※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「迷宮3」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

迷宮3」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ***迷宮B
 ||?|
 
 (ブースター博士が落下していくのが見えた)
 
 
 &font(red,u){※[[トゥルーエンドを目指す場合はコチラ。>迷宮+a]]}
 ----
 
 |ブースター|「うぅ…|
 ||おお!|
 ||なぜここに?!|
 ||・・・。|
 ||そうか君もミザリーに…|
 ||ふはは…|
 ||これは不幸中の幸いだな。|
 ||実はな。|
 ||この島はある生命体の力で|
 ||空中に浮かんでいるんだが、|
 ||その生命体の居場所が、|
 ||ついさっき判ったんだ。|
 
 |ブースター|この迷宮さ。|
 ||この迷宮のどこかに|
 ||その生命体はいる。|
 ||それさえ破壊すれば、|
 ||この島の機能は停止する。|
 
 |ブースター|フフフ…|
 ||今ごろドクターは|
 ||大あわてだな。|
 ||この島の心臓部に、|
 ||君を送ったんだ。|
 ||これを持っていけ。|
 
 ブースターv0.8 をもらった。
 
 |ブースター|これは空を飛ぶ機械だ。|
 ||空中でジャンプキーを押すと|
 ||ホバリングできる。|
 ||アイテム画面で使えば、|
 ||装備されるぞ。|
 
 |ブースター|ふう…|
 ||とばされた時は、|
 ||しまったと思ったよ。|
 ||だが、そのおかげで|
 ||君に会えるとはな。|
 ||どうやらこれで|
 ||運を使い果たしたようだ。|
 ||健闘を祈る…|
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【迷宮B】}
 →ブースター
 |ブースター|健闘を祈…|
 #endregion
 
 
 (ブースターは消えてしまった)
 
 
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【迷宮B】}
 →(転送装置)
 ||電源が壊れている。|
 ||ある程度の技術者なら|
 ||これを修理できる気がする…|
 #endregion
 
 
 ***大石の塞ぐ所
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【大石の塞ぐ所】}
 →(大石)
 ||大きくて重たい石だ。|
 ||裏側から風が流れてくる。|
 ||しかし一人では動かせそうに無い。|
 #endregion
 
 
 |カーリー|来たねー。|
 ||待ってたよ。|
 ||この石をどけたら、|
 ||出口へ行けるわ。|
 ||だけど…|
 ||うわさじゃ、この先は|
 ||魔物の巣窟らしいの。|
 ||その辺は覚悟してね。|
 ||んじゃ、|
 ||この石どかしましょ。|
 ||そっちを持って。|
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【大石の塞ぐ所】}
 →カーリー
 |カーリー|どうしたの?|
 ||もしかして怖くなった?|
 ||そんなワケないよねぇ。|
 ||さあ、そっちを持って。|
 #endregion
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【大石の塞ぐ所】}
 →カーリー
 (岩の端以外を持とうとする)
 |カーリー|もっとはしの方|
 ||持ってくんないかなぁ。|
 #endregion
 
 
 |カーリー|そんじゃ、いくわよ。|
 ||んー!|
 
 |カーリー|・・・。|
 ||全然動かないわね。|
 ||二人じゃ無理かな…|
 
 |バルログ|「ヘーイ!|
 
 (バルログが現れた)
 
 |カーリー|オマエは!!|
 |バルログ|フフフ!|
 ||やっぱり生きてたね!|
 ||しかも、この迷宮から|
 ||出ようとしてる!|
 ||おとなしくしてれば|
 ||いいのにさ!|
 ||君らも僕と同じく|
 ||主人に逆らえないのね。|
 ||ようし!|
 ||僕が止めてあげよう!|
 ||ここで仲良く鉄クズに|
 ||なるんだ!!|
 |カーリー|丁度よかったわ!|
 ||アンタ真ん中持ちなさい。|
 
 (バルログは主人公とカーリーの間に収まって岩に近づいた)
 
 |カーリー|せーのっ!|
 |バルログ|聞いてんのかー!!|
 
 (バルログが襲ってきた)
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【大石の塞ぐ所】}
 →カーリー
 気を失っている。
 #endregion
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【大石の塞ぐ所】}
 →(扉)
 ||開かない!|
 #endregion
 
 
 バルログに勝利した!
 
 |バルログ|ボクの負けだ…|
 ||石をどかすよ。|
 ||そのかわり…|
 ||手伝ったことは、|
 ||内緒だからね。|
 |カーリー|まかしといてよ。|
 
 |カーリー|そんじゃ、いくわよ。|
 |バルログ|ダァーッ!!!|
 
 (3人の力で大石を退けた)
 
 |バルログ|いいか。|
 ||君らを手伝ったのは|
 ||内緒だからね。|
 |カーリー|うん!|
 
 (バルログは飛び去った)
 
 |カーリー|本当はイイやつなのかもね。|
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【大石の塞ぐ所】}
 →カーリー
 |カーリー|さぁ!|
 ||いざ魔物の巣窟へ!!|
+#endregion
+
+#region(close,寄り道する)
+&bold(){【大石の塞ぐ所】}
+→(宝箱)
+(ミサイル未所持状態で宝箱を開ける)
+||呪いが掛かっていて開かない…|
 #endregion
 
 
 ***迷宮M
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【迷宮M】}
 →(スイッチ)
 ||ボタンがある。|
 ||押した。|
 
 ||open...|
 #endregion
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【迷宮の店】}
 →(ガウディ)
 (転送装置起動後にセリフが変化)
 |ガウディ|「転送装置が動き出した。|
 ||どうせ行き先は迷宮の中なんだろ?|
 #endregion
 
 
 ***暗い所
 |カーリー|まだ迷宮の中かしら…|
 
 (カーリーは通れそうな入り口を見つけた)
 
 |カーリー|ここは通れないわね。|
 ||前に進むしかないわ。|
 
 #region(close,寄り道する)
 &bold(){【暗い所】}
 →(入り口のような場所)
 ||奥から水の流れる音が聞こえる。|
 ||檻が無ければ通れそうだ。|
 #endregion
 
 
 [[コアへ>コア]]