【ルナリス】「私はルナリス・ライト、旅の魔術士です。」
【ルナリス】「たまたま立ち寄った町で、このようなことに巻き込まれてしまうなんて・・・」
【ルナリス】「このまま大人しくやられるわけにもいきません・・・抗って、みせますっ」
【ルナリス】 http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%A5%EB%A5%CA%A5%EA%A5%B9%A1%A6%A5%E9%A5%A4%A5%C8
【GM】  はいなー、それでは………
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス ランドリューフ戦記 【自由?への脱出】はじまります~
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 さて、たまたまカルカという名のこの街に立ち寄ったルナリスさん。……不幸にも、その立ち寄った翌日に。あろうことか、街がダンジョンに飲み込まれるという事態に発展し
【GM】 それから三日間。なんとか魔物と戦闘を繰り返し………冒険者ギルド手動の脱出計画のもと
【GM】 Cルート……いわゆる商業区を中心に町の外へと突破するルートを指定されて、現在動いており…
【GM】 そして今。歓楽街に差し掛かったところです。
【GM】 現在、ルナリスさんのほかにも3~4名のメイデンと協力体制を取って、なんとか魔物とかに見つからずにこっそり進んでいる、そんな状態です。
【GM】 ▽
【ルナリス】「ここまでは順調・・・みたいですね」仲間のメイデン達と協力しながら、魔物達に見つからないように気配を押し殺しながら、指定されたルートを辿っていきます。
【ルナリス】「このまま無事に、皆が脱出できる道が見つかると良いのですが・・・」慎重に歓楽街の道を進んでいきます。
【GM】 はい、そして歓楽街に入ると………そこで気がつくのですが。何か歓楽街全体に、薄いピンク色の霧がかかっていて………視界が悪くなっています。
【GM】 そして、霧に入るとぴりり、と瘴気が体にしみこみます。……さほど影響は大きくない程度ですが。
【ルナリス】「・・・っ!?なんでしょう、この霧・・・もしかしたら、何かトラップがあるかも知れません、慎重に進みましょう・・・」さほど影響がないとはいえ、瘴気が身体にしみ込んでいく感覚に仲間達に注意を促します。
【GM】 【レナ】「はい、分かりました……」と、頷くのは新米メイデンのレナ。かなりおっかなびっくりですが、ルナリスの言葉に頷いて、先に進み……
【GM】  
【GM】 と、いうことで。トラップを進呈です
【GM】 【淫魔の濃霧】(ナイト/耐久:0 攻撃:0 特殊:24)
【GM】 TP:-/魔力/攻撃力:-
【GM】 【特殊効果】
【GM】 《解除不能:強:18》《淫毒:5》《乳牛の呪い:5》
【GM】 《浸透:-2》《飛行無効:-1》
【GM】 こういうものです。……つまり、常時、催淫とミルクを進呈です。この中にいる間は。
【GM】  
【GM】 さて、霧の中を進むにつれ。体はどんどん変調していきます。胸は張り、体は疼き。…霧の中からは、女性の甘い声が響いている始末。
【ルナリス】「っ・・・んっ・・はぁ・・・この霧・・・何か、怪しい・・・あんまり、吸い込まないほうが良いみたいです・・・」霧の中を歩いている内に、身体と、胸の奥が熱くなっていくのを感じ・・・なるべく吸い込まないように口元を押さえながら霧の中を進んでいきます。
【ルナリス】 しかしそれでも、身体の中に浸透していく瘴気で・・・疼きはじめてしまいます。
【GM】 はい、そんな風に進んでいると。…淫毒の疼きに耐えていたからでしょうか。ふと気がつくと、レナをはじめとした……同行していたはずのメイデン達の姿が見当たりません
【ルナリス】「あれ、みんなっ・・・?一体、どこに・・・?」今先ほどまで居たはずの仲間達の姿が見当たらず・・・耳を立てて物音を探しながら、辺りを見回していきます。
【GM】 【レナ】「る、ルナさん、たすけ、んむぅ!?」と、耳をすますと。一瞬、レナの声が聞こえます。どうやら、声の出所は…路地裏のようです
【ルナリス】「っ!?・・・レナさんっ!?」一瞬聞こえたその声は、仲間のレナの声・・・咄嗟にその声の元へと向かい、路地裏へと入っていきます。
【GM】 はい。路地裏に入ると…
【GM】 【女性】「はむ、んむ、ちゅる、くちゅ…」「あふ、この子の体、すごくおいしい…」【レナ】「んぅ、んぅぅぅ!!!」と
【GM】 瘴気に犯された街の女性達…数名に……レナが押し倒され、口付けで口をふさがれ。体をいいようにもてあそばれている光景を目にします
【ルナリス】「レ、レナさんっ・・・!レナさんを、離しなさいっ・・・!」杖を構えるも、相手は瘴気に犯された町の女性達・・・なるべく手荒なことはしたくなく、強めの口調で問いかけます。
【GM】 【女性】「んむ、ちゅる……あら?」「ふふ、お友達かしら」「レナっていうの、貴方?ふふ、大丈夫よ、すぐにお友達も仲間になるから……」と、そんな語気にもかかわらず。ルナリスに気がついた街の女性達は、一人はレナとキスを続け……残りの数名がルナリスにむかって歩いていきます。
【ルナリス】「くぅ・・・やっぱり、聞いてくれませんか・・・仕方ないです、少し痛い目見て・・・眠ってもらいますよ・・・!」メイデンである自分達でも疼いてしまうこの霧に、普通の人間が耐えられるはずもなく・・・疼く身体を押さえながら、向かってくる女性達に立ち向かいます。
【GM】 はい、では…
【GM】 : [ルナリス][女屑(3人) IV7]
【GM】 と、いうわけで。戦闘開始ですー!
【GM】 開幕から。何かありますか?
【ルナリス】 開幕はないですねっ
【GM】 はいな、ではこちらからいきますー
【GM】 乱舞!
【GM】 -> 1D6+5 = [6]+5 = 11
【GM】 -> 1D6+5 = [2]+5 = 7
【GM】 11点と7点進呈です
【ルナリス】 では、二つともシールドっ!8点軽減なので、3点を他APで受けますっ
【GM】 はいな。アクトはありますか?
【ルナリス】 アクトはまだなしでっ
【GM】 らじゃー。ではルナリスどうぞー
【ルナリス】「・・・とっ・・・!ごめんなさいね、少し、痛いかもですけどっ・・・!」女達の手をかいくぐり・・・魔力の弾をぶつけますっ
【ルナリス】 プリズミックミサイル バーストファイアで攻撃しますっ
【GM】 かもんっ
【ルナリス】 1d6+14+8
【ルナリス】 -> 1D6+14+8 = [4]+14+8 = 26
【GM】 く、痛い
【GM】 【女屑】「あいたっ!」「抵抗するんだ…まったく、いけないこ」「すぐに溶かしてあげるから」と、ダメージは貰いましたが。なんかますます雰囲気が怪しくなってきます
【GM】 というわけでネクストラウンドいきますー
【GM】 同じく乱舞
【GM】 -> 1D6+5 = [5]+5 = 10
【GM】 -> 1D6+5 = [3]+5 = 8
【GM】 10点と8点進呈です
【GM】 ダメコンとあくとあればどうぞー
【ルナリス】 では二つともシールドで軽減・・・!2点を腰にっ、アクトはまだなしでっ
【GM】 はいな、では攻撃どうぞー
【ルナリス】 再びプリズミックミサイル バーストファイアっ!
【ルナリス】 -> 1D6+14+8 = [5]+14+8 = 27
【GM】 : [ルナリス][]
【GM】 はい、それで堕ちました
【GM】 ルナリスに群がる女性達。とはいえ、あっさりとルナリスにノックダウンされてしまいます
【GM】 そしてレナを攻めていた女性も、仲間が倒れるとあっさりと逃亡します
【ルナリス】「残りは・・・逃げてくれたみたいですね、良かった・・・」ほっと安堵の息をつくと、急いでレナさんのそばに駆け寄って。「だ、大丈夫ですか、レナさん・・・?」心配そうにレナさんを介抱しようとします。
【GM】 【レナ】「はぁ、ふぁ…ふぇ、ルナ、さん……?」解放され、壁際に崩れ落ちるレナ。見上げる顔は、霧のためにほてっており、先ほどまでの口責めで口周りが唾液に塗れて、とろん、とした顔でルナリスを見上げます
【ルナリス】「大丈夫ですか・・・?ゆっくり休ませてあげたいけど・・・先にこの霧から抜け出したほうが良いかも知れません・・・立てそうですか・・・?」ハンカチでレナさんの口元をぬぐい、手を差し伸べます。
【GM】 【レナ】「ふぁ…は、はい。どうにか…で、でも他の皆さんが、まだ奥に……」と、路地裏の奥のほうを指差します。…その方向からは、女性の甘いあえぎ声がはっきり聞こえてきます。
【ルナリス】「まだ、奥に・・・!」路地裏のさらに奥から甘い声が聞こえてきて。「早く助けに行かないといけませんね・・・行きましょうっ」レナさんを介抱し終わると、立ち上がり・・・路地裏の奥に向かいます。
【GM】 【レナ】「は、はいっ!」
【GM】 と、レナを伴い、路地裏の奥へ進み……
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 というわけでシーン切り替えますが。アクトはありますか?
【ルナリス】 なさげですっ
【GM】 はいなー、では
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 路地裏の奥に到着するルナリス。すると、その先の開けた場所では……
【GM】 【女性】「あは、可愛い子、もっと鳴いて…♪」「ぁん、ずるぅい、私もその子のおまんこの中、味わいたいのにぃ」「乳首震えて、かーわいいー♪」と、たくさんの女性達が、先に行方不明になったメイデン二人を囲い込んで、体中を文字通りしゃぶっており…
【GM】 【メイデンA】「ひぁぁぁ!だめ、らめぇ!中、つかないでぇ、そこ、ふぁ…!」「おおき、だめ、そ、んむぅぅ!」と、その女性達の中で犯されているメイデン二人。……女性達には一様に、股間に肉棒が生えており。それで秘所の中をかき回され、突起をしゃぶられ、口にふくまされ、足指に至るまで口で嬲られている光景を目にします
【GM】 その女性達の数は……おおよそ30
【GM】 ▽
【ルナリス】「な、なにこれっ・・・・・・」大勢の女性達が絡みあって・・・その女性達には本来ならついていないはずの大きな肉竿が生えていて・・・その異様な光景に押されてしまいます。
【ルナリス】しかし、それでも仲間を見捨てて逃げるなんて選択肢は最初からなく・・・覚悟を決めて、立ち向かいます。「そ、そこまですっ・・・!その人達を離しなさいっ・・・!
【GM】 【女性】「あは…♪お友達、また来た…♪」「二人じゃ足りないの……ねぇ、一緒に遊びましょう?」と、ルナリスに気がついた女性達は。そのままふらり、と立ち上がり………股間の大きな肉棒をさらけだしたまま。ルナリスにむかって歩み寄ります。…目に、異常な淫欲を宿して。
【ルナリス】「くっ・・・ま、負けませんからっ・・・」異様な光景に、身体にしみ込む霧の瘴気はさらなる疼きをうながし・・・必死にそれに耐えながら、戦闘態勢に入ります。
【GM】 はい。では……
【GM】 : [ルナリス][女屑の群れ(30人) IV8]
【GM】 戦闘開始ですー
【GM】 では開幕……はないですね
【GM】 こちらからいきますー
【ルナリス】 はいっ!
【GM】 では女屑。マルチアタック+追加攻撃!
【GM】 -> 2D6+7 = [2,6]+7 = 15
【GM】 -> 2D6+7 = [6,5]+7 = 18
【GM】 -> 2D6+7 = [5,3]+7 = 15
【GM】 15・18.15点です。ダメコンとアクトどうぞー
【ルナリス】 では、1撃をシールド、7点を胸腰に受けて、2撃はそのまま他で受けて飛ばします!3撃目はまたシールドで胸に受けますっ
【ルナリス】 あ、1撃目は胸ですっ胸
【GM】 はいなー。アクトはありますか?
【ルナリス】 アクトは乳辱でっ
【GM】 はいなー!
【GM】  
【GM】  
【GM】 【女性】「捕まえたぁ♪」と、唐突に後ろから抱きすくめられるルナリス。視ると、先ほどまでレナの口内を攻めていた女性で。前に意識が向いているルナを後ろから抱きすくめ、胸を下からむにり、と揉み上げていきます
【ルナリス】「ひゃっ・・・!?やっ、嫌っ・・・離して、触らないで・・・ひぅっ・・・!」ただでさえ普段から敏感な胸を、身体が疼きさらに感度を高められた状態で後ろから掴まれて・・・思わず、甘い悲鳴を漏らしながらビクン!と跳ねてしまいます。
【GM】 【女性】「だぁめ。こんなえっちな服まできて…期待してたんでしょ?」と、胸を揉む手に力を入れ、ぐに、ぐに、と…根元から絞るようにもみ絞りながら。指先で服の上から乳首をくいっ、と軽く捻ります
【ルナリス】「ひゃぅんっ・・・!んくっ・・・ふやぁぁぅ・・・!だ、だめ・・・だめぇ・・・ぁんっ・・・!」胸を搾られるたびに力が抜けてしまい・・・ぴっちりとしたローブの上からわかるほど乳首を尖らせて、そこを指先でひねられるとじわぁ・・・と湿り気を帯びさせながら甘い嬌声を漏らしていきます。
【GM】 【レナ】「ルナさ、って、あわ、きゃー!?」【女性】「はいはい、あなたはこっちで遊びましょうね♪」「いっぱい可愛がってあげます♪」と、そんなルナリスを助けようとしたレナはあっさりと女性達の群の中に飲み込まれ
【GM】 【女性】「うふふー。まずは貴方の胸、いっぱい苛めてあげるね…?」と、湿り気を帯び始めたのを察し……片手で右胸をぎゅむぐにぃ・・・と根元から揉みしぼり、母乳を集めながら。もう片手で、同じく右胸の乳首をひっぱり、ひねり、こねまわし、擦りあげていきます
【ルナリス】「あっ、レナさんっ・・・!んくっ・・・ふきゅぅ・・・!あっ、ああぁ・・・だめ、搾らないでっ・・・!」女性達に飲み込まれたレナさんを、どうすることも出来ないまま乳房を、乳首を責め立てられ・・・胸の中が熱くなっていく。
【GM】 【女性】「こんなに敏感でえっちな胸をもってる人はぁ……まずは胸だけでいっちゃいましょう♪」と、乳首を責める手を休めず、そのままにっこりと宣言し……
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 というわけで、ルナリスの番です。どうぞー
【ルナリス】 プリズミックミサイル バーストファイアですっ
【ルナリス】 -> 1D6+14+8 = [4]+14+8 = 26
【GM】 ん、26点もらいます
【GM】 ではネクストラウンドいきますー
【GM】 同じく。マルチアタック+追加攻撃!
【GM】 -> 2D6+7 = [6,5]+7 = 18
【GM】 -> 2D6+7 = [5,5]+7 = 17
【GM】 -> 2D6+7 = [6,6]+7 = 19
【GM】 ……出目がw
【ルナリス】 ひい・・・w
【GM】 18・17・19点です。ダメコンとアクトどうぞー
【ルナリス】 では。1撃目は胸でそのまま受けて飛ばして、3撃目を腰でそのまま受けて飛ばして、2撃目をシールド!9点をHPにもらいますっ
【ルナリス】 アクトは大きすぎる胸  晒される柔肌 射乳でっ
【GM】 はいな~。では…っ
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 【女性】「ふふ、それじゃあ。邪魔なものは全部ぬいじゃいましょう~♪」と、そんなルナリスに更に数人が群がり。ニーソックスやタイトロープを次々と脱がせ、生まれたままの姿にしてしまいます
【ルナリス】「あっ、やぁ、だめっ・・・やめて、離してっ・・・!ああっ・・・!」数人に群がられて、あっという間にすべての衣服を剥ぎ取られてしまい、母乳を滴らせる大きな胸と、うっすらと毛の生えた秘所まで、すべてを曝け出されてしまいます。
【GM】 【女性】「わぁ、おっっきくて淫らな胸…」「母乳をあふれさせて…期待してたのかなぁ?」「だよねぇ」「それじゃあ、いただいちゃいましょう」と、ルナリスに群がった女性達が口々に感想を述べ。そして二人の女性がルナリスの乳首をそれぞれ口に含み、しゃぶり始め。残りの女性が乳肉にすいつき、ついばむようにキスを繰り返し、舌で擦り上げ始めます
【ルナリス】「ふやっ・・・ひゃぅ、ひやあぁぁぁっっ・・・!!」あるゆる場所が弱点の、敏感な胸に多数の女性達が群がり・・・乳首を、乳房を余すとこなくキスをされ、舌を這わされ、吸い付かれ・・・
【ルナリス】 ぶしゅっ・・・!びゅるっ、びゅううぅぅぅっ・・・!と、噴水のように母乳を勢い良く噴き上げながら、軽く達してしまいます。
【GM】 【女性】「あは☆もういっちゃった?」「んく、んく、おいしい・・・ちゅるる。ねぇ、もっと頂戴?」「あー、次私ー!」と、達しているにもかかわらず、女性達の攻めはやむことはなく。それ以上に激しく、乳首にすいついては母乳を吸い上げるように、口をすぼめて吸引していきます
【ルナリス】「ひゃううぅぅっ・・・だめ・・・ミルク、吸っちゃうの・・・らめ・・・ひゃふううぅぅんっ・・・・!」止むことなく胸を、滋養と魔力がたっぷりと含まれた母乳を吸われ続け、びゅるっ!びゅううぅ!と激しく噴きつづけ、そのたびに絶頂を感じつづけてしまい・・・蕩けた表情を浮かべてしまいます。
【GM】 【女性】「むー。…いいよ、私こっちもらうからっ!」と、ルナリスの胸肉攻めからあぶれた女性が一人、頬をふくらませて。けれど、いい事を思いついた!とばかりに。ルナリスの股間の下に頭を差込み。はむ、ちゅるるる、ずずっ、と。秘所に口付けし、そのまま舌で舐め、差込、愛液を吸い上げて膣肉も責め上げていきます
【ルナリス】「ひゃんっ・・・!やぁ・・・あっ・・・きゅうぅぅんっ・・・!そんなとこ・・・舐めちゃ・・・だめぇぇ・・・!」無数の口で搾乳をされ続け・・・何度も達してしまいながら、一人の女性に秘所を覗き込まれると、そこはもう蜜でドロドロになってしまっていて
【ルナリス】 ヒクつく膣肉を舌で刺激され、腰が浮かびながら震えていきます。
【GM】 【女性】「わ♪すごいどろどろ…うん、いっぱい吸い上げてあげるね♪貴方のえっちな汁、胸とここから全部すいあげるよ♪」と、達し続けているルナリスを、膣から、胸から。途切れることなく快感を送り込み、体液ごと魔力を吸い上げていきます
【ルナリス】「あひっ・・・ひゃぁぁっ・・・!おかしく・・・おかしくなっちゃいますぅ・・・!」快楽に飲み込まれた表情を浮かべながら、母乳を、愛蜜を魔力と共に吸われ続け・・・気が遠くなりそうな感覚に陥っていきます。
【GM】 【女性】「くすくす」「おかしくなっちゃっていいんだよ」「いっぱい私達で溶かしてあげるから」と、そんなルナリスを肯定するかのように、女性達が口々に甘く囁き……
【GM】  
【GM】  
【GM】 ということで、ルナリスの行動どうぞー
【ルナリス】 で、では・・・もう一度プリズミックミサイル バーストファイア!
【ルナリス】 -> 1D6+14+8 = [4]+14+8 = 26
【GM】 ほむ・・・w
【GM】 では26点もらいますー
【GM】 ネクストラウンドー
【GM】 攻撃いきますっ
【GM】 -> 2D6+7 = [6,4]+7 = 17
【GM】 -> 2D6+7 = [5,5]+7 = 17
【GM】 -> 2D6+7 = [5,1]+7 = 13
【GM】 マルチアタック+追加攻撃の、17・17・13点です。ダメコンとアクト宣言どうぞー
【ルナリス】 むう、痛い・・・!
【ルナリス】 まずは1撃目と3撃目をシールド軽減!9点と5点を貰って残りHP3でいにしえの輝石使用しますっ
【GM】 はいなー
【ルナリス】 -> 3D6 = [5,6,5] = 16
【ルナリス】 HP19・・・シールド防御して、9点いただきますっ
【ルナリス】 アクトは熱い蜜壺 つけられた種 口辱 これで8個ですっ
【GM】 はいなー!
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 【女性】「ふふ、それじゃあ、私はそろそろ、こっちを貰おうかな」と、ルナリスの後ろから胸を絞るように揉んでいた女性が胸から手を離し。ルナリスの頬に手を当てて、横を向かせ……顔を寄せ、下をのばし。ルナリスの唇を舌でなぞりはじめます
【ルナリス】「んっ・・・ふぁ・・・ぁんっ・・・」横を向かされ、そのまま舌で唇をなぞられ、蕩けきった顔で口を開いていきます。
【GM】 【女性】「素直な良い子。それじゃ……あむ、んく、ちゅる、んく、ずずずっ……」と、開かれた唇に自らの唇を合わせ。舌をルナリスの口内にねじ込み、口の中をかき回し、舌を絡めとり、擦りあげていきます
【ルナリス】「んっ・・・んく、んっ・・・ちゅる、んっ・・・・」口の中をかき回され、舌を絡められ・・・相手が同じ女性同士にも関わらず、余計に背徳的な何かを感じてウットリと震えてしまい・・・唾液の交わる音を響かせていきます。
【GM】 【女性】「あむ、んく、ちゅば、ちゅる、んく…ずずっ、ちゅる……」そんな感情を見越したのか。ルナリスの頭の後ろに手をやり、更に顔同士を近寄らせ。舌の根元まで舌で絡めとり、口内から唾液をルナリスの口内へと送り込んでいきます……その間に、ルナリスの秘所を吸い上げていた女性が頭を離していきます。
【ルナリス】「んく、んっ・・・ふぁ・・・ん、ちゅる・・・ちゅく、じゅるぅ・・・」舌を絡ませながら流し込まれた唾液を啜り、味わいながら・・・秘所を吸っていた女性が顔を離すと、口元と秘所とで淫らな糸を引かせてしまいます。
【GM】 【女性】「ん、もうこっちも準備いいかな。……うん、それじゃ、いっぱい犯して、おなかの中いっぱいにするよっ!」と、先ほどまで秘所を吸い上げていた女性が。自らの股間にある肉棒を手に取り、ルナリスの秘所に軽く押し付け、擦ります。…その肉棒は男のものよりも一回り大きく、女性の体には余りに不釣合いなもので。
【ルナリス】「んひゅっ・・・ふやぁっ・・・あっ・・・あああっ・・・!」秘所に熱く硬い何かで擦られる刺激を当てられ、目を向けると・・・不釣合いなほどの大きさの肉棒で擦られていて。
【ルナリス】「んくっ、んっ・・・・んんんっ・・・!」それで僅かな理性を取り戻し・・・少しでも抵抗しようと腰をよじらせていく。
【GM】 【女性】「うふふー。あ、こら動くな。それじゃ、んっ……!」と、よじられる腰を両手でしっかり押さえ。先端をルナリスの秘所に食い込ませると……ずlt、ずずずっ、みちみちっ……と、膣肉を押し分け、ゆっくりと膣内に大きな肉棒を埋め込んでいきます
【ルナリス】「はぐっ・・・あっ、はぐ・・・ああああぁっっ・・・!!」小さな秘所に、大きな肉棒をねじ込まれ・・・膣内を大きく拡げられ擦られる刺激に悶え、腰を浮かせながらきつく締め付けていきます。
【GM】 【女性】「あはっ…♪小さいから、きつくて気持ちいい…っ…♪でも、ちょっと苦しい、かな?」と、ゆっくり押し込んでいき、子宮口をごつんっ、と静かに、確実に突き上げたあと。腰を回し、膣内をみっちうめこんだまま、子宮口を擦り上げ、膣肉をゆっくりとかき回していきます
【ルナリス】「ひゃぐっ・・・ひゃはっ・・・!う、動いちゃ・・・だめっ・・・ひううぅんっ・・・!あっ、奥・・・奥、当たってるのぉ・・・!」子宮口を小突かれると、激しい快感が全身を駆け巡り、一際激しく悶えながら艶の混じった悲鳴を漏らし
【ルナリス】 膣肉できつく包み込みながら、ヒクついた子宮口で肉棒の先端を吸い付いていく。
【GM】 【女性】「奥、弱いんだ♪それじゃ……」「あら、口を離しちゃダメでしょう?」と、膣内を貫いている女性が弱点を見つけたとばかりに。腰を細かく前後左右に振り。ごつ、ごつ、ぐり、ぐちゅり。と。子宮口を何度も何度も細かく小突き、擦り上げ。口を離したルナリスを戒めるように、再び別の女性が唇を合わせ、舌を絡め取っ手いきます
【ルナリス】「んひゅっ・・・ひゅくっ・・・んっ、んくうぅんっ・・・!」別の女性に再び口を塞がれ、子宮を小突かれ、擦られるたびにその口の中であえぎ声を漏らしながら舌を絡められていく。
【ルナリス】 ――ごつんっ。と子宮口を突かれるたびに激しい快感が脳髄まで響き渡り、その衝撃で大きな胸を揺らし母乳を噴き散らし。甘く淫靡な匂いを辺りに漂わせていく。
【GM】 【女性】「すごい淫らな中…ふふ、なんか子宮口も口、開いてるみたいだし……このままおしこんじゃったら、子宮口までこじ開けれる、かな?」と、甘いくぐもった声をあげるルナリスに。膣内を貫き、犯す女性がふと思いついたように言い。……ぐいっ、と肉棒を更に押し込むように、子宮口をえぐりながら、擦り上げ、肉棒を押し込んできます
【ルナリス】「んぐっ・・・ふきゅうううぅぅぅんっっ・・・!?」何度も小突かれ開いた子宮口に・・・深く突きこまれると、ぐりゅうっ!と子宮口を軋ませながら、大きな先端を胎内へと突き込まれ
【ルナリス】「あがっ・・・あっ・・・ひやぁぁぁっっ・・・・・」口を塞ぐ女性の口の中でだらしなく舌を突き出しながら、あまりにも激しすぎる・・・快楽にピクピクと悶えていく。
【GM】 【女性】「あは☆はいっちゃった。しかもすごい、びくびくいってるね。……ふふーん、こうしたらどうなる、かなぁ?」と、そのまま亀頭をつぶぶっ、と推し進ませ。子宮口に肉棒のカリ首を食い込ませたあと。その状態で腰を引き、カリで大きく子宮口をえぐり、再びつきこみ、えぐり、細かい、けれど激しく大きな責めを子宮口に、子宮に与えていきます
【GM】 【女性】「あら、ふふ。何か言いたいこと、あるかな?ちゃんと言って御覧なさい?」と、口をすい、舌を絡めていた女性が顔を離し、口を解放して尋ねます
【ルナリス】「ひぐうぅぅっ・・・!はひっ・・・子宮・・・子宮、入って・・・おか・・・おかしく・・なっちゃぅ・・・ふやああぁぁっ・・・!!」子を孕むための場所を、女性のもっとも大切な場所を大きな肉棒によって蹂躙されて
【ルナリス】 快楽に飲まれた表情を浮かべ狂ったかのように悶え、子宮内で、膣内以上にきつく締め付け・・・搾りつけていきます。
【GM】 【女性】「ふふ、気持ちいいでしょう?もうすぐ、この子も貴方が出した母乳の代わりに、子宮の中にいっぱい精液注いでくれるわ。……もしかしたら、子供、できちゃうかもしれない、わね?」と、ルナリスの耳たぶをしゃぶり、耳の中に舌を這わせながらそう宣告します。確かに、ルナリスの子宮をえぐっている肉棒は細かく、ぴくぴく震えており。射精が近いことをつたえていいます…
【ルナリス】「ひゃぐっ
【ルナリス】「ひゃぐっ・・・だめぇ・・・赤ちゃんだめ、だめなのぉ・・・!あひっ・・・ひぐっ・・・あああぅ・・・!あっ、ああっ・・・な、中に出しちゃ・・・だっ・・・あああああっっ・・・!
【ルナリス】 孕まされるかも知れない恐怖に怯え、必死に抵抗しようとするも、身体が言うことを聞かず・・・むしろ、身体が、孕まされることを望んでいるかのように・・・子宮が蠢き、精を求めるように締め付け、絡み付いていきます。
【GM】 【女性】「だーめ☆ちゃんといっぱい、子宮の中、精液でいっぱいにしてあげる、よっ…んっ、くふ、んぅぅっ……!!」と、ルナリスの言葉をあっさりと拒否し、根元まで肉棒を埋め込み、子宮口にがっちりとカリをくわえ込ませ、栓をした上で……肉棒がびくんっ!と振るえ。どくんっ!どくっ、どくっ、びゅるるるっ…!!と、子宮の中に直接精液を注ぎ込んでいきます。
【ルナリス】「あっ・・・かはっ・・・んくっ・・・!!!ふやああぁぁっっああぁあっ・・・!」子宮内に直接、熱く濃厚な精液を大量に注ぎ込まれ、逃げ場の無い精液がどんどん子宮内に溜まり、膨らんでいき・・・
【ルナリス】 どくん、どくんと・・・射精の脈動を感じるたびに絶頂に達し続けて、身も心も、種付けの快楽に堕とされていきます。
【GM】 【女性】「ふぁ、吸われて、るぅ…♪すごい、中、子宮、これぇ……♪もっと、もっと出す、からぁ…♪」と、絶頂と共に、更に吸い上げるように蠢く子宮に、膣肉に鎔けた笑みを浮かべ……ルナリスの体が蠢き、吸い上げるままに。胎内に何度も何度も、精液を吐き出していきます。
【ルナリス】「はひぃぃっ・・・すごいの・・・お腹・・・いっぱいで・・・おかしく、なっちゃったのぉ・・・ふきゅぅん・・・」虚ろな眼で、大量に注ぎ込まれ大きく膨らんだお腹を見つめ、撫で回しながら、子宮内の、卵管から卵巣まで精液をパンパンに注ぎ込まれた余韻に浸ってしまいます。
【GM】 【女性】「くすくすくす、よかったね、すっかり気に入っちゃったみたい。大丈夫だよ、おかしくなっても、皆で可愛がってあげるから…あむ、ちゅる、んく、ちゅるる…」と、快感と絶頂の余韻に浸っているルナリスの口内を、再び先ほどの女性が舌を絡めて封じ……
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 というわけで、ルナリスの行動どうぞw
【ルナリス】 では、恐らく最後の行動・・・プリズミックミサイルに、ラストシュート!さらにポテンシャルを4点つけますっ
【GM】 はいな、かもんっ
【ルナリス】 -> 13D6+14 = [2,1,4,6,4,6,5,1,4,3,4,5,3]+14 = 62
【GM】 うん、さすがに耐え切ります
【GM】 ではネクストラウンド、多分とどめ
【GM】 マルチアタック+追加攻撃!
【GM】 -> 2D6+7 = [3,3]+7 = 13
【GM】 -> 2D6+7 = [2,5]+7 = 14
【GM】 -> 2D6+7 = [6,6]+7 = 19
【GM】 ダメコン…とアクトあれば。あと、つけ種の妊娠判定から、致命表と全滅表もお願いしますー
【ルナリス】 1撃目はシールドで耐えれても、あとは防ぐ手段がありません・・・倒れますっ
【ルナリス】 まずは致命全滅から振りますっ
【ルナリス】 -> 1D6+1 = [1]+1 = 2
【GM】 ・・・あら?
【ルナリス】 あらっ!
【GM】 2:瘴気を叩き込まれ、胸に熾火のように性感が疼く。SPを2点上昇させることでHPが1になり戦闘を続行できる。しないならHPが1以上になるまで「逃亡」以外の行動ができなくなる。
【GM】 どうしますか?w
【ルナリス】 では、SP+2で、起き上がってみますw
【GM】 了解です。ああ、それなら。
【GM】 つけ種の妊娠判定お願いします。
【ルナリス】 はいっ
【ルナリス】 魔力!
【ルナリス】 -> 2D6+8 = [3,3]+8 = 14
【GM】 ん、おっけいです。耐久は成功ー
【GM】 では復帰したルナリスの行動どうぞー
【ルナリス】 プリズミックミサイル、バーストファイア!
【ルナリス】 -> 1D6+14+8 = [6]+14+8 = 28
【GM】 く、あと3
【GM】 では攻撃ー。マルチ追加!
【GM】 -> 2D6+7 = [4,4]+7 = 15
【GM】 -> 2D6+7 = [2,5]+7 = 14
【GM】 -> 2D6+7 = [4,3]+7 = 14
【GM】 うん、致命表どうぞー
【ルナリス】 では再び致命振りますっ
【ルナリス】 1d6+1
【ルナリス】 -> 1D6+1 = [2]+1 = 3
【GM】 3:強烈な打撃に両手が利かなくなってしまう。戦闘力は失ったがまだ倒れていない。HPが1以上になるまで「逃亡」以外の行動ができなくなる。
【GM】 ですっ
【GM】 逃亡判定は…うん、一回行動あるので許可しますが。どうします?
【ルナリス】 では、一か八かでやってみますっ・・・!
【GM】 ・・・あ、純血堕落あるの忘れてました
【GM】 出目+2です
【ルナリス】 !!
【GM】 5:瘴気に襲われ戦場に倒れ伏す。貴方の知らない感覚が全身を襲い、意識はあるが指一本動かせない。HPが1以上になるまであらゆる行動が行えない。 こっちですw
【ルナリス】 ではこのまま全滅でw
【ルナリス】 -> 1D6+1 = [5]+1 = 6
【GM】 はいな、全滅表どうぞー・・・わw
【GM】 5~6、その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【GM】    ・好きな能力値で12の判定に失敗すると[妊娠]する。
【GM】 おしい、あと1w
【GM】 では妊娠判定どうぞー
【ルナリス】 神が全力で堕としにきてるw
【ルナリス】 魔力っ
【ルナリス】 -> 2D6+8 = [4,6]+8 = 18
【GM】 はいな、妊娠は回避ですー
【GM】 では…
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ○エピローグ
【GM】  
【GM】  
【GM】 それから。ルナリスやレナをはじめとした仲間のメイデンは。近くの屋内へと連れ込まれ。
【GM】 そこで手足を拘束されて、今もなお犯されています。
【GM】 その中でも、特にルナリスは………
【GM】  
【GM】 【女性】「んぅ、ふぁ、あふ、ほんとに、すご、ぉ……!!」と、先ほどの女性とはまた別の女性が、ルナリスの膣肉に肉棒を突き刺し。ルナリスの子宮口を何度も何度もえぐり、小突き上げ……
【GM】 【女性】「あふ、母乳おいしいですぅ…」「うん、おへそも…」「何処もおいしい、おねぇちゃんの体……」妙齢の女性や、小さな子供までもがルナリスの体を取り囲み。乳首に吸い付いては母乳を吸い上げ、首筋や胸肉をついばむようにキスし、太ももには舌を這わされ、手の指先、足の指先まで口に含まれてしゃぶられ。
【GM】 …分かりやすくいうと。子宮内を肉棒で犯されながら。体中のありとあらゆるところ……文字通り、全身くまなく舌で嬲られ、しゃぶられている状態です。
【GM】 ▽
【ルナリス】「はひゃぁぁぁっ・・・もっ・・・らめぇ・・・壊れる・・・こわれ・・・ちゃう・・・もう、はいらない・・・ですよっ・・・ぉ・・・」全身を唾液と蜜と母乳まみれにされ、息も絶え絶えに震えながら・・・子宮口を抉られるたびに、幾度となく注がれ続けて臨月の妊婦さん以上に膨らんだお腹を揺らしていきます。
【GM】 【女性】「だぁ…め・・…っ♪」と、上にのしかかり、体を震わせて、子宮の中に精液を注ぎこむ女性。…一通り注ぎ終えた後。腰を引き、ルナリスの膣内から肉棒を抜き取ります
【ルナリス】「ふにゃっ・・・ひぐんっ・・・はっ・・・あぁあっっ・・・んくんっ・・・!」もう、何度目かもわからない胎内への射精で、さらにお腹を膨らませながら、常にイキ続けたような状態で痙攣のように震えていき
【ルナリス】 そんな状態でも、身体が精を一滴も零さないように、引き抜かれたと同時に子宮口も膣内もきつく閉じられていきます。
【GM】 【女性】「ふぅ……ほんと、すごい淫らな体。…ふふ、それじゃあ、もう一巡する前に……あの子にも味わってもらおう、かしら」と、なにやら女性がつぶやいた後、ドアが開かれ。……そこにやってくるのは、ボンテージ服をきせられ、目隠しをされ、他の女性に促されるままに歩いてくるレナの姿。
【GM】 【レナ】「ふぅ、ふぉ、ふぅぅ…!」その口にはポールギャグは食まされ。…けれど、股間には太く、血管の浮き出ている肉棒がそそり立っているのが、ルナリスからもはっきりと見えてしまいます
【ルナリス】「ひっ・・・そ、そんなっ・・・レ、レナさん・・・までっ・・・あっ・・・だめ、レナさん・・・許してぇ・・・」つい先ほどまで仲間として一緒に行動していた女性の、あられもない姿が目に映り・・・無駄とはわかりつつも、必死に許しを請うていきます。
【GM】 【女性】「ふふ、彼女、ね。おちんちんを生やしてから、一度も射精させてないの。ほら、あそこにバンドがあるでしょ?だから、すごくいっぱい精液たまってるの。…それを、貴方の膣内に彼女のおちんちんを埋め込んでから、バンドをとって……ふふ、どうなるか。楽しみよね…♪」と、女性がレナについての解説をいれ。その間にも、他の女性の誘導のもと。レナの体がルナリスの体の前にきて。熱く、ぴくぷくと震えている肉棒がルナリスの膣口へと押し当てられま
【GM】 す
【ルナリス】「あっ・・・!だめ・・・レナさんっ・・・あっ・・・ひゃぐぅ・・・!」今までの女性達より・・・さらに一回り膨れ上がった肉棒を押し当てられ・・・ギチギチと膣口を軋ませながら拡げられていきます。
【GM】 【レナ】「あふ、ふぉ、ふぉぉぉ……っ!」と、目隠し、ポールギャグをされたレナの口から、動物のような声が上がり。…手を離された途端に。一気に勢いよく、つぶっ、ずちゅん!!と。子宮口まで一気に貫通し、こじ開けて。子宮内に肉棒を生め……そのまま、狂ったような勢いで腰を振り、ルナリスの膣内を擦り…もとい、えぐりあげていきます
【ルナリス】「ひゃぐううぅぅっ!?レ、レナさっ・・・ひぎぃっ・・・!は、はげしっ・・・すぎっ・・・ぎっ・・・はああぁぁっ・・・!」巨大な肉棒で一気に子宮口を貫かれ・・・そのまま激しく蹂躙され、理性を砕かれていきます。
【GM】 【女性】「わぁ、すごい腰ふって。そんなに我慢できなかったのかしら。…ふふ、それじゃあ、存分に吐き出しなさい…?」と、そんなレナの肉棒の根元に手を伸ばし、パチン、とバンドをはずし
【GM】 直後。
【GM】 【レナ】「ふぁ、ぁぁぁぁぁあぁ!!!」びくんっ!どくんっ!どくっどくっどくっどくっどくっ…!!と、ものすごい勢いで、大量の精液をルナリスの子宮内に注ぎ込んで生きます
【ルナリス】「あっ、あああっ・・・レナ・・・レナさぁぁぁぁぁんっっ・・・!!」今までとは比べ物にならないほどの激しい勢いの射精に、無意識にレナさんにしがみついて・・・レナさんのすべてを、胎内で受け止め、身も心も・・・レナさんに染められていきます。
【GM】 【レナ】「んぅっ!んむぅ、んぅぅっ、んぅぅぅ…!!!」体をびくんっ、びくんっ、と震わせ。それでも尚も振られ続ける腰に、どれだけ陰惨な躾けを施されたかは想像に難くなく
【GM】 【女性】「ふふ。レナさんが疲れて動けなくなるまで、貴方はレナさんに犯させて上げますね。ソレが終わったら、また最初からです。ふふ、あなたが心から堕ちてくれるまで、皆で犯してさしあげます、ね?」
【GM】 と、ルナの頬をなでながら、この陵辱が尚も続くことを示し…
【ルナリス】「あっ!ひゃんっ・・・!ぁんっ・・・ひゃぅんっ・・・!レナさんっ・・・あっ・・・あああっ・・・!」仲間だった女性からの陵辱に淫靡な嬌声を響かせ、大きくお腹を弾ませながら・・・いつまでも、いつまでも・・・意識を閉じることすら許される、ただひたすら犯され、種を注がれ続けていく・・・・・・。
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 その後、ルナリスを初めとしたメイデン達は
【GM】 街の外からの救出隊がくるまでの間。延々と犯され、精液を子宮に注がれ、終わりの見えない淫宴の中で犯され続けることになります
【GM】 そんな彼女達が普通に社会復帰できたか否かは…また別の話
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス ランドリューフ戦記【自由?への逃走】  FIn
【GM】  
【GM】 ということで終了です。お疲れ様でしたー!
【ルナリス】 はうはう、お疲れ様でしたー!
【ルナリス】 とても楽しかったですっ!
【GM】 リザルトいきますー。敗北の20点+ナイトトラップ10+ルーク4の、34点+取得CP ミアスマは8+取得SPの半分。 あと刻印は・。・・女屑でw
【GM】 くふふ、そういってくれると嬉しいですー♪
【ルナリス】 取得CP,SPは共に10でしたっ
【GM】 とりあえず…出目とアクト一個、メイン中で仕えなかったのがきつかったかな、戦闘はw
【GM】 はいなー。では44点の経験と、13点のミアスマを進呈ですー
【ルナリス】 ですね~、特に出目がきつかったw
【ルナリス】 わーい
【GM】 出目が犯意高すぎですw
【ルナリス】 あそこまで全力で犯しにくるなんて!w
【GM】 まったくですw
【ルナリス】 ともあれ、とても楽しめました、ありがとうございましたっ!
【GM】 はいな、こちらこそ~♪