《楓歌》  
《楓歌》  
《楓歌》  
《楓歌》 「ぼくは真風 楓歌(まかぜ ふうか)。 よろしく」
《楓歌》 「こないだようやく高校に上がったばっかりで…… まあ、あんま頭もよくないんだけどさ」
《楓歌》 「まあその、そっちの知識だけなら、ちょっとは、あるよ?」
《楓歌》 「そ、そいじゃまよろしく!」
《楓歌》 ヒロインとして未覚醒の女子高生。この年にして露出狂に目覚めてしまって困惑している。
《楓歌》 http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%BF%BF%C9%F7%A1%A1%C9%F6%B2%CE
《楓歌》  
《GM》  
《GM》  
《GM》 ~くらくら!~
《GM》 ~ペットの育て方・入門編~
《GM》  
《GM》  
《GM》 キーンコーンカーン
《GM》 さて、今日もようやく授業が終わり、待ち侘びた放課後がやってまいりました。
《GM》 ちょっと勉強が苦手な楓歌にとっては、まさに至福の時間の訪れであると言えるでしょう。
《GM》 さて、今日はどこに寄り道して帰ろうか、等と思考を巡らせています
《GM》 ▽
《楓歌》 【風歌】「~♪ ~~~♪」 小さく鼻歌なんて歌ってしまいながら、んーっと伸びをする。正直勉強とかよくわからないけど、学校に来てるのは友達がいるから。 まあ、つまらないわけではないし。数学とか、そういうムツカシイもの以外は。
《楓歌》 ▽
《GM》 そんな風に楓歌さんが放課後を満喫しているとですね。教室のドアから、楓歌さんを手招きする女生徒の姿があります。
《GM》 見渡すと、教室には自分一人しかいませんから、間違いなく呼ばれているのは楓歌さんですね
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ありゃりゃ? 誰だろ」 かばんを背負って、ちょこちょこちょこっと近づいてきます。ホームルームにお昼寝してたせいで、チャイム鳴って起きたのだもの。「(皆はくじょーだよなー)」なんて思いながら。▽
《GM》 【???】「あら、真風楓歌さんでよろしかったかしら?」と外に出てみると、そこには黒髪を腰まで伸ばした、如何にもお嬢様、といった出で立ちの方が
《GM》 さて、知力判定どうぞ
《楓歌》 【楓歌】「うん。ぼくはふーかだよ?」 ちょこんと見上げながら首傾げ。
《楓歌》 2d6+1
【ダイス】 2D6+1 = [5,1]+1 = 7
《楓歌》 わかんないような気もする。
《GM》 いや、達成値は五で足りてる
《楓歌》 おお。
《楓歌》 【楓歌】「あ、会長さん。こんにちは」 ぺこりとお辞儀して挨拶しながら、何の用事だろうと首を傾げる。▽
《GM》 見覚えがあるね。九条夜々子(くじょう ややこ) 君の通う高校の生徒会長だ。
《GM》 入学式で新入生たちへスピーチとかもしていたね。
《GM》 【夜々子】「あらあら、名前をもう覚えてくれたのね。嬉しいわ」と微笑みます。なんというか、凄く大人っぽい上品な感じ
《GM》 【夜々子】「今日は貴方に用があってきたの。ちょっと付き合ってもらえないかしら?」▽
《楓歌》 【楓歌】「(な、名前も覚えなきゃ駄目だね。ややこセンパイ、ややこセンパイ……)」 心の中で冷や汗流しながら、表面上取り繕う。 「え、ぼくに用事ですか? いいですけど……」 きょときょとと周囲を見回す。ぼくだけかー……そう思うと、なんかちょっとわくわくしてくる。
《楓歌》 【楓歌】「うん、いいですよ。ぼくも用事があったわけじゃないですから」 そう告げて、ぐっと力瘤を作る。うでっぷしは強いのだ。 ふわっと風が吹いて、ミニスカートが揺れる。下はスパッツで完全武装だけど。▽
《GM》 【夜々子】「まぁ、頼もしいわね」ふふふっ、と笑います。なんというか、姉が妹の成長を喜ぶ感じに似てますね。
《GM》 【夜々子】「じゃあ、ついてきてもらえるかしら?」とグラウンドを抜けると、そこにはデカいリムジンがどーん、と▽
《楓歌》 【楓歌】「はーい」 そのままとことことついてくと……なんかすごいものにお出迎えされてしまった。
《楓歌》 【楓歌】「でかっ。 って、これ、やや、えーと……夜久子センパイのですか?」 即効で苗字を忘れている。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ええ、さぁ、どうぞお乗りになって」とリムジンに押し込められると、何やら凄い設備がいっぱい
《GM》 【夜々子】「さてと、楓歌ちゃんは何が良いかしら?」と夜々子は車内用のドリンクバーで自分の分のミルクティーを注いでいます
《楓歌》 【楓歌】「ふぁー。すご、わ、これなに……?」 ドキドキしながら扉を潜る。もう緊張でガチガチで、何を頼まれるんだろう、なんて些細な疑問すら忘れてしまっていた。「あ、センパイと同じのでお願いします」 何があるのかもサッパリわからなくて、とりあえずお酒以外ならなんでもと思い。
《GM》 ちなみにもう車は走り出しているはずなのでずか、まったくと言っていいほど揺れがありません。おのれブルジョワが(▽
《楓歌》 ふわ、っと漂ってきたいい香りに負けて、ついついお腹まで鳴ってしまう。お昼のご飯なんて、たくさん食べたけどもう消化されてる。▽
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、何か食べるかしら?」と夜々子さんがバスケットを開けると、様々なサンドイッチが並んでいます
《GM》 【夜々子】「お昼に作ってもらったんだけど、食べきれなくて」残しちゃった♪と可愛く舌をだしてみたりして、
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「うぁ…… え、い、いいんですか?」 お腹の音を聞かれて真っ赤になって。まだやっぱり、なんというかすぐにがっつくのは下世話かもなんて思いながらも……密室で美人のセンパイと一緒、ってなると何故か身体まで熱くなってきて。「(ああもうまたコレだ……!) え、っと……それじゃ、頂きます」 
《楓歌》 センパイ可愛いなぁ、なんて思いながら、一つ手に取って齧ってみる。ああ、うん、自分が作る大雑把なのなんかより段違いだ……でも少し薄味で量が物足りないかも。
《楓歌》 あっという間に1個平らげて、2個、3個……▽
《GM》 【夜々子】「あらあら、余程お腹が空いてたのね」と優しい笑顔で見守ります
《GM》 【夜々子】「さてと、そろそろ本題に入ってもいいかしら?」とそっとミルクティーを手渡して
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「あむ……もぎゅ、もぎゅ。う?」 身体の火照り(ちなみに当人はまだ、身体が火照る原因はわかっても理由はわかっていない)をごまかすために、口いっぱいに頬張っている。これでもじっくり味わっているのである。「えへへー。そのかわり毎日おトイレ大変なんですけどねー」こんな所でも下世話な話を気にしてない辺り、神経が太いのか無神経なのか。
《楓歌》 【楓歌】「ん! んぐ、んぐ……ぷは。は、はい。大丈夫です」 受け取った紅茶は熱すぎずつめたすぎず。丁度よかった。半分以上一気に飲み干して、真剣な表情を作る。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「実はね、貴方にお願いがあって呼んだの」と楓歌の顔をゆっくりと覗き込みます。そこにあるのは、紅玉を磨いたような、真っ赤な瞳で――――――
《GM》 その目を見つめていると、段々と思考に靄がかかったように頭がぼんやりしてきます
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「おね、がい……?」 一瞬、ゾクっと背筋に悪寒が走る。けれどそれもすぐに『気にならなくなった』。 「はい、なんで、しょー?」 未だ力持たぬ少女は、容易くその瞳に『飲み込まれていく』。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、実はね。私、前からペットを飼いたいと思ってたの」とゆっくりと魔性の瞳で楓歌を捕えつつ、頭に言葉を刷り込んでいきます
《GM》 【夜々子】「……それでね?はしたないことなんだけど、楓歌ちゃん見て一目ぼれしちゃったの」と照れたように笑います。
《GM》 【夜々子】「だから、ね?」とより一層顔を近づけて
《GM》  
《GM》  
《GM》 【夜々子】「………私のペットになってくれないかしら?」微笑む夜々子の顔は、人を堕落に導く淫魔の顔、そのもので―――
《GM》  
《GM》  ▽
《楓歌》 【楓歌】「ぺっと……?」 くぅーっと首を傾げる。 引きずりこまれていく影響なのか、目の前の人をセンパイから自分の大事な人に置き換えていく。「ひと、めぼれ……?」 なんだかきゅーっと胸が締め付けられる。あれ、ぼく、嬉しい……?
《楓歌》 【楓歌】「はい、ぼくも、センパイのペットに、なりたいです♪」 焦点のズレた、ハイライトの消えた目がすっと細くなり。それはそれは嬉しそうににっこりと微笑んだ。
《楓歌》 元々単純でシンプルな思考故、嫌いな相手でもない限り拒絶しない。それが完全に裏目に出て……驚くほど簡単に、中に引きずり込まれてしまっていた。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「うふふ、嬉しいわ。楓歌ちゃん」と優しく楓歌を抱き締める。そしてその手には小さな小瓶が握られていて―――
《GM》 【夜々子】「菫から貰ったコレも、中々どうして役に立つものね」と少々釈然としないものも感じつつ
《GM》 と、そんな呟きと共に、車がある廃工場の前で停車します
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「にゃー……♪」 抱きしめられると、猫か犬みたいに大人しく丸まって、すりすりと頬寄せる。完全にペットの様相。けれど……まだ催眠がキいている間だけの事だ。元に戻ったらどうなるか……
《楓歌》 【楓歌】「んぁ?」 止まったのに気づいて、きょろきょろと周囲を見回す。ここ、どこ?▽
《GM》 【夜々子】「さてと、それじゃ……」と楓歌をひょいと御姫様だっこすると、工場の入口に向けて歩いていきます
《GM》 【夜々子】「ペッドには、ちゃんとペッドらしい身体にしないと、ね♪」と楓歌に向かって微笑みますよ
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「わにゃー♪」 微笑みを受けると……ぴこり、とスカートの前が僅かに持ち上がる。なんとも反応の早い『尻尾』だこと。そのまま、甘えるようにすがりつき、だっこしやすいように首に手を回して抱きついている。
《楓歌》 勿論そうすると……スパッツに隠された『秘密』も、押し当ててしまうことになるのだけれど。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「それじゃ、行きましょうか?」と楓歌を抱えたまま、ゆっくりと廃工場の中へと消えていく―――――
《GM》  
《GM》  
《GM》  
topic : [楓歌]TP26 開発装置
《GM》 楓歌が目を覚ますと、何やら綺麗な部屋の一室で拘束されているのが分かります。
《GM》 何やらリクライニングチェアの様なものに固定されており、圧迫感こそないですが、身体は動かせません。
《GM》 そして股間に目をやると、スパッツが脱がされていて、彼女自前の立派な肉棒が屹立しています
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「あ、れ……」 えっと、どうしてココにいるんだっけ。えーと……思い出してみよう。「(駄目だ思い出せない)」数秒と経たずに放棄して、なんだか違和感のある現状に頭を悩ませる。それも数秒で放棄した。「……ええええ!?」 全然身体動かせないのに、ハダカにされて、し、しかも……「お、起きた時と同じ……」 確かに、ね寝た後ってこうなるけど。それにしては、身体が熱い。
《楓歌》 【楓歌】「うわ、これ、ヤバいんじゃない?」 いまさら気づいてもがくものの、全然身体が動かせない。むしろ……何故かこんな状態なのに、お腹の底が熱くなってくる。「(え、え、これ……?)」 実は。自慰等の知識はあっても、マトモに弄るのが怖くて、精通や絶頂すら、まだ未経験の身体である。何がどうしてどうなっているのか、さっぱり関連付けられないのだ。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「あら、目が覚めたのね?」と部屋の中に夜々子が入ってきます。先ほどとまったく変わらない姿。
《GM》 【夜々子】「楓歌ちゃんったら、ここに横になって途端寝ちゃうんだもの。余程疲れてたのね?」と夜々子の口調はいつも通りであるが、それが何だか、この異常な空間であっては、逆に違和感があって
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「夜久子センパイ!? み、見ないで、見ないでーっ!?」 怯えて身体をすくめようとするものの、身体は拘束され。隠そうにも隠せない。 僅かな違和感すら、違和感として捕えられたとしても、秘密を見られているコトのほうが、よっぽど楓歌としては辛いのである。「せん、ぱい、え、寝て……あの、助けて、ください、これ、手、足、外して……」
《楓歌》 いじめられたりするのはイヤだった。でも、それなら我慢できる、でも……一人になるのだけは、絶対にイヤだ。そんな事になったらきっと、何もかも我慢できなくなる。だからだからだから……
《楓歌》 真っ赤になって視線をそらし、必死になって羞恥を堪えるしかないのだ。こんな、完全におちんちんが大きくなってしまったのを、なんとか治めるために。▽
《GM》 【夜々子】「あら?楓歌ちゃんが、自分で座ったのよ?」と意外そうな顔で楓歌に近づくと「それとも、まだねぼすけさんの頭なのかしら?」と人差し指で、そっと額を触ります。
《GM》 と、楓歌の中に記憶が舞い戻ってきます。ペッドになることを了承したこと。それから、廃工場の奥に隠されていたエレベーターでここまで来た事。そして、ここ―――娼婦製造工場―――で、夜々子のペッドになるための処置に同意したこと。
《GM》 この状態に至る、全ての経緯が思い出されます。けれど、やっぱり羞恥心は消えることはなくて
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「(う、わあ。よっぽど、ハズい……)」 顔どころか体中真っ赤にして、身体をもじもじさせる。「(うん、そうだった、全部同意して、それからそれから……え、全部、うんって言ったの? ぼくが?)」 すごく違和感が、ある。けれど、その記憶に間違いはない。すっごく嬉しかった記憶がある、あるんだけど…… 「お、思い、出しましたでも……こ、これ、なんとかなりませんか?」 
《楓歌》 怖くて恥ずかしくて、胸がどきどきして。見られている童貞未精通おちんちんも、青筋を立ててそそり立ってている。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ごめんなさいね。もし動いたりすると……」と楓歌の女性器をそっと指でなぞり「楓歌ちゃんに怪我させちゃうかもしれないから、少しだけ我慢してね?」と優しく微笑みます。その笑みを見ていると、何故か不安感が無くなっていくのが感じられて―――
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「せんぱ、い……ひゃっ!?」 びっくりして身体を跳ねさせる。自分でも撫でたコトがあるけど、なんというか……うん、びっくり、した。「うう……わかり、ました」 その、指、もっと……なんて意識が片隅に生まれながら、更に肉棒を血走らせていく。自分の理解できない興奮の度合いが、相手にはちんぽで丸わかりの、当人は気づいていない酷い羞恥プレイ。▽
《GM》 【夜々子】「それじゃ、私は向こうの部屋で待ってるから、頑張ってね?」と激励の言葉を投げかけると、リクライニングチェアの横に取り付けられたスロットにカードを差し込んで、部屋の出口へと向かいます。
《GM》 と、同時に今まで沈黙を保ってきたリクライニングチェアが甲高い電子音と共に起動します
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「(でもペットって、うあー、ぼくどうなっちゃうんだろ……まあ、可愛がってもらえるならそれも……っていや、その、なんだろ、それでいいのか、ぼく)」 うんうん悩みながらも、先輩の言葉にあいまいに頷いて返す。 なんのカードなんだろ、あれ……そうは思いながらも、確認できない。 「(なんかこの部屋きれーだなー……でも、病院、っていうより映画で出て来る未来世界みたいかも)」 
《楓歌》 【楓歌】「はぁ……ひゃああああ!?」 何か音がして、びっくりしてきゅっと肩をすくめて。 「なになになに、どうなってんの!?」 
《楓歌》 ▽
《GM》 『ピピピ、本日は当施設をご利用いただき、まことにありがとうございます』とアナウンスが流れ
《GM》 『お客様の生体認証が完了致しました。恋人コースをご利用の真風楓歌様で宜しいですね?』
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「え、あ……こい、びと」 なんかその響きにときめいてしまう。恋人かー。かっこいいひと、出来るかなぁ。あ、センパイみたいな人に可愛がってもらうのも……なんて一瞬トリップしかけるが。
《楓歌》 【楓歌】「は、はいっ!」 とりあえず慌てて返事を返す。そこから何が始まるのかもわからずに。
《楓歌》 ▽
《GM》 『それでは、オプション内容を再確認させていただきます』とアナウンスは続き
《GM》 『お客様の申し込まれたオプションは、薬品による性感帯の調整、処女膜非貫通状態での子宮の性器化、及び肛門内の性器化、内臓の栄養吸収率の向上。で宜しかったでしょうか?』
《GM》 と、聞きなれない言葉が並ぶ。しかし、楓歌には何故か自分が選んだことだという実感があって
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「(オプション……?)」 一度は首を傾げるものの、内容に青ざめたり真っ赤になったりしかめっつら恥じらいなどなど顔色が千変万化。 「え、あ、えー、あ……」
《楓歌》 【楓歌】「え、あ、えー、あ……」 あわあわと口を開いたり閉じたりしながら、でも股間の熱は段々と大きくなっていく。ああもう、これは収まらなくなるコースだ。
《楓歌》 【楓歌】「え、えーと、えーと……はい」言葉の意味の大半を……実感なくとも、理解してしまう。なんか妙な知識だけは多いのだ。完全に耳年増だから。とりあえず頷いてから。「あの、あと……鼻が敏感すぎるのって、治りませんか?」 なんてズレた発言もしてしまう。ここで何か提案するということが、どういう事になるかも知らずに。▽
《GM》 『それでしたら、洗脳処理で嗅覚を麻痺させるオプションもございます。また、特定の匂いに反応して発情するように調整することも可能です』
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ん、んー? じゃ、じゃーいいかな? ゴハンの匂いわかんなくなるのはイヤだし……まあ、においは……センパイがてきとーに決めてくれないかなー」致命的すぎる。『発情』という言葉を聞き逃した。
《楓歌》 こう、友達(女子)と一緒に更衣室に入った時、スパッツを押し上げて辛いのだ。
《楓歌》 ▽
《GM》 『……了解いたしました。それでは、パートナーの方が事前に作成されたプランに従わせていただきます』
《GM》 『それでは、処置を開始します……どうぞお楽しみください』というアナウンスと共に、天井から様々なアームが伸びてくる。と同時にリクライニングチェアが優しくマッサージを始めていく
《GM》 更に下準備のために、各部の隙間から淫らに作り替えるための薬液が注入されていく……
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ん? ぱーと……センパイのこと、かな?」 そんな風に考えている間にマッサージが始まる。「お、おおー……?」 ブルブル震えて、身体がほぐれて柔らかくなっていく。「これは気持ちいいなぁ……」 心までとろーんととろかされていく。 
《楓歌》 【楓歌】「ひゃっ!?」 なんだか、ぬるりとしたものが溢れ出てきた。皮膚に塗り込められ、そのまま体内に浸透していく。ぞわっと来たのは一瞬で、そのまま皮膚から熱くなっていき、全身の感覚が拡大するような異様な感覚を覚える。
《楓歌》 ほかにも、多数の薬品が注入されていることに、全然気づけない。▽
《GM》 『それでは、肛門部の感度上昇、性器化を開始します』と新たなマニュピュレーターが肛門に近づいていって――――――
《GM》  
《GM》  
《GM》 戦闘、しようか
《GM》 【肉体開発装置】(ルーク/耐久:3 攻撃:1 特殊:9)
《楓歌》 OK。
《GM》 TP:26/体・運/攻撃力:2d6+2
《楓歌》 かかってこーい!
《GM》 【特殊効果】
《GM》 《淫毒:5》《浸食攻撃:2》《迂回攻撃:2》
《GM》 さあ、開幕なければ突破カモーン
《楓歌》 開幕なんてないけど運動で突破!
《楓歌》 する前に、一応サンダーエンチャントという。
《楓歌》 はげしいりょうじょくをまえにミアスマが活性化するぅー!
《楓歌》 そして首輪の分のCPをポテンシャル1点使用と言う!
《GM》 かもーん
《楓歌》 3d6+5+1 てい
【ダイス】 3D6+5+1 = [1,2,5]+5+1 = 14
《楓歌》 まあまあ期待値。
topic : [楓歌]TP12 開発装置
《GM》 では、反撃
《楓歌》 こーい!
《GM》 2d6+2
【ダイス】 2D6+2 = [2,5]+2 = 9
《GM》 半分にして4点HPにプレゼント
《楓歌》 (いたたたた
《GM》 アクトどうぞ
《楓歌》 どうしようかな。とりあえず
《楓歌》 突き刺さる視線、耳年増、辺りを。
《GM》 OK
《GM》 では、戦闘処理を終わらせよう
《GM》  
《楓歌》 おっけー。
《GM》 次ラウンド
《GM》 突破どうぞー
《楓歌》 んー。
《楓歌》 んー……CP1点使うー。
《楓歌》 あ、それと
《楓歌》 いや、訂正。CP2点使うー!
《楓歌》 3d6+6 ぽいっちょ
【ダイス】 3D6+6 = [4,2,5]+6 = 17
《楓歌》 ちょっと多すぎた!
《GM》 ところで、ここにだな
《GM》 不可視の茨(判定-5)があるわけだが
《楓歌》 うん。
《楓歌》 -5されて、丁度12ですね。
《GM》 なんで、このトラップに来たやつは
《GM》 そろいもそろって、茨使ってもピッタリ解除してくるのかしら(
《楓歌》 (笑
《GM》 ではでは、
《GM》  
《GM》  
《GM》 ヴィーンと、音を立てて肛門周りの肉がアームに揉みほぐされていきます。しかし痛み等はなく、むしろ心地よい疼きがお尻全体から広がっていくのが感じられます。
《GM》 と、同時にアームで開かれたお尻の穴にトロトロと薬品が注入されていき、肛門を精液を絞り取るための淫らな穴へと改造していきます。
《GM》 その間にも、楓歌の全身はアームによって優しくマッサージを繰り返されていき―――
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ひゃアアアアアア!?」 びっくりして変な声が出てしまう。きゅうきゅうと注ぎ込まれる液体に……気づけば青ざめ始める。 「(これ、お浣腸、え、え、そんなまにあっくなっってそんな事考えてる場合じゃ、ない、のにっ) ふぁ、ああ……♪」 堪えきれない痛みが起こる前に、何故か肛門が熱く火照り、体が蕩けていく。下腹部から膨らんでいく事にすらまだ気づかされていない。でも、蕩けるような心地よさの中でも、まだ羞恥心が残り、震え
《楓歌》 ながらこの後の展開を待ち構えていた。
《楓歌》 【楓歌】「おし、りぃ、や、ひゃ、あん、んっ♪」 ココまではいつもクるのである。身体は薬の効果もあって即効で出来上がり、アームで開かれたアヌスは、肉色を露出させ、てらてらと光を反射し。「(あ、ぺっと、って、まさか、オトイレも管理、されっ……)」想像に行き当たったところで、ぎゅるっと初の痛みが生まれた。▽
《GM》 その間にも、薬品は腸壁から吸収されてどんどんと、楓歌の身体を開発していきます。排泄物が出来ないように栄養の吸収効率が限界まで高められ、どんなに太いものでも飲みこめるように拡張され、挿入されたものを貪り、搾り取りながら、極上の快楽を与えるための性器へと変貌させていきます。そんな姿を部屋のカメラ達が余すことなく撮影していきます。
《GM》 『肛門の性器化は順調に進行中。続いて子宮の外部マッサージを並行して開始します』と大型のマッサージ器が子宮の丁度真上に押しつけられると、ヴィーンという大きな音を立てて、子宮を外から作り替えていきます。その間にも肛門の改造が進められ、拡張具合を確認するためか、アームが穴を割り広げて、内部の様子をカメラで撮影していきます。
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「お尻、だか、ら、だ、めっ、ひっ……は、ぁ、あ……♪」きゅんきゅんと健康的で肉感的なアナルが引き締まり、アヌスもぴくぴくと蠢いている。 何が起きているのか全くわからず、でも……カメラで、『見られている』。 「っ~~~~!!!」 驚き、青ざめるものの、胸が詰まるほどの『何か』に襲われ、思考が真っ白になる。
《楓歌》 【楓歌】「だ、め、とらない、で、それ、駄目ぇえええっ!!!」 からだが、あつくなるから。何か、変わってしまいそうだから。けれど、やめてくれない。お腹に押し付けられたマッサージ機が、凶器となって楓歌を襲う。「ひゃいいいいいいいいいいいい!?」 最初は身体がはじけるかと思った。次の瞬間から、じわりと秘唇から蜜が零れ落ちる。
《楓歌》 お尻の中もとられてる、恥ずかしく勃起したがちがちちんぽも、興奮して尖ってしまった乳首も、そして……明らかに感じていることがバレバレになってしまっているお、おま……秘所、も。
《楓歌》 ぎゅううるるるるるる!!!!!
《楓歌》 【楓歌】「っ、く、ぅ……!!」 薬液体のせいで、お腹が活性化した。残っている分か、それとも薬だけなのかはわからない。けれど、激しい腹痛が生まれ始めていた。▽
《GM》 『効果を確認しました引き続き、処置を続行します』残酷にも機械は止まらない、楓歌の状態等お構いなしに、淫惨な肉体改造を強行していく―――――
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ひっく、ぁ、ひ、ぃっ……!」 激痛に苛まれながらも、内容物は溶かされていく。知らない楓歌だけが、必死にきばっていた。全然、だめ、苦しい……! けれど、なのに。ちんぽはがちがちにこわばって、濁った蜜が零れ落ちるのも全部撮影されている。痛いのに、興奮している。 「おかしい、おかしい、よ……」 ぽつりとつぶやいた言葉は、何に対してなのか。こんな事を了承してしまった自分か、この身体か、それともセンパイに?
《楓歌》 それはわからない、けれど、けれど……
《楓歌》 【楓歌】「から、だが、ぁ……熱い、あつ、いぃいいっ! お尻、燃え、ちゃいそ、おちんちん、録画、され、てっ、がちがち、に、硬く、こーふん、しまくって、何も、してない、のにっ……!!!!」 自分の現状を吐露してしまう。誰かに聞かれてるかもなんて考えてない。カメラに向かって説明する。自分が今いかに……駄目な子に堕ちていっているのかを。
《楓歌》 ▽
《GM》 そして、そんな責め苦が30分ほど延々に繰り返されて―――――
《GM》 『以上で、処置を終了します。お疲れさまでした』というアナウンスと共にベルトが外れて、解放される楓歌
《GM》 と、周りを見渡してみると自分の服が丁寧に畳まれて籠の中に入れられている
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「は、くひゅっ……」 ごろり、と転がるようにリクライニングチェアから這いずり落ちる。 まだ、お腹の痛みは残っているけれど、今度は別の感覚が支配しつつあった。熱い、すごく、熱い。手を突っ込んでかき回したいくらいの、熱と、もどかしさ。けれど……「(そんなばっちいこと、出来ないってば)」 痛みを堪えながら……ようやく、服を見つけて。
《楓歌》 【楓歌】「き、なきゃ……」 でも、今のままだと、ショーツはぐちゃぐちゃになってしまう。仕方ない……一応つけてるブラと、スパッツを直接素肌に当てて、着て。制服を上から着る。その間も、お腹がゴロゴロギュルギュルと鳴りっぱなしで楓歌を絶え間なく責め続ける。ちんぽからも汁がどぼどぼ出てきて、収まらない。始めての経験に困って……何も持っていないのを確認したあと。 「しょーが、ないよ、うん。しょうがない、から」 そう言って。
《楓歌》 自分のちんぽに、おそるおそるショーツをかぶせた。これで、制服も汚れないしスカートも汚れない。だい、じょぶ。さきっぽがすごく刺激されて、余計汁が出てる、気もするけど。
《楓歌》 ぎゅるるるるる!!!
《楓歌》 【楓歌】「あ、ぎぃいいっ!? たす、けて、といれ……」 ふらふらと、センパイが出ていった方向に、歩き始める。
《楓歌》 ▽
《GM》 『それでは、あちらに御進みください』というアナウンスも耳に入らず、スライドして空いたドアを抜けて、ふらふらと通路を進んでいきます。
《GM》 5分ほど歩くと、『最終チェックルーム』と書かれた扉が見えてきます▽
《楓歌》 【楓歌】「ちぇ、っく?」 何がなんだかわからない。また痛みが増してきた。でももう、お腹は鳴らない。強烈な熱と、一歩進むだけで発生する痛み。動かなければ楽、けれど……いつまたあの鋭い痛みがくるかわからない。必死になって、扉の前にたどり着く。
《楓歌》 脂汗がにじみ、体中汗まみれ。室内温度は適温だけど、意識が朦朧とし始めていた。こんなどことも知らない場所で、拙い自慰を行う事もできない。
《楓歌》 【楓歌】「いか、ないと、ちんぽ腫れてるの、見られたら、やだし……それに、とい、れ……」
《楓歌》 壁に手をついて、必死になって歩いた。▽
《GM》 では、なんとかして扉の前まで辿り着きます。そしてドアを開けると、そこには大きなベットと、様々な淫具が並べられていた部屋で―――
《GM》 【夜々子】「あら、やっと終わったのね」と待っていたであろう夜々子が優しく抱き止めてくれます。
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「はー、ふ、ぅぅうう……え、ここ、は……」必死になってトイレを探すけど、むしろ……えっちなゲームとかの中だけでしか見た事が無い玩具がずらりと。「ひゃ……あ、せん、ぱい」硬直した瞬間、抱きしめられて。次の瞬間、特大の『痛み』が走った。「き、ひっ……♪♪」 聞く人が聞けば、とびきり浅ましい声。
《楓歌》 【楓歌】「しぇん、ぱ、いぃ……ぼ、ぼくお腹、いたく、て……とい、れぇ……」 もじもじしながら、股間のスパッツはもうびしょぬれ。紺色が、汁を吸って真っ黒になってしまっている。勿論……ちんぽの先にひっかけたショーツも、露を吸って重たくなり始めていた。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、随分エッチなペットになっちゃったみたいね?」とツーと指先で肛門をなぞり「大丈夫、心配しなくて良いわ。楓歌ちゃんの『それ』はトイレなんかじゃ治らないわ。けど、私なら直してあげられる」と苦しみを和らげるように優しく抱きしめる
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「せん、ひゃあああああああっっっ♪」 とろとろアヌスをなぞられただけで、今まで味わったことがないような凄まじい『痛み』……違う、これは、『気持ちいい?』 脳が処理を変換する。ずくん、とおなかの底が震えた。開発された子宮が、熱を発する。続けて、お尻の中が全部発熱を始めた。 怖くなって、優しく抱きとめてくれた先輩にすがりつく。 「せ、せんぱい、これ、直してくれる、の?」 ちょっと不審と不安。けど……がたがた震えて
《楓歌》 、ヨダレまで零して真っ赤になって汗まみれで体中どこもかしこも敏感になって。こんな状況では、他になにも考えられなかった。 「たす、けて……」 完全に陥落したように、ぎゅっと足りない胸を押し付ける。
《楓歌》 ▽
topic : [楓歌][08夜々子]
《GM》 【夜々子】「当り前でしょう、私は貴方の飼い主様なんだから」と優しくベットに楓歌を横たえて「でも……その前にペットとしてやるべきこと、言うべきことがあるんじゃないかしら?」と暗に服従の言葉を要求する
《GM》  
《GM》 と、調教刻印を使用しよう
《楓歌》 ぎゃー
《GM》 抵抗する?
《楓歌》 しない!
《GM》 では、APを2D6減らしたまえ
《楓歌》 どうなりますか!
《楓歌》 自分でふりますか!
《GM》 いいよ
《楓歌》 2d6 ぴんぞろとか出ると楽しい。
【ダイス】 2D6 = [4,2] = 6
《楓歌》 残念!
《GM》 ちなみに戦闘前だから
《GM》 魔力の粉で0部位を復活させられると呟いておく
《楓歌》 じゃあ、スカートを脱いで、スパッツからちんぽが出てるのを露出させます。
《楓歌》 じゃあ、まくりあげただけにするために、粉使う!
《楓歌》 3d6 着衣っていうのも素敵だよね
【ダイス】 3D6 = [3,2,4] = 9
《楓歌》 全回復!
《GM》 OK
《GM》  
《GM》 では、続きをどうぞ▽
《楓歌》 【楓歌】「かい、ぬし……ぺっと……言う、こと?」 ころりとベッドに寝かされて……熱に浮かされたように言葉を繰り返す。
《楓歌》 やがて。
《楓歌》 【楓歌】「ゴシュジンサマ……」ゆるやかに動いて、足元にすりより。すらりとして柔らかいふくらはぎに、頬ずりをする。「ぺ、っとの『ふうか』の……お世話、してくれる?」 四つんばいで、『お座り』の格好を取り。潤んだ目で、『ゴシュジンさま』を見上げた。▽
《GM》 【夜々子】「よく言えたわね、偉いわ」と頭を撫でて「それじゃあ、始めましょうか?」
《GM》 と、その言葉と夜々子の身体が徐々に変化を始めていく、頭には2本の角が、背中には大きな蝙蝠のような羽が、そしてお尻の辺りからは、先端がハート型になった尻尾がそれぞれ生えていく。
《GM》 サキュバス―――――魔族としての本性を現した夜々子は、淫蕩に溶けた笑顔を浮かべて、ゆっくりと楓歌の服に手を掛けた――――
《GM》  
《GM》  
《GM》 戦闘開始!
《楓歌》 らじゃー!
《GM》 開幕あるー?
《楓歌》 ない!
《GM》 では、夜々子が
《GM》 バインディング+イビルフォース
《GM》 2d6+13
【ダイス】 2D6+13 = [1,6]+13 = 20
《GM》 受動とアクトをどうぞ
《楓歌》 おおー
《楓歌》 受動がない!
《楓歌》 あくとは、特殊な性感帯:舌 はじめてのキス!
《GM》 OK
《楓歌》 と
《楓歌》 淫らなる緊縛も!
《GM》 あいあい
《楓歌》 そして腰APが零になります。
《GM》 では、演出は戦闘終了後で
《GM》 反撃どうぞ
《楓歌》 はーい。
《楓歌》 では、サンダーエンチャントと言いながら攻撃する!
《楓歌》 あ
《楓歌》 ラストシュート使えるから使うー。
《GM》 ぎゃー
《楓歌》 でついでに
《楓歌》 普通に可愛がっても欲しいので
《楓歌》 祝福の聖水相当で、我慢の快感。
《楓歌》 イくまで我慢したほうが、
《楓歌》 よく壊れられるのヨ。というわけで催淫解除。
《GM》 OK
《楓歌》 8d6+4-4
【ダイス】 8D6+4-4 = [1,6,4,5,5,6,3,4]+4-4 = 34
《楓歌》 34点!
《GM》 承った
《GM》 では、次のラウンドー
《楓歌》 おー!
《GM》 今度は狙撃+イビルフォースで
《GM》 1d6+21
【ダイス】 1D6+21 = [1]+21 = 22
《楓歌》 きゃー。
《楓歌》 えっと
《楓歌》 胸APがはげた!
《GM》 OK
《GM》 アクトどうぞ
《楓歌》 んー。
《楓歌》 とくになし!
《GM》 了解。反撃どうぞ
《楓歌》 反撃のライトニングエッジ通常攻撃!
《GM》 かまん
《楓歌》 3d6+12-4 てーい
【ダイス】 3D6+12-4 = [2,5,2]+12-4 = 17
《楓歌》 17点!
《GM》 地味にいたいな
《GM》 では、次ラウンドー
《楓歌》 ふははー!
《GM》 ……一定量のHPを削ったので
《GM》 オートヒール使用
《楓歌》 にゃーん。
《楓歌》 10~12点くらいか~!
《GM》 11点回復なのさ―
《楓歌》 こちらは開幕ない!
《GM》 で、先ほどと同じ組み合わせで攻撃じゃーい
《GM》 1d6+21
【ダイス】 1D6+21 = [5]+21 = 26
《楓歌》 あー!
《楓歌》 出目がよかったかー。
《GM》 アクトどうぞー
《楓歌》 快感を我慢します、というわけで
《楓歌》 いにしえの輝石使ってからダメージ受領。
《GM》 OK
《楓歌》 3d6
【ダイス】 3D6 = [1,3,1] = 5
《楓歌》 とりあえずこれでも全快なんだ(ほろり
《楓歌》 で、26点くらって
《GM》 ……それでも全壊か
《楓歌》 残り3!
《楓歌》 で、後ろの処女 童貞喪失 鼻をつく淫臭!
《GM》 OK、反撃どうぞ
《楓歌》 じゃあ
《楓歌》 ライトニングエッジと言いながらラストシュート!
《GM》 かもーん
《楓歌》 8d6+12-4 てぇーい!
【ダイス】 8D6+12-4 = [2,6,1,1,6,4,4,6]+12-4 = 38
《楓歌》 出目が普通!
《楓歌》 そして残りCP1.
《GM》 ポテンシャルで突っ込めば良かったのに
《GM》 と、思いつつもまだ倒れんぞ―
《楓歌》 ふぇー
《GM》 では、次ラウンド
《GM》 こちらはなし
《楓歌》 なし!
《GM》 で、攻撃だ―
《GM》 1d6+21
【ダイス】 1D6+21 = [3]+21 = 24
《楓歌》 堕ちた!
《GM》 堕落持ちなので+1で
《楓歌》 はーい!
《楓歌》 1d6+2 こらぷとあるって楽しい。
【ダイス】 1D6+2 = [5]+2 = 7
《楓歌》 くそう適度に普通のところに。
《楓歌》 全滅表も振っていい?
《GM》 いいよー
《楓歌》 1d6+1 コラ(略
【ダイス】 1D6+1 = [6]+1 = 7
《楓歌》 (ぐっ
《楓歌》 7   別の場所に連れて行かれモンスターに数日間輪姦され続けているところを救出される。
《楓歌》 【SP】+2する。
《楓歌》 好きな能力値で15の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
《楓歌》 好きな能力で12の判定に失敗すると[淫乱症]になる。
《楓歌》 (ばんざーい)
《GM》 判定すると良いよ
《楓歌》 あーい。
《楓歌》 じゃトラウマといんらんしょーで。
《楓歌》 2d6+1 知力とらうま
【ダイス】 2D6+1 = [2,1]+1 = 4
《楓歌》 2d6+1 知力いんらん
【ダイス】 2D6+1 = [6,2]+1 = 9
《楓歌》 (ぐっ)
《GM》 (不可視の茨をそっとしまい込む
《楓歌》 機械怖いになりました。
《楓歌》 機械責めすると、泣いて幼児退行します(・・
《GM》 なん、だと?
《GM》 ではでは
《GM》  
《GM》  
《GM》  
《GM》 【夜々子】「それじゃあ、まずはお口から貰おうかしら」と夜々子が抱きしめて楓歌のファーストキスを奪います。そしてそのまま舌を絡めると、ピチャピチャと音を立てて、口の中を蹂躙していきますね。抵抗したくとも、ガッチリとホールドされた身体はピクリとも動かず―――
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ん……はじめてが、ゴシュジンサマ……んっ♪」 なんだか、身体がぐずぐずに蕩けてしまいそうなシアワセを感じながら、小さな舌と口腔を蹂躙されていく。シアワセでシアワセで仕方ない。同性同士、なんていう嫌悪感はとっくのとうに吹き飛んでいた。
《楓歌》 微塵も動けない身体、お世話してもらえる幸福。圧縮されて圧縮されて、ちっぽけなペットの自分だけが残る。自我が、とろりと腐り堕ちる感覚。
《楓歌》 【楓歌】「ふ、ふぅ、ん、っ、ふ、ぅっっっ!!♪」舌を絡められていると、突然感覚が変わった。そう……お尻が、熱くなった時みたいに。▽ 
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、良い感じに発情してきたみたいね」と自分のプラン通りの反応をする楓歌を満足そうに見つめながら「今度はこっちも弄ってあげましょうか」と尻尾を楓歌の肉棒に巻きつけて、ズリズリと愛撫を始める
《GM》 【夜々子】「楓歌ちゃんの淫乱おチンポミルク、いっぱいいっぱい絞り出してあげるわね?」
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ひぃ、ふっ、くふっ……はひ、はひ、はひはひはひあひっっっ♪♪♪」我慢できずに、つたなく腰を動かし始める。つるつるした尻尾に巻きつかれたちんぽは、我慢の限界を超えて我慢を続けているせいで赤くはれ上がっている。いや……我慢、ではない。イきかたがわからない、のだ。荒れ狂う感覚が、どこまでが快感なのか、まるでわからない。 「ひー、あ~~~~~♪ ごしゅじん、さま、くる、しい、おちんちんおかしく、なる、ひゃ、あー、や
《楓歌》 ーーーーー!!!」
《楓歌》 イけない。イけない。イけない。舌を犬みたいに出しながら喘ぎ、身体が、ぐったりし始める。▽
《GM》 【夜々子】「あらあら、そんなにおちんちんからミルク出したいのかしら?」と楓歌から身体を離すと、見せつけるように股を開き
《GM》 【夜々子】「……ちゃんとおねだり出来たら、私のオマンコに楓歌のおちんちんを突っ込んで、幾らでもおちんぽミルクを注がせてあげるわよ?」とくぱぁ、と自分の指で秘所を割り開き、蜜を垂らしながら楓歌を誘惑する。サキュバスという種族が持ち合わせている肉棒から精液を搾り取るためだけに特化された穴。既に淫欲に狂った楓歌はそこから目が離せなくなって――――
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「あ、あ……♪」 そのまま、ぱたりと『伏せ』の格好で、舌を出しておねだりを始めてしまう。 「ごしゅじん、さま、ぼくのおちんちんを、ゴシュジンサマの綺麗なおまんこに、入れさせて、くだ、さい♪」 言葉にして……ぼふっと赤くなった。うあ。やっぱり、恥ずかしい。そんな風に思ったのだろう。でも……我慢出来ないのである。
《楓歌》 それに、さっきから気持ちよくなる度に気持ちよくなる、お尻も。それはそうだ。だって……
《楓歌》 お尻の中が、みっちり気持ちよくなる皮膚になったということは。単純に擦れ合わさるだけで、気持ちよくなってしまうのだから。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「……良い娘ね。それじゃあ、一つ追加で御褒美を上げるわ」と、見えない位置でゆっくりと尻尾を肉棒へと変化させる。それもぴっちりと瘤が付き、巨大なエラと凶悪な胴体部を兼ね備えたそれが、ゆっくりと楓歌のお尻の穴に添えられる
《GM》 【夜々子】「それから、こっちも、ね♪」と『伏せ』の体勢の楓歌の身体を反転させて、覆いかぶさるようにベットに寝かせると、見せつけるように、女性器を割り開いて、肉棒の先端に添える。
《GM》 【夜々子】「それじゃあ、童貞とお尻の処女、同時にもらっちゃうわね?」と仰向けになったことで、楓歌からは今に肉棒を飲み込みそうなマンコと自分の尻穴を掘削しようとする極太チンポ尻尾の姿が鮮明に見えて―――
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ふぇ、あ……」 すごい。期待してしまう。きゅんきゅんと未使用アヌスが締め付けられ、入れる前から余計に気持ちよくなってしまう。 ふにふにと自分からお尻を押し付けて……「ひゃ、あっ♪ おし、おしり、さわ、った、だけで、びり、ってっ……♪」 先端のコブだけで、アヌスが気持ちよくなる。ああ、これだめ、おかしくなる。ころりと仰向けになると、ゴシュジンサマのおおきなおっぱいと、とろとろおまんこが見えた。いまや何かに入れ
《楓歌》 たら吐き出しそうなガチガチちんぽは、期待のカウパーでドロドロになり。 「ゴシュジン、サマ……♪」もう、人生、すてても、いい。快感でイかれ始めた思考は、心臓破裂寸前の期待でいっぱいになって。やがて……
《楓歌》 【楓歌】「ゴシュジンサマ……ふうか、で、楽しんで、ね♪」どろりと快楽の期待で潤んだ瞳が、主への屈服を示した。
《楓歌》 【楓歌】「……っっっっっっっっっっ♪♪♪♪♪♪♪」声が出ない。細い息の音が、悲鳴のようにも聞こえる。
《楓歌》 アナル処女と童貞の同時卒業は、心にも身体にも大きく負担をかけた。それくらい……我慢の後の快感が、凄まじかったのである。
《楓歌》 壊れたみたいに痙攣し、そしてそのまま……ギンと張り詰めた肉棒がおまんこの奥を叩き、ひとこすりしたらもう我慢できない。ドロリと白く濁った白濁を、挿入した瞬間にブチ撒けた。それはもうホースみたいに、どろどろどぷどぷと大量に、気持ちよさそうに。
《楓歌》 【楓歌】「ご、しゅじ、さ、あ、ひっ、はっ……♪」 思考が真っ白になり、赤ん坊みたいに腕を折りたたみ、足はゴシュジンサマの腰に抱きつくように絡ませて。
《楓歌》 人生初アクメを、アナルとちんぽで、同時にキめた。 もう、普通のオンナノコには、戻れそうに、ない。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、よっぽど気持ちよかったのね」ともう一度、口づけてディープキスを行いながら淫靡な笑みを浮かべる。
《GM》 【夜々子】「それじゃあ、今晩はお祝いね」とグググ、と膣からペニスを、楓歌のアナルから尻尾をゆっくりと抜き出して
《GM》 【夜々子】「……それじゃ、お腹一杯になるまで楽しみましょうか?」ズドン、と一気に突き込んだ。そして、流し込まれたペッドの精液を存分に味わいながら、まだ足りぬ、と言わんばかりに肉棒を扱きあげるための、前後運動を開始する。同時に、アナルに突っ込んだ尻尾で瘴気を腸内に撒き散らしながら、グチャグチャと撹拌していく
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「! ! !♪」 かくかくと壊れた人形みたいに頷きながら、その言葉を認める。トロトロアナルはもう元の機能を完全に失って性器に成り果てけつまんこに。
《楓歌》 我慢し続けたメスちんぽはもう、射精の仕方を覚えたからには簡単に搾り取られてしまうだろう。
《楓歌》 両方の快感が、抜けて、抜かれてしまうのが寂しく思ってしまうくらい、思考はもうおかしくなっていた。
《楓歌》 でも、恥ずかしくて恥ずかしくてしょうがないのは、まだ理性が残っているから……ではなくて、事前催眠の結果でもある。
《楓歌》 羞恥で自我が壊れていくのも……自分というイキモノが駄目なものに思えるくらい気持ちよかった。
《楓歌》 【楓歌】「ごしゅじ、さま、おいわい、してくれ、るの……?」歪な笑みを浮かべながら、力の入らない足をだらしなくセンパイに絡み付ける。もう力が入らない。
《楓歌》 【楓歌】「っきひいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ~~~~~~~~~!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪ お、おぢりもおちんちんも取れる、やける、もげるうううううううっっっっ!!!♪♪♪♪」
《楓歌》 腐って堕ちそうなくらい、性感帯改造された部位は凄まじかった。常人なら既に発狂しているような快感を、ほぐす事すらせずに感受する。
《楓歌》 1~2往復ごとに短い射精を繰り返し、10回もあれば噴水のように精液を放出する。覚醒前の魔力を、全て射精とアナルアクメの補填に使っていた。
《楓歌》 繰り返しになるが、もう尻穴はただの性器だった。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「あ♪あ♪あん♪、楓歌ちゃんの身体、凄くいいわぁ♪」こちらも負けず劣らず淫蕩に浸かりきって、しかしサキュバスの本能に従って精液を絞り取り、瘴気を注ぐことだけは忘れずに続けていて……この娘に巡り合えた幸運と覚醒前に自分のものに出来た幸運を感謝する。
《GM》 【夜々子】「ふふふっ♪幾らイっても壊れたりなんかしないから安心しなさい♪貴方は私の命が尽きるまで♪一生ペッドとして可愛がってあげるわね♪」と所有物宣言をしたまま、狂ったように腰と尻尾を動かし続ける。楓歌の吐き出している高純度のミアスマは、サキュバスであるはずの夜々子ですら、完全に虜にしていて――――凌辱が止まらない
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ひー、はー、ひ、っくぁ、ひぁ、あ、あ、あああ……♪」 魔力に変換できない瘴気が溜まっていく。自分からは全然動けず、ただ搾り取られ、悲鳴を上げ、けつまんこを締め付ける。ただのそれだけ。それだけのために生きているペット。
《楓歌》 畜生の意識が固着していく。
《楓歌》 【楓歌】「(ぼくは夜久子ゴシュジンサマのペット。ゴシュジンサマが死ぬまで精液搾られてけつまんこほぢられるぺっと、ダメなぺっとっ♪)」
《楓歌》 尻尾欲しいな、アナルがグズグズに蕩けそうな怖い奴。ちんぽも何とかして欲しいな。このままだと、授業中に射精しそう。でも、とびきり恥ずかしいのがいいな。
《楓歌》 そんな妄想まであふれ出て、それはいつしか言葉になる。
《楓歌》 【楓歌】「壊れ、られない、の? だめ、ゴシュジンサマ、ぼく尻尾も耳も欲しくなる、ちんぽも管理してほしい、の、ゴシュジン、さまっ♪♪♪♪」
《楓歌》 一言しゃべっている間にも、軽いアクメが何度もキて。びゅーびゅうとろとろと壊れた蛇口のように精液が溢れるちんぽも、また射精頻度以上にイっている。
《楓歌》 これでもまだ壊れていない? そう……『真風 楓歌』という『人間』は壊れても。『真風 楓歌』というペットは、壊れない。壊れさせてもらえないのである。
《楓歌》 折りたたんでいた腕を伸ばし、力なく抱きついた。凄まじいメスとオスの交じり合う匂いに、それだけでまたイった。
《楓歌》 【楓歌】「あ、ふ、ゴシュジンサマのニオイだけ、でぇ、イっちゃ、ったぁ……♪」
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、そういう風に私が仕立てたんだもの♪さぁ、存分に楽しみなさい♪」と、腰を振りながら淫らに微笑んで
《GM》 【夜々子】「それに、楓歌が望むなら、なんだってしてあげるわ♪だって、私は飼い主なんですもの♪」とギュ―と存在を確かめるように強く抱き締める
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「はにゃああ……♪」 流石の身体もぐらつき、意識が断続的に切断されていく。
《楓歌》 そして、抱きしめられると体中からえっちなニオイが湧き上がっている気がしてきて……
《楓歌》 射精アクメニオイアクメそしてトドメにケツマンコ10連続アクメをキめながら、シアワセの中で崩れていく。
《楓歌》 多分もう……完全な元の日常には、返れそうもない。▽
《GM》 【夜々子】「(ふふふっ、気まぐれで出資したプロジェクトだったけど、大正解だったみたいね♪)」等と、考えながら、子宮で精液を受け止める。
《GM》 なんどもなんども、瘴気と精液を撒き散らしながら、2人の……飼い主とペッドの饗宴は続くのであった……
《GM》  
《GM》  
《GM》  
《GM》 エンディング
《GM》  
《GM》  
《GM》 そして、次の日。楓歌はベッドの上で目を覚ました。
《GM》 あれほどの暴虐な快楽の嵐だったにも関わらず、頭はすっきりとしており、まるで夢だったかのような錯覚を受ける。
《GM》 しかし、心に刻み込まれた刻印と、ぐったりと重い身体が、現実のことであったことを再確認させて―――
《GM》 そして、ぼんやりと視線を横に向けると、誰かと電話しているであろう夜々子の姿が目に入った。
《GM》 【夜々子】「ええ、これからも出資は続ける……いえ、より出資額は増資しましょう。その代り、最新設備はこちらに優先的に提供してくれないかしら?」
《GM》 【夜々子】「ええ、ええ。良ければ他の奴らの動向とか、知り合いの娘とかも『こちら側に』引き込んで、あげるわよ?どうかしら?」
《GM》 【夜々子】「……いいでしょう。交渉成立ね。良い買い物だったわ」と電話を切る
《GM》 と、君に気づいたのか、優しい笑みを浮かべてベットへと歩み寄ってきた
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「んぁ……ふ、ぁあ……」 小さなあくび一つ、軽く身体を動かして布団を被る。身体が重い。動きたくない。「(あ、ゴシュジンサマだ)」自然にそんな意識が浮上する。完璧すぎるくらいに思考が調教され、うっかりと学校でも言ってしまいそう。「(流石になー。それは友達にもヒかれちゃうし)」それは勘弁、と思って、学校ではセンパイって呼ぼう。そう意識を集中させる。「あ……えと、えと……ゴシュジン、サマ?」 今は二人きりだし。いい
《楓歌》 よね。いいよね。 もぐりこんだ布団から頭だけ出して、じっとそっちを見ている。▽
《GM》 【夜々子】「あらあら、起きたのかしら?ねぼすけさんね♪」と布団を引きはがす。時計を見てみると、もうお昼と言っても良い時間帯。今日が休日でなければサボリ確定である。
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、昨日はとっても楽しかったわ。また、しましょうね?」と優しく耳元で囁かれる。
《楓歌》 【楓歌】「んにゃ……だ、って、あんなの初めてだったし……」 もう完全にお子様状態である。言い訳しながら、ちょっとスネて。でも……「……うん。その……また、したい」 そっと体重を預ける。とても軽い重さ。 そして……センパイのかすかなニオイと香水のニオイ。身体がわずかに、反応した。▽
《GM》 【夜々子】「あらあら、エッチさんねぇ♪」と、顔を優しく撫でて「でも、今は駄目。美味しいものっていうのは、時々食べるから美味しいのよ?」とつー、と下腹部、子宮の辺りで手を止める
《GM》 【夜々子】「それに、ここはもっと凄いことになりそうね?」といつの間にか、膣口には何やら刻印の付けられた前張りが貼ってあって
《GM》 【夜々子】「楓歌ちゃんが、もっともっとエッチを頑張れば頑張るほど、ここの始めてを貰った時に気持ち良くなれるわ♪」と肌の上からつんつん、と子宮を叩く
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ん、それは、その……いつもあんな事してたら、学校にも行けないし」 ぷいとそっぽを向くけど……子宮の辺りを撫でられたら、なんだか期待してしまう。どきどきと、鼓動が早くなる。 言葉に応じて目を向けると……なにやら貼り付けてあった。「え、これ……そ、そうなんだ」 かぁ、と真っ赤になりながら、お腹を撫でられる感触だけで昂ぶってしまう。でも……初めて貰ってもらわなくてもこのままでも、なんて意識も、ほんのちょっぴりあっ
《楓歌》 たりする。
《楓歌》 【楓歌】「う、うん」と頷くだけで、やめてしまった。まだ、ほんの僅かに迷いがあるのがわかる。▽
《GM》 【夜々子】「それじゃあ、取りあえずお昼ご飯を食べに行きましようか?」と、優しく微笑む姿はいつもの生徒会長の姿で「楓歌ちゃんは、何か食べたいもの、あるかしら?」
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「ごはん!」 意識が即効でスイッチされた。ああもう。 「ん、ん~……センパイと一緒なら、なんでもいいかな」 楽しいゴハンが食べられそうだから。なんて理由。それに、楓歌は知らない事だが、今日からはもうずっと、便秘に悩まなくてもいいのである。
《楓歌》 気づいた時、楓歌は、それはそれは嬉しそうだったという。▽
《GM》 【夜々子】「そう、なら私のお気に入りの店に『予約』を入れるから、思いっきり着飾っていきましょうか」とバーンとクローゼットを全開にすると、そこには多種多様なドレスや豪華な装飾がついたアクセサリーが並んでいて
《GM》 【夜々子】「へへへ、楓歌ちゃんは、どれが似合うのかしらねー?」と手をワキワキさせながら、服――申し訳ぐらいに残っていたスパッツに手を掛けていく
《GM》 ▽
《楓歌》 【楓歌】「わー……」うわ、なんかすごいコト言ったのかも、ぼく。そんな事を思いながらも、身の危険を感じ。「! こ、これだけはダメ~!?」 さっき履いたばかりのスパッツだけは死守しようとしながら……ささやかなじゃれあい。想像以上に心が休まる。
《楓歌》 ▽
《GM》 【夜々子】「ふふふっ、全て私に任せておきなさい?」と夜々子の目が別の方向に怪しく輝いていて――――
《GM》  
《GM》  
《GM》  
《GM》 そして、飼い主とそのペットは、その日の夜も淫らにじゃれ合うのであった
《GM》  
《GM》  
《GM》 ちなみに楓歌の着せ替えに、約1時間ほどかかった上、連れて行かれた超高級レストランに楓歌が少々ビビリ気味だったことを追記しておく
《GM》  
《GM》  
《GM》 ~くらくら!~
《GM》 ~ペットの育て方・入門編~
《GM》  
《GM》 おしまい