猫(マオ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒の契約者
組織に所属する契約者。動物に憑依する能力を持つ。黒(ヘイ)と同じチームを組んでいる。
主に黒猫の姿で行動しているが、その姿は動物に憑依しているだけで本来の姿ではない。本来の肉体はすでに死亡しており、人間だった元の自分の体には戻れなくなっている。赤い首輪と通信機付きの鈴、耳に銀色で角形のピアスを付けている。

他の動物にも自由に憑依することができ、任務の際には利便性を生かしているが、25話でサーバーに接続ができなくなりマオの意識が消える時に「いつか俺にそっくりな猫がお前を訪ねていったら」と語ってることから、猫の姿が気に入っている模様。

猫の脳では容量が不足しているためコンピューターサーバーによるバックアップを受けており、時々サーバーにアクセスする必要がある。
発情期の春には猫の姿での活動に困難をきたす。(26話)
ホウムラン軒の娘にヘルナンデスの名前で呼ばれている。

流星の双子
流星の双子で黒猫が確認されているが、その際の黒猫は死亡している。
ペーチャに憑依している

声 - 沢木郁也
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。