
18:17 (Q04kumiko) 「あ、は……ぁ……」知らず、表情を緩める。
18:18 (Q04kumiko) 「や、なのに……」腰が、勝手に動く。
18:20 (Q04kumiko) 「い、や……」腰を押し付け、獅子のものを飲み込んでいく
18:21 (QB_GM) ずりぃ……
18:22 (QB_GM) 柔らかく、ほぐされていく……獣を受け入れるために
18:22 (Q04kumiko) 「あ……」瞳がうるむ。
18:23 (QB_GM) とろとろに蕩け、蜜でしっとりと濡れた秘肉は、みっちりと引き伸ばされ、獣肉に絡みつき……擦られるたびに、裏返りそうなほどに擦れ、ひだの1枚1枚が快感を訴え始める
18:23 (QB_GM) 奥がコツン、と小突かれる
18:23 (Q04kumiko) 「あんっ」
18:23 (Q04kumiko) 声が漏れる。
18:23 (Q04kumiko) 自分でも、驚くほど甘えた、声が。
18:23 (QB_GM) ぷちゅう、と奥に出された白濁が絡みつき、ぬるり、と粘膜の奥に塗り付けられ、しみこまされていく
18:24 (QB_GM) 揺さぶられる、少女の奥がかぁっと熱く燃え上がる
18:24 (Q04kumiko) 「ああ……」
18:24 (QB_GM) コツン、コツン、と揺らされるたびに、少女の奥の、さらに奥が甘く、いやらしく女として目覚めていく
18:25 (QB_GM) じゅくじゅくに濃い蜜が奥から溢れ、ペニスに絡みつき、じゅるじゅるとペニスをしゃぶり上げる
18:25 (QB_GM) きゅうっと絞り上げて、ペニスに快感を訴える……
18:25 (QB_GM) 獣に、少女の中に眠っていた女が奉仕を始める……
18:25 (QB_GM)  
18:25 (QB_GM)  
18:25 (QB_GM) ぐらいで!
18:25 (Q04kumiko) あい。
18:26 (QB_GM) ターン終了!
18:28 (QB_GM) 次のターン開始時!
18:28 (Q04kumiko) うい
18:28 (QB_GM) 受胎させられない鷲は見てる!
18:28 (QB_GM) 久美子どうぞ!
18:29 *nick B04_Till → Rento_
18:29 (Q04kumiko) 「あ、あ、あん。きも、ちいいよう……どうしよう、赤ちゃん出来ちゃうのに」
18:29 (Q04kumiko) 「いやなのに……、体勝手に動いちゃうよ~」
18:30 (Q04kumiko) というわけで素手で、快楽奉仕攻撃w
18:30 (Q04kumiko) 2d6
18:30 (kuda-dice) Q04kumiko -> 2D6 = [4,3] = 7
18:31 (Q04kumiko) 「あん……はううう」
18:31 (Q04kumiko) 幼い蜜つぼが限界まで広がり、獣を飲み込む。
18:31 (QB_GM) それでは倒れない!
18:31 (QB_GM) ギチュゥゥ……
18:32 (Q04kumiko) その襞は甘くまとわりつき、互いの目的を果たそうとする。
18:33 (QB_GM) きつく締め上げる少女の陰唇が、獣のものに奉仕していく……感じる場所が無意識のまま、本能のままにこすり付けられ、そして、獣の反応を見ながら、獣の感じるように締め上げていく……・
18:33 (Q04kumiko) 「あ……、気持ち良いの? あなたも、気持ち良いの」無意識に目を細め、甘えるように尋ねる。
18:34 (QB_GM) 処女であった少女は、早くも娼婦のような淫靡な腰使いでオスの下で体をくねらせ、とろとろの蜜をペニスに塗りつけ、秘所から溢れさせ……開かれた足の間を、ビデオに見せ付けてしまう……
18:34 (Q04kumiko) 小突かれるうちに、その子宮口が開き、ペニスを飲み込む。
18:34 (Q04kumiko) 今までにない、強烈な締め付け。
18:35 (Q04kumiko) 「あ、あう。ん。ぱぱ……」
18:35 (Q04kumiko) 「とって……」
18:35 (Q04kumiko) ついに、懇願が口を突く。
18:35 (QB_GM) 【獅子】「ああ……いい、いいぞ……お前の膣は、とても気持ちいい……子種をそそぐのに、とても丁度いい穴だ」 囁きながら……
18:35 (QB_GM) じゅぽん
18:35 (QB_GM) じゅぼん
18:35 (QB_GM) ペニスが、カサで子宮口を削り取る
18:36 (Q04kumiko) 「あ! あ! どう、しよう。気持ち良い! 赤ちゃん、欲しがってる!」
18:36 (QB_GM) ぞり、ぞり、と出っ張りガ激しく擦り上げ、引っかかっているものが外れるたびに強く擦れる
18:36 (QB_GM) ちゅぬぅ……ぬちゅ、ぬじゅるぅ……
18:36 (Q04kumiko) 「いけない赤ちゃん! 体が欲しがってるよう!!」随喜の涙をこぼし、顔を振りながら訴える
18:37 (QB_GM) 子宮に、ぬるぬると直接精液が塗りたくられる……
18:37 (Q04kumiko) 「もっと、もっとして、そこ、奥をゴリゴリしてぇ!!」
18:37 *ria_0 join #HCセッション (~chocoa@61-205-80-203.eonet.ne.jp)
18:37 *hissy mode +o ria_0
18:38 (QB_GM) 涙ながらに子作りをせがむ少女の姿、犯す巨大な獣、お腹に浮き上がる肉棒の形……初めての体験は、ビデオに写されて……少女を狂わせて行く
18:38 (Q04kumiko) 叫びながら腰を動かす。さらに激しく、精液を絞るために。子宮口でをつかって、棒をしごく。
18:39 (Q04kumiko) 「あ?! なに? 何か、何かくる! くるのーーー」
18:39 (QB_GM) そして……ごじゅぅん、ごじゅん! じゅご、ごぶぅ! 少女の動きと、獣も腰の振り方が次第に合っていく
18:39 (QB_GM) 2人の歓喜が、まるで恋人同士のように高まっていく
18:40 (QB_GM) そして、獣の肉棒が、再び、少女の奥で震えだす……
18:40 (QB_GM)  
18:40 (QB_GM)  
18:40 (QB_GM) 攻撃忘れてたね!
18:40 (QB_GM) 2d6+5 獣の結合攻撃!
18:40 (kuda-dice) QB_GM -> 2D6+5 = [6,6]+5 = 17
18:40 (Q04kumiko) 「あ! が! ひ! うぐっ! んん~」獣に下からすがり付き、
18:40 (QB_GM) ぞろ目キター!
18:40 (Q04kumiko) きたーーーー!!
18:40 (Q04kumiko) でもそれ以前にHP0なんだw
18:41 (QB_GM) だろうな、でも、2回してもいいよ?
18:41 (Q04kumiko) まあ目標値が上がるかw
18:41 (QB_GM)  
18:41 (QB_GM) 少女の腰に、ズン、と深く、獣の腰が押し付けられる……
18:41 (Q04kumiko) 「んぐ!」子宮口が開き、獣を最奥の奥まで受け入れる。
18:41 (QB_GM) 子宮がズゴン、と強く押し上げられ、獣の肉棒に密着して、吸い付いて……
18:42 (Q04kumiko) 「あ……あああああ」
18:42 (Q04kumiko) 絶叫し、自分も射精する。
18:42 (QB_GM) そして、同時に……
18:42 (Q04kumiko) <少女の射精>
18:42 (QB_GM) ぶびゅるるるるるるぅっ!
18:42 (QB_GM) ぐびゅ、どびゅぅぅぅぅぅぅっ!
18:43 (Q04kumiko) 「あ、あは……」ウットリと目を細め、射精を一滴残らず受け止める。
18:43 (QB_GM) びゅくびゅくびゅくびゅくぅ!
18:43 (QB_GM) 子宮が、一瞬にして真っ白に染め上げられていく……
18:43 (Q04kumiko) 「どう、しよう……うれしく、なっちゃった……」
18:43 (QB_GM) 同時に、獣の腹の柔らかな毛に埋もれたペニスが、ビクビクと快楽の汁を噴出す
18:43 *GINKO_ quit (Ping timeout)
18:43 *GINKO_ join #HCセッション (~GINKO@pddbb91.tubehm00.ap.so-net.ne.jp)
18:43 *hissy mode +o GINKO_
18:44 (Q04kumiko) 満たされていく胎を言葉通りに愛おしげになでさする。
18:44 (QB_GM) キュンキュンと疼く子宮が、射精を浴びて絶頂する
18:44 (QB_GM) 何度も、何度も、勢いよく獣が射精するたびに、際限なく快感は膨れていく
18:44 (Q04kumiko) 「……」ぴくぴくと痙攣し、絶頂を心底からじっくりと味わう。
18:45 (QB_GM) 子種を浴びる子宮が、子作りされる悦びを刻み込まれていく……
18:46 (QB_GM) 結合部から白濁を逆流するほどの強烈な射精を、子宮で絶頂する少女の甘い叫びを、体を震わせて快楽を噛み締める少女の美しい姿を、レンズが記録を続けて……
18:46 (Q04kumiko) 「あ、は……」しばらく自失していた少女は、やがて我に返ると身を起こす。
18:47 (Q04kumiko) おなかに手を当て、そこに宿る命に思いをはせる。
18:47 (Q04kumiko) 「どう、しよう……、私……」
18:47 (QB_GM) 【獣】「……他愛もない」
18:47 (Q04kumiko) (びくっ)
18:48 (Q04kumiko) 「う……」おずおずと獣を見上げる
18:48 (Q04kumiko) 「わたしを、どうするの……?」
18:48 (QB_GM) 【獅子】「つまらぬ」
18:49 (QB_GM) 【獅子】「もっと己を磨け」
18:49 (Q04kumiko) 「そ、んなこと」弱弱しくも憤る。
18:50 (QB_GM) 【獅子】「そうでなくば……再び見えたときも、蹂躙するだけぞ」
18:50 (Q04kumiko) 「また、くるの……?」
18:50 (QB_GM) 【獅子】「貴様の“パパ”には、印をつけた」
18:50 (Q04kumiko) 胎がうずく。期待しているのだ。
18:51 (QB_GM) 【獅子】「その男がそばにいる限り、逃れられぬ」
18:51 (Q04kumiko) 「ぱぱ、に……?なんで、わたしに、すれば、いいのに」
18:51 (Q04kumiko) 「……」
18:52 (Q04kumiko) 「赤ちゃんは、どうするの?」
18:54 (QB_GM) 【獅子】「知らぬな」
18:54 (Q04kumiko) 「……ひどい、ひとね、あなた」
18:54 (QB_GM) 【獅子】「大事に育てればいいだろう?」
18:54 (Q04kumiko) お約束plzw
18:54 (QB_GM) 【獅子】「“お前が望んだ”子だぞ?」
18:54 (Q04kumiko) 「そんな事!」できないと言いかけて追い討ちを受ける
18:55 (Q04kumiko) 「……うう」
18:55 (Q04kumiko) 泣きぬれる。
18:55 (Q04kumiko) 「あれは、違うの、体が、勝手に……」
18:55 (QB_GM) 【獅子】「間違っていると思うなら、パパと一緒に、ビデオを見直せばいい」
18:56 (QB_GM) 【獅子】「貴様が、中に欲しい、子供を作ってくれ、とおねだりしている様子が何度でも見られるぞ?」
18:56 (Q04kumiko) 「いわ、ないで……、ちがうの、あれは」
18:56 (Q04kumiko) 「あれは、わたしじゃ、なくて……」
18:57 (Q04kumiko) 「ちが、う……」
18:58 (QB_GM) 【獅子】「そう思うなら……“次”は、抵抗して見せるのだな」
18:58 (Q04kumiko) 「……うん」
18:58 (QB_GM) 獅子が、ゆっくりと遠ざかっていく
18:59 (QB_GM) 少女に、甘い疼きを与えたまま
18:59 (Q04kumiko) 「こんどはまけない、んだから……」
19:00 (QB_GM) 鷲が、獅子を追う様に飛び去っていくと……
19:01 (QB_GM) 違和感を感じていた世界が、崩れ去る……
19:02 (Q04kumiko) 「かえ、らなきゃ……おうちに」
19:02 (QB_GM) そして、パパが、ふっと、力が抜けて……
19:02 (QB_GM) 草むらに倒れる
19:02 (Q04kumiko) 「パパっ!」
19:04 (QB_GM) しがみつくと、パパは、単に気絶しているだけで……
19:04 (QB_GM) 【えんぜ】「……ここにいたのか」
19:04 (QB_GM) 【えんぜ】「急に気配が消えたから……そうか、結界の中にいたんだね」
19:04 (Q04kumiko) 「あ、あなたは……」
19:05 (QB_GM) 【えんぜ】「魔族は……帰ったみたいだね」
19:05 (Q04kumiko) 「うん。……どうしよう、私……赤ちゃんが……」
19:06 (QB_GM) 【えんぜ】「……ごめん、ボクじゃ、それは、どうにもならないんだ……」
19:07 (QB_GM) 【えんぜ】「で、でも、パパとか、他の人の記憶は操作しておくから、大丈夫だよ!」
19:08 (Q04kumiko) 「どこが、どこが大丈夫なのよー!!」八つ当たりw
19:09 (QB_GM) 【えんぜ】「いた、そんなこと言っても、しょうがないじゃないか! 君が、急に走り出すから!」
19:09 (QB_GM) そう言って騒いでいると……
19:09 (QB_GM) 【パパ】「う……」 かすかに、パパが呻く
19:09 (Q04kumiko) 「だってパパが、心配だったんだもん」しょぼん
19:09 (QB_GM) 【えんぜ】「あ、早く、変身とかないと!」
19:10 (Q04kumiko) 「あ、パパ!」
19:10 (Q04kumiko) 「う、うん!」
19:10 (Q04kumiko) 変身とくと元の服装に戻るんだっけ?
19:12 (QB_GM) 戻りますね
19:13 (Q04kumiko) あい
19:13 (QB_GM) 淡い水色のワンピースに、再び体が包まれる
19:13 (Q04kumiko) 「……」
19:13 (QB_GM) 破られた下着も、元通りだ
19:13 (Q04kumiko) 服の裾をギュッとつかむ。
19:13 (QB_GM) だが……その下着の奥から、とろりと、獣の欲棒の証がぼれる
19:14 (Q04kumiko) 一瞬夢だったら……と思うが、交わりの証がそれを許さない。
19:14 (QB_GM) 【パパ】「あ、う、ん……? 久美子? ああ、スマン、眠っちゃってたのか?」
19:14 (Q04kumiko) 「……もう、パパったら忙しいからって可愛い娘をほっといてー」
19:14 (Q04kumiko) 何事もなかったようにごまかす
19:15 (QB_GM) 【パパ】「ああ、すまんすまん……っと、テープ、前のが入りっぱなしだったのか? もういっぱいになってる……取り替えなきゃな」
19:15 (QB_GM) 【パパ】「じゃ、撮影始めようか、うちのお姫様」
19:15 (Q04kumiko) 「!……う、うん」
19:16 (QB_GM) その日、久美子は……下着から垂れる白濁に、どこか甘い官能を噛み締めながら撮影を終えて……
19:16 (Q04kumiko) 「あ、ぱぱ……そのテープ、消し……。私に頂戴?」
19:16 (QB_GM) その艶めいた姿が、いつもよりも評判を呼ぶのだった
19:17 (Q04kumiko) 無邪気の子供を装いつつ。
19:17 (QB_GM) 【パパ】「ん、いいぞ?」
19:17 (Q04kumiko) しかし何も知らないころには戻れない。
19:17 (Q04kumiko) 「うん、自分でも、編集とかしてみたいんだ」
19:18 (Q04kumiko) 「ねぇ、パパ?」
19:18 (QB_GM) 【パパ】「そうか、分からないことあったら、なんでも聞くんだぞ」
19:18 (QB_GM) 【パパ】「なんだ?」
19:18 (Q04kumiko) 「大好きだよ……」
19:18 (QB_GM) 【パパ】「はは、パパも、久美子が大好きだよ」
19:18 (Q04kumiko) 艶めいた表情で呟く。
19:19 (QB_GM) ちゅ、と優しい……父親としての口付けが、少女の唇に触れる
19:19 *ria_0 part ()
19:19 (QB_GM) まだ、少女の奥に灯った火に、彼は気づくことはなかった……
19:19 (QB_GM)  
19:19 (QB_GM)  
19:19 (QB_GM)