*Wat-chi topic : [][][影姫(IV9)][]
Wat-cGM >じゃぁセッションゆっくりはじめていきますかね!
W09_eiki >http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%B1%C6%C9%B1%28%B9%F5%C5%B4+%EF%AE%29
W09_eiki >キャラシでございます
Wat-cGM >うい、基本はキャラ自己紹介を発言したのち
Wat-cGM >ぺたっと貼る感じがおおいでするな!
W09_eiki >【影姫】先輩方にはお初にお目にかかる、私は影姫(エイキ)。
W09_eiki >【影姫】先日まで後方で訓練を受けていましたが、本日から前線に……すみません、どうも口調が堅く……
W09_eiki >【影姫】あの、その、お姉さま方の一員として戦線に加わるからには全力で勤めさせて頂きます。
W09_eiki >【影姫】それから……もしお姉さま方が、その……『いたたまれない状態』になってしまいましたら……
W09_eiki >【影姫】私が…その…、お、お慰め…致します…(うつむいて顔赤
W09_eiki >【影姫】ところで……お姉さま方だけでなくて、私より若い先輩も沢山いらっしゃるんですね。
W09_eiki >【影姫】先輩方も、何かお困りのことがありましたら私に相談してください。
W09_eiki >【影姫】何かの助けになれればと存じます。
Wat-cGM >ありがとうございます!
Wat-cGM >じゃぁ影姫さん、今日はよろしくおねがいいたすす!
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
W09_eiki >よろしくおねがいします
Wat-cGM >こころするがいい!(ゆびさし
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >くらくら!   -影姫さんのはじめのいっぽ-
Wat-cGM >はじまるよ!
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >【頼】「ねぇクロちゃん、そんなにむつかしい顔してて疲れない?」うふふ♪などと笑いながら聞いてくるのは、合同訓練なんかで知り合った少し上のヒロイン、川島 頼さんです
Wat-cGM >つんつんほっぺつついてきたり、ふれあいコミュニケーションを得意とするなかなかの強敵だと言えるでしょう。彼女のヒロイン姿はもうそのまんま天使+プリーストというかんじ
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「むー、ダメです頼さん。秘密にするって約束したから教えたんですよ。わたしのことはえいきと呼んでください」
W09_eiki >【影姫】ほっぺをむにむにされるのには無抵抗で、しかし今回こそは呼び名を直させようという決意を密かに心の奥で燃やす影姫。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【頼】「んー、えーきちゃんは強敵ね、いつか絶対“クロと呼んでくださいお姉さまぁ”って言わせてあげますからね?」そんなふうに訓練時間を過ごしていたわけなのですが……
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >[えんぜ]「あ、影姫ちゃん影姫ちゃん、なんか知り合いがさ、自分のトコのヒロイン助けてくれって言ってきたんだけど…かわしまさんてして知ってる?」
Wat-cGM >学校から帰ってきた影姫さんを見上げて聞いてくるのは駄目天使で有名なえんぜくん
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「かわしま……かわしま、下の名前はもしかしたら頼ですか?」
W09_eiki >【影姫】脳裏に浮かぶのはぽやーんとした笑顔でいつも自分のことをなにかとつつきまわしてくる先輩ヒロインの姿。
W09_eiki >【影姫】彼女が新人ヒロインとしての自分を気遣って、ことあるごとに声をかけてくれていることにはとっくに気づいていた。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >[えんぜ]「綺麗な子?影姫ちゃんの希望に満ちた胸もいいんだけど、ボクお姉さん系の胸もすきなんだよねー」
Wat-cGM >[えんぜ]「僕らと同じ相手を追ってたみたいでさ、近くのビルの地下に向かって帰ってこないらしいんだよ」あ、コレ地図ね、とか言いながらのんびりなえんぜさん、全く緊張感はありませんね!
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】18歳でBカップ、体格も小柄な自分の胸に対して希望があると言い切るえんぜくんの軽薄さに少し殺意を覚えつつ、地図を素早く受け取ります。
W09_eiki >【影姫】ヒロインとしての仕事に『絶対』は存在しない、そのことを幼い頃から実際に見て記憶してきた。
W09_eiki >【影姫】もし、事態が進行中ならば、急ぐに越したことはない。彼女は地図を確認すると走り始めた。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >[えんぜ]「あちょっと!ボクまだおやつ食べてる途中なんだけど…!んもう、影姫ちゃんせっかちだなぁ」
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >   -ビルの地下、怪しげな地下通路-
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >じゃぁ影姫さんは今そのビルの地下に居ます、まるで迷路のようなその場所は明かりも無く
Wat-cGM >普通の人間なら簡単に迷ってしまうでしょう! では一般判定いってみまするか
Wat-cGM >知力か魔力をボーナスにして2d6を振って、達成値をだしてみてほしいよ!
W09_eiki >では知力で。
Wat-cGM >はい!
W09_eiki >2d6+5
kuda-dice) W09_eiki -> 2D6+5 = [6,4]+5 = 15
Wat-cGM >Σ本気だ
W09_eiki >当然です、なんのための訓練ですか
Wat-cGM >では…黒鉄さんは先行しているはずの川島さんの戦った跡と思われる
Wat-cGM >壁のこげ跡やモンスターの溶けた体の一部なんかを発見することができました!
Wat-cGM >方向もあっているようです……なのですが、侵入者よけなのか通路が深い穴で断ち切られていたり
Wat-cGM >敵は空を飛べないヒロイン達を近づけないための仕掛けをたくさんよういしているようですね!
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「戦闘痕から判断して、ここに頼さんが来たのは間違いない……」
W09_eiki >【影姫】「独断専行するなって言っていたのはどの口ですか……」
W09_eiki >【影姫】そして痕跡の続く方向をキッと見つめると再び走り出します。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >ちなみにえんぜさんは3フロアくらい上で催淫香のトラップにひっかかって置いていかれました
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
W09_eiki >【影姫】足手まといはいないほうがいいです……
Wat-cGM >やがて影姫さんの目に広めの空間が見えてきます、その部屋の中央には大きな穴が設けられ、向こう岸とこちらの間には細い棒が通されています
Wat-cGM >その空間はわざわざライトアップされていて……その細い橋の上で白いローブに身を包む女性が跨って体をしきりにくねらせています
Wat-cGM >ここから様子をうかがうに敵ではない様子、時折届いてくる荒い息遣いにはとても甘いものが含まれていて
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「……っ」一瞬動揺しかけますが、まずは体に染み付いた習慣があたりの様子を伺わせます。
W09_eiki >【影姫】細い一本橋の上で狙い撃ちにされてはとても避け切れません。それに確か頼さんは空を飛べたはず。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >だらりと脱力した真っ白な翼は川島さんのヒロイン姿に間違い無いでしょう、しかし彼女は手に杖を持っていません
Wat-cGM >よく見れば頭に何か細いバンドのようなものをつけています、耳にかぶさっているそれは彼女の聴覚を奪っているでしょう
Wat-cGM >【頼】「ン…ぁあ………っく、ぅうン……」
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】橋の真ん中にいるのは間違いなく頼さんだ。それならばいつまでもここでこうしているわけにはいかない。
W09_eiki >【影姫】最後にもう一度だけ伏兵や罠の存在を確かめ、威を決して一本橋の上を走っていきます。《フライト》
W09_eiki >▽
Wat-cGM >では川島さんのお背中が近づいてくるとわかります、彼女はゴツいアイマスクとベルトで耳と目を完全に封じられていますね
Wat-cGM >ふるふると足の指先を震わせてハァハァと喘ぐ川島さんの女の香りがここまで伝わってきそう…!
Wat-cGM >姿勢をかえるたびにうねる大きく開いたドレスのお背中が黒鉄さんを誘惑して【頼】「んぁ…あああ……ダ、ダメ、もう、もう私ぃ……」
Wat-cGM >▽
Wat-cGM >しかしなぜ彼女が翼をつかわないのか、ここからでは判断材料が見つかりません
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「手遅れかっ……!?」思わず口を吐いて弱気な言葉が漏れる、耳と目を塞がれているということは一度は捕えられたということだろう。
W09_eiki >【影姫】でもそんな心配をするのは後まわしです、心が鈍れば体も鈍ります。彼女を本当に手遅れにしないためにここから急いで連れ出す、ただそれだけを考え。
W09_eiki >【影姫】鍛えられたバランス感覚を用い、細い棒の上を一歩また一歩と飛ぶように駆けていきます。
W09_eiki >【影姫】そのまま近くまで駆け寄れればまずはアイマスクとベルトをはずそうとしますよ。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【頼】「ああ、そ、ソノさぁん……そ、そこに居るのでしょう、も、もうこんなことはやめなさい…!」
Wat-cGM >ほとんど足音をたてない黒鉄さんの接近がわかったのは、三角棒をくわえ込み敏感になりすぎた膣肉によるものでしょう
Wat-cGM >ぶるぶると三角棒に両手をつき、食い込む器具を必死に押さえて背後のなにものかに声を上げて
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】ソノさん、人名だろうか?脳裏に刻みつつ、頼の頭部にかけられた拘束具を剥いでいく。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【頼】「ああ、ダメ…っ!えーきちゃんに笑われちゃう、我慢、するのよ頼…! えっ?」振り返った彼女の目が大きくみひらかれ
Wat-cGM >【頼】「ああっ!!うそ!!なんで……!!」おびえたように彼女のお顔がゆがみます、同時に…
Wat-cGM >ずしんっ!!いきなり全身が鉛のように重くなり、ずるっ!とばかりに滑った足裏、もちろんえーきさんも三角棒に跨る形になってしまう…!
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「っ!?」
W09_eiki >【影姫】急いでいたとはいえ、罠などがないことは確かに調査したはずだった。
W09_eiki >【影姫】だが、足元を掬われるということは現実にある。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >じゃぁぎりぎりでのがれられるか発見判定だよ!
W09_eiki >知力でいいですか?
Wat-cGM >2d6+知力で、難易度12をだすんだ!
W09_eiki >2d6+5 期待値
kuda-dice) W09_eiki -> 2D6+5 = [5,6]+5 = 16
Wat-cGM >しかもこっちの軍団はあいての数値をさげる
Wat-cGM >Σあっぶねー!!
Wat-cGM >命令の許可  10  不可視の茨 扱い)1シナリオに2回まで、メイデン一人のあらゆる判定の結果を-5する。
Wat-cGM >戦闘時用の兵器を1回つかわせることができた!(ゆびさし
Wat-cGM > 
Wat-cGM >【頼】「ああ……!えーきちゃん、どうして…!」ぎりぎりぎりぎりっ♪と仕掛けの動く音がして、川島さんの跨らされている部分が回転します
Wat-cGM >何の皮肉なのか、二人を向かい合わせの格好に変えて、罠はみるみる二人にかかる重力を強めていって…
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「くぅっ…」咄嗟に太ももで締め付けることで股間を打ち付けることは避けられたが、体重全てを支えることはできずにそのままズリズリと下がっていき。
W09_eiki >【影姫】ついに袴ごしとはいえ、大事な部分に細い棒が食い込んでしまった。
W09_eiki >【影姫】自らの抱える最大の弱点、その場所まで僅かな位置に。
W09_eiki >【影姫】嫌な汗が背筋を伝った……
W09_eiki >▽
Wat-cGM >では罠の不意打ちラウンドからです!
Wat-cGM >フライト持ちのえーきさんに三角棒を楽しんでもらうためにかなりイヤなしあがりになっているよ!
*Wat-cGM topic : [][][影姫(IV9)三角棒・改(TP20)][]
Wat-cGM >三角棒・改 (ルーク/耐0攻1特13) 〔Watch〕
Wat-cGM >TP20/体力・魔力/攻2d6+2/《隠蔽》《部位狙い》《開幕禁止》《飛行無効》
Wat-cGM >TPというのは罠のHPになりまする、これを「突破判定」というやつでへらしてゆくことになります
Wat-cGM >罠は基本的にイニシアチブを持っておらず、PCやモンスター達の行動がおわってから攻撃してくるのですが…
W09_eiki >今回は奇襲なので罠からですね
Wat-cGM >はい!
Wat-cGM >じゃぁまずこっちからゆきますね!
Wat-cGM > 
W09_eiki >戦闘開始したらフライトは切れてるということでよろしいでしょうか
Wat-cGM >まだ使っていない、という扱いですね!
W09_eiki >了解です
Wat-cGM >2d6+2 えいえい、おっと《部位狙い:腰》だった、書きもれだ
kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+2 = [5,3]+2 = 10
Wat-cGM >この攻撃は自動的に腰APにむかってとんでゆきますす
Wat-cGM >罠の攻撃だろうとも受動でダメージをふやすことはできるよ!
Wat-cGM >Σへらす
W09_eiki >アヴォイドしますよー
W09_eiki >MP2消費でダメージ4点減らして
Wat-cGM >そして、もし1点でもダメージが通ったらえーきさんは《開幕禁止》されてしまい罠からにげられなくなってしまいます
W09_eiki >あ
W09_eiki >ガーディアンコートある場合は
W09_eiki >どうなるんでしょうか
Wat-cGM >はい、その装備はその他APしか「使えない」ようになるものなので
Wat-cGM >腰APでダメージを「受ける」のとはかかわりないのでするす
Wat-cGM >普通は「今回の攻撃にはそのたAPを使います」とか宣言してダメージを受ける部位をPL側がきめるのですす
W09_eiki >なるほど、では腰に6点もらいました。残り6点です。
Wat-cGM >はい!では腰APにダメージを受けたことで使えるアクトがあればここで宣言してください!
W09_eiki >アクトで《特殊な性感帯(背中)》と《守るべきもの(仲間)》いいですか
Wat-cGM >はい!じゃぁアクトの描写にいくます!
Wat-cGM >
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >【頼】「ソノさんっ!!こ、この子は開放してあげて…!この子は後方支援の子なんです!」川島さんが叫びます
Wat-cGM >見れば彼女の股間に食い込む角には多量の愛液……きっと柱に媚薬成分が含まれているのでしょう
Wat-cGM >必死に這った跡は川島さんの後方に続き……回転した部分で途切れてえーきさんの腰の下に続いています
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「ん…いいえ、違いますよ頼さん。私ももういっぱしの戦士です」 ずりずりと頼に寄り添うような位置まで棒の上をまたがって進む。
W09_eiki >動くたびに服の下では秘芯が擦れ、染み出してきた媚薬が袴へと染み込んでいく。
W09_eiki >僅かに赤くなった頬を見せながら頼へと微笑みかけ、手を伸ばす。が、わずかにバランスを崩してふらつく。
Wat-cGM >【頼】「あぶないっ!」
Wat-cGM >咄嗟に頼が支えようと伸ばした手、その手には長時間柱に触れていたことにより媚薬がたっぷりと付着していた。
Wat-cGM >そしてその手は影姫の背中へ添えられる。
W09_eiki >【影姫】「あんっ!」背中に手が触れた瞬間、灼熱のような激感が肢体を駆け抜けた。
W09_eiki >焼け付くような快感自体はすぐに収まったが、体には熾き火のように疼くような感触が残った。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【ソノ】「くすくす…?嫌ですよヨリ、私は貴女達のようなヒロインを飼うためにこの力を得たのですから」通路の先に、場違いなスーツにネクタイ姿の女性が姿を現します
Wat-cGM >栗色の髪に頼さんを上回る乳肉をぶら下げたショートボブの女性。魔力を持っているのかふわりと浮き上がると頼さんと見詰め合うような形になったえーきさんの背後まで浮遊してきます
Wat-cGM >【頼】「影姫ちゃん…そうね、私間違ってた。このヒトは魔族と契約してしまったの、なんとか脱出して倒さないとね!」無理に笑顔を作る頼さんも同じような快楽を味あわされているのがその表情でわかって
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「はい、私たちをこんな罠にはめるような人が話を聞くとは思えません」
W09_eiki >【影姫】「合図をしたら、お願いします」頼の背中に捕まりながら耳元で囁くように言う。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【ソノ】「あら嫌われたものねぇ……フフ、熱い友情ってやつ?邪魔したくなっちゃうわぁ…?」楽しむように二人を見下ろす女性
Wat-cGM >影姫さんの言葉を邪魔するようにつつ……っ♪とその指先が背筋を這います【ソノ】「何かしてくれるの?くすくす♪いいわぁ……私ね、貴女達みたいな子にぶたれるのも好きよ?えい♪」ぎゅぅっ…!!お肩に両手を乗せて体重をかける
Wat-cGM >【頼】「んんんっ……!うん、ふふ、そうだね、かんばらなきゃね…!!」ずしっと沈む影姫さんの体を支えようと頼さんも力を込めて
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「んふぅっ!」背筋を撫で上げられ、全身を反り返らせてビクンビクン、と痙攣する。
W09_eiki >だが、それでも悲鳴は漏らさないようにと唇をきつく結ぶ。
W09_eiki >さらに重圧をかけられ股間の食い込みはより激しくなり、媚薬はいよいよ浸透し素肌に達そうとしていた。
W09_eiki >【影姫】「うっ…ぐぁ…!」押し付けられる其れは快感を超えて痛みの領域にまで足を踏み入れて。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【ソノ】「まぁ…!貴女達二人とも背中が弱点なのね♪ねぇ頼、貴女が教え込んだの?ホラこんなに可愛い……v」ぎゅっと抱き合って耐える二人の背筋をさわさわと撫でやりながら
Wat-cGM >【頼】「んんんんっ!!く、ん、んふぅうぅうんっ…♪」耐えるために互いの背に回した腕が逆に二人で胸を押し付けあうような卑猥な姿になってしまいます
Wat-cGM >必死に無視する二人をからかうようにその女性はさらに責めを深めて…
Wat-cGM > 
Wat-cGM >では次のターンにまいりましょう!
W09_eiki >やったー
W09_eiki >反撃ですね
Wat-cGM >はい!
Wat-cGM >罠の突破のルールはわかりますかな?
W09_eiki >対抗能力値から1つ選んで
W09_eiki >その能力値で判定するんですね
Wat-cGM >はい!能力値はうまく対応していませんが、ブラックスーツもありますから得意だと思います!
Wat-cGM >どうぞなのです!
W09_eiki >ええと魔力2点で
W09_eiki >スーツ分でダイス3つですね
Wat-cGM >はい!
W09_eiki >3D6+2
kuda-dice) W09_eiki -> 3D6+2 = [2,3,1]+2 = 8
W09_eiki >ああっなんか低い
Wat-cGM >あはw
*Wat-cGM topic : [][][影姫(IV9)三角棒・改(TP12)][]
Wat-cGM >では二人には罠の出力が少しづつ落ちてきているのがわかるよ!
Wat-cGM > 
Wat-cGM >2d6+2 さっきと同じく腰ねらい!
kuda-dice) Wat-cGM -> 2D6+2 = [2,6]+2 = 10
Wat-cGM >でも罠は無常に二人の股間をぐいぐいとえぐってくる…!!
W09_eiki >アヴォイドで4点軽減しても結局剥げますね
Wat-cGM >すてきです!
W09_eiki >腰AP0になっちゃいました
Wat-cGM >アクトあればどうぞ!
W09_eiki >《魅惑の曲線》で!
Wat-cGM >おしり!(ゆびさし
Wat-cGM >じゃぁ描写いきますね!
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >【ソノ】「ふふ、二人ともとっても可愛い♪食べちゃいたいな……♪」耐えながら必死に抱き合う二人に頬ずりし、目頭にキスし、耳を噛み……意識を逸らせてくる謎の女性
Wat-cGM >そのたびに一瞬痛みが和らぎ、次の瞬間にずん……!とより重く股間に響く苦痛と隣り合わせの甘いしびれ
Wat-cGM >【頼】「っく、む、んうぅう…!え、影姫ちゃん、抜け出したらこのヒトどうしてやろっか…♪」さわさわと這う女性の手がふたりのおしりに伸びて
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「や、やめなさっ…ひぅっ!」ちょっかいをかけてくるソノを打ち払おうと片手を伸ばすが。
W09_eiki >少しでもバランスが崩れるとたちまち股間にかかる力も変わり。
W09_eiki >【影姫】「あっ、ひっ…くぅんっ!」ついに可愛らしい悲鳴をもらしてしまった。
W09_eiki >そして同時にじっとりと染み入ってくる媚薬は、ついに袴を制圧し、下帯をも完全に湿らせついに彼女の秘唇へと牙をむこうとしていた。。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >本当に少しづつしか弱まっていかない罠の魔力、そして女性の手はますます大胆に二人を追い込んでゆきます
Wat-cGM >【頼】「ああっ、きゅぅうっ…♪だ、ダメ、えーきちゃぁん、可愛い声出したらぁ……!」そして一晩以上媚薬にさらされた目の前のヒロインもまた腰を前後に橋にすりつけはじめ
Wat-cGM >【ソノ】「うふふ……二人ともとってもヘンタイな下着ね♪こうするとまるで誘ってるみたい」二人の股間のクロッチを纏めて握ると、ぎゅぅう…っと食い込ませてその光景を堪能する、少しだけ股間の痛みが弱まって
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「はっ、あっ…いい加減にっ!」
W09_eiki >その隙を逃さず手刀を打ち込もうとする。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【ソノ】「はいっと♪」ぱっ♪と引き絞っていた手を離す、むちゅぅっ♪と聞こえたのは頼さんの股間の湿りの音なのか、それとも影姫さんのものなのか……
Wat-cGM >【頼】「んあぁあぁーーーーっ!?!?」ずしぃっ!!!!とさらに重い感覚が二人の脳天をつらぬきます、
Wat-cGM >【ソノ】「ダメでしょ…?ふふ、もしかしてえーきちゃんはヨリの可愛い声が聞きたいのかな?」直後に二人のおしりと頭をやわやわと撫でさすり、お二人を包み込むようにやさしく愛撫して
Wat-cGM >▽
W09_eiki >【影姫】「くっ……あ、あ、あ、あ……」
W09_eiki >両手を離していたところで支えを失い、一際強く棒が食い込んでしまった。
W09_eiki >迸る快感に悶え、ソノの愛撫に抗えなくなる。
W09_eiki >▽
Wat-cGM >【ソノ】「はぁい♪二人とも素直になってきましたね、じゃぁ仲良くお手手つなぎましょうか♪」
Wat-cGM >離してしまった二人の両手を勝手につかみ、勝手に恋人つなぎをさせてうれしそうにはしゃぐ
Wat-cGM >【頼】「ああ……えーき、ちゃぁ…………」きゅきゅぅ…!体を支えなければいけないのに指は絡みついてはなれず、頼さんはうるんだ目でふるふると唇を震わせて…
Wat-cGM >【頼】「今………だよっ……!!!」二人の魔力を一気に合わせ、影姫さんのクナイに光の魔力をあわせます!
Wat-cGM > 
Wat-cGM > 
Wat-cGM >じゃぁ次のターン!
Wat-cGM >やっつけちゃえ!
W09_eiki >トラップ突破ー!3D6+2
W09_eiki >3D6+2 トラップ突破ー!
kuda-dice) W09_eiki -> 3D6+2 = [1,2,2]+2 = 7
Wat-cGM >あ、3d6はせんとうにかかないとだめだ!
W09_eiki >あれっ
Wat-cGM >なん…だっ…て…!?
Wat-cGM >ちょっと残っちゃったw
W09_eiki >やっぱ最初に出目を使いすぎたようです
Wat-cGM >きっとぎりぎりでどっちかのお腰がきゅんっ♪てしてしまったにちがいない…!
Wat-cGM > じゃぁトラップが責めるよ!
Wat-cGM > 2d6+2 《部位狙い》《開幕禁止!》
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+2 = [3,5]+2 = 10
Wat-cGM > 10点!
W09-eiki > アヴォイドで4点減らしてHPに6点通ります
W09-eiki > ACTは《淫肉の真珠》《強制絶頂》
Wat-cGM > アクトいただきました!
W09-eiki > 強制絶頂の判定いきますね
W09-eiki > 2D6+5 知力で
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+5 = [2,4]+5 = 11
Wat-cGM > お
W09-eiki > 失敗してしまいました……
W09-eiki > さらに5点ダメージですね
Wat-cGM > はい!
W09-eiki > HP 12/23です
Wat-cGM > いきなりのぴんちだ…!
Wat-cGM > では描写いきましょうす!
Wat-cGM > おっと、裏で先に戦闘を締めることになったので
Wat-cGM > 次のラウンドだ!
Wat-cGM >  「
W09-eiki > あと一発なので先に戦闘を締めてしまいましょう。
Wat-cGM > やっつけちゃえ!
W09-eiki > TP残り5でしたっけ?
Wat-cGM > こくこく
W09-eiki > じゃあ全部1でも倒せますね。
Wat-cGM > ファンブルが…!(そういうルールは無い
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM > やっつけた!
W09-eiki > 3d6+2
kuda-dice > W09-eiki -> 3D6+2 = [6,3,2]+2 = 13
Wat-cGM > おお、残りの不可視の茨使ってもとめられませんね!
*Wat-cGAME Topic : [][][影姫(IV9)三角棒・改(TP12)][]
Wat-cGM > Σ
*Wat-cGAME Topic : [][][影姫(IV9)][]
Wat-cGM > やっつけた!
Wat-cGM > じゃぁ描写だよ!
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 頼さんのひかりの魔力と、えーきさんのシノビの力がクナイに集まり、強力な魔力が炸裂します、罠の間全体が振動し……
Wat-cGM > 【ソノ】「きゃ……っ!?」背後で謎の女性の悲鳴、一気に罠の力が緩んでゆき……しかし最後の魔力が解放され、揺り戻しのように重力が強まります
Wat-cGM > 三角
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「うっ!?外した」
W09-eiki > 【影姫】無理やり握らされた手。しかしその手からは暖かな力が流れ込んでいた。
W09-eiki > 【影姫】そして、一閃。罠の要へ向けて二人分の力の篭ったクナイを投げる。
W09-eiki > 【影姫】だが、リリースの瞬間、袴の帯がほどけ。思わず体をよじってしまい。
W09-eiki > 【影姫】股間から全身へと伝わった衝撃は、彼女のコントロールを大きく乱していた。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】「そ、そんなっ……!まだ強くなるなんて…!!あ、ん、くぅうぅう……っ!!!」みりみりみり……!!頼さんの羽根もきしみを上げています、影姫さんの肉突起に食い込む三角棒から染みてくる淫毒は
Wat-cGM > 焦りが生み出す汗と淫毒によってあふれる蜜に混ざり、そこから肌を通して腰全体に染み込み、強烈な魔力の炸裂で起こった振動によりさらに二人をあぶります
Wat-cGM > みるみる発情する腰がさらに淫毒を吸い上げ、それがさらに発情を深くする……【ソノ】「すごかったわ二人とも!あそこからハンゲキできるなんて…!」ソノは二人にだきついてはしゃぐように体重をかけて
Wat-cGM > 【ソノ】「」
Wat-cGM > 三角
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「いい加減に……しろ、と!」しつこくまとわりついてくるソノを逆手に握ったクナイで撃退しようとします。
W09-eiki > 【影姫】ですが、帯がほどけてしまった袴がゆるみ、そちらがチラチラと気になってしまいます。
W09-eiki > 【影姫】しかも、もはや媚毒は下着にまで完全に浸透し、彼女の秘芯を冒しはじめています。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】「うふふふふふふ……!!」しかし二人の身体から湧き上がるミアスマを吸い、発情と魔力をより濃くしてきているその女性はがっしとその腕を捕えます
Wat-cGM > 【頼】「んん……やっ!!(ぶん!)」ばしっ!ともう一人のヒロインの攻撃も防ぐ、両手の塞がったソノさんはしかし二人の腕を捕えたまま浮き上がり、その間にそっと足を………
Wat-cGM > 【頼】「や、やめなさいっ……このっ!!」向かいのヒロインが魔力をぶつけるより早く、きゅむりっ…!!二人のクリトリスごと踏みしめるようにその足を下します、すさまじい熱さが股間で炸裂し、【ソノ】「うふふふふ…?」ゆっくりとつま先をあげるにしたがって戻った血流が快感とともに淫突起の中を駆け巡る
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「……!」すかさず左手でクナイを投げようと構えるも間に合わず。
W09-eiki > 【影姫】「あっ!?ぐ……ぁぁぁぁぁああああああああああ!!!!!」全身を痙攣させ、くたりと脱力する。
W09-eiki > 【影姫】不意打ちのようにクリトリスを踏まれ、絶頂に達した。そして、そのまま血流が戻る感触で続けて2度ほど絶頂の痙攣を見せ。
W09-eiki > 【影姫】「あぅ……ひぐ、ぐ…あ…あ…」ぽろり、と落としたクナイが奈落に沈んでゆく。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】「可愛いわ、可愛いわ、二人ともとっても……!!!」そのままかがみこむと影姫さんの袴、頼さんのローブの下着を無理やりにつかみます、濃い魔力が与えた力がヒロイン達のコスチュームの魔力を打ち破り……
Wat-cGM > ぶちぶちぶちぃ……!!引き裂かれたその布地が魔力とともに霧散してゆきます、【頼】「あ、あああ…影姫ちゃんん……」【ソノ】「うふふ、素敵だわ……こんなに綺麗な魔力があって、可愛い子が一度に2人も…♪」
Wat-cGM > 二人の間でうっとりと己の幸運に酔いながら、その足指で二人のクリトリスを足コキして翻弄してゆく
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「あう、あう、あう……あああっ!…はぁ、はぁ」
W09-eiki > 【影姫】先ほどまでは積極的に抵抗していた影姫でしたが、クリトリスを愛撫され始めた途端におとなしくなって「あう、あう」と呻くことしかできなくなってしまいます。
W09-eiki > 【影姫】影姫は幼い頃からクリトリスを自分でいじってしまっていて、その結果極端に開発が進んでしまっていました。
W09-eiki > 【影姫】そんな最大の弱点を、あろうことか敵に踏みつけられ、嬲られてしまい、抵抗できなくなってしまっています。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】「あああっ!!あっ!そこはっ…ど、毒がまわってるからっ…!!ああ、だめえええっ……!!」頼さんの声までが一緒につまみあげられる影姫さんのクリにびんびんと響きます
Wat-cGM > 踏みにじられ、こね回され、互いの陰核が溶け合うほどすり合わされる……【ソノ】「うふふ、ここがスキなのねエイキさん」きゅぅっと目を細めて覗き込み、影姫さんのお顔に何度もキスを降らせます
Wat-cGM > 【ソノ】「二人のクリをリボンで繋げて、間にピンクローターを吊るして私の部屋に飾ってあげようかしら…♪」もう抵抗を奪ったと思ったのか、ソノさんは二人にアイマスクとイヤホンを嵌め、回収にかかります、淫らな言葉で妄想を刷り込み、視覚と聴覚を奪ってさらにそこに浸りこませるように…
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「ふっ、ふぅ…はっ…はぁっ…」 わずかな時間の愛撫で、既に10回に届くかというほどイカされた。
W09-eiki > 【影姫】全身がピクっピクっと痙攣し、力も入らない。
W09-eiki > 【影姫】だがそれでも…ここで自分が堕ちてしまえば二人とも…
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】「それとも陰核肥大でぷっくりと育てて、ピアスとチェーンで固定してあげましょうか?どう脱出しようとしても素敵な絶頂で何もできない…きっともっと可愛くなれますよ♪」二人のヒロインの最後の魔力に気づかず
Wat-cGM > ソノは嬉しげに語り続けています【頼】「ああ、あ、んぁああぁっ………!!!」頼さんを拘束していっているのでしょう、見えない向こうで相方の声がうわずり……
Wat-cGM > 【頼】「えーきちゃんっ……!!おねがいっ……!!」より長時間三角棒で嬲られ続けた頼さんは、より力を残しているはずの影姫さんに、最後の……自分が今行われている行為に耐えるための魔力までを移し、最後の望みを託す
Wat-cGM > ▽
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
W09-eiki > 【影姫】(頼さん!)頼から送られてくる暖かな魔力、それが一気に強くなる。
W09-eiki > 【影姫】最後の力を振り絞って自分に賭けてくれたのだと悟り、その暖かな魔力の助けも借りて全身に纏わりつく重さを吹き飛ばす。
W09-eiki > 【影姫】「…!」声を出す力さえも、投げる力に換え。
W09-eiki > 放たれたクナイはソノの首をかすめて飛び……
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】「あら♪」余裕を持ってその苦無を躱したと、二人の最後のあがきに対する勝利の微笑みを浮かべる謎の女性、しかしその苦無が吸い込まれていったのは…
Wat-cGM >      ごぉおぉん………!!!!!!!!
Wat-cGM > 大音響とともに重力装置がその出力を減らします、【ソノ】「しまった…!まだそんな力が!!っ……仕方ない子ねエイキ、もう少し弱らせる必要がありそう…♪」大きく距離を取って警戒し、ふわりと離れてゆきます
Wat-cGM > 【頼】「え…き、ちゃん……逃げ、て……」【ソノ】「ふふふ♪一生懸命這いずって、私のところまでいらっしゃい?私の部屋まで来れたらこの子は返してあげる、私の調教でもう何の魔力も無いこの子が堕ちるのと、貴女と、どっちが早いか競争しましょ♪」
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】またがった状態からくるりと半回転して一本橋の上に立ち上がります。
W09-eiki > 【影姫】着地した際に軽く疼きが走りちょっと顔を赤くしますが、気にせずクナイを構え。
W09-eiki > 【影姫】「頼さん!」とらわれた頼さんに呼びかけます。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM > ふわりと上昇して去って行った謎の女性、頼さんは自分は大丈夫とでもいうようにアイマスクのしたから壊れそうな笑みをむけることしかできませんでした
Wat-cGM > その後も延々と迷路は続きます、罠の行き止まり、釣り天井、催淫ガス……どれもこれも体力をごっそり奪われた影姫さんには応えるものばかり…焦れども焦れども距離は稼げません
Wat-cGM > 時間ばかりがかかり……しかしやがて大きな広間にたどり着きます、今までとは格段に違う、居住性を考えられた豪奢な一角
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】応援が到着するまでは短く見積もっても24時間……それまで頼を護り、あわよくば脱出無理なら時間を稼ぐ
W09-eiki > 【影姫】しかし今のボロボロの自分にどこまでできるだろうか。
W09-eiki > 【影姫】それでもやるしかない、疼く股間を意識の外へと追いやり、気合を入れなおして広間の様子を探る。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 途中でわずかな休憩さえ挟まざるを得なかった追跡行、二人が消えてからすでに7-8時間が経過しています
Wat-cGM > 広い広間は大理石と思われる重厚なつくり、床には砂利が敷き詰められています、闘技場あたりを意識しているのでしょうか
Wat-cGM > 【ソノ】『あら…♪思ったより早かったのね♪』頭上から降ってくるお声は憎らしいほど余裕を含んでいます
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】挨拶代わりに無言でクナイを投げます
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > (がきんっ!!)幻影を突き破り天井のスピーカーを貫いた苦無、言っていた通り自分の部屋とやらで待機しているのでしょう【ソノ】『もう…エイキは怒りっぽいのね♪そんな元気なまま来られたら困ってしまうわ』
Wat-cGM > 同時に正面に大きな幻影のスクリーンが浮かび上がります、視覚と聴覚を奪われ、分娩代のような椅子に拘束された頼さん
Wat-cGM > 【ソノ】『ふふ、見えてるかしら?貴女が来るまでヨリにはたぁっぷり私と遊んでもらっているの♪』全身が粘つく粘液媚薬に包まれ、肩で大きく息をしながらイヤホンから聞こえる何かに逆らおうとするように首を振る彼女
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】一刻も早く助け出そう、と気は急ぎますが。
W09-eiki > 【影姫】長年かけて訓練した習慣は忘れません。警戒しながら正面の大扉のほうへむかいます。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】『っ……?えーきちゃんっ!?えーきちゃんがそこに居るの……!?大丈夫!来なくていいからっ!!私はまだ耐えられるから…!!一人で来ちゃダメ!!誰かを…!!』
Wat-cGM > アイマスクと耳をすっぽりと包むスピーカーのせいか、少しタイミングがずれて頼さんが叫びます【ソノ】「ふふ、私ね、塾で英会話の先生をしてたの、貴女はまず学校に潜入したから私に気づくのが遅れたのね」
Wat-cGM > 【ソノ】『ソナタ=甲乃木って言うのよ、この子は塾の生徒として潜入してきたの…その時から目をつけてた、絶対貴女には返してあげないわ♪さ、最後の門番よ、この子に勝てたら私の部屋まですぐそこ、頑張ってね…♪』
Wat-cGM > ゴゴゴと正面の大扉が開き、真っ白な甲冑に身を包んだ騎馬兵がランスを構えてぬ…っ!!とばかりに登場します▽
Wat-cGM > ▽
Wat-cGM > 私、本名はソナタ~ で!
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「避けられる戦闘ならば避けるところですが……」避けては通れそうも無いですね、後半は飲み込む。
*Wat-cGAME Topic : [][甲冑(IV8)][影姫(IV9)][インプ(IV11)]
W09-eiki > 【影姫】『蜘蛛の巣』(フライト)用の糸を結んだクナイをあちこちに投擲・固定し。騎馬兵を睨むと半身に構えた。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > そしてこっそりとソノさんの手下が背後にまわりこむ、せんとう…
Wat-cGM > かいしだ!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > では最初のターン、開幕です!
Wat-cGM > こっちは不意打ち判定からいくよ!
Wat-cGM > 2d6+4 インプの不意打ち!対抗は知力だよ!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+4 = [5,4]+4 = 13
W09-eiki > こっちのハイドは……
Wat-cGM > 不意打ち合戦だ!
W09-eiki > ポテ1のっけます
Wat-cGM > ほんきだ…!
W09-eiki > 3d6+5+2 ハイドで知力ボーナス2です
kuda-dice > W09-eiki -> 3D6+5+2 = [4,1,5]+5+2 = 17
Wat-cGM > こっちの知力最高は…4か
W09-eiki > 運動4ですね
Wat-cGM > ぜったいでないな……-5して12、+4だと8以上か
Wat-cGM > まだマイナス5兵器はおんぞんしておこう!
Wat-cGM > 2d6+4
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+4 = [4,1]+4 = 9
Wat-cGM > そっちも不意打ちだ!じゃぁまず不意打ちターンからね!
Wat-cGM >  
W09-eiki > ん?
W09-eiki > 私ももう1度振るのでは?
Wat-cGM > おっと、そっちの抵抗がまだか!
Wat-cGM > ハイドがあるから抵抗にボーナスあるよ!
Wat-cGM > どうぞ!
W09-eiki > 17が対抗のつもりだったんですが
Wat-cGM > あ、そうかさっきのは対抗のほうか!
Wat-cGM > じゃぁそっちのハイドだ!どうぞ!
W09-eiki > ちょっと文脈がわかりづらかったですね
Wat-cGM > あはw
W09-eiki > 2d6+4
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+4 = [2,4]+4 = 10
Wat-cGM > ん、んんん……これなら結構でそう…!
Wat-cGM > Σおっともう振ってる
Wat-cGM > -5兵器とっておきたいが…とっておきたいが……!
Wat-cGM > 使わないとインプさんなにもせずにしんじゃう!
Wat-cGM > では1シナリオに2回使えるマイナス5兵器を使い尽くさせたよ!
Wat-cGM > お互い不意打ちなし!
W09-eiki > 【影姫】見えていますよ
Wat-cGM > [インプ]「キッ!?」【ソノ】『あら♪結構おちついているのね、残念♪』
Wat-cGM >  
Wat-cGM > では……普通のターンに戻って、まずはインプさんの番だ!
Wat-cGM > 2d6+4 魔淫の宴だ!知力判定で負けると催淫のバットステータスをうけるよ!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+4 = [3,5]+4 = 12
Wat-cGM > まずまずの出目…!
W09-eiki > ポテンシャル1込めて対抗
W09-eiki > 3d6+5
kuda-dice > W09-eiki -> 3D6+5 = [6,4,1]+5 = 16
Wat-cGM > ああー!やぶられた!
Wat-cGM > つぎはそっちのばんだ!
W09-eiki > ポテンシャルいらなかったー!
Wat-cGM > あはw
W09-eiki > ではインプに攻撃
Wat-cGM > HPは13点だよ!(ポーンとしては標準よりひくめ
W09-eiki > では鎌鼬!(デッドポイント)
W09-eiki > 2d6+6
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+6 = [3,6]+6 = 15
Wat-cGM > やっつけた!
*Wat-cGAME Topic : [][甲冑(IV8)][影姫(IV9)][]
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 2d6+12 じゃぁ甲冑さんの番だ…!無言でランスを構え、けしかけてくるよ!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+12 = [3,2]+12 = 17
Wat-cGM > 17点!
W09-eiki > ここはその他で受けておきます。貫かれたマントをひらりと脱ぎ捨てた体の下からは、先ほどの陵辱されたままの姿が見えますね。アクトなし。
W09-eiki > その他0になりました。
Wat-cGM > あと1枚!
Wat-cGM > アクトあればどうぞ!
W09-eiki > アクトなしです。
Wat-cGM > じゃぁ次のターンだ!
Wat-cGM >  
W09-eiki > あ
W09-eiki > やっぱ濡れ透けで。
Wat-cGM > お
Wat-cGM > 戴きました!
Wat-cGM > じゃぁ描写するね!
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
Wat-cGM > [インプ]「キギギー!!」インプが複雑な身振りとともに周囲を振り仰ぐと、次から次へと肌色だらけの幻影の映像が闘技場を包みます
Wat-cGM > [頼]『ふふ…♪えーきちゃん可愛いよ…?』[影姫]『や、やめてください頼さ……あぁ』
Wat-cGM > [ソノ]『あ♪ふふ、私のクリのことぎゅむぎゅむ押し返してくるわ…エイキのクリ、とっても素敵』[影姫]『はぁ、はぁあ…!!』
Wat-cGM > 周囲に次々現れる少女たちの卑猥な交わり、中央の画像の中の頼さんがそれに合わせて悶えます、彼女の今見せられているのは…![インプ]「キッ!?」ぽとり、そんな闘技場の中央で、いきなりインプの首がぽろりと落ちる
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】ふんっ、とつまらなさそうにインプの頭を視界から外すとあらためて騎馬兵のほうへと向き直り。
W09-eiki > 【影姫】「私は初心な小娘じゃないから」少し顔を曇らせ、最終的には無表情になります。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > [頼]『ソノさぁん…』[ソノ]『エイキ…♪』[影姫]『頼さん…』[頼]『ああ、えーきちゃぁん』[ソノ]『ちゅ、ヨリ…』[影姫]『ソノぉ……』周囲の映像は消えるどころかその存在感を増してゆきます、その中を騎士が真っ直ぐに突っ込んでくる
Wat-cGM > ぶちぶちっ!!と魔力線を引きちぎりながら、猛烈な突進が影姫さんと交錯します、その直後……【ソノ】「んもう、貴方もうちょっと役立ちなさいな」[インプ]「キぎゃっ!?!?」背後でインプが炸裂し
Wat-cGM > 黄色みがかった嫌な……男の精液のような臭いの液体を飛び散らかせる
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 騎馬兵の突進速度は想像していたよりも速く、マントを犠牲にすることでギリギリの回避に成功した。
W09-eiki > しかし、マントを剥がれると。まだところどころ媚薬の染みが残った上着と、下帯のみの姿が露になる。
W09-eiki > 先ほどまでは視界には入らなかったが、改めて自らが陵辱されたという姿を見せられると僅かながら動揺が走る。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > [騎士]「……………」ゆらりとそんな影姫さんを騎馬兵が見つめ、その槍の切っ先を再び影姫さんに向けて……[騎馬]「ぶるるっ!!ぶるるるるぅっ…!!」影姫さんのその姿に彼の騎獣が猛ります
Wat-cGM > 【ソノ】『まぁ♪ふふ……?途中に泉とかあったでしょう?洗えばよかったのに……もしかして影姫ちゃん、そのどろっどろの服気に入っちゃってるの?』罠の池など誰が入ろうとおもうものでしょう、それでもソニアの揶揄はしつこくまとわりつき、目の前の騎士の視線を意識させ羞恥をあおります
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】訓練を受け、耐性もあるとはいえ、陵辱された姿を二人もの相手に視姦され、わずかながらも羞恥を感じます。
W09-eiki > 【影姫】それでも気丈に「せいぜい見とれているが良い、その間に首を落とさせていただく」と、若干口調も強がるような調子で言います。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】「ふふ♪エイキ、とても綺麗……さ、そいつをやっつけなさい私の騎士、あの子を助けたいのでしょう…?」[騎士]「……………!!」騎士のあぶみが素早く馬に拍車をかけ、ががっ!と再度の突撃が開始され…
Wat-cGM > [頼]『ああ、ソノさん…私もうぅ…』[ソノ]『エイキちゃんこんなところも綺麗なのね…♪』[影姫]『頼さん…そんな、いけない…っ♪』[頼]『えーきちゃぁん、もっと、もっとしよ…?』[ソノ]『ヨリ…いい子ね』[影姫]『や、やめないか、このぉ……』淫らなBGMは騎士が近づけば再び大きくなる
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「頼さんは、返してもらう!」
W09-eiki > 【影姫】突進してくる騎士の頭上を取るように飛び上がり……
W09-eiki > ▽
Wat-cGM >  
Wat-cGM > では次のラウンドだ!
Wat-cGM > そっちがさきだよ!
Wat-cGM > おっと、開幕がさきだ!
Wat-cGM > あるかな!
W09-eiki > 『蜘蛛の巣』(フライト)使います
Wat-cGM > つかわれます!
W09-eiki > アヴォイドの回避が+2点
W09-eiki > そして再び『鎌鼬』(デッドポイント)
Wat-cGM > どぞう!
W09-eiki > 2d6+1+5 鎧の継ぎ目を狙って!
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+1+5 = [4,5]+1+5 = 15
Wat-cGM > その数値はあっているかな…?あと1点どっかから増えたりする?
W09-eiki > えーとクナイがナイフ相当で+1のデッドポイントが知力で+5
W09-eiki > koredakedesune
W09-eiki > これだけですね
Wat-cGM > じゃぁヒロインだけが持つはずの、ヒロインの肉体を守る魔力ががががりっ…!とすさまじい音をたててその苦無を防ぐよ!!APだ!全体APあと1点残った!
Wat-cGM > (頼さんはNPCヒロインデータを使用しています
Wat-cGM >  
Wat-cGM > そしてそのままハンゲキだ!
Wat-cGM > 2d6+12 どしーん!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+12 = [1,2]+12 = 15
Wat-cGM > おお…!?
W09-eiki > ではアヴォイドで6点止めて9点を胸です
Wat-cGM > あと7点も残した…!
W09-eiki > 残りHP12 胸7 腰0 他0
Wat-cGM > アクトありますか!
W09-eiki > mada
W09-eiki > まだ胸のこってるので
W09-eiki > もうちょいねばります
W09-eiki > アクトなし
Wat-cGM > わかりました!
Wat-cGM > そしてAPがほぼ消えたので、頼さんのお顔も見えてきていいよ…!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 次のラウンドだ!
Wat-cGM > 開幕ありますか!
W09-eiki > 気づいてしまったんですが
W09-eiki > トップスピードとフライトは併用できないんですね
Wat-cGM > ふふふw フライトは”戦闘終了まで”の技だから大丈夫だよ!
W09-eiki > お、では今度は早駆け(トップスピード)で。
Wat-cGM > くるといい!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > そっちのばんだ!
Wat-cGM > こっちには開幕技とかないよ!
W09-eiki > ではAP残り1らしいので通常攻撃です。
Wat-cGM > えへへw
W09-eiki > 2d6+1 「頼さん!?」と驚きながら残った鎧部分を削り取りましょう
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+1 = [6,4]+1 = 11
W09-eiki > 出目ェ
Wat-cGM > あはw じゃぁ装甲を完全にはがしたよ!頼さんは鎧の下でぎっちぎちの拘束ベルトで固定され、先端が激しく尖った鞍の上にどっぷりと愛液を染み込ませ……しかし無表情に影姫さんを狙って槍をむけてくる!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 2d6+12 ざくざく!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+12 = [4,2]+12 = 18
W09-eiki > 胸が7だから12点止める必要があるのか
Wat-cGM > なやみどころですな…!
W09-eiki > 運動が5で+2+1だから1dで4だせれば意味あるけど・・・
W09-eiki > 2d使っちゃうのは厳しいか
W09-eiki > ここは胸で受けましょう
W09-eiki > アクトは《乳辱》《過敏な突起》で
Wat-cGM > 影姫さんアビリティがインビンだから攻撃に残したいとこですものな…!
Wat-cGM > いただきました!
Wat-cGM > アクト全放出ですな…!
Wat-cGM > じゃぁちまちま描写してくよりは、まずは戦闘を解決させてから一気に行きましょう!途中で刻印入るかもですし!
Wat-cGM >  
W09-eiki > では戦闘続行で
Wat-cGM > 描写はすえおきにして、先に戦闘処理だ!次のラウンド!開幕どうぞ!
W09-eiki > 早駆けで!
Wat-cGM > いただいた!そのまま攻撃いっちゃえ!
Wat-cGM >  
W09-eiki > そして拘束ベルトを狙い『鎌鼬』
W09-eiki > 2d6+1+5
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+1+5 = [2,4]+1+5 = 12
Wat-cGM > がっちん!まだまだ耐える!無表情すぎてダメージの深さが読めない…!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 2d6+12 無情に轢き潰しにくる!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+12 = [5,3]+12 = 20
W09-eiki > クライシスアビリティ 『空蝉』(インヴィンシブル)使用で。
Wat-cGM > お、結構はやめにつかった…!まだCPはあると見た!
Wat-cGM > ふせいだ!次のターンだ!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 開幕どうぞ!
W09-eiki > 例のごとく『早駆け』『鎌鼬』
Wat-cGM > くるといい!
Wat-cGM >  
W09-eiki > 2d6+1+5
kuda-dice > W09-eiki -> 2D6+1+5 = [4,6]+1+5 = 16
Wat-cGM > その攻撃に先んじて拘束を飛ばすよ!呪いの魔方陣だ!
Wat-cGM > 達成値が4減る!
W09-eiki > nanndesuto-
W09-eiki > なんですとー
Wat-cGM > 追い詰めてきているのかもしれない…!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 2d6+12 そしてあいかわらずの無表情…!
kuda-dice > Wat-cGM -> 2D6+12 = [3,2]+12 = 17
W09-eiki > ではアヴォイドで9点止めて
W09-eiki > 8点でした
W09-eiki > 9点通しでHP残り3
Wat-cGM > おお…!!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > 次のターン!開幕のち攻撃どうぞ!
W09-eiki > 開幕『早駆け』
W09-eiki > 攻撃『鎌鼬』
Wat-cGM > 拘束で攻撃-4おわすれなく!
Wat-cGM >  
Wat-cGM > やっちゃえ!
W09-eiki > ではポテ2点使用して
W09-eiki > 4d6+1+5-2
kuda-dice > W09-eiki -> 4D6+1+5-2 = [4,3,6,4]+1+5-2 = 21
W09-eiki > あ、-4ですので19です
Wat-cGM > 19…!
Wat-cGM > GMはシナリオ中、任意のタイミングで《調教刻印》を使用することができます。
Wat-cGM >  ・次の判定あるいは直前の判定に-8程度のペナルティを与える
Wat-cGM > ペナルティが2点足りない…!!
Wat-cGM > きみのかちだ!
W09-eiki > cp1点もらえるんでしたっけ
Wat-cGM > あげます!
W09-eiki > 調教刻印もらっときます。
W09-eiki > 抵抗はしません
Wat-cGM > かわりに託卵あげますね(戦闘終了時にhp-3d6)
Wat-cGM > 抵抗するかね!
W09-eiki > あ、託卵か
W09-eiki > CP残りは4
W09-eiki > そのダメージにはインヴィンシブル使えましたっけ?
Wat-cGM > 3d6 つまり…えいえい
kuda-dice > Wat-cGM -> 3D6 = [1,4,5] = 10
Wat-cGM > つかうがいい!
W09-eiki > では託卵はインヴィンで回避します
Wat-cGM > きみのかちだ……このまま勝利か、さらに踏み込んでいって負けか、どっちを選んでもいい!!
Wat-cGM > それを決めたら描写にいきましょうす!
W09-eiki > 頼さんはどうなりますか?
Wat-cGM > そのへんは裏できめましょうす!
Wat-cGM > じゃぁ連れ帰る方向できまったよ!(裏で
Wat-cGM > では巻き戻して、過敏な突起と乳辱、それから調教刻印だね!
Wat-cGM >  
Wat-cGM >  
W09-eiki > ですです。あと余裕があれば戦闘描写(私が好きなだけ
Wat-cGM > 【頼】「……………影姫ちゃん……必ずたすける……からね………」【ソノ】『ふふふ♪ふふふ……!♪!』突撃で駆け抜け、ゆっくりと振り返った頼さんがつぶやきます
Wat-cGM > 周囲の光景に全く焦点を合わせない瞳、いつまでも止まない周囲の幻影の声、魔族の魔力に操られるまま再び頼さんが拍車をかけ、すさまじい突撃が影姫さんをおそいます
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「くあっ!?」丁度足場から着地した隙をつかれ、避け切れない。そう咄嗟に判断し身を屈め……
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > がちぃぃっ!!とんでもない威力の突撃、一瞬で魔力を纏った帷子だけ残して上半身の装束が吹き飛びます、仰向けに倒れた影姫さんをそのまま馬蹄が襲い……防御だけでみるみる魔力を消費させられてゆく
Wat-cGM > 【頼】「………………………」ががっ……反応の鈍くなった影姫さんに残る力を確かめるように馬を寄せてくる頼さん
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】転がった状態から起き上がりざまにクナイを放つ。まだ、闘志は失われていない。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > どつどつと魔力の防備に苦無が突き立ちます、ローブ下に着ていたレオタードが魔力とともに霧散し、相方のヒロインの衣装を穴だらけの卑猥なものに変えてゆく……それは影姫さんの側も同じで
Wat-cGM > 無造作に空中を掴んだ頼さんの手が、影姫さんの張った魔力線を引きむしり、それを利用して帷子の下で汗に濡れる影姫さんの双乳ごとその両腕を縛り上げ、有無を言わせぬ勢いで馬上に引き上げる
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「うあっ…」まさか、自らの糸を掴まれるとは思ってもいなかったので対応が遅れ、馬上に引き上げられてしまう。
W09-eiki > 【影姫】しかし、同時に頼さんに近づくことが出来た。
W09-eiki > 【影姫】「頼さん、しっかりしてください!私です!」
W09-eiki > 【影姫】糸の強度を下げることも忘れ、顔を息がかかるほどに近づけ、叫ぶ。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】「………影姫……ちゃん?」ぼんやりと焦点の合わない視線、【ソノ】『そうよ?さ、一緒のお馬さんね♪さ、周りの皆にも二人がどんなに綺麗か見せてあげて?ヨリ♪』そこに再び声がかかります
Wat-cGM > 【ソノ】『影姫ちゃんを助けるんでしょ…?』【頼】「はい……御主人様……影姫ちゃん、すぐ助けてあげる…」きゅきゅっ!!素早く動いた手が影姫さんの姿勢を正面向きにし、影姫さんのクリと、馬の鞍の先頭を糸で結びつけて三角鞍を跨ぐ格好で拘束してしまう
Wat-cGM > ぎちぎちに縛り上げられた鎖かたびらの胸を突出し、背後から同僚に乳をやわやわとマッサージされながら馬上から周囲を見下ろす格好……いつの間にか周囲の幻影はソニアの配下か、奴隷と思われる女性達のものと変わっていて
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「うやぁっ!?クリは駄っ……ひぅぅぅうううううっ!!」クリに糸を結ばれた瞬間、全身が硬直してしまう。
W09-eiki > 【影姫】さらに、馬が動くたびにガクガクと上下に揺さぶられる。糸に引っ張られることを恐れるあまり、秘所を鞍にこすり付けてしまう。
W09-eiki > 【影姫】「だめっ、です!う…あ、あん!?頼さん、これ、ほどいてくださいっ」
W09-eiki > 【影姫】そこでようやく糸の強度を下げることに思い当たる。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】「これから、私たちはご主人様に、私たちの身体を全て捧げるんだよ…?」聞こえていないのか、胸をねっとりと揉みながら熱く囁くように続ける頼さん「まずはココ……二人とも、とっても好きな場所……」
Wat-cGM > クリトリスに張られた糸が、頼さんの身体を通して贈られたソニアさんの魔力により、ソニアさんの黒いスーツと同じ色のリボンへと変じて綺麗に肉豆を飾りたてる、目の前の主人に捧げるように突き出し飾りたてられた腰の弱点を
Wat-cGM > ソニアさんの欲望に満ちた視線がじりじりと焼き焦がします、【頼】「次はここ…、キスはとても大事なものだものね」ハァハァと息を荒げる唇がつつぅ…っと背後の少女の指で撫で上げられる
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】クリトリスを縛る糸の強度を下げ、切ろうと腰を動かそうとした瞬間だった。
W09-eiki > 【影姫】突如として糸が黒いリボン状へと変化し
W09-eiki > 【影姫】さらにしつこく絡み付いてきた。しかし、それに気づかず、腰を引いてしまい。
W09-eiki > 【影姫】「………………あきゅっ?」頭の中全てが真っ白に吹き飛んだ。先ほどからもまれ続ける胸も、くりくり、と優しく転がされている乳首も。
W09-eiki > 【影姫】そのまますぅっと意識が高みへ上っていき、漂白された意識の中で頼の指が唇をなでるのを感じた。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】『ヨリ、見逃してはダメ、エイキの乳首がとても褒めてもらいたがっていますよ?』【頼】「ああ……えーきちゃぁん…………はむぅ……」唇を意識させ、つつりと首筋を自らの唇でなぞる背後の少女
Wat-cGM > 指先が二人を見下ろす幻影の主人の指示に従って影姫さんの胸の先端を捕え、なぞります、その指先の跡を追うように影姫さん自らの魔力線が伸び、リボンに帰られて淫らに、可憐に飾ってゆきます
Wat-cGM > キツい痛みが走るほどきゅぅきゅぅに縛り上げられた乳首がぎりっと強くつまみあげられ、その直後にやわやわとマッサージされ…手の届くほど目の前で嬲られる二つの肉豆を防ごうとしても縛り上げられた腕はびくとも動かず
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「……ぅ、あ?」 乳首から走るきゅぅ、きゅぅという強い刺激に意識が揺り戻される
W09-eiki > 【影姫】「あ!?や!?この!」 クリを縛られてしまったときから飛んでいた意識がようやく戻り、現状を認識する。
W09-eiki > 【影姫】両手は上でまとめて縛り上げられ、両乳首はリボンに飾られ、くりくりと嬲られており、陰核は複雑な結び方をしたリボンで飾られ鞍に結び付けられている。
W09-eiki > そして背後に位置どった頼が、ソノの命ずるままに身体を嬲っている。
W09-eiki > 【影姫】自分のものだったはずの糸はいくら念じても言うことを聞かない。
W09-eiki > 【影姫】焦るあまりに、思わず体をゆすってしまう。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【ソノ】『ふふふ…!ふふふ…!!ふふふふふ………!!!』[おんなのひと達]「可愛い…!」「綺麗…!!」「二人とも、とっても素敵……!!!」どこを見ても向けられる視線は獲物を狙う視線
Wat-cGM > 【頼】「えーきちゃぁん……えーきちゃぁんん………」影姫さんが乱れるほどに頼さんの無表情がとろけてゆき、熱い吐息が首筋にかかります、ちゅ、ちゅ、と背後から降るキス、意識が背中にそれれば今度は背後から伸びる右の手指が唇をなぞりあげてその中の舌をこねくり
Wat-cGM > そこに意識が向けば左の指が乳首をぎゅぅう……と危険な甘さでねじり潰す…!!そしてその合間を占めるのは三角鞍からの焼けるような甘い痛み、脱出しなければという焦燥感までが影姫さんを快楽で攻め立てます【ソノ】『じゃ…そろそろ二人を私のものにする魔法、かけてあげよっかな…♪』
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「頼っ…さん!…頼さん!んあっ、あぷ、ふ、あ…あっひぃぃぃん!?」
W09-eiki > 喋ろうとするたびに舌をぐいぐいと愛撫され、それが収まったかと思うと乳首をこねくりまわされ。
W09-eiki > 【影姫】常時腰からは許容量を超えた快感が流し込まれている
W09-eiki > 【影姫】それでも、それでもここから脱出するには頼に正気を取り戻してもらうしかない。
W09-eiki > 【影姫】そして、影姫は首だけでふりむくと。一か八か、頼の唇に自らの唇を押し当て。
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】「っ……? ん………ふ……」一瞬びくっと震えた頼さんの身体、背後からの胸先と腰先へのいたずらを止めぬままにそっと影姫さんを抱き留め、うっすらと瞼を落として…【ソノ】『(にっこり)二人とも……?さぁ、私の魔力、受け入れなさい……♪』
Wat-cGM > 壁に撃ちこまれた苦無を支えに周囲から伸びる魔力線をさかのぼった黒い炎が、線をリボンに変えながら一気に二人に迫ります、【頼】「んんっ……!?ん、んふん……♪んん………」
Wat-cGM > びくびくと震える二人の身体を縛る線が、ベルトがリボンに変わってゆく、そしてその炎が二人の腰の一点、陰核に燃え移ると、すさまじい熱が子宮の奥に沸き起こり、猛烈な勢いで二人の魔力を吸い上げ、食いつぶしはじめます
Wat-cGM > ▽
W09-eiki > 【影姫】「頼さんっ……くっ、あっ、あああああああああっ!!!」 子宮と陰核、その二点から身体がはじけそうなほどの絶頂感が走り抜けます。
W09-eiki > 【影姫】しかも子宮からは、制御を失った魔力があふれ出しています。
W09-eiki > 【影姫】「んんぁっ…!くぁっ…!いくっ…!だめ、まだいくっ…!もう止まっ…!……っ!………っ!」
W09-eiki > 【影姫】全身から絶頂の感覚が溢れてしまっています。絶えられずに身体を動かすと、ヴァギナに食い込む鞍や、陰核・乳首に結ばれたリボンからさらに強烈な感覚が送られてきて……
W09-eiki > ▽
Wat-cGM > 【頼】「はぁっ……はぁああ…魔力すごいぃ…!気持ちいいですご主人さまぁ…!!聞きたいよぉ、えーきちゃんの可愛い声、もっと聞きたいよぉ……!」背後からのキスは狂ったように甘さと熱さを増してゆきます
Wat-cGM > すさまじい勢いで子宮の闇でできた卵が二人の魔力を吸い上げ封印してゆく、漏れ出た魔力はミアスマとなって周囲を淫猥な雰囲気で染め抜き、砕けたはずの鎧はそれを吸うと浮き上がり、絡み合うヒロイン二人にそのまま取りつき、閉じ込めてゆく
Wat-cGM > 【ソノ】『その卵は貴女達の光の力を吸い取って大きくなり、最後に産まれる時にそれを全部引きずり出して出ていくの……ふふ♪そうなったら貴女達はもうからっぽ♪私の炎で中を埋め尽くしてあげる…♪』みるみる成長してゆく卵がその言葉をひどく強い現実感とともにうけいれさせてゆき
Wat-cCC > 先ほどまで頼さんの身を包んでいた鎧、それがソニアさんの魔力を受け、形を変えながら二人をつつみます、全身鎧が前後に二つ絡み合ったような奇妙なそれは二人のヒロインをひとまとめに拘束し、その重量でさらなるヒロイン達の鳴き声を絞り出す
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】魔力もほとんど尽きた状態で拘束されてしまい、もはや抜け出すことは不可能かとも思えます。ですが、まだ諦めません。
W09_eiki > 【影姫】唯一自由になる首を動かし、再び頼さんに口付けをして最後に残った僅かな魔力を送り込みます。今度は私が頼さんを助ける番です。
W09_eiki > ▽
W09_eiki > 【影姫】「お願いです、目を覚ましてください」
Wat-cCC > 【頼】「んちゅ……ん、ふぁあ…♪はむぅ……」ぎゅぎゅぎゅ……!卵と三角鞍とリボンにどんどん魔力を削られる二人、いくら魔力を送っても底のないバケツに水をくんでいるようなもの…!
Wat-cCC > サキュバスにキスをしてしまったかのように魔力は頼さんにすいあげられていきます【ソノ】『ふふふ、二人とも可愛いわ、私の部屋で愛し合いましょう…v』
Wat-cCC > 声が聞こえた途端、影姫さんの身体が勝手に手綱を操り、馬が歩き始めます、【頼】「んんっ……ふぁあ…♪影姫ちゃぁん…これで、ずっと一緒だね…」鎧の中では頼さんの手が影姫さんの肌を這い回り
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】ついに魔力が尽きてしまった。もはや抵抗する力は残っていない。言われるがままに馬を進ませてしまう。
W09_eiki > 【影姫】「ふあっ、あっ、……あそこに、食い込んで。くうんっ…」 馬が揺れるたびに、鞍のとがった部分が秘芯に食い込み、さらに性感帯として覚醒しつつある背中には頼の挿入が押し付けられ。
W09_eiki > 【影姫】自由な頼の両手は前面に回りこみ、敏感な乳首やクリトリスをちょん、ちょん、とつつきまわし。
W09_eiki > 【影姫】「はっ、あっ……やめっ!?だ…あ…あひ……ぁぁぁ……ひん……ひん……あ…イくぅっ!!!」 少しきつめにクリをしごかれた途端、イッてしまう。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 馬が歩きだせばしゅるしゅると二人の胸先、双胸、クリトリスにきつく縛られたリボンが壁に刺さった苦無に引っ張られてほどけてゆきます、しゅるしゅるという音とともに柔らかく肌を愛撫して流れてゆくリボン
Wat-cCC > なのにいくらほどけていってもきつい結び目は解放されません…いくらでも伸びるリボンは二人の魔力である魔力糸とドレスの編み糸なのですから
Wat-cCC > 魔力の底の底まで絞り出そうという行進の中、二人の発情の匂りで包まれ黒いリボンを引いて進む鎧の中で、影姫さんはお背中を頼さんの胸とおなかでぬちゅぬちゅとマッサージされ、あんこくの卵に子宮の奥を焼き焦がされながら…
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】いつしか頼の手は敏感な部分をつつきまわすのをやめ、お腹を優しくさする動きへと変わっていた。
W09_eiki > 【影姫】頼の触れている部分から全身へと頼の優しさの源ともいえるような暖かいものが流れ込んでくるのを感じる。
W09_eiki > 【影姫】未だに、クリトリスと乳首はリボンに擦られ続け、絶頂とともに子宮の卵へと体に残ったすずめの涙ほどの魔力を送り続けている。
W09_eiki > 【影姫】だが、不思議と疲労感や絶望感は湧き上がってこなかった。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【ソノ】「ふふふ!いらっしゃい二人とも…♪」延々と下りを歩いた末にようやくたどり着いた広間の向こうにはソノさんのお部屋の扉、その奥から声がかかります
Wat-cCC > ずくんずくんと疼く卵は内側から二人を責め苛み、産み落とした時の解放感を想像させずにおきません、【頼】「ああっ…あああ…えーきちゃん、えーきちゃん、もうすぐだよもうすぐ私達、私達……!」
Wat-cCC > 二人を互いの臭いで包んでいた鎧がからんがらんと落ちて行って、魔力が足りずに次々リボンがほどけてゆきます、最後のリボンまでもがほどけて…【頼】「えーきちゃん…二人でご主人様のモノになったら、そしたらぁ…」
Wat-cCC >       ソニアさんが自信たっぷりに見守る中、お部屋まであと数歩【頼】「クロちゃん、って呼んでもいい……?」いたずら気に笑っていて
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】「はい、頼さん」 微笑み返して頼さんと手をつなぎます。片手ですが、恋人つなぎで。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【ソノ】「さ、最後の一押しに私の魔力をあげる、さぁ自分の魔力全部産み落として、私のものになりにいらっしゃい…!!」しゅばー!!!ソニアさんの魔力が走ります
Wat-cCC > 【頼】「だめです!」ばしー!!影姫さんとソノさんのお二人の言葉にいっぺんにお返事が返ります「そこではい、って答えるえーきちゃんは敵に操られてるえーきちゃんだよっ!!」ソナタさんの魔力が防がれて
Wat-cCC > 【頼】「どうせ自分の部屋にはエレベーターとか用意してあるはずっ!!!」どかかっ!!とそのまま馬で乱入すると、ソナタさんを蹴散らしてエレベーターに突進します、ぎゅぅうっ…!と影姫さんを抱きしめる腕には力がかえってきていた
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】「冗談ですよ。それより、卵に吸収された私の魔力を頼さんに渡すので、頼さんの魔力を私にください。そうすればほとんどロスはなく取り戻せるはずです」
W09_eiki > 【影姫】エレベーターに突入するや否や、先ほどまで絶頂・痙攣していたとは思えない動きで天井を蹴破り。
W09_eiki > 【影姫】「私を抱いて、飛べますか?」 手を離さぬまま頼を引き上げる。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【頼】「えーきちゃんをクロちゃんって呼ぶのは二人があんなやつのモノになってからじゃないものね♪」にっこり!背後でうぬぬ…!とか言いながらソナタさんが起き上がります
Wat-cCC > 【頼】「ありがとうえーきちゃん、最後のキスのおかげで意識がもどったよ♪うふふふ………!♪卵からって…どこにキスしちゃえばいいのかな…?」ぐいっと影姫さんを後ろ向きにすると
Wat-cCC > そのまま馬の首の上に寝かせます、子宮の中から煌々とお腹を明るく輝かせる卵、影姫さんの抵抗を防ぐように恋人繋ぎのままの手をきゅっと握り、その上に熱い熱いキスを降らせて
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】「あうううううぅぅぅぅぅっッッッ!!!!」 腹部…子宮の真上に頼の唇が触れた瞬間、全ての魔力が頼へと吸い込まれていく。
W09_eiki > 【影姫】激しい絶頂に体をくねらせ、しかしすぐに起き上がると。「さあ、早く飛んでください!一気に脱出しますよ!」
W09_eiki > 【影姫】ソナタは既に起き上がり、追いかけてこようとしている。ゆっくりと頼の魔力を受け取っている余裕はない。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【ソノ】「ううう……っ!!死んだフリだったのねっ!!まちなさいっ!!」なんとか立ち上がったソナタさん、テーブルけっ飛ばしてどかすと怖いお顔で追ってきます
Wat-cCC > 【頼】「ああもう、えーきちゃんに素敵プレイスへのキスもらえるはずだったのに……うんっ!つかまって!!」ばさぁっ!!二人分の体重をものともせずに羽根がはばたきエレベーターシャフトをいっきに登ります
Wat-cCC > 姫抱きの影姫さんをかかえたまま、下からの炎をかわしながら飛ぶ頼さん、あわわ!?とか時々言いながら距離を稼ごうと翼に力をこめて
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】「く、追ってきますか。頼さん、私も魔力を使いたいのですが……耐えられますか?」 受け渡しの際の快感に……と目で確認します。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【頼】「うふふ、気持ちよくておっこちちゃうかも♪」嬉しそうなお返事、【ソノ】「この……!まちなさい!!!!!」どんどんソナタさんは迫ってきて
Wat-cCC > 【頼】「じゃぁおねがい、えーきちゃん♪」近くで爆発した炎の熱風に乗って一瞬二人の重力が相殺されて
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】ちゅっ、と軽く唇を触れ合わせ。左手を頼のおなか…やはり子宮の真上に当て。「ちゅ、ちゅぷ、れる…ん、いきますよ、ぷぁ、頼さ…ちゅむ…ん」……一気に魔力を吸い上げます。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【頼】「んんんんんんんんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ♪♪♪」頼さんのお腰に溜まっていた魔力がキスを通して暖かく流れ込んできます
Wat-cCC > 【ソノ】「あっ!その魔力私が食べようと思っていた……!!あ、やめなさい駄目!それわたしのでしょうっ……!!」ものすごい火が襲ってきて
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】火は頼さんがかわしてくれます。今の私がするべきは……
W09_eiki > 【影姫】残っているクナイは14本、全てを取り出し、今戻ってきたばかりの魔力を限界まで籠め。
W09_eiki > 【影姫】「はあああああああっ!!!」全力で壁に向かって投擲する。
W09_eiki > 【影姫】そして、クナイ同士をつなぐ魔力糸はまるで蜘蛛の巣のような、強大な網を展開する。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【頼】「あつつつっ!?」くるくるー!と旋回し、炎をやりすごす頼さん、その影を利用して巨大な網を張る影姫さん
Wat-cCC > 【ソノ】「あっ……!!!」ご自分の炎で目をくらませてしまっていたソナタさんはかわしきることもできず……
Wat-cCC > 【ソノ】『ふたりとも私のヒロインでしょぅっ!!ドロボー!!返しなさいいいいいいいーーーーーっ!!!』ソナタさんの癇癪声がエレベーターシャフトに響き渡って
Wat-cCC > ▽
W09_eiki > 【影姫】見る見るうちに、小さくなっていくソナタの姿。そしてそれが完全に見えなくなった頃。
W09_eiki > ぽす、と頭を頼の豊かな胸にうずめ。「心配しました…」と、小さな声で呟く。
W09_eiki > ▽
Wat-cCC > 【ソノ】「うん、ごめんね、もう勝手にいなくなったりしないよ……
Wat-cCC >         クロちゃんって呼ばせてくれたら」きりっ
Wat-cCC >  
Wat-cCC >  
Wat-cCC >  
Wat-cCC > こうして影姫さんの初出動は、なんとか成功裏におわることができたのでした
Wat-cCC >  
W09_eiki > 【影姫】「もう、あなたって人は……はぁ、二人きりの時、だけですよ……?」
Wat-cCC >  
Wat-cCC >  
Wat-cCC > くらくら!   -影姫さんのはじめのいっぽ-
Wat-cCC >  
Wat-cCC >  
Wat-cCC > おわりだよ!
Wat-cCC > おつかれさまでした!
W09_eiki > お疲れ様でした!