エンディング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バルコニー

(ヘリコプターが動き出す)

「動いた!

伊藤 燃料も十分だし、
いつでも出発できる。
はは…
まさか地上に帰れるとは
思ってなかったな。
百鈴 あの子たち無事かしら…

伊藤 地震…?
百鈴 まさか、コアを…


黒い広間

スー 大変…
島が崩壊し始めたわ!
このままじゃ
ここが崩れるのも
時間の問題よ!
とにかく脱出しなくちゃ!


王の食卓


   ↓

王の玉座


   ↓

バルコニー

スー こっちよ!
全力で走らないと
潰されちゃうわよ!!

(上から落石がどんどん降ってくる)
(主人公はバルコニーの端まで走った)

スー 残念だけど行き止まりよ。
飛び降りるしかないわ。
石の下敷きは
イヤだもんね。

スー い~い?
できるだけ遠くへ跳んで!

(スーはバルコニーから飛び降り、主人公も続けてバルコニーから飛び降りた)



(空中でヘリコプターが待機している)

百鈴 島が落下する…

伊藤 これ以上は危険だ。
とにかく離脱しよう!



(主人公はどんどん落下していく)

カズマがキャッチした!

カズマ ふぅ…
まさか本当にやるとは
思ってなかったよ。
コアを破壊するなんてね。
まあ、これで第2、第3の
ドクターはないだろうな。
平和は守られたわけだ。
それでは帰りま~す。





(※リトルおやじを所持したまま家に帰さないで島から離脱すると、次のセリフが現れます)

リトルおやじ 「…何か忘れてないか?
ED_little.png
※画像クリックで拡大します。