20:40 (N16_Rami)  http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%B5%C8%CE%C9%C8%FE%CE%A4
20:40 (N16_Rami)  【美里】「吉良美里(きら みさと)みんなにはらみりって言われてる。あんまりやる気ないんだけど、一応はヒロインなんだ」
20:40 (N16_Rami)  【美里】「今はちょおっとパパと喧嘩して家出中、友達の家に居るのも見つかりそうだし、お金もなくなって来たしどうにか方法を考えなくちゃ…」
20:40 (NOT_GM) はい、どうも。ではセッション開始で。
20:41 (NOT_GM) オープニングだけ シーン始まり▼ となるまでお待ちください。
20:48 (NOT_GM)  
20:48 (NOT_GM)  
20:48 *NOT_GM topic : セッション収録中
20:48 (NOT_GM) †HeroineCrisisTRPG†
20:48 (NOT_GM) ―くらくら―
20:48 (NOT_GM)  
20:49 (NOT_GM) 【おまとめローンらみり】
20:49 (NOT_GM)  
20:50 (NOT_GM) ■市内の公園
20:51 (NOT_GM) 吉良美里が家出をしてしばらく経つが、友人の家を頼るのも、公園で生活するのも少しつらくなってきた。
20:52 (NOT_GM) 理由はと言うと友人宅にはその家族もおり当然まともな・・君の家がそうでないかは比較でしかないが・・家庭の親であれば不審に思い学校に連絡することもあるだろう
20:53 (NOT_GM) そうなれば連絡網から父親に居所は知られてしまうかもしれない。今のところそれは避けたいところだ・・が。
20:54 (NOT_GM) 公園は公園で浮浪者たちにも縄張りがあり、時に襲われかけたこともある・・それ自体はともかくお金にはならないし、制服を汚されあるいは財布などを奪われても割に合わない。
20:55 (NOT_GM) そう言ったわけで美里は、公園の遊具の近くでたそがれながら普通の女子高生やヒロインには縁のない悩みに行きあたっているところなのだった・・▼
20:57 (N16_Rami) 【美里】「はあぁ、困ったなぁ。今日はどこで寝よう。絶対目を付けられてるし…着替えの下着も取られちゃったし」 制服姿の少女はブランコを漕ぎながらぼんやりとそらに視線を向ける。小さくため息をついて、数日お風呂に入ってない嫌悪感にとまどいつつ。
21:04 (N16_Rami) 【美里】「バイトするにもいつものところじゃ見つかっちゃうねぇ。とはいえお風呂入ってないから援交って気分でもないし…どうにかしなきゃ」
21:07 (NOT_GM) 普通ならばまず中学生のアルバイトも援交も難しいが家庭の事情でそういう法の網をくぐるすべには通じている美里であった。
21:09 (NOT_GM) まあそんなことよりまずは風呂と今夜の宿・・暖かくなってきたとはいえ公園で着のみ着のままもつらい。
21:09 (NOT_GM) そんな都市サバイバルを模索中の女子中学生に、ふと通りがかった人物が声をかけてくる。
21:11 (NOT_GM) 「よう、らみり・・ちゃんだっけ?」見た目は長身の派手そうな身なりの男だ。顔に覚えはないが、以前の客か父親の知り合いだろうか・・?
21:13 (N16_Rami) 【美里】「んぅ、そーだよ。なんか用事?」 どこか思考が宙に浮いているのか興味なさげに視線を落としたままブランコを漕ぐ小柄な少女。セーラー服姿でなければ小学生にも見えるかもしれない。
21:15 (NOT_GM) 【朽木】「ああ、おじさんこういうものだけどね。」こうじゃらじゃらアクセサリーを鳴らしながらカメラバッグを示すと「前にお店で君のことを見かけてさ、モデルを頼もうかなって思ってたんだけど・・」
21:16 (NOT_GM) 【朽木】「この間行ったらおやすみ中ですって言われてね。あー、そうか、学生だったんだ・・まあそうだよねえ」日焼けした彫りの深い壮年の男性はカメラマンには見えない体格で顎を撫でている
21:17 (N16_Rami) 【美里】「ふぅん、そういう事……お膳立てとかはちゃんとやってくれる?お風呂とかシャワーとかちゃんとしたい。お店はちゃんと学校行ってないとバイトはやりにくいしねぇ」 じぃっと上目遣いに碧の眼を向ける。ちょおっと品定めするような目線を向けて。
21:19 (NOT_GM) 【朽木】「それは大丈夫だよ、おじさんは少しぐらい汚れてる娘のほうが魅力的だと思うけどね」見た目は人の良さそうな笑顔を浮かべた「ちょっと肩出してみようか?」ぐらい言いそうな人物ですが、小学生みたいな娘にモデル、というあたりその筋の仕事でしょう
21:20 (NOT_GM) 【朽木】「おっといけない、おじさんは朽木っていうんだ。仕事場ではクッキーって呼ばれてるよ」そっと名刺を差し出すがボリプロ所属だとか連絡先もどう見てもダミー会社って風情です。
21:21 (NOT_GM) もっともここまで黒に近いグレーだとあとくされもなさそうですが。
21:22 (N16_Rami) 【美里】「あうぅ、あたしが気にするよ。 制服のクリーニングもして欲しい。ちゃんとそれくらいは出るんでしょ?……いっとくけど、安値じゃ受けないよ?」 名刺の怪しい人物と取引するのは慣れっこ。というかバイト先もそんな感じだし。ブランコから降りれば制服の埃を払い。小さく息を吐いて。
21:24 (NOT_GM) 【朽木】「しっかりした子だね。まあおじさん女の子の入用なものはわからないけど、言ってくれればあまり高いものでなければ経費にしておくよぅ」たはは、と白髪の混じった頭を撫でて君に手付とばかりに万札を渡す。「とりあえずクリーニングはこれで足りるかな?ギャラとは別だから引き受けるかはさっぱりしてから考えてくれていいよ」
21:25 (NOT_GM) おじさんはらみりちゃんのファンだからね、と笑う彼に覚えはないが、まあ指名しようとして機会を逃していたのかもしれません
21:27 (N16_Rami) 【美里】「んぅ、わかった。じゃあ…準備は済ませておくね。どこで待ち合わせ、するかな?」 空を見上げて大体の時刻を見つつ。
21:29 (NOT_GM) 【朽木】「そうだね、おじさんは若い子の好きな場所はよくわからないから・・」らみりちゃんのバイト先にしておこうか、と言うとちゃらッと音をさせて。
21:30 (NOT_GM) 【朽木】「遅れないように渡しておくよ、それじゃあね」やたら派手だが安そうな時計を渡して、去って行きます
21:31 (N16_Rami) 【美里】「バイト先かぁ、ま…仲介してもらった方が確実だしね。じゃ…後でお店に行くね」
21:35 (N16_Rami)  
21:36 (NOT_GM)  
21:36 (NOT_GM)  
21:36 (N16_Rami) 【美里】「さってと、準備は急がないと…制服を洗って、おふろにも入って。下着と靴下も新しいのだね。ふぅ。…すっきりしなきゃ」 その後は大忙し。いろいろ買い物と銭湯などを済ませておいて。特に秘めた部分は念入りに。
21:38 (N16_Rami) 【美里】「これで準備おっけー。くっきーはもう来てるかな?」 真新しい下着に靴下。すっきりした表情で、小さく息を吐いて。
21:40 (N16_Rami) 【美里】「やぁ、おひさ…今週末のイベントはちゃんと手伝うね」メイド喫茶の前、知り合いと挨拶しつつ。
21:42 (NOT_GM) はい、いろんなメイド姿の同僚たちが軽くあいさつしながら客席で甘ったるいサービスに興じています、さておいて訪ね人はと言うと・・
21:43 (NOT_GM) 「ああ、君いいね、ちょっとモデルとかPVとか興味あるかな?」「え~、あたし演技とか駄目だしいいですぅ」明らかにあやしいキャッチを仕掛けられて辟易している店の娘と、そんな若い娘が困っている様子を見てほくそ笑んでいるカメラマン朽木がいた。
21:45 (N16_Rami) 【美里】「こら、ちょっと…あたしが先約でしょ?」 腰に手を当てて、ちょっと不機嫌そうなジト目を送る。真新しいリボンに髪を結び。ちょっとしゃっきりした印象の少女。
21:47 (NOT_GM) 【朽木】「ん?おっと・・そうだね仕事中の娘を困らせちゃいけない。おお・・これはこれは」
21:47 (NOT_GM) 【朽木】「おじさんはこういうものだけど、どうかな、これから撮影とか付き合ってみる気は・・待ち合わせしてた子にふられちゃったみたいでね」
21:47 (NOT_GM) と名刺を出してきます。
21:48 (NOT_GM) 公園であった君とはあまりに印象が違うので、一瞬わからなかったようです
21:49 (N16_Rami) 【美里】「ふむふむ?、おっけー。ちょうどヒマしてるしさ。……ところで前金…」 すかさず二回もらおうとするちゃっかりした少女。
21:50 (NOT_GM) 【朽木】「前金?ああ、君らみりちゃんか・・」と渡した時計と顔立ちに気付いて
21:51 (NOT_GM) 【朽木】「今の子はしっかりしてるからね・・てっきりブッチされたかと思って、他のあてを探してたよう」ごめんねえー、としぶい顔で拝むように謝ってきます
21:51 (N16_Rami) 【美里】「うんうん、まぁリボンもボロだったしね。……汚れてるあたしの方が好きだった、とかじゃないよね?」冗談めかして笑いつつ。軽く肩でつつき。
21:52 (NOT_GM) 【朽木】「ん?ああ・・正確に言うとまあ、匂いが?」おじさん、女の子の体臭が好きなんだよね、とメイド喫茶と言えどちょっと引かれそうな発言をしつつ。
21:53 (NOT_GM) なんだったら靴下とか買っちゃってもよかったけど、と言いつつ注文をしています
21:54 (N16_Rami) 【美里】「う、うぇ…でも靴下とかは買い換えたから、前の一万で買う?」 ちょっとだけ青ざめるも、お金は欲しい。さりげなく商談を持ちかけつつ。
21:57 (NOT_GM) 【朽木】「ああ、ウソウソ。好きなのは”女の子の香り”で服とかはいいんだ、それじゃ撮影行こうか・・それとも何か頼む?」ニッチな趣味の上にかなりいい加減で調子のいい男のようだ。気前は悪くないようだが。
21:58 (N16_Rami) 【美里】「んぅ、撮影前は何も食べない事にしてるんだ。 さっさと済ませちゃおう。どこかホテルでするのかな?」
21:59 (NOT_GM) 【朽木】「そうだね、この店の上の方の階に事務所があるからそこで。・・ああ、着替えは用意してあるから」明確に何をするとは言わないもののどんな撮影かはお互い了承済みな感じです
22:02 (N16_Rami) 【美里】「う、うん…お願いするね。ひさしぶりだからちょっとだけ緊張しちゃうな」 少しばかり俯き加減に、気恥ずかしそうな少女。そのまま事務所に上がりつつ。
22:04 (NOT_GM) では二人で上の階の簡素だが掃除はされている事務所に入ると・・
22:04 (NOT_GM)  
22:04 (NOT_GM)  
22:05 (NOT_GM) 割ときちんとした撮影セットと、それなりのホテル並みのベッドや家具が据え付けられていた
22:05 (NOT_GM) ベッドしかないのはそう言うシーンしか撮影しないからだろう。
22:06 (NOT_GM) 【朽木】「あ、じゃあみんな今日はよろしくー」事務所にいたいやに体格のいいスタッフたちに指図をして君に・・
22:06 (NOT_GM) カメラを向けると鷹のような目になった。加藤はつかない。
22:07 (NOT_GM) 【朽木】「それじゃあちょっと、割れ目出してみようか?」とシャッターを切る真似をしています
22:09 (N16_Rami) 【美里】「いやぁ、ストレートだねぇ。ん、とぉ…ちょっとデカすぎるかな? う、うん。…撮ってもいいよ?」 ベッドの上に乗り。軽く膝をまで脚を開く姿勢。短いスカートの内側。未熟な腰に食い込む真っ白なショーツに視線を誘い。
22:09 (N16_Rami) まず<秘密の花園>でぇ。
22:09 (NOT_GM) はい、では。
22:10 (NOT_GM) 【調教刻印:かわいそう】を指定します。こんなナ二な状況でも撮影・・いやたくさんの男に囲まれて身体を見せてこれからされることは想像がつくのに・・お金のためだと思うと素人なりに熱が入ってしまいます。
22:11 (N16_Rami) 抵抗なし
22:13 (N16_Rami) 【美里】「やっぱ、はずかしいね。んぅ…」 指先を唇に添え、羞恥を堪えながら男の求めるポーズで下着を晒し、軽く幼裂に食い込ませ。未成熟なラインを強調する。
22:14 (NOT_GM) はい、では合意ということで次の判定に-8の修正を。
22:14 (NOT_GM) 【朽木】「いいねいいね、やっぱりらみりちゃんは出来る子だよ。他の娘とはオーラが違うものね」そんな年でそこまでできる子そんなにいないよう・・とてきぱきと照明を向けて、フラッシュを焚きながら挨拶がわりの数枚を取っていく。
22:15 (NOT_GM) スタッフたちの視線も容赦なく幼い身体に注がれて、仕事とはいえ美里の身体もじりじりとその視線で焦がされていくようで・・
22:16 (NOT_GM) きみはまるで男の欲望で感光される淫画紙のようになっていく・・
22:17 (N16_Rami) 【美里】「えへへ、やっぱ楽しいね。ふぁ…ん、ここも見たいのかな?」 スカートを捲り上げて、幼いショーツにフラッシュを浴びながら、微かな興奮。楽しげな笑顔を向けて。
22:20 *NOT_GM topic : 【少女淫画部・ロリドル編(AV)】が設置されました
22:20 (NOT_GM) というところで撮影の進行度を示す突破判定が行えますw
22:22 (NOT_GM) ちなみに演技力ということで普通に突破する場合は知力で突破です
22:23 (N16_Rami) 1d6+6+1-8
22:23 (kuda-dice) N16_Rami -> 1D6+6+1-8 = [6]+6+1-8 = 5
22:23 (NOT_GM) では頑張りましたがまださわりだけってところです
22:23 (NOT_GM) そして罠の処理だ・・
22:23 (NOT_GM) 【少女淫画部・ロリドル編(AV)】
22:23 (NOT_GM) 《複雑Ⅱ》《堕落》《アイドルハント》《雌豚狩り》
22:23 (NOT_GM) 《乱打Ⅲ》《マルチアタック》《追加攻撃》《淫毒》《バインディング》
22:23 (NOT_GM) ・ダメージが通るとBS[催淫][拘束]を受けます。判定ダイス-1、達成値-4です。
22:23 (NOT_GM) ・《ウイークポイント》《エネミースキャン》《サーチトラップ》のTP減少効果を-6。
22:23 (NOT_GM) ・このトラップの攻撃でHP0になったメイデンは、致命傷表の出目に+1される。
22:24 (NOT_GM) ・攻撃の達成値が対象の「名声」「使用済みのクライシスアクトの数」だけ上昇。
22:24 (NOT_GM) あ、罠の名前はタイトルです。
22:26 (NOT_GM) 5d6+4
22:26 (kuda-dice) NOT_GM -> 5D6+4 = [5,6,4,4,1]+4 = 24
22:26 (NOT_GM) 5d6+4
22:26 (kuda-dice) NOT_GM -> 5D6+4 = [3,1,4,4,1]+4 = 17
22:26 (NOT_GM) 5d6+4
22:26 (kuda-dice) NOT_GM -> 5D6+4 = [5,3,1,6,2]+4 = 21
22:26 (NOT_GM) ダメージ処理後アクトがあればどうぞ
22:28 (N16_Rami) 一撃目で他AP破損。二発目アヴォイドで軽減して胸に9ダメージ。三発目で腰AP破壊。
22:29 (N16_Rami) アクトはぱんつはいてない、官能の指先で、まずは下着でご奉仕に?
22:31 (NOT_GM) はい、ではアクト参りましょう。シチュエーションは部活で先輩に・・ぐらいにお考えを
22:32 (NOT_GM) 見せるロールっぽいのでらみりから演技よろしくです(カメラ向ける
22:34 (NOT_GM) 【朽木】「いいねいいね、みんならみりちゃんのぱんつ見たがっておっきくしてるよお・・見せてくれるかな?それとも・・その下も?」中年らしい卑猥な煽りを入れながら、スタッフに指示すると体格のいい男たちが前を張り詰めさせてらみりに近寄る・・
22:36 (N16_Rami) 【美里】「ん、ぅ。すごく大きくなってるね。準備しないと痛いと思うの」 スカートに手を忍ばせ。下着を降ろす。開放感に戸惑いながらも男の一物を指先で誘い出し、少女の体温の残る布地で包み。手馴れた感じで奉仕の力を添える。逞しさを増す存在感に小さく息を乱して。さらに背後から、スカートの内側。産毛も生えてないような子供の裂け目を観衆に見せ付ける。指先で広げて、窮屈な膣孔を見せつけながら気恥ずかしさに歯を噛み締め。
22:39 (NOT_GM) 「おいおい、まだカメラが向いてるだけなのになにハアハァしてるの?」身体に見合ったらみりの両手に余るペニスがむわっと熱を放ち、雄のにおいで少女の鼻孔を刺激して・・。
22:41 (NOT_GM) 「これは撮影なのに、自分からパンツ降ろしてチンポ握っちゃうなんていやらしい後輩だなあ」にやにやと笑いながら羞恥心だけで淫核をかたくして幼い性器を広げる少女に先端から汁を滴らせるものを君の鼻先に見せつける・・
22:42 (NOT_GM) これから何をされるか、するのかいやでも理解できる雄の象徴はそんならみりの身体をさらに昂ぶらせていく
22:43 (N16_Rami) 【美里】「だって見られるの苦手だもん。んぅ、あたし小さいから…入るかな、コレ?」 先走りに絡めるままにぎゅっと握り。少女のぬくもりを絡めて扱きあげる。脈打つ感覚を確かめながら。もう片方の手を下方の淫嚢に添え。溜まりきった子種を刺激する。
22:44 (NOT_GM) 「見られるのは恥ずかしいのに、入れられるのは好きなんだならみりちゃんは・・」そう言うと君の顔をカメラに向けるようにして頭を押さえて。
22:45 (NOT_GM) しかし幼い少女の手淫と柔らかい手のひらで、手に余る男のものはさらに勢いを増していき、入れたらこわれてしまいそうなほどにがちがちになり・・
22:46 (NOT_GM) 「じゃあ見る方は平気なんだ・・?」もう一人の男が黒くてらてらとした亀頭をそんならみりの頬にぴたぴたと押し当てて、チンポを握り奉仕する少女が整った顔に恥垢を擦り立てられる絵面をつくる
22:46 (N16_Rami) 【美里】「あんまり顔は撮らないでよぉ、あ、あぅ…すごくおっきい」 カメラと一物を扱く姿が同じ画面に映る。柔らかな頬で軽く刺激して、亀頭に絡む金色の髪に男の穢れが微かに散る。
22:48 (NOT_GM) 間近で見るそれはかたく熱いが、それ以上に濃厚なチンポ垢と先走りのにおいは君の鼻孔から脳髄まで刺激して雌の本能を刺激する
22:49 (NOT_GM) これからこれで、自分は、かりに抗っても滅茶苦茶に子宮がどろどろになるまで犯されるに違いない、と教え込むように二本の逸物は美里のなかに入る時を期待するようにむくむくと膨張する・・
22:52 (N16_Rami) 【美里】「ふぁ、あんまりがっつかないでよぉ……」 極太の存在感が間近に迫る感覚。指先で持て余し気味に…裏筋をなぞり。緊張の混じる表情を向ける。そのまま目を閉じて、先端に軽いキスを添える。
22:53 (NOT_GM)  
22:53 (NOT_GM)  
22:53 (NOT_GM) 既に盛り上がった場は止まることなく撮影は次のステップに続く。
22:54 (NOT_GM) 【朽木】「ちょっとカット・・さ、らみりちゃん、次はどんな風にしたい?」いつもアドリブだからね・・と言いながらカメラは回したまま「編集するから素直にどんな風にされたいか言ってごらん・・?」
22:55 (NOT_GM) それまではおあずけ、と言わんばかりに男たちもキスされたペニスをそっと下げて性器を広げてカメラと男たちに見せつけるみだらな少女に、つぎの艶戯を見せるように促す
22:57 (N16_Rami) <喉を灼く淫熱>宣言で。
22:59 (NOT_GM) はい、では合わせて刻印参ります
22:59 (N16_Rami) 【美里】「このまま、お口でサービスかな。今日は大丈夫だから中でもいいけどね。……飲んで欲しいかな?」 男の苦味の絡む舌を軽く伸ばして、おどけた表情を向ける。微かに興奮の色香を帯び始めたあどけない眼差し。
22:59 (NOT_GM) では【調教刻印:精液中毒】。効果は性衝動に駆られる。でペナルティは特になし。
23:00 (NOT_GM) もはやここで止められても生殺しでしかないらみりの口からは卑猥な言葉が止まらず口を突く。
23:00 (NOT_GM) なによりも今は熱い、啜ったら脳髄まで蕩けそうな濃い雄の精液で汚され浴びせられ、その匂いで狂わせてほしい・・そうとしか考えられなくなる。
23:00 (NOT_GM) 「飲んでほしい・・じゃないだろ?」鼻先にペニスが付きだされて。
23:01 (N16_Rami) 抵抗なし
23:01 (NOT_GM) 「本当はらみりちゃんが、これがほしくて仕方ないんじゃない?」触れるか触れないかの鼻先で、先走りの滴るものが左右から君の顔の前に突きだされて
23:01 (NOT_GM) お預けをするようにむわっとする精臭と熱を放ちながら君の言葉を待つ・・
23:05 (N16_Rami) 【美里】「そうかも、ふぁ…先輩の濃いのたくさん飲ませて欲しいな。ん、んくぅ、ふぁ」 遊ぶように指先で先端をつつき。控えめな声色でおねだりする。 小さな唇一杯に張り詰めた肉棒を咥え。ぬる、と唾液を絡め。舌先で味わう奉仕を添える。絡む男の味に戸惑いながらも少女の奉仕は止らない。
23:06 (NOT_GM) 「はは、しかたないな・・」「それじゃらみりちゃんの好きなザーメン、たくさん出るようにお願いしながらおしゃぶりするんだよ」
23:07 (NOT_GM) 男のものを小さな口で含み始めたらみりに、逞しい”先輩”は遠慮なく腰を使い・・口まんこを犯すようにぐん、ぐんとそのお口に、ピストンを始め
23:08 (NOT_GM) 緩やかにしゃぶるはずのものに徐々に唇をノックされ美里の口腔は男のチンポ垢を掃除する性器にされていく・・
23:10 (N16_Rami) 【美里】「ん、んぐっ…くぅ。ふぇ、けほ。」 少女の控えめな奉仕は男の強引な動きに押しのけられて、男が少女の喉奥に沈める肉棒の硬さに負けて、時折苦しそうな喘ぎが漏れる。小さな唇の中で唾液と先走りが交じり合い。淫らに絡み合う雫が時折毀れ。
23:11 (NOT_GM) 互いに欲望をぶつけあうだけの身勝手なペニスのピストンと滑る口まんこが絡み合う中で男のものは勢いを増して・・
23:12 (NOT_GM) 「そ、らよ・・!らみりちゃんの、おくちはおしゃべりじゃなくて・・ザーメン絞るためにあるんだよな・・!」こつん、と文字通り喉を突いたチンポが・・その咽頭までも抉り性器のように挿入して・・
23:12 (NOT_GM) びゅぼぼ・・ぢゅぶぶっ・・・!!
23:14 (NOT_GM) どく、どぶ、どぷぷっ・・と気管に溢れそうなほどの絞り立ての精液を待ち焦がれたらみりの喉で爆発させて・・君の口腔をどろどろの精液で満たして、それが栄養だと言わんばかりに君の頭を抑えつけて絶え間なく射精し続ける・・
23:18 (N16_Rami) 【美里】「…っ……!?…っ…ん…ぅ…」男の荒々しさに耐えかね、逃げるような動きが押さえ込まれる。…窮屈な喉に何度も何度も沈む熱の塊が呼吸を戸惑わせ。目を見開いて涙を浮かべる少女への欲望は尚もとどまらない。喉奥に迸る子種を受け止める間。身体を強張らせて。健気に逃れようと小さな手が男の腰を叩く。 やがて観念したのか抗う動きが止り。精液を味わうまま、苦しげな瞳が息苦しさに惚けて虚ろな目で男をじっと見つめ。精液を味わうまま。
23:21 (NOT_GM) どく、どく、どくと溜めこまれた精液は喉から胃に流し込まれ、歯には恥垢がこびりつき、呼吸するたびに気管を満たす精液の匂いでむせそうになり・・
23:21 (N16_Rami) 【美里】「んく、ふぇ…」 舌を竿の裏筋に絡め、飲み込みきれない精液が溢れてしまう。毀れた塊が制服のスカートに穢れを刻み。ニーソと太股の境目まで流れ。
23:21 (NOT_GM) なによりその味が、性交には抵抗もないはずのらみりの頭を淫熱に焦がしていく・・
23:25 (N16_Rami) 【美里】「はぁ、は…せんぱい、濃すぎるよぉ。け、けふ…」 喉奥に絡み付いてくる熱。吐き出そうにも吐き出しきれず、歳相応に涙目で喘ぎながら口の中に残る精液を指の中で絡めるばかりで。
23:26 (N16_Rami) ツイスターソニックインパクト、シューティングスターで罠対象。-1Dと-4は残り。
23:27 (N16_Rami) 4d6+3-4 一回目
23:27 (kuda-dice) N16_Rami -> 4D6+3-4 = [1,1,1,2]+3-4 = 4
23:27 (N16_Rami) 4d6+3-4 二回目
23:27 (kuda-dice) N16_Rami -> 4D6+3-4 = [6,5,2,1]+3-4 = 13
23:27 (N16_Rami) 二回目採用。
23:28 (NOT_GM) 通算18・・だがまだ序の口な感じですね
23:28 (NOT_GM) あれ、最初の1Dだったけどまだ催淫とかないですよね
23:29 (NOT_GM) (振り足してもよしです
23:29 (N16_Rami) 1d6 それでは
23:29 (kuda-dice) N16_Rami -> 1D6 = [1] = 1
23:29 (N16_Rami) 14に
23:30 (NOT_GM) では19。このターン生き残ったらってところね・・!
23:31 (NOT_GM) 5d6+7
23:31 (kuda-dice) NOT_GM -> 5D6+7 = [4,5,3,5,3]+7 = 27
23:31 (NOT_GM) 5d6+7
23:31 (kuda-dice) NOT_GM -> 5D6+7 = [4,1,4,2,4]+7 = 22
23:31 (NOT_GM) 5d6+7
23:31 (kuda-dice) NOT_GM -> 5D6+7 = [2,5,1,4,6]+7 = 25
23:32 (NOT_GM) なおどう受けるかは任意。香木の欠片もどうせ次は防げないしダメージ調整に使うといい・・
23:33 (N16_Rami) アヴォイド一発目、残り15HP 香木使用
23:34 (N16_Rami) アヴォイド二発目残りHP1 女神の印使用。
23:34 (N16_Rami) 6d6
23:34 (kuda-dice) N16_Rami -> 6D6 = [1,2,1,4,4,3] = 15
23:34 (N16_Rami) HP-2でおちた!
23:34 (NOT_GM) おっとおまち。
23:35 (NOT_GM) そのぐらいなら《ポテンシャル》してみてもよくてよ・・
23:35 (NOT_GM) (アヴォイドにですが
23:35 (N16_Rami) では最後のアヴォイドにポテンシャル二点で
23:35 (N16_Rami) 8+2d6
23:35 (kuda-dice) N16_Rami -> 8+2D6 = 8+[6,4] = 18
23:36 (N16_Rami) 残りHP8 これでギリギリオーバーロードシューティングスターが
23:36 (NOT_GM) なら生存ですかね。まあCP残して倒れるのも空しいので・・ではアクトあればどうぞ
23:38 (N16_Rami) 汚された象徴、締め付ける名器、つけられた種。強制絶頂。これでCP13に
23:38 (N16_Rami) 運動力でダメージ判定。
23:38 (N16_Rami) 8+2d6
23:38 (kuda-dice) N16_Rami -> 8+2D6 = 8+[4,2] = 14
23:38 (N16_Rami) 残りHP3に
23:38 (NOT_GM) ほぼイキかけましたね。
23:40 (NOT_GM) では。完全におしゃぶりだけで出来上がっていくらみりに男たちはようやく手を伸ばしてそのお尻を、胸を掴んでくる。
23:41 (NOT_GM) だがすぐさま挿入などはせずねっとりと全身を舐めるように、なめらかな肌とお尻をまさぐり、ごつい手で君の肌触りを楽しんでいる
23:42 (N16_Rami) 【美里】「はぁ、あぅ」小柄すぎて向かい合わせに重なっても胸板にすがりつく程度の上背。汗ばむ真っ白な素肌に指先が絡み。制服の胸元は肌蹴け。淫らに紅潮した平坦な胸の膨らみを男の熱が這い回る感覚に戸惑い。初々しい呼吸を紡ぐ。未熟な裂け目を目の前の男に重ねるように添え、素股に近い腰使い。
23:48 (NOT_GM) 「やれやれ、自分からまたがってチンポにちっちゃいおまんこ擦りつけるとはなあ」「今年の新入生はいやらしいビッチだなあ、らみりちゃん?」
23:48 (NOT_GM) 背後から胸を揉み、尻を揉みほぐし毬のようなお尻の手触りをきゅむ、きゅむと楽しむ男が君の首筋を、うなじを舐めて・・
23:50 (NOT_GM) 「こんな小さいまんこでぐりぐりチンポ欲しがっちゃって、どんな教育をされてきたんだか」行為を重ねても初々しいままの秘裂の淫核を君を抱き上げる男がふとい指でつぶすようにこりこりと苛めて
23:51 (NOT_GM) 「見ろよ、もう欲しくて欲しくて口もきけないって顔だぜ」「小●生がおこづかいのためだけにこんなことするはずないと思ってたけどな・・」
23:51 (NOT_GM) こいつは将来有望なロリドルだぜ、とカメラの角度を意識しながら君の股を、尻を広げてみられることを意識した行為を続け卑猥な言葉を浴びせていく・・
23:52 (NOT_GM) すべて演技のはず、なのにその不思議な舞台の魔力は挿入もされていない君の幼い身体までも官能のとりこにしていく・・
23:52 (N16_Rami) 【美里】「い、いたっ…!だって、みんなえっちな目でみるから、わるいんだよ」 じぃっと拗ねたような目線を向ける。じん、と痺れるような刺激に顔をしかめ。スカートの中。蜜穴広げて。男の亀頭に未熟な裂け目を重ねるシーンを見せ付ける。亀頭に溢れた蜜が絡み。太すぎる存在感に小さく息を呑み。
23:55 (N16_Rami) 【美里】「…ん、あぅ。はぁ、はいっちゃう……」 窮屈な穴を広げ。熱の衝撃が身体に沈む。男にすがり付いて、ゾクゾクと慄く背中。まだ襞も未熟な子供の膣壁を広げて、半分近くまで淫らに男を受け入れてしまう。
23:55 (NOT_GM) 「そりゃそうだ」小さな胸を震わせる君の二プルをこりこりと指でほぐしながら「・・らみりちゃんがそんな生まれつきの淫乱みたいな顔をして・・」
23:55 (NOT_GM) 「
23:56 (NOT_GM) 「チンポ欲しいってアへってれば、誰だって、いやらしい目で見て・・犯したくなるさ」前後からそんな君の羞恥心を煽りながら男たちは、幼い少女が自らチンポを咥え込む光景を 見ている
23:59 (NOT_GM) ぎちぎちの膣内は日本人離れした男のものを受け入れるにはひどく狭く、文字通り肉を擦り合うほどの摩擦で動くたびにらみりの側には卒倒しそうな刺激が粘膜越しに走る・・
00:04 (N16_Rami) 【美里】「ひぁ、ひぐっ…痛い、よぉ。あ、あぅ…!」 一突きごとに幼い蜜穴を広げる衝撃。逃げる腰を男の腕が押さえ込み。、熱の塊が最奥の壁を突き上げ。胎を疼かせる感覚。既に根元近くまで男の熱が沈み。腕の中で泣きじゃくりながら、声にならない悲鳴を少女は上げる。
00:04 (NOT_GM) 「そろそろこっちから動いてやるか」「でもまあ無理にはしないぜ・・へへ、可愛い後輩を泣かせるのもよお」
00:04 (NOT_GM) 痛みに呻きながら未熟な膣穴で快楽を貪る君にそんな心にもない言葉をかけて
00:05 (NOT_GM) ぐん、ぐんっ・・!!
00:05 (NOT_GM) 下から突き上げ、腰が浮いて、一気に締めつける名器をぶりゅりゅ・・と拡張しながら男の剛棒は美里の子宮までを一突きで叩いては、引き抜いて・・
00:06 (NOT_GM) まるでブリッジするように逃れようもない美里の雌穴を滅茶苦茶に叩き、開拓していく・・
00:06 (NOT_GM) 「はは、痛いんだったらやめてもいいぜ」「ほら大きな声で言えたら・・な!」
00:07 (NOT_GM) 背後の男が腰を抑えつけてがく、がくんと下からの突き上げに合わせて君の子宮をチンポに押しつけながら・・スカートをまくり結合部がよく見えるように晒すと
00:07 (NOT_GM) ぱしいっ・・!!
00:08 (NOT_GM) 「ほら、言ってみなよ・・チンポいいです、ダイスキってさ・・それとも、いいのか?いやなのか・・?はっきりしろって・・!」
00:08 (NOT_GM) ばし、ばちいいっと激しすぎる性交にトビかけているらみりを男は尻が腫れあがるほどのスパンキングで気絶さえ許さず問い詰めて詰る・・。
00:13 (N16_Rami) 【美里】「あ。あぐ。あぅ…うぁ、熱いよぉ。おっきのが、先輩のおちんちんが…奥まで、おくまで。きちゃぅ…ひ、ひぁ…っ!う、うぁ」 子供の未熟な孔を掻き回す衝撃。子宮が疼き、込み上げる絶頂感に意識は蕩け。背後の男に要求されるままに少女は狭い蜜孔いっぱいに男の熱を受け止める。広がる幼裂に濡れた欲望が執拗に沈み。浅い膣の最奥の壁を打ち据える衝撃。仰け反り何度も絶頂迎えながら少女は恥辱に溺れた虚ろな目を向ける。狭すぎる膣は淫ら
00:13 (N16_Rami) に肉棒をその幼さで捉え。体重を掛けてより深く深く繋がる位置で子種を求め。胸板にすがりついたまま、ぶるぶると震えながら、強請るようなまなざしを男に向ける。そんな表情さえもカメラは逃がさない。
00:15 (NOT_GM) 【朽木】「いいねえ、いいよおらみりちゃん、君こそスターだ!撮影が終わったらもっとたくさんの人が君でヌイてくれるからね・・!」カメラマンと言いつつメガホンを取るクッキーがそんなきみにぎらぎらした目で・・いやカメラでその全身をフォーカスで犯して
00:16 (NOT_GM) 回りのスタッフも前を膨らませながら穴が増えそうなほど幼い中学生の少女が極太のチンポでオナホールのように性欲を解消される肉穴にされていくのを見守る
00:16 (NOT_GM) 「ほらカントクもああいってるぜ」「カメラに向けてもっとかわいい声で鳴いてみなよ・・」
00:18 (NOT_GM) 徐々に愛液でスムーズに抽挿の速度が増していく君の膣壁をぱんぱんに広げ、子宮を何度もつぶれそうなほど小突きながら・・男たちの手は美里の肌を晒し、クリトリスや二プルを千切れそうなほど弄び、幾度もそれだけで軽い絶頂に押し上げては・・
00:18 (N16_Rami) 【美里】「く、くぁ…熱いよ、裂けちゃう、あぁ…きゃふ。ちんちんおっきいの……わ、わたし、だめ、も、だめぇ。あ、あぅう!」 スカートを握り。蜜穴広げて。荒々しく打ち込まれてもなお根元まで沈まない巨根が少女の身体を突き上げる光景を見せ付ける。ずぶ、と下腹部を内側から隆起させるほどの太さが再び突き上げた瞬間。理性を蕩かせた虚ろな目で少女は何度目かも分からない絶頂に至る。 男の行為に耐え切れずに淫らに蕩けた幼列から漏れる、蜜
00:18 (N16_Rami) の雫。
00:18 (NOT_GM) 意識が飛びそうになるたびに子宮を衝かれる感触と、お尻をひっぱたかれる痛みで覚醒させられて・・
00:19 (NOT_GM) 愛液だけで池が出来そうになった頃男のものがついに限界を迎え「そらよ・・もうだめならとどめをさしてやるよ」「おまちかねの中田氏だぜ・・!」
00:21 (NOT_GM) 『ど、びゅ、びゅるるるるっ・・・!』
00:21 (NOT_GM) 『びゅ、ぶぢゅぢゅっ・・!』
00:21 (NOT_GM) 『びゅるるるっ!!』
00:22 (NOT_GM) 溢れようにも行き場のないほどの濃密な精液の固形物がそれを待ちわびたらみりの子宮をゼリーのような黄色い濁液を注入して、種付けの快楽を教え込んでいく
00:23 (NOT_GM) 子宮がパンパンにされて避けそうになっても射精は収まらず注入される感触だけで強制的に絶頂を与えられ何度も白眼を剥きそうなほど、男の印を刻まれて・・
00:24 (N16_Rami) 【美里】「はぁ、は…あ。あ、あうぅ…もう、うごかさないで。ひぁ…や、やぁ…」 声にならない悲鳴。自分が自分でなくなるほどの快楽に腰が抜け。男が求める荒々しさに少女の重みが悦楽を添える。最奥で弾ける精の迸りが幼孔を征服し、未熟な少女の胎に多量の子種が満ち渡る。胸板にすがりついたまま、息を弾ませ。虚ろに見上げ。目の前の男を支えに腰を浮かせ…最後まで射精が終らないうちに腰を離して。蜜穴広げ。子種の塊がどろりと落ちる光景を見
00:24 (N16_Rami) せ付ける。
00:24 (NOT_GM) 【調教刻印:受精中毒】。既に限界を迎えながら自分から精液をねだるようになり、事後にもぱんぱんの子宮にまだ咥え込もうとするでしょう・・
00:25 (N16_Rami) 【美里】「せんぱい、もっと濃いの…ちょうだい?」 今度は背後からの行為を強請る姿勢。溢れた子種がスカートを制服を汚し、虚ろな目のまま少女は笑う。
00:26 (NOT_GM) 既にスカートも妊娠しそうなほど精液まみれになり、せっかく洗った制服も白く染まりながらねだる君に・・
00:26 (NOT_GM) 「仕方ない後輩だぜ・・そらよっ」ずぷんっ・・
00:27 (NOT_GM) 既に精液と愛液でどろどろの膣内はあっさりと背後からの角度を変えたチンポをあっさりと呑みこみきつく締めつけ・・達したばかりの敏感なそこをスカートを翻しながら獣の姿勢で貫かれていく
00:30 (NOT_GM) 「はは、もっと濃いのって言われても一人じゃ足りないだろ・・なんなら全員相手にするかい」らみりを見ながら前を膨らませている男たちを示しながら尻を抱えてバックからストロークを緩やかに挿入する男の動きは先ほどの強引な行為とは違い、らみりの肉襞をほぐし蕩かすようにゆっくりと再びの絶頂へ導いて・・
00:34 (N16_Rami) 【美里】「一人づつ愛して欲しいな。…っ…!?…う、あぅ。あぁ、先輩のが奥まできちゃう、きちゃう。あ、ひぅ。もう、何もわかんないよぉ…」何度打ち込まれても幼い蜜孔は窮屈な抵抗感が残る。蕩けた孔を広げ先ほどよりも深く。尻と腰が重なるほどに深くつながりあい。…シーツを握り締めて背後からの男の衝撃に浸る少女。つながりあうたびに制服の証たる子種が淫らに溢れ。内股に絡み。
00:39 (NOT_GM) そのみだれに乱れた顔と、注がれ続ける精液に悦びの声を上げる幼い媚態をカメラはあまさず収め続けた・・
00:40 (N16_Rami)  
00:41 (N16_Rami) ツイスター、ソニックインパクト オーバーロードとシューティングスターを使用。判定5d6+3-4+12d6+2d6 ポテンシャル二点も追加で。
00:41 (N16_Rami) 5d6+3-4+12d6+2d6 一回目
00:41 (kuda-dice) N16_Rami -> 5D6+3-4+12D6+2D6 = [5,5,1,3,5]+3-4+[6,4,6,5,5,6,1,4,6,2,2,4]+[5,2] = 76
00:41 (N16_Rami) 5d6+3-4+12d6+2d6 二回目
00:41 (kuda-dice) N16_Rami -> 5D6+3-4+12D6+2D6 = [2,4,1,6,5]+3-4+[4,2,5,3,1,4,2,2,2,2,3,4]+[3,2] = 56
00:41 (NOT_GM) おみごと。
00:41 (N16_Rami) 一回目採用!
00:43 (NOT_GM) では、らみりはハードな撮影に堕落することなく踏みとどまり・・最後まで、いやらしい幼いロリドルの”後輩”を演じ切り・・
00:43 (NOT_GM) その子宮に注がれ続けた精液の感覚に数えきれないアクメを教え込まれながら撮影を終えた・・
00:46 (NOT_GM)  
00:46 (NOT_GM)  
00:47 (NOT_GM) こうして君は性交報酬、もとい成功報酬を受け取りまた制服をクリーニングに出しつつも、着替えが買えるぐらいの金銭を得た。
00:47 (NOT_GM) 少しハードだったが労働には見合った報酬だろう。
00:48 (NOT_GM) そう言うわけで君は今、ブティックホテルよりはいいホテルに部屋を借りている▼
00:49 (N16_Rami) 【美里】「まだ、あふれてる…」 シャワールームの中。後始末の最中。幼膣の最奥に絡む精液は中々止らない。また…どろりと白濁の塊が溢れ。零れ落ちた。
00:50 (N16_Rami) 2d6+8 つけ種の判定 運動力、目標値10
00:50 (kuda-dice) N16_Rami -> 2D6+8 = [1,4]+8 = 13
00:51 (NOT_GM) 酷使された子宮から種が溢れるが、いまだ痺れるような余韻も身体の奥にのこっています
00:56 (NOT_GM) そして、シャワーを浴びて部屋を出た君をノックの音が迎える。ルームサービスではなさそうだが・・。
00:57 (N16_Rami) 【美里】「これでいいかな。さて、と…三日くらいは大丈夫だけど、どうしようかな?おや、なんか用事かな…入ってもいいよ?」 綺麗になれば。濡れた肌をタオルで拭きつつ。ドアに視線を向ける。恥じらいもないあたりやはりまだ子供っぽい。
00:58 (NOT_GM) 『らみりちゃんここ?』『俺たちだけど、撮影で順番回ってこなくてさあ』スタッフの男たちがドアの外でたむろっている
00:59 (N16_Rami) 【美里】「はぁ、この節操なしのばかちんぽが…」 小さくため息を吐いて、それでも興味深げに…。そのままドアをいきなり開ける。「時間外労働は一人一発一万だよ。…制服ぶっかけもなし!」
01:00 (NOT_GM) 「あれ、ノリいいねぇ」「全員一緒はあり?」「払う払う、なんなら倍でもいいよ」今度のはアングラじゃなくて商業でも流すしさア、と言いながら部屋に入り
01:01 (NOT_GM) 「じゃあどーせだからこれ着てもらおっか」「メイドかよ、それもやっすいやつ」「いいだろ別に・・」
01:01 (NOT_GM) と君に着なれた、と言っていいのかヘッドドレスつきのメイド服を差し出して
01:02 (NOT_GM) 「ああ、じゃあ朝までリザーブとか平気なんだ?」とタオル一枚の君の細い肩を掴んで、キスをしてくる・・
01:03 (NOT_GM) 「中学生と出来るなんてめったにないからさア、もーこれ逃したら次はいつ会えるかだし」軽薄そうな若い男たちはそう言うと身づくろいもまだの君の身体を撫でまわしてくる・・
01:05 (N16_Rami) 【美里】「んぅ、ふぁ…しばらくは家出するから、できるとおもうよ?」 あまりやるきなさそうに自然体でそれを受け止める。舌を絡め。幼裂を蕩かせる愛撫を素直に受け止め。火照り始める。熱。
01:06 (NOT_GM) そして、もう演技でもなんでもなくただ素の自分で男に身を任せる美里に男たちも・・
01:07 (NOT_GM) 発奮してリアル中学生の口と言わず前の穴にも子宮にも子種を注がんとのしかかり。
01:08 (NOT_GM) 休憩をはさんで一人一時間づつ二回。文字通り朝日を拝むまで、らみりは男たちの節操のないチンポから精液を受精しては啜り、絞り続けた・・
01:08 (NOT_GM)  
01:08 (NOT_GM)  
01:08 (NOT_GM) †HeroineCrisisTRPG†
01:08 (NOT_GM) ―くらくら―
01:08 (NOT_GM)  
01:09 (NOT_GM) 【おまとめローンらみり】
01:09 (NOT_GM)  
01:09 (NOT_GM) おわり
01:09 (NOT_GM)  
01:09 (N16_Rami) CP18 SP7くらいですね。
01:09 (NOT_GM) おつさまでしたー、あわやでしたがなんとかなるものだ・・
01:09 (NOT_GM) ちなみにいろいろ盛り込んだらクイーンでした
01:09 (NOT_GM) (TP80とか
01:10 (NOT_GM) ◆リザルト
01:10 (NOT_GM) <基本経験点>
01:10 (NOT_GM) シナリオが成功/失敗した:40/20点
01:10 (NOT_GM) <モンスター経験点>
01:10 (NOT_GM) <トラップ経験点>
01:10 (NOT_GM) クイーン級トラップを突破した:50点
01:10 (NOT_GM) 90点+CPで108点とか・・。
01:10 (NOT_GM) まあフツーに落ちてたら失敗分だけなので頑張ったということで
01:11 (NOT_GM) で。DVDの売り上げにより名声+1とミアスマ+4にございます
01:12 (NOT_GM) (ちゃりんちゃりん
01:12 (N16_Rami) レベル4になった!
01:13 (N16_Rami) 人脈はどうします?
01:13 (NOT_GM) 朽木ことクッキーぐらいですがそれでよければ。
01:14 (NOT_GM) (下の名前はふめい
01:14 (NOT_GM) 時々男優もする「今日はハメどりでいこう」アドリブ大王
01:14 (N16_Rami) ではそんなふうにいただきつつ。
01:15 *nick N16_Rami → goma_miso
01:15 (goma_miso) おつかれさまでした。