《GM》 ではでは、自己紹介お願いします
《美羽》  
《美羽》  
《美羽》 【美羽】「香田美羽です。今は両親の都合で一人暮らしをしています」
《美羽》 【美羽】「えっちなこと……? ……な、なんでそんなこと聞くんですか」
《美羽》 【美羽】「……よ、よろしくお願いします」
《美羽》  
《美羽》  
《GM》 では、よろしく御願いしますー
《GM》 それでは、本日は土曜日となります。前回の陵辱より数日が経過しております。そんなおり、玄関に宅配便屋が着ています。
《GM》 宅配便屋「ちわーっす。○×宅配便ですー。ハンコかサインお願いできますかー?」玄関のチャイムを鳴らすと、家に向かって叫ぶように元気よく声をかける。▽
《美羽》 【美羽】「……はい」少し調子の出ない様子で、判子を押す。とはいえ、心身ともに弄ばれきって数日では無理もないが。▽
《GM》 宅配便屋「はい、どうも。ありがとうございましたー!」威勢良くお辞儀をすると、そこそこ大きめな段ボールを美羽に手渡し、立ち去っていく。通販を頼んだ覚えもなければ、段ボールには送付人も書いていない。▽
《美羽》 【美羽】「……?」明らかに不審な段ボール。しかし、自分宛てらしい……とりあえず部屋の方に引っ込んで、中身を確認してみようとする。▽
《GM》 中身はデジタルビデオカメラに三脚、封筒に携帯電話。ちなみに、封筒の一通はやたら厚い。何が入っているんだ、ってぐらい厚い。▽
《美羽》 【美羽】「…………」明らかに不審すぎる。自分にピンポイントで来たということは……嫌な予感がするものの、封筒を開けて中身を確認してみる。▽
《GM》 嫌な予感が的中したと言うべきか。中身は写真。美羽の裸身を映した、あの陵辱の時の写真が、どさっと…30枚ほどあるだろうか。様々なアングルから取られており、目隠しはあるものの、特徴を掴めば美羽と言うことはわかるであろう。そして、件の陵辱した人物は全く映っていない。▽
《美羽》 【美羽】「……っ!」写真が送られてきた。ということは、送ってきた人物は凌辱の犯人であり、これらの写真は簡単にバラまくこともできるということ……? その光景を少しでも想像しただけで、顔が真っ青になりそう。▽
《GM》 すると、同封されていた携帯が軽く鳴る。どうやら電話ではなく、メールのようだ。
《GM》 【メール】「封筒の中身は見たか?」まるで今の美羽を見透かしているかのような文です。▽
《美羽》 【美羽】「……」間違いない。自分の行動は全て、相手には筒抜けになっている。 「見た。何が目的なの?」と書いてメールを送り返す。▽
《GM》 【メール】「俺の命令に従え。いいな?」メールの淡泊な文章が、有無をも言わさぬ圧力となっています。▽
《美羽》 【美羽】「……っ」拒否権が、ない。「はい」とだけ書いて返信する。▽
《GM》 【メール】「ビデオカメラを撮影できるようにしろ」と、この後、丁寧な説明により、三脚に立てて、オートモードで録画する方法まで教わります。
《GM》  
《GM》 さて、ここで軽く戦闘と参りますか
《美羽》 あいさいー
[メール(TP56)美羽(7)]
《GM》 今回はトラップのみとなります。ぶっちゃけ、ウィッチハント(ナイト)です。
《GM》 では、1R目、開幕からどうぞー
《美羽》 開幕はなしですな
《GM》 では、そちらからどうぞ
《美羽》 では突破判定を行いたいと思います
《美羽》 えーと、ウィッチハントってことは任意ですかぬ
《GM》 ほいほい、任意ですから何でもどうぞ
《美羽》 では知力で
《美羽》 2d6+6
<kuda-dice> Y07_Mew -> 2D6+6 = [1,5]+6 = 12
[メール(TP44)美羽(7)]
《GM》 では、こちらのターン
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [5,6]+4 = 15
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [3,6]+4 = 13
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [1,4]+4 = 9
《美羽》 hii
《美羽》 ひい、3回攻撃はやっぱりつらい
《美羽》 えーと、この場合シールドは1回限りでしたっけ
《GM》 えーっと複数ガードできる奴じゃなければそうですね
《美羽》 では最初のを他AP、次2つを腰APで2発受けて両方ブレイクです
《GM》 ほい、アクトはなんでしょうか
《美羽》 んー、ここは<突き刺さる視線>で
《GM》 ほい、了解です。
《GM》 では、2R目、そちらからどうぞ
《美羽》 先と同じく知力で突破判定を
《美羽》 2d6+6
<kuda-dice> Y07_Mew -> 2D6+6 = [5,3]+6 = 14
[メール(TP30)美羽(7)]
《GM》 では、反撃
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [2,3]+4 = 9
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [2,1]+4 = 7
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [4,6]+4 = 14
《美羽》 3発受けて胸APがブレイク
《美羽》 <乳辱><過敏な突起>を使っておきます
《GM》 はーい
《GM》 では、そちらどうぞー
《美羽》 補助行動で<自慰>
《美羽》 ポテンシャルCP5使って突破判定行きます
《GM》 お、どうぞ
《美羽》 2d6+5d6+6
<kuda-dice> Y07_Mew -> 2D6+5D6+6 = [1,1]+[1,2,3,4,2]+6 = 20
《美羽》 …………
《GM》 ちょ
《GM》 …平均値は30.5なんだが…
《GM》 [メール(TP10)美羽(7)]
《美羽》 出目平均2ってどういうことなの……
[メール(TP10)美羽(7)]
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [6,2]+4 = 12
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [2,6]+4 = 12
《GM》 2d6+4
<kuda-dice> yumenoGM -> 2D6+4 = [6,6]+4 = 16
《GM》 反撃
《美羽》 え、えーと
《美羽》 まず1発目にシールドで4点ダメージを減らして
《美羽》 ……
《GM》 雌豚狩りを入れてなかった感。まぁ、次から適応でw
《美羽》 よ、よし
《美羽》 2発目までで20ダメージ、そこまでうけたところでいにしえの輝石を発動
《美羽》 出目14以上なら生き残る……
《美羽》 3d6+3 =回復後のHP
<kuda-dice> Y07_Mew -> 3D6+3 = [6,5,3]+3 = 17
《美羽》 残HP17から16受けて残HP1!
《GM》 なんとまぁw
《美羽》 <淫肉の真珠>を使っておきます
《GM》 はい、では、そちらからどうぞ
《美羽》 で、次のターンの突破でポテンシャルCP1を使用して突破判定知力
《美羽》 3d6+6
<kuda-dice> Y07_Mew -> 3D6+6 = [2,5,2]+6 = 15
《GM》 ほい、おわたー
《GM》 では、では、描写に参りましょう
《GM》  
《GM》 【メール】「ビデオカメラの録画ボタンは押したら、カメラの前で服を脱げ」容赦なく、淡々と命令だけをメールで綴ってきます。▽
《美羽》 【美羽】「……っ」命令だけしか書かれていないメールが、恐怖を煽る。名前も知らない誰かに逆らうこともできず、自身が服を一枚一枚脱いでいくところを撮影される……。▽
《GM》 【メール】「服を脱ぎ終えたら、直立不動の姿勢で名前をカメラに向かって言うんだ」ビデオカメラの目が、まるでメールの相手の目のように、ぎらりと睨む。▽
《美羽》 【美羽】「……香田美羽、です」まるで部屋に別のカメラでもあるかのような、相手の的確な指示。一糸まとわぬ姿を隠すこともできず……▽
《GM》 【メール】「段ボールの中にある足かせを自分で付けるんだ」段ボールの中には折りたたみ式の棒の端に枷がついた足かせや、その他玩具が入っていた。足かせで拘束すると、肩幅以上に脚を開いてしまうことになる。▽
《美羽》 【美羽】「……っ、く」まさか、自分で自分を縛りつけることになるとは。足枷をつけ、自分で股の間を大きく開き、ビデオカメラに見せる形になってしまう……▽
《GM》 【メール】「ベットに座れ。無論、脚はカメラの方に向けろ」足が開かされてしまった状態で座ると、当然、股がよく見えてしまう。全裸の状態では、美羽の秘部は丸見えとなってしまう。▽
《美羽》 【美羽】「……っ」羞恥と恐怖がないまぜになり、うまく表情が出てこない。だが、足を縛り、大事な部分がさらけ出されると、過去の調教で刻まれた感覚がよみがえるようで……▽
《GM》 【メール】「自分で慰める姿をビデオカメラに見せつけろ」メールは情け容赦なく、恥辱の命令を行います。玩具は美羽の望むモノがごろっと存在します。▽
《美羽》 【美羽】「……ぅ……」知識は、ある。だが、まさか自分が実際に使うことになろうとは……泣きそうになりながら、嫌というほど感覚を刻まれた蜜壺の入り口を、己の指先で撫でまわし始める。あの時の、全て塗り替えられていくような感覚を思い出すと、身体は残酷なまでに正直で、また身体の奥がじん……と熱くなりはじめる。
《美羽》 ▽
《GM》 【メール】「調教の時のことを思い出しながらやれ」メールは相変わらず容赦なく、美羽の心も攻撃するかのように命令する。▽
《美羽》 【美羽】「ん……ぅあ……っ」心が抉られていく。なのに、メールの文面から容赦なく今までに受けた仕打ちの記憶が蘇り、次第に弄ぶ指先は中に入り始める……。ちゅぷ、ちゅぷ、と部屋中に水音が響き始める。▽
《GM》 【メール】「どこが一番感じるか、言ってみろ」自分の弱点、性感帯を言えと命令する。無論、聞いた後は、そこを重点的に責めるに違いない。▽
《美羽》 【美羽】「ぁ、あっ……! な、なかの……っ、G、スポット……っ! ここ、すご……ぴりぴり、する、のぉ……!!」ちょうど指は、その位置に差し掛かり、重点的にその一点を擦り始める。前回の調教で、ちょうどあの男のモノを受け入れ、激しく擦られ、気持ちいい感覚を刻みこまれたことを思い出すと、溢れだす蜜が徐々に白みを帯び始める。感覚が膨れ上がるにつれ、冷静な思考が薄れ、行為とメールだけが彼女の全てにさせられてしまいそうで……。▽
《GM》 【メール】「そのまま絶頂までいけ」最後に一言、簡潔に命令する。その様子をカメラはジッと見つめ、データに保存していく。▽
《美羽》 【美羽】「ぁ、あ、あ、あ―――あああああぁぁぁっ!!」その言葉がきっかけになったのか、身体中で膨れ上がる感覚―――行きつく先を探して、快楽が身体全体に乱反射し、絶頂しか考えられなくなる時間―――全てを快楽に持って行かれ、思考が吹き飛んだ瞬間。ぴゅ、ぴゅ……っ! 蜜壺を掻きまわしていた指の隙間から噴き出る、透き通った蜜。身体中の感覚も、思考も、全て待ち望んだ絶頂に吹き飛ばされ、より深い場所に身体が開かれていく……。
《美羽》 ▽
《GM》 【メール】「終わったら、メモリを抜いて、蔵鞍駅の502ロッカーの中に入れろ。毎日一回、必ず行え。いいな?」美羽の絶頂を見守った後、メールでさらに追撃の恥辱劇をさせようとしていた。▽
《美羽》 【美羽】「……っ」まだ、終わりではない。それどころか、日課として強要されてしまう。身体の中、絶頂は迎えたものの、あの時感じた肉鍵の感覚が、未だに焼き付いて、心身ともにくすぶって……。「はい」と、簡潔に返す、それだけしかできなかった。▽
《GM》  
《GM》 と言ったところで終了ですー
《GM》 CPとSPを報告してください
《美羽》 5/5でした
《GM》 経験点:40+10+5=55点
《GM》 CP:5
《GM》 SP:5
《GM》 ミアスマ:6.5
《GM》 名声:1
《GM》 こちらがリザルトとなります
《GM》 お疲れ様でした~
《美羽》 おつかれさまでしたー