Wat-chi > っ[租借地]
ninette > ここがせんじょうかっ
Wat-chi > ふぅはははー
Wat-chi > じゃぁ地獄だぜぇというかんじで…!
Wat-chi > 因幡さん最近ご自宅はどのような感じなのだろうかな
ninette > 望むところだわっ(わくわく
Wat-chi > あと難易度どのくらいがいいかを!
ninette > 自宅は前は寮生二人部屋だったね!
Wat-chi > ほほう、同室のひとはどんな方ですか!
ninette > 特に決まってなかったし最近もしかしたら新しい人がはいったかもしれないね!(フラグを立てる
Wat-chi > フラグだ…!!(ふらふらと寄ってゆく
Wat-chi > あと必要バッステがあれば言ってください!
ninette > 難易度かぁ・・・勝率二割ぐらいでも問題ないいきおいのこと!(きりっ
Wat-chi > Σ
Wat-chi > まぁできたて軍団ゆえがんばって7割程度ではないかとおもっています…!
ninette > なるほど・・・!
ninette > バッステは特にはーでしょうか!くれればなんでも美味しく頂きます!
Wat-chi > メモメモ!
ninette > 絶対にわんわんなんかに堕ちたりしない・・・っ
Wat-chi > 因幡さんをわんわんにする誘惑には勝てなかったよ…!
ninette > (アヘ顔ダブルチンチンで決め
ninette > さて一応準備しておきます!
Wat-chi > 準備できた!
Wat_GM > Σまちがえた
Wat_GM > 準備できた!
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM > HCランドリューフ くらくら ~ようこそ、動物の館へ~
Wat_GM > はじまりだよ!
Wat_GM >  
Wat_GM >  
W07_Sion > 【紫苑】「因幡紫苑です、定期報告という事で……えっと、何度かの戦いを経て実力は成長してる……と思うんだけど、その、戦いの度に変なコトされちゃって……」
W07_Sion > 【紫苑】「それでなのか、力を上手く制御できてないせいかわからないけど……最近身体がずっと昂ぶってる様な感じで……」
W07_Sion > 【紫苑】「よく寝不足になるまで…学校でも我慢できなくなった時はトイレに…て。こ、こんなことまで言わなくてもいいよね!? ほ、報告終わります!」
W07_Sion > 【紫苑】「うぅ……誰にもバレてないハズだけど……早くなんとかしないとそのうち……」何かを押さえ込むように身体を抱き締めると、やや成長した乳房がくにゅりと形を変えます。
W07_Sion > http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%B0%F8%C8%A8+%BB%E7%B1%F1
W07_Sion > 以上になります!(ふかぶか
Wat_GM > ありがとうございます…!
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM > じゃぁ最近、因幡さんはナゾの催眠術な高校にもう一度潜入し、あの時飼い主さんで同僚いぬだった高浜さんを
Wat_GM > なんとか助け出すことに成功しました、他にもいっぱい助けたわけなのですが…みんな後遺症がひどく、保護観察と言う感じで
Wat_GM > その時潜入したヒロインさんやらカルテルの施設やらで保護することになりました、因幡さんが受け持つことになったのは勿論高浜さん、あんなにツンだった彼女もかなりデレ分が染み出てきてたり
Wat_GM > 【鳳凰寺】「因幡さん?今度の日曜何かご用事あります?」今日の食事当番は高浜さんなので、近所の惣菜屋食品+お手製ドレッシング&ソースなどを運んできつつ聞いてくるのです
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「日曜日? うーん、特にないけど、どうしたの?」お皿を受け取って食卓に並べる。最初こそ若干ぎこちなかったが最近は割りと打ち解けたのか砕けた口調で会話します。▽
Wat_GM > 【鳳凰寺】「い、いえその……ペットショップでとても可愛らしい子犬を見つけましたので、一緒にどうでしょうと…あ、な、内緒ですよ?」勿論寮はペット禁止、お食事を持ってくると対面ではなく向かって右に食事を置いて座るたかはまさんなのです
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「子犬か~……いいね~~んふふ……」すとんと慣れたように隣に座り。特に意識はしていないようで…。割と犬好きを自称する(たった今決まった)紫苑は目じりと頬を緩ませて、まだ見ぬ子犬に思いを馳せる…も、ちょっと素に戻り。【紫苑】「内緒……って、もしかして鳳凰寺さん飼っちゃうつもり?」▽
Wat_GM > Σたった今
W07_Sion > 子犬が相手では仕方ない・・・(アイフル
Wat_GM > 【鳳凰寺】「因幡さんも犬お好きだったでしょう?私も最近犬ってとても可愛らしいなと……」ぽんわりとしながらなぜかご自分の首のあたり撫でるたかはまさん「よ、よろしいではありませんか、ようく躾けてある子で無駄吠えも少ない様子でしたし、そ、その…二人でリードを持って散歩などできたら素敵です…」そっぽ向いて言う、ぺこぺこ振られる尻尾がみえるようです、たかはまさんの
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「ペット禁止だけどでも……そ、そうだねっ ちゃんといい子ならきっとバレないし可愛いし。こっそりお散歩なんかして夜は懐いてきたり、い、一緒に寝ちゃったり……っ」一瞬鎌首もたげた駄目じゃないかなー?的な思いも子犬可愛さの妄想に一瞬で消し飛び夢心地。なにやら重要かもしれないサインを鳳凰寺さんが発していたもののおはしを咥えて上の空…。
W07_Sion > 【紫苑】「と、とりあえず、日曜日見に行ってだよねっ はぁ……そだね……鳳凰寺さんも一緒にお散歩して公園で離して遊んでみたり……」ある意味、鳳凰寺さんよりも既にノリ気かもしれない様子です。▽
Wat_GM > 【鳳凰寺】「はいっ♪」とても嬉しそうなたかはまさん、私用と因幡さん用、リードは二本必要ですね♪などと二人で楽しんでおりますと……因幡さんのケータイがぷるぷると鳴るわけです、電話はどうやらカルテルからのもののごようす
Wat_GM > 出てみればそれはいくえふめい事件の調査でした、怪しい場所は既に判明していて、魔族の隠れ家と思われる場所を偵察し、その魔族が関係しているのかを調べて欲しいとの事、日曜までの数日で終わるでしょう
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「さてと……話にはあったけど……」つぶやく紫苑は既に変身済み。最近は気のせいか布面積が減った上にサイズがさらに縮んだ気がしないでもなく街中で戦うのは控えたい(と思うことにしている)紫苑としては今回のような偵察任務はまだ楽なものと思えた。ふわりと飛ぶように木の上に登ると屋敷の中が見え、人影はなさそうな一角に降り立つ。
W07_Sion > 【紫苑】「……さっさと終わらせて帰らないと、鳳凰寺さんとの約束も待ってることだし――」任務中だが想像して頬がにやけて、あまり緊張感は感じられない。おそらく日曜日までに帰れないことはないだろうが、数日留守にすると部屋を出たときの彼女の顔を思い出すと少しでも早く終わらせなければと思ってしまいます。▽
Wat_GM > ここはどうやらポケット異次元的な空間のようです、春のうららかな日の光の中でメイドさんが庭のお手入れやらをしています、広さのわりにちょっと低めの壁がぐるりと館を囲っていて、門も「ぜったいに中には入れないぞー」というよりは「こんにちは、いらっしゃいませ」というかんじ(何
Wat_GM > 比較的小さな森だったはずなのですが、森の入り口を振り返れば、その場所以外はヨーロッパの貴族のだだ広い領地的な草原、森林、川……遠くでは鳥のなき声なんかも聞こえます、なんというか…とても無防備、こっそり入るのも楽そうです、運動一般判定、堂々と正面からいってもいいよ
Wat_GM > ▽
W07_Sion > む、早速判定ですね!
Wat_GM > こっちはモブの知力+2d6で対抗するね!
W07_Sion > 2d6+6 でこっそり正面からはいってみる!(何
kuda-dice > W07_Sion -> 2D6+6 = [2,6]+6 = 14
Wat_GM > 2d6+3
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+3 = [3,3]+3 = 9
W07_Sion > 【紫苑】「――ふぇ!?」外から見たときとは明らかに違う空間に思わず(というか隠密行動中なのに)マヌケな声を上げてしまいます。なんだかやる気の無い門や塀。ぽかぽか陽気に明らかに普通の館ではないことを感じながら…。【紫苑】「と、とりあえず入ってみましょう…」すでに変身しているのも忘れ、普通に門から侵入してしまいます。▽
Wat_GM > Σ隠密成功したのにフツーに行った
W07_Sion > お邸がフリーすぎたのよ!
W07_Sion > さて帰りも同じようにいくかはわかりませんが…!
Wat_GM > [メイド]「…………」ばったり  ほうきを持ったメイドさんがお眼眼をまんまるくして因幡さんを見つめています
Wat_GM > [メイド]「 っきゃぁああーーーーーーーっ!!!の、野良のメイデンだわっ!!誰かっ!だれかぁあーーーっ!!!」あれよあれよというまに寄ってくるメイドさん達「ちょ、ちょっと誰かなんとかしなさいよ…!」「メイド長呼んできてメイド長!」「しっ!しっ!」もの凄い扱いです
Wat_GM > じゃぁするっとはいった!屋敷はせいそなたたずまいを見せていて、やっぱり中はメイドさんが行き来していますね、つかまえて話聞くもよし、中まで突入するもよし…!ところで中庭の木の上で魔女帽子をかぶった女子高生がねこしっぽふって昼寝していたのですが、騒ぎが起こると興味なさそうにするっとどっか行ってしまいます
Wat_GM > ▽
Wat_GM > Σ違うとこまで送信した
Wat_GM > まぁ大きな流れは間違ってないからいいや!
W07_Sion > 【紫苑】「――……その、お、お邪魔しています……」長閑で広大な空間に、ああ、鳳凰寺さんと子犬とで一緒にお散歩できたら素敵だなー…なんて考えたらこの結果だよ!
W07_Sion > 【紫苑】「ちょ、あわ!? ま、待って決して妖しいものじゃないの! ていうか野良ってなんなんですか―ー!?」普通考えたら妖しい上にそもそも偵察にきていたのでメイドさん達の反応も間違いじゃないというかどちらかというと大正解。【紫苑】「あ、あぁぁぁ! こ、ここで逃げたら警戒されて日程が……ご、ごめんなさい――!!」がばりとメイドさんを捕まえてしまいます。【紫苑】「お、おとなしくしてたらてあらなまねは――っ!」もうてんぱって無茶
W07_Sion > 苦茶です▽
Wat_GM > [メイド]「ほ、吠えたわっ!?」「きゃぁっ…!」がっしり!結構抱き心地のいいメイドさんです、得したね!「レニー!?」「も、もうダメだわ、あの子きっと頭からまっぷたつに…!」【いのり】「貴女達、これは何の騒ぎ?」「「「「メイド長!!」」」」
Wat_GM > モブっぽくないメイドさんがやってきます、二言三言会話してみると……どうも周りのメイドさん達は紫苑さんの言葉が通じない様子、向うはしっかり日本語話してるのですが……【いのり】「人間語がわかるのは私の他に数名いますが……メイデン、お前このお屋敷に何の用なのです」
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「ぅ……あう……そ、そのなんていうんでしょうか……ちょっとその、素敵なお庭だなー……て、中をちょっと拝見させていただこうかなと……」なんとなくメイドさん達の事情も分かったため、ふんわりいい匂いのメイドさんを解放します。本当にありがとうございました。さてなんとか話が通じる相手とはいえ、それでも正直に答える訳にもいかず薄すぎるオブラートに包んで事情を話してみる。▽
Wat_GM > Σあんまり隠してねぇ
Wat_GM > 【いのり】「まったく……つまりお前はこのお屋敷から人間を1頭盗みたいというのですね?本来ならお断りするところですが当家にはお前から身を守るだけの武力がありません」なんというか因幡さん害獣扱い「幸いお前はあまり攻撃的でないようですね」
W07_Sion > 【紫苑】「う、うぅ……」キツイ言い方というか態度になんとなくくじけそうになる。【紫苑】「……ん? "人間"?」さてお馬鹿兎さんでもここでようやくここがどういう場所であるのかを思い出した様子です。
Wat_GM > 【いのり】「しかし新しく来た人間と言っても……新参の子が居るかもしれませんが今は調教係の者が不在です、大人しくするなら屋敷に入れてあげますから中でお待ちなさい」メイド達の目に入ると彼女達も怯えますからね、わかるでしょう?などと言いながら寄って来ます
Wat_GM > ▽
Wat_GM > 彼女の手にはリードの様なものが見えます、これで拘束するつもりでしょうか……とはいえ周囲のメイドさんも含めて大した魔力は感じません、いざとなればすぐ引きちぎってにげられるでしょう
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「……は、はい。そういう事なら……」武力が無いとの言葉に一瞬力技も思考を過ぎりましたが流石におびえたメイド達の姿を見てそれはあんまりかと思い留まります。ここはあくまで偵察に徹して流れに任せてみようと考えます。【紫苑】「ええっと、あの、メイド長さん? そのリードは……」▽
Wat_GM > ”はい”と応えた瞬間にくるっと皮製の拘束具がまきつき、紫苑さんの両手を後ろ手に拘束する、どうやらいぬ首輪ではなかったみたい…?【いのり】「リードは飼い主とペットの信頼の証です、メイデンの貴女に使う訳が無いでしょう」まったく…などとおかしな事を言うメイドさん、ふと見ればお屋敷の窓から首輪をつけた中学生くらいの女の子が二人、その様子を眺めていて…
Wat_GM >  
Wat_GM >    -屋敷の中へ-
Wat_GM >  
Wat_GM > 【エリーゼ】『そのメイデンが、仲間の子を探しに来た子?』大広間では館の主人らしき少女がおしょくじを取っています、今日のメニューはぶたさんの射精封じ2週間ものと、うしさんから取った新鮮なミルク、食卓の上ではぶた耳をはやし、あなぅからぶた尻尾のついたプラグの見えるふたなり少女があられもない悲鳴を上げています
Wat_GM > 食事をする魔族少女はアルビノで、魔族とは思えないほど清楚なドレスを着こんでいます、目線が全く揺れないところを見ると目が見えないのかもしれません、声は直接お脳に響いてくるようなテレパシー、彼女の足元では首輪をつけられた長髪の少女が行儀よく犬座りしています
Wat_GM > ▽
Wat_GM > いきなりワープしすぎた気がしてきた、屋敷の中に入ったら館の主人が、捕まえられたメイデンというのに興味を持った的なアレで…!
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「うぅぅ~~……まさかこんな事になるなんて……」不用意に敵の本拠地のど真ん中で敵の提案に乗った過去の自分を恨めしく思う。軽く力を入れてみたけれどやはり拘束は緩みそうもない。取り合えずは偵察しました。と言えるだけの事はしなければと本気の抵抗は控えて、しずしずとメイド長に連れられてはきたはいいけれど…。
W07_Sion > 【紫苑】「――っ!?/// や、ぇ、何がどうなって……!?」まず目に入る美しいアルビノ少女に視線を奪われるも、すぐさまそのまわりの動物少女達に気づき思わず赤面、声も上ずって上手く出てきません。頭に響く声からして、魔族であることは間違いないと思いますが…。【紫苑】「あ、貴女がここの、その ――ご、御主人様なのかな……?」必死に視線を反らそうとしますが、豚少女に犬少女に……特に後者には何かを思い出させるようで、視線が定まら
W07_Sion > ず酷くきょろきょろと挙動不審な風。▽
Wat_GM > [ぶたさん]「ひぁっ!?ひぁあああっ!!ああもうっ!!もうダメっ!!だめぇえっ!!ぶぎぃっ!!ぷぎっぷぎぎぎぃぃっ!!出させてっ!!出させてくだひゃぃいいいーーーーーーーっ!!」必死に腰をふるぶたさん【いのり】「はいお嬢様、お食事中に申し訳ありません、直ぐに離れますので…」そしてぴくん?と因幡さんのお声にお嬢様が反応します
Wat_GM > 【エリーゼ】『あ、今その子…鳴いた?すごいね、とても魔力が強いんだ…ボクでも感じられたよ?』【いのり】「それはようございました♪でも先生が仰っていた通りメイデンは危険ですので…」【エリーゼ】『撫でていい?』目の前で因幡さんの言葉を無視して広がる異常な光景、【いのり】「メイデン?お嬢様が撫でてよいかと」
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「ぁ、あ、貴女大丈夫……?ってそんな風にとってもみえないけど、ちょっと、えっと――」ぶたさんの濃厚な精液の匂いに、こんな特殊な状況にも関わらずキュン♪とお腹の奥が疼くのを感じて、必死にそれをごまかすように上滑りする言葉をかけて。【紫苑】「これは、どうなってるのか説明して頂きたいというか……あの、メイド長さん……?」頭に響く声からこちらの言葉はやはり通じてないと考え、メイド長に(敵ではあるけれど)助けを求める視線を
W07_Sion > 送る。
W07_Sion > 【紫苑】「そ、それは撫でるぐらいなら……構わないけど……き、危険じゃないよっ!」何だか害獣と言うか猛獣というか、そんな扱いに思わずそれを証明するように、なでられることも受け入れてしまう。▽
Wat_GM > 【いのり】「お嬢様のお食事が何か…?ああ、そうですね、野良の子は魔族の生活などあまり知りませんか」メイド長さんは説明を始めます、魔族の食事はミアスマを吸い上げることであること、お嬢様はお優しいので人間を屋敷内で多数飼っていること…
Wat_GM > 人間の調教は「先生」という魔族が行っていること……そして、この魔族達は人間というものが四つ足で歩き、人間語で吠えたり鳴いたりするものだと思っていることが判ります【いのり】「噛んだりしないと申していますね」のんびりした会話だけど…[ぶたさん]「あーっ!ほぉぉおっ!?ぷっ!ぷぎぷぎぷぎぃぃっ!!」人間である因幡さんに気づいたのでしょう、ぶたさんが必死にお腰を突き出します
Wat_GM > ▽
Wat_GM > その前を綱を引かれてお嬢様の前に引き立てられてゆく因幡さん
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「そ、そうなの……ご飯なら仕方ない……って、そ、それでもこんなに大勢囲ってっ! この子達も外から攫ってきて、えっと、その…ちょ、調教とかって……そういうのはよくないっていうか、えっと……」なんだかこの異常な空間とさも当然といわんばかりのメイド長の語り草に、なんだか自分の方が間違ってるんじゃないかとさえ錯覚しそうになる…。
W07_Sion > 【紫苑】「え? っ、ひゃぁぁっ?!」どべん、と突然あらぶるぶたさんにしりもちをついてあられもない内腿とフンドシを晒したりしましたが、眼が見えないお嬢様には特になんの効果もないでしょう…。ただただ自分が恥かしい思いをして、赤面して……なんとなく綱でつれられる最中にも横目でぶたさんの股間部をチラ見してしまってます。▽
Wat_GM > [ぶたさん]「ふぎぃっ!ぷぎっ!!ぶひぶひぶひぃぃ…!お願いですっ!これっ!!これ取ってっ!!!!ぶひぶひぶひぶひぃぃーーーーっ!」がばぁっ……!!がんじがらめに拘束されていたぶたさんが、床でしりもちついた因幡さんに覆い被さり、必死にそのフトモモやらお腰やらペニスやらに拘束されたふたペニスをすりつけて…
Wat_GM > 【いのり】「調教しなくてはお屋敷に住まわせられないでしょう?人間は野良のままでは勝手に発情するし鳴き声もヒドいし…この豚を見ればわかるでしょうに」あきれたようにメイド長、ぶたさんの腰つきは猛烈なもので、兜合わせの格好になってしまった因幡さんに強烈な発情を与えてきて…
Wat_GM > ▽
Wat_GM > そしてついでに知力判定をおねがいするす、あわてて寄ってきたモブメイドさんの中に悪いコトをしようとしてくる人が居るよ!
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「えっ、ええっ!? ちょ、ちょっと落ち着いてっていうか、私の言葉わかるんですか!?」ずりりぃっ♪ 拘束されているとはいえ、擦り付けられる肉棒に容易く淫魔に傾いている身体は昂ぶって……とはいえ、流石にこの場では必死に押さえ込み……▽
W07_Sion > 2d6+0 と、一旦ここで切り知力判定いきます!
kuda-dice > W07_Sion -> 2D6+0 = [5,4]+0 = 9
Wat_GM > Σそうかトラウマ
W07_Sion > あっても1です(さわやか
Wat_GM > 尻尾バイブ:ポイズニックニードル扱い(TP12、運動)
Wat_GM >  《催淫》《速攻Ⅲ(IV9)》《使い捨て》《浸透》
Wat_GM > Σこの子違う
W07_Sion > 違うのね…残念(ぇー
Wat_GM > 《催淫》《隠密》《使い捨て》《浸透》(知力(12)で発見)
Wat_GM > こっち!(ポイズンニードルはデータが二種類ある
W07_Sion > ほっ(無事失敗
Wat_GM > そっと寄ってきたメイドさん達の中に一人、くすくす笑いながら因幡さんのおしりをつるっと撫でたお姉さんが居ました、急におしりに違和感が広がって…![催淫]をどうぞ!
Wat_GM > そのメイドさんはすぐにあわてた表情に戻って他のメイドさんにまぎれてしまい、どれだったかわからなくなってしまうね!
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 有難う御座います!
W07_Sion > 【紫苑】「――~~~っっ!? だ、誰か私のお尻さわっ、―――ぁ、っ、はぁ、ふぅ、ん……っ♪」感触にぞくりと背筋が逆立ち、ぶたさんを押し退けながらも後ろを向きますがそれも意味のないこと。何をされたか今はわかりませんが、急に肌が過敏になったようなお尻に思わず腰をもぞつけせて。そちらに意識がむくとぶたさんを押し退ける力も若干緩んでしまいます。▽
Wat_GM > しっぽバイブ、種類はいぬとウサギどっちがいいですかな…!
W07_Sion > その二択か!その二択なのかー! 非常に迷うけど前回の事があるので犬で!わんわんで!
Wat_GM > はい!
Wat_GM > 【いのり】「ああもうこれだから野良の子は……」お腰を擦りつけ始めた二人にもうあきれ声のメイド長【エリーゼ】『ボクのお食事…?(テーブルの上さすさすと探す)あ、もしかしてメイデンさんが取っちゃった…?キミも食べたいの?』暢気な会話が続きます『ねぇいのり、メイデンさんにもミアスマあげようよ』
Wat_GM > そんな中因幡さんのお尻に打たれた針がみるみる膨張し、犬尻尾の形をしたバイブとなって因幡さんを責め苛み始めます[ぶたさん]「はひっ♪わかるっ、わかるから取ってぇ…♪鳴きますからぁ♪ぷぎっ♪ぷっぎぃいぃん♪」【いのり】「仕方ありませんね…」【エリーゼ】『ホラ、怖くないよ?おいしいよ…?』ぶたさんのペニスサックに伸びる手、因幡さんの頭に優しく伸びるお嬢さまの掌
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「え? あのね、貴女のを取った訳じゃないんだけど……」取ったという部分もそうだが、なんだか探す仕草に保護欲というか罪悪感というか……。そんな考えお構い無しにお尻の針は成長して…【紫苑】「ぁんっ、あ、ああぁぁぁぁ……っ!?♪」生える尻尾にゾクゾクと背筋が震えます。だらしなく膝が脱力して、ぶたさんのさらなる密着を許しながらも、少しぼーぜんとした表情で伸びる白い掌を夢見心地で見つめてしまって……。―――さすり♪
W07_Sion > 【紫苑】「―――――ッッッ!?!?♪♪」軽く撫でられた瞬間、脳みそがピンク色に染まるような途方も無い幸福感が襲う。と、同時に。途方も無く大きな危機感に跳ねる様に飛びずさり、館の住人から距離を取る。【紫苑】「はっ、はぁ、はぁ――っ♪ ~~~っわ、悪いのですけれど、今日はこの辺で失礼させていただきますね……っ」さて、問題はタダで返してもらえるかどうかです。▽
Wat_GM > 【エデリ】「エリーゼお嬢様?あんまりご褒美ばかり与えてはいけないとお教えしましたでしょう?」がしっ♪と飛び退いた紫苑さんのお肩を背後から誰かが掴みます【エリーゼ】『あ、先生っ♪』
Wat_GM > [ぶたさん]「イぐっ♪イけるぅううっ♪やっとっ!やっとイげるうぅううーーーーーーーーーーっ!!!」【エデリ】「だめよ」[ぶたさん]「ひんぐっ!?!?!」【エデリ】「折角なのだから、因幡さんに掛けてあげましょうよ…」それはどっかの学園で出あったあの教師さんで…
*Wat-chi Topic : [][先生(IV8)][紫苑(IV7)][]
Wat_GM >           【エデリ】「ね?ミルク…♪」
Wat_GM > せんとう…かいしだ!
Wat_GM > かいまくあるかな
W07_Sion > 【紫苑】「――――ッ!?」肩に掛かる掌。そして声に反射的に振り向きます。以前散々煮え湯(と快楽と従属欲求)を飲まされた相手。魔族エデリであるのは間違いはないようです。
W07_Sion > 【紫苑】「……なるほど、この屋敷の様子も貴女の仕業だったんですね。納得いきました……っ!」彼女からも距離を取るように、あるいは刀を振るうために跳躍します!
W07_Sion > とゆーわけでフライト!
Wat_GM > とんだ!
Wat_GM > じゃぁこっちからね!
W07_Sion > こ、こーいっ!
Wat_GM > 2d6+13 単体/あり/MP6(拘束)《イビルフォース》《バインディング》
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [1,1]+13 = 15
Wat_GM > Σま、まぁ挨拶がわりだ…(汗
W07_Sion > でも威力は十分か・・・アヴォイド!で-8します!
W07_Sion > 受けるのは腰で!
Wat_GM > はい!
Wat_GM > ナイト級さんですからね!上級魔法無いとのことですのでかなりの難易度になってるとおもいます…!
W07_Sion > だいじょうぶだもんだいない(フラグ
W07_Sion > 早速MP回復します!
Wat_GM > Σ
W07_Sion > と、私の行動かな!
Wat_GM > はい!……なんでもうMPなおすのkΣトラウマの弊害か
W07_Sion > 残りMP2では・・・!
W07_Sion > しかし回復したのでガッツピアシング!
Wat_GM > 新ステータスに合わせたあいちむ入れ替えもしないなんて…!にねさんのえろ求道者!
Wat_GM > くるがいい!
W07_Sion > 2d6+5+6-4
kuda-dice > W07_Sion -> 2D6+5+6-4 = [2,4]+5+6-4 = 13
W07_Sion > バッステで-1d6と-4済みです!
Wat_GM > ばしり!ダメージが与えられた!属性は…
Wat_GM > 無色か!
W07_Sion > むしょく!
Wat_GM > ダメージがあたえられた!………あまり効いていない!
W07_Sion > さすがエデリだ!なんともないぜ!
Wat_GM > 淫乱症を受けて全然対応しなかったせいでルーク一体に負けたわちさんのキャラを思い出しました
Wat_GM > じゃぁターンおわりだね!また先生の番……
W07_Sion > わっちさんこそ本物の求道者やでぇ・・・
Wat_GM > の前に開幕でオートヒールがぶっぱなされるぞ!
W07_Sion > ひぃぃぃ!?
Wat_GM > 催淫解除するか受動あきらめるかしないと多分毎回全快されるよ…!
W07_Sion > なんてこった…!
Wat_GM > 2d6+13 単体/あり/MP6(拘束)《イビルフォース》《バインディング》 そしてまた同じコンボだー
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [3,2]+13 = 18
Wat_GM > 出目はひくめだ
W07_Sion > アヴォイドで-8!今度は胸だ!(びりりりり
Wat_GM > そっちのばん!
W07_Sion > 残りAP8/6/1
W07_Sion > 補助行動で・・・アクト<自慰>!
Wat_GM > おお!それを持っていたか…!
Wat_GM > 先生に会っていきなり自慰だなんてえっちめ
W07_Sion > 描写はターンエンド時に・・・!そしてピアシング!
Wat_GM > はい!それがいいとおもいます!>ターンエンド
Wat_GM > くるといい!
W07_Sion > 2d6+5+6-4
kuda-dice > W07_Sion -> 2D6+5+6-4 = [2,1]+5+6-4 = 10
Wat_GM > Σ
W07_Sion > だがきかなかった!
Wat_GM > なんてことだ…!ルークでよかった!
W07_Sion > そしてアクトを宣言!<秘密の花園><突き刺さる視線>
Wat_GM > いただきました!
Wat_GM >  
Wat_GM >  
W07_Sion > 【紫苑】「んっ、は、あぁっ……っ!」必死に愛刀を振るおうとしますが、生えたばかりの尻尾は意志と関係なくぶんぶんっ元気に振り回されて……当然お尻も丸見えですね。睨み付けてる視線も徐々に潤み目じりも垂れ下がってきて……。
W07_Sion > 【紫苑】「ゃ、だ……っ 違う、違うのに……もう、克服した、はずっ……うぅぅっ……っ♪」"ミルク"名前がなんども頭の中でリフレインする。きゅんっ♪  お腹の奥が疼き、じっとりとフンドシにシミが広がってしまい。刀を構える逆の手は意志と関係無く、前垂れを跳ね除け、フンドシをきゅっ♪ 持上げてしまい…。
W07_Sion > 【紫苑】「はっ、はひっ、わふっ わひゅぅぅ~~……っ♪」キツク食い込み、卑猥な肉ビラにむっちりとした土手オマンコがお嬢様やぶたさん、メイド長からも丸見えになり…。紫苑の脳裏に甦るのは四つんばいで歩き当然の様に主人に屈服し幸せを享受する自身の姿。一匹の牝犬だった自分をオカズに、仇敵の前で無様にオナニーをする自分をふいに自覚し…。
W07_Sion > 【紫苑】「ひゃふぁっ、あひゅっ、はひんっ♪ ひぅぅぅ~~~~ッッ♪」プシィっ♪ 立ったまま刀を構えたまま、潮を吹き無様に達してしまう……腰は折れ、足も内股で振るえながらやっと立っている状態……それでも、今度こそキッとエデリをにらみ付けて…。▽
W07_Sion >  
W07_Sion > という感じでアクト3種消化ですね…!
Wat_GM > 【エデリ】「くすくす♪いい子ね因幡さん、オナニーしておいてそのりりしい顔、とっても素敵よぉー?」対するエデリさんはよゆうしゃくしゃくです「んー♪ でも私の仕業っていうのはちょっと違うわね、10点。この屋敷はね、そこのお嬢様の思っている通りの常識に従って動いてるの、私はそのオコボレを貰ってるだけかな……お嬢様達が人間の言葉わからないのも同じ理由ね」
Wat_GM > 【エリーゼ】『甘え方がわからないのかな、自分でミアスマを出してるんだね♪可愛い子……先生、調教が済んだらその子飼っていいですか?』ミアスマの漏れ方でわかるのでしょう、目の見えないはずのお嬢様まで紫苑さんの左手を見つめて【エデリ】「あ、ええいいですよ御嬢様♪でもその前に…この子のつがいの居場所を聞きださなくちゃ」
Wat_GM > 【いのり】「まぁ……メイデンって凶暴ですけど…発情すると本当にあたり構わず自慰をするんですね、キリッとした顔とのギャップがすごく…」見ればメイド長の股間がエプロンスカートを持ち上げています、[いぬさん]「うるるる…」いぬさんの股間も
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「――!! 飼うのも、調教なんて話しも今は間に合ってますから……鳳凰寺さんには、手出しさせない……っ!」キッとエデリの言葉に同居者の事も強く思い返し、視線を強くする。ただ外野というかお客様というか……そちらの反応にも意識が向き、羞恥で肩まで紅く染まっているのは変わりませんが・・・。▽
Wat_GM > [メイド]「ふふ、見なさい?あのメイデン自分の下着で股間をイジめてあんなにどろどろにして……さ、お前もお返しにあのメイデンに見せてあげなさい?(ごっしごっし!)」必死に武器を構える因幡さんに届いてしまう外野の声と熱い視線[ぶたさん]「ふぎぃっ!?!?ぶぎっ!?はぇぁあーっ!?い、挿れたいぃっ!!あのおマンコぶち込みたいですぶうううーーーっ!!」
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM > じゃぁ次のラウンドさんだ!
Wat_GM > ええと…せんせいが全快しました
Wat_GM > このままではけいけんちがはいらぬ…!
W07_Sion > わかってましたよー!
W07_Sion > まだまだ・・・ここからが本番! もう受動したってAP破られるだけですから
Wat_GM > わかったす…!
Wat_GM > 2d6+13 単体/あり/MP6(拘束)《イビルフォース》《バインディング》 そしてまた同じコンボだ!
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [5,5]+13 = 23
Wat_GM > Σデカいのいった!
W07_Sion > ふふふ…だがしかしここはノーガードでその他に頂きます!
Wat_GM > Σあ、20点くらい無駄になった
W07_Sion > なんか気合っていうか鳳凰寺さんのことでガムシャラになってジャンプしたら幸運にも攻撃をよけれましたよー!
W07_Sion > それでガッツ+ピアシング!
Wat_GM > よし!そのキアイで先生もやっつけちゃうんだ!
Wat_GM > わーい!
W07_Sion > 2d6+5+6-4
kuda-dice > W07_Sion -> 2D6+5+6-4 = [3,4]+5+6-4 = 14
W07_Sion > あ、ガッツのってなかったΣ
W07_Sion > 1d6
kuda-dice > W07_Sion -> 1D6 = [3] = 3
W07_Sion > 17で!
Wat_GM > Σすごく平均値
W07_Sion > (ペターン
W07_Sion > (あとぶたさん今更ながらゾクゾクするのでいっちゃらめぇっ
Wat_GM > なんてこった…!ぜつぼうてきな壁となってせんせいのオートヒールがたちふさがってる…!
Wat_GM > 防御点とオートヒールで、17点毎ラウンド無効化してきている!
W07_Sion > なるほど・・・!
W07_Sion > 破るにはクライシスアビリティしかない・・・!
Wat_GM > そしてつぎのラウンドだ!
Wat_GM > 全快した!
W07_Sion > 硬いぜっ!
Wat_GM > 2d6+13 単体/あり/MP6(拘束)《イビルフォース》《バインディング》 そしてまた同じコンボだ!
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [3,1]+13 = 17
Wat_GM > お、17点帰って来た
W07_Sion > ふふ、ここで胸を破壊!
W07_Sion > (ひぁぁんっΣ
W07_Sion > さて<魔性の果実>を宣言!
Wat_GM > お、おムネアクトだ!
W07_Sion > そしていつもの!
W07_Sion > 3d6+5+6-4
kuda-dice > W07_Sion -> 3D6+5+6-4 = [6,5,5]+5+6-4 = 23
Wat_GM > おおおおお!
W07_Sion > 通っただと・・・!
Wat_GM > がつーんといいのがいったよ!
Wat_GM > じゃぁ描写!
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM > 【エデリ】「ふふ♪勇ましいこと。いい子よ因幡さん、貴女達メイデンは立って歩いて魔族に切りかかるものですもね、そうでなくっちゃ♪」嬉しそうな先生さん「貴女が私の教室から連れ出したフェニックス、今どこに居るの?喋れるうちに聞き出したいな~?」じわじわと先生は間合いを詰めてきて…
Wat_GM > 【エリーゼ】『えいっ♪ホラ怖くない、メイデンさん……?甘えていいんだよ?』いきなり背後からお嬢様の両手が紫苑さんのおムネを襲います、双丘の根元をむっちりと掴み、そのまま乳腺へと乳ミルクを押し出すような、搾乳そのものの動き、ぱんっぱんに張り詰めた乳肌が興奮してゆく食堂中の視線を集めて…
Wat_GM > ▽
Wat_GM > メイデンさん……ホラ大丈夫だから怖がらないで?  で!
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「ぬ、ぬけぬけとよくいえたものね……! フェニックスなんて"人"は知りませんから!」必死に刃を振るうも精々スーツの端を傷つけるだけ……焦りが顔に浮かびます。
W07_Sion > 【紫苑】「――へ? ひっ、あ、ぁ――っ!?♪」完全に不意打ちに、白い柔らかで繊細な指が丸出しになった乳房にかかり、途方も無い快楽が生まれます…。お乳を搾るような動きに実際ミルクはでないものの、ビンビンに乳首は勃起して乳輪までもっこりと浮き出してきて……▽
Wat_GM > 【エデリ】「そうそうよく判ってるじゃない♪フェニックスっていう“犬”を探してるのよぉ~♪」びくーんと動けなくなった紫苑さんの両乳首を先生が正面から摘んで…
Wat_GM >  
Wat_GM > ダメージ6点のとこまで回復した!
Wat_GM > 2d6+13 ごがん、すごいイキオイで攻撃!
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [4,3]+13 = 20
Wat_GM > 20点です!
W07_Sion > 【紫苑】「んひっ♪ ん、ぃ―――っ!♪」乳首攻撃に腰破壊されて全裸です!
Wat_GM > Σ不思議な関係>ちくび攻撃で腰破壊
Wat_GM > しまったまた受動MPをセツヤクされた!
W07_Sion > そしてがっry
W07_Sion > 3d6+5+6-4
kuda-dice > W07_Sion -> 3D6+5+6-4 = [3,4,6]+5+6-4 = 20
Wat_GM > どかーん
Wat_GM > いたまった!
W07_Sion > 何とか通ったね!
Wat_GM >
Wat_GM > アクトなければ次のターン!9点ダメージのとこまで回復!
Wat_GM >  
W07_Sion > アクトなし!
Wat_GM > 2d6+13 ごがん、こんどこそHPダメージだ!
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [3,5]+13 = 21
W07_Sion > アヴォイド・・・!なんてしません!21点まるまるいただきだー!
Wat_GM > Σな、なにぃ!?
Wat_GM > しまった!こやつCPをためるきだ!
W07_Sion > アクトは山盛り!<締めつける名器><尻穴奴隷><淫肉の真珠><隷属の喜び>!!
Wat_GM > きゃぁーーー!?
W07_Sion > と、ロールは戦闘終了後でいいでしょうか!
Wat_GM > おお、じゃぁ一気におわらせてしまいましょう!
Wat_GM >  
Wat_GM > ハンゲキどうぞ!
W07_Sion > 3d6+5+6-4!
W07_Sion > 3d6+5+6-4
kuda-dice > W07_Sion -> 3D6+5+6-4 = [3,6,6]+5+6-4 = 22
Wat_GM > どしん!
W07_Sion > なんだこの目は!Σ
Wat_GM >  
Wat_GM > ダメージ14点のとこまで回復した!
W07_Sion > ここで回復します!
W07_Sion > 3d6
kuda-dice > W07_Sion -> 3D6 = [4,3,3] = 10
Wat_GM > 2d6+13 なおられた!やるな!だがやっつけるショゾン!
kuda-dice > Wat_GM -> 2D6+13 = [1,4]+13 = 18
W07_Sion > と、ちょっとCPけいさん・・!
Wat_GM > けいさんするよい
W07_Sion > さて!ではくらいしすー!
W07_Sion > テイルオブスペード!
Wat_GM > Σそっちか
W07_Sion > 9d6]
W07_Sion > 9d6
kuda-dice > W07_Sion -> 9D6 = [1,3,2,6,1,1,5,6,3] = 28
Wat_GM > ああー、ふせがれさんー
W07_Sion > さらに純粋ダメージです!
Wat_GM > この次回復されたところで半分、という地点までいったよ!
Wat_GM > 今の時点で2/3くらい減らしてる!
W07_Sion > 正直迷いにまよった!
W07_Sion > けど攻撃ー! いつもの+ファイナルストライク+ポテンシャル5
Wat_GM > いくがいい…!
W07_Sion > 3d6+5+6-4+10d6
kuda-dice > W07_Sion -> 3D6+5+6-4+10D6 = [5,6,4]+5+6-4+[5,6,1,4,2,1,4,5,4,5] = 59
Wat_GM > 防御点で引いて53点もれるから……
Wat_GM > やっつけたよ!
Wat_GM > そっち残りHP何点でしたかな…?
W07_Sion > これわんこいたら負けてた・・・!
W07_Sion > HP28ですね!
Wat_GM > おお、遠慮せずに淫らな遊戯いっても大丈夫だった!勝たれた…!
Wat_GM >  
Wat_GM >  
Wat_GM > 【エデリ】「ふふ♪その負けん気がいつまで続くかしら♪」摘みっ♪とエデリ先生の悪魔尻尾がくりっくりに尖ってしまっている因幡さんの股間の突起をつまみます、真正面からにこにこしながら見つめて覗き込んでくるエデリさん
Wat_GM > 【エリーゼ】『先生、この子何て言っていたの?』【エデリ】「御嬢様に自分の凛々しい姿をお見せしたいんだそうですよ♪御嬢様が可愛いとばかり仰るから…」前と後ろから平然と会話しながらも淫魔の5つの手指が因幡さんの意地を陥落させようともみゅり♪もむぅ…♪摘みっ♪と快楽刺激を子宮の奥、脳の頂点へと強制的に送り込んでくる
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「ふっ、んぐぅぅ~~~っ!?♪」反射でギクリと腰を前に突き出してしまう。顔の筋肉が緩みそうなのを感じて、それを見られまいと必死に歯を食いしばる。結局は逆に唇をへの字にし涎と涙を垂れ流した情けない表情になってしまっているのだが…。
W07_Sion > 【紫苑】「なにっ、ど、どうせっ この子にも貴女が変な事を教え込ませっ、せっ、へぇぇぇぇぇっ!?♪」必死に言い返そうとするが、もはや心臓を掴まれていると同義で指の動き一つで容易く情けないアヘ声を零してしまう。ヂリヂリと脳裏を焦がす快楽に腰は振るえ、必死に持たせようと結果ガニ股のような体勢になってしまい…。▽
Wat_GM > 【エデリ】「あらもうそんなに腰を突き出して…親友を守ろうとするメイデンさんはもうおねだりなのかしら?」今度は胸先を摘んだままの乳首を引っ張り、尻尾で摘んだクリトリスを腰ごと押し込んでゆく、次第に前傾してくる身体……四つ這いにさせようという意図がありありと見えて
Wat_GM > 【エデリ】「喋っておしまいなさいな♪直ぐに気持ちよくしてあげるわよ?」囁くように誘惑してくるエデリさん…その合間にも巧みに胸肉の形を卑猥に変え、乳肌をさすりあげ、背後から野良メイデンを安心させようと抱きしめてくるお嬢さま【エリーゼ】『ちゅ、ちゅむ…れる、んちゅ…』首筋にキスが降り、お嬢さまのふとももが因幡さんの股間に後ろから割り入ってきて
Wat_GM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「~~~~ッッ!? お、おねだり、なんかっ、ひッ!?♪」ガチガチと快楽に歯の根も合わずに。徐々に倒れようとする身体に抵抗させようとするも…ガクガクと震える身体がお尻たぶやおっぱいを卑猥に揺らし動物達の興奮を誘うだけのようで。
W07_Sion > 【紫苑】「いやっ、や"ぁぁぁぁぁっ♪ 魔族っ、ふぅっ、んっ♪ なんかの、誘惑にっ、んひぁぁ!?♪ き、キスらめぇっ♪ は、あ――――っ」乳肉が形を変えるたびに、すさまじい快楽が脳天を貫き思考をとろかして。とろ顔の表情のまま、目じりだけを吊り上げ必死にエデリに抵抗する紫苑だったが、またも不意打ちに柔らかな唇に、ほっそりとした太腿が…ぎゅじゅうぅぅぅ♪ お漏らしをしたように、ふんどしの下から牝汁が溢れ漏れて、腰が崩れ、
W07_Sion > ついに手足が地面に…とすんっ
W07_Sion > 【紫苑】「――――――ぁ……」ぐてりと、力が抜ける。まるで催眠のスイッチのように"ミルク"であった時の感覚が甦ってきて…立ち上がろうにも、その気にすらなれない。二本足でどうやって立っていたかさえ思い出せないような……▽
W07_Sion > 取り合えず CP15 SP8 でした!
Wat_GM > [いぬさん達]「ぎゃうぎゃうぎゃうぎゃうぅううーーーーっ!!」がぶり…!四つ這いの姿勢を取ったミルクさんの両手にいきなり強烈に熱い痛みが走ります、【エデリ】「ミルクっ!!お前はまだ主人の命令が聞けない野良メイデンでしょうっ!!”四つん這いをしていいのはお行儀を覚えてから”でしょうっっっ!!!」同時にせなかにびしーっ!!とムチの痛みが走って
Wat-cGM > 【エリーゼ】『きゃっ……先生なにするの?』【エデリ】「お嬢様?躾というのはとても大切なんです、いうコトを聞けないうちからご褒美を上げては『命令なんて聞かなくてもご褒美が貰える』って覚えてしまうでしょう?  …ねぇ因幡さん?」四つん這いをさせてあげるのさえご褒美だとでも言うように
Wat-cGM > 地面に届くギリギリの位置で噛み止められてしまういなばさんの腕……いや前足、お嬢様が股間にあててくる膝が与える弱い快楽と腕を焼くいぬさんたちの牙の痛み、鞭打たれた背中の熱さ…
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「んひきゃぅっ!? ぁ、ああ……―――っ」戒めのムチとわんこ達の叱責に思わず倒れかけた身体が持ち上がります。でもさっきまでと違い、二本足で立つわんこのような不安定さで、立つという行為を忘れてしまったかのようです。視線も弱々しく辺りをきょろきょろと定まらず……。「―――っ、な、何を言ってるのよ……あ、危ないところで、むしろ助かったぐらいだものっ!」とりあえず自分を取り戻そうと叫んでみましたが、喉から漏れた声は震えて
W07_Sion > 裏返って、無様にきゃんきゃんと負け惜しみする負け犬のようでもありますね。▽
Wat-cGM > 【エリーゼ】『そんなことないよ、この子は野生のメイデンだもの、魔族に慣れたりしないの……ホラ♪』自分の愛撫するメイデンが先生に吠え掛かるのが嬉しいのでしょう、かっこいい♪などと言いながらも胸と股間への愛撫は止めないお嬢様
Wat-cGM > びっしぃいっ!!!因幡さんの反論に鋭い鞭が飛びます【エデリ】「もう、お嬢様……、貴女は野生のメイデンの本当の怖さを知らないから…わたしの居ない時に同じようなことなさらないでくださいな」言いながら目配せするエデリ先生、のそり…!とぶたさんがいなばさんの背後に近づいてきて
Wat-cGM > 背後から近づいてくるペニスの気配、先生は「でないと食べられてしまいますよ?」などとのんきにお嬢様を注意しています
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「はぁ……ッ あぁ……ぁ、あの、野生ってっ、そ、それにさっきから膝ぁっ……~~~~ッッ! も、もう、おねが……お、おまんこと、おっぱい……っ♪ ナデナデしちゃらめぇ……~~~ッッ♪」ムチと噛み付きでジンジン痛むところと相まって優しいふれあいはなおの事、心に大ダメージですね。再度のムチにガクリと腰がまた半砕けになって後ろのぶたさんにも気づかずにお尻をそちらに突き出すような格好に……裾は捲くれ上がりフンドシの食い込ん
W07_Sion > だ真っ白なお尻が丸見えになってしまいます……。▽ 
Wat-cGM > 【エデリ】「さ、じゃぁ因幡さん?もう一度聞くわ、貴女フェニックスをどこに隠したの?」にじりっと両手腕に噛みつかれ、四つん這い寸前のいなばさんのお耳に唇を近づけてささやきかける先生、さわさわと肩や首筋を撫でまわして……【エリーゼ】『え?どくの?』背後でお嬢様が因幡さんのお腰から離れるのがわかります
Wat-cGM > 一瞬体温の離れてゆく寂しさがおしりに広がった直後……[ぶたさん]「ふぅっっっぎぃいいいいん♪」どっちゅぅううっ!!!ぶたさんのぶたちんこが因幡さんの膣道を打ち抜きます、ぶた少女のおなかが尻尾プラグを押し込み、二つ穴で同時に快楽が爆発し
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「ふぁ、あ、あぁぁ……ふ、ふん……だ、誰が……ほ、鳳凰寺さんのコト教えるもんっ、です……んひあ”あ”あ”あぁぁぁぁぁぁぁぁッッ!?!?」離れる暖かくて柔らかな身体を名残惜しくも感じながらも、お陰で多少は自身を取り戻しキッっと睨みつける……直後に、ゴォボリッ! 子宮に打撃を与えるような一撃にグリンと眼が白眼を剥きかけ、喉から雄叫びのような嬌声が迸りますね。シッポもいっそう奥に入り込みお腹に力が入るとそれだけでゴリゴ
W07_Sion > リぃと動いて快楽を送りこんできます。「な、なに……な、なひっ、がぁぁ……ッ!? まっ、てへぇっ♪ わ、たひっ、あ、あなたをたしゅけにっきっ、きたっ、たぁひぃぃぃぃっ!?♪」言葉も通じてなさそうですが、追い詰められてテンパってるのかもしれません。▽
Wat-cGM > どっしゅどっしゅとまさしく獣の激しさで背後から突きこんでくるぶた少女、両腕を咥えられ四足の体勢のとれない紫苑さんはどうしてもその衝撃をしっかり受けることができません、つきこまれればふらん。と身体は前に、引き抜かれればふらん。と後ろに、そしてその度に腕にくいこむいぬ少女達の歯が痛みを与えて快楽に集中させてくれません
Wat-cGM > 【エデリ】「ミルクっ!!いうコトを聞きなさいッ!♪!」びっしぃいいっ!!!今度はふとももを鞭が襲って[ぶたさん]「ぶぎぃっ!!ふごっ!ぶごっ!!ぶひぃいいいんっ♪」その間にも腰がたたきつけられる、ぶた特有の形状のペニスによって因幡さんの膣内は滅茶苦茶に掘り返されて……やがてその先端がくりっ♪と子宮口にくじ入ってくる
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「んお”っ、お”ひぃっ♪!? う、打ち付けちゃぁっ!♪ んに”ゃぁ―――っ!? う、嘘っ、そこ届いちゃうのぉっ!?」特殊な形状の今までに味わったことのないオチンポに翻弄されますね。ぶたさんにあわせて腰をヘコヘコさせている姿は息があったいるようにも見えてしまいます。「ひっ、んひ ――――っ♪ ひゃぁっ、ゆるしっ、てぇ……い、いま打たれるの、キツいのぉっ! はっ、はぁ、はぁ―――っ!♪」ぞくりと被虐感に全身を震わせて、
W07_Sion > ツンと薄衣越しに乳首を硬くしこらせてますね。フンドシも激しいピストンでお肉に食い込み埋まってしまって……。一度は立ち直りかけましたけれど、ついにはまたも魔族に許しを請う言葉を漏らしてしまいます。▽
Wat-cGM > 【エデリ】「うふふ♪因幡さん?そんな体勢じゃ獣姦の楽しさが味わい切れないの、わかるわよね…?ホラ、居場所がダメなら高浜さんと一緒にどんなことしてたのかでもいいよ?ふふ…それなら居場所、バレないからいいわよね?」しっかりと四肢をふんばり、背後からの突きこみをどしんと膣奥で受け止めたらきっとこの快楽は数倍になってしまう…!そんな予感が走ります
Wat-cGM > 言葉を喋らせ、両腕を咥えるいぬ少女を使って因幡さんが快楽に浸りきることを許さないえでり先生、因幡さんが先生の言葉に従うほどいぬ少女達は因幡さんの腕を地面に近づけ、先生の言葉を撥ねつけるほど腕を引き離し、牙を食いこませてくる[ぶたさん]「ぉひっ♪おひぃいいっ♪ぷきひぃっ!!ぶひぃいいんっ ♪」ぬにゅるぅううっ!!簡単に子宮口を突破した先端は子宮内を撫でるようにその奥底まで到達し、狙いを定めて
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】(そ、そうだ……場所さえ、それさえ言わなければ……よ、四足に、なっちゃえば……もっとぉ……っっ)「~~~~ッッ い、言うぅっ……ほ、鳳凰寺さんとはぁ……い、一緒に、ご飯食べたり、お部屋でお話したり……そ、それくらいっ、でぇ……ッ こ、これで、これでいいでしょ―――~~~~オヒィぃっ!? お腹っ、ドリドリ、掘削されちゃってひゅぅっ!?♪」ゼロ距離で狙われているのを感じてキュンと子宮が疼いて仕方ありません。それ居場所
W07_Sion > しゃべっちゃってるんじゃないかみたいな事をバラしてしまってるのにも気づかずに、いまだ底が見えない獣姦快楽に没頭するためだけに、大事な人の情報を売り渡してしまうのです……。▽
Wat-cGM > びっっっっっっっっっっしぃいいいいいいいっ!!!!下投げの要領で因幡さんのおなかの下を抜けた鞭、今までで一番の打擲が因幡さんのクリを打ち抜きます【エデリ】「因幡さんっっっ!!!」仲間を裏切ってよいなどという躾はしない先生「それは高浜さんと同居しているということになりますよっ!!!」ちょっとくらいなら…という甘い心を打つような鞭のいちげき…!
Wat-cGM > お顔をまともに見れば今にも笑いで吹き出してしまいそうなのがわかるでしょうが、先生は因幡さんにそんな暇を与えてくれません【エデリ】「(ぷぷ、くすくす…!)因幡さんっ!!まさか貴女その調子で高浜さんの居場所まで喋ってしまうつもりなのですかっ!!」言え言えと言われて言ったのに帰ってきたのは鞭の一撃、因幡さんに混乱を与えに与えて……あと一言、あと一言言ってしまえば地面にお手手がつきます
Wat-cGM > [ぶたさん]「ぶぎぃっ!!ぶぎぃいいっ!!ぶひぶひぶひいぃいぃっ!!♪出る出るでますぅっ!!奥にぃっ!!奥にだすのぉおおおおおおっ!!!!!」どっちゅどっちゅとつきこまれるドリル肉棒、先端がびくびくと震え、射精を訴えて【エリーゼ】『ふふ♪先生この子とってもかわいい顔になってきました♪』そっと乳先に伸びてくるお嬢様の指先
Wat-cGM > 【エデリ】「……っと、時間切れね、すごいわぁミルク、私もお嬢様の思念派の中で自由に調教するのって魔力消費して大変なのよ、よく我慢したわね♪」ぽん ♪と頭を撫でられて……【エデリ】「気持ちよくイっちゃいなさい♪」しっかりと両手が地面を捉えて……
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「きゃひぃぃぃぃぃ!?!?♪♪ お”っ、おぉぉぉぉっ♪」痛みか快楽かさえ分からない、耳鳴りさえ聞こえる刺激に全身の穴が弛緩して、ぶわりと、冷汗が吹いて。挙句に……ちょろちょろ……お屋敷の中だというのに粗相までしてしまうのでした。
W07_Sion > 【紫苑】「あぎっ、あ”あ”――――ッッ!?!?♪♪ すいませんっ、ごめんなさいめんなさいぃぃぃぃぃッッ 同居してます! 一緒の寮で暮らしてるんですっ!!」失禁と痛みと快楽で真っ白にされた頭で、殆ど反射的に居場所を吐いてしまいます。フスーフスーッと荒く鼻息をつきながらも目は上向きに、半堕ちアヘ顔で涎が唇の端から垂れ落ちます。それにも気にしない様はかなり動物チックになってしまいましたね。
W07_Sion > 【紫苑】「あああぁあぁぁぁあぁ―――♪ 喋っちゃった……喋りましたぁっ!……―――あ”♪♪♪」優しい笑顔と優しい声。頭の上に掌が載った瞬間、ガチリと頭の中でギアが切り替わり。ついに完全な四つんばい……。
W07_Sion > 【紫苑】「わひゅっ、わひゅ~~~~ッッ♪ はへっ、へっへっへぅぅぅっ♪ ふひゅぅっ! おふっ、わひゅ~~~~♪♪♪」喉をそらせ、ヒロイン衣装の牝駄犬ミルクになってしまった紫苑さん。四つ足を地面につけ、前足でカーペットをかきむしるようにガリガリと100%快楽で味わえるぶたドリルチンポファックにマヌケなアヘ顔に表情も完全に崩れてしまいました……。▽
Wat-cGM > お嬢様の手のひらが、ゆびさきが意外な強さでぎゅっぎゅ!と因幡さんの乳を絞り、揉みしだき。理性を捨て去り下のしまりのない駄犬と化すことができたみるくさんの頭を、首すじを先生が嬉しそうにわしゃわしゃと撫でて褒めまくります[ぶたさん]「ぶぎひぃいいっ♪出るっ!!でるでるでるぅっ!!この子のおマンコすごっ!!すぅごぉいいいいいいーーーっ!♪」どぼびゅびゅびゅぶぎゅるぅうううっ!!!
Wat-cGM > 子宮の底まで獣の精液で洗い流し、あっという間にぱんっぱんに膨らんだ子宮にさらなるピストンと射精が何度も何度も何度も何度も打ち付けます[メイド] 「さすが先生…」「すごいなぁ」【いのり】「ああ………」そんな調教師と動物の姿にあこがれの目を向けるメイドさん、過去の調教を思い出して熱い溜息をつくメイドさん、ぎゅるぎゅると暴れるぶたペニスは因幡さんを獣姦淫獄へとひたすら突きおとして……【エデリ】「グッド、ぐぅーっどミ
Wat-cGM > ルク♪偉いわよぉー?」
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「わひゅっ、はひゅはひゅわひゅぅぅぅぅぅ♪♪」高速ピストンにでろんでろんに垂れた舌を揺らして御褒美のなでなでの幸福感に何もかも飛んでしまっているようです。きつくもみしだかれる乳房は張って程よい弾力で指を押し返してちょうどいい玩具かもしれませんね。先端の尖りは上向きに硬くそりあがって、ちくびちんぽと呼ぶに相応しい風情をかもし出しています。
W07_Sion > 【紫苑】「ぶたひゃんっ♪ ぶたひゃんのドリチンポもいいのぉっ♪ おふ、わふぅぅぅんっ♪ きゃふっ、きゃいきゃいんッッ!」腰をカクカク動かして言葉がわかるようになった豚さんとも相性は抜群のようです。そしてついに……ぼびゅぼびゅとぶっといホースでゼリーをぶちまけるような音と子宮を殴られるような激しい感覚と共に濃厚獣姦射精……ぶたさんの精液が全身に染みていくようでグインと背中を弓なりにし、「おひゅ、オおぉぉぉぉぉぉぉんッッ♪ 
W07_Sion > おほ、オホおぉぉぉぉぉぉ~~~ッッ♪♪」」遠吠えのようなアクメ声で達してしまいますね。憎いエデリの褒める言葉も今の紫苑さんには快楽のフレーバーでしかなく、媚びるようにピスピス鼻を鳴らしてしまっています。▽
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM > えでり先生の調教時間ギリギリまで耐え、えでりさんが魔族刻印を打ち込む……というためだけを考えれば魔族達を時間切れにさせたいなばさん
Wat-cGM > 【エデリ】「やっぱり野生の子は芯が強いですね、刻印を打ち込むための魔力を使い切らされてしまいました」【エリーゼ】『だって、キミはとってもすごいね ♪先生も褒めてくれてるよ?』嬉しそうに因幡さんのお背中に座ったお嬢様が頭を撫でてくれます、身体の弱いお嬢様は因幡さんのやせいのちからにあこがれも感じるのでしょう
Wat-cGM > 因幡さんのお顔にはとても強い心に対するご褒美としてお嬢様のぱんつがすっぽりとかぶせられ、お隣には因幡さんの調教を手伝ったご褒美としてエデリ先生のぱんつをかぶせられたぶたさんがふごふごと因幡さんにお身体をすりつけ、じべたにつけた右手でしっかりと因幡さんの左手を握っています
Wat-cGM > 【エデリ】「本当に野生に返すんですか?」【エリーゼ】『うん……だって魔族のペットにしちゃったらこの子はもう野山を駆け回れないんでしょ?かわいそう………』必死に笑いをこらえる先生に全く気付かず、お嬢様が因幡さんを撫でながら言います【エリーゼ】『この子はニチヨウビまでに巣に帰らないといけないんだよね、さ、お行き?そろそろ帰らないと、屋敷の外ではもうニチヨウビになっちゃうよ……?』そっと語りかけるお嬢様
Wat-cGM > しかしお嬢様は降りようとしませんし、二人……いえ、二匹の種付け穴にはぐっぷりと犬さんたちのペニスがはまり込み、今まさに射精をしている最中、亀頭球でロックされたペニスは外れることはありません。エデリ先生はもう腹筋がやばい
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「はひゅんっ きゅぅんっ……ふすふすぅ♪ はひゅっ―――~~~~ッッ♪」背中にかかる体重が心地よくて甘い声を上げる駄犬のミルクさん……顔にかぶせられたお嬢様のパンティのクロッチ部分を重点的にくんかくんかはぁはぁ……もう天国です。ぶたさんも同じような格好で並んで擦り寄ってるとずっとココにいたくはなりますが……。
W07_Sion > 【紫苑】(ニチヨウビ……日曜日……そうだ……帰らなきゃ―――わふぅぅんっ♪)ドビュ、ボビュボビュンっ♪ 既にフンドシは何度も犯されザーメン塗れのボロ布同然。たった今も膣内射精で獣精子が元気に泳ぎまわってるのを感じますね。それでもお嬢様の思念でうっすらと人の心を取り戻しつつ、一歩づつ前へ……ずりっ、ずりりっ 野生の力でアヘ顔わんこになりながらも、はいずるように犯してるわんこさんごと前へ前足を歩かせます。▽
Wat-cGM > [いぬさん達]「きゃふぅぅっ♪きゃいっ♪きゃひぃいんっ♪」二人が這いだせばごっぴゅごっぴゅとピストンさせ、館から連れ出されてしまうと気づいた犬さん達がミルクさんの肉つぼ快楽で全く力の入らない前足で必死に地面を掻いて抵抗します。因幡さんの心を満たすお嬢様に褒められるほどのこころのつよさを持っているご自分への誇り…!!
Wat-cGM > [ぶたさん]「ぷぎぃん♪ぶひっ♪ぷぎひぃいいいんっ♪」首輪同士を短いリードでつながれたぶたさんもずるずるとついてきて、同じように尾結合のままの犬さんをひっぱって……これほど情けない救出劇があるでしょうか、3人の少女を救い出すヒロインは館を包む思念波の結界により己の姿を恥ずかしいものだと思うことすらできず……
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 【鳳凰寺】「……因幡さん…2日も帰ってきてないなんて、どうしたの…?明日、明日約束なのに…ああ、電話も全然通じない…」そろそろ深夜だというのに、一人の少女があてもなくうろうろと彷徨っています、人を探すなら他にも方法はあるはずなのに、不安に焦るばかりの少女はただ闇雲に歩き回り、きょろきょろと辺りを見回す
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > ズリッ、ズリリィ……。【紫苑】「ひゃふ、ふっ、ふ―――ッ! へふっ、へひゅぅ~~~っ」三人分の身体を引きずりながらも歩く事ができる辺りは流石ヒロインかもしれません。なんだかんだで自分で気づいていませんが三人を救出して……さて暖かな空間から出て、少し肌寒い夜風が汗と精液で濡れた肌を冷やします。
W07_Sion > 【紫苑】「わひゅっ、うぅぅ~~……っ はふ、ここ――……」いまだ半分わんこの頭で下半身をドチュドチュ言わせながら、パンティを被ったまま……。偶然か誰かが狙ったものか。気が付けば見覚えのある風景……幸い深夜なのか、人を探す誰かがいない限りは姿を見られることもおそらくないでしょう。いなければ。▽
Wat-cGM > 【鳳凰寺】「…因幡さん?」わひゅっ、うぅぅ~で何故親友だと思ったのでしょう、暗い中もぞもぞと動く人影の集まりに、少女が声をかけます、[いぬさん達]「きゃひぃ~~~んっ!!」「ひゃいんひゃぃんひゃぃいいいんっ!!!」悲しげな声を上げてどっちゅどっちゅと因幡さんのおしりに腰を打ち付けてくる犬さん達
Wat-cGM > [ぶたさん]「ふごっ!ぶごぶごぶひぃいいんっ♪」近づいてくるおんなの子の匂いにぶたさんが嬉しそうにペニスを勃起させてゆき……【鳳凰寺】「い、…… いな、ば……さん……………?」わなわなと震えながらその4人の動物達を見ておののくたかはまさん、その拒絶の表情よりも何よりも、ミルクさんの耳に届いたのはその痴態に惹きこまれ、「(ごくり)」と高浜さんが喉を鳴らした音
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「―――へうっ!? へふっ、わうわう~~~―――っ!!」反射的に自分を呼ぶ声を向くと……【紫苑/ミルク】「ほ、鳳凰寺さんっ!? 鳳凰寺さんだっ、鳳凰寺さん――っっ♪/へぅっ!♪ わふわふわふぅ~~~っっ♪ へっへっへっ♪」がばりと、鳳凰寺さんにしがみ付いてしまいます。パンツ被ったまま。当然短いリードで繋がったぶたさんもしがみ付き、もしかしたらその足にドリルちんぽを擦り付けてるかもしれません……。紫苑はと
W07_Sion > いうと、密着すると懐かしく感じる親友の匂いをいろんなところを嗅ぎまわってしまっています。徐々に正気には戻るでしょうが、まだまだわんわんなのです。▽
Wat-cGM > 【鳳凰寺】「きゃぁあっ!?!?や、やめてくださっ……いなばさんもやめてぇぇっ!!」尾結合でへふへふ言う少女をおしりで引き連れた友人が嬉しそうに抱きついてくる、あまりのシチュエーションに高浜さんの悲鳴が上がります、匂いをかぎまくられ、どりるちんこ擦り付けられ……股間の結合点から溢れる愛液と精液の混合物で肌を汚される
Wat-cGM > なのに正気を失ったように自分の名前を呼ぶ親友の声を聴くたびに股間を甘いしびれが走り抜けます、みるみる強くなってくる高浜さんの匂い、【鳳凰寺】「嘘、嘘うそうそぉお…っ!!元に戻って、戻ってえぇ……!!ごめんなさいっ!もうこっそり因幡さんの下着の匂い嗅ぐのやめるからっ!!因幡さんを返してぇえええっ…………!!!!」涙をためて必死に訴える高浜さん
Wat-cGM > 記憶の底から湧き上がってくる何かを否定するように髪をふりみだして頭をふり、悲痛な叫びをあげて…
Wat-cGM > ▽
W07_Sion > 【紫苑】「わひゅっ!? わふ、うぅぅぅ~~~―――ッッ!!」暫くは鳳凰寺さんのスカートの中に鼻先突っ込んで、鳳凰寺さんの匂いに包まれて幸せそうにわふっていた紫苑さんですが必死の訴えと涙にミルクさん人格(犬格)が忠誠心を取り戻します。「ぐるるるるっ わうっ! わうわうっ!」ずりりぃっ、膣肉を盛り上がらせてながらも犬ちんぽを抜くと、発情してしがみ付くぶたさんに威嚇。仮にも救助者なのにどうかとは思いますがそこは忠犬モードなので
W07_Sion > す。元飼い主の鳳凰寺さんが嫌がることはさせないのです。
W07_Sion > 【紫苑】「わひゅん……鳳凰寺さんっ、鳳凰寺さんっ」ぎゅむりと汚れた身体ではありますが安心させるように抱き締めて。―――下着の匂いとかぜんぜん嗅いでもいいんだよ―――。すりすりと慰めるように頬すりしながらそんな事考える半分ミルク紫苑さんなのでした。▽
Wat-cGM > 【鳳凰寺】「あああっ……はぁ、んぁ、あああ…………因幡さん、因幡さぁん………」同じ匂いを嗅ぎ、自分も同じ匂いを受け取ろうといういぬの本能、いなばさんのかぶるぱんつに頬をすりつけ、すんすんと鼻をならしながら、高浜さんは安心するようにぼろぼろと涙をこぼしてみるくいなばさんにしがみつき、抱き返して……
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM > HCランドリューフ くらくら ~ようこそ、動物の館へ~
Wat-cGM > おつきあいありがとうございましたす!
W07_Sion > お疲れ様でしたー!
Wat-cGM > なんだかんだいってやってみたいけどやったことないしちゅでしたので
Wat-cGM > ちょっと方向の見えにくいところがあったかもしれませぬが、とてもたのしかた…!
W07_Sion > こちらこそ非常にたのしめましたー! やりたい放題だったようなやられたい放題だったような!