《緋奈》【緋奈】「うむ?自己紹介か・・よかろう!」
《緋奈》【緋奈】「わらわの名は西園寺・緋奈(さいおんじ・ひな)というのじゃ♪」
《緋奈》【緋奈】「学園では帰宅部をしておる、まぁ、たまに他の者に呼ばれて部活に行くことはあるがな」
《緋奈》【緋奈】「この生活は楽しいからな、邪魔するのであれば容赦はしないぞ!」
《緋奈》http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HCA?page=%C0%BE%B1%E0%BB%FB%A1%A6%C8%EC%C6%E0
《GM》はい、では、HCA檻原市セッションを始めさせて貰います。よろしくお願いします。
《緋奈》よろしくですー!
《GM》ではでは、早速参ります。
 
 
 
 
 
《GM》時は金曜日の夕刻。放課後を知らせるチャイムが鳴り響き、月曜までの休みを校内に知らせます。
《GM》大勢の生徒が部活動や委員会に勤しんでいるところ、緋奈は帰宅部であり、特に友人とも帰る約束をしていないため、一人で帰路につこうとしています。
《GM》そんなおり、校門前で一人の男子生徒が目に映ります。そわそわとあたりを見渡して、誰かを待っている居る用に見えます。▽
《緋奈》【緋奈】「よぉっし!おわったのじゃぁぁー・・・よし、さっさとかえってゆっくり楽しむのじゃ!」とかいいながらバタバタと走りながらその男に気がついて思いっきりドロップキックします!
《緋奈》▽
《GM》【男子生徒】「あ、西園寺さん・・・うわぁ!?」緋奈に気づいて声をかけようとしますが、そのままドロップキックをされて、倒れてしまいます。▽
《緋奈》【緋奈】「よぉっし!わらわの勝ちじゃ・・・で何をしておるのじゃ?」とふみふみとふみつつきいてみる▽
《GM》【男子生徒】「痛い痛い…君を待っていたんだよ…どいてくれないかな」大事そうにバッグを抱えたまま、踏まれてむぎゅうとされて。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅ・・・わらわを待っていたってまた変なやつじゃのぉ」そういいながら取り合えず、草鞋で踏みつけるのをやめて、適当に立つのを待つ▽
《GM》【男子生徒】「うーん、変なのかなぁ。あ、僕は森崎省吾。二年生だから、一応君の先輩だよ」と自己紹介をして、ごそごそと鞄の中をあさります。
《GM》【省吾】「僕は写真撮影が好きでね。いろんな雑誌にも投稿してたりするんだ。それで、今度こういう企画があってね」と、月刊フォトグラファーと言う雑誌を取り出して見せます。▽
《緋奈》【緋奈】「ほおお!写真しゃつえいか!面白そうだな!」目を輝かせて▽
《GM》【省吾】「今度の投稿のテーマが『和服』なんだ。是非、西園寺さんにモデルになって貰おうと思って」月刊フォトグラファーのその企画のページを見せると、確かに和服がテーマである。▽
《緋奈》【緋奈】「ふむー!面白そうなのじゃ!いいじゃろう!存分にわらわを撮るがいい♪」とかかなり楽しそうにしながらくるくるとまわって
《緋奈》▽
《GM》【省吾】「ほんと? よかったぁ。それじゃあ、和室で取りたいから、僕の家まで着て貰っても良いかな。その方がいろいろ都合が良いし」嬉しそうに緋奈の手をぎゅっと握りながら▽
《緋奈》【緋奈】「うむうむ!ようのじゃ、早速れっつごーなのじゃ!」とかいいながら手を握って家の方角判らないけど、とりあえず走りだそうとします!▽
《GM》【省吾】「あぁ、そっちじゃないよ。こっち、こっち」緋奈を逆方向に引っ張って、森崎家まで連れて行きます。
《GM》 
《GM》森崎家は学校から歩いて10分ほどしてある、普通の一軒家の庭付き二階建てです。
《GM》玄関に入って、廊下を歩いて右手の和室に案内します。普通の8畳間に掛け軸や床の間があり、和服に非常にあった部屋となっています。
《GM》【省吾】「じゃあ、僕はちょっと準備するから、少し待っててね。トイレはこの廊下の突き当たりにあるから」そう言うと一端和室の外に出て行きます。▽
《緋奈》【緋奈】「うむー!わかったのじゃ!ふむーこの感覚が気持ちいのじゃ!」と居なくなったのを確認したら畳の上でころころと寝転んでマッタリしてます▽
《GM》【省吾】「お待たせ、待ったかな?」そう言うと三脚やら茶器やらをこんなのやら持ってきて、次々と準備をしていきます。
《GM》http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dsmk3/index.html
《GM》▽
《緋奈》【緋奈】「いや、そんなことはないのじゃ!」と戻ってきたのを見るといそいそと起き上がる▽
《GM》【省吾 
《GM》【省吾】「それじゃ、まずは正座して貰って良いかな?」三脚を用意して、一眼レフも装着して、ピント合わせなど真剣な表情で行い始める。▽
《緋奈》【緋奈】「わかったのじゃ!」と正座をするけど、結構慣れてないのでガチガチしてます▽
《GM》【省吾】「ん、次はもうちょっと脚を崩してみて。次はこの茶器を手に持って」何枚か写真を撮り、いろんな注文を付けていきます。▽
《緋奈》【緋奈】「う・・うむ・・えっとこうじゃな・・・!」となんとか注文通りにやろうとしつつ頑張りながらも、笑顔で大丈夫かどうか聞きます▽
《GM》【省吾】「うん、良い感じだよ」特にいやらしい指示をされることもなく、ごく普通に大和撫子らしい写真をデジカメに納めていく。
《GM》【省吾】「ふぅ、だいぶ撮ったなぁ。少し疲れたんじゃないかな? 飲み物用意してくるから、ちょっと待ってね」そう言ってデジカメをおいて、廊下に出て行きます。▽
《緋奈》【緋奈】「ふはぁ・・つかれたのじゃぁ・・・」そういいながら足を大きく開いてしまいながらも、楽な体勢になって休んでます▽
《GM》じゃあ、ちょっと魔力で判定してみて。達成値は12
《緋奈》2d6+6 失敗しろ!
〈ダイス〉緋奈 -> 2D6+6 = [1,4]+6 = 11
《GM》あれ。じゃあ、気づかなかった。
《GM》では、のんびりゴロゴロしていると、部屋の片隅にアルバムが置いてあるのがわかる。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅー・・・おぉ、アルバムじゃ!どんなのじゃろう!」とのそのそと這い寄ってからアルバムを見てみようと思います!▽
《GM》一冊目は風景の写真。綺麗な夕焼けや広大な青空、散りばめられた星々などの写真が貼られています。
《GM》二冊目は人物の写真。少女から老人まで、いろいろなポーズを撮った写真が貼られています。
《GM》三冊目は淫靡な写真。地下牢を背景に、美しい女性や少女が一糸纏わぬ姿で磔になったり、拘束されている写真が貼られています。中にはスライムや触手を用いた物もあります。▽
《緋奈》【緋奈】「なぁぁぁぁぁぁっ!!」つい顔を真っ赤にしてしまいながらも、声をあげちゃって▽
《GM》【省吾】「わわ!? ど、どうしたの!?」驚いて和室の中に入ってきます。▽
《緋奈》【緋奈】「なななな!なんでもないのじゃ!!」とアルバムをバタンとしめて、顔を真っ赤にして手をバタバタさせながら▽
《GM》【省吾】「あ、あぁ…見つかっちゃったかぁ…」しまったなぁ、と言う表情をしながらも緋奈に近づいてきて「興味があるなら、もっと見てもいいよ」と、3冊目のアルバムを手にして、床において広げようとします。▽
《緋奈》【緋奈】「こんなものに興味があるわけが・・!」とかいいながら手をバタバタさせながら言いながらも、チラチラとそれを見てしまって▽
《GM》【省吾】「ふーん」そんな緋奈をにやにやと見つめながら、アルバムをめくる。荒縄で両手を縛られ、天井に吊された全裸の少女がカメラの方に視線を向けている写真が貼られている。頬を染めて恥ずかしそうにしながらも、伏せ目がちに見つめてくる視線は欲情がそそられる。▽
《緋奈》【緋奈】「あぅあぅあぅあぅ・・・!」顔を真っ赤にして手で顔を覆いながら見ないようにしようとするも、指の間からじっと見てしまって・・更に体が熱くなるような感覚に襲われてしまう▽
《GM》【省吾】「この子、こんな恥ずかしい格好を撮られているのに、嬉しそうだよね。何より、綺麗だ」汚れのない真っ白な肌に、幼い乳房、隠すことのできない秘部も、まるで芸術の作品のような美しさを見せていて。
《GM》【省吾】「西園寺さんも、撮られてみる?」くすり、と笑いながら話しかける。▽
《緋奈》【緋奈】「こ・・ことわるのじゃ・・!」と顔を真っ赤にしながらぶんぶんとだだっこパンチでたたこうとしながら▽
《GM》【省吾】「じゃあ、言い方を変えようかな。撮らせて欲しい」と、だだっこパンチを受けながら真摯な瞳で緋奈を見つめる。▽
《緋奈》【緋奈】「う・・・くぅ・・・だがことわる!」それを言われて顔をボッっと沸騰したかのように真っ赤にして▽
《GM》【省吾】「仕方ないなぁ。じゃあ、弱みを握られちゃったし、こっちも握っちゃおうかな」と、省吾から瘴気が溢れ出します。▽
《緋奈》【緋奈】「なっ・・・この感覚は!多分敵!ならば倒すのじゃー!」と顔をぶんぶんと横に振った後に
《緋奈》【緋奈】「へんしんっ!」なにかこう、手を一回転させたあとに変なポーズを取るが姿は変わってないで▽
《GM》【省吾】「西園寺さん、ヒロインだったんだ。これは知らなかったなぁ。ま、それじゃ行くよ」パチンっと指を鳴らすと、テンタクルボールがにょきっと天井から現れる。▽
《GM》 
《GM》戦闘開始!
 
 
 注:戦闘は非常にgdgdな上、描写も浅い為、150行ほど飛ばすことを推奨します。
 
 
《GM》 
[省吾(6)][テンタクルボール(10)][緋奈(2)]
《GM》では、テンタクルボールからの攻撃!《バインディング》
《GM》2d6+8
〈ダイス〉GM -> 2D6+8 = [3,3]+8 = 14
《緋奈》普通に食らってその他壊れ!アクトはなしで!
《GM》では、ギリギリと拘束されてください。-3です
《GM》では、次、省吾の《サモン・スライム》《淫毒》
《GM》2d6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [1,3]+9 = 13
《緋奈》では、シールドをして10点軽減して3点を胸に!淫毒もらった!
《緋奈》アクトは・・まだなしでいってみる!
《GM》では、そちらどうぞ
《緋奈》【緋奈】「うぐ・・・てや!ちねー!」やはりまだ人っぽいのに攻撃するのに躊躇ってテンタクルにルミナスレイ!
《緋奈》2d6+6+5 えりゃぁー!
〈ダイス〉緋奈 -> 2D6+6+5 = [3,3]+6+5 = 17
《GM》がすっといただきました。痛い痛い
《GM》あれ、淫毒も入ってます?
《緋奈》入ってない!ってか束縛もはいってない!
《GM》じゃあ11点かな?
《緋奈》合計6点へって11てん!
《GM》では、2R
《GM》同じ攻撃を行きます!
《GM》2D6+8
〈ダイス〉GM -> 2D6+8 = [2,1]+8 = 11
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [6,1]+9 = 16
《GM》何というやる気のなさ
《緋奈》両方シールドして合計7点を腰に!アクトは秘密の花園・魅惑の曲線を希望!
《GM》どうぞ
《GM》両足に絡みつく触手が、徐々に両足を広げるように拘束していく。その為、着物の裾が分かれ始め、太ももが露わになっていく。▽
《緋奈》【緋奈】「ふぎゃぁぁー!はなせー!このぉー!」足を絡みつかれてバタバタしようと抵抗するも、力強さに負けて動く度に少しづつさらに捲り上がってしまい▽
《GM》【省吾】「あれ、西園寺さん。ひょっとして下、何も履いてないの?」捲り上がる裾に、見えないながらも見てしまい。▽
《緋奈》【緋奈】「うぐぅ!普通着物のときはそれが普通じゃってみるなぁぁぁ!」顔を真っ赤にしながら手をばたばたさせて▽
《緋奈》そういいながら、再びルミナルレイで縛ってる触手を攻撃!
《緋奈》1d6+6+5-3 今度はわすれない!
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [5]+6+5-3 = 13
《GM》まだ健在!
《GM》3R目
《GM》同じ攻撃を行きます!
《GM》2D6+8
〈ダイス〉GM -> 2D6+8 = [2,1]+8 = 11
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [3,5]+9 = 17
《緋奈》両方シールドして8点を胸に!
《緋奈》さすが硬い娘がんばる!アクトは・・・使えるのないや!なしで!
《GM》はい、どうぞ!
《緋奈》反撃の触手にルミナスレイー!
《緋奈》1d6+6+5-3
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [1]+6+5-3 = 9
《GM》しおしおしおーっと、触手は消えてしまう。が、拘束は残ったまま。うーむ、しぶとい。
[省吾(6)][緋奈(2)]
《GM》4R目。攻撃!
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [4,4]+9 = 17
《緋奈》それで胸壊れ!アクトはむぅ・・・なしで!
《GM》はい、ではそちらどうぞ
《緋奈》なんどでもルミナスレイー!
《緋奈》・・・また補助で束縛解除しわすれた!まぁいいや!
《緋奈》1d6+6+5-3
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [2]+6+5-3 = 10
《GM》ダークバリア! ちょっと食らった
《GM》5R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [1,1]+9 = 11
《GM》これは酷い
《緋奈》んー・・・シールドして1点を腰に!
《緋奈》アクトはなしで・・ってか使いたいのが大半HPって!
《緋奈》反撃のルミナスレイ!
《緋奈》1d6+6+5-3
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [6]+6+5-3 = 14
《GM》何度でも《ダークバリア》
《GM》6R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [2,4]+9 = 15
《緋奈》シールドして5点!
《緋奈》アクトはなしで・・・ってなんという不毛な対決!
《GM》こっちも、堅い子なんだ…w
《緋奈》ってことで反撃のルミナスレイーうわぁーん!
《緋奈》1d6+6+5-3
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [2]+6+5-3 = 10
《GM》何度でも《ダークバリア》
《GM》7R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [5,2]+9 = 16
《緋奈》そして、こっちも何度でもシールド!
《緋奈》アクトなしで反撃のルミナスレイー!
《緋奈》1d6+6+5-3 早くこっちの腰壊して!
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [2]+6+5-3 = 10
《GM》《ダークバリア》
《GM》8R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [1,5]+9 = 15
《緋奈》シールドして5点を腰に!次できっと腰壊れる!長い!
《GM》タイマンですからねぇw
《緋奈》アクトなしで反撃ー!
《緋奈》1d6+6+5-3
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [4]+6+5-3 = 12
《GM》《ダークバリア》
《GM》9R目
《緋奈》これで倒れたっていったら泣く!
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [5,4]+9 = 18
《緋奈》それは腰壊れ!アクトはない!
《GM》長い、長かった…w
《緋奈》反撃のルミナスレイーこれで倒れたら笑う!
《緋奈》1d6+6+5-3
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5-3 = [6]+6+5-3 = 14
《GM》《ダークバリア》まだ1/6しか削れてないです…w
《GM》10R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [2,3]+9 = 14
《緋奈》シールドして4点をHPに!アクトは口辱+喉を焼く淫熱を希望!
《GM》了解。でも、完封してからの方が良いです!
《緋奈》OK!
《緋奈》じゃ、次補助で拘束解除!反撃のルミナスレイ!
《緋奈》1d6+6+5
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5 = [1]+6+5 = 12
《GM》《ダークバリア》!
《GM》11R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [1,1]+9 = 11
《GM》裏返せませんか!
《緋奈》シールドして一点をHPに・・・アクトは・・・桃尻を這う魔手+後ろの処女+強制絶頂で!
《GM》はい。ではどうぞー
《緋奈》反撃のルミナスレイー!
《緋奈》1d6+6+5 ちまくごー!
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5 = [6]+6+5 = 17
《GM》《ダークバリア》かなり痛い
《GM》12R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [2,6]+9 = 17
《緋奈》シールドして残り17!アクトはもう全部使い切った!
《緋奈》反撃のルミナスで!
《緋奈》1d6+6+5
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5 = [2]+6+5 = 13
《GM》《ダークバリア》
《GM》13R目
《GM》2D6+9
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [4,5]+9 = 18
《GM》よしきた
《緋奈》【緋奈】「ふっふふ・・・もう息が上がってきておるじゃないか・・ってぎゃぁー!」はぁはぁと言いながらもシールドして8点をHPに!
《緋奈》反撃のルミナスレイ!
《GM》【省吾】「ふふ、お互いにね…」ぜぇはぁぜぇはぁ言いながら
《緋奈》2d6+6+5
〈ダイス〉緋奈 -> 2D6+6+5 = [1,2]+6+5 = 14
《GM》《ダークバリア》
《GM》14R目
《GM》2d6+9 《サモン・スライム》《淫毒》
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [5,1]+9 = 15
《緋奈》シールドして5点をHPに!残り4点!
《緋奈》反撃のルミナスレイー!
《緋奈》1d6+6+5
〈ダイス〉緋奈 -> 1D6+6+5 = [2]+6+5 = 13
《GM》《ダークバリア》!
《GM》15R目
《GM》2d6+9 《サモン・スライム》《淫毒》
〈ダイス〉GM -> 2D6+9 = [5,2]+9 = 16
《緋奈》むぅ・・・それでさすがに落ちる!
 
 
 
 
 
《GM》全滅表どうぞ
《緋奈》2d6 コネ系のないので素振り!
〈ダイス〉緋奈 -> 2D6 = [6,6] = 12
《緋奈》・・・おやww
《GM》あれ、墜ちてませんか?w
《GM》 
《GM》【省吾】「ふぅ…良い勝負だったけど、僕の勝ちみたいだね。立つことはできるかな?」手をさしのべて、立たせようとする。
《GM》▽
《緋奈》【緋奈】「うぐぐ・・・負けたー・・・」ばたんきゅっとしながらもなんとか手を握って立たせてもらって
《緋奈》▽
《GM》【省吾】「魔族に負けたヒロインがどうなるかは、わかってるよね?」と、木枷を取り出して、両手を差し出すのを待ちます。▽
《緋奈》【緋奈】「うぐぐぐ・・・むぅー・・・」頷いて抵抗しようとしても力が出ないためあきらめて手を差し出して▽
《GM》【省吾】「西園寺さんは…いや、緋奈は素直だから優しくしてあげるよ」両手を木枷で拘束した後、頭を撫で撫でして。連れ立って廊下に出ると、魔力で隠された扉が浮かび上がり、扉の中の階段を下りていくと、写真の中の地下牢へとつながっている。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅー・・・こんなとこがあったのか・・・気づかなかった・・・」そういいながらもついて歩いていって▽
《GM》【省吾】「まぁ、隠してたからね。それじゃ、まず、さっきの子と同じポーズで写真を撮ろうか」天井からぶら下がる鎖。両足を広げるように拘束する枷。そこに立たせようと手招きをする。▽
《緋奈》【緋奈】「う・・・うむ・・・わかったのじゃ・・・」顔を真っ赤にしながらも言われた場所に立つようにして▽
《GM》両足を広げさせて固定し、両手を挙げさせた状態でも固定する。小さな幼い乳房も、幼い秘部も、省吾の目の前に晒され、隠すことは一切できなくなった。
《GM》【省吾】「緋奈、可愛いよ」ちゅっと軽く口づけをする。▽
《緋奈》【緋奈】「あぅぅ・・んちゅ・・・」目を閉じてキスをされながらも、隠せずに全身を見つられて顔を真っ赤にして唸ってしまい▽
《GM》【省吾】「やっぱり、恥ずかしいかな?」くすりと笑いながら離れ、三脚と一眼レフカメラを用意して、緋奈の目の前に置く。
《GM》【省吾】「何枚か撮るから、好きな表情をしていいよ」パシャリ、パシャリと何度もシャッターを切られる音がする。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅぅ・・・そりゃ、普通恥ずかしいのじゃ・・おぬしじゃって・・裸を撮られたら恥ずかしいじゃろう・・ってひゃぁ」少し膨れっつらをしたとこを撮られてしまい、そのまま驚いて目を閉じてしまって、びくっと震えてしまい▽
《GM》【省吾】「なるほど、確かにね。でも、緋奈は拘束も撮影も受け入れてくれたわけだ」ぱしゃぱしゃ、と前から後ろから、何度も撮影をする。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅぅー・・・そりゃ、わらわだって・・負けたのだから・・・」そういいながらも、だんだん撮られていくと体が熱くなるのを感じて、アソコもじゅんと軽く濡れてしまって▽
《GM》【省吾】「それじゃあ、これから陵辱されて、犯されて、調教されて、それで僕の奴隷になることも、受け入れてくれるかな?」写真を撮るのを一端やめ、緋奈の顎を手にとって見つめ合う。▽
《緋奈》【緋奈】「うぅぅう・・・むぅぅ・・・わ・・・わかったのじゃ・・・」それを顔を真っ赤にしたまま頷いてしまいながらも、写真の娘みたいにされるのに内心ドキドキとしてしまって▽
《GM》【省吾】「ふふふ、可愛いよ、緋奈」ちゅっとキスをして「言っておくけど、あの写真の子よりも、もっと凄いことするからね」意地悪そうに緋奈の耳元で囁く。▽
《緋奈》【緋奈】「なっ・・あぅ・・・むぅー・・・んちゅ・・ちゅ・・」キスをしながらも、それを言われてドキっと胸を鳴らして顔を真っ赤にして唸ってしまい▽
《GM》【省吾】「まずは口でして貰ってもいいかな? 緋奈の裸を見てたら、こんなに大きくなっちゃったよ」木枷の鎖を外すと、かちゃかちゃとズボンを下ろし、凶悪な肉棒を露わにする。▽
《緋奈》【緋奈】「ぅぅうう・・・こ・・・これを口で・・・」じーっとそれを見つめてしまいながらあまりの凶悪さにごくっと唾を飲んでしまい▽
《GM》【省吾】「自分から進んでやる勇気がないなら、無理矢理でもいいけど、どうする?」じーっと見つめる緋奈に、くすりと笑いながらそんなことを言って。▽
《緋奈》【緋奈】「ううぅ・・・わかったのじゃ・・・ん・・・ちゅ・・・ちゅぅ・・・」その肉棒の先っぽにキスをしてから舌で舐めとりながらも、上目遣いで省吾の顔を見つめて▽
《GM》【省吾】「緋奈は可愛いな」緋奈の頭を撫で撫ですると、一眼レフを取り出して、カシャカシャっとその顔を撮影してしまう。▽
《緋奈》【緋奈】「んちゅ・・・あぅぅ・・そんなに撮るなぁ・・・んちゅ・・」そういいながらも肉棒への奉仕を続けて小さな口をあけてそれを飲み込もうとするも、飲みきれず先っぽを少し飲み込む程度でとめてしまって▽
《GM》【省吾】「駄目だよ、緋奈は僕の奴隷になるんだからね。成長記録を付けていかないと」緋奈は気づいていないが、辺りにはデジカムも設置されており、緋奈の姿を余すことなく撮影している。「そろそろ出すから、全部飲み干すんだよ。いいね?」▽
《緋奈》【緋奈】「むぅぅう・・・ぅ・・うむ・・・わかった・・・のじゃ・・・」そう言われて先っぽを飲みながらも、ちゅっちゅと吸い上げてぎこちない感じに舌で舐めていって▽
《GM》【省吾】「それじゃ、出すよ」宣言通り、肉棒が脈を打ちながら緋奈の小さな口に熱く粘っこい精がどくどくと解き放たれていく。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅぅぅうふぅう・・・!」びくっと震えながらも精液が口の中で満たされてその味と匂いにぼーっとしてしまいながらも、なんとか飲もうとするが、なかなか飲みきれずに、少し飲むたびに喉に通る感覚に震えてしまい▽
《GM》【省吾】「ん、大丈夫かい? ゆっくりでいいよ」優しく話しかけながらも、その健気な表情をデジカメのメモリーに残していく。▽
《緋奈》【緋奈】「んくぅ・・んくぅふ・・・んぅぅぅ・・・」なかなか飲みきれずに少し口元から零してしまいながらも、ゆっくりと飲み込んでいき、そのたびに体の奥から熱くなる感覚を味わって▽
《GM》【省吾】「お味はどうかな?」戯けながらハンカチで緋奈の口から零れた精を拭き取ってあげる。▽
《緋奈》【緋奈】「んぷふぁ・・・はぁぁ・・・はぁ・・・苦い・・・けど・・・なんか不思議なあじ・・・んふぅ・・・」そういいながら熱に浮かされたかのような表情で言って、見つめて▽
《GM》【省吾】「じゃあ、僕のを綺麗にしてくれるかな?」精がまとわりついた肉棒を緋奈の鼻先に突きつけるように差し出して。「これで緋奈を犯すために、立たせてくれるかな?」自分の首を絞めさせる行為を優しく強要させる▽
《緋奈》【緋奈】「うぅぅ・・・んぅ・・・わかったのじゃ・・・んちゅ・・・ぺろ・・・ちゅ・・・」それに頷いてしまい、精液を舐めとり、キスをしながら、綺麗にしていって、舐めとった精液を味わっていって▽
《GM》【省吾】「緋奈のおかげでまた大きくなってきたよ」緋奈の口の中で、むくむくっと肉棒が太く堅くなっていく。「それじゃあ犯させて貰おうかな。覚悟はできたかな?」▽
《緋奈》【緋奈】「うぅぅう・・・そんな太いのを・・・入れるのか・・」やはり入れるのは怖いのか少し震えながらも聞いてみて▽
《GM》【省吾】「犯されるのは初めてかい?」緋奈のおどおどとした表情に頭を撫でながら「そうだね、体位とか選ばせてあげるよ」緋奈の手を取って立たせながら言う。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅぅ・・・なんかそれはいやなのじゃ・・わらわが負けたのに選ばせてもらうなぞ・・・おぬしの好きにするがいい・・・!」そう言って怒りながらも体を震わせて手をぎゅっと握って▽
《GM》【省吾】「それは悪かったね。ますます緋奈が好きになりそうだよ」頭を撫で撫でして「じゃあ、あのベットに寝てくれるかな?」足枷を取ると、隅に置いてあるベットを指さす。ベットの脚の部分には枷やデジカメがついている。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅうぅ・・・わかったのじゃ・・・うぅ・・」そういいながらベッドに寝転びドキドキしながらも、ぎゅっと体に力を入れて待って▽
《GM》さっきの人の字のようにベットに拘束すると、緋奈の足下の方に座って。
《GM》【省吾】「ん、良い眺めだね。眼福だよ」緋奈の肢体を満面無く視姦しながら、つつつっと太ももを撫でて。「裸を見られて、撮られて、僕のを奉仕して、精液を飲んで、興奮したのかな?」くちゅり、と秘所からあふれる愛液に指をつける。▽
《緋奈》【緋奈】「んひゃぁぁ・・・ふぁぁ・・・ひゃぅ!」びくっと震え秘所に触れられるとびくんと体を震わせてしまい、あまりの感覚に大きな声を漏らしてしまい▽
《GM》【省吾】「緋奈、ちゃんと質問に答えないと駄目だよ?」敏感な緋奈の反応に笑みを浮かべながら、手を伸ばした幼い乳房を優しく撫で始める。▽
《緋奈》【緋奈】「うぅぅう・・なんか体の奥から熱くなって・・んふぁあ・・・興奮・・・したの・・・じゃぁ・・・んひゃぁ・・・!」乳房を撫でられると先っぽが自己主張するように硬くなりツンとして、弄られるたびに体をびくびくと震わせてしまい▽
《GM》【省吾】「ふむふむ、なるほどね」緋奈の乳房を撫で回し、時折乳首をつんっと摘んでは捏ねくり回して「それじゃあ、これから緋奈の処女を奪うわけだけど、無理矢理強姦されるのと、優しく犯されるの、どっちが興奮するかい? おっと、これは選ばせてるんじゃないよ。緋奈を辱めるための尋問だからね」つんつんっと乳首を突っつきながら、耳元で囁いて質問をする。▽
《緋奈》【緋奈】「うくぅ・・・や・・・優しく犯されるほうが・・・わらわにとってはいいが・・・うぅ・・・ひゃぁ」そういうけど、選ばされてるようで唸りながらも乳首をつつかれるたびにびくりと振るえて▽
《GM》【省吾】「緋奈にとってはいいけど…その次の言葉はなんだい?」含んだような言い方をする緋奈にさらに問いかける。次は秘豆をきゅっとつねってしまう。▽
《緋奈》【緋奈】「ひゃぁ・・・わらわに選ばせてるようで・・んきゅぅぅうふぁ・・・いやなのじゃ・・・ふぁぁ・・・」豆をきゅっと摘まれると大きく体を震わせて、アソコからももらすように愛液をたらしてしまい▽
《GM》【省吾】「なるほどね。じゃあ、僕の好みで乱暴に無理矢理強姦してあげるよ。それでいいよね?」乳首と秘豆をきゅううっと強めに抓りながら、若干強目の声で言う。▽
《緋奈》【緋奈】「ひゃぁぁぅ・・きゅぅ・・わらわに聞くんじゃ・・ひゃぁぁぁ!」強めにやられて大きくびくっと震えてしまい、あまりの感覚に大きな声を漏らしてしまい▽
《GM》【省吾】「くすっ、強情な割に感度は高いんだね。じゃあ、緋奈の意見を聞かずにいくよ」凶悪な肉棒を緋奈の秘所に添え、ゆっくりとずぶりずぶりと緋奈の中に埋没させていく。▽
《緋奈》【緋奈】「ふぅう・・・っっっ!!!」ずぶずぶと入ってくる感覚、あまりに小さいアソコはぎゅぎゅっと締め付けていて、更に初めて入る感覚に痛みに震えながら涙を流すが痛みの声が出ないようにきゅっと口を閉ざして▽
《GM》【省吾】「ふふ、これで根本まで入ったね。魔族の僕に犯された気分はどうだい?」ずぶずぶと、先ほどまで緋奈が口で奉仕していた太く堅い肉棒が、緋奈の膣内を犯していく。幼い乳房を揉んで弄びながら尋ねる。▽
《緋奈》【緋奈】「んっ・・・っ・・・ふぁぁ・・はふ・・いた・・い・・んぅぅ・・・!」処女を破かれ痛みに涙しながらも犯され、あまりの太さと出し入れされる感覚にびくびくと震えてしまい▽
《GM》【省吾】「ふふ、すぐに気持ちよくなるよ」乳首をきゅっと抓ると、ゆっくり腰を前後に動かし、緋奈の小さな膣内の感触を楽しんで。▽
《緋奈》【緋奈】「ふぅぅう・・・ふぁぁ・・・くぅぅう・・・んっっ!」ゆっくりと優しくされるような動きにだんだんと痛みが引きかわりに快感が出てきてしまい、きゅっと膣内を締め付けて▽
《GM》【省吾】「そろそろ出そうだ。緋奈の中に出してあげるよ」緋奈から悦な声が出るとガンガンと激しく突き立て、最後に一突きをすると、肉棒を脈動させ、熱く粘っこい精を緋奈の膣内にはき出してしまう。▽
《緋奈》【緋奈】「んひゃぁぁやめ・・んひゃぁぁぁやぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!!」ガンガンと激しく突かれて一気に高みに上り詰められ、トドメのような一突きとともに同時にイッてしまってびくびくっと体を震わせてしまい▽
《GM》【省吾】「ふう、気持ちよかったよ。魔族の僕に陵辱された気分は、どうかな?」緋奈の心臓の上の乳房を指先でつつっと撫でながら尋ねて。▽
《緋奈》【緋奈】「んふぁぁ・・・あぅ・・・きもち・・・よかった・・・ひゃぁ・・・」ぼーっとした表情でそう答えてしまいながら、イってしまった余韻に浸ってしまい▽
《GM》【省吾】「そっか、緋奈は良い僕の奴隷になれそうだよ」嬉しそうに言うと、肉棒をずぶりと抜く。惚けたような緋奈の表情を、穢した肢体ごとデジカメのメモリーに納めていく。▽
《緋奈》【緋奈】「んひゃぁぁ・・・ふぁぁ・・・ふぁぁぁ・・・」抜かれてびくんっと震えながらも、アソコからは愛液と精液と血の混ざったものがどろりとこぼれてしまい、それを撮られてしまい▽
《GM》【省吾】「調教はまだまだ続くよ、緋奈」緋奈の頭を撫でながら、同じように胸も撫でて悪戯していく。
《GM》そして省吾の言葉通り、調教は続いていく…。
 
 
 
 
 
《GM》それから、数日後。緋奈は学校に行き、放課後を迎え、帰宅しようとしていた。
《GM》だが、それはすでにいつも通りではなく、校門にはご主人様が待っていた。
《GM》【省吾】「緋奈、今日はどうだったかい?」手にはなにやらスイッチを持っていて、たまにオンオフを繰り返したりしている。▽
《緋奈》【緋奈】「んくぅぅ・・・うぅぅう・・・絶対どこかで見てるじゃろう・・ふぁぁ・・・あんなタイミングでやるなぞ・・ふぁん!」びくびくっと震わせながら、甘い声を漏らしてしまい▽
《GM》【省吾】「さて、何のことかな? そう言いながらも、ちゃんと付けてくれるんだね」白々しい言い方をしながら、緋奈の頭を撫でて。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅう・・・んぅぅう・・・ひゃっ!」なでなでされて嬉しそうにしながらも、オフにされるとびくんと震えて大きな声を漏らしてぎゅっと抱きしめて▽
《GM》【省吾】「それじゃあ、うちに行こうか。今日は何の格好をして貰おうかな」緋奈の仕草に嬉しそうにしながら先に歩き出す。▽
《緋奈》【緋奈】「んぅ・・ふぅ・・・わかったのじゃ・・・」それに言われて後についていくように歩き出すが、アソコの震える感覚にうまく歩けずにのろのろとついていって▽
《GM》【省吾】「そうそう、緋奈。はい、これ」帰り道の途中で、緋奈に写真を渡す。緋奈を犯し、惚けた顔で秘所から精液をはき出している写真である。▽
《緋奈》【緋奈】「あぅぅ・・・いきなりこんあの渡すやつがおろうか・・・あぅぅ・・・!」それを見て顔を真っ赤にしてぎゅぅっと写真を抱きしめるようにしながらも、思い出してしまい、アソコが疼いてしまい▽
《GM》【省吾】「ちゃんと持っておくんだよ」写真を抱きしめるような仕草をする緋奈に笑みを浮かばせながら、家までたどり着く。行くのは当然の用に地下牢へと足を運ぶ。
《GM》【省吾】「じゃあ、早速いつも通り、ね」口に明確に出しては言わず、脱衣を求める。当然、手には一眼レフがあり。▽
《緋奈》【緋奈】「うむ・・・わかったのじゃ・・・」そういいながら、着物をゆっくりと脱いでいきながらも、たまにくる秘所からの快感に震えてしまいながらも・・そのままぱさっと着物を脱ぎ・・幼い体をさらけ出して▽
《GM》【省吾】「緋奈、綺麗だよ」緋奈の着物ストリップを撮影していく。「今日はこんなのを用意してみたよ」と、小学年部の女子の制服を用意する。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅぅ・・・わらわは好きでちっこいんじゃない・・・!」いきなりそういいながらも、用意された服はしっかりと来て▽
《GM》【省吾】「はは、でも似合ってるよ。そうだね、幼くなった緋奈を穢すみたいで…興奮して、いつもより乱暴になっちゃうかもしれないな」わざわざ白々しく口に出しながら、緋奈の顎を手にとって、口づけをする。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅう・・・あぅぅう・・・んちゅ・・・」その言葉に顔を真っ赤にしてしまいながらキスをされるとそれにあわせて目を閉じて▽
《GM》【省吾】「それをふまえた上で、緋奈の自由を奪いたいなぁ、と思うわけだけど…手伝ってくれるかな?」手枷を取り出しながら、さらに白々しく後ろ手拘束を要求して。▽
《緋奈》【緋奈】「むぅう・・・まったくおぬしは・・・」そういいながらも後ろを向いて手を後ろにやって拘束しやすいようにして▽
《GM》【省吾】「なんだい、愛想が尽きちゃったかな?」そんな戯れ言を言いつつ手枷をすると、机に俯せに押し倒すようにしてしまう。▽
《緋奈》【緋奈】「んひゃぁぁ・・・愛想が尽きたなら・・んぅぅ・・・とっくに逃げてる・・・のじゃぁ・・・」びくびくと震えながらも押し倒されて、既に期待に高まったアソコはふとももまで愛液が染み渡って▽
《GM》【省吾】「ふーん、つまり、それはどういうことだい?」スカートをぴらりと捲り上げると、むき出しになったお尻をさわさわと撫でて。▽
《緋奈》【緋奈】「ひゃぅぅん・・・ふぁぁ・・・ひゃぅん・・・うぅぅう・・・それを言わせるか・・・す・・・好きじゃから・・・いるのじゃよ・・ひゃぅ!」スカートを捲り上げられると形のいいお尻と既に滝のように愛液を漏らすアソコを晒されてお尻を撫でられびくんと震えながら感じてしまい、甘い声をもらして▽
《GM》【省吾】「ふふ、学校にローターを付けさせて、裸の写真を撮らせて、奴隷扱いして、こうやって陵辱する魔族の僕が好きなのかい?」ずぶりっと緋奈の秘所に太く大きい肉棒を突き刺して。▽
《緋奈》【緋奈】「んひゃぁぁ・・ひゃぅうん・・・うぅぅ・・・ふぁ・・・好き・・・ひゃぁ・・やめ・・んきゅぅ・・!」肉棒の感覚に震えながら甘い声を漏らして、入ってくる肉棒を膣は吸い付いてきゅっと締めて絡み付いて▽
《GM》【省吾】「僕も緋奈のことが好きだよ」耳元で囁きながら、どぷっと熱い精を緋奈の子宮に溢れんばかりに注いでいく。▽
《緋奈》【緋奈】「ひゃぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁ!!」びっくんと大きく体を震わせながら絶頂してしまい、子宮に入ってくる精液の感覚に震えて▽
《GM》【省吾】「緋奈の中は気持ちいいね。やみつきだよ」くすくすっと笑いながら、緋奈の頭を後ろから撫でてあげて。▽
《緋奈》【緋奈】「はぁ・・はぁぁ・・・」なでられてぎゅっとしながら▽
《GM》【省吾】「まだまだ終わらないからね」笑みを零して頭を撫でながら、甘く耳元で囁いて。
《GM》そして、言葉通り、今夜も長く長く緋奈の調教が続く。
《GM》▽