浮山則夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィオーレ化粧品の内部情報を探るため産業スパイが雇った契約者で10年前に産業スパイがフィオーレ化粧品株式会社に入り込み、探っていた何か(猫(マオ)の話によればゲートがらみの何かだという)を関係者が持ち出し、それを追って日本で任務に就いた。能力は「重力遮断」であるが、実は浮山則夫自身の人格ではなく「アミタブ・カプール」という契約者が能力を使用し憑依している状態、元々、浮山則夫とアミタブ・カプールは北インドを中心に行動していたが何らかの影響でカプールは身体を失い憑依している。黒(ヘイ)のチームが集会場でターゲットの情報確認をする際、あくまで推測の範囲だが、猫(マオ)が「何らかのアクシデントで体を失った」というセリフで浮山則夫とアミダブ・カプールが過去で過酷な情報戦を繰り広げていたことが感じ取れるシーンである。カプールはスパイを屋上に呼び出し、自殺と見せかけた形で始末を繰り返し物資の回収をしていたが関係者になり済ました黒の巧みな活躍により倒される、彼は度々自分の名残のある靴下をかいでいた、それは自分自身を忘れないようするための行動であったとされる。対価についてはすでに支払い積みの状態。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。