太郎少年の夏_設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観

幽霊、魔法、宇宙人、時空移動、平行世界なんでもありの「普通の日本」。
主人公の住む地方都市「杜の町」を舞台に、命の危険にさらされた主人公が「生きることのすばらしさ」に目覚めていく物語が展開する。

登場人物

主人公

山田太郎(やまだたろう) 小学4年生 男子
多少ヒッキー、仮面ライダーファン。感情をあまり表に出さない、他人から壁1枚置いた人間関係を作っている、真意は本人さえもわからない。
「それを見た者は近いうちに死ぬ」というドッペルゲンガーを見てしまい、様々な危機に遭遇する。

 「ちょ、10秒で死亡って、んなバナナ・・・ ( キキキィー ドキャーン ) ヒデぶっ!(瀕死」

ヒロイン

鳴神桐子(なるかみきりこ) 小学4年生 女子
クールなお方。巨乳。
謎の転校生で、特殊能力は悪魔祓いだ!(なんじゃそら!)

 「安心しろ、ローマ法王仕込みのヒーリングだ。灰になっても蘇生してやるぞ。」

主人公の親友

名前なんだっけ? 小学4年生 男子 
メガネ、アウトドア派、優等生、仮面ライダーファン。週末は池で釣り。
困っている人を放っておけないイイヒト。

 「昨日のライダー観た?すげーよな、何がすごいってさ」

主人公の父

名前未定 オヤジ 職業不明
夜勤のため、早朝~昼はいつも寝てる。休日は24時間寝てる。

 「ぐごー がごー」

主人公の母

名前未定 容姿未定 職業不明
「やさしいお母さん」をやっている

 「お夕食までには帰ってくるのよ~」

担任の先生

通称:ジャージマン 若さに陰りの出始める中年体育教師
常に体育ジャージ装備 ブラックユーモアな発言が多い

 「夏休みだからって、車にやられんなよ~?」

ドッペルゲンガー

主人公にそっくり。性格は皮肉屋で悲しげな顔。商店街で立ち食いが趣味。

 「また瀕死だね。一体、一日何回車に轢かれたら気が済むんだい?」

お話し

[太郎少年の夏_第一話]


タグのついたもの


登録タグ


コメント

名前:
コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。