(S11_Megu) 【めぐ】「はい、えーと。木下めぐですっ。今回・・(台本の表紙確認し)『文明戦隊ウィズレンジャー』、ウィズピンク役の『兎葉美言』として主役級をはることになりました!」
(S11_Megu) 【めぐ】「俳優としてはまだまだかもしれないですが、どうぞっ、活躍をごらんになってくださいね」
(S11_Megu) ~現在本人にさえ行方の分からぬ為初回テープでお送りしております~
(S11_Megu)  
(SuGM) HC蔵鞍市
(SuGM) 「五色に混ざる白濁」
(SuGM) 始まります。
(SuGM)  
(SuGM) ・オープニング
(SuGM)  
(SuGM) 番組製作の中にカリギュラ・エンタティメントを通じて潜入していた魔族と対決したが、罠に嵌められ抵抗むなしく敗北し
(SuGM) 魔族ホルファダードに連続絶頂を味あわされた挙句、魔族の手下と堕していた撮影スタッフ10人による連続強姦を撮影され
(SuGM) えんぜ君も囚われた状態で失神昏倒した木下めぐ。
(SuGM) 【ホルファダード】「ほら、起きなさい・・・いつまで寝てるのよ。」
(SuGM) その意識が、ほかならぬ魔族の声によってよびさまされる。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・・・・っっ、・・っ、ぅ・・・・は・・・」まどろむとは言えない夢心地、そんな睡眠から意識を声に・・聞き覚えのある、いや聞く筈無い声にまぶたが、身体が震えて
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。」意識は起きるも目を開けず、みたくも無い現実の前に肌で感じられることを読み取り
(S11_Megu) △
(SuGM) ▽
(SuGM) 目が覚めた場所は、前の戦いで誘い込まれた倉庫区画の一室。
(SuGM) 準備室の名目で幾つかしつらえられたが、結局倉庫の一部として物置めいた扱いにされている部屋のうちのひとつで、人のめったに来ない奥である上、ごたごたと色々なものが積み上げられ、人目につかない場所。
(SuGM) 【カルダハダス】「やれやれ、ようやく起きましたか。10人程度とまぐわっただけで、やわなものですね。」
(SuGM) 美青年の姿をして、悪の幹部として撮影に紛れ込んでいた魔族カルダハダスが、君を見下ろして笑っていた・・・
(SuGM) 魔力が完全に失せた変身コスチュームの残骸を僅かに肌にまとわりつかせた以外、裸に剥かれた上、逃げられないように淫らなように体の柔らかな急所に食い込みつつ手足に絡むよう縄で縛られた全裸の君を。
(SuGM) 【バサディナサフ】「・・・これから、どっぷり仕込む。だろう?どうせ、逃げられない。」えんぜくんを捕らえていた巌のごとき巨漢魔族が、ぎしりと顎をきしらせるように笑う・・・
(SuGM) えんぜ君は小道具の一つだったと思しき鳥かごに、魔族達が魔法陣や呪文を書き加えたものの中につっこまれて、ぐったりとまだ気絶しているようだった。
(SuGM) 【ホルファダート】「スタッフどもは喜んでいたし、気絶の事はいいじゃない。たまには餌を与えないとねぇ。」そして、もちろんホルファダードも、君を破った魔族も、そこにいた。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「(魔の気配・・・みっつ、声・・・全部、アイツ等のっ。…身体・・拘束、服、なし・・・、、。)く…」目を開けずとも感覚から読み取れた現状に思わず唸り、どれほどの拘束とか右手で目元を隠そうとし
(S11_Megu) 本当の危機、捨て台詞を吐いて逃げることも出来ない現状に声も出ず
(S11_Megu) △
(SuGM) 右手で目を隠す程の事もかなわないくらい、拘束は厳重で。
(SuGM) 【ホルファダード】「もう起きてるんでしょう?」目を瞑っているままのめぐの顎をホルファダードがとり、その顔を自分たちに向ける。「なんとか言いなさいよ。」
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、ふん」抜け出せる気配すら生まれぬことを確認し、顎を取られ顔を向けさせられて、ようやく始めて声らしい声をだし
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。なに、よ」瘴気に重苦しい空間でなんとか声を出してみせ
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「何よ、ってめぐちゃんったら。」ふふ、と、その意地を張った口調に、いかにも楽しげに微笑んで。
(SuGM) 【バサディナサフ】「そんな生意気な口が叩けると思っているのか?」ぎじ・・・!
(SuGM) ホルファダードのその反応の直後、バサディナサフの常人の倍は巨大なグローブのような手が、思いのほか器用にめぐのむき出しの乳首を痛いほどつねり上げる。
(SuGM) 【カルダハダス】「なぁに、何時もの通り、ですよ。これからの番組の進行の打ち合わせをしようと思いましてね?」そして、カルダハダスがその責め苦へのめぐの反応を見ながら、平然とそう告げるのだった。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「口しか動かせるところが無いからこうっ、ぅ、っっっっ!」抓り上げられ痛み・・そう、あくまで痛みだと感じるべき刺激に口が止められ
(S11_Megu) 【めぐ】「うちあわ・・っ、い、今何日っ!」どれほど長く意識を失っていたのか、その辺りの感覚まではもてなかったヒロインとしての意識の上から役者としての意識がかぶさり
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「まだ貴方が気を失ってから一日しかたっていませんよ。撮影スケジュール的には、今日頑張れば問題はないというところですね。」そのタイミングで起こしてあげるなんて、やさしいでしょう?と、恩着せがましくカルダハダスが整った顔をゆがませて笑う。
(SuGM) 【ホルファダード】「もっとも、これからは撮影スケジュールが過密になるから、とっても頑張らないといけないんだけどね。正義の戦隊ヒロインを演じて、その上で、そんなヒロインがメロメロに堕ちて正義を穢すAVシリーズの撮影も並行してこなさないといけないんですもの。」
(SuGM) ほほほほほ、と、ホルファダードも笑った。バサディサナフも責めを終えて後ろに下がったものの、モアイめいた表情を僅かにニタニタとさせている・・・ヒロインの抵抗など歯牙にもかけぬ、というように。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「な・・なに・・・」ホルファダードの言葉を思わず聞き返して
(S11_Megu) いや、聞こえていた。理解をしたくない言葉であっただけで。・・・この魔族たちは堕ちろ、といっているのだと・・・
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「わざわざTV番組に介入してるのは、何も遊びというわけじゃないのよ。」
(SuGM) 全ては魔族が地上を制するため、と、ホルファダードはその計画を告げる。
:55(SuGM) 【ホルファダード】「地上を私たちの居心地のいい世界にするには、もっともっと瘴気を振りまいて、人屑どもを増やして効率よくミアスマをl集めないと。そのために・・・ヒロインを穢したAVに、私たちの術と瘴気を乗せてばらまくの。」
(SuGM) それを見て発情した人間が、連鎖反応で人屑化しやすくなる、まさに堕落のAVをね。
(SuGM) 【ホルファダード】「その術式のためには、強い転落の落差が必要になる。元がいかにも清い程、堕落する落差が強い瘴気を生むの・・・だから、TVでも知られたヒロイン、という、貴方に白羽の矢が立った。」
(SuGM) ・・・あなたには、正義を穢しつくしてもらうわ、と、言葉を震わせるめぐに、じっくり念入りに理解させるように、ホルファダードは告げた。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「く・・・っ」正義の味でいるどころか、悪事の糧として扱われようとする自身の身柄を悔やみ、だからといってどうにかできる状況でもなく
(S11_Megu) 【めぐ】「ひとつだけ誤算があるとしたら、『テレビでも知られたヒロイン』ではないぐらいね・・・っ」初主演で、このようになってしまった自身を自虐し
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「だから撮影は続けてもらいます。これからも、正義のヒロインとして、せいぜい名を売ってください・・・同時進行でその名を穢しながら。」
(SuGM) 自虐さえも許しませんよ、と、詰め寄る悪魔。
(SuGM) 【カルダハダス】「何、撮影の一部は共通です・・・魔物を送り込んで、貴方がヒロインとしてそれに抵抗しながら犯されてくれれば、それをAVに加工して、一部を編集してヒーロー番組のほうにも使えますしね。」
(SuGM) 【ホルファダード】「そうそう。頑張ってね。何しろ、今はまだ前回撮影された分とかが「本物そっくりのAV」として出回ってる程度だけど・・・あなたが私たちの魔物に絶頂を味あわされるたび、私たちの魔物に敗れるたび、貴方の魔力特性が我々に解析されていくそうすれば・・・。」
(SuGM) 更に、ホルファダードが、すでにAVが出回っているという重い社会的重圧に加え、処刑宣告に等しい強烈な宣告を言い渡す。
(SuGM) 【ホルファダード】「魔力の解析が終われば、貴方の変身の「正体を認識されない」という効果を排除できる・・・まぎれもなく隠せもしない、貴方自身が出演していると認識されるAVが出回るのよ、めぐ。素敵でしょう?」
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「あ・・悪魔、ねっ・・・あなたたち・・・」奴らにとって既に負けて当たり前の存在として、更にヒロインとしてだけでなくめぐ自身としても滅ぼすための計画をわざわざ聞かせ
(S11_Megu) 力及ばぬ今ではどうしようもない悪意を相手に、歯を食いしばって
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「もちろん。魔族ですから」
(SuGM) 【ホルファダード】「それじゃあ、撮影の時間が来たら迎えに来るから・・・」
(SuGM) 【バサディナサフ】「おとなしく「飼われて」いるがいい。」
(SuGM) 蛙の面に小便、平然と魔族どもはめぐの言葉を受け流し・・・人間体の姿に化けると、部屋を後にする・・・。
(SuGM) △
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) ・ミドルフレイズ
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) かくて、取り残されためぐ。拘束されてはいるが、これを何とか外せば、脱出の機会はあるかもしれない。
(SuGM) 一糸まとわぬこの姿では変身がままならぬどころか、部屋から脱出する事もままならないが、何とか衣服を調達できれば、変身が可能になる筈だ。
(SuGM) 鳥籠にどうやら魔術的に囚われているらしえんぜくんも、助け出すことができれば力になってくれるはず。
(SuGM) 何とかしなければ・・・
(SuGM) (現状変身していない状態、かつ全裸として扱います。変身していない状態では魔法やアイテムは使えないものとします。また、全裸で外に出た所を誰かに目撃されれば、社会的ダメージが悪化します)
(S11_Megu) ふむ・・・
(SuGM) (言い忘れましたが、まだめぐではなくめぐのそっくりさんとして亜t買われていますが、刻印「被写体」を使用して、社会的ダメージが与えられています。更に刻印による社会的ダメージが重なれば、AVでの正体バレが発生します)
(S11_Megu) まずは拘束をどうにかからか
(SuGM) (尚裸を目撃されることによる社会的ダメージの悪化は、あくまで「見つかったら」で、うまく見つからずに動ければ大丈夫です。拘束から逃れる、えんぜ君を解放する、等の行動は、宣言していただけたら、GMが判定難易度を宣告いたします)
(S11_Megu) 拘束されたまま衣装調達とかは流石に無理があるでしょうしね
(S11_Megu) と、いうわけで。まずは拘束の解除を!
(SuGM) (PCがどのような行動をとるかによって若干変化しますが、一定以上の回数の判定で時間が進み、イベントが発生ステクライマックスに移行します。また、PCがどのくらい動けたかで、周囲に派生する被害の規模、戦闘の難易度が変化します。頑張ってください。)
(SuGM) ▽
(SuGM) △
(S11_Megu) ふむふむ
(SuGM) 拘束されたままの衣服調達の場合、やってやれないこともないですが難易度が酷いです。
(SuGM) あと、衣服を探す場合、部屋の外に探しに出る、部屋の中で探す、えんぜ君を解放してとりにいってもらう、などがあります。
(S11_Megu) 了解で
(S11_Megu) 拘束から抜け出そうとするにはどのような判定ですかな
(SuGM) 拘束から脱出する場合、力ずくで拘束をちぎる場合体力で、体を捻って柔軟性で抜けようとする場合運動で、結び目を何とか解く場合知力で、の判定になります。
(SuGM) 失敗した場合、再チャレンジできますが、時間は経過します。
(S11_Megu) アイテムも何もなしでだと・・・知力が一番高いな。知力でほどこうと、で
(SuGM) 目標値は体力の場合11、運動か知力の場合14です。
(S11_Megu) ・・・むぐ・・・目標値はどの道高いか。クライシスアビリティは使えますかな
(SuGM) 使えていいものとします。あと、
(SuGM) 先にえんぜくんの開放を行う場合、手伝ってもらう事も可能になります(先に魔力判定をすることになりますが、魔力判定には拘束は影響しません)
(S11_Megu) ・・・むぅ、えんぜ君解放の目標値はいくつですかな
(SuGM) 他、一行動手順を消費して物置の中を調べる(衣服探査+拘束解除の道具を探す事が出来ます)のもありです。
(S11_Megu) あー、じつになやましいっw
(SuGM) えんぜ君解放は、魔力で目標値7です。相手が最下級天使なんで、最小限度の魔力結界で捕縛できますので。
(S11_Megu) 調べる行動は拘束されていても出来ますかね
(SuGM) 部屋の中を探索するのは知力で。これは明確な目標値は無く、達成値しだいで何が見つかったかの結果が出ます。
(SuGM) これも、拘束されていても可能です。ちょっと難易度が上がりますが。
:55(S11_Megu) ・・・よし
(S11_Megu) えんぜ君の解放、ポテひとつ込めて確実に
(S11_Megu) 3d6+1 目標値7・・・入れなくとも出せるはずだが・・失敗は怖い
(kuda-dice) S11_Megu -> 3D6+1 = [3,2,3]+1 = 9
(S11_Megu) ポテ分で成功っ!
(SuGM) うわ、危ないw
(SuGM) 難易度的には期待値以下だと思ったんだがw
(S11_Megu) 使って損はなかったっ
(SuGM) んでは、こう、近寄って、魔力を込めてえんぜ君の鳥かごを解呪する描写をおねがいしますっ。
(SuGM)  
(S11_Megu) 【めぐ】「身体は確かに動かせないけど・・・けど・・・」じっ・・・と放置された鳥かごに意識を集中させ
(S11_Megu) 無意識に行っていたチャクラムの遠隔攻撃・・・あのイメージを鍵として篭へと放つ!
(S11_Megu)  
(SuGM) ばち、ばちん!
(SuGM) 線状に撒かれた火薬に火をつけたように、火花が魔法陣の形に散って呪文が燃え尽きる・・・
(SuGM) がた、ぼたん!
(SuGM) えんぜくん「うあっち!?・・・めぐ!?」鳥かごの底が抜けて、床にぼとんと落下したえんぜ君があわてて起き上がる。
(SuGM) えんぜくん「めぐ、話は聞いてたけど、なんてことに・・・ごめんね、調べごとしてたら、捕まっちゃって・・・」
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・よ、よかったぁ・・・成功して」ほっ、と一息ついて
(S11_Megu) 【めぐ】「反省よりも今はこの状況をなんとかしないと、ね」
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「う、うん。何をすればいいかなっ?」
(SuGM) と、えんぜくんが協力してくれるようになりました。
(SuGM) △
(S11_Megu) 拘束解除の手伝い、室内探索の手伝い、室外で服探しをお願いする、あたりかな。協力してもらえること
(SuGM) (えんぜくんには、めぐの行動のサポート、めぐと独立しての別行動、の、二つの大まかな行動ができます。前者の場合めぐの行動の判定の難易度が下がり、後者の場合魔力判定でめぐの行動とは別にもう一つ別の行動を出来るようになります)
(S11_Megu) ふむふむ
(SuGM) (単独でも一緒でも、えんぜ君はめぐの指定した通りの行動を行います。尚、えんぜ君が単独行動して酷い出目の失敗をしたりすると、また捕まりかねません。)
(SuGM) (ただ、えんぜくんは小さいAND普通の人間相手には姿を見せないことができるので、全体的にえんぜくんの単独行動での判定難易度は低めです)
(SuGM) あと、えんぜ君には情報収集とかも頼めますね、単独行動なら>強力してもらえること
(S11_Megu) ・・・。では二手目にはえんぜ君に協力を願い部屋の中の捜索で
(S11_Megu) 2d6+6 知力判定、えんぜくんぱわぁこい!
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+6 = [4,5]+6 = 15
(SuGM) ふむふむ、了解です。では、知力で判定どうぞ。
(SuGM) と、入れ違ったか、って、うわ、いい出目!
(S11_Megu) っと、だが目はよしっ
(SuGM) えんぜ君の力で判定を振り直しするか目標値を下げることができたのですが
(SuGM) この場合目標値下げでよござんすよね(成果が拡大します)
(S11_Megu) それでおねがいするです
(SuGM) では・・・
(SuGM)  
(SuGM) 【えんぜくん】「めぐ、あったよ。縄切るのに使えると思うものっ」と、えんぜくんがニッパー、ワイヤーカッター、大型ハサミ、カッターナイフ、鑢、糸のこぎりなど
(SuGM) あれこれと工具が入った箱を引きずってきます。
(SuGM) これで、えんぜくんによる修正を含めて、拘束を解く判定の難易度が-5されます。
(SuGM) 【えんぜくん】「それと、服なんだけど、一応あるにはあったんだけど・・・」
(SuGM) といって、えんぜ君が持ってきたのは・・・
(SuGM) 超ミニセーラー(下乳からへそしたまで丸出しでスカート丈が股すれすれでちょっと動くと見えそうなの)、えっちな水着(スリングショット)、ボンテージ服(しかも露出度がかなり高いやつ。動くのに不自由はしなさそうだけど)という
(SuGM) 深夜番組用の衣装の詰め合わせと思しき箱。
(SuGM) 【えんぜくん】「ごめん。こんなのしかなくて。それと、どうもこのへん、魔力の仕掛けがしてあるみたいで・・・」
(SuGM) あやまるえんぜ君。どうも、変身するのに何か支障があるみたいで。
(SuGM) △
(S11_Megu) 拘束解除の修正はえんぜ君がいないともらえないか・服装ごとにやはりデータは代わるだろうか・変身にも一手必要か。の三つか。確認取らなければなのは
(SuGM) 拘束解除の修正はえんぜ君込みで、えんぜくんがいない場合-3になります。
(SuGM) 服装ごとのデータは代わりありません。
(SuGM) 【えんぜ】「どうもこの服、そのうち魔族連中が何かに使うつもりで術をかけてるみたいで変身に抵抗がかかるようになってる。それと、この部屋にも術がかかってて、更にそれが強まってて・・・」
(SuGM) 変身自体に行動は消費しませんが、この服を着て部屋の中で変身する場合、魔力で11の判定に成功しないと変身できません。
(SuGM) 部屋を出てからこれらの衣服で変身する場合なら難易度は魔力判定で8に下がります。
(SuGM) (なお、えんぜくんが一緒の場合、判定難易度を下げることはできます。)
(SuGM) (ただし、変身を試みるのは、別の行動を1回行う間に1回まで、とします。あと、廊下に出てからの変身判定に失敗した場合、その格好で居る所を見られる可能性が出てきます)
(S11_Megu) 変身補助にはえんぜ君の手番は使わない、けど一緒に行動している必要がある、と
(SuGM) です。
(SuGM) 尚えんぜ君に変身を手伝ってもらった場合、「判定の目標値が2下がる」か、「判定を1回振り直す」か、「判定に失敗した場合でも不完全な変身が可能になる」のどれかを選べる、とします。
(SuGM) 不完全な変身というのは、データ的には変身できて、戦闘も魔法もアイテムも使用できるようになります。
(SuGM) ただし、データ的効果は無いですけど、変身時にきていた衣装の影響を受けて、変身後の姿がエロくなります(どうえろくなるかは変身前の衣装選択しだい)
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・・・・」この状況を何とかするためにも変身しておきたいが、そのための元となる服に苦々しくも紅くした顔で見て
(SuGM) 【えんぜくん】「・・・」すまなそうに顔をそらす。けもなのに、ちょっと赤面してる。
(S11_Megu) 【めぐ】「これが・・いちばん丈夫そうだし、こ、これで変身ね。・・・うまく行かなくても外に出てからしなおせばいいし」ボンテージスーツを指先で指ししめして
*E-Mayah- quit("Leaving...")
(S11_Megu) と、言うわけでえんぜ君いたまま変身挑戦。その後に拘束解除で
(SuGM) 室内にいるまま変身ですね?それと、拘束解除で。
(SuGM) えんぜくんの援護は、三つのうちのどれにしますか?
(S11_Megu) ですです、ボーナスは不完全でも変身、で
(SuGM) 了解です。
(S11_Megu) 2d6+1 外に出てもこの服では厳しいってのもありますからね
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+1 = [2,1]+1 = 4
(SuGM) では、変身判定の目標値は魔力で11.
(SuGM) っと、思いっきり失敗ですね。
(S11_Megu) ・・・、さいていではないっ
(SuGM) 描写は後でやりますので、拘束解除を試みてください。目標値は前に出した値に-5したもので。
(S11_Megu) 2d6+6+1 変身して耳のボーナスを貰っての知力!
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+6+1 = [3,4]+6+1 = 14
(S11_Megu) 成功!
(SuGM) -5無くても成功でしたなっ。
(SuGM) それでは、描写行きますっ。
(SuGM)  
(S11_Megu) 変身した分のおかげですなっ
(SuGM) ぴ、ぴききき・・・・きぃん・・・・!
(SuGM) えんぜくんの魔力も合わせて、強引に魔族の力のこもったスーツを、正義のヒロインのコスチュームに変化させていく。
(SuGM) その力の余波で、拘束する縄は千切れ飛ぶのだが・・・
(SuGM)  
(SuGM) えんぜくん「え、うわ、これはっ・・・!?」
(SuGM) 変身は確かに成功した。ヒロインの力が体に戻っている、のだが。
(SuGM) 変身後のコスチュームは、普段のウィズピンクのそれから一変していた。
(SuGM) 頭、手の二の腕半ばから先、足の太股半ばから先は、元のウィズピンクのままなのだが・・・
(SuGM) 体を覆う部分が、ウィズピンクのコスチュームの布地なのだが、その形が変身前の過剰に露出度のあるボンテージスーツそのままの姿になっていて
(SuGM) 乳房をベルトが横断してぎりぎり乳首を隠し、細い腰にも幾本ものひも状の布地が絡みついている、という状況で、股間もベルトがまるで褌のように食い込んでいるという
(SuGM) とてもではないがヒーロー番組には出れないか出れても悪役、AV並みに卑猥な姿となってしまったのだった。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・(なんとか変身できた身体を見て)・・・早く普通の服で変身しなおしましょ!」ものっすごく切実に力説している
(S11_Megu) 正体がばれずとも、こんな姿は見られて嬉しいものではない
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「そ、その暇があるといいけど・・・っ、めぐ、まずい。魔力反応が、こっちくる!」
(SuGM) 前回と違ってすでに変身できているので、めぐにも魔族たちの接近が感知できる。
(SuGM) あの魔族達が三人そろって、めぐを連れ出しに来たようだ。
(SuGM) どころか、情報戦型のヒロイン能力のせいか、会話を一部拾う事さえできた。
(SuGM) 【バサディナサフ】「それで、どうなった?他の連中の操りは。
(SuGM) 【カルダハダス】「男どもは、今回の撮影の出番がないということで、まだ捕まえてないレッド役の奴以外は完了だ。もう一人の女は、今やっているところだが、撮影の出番までには間に合うだろうよ。クラッキイッドガイルの能力は、脚本通りだからな」
(SuGM) クラッキイッドガイル、クラッキングとスクイッド(イカ)の怪人で、触手を絡めて機械やコンピューター、ウィズレンジャーの装備にハッキングをしかけてくるという怪人だったはず。
(SuGM) そいつが・・・他の役者たちを操ろうとしているのだという。
(SuGM) 【えんぜくん】「どうする、めぐ。だ、脱出する!?」
(SuGM) (このまま相手を出迎えるか、脱出して何か行動するか選択することができます。これが最後の行動となりますが、待機する+何かする、脱出する+何かする、というように、二つの行動を取ることができます)
(SuGM) △
(S11_Megu) ぐぐぐぐ・・・
(S11_Megu) ここから逃げ出す+ブルーを探して助ける!で
(SuGM) 了解しました。では、移動する間恥ずかしいボンテージ変身姿を他の人に見られなかったか
(SuGM) +
(SuGM) どれくらいの速度でブルーの所にたどり着けたか
(SuGM) の
(SuGM) 運動判定をしていただきますっ。
(S11_Megu) ・・・うまいこといってくれよ
(SuGM) 目標値は13、アイテム効果は込み。成功しても失敗しても脱出してたどり着くところまではいけます。
(SuGM) 過程と結果が違ってきますが。
(S11_Megu) えんぜくんぱわぁが有るかはわからんが・・・運動は装備込みで6っ、いくぜっ
(S11_Megu) 2d6+6
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+6 = [2,4]+6 = 12
(S11_Megu) ぐっ・・・
(SuGM) そうですね。えんぜ君パワーは、この場合ありです。振り直しか、目標値-2か、
(SuGM) どっちか出来ますが、目標値-2の場合、
(SuGM) 「エロい変身姿を人に見られない」か
(SuGM) 「ブルーの所まで急いで駆け付ける」か
(SuGM) どちらかの判定のみを成功させられるものとします。
(SuGM) つまり、振り直して両方まとめて成功することにかけるか、確実にどっちかを成功させる(逆にその場合どっちかは確実に失敗する)かですね。
(S11_Megu) ・・・くっ・・・。ブルーの元にたどり着く、に-2ボーナスを!
(SuGM) OK,その覚悟やよし。
(SuGM) それでは、めぐは一般人に変身後のHな姿を見られてしまいますが・・・ブルーが洗脳される前に、現場に踏み込むことができます。
(SuGM) (PC側から、飛び出して走る描写をおねがいしますっ
(SuGM) )
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「時間は一切無い、わね・・・!」まだ気配が近寄りきっていない、それを感じ取って
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・GO!」脱兎のごとき速度で部屋から飛び出し、しかし逃げるのではなく救うために全速で廊下を駆け抜ける!
(S11_Megu) △
(SuGM) 【魔族たち】「!・・・~~、っ?、!」
(SuGM) 間一髪脱出は間に合った。背後から、魔族達の驚きと怒りの叫びが聞こえる。
(SuGM) 【えんぜくん】「めぐ、あいつらの言っていた魔物の反応はあっちだよ!」肩に止まったえんぜ君が叫ぶと同時に、スーツのバイザーに目的地までのルートが表示される。
(SuGM) 今の強化された身体能力なら、そこまでの道は突っ切れる。
(SuGM) だが・・・
(SuGM) 【一般職員】「っ、うわ!?」
(SuGM) 【一般職員】「え、何、今の!?ウィズレンジャーの・・・!?」
(SuGM) 【一般職員】「で、でも肌色が・・・っ、エロかったよな、あれ!?」
(SuGM) 走り抜ける姿を、通りすがりの普通の人間には隠すことができなくて。
(SuGM) 正体は辛うじてばれないものの・・・ピンクボンテージに戒められ、過剰に露出させられた綺麗な肌をしなやかな肢体を、エロティックに強調されてたものを見られてしまう・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) (アクト:突き刺さる視線いいかな?
(SuGM) (羞恥心的描写をしてくれるならOKです)
(S11_Megu) (では描写するのでそれで判断願うです
(SuGM) (どうぞっ
(S11_Megu) 【めぐ】「このルートねっ・・・っ!」風とともに駆け抜け急ぐ耳に、魔族たちの叫びとは別なものが入り
(S11_Megu) 【めぐ】「(そんな風にみないで・・言わないでよっ!)」正義の味方の姿として認識されているのは幸いであり不幸でもあって
(S11_Megu) バイザーの黒が濃く、耳状のブレードアンテナも寝かせて感度を落すも視線が、声が届き、紅くしてしまう顔が見られずとも晒した肌は風をきっても癒えない火照りを持ち
(S11_Megu) △
(SuGM) (アクトOKです!)
(S11_Megu) (らじゃっ
(SuGM) 羞恥に耐え、走って・・・たどり着いたのは、ウィズブルー役、村雨魅子の控室。
(SuGM) バン!と扉を開けて突入すれば、そこには
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「カタカタカタカタ・・・ビ、ビキビキ・・・!」
(SuGM) 【村雨魅子】「っ、~っ、っ、・・・・」
(SuGM) パソコンのコードとイカの足を滅茶苦茶に混ぜ人型により上げ、頭部は烏賊の頭と胴がコンピュータとディスプレイに融合したようになっている魔物・・・クラッキイッドガイルが、
(SuGM) 変身後のコスチュームを着こもうとしていた君の同期を襲っている姿だった。
(SuGM) 魅子は恐怖と魔力のせいで失神状態で・・・そのスタイルのいい肢体に触手が何十にも絡んで弄んでいるものの、まだ辛うじて純潔は奪われていないようだった。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「魅kっ・・ブルー!!」名前で呼びかけたところをこれも撮影されているのでは、と理性が走り役として叫び
(S11_Megu) 【めぐ】「これ以上は・・巻き込ませなんてっ・・・」構えとともに現れたチャクラムは既に鈍く輝き、敵を潰すための戦略が練られていき
(S11_Megu) △
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ヴィインッ!ピコ!ガーリガーリガーリッ・・・!」
(SuGM) 予定外の襲撃を受けたクラッキイッドガイルは、あわてて魅子への洗脳を中断。
(SuGM) 触手を巻きあげてめぐに向き直る・・・頭部のディスプレイが激しく点滅し、処理中のパソコンの動作音を何十倍にも大きくしたような声を上げる。
(SuGM) ディスプレイの一部に表示が出た。
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ウィズイエロー洗脳体ダーティイエロー、ウィズグリーン洗脳体ダーティグリーンに命令伝達。本体を守護せよ!」
(SuGM) 同時に、めぐの探知機能に反応・・・確かに、操られた二人と思しき魔力反応が、こちらに向かってきている!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「(こちらに注意は向いたのはいいけど・・・っ、二人がくる前に、なんとか!)」
(S11_Megu) 悪化が目に見えずとも好ましく無い状況には代わらず、しかしそれでも戦うしかなく
(S11_Megu) △
*SuGM topic : [クラッキイッドガイル(06)][めぐ(11)]
(SuGM) それでは、クライマックス戦闘に入ります。
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ウィイイイイン・・・!」半透明の不気味な体の中に、LEDやディスプレイを思わせる光や映像を明滅させる怪物が触手をうねらせる。
(SuGM) 間一髪同僚の村雨魅子を助けためぐだが、魔物はすでに洗脳されている他の二人を呼び寄せる積りのようだ・・・
(SuGM) そして相対しためぐは、気づかされる。
(SuGM) ハッキング能力を持つ怪物の両目が、カメラと融合している事を。相手の体内をのたくる回線がそのカメラとコンピューターをつなぎ
(SuGM) 相手の体内にあるパソコン・ディスプレイに、インターネット上の会員制動画サイトに、接続し、映像と情報を流す体でいることを。
(SuGM) 目の前の怪物一体の目は、そのまま顔も知らぬ無数の人間の目となっているに等しいという意識と、齎される幾千幾万もの視線が、めぐの動きをからめ捕る・・・。
(SuGM) さあ、どうする!
(SuGM) ▽
(SuGM) というところから戦闘開始。第一ターン開幕から、どうぞ。
(S11_Megu) ウィークポイント! ・・・こいつを倒して全て解決、とは言い切れないとも思うがまずは片付けないとナ
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 2d6+7 【めぐ】「(今は・・・思いっきりやるだけっ!)」カメラアイを睨み返し
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+7 = [3,1]+7 = 11
(S11_Megu) ・・・、、。めがねふりなおしっ
(SuGM) ではもいちどどうぞっ>振り直し
(S11_Megu) 2d6+7 敵IVは知力と見た
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+7 = [4,1]+7 = 12
(SuGM) ちょびっとしかよくならんのう。
(S11_Megu) ・・・サイコロまではどうにもならんか。さて・・・どうだっ
(SuGM) ともあれ、ではこちらも判定いきまっせ。
(SuGM) 2d6+2 対抗判定っ実はハッキング使いって設定なのに知力低いの。
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+2 = [1,4]+2 = 7
(SuGM) しかも出目も大差ねぇしw
(SuGM) ・・・魔力は実は高いんだけどねw
(S11_Megu) く、謀られたかっ、だがCP注ぐよりはまだよしっw
(SuGM) んでは、防御力がぐぐんと下がりまして。
(SuGM) ターン内に入りまして、IV的にめぐの行動からっ。
(SuGM) (演出描写とかあれば適宜どうぞ)
(S11_Megu) ツイスターのみで攻撃を
(S11_Megu) 【めぐ】「今の私なら・・内部の回路ごとだって・・!」怪人の構造から内部で策略が張り巡らされるさまさえも読み取り
(S11_Megu) 4d6+4 てーえい!
(kuda-dice) S11_Megu -> 4D6+4 = [5,1,1,6]+4 = 17
(S11_Megu) さ、サイコロ合計は期待値っ
(SuGM) 上下激しいなっ。素通しで受けて、17点ダメージ。
(S11_Megu) となると最悪でもナイトか
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「~~~~~~!?」軟体と精密機械の組み合わせに類似した姿故か、その体はかなり勢い良く切り刻むことができた。
(SuGM) 悶絶するクラッキイッドガイル・・・本来洗脳用の能力が中心で、それほど耐久力は高くないのかもしれない。
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ウィィイイイイイン・・・・!!」だが、直後相手も反撃してくる。
(SuGM) 先端に端子のようなものをつけた触手を無数にのばし・・・その端子をスーツに接続して、呪詛の魔力でスーツの魔術術式をハッキングしようとする!
(SuGM) クラッキイッドガイルの反撃。
(SuGM) 1d6+7 《乱舞》《七色の淫毒》
(kuda-dice) SuGM -> 1D6+7 = [1]+7 = 8
(SuGM) 1d6+7 《乱舞》《七色の淫毒》
(kuda-dice) SuGM -> 1D6+7 = [3]+7 = 10
(S11_Megu) くっ・・こいつも多段か
(SuGM) 2回攻撃、BS選択式!
(SuGM) ダメコン+アクトどうぞ。
(SuGM) ▽
:55(S11_Megu) うし、ばくちになるのはどれでも変わりはしねぇ。バッステミルクで胸に8・その他に10で破棄。のこり4/8/0でアクトに疼く体を
(SuGM) 了解。描写はPLからにしましか?GMからにしますか?
(S11_Megu) そちらから願いまする
(SuGM) 承知。では・・・ 
(SuGM)  
(SuGM) ヒュッ、カチッ。
(SuGM) 攻撃は軽い接触。本来物理的にはダメージにならないような。触手の先端の端子がスーツに引っ掛かっただけの・・・だが、直後。
(SuGM) ヴィイイインッ・・・
(SuGM) ずくんっ!
(SuGM) 端子のつながったスーツ全体が、責め具と化したかのように振動し始めて。更にはその内側に、呪いの毒を撒き散らし始める。
(SuGM) ヴわ・・・ざわ・・・
(SuGM) スーツと肌の間を、毒気が這いまわり、体の芯が呼応して疼き濡れてゆく。
(SuGM) スポンジが絞られるように内側から快感が湧き出でて、薄い胸すら張り潤んで体がくにゃくにゃと柔らかくなっていく・・・。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 次の一撃のためにも大きく踏み込んでの一撃に出来た隙。当然そこは狙われるだろうと身構えるも切りかかられも引き裂かれもしない接触
(S11_Megu) 【めぐ】「・・う、っああ・・・な、これは・・ひはぅっ?!」護ってくれるはずのスーツが震えで四肢を包み込み、スーツの内部、身体の内部から侵食(オカ)されていき
(S11_Megu) 揺らぎかけた足腰を奮い立たせようと、接触する触手を剥がそうと心が動くも身体が付いてこれず。じわり、じわりと毒が溜め込まれてしまい・・・
(S11_Megu) △
(SuGM) かたかたかたかた、たかたかたかたか・・・
(SuGM) キーボードをたたくかのような音とともにクラッキイッドガイルは蠢き、端末触手を何本も
(SuGM) 淫らなボンテージ状に変化したスーツにつないでいく。
(SuGM) つながれたスーツは、あっさりと魔のハッキングに屈して乗っ取られ。
(SuGM) ぎっ、ぐっ、と、本来の用途に従うように、めぐの体を、動きを阻害するほどではないが戒め、肌を摺りたて、肉をたわめる。
(SuGM) それはあくまで器具による乱暴な締め上げで、勘所を知りつくした繊細な愛撫というわけではない。だが、それなのに・・・ハッキングが神経にまで達しているように、そんな荒い感覚がたまらない快楽として、体を疼かせる・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「くぁぁっ・・や、くっ・・また、毒を・・・」乗っ取られたスーツに囚われ押さえ込まれてしまって、そんなことで今まで通り淫毒にやられたときと同じように身体が熱くなってしまい
(S11_Megu) そう、これは毒のせい、そのせいの反応だと・・・
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「やれやれ。一度折れただけなのに、ずいぶん情けないヒロイン様ですね。こちらの予定より早く動いたので驚きましたが・・・早く犯されたかったから飛び込んだだけだったようだ。」
(SuGM) クラッキイッドガイルの幾つもあるディスプレイの一つから、不意に魔族の声がする。そこに三人の魔族の一人、青年姿のカルダハダスが移り、嘲るように笑いをくれてきた。
(SuGM) バシッ、ビシッ・・・!
(SuGM) 同時、ボンテージの金具から肌へ、抓り、弾くような電撃の刺激が放たれる。痛く刺激的だが、それと同じくらい、火照ったからだを跳ねさせる快美が、そこには込められていて。
(SuGM) 【カルダハダス】「現状こちらからそちらに流している呪詛は、乳腺分泌かく乱・・・あなたの薄くて感度敏感の胸を、その敏感さを保ったままたっぷり熟させる呪いだけです。」
(SuGM) 【カルダハダス】「性感強化はしてない・・・・刺激は兎も角、それへの反応は、淫らな貴方自身の感じていることなのですよ。」
(SuGM) 言葉とともに、他のディスプレイが幾つも明滅する。拘束するには不足の量の触手をつながれただけで、ぴっちりボンテージに覆われた華奢な肢体をくねらせる女の姿が、じっくりねっとり撮影され、放送されている・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「な・・そんな・・・わたし・・っひぃぁぁ!!」魔族たちのせいでこんなことに・・そう思っていたことをきっかりと否定され。それが事実かを確かめるすべはなくとも電撃の痛みに・・いや、刺激に身体の芯から震え上がり浅いはずの拘束から、映し出す映像から目を逸らせず
(S11_Megu) △
(SuGM)  
(SuGM) 第二ターン
(SuGM)  
(SuGM) ガチャッ!
(SuGM) 困惑に乱れるめぐの意識に、叩きつけるような・・・扉の開く音。
(SuGM) 【ダーティグリーン】「ふふ、来たよ・・・」
(SuGM) 【ダーティイエロー】「めぐさんを犯せば、いいんですね?」
(SuGM) 表れたのは、ウィズレンジャースーツのグリーンとイエローに身を包んだ、葦原励人と道田律・・・
(SuGM) だが、その表情は淫熱にゆがんでいる。救いに来た正義の味方ではなく、操られた魔の手先、だ。
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「びがっ、びごご・・・!」洗脳した戦力の到着を確認したクラッキイッドガイルが、出力を増したように全身の発光を明滅させる。
*SuGM topic : [クラッキイッドガイル(06)][めぐ(11)][ダーティイエロー(05)ダーティグリーン(07)]
(SuGM) 前にも敵、後ろにも敵。そして後ろの敵は本来助けるべき相手で、なのに・・・操られ、めぐを己のペニスで犯そうとしている・・・
(SuGM) 絶体絶命の包囲。ヒーロー番組なら逆転できても、実際のヒロインは、もう、こうなったら・・・
(SuGM) という絶望感が、めぐの肢体に被虐の快感を注いでその抵抗力を弱まらせる・・・。
(SuGM) 調教刻印[ヒロピン妄想]を使用。BS拘束をめぐに与えます。
(SuGM) △
(S11_Megu) 淫らなる緊縛のアクト使用。これで5CP蓄積。と・・・抵抗せずっ
(S11_Megu) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「ふ、ふたりともっ・・・」扉の開く音に身体をよじり振り向き、ほんの僅かな希望を込めて見つめる、が・・・
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・お願い・・正気に・・・・・・」瘴気に染まり正義を演じていた者から悪に染められた牡へとなってしまっている二人を留めようとすがり
(S11_Megu) △
:55(SuGM) 【ダーティグリーン】「うふっ、何言ってるんです。めぐさんが一番正気じゃないじゃないですか・・・」
:55(SuGM) すがる手に返されたのは、しかし、嘲弄と。
(SuGM) 【ダーティイエロー】「こんなにエロく体をくねらせておいて・・・」
(SuGM) 蹂躙。
(SuGM) がっしりしたダーティイエローの腕が、めぐの華奢な体を乱暴に揉みしだくようにわしづかみにする。
(SuGM) 【ダーティグリーン】「僕みたいな年の子にだって、これは毒ですよ・・・」そしてダーティグリーンの手指が、年ににあわぬぞくぞくとした快楽を煽るしなやかな手つきでからみつき、蛇のように肌を這いまわる。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「イエロー・・グリーン・・・」番組ではない、それは分かっていた。分かっていても信じたいと思ってしまい・・今も彼らの腕を払い落とす気力が湧かずにじっと堪えて
(S11_Megu) △
(SuGM) GM側開幕は無し。
(SuGM) PC側開幕あればどうぞ、なければIV順でめぐから行動でっ。
(S11_Megu) 了解、開幕なしで・・・装甲なしだから、と
(S11_Megu) ツイスターもアクセも同じか。アクセラレイション・マルチプルスナップ・ファイナルストライク!
(S11_Megu) 【めぐ】「ま・・まだ・・・まだ洗脳元さえ絶てば・・・!」
(SuGM) うん?
(SuGM) いや、同じじゃないんでないか。
(SuGM) CP5なら、使えるファイナルは1回だよね。
(S11_Megu) 拘束で固定値分がちょうど帳消しなので
(S11_Megu) +2dも2dをもう一度も同じ、と
(SuGM) マルチ+ツイスターなら、4d6+3-4が2回。マルチ+アクセラなら、2d6+3-4が3回だから
(S11_Megu) 瘴気鍛造!!
(SuGM) と、それ計算に入れると
(S11_Megu) ・・・ってほんとだ、ツイスターは両方のったっむけ
(SuGM) マルチ+ツイスターが8d6、マルチ+アクセラが6d6、で
(SuGM) やっぱどのみちマルチツイスターのほうが強いぜ。
(S11_Megu) あぶないあぶない・・・いかんな、ヒロクラ最近してないせいか
(S11_Megu) では改めてツイスターマルチプルスナップ・ファイナルアタックでクラッキイッドガイルを!!
(S11_Megu) 13d6 めぐの渾身の一撃、いや、二撃が!
(kuda-dice) S11_Megu -> 13D6 = [6,3,5,2,4,6,1,4,2,6,2,1,2] = 44
(SuGM) うむっ・・・!
(S11_Megu) ど・・どうだっ!
(SuGM) 本来、最後の最後に出てくる想定だったからな・・・
(SuGM) 先の攻撃が17点。今度のが44で合計61点も食らっては・・・
*SuGM topic : [めぐ(11)][ダーティイエロー(05)ダーティグリーン(07)]
(SuGM) クラッキイッドガイルは堕ちる。後は残り、ダーティイエローとグリーンの攻撃に耐えるだけだ。
(S11_Megu) 倒した次のターン最後まで・・・つまりこのターンと次の計四撃
(S11_Megu) そしてここで予め戦況情報っ、MP6回復しスウェー二回分を確保!
(S11_Megu) これで多段でも装甲込みで・・なんとかなれっ!w
(SuGM) んー、それはこっちの攻撃を見てから判断したほうがいいんでないかな?かな?w
(S11_Megu) ・・・な、ならばとりけして、さぁこいっ
(SuGM) ここはまとめて戦闘状況を処理し二いこうと思うんだけど。とりあえず、このターンのこっちの攻撃分はまず。
(SuGM) イエローとグリーンだと、IVの関係上グリーンのほうが先手なので。
(SuGM) 2d6+4 《マルチアタック》《七色の淫毒》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+4 = [2,4]+4 = 10
(SuGM) 2d6+4 《マルチアタック》《七色の淫毒》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+4 = [6,4]+4 = 14
(SuGM) グリーンが2回攻撃
(SuGM) 3d6+7 《魔力撃》《七色の淫毒》
(kuda-dice) SuGM -> 3D6+7 = [5,2,4]+7 = 18
(SuGM) イエローが1回攻撃
(SuGM) 合計三連打なのよ!
(S11_Megu) み・・みるくが・・みるくがぁぁぁ・・・・・
(S11_Megu) い、いやそれでもここでMP回復でも次ターンにはいいな
(SuGM) 心底あのチョイスはまずったですね。HPもAPも低いめぐなんだから、防御はしっかりしておくべきなのですが。
(S11_Megu) ・・・だがこれで凌ぐしかない
(SuGM) ダメコンとアクトどうぞ。
(S11_Megu) グリーンの攻撃を両AP破棄して受けてイエローの攻撃をMP回復後スウェー、5軽減して13くらいのこり16・・・
(S11_Megu) アクトには・・・、、。そういえばCPの使い道も無いな
(SuGM) Σ
(S11_Megu) ・・・あ、いや。逃走しようとは出来るかな?時間稼ぎに
(SuGM) スウェーはCP突っ込めないからな・・・。
(S11_Megu) 逃げるとなるとブルーも助け起こして、となるだろうけど
(SuGM) ふむ。
(SuGM) この場合、逃走判定に成功しても、戦闘に敗北したとは処理しない・・・としてもいいかも。
(SuGM) 時間を稼いだ、とするのであれば、
(SuGM) 経験点算出でいくところの、
(SuGM) 見事な手段で戦闘を回避した:回避したモンスターの経験点の半分(頭割り)
(SuGM) に相当させてよいとGM判断します。
(S11_Megu) ふむふむ
(S11_Megu) どの道撃退するのは・・ですからな。うしっ、そのルートで
(S11_Megu) となるとアクトはのこり全部っ口辱・つけられた種・熱い蜜壺・菊辱・汚された肢体でっ
(SuGM) 了解。
(SuGM) それでは第三ターンの処理も済ませてから描写しますか?
(SuGM) それとも、先に描写してから第三ターンに向かいますか?
(S11_Megu) 第3ターンも済ませてからにしますか
(S11_Megu) 逃走自体は開幕での判定ですしね
(SuGM) 了解。
(SuGM) では、逃走判定・・・いきましょうかっ。
(SuGM) お互いの勢力の代表者が運動で対抗判定、ですね>逃走
(S11_Megu) 6CP全部乗っけて更に尻尾が運動判定に+1
(S11_Megu) 8d6+6 その走りは脱兎の如く
(kuda-dice) S11_Megu -> 8D6+6 = [6,5,2,2,1,3,1,3]+6 = 29
(S11_Megu) ブルーを抱えてペナが付こうとこれならっw
(SuGM) 2d6+5 イエローのほうが運動は上なんだがっ
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+5 = [1,4]+5 = 10
(SuGM) 達成値二分の一のペナルティかけても成功しますね。
(S11_Megu) めぐとしては倒すべきを倒せて護るべき人たちへの被害は最小、うむっ
(SuGM) ▽
(SuGM) がし、ぎゅいっ・・・!
(SuGM) 殆ど網目状に近い、淫らなボンテージ化したスーツが、イエローとグリーンの手で引っ張られる。瘴気で強化された男の力で、スーツはあっさりとたわみ、
(SuGM) 大きく歪んで、めぐのとろとろになった女の部分をあらわにする。
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ピ。ピ。ピ・・・」機械じみた怪物が冷淡に撮影を続ける中
(SuGM) 【グリーン】「ごくっ・・・めぐさん、おいしそうですよ・・・」
(SuGM) 【イエロー】「いただくぜ・・・!」
(SuGM) 男たちが雄をむき出しにして、襲いかかってくる。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「う、うぁぅぅっ・・・」牝肉がスーツの中で押しつぶされ、身をよじればよじるほど卑猥に強調されてしまい
(S11_Megu) 掻き分けるようにして作られた隙間から、ぽたっ・・ぽたっ・・・と蜜が滴り落ち、それさえも写し残されて
(S11_Megu) 【めぐ】「(どうにか・・どうにかしたいのに、身体が・・っ)」
(S11_Megu) 振りほどかなければ、抵抗し倒さねばと分かっているはずの身体の反応は戦うものではなく女としてうずいてしまい
(S11_Megu) △
(SuGM) 【イエロー】「なあ、こんなにエロいんだ。めぐからも・・・してくれるよな?」
(SuGM) 牝めいた女の喘ぎを聞いて興奮したイエローが、めぐの華奢な顎を掴んで引き据える。己の引き締まった腰、野太い剛直の前に。【イエロー】「フェラくらい知ってるよな?なあ、してくれよ・・・」
(SuGM) 【ブルー】「めぐさん、僕、僕・・・っ」
(SuGM) 同時に、熱に浮かされたようなグリーンの声が、背筋を駆け上って項を熱くさせる。背後からぺたりと華奢な少年の体がへばりつき・・・布地からくびりだされためぐの肉貝に、すりすりと少年のペニスがすりつけられる。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「ふ・・フェラ、なんて・・・」目の前に熱く滾る剛直を突きつけられて身をよじろうとしては吐息がかかり
(S11_Megu) 躊躇するめぐの背後からの若い衝動に押されほほが、唇が押し当てられるも、口を開けようとするのは何とか拒め、しかし拒んだところでどうにかしようとするだけの頭は回せれず
(S11_Megu) 【めぐ】「だめ・・こん、なぁっ・・・」擦り付けられるだけで受け入れようとしてしまう牝の気持ちから逃れようと前へ前へと身体が泳ぎ
(S11_Megu) △
(SuGM) それは必然、めぐを、イエローの肉棒へと進ませる事になってしまい。
(SuGM) 【イエロー】「
(SuGM) そら、来てくれたじゅあねえか・・・!」
(SuGM) ぐっ、と、イエローが力強い手でめぐの顎を掴んで強引に口を開かせ、
(SuGM) ぐぬっ・・・!と、野太い肉棒が一気に口中を占領して、息苦しく呼吸をふさいでは、どすんと喉奥を暴力的に突きたてる。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「ふぉくぁぁっ・・お、おごご・・」大きいとはいえない口がこじ開けられとろぉ・・・と透明な汁が零れ
(S11_Megu) 逃げ惑う四肢を押し返すほど奥深くまで剛直が占拠し、咽返り乱れた呼吸がすすり上げてしまいながらも抜こうと下腹部を押し返そうとして
(S11_Megu) △
(SuGM) 【イエロー】「ふぉっ!くう、いいじゃないか、たまらねぇ・・・!」呻きもがくめぐの口に快楽を感じ、イエローはそのまま肉棒を推し進める。
(SuGM) 【グリーン】「僕も、めぐさん・・・!」その声に触発されたかのように、動くめぐの下半身に、しゃにむにグリーンが縋りついた。
(SuGM) 若い掌が尻肉をがっしり掴み、抑え込むように反対の手指が秘唇を押し開く。その掌で恥丘とクリトリスを存分に押しつぶしながら。
(SuGM) そして・・・
(SuGM) 【グリーン】「入っ・・・くうう!」ず、ぐん!
(SuGM) しゃにむな腰使いが、がつん!とめぐの尻に叩きつけられ、少年ペニスが膣肉を切り裂くように突き込まれ粘膜壁を擦りたてた。
(SuGM) 【グリーン】「くふっ、凄い、たまんない!めぐさん、いいよめぐさん、めぐさんの女っぷり、凄いったら・・・!!」
(SuGM) きゅうきゅうと締まりのいいスポーティな膣に魅せられて、少年はがつがつと貪るように、めぐの女を突きまくる!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 前からは突き落とすかのごとき勢いで剛直が貫き、後ろからは堪えきれない牝の衝動を埋めてくれる突き上げが心を削ぎ落としていき
(S11_Megu) 【めぐ】「ん゛ぁ゛っ・・ふ、ぅぁ゛・・・」ガクガクと二匹の牡の精気に、いや、瘴気に辛うじて握り締めていたチャクラムが床に零れ落ちて
(S11_Megu) △
(SuGM) 前から後ろから、ずんずんと突きたてられる。
(SuGM) 前から疲れて身をよじれば膣への挿入が子宮を小突くほど進み、後ろの快楽に喘げば前の剛棒が勢いを増す。
(SuGM) どちらに進んでも悶絶しかあり得ない状況の中で、更に少年が地獄を増やす。
(SuGM) 【グリーン】「めぐさんは凄いなぁ・・・ふふ、それならこれもいれれば、もっとすごいぞ。さあ、ぎゅっと・・・」
(SuGM) 後ろも貫かれれば圧迫と快楽とで更に締まりが増すだろうと、グリーンは長く伸びたクラッキイッドガイルの触手の一本を掴んでは手繰り寄せ
(SuGM) ぐり!と、めぐの後ろの門にねじ込んだ!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「!!!!」不意の衝撃。悶絶の声をあげる口は剛直に抉られたまま振動が先端を震え上がらせ
(S11_Megu) 捻じ込まれただけで痙攣をしだした全身が、締め上げ絞ろうとする牝穴がグリーンが予測したであろう快感を更に上回る衝撃と堪えようとしためぐの足が絡みつくこととでより深く深く牝と牡とが繋がり
(S11_Megu) △
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ウィィイイイン・・・!!」
(SuGM) 尻穴をうがった触手の先端はまるでプラグのようにがっちりと食い込むと、
(SuGM) 冷たい金具のような感触を、振動させて菊花になすりつけてくる。
(SuGM) 【グリーン】「くふっ、ふぅっ、すごいや!おぉぉおおお・・・んんっ、んんっ!!」
(SuGM) 振動は腰全体に広まって、肉の薄いめぐの膣が更に締まるのに、グリーンは更新し、絶頂に近づきながら腰をふりたくる。
(SuGM) めぐの腰を、尻を、股を掴んでがつがつと揺さぶりながら。
(SuGM) 【イエロー】「俺にも次にやらせろよ!けど、こっちも・・・くうう、出したら、飲ませてやる!」
(SuGM) 口を穢すイエローも、獣欲にまみれた発言をしながら、ぐりぐりとくじりこんで・・・!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「(こわさ・・れちゃう・・・でもブルーが・・みんなが・・)」快感と衝撃に攪拌された思考回路が朦朧としだした息苦しさとともにどうしようもないほどめぐを包み
(S11_Megu) 弱くなりだしていた抵抗が更に緩み、のど奥まで、子を宿す所のそばまで牡を導きされるがままに
(S11_Megu) △
(SuGM) 【グリーン】「ふうううっ、出すよっ、思い切りっ・・・・!?」
(SuGM) 【イエロー】「こっちもだぁっ、うおおおおお・・・・!!」
(SuGM) 誘い込むような柔らかいウネリに、雄二匹は吸い寄せられ、その柔肉を貪り・・・
(SuGM) どぷ、どぷっ・・・ぐぷっ、ぴゅ・・・!
(SuGM) 前後から、めぐを穢しつくすように、たっぷりと白濁をめぐの肉壺と口中に注ぎ込む・・・。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 体内から、胎内から牡臭と瘴気とが注ぎ塗りたくられ
(S11_Megu) 【めぐ】「~~~~!」朦朧とした意識の中でも今がチャンスだと悟りもがくも最後の一滴まで搾り取るまでのスパイス程度にしかならず
(S11_Megu) イエローを押し返そうとする両の手からチャクラムが落ちていき
(S11_Megu) △
(SuGM) 【イエロー】「ふぅ・・・まだだ、もっとだっ」
(SuGM) 【グリーン】「それじゃあ、僕は、今度はこっちに・・・」
(SuGM) そして熱に浮かされた男どもはとどまる事無く。
(SuGM) 口で満足しきれないイエローは、今度こそ膣内にぶちまけるべくグリーンを押しのけ、起こしためぐの華奢な肢体に正面から挑みかかり。
(SuGM) グリーンはクラッキイッドガイルの触手をひっこ抜き、その振動でこなれたアヌスを狙う。
(SuGM) 同時にクラッキイッドガイルは、先ほど菊花を貫いたのとは別の、胃カメラめいた触手を繰り出して、めぐの精液まみれの唇と口腔を接写しようとする・・・
(SuGM) ぐるぐると、めぐの体を快楽が取り巻いて攻め立て続ける・・・
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「かはっ・・・は、く・・・」足を地に付けることさえままならず、雄に抱きかかえられるように、挟み込まれるように扱われ
(S11_Megu) 下から突き上げようとするふたりの雄から逃れられぬがためとしか思えぬような触手は、白濁にあわ立つめぐの素顔のうちの半分を写し撮って
(S11_Megu) △
(SuGM) ぐちゅ、と、精液に濡れた唇を割って、白濁がねっとり絡む舌を撮影する触手。
(SuGM) クラッキイッドガイルの体のモニターに、それが大写しに映し出されて。
(SuGM) だが、それより何より、前後を一度に肉棒に貫かれる強烈な感覚が、目具の体と心に強烈な刺激を与える。
(SuGM) イエローのペニスはグリーンのものより大きく、より強烈に膣と子宮を貫いて。
(SuGM) そして、グリーンのペニスも、触手に勝る強い快楽を、開発されたアヌスに刻みこんで。
(SuGM) がつがつと前後から突き込まれる感覚が膣とアヌスの仕切りを火照らせ、
(SuGM) はぁはぁと前後から注がれる雄の呼吸が、牝の耳に発情をささやきかける。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) まだ荒い呼吸を整えようと異物を押し返そうとする舌は白濁を触手へと擦り付けてしまい
(S11_Megu) 子宮をかちあげるようにするイエローが、グリーンの振動では届かぬ繊細なところへの責めが薄皮ひとつ挟みめぐを飲み込み
:55(S11_Megu) 【めぐ】「(だれか・・だれか・・・・)」助けを求める声は出ず出そうとした喉の動きは撮影され
(S11_Megu) がくんがくんと肢体がめぐの意思を伴わぬまま怪我され続けてしまい
(S11_Megu) 穢され
(S11_Megu) △
(SuGM) 【イエロー】「おほうっ、おうりゃっ・・・!すげぇぜ、幾らでもイけるや!」
(SuGM) 歓喜の咆哮とともに、イエローのごつごつした腰がめぐの肢体を叩きあげ
(SuGM) 【グリーン】「ふぅううううっ・・・!めぐさぁん、もっと・・・!」
(SuGM) 項にしたを這わせながら、グリーンの逸物が繊細なテクニックでアナルの中の性感を的確につつきだして
(SuGM) そして、
(SuGM) また、どくどくと粘る雄汁が注ぎ込まれていく。たっぷりと、渦巻くように、ねっとりとまとわりついて粘膜を快楽で浸しながら。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・かぁ、・・やあぁぅ・・・・・・」粘膜から侵食してくる穢れと刷り込まれる快楽
(S11_Megu) 身体が、心が、抵抗しようとしてもそれらに囚われて離れられず。動かそうとした指先から彼女の武器が床へと落ち・・・
(S11_Megu) △
(SuGM) ねっとりとした時間が、どろどろと過ぎ去っていった。
(SuGM) 男たちは際限なくと言っていほどめぐの体を求め、瘴気を注がれるたびに獣欲を増していった。
(SuGM) それでも最終的に表面を覆っただけの魔化が限界に達し
(SuGM) 男二人が先にへたりこんで・・・
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「ぴ、ふぃいぃぃぃん・・・!」
(SuGM) それでめぐを更に、そして完全に嬲り落とすべく、クラッキイッドガイルが自ら触手まみれの体を動かして、めぐに近づいてきた。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。」朦朧としたままの意識、汚され前方を見ることもままならぬ目、そんな身体でも一番大きな瘴気の接近は感知でき
(S11_Megu) のたのたと亀の歩みのように遅い動きで、チャクラムを握り締めて
(S11_Megu) △
(SuGM) クラッキイッドガイルは、まぬけめ、遅い、という風に、そののろい手に触手を絡めて、
(SuGM) めぐの肢体を釣り上げる。全身の触手をうねくらせた、嬲り地獄の中に引きずり込む為に。
(SuGM) 【カルダハダス】「・・・さて、無駄な抵抗を諦める前に、何か言うことはあるかな?」
(SuGM) ディスプレイの一つに魔青年の顔が映り、嘲笑を叩きつけた。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「……だ…」白濁に埋もれた舌が何かを紡ぎ
(S11_Megu) 【めぐ】「むだ・・なんかじゃ・・・・・・」こふっ、とむせあげて白濁を吐きながら言葉を続けようとするもチャクラムはめぐの手から零れ落ち極浅く触手に刺さるだけで
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「これが無駄じゃないとでも?」
(SuGM) 浅い傷をつけるだけのチャクラムを跳ねのけて。
(SuGM) うじゅるっ・・・
(SuGM) 触手がめぐの体に絡み、両足をぐるりぐるりと伝いながら、股ぐらに潜り込んでいこうとする・・・。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) からんっ・・・
(S11_Megu) 硬質な音が床に響き
(S11_Megu) からんっからんっ・・・
(S11_Megu) 辺りからも響きだし。クラッキイッドガイルを音が囲み
(S11_Megu) めぐが取り落としていたチャクラム『達』が共振するように光に包まれて・・・
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「な、何だと!?いつのまに、こんな数の武器を・・・!?」
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「!!??!!?」
(SuGM) 肉欲に翻弄されずに見れば、めぐが何度も「もうとりおとした筈の」チャクラムを落としていた事に気付いただろう。
(SuGM) だけども、もう遅い。
(SuGM) 【クラッキイッドガイル】「~~~~~~~~~~~~~~~~!?」
(SuGM) 怪物は、たちまち光に飲まれ、分解されていく・・・!
(SuGM) 【グリーン】「うぐうう・・・・!?」
(SuGM) 【イエロー】「おおおおおお・・・・!?」
(SuGM) 操られていた二人も悶絶し、けれどそれでも最後の暴走でめぐに襲いかかろうとするが・・・
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 輝きに包まれ光に共に包まれて誰からも視認されぬめぐ
(S11_Megu) 浄化の光に僅かに戻った力とともに一筋の流星として飛び出して
(S11_Megu) ふたりが光の輪の立ち上っていたところに踏み入れる頃にはめぐの姿も・・・そして倒れたままであったはずのブルーの姿もなく
(S11_Megu) △
(SuGM) 【カルダハダス】「っ・・・・・・おのれぇっ!!!」
(SuGM) どこかの闇で、魔族の怒号が響いた。 
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) ・ED
(SuGM) 【えんぜくん】「ふぅ、はぁ・・・何とか、抜け出せたみたいだね・・・」
(SuGM) 地味にブルーの体を支えるのを手伝っていたえんぜくんが、床にぽてんとおちてため息をつく。
(SuGM) とっさに脱出した先は、レッドの控室。たしかこの時間には彼はいない筈だから、暫くはここで息をつける筈だった。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・ぅ、ん・・・・・・」満身創痍、そうとしか居えない姿のまま床に倒れこみ
(S11_Megu) 変身を維持する余力もなく衣装というのも憚られる衣で白濁が、瘴気が纏わり付き
(S11_Megu) △
(SuGM) 【村雨魅子】「ううん・・・」
(SuGM) 助け出したブルー役の魅子も、未だ目を覚まさない。
(SuGM) 【えんぜくん】「・・・今は、休むしかないか・・・せめて・・・」
(SuGM) そんな二人の様を見て、せめて、邪魔が入りませんように、と、えんぜ君には祈る事しかできなかった。
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) HC蔵鞍市
(SuGM) 「五色に混ざる白濁」
(SuGM) 終わり