しばた

えみに粘着する服のバイヤー
35歳にしてうんこ好き
えみとの面識は渋谷でナンパされた1度きり
うんこを食う事が出来る
どんな突飛な話しでも会話を成立できる能力を持っている。

上記の画像?そんなものはない。



概要
初めて会った際、えみが社交辞令で「今度お仕事みてみたい」と言った事が発端。
そして真に受けた彼は、早速えみにアプローチするも
えみが仕事が忙しく会えないという理由で断ると、
「俺もそんなにヒマじゃない」「二度とこういう事はやめてくれ」という逆ギレをみせた。
また、えみからは一度もコンタクトを取った事が無いにもかかわらず
「俺と会う気がないなら、もう連絡して来るな」という捨て台詞を吐く。

だが、ヒマじゃない割に頻繁に電話を掛けて来る。
折り返しの電話が高速。

えみを含め、しばたを取り巻く全ての人はネタと捉えているが、
何故か会話が成立してしまう。

だんだんマジでえみに惚れだしてきた。

名言
「俺と真剣に会う気あるの?」

口癖
「えっ?」
「いいよ!」
「画像送ってよ」
「待ってるから」


ステカム時に掛かってきた電話では
リスナーのログを台詞にしキチガイ対応。

「しばたは、あたしの事どうしたいの?」
「しばたは本気なの?」→「本気に決まってるだろ!」→「だが断る」
いばちん!」※電話中に入退室を繰り返していた為
「インテルはいってる」
「嫌でござる」
「しばた、あたし濡れてきちゃった」
「明日来てくれる?」→「どこに?」→「アナル!」
「アナル前でアルタ出して待ってて!!」

だが、しばたは気付かない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。