REXX > 関数・サブルーチン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関数とサブルーチンの違いは、結果を呼び出し元に返すかどうかだけ。
関数 返す
サブルーチン 返さない

関数
J=FUNC(2) /* 関数っぽく呼び出せる
SAY J     /* 4
EXIT

FUNC: PROCEDURE
 ARG N
 RETURN N*N


変数のスコープ

関数・サブルーチンの中では、変数スコープは完全に独立している。
(逆に言えば、呼び出し元と同じ変数を使用しても影響を与えない)

引数は、値渡し、参照渡しいずれも可能。

値渡し

  • 基本は値渡し
  • 配列を渡すことはできない
I=10
CALL SUB I
SAY I    /* 10
EXIT

SUB: PROCEDURE
 ARG I
 SAY I   /* 10
 I=50    /* Iを変更
 SAY I   /* 50
 RETURN

参照渡し

  • 配列を渡すことも可能
  • 参照渡しをする変数名が固定されてしまうので、サブルーチンの可搬性が低下し、美しくない
I=10
ARRAY.=0
CALL SUB
SAY I          /* 50   10 ではない
SAY ARRAY.2    /* 100   0 ではない
EXIT

SUB: PROCEDURE EXPOSE I ARRAY.    /* I と ARRAY. を参照渡しとする(名前はここで決まってしまう)
 SAY I   /* 10
 I=50    /* Iを変更
 SAY I   /* 50

 ARRAY.2=100
 RETURN

参照渡しをする変数名を、実行時に指定するようにすることも可能ではある。
この例では、参照渡しする変数の名前を REFERENCE という変数が示す。
でも REFERENCE という名前は、サブルーチンで固定されてしまうので、結局可搬性はあんまりよくない。
I=100
REFERENCE='I'
CALL SUB
SAY I    /* 500

K=200
REFERENCE='K'
CALL SUB
SAY K    /* 500
EXIT

SUB: PROCEDURE (REFERENCE) /* 参照渡しする変数名を示す変数は REFERENCE という名前にすると決める
 REF=WORD(REFERENCE,1)    /* REFERENCE の最初のワードが、参照渡しされた変数名
 SAY VALUE(REF)           /* 最初の呼び出しでは 100、2番目では 200
 VALUE(REF,500)
 RETURN