小説_魔王の世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

央国歴500年

いくつかの国々に、大勢の人が暮らす、名も無き大陸。
この大陸は、増加の一途をたどる人食いの魔物達と、それを統べる魔王に侵略されようとしていた。
央国の蔵書より発見された予言の書によって、その危機が発覚し、王の命により、魔王討伐の勇者となる者たちが集められ、各地の探索に旅立った。

春期の36日目 午前

初老の旅人は、丘の上から町を眺めていた。
旅人の名前はホム。央国で長い間、兵士として働いていたが、年の始めに王の勅命を受け、今は魔王探索の旅の最中である。
長旅のため、重い甲冑も、愛用の槍も返上し、その身一つで歩いてきた。
国に残す家族もない。
はげかかった頭を撫で、頬に深いしわをつくり、眼下の町を睨んだ。
「これは、居るな、魔王が。」
晴天の空にも関わらず、町は濃い霧に覆われており、その霧は自然のものではないように見えた。
町の名はレイノル、魔王の出現以前には央国との交易が盛んだった漁港の町である。

同日 午後

霧の町に入ったホムは、最初の民家で人々の安否と町の様子を聞いた。
それによると、この町には人の姿をした人外の魔物、吸血鬼が来ており、この霧を生み出している。そして、時折街路に出てきて、若い娘達を、その血を啜るためにさらっていくという。
「なんと羨まし… ごふん、ごほん(咳)、もとい許せんやつだ。」
ホムはその吸血鬼を必ず倒すことを誓い、その居城へと進んだ。
吸血鬼の城は、元は町の領主一族の住んでいた館である。
領主一族は半世紀以上昔、道楽で散財し、夜逃げしていた。館の蔵には今も、領主の収集していた大量のトレーディングカードが眠っているという。

同日 深夜

吸血鬼の居城に押し入ったホムは、ついに吸血鬼の寝室の扉の前に立っていた。
ホムは扉の前に 爆弾(大) を3つ設置し、さらに部屋の四方に同様に 爆弾(大) を設置し、5秒を数えた。
「これで、さらばだ。」
部屋は容赦なく爆破され、逃げ場のないように圧壊し、残った破片も完全に焼却された。
「悪は滅びた。」


さらわれていた娘達には多少の衰弱はあったが、全員の無事に開放された。
このようにして、レイノルの町の吸血鬼は倒され、町に平和が戻った。

しかし、その頃、央国首都は、魔物の軍勢の襲撃を受け、危機に瀕していた。
魔王の脅威は未だ消えてはいなかった。




カウンター

-

登録タグ


コメント

コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。